★阿修羅♪ > 医療崩壊9 > 882.html
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ ★阿修羅♪
カレン・キングストン 「COVIDの正体はウイルスではなく、生合成ナノ寄生虫兵器である」  (Stew Peters Network) 
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/882.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2022 年 10 月 14 日 16:06:50: FpBksTgsjX9Gw 6bOWo@mx6bKSag
 

スチュ・ピーターズの番組で、カレン・キングストンが、すでに公開されている特許などを根拠に、
COVIDの正体はウイルスではなく、生合成(biosynthetic)ナノ寄生虫兵器だと主張しています。

「Part 1: PROOF COVID Is A PARASITE; Biotech Analyst Has PROOF COVID
& Vaxx Are Biosynthetic Parasites」 (Stew Peters Network 字幕なし 21分44秒  2022/10/12)
https://rumble.com/v1npix4-part-1-covid-is-a-parasite-biotech-analyst-has-proof-covid-and-vaxx-are-bio.html

「Part 2: PROOF COVID Is A Nano-weapon PARASITE; Biotech Analyst Has PROOF COVID & Vaxx Are Biosynthetic Parasites」 (同 上 12分33秒  2022/10/12)
https://rumble.com/v1npjre-part-2-covid-is-a-parasite-biotech-analyst-has-proof-covid-and-vaxx-are-bio.html

------(要約ここから)-------------------------

* mRNAの実験がすべて失敗してきたのは、mRNAは不安定で分解しやすく、
 細胞に送り込むのは難しいから。

* 40億年にわたる進化の防御機構である脂質二重層によりmRNAは阻止されてしまう。

* 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)は存在しない。

* 人間同士で感染することはない。

* PCRテストは、新型コロナウイルスが存在すると信じ込ませるための劇場用小道具だった。
 97%は偽陽性である。

* コロナ変異株もでたらめ。われわれは騙された。新型コロナ劇場だ。

* COVIDの正体は、AI認識能力をもち、スパイク蛋白を備えた生合成ナノ寄生虫兵器である。
 生物学的配列は寄生虫由来で、体内で増殖する。

* 30分以内に血液脳関門を通過、中枢神経系にはいりこんでハイジャックする。

* 大きさは数十ナノメーターで、ウイルスよりも小さい。体内のどこにでも入り込む。

* エアゾル、飲料水、食物により拡散させることが可能。

* 寄生虫由来なので、イベルメクチンやヒドロキシクロロキンなどの駆虫薬がよく効く。

* 体が磁石化して金属が吸いついたり、女性が不妊化することは、
 呼吸器系ウイルスではありえない。ナノ寄生虫兵器の仕業である。

* 5Gタワーからの電波がエネルギー源である。

* 特定の周波数の電波がAI寄生虫のスパイク蛋白を無能力にする。
 また駆虫薬も効くので、絶望することはない。

* ワクチンだけではなく、PCR検査キットなどCOVID-19関連の商品に
 ナノ寄生虫が含まれている可能性があり、直ちに使用を中止すべき。

* 人口削減だけではなく、ナノ寄生虫を利用して、人間の体を改造しようとしている。

* 5Gは単なる通信だけではなく、われわれを改造しコントロールするのが目的。
 5Gタワーは撤去すべき。

* 昨年8月、ファイザー社製コミルナティをFDAが承認したときに、ロバート・マローン博士は
 承認されたのはバイオンテック製のものだと間違った情報を流した。
 これが事態を悪化させた可能性がある。

* 彼女(カレン)の意見が反ワクチングループの中でも無視されるのは、
 真実を恐れ、そして彼女を恐れている人がいるから。

* 真実に向き合って、お互い協力することが大切。

------(要約ここまで)-------------------------


彼女の主張がすべて正しいかどうかはわかりませんが、
新型コロナウイルスの存在証明が世界中どこにもないなど、
うなずける点はいくつもありますね。


(関連情報)

「INTELLIGENT SENSOR PLATFORMS」 (US20160178652A1 2016/2/29)
https://patents.justia.com/patent/20160178652

「Dynamic Bio-nanoparticle Elements」
(Vitaliano et al. US Pat US2010/0226856A1 2010/9/9)
https://patentimages.storage.googleapis.com/4e/8a/54/604814dce76e88/US20100226856A1.pdf

