★阿修羅♪ 現在地 HOME > 掲示板 > 日本の事件11 > 637.html
 ★阿修羅♪
次へ 前へ
【茨城】 美浦村・女子大生殺人事件【風化阻止】
http://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/637.html
投稿者 エンセン 日時 2002 年 2 月 19 日 01:20:08:ieVyGVASbNhvI
 

(回答先: 草むらの血痕:2チャンネル情報 投稿者 あっしら 日時 2002 年 2 月 18 日 23:05:24)

 
【茨城】 美浦村・女子大生殺人事件★【風化阻止】

1 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 19:13

美浦村・女子大生殺人 筆跡にかなりの乱れ−−「出掛ける」自宅にメモ

「出掛けてくる。遅くなる」。茨城大農学部2年、原田実里さん(21)殺人、
死体遺棄事件で、原田さんの自宅アパートから見つかったメモ。前夜から
アパートで一緒だった友人男性にあてたものとみられるが、夜間、携帯電話
や財布を残したまま外出した原田さんは、どこへ出掛け、誰と会ったのか。
江戸崎署捜査本部は筆跡鑑定を行うとともに、事件直前の原田さんの行動
などを詳しく調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040210-00000001-mai-l08


2 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 19:18

◆被害者「原田実里さん」(21)
・茨城大学農学部生物生産科学科2年(一浪入学)
・トライアスロンサークル所属
・実家は山口県で三人姉妹の末娘
・高校時代はバスケ部
・フルマラソンを完走経験あり
・視力0.1
・茨城県阿見町阿見のアパート(125号線バイパス沿いのデニーズの裏)
 2階の一番奥の部屋に居住
・今回の事件における死亡推定時刻は1月31日、午前0時〜3時の間
・被害者所持携帯の最終発信記録は1月30日、18時半頃(相手は・・・)


3 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 19:22

◆事件までの原田美里さん(※のみ作成者の推測)

2002/4 実里、茨城大学農学部入学。トライアスロンを始める
2002/6-7 実里、水泳部の男性と交際を始める
2002/秋 水泳部の彼の就職活動が不調?(※)
2002/秋 実里、大学のある水戸の居酒屋でバイトを始める
2003/1 実里、日本学生トライアスロン連盟の委員になり交際関係を広げてゆく
2003/3 水泳部の彼が部を卒業する。日常のコミュニケーションが実里だけになる(※)
2003/4 実里、2年生になり阿見キャンパス周辺に引越しをする
      水泳部の彼が週に3〜4日車でやってくる
      実里、阿見町のラーメン屋でもバイトを始める
2003/4〜 水泳部の彼は就活をつづける(※)
2003/6 実里、潮来トライアスロン大会で裏方を務め、広げた交際を深めていく
2003/11 実里、居酒屋とラーメン屋のバイトを辞める
2003/12 実里と水泳部の彼が別れる。実里は同級生と付き合う
      水泳部の彼に交際している相手の話は出ていない。孤独化する
      同じマンションの住民が水泳部の彼の車が停まるのを見なくなる
2004/1 実里、同学科の女性友人に水泳部の彼との破局を伝える


4 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 19:47

◆重要参考人情報…≪≫内は、ほぼ確定だがソースに乏しいもの

………………………………………………………………………………………………………………………
@男1:阿見町役場そばに居住 / 元トライアスロンサークル / 青白 ≪21歳/生物生産学科2年/170cm≫
A男2:霞ヶ浦駐屯地そばに居住 / 水泳部 / 農学部4年 / 事件後より連絡とれず ≪23歳以上/165cm≫

※事件前、被害者と共にいた転寝(≒警察への通報者)は男1、男2いずれの可能性もありうる(☆)
………………………………………………………………………………………………………………………
◇その他の確定事項

B 転寝(≒通報者) / 被害者宅の合鍵を所有 / 21歳の農学部男性(警察発表)

C-1 新彼:被害者の1月30日現在の彼(半同棲状態にあった)
C-2 古彼:被害者と昨年末まで約1年半付き合っていた人物 / 被害者宅の合鍵は持たず

(注) (☆)が確定すればBの情報が@orAに付け足されるが、Cについては不明のまま。
(注) @AとC-1,2の相関が判明しただけでは(☆)の事項(Bがどちらであるか)は不明のまま。
………………………………………………………………………………………………………………………


5 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 19:57

◆04/01/30

13::00…渋谷区にてトライアスロン学連運営委員会に出席
     その際副委員長に選任される

16:30…「家に帰るから」と委員と別れる

18:00過…自らの携帯の最終発信履歴がこの時刻。その後帰路につく(渋谷駅-上野駅-土浦駅)

21:00過…自宅に到着

22:00過…通りの向いのスーパーに出かけ、10分ほどで帰宅
      「通報者」と酎ハイを飲み、軽く食事をとる
      「通報者」は酒が弱く、すぐに寝入る

◆04/01/31

08:00…「通報者」起床
     「ちょっと知り合いに会いにいきます」のメモをテーブル上に発見
     被害者が着ていたパジャマは残されていたが、黒色ダウンジャケットは見当たらず
     被害者が戻ってこないため、友人らの携帯に電話をかけ、居場所を探そうとする
     被害者の居所つかめず、車で「通報者」の自宅コーポへ戻る

