★阿修羅♪ > 医療崩壊6 > 315.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
・家族や友達を守りたい人に贈る記事・コロナの”本当の”危険に備えるための世界のニュース(WAKE UP, PEOPLE!)
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/315.html
投稿者 HIMAZIN 日時 2020 年 8 月 21 日 18:53:19: OVGN3lMPHO62U SElNQVpJTg
 

🌏家族や友達を守りたい人に贈る記事🌏 コロナの”本当の”危険に備えるための世界のニュース - WAKE UP, PEOPLE!

🌏家族や友達を守りたい人に贈る記事🌏 コロナの”本当の”危険に備えるための世界のニュース

f:id:bolienda:20200723221232j:plain


太陽と海が眩しい夏がやってきました。

しかし、時は新型コロナウイルスで持ち切りの2020年。大手を振って旅行に行けない、そんな窮屈な夏を残念に感じている人も多いのではないでしょうか。

夏でもマスク、お友達と遊べない子供達、大学生はキャンパスライフを失い、高校球児は甲子園の夢を奪われ、観光地や飲食店に人が来ない、経営が行き詰まる、世間の同調圧力など、日々心をすり減らしている方を思うと、私は夜も眠れない日があります。

f:id:bolienda:20200805055713j:plain

人が消えたスペインのメイン広場(2020.3.28)

私は海外在住で約3か月のロックダウンも経験しましたが、目に見える危険を感じない(病人も医療崩壊も見ていない)ことが疑問で世界の情報を収集し、見えてきたことがありました。それはメディアが報じるメインストリームとは違う、全く新しい視点を与えてくれました。

【この記事の目的】

今回はその気づきを元に、私達がコロナを純粋なウイルスによる脅威だと妄信することで、別の角度から迫る危険に無防備になっていないかを一緒に考えさせていただきたく、筆を執った次第です。

果たして私達は、政府やメディアが言うがままに過ごして、家族や大切な人、子供達の未来を守れているのでしょうか?この記事ではコロナに関する世界の情報をご紹介。現実を多角的に見つめ直し、今後どうすべきかを考えられたら幸いです。

1. 日本はコロナを怖がりすぎ?

f:id:bolienda:20200726025346j:plain

最近のテレビはコロナの恐怖を煽るばかりで、もう見るのもウンザリという声も聞こえてきます。そもそも感染症の脅威を測るには、死者や重症者の数が最重要であるところ、検査陽性者数を主軸にメディアが騒ぐこと自体に疑問を感じます。

数字や映像の印象に誤誘導されないためには、テレビを見ない、データを比較するなど、自分で調べて自分で考えることが肝要です。

コロナよりお餅がこわい?

例えば、下のグラフを見た場合は、新型コロナをどれほど怖いと思うでしょうか?

f:id:bolienda:20200721042137j:plain

例えば、ワクチンも薬も存在するインフルエンザは年間1000万人が感染し、3300人が死亡(関連死は10,000人)。肺炎では年間9.5万人が死亡します。ちなみに、お餅を詰まらせて死ぬ人は1月だけで1300人います。

新型コロナはというと、死者988名(7月22時点)でお餅以下の脅威ということになります。

1日3万人が感染(発症者のみ)し、1日10人が死亡するインフルエンザを受け入れて暮らしていることを考えれば、合計死者988名のコロナを指定感染症として騒いでいること自体が過剰にも感じられませんか?

コロナの症状は特別?

もともと日本では、死因の常に3位〜5位を占めているのは肺炎です。持病があったり免疫力低下の結果として肺炎を発症することも自然なことで、特に新しい脅威ではありません。

インフルエンザの合併症でも一か月以上気管支に挿管したまま苦しみ亡くなる人がいて、新型コロナだけが悲惨な死を遂げている訳ではないのです。

年間3,215人が亡くなる交通事故でも、リスクがあるから全員運転やめろ!とはならず安全運転で社会を回しているように、インフルエンザより弱毒のウイルスのために経済活動を止め、新生活様式を求めることに疑問を持つ視点が必要ではないでしょうか。

※国内状況の確認にはこちらがお勧め

https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/新型コロナウイルス国内感染の状況-東京経済オンライン』

2. そもそもPCR検査は信用できるのか?

f:id:bolienda:20200811002040j:plain


コロナですっかりお馴染みとなったPCR検査ですが、実は世界中で検査の問題点が指摘されていることはご存知ですか?

PCR検査の3つの問題点

f:id:bolienda:20200811020539j:plain

ノーベル化学賞を受賞するキャリー・マリス博士(左)

PCR法は米国のキャリー・マリス博士によって発明され、この功績を讃えて1993年にノーベル化学賞が授与されました。

PCR法はその発明者自身が感染症検査の目的に使用してはいけない」と警告していたと言われますが、キャリー博士はコロナ騒動直前の2019年8月に自宅で死亡し、今世界中でPCR検査が使用されてしまっています。

f:id:bolienda:20200811020542j:plain

実際にPCR検査には大きく3つの問題点があります。

【問題1】新型コロナウイルス以外も「陽性」に

f:id:bolienda:20200717023313j:plain

PCR法とは、遺伝子配列を可視化するためにDNAの断片を数百万から数億倍に複製する技術です。ウイルスそのものを検出するのではなく、サンプル中に新型コロナウイルスの遺伝子配列があるかを見て、ウイルスの存在を間接的に判断するという方法です。

そのため、サンプルに含まれる他の類似DNAや不活化ウイルス(死骸)も検出したり、サイクル数の増減でも結果が変わります。残念ながら特異的に新型コロナウイルスだけを判別するものではありません

実際にアメリカ企業のPCR検査キットには、インフルエンザ、マイコプラズマアデノウイルス、RSウイルス、クラミジア等に反応する可能性が記載されています。

またタンザニアでは、マグフリ大統領が国立研究所の検体に自動車燃料などを密かに混ぜたところ、パパイヤ、ヤギ、ウズラの卵でも陽性反応が出たことも報じられています。

【問題2】「陽性者」は「感染者」ではない

そもそも「感染」とは「微生物が生体内に侵入し、定着・増殖した寄生の状態」を言います。粘膜等にウイルスが付着しているだけでは感染とは言わず、例えばインフルエンザでは数十万個以上ウイルスが増殖して初めて「感染」と診断されます。

口の中に菌がいるだけでは虫歯ではなく、歯に穴が開き象牙質や神経まで菌が増殖して初めて虫歯(感染)となるのと似ています。

PCRは遺伝子を数億倍に増幅するため、実際には数個のウイルスが付着しているだけの健康な人も「陽性」になります。その「陽性」を「感染」という言葉で報道するため、実態のない感染爆発の印象が先行しています。ウイルス付着を感染と言うのなら、全人類が感染者になりかねません。

実際に検査キットにも以下のような注意喚起事項が記載されています。

"it should not be used as the only evidence for clinical diagnosis and treatment" "The detection results should not be directly used as the evidence for clinical diagnosis"

PCR検査の陽性結果だけをもって新型コロナウイルス感染症と診断してはいけないし、まして治療の根拠としてはいけない。

SARS-CoV-2 Coronavirus Multiplex RT-qPCR Kit (CD019RT) - Creative Diagnostics

医学博士 崎谷博征『新型コロナウイルス感染爆発のカラクリ』

【問題3】遺伝子配列は立証されていない

また専門家からは、そもそも中国論文(Nature579.265)による新型コロナウイルス遺伝子特定の立証が不十分であり、全く関係のない常在性ウイルスを検出している可能性も指摘されています。

根拠として、中国論文はウイルスの存在証明に必要な「分離」をせず混合物の状態で遺伝子配列を特定しているため、新型コロナウイルス"単体"の遺伝子配列を立証していないことが挙げられています。論文分析は深い話になるので、ぜひ生物免疫学名誉教授の大橋眞先生やアンドリュー・カウフマン博士の動画をご覧ください。

日本では6月、問題点を危惧した生物免疫学の先生が厚生労働省で記者会見をされましたが、本日まで、政府が検討することもメディアが報じることもありません。このような問題をどう考えますか?


だから報道される感染者数は怖くない

f:id:bolienda:20200722200941j:plain

もうお分かりと思いますが、報道される感染者数とは問題の多いPCR検査の陽性者」に過ぎないということです。蓋を開ければ大多数が無症状なのも、健康な人が「陽性」になっているだけだからです。

つまり、PCR検査を増やせば実態のない感染者(健康な陽性者)が増え、クラスター騒ぎがいくらでも起こります。逆を言えば、PCR検査を止めない限り永久にコロナ騒動が終わらないことになります。

小池百合子都知事PCR検査をどんどん増やしているため、あたかも東京で感染爆発が起きているような印象付けがされています。そして飲食店を狙い撃ちするような施策や、他県民を嫌煙する国内感情の形成が加速しています。

f:id:bolienda:20200729171215j:plain

※実際に検査数はこれだけ増えています↓

f:id:bolienda:20200726061642j:plain

3. 海外はコロナでたくさん死んでる?

「日本で死者は少ないが、海外で沢山死んでいるじゃないか!」という方のために、海外で死者が伸びた理由を考える興味深い情報をご紹介します。

高額給付金と厚生労働省の指示

f:id:bolienda:20200803043811j:plain

実は死者が多く出たとされる海外では、新型コロナと診断すれば国が病院に給付金を出すことで診断誘導があったことが報告されています。

実際にアメリカでは、通常の肺炎では給付金が5,000ドル(約54万円)のところ、新型コロナ認定で 1.3万ドル(約140万円)、人工呼吸器装着で 3.9万ドル(約420万円)と、給付金が一気に跳ね上がります。

PCR検査陽性で医者がガッツポーズを決めたとしてもおかしくない金額です。日本でも診察料が3倍、PCR陽性者に10万円、保険金が2倍支給されたりしていますね。

実際に、フロリダではバイク事故で死亡した二人の若者がコロナ死亡として扱われていたことが発覚。病院が政府からの給付金目当てにコロナ死にしたと見られています。

f:id:bolienda:20200716204909j:plain

ミネソタ州上院議員のスコット・ジェンセン氏

またアメリカの報道番組(2020年4月7日放送)では、ミネソタ州上院議員で医師のスコット・ジェンセン氏が、「アメリカの厚生省が医師に対し、死因を問わずコロナ死者にカウントするよう指示している」事実を暴露しました。

実際に調べたところ、アメリカ厚生省の指示文書に以下の記載がありました。

"it is acceptable to report COVID-19 on a death certificate without this confirmation" 「臨床検査なしに死亡診断書にCOVID-19と報告して良い。」

ジェンセン氏は、医師が厳密な死因確認をせずに死亡診断することはあり得ないと話しています。

US HHS Document to Doctors on How to Certify COVID-19 Deaths including Related Deaths | Death | Pneumonia

f:id:bolienda:20200729044306j:plain

※番組映像はここから見れます↓

【FOXニュースより】ミネソタ州の上院議員で医者でもあるスコット・ジェンセン氏が「死亡診断書の書き方をアメリカの厚生省が指示をしている」と告白 | wake up

イタリア「死亡者の96%が持病あり」

私の住むスペインでの死者は9割近くが70歳以上、日本では死者の平均年齢は75〜80歳。どの国でも元気な若者がウイルスに侵されて突然死に至るというようなことは起こっていません。

f:id:bolienda:20200724235240j:image

イタリア国立衛生研究所ISS)は死亡した人の約96%には持病があり、平均年齢は約80歳だったことを発表しています。シルビオ・ブルサフェッロ所長は「新型コロナの感染者と死者には、基礎疾患を持つ高齢者が大半」だと会見で証言しています。

https://www.bloomberg.com/news/articles/2020-05-26/italy-says-96-of-virus-fatalities-suffered-from-other-illnesses

イタリア議会では、ビットリオ・スガルビ議員がこの結果「96.3%の死因が新型コロナではない」を必死に訴えました。この映像からはその渾身の熱意が伝わってきます。


ドイツ解剖医「コロナ死は嘘」

また、ドイツではクラウス・プッシェル教授(ハンブルグ・エッペンドルフ大学病院の法科学トップ)がコロナ死者の遺体解剖を行い、テレビ番組で下記のように発言しています。

<クラウス教授の証言>

・死者達にはすでに深刻な疾患があった。

・年齢は50〜100歳、平均年齢は80歳

・少なくとも1つ、多い人はいくつもの疾患を抱えていた。

・疾患は、心血管疾患、心臓発作、心肥大、冠状動脈狭窄、動脈石灰化、慢性閉塞性肺疾患など。免疫が弱まり、感染に適切に反応できない人達だった。

イギリス「交通事故死もコロナ」

さらに欧州で最大の死者(4万5000人)を出したとされるイギリスでも、新型コロナ死者統計に交通事故死なども含まれていたことを研究者が指摘。これを受け、英国ハンコック保健相が死者数の算出方法の見直しに踏み出しました。


このように、海外では水増しとも言える事実が次々と明るみに出ています。ここから言えることは、新型コロナの死者数は信憑性がないということです。

例年通り様々な原因で死亡している人の死因が新型コロナに付け替わることで、あたかもパンデミックが起こっているように見えているのかもしれません。

<他にも…>

これはフランスのデモ参加者の話ですが、フランスでは自殺者もコロナ死者に含めたり、肺炎に有効なヒドロキシクロロキンの使用が突然禁止されたり、感染を恐れた看護師の半分が高齢者施設に出勤せず管理が不適切だったり、孤独や家族に会えない不安、蔓延した死の恐怖による死者もいたとの話もあります。

日本も「死因を問わずコロナ」に

f:id:bolienda:20200803035048j:plain


なんとも信じ難いことですが、実は日本でも2020年6月18日、厳密な死因を問わず新型コロナ死者としてカウントするよう厚生労働省が通達を出しました。https://www.mhlw.go.jp/content/000641629.pdf

国が死者数の虚偽申告を指示していると言っても過言ではない重大問題ですが、多くの日本人が知りません。

※記事にもなっています↓

f:id:bolienda:20200803054350j:plain

f:id:bolienda:20200717031304j:plain

さらに2020年3月11日、日本医師会は全国の医師に対しインフルエンザなどの他の感染症検査の禁止を要請しました。先述のとおりPCRは他ウイルスにも反応するため、インフルエンザなどが新型コロナだと誤診されている可能性も十分考えられます。

日本医師会 感染症検査行わないよう求める|日テレNEWS24

4. 本当に恐れるべきは・・・

f:id:bolienda:20200720195648j:plain

ワクチンは本当に救世主?

「︎元の生活に戻すにはワクチン必要!」の風潮が徐々にできつつあります。自粛生活や経済打撃から抜け出す為にと、多くの人がワクチンを待望しているのではないでしょうか?

