★阿修羅♪ > 医療崩壊6 > 390.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
[新型コロナFactCheck] 「PCR法を開発してノーベル賞を取った人が 『ウイルスの特定にはふさわしくない』と言った」は本当か? (InFact) 
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/390.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2020 年 10 月 31 日 00:01:47: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「[新型コロナFactCheck] 「PCR法を開発してノーベル賞を取った人が
『ウイルスの特定にはふさわしくない』と言った」は本当か?」 (InFact 2020/8/14)
https://infact.press/2020/08/post-7398/

ネットテレビとして多くの視聴者を持つ「虎ノ門ニュース」で、レギュラー出演している武田邦彦氏が「PCR法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っている」と発言した。しかし、こうした発言は確認されておらず、武田氏も根拠を示していない。(立岩陽一郎)

チェック対象
PCR 法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っている
(武田邦彦氏の虎ノ門ニュースでの発言、2020年7月24日放送)

結論
【根拠不明】 PCR法を開発してノーベル賞を受賞したキャリー・マリス氏が「ウイルスの特定にはふさわしくないと言っている」と言ったことがあるのかどうか調べたが、その根拠とみられる記事には、そのような発言はなかった。


7月24日に配信された虎ノ門ニュースで、中部大学特任教授の武田邦彦氏は次のように発言した。


PCR法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っていると、一応。これは僕の意見じゃないけど、そういうことが無視されて、PCR検査が一人歩きするとそういうことは問題であると認識しております。

この発言は、武田氏が4月中旬に別の動画で行った「PCR検査は新型コロナの検査にはならない」という発言についてインファクトがファクトチェックしたのに対し、武田氏が自らの見解を説明する文脈でなされたものだ。この番組はユーチューブで70万回を超える再生回数を記録したが、現在は非公開となっている。

「PCR法を開発したノーベル賞を取った人」とは、アメリカの生化学者キャリー・マリス氏(Kary Mullis)のこと。PCR法を開発した功績で1993年にノーベル化学賞、日本国際賞を受賞し、2019年死去している。

武田氏が指摘する通り、マリス氏が「ウイルスの特定にはふさわしくない」と言っているのか調査した。結論から言うと、マリス氏の過去の発言からPCR検査を「ウイルスの特定にはふさわしくない」といった発言は確認できなかった。


■ 同内容の言説は海外でも拡散、ファクトチェック済み

調査の中で、Facebookで武田氏と同様の主張をする英語の投稿があることがわかった。しかし、この投稿は既にロイター通信のファクトチェック班が検証して事実でないとしている。その結果を受けて、Facebookは「一部虚偽の情報」と表示して注意喚起している。

同様の言説について、ポリティファクトや、オーストラリア通信社AAPのファクトチェック班も「誤り」とのファクトチェック結果を発表している。

インファクトでは、このFacebookの投稿について更に調査を進めた。すると、「New York Native」という新聞の記事(1996年12月9日)に引用されていたマリス氏のものとされる発言部分と一致した。

そこには以下のように書かれていた(他サイトに転載されたものを引用する)。


Kary Mullis … is thoroughly convinced that HIV is not the cause of AIDS. With regard to the viral-load tests, which attempt to use PCR for counting viruses, Mullis has stated: “Quantitative PCR is an oxymoron.” PCR is intended to identify substances qualitatively, but by its very nature is unsuited for estimating numbers. Although there is a common misimpression that the viral-load tests actually count the number of viruses in the blood, these tests cannot detect free, infectious viruses at all; they can only detect proteins that are believed, in some cases wrongly, to be unique to HIV. The tests can detect genetic sequences of viruses, but not viruses themselves.

(仮訳)ケリー・マリスは…HIVがエイズの原因ではないと確信しています。ウイルスを数えるためにPCRを使おうとするウイルス負荷テストに関して、マリスは『定量的PCRは矛盾している』と述べています。PCRは定性的に物質を識別することを目的としますが、その性質上、数を推定するのには適していません。ウイルス負荷試験は実際に血液中のウイルスの数を数えるという誤解がよくありますが、これらの試験では遊離感染性のウイルスを検出することはできません。この検査はHIVに特有だとしばしば誤って考えられているタンパク質のみ検出できます。この検査はウイルスの遺伝子配列を検出できるが、ウイルスそのものは検出できないのです。
‘HAS PROVINCETOWN BECOME PROTEASE TOWN? By John Lauritsen, New York Native, 9 Dec. 1996

これはマリス氏本人が書いた記事ではなく、記者がマリス氏の発言として引用したものだ。この記事によると、マリス氏は、HIVがエイズの原因であるとの説に疑問を投げかけているが、これはかなり異端の説で、現在の医学の主流の考え方とは異なる(WHOサイト参照)。

それはともかくとして、この記事に出てくる「PCRは定性的に物質を識別することを目的としているが、その性質上、数を推定するのには適していない」という発言は、もともとPCR検査はウイルスのDNAを増殖して検出する仕組みであるがゆえに、エイズ患者の体内にどのくらいの量のHIVウイルスがあるかを調べることには適していないということを説明しているものと言える。
大阪大学大阪大学微生物病研究所によるPCR検査についての説明(7月30日更新)
「この検査はウイルスの遺伝子配列を検出できるが、ウイルスそのものは検出できない」という部分も、ウイルスそのものではなくウイルスの遺伝子配列を検出するという、そもそものPCR検査の機能の説明をしているものだ。

一方で、新型コロナウイルスのPCR検査は、既に解析されて共有されている新型コロナウイルスの遺伝子情報に基づいて検出するもので、マリス氏の発言は、そのような方法による検出を否定するものではない。つまり、この記事におけるマリス氏の発言は、PCR検査が「ウイルスの特定にはふさわしくない」と言っているわけではない。ロイター通信のファクトチェック班も、マリス氏の元々の発言の意味がねじ曲げられて伝わっていると指摘している。


■ 発言の根拠は示されず

もちろん、我々もマリス氏の全ての発言を精査することはできるわけではない。そこで、インファクトは、虎ノ門ニュースを通じて武田氏に、マリス氏がそのような発言をしたとする根拠があるのかを質問した。それに対して虎ノ門ニュースは8月7日の放送にて回答するとの返答があった。しかし、武田氏は、この番組で発言の根拠を示さなかった。以下は番組の内容を書き起こしたものだ。

まず、司会者がインファクトからの質問を読み上げている。


はい、ちょっと読ませて頂きますね。7月24日の虎ノ門ニュースにて武田邦彦氏が『PCR法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っている。と、一応これ、これは僕の意見じゃないけどそういうことが無視されて PCR 検査が一人歩きするとそういうことは問題であると認識しております』と発言されています。武田氏に質問をしたく宜しくお願いします。 PCR 法を開発したノーベル賞を取った人がウイルスの特定にはふさわしくないと言っているとは何を根拠に発言されているのでしょうか。お答え頂きたく宜しくお願いしますと。え、いう質問状をいただいているんですが武田先生いかがでしょうか。

これに応じて、武田氏は次の通り発言していた。


いやまぁ私はね。今コロナってみんな、あの、心配事じゃない。 PCR法と、この頃は抗原検出もあるんですけどね、 やっぱり自分がコロナにかかってるか心配じゃないですか。だからその精度とか、そういうものはもう少しね、僕としてはあの、国民に対して、丁寧に説明した方がいいと。そうしないと、まぁ、国が PCR やってるから PCR 法やればもう絶対に自分がコロナなんだ、というまあ信じてる人もいるのでね。まあそこらへんをアレしてるんで。


■ 結論

「PCR 法を開発したノーベル賞を取った人」すなわち、キャリー・マリス氏が「ウイルスの特定にはふさわしくないと言っている」と言ったことがあるのかどうか調べたが、その根拠と見られる記事には、そのような発言はなかった。武田氏も根拠を示していない。ただ、キャリー・マリス氏の全発言を調べてそのような発言をしていないという証明(悪魔の証明)は不可能だ。よって、「根拠不明」と判定した。

