★阿修羅♪ > 経世済民132 > 519.html
 ★阿修羅♪
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
内外の株式金融市場動向を正確に洞察する(植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/519.html
投稿者 赤かぶ 日時 2019 年 6 月 02 日 19:46:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

内外の株式金融市場動向を正確に洞察する
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-8c6b28.html
2019年6月 2日 植草一秀の『知られざる真実』


「リーマンショックのようなことがない限り消費税増税を実施する」とされているが、そのリーマンショックのようなことが現実化するリスクが浮上している。

最大の原因は米中貿易戦争を仕掛けた米国の傍若無人の振る舞いにある。

トランプ大統領がすべてを掌握して、腹をくくって対応を決めているなら、どのような問題が発生しようとも、それは米国の選択ということになる。

しかし、トランプ大統領がすべての問題に対する責任を取る前提で判断、行動しているようには見えない。

昨年10月から12月にかけてNYダウが急落した。

約2割の急落を演じた。

この状況を背景に、トランプ大統領の米中貿易戦争に対する姿勢に変化が観察された。

強硬姿勢が一転して柔軟な姿勢に転じたのである。

このことは、トランプ大統領の米中貿易戦争への対応の腰が座っていないことを意味する。

株価が上昇すると強気の姿勢が顕著になる一方、株価が急落すると一転して柔軟な対応に変化する。

日和見主義が底流に存在していると判断される。

5月25日からトランプ大統領が来日したが、日本の対米外交として、最重要の課題の一つだったのが、米中貿易戦争に対する日本の立場の表明であった。

米中貿易戦争を米中両国が妥協できる水準で妥結することを日本が提唱するべきであった。

安倍首相は、この最重要事項に触れなかった。

安倍首相に、米国にモノを言うことを求めても無理であるのだろう。

安倍首相はただひたすら、トランプ大統領に媚びへつらい、対日要求を1ミリでも緩和してもらうことだけに注力したのだと思われるからだ。

私は投資情報として、政治経済金融情勢、金利、為替、株価動向を洞察する会員制レポートを発行している。

『金利・為替・株価特報』
http://www.uekusa-tri.co.jp/report/index.html

である。

中短期の金融市場変動の予測に重点を置いている。

このレポートでは、昨年10月15日発行号で、内外株価の下落を警告した。

レポート総合タイトルを
「長期上相場終局=波乱局面への移行可能性」

とした上で、

第1節【概観】サブプライム危機前夜に類似する株価推移

に、日経平均株価が2007年央以降と類似した推移を示す可能性を指摘した。

実際に、日経平均株価はその警告通りの推移を示した。





本年1月15日発行号(執筆は1月10日)では、

第1節【概観】株価下落要因に無視できない変化

を記述し、

第9節【投資戦略】警戒警報の一時解除

として、内外株価反発の見通しを示した。

その後、4月30日発行号(執筆は4月25日)総合タイトルを

米株価三尊天井と日本増税政策着地に注目

として、NYダウが三尊天井を形成する可能性がある点に警告を発した。

当時のNYダウの水準は昨年10月に記録した史上最高値26,951ドルまであと256ドルの水準に迫っていた局面である。

結局、NYダウはこの高値水準を抜くことが出来ずに、三尊天井を形成する様相を強めつつある。

状況が変化したきっかけは5月5日のトランプ大統領の意思表示であった。

5月7−8日にワシントンでの開催が予定されていた米中の閣僚級協議の直前に、トランプ大統領が突然、米国からの輸入2000億ドルに対して25%の制裁関税を発動する方針を宣言したのである。

中国からは劉鶴副首相が訪米する予定になっていた。

この協議に向けて、トランプ大統領が脅し=ブラフをかけたと考えられる。

中国は米中閣僚級協議開催日程を1日ずらして対応した。

そして、米国の脅しには屈しない姿勢を示したのである。

その延長線上に、金融市場の不安定化が広がっている。

投資環境分析の視点からは、こうあるべきだとの見解とは別に、現実はこのように推移するとの洞察を示すことが極めて重要な任務になる。

現況は警戒を緩められないものであるとの判断を有している。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 中川隆[-9839] koaQ7Jey 2019年6月02日 20:35:46 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2522] 報告
>結局、NYダウはこの高値水準を抜くことが出来ずに、三尊天井を形成する様相を強めつつある。

素人判断なんだな。

プロの意見は

【ダウ工業株平均・S&P500】

5 月1 日には一時2954 まで上昇し、18 年9 月に付けた過去最高値(2940)を上回った。ダウ平均を除き、ほとんどの主要インデックスが最高値を更新したわけである。

(S&P500 は第(ii)波調整は終わったか?)