「Multi-functional magnetic hydrogel: Design strategies and application」
(Fangli Gang et al. 2021/4/24)
https://d-nb.info/1233064576/34

「Modified polynucleotides for the production of secreted proteins 」
(ModernaTX 2019/6/12)
https://patents.justia.com/patent/10703789

「The Kingston Report」 (Substack)
https://karenkingston.substack.com/

「元ファイザー従業員・カレン・キングストン 『チェックメイト、ゲーム終了、われわれの勝ちです』」
(拙稿 2021/9/2)
http://www.asyura2.com/21/iryo7/msg/324.html  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
1. 2022年10月14日 20:35:41 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[264] 報告
この人の意見は過激で、物事の一面を説明できるが、他の面を説明できない。
変異株については、タンパク質の分析が複数の機関で行われており、変異株の系統樹ができている。
それゆえ、どの変異株がどの系統樹の枝分かれかについても、ある程度明確にされている。
オミクロンが、アルファ株とは違う系統樹であることも、明確にされている。
確かに、コロナワクチンの中には、ナノ技術によるハイドロジェルの磁性を帯びた何かが使われている。

しかし、次のような事態をまったく説明しえない。
私の知り合いで、セブンスデー・アドベンチストの人間が、四月にコロナに感染し、入院した。もともと筋金入りの反ワクチン主義者であり、コロナワクチンのみならず、人生においてインフルエンザワクチンもすべて拒否してきた。いわば、宗教的理由からの反ワクチン主義者であった。
彼の感染は、おそらくエアロゾルによると思われる。

ワクチン接種が一度もないのに、またアメリカなどに行ったこともなく、日本の一地方都市にいたこの人間は、ではどうやってコロナ感染したのか。

また、彼女の一面的な意見は、ドイツの病理学者ブルケルトが遺体の解剖において、精密に検証した結果とはまったく一致しない。
ブルケルトは、遺体の組織が、ワクチン接種後に、はなはだしいリンパ球の浸潤により、リンパ球の暴走を起こしていたことを証明した。

さらに、最近では、ワクチン接種した後に死亡した人間の、脳と心臓の病理学的標本において、スパイクたんぱくの出現を色付けして実証的に示した検査結果がある。

また、高知大学は帯状疱疹がスパイクたんぱくによることを論文において提示した。

キングストンの理論は興味深いが、あくまでもナノ技術の面のみからの説明であり、医学者によるスパイクたんぱくがどのように生体に害を与えたかの解剖学的所見、なぜリンパ球が免疫において暴走反応をしたかについて、きちんと整合的に説明しうるものとは、まだ思えない。

コロナ問題は、総合的分析が必要。単に、スパイクたんぱくやmRNAの話だけでなく、単に酸化グラフェンの話ではなく、単にナノ技術の話ではなく、すべての面を総合的に分析し、何よりも、医学的な解剖所見と一致する結論に至るべき。

キングストンは問題の一面のみを解明している。
解剖学的所見について、彼女の議論ですべての現象を整合的に説明すべきであり、今のところ、それができていないから、説得力が少ない。

2. 2022年10月14日 20:38:13 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[265] 報告
ちなみに、コロナウイルスを単離していないから、あのようなものは存在しない、と言う人もいる。
しかし、京都大学の宮沢孝之は、ある程度、コロナウイルスを自分の実験室で、単離までにはいたらないが、分析可能な状態で研究している。
彼がどの程度まで、ウイルスを分析可能な状態にしているのか、詳しく聞いてみたいものだ。
3. 2022年10月14日 20:51:24 : BK9bMiLNCM : VHloYnNxYkp2aHc=[266] 報告
>>>>彼女(カレン)の意見が反ワクチングループの中でも無視されるのは、
 真実を恐れ、そして彼女を恐れている人がいるから。

この部分が私に危惧を抱かせる。
もしもまともに相手にしてほしければ、もっと説得力のある整合的な理論を、論文なり、実証性のある解剖学的な標本などで、示すべき。
最近、反ワクチン主義者のあいだで、すさまじい「仲たがい」、「喧嘩別れ」が目立つ。相手のことを罵倒してやまない。

残念なのは、「大審判 Grand Jury」とかいう運動を起こしていたドイツ人弁護士、フュルミッヒが、同志であったヴィヴィアン・フィッシャーから、彼の金銭問題が不透明であるという告発を受けて、この二人が今や敵対していることである。もはや、共に運動を進めることはないであろうとまで言われている。

