★阿修羅♪ > 医療崩壊3 > 320.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
長妻大臣、大至急、この詐欺兼薬害事件を止めてください! - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/320.html
投稿者 千早@オーストラリア 日時 2010 年 8 月 07 日 13:28:21: PzFaFdozock6I
 

リンク等がうまく表示されない場合は
ブログを開けてお読みください。

ここでも、
グラクソ・スミスクラインからいくら貰ってるか知らないが、必死に
私が調べた事実を否定するコメントを書く人間がいますが、そういう人には「HPVが子宮頸癌の原因だ」という証拠を是非出してほしいものですね。

参照
「原因」ではない「ヒトパピローマウィルス」

では以下、ブログから転載します。


akira@naga.tv へ、
豪時間 2010年8月7日 12:27:14に送信しました。
皆さんも是非、声をあげてください。

ウィキペディアも、本当の=事実である情報が書き込まれていても、モロ工作員と思しき人間が出てきてすぐにそれらを削除したりしますが、今現在しっかり

きわめて控えめな表現ではあるけれど、このワクチンへの疑問が書かれています。

米国でのガーダシルによる死者は数ヶ月前に70名は出ていたし、本当の実数はその10倍とも100倍とも言われていること。および日本で売られているサーバリックスも、ガーダシルと主成分は同じであること。こうした問題を訴えるグループからは、サーバリックスの方がガーダシルよりひどい害を与えるかもしれないと危惧する声も出ていることを決してお忘れなく。

今後数年〜10余年たって、妊娠しても流産する女性が激増してからでは遅いのです。

では、長妻大臣に送信したメールを貼り付けます。

長妻大臣

昨日のテレビで菅首相が
「子宮頸癌ワクチンの国費負担を
見直す(協力する)」と発言したそうですが

この子宮頸癌ワクチンは全くの詐欺であり、
薬害でしかありません。

原因だと言われているHPVは、実は原因ではない
し、それはそのウィルスに感染した人の90%以上が
治療もせずに完治してしまうことからもわかります。
加えて、感染がなくても癌になる人がいることからも
明らかでしょう。

メディアが取り上げない良心的な医師や科学者
だって警告を発しているのに、日本では
そうした声は全く紹介されていません。

あまりに一方的な宣伝で、大多数が騙され
「素晴らしいワクチンが出来た。
是非とも打ちたい」と思わせるように
仕向けられている

いいですか、ここで使っている図にも

発癌性HPV感染者の約0.15%に相当
とあります。100%から0.15%を引くと99.85%

HPVに感染した人の

99.85%はこの癌に

ならない
ということですよね。

FDAの科学者の中にすら、癌化した細胞が
このHPVというウィルスにとって住み心地が
よかっただけかもしれない
と疑う人がいるそうです。

亡くなった方々に失礼する意図はありませんが
死亡率だって「死者年間3,500人」といわれていますので
日本の2009年10月1日現在の人口統計記録を元に
25歳から90歳以上の女性人口と比べると
10万人中なんとたったの6.89人しか死んでいない
ことになります。

10万人中7人未満の死亡率だというのに
どうして国費まで使って大多数に打つ必要が
あるのでしょうか? しかも、このHPVは
子宮頸癌の原因でもないというのに!

もしも飽くまで「HPVは子宮頸癌の原因だ」と
おっしゃるなら、どうぞその証拠を見せてください
私はずっとこの件を調べていますが、いまだ
その証拠を見ておりません。

是非、その根本の嘘が「実は本当だよ」と
私が納得するだけの証明をしてください。

これは新型インフル同様の詐欺です。

新型(豚)インフルワクチンに関しては
ドイツの医師等も「WHOもグルの詐欺だった
と訴えているのをご存知ないですか?

あのときも日本国は巨額を払って
誰も打ちたくもないワクチンを買った
のでは
ありませんでしたか?

もっと、いくらでも使い道のある税金を
こうやって国民に毒を入れながら無駄にする
意図は一体なんですか?

子宮頸癌ワクチンに関しては、貴厚生労働省の
審議会の議事録を見れば明らかなように
子宮頸癌を防ぐかどうかはテストしていない
代物で、わが国初の遺伝子組み換え、蛾の細胞
が使われたワクチンであり、その安全性さえ
確立されていないトンデモの薬剤です。

海外では死亡を含む犠牲が出ていながら
多分製薬業者から圧力(乃至は賄賂)を受けている
関係機関は口をつぐみ、犠牲者たちが
犠牲者の共通項はこのワクチンだ」と訴えて
いるにもかかわらず、「関連がない」の一言で
科学的な証明も何もないままに黙認しています。

日本もそれに右へ倣え!ですか。

私から見れば、まだまだ控えめでしかない
けれども、英国では次のような報道も出ています。
Concerns over safety of cervical cancer vaccine after 1,300 girls experience adverse side-effects

こうした被害を、親がみごとに騙されている
がためにワクチンを公費、国費で受けさせられる
少女たちに与えるのですか?

はっきり、薬害エイズの二の舞だと断言しておきます。
多くの女性から、子供を生む能力を奪うかもしれない
のだから、もっと悪質だと言えるでしょうが。

そうです、
日本の少女たちから、即、目に見える有害反応が
出なかったとしても、もともとペットの去勢のために
開発されたアジュバントが使われているこのワクチン
ゆえに、将来子供が出来ない、流産してしまう女性が
たくさん出現する可能性、および彼女たちが
「予防する」と言われたはずの子宮頸癌を発病する
可能性を高くされることになると断言しておきます。

子宮頸癌の予防をしたければ
パップ・テストをすればよいのです。
その方がよっぽど安全で、確実と言われています。

それだって、私からすれば
早期発見で手術、というお定まりのコース
で医療業界の収入にするため
とは思いますが、この毒入りワクチンを
税金を使って小さい子供たちに
接種させる犯罪
よりはよっぽどマシだ
と思っています。

国費を使うなら、このパップ・テストを
誰もが定期的に受けられるよう補助を
するという方向に変えてください。

とにかく、このワクチンを今すぐ止めてください
そして各地で公費負担で行われている接種も
即刻中止させてください

それが、国民の命や健康

を守る厚生労働省

トップのすべきことでしょう。


千早
=========================================
「性交で感染する」ってホントなの?
出来レースだったノーベル賞
子宮頸癌を予防するかどうかの試験はしていない、「もしかしたら子宮頸癌を予防できるワクチン」 受ける女性はモルモット! 「やってみなければ分からない」「理解できない」「(GSKから)答えが得られていない」のに承認した厚労省
厚生労働省へのメッセージ - 子宮頸癌ワクチンは打たないで!
知らなきゃ仏!? 糖尿病薬で、袖の下(?)をばら撒いていたと思しきグラクソ・スミスクライン
「蛾」入りの遺伝子組み換え・劇薬ワクチン、打ちたいですか?
「最悪の副作用は、接種直後に死亡する可能性があること」と言われたら? - 子宮頸癌ワクチンは絶対に受けないで!!
ビル・ゲイツ - 新しいワクチンをホントにうまく使えば、世界人口を減らせる!
【必読】 9/11の「真の調査」とは?
深刻な日本でのケムトレイル攻撃
========================================
シークレットという解決策
みんなで歌おう
同時多発テロはヤラセだよ!
========================================
フッ素毒警告ネットワーク
必読! 水道フッ素化の真の狙い


★転送・転載の際は、この記事のURL
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/08/blog-post.html
を必ず入れてください。

一人でも多くの人々に読んでもらうため、ブログから応援のクリックをよろしく!
阿修羅掲示板上の拍手↓も!