S&P500 は09 年安値(666)以来、サイクル第T波の上昇局面にあるとみている。第T波はプライマリー級の5波構成─(1)-(2)-(3)-(4)-(5)─となる。

18 年12 月26 日安値(2346)以来プライマリー第(5)波が進行中。

そして、S&P500 の5 月1 日高値(2954)からの調整は第(ii)波に位置づけられる。

下値模索が続く場合には2722 付近が下値メドである。2722 というのは、第(i)波のレッサーディグリー第iv波安値(3/8)であると同時に、第(i)波の上昇に対する38.2%押し水準でもある。

29 日のS&P500 は一時2766 まで下落した。ダウ平均は一時24,938 ドルと、18 年12 月からの上昇に対する38.2%押し(24,792 ドル)に近づいた。S&P500、ダウ平均、いずれもこの日のローソク足は下ヒゲの長い「たくり」となり、底入れ機運が高まりやすい形で終わった。

加えてこの日、SOX 指数がプラスとなった点は目を引いた。足元のSOX 指数は2 月8 日以来の安値水準にあり、既に週足一目均衡表の雲上限に達している。SOX 指数の第(ii)波調整は終わったか、終わりつつある。

米国株は底入れしたか、しつつあり、まもなく上昇トレンドに戻る可能性がある。そうであれば、S&P500は初の3,000 乗せを目指すだろう。

[18初期非表示理由]:担当:混乱したコメント多数により全部処理

2. 2019年6月03日 04:35:51 : DcEE1e3U0I : NWNQaXBYMWxKUWs=[235] 報告
アメリカダウは,12000で半額に。

日経平均は8000円に。

今進行中?です。


金を株式市場に投入すれば、株価は上がる、、、、単純に考えすぎでないのか?

狂った経済は、修正されるでしょう。

3. 2019年6月03日 07:14:07 : b5JdkWvGxs : dGhQLjRSQk5RSlE=[2531] 報告
ド素人は

不景気になると株価は暴落する

と誤解してるからな

4. 2019年6月03日 10:19:47 : LxS3t93X1U : S1Nwc3NaaS9TU1E=[8] 報告
世界トップのビジネススクール IMD(スイス)の国際競争力調査。前年に比べ5位順位を下げ、63ヶ国中30位過去最低に。

麻生「たまたまそうであって、日本が低いとは考えていない」

こんなのが財務大臣じゃねぇ。日本は ’89〜’92までは世界第1位。〜’96年までベスト5に入っていたこと知らないんだね。
https://twitter.com/Harunchan123/status/1135056235739226112

・経済の停滞(土建アベノミクス派よ…)
・政府の債務(MMT派よ…)
・ビジネスの効率性(小役人増員派よ…)

みんな現実を直視しよう。保守じゃダメ。
新しいことにどんどんチャレンジできる環境こそ、競争力を高めます。

5. 2019年6月03日 20:06:37 : r7zHPGiAUM : V1ZMRUM0NEFPbkU=[4] 報告

http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/482.html
持っている株は手放すべき…日経平均の実力は8500円?来年以降に株相場暴落(Business Journal)
手離すべきは米国債のほうだろう!
世界市場もFRBも米国債離れ、
中国までが米国債売却との緊急事態で
トランプ緊急の泣きつき来日となっている。
逆に安部が武器を買わされて、
トランプの戦争煽りに冷ややかな米議会や軍部に、
安部は俺の子分だーー俺と一緒に戦争する,とーーートランプ成果を売り込んだ。


日本の株は手放すべきーー来年以降に株相場暴落

トランプ等ネオコンが、
世界の株が危ない!!−−−−株を売って、米国債を買え!