しかし、このワクチンが落とし穴!という視点も必要です。

通常開発に5〜10年かかるワクチンが僅か1年で完成し、人類初の「核酸(DNA)ワクチン」であることからも、警戒の声を挙げる人が日本でも増えています(東京では定期的にデモが行われています)。

人々がコロナに怯え、自粛で生活に困窮するほど必要性を信じてワクチンを打つ、すると製薬企業や資本家が利益を上げ、それを手助けした日本の政治家にも莫大な献金が入ることは一つの事実として認識しておく必要があります。

実際にデンマークではワクチン強制法案が成立し、ドイツのメルケル首相も強制化を狙っていたり、どうしてもワクチンを打たせたい思惑が顕在化しているのです。

ワクチンと免疫を正しく知る

f:id:bolienda:20200804150155j:plain

ワクチン(予防接種)とは体に直接注入する劇薬です。水銀やアルミニウムなどの金属、ホルムアルデヒト、堕胎した赤ちゃんの細胞(MRC-5)、動物の細胞、蛾の幼虫の細胞などが使用され、自閉症や知的障害、不妊や身体麻痺、アレルギーの副反応の危険性は長年議論のあるところです。

私達はなぜ赤ちゃんの頃から当たり前のように接種しているのか、本来は疑問を持つべきとも言えます。

現代でも風邪を治す薬は存在しません。風邪の症状を押さえ込む対症療法の薬でしかなく、実際に「風邪薬を発明すればノーベル賞ものだ」という言葉があります。

結局、いかなる病気も最後は自己免疫が病気を乗り越えるのを待つしかないのです。自己免疫こそが私達一人一人のお医者さんなのです。

少女達の薬害を忘れてはいけない

f:id:bolienda:20200723044108j:plain

2010年から国が推奨していた子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)によって多くの若い女性が全身痙攣や半身不随などの障害を負い、今も苦しんでいることをご存知でしょうか。

当時、日本政府と大手の外資製薬企業が手を組み、子宮頸がんの危険性とワクチンの必要性を広報し、全国の小学6年〜高校1年生を対象に接種を推奨しました。結果として政府とワクチンを善だと信じた少女達が被害者となり、薬害訴訟にまで発展したという事件です。

f:id:bolienda:20200804153457j:plain

そして2020年の現在、再び政府とメディアが一丸となって病気の危険性を煽り、私達にワクチンを推奨しています。一体なぜ、98%以上の人が無症状あるいは自己回復している弱毒ウイルスに、リスクを伴うワクチンが必要なのでしょうか?

*「国が国民の健康を害するはずない!」と思う人もいるかもしれませんが、国が国民ではなく資本(多国籍企業に迎合する政治(コーポレートクラシー)グローバリズムを理解する必要があります。日本が農薬使用量世界一であること、水道民営化で水道事業を外国に売っていること、日本固有の種を保護する法律を変えて外国の種会社から買うよう推進しているのは私達国民のためでしょうか?今回のように複数の国が同じ方向を向くのも、同じ資本によって国が動かされていることを表しています。

2,000人のドイツ医師が立ち上がった!

f:id:bolienda:20200721042236j:plain

このような疑問は何も私一人ではなく、世界中で政治家や専門家、学者が警鐘を鳴らしていることです。

実際にドイツでは、医師や専門家2,000名以上が『啓蒙のための医師団』を設立し、医学的根拠を欠くマスメディアの煽り報道を批判し、このパンデミックを「演出」「詐欺のトリック」として医療利権の闇も鋭く指摘しています。

医師団の活動はボランティアで運営費は全て寄付によるため政治や企業との癒着のないクリーンな団体です。寄付金で新聞を発行したりウェブサイト(

https://www.xn--rzte-fr-aufklrung-pqbn68b.de/)で情報発信をしています。

5月7日にはRBB(ベルリン・ブランデンブルク放送局)などを前に記者会見を行いました。「感染症対策を公然と批判する」理由を、是非一度ご覧下さい。

私達はいま、実態とそぐわない恐怖を植え付けられ、世界中を巻き込んだ一大マーケティングの渦中にいるのではないでしょうか。

5. 世界のワクチンを作っている人物

f:id:bolienda:20200717221306j:plain

ワクチンを語る上で外せない人物、世界的な大富豪、Microsoftビル・ゲイツさんのお話を一つ。

彼は2002年に世界的巨大製薬企業(ビッグファーマ)9社に2億500万ドルを投資し、GAVIアライアンス(ワクチンと予防接種のための世界同盟)の立役者として世界的にワクチン事業を牽引する人物です。

Gates Foundation Buys Stakes in Drug Makers - WSJ

WHOは信用できない?

f:id:bolienda:20200731170804j:plain

=ココ重要!=

知らない方が多いですが、アメリカが脱退表明した今、WHOの一番のスポンサーはビル・ゲイツの財団です(二番目もビル・ゲイツが支援するGAVIアライアンス)。https://open.who.int/2018-19/contributors/contributor

本来医療業界を監督する立場にあるWHOが、ビッグファーマを支配するビル・ゲイツのコントロール下にあり、もはや独立機関ではないことは必須の知識です。

つまり、「コロナの危険を訴える人」と「ワクチンで利益を得る人」が同じという利益相反の構造になっています。余談ですが、自分で問題を作って自分で解決策を提供する、自作自演のビジネス手法のことをマッチポンプと言います。

犠牲者になった世界の子供達

f:id:bolienda:20200729182040j:plain

日本では、ビル・ゲイツを慈善事業家だと思っている人も多いですが、実態はそうなのでしょうか?

ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、貧困国の健康向上という名目でアフリカやアジアの子供達にワクチン接種を長年実施しています。例えば、インドでは50種混合のポリオワクチンを5歳以下の子供に受けさせました(一般的には5種混合まで)。

しかしその結果、50万人の子供が身体麻痺を発症したり、不妊障害の女性や死者を出したりと様々な健康被害をもたらし、インドでは犯罪者として訴追されています。

今年4月、ロシアの公共放送(日本でいうNHK)ではこのような犯罪的活動を暴露する報道がなされました。新型コロナのワクチンにもすでに100億円以上投資しており、いずれ彼が作ったワクチンが日本にも来ます。この動画は必見です。

<さらに…>

今年5月、イタリア議会では国会議員サラ・クニアル氏がコンテ首相に対し「今度ビル・ゲイツから電話が来たら国際刑事裁判所へ回してください。犯罪者からの命令を受け取っているのですから。」と訴えました。


またアメリカでは「人道に対する罪と医療過誤ゲイツ財団を捜査せよ」というホワイトハウスへの嘆願署名が60万を超えたことも報じられています。

新型コロナはデジャブ?

f:id:bolienda:20200805182446j:plain

実は、今回の騒動に似たような事件は過去にもありました。2009年に”流行”したとされる豚インフルエンザです。当時WHOは豚インフルエンザを疫病の最高危険度レベル6と認定し、加盟国に国家課題としてワクチンを税金から購入することを義務づけました。

問題だったのは、このレベル6という危険度認定の基準が直前の2009年5月に大きく緩和されていたことです。勿論当時のビル・ゲイツのWHOへの資金提供額もアメリカに次ぐ2位と莫大なものでした。

f:id:bolienda:20200720020957j:plain

そして英GSK社がワクチン『Pandemrix』を開発、各国政府が4億4千万本を購入しました。JPモルガンのアナリストによるとGSK社はワクチンで35億ユーロ(約4,000億円)を売上げ、製薬業界には180億ドル(約2兆円)の利益がもたらされました。そして何を隠そうGSK社の大株主もビル・ゲイツという訳で、彼も莫大な利益を上げたのでした。Schweinegrippe: Ohne Risiko und Nebenwirkung - Wirtschaft - Tagesspiegel

このワクチンはヨーロッパで3,000万人が投与しましたが、ナルコレプシーという突然睡眠に襲われる病気の報告が12か国であがりました。

新型インフルのワクチン副作用、12カ国報告 日本未使用 :日本経済新聞

今回もWHOがコロナをパンデミック認定し、ビル・ゲイツの投資企業がワクチンを開発中・・・というのは単なる偶然でしょうか。

<ちなみに…>

コロナ直前の2019年10月、ニューヨークで『EVENT201』という会議が開催されていました。ビル・ゲイツの財団、世界経済フォーラム、ジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターなどが主催し、今回の騒動を予見していたかごとくのシミュレーションを行ったものです。

これらの一連の出来事を、あなたはどのように分析されますか?


6. 強まるワクチン強制の動き

f:id:bolienda:20200804065013j:plain

デンマークの悲報

先述のように、すでにデンマークではワクチン強制法案が2020年3月12日に成立しています。拒否する人には警察などの公権力を使って強制執行でき、ワクチンを接種しない自由が奪われました。

https://www.dk.emb-japan.go.jp/files/100036574.pdf

ベルリンの大規模デモ

またドイツでは、メルケル首相がワクチン接種の証明書を持たない人には社会的サービスを停止するという実質的な強制法案を進めたことから、ベルリンでデモが続いています。人々の抗議の声はますます大きくなり、8月1日にはなんと130万人(ドイツ警察発表)がデモに参加しました。

「安全を得るために自由を放棄する者は、最後にその両方を失う。」ベンジャミン・フランクリン

「自身の理性を使う勇気を持て。」イマヌエル・カント

ドイツでもアメリカでもイタリアでもスペインでもイギリスでもデモが勃発しているにも拘らず、世界中の市民の声を日本メディアは取り上げないのです。経済と自由の破壊、全体主義化を目指す世界に警鐘を鳴らしています。

f:id:bolienda:20200817232430j:plain

PCR検査はコロナの偽陽性を沢山出している!自分で調べよう!」

日本も例外ではない

f:id:bolienda:20200724234807j:image

ワクチンを目指す動きは日本も例外ではありません。厚生労働省2021年前半から国民全員に接種できる体制を目指しており、医療従事者や高齢者などの重症化リスクの高い人から優先的にという方針も発表されています。

また、7月22日の毎日新聞の記事は開発中のワクチンについて次のような報道をしています。

@「核酸ワクチン」と呼ばれる新しい技術で、これまで薬事承認されたことがない。

A 日本人を対象にした安全性や有効性のデータが十分集まる前に、海外の治験を踏まえて特例承認される可能性が高い。

B 健康被害が生じ訴訟が起きた場合、国が製薬企業の訴訟費用や賠償金を肩代わりする法整備を行う検討に入った。

つまり、人類初の核酸ワクチンは十分な治験も経ないもので、日本人が健康被害を被っても外資製薬企業は一切責任を負わないということです。ワクチン接種は各個人が決定する自由を持つべきことは言うまでもありません。

https://www.youtube.com/watch?v=qL1sAgK5p5k&t=59s

7. 「ID2020」を知っておこう

f:id:bolienda:20200720021503j:plain

このように、国際的な大資本家(グローバリスト)がワクチンを世界中の人に打ちたい理由はお金だけではありません。

例えば国連は、SDGs(持続可能な開発目標)の「2030年までにすべての人に出生証明を含む法的なアイデンティティーを提供する」という目標において、世界77億人をデジタルID(デジタル身分証明)で管理する計画を進めています。


実際に、マイクロソフトやGAVI、アクセンチュアなどが主導して『ID2020』というプロジェクトが2016年から始動しています。メルケル首相がワクチン証明書を主張するのも、証明書が必要な社会を構築しデジタルIDを導入したい思惑があるのかもしれません。ワクチン社会とデジタルIDの両方が実現すれば、医療利権は更に強固に、権力者は市民を管理できる体制が整います。

f:id:bolienda:20200804160441j:plain

また、EUではワクチンの進行計画として、2022年までにワクチンパスポートを導入し、個人のワクチン接種履歴を国家間で共有する計画がコロナ以前からスタートしています。

https://ec.europa.eu/health/sites/health/files/vaccination/docs/2019-2022_roadmap_en.pdf

今回、各国が足並みを揃えたようにワクチンに向かうのは、これらの計画と連動している可能性も考えられます。ワクチンを取り巻く世界情勢に目を向けて、ぜひご自身でも調べてみてください。

8. 自粛はスーパーシティへの布石?

f:id:bolienda:20200717220731j:plain

スーパーシティのイメージ図

デジタル管理を目指す世界動向の中、日本でも2020年5月27日、コロナ騒動に紛れて可決成立した法律がありました。それがスーパーシティ法案です。

https://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc/supercity/supercity.pdf

知らない人のために説明すると、スーパーシティとは表向きには最先端技術を駆使したまるごと未来都市を目指すものですが、その中身を見れば「テクノロジーによる監視社会(テクノクラシー)」と表裏一体であることが分かります。

具体的には、全ての個人情報を一元化して政府が管理する、カメラや顔認証などの生体認証システムを街中に取り付けてどこでも「顔パス」で決済ができる・サービスを受けられる、医療も遠隔、教育も遠隔、移動も自動運転、現金廃止の世界です。

これは一見便利に見える一方で、全ての行動に必ずシステムが入る社会設計であることに注意が必要です。つまり、あなたがどんな行動をしたのかが事業者や政府に筒抜けの社会ということです。これを悪用している監視国家も実際にありますね。

f:id:bolienda:20200729170109j:plain

今回コロナをきっかけに、テレワーク、遠隔教育、オンライン飲み、キャッシュレスなどが推進されました。便利さも感じられる反面、実はスーパーシティの推進に寄与しているという見方もできます。 オンラインが根付けば、個人の生活データを集めることも、テクノロジーによる管理もしやすくなるからです。

つまり、自粛とはITシステムで管理できない現実世界の縮小とも言えます。実際に今、お祭り、音楽ライブ、飲食店、スポーツ、夜の街、旅行、会社出勤、キャンパスライフなど人が集まる場所が減り、「バーチャル渋谷」のように「家で楽しむ」動きが進んでいるのは、オンライン化を進めたい政府の方向性と一致しています。

f:id:bolienda:20200804165921j:plain

飲食店の閉店が進む六本木(東京)

また、経済破壊は資本家や権力者にとっては資産を安く買い叩けるのでむしろ好ましい側面があります。個人商店や飲食店、中小企業が潰れると、地方文化や経済が衰退する一方で、富の一極集中や大企業によるビジネスの占有化が進みます。経済政策は注意深く観察する必要があります。

ちなみに、カナダのトロントでは住民の猛反発によりスーパーシティが頓挫しています。


<さらに…>

このスーパーシティの先に「2050 年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現 」する、驚きのムーンショット計画があります。

9. 新生活様式に科学的根拠はない

f:id:bolienda:20200721044118j:plain

「マスクで黙らされるな!」アメリカのデモ

ちなみに、私達が従っている新生活様式のマスク着用やソーシャルディスタンスにも科学的エビデンスはありません。全てが推測の域をでず、厚生労働省に電話をすれば、エビデンスがないという回答がもらえます。

そもそも無症状者から感染するということ自体もエビデンスはなく、後に誤りだと撤回されたドイツ論文や類似論文を根拠にしています。いつまでも仮説に基づいた対策を強いられている現実を一度見つめ直す必要があります。

f:id:bolienda:20200805055019j:plain

また、たかがマスクと思われるかもしれませんが、小さな制限を皮切りに、やがて大きな自由の剥奪に繋がるのは歴史の常です。よく考えないまま「感染対策」という大義名分を信じ、自ら自由を差し出すのは危険なことです。

例えば、他国のように追跡システムが強化されたり、強制ワクチンなど医療選択の自由が「感染対策」の名目で剥奪される危険はいくらでも想像できます(来年の東京オリンピックを名目にされる可能性も)。そして、自粛要請とは国民の団結・集会の自由を制限する、本来は憲法違反に当たる権力濫用であることを、忘れてはいけません。

不安な人がマスクをするのは自由ですが、強制する同調圧力があるのはとても悲しいことです。

f:id:bolienda:20200720190717j:plain

マスクは抗議や団結を防ぐため、奴隷に付けさせていた歴史があります。

10. 元の生活を取り戻すために

f:id:bolienda:20200724175016j:plain

長文を最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。メディアが報じない情報ばかりで面食らった方も多いと思いますが、「なんだか世の中おかしいかも?」を感じてもらえたら幸いです。

これらの世界の情報から導けることは、

コロナには惨事便乗型資本主義の大きな力が働いており、その惨事すら人為的である可能性があるということ。

つまり「マスクと自粛でやり過ごしていれば終わる」ではないということです。おそらく、私達が声を挙げない限り元の生活はもう返ってこないでしょう。

「ウイルスvs人類」という思考の構図から脱して、生活様式の定着とワクチンに向かうシナリオに「NO」を言う必要があるのではないでしょうか。

そして、子供達や学生のかけがえのない青春をこれ以上奪ってはいけません。すでに子供達はこの不自然な社会に苦しんでいます。

f:id:bolienda:20200725190830j:plain

給食中は私語禁止、前を向いて食べる子供達(右上)

f:id:bolienda:20200806033647j:plain

マスクによる熱中症予防と距離確保のため、傘をさして登校する子供達

f:id:bolienda:20200729051533j:plain

この記事のまとめ

・コロナよりお餅で死ぬ人の方が多い

・新型コロナは、立証不十分な中国論文と不正確なPCR検査によって過剰演出された虚構のパンデミックの可能性がある。

・目的は、@世界の医療利権によるワクチン推進、AデジタルIDの導入、Bテクノロジーによる監視社会のための C生活様式ニューノーマルを起こすこと。

ワクチンをゴールとしたシナリオに疑問を持ち、コロナを指定感染症から外す必要性があるのではないか。

少しでもこの記事が参考になったと思った方は、どうか少しでも多くの人に伝えていただけると嬉しいです。

お友達同士、家族で、学校で、大学で、会社で、同好会で、飲み会で、オープンに議論をしてください。この記事はあくまで私見ですので、様々な意見交換が大切だと思います。

メインストリームに従うのではなく、多様な情報を比較し、あなたがあなたの頭で分析して結論を出してください。

もし、あなたがこれまで感染対策を頑張ってこられていたら、これからはあなたのその優しさと知性を、世界の自由市民と子供達のために一緒に生かしていけたら嬉しいです。

この騒動を一緒に終わらせましょう!

f:id:bolienda:20200721045612j:plain

<情報の鉄則>常に自主的なリサーチを!