そして、これを読んだあなたも 周りの人々に知らせてくださいね。  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年8月07日 17:22:12: ajxuvudRvA
「10万人」と「7人未満」のところ、「万」という漢字を使わないと
「100,000人」と「7人未満」を比べることになるわけだ。

とすると、全校女子生徒に売った、いや打ったとしても
その中の一人も、この子宮頸癌にならなかったかもしれない
ということですな。

女生徒だけで10万人なんて学校、ないものね。


02. 2010年8月08日 01:08:43: ethNHERqUg
> HPVに感染した人の99.85%はこの癌にならない ということですよね。
そのようですね。でも「1年間で」ですよね。こちらから引用されたのだと思いますが..
http://glaxosmithkline.co.jp/medical/cervical/hpv0101.html
「年間」罹患患者推定とあります。

> 10万人中なんとたったの6.89人しか死んでいない ことになります。
これは「たったの3,500人しか死んでいない」と仰っているのと同じですよ。(随分だな..)
頸癌による死亡率は増えているようですが、一定だとしても、20歳から40歳までの20年間で7万人!も
今丁度20歳の女性は、40歳までの間にこの7万人の中に入ってしまう可能性もあるわけですよね。

> 子宮頸癌の原因でもないというのに!
なぜそう思われるのですか?感染者の殆どが自然治癒するからでしょうか?死亡率が低いから?

「HPVは、実は原因ではない」のリンク先の男性のイボの話ですが、
> 「非常に珍しい遺伝障害ゆえに免疫システムが正常に機能しない」ことが、
> 彼の木の皮のような皮膚の原因だったのです。#HPVではない!
これを頸癌に言い換えれば、
「非常に珍しい遺伝形質ゆえに普通なら自然治癒するはずのHPV感染が治癒しない」ことが、
彼女が死亡した原因だったのです。#HPVではない!
ってことで済ますおつもり?
殆どの人は自然治癒するのだから、不幸にして頸癌を発症する人は見殺しにしてよい!ということ?
随分乱暴な論理のように思いますが..


03. 千早@オーストラリア 2010年8月08日 03:41:02: PzFaFdozock6I: qb8ANSZABA
02.さん、

>20歳から40歳までの20年間で7万人!

数年前から言われている「自殺者毎年3万人」はどうなるのですか?
20年で60万人? 下手すりゃ、今後数も増加してもっとになるかも?
原因が多種多様だろうから、ワクチンを一斉に売って、いや打って済ますわけにいかないから放っておく?

困難であろうと、手を打たなければいけないことは避けて
安易に税金を使って製薬会社にボロ儲けさせながら、少女に毒を入れる って。

>ってことで済ますおつもり?

その先もちゃんと読んでほしいですね。
「HPVの感染症は高リスクの病気ではない」ってあたりも。
そして、

>不幸にして頸癌を発症する人は見殺しにしてよい!

上に投稿した元の文すら読んでいないことがバレバレですか。
全米癌協会もお勧めのパップ・テストをやればいいと言っているでしょう。
その方がずっと安価で安全で確実だと。

第一このワクチンを売っている会社のサイトにすら、
「これで完全予防は出来ないから、定期的に子宮検診も必要です」
と書いてあるんだから! 

だから、こんなワクチンなんか全然打つ必要ないんですけど。


04. 2010年8月08日 03:51:22: qQzZIhyYNA
02さん、いつまで戯言のような数字を挙げて正論のつもりをするつもりかね?
厚生労働省はグラクソのワクチンを承認したかもしれないが
そのデータや医学的根拠は日本の場合根拠は破綻している。
子宮頸がんのデータの検証は今から検証すると
日本産婦人科学会がゲロしているのだよ。
参照元のヤフーの記事はすでに削除されているが以下のコメントを読みなさい。

http://www.asyura2.com/09/health15/msg/272.html#c5

唾棄すべき「ワクチン商売」を推進している方へ加担するのなら
今後、擁護コメントした方の汚点として残るだろう。
阿修羅が存続する限り、「ワクチン商売」を擁護する方々のコメントは
ずっと残るのだ。


05. 2010年8月08日 04:22:37: qQzZIhyYNA
ついでにおせっかいコメントです。
欧米製薬会社で開発された薬をありがたがって全てを妄信している方々へ
東洋人と西洋人の免疫システムに違いがあるのは知っていて
欧米製薬会社で開発されたワクチンを推奨しているのなら
ワクチン商売を擁護している方々は日本のマスゴミと同じで3流以下ですね。
更には、食物を分解する体内酵素も全人類共通だと思っているのなら
救いようの無いバカです。
免疫システムは体内で食物を分解吸収するシステムと連動しています。
また皮膚の色で大別される人種間でも違います。


06. 2010年8月08日 12:07:23: ethNHERqUg
阿修羅にもこんな投稿があるのですね..政治方面の議論が秀逸なだけに残念です。

リンク先の「薬事・食品衛生審議会 医薬品第二部会 議事録」も、各所にご自身が挿入された(疑問:)も読みましたが、とてもまともな議論になりそうもありませんので、要点だけ書いて終わりにします。
まず疫学データの読み方ですが、製薬メーカのグラフを見て「HPVに感染した人の99.85%はこの癌にならない」と大きな文字で書かれていますが、これはたった1年間の話であり頸癌の好発年齢は20年に及ぶのです。薬を売りたい製薬会社は、当然その程度のことは読み取れる相手に対してデータを公開しているつもりでいるはずです。「HPV感染者中の発症率が低いからHPV感染が原因のはずはない」に至っては、科学的議論以前の論理学の問題であり暗澹と..
加えて、あなたの主張のとおり、この好発年齢の期間中すべての女性に定期的に検診を行い、パップ・テスト→病理検査→外科手術を行う方が、HPVワクチンを未感染年齢の女性に投与するより医療業界は潤うのですよ。保険点数を比較してみてください。
すべての医薬品には副作用がありますので、期待される効果と副作用を臨床治験で評価して認可という手順になりますが,私が調べた範囲ではHPVワクチンのアナフィラキシーショックの発症率は、アジュバントを含む同様のワクチンと有意差はないとされています。

> 私が調べた事実を否定するコメントを書く人間がいますが、そういう人には「HPVが子宮頸癌の原因だ」
> という証拠を是非出してほしいものですね。

に対しては、千早さんは英語も読まれるようですのでこちらをご紹介します。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/
関連するキーワードで検索してみてください。
医学生物学には世界中の研究者による科学データに基づく熾烈な競争があります。製薬会社とは利害関係の無い生物系の若手研究者も多く含まれ、データの捏造などあれは他の研究者による再検で淘汰されてゆく厳しい世界です。政治の世界と違って、一ノーベル賞受賞者が効果の無い新薬を製薬会社と結託して捏造するなど、世界中の研究者の衆目の前では不可能なのです。

勿論、製薬会社に配慮して厚労省が副作用を隠すなどあってはならないことです。
その可能性に警鐘を鳴らす意味で、千早さんの投稿が全く意味が無いとは申しません。
ただ、千早さんがお調べになった内容を基に、すべての日本人に「頸癌ワクチンを打つな」と呼びかけるのは大変危険なことです。千早さんの呼びかけを間に受け、30年後に頸癌を発症した女性が居たとします。その女性が「HPVが未感染の若いうちに、あのワクチンを打っていれば」と後悔したら、あなたはその女性に対してどんな責任が取れるでしょう?(以降、返信はいたしません。これで終わり)


07. 2010年8月08日 12:44:54: MpYb7z0edo
>>06
これはワクチン推進関係者の方でしょうか?

