★阿修羅♪ > 雑談専用20 > 111.html
 ★阿修羅♪
思考停止者の論理性
http://www.asyura2.com/0601/idletalk20/msg/111.html
投稿者 考察者K 日時 2006 年 9 月 03 日 08:20:16: JjkI8nWTpj0po
 

Kも阿修羅に巣食って結構長いので
今までに、色々な議論を繰り広げてきた。
Kは浅学非才のアホなので多くの人に「気分の悪くなる投稿」を繰り返していただろう。

人間の価値観は千差万別である。価値観がそれぞれ違うのだから、価値観の違う投稿には違和感を感じることは仕方がない。
しかし、思考できる人ならば「違和感のある投稿に出会った時にこそ、思考能力を発揮する」のだろうと思う。
一方、思考停止者は「反射神経的な拒否反応を示す」

思考が出来る人が思考の後に結果的に「提示された意見に対して、間違っているという結論になる」と言う時はあるだろう。それは、一定の違和感のレベルによってレス(反論)を付けるという行動になる事はある。
一方、思考停止者も違和感のレベルによって「反射的なレス(批判)をつける行動に走る」のだろう。

この場合、両者の行動は共にレスという形で現れるので同じと思う人がいるだろうが、反論と批判の差というものを理解できるか?という点に論理性が問われる事になる。

Kは某所で「ケチ付けのK」と評価された事もあるが、論理考証も示さずに「ケチだけ付けた事はない」
ただし、Kは未熟で間違いも多い人間なので「論理考証をしても間違っているという事は多々ある」、しかし、そこは仕方がない。人間とは、ミスをする動物なのである。

一方、Kの主観においては「どこにも論理考証の示されているとは思えない、ケチ付けのための批判」が目に付くことがある。もっとも、ここはKの目が曇っているので、論理考証は書かれているのだが気が付かない(理解できない)という事もあるかもしれないとは思う。だが、多分、Kの目の曇りだけではなく「ケチ付けのためだけの批判」というのは存在するのだろうと思う。

人間は感情の動物でもあるので「ケチ付けのためだけの批判」を行う事はあるし、ここまでなら、許されると思う。
前回も書いたのだが、それは「批判のための批判」と言うような指摘を受けた段階で「立ち止まって自分を省みることができるか?」によって、思考停止者でないならば、論理性を考えるのであるから、最初の一歩は反射的であっても、その後は修正されるのならば「思考停止者ではない」のである。

Kは「言葉遊び(議論による暇つぶし的行為で、相手の反応を見て、自分を調整したり、予想外の反応から、新たな視点を模索しようというような意味)をする方の性格」だろうと思う。
ただし、これは相手によってである。
相手に「論理性も何もない」と思ったら「言葉遊び」など端から成立しない。
だから、相手に拒否反応が示されれば撤去もする。

しかし、まあ、日頃のKの行いの賜物という部分もあるので、この点を不快に思う人がいるなら反省すべきかもしれないとは思う。

「真実の究明」という命題がある。
その過程では「全てを疑って考えよう」という考え方は成立するのだろうと思う。
ただし、体制側は「プロパガンダを多用するので、反体制側も『嘘でも詭弁でも何でも良いので、こちら側の意見の強弁は許される』という意見」があるのなら、Kは疑問を呈するだろう。

Kの考えは甘いのかもしれない。確かに相手側が卑怯な手を使うのだから、こちらも多少卑怯であっても、あらゆる多数派形成のための手段を使うべきという考えは成立する部分もあるだろう。
しかし、卑怯は手段は見透かされれば逆効果という部分もある。
そのリスクを考えれば「出来るだけ正攻法だけを使用するべき」だろうと思う。
反体制派の主張が正しいとすれば「いずれは、それに気づいてくれる人は多数になる」という気持ちがKにはある。
そのためには「一人でも多くの人が自己の利益に囚われずに、論理的な公平な思考力を持つ事が必要」だろうとは思うし、また、多数派が嘘でも洗脳でも何でも良いので「反体制に多数派形成されれば良い」の結果として形成された「新体制」では、今の体制より良い社会になるとも思えない。

だから、「真実を究明」する場合には、基本的に「自分に都合の悪い意見でも受け入れ検討する必要があるし、自分の意見が自分の思い込みによって形成されたトンデモ論になっていないかを常に検証する必要もある」だろう。

あまりに論理性に欠ける論は「多数派形成には逆効果」であり、「支持者の団結力は強まってとしても孤立化は深まる(世間一般からは遠ざかる)」という部分はあるだろう。

真実を追究する場合の方法論としては「地道な証拠集め」と「あらゆる可能性の模索」という手法が有効だろうと思う。
仮に地道な証拠集めをしていた時に「テロというのを立証する決定的証拠が出てきた」時に「自分にとって都合が悪いので、見なかったことにして捨ててしまった」としたら、それは「人類にとっての背任行為」であり「真実の究明ではなく陰謀論の立証をしようとしているだけ」と言えるだろう。

「陰謀論に不利な仮説は駄目」的な主張をするのは「思考停止者」以外のどんな推理が可能なのだろうか?

そのような「公平とは思えない決め付け(問題提起ではなく、断定)を堂々と行い、自分の意見への反論は拒否(言葉遊びを理由にして)する」のは「思考停止者」だろうと思う。

もし、違うと言うのなら「確信犯的な計画性がある」と言うことだろう。


 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      HOME > 雑談専用20掲示板


フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ
★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/  since 1995
 題名には必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
掲示板,MLを含むこのサイトすべての
一切の引用、転載、リンクを許可いたします。確認メールは不要です。
引用元リンクを表示してください。