15:00…自宅TV(orPC)で霞ヶ浦で若い女性の遺体が発見されたニュースを知り警察に問い合わせる

16:00…警察署にて被害者の遺体を確認

◆04/02/02

13:00過…
・「男1」、ラーメンR(「男2」のコーポから約150mの場所)前まで阿見町内のタクシー会社に配車要請
・「男1」は傘も差さず、青白い顔でラーメンRの前に立っていた
・運転手がドアを開けると「ちょっと待っていてください。もう一人呼んで来るから」と、車に乗らずに
・自衛隊飛行場そばの「男2」のコーポに入っていく
・6〜7分後、「男1」一人が息を切らせて顔面蒼白で戻ってくる
・「茨大まで」と行き先を告げ、運転して来た道を引き返そうとすると、「男1」は「逆から回ってくれ」と要求
・要求された道を走り出すと、すぐに「男1」の携帯電話が鳴り、「警察に言うと・・・・なる」といった類の内容を、
・電話の相手と交わしていたことを運転手が証言している(電話の相手は不明)

13:40…大学正門手前バス停で「もうここでいい」とあわてて降車。


6 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 19:59


◆今回の事件報道がまとめられたサイト
http://www50.tok2.com/home2/ibaraki987/index.html (original)
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Gemini/5523/index.html (mirror)

◆茨城女子大生殺害事件リンク
ttp://perape.hp.infoseek.co.jp/column/e00/colm_e97.htm

◆事件関連のポイント付き地図
http://www50.tok2.com/home2/ibaraki987/map_002.jpg


7 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 20:00


◆週刊誌記事が抜粋された掲示板

週間文春2・19号
ttp://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/518.html
アサヒ芸能2・19号
ttp://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/467.html
週間ポスト2・27号
ttp://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/621.html
日刊ゲンダイ2・11号
ttp://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/466.html
日刊ゲンダイ2・17号
ttp://www.asyura2.com/0401/nihon11/msg/611.html


8 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 20:18


◆先週末〜昨日発売の雑誌・新聞情報での錯綜

A:転寝をしていたのはどちらの男か→週刊特報のみ新彼
 ※多数派をとれば転寝=古彼=A男2となる

・週刊文春:古彼 / 駐屯地 / 水泳部 ⇒A男2
・週刊ポスト:記載せず
・週刊女性:古彼 ⇒C-2
・週刊特報:新彼(20歳) ⇒C-1
・日刊ゲンダイ:古彼 C-2

B:どちらが新彼か→ ”全紙共通” で同学科同級生・町役場 ⇒@男1
 ※これが正しければ「男1=C-1は成立するが、どちらが転寝かは不明

・週刊文春:町役場 / 元トライアスロン ⇒@男1
・週刊ポスト:記載せず
・週刊女性:2月2日タクシーを呼んだ男 ⇒@男1
・週刊特報:20歳 ⇒C-1
・日刊ゲンダイ:同学科同級生 ⇒@男1

C:事情聴取状況

・週刊文春:新彼・古彼・他10名以上
・週刊ポスト:別の国立大学のトライアスロン関係者男性
・週刊女性:捜査員を山口県にも派遣
・週刊特報:筑波大学の友人
・日刊ゲンダイ:筑波大学のトライアスロン関係者男性と茨城大学工学部男性

※※単純にA,Bを総合すると「男1=新彼」「男2=古彼=転寝」
   が成立するわけだが・・・


9 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 20:24


【週刊女性】3月2日号(2月17日発売)事件に関する記事

●男2君=古彼、被害者宅で1月30日に一緒に飲食をした茨城大学農学部の学生。

●男1=新彼、茨城大学農学部の学生。事件発覚後、男2宅を訪問している。
(男1、男2の年齢、所属サークルには言及せず)

●被害者、男1、男2の三角関係が農学部で話題になっている。

●捜査関係者は犯人は交友関係にいるとの見方を強めており、被害者の出身地の
山口県にも捜査員を派遣して聞き込みを行っている。

●事件発覚後、被害者の在籍する学科では学校側から事件のあらましが伝えられ、
黙祷が行われた。

●茨城大学農学部では、事件発覚後、女子学生に防犯ブザーの貸し出しを始めた。

※ここでも「男1=新彼」「男2=古彼=転寝」となる・・・


10 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 20:31


…………………………………………………………………………
>>2-3 被害者「原田実里さん」とは

>>4 重要参考人考察

>>5 '04/1/30〜31、2/2の出来事

>>6 事件に関するまとめサイト等  

>>7 新聞以外のメディア情報(阿修羅BBSより)

>>8 各メディアごとの人物情報の交錯

>>9 週間女性記事
                            04/02/18・20:30更新
…………………………………………………………………………


11 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:32

「週刊文春2・19」

●置き手紙には「ちょっと知り合いに会いに行きます」の文面

●不自然な通話記録情報リーク
「真夜中に突然、一人で家を出たという彼女の行動には多くの謎と矛盾が残る。「知り合いに
会いに行く」と原田さんは走り書きのメモを残していたが、彼女の携帯電話の発信着信、メー
ルは三十日午後9時以降、一切、記録されていない。」「原田さんが持っていた携帯電話の
最後の発信記録は午後六時過ぎ。電話の相手はA君である。彼の供述によれば、午後九時
頃、阿見町にある原田さんの自宅マンションで二人は落ち合う約束になっていたという。」

●被害者の自宅の鍵
「放置された自転車には鍵が付いたままでした。原田さんは自転車とマンションの鍵を同じ
リングホルダーにつけて持ち歩いていましたが、発見時、自宅の鍵は取り外されていました。」
「A君は原田さん宅の合鍵をもらっていたと供述している。」