【1】NOテレビ!:マスメディアは資金源のスポンサーや政府に忖度せざるを得ず、情報の多様性に欠けるのは当たり前。プロパガンダとして機能することも忘れずに。

【2】NO権威!:公的機関や専門家もスポンサーの代弁者であることを肝に銘じて。

【3】NO検索上位オンリー!:Googleもスポンサーの影響下。検索上位の情報を闇雲に信じるのではなく、自分の頭で考えよう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年8月21日 20:01:26 : TRdDNmSvTE : YTlRaGsuVlV1UGM=[1] 報告
コロナ怖くない 人達にお願い。
堂々と本名で名乗り出て頂きたい。後ろめたい事が無ければ。
コロナ菌を飲んで頂き、ワクチン開発に御協力頂く覚悟が御有りなら。
コロナ怖くなければ、東大病院に御名乗り頂けないでしょうか。
2. 2020年8月21日 21:30:30 : 3oQDiFrwZw : bThSS0xUM0tCaVU=[17] 報告
コロナは菌じゃないぞ、東海アマこと魑魅魍魎男くん

[18初期非表示理由]:担当:アラシ仮認定により全部仮処理
3. 2020年8月21日 22:09:59 : bAq5MF1xUQ : RHhrd3k1LnFNUnM=[1] 報告
本名を出せと言う人が、

本名を出さないのが滑稽(こっけい)ですよね ♡ 。

∞.

4. 根岸兎角[252] jaqK3ZNlinA 2020年8月21日 22:39:49 : MqW3FylPZg : UWdmNVNvLlFBQ3M=[61] 報告
ひまじんうじは味噌もクソも峻別できないらしいにゃ(^^♪

ワクチンへの不信、子宮頸がんワクチンの犯罪性は明らかだが、そういうものと新型コロナ全体とを同列に並べる知性が情けない(>_<)(@_@)

一つ一つ指摘するのも煩わしいので、今はこれだけにしておく。
何かわしに糺したいことがあれば遠慮せず言ってもらおうか。

5. 2020年8月21日 22:40:12 : rr92ZRM2Wg : dGxSd0lZa3NCRWM=[11] 報告
PCRはウイルスが存在するかどうかの検査で、キャリ・マリスはその発明でノーベル賞を貰った。ウイルス感染の検査に使用してはいけないというのだったら、彼はノーベル賞を返上すべきだった。

この問題に関しては、ロイターのファクトチエックチームの記事があるので見てください

全世界でPCR検査は行われています。

マリスが言っているのは、PCR検査の特性は定性的なもので、定量的なものではないということだそうです。

PCR検査は体内に(喉などの粘膜に)ウイルスが侵入しているかどうかについて判定し、保菌者(この場合は保ウイルスというべきか)とウイルスの侵入を受けていない人を分離するために使用することで、感染の広がりを押さえることができる。

新型コロナウイルスの毒性が確定的にわかっていない以上、安全性の原則で慎重に対処すべきで安易に考えるべきではないと思う。

6. HIMAZIN[1056] SElNQVpJTg 2020年8月21日 22:59:12 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[284] 報告
>>5
記事読んでます?

【以下抜粋】

【問題2】「陽性者」は「感染者」ではない

そもそも「感染」とは「微生物が生体内に侵入し、定着・増殖した寄生の状態」を言います。粘膜等にウイルスが付着しているだけでは感染とは言わず、例えばインフルエンザでは数十万個以上ウイルスが増殖して初めて「感染」と診断されます。

口の中に菌がいるだけでは虫歯ではなく、歯に穴が開き象牙質や神経まで菌が増殖して初めて虫歯(感染)となるのと似ています。

PCRは遺伝子を数億倍に増幅するため、実際には数個のウイルスが付着しているだけの健康な人も「陽性」になります。その「陽性」を「感染」という言葉で報道するため、実態のない感染爆発の印象が先行しています。ウイルス付着を感染と言うのなら、全人類が感染者になりかねません。

7. HIMAZIN[1057] SElNQVpJTg 2020年8月21日 23:09:11 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[285] 報告
https://twitter.com/yobu_dai/status/1296649731192451073

大ちゃんママ
@yobu_dai
今朝のTVワイドショーで「コロナショックで煽りを食う銀座」とも特集をしていた。
コロナの直前までは「インバウンド景気」で賑わっていた銀座界隈の事業者も コロナ禍で瀕死寸前…
そのTV報道の「無節操&無責任さ」に「お前らが片棒を担いだんだろう!」とテレビをかち割ってやりたい衝動に駆られた

8. 根岸兎角[253] jaqK3ZNlinA 2020年8月21日 23:28:21 : MqW3FylPZg : UWdmNVNvLlFBQ3M=[62] 報告
>>6ひまじんうじ

>実際には数個のウイルスが付着しているだけの健康な人

貴殿はまじめな人のようだから丁寧に言うが、こういうように、数個のまんまじっとおとなしく存在していないのが実際なのだ。

免疫系が勝てば白血球が殺してしまうし、免疫系が負ければ増殖して発症してしまう。
従って、幸運にも数個存在する時点で発見できたとしたら、薬があれば薬で退治する、特効薬が無ければ免疫を強くする処置を施すなど対策が取れるわけだ。

歯周病菌の場合は存在していても数が増えないと歯周病を発症するまでには至らないだろう。普段口中を清潔にすれば完全除去はせずとも、数を一定以下に抑えることは可能だが、できるなら完全除去する措置を講じた方が良い、とまあそういう関係だ。

PCR検査を攻撃しても何もならぬ。PCR検査は全ての措置の出発点なのだ。もっと勉強してから(まともなことを)記事を書かないと、トンデモカルト連中の巣窟となる。警告しておきたい。

9. HIMAZIN[1058] SElNQVpJTg 2020年8月21日 23:49:46 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[286] 報告
>>8

>根岸兎角さん

>数個のまんまじっとおとなしく存在していないのが実際なのだ。

記事読んでます?
じっとおとなしく存在しているかいないか、つまり感染しているかいないかが判別できないと言っているのです。だから、開発者自身が「感染症検査の目的に使用してはいけない」と警告してました。
しかも>>6で抜粋した問題だけじゃないですよ。

【以下抜粋】

実際にPCR検査には大きく3つの問題点があります。

【問題1】新型コロナウイルス以外も「陽性」に
【問題2】「陽性者」は「感染者」ではない
【問題3】遺伝子配列は立証されていない

10. AN[1335] gmCCbQ 2020年8月21日 23:58:34 : g3Fm57P8U2 : RE1yaUVzNTh0bjY=[494] 報告
5.氏が正しく、6. HIMAZINさんの、
>そもそも「感染」とは「微生物が生体内に侵入し、定着・増殖した寄生の状態」を言います。粘膜等にウイルスが付着しているだけでは感染とは言わず、例えばインフルエンザでは数十万個以上ウイルスが増殖して初めて「感染」と診断されます。
は誤りです。
 ウィキには「感染(かんせん、英: infection)とは、生物の体内もしくは表面に、より体積の小さい微生物等の病原体が寄生し、増殖するようになる事。また、侵入等のその過程。 それによっておこる疾患を感染症という」
と記されています。 ウィキの記述が常に正しいわけではありませんが、この定義は合っています。 HIMAZINさんの文章の「インフルエンザでは数十万個以上ウイルスが増殖して初めて「感染」と診断されます」も間違っており、それは「発症」を意味しています。

>歯に穴が開き象牙質や神経まで菌が増殖して初めて虫歯(感染)となるのと似ています。
 これも全く同じ間違いで、上記の状態は”感染の初期”ではなく、”症状の出現=発症”の状態です。
 口の中に虫歯菌がいれば、それは”保菌者”(正しくは「無症候性キャリア」)です。

 日本(東アジア)ではわずかな方しか亡くなっていませんが、世界全体を眺めれば決して疫学的に無視してはならない数のかたが新コロ(またはそれに伴う医療崩壊)で亡くなっています。
 「老人だから仕方が無い」というのは暴論です。(ちなみに大西恒樹氏もそんな馬鹿なことは発言していない。)

 現状で、新コロを大騒ぎするのは、明らかなインフォデミックですが、情報をねじ曲げてまで軽視しようとするのも何らかの政治的意図を感じざるを得ません。

11. 2020年8月22日 05:50:06 : nhcYvfzc3g : LzNtMC5FenIyR0k=[53] 報告
間違いだらけの記事だね。

日本で死者が少ないというが、検査していないのだから当たり前。

志村けんや岡江久美子といった有名人は全部で1万人ぐらいしかいない。
総人口は1億人ちょっとだから、彼らは1万人に1人の割合だ。

それが2人、3人と亡くなっているのだから、すでに数万人の死者が出ていると
考えるべきだ。

それから回復しても重篤な後遺症が残るケースが多いことも
考えなければならない。

PCR検査にイチャモンをつけても、徹底した検査で新型コロナを
封じ込めている国がいくつもあるのだから説得力はゼロ。

海外でもたくさん死んでいるし、若い人が数日で死にいたる場合もある。

海外ではコロナ犠牲者数を水増ししているというが、なぜ日本政府は
同じことをしないのか。

むしろやっていることは真逆で、必死にPCR検査を妨害して、
本当の患者数死者数を隠している。矛盾しているではないか。

一部の連中が新型コロナ流行に乗じてワクチン強制接種を
たくらんでいることはまちがいないが、だからといって新型コロナが
フェイクだとか、風邪と同じだと言うことにはならない。

正体のわからないものについては、最大限の警戒をすべきである。

何度も言っているが、新型コロナがフェイクなら、三密に長時間
マスクなしで滞在して、感染しないことを自らの身で証明すべきだ。

それができなければ説得力ゼロだ。

12. HIMAZIN[1059] SElNQVpJTg 2020年8月22日 07:45:44 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[287] 報告
>>11

>何度も言っているが、新型コロナがフェイクなら、三密に長時間マスクなしで滞在して、感染しないことを自らの身で証明すべきだ。

半年以上、満員電車で通勤して感染してません。マスクもほとんどしてません。

13. 根岸兎角[255] jaqK3ZNlinA 2020年8月22日 07:59:41 : 2AxvsCSIlA : Nnc1b1VBZHFLdzY=[26] 報告
>>9 HIMAZIN

まず根本的なことを教えてもらいたい。
>開発者自身が「感染症検査の目的に使用してはいけない」と警告してました。

PCR検査の開発者がそのように言っておるということだが、ではPCR検査とは一体何の目的で使うためなんだろうか?当然、そのことも勉強しているだろう。

14. HIMAZIN[1060] SElNQVpJTg 2020年8月22日 09:12:55 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[288] 報告
>>13

>根岸兎角さん

Wikiから一部引用します。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BC%E9%80%A3%E9%8E%96%E5%8F%8D%E5%BF%9C

DNAポリメラーゼと呼ばれる酵素の働きを利用して、一連の温度変化のサイクルを経て任意の遺伝子領域やゲノム領域のコピーを指数関数的(ねずみ算的、連鎖的)に増幅することで、少量のDNAサンプルからその詳細を研究するに十分な量にまで増幅することが目的である。医療や分子生物学や法医学などの分野で広く使用されている有用な技術であり、1983年にキャリー・マリス(Kary Mullis)によって発明され、ノーベル賞を受賞した。

15. 根岸兎角[256] jaqK3ZNlinA 2020年8月22日 10:37:16 : L2HkS806yg : alpDUk5KZkxPa3c=[14] 報告
>>14HIMAZIN

わかった。まずはありがとう。ではその目的である
>少量のDNAサンプルからその詳細を研究するに十分な量にまで増幅することが目的である

これについて。

1.DNAの詳細を研究する目的は何だろうか?
2.十分な量にまで増幅されたDNAというものは何かの遺伝子のかけらと考えて良いのか?

次にこの二つについて教えてもらいたい。貴殿とは話ができそうだから続けてみたいのだ。

16. 2020年8月22日 10:48:01 : IF2RS2Wphc : bnRrV3E0SXdsNGM=[43] 報告
インチキコロナ騒動の問題点を網羅した、良いまとめ記事ですね。

これを読んでも理解できない人には何を言っても無理でしょう。

特に工作員の人達、政治版にたむろする左翼の人達には無理だろう。

後者は安倍・自公政権を叩くためなら真実などどうでもよい人達と思える。

革命でも起こしたいのかもしれないが、そのツケが経済的に最も弱い人たちを直撃していることを肝に銘じるべきだ。

また、自分たちの立ち位置が、マスゴミ、ワイドショーのそれと同じであることに違和感を覚えてほしいが、それも無理なのか。

17. 根岸兎角[257] jaqK3ZNlinA 2020年8月22日 11:18:08 : L2HkS806yg : alpDUk5KZkxPa3c=[15] 報告
>>16

>インチキコロナ騒動の問題点

とのことだが、どの点がインチキなのか教えてくれんか。次のどれだろう?

1.新型コロナウイルスなど存在していないのに存在していると大騒ぎ
2.新型コロナウイルスは存在しているが、それが引き起こす疾病はただの風邪だ。それなのに恐怖をあおって大騒ぎしすぎ。
3.新型コロナウイルスは存在しているが、PCR検査がインチキだ
4.その他

まずはこれについて教えてくれ。よろしく頼む。

18. 2020年8月22日 12:08:37 : t8hqC5k0yY : YkN1VFIyQkxuQ3M=[3] 報告
アメリカの人からSkypeで聞いた話。ニューヨークで感染がひどい状態だった時。
その人の知人の若い医師が「ニューヨークでボランティアをしないか?」と誘われたそうです。ボランティアといっても勿論有給、それどころか一定期間従事したら奨学金の残りの返済が免除されるという、若い医師にとっては大変魅力的なものだったそうです。しかし、誓約書の中に「死亡診断書の死因は“新型コロナ”と書く」との一言があって、疑問を感じて断ったそうです。
19. 2020年8月22日 13:08:28 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[2909] 報告
自動車燃料混ぜたって記述があまりにもゴミ過ぎて…。
有機溶剤混ぜてるのと同じで、試薬も壊れる。
馬鹿過ぎ。
(その後の部分は読んでない。読む気にならなかったよ…)
20. 2020年8月22日 15:09:17 : JPvaTJH7VM : L3BmLlBmcTV4VEE=[139] 報告
>>17
 返信無用

日本においては 3+1

世界においては 1

※感染症とは、感染死したとされるAとBから、同じ病原体が検出されねばならない

※ところが、Covid 19には普遍な病原体は不在・不明で、ウイルスが変質しているとされている
(例 AとBの異なるウイルスが、どちらかからどちらかへ変質する経過を検視した事実は無いのに、方やAウイルス、方やBウイルスなので、どちらかからどちらかへ変質したのだろうとの憶測で同一ウイルスとされ、このパターンがいくつあるかすら不明というのが実態である)

※この事実は、Covid 19というウイルスが未だ●●であると立証できないことを証明している
(明日にはCというウイルスが発見され、うん!Covid 19が変質したと予測される、明後日にはDというウイルスが発見され、うん!これもCovid 19が変質したに違いない、このような状態なのだ)

※要するに、RNA遺伝子というものが体内より検出されさえすれば、「うん!明日にはこれがCovid 19に変質するかも知れない!」と言っているだけなので、普遍な病原体の特定は不在であり、Covid 19に特定される実態は無い=学術上Covid 19は悪魔の証明を受けねば存在することにされてしまうウイルスなのだ
(小沢一郎疑獄事件と同じ、無罪を立証しないから有罪と言われて立件されたようなもの)

※その理由(悪魔の証明を命じられた)も様々な告発がなされ、多くの医療従事者より、特定の不可能なCovid 19を死因と記載せよとの上司命令を受けたとの報告が氾濫している

※WHOが、その悪魔の証明という不正誘導の発信元との情報も後を絶たない

※今、世界中で、Covid 19と特定のできないにも関わらず、Covid 19を死因とされる報告が溢れ却っているわけなので、世界中で「1」は引き起こされている

※プラス日本では、PCR検査でないものをPCR検査と呼ぶことで、日本の中に、行政が差別構造を監視・監督する体制の構築が企まれ、日本では「3」も引き起こされている

21. 2020年8月22日 15:53:34 : 2ltzoPrHUQ : TlBNRlZoczNOL1U=[507] 報告

 新型コロナ   vs   インチキころな

 例1: プリンセス号において 300人位が感染した 
 例2: アメリカの戦艦でも 大量感染した

 普通の風やインフルエンザで これだけ 大騒ぎすると思うか??