------(引用ここまで)---------------------------------------------

キャリー・マリスは、一言も「ウイルスの特定にはふさわしくない」とは
言っていないわけで、PCRスンナ派が勝手に捏造したデマ、ということですね。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2020年10月31日 20:31:16 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[3474] 報告
よくわかりました。
ありがとう。

存在は確認できるが、量までは測れないってことね。

2. 2020年10月31日 21:30:52 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[787] 報告
ウイルスの遺伝子はわかるけどウイルスそのものは特定できないんだね。


3. AN[1420] gmCCbQ 2020年10月31日 22:52:19 : hGwbgWsB16 : cWpmejF6Z0ZBbFk=[81] 報告
物理・化学的測定法には、定性的な方法と、定量的な方法があります。
 元々の研究目的に発明されたPCR法は、現在では定量的PCR(qPCR;quantitative PCR)またはリアルタイムPCR(RTqPCR)と呼ばれていて、定量性があります。
 しかしこの方法は手間が掛かるため、途中を省いて、十分回数の増幅を行なう簡略法が検査目的で使われるようになり、それがPCR法と呼ばれるようになりました。
 最新の何百検体を一度に検査できるような機械については知りませんが、大学の研究室にあるような少数の検体用の機器はどちらも可能なように出来ています。

 (ちなみに、RTPCRは、Reverse Transcription PCR)の意味に使われるのが一般的になりましたが、Real Timeの意味の場合があって困ります。)

4. 2020年11月01日 05:17:55 : 165eZ2KzCo : cmFlbzRWc1Nianc=[1] 報告
この動画の49分あたりからPCR検査についてマリス氏が話してます。
英語が出来る方は確認してみてください。

https://www.youtube.com/watch?v=WF37L_z0vwM&feature=emb_title

「PCR検査は新型コロナの検査にはならない」とは言ってません。当然です、このコロナ騒ぎが起こる前に本人はなくなってますから、ただ、「うまくやれば、体内にあるどんなものでも検出することが出来る。」「しかしこの検査は過程の一部に過ぎず、その検出したものが原因でその人物が病気になっているとか、今後病気になると言うことはわからない」と言ってます。
つまり、特定の病気に感染しているかどうかは判断できないと言うことです。

またアメリカのCDCのウエブサイトなどを見ると、「PCR検査は新型コロナだけでなく、他のコロナウイルスやバクテリアでも陽性反応が出るため、症状などを考慮して包括的に判断すべし」とあります。

加えて、内村航平さんの擬陽性に関しての記事の中には、このPCR検査で擬陽性が出る確率は30%程度とあります。つまり、10000人が検査を受けるとうち3000人は陽性ではないのに陽性にされてしまうと言うことです。そしてその人々は皆「感染者」にされてしまうわけです。

これでもまだPCR検査、信じますか。

5. 2020年11月01日 09:38:25 : ioBgDrEUWk : T2JFYWgwWHg5NlU=[22] 報告
>その根拠と見られる記事には、そのような発言はなかった。武田氏も根拠を示していない。

あるべき科学者というのは、自らの発言に責任を持ち、誤りや誤解があればそれを素直に公表するものである。
 武田氏は、本人は科学者といっているが、根拠を言えず、また聞きをそのまま信じてしまったとも、、マリス氏の発言に理解不足で誤った解釈をしたともいわないでいるようである。極めて望ましくない科学者であると言ってよい。
 どうもこの人もアイディアや解釈に独特なものがあり、良いところもあるが意固地で自分の応援団だけを見て、科学で大事にする客観的な判断を下せないところが難点だと思う。実は科学者にとってそれが最も大事なことなのだのであって、アイディアや着想の素晴らしいことは、科学を進展させる原動力にはなるが、発明家のようなものに過ぎない。自覚してほしいものだ。

6. 2020年11月01日 10:32:10 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[788] 報告

遺伝子だけ検出するってことは

その遺伝子を持つウイルスが死滅、全滅していないかは

わからんってことじゃないですか。

>>3
微量なタンパク質を特定するには画期的な方法です。


>>4
これ言ったから消されたんだね。キャリー・マリス。

7. 2020年11月01日 12:26:37 : GuiE3wa1lM : VE9MWFJGUjJ0c2M=[2] 報告
魑魅魍魎男また完全論破されちまったな

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)
8. 2020年11月01日 18:49:39 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[3484] 報告
>>4
CDCのサイトを翻訳して見てみたが、新しい検査は新型コロナだけでなくインフルエンザAB同時に検査すると書いてあるぞ。
他のものにまで反応するのではなく、意図的に混ぜてあると読み取れるが?
(さらに読み解くなら、新型コロナとインフル2つは最終的に分けて判別できるだろう)
また新しい検査と書いてあるので、古い検査では新型コロナしか検出できなかったとも推測できるな。
デマは止めろよな。

>>7
何が論破?
(どこも論破されてないのに、論破されたかのように印象づけるネトウヨ技法だな(嗤))

9. 2020年11月01日 22:37:31 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[789] 報告
>>8
インフルエンザでもコロナ陽性って出るんだよね確か。

10. 2020年11月01日 22:43:07 : AUjLr1EJ72 : c2FMZllMTlBVT2s=[790] 報告
>>7
論破したいとかそういう気持ちではなくて、恐怖心から書かせてもらってるよ。
11. 2020年11月01日 23:02:05 : 165eZ2KzCo : cmFlbzRWc1Nianc=[2] 報告
>8
他のとこ見てるんじゃない。
ここだよ。
https://www.fda.gov/media/134922/download

同時に検査する云々ではなく、新型コロナ検査なのに、他のウイルス、バクテリアまで、検知して陽性反応が出ることがあると注意の項目に書かれてる。

あなたは関係のない所を見て、鬼の首を取ったように「デマ」と言っているが、実は自分の情報収集力のなさをさらけ出してるってわかってる?ちゃんと探せないんでしょ。恥ずかしいよ。

>「他のものにまで反応するのではなく、意図的に混ぜてあると読み取れるが?」

これは誤反応とは全く関係のないこと。良く読めもしないのにいちゃもん付けてくる人っているんだな。

12. AN[1423] gmCCbQ 2020年11月02日 00:44:20 : hGwbgWsB16 : cWpmejF6Z0ZBbFk=[84] 報告
>>11.
>他のウイルス、バクテリアまで、検知して陽性反応が出ることがあると注意の項目に書かれてる

 何ページにどんな表現で書かれているちゅーねん?
 妄想もイイ加減に。

13. 2020年11月02日 12:27:43 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[150] 報告
キャリー・マリスが「PCRはウイルスの特定にはふさわしくない」
と言ったというのはデマ、ということで落着だね。
14. 2020年11月02日 13:08:16 : WPTXjBzk1U : YjRDODhydUtuRVk=[10] 報告
>>4
マリス博士が言っているのは、PCR法とはターゲットとなる塩基配列が特定(厳密には単離されている前提)されている場合に有効ということ。

不特定多数のDNAの中から、感染源と看做せるウイルスを検出する能力は無い、それはPCR法だけではなく一切に方法が無いということ。

順番
 単離されたターゲット→それをPCRにかける=OK

 PCRにかけて→感染源の特定(何を単離すべきか判定=今やっていること)=不可能(PCR法だけでなく一切の方法は無い)

こういうこと。

15. 2020年11月02日 13:13:27 : WPTXjBzk1U : YjRDODhydUtuRVk=[11] 報告
http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_byosei-kantei2016/notes_diagnosis04.pdf