ワクチンすべてが必要ないものです。
「後で後悔するのは無用有害ワクチン接種した本人と家族」です。
いくら調べても「大本営発表」的統計の取り方ですから、参考になりません。

専門職の人でさえこれに欺されているのですから、一般人がすぐ欺されるのは当たり前です。
いつものように、すべての日本人に「強制」する力はありません。
むしろ力ある方は国や医師やマスコミの方です。比較にならないほど影響力があります。
そして、彼らも決して責任などとりません。
いつも責任とっているのは国民です。(補償費賠償費は国民の税金)

医療関係のデータは捏造がまかり通る世界です。
たとえWHOでさえ、アメリカCDCでさえ、その癒着が暴露されてきたこんにち、もうそんな戯言は通用しません。

http://mblog.excite.co.jp/user/satehate/entry/detail/?id=10242298
現代医学教会」 の四つの聖水……その一・予防接種 by ユースタス・マリンズ


08. 2010年8月08日 13:01:41: MpYb7z0edo
先の続きです。

「製薬会社とは利害関係がない、データは捏造などあり得ない」

そんな事は昔からあり得ない世界です。
日本でもデータやエビデンスなどというものがいかに当てにならないか岡田正彦教授の本を何冊か読んでみればわかります。

もっとも医師でさえも欺されるくらいですから、このコメント投稿者も別に悪気で言っているのではないでしょうが・・・
問題は欺されている事に気がつかない、正しいと「思いこんでいる」ことに落とし穴があるわけです。

そういう方の方が実際は社会の多数派になっているからこそ(意図しない)大きな集団詐偽世界が創り上げられる事です。

この典型的なのが国家の思想統制が行われた戦争時代。

いつかしら騙された私や貴方がだます側になっていた! 医学の嘘が蔓延してしまった世界において「国賊」は語る
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/314.html

医者が嘘をつくはずがない、医学研究者がデータを捏造するはずがない、国が厚生省が、WHOが・・・・
こんな「思いこみ」があると、もう真実は見えてきません。盲従ロボット、盲従家畜と同じになります。
そして、一緒になって虚構を推進、守るために一生懸命になります。

そのご、いざ敗戦になって
私もだまされていた・・・と、責任などとりません。


「医療業界のストリートハスラー(詐欺師)」 
http://www.asyura2.com/09/buta02/msg/774.html
投稿者 寅蔵 日時 2010 年 8 月 04 日 06:57:23: 8X/teMCB5Xc.E


「現代医学教」の信者は妄信です。
http://mblog.excite.co.jp/user/satehate/entry/detail/?id=10242298


09. ダイナモ 2010年8月08日 13:11:36: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
>>07

>ワクチンすべてが必要ないものです。

笑止千万のコメントですね。 それほど断言するのなら「天然痘ワクチン」も必要なかったことになりますが(笑)。

あなたの挙げたリンク先に「天然痘ワクチン」のことが書かれていますが、意味不明の中傷は書かれていますが、ワクチン接種で天然痘が撲滅できたことについては何も書かれていないのは非常に怪しいですね。

猛烈な感染力と極めて高い死亡率を有し、国や民族の滅亡の遠縁となった天然痘が地球上から撲滅できたのは天然痘ワクチン接種のおかげだったのです。

 


10. 2010年8月08日 13:21:08: MpYb7z0edo

残念ですね。
天然痘は自然に終息したのですよ。インターネット捜してみてください。
本にも出ています。
トリックは統計年数を縮めて、さも医学上の勝利であるかの様に見せただけです。
結核も同様。
これが意識的にやったのか、それともオッチョコチョイでやったのかは分かりませんが、今もそれを表に出さないという事は「今は意図的です」ね。

後は皆おなじやり方で医学が貢献したかの様に統計の一部だけを見せる方法でした。
もっとも、
真実を知ろうとしない人には見ることの意欲がないから無駄でしょう。



11. ダイナモ 2010年8月08日 13:22:39: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
>>08


>。ヨ製薬会社とは利害関係がない、データは捏造などあり得ない」

>そんな事は昔からあり得ない世界です。
>日本でもデータやエビデンスなどというものがいかに当てにならないか岡田正彦教授の本を何冊か読んでみればわかります。

そんなことは織り込み済みです。製薬会社が利益追求のために不都合な事実を隠そうとしようとするといったことはよくあることです。

そいうことは現場の医者がよく知っています。何せ製薬会社のMRと日常的に付き合ってきていますからね。そういう事実を承知した上で医者は治療を行なっているのです。

 


12. ダイナモ 2010年8月08日 13:24:42: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
>>10

>天然痘は自然に終息したのですよ。

ではその「科学的」根拠をあなた自身が提示して下さい。

 


13. 2010年8月08日 13:29:36: W8w8t7Fek2
「がんになった女性にどう言ういい訳ができるのか。」という投稿で初めてこの話を信じることができました。
打っても打てなくてもそれに対する言い訳などできるはずが無い。
どんな患者でもかかった時は、後悔と自責と恨み辛みが同時に来る、それを口に出して、論を封じ込めようとする。
これは意図があり、その上隠さなければならない事があると判断します。
それだけはやめたほうが良い、人間性を疑われます。

14. 2010年8月08日 14:07:41: qQzZIhyYNA
天然痘や結核が無くなったとは(厳密には存在しているが)
衛生状況と栄養接種の改善が多くを占める事は医者も認めている話だが?
それを、さも全てがワクチンで改善されたかのようなコメントはいかがなものか?
ワクチン全体を肯定するにはデータは偏っている
また、ワクチンを否定するにもデータが足りない
(意図的に表に出ないようにしている?)

ワクチン接種を受けなくて、ガンで死亡した人に対して
どのような責任をとるのか?のような恫喝をおこなうが
では、ワクチン接種してもガンになり、しかも重篤な後遺症を受けた場合
ワクチン推奨者はどのような責任をとるのか?
いや、それは国が承認したのだから・・・卑怯千万ですね

日本の産科婦人科学会は子宮頸がんの傾向やデータはいまから検証が必要と
発表しているのだから、マダマダ先の話です。
いまの2年間隔の検診ではなく、1年間隔で検診していれば
逆に金は掛からない。
論点としては日本ではまだ性交渉すらしていない女子児童にワクチン接種を
しようという、アホな決定をしていることに問題があるのですよ。
性交渉をしている女性に限定すべきでしょう。
そして、その大人の女性が
ワクチン接種を受ける・受けないの判断を任せるべきです。


15. ダイナモ 2010年8月08日 14:16:15: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
>>14


>論点としては日本ではまだ性交渉すらしていない女子児童にワクチン接種を
>しようという、アホな決定をしていることに問題があるのですよ。
>性交渉をしている女性に限定すべきでしょう。

すでに性交渉している女性はすでにHPVに感染している可能性があります。すでに感染しているHPVに対して、HPVワクチン接種は無意味です。

 


16. 2010年8月08日 14:45:47: qQzZIhyYNA
HPVに感染している可能性がある・・・可能性?
データはどうしたのでしょうか
子宮頸がんになった方々とワクチンを結びつけるデータとしては
このHPV感染率は厳密なデータが必要なはずだが。
可能性とはどの程度の%か
グラクソのCMでは80%感染しているとあるが?
(性交渉している女性に限るとは何処にも出ていないが)

ワクチン接種の前にHPV検査をすればよい話です。
「性交渉をしている大人の女性」にHPV検査をすればよい。
そして、2年ではない1年間隔でこまめに検診すればよい

(1)HPV検診を受けさせる。
(2)HPVに感染していないのなら、副作用を含め説明して
   ワクチン接種を受ける・受けないを大人の女性が決めればよい。
(3)HPVに感染して無い女性のワクチン接種後の発症率を追跡調査する。

これで、ワクチンの有効性が本来解るのではないのでしょうかね?
私が調べたところ日本産婦人科学会関係のデータにこのような資料が見当たらない。
私の調査力不足だと思うので、申し訳ないが
知っている方に是非ご教授願いたい。

さらに付け加えるのなら、HPV感染しないよう啓蒙教育するのが必要だ
HPVに感染して子宮頸がんにならなくするより
HPVそのものに感染しないようにすれば良いが
その研究はどうなっている?
HPV感染が何故起こるのか?
HPV感染しないようにするには、どのような衛生習慣と衛生知識
または食生活を送るかが、医療費高騰に悩む日本の財政改善にも役に立つ。


17. ダイナモ 2010年8月08日 16:05:08: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
>>16

