★阿修羅♪ > 地域13 > 685.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
風化させてはならない安藤事件 第一九弾
http://www.asyura2.com/09/ishihara13/msg/685.html
投稿者 真実の告発人 日時 2014 年 1 月 30 日 12:54:31: GnuC3w3pf.O5U
 

(回答先: 風化させてはならない安藤事件 第一八弾 投稿者 真実の告発人 日時 2014 年 1 月 30 日 12:50:00)

新谷氏が女帝とよりを戻した事により、告発人は未亡人(田上絹子)
の事を案じていた。
第11弾での佐藤社長との面談の後、未亡人へ告発人が改めて出した条件として、
・後援会の支援者達へ目配り・気配りをもって接すること
・新谷氏が親交の平田と親睦を深めること
これを守ることにより安藤氏が選挙戦を終了した時点で、新谷氏の愛人として
公認すると約束した告発人に対し、必ず守ると誓った未亡人は、支援者として
振舞い、新谷氏との面会もせず、確実に約束を守っていた。
この様な中、新谷氏に他の女が出来た、しかも支援者の中にその女がいる
未亡人が気付いた場合、完全に元の木阿弥に戻ってしまうと告発人は思った。

そのようになる前の対処として、未亡人との面会を新谷氏に促したが、
新谷氏は「人妻(女帝)は選挙が終われば家庭へ戻るが、未亡人は選挙が終ったら、
自らの手枷足枷と成る。安易に未亡人を愛人と認めた告発人に非があるので、
未亡人の対処は告発人が行うように」と告発人に指示した。
これに激昂した告発人は、新谷氏にあらん限りの罵声を浴びせた。
これに耐えきれず、新谷氏は個人事務所へと非難するのであった。
この後告発人は強硬手段として、未亡人の面会禁止を一時解き、
新谷氏と二人で話をすることを促した。

未亡人は告発人に面会の許しを受け、新谷氏と会うことにするが、
新谷氏は、選挙の事で多忙であり、未亡人と会う暇は無いと拒否し
また、延岡の事務所は選対の事務局となった為、3Fの後援会は支援者の
立入禁止、1Fの向日葵の会へのみ未亡人は出入り可能であると伝え、
完全に未亡人を疎外してしまった。

その様な中、未亡人は懇意にしてもらっていた収支担当の馬原氏より
女帝松田が新谷氏との不倫を行っており、またそれを告発者が公認していると
未亡人に告げたのである。
これを聞いた未亡人はその後、憔悴しきってしまったのである。
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 地域13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