★阿修羅♪ > 医療崩壊8 > 359.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
米国でイベルメクチン、ヒドロキシクロロキンを投与したメリル・ナス医師が免許をはく奪された (Stew Peters Show) 
http://www.asyura2.com/21/iryo8/msg/359.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 1 月 23 日 08:46:15: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

「US Doctors Targeted And Rounded Up: Biden Regime Will Force Life-Saving Doctors Into Asylums」
(Stew Peters Show rumble動画 字幕なし 2022/1/21)
https://rumble.com/vt17qy-us-doctors-targeted-and-rounded-up-biden-regime-will-force-life-saving-doct.html

* メリル・ナス医師(Meryl Nass)は、経験豊富な内科医で、炭疽病、バイオテロの専門家でもあった。

* ところが、COVID患者にイベルメクチン、ヒドロキシクロロキンを使い医師免許をはく奪された。

* 診療所は閉鎖、彼女の患者は途方にくれた。

* 彼女は、新型コロナワクチン、とくに子供への接種に反対していた。

* 免許と取り戻すには、精神鑑定を受けるよう要求された。
 政府の指示に従わないのは正気ではないと言うこと。
 これは、多くの反体制派を精神病院に送ったソ連と同じ手法である。
 (カナダではワクチン被害を指摘したDr.Bruchetが25日も精神病院に隔離された)

* 彼女は弁護士を雇って係争中。

* 昨夏から、医療関連機関がイベルメクチンやヒドロキシクロロキンを
 医師や薬局に処方しないよう通達、従わないと免許を取り上げると脅迫。

* これは法律に従っておらず、そういった制限を行なう権限もないのに、
 医師や薬剤師は免許を失っては大変と、脅しに屈している。

* これらの薬は、FDA承認済で実績もある。

* これらの薬を禁止する理由は、よくCOVID19に効くので、新型コロナワクチンを含め
 他の薬剤が不要となり困るから。

* もう一つの理由は、パンデミックを続けて、国民統制を続けたいから。

* 使用禁止の理由として、動物用イベルメクチンを使った例、ネットで入手したものを
 過剰摂取した例の二つを挙げているが、どちらも死んでおらず、医師に使用を
 禁止したからこそ起きたことで、使用禁止の理由にならない。

* 政府は、製薬会社も病院も儲かる高価で危険なレムデシベルを使うよう指示している。
 
------(要約ここまで)-------------------------------------

誰もCOVIDワクチンを打たなくなり、パンデミックが終わると非常に困るので、
米政府は必死になってこれらの薬の使用を禁じているのです。

それだけ、イベルメクチン、ヒドロキシクロロキンが予防・治療に有効であるということです。

何の法的な根拠もない免許はく奪の脅しも、遅かれ早かれ裁判所で否定され、
自由に使える日が来るでしょう。

そしてこの狂ったパンデミック騒ぎも終わるでしょう。


(関連情報)

「カナダ連邦警察は、退職した医師である内部告発者を精神病院に連行した (連新社)」
(拙稿 2021/12/17)
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/902.html

「東京都医師会、イベルメクチン投与を提言 重症化予防で (日経新聞)」 (拙稿 2021/8/28)
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/291.html

「アフリカで風土病予防でイベルメクチンを使用している国は、新型コロナ流行後、
死亡率が劇的に少ない」 (拙稿 2021/9/8)
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/360.html

「アレックス・ジョーンズ カメラの前でイベルメクチンを飲む」 (拙稿 2021/9/9)
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/363.html

「イベルメクチンに対するネガティブ・キャンぺーンがものすごい 新型コロナが治癒すると
困る連中が必死だ」 (拙稿 2021/9/9)
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/364.html

「僕が死んだら反イベルメクチンに殺られた、と思ってください (長尾和宏・長尾クリニック院長)」
(拙稿 2021/8/17)
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/227.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年1月23日 12:01:35 : I3QUOKUWqw : aG9vb0hFWEpteXc=[349] 報告

もしイベルメクチンが、COVID-19をはじめとする
急性ウイルス性疾患を治療する薬であると公衆衛生や
学術界で認められれば、ワクチンの研究開発はおろか、
ロックダウンや義務化の正当性も一夜にして消えて
しまうだろう。

そうなれば、コロナパンデミックは一気に終息します。

余談ですがイベルメクチンは、50錠でおよそ7,200円です。
3錠も飲めば熱も下がり元気になりますよ。


2. 2022年1月23日 12:24:40 : 5MnDWpUNqA : NHlwM1Z3ZjhnNmc=[1] 報告


これだけ、大資本薬屋輩と云うものは、どうして人命を盾にし、したい放題のことをするようになってしまったのか。このようなことが人間の尊厳に照らして許されてよいものかどうか、清濁さえも判別出来無くしてしまう金儲けなる欲望が、そうさせているとしか思えない状況を呈していることが、平に考えて分かろうと云うものである。

その大元には命を尊ぶがゆえに拓かれてきた物づくりの道では無かったのではないのか。しかるに。金儲けの為であれば、戦争も一種そのような側面を持つが、人命と云うものを、彼らの起こした物に執着した、あるいはしている欲望によって、本人達の利害に関わる以外の命は、本当に虫けらの如くと思っているかのようだ。安全を確認せずの発進は、その安全を待つまでの犠牲を遙かに超えてしまっているからだ。
実際、その他の安全な方法が在るし、それによって遙かに軽減させることが出来ている現実があるのだ。

本来、製薬の道は、医の道と一緒で、人間が生というものを得て、満足に生涯を全う出来るために寄与する出来る、あるいはさせえる崇高な職業で来たわけだ。しかし、どうしてリスペクトに値しないような、医者や製薬業がこのように大手を振って世間を闊歩するようになってしまったのか、そこまで人間の欲望には、際限というものが適用出来なくなって仕舞うほどに、脳の挙動が変質してしまったのかと、空恐ろしく思っているのは私だけでは無いと思う。
このような種々の所業によってそれが詳らかとなり、ここまで人間は、下になり得るのかと愕然たるおもいである。「欲望」と云うものは、実に恐ろしい人間にのみある業であると識ることが出来た。

且つ、このような悪辣な所行は、最早、真面な政とは云えない。俗に云う「パワハラ」パワー・ハラスメント以外の何物でも無い。仮に、百歩譲っても、正否が違っているが、【イベルメクチン】が彼らアメリカ政府の云う通りとしても、この薬は用法、用量を違えなければ、仮に所定の目標が達せなくとも、安心、安全な薬であることは証明済みのものなのである。実害は一切無いのである。

しかしながら、ここまでして、この【イベルメクチン】の使用者までの排斥すると云うことは、本当に【イベルメクチン】が、この疾病の特効薬であることを、逆に証明していることになるのだ。

いかに、現在、先進国と云われてる国々で、政に携わっている人間が、「濁」であることを見事に証明している結果である。いつまでこのバカ騒ぎをするつもりでいるのか極めて嘆かわしいことである。

3. 2022年1月23日 15:10:03 : Yss59esgeE : bEEvQ0FId01XUU0=[470] 報告
>>2
>しかしながら、ここまでして、この【イベルメクチン】の使用者までの排斥すると云うことは、
>本当に【イベルメクチン】が、この疾病の特効薬であることを、逆に証明していることになるのだ。