(4) P C R の利用にあたっての留意点

最も重要なことは、PCR の成績だけで病原体を同定することは不可能であること、技術的限界から陰性の証明はできないことである。

PCR の利点および欠点をもとに、その 利用に対して適用除外または注意を要する用法と適用が許容される用法について参 考例を示した。

1 適用除外または注意を要する用法例

・ 病原体が微量にしか含まれない試料に対する病原体の陰性証明

・ 環境中に同種の微生物が含まれる状態での病原体検出

・ 病原体が同定される以前あるいは病原体が分離できない場合において PCR のみで陽性証明すること

2 適用が許容される用法例

・ PCR により増幅した核酸断片の塩基配列を確認後、初動防疫に生かす。

・ 地域や農場における病原体汚染度を調べるためのサーベイランス。
 ただし病原体によっては培養法に比べて感度が低いことがある。

・ 他の微生物学的検査成績の補助的手段として病原体の同定に利用する。

・ 純培養された病原体の型別(同定は、他の方法と組み合わせて行うべきである。)

・ 検出感度が十分検定された PCR 法を用いた定量

●結論再掲
 PCR の成績だけで病原体を同定することは不可能であること、技術的限界から陰性の証明はできないことである。

16. 2020年11月02日 13:26:59 : WPTXjBzk1U : YjRDODhydUtuRVk=[12] 報告
PCR法は、そもそもHIV感染の変異細胞を特定するため開発されたもの。

そのためPCR法には、RNAを増幅する工程が含まれていない。

RNAをPCR法にかけるには、RNAが発信する信号(mDNA)を物理的媒体に書き写すことでcDNA(擬似検体)を増幅し、この検体をPCR法にかけることで、増幅を可能にする。

この時、mDNAをcDNAに書きとる技術をRT-PCRと呼ばれ逆転写酵素(reverse transcriptase)は、その起点と終点の塩基配列を予め指定してやらないと、システムは何を書き取って良いのか判断できない。

新型コロナとは、その塩基配列を次々変形させながら蔓延していると伝えられている=RTするための起点/終点の塩基配列とは、何を基準にしているか全く不明。

つまり核酸(RNA遺伝子の発信元)さえ検出すれば、その病原性を無視して、全て陽性と判断している可能性がある。

17. 2020年11月02日 13:34:55 : WPTXjBzk1U : YjRDODhydUtuRVk=[13] 報告
日本の医療機関では、PCRには発病していない状態でかからないでくださいと、お願いを続けている。

それを都知事選の宇都宮らど素人が、発病状態でなくとも PCRにかけろと吹聴して、医療機関は極端な執務過剰に見舞われることになった。

何らかの発病+核酸保有=新型コロナの可能性がある こういう話で、

発病していない+核酸保有=これは前の日にビールとかシャンパンを飲んでいるだけで、ビール酵母やワイン酵母は核酸であるため、RT媒体にあたるmDNAの発信が存在するので、誤認陽性者となってしまう。

何らかの発病+核酸保有なし←これは100%陰性。

18. 2020年11月02日 13:42:00 : WPTXjBzk1U : YjRDODhydUtuRVk=[14] 報告
日本政府や東京都が、5人以上での会合的飲食を控えよとか、接待を伴う飲食を控えよと繰り返す理由は、それらの会合には乾杯がつきものであり、乾杯の飲料媒体とはビールまたはシャンパン・スパークリングワインなどであるためだ。

これらは保有酵母が核酸であるため、現在の検査機関が、病原性を無視して、核酸(RNA)の存在のみを探索している場合、ビールまたはシャンパン・スパークリングワイン摂取者は、その発病の有無を問わず陽性として引っかかってしまう。

19. 2020年11月02日 13:54:41 : WPTXjBzk1U : YjRDODhydUtuRVk=[15] 報告
もう一度PCRの用法について書くと、

PCR法は、リアルタイム(これもRTと書くので当初日本では誤用されていた)で、単離されているウイルスの活動を目視確認するための技術。

ウイルスの活動に合わせて観察していては遅いので、ウイルスの増殖スピードを増やして、ビデオの早回しのように、観察時間を短縮するための技術= PCR法である。

そのため、 PCRで何かが活動しているところを早回ししても、それが病原性の無い核酸であるなら、その時間は何百何千倍で早回ししたところで、全て無駄な時間である。

そこで、 PCRには「これから早回し(PCR)するものが病原性ウイルスだ!」という、単離が欠かせない。

それが感染源であるかとの判定について、PCRをその判定用に使用することは、間違ってもあってはならない>>4でマリス博士が言っているのは、そういうことである。

20. 2020年11月02日 14:29:07 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[3489] 報告
>>11
それはFDAのサイトだわ。
君はCDCと書いたから、そこを見た。
他のとこって書かれても知らんわ!
君が書き間違えたことによる結果をイチャモンとは、失礼な!(嗤)
(君のミスだ)
21. 2020年11月03日 01:40:56 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[152] 報告
PCR検査が大規模に行われると、とんでもない感染の実態が
バレてしまう。

そこで工作員を総動員してPCR否定に躍起になっている。

PCRが無効などと議論しているのは日本だけ。

台湾などは徹底的な検査で押さえ込みに成功している。

PCRが無意味ならなぜあのように効果をあげているのか。

22. 2020年11月03日 11:47:01 : FaVJDlviC6 : OXkuL0FtanJnN0k=[1] 報告
PCR検査はまったく効果をあげていない。

もしもPCR検査が効果をあげていると言うなら、特定されたCovid19のパターンを示すことができるはずである。

すなわちx x xを検出したので陽性とか、yyyを検出したので非陽性とか、陽性でかつ犠牲者は等しくcccの検出パターンがあったとか、何らかのファクトが公開されねばならないということだ。

そういったものは何も無い。

ファクトが何も公開されないのに、症例の有無のみで感染と特定されている。

一方で、昨年までインフルエンザと特定されてきた症例は、一切の報告が無い。

これも異常だ。

昨年までのインフルエンザは何処へ消えた?

せめて、Covid19とインフルエンザの相違くらいは示されねばならない。

そしてインフルエンザが分かり易いだけで、その他の健康被害報告について、一切の情報に触れることができない。

アメリカでは交通事故死までCovid19を死因と診断書に書けば、医療機関に莫大な診療報酬が行われたとの告発まで出てくる始末だ。

何者かが、Covid19なる架空の症例を操って、医療という国際市場を支配しようとしている。

もはや疑う余地は無い。

23. 2020年11月03日 12:14:02 : A1K4SLe76U : ZUhSOEYzMk83bjI=[1] 報告
大統領選挙を見ていると「新型コロナ有り」と定理しているのはバイデン陣営(旧ヒラリー陣営)だとよく分かる。

そしてバイデン陣営は中国に対して融和派だ。

新型コロナは、中国のエリート側ではなく下級従事側の医師・李文亮が偶然発見した悪性の肺炎ウイルスで、コウモリを培養に用いた医療兵器である。

一方、今PCR検査で陽性者と判定される者に、その医療兵器のcDNAパターンの検知によって陽性者と識別しているという事実は確認されない。

これは何を意味するのか?

犯人は、その時々で、李文亮が発見したウイルスを狙い撃ちで拡散させ、あちこちに被害を与えながら、一方では医療機関を買収によって、そのウイルス兵器の塩基配列を有さないものを新型コロナと診断させることで、真の脅威であるウイルス兵器の実態を曖昧にしているのではないか?