連日叫んでいる。

日本の株だけではない。


今起こっている米――国内争議
米―――国際争議の全ては米国債回収目的

G5も車も脇役。
脇役を主役にして、国際争議に仕立てて、
主役の米国債に悪取りとの、子供だましのとんでもものである。

中国が面白いように反応してくれるので、
G5をトップに持ってきて、世界市場を米国債に反応させている。

ネオコンみずから、市場を暴落させてのマッチポンプ暴落であり、
G5との相乗効果を高めてのーーー米国債回収劇である。

そのG5だが、2012年問題は既に顕在化していた
だが、
ネオコンの住宅賭博バブル工作に『中国マネーによる、中国暴走投機が必要で』そのために、ハウエル対応を、あえて見逃した。

「それから、6年G5が急成長―――習金平の面子も肥大――G5成果と一帯一路で世界制覇に酔ぱっらう習金平。

そのネオコンが肥大したハウエル問題を煽り貿易戦争の主役に仕立て、叩いてはーーーー米国債に回収とのマッチモノ。

G5は米国内発の問題であり、−−−貿易戦争以前に米国債回収道具であり、戦争えの導火線である。
もっとはっきり言えば、
ネオコンの米国債問題であり、貿易問題ではない。


つい先日、
中国が米国債処分で脅したが、
黙って米国債処分とすべきときに、中国がワザワザ
レアーアースで対抗となって、
待ってましたと、トランプがG5制裁発動に動き、株価急落―――これに原油暴落
をシンクロさせてーーー米国債回収と、トランプ切望の金利急落となった。
中国の対応ミスで、
まるで絵に描いたような展開である。


http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/509.html
中国は保有米国債を売却するか、対米報復の現実味
https://diamond.jp/articles/-/204300

ネオコンロイターが
何で米国債を心配している?
中国が売ろうが売るまいがどうでも良いことだろう?

もし中国が米国債を黙って処分すればーーー米国の賭博住宅も終わり、
住宅は庶民価格回帰で彼ら『住宅被害層』の怒りも収まる。
そうなれば、
アメリカもこれからG5に本腰を入れれるわけで、
むしろ歓迎すべきことだ。

今は賭博米国債よりG5のほうが遥かに重要ななはずだが???

G5が危ないということで、
連日トランプがハウエルのG5を叩き台に祭り上げ、世界市場を暴落させて、米国債に回収させている。
大体ネオコンが住宅賭博に現を抜かしているから、肝心のG5が後回しになって、
中国の後塵を拝すことになる。
G5がそんなに重大問題なら、何故住宅賭博を止めて、
G5に本腰を入れなかった?

死守しなければならないのはG5なのか?
それとも住宅賭博のほうなのか!

ネオコンの住宅が危なくなって、再バブルに中国の暴走投機を優先させ『煽りこんだ』、。、既に顕在化していたG5対応は後回しした。

問題とすべきはG5危機対応の遅れであり、元凶は国内問題。米国内で審議されべき筋のもの。

貿易問題ではない。

G5問題は住宅賭博原資の米国債―――回収道具に化けている。

一部では、中国が米国債や他の外貨準備を使って元を押し下げ、輸出競争力を高めているとの批判も出ている。
資金流出といった別の問題が生じる危険がある。

初めから資金流出が狙いだ!

米国債を買わせる為、
資金流出させるために中国を元安緩和に誘導している。
誘導されるままに中国は元安で長期戦を選択。−−−まるで子ども扱いだ。


貿易課税圧をかけ、苦しくなった中国に
元安で逃げろとネオコンが教え、
米国債を買って為替対応する中国をーーーー為替操作認定国で脅す。
中国はネオコンの顔色を伺いながら、米国債を買わされることになる。
まるで子ども扱いだ!


日本にも同じ手を使った、
円高圧をかけておいて、
米国債を買って対応する日銀をーーーー為替操作認定国で脅す。
日銀はネオコンの顔色を伺いながら、米国債を買わされることになる。

日銀も中国も、ネオコンに利用される能しかない。、

アジア勢は情けない。


6. 命を大切に思う者[21] lr2C8JHlkNiCyY52gqSO0g 2019年6月03日 20:57:45 : DRH7wWrRjI : SVBIRW96YllQUS4=[1] 報告
株価は、市場の景気の良し悪しを反映していません。
金を、消費税名目で国民から一律に奪い取って大半を銀行に集めて株を買わせてるのだから、
国民が金を奪い取られた分が、株価に反映されているだけです。