その通り。
大した効き目がないのなら、放っておくはず。

4. 2022年1月23日 15:54:56 : wEhvJJXZAM : S1BBbVBka1JScGc=[1] 報告
新型コロナウイルスを終息させたいのなら、一部の人を除いて、全国民に予防効果が90%のイベルメクチンを配布して、ワクチンでは成し遂げられない、集団免疫、この場合は擬似集団免疫を構築するしかない。アフリカの一部の国のように。
5. 2022年1月23日 19:08:02 : n4HqFXjRMA : OS9DaktEdVdoVWs=[2] 報告
アメリカに自由はあるか?民主主義はあるか?正義はあるか?
ずっと昔から答えは「否」である。
6. 2022年1月23日 20:27:12 : yQZx8IqFTs : V29sakE0aHJiUk0=[410] 報告
イベルメクチンの安全性は過去40年以上、30億人以上に服用実績を見れば全く文句なしだ。それで北里大学の大村智教授がノーベル賞をもらったのである。

それがアメリカでは、イベルメクチンは「馬の薬だから人が飲んだら死ぬ」と言って脅すばかりだ。まるで幼稚園児を脅すような話を繰り返すばかりだ。

一方、昨年中頃にワクチンが入手困難なインド・ウッタルブラデーシュ州やインドネシアなどの後進国では、ワクチンを待つわけにはいかないのでイベルメクチン承認して配布していた。その国ではイベルメクチンが功を奏して新型コロナが急速に沈静化したのは明瞭だった。それでもビックファーマと賄賂で繋がっている欧米政府はイベルメクチンを承認する気が全く見えない。

またイベルメクチンの効果は無限ではないので、インドでは昨年末からオミクロン株患者が増加傾向にある。ある地域ではイベルメクチンを再度配布を始めているのでにまたその明暗がハッキリ出るだろう。

私は例年、風邪を引くと医者から薬を貰って回復するまで1週間かかったが、イベルメクチンを飲むと数時間で効果が表れスッキリするので、その即効性には驚いている。

医療に関わる人間にとって安価で即効性のイベルメクチンが脅威なのは判る気がする。

今回の騒動で、医療業界が病気を意図的にバラまいて、高価な治療や薬を使わせるカラクリが見えて来た。

もちろん清廉な医者もいるのだろうが、多くは金の亡者だということがハッキリした。

7. 2022年1月23日 21:15:17 : A3F9FCeLTk : LlJkdWRXZUNEL3c=[1] 報告

2.<です。
数ヶ月前から2週間に一回、【イベルメクチン】を家族で服用している。息子は仕事の関係で、結構広範囲を車にて回り歩く。しかし、多発した処に関わっても、感染、発病も無い。私たち親も、そのような息子と同居なのだが、一切そのような兆候も無い。周囲では感染者もいる。知人が感染、発病した(デルタ株)。発熱し、胸苦しさを訴えていたが、条件が合わず入院不可の自宅待機。そこで、12mgのイベルメクチンを、用法、用量を確認して、2錠渡して上げた。結果2日で本復の電話があった。創り話しでは無い。但し、ワクチンでは無い、遷さない、遷らない為には、定期的に服用せねばならない。しかし、国民皆で服用すれば、アフリカ諸国のように、オミクロンにも感染しないし、インドのようにパンデミックもあっというまに終息するはずなのだ。ここまでの政府、マスコミの不埒な政や情報操作は許されないことだ。責任を摂らせなければならないと思う。

8. 2022年1月23日 21:59:50 : ql0e9KevKY : bUVqWFUwaXNWaGs=[161] 報告
イベルメクチンの真実1・日本の生物化学者、大村智さんが発見
https://checkitout.news/covid-19/the-story-of-ivermectin-1

イベルメクチンの真実2・ライター博士はコロナ患者にイベルメクチンを投与 
https://checkitout.news/covid-19/the-story-of-ivermectin-2

イベルメクチンの真実3・コロナの予防と治療に有効なイベルメクチン
https://checkitout.news/covid-19/the-story-of-ivermectin-3

イベルメクチンの真実4・奇跡的な有効性を示すデータがある
https://checkitout.news/covid-19/the-story-of-ivermectin-4

イベルメクチンの真実5・効果の立証結果がSNSから削除される
https://checkitout.news/covid-19/the-story-of-ivermectin-5

イベルメクチンの真実6・ファウチ博士とレムデシベルと製薬会社の関係
https://checkitout.news/covid-19/the-story-of-ivermectin-6

イベルメクチンの真実7・金銭的・研究的な利害関係が蝕む
https://checkitout.news/covid-19/the-story-of-ivermectin-7

イベルメクチンの真実8・大手企業がイベルメチンの効果を隠蔽した?
https://checkitout.news/covid-19/the-story-of-ivermectin-8

エリック・バーグ博士によるヒドロキシクロロキンの有効性とレムデシベルの比較
https://checkitout.news/covid-19/hydroxychloroquine-versus-remdesivir

10. 2022年1月23日 22:48:02 : yQZx8IqFTs : V29sakE0aHJiUk0=[411] 報告
>7さん、

6ですが、2週間に一回、予防に服用するのは多いような気がします。

自身の経験では喉が痛いなどの風邪の初期症状で空腹時12rを服用しても、数時間で症状が引いていきます。風邪(コロナ)の引き始めでの服用の方が効率的だと思います。

2週間に一回服用がずーっと続くと流石に副作用を心配します。大丈夫でしょうか?

11. 2022年1月23日 22:49:34 : qGwVE8iuQY : SmRrdE1oNXpDbm8=[1] 報告
今朝(23日)、朝日新聞朝刊にボーイング737MAXの記事が載っていた
ボーイング737MAXは二度も操縦不能で墜落している ボーイング社は
株主に利益を優先分配するために(経営者にも分配される)開発費をケチった
そのため不安定な飛行機を、従来あった飛行機を改造して飛ばした
テストパイロットも危険性は知っていたがみんな口をつぐんだ
 
薬も同じなんだと思う 金、金の経営なんですよ 株主優待です
飛行機事故で死んだ人は死に損です こういう索漠とした社会に
何故なってしまったのか。 
12. 2022年1月23日 23:12:33 : A3F9FCeLTk : LlJkdWRXZUNEL3c=[2] 報告

>>10.さんへ
3ヶ月以上前から服用していますが、全く副反応はありません。他者との交流の多い仕事をしていますから、周囲に迷惑も掛けたくありませんので、用心の為にそのようなインターバルで服用しています。ご心配ありがとうございました。完全に2週間のインターバルではありませんので大丈夫です。
この薬は、許容力が大きいのであろうと思っています。FLCCCのチェックでも、種々の疾病に効力があるのが分かって来たようです。素晴らしい薬なのです。
13. 2022年1月24日 00:02:47 : X39A5PLOyI : ZjRlbjJVNUZZdDY=[40] 報告
イベル12mg、3日に1錠の間隔で服用している。
目的はコロナなどではなく、癌予防とか慢性病から
の回復である。すでに50錠は服用している。
特段、副作用は今のところない。

14. 岸田はシュワブ陣営[1] it2TY4LNg1aDhYOPg3WQd4lj 2022年1月24日 00:48:01 : hyGRhJQIZw :TOR U1NBSWtuZlFDUDY=[27] 報告
[グレート・リセット]・・・・

>資本主義と民主主義をリセットし、

>全体主義的な

>高度管理社会への移行の実現

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ダボス会議_岸田首相特別講演

岸田首相のスピーチ

【五爺】を2年程度カバー率9割引き上げ・、早期で海底ケーブル3年程度で整備・・・

【光ファイバー】【五爺】を国が率先して整備、【スマート農業】・オンライン教育
【国の内外からの投資を歓迎】・・・


「今、我々は、グレート・リセットの先の世界を描いて行かなければなりません」


気候変動・・・
https://rumble.com/vt1yn4-48800416.html
岸田文雄首相| ダボス・アジェンダ2022
https://www.youtube.com/watch?v=TTYNw0BtXfA
岸田首相のスピーチ(令和4年1月18日)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/100291106.pdf