24. 2020年11月03日 16:36:42 : sjK5dy5SOg : bkw5LmhRMUNrVFk=[4] 報告
>>22
もしもPCR検査が効果をあげていると言うなら、特定されたCovid19のパターンを示すことができるはずである。

オ−プンソ−ス 感染経路と変異の履歴
https://www.gisaid.org/epiflu-applications/phylodynamics/

スクロ-ルしていくと変異した塩基箇所と安定化配列の箇所がある。

コロナウイルスの遺伝情報に秘められた機能を解明
https://www.ric.u-tokyo.ac.jp/topics/2020/0512.html

1病原体検出マニュアル2019-nCoVVer.2.9.1
https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200319.pdf

>新型コロナウイルス(2019-nCoV)の遺伝子領域2か所、open reading flame 1a (ORF1a)およびspike(S)を特異的に検出する2-step RT-PCR法、あるいは(註)TaqManプローブを用いたリアルタイムone-step RT-PCR法による遺伝子検査により2019-nCoVを同定する。

2019-nCoVの遺伝子領域2か所(安定化配列の箇所)とコロナ共通の安定化配列の3箇所で判定する(Ver.2.9.1)

>註)リアルタイムone-step RT-PCR法による試験が成立している場合、リアルタイムone-stepRT-PCR法のみで結果判定して問題なく

最新のレ−ザ−技術と蛍光検出ではPCRサイクルごとに定量検査ができる、この測定で最近わかってきたのは子供は大人と比べて6倍〜10倍多く検出された報告があった(オ−プンソ−ス JAMA)

タカラバイオの技術者やPSSの技術者に同じことが言えるのかな。

25. 2020年11月04日 03:49:21 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[162] 報告
>>22, 24

これ読んでくださいね。

「コロナウイルスPCR検査はコロナ以外のウイルス、細菌でも陽性になることがある
というデマについて (臨床獣医師の立場から)」
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/393.html

PCR検査がいい加減なものなら、これほど世界中で
利用されるわけがありませんね。

PCRがインチキだと言っているのは日本の工作員だけです。

26. 2020年11月04日 05:04:51 : iaL7UMbP5s : enJ6T3U5ZFZHSS4=[12] 報告
反対意見を工作員の工作と思い込む異常人格

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:他のコメント者、投稿者への文句を書いてあるだけのコメント(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)
27. 2020年11月04日 05:19:35 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[165] 報告
PCR否定厨も、自分に怪しい症状が出ると、
慌ててPCR検査を受けるんだよね。

爆笑問題・太田光や極楽とんぼ・加藤浩次みたいにね。

お笑いだ。

28. 2020年11月04日 06:29:53 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[1] 報告
>>24
ちょっと>>22>>24の話は噛み合っていないな。

>>22が指摘しているのは、現在のところ、実施可能なPCR法実施の民間システムとして、有用なものは無いという指摘だ。

一方>>24指摘のURLは、このようになっている。
>コロナウイルスの遺伝情報に秘められた機能を解明
https://www.ric.u-tokyo.ac.jp/topics/2020/0512.html
● さまざまなウイルスに由来するゲノム配列から、宿主細胞内でRNAの安定性を高める働きの強いウイルスRNA配列を発見する新しい手法を開発した。
● どのようなウイルス配列が細胞の中でのウイルスRNAやDNA分子の安定化を引き起こすかを、迅速かつ大規模に調べる方法はありませんでした。
● 本手法により同定した安定化配列を核酸医薬に組み込むことで、持続時間の制御に利用することも可能です。今後、合同研究チームはウイルスRNA配列情報を利用した核酸医薬の開発基盤を整備する計画です。
● 2020年5月12日

 これを@と呼ぶ。

>1病原体検出マニュアル2019-nCoVVer.2.9.1
https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200319.pdf
>2020年3月19日
>タカラバイオの技術者やPSSの技術者に同じことが言えるのかな。

 これをAと呼ぶ。

結論として、

⑴ @によってAが否定されている。
 >>24 は、A2020年3月19日のタカラバイオの検査キットを有用と主張しているようだが、@東京大学によって2020年5月12日以前の学説には瑕疵があることを発表されているので、>>24の主張は、タカラバイオの製品について東京大学が瑕疵を指摘したとの構成にしかなっていない。

⑵ 東京大学は、2020年5月12日時点において、正しくPCR検査が実施できるキットが無いと発表しているに過ぎない。
 2020年5月12日のこの発表以降、東京大学が開発した方法に倣えば、Covid19を同定できる検査手順を開発できる可能性を発表しているわけだが、これは現在、当該検査キットとして完成していないことを証明している。

⑶ 東京大学の研究発表に基づく検査キットとは、それに基づいた製品名が公開されていない。
 現在世界中で検査キットとなっているものとは、この東京大学が2020年5月12日の時点において、⑴で否認された中国発売元の検査キットに基づくものであるのではないか?
 もしも、2020年5月12日の東京大学の発表に基づく検査キットが、開発販売され、それが世界中のPCR検査が実施されているのなら、その製品名の発表と普及は、いつから行われているのか?

29. 2020年11月04日 06:52:17 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[2] 報告
ちなみに、CDCも行き過ぎたPCR検査が諸悪の根源と指摘している。
https://note.com/aoyama_masayuki/n/n785e0af8e7e2

CDCも「不要なPCR検査はやっぱり不要」

青山まさゆき
2020/08/27 13:51
今や新型コロナウイルス対策は,社会・経済活動とリスク低減をどう衡量させていくか,を議論すべきフェーズ。

政府の分科会委員押谷氏が日本感染症学会で提言されているところだ(「感染症学会での〜」)。また,安倍総理も感染症法上の分類を見直す可能性があると報じられているが,これもその議論の一環と捉えることができるだろう。

一方で,巷では相変わらず「PCR検査」を拡大しなければ何も始まらない,と思い込んでいる方が多く,厚労委員会でも最大会派野党議員が繰り返し政府に「無料で,誰でも」と迫っている始末。

皆さんご承知のとおり,朝のワイドショーで某薬学部教授とコメンテーターがPCR検査を絶対視するようなやり取りを繰り広げた結果,一部で「PCR教」と揶揄されるほどの状況が生まれていて,他の議論が疎かになってしまっているのだ。

そこで改めて述べる。

PCR検査に費用も労力もかからなければいくら拡げても別にいいが,1回のコストが数万円,採取や検査に結構手間がかかるときているのだから,医学的・疫学的に意味がなければ無闇にこれをやる必要はない。

そしてあの,マスクに対する評価を世界的に一変させた,感染症について世界で最も権威あるCDCの指針は,「症状のある者,濃厚接触者」限定,が基本なのだ。

Considerations for who should get tested

People who have symptoms of COVID-19
People who have had close contact (within 6 feet of an infected person for at least 15 minutes) with someone with confirmed COVID-19
People who have been asked or referred to get testing by their healthcare provider, localexternal icon or state health department.
Not everyone needs to be tested. If you do get tested, you should self-quarantine/isolate at home pending test results and follow the advice of your health care provider or a public health professional.

