ローマ法王が聖地歴訪へ出発

 
★阿修羅♪

[ フォローアップ ] [ フォローアップを投稿 ] [ ★阿修羅♪ Ψ空耳の丘Ψ5 ] [ FAQ ]

 
投稿者 倉田佳典 日時 2000 年 3 月 19 日 18:49:28:

03/19 15:06 法王がきょう聖地歴訪 和平の雰囲気づくりに期待  外信17 #01

 【ローマ19日共同】ローマ法王ヨハネ・パウロ二世が二十日、
イエス・キリストゆかりの地を巡る旅に出発する。中東聖地巡礼は
法王の長年の念願であり、キリスト生誕二千年祭最大の行事の一つ
。イスラム、ユダヤ両宗教や各国の指導者との対話を通じ、中東和
平へ向けた雰囲気づくりも期待されており、法王の九十一回の外遊
の中でも重要な意味を持つものになりそうだ。         
 法王は既に二月下旬にエジプト・シナイ半島の聖地を訪れている
が、キリストゆかりの地に足を踏み入れるのは今回が初めて。二十
一日までヨルダンに滞在した後、二十六日までイスラエル、パレス
チナの多くの聖地でミサと祈りを重ねる。           
(続)  000319 1506              
続き (改行で次頁 S:次文書 E:終了)

[2000-03-19-15:06]
続き (改行で次文書 E:終了)

03/19 15:06 法王がきょう聖地歴訪 和平の雰囲気づくりに期待  外信17 #02

 先々代のパウロ六世が一九六四年にヨルダン領東エルサレム(六
七年にイスラエルが併合)を訪れており、ローマ法王の同地訪問は
約三十六年ぶり。                      
 法王は二十日、ヨルダンのアブドラ国王、二十二日、パレスチナ
自治政府のアラファト議長、二十四日にイスラエルのバラク首相と
それぞれ会談する。                     
 宗教関係では、現地の東方正教会やプロテスタント、イスラム教
、ユダヤ教の各指導者とも会談。ユダヤ教の聖地「嘆きの壁」でユ
ダヤ教のラビ(指導者)とともに祈る。            
(続)  000319 1506              
[2000-03-19-15:06]
続き (改行で次文書 E:終了)

03/19 15:06 法王がきょう聖地歴訪 和平の雰囲気づくりに期待  外信17 #03

 法王庁報道官は宗教的な訪問と強調。分裂しているキリスト教各
教会の和解、イスラム教、ユダヤ教との相互理解と対話を重要な訪
問目的に挙げている。                    
 また、法王は中東の持続的な平和に向けた三宗教の影響力を重視
しており、今回の訪問が和平実現への雰囲気づくりに貢献できるよ
う希望していると述べた。                  
(了)  000319 1506              
[2000-03-19-15:06]




フォローアップ:



  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。