15. 2022年1月24日 00:54:22 : Yss59esgeE : bEEvQ0FId01XUU0=[471] 報告
>>11
>こういう索漠とした社会に何故なってしまったのか。 

新自由主義のおかげですよ。

昔は今より監督省庁がしっかりしていたから、こういった不正、事故は起こりにくかった。

今は、政府と企業が一体になって悪事を働いていて、何でもありだから、
とんでもない事故、悲劇が起きる。

新自由主義を排し、世直しをしていかなければなりません。

「1986年、ワクチンメーカーを免責する天下の悪法『全米小児ワクチン傷害法』が制定され、
それから大規模で悲惨なワクチン禍が始まった」
http://www.asyura2.com/21/iryo8/msg/140.html

16. 2022年1月24日 01:21:15 : Yss59esgeE : bEEvQ0FId01XUU0=[472] 報告
「イベルメクチンやヒドロキシクロロキンのような有効な治療薬があるのに
故意に使わなかった」ということで、遺族が、政府、医師、病院を訴える訴訟が
これから多発するだろうね。

被告側は苦しい立場に追い込まれるだろう。

これらの薬を禁止した明確な理由はない。
まさか、「ワクチンが売れなくなるから禁止しました」、と本当のことは言えない。

17. マクロンのヒトラー化[1] g32DToONg5OCzINxg2eDiYFbibs 2022年1月24日 02:29:27 : rJtQLKmOZ2 :TOR ZFAyendTNWJrUGM=[4] 報告
クロアチア欧州議会議員が、マクロンに鉄槌(ネットの声)

「マクロン大統領、今日あなたはヨーロッパに死刑がないことを誇りに思っていると言った。しかし、ワ◯チ◯の副作用で数万人が亡くなった。ワ◯チ◯義務化は、多くのEU市民にとって死刑判決だ。殺人は殺人だ」

「クロアチアの欧州議会議員ミスラフ・コラクシックは、EU議会サミットでフランスのエマニュエル・マクロン大統領と直接対決し、彼の強権的なワ◯チ◯義務化命令を死刑になぞらえた」

「クロアチアのコラクシッチ議員は、マクロンのワ◯チ◯は死刑と同じであると主張し、ワ◯チ◯接種で死亡した数を引用した」

「ワ◯チ◯接種の義務化は死刑に等しい」

「クロアチア議員ミスラフ・コラクシックがフランス大統領マクロンにワ◯チ◯接種の義務化で市民が亡くなっていると指摘」

18. 2022年1月24日 06:54:48 : kbxG9x9y56 : UTF3S0MxcWNqck0=[33] 報告
発症している症状を緩和するなら、禁じられるものあってはならない。

例え、セメンダインで手術痕を縫合するとか、そんなことでも、応急/救急に関する限り、不法行為より現在起きてることへ対応することが必要であるからだ。

しかし予防は違う。

根拠が必要だし、選択できる副作用の報告されない用法を取らねばならない。

この医師が免許を剥奪されることと、イベルメクチンが予防で使用されて良いというのは話が異なる。

抗生物質というのは、等しく免疫細胞の連絡網を遮断して、免疫力を低下させる。

抗生物質が効いたように見える病原は、免疫の過剰反応だからで、免疫減退が症状緩和に効果があるわけ。

抗生物質で人体が健康を取り戻しているわけではなく、抗生物質に頼る予防は避けねばならない。

19. 2022年1月24日 07:19:08 : kbxG9x9y56 : UTF3S0MxcWNqck0=[34] 報告
イベルメクチンを勧める声というのは、「敵の敵は等しく味方」という反動主義によるものだ。

ヒトラーが人類の敵だから、ヒトラーの仇であるスターリンは人類の味方だと言ってるようなもの。

どちらも人類の敵。

20. 2022年1月24日 07:21:40 : kbxG9x9y56 : UTF3S0MxcWNqck0=[35] 報告
少なくとも、「WHOが悪い、そしてWHO否定するからイベルメクチンが正しい」という論点に立つ全ての反動主義は、すればするほど滑稽なだけ。
21. 2022年1月24日 08:43:02 : GsgsfOF1bU : cHhJNVhwOG1WZnc=[1] 報告

>>19>>20 のように
「WHOは正しい」と盲信している人間。WHOの何が良くて、正しいのか。ビッグ・ファーマから多額の献金を受けている団体が、それを「無視」して行動出来ないから、「悪い、正しくない」言動を発するのです。

所謂、お上の云うことを、信じて疑わない人の言はこのようになる。実に哀れだ。居るのですね、「世の中はどの様になっているのか」と云うのを、地についてじっくりと観察し、考察せねばならないと云うことが出来。ない人が。そのような人に限って、大業な、高見からの言動をする。

22. 2022年1月24日 09:00:27 : GsgsfOF1bU : cHhJNVhwOG1WZnc=[2] 報告

21.<です。
少なくとも、【イベルメクチン】について、種々の情報を発信している人達は、何かに煽られて、>>19>>20 のように、その言動をしているわけでは無い。殆ど【イベルメクチン】に関する情報は、政府、マスコミから漏れてきて無いからである。煽られて云々等と全く無い話なのである。>>19>>20 は、このようなことも分からない。【イベルメクチン】については、個々が自分で、一所懸命情報を収集して発言しているのだ。尚且つ、自身で平衡輸入で、この薬を取得し、服用し、副反応有無についても実践し、その結果此の疾病に、遷らない、遷さないを実践していることを、このような場で報告、喧伝しているのだ。>>19>>20のように、さも分かったようなことを云っているのとは全く違う次元なのだ。
23. 2022年1月24日 11:15:43 : FQRC8CHzAY : MjZyenFyRmYudkk=[20] 報告
イベルメクチンがコロナに効くとか
コロナ予防になる。

だから、ワクチンを打つ必要ない。

じゃなくて、
ワクチンの内容物なんですよ。
分析なんか、簡単にもう出来てるくせに。
本当に子どもに打たせるつもりなんだろうか。

24. 2022年1月24日 11:55:50 : p1K9yjSIfs : UHdXUG9CL21VRWs=[1] 報告


>>23.さんへ 21<です。
「<イベルメクチンがコロナに効くとか
コロナ予防になる。

だから、ワクチンを打つ必要ない。>では無くて」

では、無くて、【イベルメクチン】は、この疾病の元凶を殺しているわけです。つまり、この薬を服用すれば、この疾病終わらせることが出来ると云うことになります。

ワクチンに本来の目的以外の問題が含まれているとすれば(陰謀論を脇に置いたとしても、不完全な薬品であることは明確です)、それはあなたの仰せられるように、大問題ですし追求せねばなりません。

しかし、一方この疾病を終わらせなければなりません。ワクチンとイベルメクチンを同次元で語る人が如何に多いかがわかるはずです。【イベルメクチン】は、ワクチンと違い本来の効力は、治療薬です。予防を旨とするワクチンとは基本的に違います。そのワクチンがこの疾病の終息に何の役割も果たしていないことが、バレバレになってしまいました。引き替え【イベルメクチン】は徐々に、確実に疾病の撲滅に寄与しはじめているのです(気付いた人々使い始めたからです)。このことを、このasyuraの上でも、個人個人が一所懸命情報を収集して、22.でも述べたように皆さんに伝えているのです。子供にも用法・用量をキチンと設定して服用させれば、本当に短時間で、この疾病の元を殺すことが可能なのです。

勿論、この不完全なmRNAワクチンを子供達に接種することは、由々しき問題を含んでいる以上異常と考えられます。ですから、早急にこれを中止し、治療と一部予防にもなる【イベルメクチン】を投下すべきと考えているのです。


25. 2022年1月24日 12:08:56 : p1K9yjSIfs : UHdXUG9CL21VRWs=[2] 報告

24. <です。
付け加えておきます。【イベルメクチン】は、この疾病に対して、<未承認><エビデンス不明>と云われていますが、経済レヴェルの低い発展途上国、貧困国では、【イベルメクチン】によってすでにパンデミックは終息させてているのです。数十年前から使用されている安心、安全な薬品です。この事実を、政府もマスコミも一切国民に知らしめようとはしていません。如何に悪逆かお分かりでしょう。

キチンとした治験も終了しない、安全性を確かめていないmRNA薬品とは、決定的に違うものがあるからです。

26. 2022年1月24日 12:41:40 : kbxG9x9y56 : UTF3S0MxcWNqck0=[36] 報告
アホか?>>25

コロナなんてのは、それこそ>>25が信用できないと言ってるWHOなどの捏造なんだから、それに効いてるわけないだろう。

ワクチンを接種させたいと思った連中は、たまたま新型コロナができた(が先で)、そこでワクチン接種で一儲けを思いついたのか?