浸潤がんの99.7% がHPV DNA検出法により陽性であることが報告された1)ことから、発がん性HPV感染は子宮頸がん発症の必要条件とされています。しかし、発がん性HPVに感染したすべての人に子宮頸がんが発症するわけではありません。発がん性HPVに感染したうちの少数例においてのみ、長時間をかけて子宮頸部上皮内腫瘍(CIN:cervical intraepithelial neoplasia)から浸潤がんへと進展していきます。CINとは、上皮内に限局する異形成と上皮内がんのことで、子宮頸がんの大半を占める扁平上皮がんは、異形成という前がん病変を経て発生します。
1) Franco EL et al.:CMAJ 164(7):1017-1025,2001

子宮頸がんになった方々とワクチンを結びつけるデータとしてはグラクソのwebページに以上の説明があります。
http://glaxosmithkline.co.jp/medical/cervical/index.html

>ワクチン接種の前にHPV検査をすればよい話です。
>。ヨ性交渉をしている大人の女性」にHPV検査をすればよい。
>そして、2年ではない1年間隔でこまめに検診すればよい

だから性交渉の経験のある女性ではすでにHPVに感染している人が多いので、HPVワクチンは無力だと言っているのです。ただし、ワクチン接種後は新たなHPV感染を防ぐ効果はあります。
全女性の70〜80%が一度はHPV に感染すると日本産科婦人科学会などの文書に明記されています。

ワクチン接種を受けたうえで2年間隔で子宮頸癌検診を受けた方が費用も安く済むのでよいのではないですか。

国は乳がんと同じく2年に1回の検診を呼びかけています。同じくグラクソのWebページから。

わが国では、地域住民検診として20歳以上の女性を対象に、2年に一度の子宮がん検診を実施することが推奨されています。
わが国における子宮がん検診は1960年代から行われ始め、1983年に施行された老人保健法により国の事業として推進され、全国的に普及しました。以前は住民検診として、30歳以上の女性を対象に年1回の頻度で実施されていましたが、最近の20〜30歳代における子宮頸がんの増加を踏まえて、2004年から検診対象年齢が20歳以上と改正されました。

1)厚生労働省老健局:老人保健事業に基づく乳癌検診及び子宮がん検診の見直しについて.:がん検診に関する検討会中間報告.2004

http://glaxosmithkline.co.jp/medical/cervical/detect0201.html

 


18. 2010年8月08日 18:23:46: qQzZIhyYNA
ダイナモさん、私が意図したのは製薬メーカーのデータではなく
日本産婦人科学会や厚生労働省からのデータで、それが見当たらないのですよ。
>>04 の参照元の阿修羅のコメントによれば
子宮がんに、子宮体がんと子宮頸がんの統計データがごちゃ混ぜになっていて
本来の子宮頸がんの追跡調査が日本では精査されていないと
いまから精査するので、医療用語の区別とデータの区別をするとあった。

問題は子宮頸がんのワクチンだ、子宮頸がんの日本人のデータが無いのでは
ワクチンの有効性が解らないとの疑問です。
私は単純な話、ワクチンとは免疫系を補助・強化する薬であるとの認識で
それもある程度平均的に成熟した大人に有効であるとの認識です。
免疫系が整っていない成熟していない女子児童に有効なのですか?
ワクチンが有効だとのデータの元は成人女性=大人の女性のデータですよね?
それとも、女性の免疫系は平均的には12歳ぐらいで整うものなのですか?


19. ダイナモ 2010年8月08日 19:40:40: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
>>18

>子宮がんに、子宮体がんと子宮頸がんの統計データがごちゃ混ぜになっていて
>本来の子宮頸がんの追跡調査が日本では精査されていないと

これはわが国での子宮頸がんの年間罹患者と年間死亡者の数について、発表元が違うと数も大きく違っていることで子宮体がんと子宮頸がんが混同されているケースがあることを裏付けていると見ることができます。

実際に、日本産科婦人科学会、日本小児科学会および日本婦人科腫瘍学会が連名で発表した「ヒトパピローマウィルス(HPV)ワクチン接種の普及に関するステートメント」という文書では、「わが国では現在、年間10,000 人以上が新たに子宮頸がんに罹患し、約3,500 人が子宮頸がんで死亡していると推定される。」とありますが、一方、グラクソの「子宮頸がん疾病情報」というWebページでは「日本国内では年間約8,000人が子宮頸がんと診断され、約2,400人が死亡しています」とあります。

最も正確な数値は国立がん研究センターの以下の記述だろうと考えられます。

子宮がんにかかる方は、全体として年間約17,500人で、このうち子宮頸がんが約8,500人、子宮体がんが約8,200人、どの部位か情報がない子宮がんが約800人となっています(全国がん罹患モニタリング集計2005年報告 上皮内がんを除く)。また、子宮がんで亡くなる方は、全体として年間約5,700人、このうち子宮頸がんが約2,500人、子宮体がんが約1,700人、どの部位か情報がない子宮がんが約1500人となっております(人口動態統計2008年)

http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/cervix_uteri.html

この記述からすると、どの部位か情報がない子宮がんのうち、子宮体がんと子宮頸がんの年間罹患者の割合はおよそ半々と見られます。これらの数値も勘案すると、子宮頸がんの年間罹患者は約8900人と推定されます。どの部位か情報がない子宮がんのうち、子宮体がんと子宮頸がんの年間罹患者の割合はおよそ4対6と見られます。これらの数値も勘案すると、子宮頸がんの年間死亡者は約3400人と推定されます。

>問題は子宮頸がんのワクチンだ、子宮頸がんの日本人のデータが無いのでは
>ワクチンの有効性が解らないとの疑問です。

「日本人のデータ」が具体的に何を指しているのかが不明ですが、HPVワクチン接種によるHPV感染防止効果のことだとすれば、「日本人」の該当データは見つからないようです。ですが、日本における子宮頸がんに関連する発がん性HPVの遺伝子型に関するデータについてグラクソのWebページに以下の記述があります。

日本人の子宮頸がんに関連する発がん性HPVの遺伝子型は16型と18型が最も一般的で、これに52型と58型を加えると全体の72.5%を占めます。(メタ解析より)
発がん性HPV感染部位は、ヒトの扁平上皮に限られるため、実験動物やin vitro系での増殖は困難です。したがって、血清型で分類される多くのウイルスとは異なり、HPVはゲノムDNAの塩基配列の相同性に基づき、遺伝子型で分類されます。
現在、HPVは100種類以上の遺伝子型が知られていますが、遺伝子型によって全体に占める割合が異なります。発がん性HPVと広く認知されている遺伝子型のうち、わが国ではHPV16、18、52、58、33、31、35型の7タイプの検出頻度が高いことが、日本人女性の子宮頸部におけるHPV感染を報告している主要論文のメタ解析によって示されています。海外と比べると、16型の検出頻度がやや低く、52、58型の検出頻度が高いことがわが国の特徴です。
1)Miura S et al:Int J Cancer 119(11):2713-2715, 2006

http://glaxosmithkline.co.jp/medical/cervical/hpv0201.html

これによるとグラクソのHPVワクチンであるサーバリックスは、日本人に子宮頸がんを引き起こすHPVウイルス感染のうち約60%のHPVウイルス感染を防止する効果があることになります。

>免疫系が整っていない成熟していない女子児童に有効なのですか?