●被害者と「転寝クン」及び別の男性の関係
引用:「A君は水泳部に所属していました。原田さんが入っていたトライアスロンクラブはプー
ルを持っていなかったため、水泳部と一緒に練習をしていましたが、A君と原田さんは練習中、
知り合ったと思います。A君は身長165センチほどで、モテる感じではないですが、表情が
明るい体育会系という感じの男の子です。服装はラフで夏から秋にかけて『どっちが長く
ハーフパンツをはいていられるか』なんて競争をしていました。原田さんと付き合い始めた
のは一年半ぐらい前で、二人が練習後、待ち合わせをしていた姿を見かけたこともありました」」
「A君も原田さんの自宅から二キロほど先にある同町内のコーポに住んでいる。交際するように
なって二人は互いの家を頻繁に行き来するようになった。A君は原田さん宅の合鍵をもらってい
たと供述している。」「 原田さん、A君、B君を知る農学部二年生の男子学生の証言である。
「テレビでは今でもA先輩が原田さんの“彼氏”と報じていますが、正直、アレッと思って見て
います。彼女の遺体が発見された翌日(二月一日)、生物生産学科の教室はA先輩とB君の
話題で持ちきりになっていました。原田さんとA先輩は確かに以前、付き合っていましたが、
『一ヶ月ほど前に別れた』と原田さん本人が話していたと友人から聞きました。そして昨年末頃
から、同じ学科で同級生のB君と付き合っていると学内では言われていました。彼女と親し
かった女の子たちは事件直後から教室内で、『原田さんはなぜ、“元カレ”のA先輩と一緒に
部屋にいたんだろう?』『“今カレ”のB君とは一体、どうなっていたんだろう?』と囁きあって
いました」A君は原田さんのマンションを多い時で週三〜四回は車で訪ねていたという。だが、
マンションの住人も「ここ一ヶ月くらいはA君の車を見かけませんでした」と証言するのだ。」
「B君は茨城大学農学部キャンパスの近くに住んでおり、原田さんのマンション、A君のコーポ
とも二キロも離れていない場所である。」

●遺体発見現場の状況
「「岸辺の草むらにはペンキかと思うぐらいの真っ赤な二十〜三十センチ大の血だまりと大量
に血がついた黒いズボンがぐちゃぐちゃの状態で落ちいていました」(第一発見者の男性)」


12 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:32

●遺体の損傷状況
「遺体には、犯人が彼女の首を切り取ろうとした痕跡が残っている。茨城県警捜査一課関係者
の証言である。「彼女の首筋は鋭利な刃であらゆる角度から切り刻まれていた。だが、奥に頭
を支える太い頚椎が通っているため、切断することができず、断念した。首は辛うじて頚椎だけ
で胴体とつながっていた状態でした。しかし、首筋の損傷がどんなに激しくても扼殺は喉の
甲状軟骨が潰れるという痕跡が必ず残る。司法解剖の結果、死因が窒息死であることはすぐ
判明しました。遺体の左鎖骨から腹部まで縦二十センチに達する大きな切り傷もあった。
その傷の両脇にも二本の小さな切創が縦に刻まれ、左腕にも横に走る切創がありました。
遺体にあった五ヶ所の切創はいずれも死後のもので、生前、彼女が抵抗した痕跡はほとんど
ない。顔見知りの犯行である可能性が高い」」

●事件発生前日(30日)の被害者の行動
「原田さんは日本学生トライアスロン連合の運営委員も務めていたことから、一月三十日午後
六時まで渋谷区内で開かれた運営委員会に出席した。午後六時半には「家に帰るから」とJR
渋谷駅で他の委員らと別れ、山手線で上野駅へ。常磐線に乗り換え、土浦駅まで戻り、茨城県
阿見町の自宅についたのは夜九時過ぎとされている。原田さんが持っていた携帯電話の最後
の発信記録は午後六時過ぎ。電話の相手はA君である。彼の供述によれば、午後九時頃、
阿見町にある原田さんの自宅マンションで二人は落ち合う約束になっていたという。」
「午後十時過ぎ、二人は通りの向かいのスーパーへ買い物に出かけたが、十分ほどで帰宅。
チューハイを飲みながら、軽く食事を取った。A君は酒に弱く、この夜も飲食後、すぐに寝入って
しまった。そして午前零時過ぎ、A君は、うたた寝をしながら、彼女がドアをバタバタと閉める音を
聞いたという。以下はA君の供述である。《当初は原田さんが風呂か、トイレにいったのかな、
ぐらいにしか思っていなかったのですが、朝八時頃、目が醒め、彼女がいなくなっていることに
気づき、びっくりしました。『ちょっと知り合いに会いに行きます』走り書きされた目もがテーブル
の上に残されていましたが、戻ってこないので段々と心配になって友人らの携帯に電話をかけ、
居場所を捜し回った。しかし、どこへ行ったのか、わからなかったので一旦、車で自分の家に
戻りました。午後三時頃、自宅でパソコンをいじていると、テレビで『霞ヶ浦で若い女性の遺体が
発見された』というニュースをやっていました。イヤな予感がしたので、すぐに警察へ『知り合い
の行方がわからない』と問い合わせをしました》A君は遺体が安置されていた茨城県警江戸崎
署の霊安室に出向き、午後四時過ぎ、変わり果てた姿の原田さんと対面している。」