そんなわけないだろ!

ワクチン接種で一儲けが目的なら、ワクチンを接種させられる原因を作らにゃ、ワクチン接種はさせられない。

>>25が言うように、WHOらがワクチンを売りたいなら、まずコロナが捏造でないと、そうでないとワクチン接種を目的のパンデミックになるわけないだろう。

そんなものに、特効薬なんてものがあるわけない。

病原体は存在しないものをPCR検査で「あることにしてる」だけなんだから、病原は無い、無いものに薬が効くわけないのだ。

27. 2022年1月24日 12:49:29 : p1K9yjSIfs : UHdXUG9CL21VRWs=[3] 報告

>>15.さんへ 24です。
正しく、新自由主義的資本主義の所為です。本当に一部の処に、僅かの輩によって、富が集約されてしまいました。日本では、日本会議なる利己主義者の集団が発信する政の中心と、同じ欲望の塊の資本が、グローバル化に必要だと云って、消費税を課し、カネを吸い上げ、現在のような経済の有り様にしてしまいました。すでに、そのようにしてきたアメリカの真似をしてきたのです。ビッグ・ファーマもその片棒を担いでいるのですね。従って、人間を人間とも思わずのこの様な悪さを平気でするのです。利己主義的欲望はこのように恐ろしいものであることを、大多数の国民は、日常に追われて、そのことを考えようとはしていないのです。ですから、それは選挙の結果に見事に反映されています。

40年以前、消費税の前、税の累進制を含めて、世界中から羨まれる程、日本は豊かでした。アメリカの目論見と日本の欲望迎合主義者(小泉に代表される)によって、日本経済は、自ら貧乏になるべく陥ってしまったのです。国民は、そろそろこの仕組みが、自分たちの物では無いことに気付くべきなのです。しかし、政治的考察に関する標準偏差の位置づけにいる大多数の国民は、このことを考えようとはしないのです。従って、それが引いては、今回のコロナ疾病まで繋がってしまうのです。

いつになったら、この呪縛から国民自身が解き放さされることが出来るのか、偏に教育に関わるのでしょうけれど、その教育そのものが、欲望迎合主義者の手に渡ってしまっているのです。大阪等その悪い見本です。

本当に国民一人一人がシッカリせねばなりませんですね。


28. 2022年1月24日 12:50:11 : kbxG9x9y56 : UTF3S0MxcWNqck0=[37] 報告
今の日本を見てみろ。

検査陽性者の大半は症状なんて無い。

症状も無いのにPCR検査が陽性だと言う。

これは、PCR検査が陽性と言ったって、そりゃ言われたウイルスが病原ではないことが証明されてるだけだ。

パンデミック発生時、日本にだって数少ない感染症専門病棟にしかPCR検査機は無かったのだから後進国なんてのは、PCR検査機すら無かった。

それを緊急導入して、どうやって使うかも何が陽性なのかも分からない状況で、日本のような交通手段も電子カルテも無く、電子カルテの基礎データとなる社会保障制度の整備もなく、次から次から検査をしてるというのが後進国の実態だ。

これで出まくった誤診なんだよ後進国の感染爆発なんてのは。

治ったんじゃなく、いつものインフルエンザをコロナに数えて、時期が来たから治ったものをイベルメクチンが効いたと言ってるだけだ。

29. 2022年1月24日 13:04:36 : p1K9yjSIfs : UHdXUG9CL21VRWs=[4] 報告

>>26. のように、「コロナはそもそも無いのだよ」と思って居る人もいます。しかしコロナと云う名称の疾病は無くとも、某かのそのようなものはあったのです。多くの方が亡くなっています(全ての人があなたの云うようにワクチンで亡くなってることは無い)。その疾病の改善に、少なくとも【イベルメクチン】のみを投下した国々で、これの効力が寄与されているのです。このような事実を知らないで、わめき散らす程の者は、相手にされないはずです。恥ずかしいことです。

30. 2022年1月24日 13:28:58 : p1K9yjSIfs : UHdXUG9CL21VRWs=[5] 報告


>>28へ. それでは、聞いてみよう。すでに、【イベルメクチン】が日常として投下されていたアフリカの諸国で、この疾病の感染者、発病者が殆ど出なかったと云う事実を君は、どう説明するのかね。

此の地域には、何かを撒き散らしてはいなかったのかい?。撒き散らかすのを忘れてしまったのだね。としか摂れないと思うのだけれど。

その頃、インドでは、デリー州で、一日に40万人もの大蔓延が起こってしまっていたのだ。ワクチンの代わりに【イベルメクチン】を多量に投下し、僅かの間にこれを終息させた。

説明してご覧よ。

31. 2022年1月24日 13:35:50 : pe7mhRtghY : cExUeXkvL3FoaEE=[115] 報告
いろいろ言われてるようだが、コロナの真偽とイベルメクチンを使用すべきか使用すべきでないかの議論は、明確に分離して討論した方が良いだろう。

私もコロナはデマだと、マリス博士の著述を元に確信するものだが、それは置いといて、今の日本で、イベルメクチンを使用すべきではない理由は1つしかない。

それは、日本でこれから起こるであろうグリホサートによる後遺障害についてだ。

突然の意識障害は、脳または心臓の血管障害、不整脈、てんかん発作によることが多く、生命に危険を及ぼす感染症から薬剤、肺や肝臓、腎臓などの臓器の機能不全までさまざまで、米国の救急外来での調査によれば、急性発症の意識障害例の最終診断は、脳神経疾患28%、中毒性疾患21%、外傷14%、精神疾患14%、感染症10%、内分泌代謝疾患5%。

そして、この意識障害に陥る原因として、グリホサートはその主因の1つと特定されている。

しかし日本のJAは、農家に対するグリホサートの推奨をやめない。

厚労省は、イベルメクチンの副作用として意識障害を明確に認定している。

この関係が理解できれば、日本人が意識障害を起こした場合、イベルメクチン服用の事実は、グリホサート原因の意識障害を訴えることができなくすることだと分かるはずだ。

32. 2022年1月24日 13:36:02 : p1K9yjSIfs : UHdXUG9CL21VRWs=[6] 報告

>>28へ.
君の云う、インドの疾病を、百歩譲って、インフルエンザとしよう。他の手立てを全く出来ない中で、【イベルメクチン】が投下された。と云うことは、【イベルメクチン】は、インフルエンザにも効くと云うことになる。素晴らしいではないか。どうだ。

33. 2022年1月24日 13:44:53 : p1K9yjSIfs : UHdXUG9CL21VRWs=[7] 報告

31. pe7mhRtghY : cExUeXkvL3FoaEE=[115]