実際には、株価が上がった分、市場の景気は悪くなっている。

市場の景気する国民は、国家権力で不当に金を奪い取られ、
その奪った金で株を買っているのだから、当然そうなる。

金を、消費税名目で国民から一律に奪い取って大半を銀行に集めてるとは...
国民から奪い取った金の、
ほんの一部だけ医療費として国民に元返し、
大部分を占める残りを、ゼネコンと金持ちだけに渡して、借金返済や預金をやらせ、
銀行に集めている、という意味です。

金持ちだけに渡すとは...
年金給付の際に、利息という口実で、
利息を、100倍金持ちには一般庶民の100倍渡すことにより、
利息とし渡す金の大半が、金持ちだけに渡るようにしている
(一般庶民は、わずかな残りカスを膨大な人数で分け合ってるだけ)、という意味です。
100倍金持ちは、現役時代に年金保険料を一般庶民の100倍納めはしましたが、
年金給付で、一般庶民の100倍納めたその金は、全額返金され、
その上で、利息も一般庶民の100倍貰うのです。利息をそういう比率で分配しているのです。
年金保険料を利殖して得た総額の中でそう分配するのならいいですが、
膨大な額を、消費税名目で国民から一律に奪い取って来て、そう分配するのはおかしい!
消費税名目で国民から一律に奪い取った金を渡す先として許されるのは、金の無い人間だけです。
金持ちにほど多く分配する金を、国民から一律に奪い取る税金でまかなってはならない。
7. 2019年6月03日 21:07:08 : D0QUl32qUN : OWczZmhIbUhDL3c=[110] 報告
強がれば さらに強まる 不安感
8. 2019年6月04日 01:05:35 : ZFZGNH50iU : QkpscEQxcEt6bVE=[8] 報告
そのリーマンショックのようなことが現実化するリスクが浮上している。

初めからすべての動きが米国債である。
リーマンショックは米国債回収目的。
今トランプ等ネオコンが米国債回収の真っ最中だ。
米中貿易戦争もその為、
類似性があって当然である。

トランプ大統領の米中貿易戦争への対応の腰が座っていないことを意味する。

植草は相変わらずだな!どこをみている!

米国債回収目的の米中貿易戦争!
対応、腰が座っている云々の話ではない。
ーーーネオコンの米国債「賭博住宅原資」に火がついて
彼らは米国債かき集めにおおあらわで
その為の米中貿易戦争である。

そうゆう事で
マイナス金利に転じた日銀も危ない!
株価防衛にはプラスだが、
逆に
このマイナス金利で、ネオコントレーダーが米国債を買い集めている。
世界市場が日銀のマイナス金利に絞った、米債回収の崩し相場となっている。
崩されるためのマイナス金利では逆効果。

日銀は対応の変更を迫られている。

9. 2019年6月04日 02:06:12 : QNRNXUVSoM : WEk4ZmtObm0zS0U=[26] 報告
http://www.asyura2.com/19/hasan132/msg/491.html
ファーウェイを排除してもメリットなし、5Gが遅れるだけ(ニューズウィーク) >
ファーウェイを育てて
(ニューズウィーク) がファーウェイをよいしょ!

ファーウェイで優位を誇示したい面子にこだわる中国と

中国の面子を利用するネオコン。
ファーウェイ争議を炎上させ米国債回収 そして願わくば戦争。


「中国が米中貿易戦争で米国債馬鹿踊り。
中国は国際舞台から降りたほうがよい!」

トランプネオコン等は、
対中貿易制裁で市場を脅しては、連日連夜株を暴落させているが、

利上げでお陀仏のトランプらにはこれしか残っていないからだ、
世界中見回しても、脅しに乗って、米国債を買って、米国債に踊ってくれる者は
国内にも国外にもいない。

だが、中国はまだ使える、まだ勘違いしている。

だから、トランプは
「FRBは中国に見習って金利を下げろとか、中国に小物を買わせては、わざわざ喜んであげ
て、難問は先送りさせている。−−−まるで子ども扱いだ!