●捜査関係者の動向
「謎が謎を呼ぶミステリアスな事件だが、捜査本部を仕切る捜査一課長は余裕の表情を見せ
ている。「一課長はここ最近、毎晩十時前後には自宅に戻っています。これだけ世間に注目
されている事件であることを考えると、ちょっと早過ぎる。ひょっとすると、もう真犯人の目星は
ついているのではないかと県警内では囁かれています」(県警詰め記者)」
「捜査本部幹部はこう言う。「原田さんの友人、知人の事情聴取はもう一通り終了しています。
A君、B君も参考人として、すでに事情聴取しています」

●被害者のスポーツに対する情報
「高校時代はバスケットボール、大学ではトライアスロンをやっていたので、走ることが好きだ
とはなしていましたね。昨年四月、『かすみがうらマラソン大会』に出場し、約42キロの
フルマラソンを感想したと聞いています」」


13 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:38

「週刊ポスト2・20」

「茨城大 美人女子大生「全裸」殺人事件」「元東京都監察医務院長の上野正彦氏が徹底分析」
「変わり果てた姿で発見された美人女子大生。だが、ものいわぬその亡骸は、犯人を照らし出す
様々なメッセージを発している。2万件以上の検死・解剖を手がけてきた元東京都監察医務院長
の上野正彦氏が、犯人の動機と素性に迫る。」

携帯と財布を残したまま外出

茨城県美浦村の清明川河口で、無残な姿で発見された茨城大学農学部2年生・原田実里さん
(21)は、歌手の華原朋美に似ていると評判の美人だった。「農学部の女子大生の中での人気は
ダントツでした。きれいで、オープンな性格でしたからね。男子学生に対しても、自分から積極的に
“元気!頑張っている!”とかって声をかけていくんです。だから、ボーイフレンドも多かったですよ。
といっても、彼女は、真面目な性格で、いい加減なつきあいは絶対にしないタイプ。お酒もいける口
で、今度一緒に飲もうねといっていたんですが・・・」(茨城大の友人)
<中略>
遺体の近くには、原田さんのはいていた黒いジャージーが岸にひっかかるような状態で見つかり、
それには少量の血がついていた。捜査関係者がいう。「遺体の状態はとにかくむごいのひと言。
直接の死因は、頚部圧迫による窒息死です。その後、鋭利な刃物で胸から腹にかけて20センチ
ほど切られていた。さらに、首の部分の損傷がひどい。ちょうど男性なら喉仏の下にあたる部分が
ざっくり刃物で抉られていて、首の約3分の1が切られていた状態だった。また、両手、両足には
皮下出血が見られる」自宅アパートを出てから変わり果てた姿で発見されるまでに何が起こった
のか。そもそも、一緒に寝ていた男子学生に声をかけることもなく、外出した経緯からが謎だらけ
なのである。まず、視力0.1の禁止にもかかわらず、コンタクトレンズも眼鏡も部屋に置いて外出
している点。さらに、携帯電話や財布も残されたままだった。当初、アパートから消えていた自転車
は、2月4日、アパートから直線で約2.4キロほど離れた空き地に放置されていたのが見つかった。
そこまで、原田さんは自転車を漕いでいったのか?暗闇の中、視力0.1で自転車に乗ることが
できるのか?捜査本部は、連日、100人近い陣容で捜査に当たっている。「警察は、外出時の様子
から、原田さんが遠出するつもりはなかったと見て、まず、知人関係の線を重視しているようです。
また、発見当時裸足だったこと、現場に残された血液が少ないことから、別の場所で殺害され車
などで運ばれたと見ている。当日、現場近くに白いワンボックスカーが止まっていたとの、目撃情報
もあります」(地元紙記者)


14 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:38

遺体内から採取された体液

さらに、捜査本部が注目しているのが、前述した遺体の状態。現在、司法解剖の結果に基づいた
分析が進められているが、捜査本部の置かれている茨城県警江戸崎警察署の白石忠次長は、
次のようにいう。「あらゆる可能性を検討し、遺体から体液を採取して分析中です」その体液及び
血液のDNA判定の結果次第では、犯人につながる有力な証拠になりえる。これらの状況を踏まえ
たうえで、現職時代、2万体に及ぶ解剖・検死を手がけた元東京都監察医務院長の上野正彦氏は、
まず、今回の事件が「暴行目的」であった可能性を指摘する。「このケースと非常に似ていると感じ
たのは、以前、私が取材した静岡県三島市の女子短大生焼殺事件(02年1月)です、この事件で
は、暴行目的の男がたまたま道で出くわした短大生を自転車ごと連れ去り、車に監禁したうえ、
事件発覚を恐れて焼殺した。被害者に行方不明になる前兆がなかったこと、乗っていた自転車が
事件発生当時には見つからなかったことが共通しています」三島の事件では、犯人が被害者の
自転車を川に捨てていたが、今回のケースでも自転車は原田さんの生活範囲から離れた場所
から発見されている。そのため、犯人が置いた可能性が高いと見られている。また、暴行の可能性
は遺体の状況からも濃厚という。「今回の被疑者の両腕、両足には皮下出血があったということ
ですが、これは暴行された遺体によく見られる特徴です。暴行目的の犯行の場合、相手の体を
押さえつけるために、被害者の手足を力づくで押さえつけるため跡が残り、皮下出血を生じる例が
ほとんどなのです」首を圧迫して胸や腹、首をメッタ刺しにしている残忍な手口から、怨恨の
可能性も指摘されたが、今回の事件のようなケースの場合は、逆に怨恨の可能性は低いのだと、
上野氏は解説する。「怨恨の場合、強烈な殺意があります。“相手を許せない”と逆上して殺害
しようとするわけですが、この場合は“いかに相手を殺害するか”という点に集中し、じっくり傷を
つけていたぶってやろうという余裕はないものです。相手を殺害した後は、早く、死体から逃げ
たいという例が多い。私が担当した例から見ても、メッタ刺しの場合、怨恨だった例は意外に少
ないのです」