ここへも出てきて又同じ事をいってる君。この前さんざ酷い憂き目にあったのに。

「厚労省は、イベルメクチンの副作用として意識障害を明確に認定している。」
また、国の代弁をして、嘘を垂れ流している。今までに、この様な事実は無い。強いて上げれば、用法、用量を間違えたと云うことであるが、アメリカの話を、厚労省が針小棒大に伝えているだけだ。それを君は、そのまま発信している。

34. 2022年1月24日 14:15:43 : pe7mhRtghY : cExUeXkvL3FoaEE=[116] 報告
https://nk.jiho.jp/article/165476
イベルメクチン、重大な副作用に「意識障害」  厚労省、3件の添文改訂指示
35. 2022年1月24日 14:24:37 : FQRC8CHzAY : MjZyenFyRmYudkk=[21] 報告
>23ですが、
ワクチン打つ意味ないですよとか
打たない方がいいですよって言っても、
子供の親として
イベルメクチンをTVが推奨しない限りは無理かなと思っただけです。
コロナにかかったらどうするの?とか
同じ部活でプレイできない、友達と旅行に行けないとか。

でもワクチン止めないといけない。
だから、大学のラボとかに頑張って
このワクチンとはと記者会見とか開いてもらいたい。
徳島大学はやってましたよね。ネットになっちゃったけど。
国立大学も私立大学も税金の補助入ってるんだから。
国からの補助は、国のものではなく、国民の税金です。

イベルメクチンについては本を2冊買って
個人輸入もしました。
私の娘はもう成人し就職しているので止められなかった。
(一人で暮らしているし・手錠買おうかと思ったが)
娘の2回目接種の時の恐怖、もう3日後には会えないんじゃないか
と思いました。

なんか、かつて、東京ディズニーランドを作った大金持ち7人みたいな人が
イベルメクチンのCMうってくれればいいなあ。

ワクチン接種を止めることがまず必要。これ絶対。
そのための策を早急に考えなければ。

36. 名も無く地位も無く[461] lryC4Jazgq2SbojKguCWs4Kt 2022年1月24日 15:24:18 : dM2XNiJgOU : bzlVUG1VMkNBTGs=[22] 報告
そもそも、コロナなんて薬を飲まずに寝てれば治るよ。治らないとしたらコロナ(風邪)ではなくて他の(毒を盛られた)病だね。枠珍を辞めて他の薬も極力辞めて(我慢できない場合は飲む)自己免疫力に委ねよう。
37. 2022年1月24日 17:40:08 : yQZx8IqFTs : V29sakE0aHJiUk0=[412] 報告
さて本日、Bingのアメリカのイベルメクチン関連記事が2件、引っ掛かった。

1.ニューハンプシャー州がイベルメクチンの処方を認めたこと。
https://www.nationandstate.com/2022/01/23/new-hampshire-pharmacies-could-soon-begin-dispensing-ivermectin-without-doctors-prescription/

2.フロリダ州レイクランド地域でイベルメクチンの治験を始めたこと。
https://www.theledger.com/story/news/coronavirus/2022/01/23/does-ivermectin-work-against-covid-19-lakeland-hospital-joins-national-study/6564282001/

今まで、イベルメクチンのポジティブなニュースを取り上げなかったアメリカで、流れが変わったような気がする。

日本政府はイベルメクチンの効果を判っているはずだが、属国日本は米国の顔色を窺っていた感がある。

ひょっとしたら日本もイベルメクチンの方針が変化する可能性があると見ている。

38. 2022年1月24日 17:56:30 : oYxtn6GhS2 : bXBwVkJHQWphRWs=[1] 報告

>>35. さんへ
本当に心配しますよね。結果的にワクチンは何度接種しても効かないことが分かってしまったし、この疾病は、ワクチン2回接種した人でも、東京都のデータのように、75%の人が再感染しているわけです。けれども、政府はワクチン接種を辞めようとはしません。挙げ句の果てに、【イベルメクチン】に似たメルク社の高額経口治療薬モルヌピラビルなるものを、アメリカが承認したと云う理由で、特例で承認する。【イベルメクチン】と云う薬がありながらアメシカに諂って、税金を使って購入すると云うことを平気でする。もう何をか況んやの状況なのです。アメリカが形だけ承認したものは無条件で承認する。日本初の素晴らしい薬でも、アメリカが承認しなければしない。素晴らしい実態があるのにです。しかし、

《この【イベルメクチン】が余程彼らにとって都合がわるいのか、一切政府は国民に知らしめません。マスコミも政府に諂って、【イベルメクチン】の情報を一切国民に知らせないのです。アメリカからの整合性の無い悪口だけは流します。》

2020年5月に当時の菅官房長官が、記者会見で、【イベルメクチン】について、「効力のあることを十分承知しています」と述べているのにです。しかし、アメリカの圧力で口止めされてしまったのです。もう、その後は、ワクチン一辺倒です。本当に問題のあるワクチンですから、止めさせなければなりません。

しかし、口コミで広がっている【イベルメクチン】によって、私たち家族、私の周囲でもこの薬によって、イプシロンにも罹患しないし、発病もないのです。このような話をすると、必ず政府の代弁者が、全く整合性の無い言を振りまくのです。しかし、私の周囲の人達は、自信を持って振る舞い始めています。

寝言は寝てから云えという風に、相手にしないことですね。


39. 2022年1月24日 18:08:12 : X39A5PLOyI : ZjRlbjJVNUZZdDY=[41] 報告
ワクチンシェディングというのがあって、ワクチンを打った人は

スパイク蛋白を周囲にばら撒いて、ワクチン非接種者を病気に

させている。またDSはケムトレイルに重金属の粉末混入し、大気中

にばら撒いている。ワクチンにはグラフェン、胎児の細胞、寄生虫

まで混入されており、殺人兵器、生物兵器なんだわ。この辺、知らない

人が多すぎる。

イベルはスパイク蛋白を無力化し、免疫力をアップさせ、パンデミック

を終息させる。細かいことをいちいち説明する余裕も時間もない。

いずれにせよ、イベルを使用している中央アフリカ、インド、中南米

諸国では遺伝子ワクチン詐欺パンデミックとは無縁だ。

40. 2022年1月24日 18:31:25 : oYxtn6GhS2 : bXBwVkJHQWphRWs=[2] 報告

>>37.さんへ
アメリカ自身も、もうどうにもならないことに気付いてはいるのですよ。しかし、バイデン政権には、ビッグ・ファーマから多額の献金がもたらされていると聞こえてきます。幾らデモクラシー原則論を再構築しようとしても、どうにも仕様がが無い状況に陥っています。これでは、【イベルメクチン】の出る幕はなかったでしょう。しかし、医師団体FLCCCの言に見られるように、真面なグループはさすがにアメリカにはあるのです。ジョンズ・ポプキンス大学のデータと併せてこれらを精査してみると、やはり、アメリカでは、【イベルメクチン】は、頭のどこかには、しっかりと結びついてはいるようです。

恐らく、近い将来、大きく風向きが変わると私も思います。何故なら、官僚筋から、3月云々と云う話が何となく漏れ聞こえているのです。モルヌなのか、【イベルメクチン】なのかは判然としませんが、もう、【イベルメクチン】に頼らなければならない状況を仕方が無く認める方向に向かわざるを得ないと思い始めたのかと理解しています。

バカな日本政府は、アメリカがくしゃみをすれば何とやらで、すぐに、日本発信の【イベルメクチン】を「やっぱねー」と、恥も外聞も無く使い始めることでしょう。さすれば、パンデミックはやっと終息に向かいます。

41. 2022年1月24日 18:50:02 : niyy4hTwUA : OHU1UGRCUHhtN0k=[6688] 報告
mRNAワクチンで何かしらの陰謀を実現させようとしてる連中は、何が何でもイベルメクチンが悪影響と印象付けたいようです。
受刑者に新型コロナ治療薬としてイベルメクチンを無断で投与した医師が訴えられる、受刑者は血便・胃けいれん・視覚異常を副作用で発症 - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20220119-inmates-sue-ivermectin-arkansas-doc/

イベルメクチンは非常に枯れた薬で、副作用も少なく使いやすいものらしいです。
数倍程度の濃度で悪影響が出るとは考えられません。
穿った見方ですが、患者にイベルメクチン(製造元メルク?)を使用する医師を貶めるため、錠剤の中に何かしら混入させていた可能性があります。
メルクは新型コロナ用の新薬モルヌピラビルを承認させたばかりですから!