12歳程度ともなれば免疫系システムはほぼ完成されているとみなしてよいと思います。そうでないならインフルエンザウイルスに感染しても自然に治癒するはずがありませんから。


20. ダイナモ 2010年8月08日 19:44:26: mY9T/8MdR98ug: oz3zVsEkfw
訂正です。

どの部位か情報がない子宮がんのうち、子宮体がんと子宮頸がんの年間罹患者の割合はおよそ4対6と見られます。

とあるのは誤りで

どの部位か情報がない子宮がんのうち、子宮体がんと子宮頸がんの年間死亡者の割合はおよそ4対6と見られます。

が正しい記述です。


21. 2010年8月08日 22:39:18: qQzZIhyYNA
ダイナモさん、ご丁寧な解説ありがとうございます。
でもまだ疑問はありますが、私の疑問点の半分以上の説明にはなりました。
貴重な時間を割いていただき、ありがとうございました。
残る疑問と言うのは、ダイナモさんが解説していた
==========================================================================
日本人女性の子宮頸部におけるHPV感染を報告している主要論文の
メタ解析によって示されています。海外と比べると、16型の検出頻度が
やや低く、52、58型の検出頻度が高いことがわが国の特徴です。
===========================================================================
この部分です。
グラクソのワクチンはHPV16番18番に顕著に効果があるので日本で認証された
「子宮頸がんワクチン」なのはずですよねだが
日本人女性の場合、52型58型に最適化されたワクチンが出るまでは
国による義務化や、公的資金での補助は見合わせるべきと個人的には考えます。
これは、ダイナモさんも指摘しているように12歳の女子児童では
免疫系が整っているのが前提で、HPVは自然治癒する事例が殆んどである
との検証結果からもいえますね。
それと、2年の検診間隔の根拠も疑問が残るところです。
HPV感染後から子宮頸がんになった後の段階的な判定レベルがありますよね?
その判定基準の時間に2年は必要ないはずですが。
私の個人的考えでは、ワクチン接種の接種義務化及び医療機関の
積極的な推奨はまだ早いと思います。
その決定的な理由は、グラクソからのデータが判断の主流となっていると
思われるからです。
さらには3回接種6万円の医療費が1年間隔の検診より安いとは思えない。
色々とご教授くださり、ありがとうございました。

22. 2010年8月09日 00:33:19: ECELsh90VU
12歳の子供に何年間有効かも検証されてもいない子宮頚がんワクチンを
大々的にキャンペーンしてまで打たせるなんて危険すぎる。
なんで日本の子供が実験台にされなきゃいけないの・・・
何時もそうだけど、アメリカ、イギリスで副作用が出て使われなくなって
多量に余ったクスリを日本に高い値段で売りつけてきたんだから。


23. 2010年8月09日 01:09:52: ocMy6ud3v6
外国だと、子供が大きくなって(過剰)性行為を推奨する行為だと反対が出るけど、
日本ではダイナモみたいなのが科学的ふうなのが、処女性を尊重するのはいけない思想だと言いそうだから
実験台にしやすいんじゃないかな。

24. 2010年8月09日 08:55:51: x3wo0HYDyk
子供にワクチン接種する理由   長期収益が確保される
そりゃそうだ。体にワクチンという異物(毒物=劇薬)を入れると長期間体内に保存される。
次第に免疫系をかく乱させるので、将来病気にかかる人が増える。
すると、安定した収益が確保される。
さて、
ワクチン推進派が儲かる、ワクチン反対派が儲かる。
どちらが正解かな?

反対派はどこで儲かるのだろう? 
 儲かるわけないだろ!

こんな嘘を黙って見逃していたら、まわりまわって自分や家族に来るんだ。
しかも強制的社会になったら、もう守るのも困難になる。

自分を守るために一生懸命にならざるを得ないのだよ!
推進派は金(利益)を守るが、反対派は自分(家族も)を守る。


25. 2010年8月09日 22:56:07: Nz07mOX472
専門的立場からのいくつかの投稿に敬意を表します。本当に御苦労さまです。

金儲け=悪い奴=薬効はないに決まっている
金儲けに無関係な人=善人=その主張は正しいはず

これがいつも正しければ、世の中生きるの簡単ですよ。何も考える必要などない。
おまけに、大部分の医者や専門家は西洋近代医学に「洗脳」されている、ときた。(笑)
これではいくら知識のある人が解説しても、「我々は洗脳されないぞ!」って反応になる訳だ。
(何かの宗教?)

医療従事者(特に医者)の多くはB型肝炎ワクチンを打って身を守っています。
勿論副作用の内容や発症率は承知の上です。どちらが得か判断するには正しい知識が不可欠です。


26. 2010年8月09日 23:20:58: Nz07mOX472
> 06さん
> 千早さんは英語も読まれるようですのでこちらをご紹介します。

pubmedは千早さんにはちょっと無理かも..
リンク先で"〜60%"(だったかな?)を「最大60%」と訳してましたから。
"〜"=circaも知らない人に科学論文を勧めるのは酷かと..


27. 2010年8月10日 08:04:40: Cksw8zexm2
>>25
そんな単純な公式ではないのですが、書き方が悪かったと反省します。
しかし、かなり当たっています。
医学者と製薬企業との癒着はもうWHOやCDCにまで及んでいるのは事実として明かされました。
日本ではなかなか見えてこないかも知れませんが、専門職の下位の方では「あり得ない」と思っているのでしょう。
宗教団体の上の方と下部の方はかなり人種が違いますから。

そこで
何かの宗教?
とお言葉ですが、「現代医学は宗教である」とロバートメンデルソン医博著「患者が医者にだまされるとき」に詳しくその理由を書かれています。

またこの本だけでなく、「千人の医師の証言ーー医療の犯罪」でも、既に医学の根本がいかに見当違いであったかを相当以前から証言されています。

私は「医者が医学に騙されている」と思っています。
「9割は不必要だ」というメンデスソン博士に同意します。

おそらく下記のHPは読むことすら出来ないでしょうけど(怖ろしくて)
http://hon42.com/index.html
医猟地獄の犠牲になるな


28. 2010年8月10日 09:36:39: a6a5iIiXKs
> おそらく下記のHPは読むことすら出来ないでしょうけど(怖ろしくて)

確かに怖ろしいです。ここに書いてあることを真に受け、実践してしまう人が出ることが..
中には病気が治るどころか、反って悪化させてしまうような内容も含みます。
余りにも項目が多いので、一々反論する元気はとても私には出ませんが..
それにここに書いたところで、盲信者の誤解を解きほぐすことは私にはできないでしょう。
ことは「月面着陸は陰謀だった」のレベルではありません。皆さんの命に関わる内容ですから..
知識はなくとも、せめて嗅覚でここに書かれていることの誤りを嗅ぎ分けて下さることを祈るのみです。

(インターネットは怖ろしい..今回初めてそう思いました)


29. 2010年8月10日 09:41:45: Cksw8zexm2
戦争版にもありました。

ロックフェラーが医療ファンドを創設........人口削減計画が加速か???
http://www.asyura2.com/10/warb5/msg/476.html
投稿者 姉葉大作 日時 2010 年 8 月 10 日 00:24:15: 1eq0f123HFFf2

去年の新型インフルエンザペテンパニックで味をしめたグローバルエリートが第二のパンデミック(今度は本格的に起こすかも?)を画策中か?........またグローバルエリートはモンサント、デュポンのような多国籍巨大企業なども所有しており食糧調整を自由自在に行える。
今年初めには、人口削減推進者のビル・ゲイツは、カリフォルニア州で行われたTED2010会議で「ワクチンを使って世界人口の10〜15%を削減できる」と語っている。


30. 2010年8月10日 09:46:41: Cksw8zexm2
まあ28さんは純真なのですよ、きっと。

普通の人にはショッキング過ぎるでしょう。
全部読めた人はかえって少ないでしょうね。(かくいう私も)

しかし、真実というのはあるときには非常に破壊的に迫ってくる様に見えてくるものです。
なぜなら
今までの自分の真実をひっくり返してしまうからです。
これはある意味怖ろしいことなのです。

怖いものみたさというのは、別に解釈すると非常に強い好奇心でもあり、勇気がいるものです。時には魔物が出てきますよ!!