犯人は気の弱い性格だ

では、遺体の状況から読みとれる犯人像はどうか。
上野氏は、今回のように複数の傷があるようなメッタ刺しの遺体の場合、犯人は非力であったり、
気の弱いせいアックである場合が多いという。「私が、司法解剖した例ですが、主婦が首から胸、
腹と20数か所ナイフで刺され、出血多量で死亡するという事件がありました。当初は、屈強な犯人
による犯行といわれていましたが、遺体を検死した結果、主婦より非力な人物による犯行ではないか
と直感した。 犯人が気の弱い性格だったり、非力な場合、相手を倒しても“もし、相手が起き上がっ
たら、自分がやられてしまうかもしれない”と恐怖感におののき、何度もとどめを刺してしまうもの
です。件の主婦殺人事件では、夫の愛人による波高でした。原田さんの事件でも、少なくとも犯人
は気の弱い性格であると推定できます」また、死体遺棄現場かも様々なメッセージが発せられて
いる。上野氏によれば、犯人は自分の生活環境から極力離れた場所に死体を遺棄する特徴が
あるという。 「私はいつも、“山を熟知しているものが殺人を犯した場合、遺体を海に捨て、逆に
海を熟知しているものは、山に捨てに行く”といっています。 たとえば、平成11年に起こった
スポーツインストラクターバラバラ殺人事件では、胴体は山で、腕は海で発見されました。この
情報を聞いただけで、私は“犯人は都会育ちの人物だろう”と分析しました。実際、この事件では
都会育ちの大学生が犯人だったのです。 誰もが自動車を持っているわけではなかった一昔前なら、
死体は犯人の身近な場所に隠すしかなかった。ところが、今では車で死体を遠くまで運べますから、
犯人は自分に関連する場所は避けようとするのが常なのです」今回の事件では、遺体が運搬されて
いる可能性も指摘されている。犯人は、生活圏も生活スタイルも川とは無縁の人物ではないか、
というのが上野氏の分析である。 それにしても、原田さんが何も持たずに部屋から出たのはなぜ
なのか。事件の謎は深い。原田さんのご冥福を心から祈りたい。」


15 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:39

[騒然!NEWSワイド]
茨城発>絞殺し、首と胸を切り裂こうと…
美人女子大生を襲った"真夜中の殺人犯"

今春には情熱を注いでいた「日本学生トライアスロン連合」の副委員長に就任すること
が決まっていた。その日は東京・渋谷で同連合の運営委員たちと打ち合わせを済ませ、自
宅マンションの部屋で、恋人である大学の先輩と缶チューハイで乾杯していた。
しかし、そのわずか数時間後---原田実里さん(21)の充実したキャンパスライフは突然、
終わりを告げた。
1月31日朝、寒風ふきすさぶ清明川(茨城県美浦村)の河口付近で茨城大学農学部2年生・
原田さんの亡骸が発見された。死因は首を絞められたことによる窒息死だったが、遺体は
全裸。首や胸には、鋭利な刃物で斬りつけられた痕があった。
「傷のいくつかは肋骨にまで達するという凄まじいものでした。首を斬りつけているの
は、切断しようとしたためでしょう。しかし、原田さんの遺体には抵抗した跡がない。彼
女と顔見知りで、かつ、恨みを持っている人物の犯行とみて、知人や友人をあたっていま
す」(茨城県警の捜査員)
同県警は80人体制で捜査しているが、2月3日現在、犯人は捕まっていない。
本誌も大学の同級生や、彼女が高校卒業まで暮らしていた山口県宇部市内に住む知人た
ちを取材したが、出てくるのは、「活発で明るい」「体育会系のノリの気さくなコ」とい
う発言や、前向きな姿ばかりだった。
「彼女は3人姉妹の末っ子なんですが、長女は企業の研究員をやっていて、二女は九州の
大学の農学部にいるんです。その影響を受けたみたいで、彼女は『バイオの研究者になり
たい』といっていました。農学部に入るには少し点数が足りなかったんですけど、1年浪
人し、一生懸命勉強して見事に受かった。優しそうな顔をしてますが、芯はしっかりした
コでした」(高校時代に通っていた塾の講師)
「高校3年間はバスケをやってました。明るくて気配りのできるコで、誰からも好かれて
ましたよ。去年も一昨年の夏も仲良しグループの男女10人くらいで彼女の実家に泊まっ
て、夢を語り合ったりしてました。『これから夏は、みんなで彼女の家に集まって過ごす
のかなって楽しみにしてたのに』(高校時代の同級生)
絞殺されたうえ、遺体を切断されるほど恨まれるような要素は、まるで見あたらない。
あるとすれば、恋愛のうえのトラブルだろうか---大学の友人が語る。
「確かに『状況からして、最後まで一緒にいた先輩が怪しい』という声はあります。二人
が知り合ったのは原田さんが入学して間もないころらしいんですが、付き合い始めたのは
つい最近。彼女は、それまで別の農学部の学生と付き合っていたんです。彼女と先輩が半
同棲してるって周りが知ったのもついこないだなんですよ。でも、先輩は別れ話でカッと
するようなタイプでもないし、執念深いわけでもないし……考えられません」
茨城県警は連日のように、この先輩を任意で事情聴取しているが、事件には関与してな
いとみられている。
原田さんの死亡推定時刻は1月31日の午前0時から2時の間。渋谷から茨城県内の自宅に戻
り、彼との食事を終えたすぐ後である。最後まで一緒にいたこの男性の証言によれば、彼
女は午前0時ころ、「ジャージのうえに、ダウンジャケットを羽織って出かけていった」
という。しかし、原田さんの財布、携帯電話は部屋に残されたまま。彼女の裸眼視力は
0.1程度だったというが、コンタクトは外しており、眼鏡も持っていっていなかった。彼
女の部屋は2階の奥。深夜は階段を下りるだけでも一苦労である。また、出かける直前に
電話がかかってきたり、メールが送られてきた形跡もないという。
「空白の2時間」を知る殺人犯はいったい、どこにいるのだろうか---。