以下は機械翻訳。

「誰がテストを受ける必要があるかについての考慮事項

・COVID-19の症状がある人

・COVID-19が確認された人と密接に接触した人(感染した人から6フィート以内に少なくとも15分間)

・医療提供者、地域または州の保険局から検査を受けるように依頼または紹介された人々

全員をテストする必要があるわけではありません。検査を受けた場合は、あなたはテスト結果まで自宅で自己検疫/隔離し、医療提供者または公衆衛生専門家の助言に従う必要があります。」

つまり,@症状がある者,あるいはA距離と時間で限定された濃厚接触者,B医療機関や保健所から依頼された者,以外はテスト不要がCDCの結論。

ただし,CDCのこの指針については,改訂されたとされ「24日に更新されたCDCのサイトには、感染者と6フィート(約1.8メートル)以内で15分以上接触したが症状が出ていない場合、本人の重症者リスクが高いケースや、医師や、保健当局から指示されたケースを除き、必ずしも検査を受ける必要はないと書かれている。」と報道されているが(CNN),サイトを見る限り「濃厚接触者だが無症状」は除く,とされているようには見えない。

この報道に従えば,改訂前であればPCR検査を巡る必要性の判断は日本と同じ,改訂後であれば,日本より厳しい,ということになる。

同時に注目すべきは,このサイトに書かれているテスト検査が「陰性」であることの意義。

「陰性のテスト結果は、テスト時にCOVID-19を持っていなかったこと、またはあなたのサンプルがあなたの感染の早すぎる早期に収集されたことを意味します。また、テスト後にCOVID-19にさらされ、感染してウイルスを他の人に広める可能性があります。」

すなわち,「陰性」の結果が意味するのは,検体が採取されたその瞬間が陰性,というだけの話。その次の瞬間は陽性かもしれない,というわけだ。

したがって,疫学的見地からも,いくら検査数を拡大しても,閉鎖された全地域でそこの全人口に対し,同時にやるのでなければ根絶できない。陽性者に対する追跡・隔離が徹底できれば多少の意味は出て来るが,これも無闇に拡大すれば,逆に医療機関や保健所のパンクを招く。先日の沖縄県がその例だ。

結局のところ,新型コロナウイルスであっても,他の感染症と同様,医療機関が必要とした場合に検査は行われる,それで十分なはず。

むしろ問題は「検査」が受けられないことではなく,「診療」が受けられないことにある。

そろそろ「世界がー」などとは言わず,冷静に考えてみてください。

30. 2020年11月04日 06:54:08 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[3] 報告
【問題は「検査」が受けられないことではなく,「診療」が受けられないことにある。】

正に真理と言えよう。

31. 2020年11月04日 08:17:43 : PyYft4XPWo : cXFIOU8vYmRTZXc=[1] 報告
いろんな定義がごちゃ混ぜになっている。

(問題1)
PCRは技術敵に絶対か?

(問題2)
PCRは運用として適切か?

主として、この2つの定義を混同して議論しているので、まともな結論が出るわけがない。

この中で、PCRは100%有効という議論と、PCRは100%無効という議論なら戦う余地はあるが、そういう議論は無い。

(答え1)
PCRは100%有効ではない。

ただし、一部に有用性を見つけているので、FDAはこれを認可している。
(100%意味がないとは言えない)

間違った議論@非症状の者までPCR検査でウイルス保有の特定が可能という説

キャリーマリスが否定しているのはこの事実である。

特にマリスは新型コロナの発生前に死去しているので、新型コロナに限らず、PCR検査でウイルス感染・非感染のいずれも判定できないと言っているだけである。

ここでの議論もそうだが、感染・非感染の特定とは、PCR検査にかける前のリバーストランスクリプション(RT)の時点で特定が終了している話なので、PCR検査で感染・非感染は特定されないものをPCR検査で特定するとの主張がなされることは100%間違っている。

ではリバーストランスクリプションにおいて、リバーストランスクリプションすべきcDNAについて、どのように、変質していくと言われるものを予測するのか?これに対しての答えが「できる/できない」の判断とすり替えられていて、PCR検査ではなくRT検査こそが感染・非感染を判定している主体と言えるのだ。

RT検査で感染・非感染を特定すると言えば概ね正しいのだが、なぜそれをPCR検査と言い張るのか、まったくもって不思議である。

では、Covid19のような変質型のウイルスを追跡予測にて保菌者認定することは可能か?

これは、はっきり言って「これから変質するものを特定することはできない」これが答えである。

しかし「これが変質したものだとのデータは蓄積されているので、そのデータに基づくものについては特定可能」これがFDAの判断である。

症例としてデータ化されたものは、その部分のみ保有の判断が可能だが、新たな変質に対する正しい判断は不可能ということなのだ。


(答え2)
これは絶対的に検査要求側が間違っている。

RT-PCRにおいての非陽性の判断とは、その瞬間非感染というだけで、以降において感染しないことを保障するものではないからだ。

次の瞬間、そのときの非感染者は感染してしまうかも知れないわけで、それを回避するなら、全人口が常にRT-PCR検査を受診し続けておらねば、この問題は解決しないことになる。

発症したと症状が現れた者とか、その濃厚接触者と定義できた者だけが受診すれば良い。
(芸能人の慌てて受診というのが実は正しい)

仮に、医療インフラが無限確保できているなら、すべての人が朝晩受診すれば良い。

しかしそんな医療インフラの提供は、予算・人員・施設すべてにおいて不可能である。

それを肯定すれば、医療提供体制は飽和し、医療インフラそのものが瓦解するというのは当たり前の話である。

これは、予算もなく行政サービスを公約する共産党・旧社会党系の、頭の中に花でも咲いているめでたい人種にしか思い付かない空輪であって、現実に、金をかけて・人が働き・医療機関を交通網を含めて確保できる前提も無く、それを要求する方がどうかしているとしか言えない。

もしも検査要求するなら、予算案・人員確保方法・実施検査機関の特定を、提案としてまとめた上で、それが実施可能と要求すべきである。

32. 2020年11月04日 08:18:24 : PyYft4XPWo : cXFIOU8vYmRTZXc=[2] 報告
技術敵にx

技術的に◯

33. 2020年11月04日 08:27:40 : PyYft4XPWo : cXFIOU8vYmRTZXc=[3] 報告
この共産党の主張を真に受けて、実施してしまった県がある。

沖縄だ。

わずか数週間で沖縄の医療体制は崩壊して、実際の傷病者に対する医療提供サービスは失われてしまった。

徐々に回復してきているが、それは過剰なPCR先行受診を停止したからである。

この沖縄のような前例があってなお、PCR検査請求強要を続ける連中とは、本当に中国とか韓国のスパイに違いない。

34. 2020年11月04日 09:59:33 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[167] 報告
>>29
>ちなみに、CDCも行き過ぎたPCR検査が諸悪の根源と指摘している。

検査数世界159位の日本で行き過ぎた検査はないね。

日本はもっと検査数を増やさないければいけない。

35. 2020年11月04日 10:13:38 : A1K4SLe76U : ZUhSOEYzMk83bjI=[2] 報告
>>34
論点が違うだろ?

日本で発症者に対して、それを拒否する医療機関は、受診機関である以上存在しない。

>>34は非発症者を受診させろと言っているだけなので、非発症者に対し受診を強要する正当な理由を言わねば、ただの言いがかりとしか言えない。

36. 2020年11月04日 11:08:05 : A1K4SLe76U : ZUhSOEYzMk83bjI=[3] 報告
FDAがPCRを適用と認めたのは異例のことで、PCRとは以下8つの理由によって、感染の診断に相応しくないとは常識だ。

http://www.naro.affrc.go.jp/org/niah/disease_byosei-kantei2016/notes_diagnosis04.pdf

(3) PCR の欠点と限界

@PCR は少量の検査材料で行うことができるが、臓器、組織など生体材料を検査に 用いる場合、採材部位や材料の前処理によって検出率が異なり、陰性であっても 生体全体に対して病原体の存在を否定できない。
(@の重要点 陽性を陰性と誤認する可能性❶ 生体材料によって検出方法が異なるため、普遍的検査キットを使用する現在の方法がそもそも不向き)

A増幅には限界がある。理論上は通常のConventionalPCR(後述)で25または30 サイクルで理想的に反応が起きた場合、それぞれ 225(約 107.5)または 230(109)倍 に増幅されるが、実際にはその途中で反応阻害物の生成などにより反応効率が低 下するため増幅には限界があり、核酸が検出可能な量にまで増幅できない場合に は陰性となる。増幅した核酸を電気泳動などで検出する場合、一般的には被検材 料中に 10 個から 100 個以上の標的核酸(DNA)が存在しないと再現性良く検出で きない。したがって、PCR の結果が陰性であったとしても、病原体の存在を否定でき ない。
(Aの重要点 陽性を陰性と誤認する可能性❷ 陰性の定義が「少量」ということであるので、増殖性質のものなのに少量であるからと言って=不在ではない)