42. 2022年1月24日 19:10:04 : oYxtn6GhS2 : bXBwVkJHQWphRWs=[3] 報告

>>34. : cExUeXkvL3FoaEE=[116]

あなた本当に頭の挙動大丈夫か。馬だ、牛用のイベルメクチンの古い話での、厚労省の意識障害の話を、何度も俎上させるが、もういい加減新しいnewsを取材して載せ給えよ。

43. 2022年1月24日 19:12:30 : E2A25IMwMM : ZzZ4OTd2dzh5YWs=[67] 報告
ソースを調べること
日時もな

正義の詐欺はいかんね
魑魅の勝共かな




[スレ主【魑魅魍魎男】による初期非表示理由]:意味のないコメント(アラシや工作員コメントはスレ主が処理可能)

44. 政雄[199] kK2XWQ 2022年1月25日 00:25:23 : Wa65o6hWQg : RXl4OGx1eHliNjY=[2] 報告
「正しく恐れて」

反訳でブースターを前倒し
オミクロンに驚異は無い。

否定形詐欺で恐怖を捏造!
政府は国民の命を軽んじている。
ワクチンの副作用に三千万人が苦しんでいる。
欧米は収束した。
最後まで国民を追いつめる日本の政治家達。

45. 2022年1月25日 01:44:21 : Yss59esgeE : bEEvQ0FId01XUU0=[481] 報告
この動画で、スチュ・ピーターズがこんな話をしている。


2歳児が危篤状態で、病院の医師は父親に向かって、
 『あなたが未接種だからこの子は死にかけている』
と言い放った。
その父親は、動物駆虫用イベルメクチンのペーストを
内緒でその子の体に塗ったら、1日で劇的に回復し、医師が驚いた。

この父親は逮捕される可能性があるので、匿名であり、
病院名も公開しない。

46. 2022年1月25日 02:17:17 : Yss59esgeE : bEEvQ0FId01XUU0=[484] 報告
こういう、イベルメクチンを貶める虚偽報道もあったな。
このローリングストーン誌も、あちら側のメディア。

「家畜用駆虫剤の過剰摂取で病院大混雑というローリングストーン誌の報道は、
イベルメクチンを貶めるための悪質なデマだった」
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/445.html

47. 2022年1月25日 08:58:33 : YjJdMQvgOY : bmxhVlZqL3VTRGc=[39] 報告
とりあえず、
メンドクサインデ、

もう十分、キルゲ●ツ毒物ワクチンモドキで殺した関係各位を
まずは死刑にしてからにしましょうね!!

もう十分殺しています!
殺人罪は統計はイリマセン!

・犯行行為や職権の有無、とその凶器!
・動機と見返り・・・

まずはそれから・・・現行犯でもありますので
サッサとしましょうね!!

よろ●くお願いします。

48. 2022年1月25日 11:42:23 : pe7mhRtghY : cExUeXkvL3FoaEE=[121] 報告
>イベルメクチンのペーストで対策になる

私はこのパンデミックはウイルス原因ではないとする立場だが、仮にウイルスだとして、これは作用機序として可能性のある話だ。

原則として駆虫剤なんだから、患部に直接添加することで、感染源である殺菌を言うなら、それは問題はない。

ただし、ウイルスの場合なら、浮遊している媒体を不活性化のうえ沈降させる方が効果が高いので、それなら次亜塩素酸の噴霧の方が対ウイルス上有効だということ。

菌類相手ならイベルメクチンの方が有効である。

薬効についての問題は、水虫対策になる飲み薬について、ウイルス対策として服用することへの効果とリスクが問題である。

リスクとは、抗生物質が本来有さないウイルスの不活性化を促す作用とは、等しく、免疫細胞の相互連絡網を遮断するということにつき、抗生物質が昔から飲み過ぎ注意とされる理由は、服用による免疫低下が懸念されるからである。

そして、日本における最大の課題は、厚労省は昨年10月から12月にかけて、矢継ぎ早にイベルメクチンに対する副作用を認め、使用に関する注意を促している点だ。

この厚労省による、イベルメクチン服用には意識障害副作用を伴うという注意喚起に対して、これを無視した場合、意識障害を発症しても、他の原因と特定することが不可能となる。

困難ではなく不可能だ。

モンサント・グリホサートによる後遺障害の多くは意識障害である。

49. 2022年1月25日 12:13:37 : pe7mhRtghY : cExUeXkvL3FoaEE=[123] 報告
コロナパンデミックの正体は、マリス博士の著書の中に真実が載っている。

>モンタニエもギャロも、あるいは他の誰も、HIVがエイズを引き起こすという結論に至った実験について記した論文を公表していなかった。
>彼らの名前をエイズ研究者として有名にした『サイエンス』誌の論文を読んだが、彼らがそこで述べていたのは、何人かのエイズ患者の中に、過去にHIVに感染した証拠が見つかったということにすぎなかった。
>彼らはHIVに対する抗体を見つけたのである。ウイルスに対する抗体はつねに過去の病気の痕跡であって、現在の病気の原因かどうかは分からない。
>抗体はウイルスが身体の免疫系に敗れたというしるしである。
>患者は自分自身を守ったのである。論文はどれも、HIVがエイズを引き起こすということを示してはいなかった。
>HIV抗体をもつ人が誰でもその病気になるとも示されていなかった。事実、彼らは抗体をもつのに健康な人を何人も見つけたのだ。

>もし、モンタニエやギャロがエイズの原因を見つけていないのなら、彼らが公表した発見とはいったいなんなのであろうか

この前提で、病原体として存在しない、むしろ人体免疫によって制御された痕跡でしかないものなのに、ウイルスは疾患の原因であると誤認されている。

イベルメクチンで何かが治ったとしても、それはイベルメクチンが原因不明の何かを改善した可能性を否定するものではないと言うだけ。

ウイルス感染症をイベルメクチンによって解決したわけではない。

ウイルス感染の対策にイベルメクチンを服用することは、リスクだけ存在してメリットは無い。

少ないではなく、無い。

50. 2022年1月25日 12:17:51 : pe7mhRtghY : cExUeXkvL3FoaEE=[124] 報告
ギャロもモンタニエも>抗体を持つのに健康な人を何人も見つけた。

今日もPCR検査で、陽性者となったのに無症状の人は何百何千と見つかっている。

その人たちは>患者は自分自身を守ったのである に当たる人たちなのだ。

51. 上山[302] j@OOUg 2022年1月25日 12:27:40 : XaOsnyMzSc : Vjc4SGw0U0UyYnc=[225] 報告
イベルメクチンは永遠に不滅です。日本の大村博士万歳です。
ビルゲイツさんがオミクロンでコロナは終息と1/11に予告されています。
もう論争は終わると思われます。
その間の亡くなられた方〜出来れば救われるべきだった〜残念です。
日本と日本人の従属美徳主義は頂けません。残念です。
52. 2022年1月25日 12:47:19 : mZAyeEDdks : VE5uVW40aVRJaS4=[1] 報告

