★阿修羅♪ > 中国13 > 129.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
中国共産党政権はアト数年で消滅する
http://www.asyura2.com/19/china13/msg/129.html
投稿者 ラクダと針 日時 2019 年 10 月 19 日 05:50:04: Be2OQzZnkTPcU g4mDToNfgsaQag
 

どうも、最近、出版された「中国共産党はアト数年で消滅する!」(八広一宇 著)で、あのノストラダムスの終末予言の完全解読により、中国共産党は、ここ2,3年で消滅するようだな。

(同書「プロローグ」より)

2018年3月に開催された中国の全国人民代表大会において、中国の憲法が改正され、これまでの中国の国家主席の任期の制限(2期10年)が撤廃されて、実質、習近平に「生涯国家主席」への道が開かれた。これにより、彼が絶対的な権力を掌握した今、これからの中国は、その主導者の下でどれほど強大な国に突き進んで行くのだろうと、世界は一抹の不安を持って見守ることになったのである。
しかし、ここに来て、せっかくの憲法改正にもかかわらず、その習近平政権2期目で「中国共産党は終了する」ということが、あのノストラダムスの終末予言から導かれることが明らかになった。
にわかには信じられないことであるが、もしそれが本当なら、習近平2期目の終了期日は2023年3月であり、あとわずかな期間しか残されていない。さすれば、これからの世界は、まさに激動の時を迎えることになる。現在、世界第2位の経済力を持ち、国連の安全保障常任理事国であり、世界で一番人口が多く、核兵器も所有して軍事力が急増してる中国が、現在の共産党独裁の社会主義国家でなくなるとしたら、その国際的な影響力は測り知れないからである。
しかし、この余りにも有名なノストラダムスの「終末予言」。当時、社会的なパニックを引き起こすほど大騒ぎをしたものだが、予言の当月(1999年7月)結局何も起こらず(そのように見えた)、ホットすると同時に、多くのノストラダムス信者に落胆を与えた。
そのノストラダムスの終末予言が何をいまさらと、言いたいところだが、一方で心の片隅には、「あのノストラダムスが年月まで明らかにして示した予言が、このままで終わるハズはない。」との思いがあったのも確かである。
本書では、これまでの予言解釈とはまったく様相を異にする「新解釈」がなされている。
その「目からウロコ」の解釈によって、果たして、どのように中国共産党の終了が明らかにされているのか、見て行くことにしよう。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2019年10月19日 13:00:58 : aL8d9KWNyk : V0ZPUnlLM0RvdXc=[2] 報告

日本人は下記のような視点をしっかり持たないと、いついつまでもやられっ放しだ‼

 慰安婦像設置を阻止した男が語る、日本生き残りの情報戦略 
「謝っても終わらない歴史問題」
 事実には興味がない?日本人が知らない歴史戦の本質 
「撲殺された韓国人の証言」
 日本の統治は悪くなかった…徴用工・慰安婦問題の大嘘
「慰安婦問題は存在しなかった」
 米軍の記録が証明した、韓国政府の慰安婦を利用した謀略 
「“正義財団“の日韓分断工作」
 政治利用される韓国人、裏で糸を引く北朝鮮 

「中国人慰安婦捏造計画」
 オックスフォード大学を利用した情報工作
「慰安婦=ホロコースト?」
 反日感情ではない…米国教育界でプロパガンダを行う理由 
「欧米で進む慰安婦教育の末路」
 レストラン、学校現場で居場所を失った日本人の苦悩
「日本の平和が破滅する日」
 隠された中国の野望と日米同盟の真実 
「日本が敗れた慰安婦謀略戦」
 海外の高評価は嘘だった?日韓合意の豪州政府声明を読み解く 
「従軍慰安婦は”性奴隷"?」
 官僚が未だ続ける英訳ミス...世界に広まるデタラメな歴史観

「超少数派"の情報戦略」
 日本70人 vs. 中韓1万人〜圧倒的不利を覆した1つの手法 
「韓国の主張を完全無視?」
 議論せずして勝利を掴む…慰安婦像を退けた意外な作戦
「中韓に出し抜かれる日本」
 ”責任感"が仇となる...国際会議でいつも負けるワケ
「敵の主張を迎撃せよ!」
 日本人が知らない "カウンターナラティブ" の勝負術
「謝罪や賠償金では解決しない」
 慰安婦問題での言動を裏付ける中国の伝統
「大戦後から続く失敗の本質」1つの目標でまとまれない日本人

「情報戦を制する”母親"の戦い方」
 日本政府が気付けない外交の落とし穴 
「英文で読む9条」原文があらわにした侮辱と矛盾 
「改憲は50年前にすべきだった」マッカーサーも認めた憲法の穴 
「日本人はご都合主義?」
 “集団的自衛権”の矛盾…今さら聞けない2つの理由
「中露が恐れる日本の上空」
 憲法でも自衛隊でもない…”守護神"の正体
「日本に残された道」情報戦に強くなれ!弱点克服に必須の精神

2. 2019年10月21日 09:22:26 : gug5OjvNps : a1hPVFdCM2JHaEE=[1] 報告
上記の「中国共産党政権はアト数年で消滅する」を読んでみると、

中国政権は、「アト数年」どころか、早ければ来年2月に崩壊が始まるようだな。
大予言者と言われていたノストラダムスは、この「1999年7の月」で始まる「終末予言」を「ハズシた」ということで、それ以降、評価は急落してしまったが、
しかし、「世紀の大予言者」とまで言われていたノストラダムスが、彼の渾身の予言(「年月」を予言の中で述べたものは、他に一篇あるだけ)をハズスした考えるのが間違いなのかもな。