B血液・糞便など生体材料を検査に用いる場合、検査材料中の阻害物質の影響を 受けることがある。したがって、予めそれらの阻害物質を除く精製作業が必要なこと があるが、それでも完全ではない。また、検査材料の保存状態や凍結融解の回数、 核酸精製の方法・条件などは PCR の効率および結果に大きな影響を与えることが あるため、予備的な検討を行うことが望ましい。
(Bの重要点 陽性を陰性と誤認する可能性❸ 前項Aの少量の定義は、さらに保存状態によって増幅に影響する誤差が大きすぎ、診断と呼ぶには不確実性が高すぎる)

C病原体は活性を失っていても、標的となる核酸が存在すれば反応は陽性となるた め、病原体の生死を判別できない。
(Cの重要点 陰性を陽性と誤認する可能性❶ 核酸さえ存在するなら高確率で偽陽性判断につながる可能性がある)

D陽性対照からの汚染、あるいは以前の検査や実験など検査中の汚染による誤った 陽性の危険性がある。また、検査材料由来ばかりでなく、緩衝液やポリメラーゼ等に 至るまで使用する試薬への核酸の混入が誤った陽性を招く危険性がある。特に、 PCR 産物には高濃度の核酸が含まれており、その試薬類への混入は容易に偽陽 性を引き起こし得るため、検査後の PCR 産物の取扱いには注意が必要である。
(Dの重要点 陰性を陽性と誤認する可能性❷ 検査材料や緩衝液をまったくゼロに初期化することは物理的に不可能なので、1体の陽性が後続の検査媒体を陽性と特定してしまう危険)

E病原体が同定される以前の陽性反応では、たとえ予想される長さの断片が増幅さ れても塩基配列を確認するまでは病原体の証明にならない。
(Eの重要点 陰性を陽性と誤認する可能性❸ そもそも陽性反応のウイルス媒体自体に、発病性があるとの定理が不在)

FConventional PCR では定量ができないため、ウイルスや細菌などで一過性の存 在や保菌をその病態の病原因子と見誤ることが危惧される。PCR は他の検査法と 比較して、抗体価や臨床像との相関が低いことも多いので注意が必要である。
(Fの重要点 陰性を陽性と誤認する可能性❹ 抗体価・臨床像との相関が低いとは、既存の症病に無いものを全て拾う可能性があることで、病原性の無いものまで陽性数値を返してしまう可能性)

Gプライマーの品質は重要である。信頼のおける製品を用いるとともに、ロットを変更 する際には予備的な検討を行うことが望ましい。
(Gの重要点 陰性を陽性と誤認する可能性❺ そもそも検査キットの信用性が乏しい)

37. 2020年11月04日 11:12:29 : A1K4SLe76U : ZUhSOEYzMk83bjI=[4] 報告
要は経費対効果の問題なのだ。

1 このように不確実性が高く、誤診の濫発につながる傾向が否定できないものについて、

2 莫大な行政予算を浪費し、医療機関が従来でも逼迫している傷病人の手当てをほったらかしにしてまで、

3 さらに異常なまで経済封鎖の実施を伴うことで、多くの失業者や廃業者を産んでまで、

PCR検査の先行実施を行って何の利があるのか、そういう問題としか言えない。

38. 2020年11月04日 12:43:28 : A1K4SLe76U : ZUhSOEYzMk83bjI=[5] 報告
※PCR検査の目的自体、ウイルスを同定/特定するための検査ではないからね。

※すでにウイルスが同定/特定され、
※それを単離できており、
※その単離されたウイルスによる症例が他でも既遂している。
(Covid19なら病死体から同じウイルスが必ず検出される)コッホの原則

※その前提において、ウイルスの活動記録に100時間要していたなら、それを3時間で観察記録が取れるようにした発明= PCR法だから。

※言ってることの順番が逆、PCR法によってウイルスの同定/特定も、単離もできず、それ等が先に終わっているものだけがPCR検査にかけられる。

39. 2020年11月04日 13:56:59 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[170] 報告
PCR検査数が世界第30位で、検査を増やすかどうか
という議論ならともかく、159位ではやっていないも同然。

問題外だよ。経費対効果もクソもない。

40. 2020年11月04日 14:19:58 : OjNapUaKUQ : WGZzMUZBdkUuWDY=[1] 報告
WUJzR2JRUlFERkE=バカなのか?

日本の検査数が少ないとは、そもそも疑わしい分母が圧倒的に少ないということ。

症状が無い者に受診させる意味は無い。

日本で症状がある奴は100%検査を受けているだろう。

ちなみに症状がある奴の濃厚接触者も100%検査を受けている。

受けていないのは症状が無いからだ。

もしも症状があるのに、受診できない奴がいるなら、その時はじめてその抗議は当たっていると言える。

しかしWHOもCDCも、症状が出ておらねば受診を控えろと言っている。

症状が出ている当人がいないんだから受診数が少なくて当然だ。

41. 2020年11月04日 16:02:01 : F4gjeaU2DI : VTZyL2RQa09kdjI=[147] 報告
こりゃトランプが勝ったな。

テキサスの38人をトランプが取った。

現在バイデンが224-213でリードしているが、この後バイデンがリードしていて取れそうな州は、メイン(4)とアリゾナ(11)しかなく、239人の選挙人しか確保できない。

トランプは、アラスカ・ジョージア・ウィスコンシン・ミシガン・ペンシルバニア・ノースカロライナと50%以上の得票で有利に進めている。

このうち接戦はノースカロライナだが、ここの選挙人は15人で、バイデンがとっても254までしか届かない。

トランプはノースカロライナを落としても286-254の勝利、取れば301-239の圧勝だ。

当然コロナ対策も、過剰対策のバイデン方式ではなく、軽視のトランプ方式に準じた政策となりそうだ。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

42. 2020年11月04日 23:06:19 : sjK5dy5SOg : bkw5LmhRMUNrVFk=[5] 報告
支離滅裂のコメントは無視して反論する まず
>>22
もしもPCR検査が効果をあげていると言うなら、特定されたCovid19のパターンを示すことができるはずである。
特定されたCovid19のパターンについての説明を書いたつもりだか?

オ−プンソ−ス 感染経路と変異の履歴
https://www.gisaid.org/epiflu-applications/phylodynamics/

ここで変異した箇所と変異しない箇所を示した

コロナウイルスの遺伝情報に秘められた機能を解明
https://www.ric.u-tokyo.ac.jp/topics/2020/0512.html

ここでは重要なのはARSコロナウイルスに由来する21種類の安定化配列と、COVID19に変異してその後より強固な安定化配列が形成されている解説と更に変異する箇所

病原体検出マニュアル2019-nCoVVer.2.9.1
https://www.niid.go.jp/niid/images/lab-manual/2019-nCoV20200319.pdf

この解説でCOVID19の遺伝子領域2か所、open reading flame 1a (ORF1a)およびspike(S)(この箇所はオ−プンソ−ス 感染経路と変異の履歴でどの箇所か確認できる)


このコメントを書いたのは特定されたCovid19のパターンを示した例で、他のインフルエンザやウイルスとは別の固有のパタ-ンで、ウイルスが検出されれば特異点は100%の精度、ただし発病するかは別の問題。

タカラバイオの技術者やPSSの技術者に「御社のPCR自動検査機は普通のインフルエンザも誤検出しますね」と質問できるかと聞いている

43. 2020年11月04日 23:23:25 : sjK5dy5SOg : bkw5LmhRMUNrVFk=[6] 報告
>>41
これは混迷するよ。

23時現在 Joe Biden 238 Donald Trump213
Joe Bidenはあと32
アリゾナ州 選挙人 11人 Biden優勢
ネバダ州  選挙人 6人 Biden僅差優勢
ミシガン州 選挙人 16人 Biden僅差優勢