中国を脅しては、褒め殺し、挑発しては、反抗させて、課税制裁発動危機を売り込り込んでは
世界市場をきな臭くさせるーーーーーー、
中国は株の暴落を手伝って米国債に誘導してくれる
ていのいい、トランプ援護の米国債のーーー誘導要員であり、助っ人役をやらされている。

黙って米国債処分とすべきときに、中国がワザワザ
レアーアースで対抗となって、
待ってましたと、トランプがG5制裁発動に動き、株価急落でーーーー米国債急落と、原油暴落とシンクロさせてーーー米国債回収から、トランプ切望の金利急落とーーーーまるで絵に描いたような展開。

中国が短期勝負に出て、米国債を売られる前に買わしてしまえと、今狂ったように
株を暴落させては米国債に回収している。

国際舞台で未熟な中国が桧舞台で踊らされて、挑発されて、株価暴落誘導ドラマの主人公にされるという世界には迷惑千万なトランプと中国の米国債回収ドラマ。

中国がドラマに―――のめり込めば、のめり込む程、ハイテック株が切り崩され、米国債に回収されーーー中国が自分で自分の首を絞めている。

中国もいつまでも「米国債回収」馬鹿踊りをしていないで舞台から降りて、静かに動いてはどうか! 不言実行

超短期戦では中国に有利だから、元安緩和に引きずり込んで長期戦に誘導してーーー元安で延命させーーー米国債を買わされーーー妥協の出口をふさがれてーーーー

長期戦でも勝てるなどと、馬鹿な無駄口を叩く前に、昨年米国債即売ですでに勝負はついていた、
が−−−−無駄な時間をかけすぎて、少々こじらしてしまった。


ぐずぐずしていると、中国暴走投機で被害をこうむった米国民の怒りは中国賭博物件の制裁に動く。
米住宅の再燃バブルにネオコンが中国投機を必要とし、「これを優先させるためG5はーーー見逃した。」
ネオコンの掛け声に、なだれ込んだ中国の暴走投機に
米賃貸も住宅も暴騰となり、ブラック賃金の現役世代をはじき出して、―――テント生活や路上生活急騰との社会問題に発展。         

怖くなって苦しくなったネオコンが、
この賭博炎上被害押さえ込みにトランプを擁立、
米国民が中国投機制裁に動く前に、
この被害者の怒りを利用
ネオコンが中国投機制裁に動くことになる。
これが米中貿易戦争の隠れた最大の意図。
『中国に責任転化――――利用したものは潰す。「潰す前に利用し尽くす。」

その前座はすでに始まっている。」

そもそもG5は貿易戦争の主役ではない、
どころか、貿易問題ですらない、

ハウエイ問題は今になって始まったことではない。
7年前既に浮上していたG5危機をネオコンが見逃し
巨大化したハウエイを今
貿易問題に仕立てて同じネオコンが叩いている。

ハウエル問題をヒノキ舞台のたたき台に載せて、G5危機で米国債回収の
株価暴落争議
中国を持ち上げては反抗させ争議を繰り返しーーー米国債に回収、
さらに過熱すれば、――――世界『米国内外』の中国嫌いを代弁して中国を成敗、その成果を売り込んでーーーーー追放危機のトランプ等ネオコンが返り咲くか、
戦争で逃げる、というのが、貿易戦争の中身。
ネオコンは喧嘩相手を探している。
レアアースで対抗するのも愚の骨頂である。−−−貿易戦争を是認したようなものでーーー紛糾の導火線となる。

中国がうかつに、G5で張り合って、勝ちを名乗れば、
ネオコンにG5危機をあおられ
米国民の結束を促しーーー米中対決――――戦争えの導火線として使われる。
中国はG5を、
早々、国際舞台から外すべきで、
ハウエル問題は米国内での追及に任すが合理。

戦争は誰も望んでいない。

10. 2019年6月07日 19:49:39 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[1250] 報告
2019 年6 月3 日
日本銀行北九州支店
北九州・京築地区の金融経済概況
(2019 年6 月3 日)
(本件に関するお問い合わせ先)
日本銀行北九州支店 Tel 093-541-9112
当資料は当店ホームページにも掲載しています。
http://www3.boj.or.jp/kitakyushu/gaikyo/subgai.htm
https://www3.boj.or.jp/kitakyushu/gaikyo/gai190603.pdf

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民132掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民132掲示板  
次へ