★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK89 > 547.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『検察の息の根を絶つ!』陸山会は、『たった12万円の表献金』までも、『水谷建設に突き返していた!』総集編
http://www.asyura2.com/10/senkyo89/msg/547.html
投稿者 素直にまっすぐに物事が見れる者 日時 2010 年 6 月 30 日 16:49:10: AcVFBDjmH/WSM
 

今回は、『検察の息の根を絶つ!』⇒の意気込みで書きます。

 (かなり長文ですが、後々、辞書代わりに使ってほしいと思います。)

 冒頭、申し上げておきたいことがあります。
 『虚偽記載』容疑で逮捕しておいて、起訴の段階で、『起訴事実は公判で明らかにする』などと言い、公判前整理手続き中の6月16日には、『やっぱり、「裏献金」5千万円を立件する』と言い、このような公訴権乱用の暴挙を許してしまったということは、もはや、日本国は、検察の支配下に置かれているということを認識すべきです。

 このような状況下での参議院選挙で、何が生まれるのか、空恐ろしい気がします。

◆◆◆【収賄容疑は不当であるとする根拠】

◆◆【「裏献金」を受け取る動機が無い】
 平成18年分(2006年)の収支報告書に「(その他の経費)返還金 \120,000 水谷信夫」との記載がありました。それと、もう1件だけ、同じ三重県桑名市の川村尚という人物にも、同額が同じ平成18年9月に返還されていました。(2004年と2005年の返還については、官報である為、確認不能)
 調べて見ると、問題の2004年と2005年に、両氏からの寄付として12万円ずつが入金しているでは、ありませんか。

 つまり、陸山会は、2004年当時から、水谷建設を「ブラックリスト」に載せていたと思われます。
 そして、たとえ、水谷建設関係者からの「表献金(個人献金)」であっても、丁重に『突き返す』ように指示していたと言うことが、窺えるのであります。

 これほど、水谷建設を警戒していた最中に、『水谷建設からの「裏献金」を石川氏にホテルで手渡した』などと言われても、その、信憑性は、まったく無いのであります。

 また、別の観点から考察すると、2004年の「現金預金の次年度繰越額 610,051,380円」を見ても解かる通り、当該5千万円が無かったならば、当該土地の購入が出来なかったとは、到底言えない状況であり、「裏献金」を必要とする動機が、まったく、見当たらないのであります。

 ちなみに、検察様のおっしゃる通り、4億円も不記載ということになれば、10億1千万円以上の現金預金が年末にあったことに成っちゃったりする訳で、益々、「裏献金」を必要とする動機が無いことに成っちゃうんだよね。これが。(大笑)

  検察も、どこまで『バカ』なのか、底が知れない。

◆◆【物的証拠が無い】
 水谷建設(三重県桑名市)からの「裏献金」5千万円について、10月18日に陸山会の口座に同額が振り込まれたと言っているが、石川氏にホテルで手渡したとされる5千万円が、石川氏により入金(振込)されたとは、言っていないということに留意すべきです。

 どこから振り込まれたのか、ウソなのかは、『現金・預金出納帳』を見れば、即座に、明らかに成ることです。もし、石川氏が入金していたのであるならば、とっくの昔に、贈賄罪として逮捕・起訴していたことでしょう。

 もし、『現金・預金出納帳』に記録が無い場合には、可能性として考えられるのは、石川氏が横領している場合しか考えられないので、その場合には、検察は、2004年当時に、物的証拠である、当該5千万円の札束を証拠品として押収していなければ成らないのであって、押収していないのであれば、正当な逮捕理由も物的証拠も無いまま逮捕したことになり、これは、不当逮捕です。

 だいたい、映画『マルサの女』でも解かる通り、贈賄罪として逮捕・起訴するには、現物の証拠品である当該5千万円の札束を押収するのが先ですよね。
押収したとしても、当該5千万円の札束が水谷建設からの「裏献金」であることを証明して、始めて、逮捕・起訴するのが、合法的な手順と言えるのでは、ありませんか?

 ちなみに、検察様は、『当該5千万円は、小沢さんからの借入金4億円に含まれている』とおっしゃられていたようだが、【収支報告書と全て辻褄の合うストーリー】の通り、その4億円は、銀行からの融資金を、そのまま、又貸ししちゃったものなので、その銀行からの融資金の中に含まれている訳が無いんだよね。これが。(大笑)