16 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:43

「アサヒ芸能2・19」

「茨城「全裸絞殺」女子大生「謎の交友関係」に「第2の男」が浮上した!」

冷たい川の中、全裸の状態で絞殺遺体が発見された茨城大の女子大生。胸や首には、深く切り
つけられた跡があった。残虐な犯行に及んだ犯人はだれなのか。連日、事情を聴かれたのが、
前日の夜に一緒にいた男子学生。しかし、彼女の“交友関係”には「第2の男」の存在も浮上して
いるという。

頭や左胸に深い刺し傷が・・・

「裸の女性の遺体が、川に浮かんでいる!」
茨城県南部の霞ヶ浦沿いにある美浦村の男性から警察に通報が入ったのは、1月31日の朝9時
ごろのことだった。第一発見者となった男性が、こう語る。「マネキンだと思いました。長い髪が水面
に広がっていて...、でも、堤防に血の跡が見えたから、死体だと気づいたんです」着衣もなく、
うつ伏せの姿勢で発見された女性は、原田実里さん(21)、発見現場から6キロほど離れたところ
にある茨城大学農学部に在籍する2年生だった。「犯人は彼女を絞殺。そのあとに遺体の切断を
図ったのか、刃物による深い切り傷がのどや肩にあり、また左胸からヘソにかけての大きな傷は
20センチにも及んでいた。さらに、両腕と両太腿、胸に皮下出血もあった」(捜査関係者)身長165
センチと体格に恵まれた実里さんは、茨城大のトライアスロン部に所属。それだけではなく、「日本
学生トライアスロン連合」の運営委員として、積極的に活動していた。そんな実里さんは、殺害され
た前日の30日も、東京・渋谷で行われた、同連合の会合に参加していたという。社会部記者が語る。
「大学に近いアパートで1人暮らしをしていた実里さんは帰宅後、交際相手であり、茨城大4年の
男子学生と夕食を共にしたようです。彼は、『食事のあと、缶チューハイを2〜3本飲んで、うたた寝
していた。夜中の0時ごろ、彼女が部屋を出る気配を感じたが、トイレだと思った。朝になって目を
覚ますと、彼女の姿がなく、夕方のニュースを見て江戸崎署に問い合わせた』と証言しています。
ちなみに事件当初、江戸崎署は会見で、『解決は間近である』と自信満々の発言をしていました」
しかし、発見から約1週間になる2月6日現在も、いまだ犯人逮捕には至っていない。この状況に
ついて、「初動捜査のミス」と指摘するのは、警察ジャーナリストの黒木昭雄氏だ。「同署が行った
当初の会見は、部屋にいた男子学生の関与を示唆するニュアンスを含んでいた。事実、被害者の
自宅周辺への聞き込みなど初歩的な捜査をほとんど行なっていなかった様子なのです」そんな
状況の中、一部では「実里さんが外出しているに、一緒にいた男子学生が気づいて声をかけない
のが不自然」と、証言を疑う報道もあった。「しかし、実際にアパートの間取りを確認すると、1DKで、
トイレ・台所と、部屋との間に、幅の厚い仕切りのドアがある。男子学生の証言どおり『部屋を出る
気配』だけでは、外出なのかトイレなのか判断できず、不自然とは言いがたいんですよ」(社会部
記者)実際、2日後に同署が行った会見も、「(男子学生の)供述には矛盾点がない」と、事件当初
とは明かに換わったニュアンスのものになったのである。