まあ、反論はできないでしょうね。真実に対しては真実を出すしかないのですから。


31. 2010年8月10日 09:54:19: Cksw8zexm2
ついですが、インターネットの世界は怖いというのは本当です。
嘘捏造の情報の中に本物が含まれているからです。

嘘にまみれた世界にどっぷり浸かってしまった種族は、時折見かける本物にビックリ仰天、本当に怖がってしまいます。

これなども怖い話しですよ。
http://www.d4.dion.ne.jp/~doi-jimu/kasin.htm
ほとんどの患者は「医原病」である。「病気」は医者によって作られ、医者によって増悪させられている。


32. 2010年8月10日 10:21:27: a6a5iIiXKs
昨年の豚フルに関して一言書いて終りにします。パニックになった(敢えてした)のは日本だけです。
成田空港内を防疫服を着たスタッフが駆け回る姿は、世界中の専門家の笑い物になりました。
海外の医科大学に留学していた友人も、当地で放映された映像を観て「お前の国はどうなってる?」
と随分冷やかされ恥ずかしい思いをしたと、帰国後漏らしていました。

落ち目だった麻生政権&厚労大臣の(政権浮揚を狙った?)勇み足パフォーマンスの正に愚策でした。
感染症の専門家も「鳥フルのアウトブレイク時に備え、感染防御対策を国民に啓蒙するのも悪くない」と
嬉々としてTV出演していました。「馬鹿バカしいから止めろ」と公言する勇気は中々出ません。
豚フルワクチン騒動も然り。
費用対効果は低くとも全くの無駄とも言えず、豚フルと言えど感染拡大を放置すれば混合感染で強毒化する
可能性は0とは言えない。そんな中で国内の医療関係者も口をつぐんでしまったのです。

でも27でご紹介されたURLに書かれている内容は、豚フル騒動等という他人事では済まされません。
医療の世界で起きている全ての事象は、同じ図式で説明できる程単純ではありません。
(何時までも平行線でしょう。正しい情報を選択する嗅覚を! 私にはそれしか言えません。では!)


33. 2010年8月10日 23:46:06: WrGL98OLD2
A Summary of the Proofs That Vaccination Does Not Prevent Small-pox but Really Increases It (S616: 1904)
http://people.wku.edu/charles.smith/wallace/S616.htm

このデータでも見ながら、ワクチンが天然痘を減らしたと証明してほしいですな。


34. 2010年8月11日 09:48:33: a6a5iIiXKs
> ワクチンが天然痘を減らした
か減らさなかったか、ご紹介の文献の中では科学的(統計学的)な証明にまでは至っていません。
疫学データの客観評価には統計学的手法は不可欠ですが、本稿には当時既に存在していたはずの統計学
に基づくデータの検定が一切行われておらず、死亡率の推移を専ら定性的に論じているのみのようです。
中央の、ロンドンにおける死亡率のグラフから読み取れることは、
・この60年間に総死亡率は約2/3(発酵病,天然痘による死亡はそれぞれ約1/2、1/3)に減少した。
・この間、死亡率を低下傾向に導く他の要因(栄養状態の改善等)も併存していたと推察される。こと。

統計検定によって他の要因による死亡率の減少に比べ、天然痘による死亡率が有意に減少していることが示されれば「ワクチンが天然痘を減らした」と言え、有意差が認められなければ「ワクチンが天然痘を減らしたとは言えない」となります。よって、ご紹介の文献や同一著者による
http://people.wku.edu/charles.smith/wallace/S374-509.htm#2
では、統計検定の結果が言及されていない以上、ワクチンが天然痘を減らしたかどうか結論付けられません。
天然痘による死亡率が1/3と最も顕著に減少していることから、検定で有意差が出る可能性はあると思います。
仮にワクチンが天然痘を減らさなかったとしても、他の全てのワクチンの薬効なしとまでは言えない訳ですから,
特定のワクチンの薬効を論じてもあまり意味はないように思います。


35. 2010年8月11日 13:28:31: gsBLJP8UbU
火事はかなりの家を燃え尽くしたあと自然に消えていった。
途中で○○消防隊が出動して消火活動にあたったが、その時は既に火は消えかけている時であった。
急いで放水活動をしたが燃えた跡に水をかける様なものだった。

しかし、○○消防隊はマスコミに発表した。
「我々の大活動のお陰でこれだけの大火も消化する事が出来た。我らの大勝利であった」と世界の新聞にも伝えられた。

ワクチンのお陰というその時期は既に終息の時期だった。
しかし、医学者側は言い張った。「これはワクチンの成果だ」と。

精細な調査が出来ないという事を逆手にとれば、「ワクチンのせいだった」のか「そうでなかったのか」がハッキリと示しにくい。

じゃあ前者の方にすればいいんじゃない。
この様なものですよ。

しかめっ面してたって、幼児の様なやり口で通用するんだから
医学の世界は怖ろしい(私は心底そうそう思った。)

死の予防接種  米国医療に学ぶ    医療殺戮より
http://www.asyura2.com/0401/health8/msg/475.html


36. 2010年8月11日 16:54:48: L0TE8cTeWY
>>35
現代医学とは、その例で言えば「消火活動(ワクチン接種)あり・なし」と「消火(罹患率の減少)」の間に科学的根拠があると認められたものが生き残ってきた学問です。
天然痘ワクチンも、子宮頚がんワクチンも、そうした科学的裏付けが認められています。


人は理解出来ないものに恐怖を感じます。
gsBLJP8UbUさんや千早さんは、理解出来ない現代科学にただ怯えているのだと思います。
現代医学を否定するには、その現代医学を理解するほかありません。
幸いにも、阿修羅では多くの方があなた方の主張を添削をしています。一つづつそれをチェックしていけば理解はそう遠くないはずです。


37. 2010年8月12日 10:41:57: 4LjOSzWv1k
こちらも精査してください。
千人の大先輩(医師)、それもかなり大御所が多い(本には載っている)のですが、
ナント!!

今言われる様な「トンデモ論」を残しているのです。

★千人の医師の証言 音声読み上げ&テキスト NO5
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/317.html


38. 2010年8月12日 15:55:06: l8bnKxPn32
女子どもを飯のタネにするなんぞ、世も末だね。

39. 2010年8月12日 23:46:07: a6a5iIiXKs
> ★千人の医師の証言 音声読み上げ&テキスト NO5

抜粋のせいなのか誤訳なのか、論旨不明・論理飛躍の個所が多く正確に読み取れている自信が持てない..
何時の時代のどこの国の話なのか定かではないが、少なくとも現代の我が国における医学教育の現状とは
かけ離れた内容、というのが第一印象。(が、以下の部分は日本における外科医教育の現状そのもの)
--------------------------------------------------------------------------------------
>  「外科医学の基本は人体の構造である。したがって外科医学では、まず解剖学上の学術論文と図解書を学習した後、たくさんの死体を解剖することによって学ぶわけである。このようにすれば人体の構造を学べるだけでなく、必要な手先の器用さも学ぶことができる。ここから外科医学の道に入っていくわけだ。こういうものを学ぶには、病院内で患者と毎日じかに接していくこと以外方法がない。外科医になる前に、あなたはアシスタントをしなければならない。
  最後に、実際の外科手術を行なうにはどうしたらいいか、それを考察してみよう。初めはただ見ている。次に外科医のアシストをするようになる。これを何度も何度もする。手術のあらゆる段階をよく理解できるようになり、起こり得る難局に出くわしたときに、どうやって対処すればよいかを学んだ後、初めて手術を行なうことが許される。最初は、あなたがまちがったことをしそうになったり、どうしたらよいか分からなくなったとき助言してもらうために、経験ある外科医の立会いのもとで、簡単なものから行なう。これが外科医の本当の育成方法である。そして、これ以外の方法はないと私ははっきり言いきれる。この本当の外科育成方法についての説明を聞いて、犬の手術を基にしたような手術がすべて軽蔑に値する欠陥法だということがお分かりいただけたであろう。」
--------------------------------------------------------------------------------------
動物に対する生体解剖批判から想起されることは、我々の先人が人間に対し類似の行為を行った過去。
これこそ我々は真摯に反省しなければならないと思う。


40. 2010年8月13日 12:21:26: amLkSSbQ5w
39さん
証言のみ抜粋になっております。

41. 2010年8月14日 10:46:14: UHMhHsVe7s
>>33
> http://people.wku.edu/charles.smith/wallace/S616.htm
> このデータでも見ながら、ワクチンが天然痘を減らしたと証明してほしいですな。