 例3: 大阪のミニ劇場でクラスラーが発生した 

 普通の風? インフルエンザだと 想うのか??
 
 ===

 そもそも バカは 目の前の物が 見えない様だ

 PCR検査を 否定する前に 現状を理解すべきだ 
 

22. 2020年8月22日 15:57:31 : 2ltzoPrHUQ : TlBNRlZoczNOL1U=[508] 報告

 普通の風・インフルエンザではないので 皆が「あわてている」のだよ〜〜

 わざわざ PCR検査まで 持ち出して その違いを見つけようとしている訳だ
 
 そりゃー PCR検査ではなく 血液検査で 新型コロナが 一発で判定できるんだったら
 みんな そっちを使うだろうよ!!

 そんなものは ないんだから PCR検査を 使うしかね〜〜じゃね〜〜か

 
 

23. 根岸兎角[258] jaqK3ZNlinA 2020年8月22日 15:58:09 : L2HkS806yg : alpDUk5KZkxPa3c=[16] 報告
>>20

いろいろ書くとこんがらがるので、大きな問題を一つだけ取り上げる。
お主は次のように誤解してないか?

1.PCR検査のためにDNAのかけらのようなものを増殖すること
2.ウイルスを培養して増やすということ

この2つを混同してないか?1と2は全く違うものなんだが。

この点だけでも返事してくれないか?

24. 2020年8月22日 16:12:52 : 2ltzoPrHUQ : TlBNRlZoczNOL1U=[509] 報告

 スペイン風邪の場合 1波2波3波まであって 2波が 強毒だったといわれる

 ===

 1波で 医療崩壊したところに 2波の 強毒化したコロナが襲えば
 医療崩壊している訳で 病院に行けないで 死ぬ人も多いことになる
 スペイン風邪の場合 5億人が感染して 5000人が死んだとされるわけで
 人口の 10%が死ぬことになる 

 ===

 新型コロナは 風邪だインフルエンザだといって 蔓延させて 医療崩壊を招いたところで
 
 強毒化したコロナが やってくれば 残念だが スペイン風邪の 再現となるだろう

 人口の 10%が死ぬような 事態になっても それを喜んで インフルエンザだと言う人とは

 話ができないよね〜〜
 

25. 2020年8月22日 21:26:39 : IF2RS2Wphc : bnRrV3E0SXdsNGM=[45] 報告
>>17根岸氏

残念ながら貴殿とは議論するつもりはない。
他の投稿での貴殿のコメントを読んで、そう判断させて頂いた。

貴殿は工作員なのか?
そうは思えなかったが、左翼だと工作員以上に厄介だとも言える。

そもそもこの投稿を読んで、現状に対して何らかの違和感、疑問を持てないのであれば何を話しても無意味であろう。

あるいは、マスゴミの流す狂気の情報に何の違和感も感じないのならば、よほどの鈍感か確信犯かのどちらかであって、いずれにしても議論の余地はない。

一つだけ言っておきたい。

日本人は同調圧力、「空気」に弱い。

いま日本はマスゴミ、左翼、利権学者の作る「空気」に支配されているように見えて、皆、おとなしくマスクを着けている。

しかし、若い人を含めて内心疑問を持っている人はそれなりにいる。

徐々にその数が増えて行き、臨界点に達して爆発した時に、マスゴミや左翼は居場所がなくなる可能性もある。

このコロナ騒動と同じく、一寸先は何が起こるかわからない時代だからね。

>>20

ありがとう。


26. 2020年8月22日 22:45:37 : wT1NFK6EZU : N3o4WUtRcENEUm8=[18] 報告
電通工作員の根岸が、訳のわからんデマを飛ばしている。

このウマシカ連邦共和国は、過去にもRNAをDNA螺旋の片方だと言ってみたり、デマのオンパレードで、初期非表示扱いが適当だと言えよう。

>> 1.PCR検査のためにDNAのかけらのようなものを増殖すること
>>2.ウイルスを培養して増やすということ
>>この2つを混同してないか?1と2は全く違うものなんだが。

この世には、1も2も存在しない。

存在しない2つの事象のうちから、何方も選べるわけがない。


そもそもRNAがDNA螺旋の一方なら、PCR法で増幅できるので、逆転写など行う必要が無い。

RNAはDNA螺旋の一方と同じ塩基配列をしているのだが、構造上折り畳まれているので、PCR法によって増幅されない。

そこで被疑対象RNAの挙動を把握するには、一旦DNA構造に書き出され逆転写法(RT)によってcDNAを合成し、そのcDNAをPCR法によって増幅することで、RNAの影響を予測する。

1も2も、そのような手順は存在しない。


問題は、生命活動とは、RNA遺伝子がいきなり誕生生成される事実は無いということなのだ。

仮に、XというDNAが、変質によってCovid19というウイルスに変質するとした場合、対策は、Xの情報の開示にある。

Xの秘密は、下記引用の中にしか存在しない。

死亡した武漢で本病原体を発見したという「リー医師」は、
❶デマを発信して、中共当局の意思とは無関係に、病原体に犯され亡くなったのか?
❷真実を発信して、中共当局に殺害されたのか?

何方と思うかと問うなら、❶❷が先ず問われるべきなのだ。

(以下引用)
ウイルスは「生命とは何か」というテーマにも関わる、深い謎を秘めた存在のようだ。世界はいまだ多くの謎に満ちている、と言うしかない。

その謎の一つが中国の武漢で突然変異を起こし、中国から日本を含む周辺国、そして世界に広がった。人々をおののかせ、政治家を悩ませ、世界経済の屋台骨を揺さぶるに至った。

新型コロナウイルスの感染拡大に、それぞれの国はどう対処したのか。それを追っていくと、その国の光と影が炙(あぶ)り出され、見えてくる。

このウイルスの存在に最初に気付いたのは武漢の李文亮(リーウェンリアン)医師たちだった。昨年末、「新しいタイプのコロナウイルスの感染が確認された」として、同僚の医師らにSNS(交流サイト)で患者の症状や肺のCT検査データを伝え、注意を喚起した。

ところが、それがネットで広がると、武漢市の公安局(警察)は「デマを流した」として李医師らを訓戒処分にし、国内メディアも「悪質なデマ」と報じた。処分を受けた後も、彼は患者の治療にあたっていたが、自らもウイルスに感染し、身重の妻を残して33歳で死去した。

亡くなる前、李医師はインタビューに応え、「健全な社会には一つだけでなく、様々な声があるべきだ」と語った。穏やかな表現の中に「自由がない国」への痛烈な批判を読み取ることができる。こうした初期の硬直した対応が中国での感染爆発を引き起こした。

もっとも、初期の失態に気付いた後の中国共産党の対応は「断固たるもの」だった。武漢市全体を封鎖し、全国から医師や看護師を動員して送り込んだ。さらに、軍隊を使って仮設の隔離病棟をたちまち完成させた。

中国には「土地の所有権」というものはない。土地はすべて国家のものであり、個人や企業には利用権が与えられているだけだ。このため、必要になれば、すぐに土地を収用できる。仮設の隔離病棟を短期間で建設できたのも、簡単な手続きで必要な土地を確保できるからだ。

この土地収用の簡便さは「腐敗の温床」の一つになっている。改革開放路線が始まってから、企業が次々に設立され、中国は「世界の工場」と呼ばれるようになったが、その過程で「金もうけに目がくらんだ共産党幹部と起業家」が農民や住民を追い出し、土地を強奪する事件が頻発している。中国にはその不正を告発し、正す自由がない。

腐敗はとめどなく広がり、暴動や流血事件となって噴き出している。その実態を赤裸々に描いたのが『中国の闇 マフィア化する政治』(何清漣、扶桑社)という本だ。著者は米国に逃れ、「共産党幹部が黒社会を束ね、あるいは黒社会の幹部が要職に就いて暴虐の限りを尽くしている」と、実名を挙げて告発している。

27. HIMAZIN[1061] SElNQVpJTg 2020年8月22日 23:17:30 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[289] 報告
>>15

>根岸兎角さん

>1.DNAの詳細を研究する目的は何だろうか?
正直このあたりはよくわかりません。専門家ではないので。

>2.十分な量にまで増幅されたDNAというものは何かの遺伝子のかけらと考えて良いのか?
「何かの遺伝子のかけら」の複製でしょうね。

28. 根岸兎角[259] jaqK3ZNlinA 2020年8月22日 23:44:15 : 7WpHIEtynE : NXBvbURxdXVSeC4=[26] 報告
>>26は完全にイってるな\(^o^)/お前がこういう所で議論するには十五年早い。

>>27HIMAZIN
>専門家ではないので

このようなことも議論できないで、他の専門的なことでイチャモンつけるのは十年早い。
知らないならなぜ逆質問しない?\(^o^)/

勉強する気もないお前は、WAKE UP, PEOPLE!の逝っちゃってる記事を仰々しく持ってくる資格はない。>>26のようなカルトの巣窟にしかならぬ。

1.PCR検査のためにDNAのかけらのようなものを増殖すること
2.ウイルスを培養して増やすということ
の違いも意味も分からぬ連中だ。

残念だが、貴殿も『新型コロナウイルスは存在しない』と叫びまくるトンデモ連中と同じレベルとみなさざるを得ない。

29. 2020年8月23日 00:19:17 : 24tmOnzR7k : U2FYbUkySTlJcE0=[5] 報告
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=3137944239622998&id=396644500419666
この世に、自身の採取検体から、新型コロナウイルスを単離された人は誰もいません。
30. HIMAZIN[1064] SElNQVpJTg 2020年8月23日 01:03:25 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[292] 報告
>>28

> 根岸兎角

>このようなことも議論できないで、他の専門的なことでイチャモンつけるのは十年早い。

イチャモンつけているのは貴方です。
知らないものを知らないといっただけでそこまで誹謗中傷される謂れはありません。

31. 2020年8月23日 02:47:55 : Vzc2BOGbxM : ZVdoSnVRMTNSUS4=[7] 報告
キャリー マリス氏の発言について

IN FACT
新型コロナファクトチェック
「PCR法を開発してノーベル賞を取った人が『ウイルスの特定にはふさわしくない』と言った」は本当か?
https://infact.press/2020/08/post-7398/

結局、この話は日本ではネットテレビ「虎ノ門ニュース」に出演している武田邦彦氏の発言によって広まったようだが、PCR 検査法の開発者、キャリー マリス氏の公表されている発言の中にそのようなものは見当たらず、IN FACTチームがその出典を虎ノ門ニュースと武田氏に質問したが要領を得ない回答しか得られず、当該発言のあった回の動画は現在、非公開になっているという。

同様の話は海外のFacebookにも出ており、武田氏の発言はそれを踏まえたものだった可能性もあるが、しかし、その内容はロイター通信その他の海外メディアのファクトチェック班の検証で否定されており、その結果を受けて、Facebookはその投稿を「一部虚偽の情報」と表示して注意喚起している。

IN FACT の調査によれば、上記のFacebookの投稿は下記の記事を参照しているが、その中のキャリー マリス氏の発言は歪曲されたものだという。

〈以下、その部分の引用。〉

インファクトでは、このFacebookの投稿について更に調査を進めた。すると、「New York Native」という新聞の記事(1996年12月9日)に引用されていたマリス氏のものとされる発言部分と一致した。

そこには以下のように書かれていた(他サイトに転載されたものを引用する)。

Kary Mullis … is thoroughly convinced that HIV is not the cause of AIDS. With regard to the viral-load tests, which attempt to use PCR for counting viruses, Mullis has stated: “Quantitative PCR is an oxymoron.” PCR is intended to identify substances qualitatively, but by its very nature is unsuited for estimating numbers. Although there is a common misimpression that the viral-load tests actually count the number of viruses in the blood, these tests cannot detect free, infectious viruses at all; they can only detect proteins that are believed, in some cases wrongly, to be unique to HIV. The tests can detect genetic sequences of viruses, but not viruses themselves.