ジョージア州も郵便投票の集計待ち逆転するかもしれない。

ここを取れば271人コロナの影響で郵便投票が増えかなりの影響が出た。


[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

44. 2020年11月04日 23:52:40 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[171] 報告
>>40
>日本で症状がある奴は100%検査を受けているだろう。

は?ニュースを見ていないのか。

有名人でもないかぎり、一般人は怪しい症状があっても
なかなかPCR検査を受けられない。

尾身さんも、感染者数は感染者数は報告の何十倍もいることを
示唆している。

「実際の感染者数、報告の何十倍かはわからず
=尾身・専門家会議副座長 (ロイター)」
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/339.html

45. 2020年11月05日 10:12:37 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[4] 報告
最新の告知
https://business.nikkei.com/atcl/gen/19/00110/101600056/

政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会会長の尾身茂氏(地域医療機能推進機構理事長)は10月14日、横浜市で開催されたBioJapan2020というバイオ産業のイベントで基調講演を行った。日本の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策は「準備不足の状態で始まったが、医療関係者、保健所スタッフ、一般市民の協力のおかげで何とかここまでしのいできた」と語った。


講演で尾身氏が特に時間をかけて説明したのはPCR検査に関してだ。「今よりもっとPCR検査を充実させるべきだというコンセンサスはできている。ただし、増やしたキャパシティーをどういう目的で使うのかという点にはコンセンサスができていない。費用負担の問題や、感染者が見つかった場合にどうするかなど、国民的なコンセンサスを得るべきだ」と指摘した。

 PCR検査に関して尾身氏が強調したのは、「PCR検査を増やした結果、感染を抑えられたという証拠がない」という点だ。まずPCR検査の性質として、感染3日後から約3週間は陽性が続くが、実際に感染性を有するのは感染3日目から12日間程度で、PCR検査で陽性が出る期間のうち感染性があるのは半分程度、つまり、誰にでも検査を行った場合、陽性者の約半分は感染性がないと考えられることを紹介した。

 その上で、「症状がある人が検査を受けられないという状況はあってはならない。有症状者には最優先で検査を行うべきだ。また、濃厚接触者や発生したクラスターに関わっている人など、症状がなくても感染リスクが高いと考えられる人に対しても、徹底的に検査をすべきだ」と述べた。

検査数増で、感染を抑え込めた証拠はない

 感染リスクが低い無症状者が検査を受けることに関しては、「経済活動に参加できるよう、安心のために検査を受けるというのは理解できる」としながらも、「感染拡大の防止には役立たない」と指摘。各国における検査数と感染者数の比較や、経時的な変化を分析したデータを示しながら、次のように述べた。



[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

46. 2020年11月05日 10:18:47 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[5] 報告
この問題に結論は出ている。

WHOもCDCも、無症状者の受診は、医療機関への負担を強制するだけでなく、知識のない人に無用の心理的心傷を与えるばかりで、100害あって1利もない。

日本には、コロナ感染者を疑い、症状があるにも関わらず受診しない者を、民間の非公務組織が炙り出していびり倒す傾向まである。

すでに症状の出ている者は受診機関で受診していて、非症状者をデマで釣っている犯罪者が日本の中にいる。

そしてデマを信じた多くは、非正規の医療機関で受診というヤブ医者行為が行われている。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201020/k10012672111000.html

新型コロナウイルスのPCR検査をめぐっては、感染が疑われる人などに対し、感染症法に基づき公費で「行政検査」が行われる一方、ビジネス目的の渡航などでのニーズの高まりを受け、症状がない場合でも希望する人の検査を行う民間企業の参入が相次いでいます。

田村厚生労働大臣は、記者会見で「『行政検査』ではないため、陽性であっても保健所に届け出る法律上の制度になっていない。中には、医師が入っていない検査もあり、専門家からも『何らかの対応をすべきではないか』と提言をもらっている」と述べました。

そのうえで「どれくらいの検査が行われ、陽性が出た場合に医療機関に診断を受けるよう通知してもらっているのかも分からない。専門家の意見を聞きながら、早急に何らかの仕組みを作るよう検討したい」と述べました。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

47. 2020年11月05日 10:22:32 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[6] 報告
スウェーデンは、世界中で使用されていた中国のPCR受験キットの瑕疵を発表した。
https://news.so-net.ne.jp/article/detail/2047400/

>2020年9月1日、観察者網は、スウェーデン政府が「中国製新型コロナウイルス検査キットに欠陥がある」と発表したことについて、その「真相」を紹介する記事を掲載した。

>記事によると、スウェーデン公衆衛生局が8月25日、「中国の深セン華大基因から輸入した新型コロナ検査キットに欠陥があり、サンプル調査の結果3700件の偽陽性が出現した」と発表した。

>記事は「これまでにも海外で中国の検査キットを使用した際の不具合が報告されてきたが、いずれもが使用方法の誤り、あるいは中国政府が許可していない業者からの購入によるものだった」とし、今回取り沙汰された深セン華大基因の検査キットについては、3月に米国当局で緊急使用ライセンスを、5月にはオーストラリアでも使用許可をそれぞれ受けており、広く使用されてきた実績があることを紹介した。

>そして、中国中央テレビ(CCTV)が31日にこの件を報じた際、ストックホルムにあるカロリンスカ研究所感染症センター責任者であるLars Engstrand氏が「このキットの感度は、陽性症例をひとつ残らず検出できるほど高い。それは一方で、いわゆる『偽陽性』が発生する可能性があることも示している。感染状況が変化し、現在社会における感染者が比較的少ない中では、感度(感染者に陽性反応が出る割合)を下げることで偽陽性の出現を抑え、真陽性だけを検出できるようにすべきである」とし、社会の全体数に対する感染者数が比較的少ないと想定される中で感度の高い試薬を用いたため、多くの偽陽性が検出される結果になったものであって、製品の品質自体の問題ではないとの見方を示したことを伝えた。

https://www.recordchina.co.jp/b796886-s0-c10-d0063.html?utm_source=sonet
>2020年4月9日、台湾メディアの自由時報によると、中国から調達した新型コロナウイルスの検査キット350万個が効力を発揮しなかったとして、英国政府が返金を要求する見通しだ。
記事はこの問題に関する現地メディアの報道を紹介。それによると、検査責任者からは「中国から購入した検査キットは症状が重い人にしか使えず、軽度の人や無症状の人には向かない。大々的に広めるのに値しない」との説明があったという。



[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

48. 2020年11月05日 10:25:37 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[7] 報告
中国が世界中に蔓延させた、PCR受験キットの偽陽性問題は、このように賠償問題になっている。

大量の返品不良在庫が発生している。

※そして、この大量の返品不良PCR受験キットの出現と正比例して、※日本には民間のPCR受験機関なる、ほとんど暴力団でも運営しているとしか言えない組織が出現しはじめた。

※この最大の主張が「 日本政府はPCR検査を邪魔している+PCR検査が絶対だ 」という悪質なデマなのだ。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

49. 2020年11月05日 10:40:58 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[8] 報告
>>42の言い分は明らかに異常だ。

私は>>28において以下指摘とした。

【タカラバイオの製品説明は2020/3/19だが、東大の「今まで_方法は無かった」との発表は2020/5/12である。この事実は、タカラバイオの説明は東大の指す「今まで_無かった」に含まれるので、タカラバイオの製品の絶対性は東大によって否定されている】

>>42引用は、東大が正しいならば、タカラバイオが誤りであり、タカラバイオが正しいならば東大が誤っているということなので、一つの説に相反する内容を披露しているため>>42が為すべきは、まず自分の主張の整理であるはずだ。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