盆休みで暇なのでちょっとやってみました。ロンドンにおける年間死亡率のグラフから概数を読みとると、

decade 1770 1780 1790 1800 1810 1820 1830
-------------------------------------------------------------------
Total Death 31,000 28,000 28,500 25,000 21,500 19,200 20,700
Zymotic 5,120 4,260 4,030 4,200 2,650 2,530 2,480
Small Pox 3,000 2,650 2,800 2,250 1,380 900 780
-------------------------------------------------------------------

上の概数から、全死亡率に占める疾患死亡率の割合(%)を計算すると、

decade 1770 1780 1790 1800 1810 1820 1830
-------------------------------------------------------------------
Zymotic 16.5 15.2 14.1 16.8 12.3 13.2 12.0
Small Pox 9.7 9.5 9.8 9.0 6.4 4.7 3.8
-------------------------------------------------------------------

味噌は、元のグラフの1770〜1800年の間のTotal DeathsとSmall Pox(天然痘)の折れ線グラフの形が瓜二つなこと(つまり、上の比率で見れば、ワクチン接種前の天然痘による死亡は全体の9%台とほぼ一定)。ところがワクチン接種を開始した1800年以降、全死亡の中に占める天然痘による死亡の割合が急激に低下していることが分かります。
ANOVA検定で、帰無仮説「ワクチン接種前後で天然痘による死亡は不変」は棄却され有意差あり、です。
つまり「ワクチン接種前後で天然痘による死亡は有意に減少」していると言えそうです。
(が、ここはノンパラメトリック検定を使うべきでしょうか?>統計に詳しい方の添削希望)

ところでWallaceって誰ですかね?ジャーナリスト? ジャーナリストのレベルは何処も同じか..


42. 2010年8月14日 14:52:42: nJE7k575fA
41さん、天然痘ワクチンの調査と検討ご苦労様です。
ロンドン=イギリスの調査した年代が微妙ですね?
なぜかと言えば、調査データの年代は「産業革命」があるからです。
色々な環境が変わり、労働条件や生活環境が激変しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%A3%E6%A5%AD%E9%9D%A9%E5%91%BD
1760年代から1830年代にかけてイギリスで起こった「最初の」産業革命を指した
言葉だが、いわゆる発展段階論において市民革命と並んで、近代とそれ以前を
分かつ分水嶺とされたため、イギリスを皮切りにベルギー、フランス、アメリカ
ドイツ、日本といった風に順次各国でも産業革命が起こったとされた。

統計データに関していえば1900年代以降で生活環境や社会環境も
余り変化していない国のデータを持ってこないと
天然痘ワクチン効果の最大評価ができにくいと思います。
衛生状況を改善で、感染症や伝染病が防げたという説は
産業革命の100年前後に流行したコレラ・ペストの予防や終息の検証でも出てくる。


43. 2010年8月14日 20:43:08: X98TbwgdEg
コレラ・ペストの感染経路と天然痘の感染経路は明らかに異なるので、比較は出来ないんじゃないかな。コレラ・ペストは衛生状況の改善で説明出来ても、天然痘は飛沫・接触感染だから、Wallaceもそんなものと対比していない。
アルフレッド・ラッセル・ウォレス
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%AC%E3%82%B9
ジャーナリストじゃなくれっきとした科学者だけど、20世紀初頭の知見なので、時代の制約は仕方ないでしょう。
第一、[33]さんがWallaceに反論しろと言って、[41]さんが反論すると、[42]さんが調査データが信用出来ないって言うのはフェアじゃない気がする。

44. 2010年8月15日 09:49:10: 4HVP0vsb8o
既に西洋医学は国の中心的存在に組み込まれている時代において、統計を発表する側の立場でまったく異なってきます。

統計数字などほとんど「作る側の意図が入っている」事を前提にして、どれが公平無私なのかを捜さなくてはならないようです。
たとえば地球温暖化は二酸化炭素説とか、新型インフルエンザ世界大流行とか・・
御用学者が金もらってというのは大昔もあったんでしょうし。

もっとも、自然はそんな人間の小細工など無関係ですから、「もう一度」その様な場を提供してくれるかも知れませんね。

こうなると、ジャーナリストやら学者やらという権威はいったん全部否定しなければならない時代になるかも知れません。

後は一番原始的な方法、自分の直観を信じろとなるかも。

しかし、その直観もそうとう錆び付いているようだし・・・


45. 2010年8月16日 20:35:11: UHMhHsVe7s
41です。色々レスありがとうございます。Wiki読みました。
Wallace vs. The Lancet Revisitedを期待したのですが、向こう岸からの反論が無いのがちょっと寂しい..
当時は天然痘が感染症であることが広く認知されていなかった上に、ジェンナーの種痘が1796年だから
20世紀に急速に発展した免疫学は当時は存在しなかったに等しいですね。この時代のワクチン接種はかなり
世間から怖がられていたのではないかと。反って天然痘を増やすのでは?という心配も、分かる気がします。
恐らく、年によって流行したりしなかったりする天然痘に関して、「ワクチン接種でこんなに減った!」等という
安易な論文も当時結構あったのでしょう。そんな風潮の中でWallace博士、ワクチン接種反対派に参入。
年によって流行の凸凹がある天然痘のワクチンの有効性を確認するには「統計は長期間のデータを使うべき」と。
で,出てきたデータがこれですね?(パンフレット)。The Lancetからの反論を読みたくて探したけど、
古過ぎてpast issueからは見つけられませんでした。こういう科学者同士の論争はいいなあ。読んでみたい。

46. 2010年8月17日 00:12:10: UHMhHsVe7s
しかし、ここ医療板。危うい情報満載ですね。
今まで気付かなかったけど、このスレッドの上の方でどなたかも指摘されているけど..
間違った情報を真に受ける人が出るのが本当に心配。

・ビタミンD摂れば癌が治る?>ビタミンは過量にとっても排泄されるだけ。
・栄養を摂れば癌が治る?>栄養を摂ろうとしてもそれができない人が居るんだ。殆どの人がそうなの。
・栄養を摂れば感染症は治る。抗生剤は要らない?>ご老人等compromised hostを見捨てるつもり?
・細胞分裂>左上のtime code見てないの?細胞分裂が無ければ腸管はボロボロになるでしょ?
・千島学説>確かに腸管付近のリンパ節で造血されるけど、赤血球じゃない。圧倒的に骨髄だよ。
 白血病の人が腸管移植で治る? 中山先生も迷惑だと思うよ。
・(その他切りが無い..)

中でも一番拙いのはこれ↓
http://hon42.com/index.html
みんな、こんなこと信じちゃ駄目だよ。病院に来なくても良いけど、身体に悪いことしちゃ駄目!


47. 2010年8月17日 08:39:08: X98TbwgdEg
>しかし、ここ医療板。危うい情報満載ですね。
大丈夫だと思いますよ。ここには普通の人は来ないから。
科学より都市伝説がお好みで、グレーが我慢できずに白黒を求める人達だから。
だから学術書よりパンフレット大好き、刺激的な方が真実に見える・・・
むしろ、ここからリンクされている http://hon42.com/index.html やググルと沢山ヒットする普通の人のblogなんかの方が危険。ホメオパシーの様に死亡者まで出てからじゃ遅いんだけれどねぇ。
※[33]さんのは1904だから、1898のパンフレットでは無いと思いますよ。
 これかな? http://www.whale.to/vaccine/wallace/1.html

48. 2010年8月17日 12:25:22: gwnb7QZDKs
よほど「ワクチン商売」したい方々にはこの投稿記事は目障りなんでしょうね?
投稿者の書いている事柄全部を信じている人は逆に少なくなりつつありますよ。
でも、関連投稿が一種のスイッチであったのは間違いありません。

悪名高き2chでさえ、最近はこのワクチンに関して疑問を呈する書き込みと
肯定・接種派が半々ぐらいになりつつあります。
疑問派の書き込みが多くなると、女性に対しての性的侮辱を平然と行うコメントが
大量に発生してきます。
疑問派や否定派を論理的・医学的なデータで反論できなくなりつつあります。
では何故、否定派や疑問派が収まらなくなっているのか?
この投稿記事が原因ではありませんよ。
最近の出来事として「インフルエンザワクチン騒動」がありました。
血液製剤での訴訟、その他の薬害が多数あるからです。