(仮訳)ケリー・マリスは…HIVがエイズの原因ではないと確信しています。ウイルスを数えるためにPCRを使おうとするウイルス負荷テストに関して、マリスは『定量的PCRは矛盾している』と述べています。PCRは定性的に物質を識別することを目的としますが、その性質上、数を推定するのには適していません。ウイルス負荷試験は実際に血液中のウイルスの数を数えるという誤解がよくありますが、これらの試験では遊離感染性のウイルスを検出することはできません。この検査はHIVに特有だとしばしば誤って考えられているタンパク質のみ検出できます。この検査はウイルスの遺伝子配列を検出できるが、ウイルスそのものは検出できないのです。
‘HAS PROVINCETOWN BECOME PROTEASE TOWN?’ By John Lauritsen, New York Native, 9 Dec. 1996

これはマリス氏本人が書いた記事ではなく、記者がマリス氏の発言として引用したものだ。この記事によると、マリス氏は、HIVがエイズの原因であるとの説に疑問を投げかけているが、これはかなり異端の説で、現在の医学の主流の考え方とは異なる(WHOサイト参照)。

それはともかくとして、この記事に出てくる「PCRは定性的に物質を識別することを目的としているが、その性質上、数を推定するのには適していない」という発言は、もともとPCR検査はウイルスのDNAを増殖して検出する仕組みであるがゆえに、エイズ患者の体内にどのくらいの量のHIVウイルスがあるかを調べることには適していないということを説明しているものと言える。

「この検査はウイルスの遺伝子配列を検出できるが、ウイルスそのものは検出できない」という部分も、ウイルスそのものではなくウイルスの遺伝子配列を検出するという、そもそものPCR検査の機能の説明をしているものだ。

一方で、新型コロナウイルスのPCR検査は、既に解析されて共有されている新型コロナウイルスの遺伝子情報に基づいて検出するもので、マリス氏の発言は、そのような方法による検出を否定するものではない。つまり、この記事におけるマリス氏の発言は、PCR検査が「ウイルスの特定にはふさわしくない」と言っているわけではない。ロイター通信のファクトチェック班も、マリス氏の元々の発言の意味がねじ曲げられて伝わっていると指摘している。

〈引用終了〉

32. 2020年8月23日 03:46:54 : 8pKh4md53c : NTZmNnBlczJtdk0=[3] 報告
誰が考えても人類にとって脅威と受け止められない新型コロナウイルスがここまで脅威と認識されるようにしたのは明らかに誰かが演出しているからだろう。
これが世界全体の生活様式まで変化させるとしたらあまりのも異常だ。
本文に書かれているスーパーシティー構想が最終目標であるとしたら、リモート学習と合わせ社会人としての主体性を失わせることを目指しているように思える。
ネットを中心とした社会の恐ろしさを考えればわかるだろう、どのような情報取得も情報操作も可能となる。
民主主義は完全に破壊され個人個人が分断され統治される家畜のような生活は絶対に拒否する。
33. 2020年8月23日 07:24:56 : wT1NFK6EZU : N3o4WUtRcENEUm8=[19] 報告
人間の、最も身近に存在するRNA遺伝子とは、ビール酵母だろう。

なぜブラジルで陽性者が多いのか?
https://brasiltips.com/brasil-beer/
そして医師には、死亡診断書にはCovid19を理由として書けと通達が回っている。

採取検体にRNA遺伝子があれば、それをRTしてcDNAを合成するなら、前日飲んだビールの酵母が分解しきっておらねば、RNA遺伝子である残留ビール酵母は、必ずcDNAを合成する。

cDNAが合成されねば、その死因をCovid19と書けないとしたら、cDNAの検出を以て死亡原因Covid19に成るという事実は、検査の予診としてcDNAの検出(すなわち前日ビールを飲んだ)評価を保菌者と特定してしまう。

そのcDNAの検出は、患者の症例と無関係に「あった」というだけで陽性者と扱われるなら、PCR法で検出していることとは「この人は昨日ビールを飲みました」ということになる。

34. 2020年8月23日 07:36:50 : wmpQp2uMBc : clBPQVF6cHFBYmM=[226] 報告
わかりやすくまとまってますね。投稿者の方、ありがとう。
支配層による監視社会、奴隷化のための「マスク」「ソーシャルディスタンス」。
金融資本家、医療産業の手下マスゴミはいつまでもコロナを騒ぎ続けるでしょう。
奴隷化を推進させる政治屋、官僚、御用政治経済評論家、大企業幹部などもグル。
今回のコロナ騒ぎに限らず、風邪やインフルエンザ、エイズその他感染症に関して
現代医療の問題点が認識されることが重要です。

薬剤耐性菌で年8000人以上が死亡している事実
インフル薬の耐性をもつ小児もいる
https://president.jp/articles/-/31402
治療薬がない…コロナ禍のウラで「悪夢の細菌」が増殖していた!
世界を襲う「スーパー薬剤耐性菌」
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/74721

35. HIMAZIN[1065] SElNQVpJTg 2020年8月23日 10:22:11 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[293] 報告
https://twitter.com/bmdurg/status/1297100322532253696

wake up, stand up
@bmdurg
「#COVID 検査は、症状がある人だけでいい。健康な人に
検査するのは、お金の無駄であり、ワクチン接種の強制を正当化するために恐怖を煽るプロジェクトに加担する結果となるだけ。PCR検査は、ウィルス感染を検査する為にデザインされた検査ではない。偽陽性結果が数多く出る」

引用ツイート

Cllr Brian Silvester. #KBF #EndLockdownNOW
@CllrBSilvester

Should only test those who have symptoms of #COVID.
Testing millions of perfectly healthy people is gigantic waste of money & is only done to keep #ProjectFear going to justify the vaccine.
#PCR test was never intended for this purpose & throws up huge number of false positives.

午後6:16 · 2020年8月22日·Twitter Web App

36. 2020年8月23日 11:37:35 : J5OWb0rL0Y : YkxUQ01SeHF1cVU=[5] 報告

>>33

>人間の、最も身近に存在するRNA遺伝子とは、ビール酵母だろう。

>採取検体にRNA遺伝子があれば、それをRTしてcDNAを合成するなら、前日飲んだビールの酵母が分解しきっておらねば、RNA遺伝子である残留ビール酵母は、必ずcDNAを合成する。

は?
意味がわからないが?

なるほど、栄養補助食品としてビール酵母由来のRNAが販売されているのか。ググってはじめて知った。笑

RNAというのはDNAと同じく生物の種によって違うので、真菌類であるビール酵母とウイルスが同じRNAを持ってるはずはない。それにたしか、RNAのみを遺伝情報として持つのはウイルスの一部だけだったかと思うので酵母の遺伝子はやはりDNA 型だろう。

通常生物は遺伝子としてはDNAを持ち、逆転写によってそれをRNAに変換して様々なタンパク質を作らせる。しかし、コロナウイルスの仲間はDNAは持たず、初めからRNAしかない。だからDNAしか検出しないPCR 検査では逆転写酵素でDNAに変換して検査するのだ。

ともかく同じ仲間の風邪コロナウイルスとの違いさえ細かく精査されて新型コロナ特有の部分を抽出するようになっている。ビール酵母のRNAと間違えるはずはない。

もしかしてRNAと言えば全部同じものだと思ってるとか?

分子生物学の初歩だが、私から下の世代だと高校生物で基本は習った。今は中学でもやるかも。
高校生物の教科書か参考者でも読めばたぶん、わかるから。

参考 受験の味方 タンパク質の合成
https://juken-mikata.net/how-to/biology/protein.html

37. 2020年8月23日 14:01:30 : Gf70S9rWGA : MVdoVjV2d2h3TGs=[2] 報告
さらに参考までに
動画 緩和ケアちゃんねるより

PCRが実は風邪ウイルスをという話の検証
https://youtu.be/IwsGuzGwWfw

PCRでの検出は他病原体のキメラ説の嘘の検証
https://youtu.be/TIoTgAP9HVs

38. 根岸兎角[260] jaqK3ZNlinA 2020年8月23日 15:47:52 : 7WpHIEtynE : NXBvbURxdXVSeC4=[27] 報告
>>31

重要な情報のご提供、ありがとう。
このようなファクトチェックが最も大事だが、どういうわけかここに集まったカルト連中は見分けがつかず、武田邦彦のようなトンデモな学者もどきの言を信用してしまう。ご紹介の情報も工作記事?の一つとして見るだけだろう。
残念なことだが、情報の価値は変わらない。重要な貢献をなされたと思う。

新型コロナウイルスは存在しないという説?は地球は丸くない!というに等しい、子供に言えない”説”であるが、どうしてそんな説を信じるようになるのだろうか。
PCR検査という初めて聞く言葉の意味を理解せぬまま、トンデモ連中の犠牲になってしまったわけだが、この種の問題には必ず悪意のフェイク発信者が存在している。
911ニューヨークテロの自作自演説も発端は同じだった。
それを無知な不勉強者がむしろ正義感で以って広めてしまう。そういう構図は同じであって、これからも何度も繰り返されるだろう。情けないことだにゃ(^^♪

PCR検査に限って言えば、ウイルスに感染したかどうかの確定診断に使われるわけだが、その検査法としてPCR検査法だけがあるのではない。その他に、ウイルスそのものを分離する方法(ウイルスは活きている)、抗原検出ELISA法、蛍光抗体法等々があり、研究現場において必要に応じていろいろなされる。
ところが今回のように大量の感染者が出現する公衆衛生上の問題の際には、最も効率の良いPCR検査が主力として使われる。

つまり、PCR検査だけではなくて、場合によってはいろんな方法でウイルスの存在が確認され、コビッド19の感染症と一対一の対応が付けられているのだ。
従って、新型コロナウイルスは存在しないというデマを飛ばす時に、PCR検査だけをその方法がおかしいと攻撃しても何の意味もないのだ。

場合によっては、今後の対応を考える際には活きたウイルスを動物に植え付けて、薬品の効き目や変異の実態を調べなくてはならない。これは研究レベルの話だ。またゲノムのどの部分に病原性があるのか、なども活きたウイルスが無いと研究できない(ちなみに、どのように変異してきたか、変異の履歴は活きたウイルスでなくとも分析可能で、PCR法はこういう時にも使われる。)

強調するため再度繰り返す。新型コロナウイルスは誰かがどこかでちゃんと分離して、活きたウイルスが必要な研究のために使われておる。
心配するな馬鹿垂れども!

39. 根岸兎角[261] jaqK3ZNlinA 2020年8月23日 16:08:38 : 7WpHIEtynE : NXBvbURxdXVSeC4=[28] 報告
>>27HIMAZIN

>>28でわしは早まったことを言ってしまった。>>15のわしの問いかけはお主を切り捨てるためではなかったのだ。
わしの問いかけに、ちゃんと立ち止まって考えることにより、自分が陥っているトンデモ考えにハッと気が付くかもしれん、そういうのを期待して一つずつ質問で誘導していくつもりだった。
ところが「専門家ではない」の文言を見たとたん、ムカッと来てしまったのだ。

>>30HIMAZIN
>イチャモンつけているのは貴方です。
知らないものを知らないといっただけでそこまで誹謗中傷される謂れはありません。

わしが「他の専門的なことにイチャモンを付けるでない」と言ったのは、専門家でないのならば、専門的なPCR検査のようなことにいちゃもんを付ける大仰な記事を持ってくるな、という意味であって、わしにいちゃもんを付けるなという意味ではないのだ。
念のため別の言い方をする。わしは「知らないものを知らないといっただけでそこまで誹謗中傷」ということには当たらない。「知らないものを知らない」という態度ならば他の専門的なPCRのこともちゃんとわかってから言えということなのだ。わかってもらえるかの?

ところでなぜわしは次のように問いかけたのか。説明させてもらう。
1.DNAの詳細を研究する目的は何だろうか?
2.十分な量にまで増幅されたDNAというものは何かの遺伝子のかけらと考えて良いのか?

このことを真剣に考えるならば、PCR法と言うものの重要な意義がわかり、
「PCR検査で陽性となっても新型コロナウイルスが存在する証明にはならない」
などという「それでも地球は丸くない!」と同様の愚かしい主張はしなくなるだろうという期待だった。

何の遺伝子のかけらかわからんものを、ノーベル賞の技術で拡大して一体なんになるか?それを考えたら答はおのずと明らかではないかな?

その上で、
1.PCR検査のためにDNAのかけらのようなものを増殖すること
2.ウイルスを培養して増やすということ
の違いと意味を考えれば、もうお主はトンデモの犠牲者から抜け出すことができるだろう、そういう意味だったのだ。

ちなみに、1はウイルスは死んでいる。2は活きている。

挑戦してみてくれ。

40. 根岸兎角[262] jaqK3ZNlinA 2020年8月23日 16:33:00 : 7WpHIEtynE : NXBvbURxdXVSeC4=[29] 報告
>>31氏の重要情報によれば、

キャリーマリスが「PCR法を開発してノーベル賞を取った人が『ウイルスの特定にはふさわしくない』と言った」というのはどうも怪しいということだった。

ところで、仮にそれが本当だとしても何の関係もない。(ノーベル賞はウイルス検査への応用への価値を含めたものかもしれない\(^o^)/)
開発者の意図を越えて応用は独り歩きしていく例は数多い。
例えばアインシュタインは相対性理論を発見したが、それから引き出された原子爆弾に使ってはならんと言った。しかし使われた。(原発も含めこれは負の例だが)
この種の話は世に五万とある。

それからキャリーマリスはHIVの否認論者だという。HIVウイルスは存在していないというのだったか?
しかしそれも前例がある。アインシュタインは量子力学のシュレーディンガーの猫の思考実験が気に入らなかった。神はサイコロを振らないとしてついに量子力学を受け入れなかったそうだ。この話とよく似てないかの?

41. HIMAZIN[1066] SElNQVpJTg 2020年8月23日 16:51:50 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[294] 報告
>>39

>根岸兎角さん

>わしの問いかけに、ちゃんと立ち止まって考えることにより、自分が陥っているトンデモ考えにハッと気が付くかもしれん、そういうのを期待して一つずつ質問で誘導していくつもりだった。

はあ、そうですか。
だったらいちいち偉そうに回りくどいことはヤメにして、記事に記載している以下のPCRの問題点を否定してみて下さい。

【問題1】新型コロナウイルス以外も「陽性」に
【問題2】「陽性者」は「感染者」ではない
【問題3】遺伝子配列は立証されていない

>>28で「知らないならなぜ逆質問しない?\(^o^)/」ということでしたので、私からの逆質問です。

42. 2020年8月23日 18:13:28 : Ngelu08KTo : Zno1YWlvUVJUSnc=[3] 報告
阿修羅コテは、憲兵の回し者で、憲兵のスパイ山本太郎の独裁政権樹立を目指す共産主義者だね。

この内容は分が悪いので、根岸兎角なる捨てハンを使って、誰が憲兵の独裁に反抗するか、テストに余念が無い。

43. 2020年8月23日 19:15:46 : JPvaTJH7VM : L3BmLlBmcTV4VEE=[140] 報告
>>33
なかなか面白い観点だ。

ヨーロッパにおける感染爆発は、スペインとイタリアで、ビール消費量こそのドイツを下回っているが、スパークリングワイン(スペインの場合カバ)は、瓶詰め酵母熟成という製法で、RNA遺伝子の培養された塊だ。


何処かの、頭の悪い屑が反論しているが、RNA遺伝子とは、DNA遺伝子の片方の螺旋を形成するポリヌクレオチド鎖の片割れが、折り畳まれている形状を指すもの。

どこかの誰かが、「あなたは病原体のヌクレオチド鎖の一方さんですね」とか、「あなたはビールのヌクレオチド鎖の一方さんですね」などと選別を行なって、「はいはい貴方だけ仕事があるよ」などとやっているわけではないし、そんなことはできない。

そんなRNA遺伝子の配列を特定して、命令信号を検出プログラムにできるくらいなら、もうこのウイルスの謎など解明されていると言うことなので、このウイルスは脅威でも何でもなく、ワクチンも抗生剤も出来上がってなければおかしい。

RT( reverse transcription )は、検体採取液にRNA遺伝子があれば、採取液に含まれるすべてのRNA遺伝子は、折り畳まれて読めない塩基配列を、ポリヌクレオチド鎖に書出しを開始し、1本の読める=そこで初めてPCR法を増幅に用いることの可能なcDNAへの合成を行う。

数種のRNA遺伝子が検出されれば、当然、数種類のポリヌクレオチド鎖1本のcDNAが逆転写合成される。


このスパークリングワインはブラジルにおけるビール同様、大人であれば水より摂取量が多いような主飲料と言える。

ある意味、スパークリングワインなら、ビールの数倍のRNA遺伝子の包摂量だろう。

真面目に、スパークリングワイン・ビール・PCR検査の、塩基配列の比較でも提示する医者でも出て来ないか?

一気に収束するのではなかろうか?


このビール酵母・スパークリングワイン酵母がRNA遺伝子である事実を=⑴

世界で感染爆発している国とは、アメリカスパニッシュ層・ブラジル・スペイン・イタリアと軒並みビールかスパークリングワインを通常飲料とし、このビール酵母RNA遺伝子を保有している国(層)ばかり発症者を量産している事実=⑵

日本で夜の接客営業を行っている事業者だけが危険という定義(乾杯にはビール・シャンパンが付き物で、ほぼ確実にビール酵母RNA遺伝子を摂取している)であること=⑶

検査で一回OKで、その時ウイルス抗体を、その個人が保有しているにも関わらず、Covid19だけには抗体が効かず発症するのは、【Covid19がビール酵母のcDNAであるならば、ウイルスではないビール酵母に対しウイルス抗体は効力を発揮するわけはない】ので不思議でも何でもない=⑷

⑴⑵⑶⑷より、ほぼ状況証拠のみは、RT-PCR検査で陽性反応を示し、Covid 19の呼び名を与えられているものの正体は、ビール酵母・スパークリングワイン酵母と特定するに十分なのではないか?