>>50.へ  cExUeXkvL3FoaEE=[124] へ

あなたの言は、説得力は全く無い。もうそれでいい。書き込まなくてもいいよ。皆分かっているから。あなただけ分かっていればそれでいい。

53. 2022年1月25日 13:07:24 : mZAyeEDdks : VE5uVW40aVRJaS4=[2] 報告

>>50.へ  cExUeXkvL3FoaEE=[124] へ
何度も伝えておく。【イベルメクチン】は何十年も利用されてきている薬だ。用法・用量をキチンとされて居るところでは、事故は一件も起きていないことが証明されている。君のようにそれを全く知らないで、君に関係の無い【イベルメクチン】の悪口を云うのは、止めにしたまえ。迷惑な話なのだ。

それから、そのように【イベルメクチン】が嫌いならば、君は、この疾病に罹患したときにも服用しなくてもよいし、別の薬を使うことも出来る。
わざわざ、無害な【イベルメクチン】の邪魔をして欲しくは無い。

54. 2022年1月25日 15:23:50 : mZAyeEDdks : VE5uVW40aVRJaS4=[3] 報告

>>50.へ  cExUeXkvL3FoaEE=[124] へ
>>49>>50.も君は、自分で、自分の矛盾に全く気づいていない。

《イベルメクチンで何かが治ったとしても、それはイベルメクチンが原因不明のと言うだけ。

ウイルス感染症をイベルメクチンによって解決したわけではない。ウイルス感染の対策に
イベルメクチンを服用することは、リスクだけ存在して 》つまり思索になっていないということなのだ。

55. 2022年1月25日 15:27:17 : mZAyeEDdks : VE5uVW40aVRJaS4=[4] 報告

54.です。管理人さんへ
何か文章が切れてしまいました。何かの記号tabが災いしたと思えます。削除してください。
56. 2022年1月25日 23:12:49 : pe7mhRtghY : cExUeXkvL3FoaEE=[132] 報告
ふむ。

VE5uVW40aVRJaS4はイベルメクチンを服用して意識障害を起こしているようだ。

厚労省の注意喚起ドンピシャと言えよう。

57. 2022年1月26日 10:19:18 : ogsfChv2FY : WkJyMGcyWFY4dFk=[1] 報告


>>50.へ  cExUeXkvL3FoaEE=[124] へ
君は、自分で、自分の矛盾に全く気づいていない。

〈イベルメクチンで何かが治ったとしても、それは【イベルメクチンが原因不明の何かを改善した可能性を否定するものではないと言うだけ。】ウイルス感染症をイベルメクチンによって解決したわけではない。ウイルス感染の対策にイベルメクチンを服用することは、【リスクだけ存在してメリットは無い。少ないではなく、無い。】

【 】で括った処を、自分で再読してご覧。自分で、【イベルメクチン】が改善していると認めているわけだ。矛盾しているだろう。

58. 2022年1月26日 16:04:53 : 0k3gZCzMTs : YnNDUHY3RFk0YlE=[2] 報告

>>56. : cExUeXkvL3FoaEE=[132]  君に返しておこう。

ワクチンを接種して意識障害を起こしているようだ。

59. 2022年1月26日 17:07:50 : FQRC8CHzAY : MjZyenFyRmYudkk=[22] 報告
>38さん、すごい詳しいですね。
私はまだ勉強中です。
アメリカとの関係もです。
ただ、こんなにすばらしい薬がノーベル賞とったのに
全く日本で特集も組まれなかったのは
意図的なものを感じます。
ノーベル賞なんだから
普通なら、幼稚園児から小学生まで知っていても。
私は2021年に知りました。
たぶんですが、本当に万能薬なのかも。

60. 2022年1月26日 18:08:26 : 0k3gZCzMTs : YnNDUHY3RFk0YlE=[3] 報告

>>38.です。>>59.さんへ

日本では、2020年5月、当時の菅官房長官が記者会見で、「イベルメクチンが、コロナに効くことは十分承知しています」と述べています。

この記者会見を境目にして、【イベルメクチン】の情報は殆どから全くへと一切政府から聞こえてこなくなりました。マスコミも忖度してか、彼等自体も某かカネの恩恵に預かっているのか、これらも又一切を報道しなくなりました。「何故なのか」。日本のNETを見ても全て、ワクチンよいしょのnewsばかりとなってしまいました。東京都医師会会長の尾崎先生の【イベルメクチン】導入推奨発言も、何時の間にか止められてしまいました。

これは、絶対「何かある」と重い。日本では見つからないので、徹底してアメリカのSNSサイトを探しまわりました。果たして、FLCCCと云う医師団体を見つけ、更に、ジョンズポプキンス大学のDETAに辿りついたのです。この【イベルメクチン】に対する横槍を発したのはアメリカなのですが、デモクラシーが健康なのもさすがアメリカであったのです。明確な情報がもたらされました。

わたしは、ここで、【イベルメクチン】がこの疾病に対して科学的にどの様な作用を持ってして、このウイルスを殺しているのかと云うのを知ることが出来ました。
ワクチンの効力等物の数では無かったのです。高価なワクチンを使えない発展途上国や貧困国で、この【イベルメクチン】を採用し、コロナ疾病に立ち向かった様子を、シッカリと読み取りました。そこには、アフリカは勿論のこと、インド、東南アジア、ラテンアメリカ、南アメリカと経済圏としては大きくない諸国に於いて、この【イベルメクチン】が採用され、瞬く間にパンデミックを終息させていったのです。これには、アメリカのビッグ・ファーマは、この【イベルメクチン】が伏兵として存在していたのを認識できなかったのです。何しろ、【イベルメクチン】は、アフリカ・オンコセルカ症、回線症の特効薬であって、コロナの治療薬では無かったからです。ビッグ・ファーマんにしては、大誤算であったわけです、陰謀論から云えば、アジア、アフリカ、南アメリカの貧乏人を皆殺しにしたかったのでしょう。しかし、【イベルメクチン】は、明らかにこれに立ち向かってこの欲望と思われるものを、叩きつぶしたのです。

ですから、ビッグ・ファーマにとっては、金儲けの邪魔をした、にっくき【イベルメクチン】であったわけです。陰謀論を脇に置いておくとしても、申し上げたように、金儲けが出来なくなってしまったのです。よって、【イベルメクチン】は承認されてうない、エビデンスも分からないと声高に叫びはじめたのです。これに乗って、同調する輩は、あちこちで、【イベルメクチン】の悪口に終始しはじめたのです。”出る杭は打たれる”と云うところでしょうか。

最近FLCCCが、この【イベルメクチン】の効力について、新たな研究論文を発表しました。種々の疾病に効力があることが分かって来ました。素晴らしいことです。あなた様が触れられるように、万能薬かもしれません。

わたしは、この様に、種々の情報を自分で探しました。何故なら、現在の日本政府もそうですが、新自由主義的資本主義のもと、一カ所にカネを集約して、国民の生活、命までも犠牲にするような政を平気でしているからです。つまり、医療行政にしても。私は政府を全くと云って佳いほど信用していないからです。わたしの考え方は兎も角も、私たちは、本当に自分自身で一所懸命考え、観察していかねばいけないのです。その結果が現れるのは、国会議員選挙なのです。皆でよく考えましょう。