それと最近時のTVCMを見れば解りますが、製薬会社や健康補助食品
ガンや病気に対しての簡易保険が溢れかえっています。
「何故こんなにCMを流すことができるのだろう?」
高齢化社会だから当然といえば当然なのですが
このような考えを持てば、儲かっている商売であると気づきます。
薬害と商売が頭の中で直結するイメージが出来上がってしまいます。
ワクチン接種を推進する方々は、このような事例や状況を分析して
真摯に薬害を検証し、あらぬ誤解を招くような行動をしないように
するべきでしょう。
ワクチンへの疑問派・否定派を攻撃するより、薬害や日本の医療制度の歪みを
是正しない限り、このような子宮頸がんワクチン否定運動みたいな事は
全ての「ワクチン商売」「薬商売」に及ぶことを考えてください。


49. 2010年8月18日 00:10:07: ethNHERqUg
>>46
バカは放っときゃいいんだよ。どこの掲示板にも必ずいるよ。バカスレ立てまくるやつ。
インターネットはバカにとって、利口ぶることができる唯一の便利ツールなんだ。
バカがバカな書き込みすりゃ、それを信じるバカが必ずいる。それが悲しいかな現実だよ。
実生活じゃ相手にされてないんだから。バカにとっちゃこんな楽しいツールは無い。奴ら絶対手放さないよ。

いいじゃないか、医学とか科学とかを『洗脳』だとかいってる奴らのことなんか。放っとけよ。
連中が病院に行かなくなりゃ、合法的医療費削減が実現するよ。政府にとっても好都合だろ。
口を開けば「悪徳商売」とか言ってるバカの一つ覚え話にゃ、俺もウンザリしてる。

オーストラリアなんかに行ってる日本人は大概バカ。サーファーの尻追っかけて遊びに行ったくせに、
向こうで英語覚えて利口になった錯覚起こしてるだけだ。上の方のスレ主の反論読んでみな。
上から目線の言い方で必死に防戦してるだろ。論理もへったくれもない。英語以前、薬害を論ずる以前の問題だよ。
長妻にメール送ったなんて言ってるけど、怪しいもんだな。ただの目立ちたがりやさんだよ。
薬害を政府に訴えるなら、もうちょっとオツムのまともなやつがやらなきゃダメだな。
俺はこのスレ読んでそう思った。


50. 2010年8月18日 12:54:50: 4ALzcUV2XE
>合法的医療費削減が実現するよ
この項目はいささか同意しかねる。
子宮頸がんワクチンの件で問題になるのは
効果と副作用の検証のデータの精度もあるが
陰謀論は別として
政府による無駄遣いが起こる可能性が大きいのですよ。
http://diamond.jp/series/inside/10_04_03_001/
新型インフルの輸入ワクチン
99%超に上る大量在庫の教訓

 “衝撃的”な事実が白日の下にさらされたのは
3月12日に開催された厚生労働省薬事・食品審議会の
ある会議でのことだった。
 今回の新型インフルエンザの流行に際して
輸入されたワクチンは計4950万人分(2回接種換算)

グラクソ・スミスクライン(GSK)製3700万人分と
ノバルティス ファーマ製1250万人分で
合計1126億円だった。
このうち、2月8日〜3月9日の
輸入ワクチンの推定接種者数(出荷ベース)は
GSK製550人
ノバルティス製1938人で
合わせてわずか2500人に満たなかったというのだ。
輸入分のじつに99%以上が余った計算になる。
(「週刊ダイヤモンド」編集部 柴田むつみ)
転載終了
このインフル騒動のとき、ワクチン接種があたかも5000万人必要
との見積もりが出ていた。

子宮頸がんワクチンも同じになりはしないか?
政府や地方自治体でのワクチン接種法制化や義務化議論マダマダ早いですよ。
ワクチン接種の主要対象者が女子児童というのも疑問点が多い
ワクチン接種を否定するのではない。
別板に書かれた以下の方法で、ワクチン接種前の判断ができる。
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/331.html#c6
この手法のほうが全女子児童対象より、医療費削減ができますよ。


51. 2010年8月18日 14:12:44: UHMhHsVe7s
50さん
「政府による無駄遣い」に完全同意です。
前政権が大騒ぎした成果だと思います。前厚労大臣の勘違いなのか故意なのかは分かりませんが、
季節性インフルエンザと大して毒性の変わらない豚インフルエンザにしては、我が国の対応は異様でした。
全国の医療機関では、政府・マスコミの大騒ぎとは裏腹に、厚労省からの感染予防マニュアルに従い
型どおりの対応をしただけで、極めて冷静な対応をとっていたようです。

私が関係していた市中病院では、新型インフルエンザワクチンが十分量供給されない内に騒ぎが収束し、
希望して来た患者さんにはワクチンは打てず、在庫が充実した頃には希望する患者さんはいなくなりました。
頸癌ワクチンは流行りものではないので、政権浮揚の道具に使われるような心配はないと思いますが、
HPVワクチンの副作用等に関しては、ご紹介の
> http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/331.html#c6
が良いですね(特に文献付きなのが良い)。これから読んでみます。ご紹介ありがとうございました。


52. 2010年8月18日 14:30:23: UHMhHsVe7s
47さん
偽情報の氾濫、特に健康に直結する話題は、政府によるインターネット規制の大義名分にされやしないか?
が私の一番の心配なのですが、ちょっと心配し過ぎだったかな?と思い始めています。

> これかな? http://www.whale.to/vaccine/wallace/1.html
なるほど、「パンフレット」はこちらですね。Wallace博士は相変わらず絶対数しか興味が無いようですが..
何でですかね〜..Smallpoxは0近辺を這っているから、比率で見ればかなり違うと思うのですが..
治水・栄養等の環境変化で全体の死亡率が低下しているときに、絶対数だけ観ててもどうかな?と。
もうちょっとしっかり読んでみます。ご紹介ありがとうございました。


53. 2012年12月25日 00:32:06 : JzL0tCtP5s
投稿主様 ブラボー!!子宮頸がんを誘発する原因をお伝えします。
子宮頸がんになりやすい人というのは、浴言う売春婦でございます
売春婦?日本人ではありません。朝鮮人です。彼らは不衛生な状態で性交渉をしており、癌ウィルスを持ってくるのは朝鮮人の真性包茎でカリの付け根にカスが溜まり溜まった状態で性交渉すると、女性では子宮頸がんに99%かかります。
朝鮮人男性は、陰部を洗わないと聞きました。このカスはかなり不衛生で、様々な病気を引き起こします。それから、朝鮮人男性の不衛生な陰部のカスと腐敗した精液が混ざり、突然変異を起こします。それが子宮頸がんの元でございます。

HPVと子宮頚癌とは因果関係はズバリございません。


54. 千早@オーストラリア 2013年5月09日 16:26:01 : PzFaFdozock6I : H81vB1AfAw
超・久しぶりに阿修羅の自分の記事についたコメントを見に来ています。

ここにはトンデモ、ダイナモ工作員が登場して、他の工作員(一人芝居かも)
とともに色々書いていますが、種痘のジェナーはメイソンだったし
http://insidejobjp.blogspot.com.au/2013/04/blog-post_27.html

奴等、極悪薬害詐欺・傷害・殺人犯たちは、公衆衛生や食事などの向上に
ともなって自然に減ってきたその下降線にワクチンを乗っけて、
如何にも「それが効いたからだ」と、毒ワクチンを医薬品として売ったのですよ。

生後すぐに打たれるビタミンK(小児癌や小児白血病を増加させる)をはじめとして
ワクチン類は一切受けるべきではありません!
#毒を好き好んで自分の体に入れたい人はどうぞ


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←  最新投稿・コメント全文ページ
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊3掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 医療崩壊3掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