検察も、どこまで『バカ』なのか、底が知れない。

◆◆◆【『虚偽記載』は不当であるとする根拠】

◆◆【本事件の奇妙さ】

 近頃、検察とマスコミの陰謀なのか、日本人の常に新しい情報に群がる習性のせいなのかは知りませんが、『虚偽記載』事件が忘れ去られようとしています。

そこで、『虚偽記載』事件の知られざる真実の全てを、ここに記録しておくことにしました。

 プロの会計士や弁護士等が、現金主義会計下で作成される収支報告書は、『現金・預金出納帳』を集約したものであるということに、今もって、気がついていない理由は、

 『定期預金年末残高』 + 『現金と普通預金年末残高』= 『次年度繰越額』

 という計算式に、『たどりついていない』、ことによります。
 結果、『法四条の解釈』とか、『期ずれ』と言うような不毛な論争になってしまいました。
 もし、これに気が付いていれば、『虚偽記載の起訴事実』や『検察審議会の議決理由』の全てが検察とマスコミの『デッチアゲ』であることが証明できた事でしょう。

 それこそ、逮捕の段階で、『不当逮捕である』と逆提訴ができたのです。

 今頃は、小沢首相が、官僚主導ではない、『国民が主役の政治』を実現していた事でしょう。

 本事件の最も奇妙なことは、このことに言及しているのは、何故か、日本中で、私だけと言うことです。
本を出版されている方達には、これを認めると『本に書いたことがウソになる』等の理由で、無視していることは考えられますが、石川議員や小沢擁護派の人達までも、気が付く気配すら無いというのは腑に落ちません。

 本稿を読んで頂ければ解かりますが、『現金・預金出納帳』は、公判で有利な材料となることはあっても、不利になるようなことは、絶対にありません。
 故に、安田弁護士等が、『現金・預金出納帳』の記録内容について、わざわざ、公判まで触れないでいる必要など、まったく無い、ハズなのです。

◆◆【冤罪と断定する物的証拠】:(【豆知識01】参照)
 まず、『虚偽記載の起訴事実』や『検察審議会の議決理由』が検察とマスコミの『デッチアゲ』であるという証拠が、

『現金・預金出納帳』

 に全て記録されているということを覚えておいて下さい。

 そして、収支報告書は、その『現金・預金出納帳』を集約したものにすぎないということも覚えておいて下さい。

 従って、過去に「不記載」や「架空計上」等があれば、今日、現在の現金預金の手持ち有り高が『現金・預金出納帳』と相違することになることから、収支報告書においては、絶対に「不記載」や「架空計上」等は発生し得ないということも覚えておいて下さい。

 それに、よく考えてみて下さい。収支報告書に「不記載」や「架空計上」等を恣意的にしたとしても、脱税や粉飾決算ができる訳でもなく、そんなことを、する意味が無いでしょう。

 おっと、『「裏献金」は恣意的に「不記載」にするだろう』ってか。
 それは、【収賄容疑は不当であるとする根拠】に戻って、もう一度読んで下さい。
 それから、報道によれば、『虚偽記載』の起訴事実の中には、「裏献金」は入っていませんでした。何故か解かりませんが、「裏献金」については、起訴の時点になって、検察がマズイと気がついたのでしょうか、起訴事実の中から外しているのです。

◆◆【4億円の収入が不記載】:(【豆知識04】参照)
 【2004年 収支報告書の記載内容】の通り、4億円の収入は、ちゃんと、記載されています。
【収支報告書と全て辻褄の合うストーリー】の通り、2004年10日29日午後、小澤一郎個人が銀行から融資(返済期限が2007年)を受けた4億円については、そのまま、陸山会に又貸ししたことが2004年の収支報告書に記載されており、2005年と2006年に、それぞれ2億円ずつ、小澤一郎個人に返済されていて、それを原資として、小澤一郎個人が、返済期限である2007年に銀行に返済しており、この件は、完結しています。

 とすると、2004年の借入と2007年の返済の4億円の不記載の件は、『小澤一郎個人と銀行との取引』を、『小澤一郎個人と陸山会との取引』と言うように、検察が、話を『すり替えて』報道させていたようですね。

 ちなみに、検察様のおっしゃる通りならば、2004年〜2007年もの長期間に、『現金・預金出納帳』と実際のお金が4億円も相違したままで、しかも、『1円も使わないで持っていた』って事に、成っちゃったりする訳なんだな。これが。
でも、こんな起訴理由が、どうして、まかり通っちゃったワケ? (笑えない現実です)

 検察も、どこまで『バカ』なのか、底が知れない。

◆◆【土地代金が不記載と期ずれ】:(【豆知識02】【豆知識03】参照)
 政治資金管理団体は、土地の登記が出来ません。
 故に、2004年10月29日に仮登記をして、土地代金を支払ったのは、小澤一郎個人ですから、『現金・預金出納帳』に記載がある訳がありません。

つまり、『期ずれ』の問題では無かったということです。

 検察は、ここでも、『小沢さんと売主との取引』を、『陸山会と売主との取引』と言うように、話を『すり替えて』報道させていたようですね。

 尚、地目変更、埋め立て、地ならし等の更地にするまでの工事を年内中に終えて2005年1月7日に小澤一郎個人で本登記をした後、「確認書」により、権利書と引換えに、小沢さんに土地代金相当額を支払ったことが『現金・預金出納帳』に記載されているハズです。