また、宮沢孝之は、井上正康に対して、講演会のパネルディスカッションの席上で、信じられないほど失礼な態度で罵倒した。きっかけは、感染経路の見解の相違であり、宮沢がエアロゾル説を大声で押し通そうとしたことである。
以後、宮沢と井上が同じ運動に加わることは、もはやないと思われる。

それに対して、一人しゅくしゅくとニコニコ動画で、人々に対し啓発的な動画を出している「鹿先生」が人間的にはとてもまともで冷静であるのが目立つ。
反ワクは数多いが、まったく利害関係なしに、講演会で金を稼ぐこともなく、ただ無償で情報を出し続けているのは、まさに「鹿先生」なのである。
自然を愛し、ハンターであるこの人のまともな人格に触れると、心が癒されるように思えるのは、私だけであろうか。

4. 2022年10月14日 21:42:31 : TnNmZg7kpg : WHlybDFBLmZQbVk=[8] 報告
じじ「COVIDの正体はウイルスではなく、生合成ナノ寄生虫兵器である、とな」
オレ「ウイルスは存在しないのに、何言ってんだこいつ?」
じじ「911でも居たじゃろ、飛行機なんか飛んでないのに、WTCは無人飛行機が飛び込んだ、とか言ってる奴w」
オレ「真実を半分までしか言えない奴w」
じじ「頭が悪いのか、カネ貰ってるのか、どっちかじゃろう」
オレ「鹿もなw」
5. 2022年10月15日 00:08:25 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[520] 報告
彼女の説の他にも、
 COVIDの正体は酸化グラフェンであるという説(ラ・キンタ・コラムナ)
 ヘビ毒説(ブライアン・アーディス博士)
などがある。

ひょっとしたら、それらの合わせ技かもしれない。

6. 2022年10月15日 00:23:07 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[521] 報告
>>1
>ではどうやってコロナ感染したのか。

それは新型コロナウイルスが存在すると仮定しての話。

存在証明はどこにもない。
唯一の拠り所は中国が出してきた怪しげなゲノム配列だけ。

それをPCR検査装置にセットして、陰性陽性を判定している。
しかもCt値を異常に上げているので、偽陽性が大半。

その人が感染したのは新型コロナだという根拠はどこにもない。

カレン・キングストンの主張に反論するには、
新型コロナウイルスが存在証明が不可欠。

だが、誰もその証明ができない。

もちろん、だからといって彼女の説が100パーセント正しいとは
言えないが。

7. 2022年10月15日 00:30:10 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[522] 報告
感染研などが、デカデカと新型コロナウイルスの写真を公表しているが、
おそらくこれはフェイク、他のコロナウイルスの画像か、それを加工したものだろう。

もし新型コロナウイルスを単離して写真を撮影できたのなら、
それが立派な「存在証明」だ。

存在証明がないと言うのは、写真がインチキだと言っているのに等しい。

「新型コロナウイルス:国立感染症研究所が開発した細胞で分離に成功」 
(国立感染症研究所 2020/1/31)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/basic-science/virology/9369-2020-virology-s1.html

「新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の電子顕微鏡写真(変異株の写真を追加)」  
(東京都健康安全研究センター) 
http://www.tokyo-eiken.go.jp/lb_virus/kansenshou/virus_gazou/sars-cov-2/  

「どこにも新型コロナウイルスの存在証明がないのに
電子顕微鏡写真が公表されている不思議」
http://www.asyura2.com/20/iryo6/msg/835.html

8. 2022年10月15日 01:47:26 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[524] 報告
いろいろな説が出てきて、喧喧諤諤の議論があるということは、
科学としては非常に健全だということ。

あちら側は、大本営発表に、疑問を持つことは許されない、
異なる意見はすべて弾圧だからね。

あれは科学ではなく、カルト宗教だよ。

9. 2022年10月15日 02:12:21 : gs3aP8EzWY : RkFRUXhnR0piMGc=[303] 報告
彼女の話の真偽については、何とも言えない。

ただ、
接種した人の腕に、金属が張り付く画像や動画は見たことがあるし、
接種した人から、Macアドレスが表示される複数の動画を見ている。

そのことから、ワクチンに何らかの磁性を帯びた物質やMacアドレスが表示される物質が入っていることは、確かだろうと考えている。

2019.01.22 細い血管も通過できるスイスの2大学が共同でミクロな弾性ロボットを開発
https://www.axismag.jp/posts/2019/01/113161.html