ただ、現在、中国に進出したり、貿易をしてる日本企業は、早く手を打っておく方がいいだろう。(かつての満州国崩壊時の日本国民の惨状を繰り返さないためにもな)

3. 霞ヶ関に原爆を落とせ[734] ieCDlorWgsmMtJSagvCXjoLGgrk 2019年10月21日 16:13:31 : uS47HwTpxg : NWpvNlA3R3JBY2c=[11] 報告
このようなアメポッチの李晋三やそのケツ舐め
投稿者のいるジャップランドのほうが滅亡が
早いと思うがな。
4. 2019年10月23日 11:19:44 : qJFwZrflOY : T1JsMEd5ZDFic1U=[55] 報告
無い無い
日本政府があと数年で破綻する、はあるかもしれないけどね
中国はずっと資本主義で栄えてきた国だよ
中共は、金の無い田舎でもタダで教育や医療が受けられる福祉制度の元締めみたいなもんで、田舎には田舎の自給自足の生活基盤がある・・・金だけが全てのものさしじゃない、というだけの話で、金があれば万事すべて賄えるわけじゃない、というだけだ
要は、ユダヤ方式の資本主義が広まっていないだけで、中国式の資本主義が根付いている
海外への無秩序な富の流出を抑制しているだけで、なるべく自国内で資本を回して、その余力を海外への投資や輸入に当てているだけだ
だから、ユダヤは目の敵にするし、安定度も上だよ
トランプが目指しているのも、中国式に近い資本主義への転換じゃないかな?
そう考えれば、トランプのやってる事は愚行ではなく、よく考えられた戦略ともいえるかも知れない
5. 2019年10月23日 12:24:32 : gug5OjvNps : a1hPVFdCM2JHaEE=[4] 報告
>>4

まあ、予言だからなw
オレも、確かに、おいそれと中国は崩壊しないだろうと思うクチだが、
この本では、ノストラダムスの「終末予言」(1999年7の月)がホボ完全解読されていて、ひょっとしたらという感じが満々なんだよなw

オレやアンタのような「馬鹿なことを言うな」という人間がホトンドの中で、、
もし、本当にこの数年で中国共産党が消滅したなら、この本の著者は「歴史に残る」ことになるw

6. 2019年10月24日 22:40:51 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[3433] 報告
200年以内に日本を○○する。中国習近平
.
内海学校
2019/10/24 に公開
https://www.youtube.com/watch?v=aARV8WkX4qA
7. しんのすけ99[1013] grWC8YLMgreCrzk5 2019年12月12日 16:59:20 : A4AvZivHZs : WU95VlVYQVVmdmM=[775] 報告
まずそもそも ノストラダムスの予言なんて 当たった試しはない 当たった当たったと言われているのは
すべてオカルト論者による 「後からのこじつけ」 予言者とか言われるものの類は全てにおいてこうである

オカルト界隈で持て囃される予言者といわれる者の予言を 事前にチェックするサイトがありますが
ド素人がまったく出鱈目に予言したのと 実際 ほとんど変わらないほどの的中率しかありません

ノストラダムスにおける予言で 前もって周知されたのは、例の1999年予言のみだったが 言うまでもなく
全然当たらなかった 人類滅亡どころか 恐怖の大王とやらも現れなかった

【詳しくは オカルトの否定サイトを調べたら 必ず判明します とりあえず 「アシオス」 あたりで検索下さい】

つまり 予言者の言う事が 絶対に当たらない と言う訳ではなく 下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる というヤツで
年がら年中予言しまくっていれば どこかで当たる事もあるのです しかし言うまでもなくそれは まぐれ当たり
したがって そんなもので歴史に名を残すなんて ほとんど有り得ないのです


この阿修羅にだって 過去 中国の行く末に対して予言した投稿が 有象無象に在るではないですか

↓↓↓

アルバート・パイクの予言  第三次世界大戦 中国のバブル崩壊と同時に、アメリカが中国に侵攻開始か!!
http://www.asyura2.com/12/warb10/msg/207.html

中国破滅予言 2013年 歴史から中国が消える  戦争実践経験ゼロの中国軍の末路
http://www.asyura2.com/12/warb10/msg/296.html

中国経済が崩壊すると予言した日本人は、中国を甘く見過ぎた―英紙
http://www.asyura2.com/15/hasan103/msg/678.html

↑↑↑

ほんの一例です
つまり 「中国 予言」 で阿修羅内を検索しただけでも、こんな投稿 洪水のように溢れておりますから
たとえもし的中したとしても やはりそれは 「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」 の類でしかなく まぐれ当たり
とてもじゃないけど、歴史に名を残すなんて 有り得ませんて。


まあ >>4さんの見識と意見が 最も冷静だと思いますね私も。

8. 2019年12月20日 11:47:44 : FeBmwTYCBk : a0FneWt5eUViNFE=[71] 報告
1999年七の月、恐怖の大王が空から降ってくるは、911で大当たりなんだが。といっても、それに合わせて、911を起こしたと云ったほうが正確か・・・


7の月は、September。ジュリウス・シーザーとアウグストスの誕生月の割り込みで、7の月は9月になってしまった。2ずれた分を1999に足せば、2001になるよ。11は2本のビルということになっているね。本当はちっこいのがもう一本あったけど。

9. 2020年2月09日 16:29:54 : 3fJIfsGo12 : UkpXam51Z0JjQzI=[1] 報告
>>4さんに同意です。
所謂、中国崩壊ビジネスですね、バカみたい。
10. 2020年2月16日 08:20:44 : gug5OjvNps : a1hPVFdCM2JHaEE=[9] 報告
>>9
ところが、ここにきて「新型コロナウィルス」で、
中国崩壊が現実化してるようだな。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国13掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 中国13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
中国13掲示板  
次へ