17 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:43

怨恨による顔見知りの犯行

実里さんの死亡推定時刻は、午前0時から2時の間と見られている。彼女の携帯電話、そして財布
や眼鏡も自宅に残されていた。自転車と自宅のカギは、事件から4日後に、自転車と一緒に発見
されている。明るい性格の実里さんは、大学でも交友範囲が広い人気者だったという。「知り合いも
多いし、人見知りもしない。前向きで積極的なイメージのある子でしたね」(茨城大の女子学生)
そんな中、実里さんを知る茨城大の別の女子学生は、こう証言する。「彼女と部屋で一緒にいた
4年生の先輩とは、半同棲関係でした。でも、1ヶ月ほど前から、彼女が『別れたい』と言い出して、
破局寸前のような感じだったみたいです。で、それを別の男子学生に相談しているうちに、いい
雰囲気になったという噂です」また、ある学生は、「一緒にいた男子学生の前には、同じ大学の別の
学生と交際していましたね」もっとも、学生たちを取材しても、彼女の評判はよく、恨みを買うような
性格ではないのだが...「積極的で面倒見のいい子だった。来年からは、学生トライアスロン連合
の副委員長という、NO2の立場に就くはずでした」(トライアスロン部女子部員)実際、警察も実里さん
の「交友関係の洗い出し」に重点を置いた捜査を行なっているようだ。しかし、交友範囲が広かった
彼女だけに、謎は深まるばかりなのである。「行きずりの犯行の可能性も否定できませんが、犯人は
彼女と親交があった“第2の男”である可能性もあると見て、捜査を進めているようです」(社会部デスク)
複数の学生は、口ごもりながらこう話してもいる。「彼女に近い学生は、何か事情を知っているような、
お互いに顔色を見ているような感じ・・・もあります」前出の黒木氏は、次のように犯人像を分析する。
「物取りなど通り魔的な犯行より、むしろ、怨恨に端を発する事件。彼女の身近な関係者による犯行
であると考えます。まず、彼女の携帯電話に夜9時以降の発着信記録がなく、絞殺後に遺体の切断
を図った点に、証拠隠滅を念頭に置いた計画性が感じられます」さらに、黒木氏が続ける。「ジャージ
にダウンジャケットを羽織るというラフな服装や、携帯や財布と眼鏡を置くという状況から考えると、
彼女には外出の意思はなかった。つまり、顔見知りにドアを叩いて呼び出されて殺害された、との
状況が考えられます。そのあと、犯人は携帯や財布を持ち出すなど、彼女が外出したように偽装
する工作が可能だった。だが、それをしなかったのは、部屋に男子学生がいると知りうる関係者で
あった可能性が強い」残虐な犯人の一刻も早い逮捕が待たれる。」


18 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:46

茨城大女子学生「全裸殺人事件」で浮上した「第三の男」と「白い車」 (週間ポスト2/27号より)

茨城大学農学部2年生の原田実里さん(21)が全裸遺体で発見されてから2週間。現地では100人
近い捜査態勢が続いている。 「"外出してきます"という書置きは筆跡鑑定で原田さんのものと
ほぼ断定した。ただ、書かれた時刻が外出する寸前だったのかという疑問は残る。また第三者に
書かされた可能性も含めて調べているところだ」(捜査関係者)自宅アパートから2.5キロ離れた
空き地で発見された自転車は当初、有力な手かがりと思われた。だが、「ハンドルからは、原田
さんのものも含め、鮮明な指紋は採取できなかった。だからといって、特に拭き取ったような
形跡もない。自転車のカギはついていたものの、一緒にリングでつけられていた家のカギがなく
なっている。周囲を探しているが、まだ発見されていない」(前出・捜査関係者)そんな中、捜査本
部が注目しているのが、三つの事件関連現場で目撃されている"白いワゴン車"の存在である。
まず犯行前後と思われる1月31日午前3時頃、遺体発見現場から少し離れた空き地に白いワゴ
ン車が止まっているのを新聞配達員が目撃、「車内には、若い男ともうひとりがいた」と語ってい
る。また、自転車が見つかった空き地でも、31日午前5時頃に新聞配達員が白い車を目撃。
「エンジンも止まり、誰も乗っていなかったのに、室内灯だけがついていた」と、奇妙な車であった
ことを証言しているのである。これらと接点があるのかは不明だが、原田さんのアパート近くの
住民がこう語る。「30日夜、アパートの近くに白っぽい車が止まっていたのです。形はよく覚えて
いませんが、確か、三重ナンバーだったと記憶しています」現在、捜査本部は「目撃された車の
所在と所有者の割り出しに全力を傾けています。また、通り魔の可能性も視野に入れつつ、原田
さんの知人、友人関係を徹底的に調べている」(地元記者)現時点で、原田さんと同じ茨城大に
通う男子学生2人が事情聴取されているが、ここにきて浮上してきたのが別の国立大学学生の
存在だ。「この男性は原田さんとトライアスロンを通じて知り合い、一時期かなり親密だったという
話がある。警察も相当、関心を持ち、すでに何度か事情聴取をしているようだ」(県警担当記者)
原田さんが昨年10月までアルバイトをしていたラーメン店の店員がいう。「仕事ぶりは丁寧で、
とにかくいい子でした。秋頃。バイトの休みの日に、同じ年くらいの学生風の男性とラーメンを
食べにきたのを覚えています。2人がどういう関係なのかまでは聞きませんでしたが」明るい
性格の原田さんは交友関係も広く、すでに警察で事情を聞かれた友人の数も10人を超えている
という。犯人は原田さんの身近にいた人物なのか?そして、白いワゴン車の持ち主は?