 ただ、検察は、どこまでウソをついているのか解かりませんから、社会通念上、土地代金を支払う時期は、更地に成った後の、本登記後に支払うのが通例ですので、この場合には、2005年1月7日に、小沢さんに替わり、陸山会が直接に売主に支払っていることも考えられます。(「確認書」参照)

 いずれにせよ、2004年に土地計上をするなんてことは、大間違いです。

 ちなみに、『?を隠蔽するため本登記を恣意的に翌年に延ばした』などと、ワケの解からない、『検察審議会の議決理由』は、『ヤクザ屋さんの、いんねん』なんかよりも、『レベル』が低いよね。
 『脳みそ』が、腐ってんじゃないの。
 『一体、何という犯罪なのか言ってみろ!』 っつーーの!
 でも、こんな議決理由が、どうして、まかり通っちゃったワケ? (笑えない現実です)

 検察審議会も、どこまで『バカ』なのか、底が知れない。

 追:『幹事長を辞職したから、許して』などと、上申書を提出するとは、
『情けない!』 『弁護士達は、何やってんだ!』

◆◆【収支報告書と全て辻褄の合うストーリー】
以下、登記の記録等を根拠とした私の推測したストーリーを述べます。
(『』内は、登記記録の内容より抜粋)

(1)2004年10日5日
 『原因 平成16年10月5日売買予約』ということから、小澤一郎個人の定期預金を担保に銀行に4億円の融資申し込み(返済期限2007年)を行ったと推測します。
 (銀行への融資申し込みには、正当な理由が必要です。)

(2)2004年10日29日午前中
 小澤一郎個人として土地代金の3億4200万円(推定)を支払った。
 (銀行の融資が降りるのが遅れたため、小沢さんの個人資金より支払う。)
 『登記の目的 所有権移転請求権仮登記 受付番号 平成16年10月29日 第77290号 権利者 岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎』ということから、小澤一郎個人で仮登記の受付をしたことが明らかです。

(3)2004年10日29日午後
 小澤一郎個人に降りた使途を失った融資金4億円は、そのまま陸山会に貸し付けた。
 陸山会は、これを2億円の定期預金2本として組んだ。
 陸山会は、2004年の収支報告書に「(収入)借入金_小澤一郎 4億円」と「(負債)借入金_小澤一郎 4億円」と「(資産)預金等(定期預金を意味します) 4億円」を記載した。

(4)2005年1月7日
 『登記の目的 所有権移転 受付番号 平成17年1月7日第695号 原因 平成17年1月7日売買 所有者 岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎』ということから、小澤一郎個人で本登記し、登記料・登記手数料等を業者に支払ったことが明らかです。
 土地利用権を陸山会に移譲する為、「確認書」を取り交わすと共に、陸山会は権利書と引換えに、土地代金及び登記料・登記手数料等相当額の3億4264万円を小澤一郎個人に支払った。
 陸山会は、土地代金相当額に登記料・登記手数料等の付随費用を加算した金額3億4264万円を取得原価として、2005年の収支報告書に「(支出)事務所費」と「(資産)土地」に記載した。

(5)2005年中
 陸山会は、2億円の定期預金を解約し、小澤一郎個人に返済した。
 陸山会は、2005年の収支報告書の「(負債)借入金_小澤一郎」と「(資産)預金等(定期預金を意味します)」より、それぞれ2億円を減額して記載した。
 同時に「(支出) その他の経費」に2億円を記載した。

(6)2006年中
 陸山会は、2億円の定期預金を解約し、小澤一郎個人に返済した。
 陸山会は、2006年の収支報告書の「(負債)借入金_小澤一郎」と「(資産)預金等(定期預金を意味します)」より、それぞれ2億円を減額して記載した。
 同時に「(支出) その他の経費」に2億円を記載した。

(7)2007年中
 小澤一郎個人は、銀行の返済期限が到来したので、2005年と2006年に陸山会から返済を受けた4億円を原資として、銀行に返済した。これにより、定期預金の担保が取れて定期預金証書の返却を受けたので定期預金を解約した。

 以上のストーリーが正しければ、2004年〜2007年迄の収支報告書の内容は一点の曇りもなく、全て、完璧に、正しく記載されていたことになります。

◆◆◆【豆知識集】
◆【豆知識01:現金・預金出納帳】
 『現金・預金出納帳』上の残高は、定期預金と普通預金の残高については、通帳及び銀行残高証明書により、確認されています。現金については、毎日若しくは週2〜3回行われる現金実査(金種表のような現金実査票により現金の枚数を数えて帳簿上の残高と合っている事を確認する作業)により、「不記載」や「架空計上」等があれば、その場で、発覚します。