50. 2020年11月05日 10:59:07 : ZDGy7vhclI : M3lQeDJ1bHZIOVk=[1] 報告
人口280万人の大阪市のケース
かつて24あった大阪市の保健所は現在たった一つ
感染症対策の職員は56名
何の伝もない一般市民が保健所と連絡がとれるのは奇跡に近い


需要高まるコロナ自費検査、厚労省が情報まとめ公表へ
https://www.asahi.com/articles/ASNBX6W1TNBXULBJ00K.html

>民間企業や診療所など、実施機関の数もわかっていない。

即ち、保健所は保険適用外の陽性者の数は全く把握していないと言っているのと同じ
現在厚労省が公表している感染者数は保険適用の感染者を保健所が把握したものがほとんど

51. 2020年11月05日 11:53:07 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[9] 報告
>>50
アホじゃね?結局、金も払わず、その場の傷病者も無視して、己の検査を優先しろとか言ってる反社会的人物像をした異常者が、相手にされてないだけだよ。

コロナかも知れないという無症状者の、病院への殺到による医療機関の飽和状態を防いでいるだけ(そうしないと本当に傷病者に死人が出る)なので、通常の受診で感染の可能性があれば、病院側が全部手続きします。

濃厚接触者は、その告知で保健所などで受診手続きするので、保健所などで拒否られてる連中とは、無症状なのに保険で無料の検査をさせろと言ってるバカが門前払いを受けてるだけ。

そのほか、実費支払えば無症状者であっても受診可能(例 共産党の病院である協立病院など)。


[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

52. 2020年11月05日 12:28:15 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[10] 報告
協立病院は全国にあるから、実費払って受診したければ、誰でも受診可能です。

>>47に示したけど、欧米で受診陽性を受けている連中は、中国の受験キットに瑕疵があって、コロナでないものまで陽性反応を診断しているため多いだけで、実際の感染数は不明。

もしかしたらゼロ(PCR検査特有の一定数量以下は検出があってもゼロと扱うにならうなら)すら有り得る。

ただの中国発のデマ騒動。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

53. 2020年11月05日 12:31:51 : pmsHuQliFj : cDE3QWV6UGtLa2M=[11] 報告
これが、昨年までの通常死因が世界中から消え去って、何故か代わりに新型コロナによる死亡であるかのように、死者の死因が大半において擦り変えられた経緯だよ。

イギリスはじめ、諸国はこれからバンバン中国を訴えるだろう。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

54. 2020年11月05日 22:36:50 : sjK5dy5SOg : bkw5LmhRMUNrVFk=[7] 報告
>>49

この論文を熟読することをすすめる

コロナウイルスの遺伝情報に秘められた機能を解明
https://www.ric.u-tokyo.ac.jp/topics/2020/0512.html

>どのようなウイルス配列が細胞の中でのウイルスRNAやDNA分子の安定化を引き起こすかを、迅速かつ大規模に調べる方法はありませんでした。

安定化配列と変異する箇所を迅速かつ大規模に調べる方法がなかったと書いてあり、PCRのことは一言も書いてない。

55. 2020年11月06日 13:41:48 : x4B1i3bfVs : cHpCQnk2eHZpN2M=[2] 報告
相変わらず魑魅魍魎は、自分が論破された相手を黒塗りにして、自分の主張のみ羅列させるばかり。

こんな奴にスレッドを立てさせていては、阿修羅の信用は堕ちる一方だろう。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:他のコメント者、投稿者への文句を書いてあるだけのコメント(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

56. 2020年11月08日 18:42:21 : FDzvEtnMSE : VmJuOTh2NDI1TUE=[13] 報告
そもそも CVID19など存在しないというのが事実。陽性と言われた者誰1人としてCOVID19の病原体など取り出されてはいない。コッホの4原則さえ満たされていないのにそれでCOVID19が実在すると言えるか?
全世界で感染者数、死亡者数も通年のインフルエンザよりも少ない。毎年のインフルエンザで日本は1000万人感染し3500人死ぬ。
日本のコロナといわれる感染者数・死亡者数はインフルに比べどうだ?緩いインフルエンザの状況と何も変わらない。

頻繁にコロナ感染者、死亡者と作り上げられたコロナ状況統計表を大々的にメディアに撒き散らしているのでさも大事と思わされてるだけ。実態はPCRパンデミックだ。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:この投稿に対するコメントとしては場違い。別の投稿にコメントしてください。(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

57. 2020年11月13日 02:28:50 : sUpHQ8Q75g : TzR2aVBha0pPeGc=[339] 報告
>>55

黒塗りといってもどこかの亡国官僚がやってるほど高度な隠蔽じゃなく、誰でも閲覧可能なんだから、信用を失ってるのはスレ主【魑魅魍魎男】に他ならない。
反駁できないから非表示にしたつうことが一目瞭然だからね。
一般人には分かり易さが重要だしスレ主【魑魅魍魎男】はそれを実践してるんだよ。自分を犠牲にして一般人に何が本当か知らせようとしてるなんて有難いじゃないか。


>>56

その通り!
PCRマンセー工作員は自分の五感と脳味噌で理解する能力を失った者を騙すだけで目的を達成できると踏んでるんだろう。
その目論見を木っ端微塵にするってのも楽しそうだよ。


[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

58. 2020年11月13日 06:32:59 : 5M57i6RQAo : WUJzR2JRUlFERkE=[202] 報告
ここまで、キャリー・マリスが「ウイルスの特定にはふさわしくない」と言った、
という証拠は全く示されていない。
59. 2020年11月14日 03:14:26 : sUpHQ8Q75g : TzR2aVBha0pPeGc=[337] 報告
>>58
> ここまで、キャリー・マリスが「ウイルスの特定にはふさわしくない」と言った、という証拠は全く示されていない。

その通り!
マリス博士は『ウイルスの特定にはふさわしくない』つう表現は使ってない。
なのでいつまで経っても博士が「ウイルスの特定にはふさわしくない」と言ったつう主張は出てこないし、出てきたとしたら誤解に基づくものでしかない。

博士自身もHIVウイルスの研究でPCRを使っており、その結果としてHIVウイルスが免疫不全症候群を起こすわけじゃないと主張するに至る。この主張はコッホの原則を満たしてないことを含むと思われる。

しかし投稿者は、博士が『PCRは研究・開発用にのみ用いられるべきで臨床の診断には使うべきではない』と言ったことは認めざるを得ないだろう。
記者とのインタビューでまさにそう答えてるビデオが残っており、今でもネットで視聴できる。

臨床の診断に使えない理由は簡単に↓のコメントに書いた。
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/399.html#c8


なので・・・

マリス博士が『ウイルスの特定にはふさわしくない』と言ったは本当か?
→正解:NO

マリス博士が『PCRを臨床の診断には使うべきではないと言った』は本当か?
→正解:YES

PCRを臨床の診断に使って陽性だと無症状者にも『感染者』のラベルを貼り、隔離したり濃厚接触者の洗い出しに社会的リソースを使うことは科学的でも合理的でもないのだ。

ではなぜ痴呆揃いであるはずのない有識者連中がこのことを無視し続けるのか?
PCRではないが『そこに政治の深い闇がある』ことだけは分かった。

[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:アラシかも(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

60. 2020年11月15日 01:49:07 : sUpHQ8Q75g : TzR2aVBha0pPeGc=[340] 報告
チミ(魑魅)は論破されそうな展開になると『アラシかも』を使って非表示にするんだな。
非表示にすりゃ何も無かったことにできると思ったら大間違い。


チミ(魑魅)の投稿やコメントへの信頼性は確実に低下する。


きっちり反論するしか信頼性回復の方法はないつうことに気付けよ。
残念だったな。


[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:他のコメント者、投稿者への文句を書いてあるだけのコメント(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊6掲示板  
次へ