44. 2020年8月23日 19:21:36 : JPvaTJH7VM : L3BmLlBmcTV4VEE=[141] 報告
もちろん状況証拠のみで、断定することはできないので、この時点では仮説である。

検証できる機関は、この世に存在するわけだから、検証してもらいたいものだ。

しかし、検証しようとするなら、その人達、死んじゃうのかな?

赤木なんたらみたいに、、、、

少なくとも欧米でしか、それに取り組むことっ不可能か?

45. 2020年8月23日 19:25:01 : JPvaTJH7VM : L3BmLlBmcTV4VEE=[142] 報告
◯ スペイン・イタリアにおけるスパークリングワインはブラジルにおけるビール同様、大人であれば水より摂取量が多いような主飲料と言える。

x このスパークリングワインはブラジルにおけるビール同様、大人であれば水より摂取量が多いような主飲料と言える。

46. 2020年8月23日 21:00:42 : wT1NFK6EZU : N3o4WUtRcENEUm8=[21] 報告
>>43
そうだよ。

お察しの通り、スペイン人からもイタリア人からもブラジル人からもアメリカ人感染者からも、日本で飲み屋に行ってた人からも、RTの時点で、絶対に大量に摂取しているはずのビール・スパークリングワイン酵母RNAは、cDNAとして合成されているはずだ。

少なくとも飛沫感染による摂取の可能性に対して、何千倍もの接触量であるはずだから、これが1000見つかって、他のcDNA合成物は1個ありましたとか有るかも知れない。

他にも、核酸系の健康食品を常用してる人からは、このRNAの摂取が相当検出されるだろうな。

(話戻って)

しかしcDNAに合成されれば、塩基配列は読めるので、その塩基配列がビール・ワイン酵母の塩基配列と同じだったのでPCR法にかけなかったと言えば、それはそれで納得できる。

しかしその場合、異なる検出cDNA合成物がPCR法にかけられているはずだ。

もしも、スペイン人からもイタリア人からもブラジル人からもアメリカ人感染者からも、日本で飲み屋に行ってた人からも、RTの時点で、一種類のcDNA合成物しか検出されていないなら?

それをPCR法にかけてCovid19だと評価しておれば、これは100%Covid19の正体はビール・ワイン酵母以外に有り得ない。

厚労省が調べて発表すればいいんだよ。すぐ分かることだ。

47. 根岸兎角[265] jaqK3ZNlinA 2020年8月24日 00:43:39 : MqW3FylPZg : UWdmNVNvLlFBQ3M=[65] 報告
>>37
信頼できる優れたサイトの緩和ケアちゃんねるのご紹介、ありがとう。このカルトの掃き溜めに鶴の感じだった。

>>41HIMAZIN
悪いことは言わん。>>37のリンク先の動画を見てみるんだ。少しは目が覚めるかもしれん。今は悪夢の真ん中だ。

ウェイクアップの掲げた3つの問題点など語るに落ちる。
一応答えておこう。
【問題1】新型コロナウイルス以外も「陽性」に
これは99.99%あり得ない。なぜなら実際のウイルスから新型コロナウイルスを特徴づける遺伝子を検査に用いるからだ。特異度は100%といっても良いが、何事も100%とは言えないので用心のため99.99%と言うのだ。

【問題2】「陽性者」は「感染者」ではない
この意味が明確でない。
1.保菌者ではないのに陽性と判定されるかもしれないことを「陽性者」は「感染者」ではないと言ってるのか?
2.それとも保菌者でも発症しなければ感染者ではないと言いたいのか?

1を言いたいのであれば、「擬陽性」という言葉があるのでそれを使わなければならん。よって間違いだ。
2を言いたいのであれば、発症せずとも感染したことには間違いない。よって問題2も間違いだ。参考のため、エボラウイルスの一つであるレストン株は、不思議な性質を持っておる。サルには感染すると90%の高い致死率を示すが、人間には発症しない。しかしそれでも人間に感染したという。つまり人間は感染するけれども発症しない、そういう不思議なエボラ株だ。

【問題3】遺伝子配列は立証されていない
これは地球は丸くない!という類のおめでたい罪深い捏造理論だ。遺伝子配列が厳密に分析されているからこそ、ゲノム変遷の系統樹が作れるわけだ。つまりゲノム変遷の系統樹がすでに作られ、これからも追加されていくことで、問題3も罪深い嘘とわかるのだ。特にこの問題については>>37氏が示したリンク先を見て勉強するが良い。ビール酵母云々のキチガイどもと同列に見られたくはないだろう。

また反論を期待する。こうして少しずつ目を覚ませ。協力する。

48. 2020年8月24日 01:04:28 : J9Znd3Ve3I : WldOTjYwVlVvd0E=[3] 報告
どうやらPCR 検査は意味がないとか言ってる人々のほとんどは武田邦彦氏の話を受け売りしているだけだが、一部の半可通、いや「事情通」の人たちはセントラルドグマとかに反する逆転写酵素を使う方法が信用ならないらしい。でもそれを説明するだけの国語力に欠けているので不明瞭に愚痴るしかないようだ。

素人はそんなもの深掘りしている暇はない。
もっと明瞭に言って頂きたい。
他人の理解を得たいのならばの話だが。

49. クエ−サ−X1[4] g06DR4F8g1SBfFgx 2020年8月24日 01:16:33 : LTJ9gbqsrQ : aUJCQ2FKeFYwR1k=[20] 報告
>>41
RT-PCRについての解説は>>37が紹介動画が分かり易い。


PCRが実は風邪ウイルスをという話の検証
https://youtu.be/IwsGuzGwWfw

PCRでの検出は他病原体のキメラ説の嘘の検証
https://youtu.be/TIoTgAP9HVs

これは米国JAMAの論文原文(翻訳して読むことをおすすめする)
https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2765837?utm_source=silverchair&utm_campaign=jama_network&utm_content=covid_weekly_highlights&utm_medium=email

RT-PCRの陽性の時系列の説明と精度(一部抜粋)

ほとんどのRT-PCRテストの特異性は100%です。これは、プライマーの設計がSARS-CoV-2のゲノムシーケンスに固有であるためです。技術的なエラーや試薬の汚染が原因で、時折偽陽性の結果が生じることがあります。

SARS-CoV-2に対する抗体の検出

COVID-19感染は、SARS-CoV-2感染に対する宿主の免疫応答を測定することによって間接的に検出することもできます。血清学的診断は、発症の最初の2週間を超えて遅く現れる可能性のある軽度から中程度の病気の患者にとって特に重要です。血清学的診断はまた、地域社会におけるCOVID-19の程度を理解し、免疫力があり、感染から「保護」される可能性のある個人を特定するための重要なツールにもなりつつあります。

感染経路と変異の履歴
https://www.gisaid.org/epiflu-applications/next-hcov-19-app/

Gisaidの見方がこの動画が分かり易い
https://www.youtube.com/watch?v=xGvuekyv__I

RTーPCRはSARS-CoV-2の固有ゲノムを検査するよって判断し発病するかは別の問題で
ウイルスの量はリアルタイムPCRで検査するが、世界の研究機関はゲノム配列を比較して感染経路を特定している、


50. 2020年8月24日 01:55:43 : f7VPUjCcaM : MlloTDYuR3E2YVE=[1] 報告
このスレでも話題のPCR 発明者のマリスおじさんはなかなかはっちゃけた人だったようだが、なんと、美智子皇后さま(当時)に“撃墜”されているそうだ。

2013年とかの記事らしく、PCR がこんなにメジャーになるとはこれを書いた人も思わなかったろうけどちょっと面白かったので貼っておく。

虚無回転レシーブ/皇后陛下、PCR開発者を撃墜するの巻/『がん遺伝子の発見』読んだ

http://non-rolling-dig.hatenadiary.jp/entry/2013/06/21/093141

さすが美智子さま、今の皇后雅子さまにも引けを取らない機転とセンスをお持ちのようだ。

それはそれとして、ここで紹介されている逆転写酵素を持つレトロウイルスの発見談本は面白そうだ。残念ながらコロナウイルスはレトロウイルスではないのだが、逆転写酵素の発見はRT-PCR検査、つまりRNAでもPCR検査できちゃう方法の発明につながったとかつながらないとか、どこかで読んだような気がするのでつながりはあるよね。

51. HIMAZIN[1068] SElNQVpJTg 2020年8月24日 11:48:25 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[296] 報告
>>47

>根岸兎角さん

【問題1】【問題3】※密接に絡んでいそうなのでまとめます。

>実際のウイルスから新型コロナウイルスを特徴づける遺伝子を検査に用いるからだ

こちらも参照しました。
新型コロナウイルスの分離に成功し、その遺伝子をを元に検査をしているのであれば、疑惑は解消しそうです。
「何事も100%とは言えない」のは賛成です。

http://www.asyura2.com/20/kokusai29/msg/116.html

【問題2】

>1を言いたいのであれば、「擬陽性」という言葉があるのでそれを使わなければならん。よって間違いだ。
>2を言いたいのであれば、発症せずとも感染したことには間違いない。よって問題2も間違いだ。

記事は「PCRは遺伝子を数億倍に増幅するため、実際には数個のウイルスが付着しているだけの健康な人も「陽性」になります。」との記載なですね。
保菌者=感染者の認識であるならば、該当するのは1でしょうか。
擬陽性のことを言っているのであれば、言葉の扱いに不備はあるかもですが、主張そのものが誤りとはみなせません。
よって、この点についてはPCR検査に問題ありと考えます。

ちなみに上記リンク先で重要と思われる部分を抜粋します。

(一部抜粋)
コロナ危機の本質は、存在しないウイルスを存在すると言っていること
でなく、重篤性が低いウイルスを大変なウイルスだと誇張し、都市閉鎖や社会距
離などの効果がなく有害なだけの策を人類全体に延々と強要していることにある。
(抜粋終了)

>また反論を期待する。こうして少しずつ目を覚ませ。協力する。

目を覚ませ云々は置いといて、本件、いろいろと不明点が多く情報も錯綜しているので、新たな知見が得られれば都度習性していくことはやぶさかではありません。

52. 根岸兎角[266] jaqK3ZNlinA 2020年8月24日 12:07:39 : 1w6S7z7Pos : cnJUMm5WMndDM1E=[26] 報告
>>47のわしの後、まともな書き込みが続いて安堵しておる。中でも美智子前皇后のエピソードは秀逸だ。楽しませていただいた。ありがとう。

ところでHIMAZIN本人からの反応が無いが、待ってるついでにもう一つ言っておこう。
初めの方にある
>数字や映像の印象に誤誘導されないためには、テレビを見ない、データを比較するなど、自分で調べて自分で考えることが肝要です。

これはご愛敬だの。自分で考えた結果がこの記事なんだから、わしがいつも言う「自分の頭で考えろ」というのも修正が必要かもにゃ(^^♪
下手に自分で考えると運が悪ければ武田邦彦あたりの犠牲者となってしまう。
むしろ、武田邦彦あたりが言うことの逆が正しいのでは?と思うことが自分の身を守るのに一番大切かもしれぬ。\(^o^)/

ところでもう一つ追加するのは
>コロナよりお餅がこわい?

の記事の下らなさだ。新型コロナの死者はずっと下だから、素朴に何で怖がるの?と思ったものらしい。
これについては取り敢えず2点指摘しておこう。

1.新型コロナによる死者は未だ現在進行形。今の最新状況は、
感染者総数 63423人、死者数1202人。(https://covid-2019.liveより)
この結果は国民の多くが感染を恐れて、できる限りの感染防御を試みていることの反映だ。
さて、この記事のウェイクアップやHIMAZINやトンデモ連中は新型コロナは怖くない(もっとひどいのは新型コロナ感染症は無い!(>_<)(@_@))から放置せよというわけだ。
ではもし放置するとどうなるか。感染者数はうなぎ登りに増えていくだろう。何千万の単位、つまりスペイン風邪のように大量に感染する事態となる。インフルエンザでも1千万というから放置したら3千万、5千万のオーダーになる可能性は否定できない。
もし100年前のスペイン風邪と同じ数2300万人が感染したとすれば、今の致死率1.9%だから 2300万×1.9%=43万人。スペイン風邪の時の23万人をはるかに超える!これが恐ろしくないとでもいうのか?
怖くないと思いたい連中は、これから感染者が増えても死者は増えないという理論を作らねばならん。だが、少なくともこのような結果にならないと証明できない限り、放置することは許されないのだ。

2.次にいろんな死因ごとに死者数を並べて、それに比べて新型コロナの死者は少ないから怖くない、という思考法を即刻改めた方が良い。
実際には怖くないというのは嘘というのを1で書いたが、そのほかにこの思考法の欠陥を指摘しておこう。
それは死者が少なければその死因を軽視することにつながることだ。例えば腎不全による死者はガンより少ないから、腎不全を恐れる必要はない、そう言ってることと同じだ。
そうではあるまい。それぞれの死因について最善を尽くす。最善を尽くしてもどうにもならなかった死者の数が統計上現れているのだ。
しかるに、新型コロナは怖くないと手を抜くことは、最善を尽くすことにはならん。どんなに少なかろうと、例えば難病患者、気の毒な子の方々も実数としては少ない。すると高価な医療資源を割くことをやめるのか?そうではあるまい。
それぞれに対して最善を尽くす。
新型コロナも最善を尽くしても年間1000人は死ぬようなありふれた病気になってしまった、そういう時代が来るかもしれない。それはそうなったとして仕方ない。それは人間の限界だからだ。

要するにこの記事にあるような『>コロナよりお餅がこわい?』のような思考方法がいかに害悪であるか、いかに無意味なものか、少しは分かってもらえただろうかの? HIMAZINうじ。

53. 根岸兎角[267] jaqK3ZNlinA 2020年8月24日 12:19:14 : 1w6S7z7Pos : cnJUMm5WMndDM1E=[27] 報告
>>51HIMAZINうじ

入れ違いに返事をもらっていたのか。これは失礼した。

ところで今回の返事は田中宇の記事を参考にしておられるの。悪いことは言わん。やめた方が良い。
田中宇というのは武田邦彦よりは頭はいいかもしれんが、一種の確信犯として陰謀論を意図的に広めている。要注意人物だ。
返事中にあるPCRへの疑問も、わしの>>52で解決できないだろうか?
それでまず考えてみて欲しい。その後で疑問があれば改めてお聞きする。
今から昼ご飯で午後は用事があるので、応答は夜になると思う。

54. 2020年8月24日 12:23:32 : wT1NFK6EZU : N3o4WUtRcENEUm8=[22] 報告
https://www.kiyosawa.or.jp/neighbors/61975.html/
PCRが何を検出しているのか?それがウイルスの遺伝子であるという前提に疑義があったのでしょうか?ナナフシさんはエクソソームという単語も使って説明をしていますが。
果たしてこの神王TVの動画が削除されることになるかどうかにも注目しましょう。削除されるとすれば、@PCRに疑義を挟む事が世に無用な混乱を招くからか?Aこれがコロナ騒動に関して個人を誹謗中傷する議論だからか?にも注目が必要でしょう。「自粛警察」という言葉を聞いて以来、此のところ何かと発言に過剰な忖度が要求される嫌な時代になってきたと私は感じています。

動画の脚注:新型コロナウイルスについて、「最悪の裏話」をします PCR検査は「嘘」だった!? (まだこの話をするには半年くらい早いのですが、、(笑)) PCR検査の生みの親で、ノーベル賞も受賞している生化学者キャリー・マリス氏は、「ウイルスの定量検査には使えない」と明言している マグフリ大統領は国立研究所で、動物や果物や自動車燃料などを密かに検査したところ、「パパイアとウズラ、ヤギから陽性反応が出た」と暴露 では一体、「何を検出」しているのか? そこから浮かび上がる「壮大な嘘」とは?