19 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:48

「日刊ゲンダイ2・11」
「茨城大女子学生殺し 犯人絞り込みが遅れている謎」
「「屋内犯行」「外出メモ」も真相ウヤムヤ」
「茨城県美浦村で茨城大農学部2年、原田実里さん(21)が遺体で見つかった事件は、発覚から
すでに10日。当初は実里さんの交際相手の男子学生(21)が浮上し、早期解決とみられていたが、
予想外の難航だ。実里さんは1月31日午前0時ごろ、自宅アパートで寝ていた「半同棲相手」の
男子学生を残し、コンタクトレンズ、眼鏡、携帯電話、財布を持たずに外出。午前0時から2時の間
に首を絞められ殺害されたとされる。アパートには「出かけてくる」などと書かれたメモが残されて
いたという。「実里さんの遺体に抵抗した跡がなく、足の裏が汚れていなかったため。顔見知りに
よる室内犯行説が報じられていましたが、その後の調べで、彼女の顔面に殴られたようなアザと、
手足にも多数の打撲したようなアザが見つかっている。まったくの第三者による犯行も否定でき
なくなったわけです」(捜査事情通)残されたメモについては、特定の個人名が記されていた、
筆跡が乱れていた−などと情報が錯綜している。「実際には氏名は記されていないようで、事件
当日に彼女が書いたものかどうかも分かっていない。メモにあるように、誰かに会うために外出
したとは言い切れないのです。一方、顔見知りの犯行にしても、実里さんは明るく気さくで、
男友達も多かった。茨城大の別の学生と付き合っていたこともある。以前の交際相手なども事情
を聴かれているようですが、いずれにせよ、特定までには時間がかかるでしょう」(前出の事情通)
 さらに不審車である。事件当夜、遺体発見現場の美浦村の清明川河口近くと、実里さんの
自転車が見つかった土浦市の空き地付近で、ワゴン車のような白い車が目撃されている。2人が
乗っていたとの情報があり、複数犯行説も。事件は混迷の度を深めている。」


20 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:50

「日刊ゲンダイ2・17」

「茨城大生全裸殺人」「捜査線上に4人の男性」
「2人のカレシに2人の友達」

茨城大農学部2年の原田実里さん(21)が全裸遺体で発見されてから2週間。操作を混乱
させているのは、実里さんの交友関係の広さだという。「茨城県内の清明川の河口に浮い
ていた実里さんの死亡推定時刻は先月31日、午前0時から2時の間。その直前まで実里
さんのマンションで一緒に過ごしていたのが茨城大農学部の先輩のA君です。ところが、
実里さんは別の男性とも親しかった。農学部の同じ学科で同級生のB君です。もっとも、
B君と付き合いだしたのは昨年末で、日が浅い。週刊誌はA君を『元カレ』、B君を『今カレ』
とか書いていますが、A君は実里さんと別れたという認識はなかったようです。自分が
『今カレ』だと思っていて、だから、事件当日も部屋に上がり込んでいたんでしょう」(捜査事情通)
 警察はもちろん、2人から事情を聴いているが、さらに、捜査線上には別の男性2人が
浮上しているという。「1人は国立大の学生。実里さんは茨城大のトライアスロンクラブに
所属していて、その国立大生とは合同練習で知り合ったらしい。もう1人は茨城大の工学部
の学生。2人とも“知り合い”程度みたいですが、警察は事情を聴きました。実里さんは性格
が明るく、活発。交友関係も広いので、警察が事情を聴いた友達は10人以上になるのでは
ないでしょうか」(現場のジャーナリスト)捜査の行方はどうなるのか。「交際空いてや友達の
『短絡的な犯行』ならば、相手は学生なんですから、とっくに警察が“落としている”と思い
ますよ。2週間たっても犯人を挙げられないのは殺害現場も特定できず、物証が全然ない
からです。謎が多い事件だけに長引くかもしれません」(捜査事情通)県警は約100人の
捜査員を投入している。


21 名前: 名無しさん 投稿日: 2004/02/18(水) 22:55

>>11-12 週間文春2・19

>>13-14 週間ポスト2・20

>>15 FRIDAY2・20

>>16-17 アサヒ芸能2・19

>>18 週間ポスト2・27

>>19 日刊ゲンダイ2・11号

>>20 日刊ゲンダイ2・17号


http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/news/744/1077099217/l100

 次へ  前へ

日本の事件11掲示板へ



フォローアップ:


 

 

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. これで解決かな[1] grGC6oLFifCMiIKpgsg 2017年9月02日 20:10:31 : zjf0aKojiM : Vm941IE@oIQ[1]
30代フィリピン人男を逮捕=13年前の女子大生殺害―容疑認める・茨城県警
時事通信 / 2017年9月2日 17時20分

 茨城県阿見町の茨城大農学部2年原田実里さん=当時(21)=が2004年に殺害された事件で、県警は2日、殺人などの容疑でフィリピン国籍の30代の男を逮捕した。

 捜査関係者によると、男は事件当時、原田さんの自宅アパートの近くに住んでいた。調べに対し容疑を認めているという。

 原田さんは04年1月31日午前9時ごろ、1人暮らしの自宅アパートから約6キロ離れた同県美浦村の清明川で、他殺体で発見された。遺体発見現場から自宅を挟んで逆方向の同県土浦市の空き地では、原田さんの自転車が見つかった。

 遺体の解剖の結果、原田さんは首を絞められ窒息死し、その後、刃物のような物で首などを切られたことが判明。自宅の検証では、室内に争ったような跡や血液反応はなく、県警は自宅以外の場所で殺害されたとみて捜査していた。

infoseek 時事通信 記事より


2. 冤罪反対[1] mWyN35S9kc4 2017年9月15日 21:47:38 : D5S6dMQ0rU : Lto3o3agd1Q[3]
結局、交友関係じゃなくて、ただのレイプ魔の犯行だった。
阿修羅ですら、冤罪が作られるんだな。

ひどいよ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。