61. 2022年1月26日 18:26:28 : 0k3gZCzMTs : YnNDUHY3RFk0YlE=[4] 報告

>>38.です。>>59.さんへ

この【イベルメクチン】は、北里大学栄誉教授、大村智先生の発見、創薬の薬品です。アフリカの風土病、オンコセルカ症(失明に至る)や疥癬症の予防治療薬として、38年以前からアフリカ赤道上下の国々で使われて来たのです。とても安全な薬で、用法・用量を違えなければ、副反応の全く無い安全な薬なのですね。このくすりに
よって数億人の命を救ってきたのです。このことで大村博士はノーベル賞を受けることになったわけです。

大村先生も最初は、【イベルメクチン】がこの疾病に効力があるのを知らなかったそうです。オーストラリアの学者から「先生のお薬が、コロナに効いているようです」と云われて、改めて効力について調べたのだそうです。このメカニズムが、大村智著「イベルメクチン」河出新書版\1000 に詳しく述べられています。是非お読みになって下さい。

62. 2022年1月26日 18:44:41 : 0k3gZCzMTs : YnNDUHY3RFk0YlE=[5] 報告

>>60.です。間違い。回線症→疥癬症 です。
63. 2022年1月27日 10:24:42 : FQRC8CHzAY : MjZyenFyRmYudkk=[23] 報告
>38さん
ありがとうございます。
大村智著「イベルメクチン」は買いました。
4章でつっかかって、先に5章を読んでいます。
イベルメクチンは正当なルートで認証を得たいとしているのに、
このワクチンの無謀さ不当さ違法さは半端ない。
というところまではわかりました。
第1章のイベルメクチン発見のエピソードは
ええー!!!
それでノーベル賞!
びっくりです。


64. 2022年1月27日 10:54:17 : At6beA9uDs : cjQvbllFNk45ZVU=[1] 報告

>>63.さんへ >>38.です

ノーベル賞は結果なのですが、発想、興味、情熱、優しさ、執念、等大村先生は恐らく子供の頃よりもち併せてらしたのでしょう。このような基礎的な研究は、思いつきから始められるようで、無償のセンスでの継続がなければ、このような素晴らしい結果には結びつかないのでしょう。日本では、見識の無い為政者が続いていて、学問や芸術への憧憬のない者が、文化に関わる予算措置を減らし続けています。現在は、種々の研究結果がノーベル賞等の評価に結びついているでしょうけれど、この何十年かの失政によって、これから先世界の評価が受けられなくなることも考えられるでしょう。

どこのサイトでもそうですが、このような素晴らしい研究の結果に対して、リスペクトするどころか、中傷、罵倒と認識不足の輩が闊歩しています。このようなことも、失政から来るフラストレーションが、そうもさせているような気がしてなりません。

65. 2022年1月27日 14:05:19 : YPnENISzmo : dTYzSXRMMXpDVHc=[1] 報告

>>38.です.
さて、あれだけアメリカの云うことを聞いて、国民皆ワクチンの国、イスラエル。今大変な事になっています。ここにジョンズポプキンス大学のデータ1月25日のCOVID−19の感染者と死亡者のグラフを載せます。恐ろしいことです。オミクロンは弱毒化している等とんでもない話で、ワクチンはもう効きません。いずれ、このままでは、日本も同様の様相を帯びるに違いありません。もう、インドのように【イベルメクチン】を使わねばならないでしょう。

このグラフを見て下さい。
https://d.kuku.lu/d1ec8b085
【ファイルをダウンロードする 】をクリックし【ファイルを開く】をクリックして拡大して見て下さい。

66. 2022年1月27日 22:19:03 : FQRC8CHzAY : MjZyenFyRmYudkk=[24] 報告
>38さん
国会中継見てました。
野党がイベルメクチン連呼してました。
与党の会見も
見ました。
でもまず、なにはなくても
5歳児から11歳の接種を止めることを
考えないと。
どうしたらいいの。
姪っ子がまさにその年で。
お父さん(弟は)職種の関係でもしかしたら3回目受けなきゃだから、
もうほんとうにいやだ。


67. 2022年1月28日 09:01:03 : Tt6r7prwSM : Z3psN2dJRlVZN2s=[1] 報告

>>63.さんへ >>38.です

医師で立憲民主党党の国会議員である中島克仁議員を中心に、【イベルメクチン】の承認について論陣を張っているようですが、野党共闘でのイベルメクチンへの認識が脆弱な気がします。【イベルメクチン】についてよく精査すれば、私が調べたより、遙かに多くの情報がもたらされているはずです。政府も認めていたわけですから。

この疾病については、党派によって明確に【イベルメクチン】についての賛否が分かれているわけではありません。よって、迷う方々も居られるでしょう。日本共産党は、赤旗を見ているかぎり、【イベルメクチン】についての、特集のようなものはみあたりません。小池議員等はお医者様でなのですけれどね。やはり、医学的な方面から「未承認、エビデンス不明」と、明確になっていない所為なのでしょう。安心、安全な薬であることは証明されているのですが。又、インド、東南アジア、ラテン・アメリカ、南アメリカとアフリカ諸国で、【イベルメクチン】の効力、効果は絶対的に実態としてあるわけなのですけれどね。

北里大学、興和薬品の治験が、愛知県、東京都等の協力を得てされているのでしょうけれど、昨年末に治験の報告、申請が出来るでしょうとの情報があったのですが、何故にこれが遅れているのか、私は情報が摂れていません。インド、東南アジア、ラテン・アメリカ、南アメリカとアフリカ諸国での治験の結果は、全て効力、効果ありと明確に出ているのですが。何かの圧力が未だにあるような気がしてなりません。

ワクチンが出鱈目な様相を呈している(日本政府も、これによる心筋炎の危険を認めている)だけに、本当に、年端のいかない子供達に接種させることは、危険すぎます。子供達の体重であれば、【イベルメクチン】3mgを投下すれば、少しの機関の予防にもなるし、万が一の罹患に対しても、すぐに治療できるわけなのですね。

やはり、国会を動かす以外はないでしょうけれど、このような素晴らしい薬があるのに、それが効率よく使用出来ないもどかしさに、私も、悶々としている一人なのです。未だ、マスコミも一切報道しません。これはもう犯罪です。


68. 2022年1月28日 09:35:16 : Tt6r7prwSM : Z3psN2dJRlVZN2s=[2] 報告

>>38.です。
政府が、緊急薬事承認法なるものを、国会に上呈して、安心、安全が確立していて、かつ効力について某かのものがある薬品を使えるように仕様との話も、【イベルメクチン】に似た、安全性も確認されていないアメリカ・メルク社のモルヌピラビル(高価な薬です。10錠\77000)を特例承認と云う形で、採用して、恐らく緊急薬事承認法の対象になるであろう【イベルメクチン】を葬り去る積もりでしょう。どこまで、アメリカ様のいいなりになれば良いのかと思っています。【イベルメクチン】は日本発の素晴らしい薬であるのにです。
69. 2022年1月28日 09:49:58 : Yss59esgeE : bEEvQ0FId01XUU0=[525] 報告
https://www.gettr.com/post/pqn5o7fcf2
(連新社) 動画 日本語字幕 2分20秒 
強制ワクチン反対とイベルメクチンの有効性を主張した医師が停職された
Posted on 1:44 AM Jan 26th, 2022
70. 2022年1月28日 17:51:01 : Tt6r7prwSM : Z3psN2dJRlVZN2s=[3] 報告

>>38.です。
【イベルメクチン】についての情報をお知りになりたい方々は、日本のSNSサイトで引き出すには、Google、Yahoo、Edge、Youtube 等のアメリカ検索ではチェックされていて、何も摂れません。このasyuraでも推奨している、Duckduckgo(ダックダックゴー)の検索サイトに、イベルメクチンと入れて調べてみてください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊8掲示板 次へ  前へ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊8掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊8掲示板  
次へ