2016.11.16 鞭毛(べんもう)を備えた医療用マイクロロボット
https://www.tel.co.jp/museum/magazine/news/229.html
EPFL(スイス連邦工科大学ローザンヌ校)とETHZ(スイス連邦工科大学チューリッヒ校)の研究チームが開発したのは、微生物のように動くマイクロロボットだ。
このマイクロロボットは、生体適合性のハイドロジェルと磁性ナノ粒子で構成されている。
まず、ハイドロジェルの内部にナノ粒子を配置、ジェルを凝固させる。このジェルを水に浸けると、ナノ粒子の配置に応じてジェルが変形し、マイクロロボットができあがる。
電磁場を加えると、マイクロロボットは形状に応じた動き方で、水中を泳ぎ回る。さらに、レーザーを照射して熱することで、あとから形状を変化させることも可能だ。
マイクロロボットのバリエーションの1つとして、研究チームは、眠り病を引き起こすトリパノソーマという原虫を模したものを作成した。トリパノソーマは鞭毛を使って液体中を泳ぎ、人間の血管に侵入すると鞭毛を隠す。
作成されたマイクロロボットも同様に鞭毛で泳ぐことができ、レーザーの熱によって形状を変化させて、鞭毛を隠すことができる。

10. 2022年10月15日 04:57:29 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[525] 報告
新型コロナの正体がナノ兵器かどうかは別として、
mRNAワクチンはかなり怪しいね。

2千本以上のバイアルを調べて、どれにもmRNAは含まれていなかった
という報告がある。

もとから、mRNAワクチンなど無かったのはないか。

プールニマ・ワグ博士 「mRNAワクチンにはmRNAは入っていません」
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/643.html

11. 2022年10月15日 10:02:55 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[529] 報告
「ロブ・ローズ欧州議員
『ファイザーはコロナワクチンが感染を止めるか実験していなかった』 (You訳)」 
http://www.asyura2.com/22/iryo9/msg/876.html

今、これが大問題になっているが、もし新型コロナウイルスが存在せず、
ヒトの間で感染しないのだったら、実験しようがないわけで。

12. 政雄[359] kK2XWQ 2022年10月15日 16:50:47 : GMHpjRndpE : ZlJpb0RMRVVTakk=[1] 報告
危険なワクチンを承認して

治験の実施ではない、
傷害作用実証実験を続けている。
日本がジェノサイドの実験場になっている。

接種者の94%の血液に異常を発見
ワクチンの傷害は、心臓発作、脳卒中、不妊、麻痺、神経障害、突然死、各臓器に及ぶ

副作用被害が報告されても、
3回目、4回目は毒性が強化された。

13. 2022年10月15日 20:43:04 : VcnUqFbWW6 : RGpvOW5mQ2xVSms=[-36] 報告
mRNAをワクチン化することなど不可能
14. 2022年10月15日 20:55:19 : 5B4ArSVyhc : TmVqRWJRa2J3WDY=[1] 報告
元投稿の話を以下の国に紹介したら一体どんな反応が返ってくるのやら
ParsToday
>イラン国内で、コロナ犠牲者数が依然として一桁台 
>10月 10, 2022 20:39 Asia/Tokyo
https://parstoday.com/ja/news/iran-i105682
より
>また、「過去24時間に全国で724人の新規感染者が確認され、このうち123人が入院した」と発表しました。


15. 2022年10月15日 22:02:15 : TnNmZg7kpg : WHlybDFBLmZQbVk=[9] 報告
DS「われわれの真の敵はウイルスが存在しないことを見抜いてる奴らなんだ」
DS「これを見抜かれると、われわれの200年間の犯罪が明るみに出る」
DS「だから奴らと対立させるために、低能児を見つけてきて『ウイルスはあるが、COVIDはウイルスではない』と言わせる」
DS「COVIDは中国製だとか、アメリカ製だとか、生合成ナノ寄生虫兵器だとか、何でもいいんだ」
DS「『ウイルスは存在する』これさえ言ってくれれば、カネは出すし、生かしておいてやる」
16. 2022年10月16日 08:45:03 : YxuyIJ2uVI : MDFsTm4xVzU0Wm8=[45] 報告
>>11
>もし新型コロナウイルスが存在せず、ヒトの間で感染しないのだったら、実験しようがないわけで。