55. 2020年8月24日 12:32:29 : wT1NFK6EZU : N3o4WUtRcENEUm8=[23] 報告
この清澤先生の呼ぶ「自粛警察」こそ、阿修羅において「PCR検査絶対!」と公権力の横暴を確立させようとするものだろう。

「自粛警察」とは、「密告」を主権者とし、「密告に従って国家警察が被疑者を取り締まる」正に戦前回帰だ。

PCR検査が仮に正しいとしても、不信を持つものがあることは仕方がない。

それほどPCR検査に絶対の信頼がおけるなら、こういうわけでPCR検査が絶対ですというソースを出せば良いだけだ。

しかし、そんなソースは無い。

PCR検査絶対という者とは、疑う者をただ権威を疑う者だと罵倒し、高圧的に黙認を要求するだけである。

これはPCR検査を要求する方が危険。

56. HIMAZIN[1069] SElNQVpJTg 2020年8月24日 15:38:58 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[297] 報告
>>53

>根岸兎角さん

【問題2】「陽性者」は「感染者」ではない

>返事中にあるPCRへの疑問も、わしの>>52で解決できないだろうか?

解決できません。
然程理解力は無いので、遠回しに思わせぶりな発言をされても頭が混乱するだけです。

57. 2020年8月24日 17:15:31 : u3T3Eu4LtU : Y2lZRnFiaDRubDY=[1] 報告
世の中には、猿 豚 馬、鹿、の 分際で 、 自分を 優れている と 自己を、自己認識しているガキが いる。ワシだの なんだのと 長老ぶっていても 脳は、ガキだ。
HIMAZIN さん、そんなのは、相手をするだけ 時間の無駄です。
58. どぶさいら[97] gseC1IKzgqKC5w 2020年8月24日 17:51:04 : hgqVCUVrGE : SlVVR1ZyUWI0SjI=[1] 報告

あることがあって、あ修羅の閲覧/コメント投稿など馬鹿馬鹿しくなり、しばらくしていなかったが、今日見てみたら、
ようやく、コロナに関するまともな投稿が出たなと思った。

と思ったら、投稿内容が理解できないか/できてもしたくないようなスカスカ/カスカス頭の連中が蛆のように次から次へと沸いてきて、あきれ返るばかりだ。
HIMAZIN氏も、いちいち丁寧に粕取り(カス対応)されていて、生真面目な方と思い、ここに「朝ドラ」(エール)を送り鯛。

59. 2020年8月24日 21:36:26 : LY52bYZiZQ : aXZHNXJYTVV4YVE=[6715] 報告
新型コロナ集団免疫再論
2020年8月24日   田中 宇


他の世界から隔絶している南半球のニュージーランドとオーストラリアで、新型コロナウイルスの拡大が問題になっている。両国は、コロナが世界に拡散した今春以降、外国からの人の入国を厳しく制限しており、外国からのコロナの流入を防ぐ水際作戦が成功していると思われていた。とくにNZは8月初めまでの3か月間以上、新たなPCR陽性者が皆無だった。この間、外国からの帰国者・入国者は全員14日間の検疫を義務づけられ、外国からのウイルス流入はないはずだった。 (Three cases under investigation- what we know about NZ's current cases)

102日ぶりのNZの今回の陽性者の再出現の流れの一つは、冷蔵倉庫会社(アメリコールド)の従業員から始まっており、この会社が外国から輸入した物資の梱包材などにウイルスが付着しており、それを従業員が取り込んで同僚やその家族に移っていったのでないかと推測されている。NZで今回拡大したウイルスは遺伝子配列的に、それまでNZで流行していたものと微妙に異なっており、豪州や英国で流行したものに似ているため、豪州や英国から輸入した物資にウイルスが付着していたのでないかと言われている。 (Source of New Zealand coronavirus outbreak still a mystery)

NZでは今回の発生により、8月24日時点でで114人が陽性になり、18人を政府施設に隔離し、9人が入院し、そのうち3人が集中治療室に収容されたと報じられている。発生は、人口200万人の最大都市オークランドに集中している。NZ政府は8月13日以来、コロナ対策を厳格化し、オークランドで住民の外出制限など都市閉鎖策を実施している。NZ政府は今回の発生・クラスター出現がわかった際、日々の新たな陽性者の出現が数人ずつなのに、陽性者とその家族を全員、政府施設に隔離検疫すると発表し、まるで戦時の強制収容所みたいだと世界を驚かせた。 (New Zealand To Put COVID-19 Patients Into Mandatory Quarantine Camps)

豪州では、人口500万人のビクトリア州メルボルンで8月3日から、戒厳令的な夜間外出禁止令と移動禁止、武漢式の「買い物の外出は1日に1回、家族で一人だけ」、警察が違反者を取り締まって罰金徴収など、世界で最も厳しいと言われている都市閉鎖策が実施されている。ビクトリア州政府は8月3日の発表で「今泊まっているところが家でなくても、そこから家に帰宅してはならない」とする厳格な移動禁止令を発した。これまた、戦争中かクーデター発生時の命令のようだ。豪州では5月にコロナ発生が一段落したが、7月から再度増え出し、今回の戒厳令になった。メルボルンの陽性者は累計約1万人で、戒厳令で人々の移動を禁じても毎日700人が新たに陽性になるので、州政府は、もっと厳しくせねばと言っている。 (Victoria declares 'state of disaster,' locking down millions in Melbourne to fight a soaring coronavirus outbreak)

NZと豪州の事態を見て感じるのは、やっている大騒ぎが、中国や欧州など他の世界各国が今年2-4月にやっていた大騒ぎに似ている、ということだ。コロナ危機の初期にあたる2-4月は、世界が初めてコロナのウイルスにさらされていった時期だ。この時、多くの国が、国内でのウイルス拡散を止めるため、外出禁止など厳しい都市閉鎖策を実施したが、それでも陽性者の増加が止まらず大騒ぎが続いた。新型コロナは、他の風邪やインフルエンザと同様、人から人に移る力がとても強いので、都市閉鎖をしても陽性者の増加がゼロにならないし、都市閉鎖をやめると増加が再発する。 (Military posted at checkpoints as Australian state extends COVID-19 lockdown)

新型コロナは、人の気道から他の人の気道に移る力が強いものの、気道に付着しても多くの人は感染せず、あらかじめ持っている自然免疫によってウイルスは感染せず撃退される。だから「感染力」でなく「移る力」だし、「感染」でなく「拡散」「拡大」である。新型コロナは他のふつうの風邪やインフルと同様、持病などでたまたま免疫力が低下している人に付着した場合だけ感染・発症し、免疫力がとくに弱い人は重症化する。死ぬ人もいるが、そのほとんどは真の死因がコロナでなく持病だ。持病持ちの人が風邪を引くと重篤になりやすいのと同じだ。重症化した場合だけ、体内に新型コロナの獲得免疫が作られる。重症化する人がごくわずかなので、新型コロナの獲得免疫が作られる人(免疫保有者)の割合もごくわずかなままだ。 (ただの風邪が覇権を転換するコロナ危機)

世界各国では今年2-4月にコロナがどんどん拡大し、都市閉鎖や非常事態宣言しても拡大し、ほとんどの人は自然免疫で撃退してコロナを克服した(それなのにみんな延々とマスクを着けている。間抜け。私自身も、道義上めんどくさいので着けているが)。ごく一部の、免疫力が低いだけ重症化し、それが誇張されて医療崩壊だ何だと騒がれた。重症化すべき人は重症化して獲得免疫を得て、持病との併発で運悪く死ぬべき人は死に、都市閉鎖の政策の効果としてでなく、ウイルスの拡散によって起きるべきことがひとしきり起きた結果として、コロナ拡大は6-7月にかけて世界的に下火になった。 (新型コロナはふつうの風邪の一種?)

国際的な覇権勢力は、コロナ危機をできるだけ長引かせたいので、拡大が下火になっても、各国政府はPCRの検査数を増やすことで陽性者を増やす騙しの手口などを駆使して「第2派」などのコロナ騒動を誇張捏造し、マスコミなどの公式論的にはコロナの猛威が続いていることになっている。だが実際は、人類の大半がすでに新型ウイルスに一度かそれ以上さらされ、起きるべきことが起きて、医学的な意味でのコロナ危機は終わりに向かっている。今続いているコロナ危機は、医学的でなく政治的な意味のものだ。マスコミや政府筋でコロナの「猛威」を誇張喧伝している医者たちは、医学でなく政治の言動を発している。 (新型コロナ「第2波」の誇張) (Are Americans Finally Starting To Wake Up To The MASSIVE HOAX?)

一般に、感染症や伝染病がある地域に拡散していく時に、拡散によって起こるべきことは、人々がどんどん感染・発症していき、治癒した時にその病気専用の免疫を獲得して2度と感染しなくなり、獲得免疫の保有者がその地域の人々の70%とかに達すると感染が広がりにくくなって「集団免疫の形成」に達し、病気が収束していく流れだ。これは、一定以上の大変な感染症の場合だ。新型コロナはそこまで大変な感染症でなく、普通の風邪のレベルなので、ほとんどの人は、もともと体内にある自然免疫でコロナを撃退し、獲得免疫が作られない。ごく一部の重症者のみが獲得免疫を得る。獲得免疫の保有者の比率は、世界的に5-10%以下だろう。BCGなどの効果で特に人々の免疫力が高い日本では1%とかだ。多分これ以上増えない。新型コロナは、既存の考え方での集団免疫(70%)に達しない。 (都市閉鎖 vs 集団免疫)

マスコミ的に歪曲するなら「新型コロナは集団免疫が形成されないほど大変な病気だ」ということになるが、実際は正反対で「新型コロナは自然免疫で撃退できるほど大したことない病気だ」というのが事実だ。集団免疫の形成を獲得免疫のみで行うのは、自然免疫で撃退できないほど大変な病気の時だ。新型コロナはそうでない。現時点で、世界の大半の地域で、新型コロナの拡散の勢いや重症者の増加率が大幅に下がっている。第2派は、マスコミが発する妄想だ。世界的に、自然免疫と獲得免疫の組み合わせによって、すでに集団免疫が形成されていると考えるのが自然だ。新型コロナは、集団免疫のあり方も新型なわけだ。 (永遠の都市閉鎖 vs 集団免疫)

正確に言うと、新型コロナのあり方は「新型」というより、医学がこれまでほとんど研究してこなかった、大したことない普通の風邪と同じである。医学の研究対象は、人類に脅威を与える病気だ。そういう病気は、自然免疫で撃退できず、感染発症もしくは予防接種による獲得免疫の形成が不可欠だった。多くの人が自然免疫で撃退できる新型コロナや各種のふつうの風邪は、医学的にそれより低い脅威しか持っていない。人類に脅威を与えてこなかったので、医学の研究対象にならず、ふつうの風邪がどのように集団免疫を形成していくのか調査されていない。 (新型コロナのウイルスは存在する?)

新型コロナはおそらく世界の多くの地域で、すでに集団免疫に達している。医学的にでなく、政治的にそれが認知されず、権威ある医者たちの多くが、自らの保身など政治的な理由から、新型コロナの集団免疫の形成を無視している。研究されていないので、今の医学では自然免疫の働きを測定できない。世界的に何人かの専門家が、新型コロナは10-20%の獲得免疫保有率で集団免疫が形成されるようだと分析する論文を書いている。だが、権威筋はそれらを無視している。 (Is herd immunity closer than scientists first thought?) (Herd Immunity Threshold Against COVID-19 May Be Lower Than Believed)

集団免疫に達しても、まだウイルスはそのへんに漂っている。感染しなくても、気道にウイルスが付着しているだけでPCR検査で陽性になり、陽性者=感染者という全く間違った概念により、今日もたくさんの感染者が出ましたと報じられる事態が続く。前は免疫力が高く自然免疫で新型コロナを撃退したものの、今は何らかの理由で免疫が落ちた人の気道に再びウイルスが付着すると、今度は感染発症してしまったりする。だから、集団免疫に達した後も、少数の人々が常に新たな発症者として出てくる。陽性者や発症者が出てくる限り、集団免疫もコロナ危機の終わりもこないという間違った考えにより、コロナ危機が政治的に恒久化されていく。これが今の世界の状況だ。 (新型コロナの脅威を誇張する戦略)

新型コロナを自然免疫で撃退できる人々に、人造の獲得免疫であるワクチンを接種した場合、ワクチンの獲得免疫が体内にずっと残存するのか疑問がある。自然免疫で防御できるのだからこの獲得免疫は要らないと身体が判断し、ワクチンの効果が短期間で消える可能性がある。消えても、自然免疫で防御できるのだから医学的にはかまわないし、そもそも接種の必要がないのだが、政治的には「ワクチンの効果が短期間で消えてしまった。毎年接種せねばならない。全人類に毎年強制的に接種する」など、とんでもない方向に話が進みそうだ。 (Australia Prime Minister Puts Citizens On Notice: All Will Likely Undergo Mandatory COVID-19 Vaccinations)

ここまで延々と回り道してしまった。NZや豪州の話に戻る。今のNZや豪州は、上で述べた「世界の多くの地域」に入っていない。NZと豪州は、今年3月に中国から世界にコロナが拡大していった時に外国からの人の流入を止め、国内での拡大を抑えた。世界の他の国々が、都市閉鎖しても陽性者が増え続け、その結果として発症すべき人が発症して集団免疫が形成されて事態が安定していった時期に、NZと豪州は陽性者の増加を抑えることに「成功」し、人々は行動制限も受けず、飲食店も開いていた。NZ政府は「コロナに勝った」と宣言していた。だが実のところ、NZや豪州はコロナに勝ったのでなく、まだコロナが十分に来ていないだけだった。 (New Zealand Takes A Page Out Of China's Book, Blames Latest Outbreak On Imported Goods)

新型コロナを克服するには、国内での拡散が起こり、発症すべき人々が発症して集団免疫が形成されるしかない。NZと豪州は、それを経験してこなかったので、今ごろになって国内にウイルスが拡散し、陽性者や発症者が増えている。他の世界が3-4月に経験したように、厳しい都市閉鎖をやっても陽性者の増加を止められない。都市閉鎖をやるほど、集団免疫の形成が遅れ、閉鎖が長くなり、経済的な被害が大きくなる。以前に何度も書いたが、都市閉鎖は愚策である。他の世界と同様に、今後、国内での拡散がある程度進めば、NZや豪州も集団免疫が形成され、事態が安定していく。 (都市閉鎖の愚策にはめられた人類) (Rand Paul: Lockdowns Were A ‘Big Mistake’)

今回のNZと豪州の事態でわかったことのもう一つは、世界的に新型コロナの病原性が低下したのでないかという推論が間違っていることだ。世界の多くの国々で、コロナの陽性者や重症者の出現率が低下しており、その理由をコロナの病原性の低下と推測する考え方がある。従来、感染を重ねるほど病原性が低下するウイルスが多かったので、新型コロナもその一つかもしれないと、私も考えてきた。だが、今回のNZや豪州では、陽性者や重症者が急に出現している。NZや豪州以外の世界では、コロナの病原性が低下したからでなく、自然免疫と獲得免疫を組み合わせた集団免疫の形成により、陽性者や重症者の出現率が下がったと考えた方が良い。

世界的に新型コロナの集団免疫が形成されつつあるが、公式論としては、今後もそんなことは認知されず、コロナ危機の恒久化が画策され続ける。ワクチンが作られても有効期間が短いなら、そのこともコロナ危機の恒久化に使われる。国際的な人的交流が今後もずっと停止され、軍産の国際的な諜報網が破壊されていく。中国ではコロナを使って習近平の独裁体制が強化され、独裁体制が中国の覇権拡大を容易にする。トランプが再選され、米国の覇権放棄と多極化が進められる。コロナ危機はそのために何年か引き延ばされていく。 (中国の悪さの本質)
http://tanakanews.com/200824corona.htm

60. 2020年8月24日 22:10:12 : wmpQp2uMBc : clBPQVF6cHFBYmM=[228] 報告
エボラは嘘であり、赤十字に注射をされた者だけが病気になっている
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51900451.html
日本発のエボラワクチンを世界に届けるために
https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/eye/201912/563650.html
インフル・エボラ・HIV薬を転用へ RNA複製など阻止 ※ 2月22日 日経電子版
新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、既存薬を治療に使う試みが加速する。
加藤勝信厚生労働相は22日、新型ウイルスの肺炎患者を対象に、新型インフル
エンザ治療薬の投与を始めたと発表した。エボラ出血熱の治療薬を投与し、抗
エイズウイルス(HIV)薬も検討する。感染拡大を見越した効果的な治療薬の探索
が急務となっている。加藤厚労相は記者会見で、肺炎患者を対象に3種類の既存薬
を投与することを明らかにした。…
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55987550S0A220C2EA2000/
最近の日本の例、デング熱報道を思い出そう。ただ、世界的には人体汚染が深刻化
している可能性は高い。風邪をこじらせたり、しょっちゅうひくという人は注意。
61. 根岸兎角[268] jaqK3ZNlinA 2020年8月24日 22:48:07 : MqW3FylPZg : UWdmNVNvLlFBQ3M=[67] 報告
HIMAZINうじ

>>51でお主は問題1と問題3については納得できたと判断するが、それで良いだろうか?

問題2については『ウイルスが付着しているだけ』という文章のいかがわしさを感じ取らねばならんだろう。この文章には、
『何の悪さもしない新型コロナウイルスなのに、PCR検査のために哀れにも1億倍に増幅されてさらし者にされてしまった』
と言いたい気分が読み取れる\(^o^)/

しかし、常在菌、常在微生物ならば人体の防御組織は存在を認知しているが、そうではない新参者に対しては存在を許さないのが原則だ。
だから『付着しただけの新型コロナウイルス』がそのまま存在を許されることはない。防御が勝って新参者を追い出すか、負けてどこかを侵襲されるか、この2つのうちのどちらかだ。(付着したウイルスが常在ウイルスのかけらだったということはあり得ないので念のため。問題1とか3で納得したとおりだ。)
体内防御が勝って撃退するということも、運に左右されることもあるだろう。感染経路が接触だったかエアロゾルだったかの違い、その時取り込んだ量の違いなどで、防御が勝ったり負けたりすることだろう。
(つまり感染とは病原体を体内に取り込むこと。取り込んだあと検体の中に含まれていれば陽性となる。)

それから1億倍増幅というのはあまりにも大げさすぎるだろう。陽性陰性が分かれば良いので、時間が惜しい時にそんな手間暇を掛けることはない。どこでも、例えば1万倍以下でやってるだろう。)

たまたま>>59に田中宇の記事を貼りつけた雷同者がいるので中身を見た。
虚実織り交ぜてまあなかなか大したものと思う。お主を始めトンデモ連中はこういうのを信奉するわけだな(>_<)(@_@)

>国際的な覇権勢力は、コロナ危機をできるだけ長引かせたい
>獲得免疫の保有者の比率は、世界的に5-10%以下だろう。BCGなどの効果で特に人々の免疫力が高い日本では1%とかだ。多分これ以上増えない。新型コロナは、既存の考え方での集団免疫(70%)に達しない。

こういうのってなんだかのう・・・見てきたように出まかせを言う。根拠はおそらくないだろうから。だって国際的な派遣勢力は汚輪ピックやりたかったんだろうに。え?違う勢力なのか?わしは知らんがな!\(^o^)/

こういうのってストーリーメイキングだ。田中宇は根本のところがストーリーメーカーなのだ。

HIMAZINうじ、納得できたところはできた、できない所はできないと言って欲しいんだがの。今回はいかがかの?

62. HIMAZIN[1070] SElNQVpJTg 2020年8月24日 23:07:59 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[298] 報告
>>61

>根岸兎角さん

私の文章力が拙いのか、読み手の読解力が拙いのか定かではないですが、>>51に書いた通りですよ。

>問題1と問題3

現状否定する理由も見つからないので、とりあえず一旦納得しました。

>問題2

大変残念ですが、納得していません。

田中宇氏については、すべての意見に同調するつもりはありませんが、論拠と思考の過程を明示しているので、そこら辺のインターネット軍師よりは信頼性が高いと考えています。

貴殿は人をトンデモ扱いしてますけど、私も半年間の実体験踏まえてそれなりに考えていますよ。このあたりで書きましたが、満員電車の存在はコロナ騒動の矛盾点の一つと捉えています。

http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/311.html#c92
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/311.html#c103
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/311.html#c138

63. 根岸兎角[269] jaqK3ZNlinA 2020年8月24日 23:22:57 : MqW3FylPZg : UWdmNVNvLlFBQ3M=[68] 報告
満員電車のパラドックスとでも名付けて良いかもしれぬ\(^o^)/

だがその問題は問題2の『陽性者は感染者ではない』という問題とは違っているの。
問題2そのものについてはどうかの?
それから納得したしないの件は、問題1、2、3というだけではない。例えば死者の数を比較して新型コロナウイルスは大したことはないと評価を下すことの間違いなど、わしの書いた中身のことだ。いかがかな?

満員電車のパラドックスでお主の言いたいことは次のどれだろう?

1.満員電車でクラスター発生とは聞かないから、新型コロナウイルスは存在しない
2.満員電車でクラスター発生しない程度の感染力の弱いウイルスだ。感染しても大したことはない。
3.満員電車でクラスター発生しない程度の感染力の弱いウイルスだ。感染したらそれなりに大変だから感染したくない。

64. 根岸兎角[270] jaqK3ZNlinA 2020年8月24日 23:25:39 : MqW3FylPZg : UWdmNVNvLlFBQ3M=[69] 報告
もう一つ!

4.満員電車でクラスター発生しない程度の感染力の弱いウイルスだ。普通に社会活動を継続すればよい。

65. HIMAZIN[1071] SElNQVpJTg 2020年8月25日 00:10:38 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[299] 報告
>>63>>64

>根岸兎角さん

満員電車の件は問題2と無関係で、私の実体験として記載しました。
間に「その他」とでも挟めば分かりやすかったですかね。

>死者の数を比較して新型コロナウイルスは大したことはないと評価を下すことの間違い

こちらでも書きましたが、発症率・重症化率の低さを考えると、発症してから病院で対処しても医療崩壊は起こらないのではと考えています。
その点で、過剰に恐れることのないように、もしくは正しく恐れるようにするため、比較自体は意味があると考えています。
まさに、「それぞれの死因について最善を尽くす。最善を尽くしてもどうにもならなかった死者の数が統計上現れているのだ。」ですね。

http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/311.html#c138

>満員電車のパラドックス

4月までは3よりも恐ろしく考えていました。>>62のリンク先でも書きましたが、4月までは本当に通勤が恐ろしくストレスが凄く溜まりました。
5月あたりから疑問をいだき、2→4と推移しています。何故なら、週に1〜2回程度のテレワークはありますが、半年以上普通に通勤して社会活動を継続して何もないからです。マスクもほとんどつけません。
流石に家に帰ってからうがい手洗い程度はしていますが。

66. 根岸兎角[271] jaqK3ZNlinA 2020年8月25日 00:33:03 : L2HkS806yg : alpDUk5KZkxPa3c=[17] 報告
連投申し訳ないが、このような問い返しを怒らんでくれ。今から理由を書くから。

普通なら、例えば新宿クラスター発生の際の最初の一人はどこかで感染したはずだが満員電車ではないかとか、今でも5割を占める経路不明者はひょっとしたら満員電車で感染したのではないかとか、想像するものだ。
だが専門家でも今のところこのパラドックスは解明されていないので、まあそこそこの納得感で納めてしまうだろう。

ところが解明されていないことと満員電車で感染は起こっていないというのとは別物だから、やはり最善の防御対策をするよう、ぜひお勧めしたい。恐らく感染は起こっているがそれと認識されていないだけのことだろうと思う。
個人個人が気を付けることによって、無策の安倍政権下でもこれぐらいで済んでいるのだとわしは思っている。

○月○日、京王線新宿〇時○分発高尾行きに乗った人、として調べるわけにはいかんだろう。
検査を全体的に行う方が早い。

いろいろ失礼なことを書いたが、それをお詫びするとともに、新型コロナは現在進行形だから電車内ではマスクだけは着けるよう老婆心ながら忠告して、これで終わりにしたい。
後で振り返った時に大したことなくてよかったねと言いたいものです。

67. 2020年8月25日 01:00:48 : 2FOSukKJfI : Nkw4c2tKeW9zdVU=[689] 報告
満員電車の件ですが、私も感染経路不明の人の中に、満員電車の感染がいないとは限らないと思ってました。あと、満員電車に乗る高齢者は少ないでしょうから、かかっても無症状で終わる人も多いかも。あと、思ったほど感染者は出てない可能性もあるかもしれません。

というのは私自身は近年電車にはほとんど乗ってないので実情はわからないのですが、何ヶ月か前の緊急事態宣言の頃に夫が都心まで通勤しているという知人に聞いたら、うちの方の私鉄では、まだ寒い時期から通勤電車の窓は全開になっていたようだと聞きました。単純に密であるかどうかより、換気の問題も大きいようですが。

電車の換気 ようやく発車 新型コロナで鉄道各社が窓開け運行
2020年3月11日 11時22分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/17564


満員電車で感染リスクを下げるには? 新型コロナ対策チームリーダーに聞く
https://news.yahoo.co.jp/articles/f6d5eef81d37ce0dd84c71bf532ced2fe4304f31

以下部分転載

坪倉:山手線の通勤電車を想定し、定員160名のところ230人乗っている状態で、車内の空気がどのような状態か、窓を開けた状態と閉めた状態で、それぞれシミュレーションをおこないました。

まず混んでいる状態では、空気の質が悪くなります。一般のオフィスでは、1人あたり1時間で30立方メートルの新鮮な空気が供給されるように設計されています。これに対して電車のなかは、1人あたり1時間で7立方メートルしか空気が供給されません。ということは、当然エアロゾルに対する感染リスクは高まります。

一方、窓を4ヵ所、20cm程度開けることによって空気の供給量が23立方メートルぐらいになるので、ほぼオフィス並みの空気が確保できることがわかりました。つまり混雑時でも窓を開けることによって、エアロゾルによる感染リスクはかなり下げられることが今回のシミュレーションからわかりました。

あともう1つは、乗降ドアが30秒ほど開くことによって換気が進みます。山手線のように比較的頻繁に(駅で停車時に)ドアが開く電車は、なかなか乗降ドアが開かないような急行などに比べると、リスクは下がると言えると思います。

68. 2020年8月25日 01:19:44 : VTH59AY6XQ : WWk1VDA0bXVWVGM=[369] 報告
細菌は実在するが、ウイルスはでっちあげの嘘だった
スペイン風邪も伝染病ではなく、電波が原因だった

電磁波で細胞が壊れる
壊れた細胞が排出されたものをウイルスと呼んでいる
その「ウイルス」と呼ばれる細胞のゴミに害は無いし感染力も無い
以上から次の二者が悪の根源だと判る


1 放送・通信会社
2 製薬会社


電磁波による被害を「ウイルスのせいだー」と言ってくれる製薬会社は
通信会社にとって、なくてはならない存在だ
だからメディアは製薬会社を全力で支援する
子宮頸がんワクチンの宣伝なんか朝から晩まで死ぬほど宣伝しちゃう
そういう関係だよ

ウイルスが嘘だからワクチンは更に大嘘なんだが
そのワクチンがあたかも効いたように思わせるのもメディアの仕事だ
ワクチンに毒物を入れて病人を増やすのは製薬会社の自演

軍産という、戦争を起こしてお金を稼ぐ連中はもう古い
今は医産の時代だ
この医産には病気になる食品を食わす食品業界も入ってるぞ
通信業まで入ってたというのがコロナ劇場で判明した

まぁ、なんにしても薄汚い朝鮮人天皇の国は国民を殺すことしか考えてない
早く習近平に征服されたい

69. HIMAZIN[1072] SElNQVpJTg 2020年8月25日 02:04:50 : tfL5STIxFs : SktxRUovLlVxR1E=[300] 報告
>>66

>根岸兎角さん

ご心配ありがとうございます。
マスクについては、症状が出ていない限り意味がないと考えているので、自分で必要だと考えた時、もしくは職場の圧力が強い時以外は付けないようにしています。
むしろ、今の時期は熱中症が心配です。

>>67

>Nkw4c2tKeW9zdVU= さん

高齢者云々ですが、少ないながらも毎日それなりには拝見します。
また、乗車する高齢者は少なくても、通勤者の家族には一定の割合で存在するでしょうから、感染者・発症者の少ない理由にはならないと考えます。

また、換気についてですが、初動の遅れを考慮すると、1〜2ヶ月くらいは窓を開けていない時期もあったのではと考えますが、どこも感染が爆発している様子はないです。
また、都内の地下鉄に乗り入れてる路線も多数あります。地下区間の換気はどうあっても良いとは思えません。
ドアの開閉については、特急・急行だと10〜20分程度開かない区間もあり、また、乗車率も高いです。

>>62でも記載した以下リンク先で書いてますが、実態としてあまりにも社会への影響が少ないのです。

http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/311.html#c138
(一部抜粋)
首都圏で例えるなら、3000万人以上の人口の都市圏で、半年以上も毎日複雑に通勤経路が絡んでいる満員電車を走らせているのだから、チョイチョイ感染している程度では済まないはずだし、コロナ発症者が原因で電車が何度も止まっているはずです。
満員電車で感染していても、想定よりも社会への影響が少なすぎると考えています。
なので、そもそも感染力がそんなにないのではと。
(抜粋終了)

70. 2020年8月25日 11:51:24 : REqnOLEtrQ : a3JCS2d6L3lESzY=[1] 報告
これが正しいのかどうか、私にはわからんけど。

AERA
満員電車の密より危険! 飲み会帰りの「ノーマスクおしゃべり」を避けるべき理由

https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2020070100020.html

71. 2020年8月25日 15:59:15 : 7ISPY5LjGA : cVduRVAyYlJFSFk=[41] 報告

コロナがたいしたことがないかどうかはどうでもよい。

しかし、いくら考えてもPCR検査否定論には同意できない。

ワクチンはできないと考えているので、仮に出来ても、できれば他国の実績をみて、劣後的に接種すればよいことだ。

72. 2020年8月25日 16:18:58 : 2vLuFTReE6 : TUFPejQ0ZU12eFk=[1] 報告
香港男性がコロナ再感染、2種類のウイルス株確認 世界初の実証
http://www.asahi.com/international/reuters/CRWKBN25K20K.html


>[香港 24日 ロイター] - 香港大学の研究者は24日、新型コロナウイルス感染症から回復した男性が4カ月半後に再感染したことを確認したと発表した。実証された再感染のケースとしては世界初。研究者は、集団免疫が獲得されても、ウイルスの流行が継続する可能性を示唆しているとの見方を示した。

>中国の疫学専門家は5月、同国での再感染率が暫定ベースで5─15%と発表していた。


日本での再感染率はどうなのかな?
日本は疫学調査を本気でしてるのか?

73. 2020年8月25日 16:30:16 : Hte0w94uEI : THhmOS5WTlFzTk0=[1] 報告
緩和いんちょー氏の動画で出ましたよ。
論文出たそうです。中国の高速列車で去年の12月から3月までのデータですから日本の通勤列車とは条件は違うかもしれませんが。

電車で隣がコロナ患者の場合にうつる確率【どの座席が高リスクか解説】

https://youtu.be/mp1359hlF6w

74. 2020年8月25日 18:28:00 : VlEXptOgig : QmFtcncuSnhFQ0k=[1] 報告
兎に角 を、東国原某氏は、ウサギにツノと読み、その意味を、やさしいウサギもツノを出す(怒る)時もある という意味だ と 言った そうな。人は、良く(しばしば ではなく 良いほうへ)間違えることがある。この場合は、他動詞 優しい人を怒らす だ。 

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊6掲示板  
次へ