これが真実なのでしょう。という事は、アメリカDSのお仲間たちは偽コロナパンデミックを煽って、怪しいmRNAワクチンを人類に打たせた(ファイザー社もDSの仲間なのよ)
ワクチンは実は人口削減を目的とした生物兵器。生物兵器説が信憑性を増してきましたね。

あー、打たなくて良かった… ま、来年の臨床試験終了後の治験データの公開を待つかな。

17. 2022年10月16日 08:57:06 : YxuyIJ2uVI : MDFsTm4xVzU0Wm8=[46] 報告
>mRNAをワクチン化することなど不可能。まして、大量生産なんぞ無理と思われます。
どうりで、

ウィルスのRNA遺伝子は非常に壊れやすいというからね。まして、ロットの大量生産なんか絶対無理と思われますね。


>>10
>2千本以上のバイアルを調べて、どれにもmRNAは含まれていなかった
 という報告がある。
>もとから、mRNAワクチンなど無かったのはないか。

納得。

18. 2022年10月16日 20:20:07 : yr1GVzc27Q : b25tYjNScGtoTUE=[1] 報告
真実に近いと感じる。

全国どこでコロナ感染したとしても、PCRを作ったマリス教授は、PCRは医療に使えない、誰でも犯人に出来る、と警鐘を鳴らし講演もしている。それに、コロナ計画は何十年も前からのものだと感じるし、新しい科学、医療、兵器などは、これも発表される30年以上前からあると言われている。ワクチン接種後の人の細胞内で育つ奇妙な虫?、等は、写真もPCに、令和2年後半からあるが、これはいかに。映画フライは、キメラ化を予告したもののように思わせる。

19. 2022年10月16日 20:48:15 : TnNmZg7kpg : WHlybDFBLmZQbVk=[10] 報告
DS「われわれの誤算は、100年前のスペイン風邪と同じ戦略がうまく行くと思い込んでいたことだった」
DS「インターネットというものがあることを忘れていたのだ」
DS「ゴイムも歴史に学ぶ場合があることを忘れていたのだ」
DS「だから今になってのっぴきならぬことになってきている」
DS「COVIDの正体がバレたのはよしとしよう」
DS「ワクチン拒否者の存在もよしとしよう」
DS「問題は岩盤であったはずの『ウイルスは存在する』という宗教そのものが、一部のゴイムによってくつがえされてしまったことなのだ」
DS「どうやらわれわれはワクチンをゴリ押しし過ぎたようだ」
DS「暗殺、買収などの手段により、精いっぱい対処はしてきたが、国によってはわれわれの力が及ばない所もある」
DS「アルバート・パイクのシナリオ通り、これから第3次世界大戦に移行するが…」
DS「…その結果は予想もつかない」
20. 2022年11月16日 15:40:40 : 7dkOY89B4s : RzFOVlJlUldGMlE=[712] 報告
字幕をつけてくれた人がいました。

Part 1_ 日本語字幕付_生物工学分析家がコロナとワクチンが生合成寄生体である証拠を報告。
(For living in harmony with all creatures odysee動画 20分29秒 2022/11/7)
https://odysee.com/@ttubouti:7/Part-1_-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%AD%97%E5%B9%95%E4%BB%98%E3%81%8DPROOF-COVID-Is-A-PARASITE:4

Part 2_ 日本語字幕付_生物工学分析家がコロナとワクチンが生合成寄生体である証拠を報告。
(同 上 11分50秒 2022/11/7)
https://odysee.com/@ttubouti:7/Part-2_-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%AD%97%E5%B9%95%E4%BB%98%E3%81%8DPROOF-COVID-Is-A-Nano-weapon-PARASITE:b

21. 2023年1月13日 19:03:14 : dglT44jzDY : SWNQOXNobUEyTDI=[167] 報告
普通に考えても、推進側の仕込んだ反ワク陰謀論者が相当数存在するのは当然だし、
有力なサポートが受けられる分だけ、個人ボランティアの反対派よりも知名度も支持者の数字も遥かに大きいのだろう。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊9掲示板 次へ  前へ

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊9掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
医療崩壊9掲示板  
次へ