◆【豆知識02:政治資金規正法第四条】
 政治資金規正法第四条の話をする前に、発生主義会計と現金主義会計の違いから、説明いたします。

 そもそも発生主義会計は、継続企業を前提としているため、期間損益の平準化の要請から人為的に1会計期間に区切った損益を適正に按分計算するために必要な、現金の出入りを伴わない、未収金、未払金、経過勘定項目、引当金、減価償却費等の勘定科目を使用した会計を意味します。

 これに比べて、現金主義会計は、現金の出入りが伴う会計事象に係る勘定科目のみを使用した会計を意味します。従って、仮払金、仮受金、立替金、預り金、前払金、前受金等も、こちらに該当します。

 従って、土地代金の支払いが、仮払金であろうと、立替金であろうと、もともと、現金主義会計下での会計事象でありますから、収支報告書の「支出」には、ちゃんと、記載されています。

  つまり、政治資金規正法第四条の解釈は、無用ということです。

 プロの会計士等が、勘違いしてしまったのは、土地代金が2004年に支払われているから、2004年に支出として計上すべきという根拠が、発生主義だと思われた点でしょうね。(もっとも、支払ったのは小澤一郎個人であって、陸山会では無いのですが。)

 それ故、政治資金規正法第四条の解釈上の論争となり、『支出は2004年に計上すべきであるが、土地の計上は翌年でよい』などと、とんでもなく、間違った意見を述べ合ってしまったのだと思います。

 まだ、納得のいかない諸君は、【2005年 収支報告書の記載内容】を見て下さい。
「事務所費 415,254,243円」と「(土地)世田谷区 342,640,000円」と記載されている通り、『支出』と『土地』は、同時計上されています。
 このように、例えば、土地の取得原価が確定していない等の理由で、仮払金として会計処理した場合においても、『資産』である「仮払金」は、記載不要項目なので、収支報告書への記載は無くなりますが、『支出』である「事務所費 415,254,243円」の計上は変わりなく、ちゃんと、記載されています。

◆【豆知識03:陸山会の正しい土地の計上時期】
 陸山会は、法人税法用語で『人格のない社団等』に該当します。
 まず、この意味から説明します。『人格のない社団等』とは、文字通り法律上の人格を持たないということです。法律上の人格を持っていれば、法務局に法人登記(人間で言う出生届)をします。同時に実印登録を行います。これにより、印鑑証明書が必要な土地取引や土地登記等を行える権利を法人自体がもてるということに成ります。
   つまり、一言で言うと、

   『陸山会は、土地の登記ができない社団である』

 従って、陸山会代表としての小沢一郎では、2004年中には、当該土地取引は出来なかったということになります。

 尚、本登記が2ヶ月余り遅れたのは、当該土地が農地であった為、農地転用の手続き期間(農業委員会は1,2ヶ月に一度だから)が必要であった為と、埋め立て工事、地ならし工事等を経て、更地にしてから引き渡しをするという、社会通念上の、土地の引き渡し要件を満たす為であった、と考えられます。

 そして、2005年1月7日に小澤一郎個人として本登記すると共に登記料・登記手数料等(等の中には、農地転用費用・不動産取得税などの更地にするまでの一切の費用が含まれます)を業者に支払い、この時点で当該土地は小澤一郎個人のものとなりました。

 さて、今度は小澤一郎個人から陸山会代表としての小沢一郎へ当該土地の譲渡をしようにも方法はありませんから、権利書と交換で、当該土地の利用権を譲渡した場合と同等の意味をもつ「確認書」を取り交わしましょう、ということになります。

 「確認書」により、登記上の移動があるわけではありませんから、不動産取得税は関係ありませんが、『現金・預金出納帳』に記載されている通り、実際に陸山会から小澤一郎個人に3億4264万円の支払いという実態がありますから、民法上は売買としてみなされることとなります。

 以上のことから、2005年の収支報告書に当該土地が記載されているのは当然であり、むしろ、2005年の方が、正しい会計処理であった、と言うことであります。

◆【豆知識04:検察リークによるマスコミの悪質な情報の捏造】
 以前、小沢さんは不明朗な27億円を現金で持っていたなどという記事が報道されたことがありましたが、その27億円の金額は『4億円と5億円が3回出入りした』として、検察が勝手に捏造して報道させたものでした。さすがに、検察も起訴理由にしたのは、4億円の出入りの8億円だけで、あとの19億円は預かり金であるとして問題としませんでした。

 で、その5億円は、何のお金を指しているのか解かりますか?

 検察に代わって説明するのも変ですが、銀行の融資には、実行率というのがあって、通常80%程度なので、5億円の定期預金を担保にして、4億円の借入ができるのです。たぶん、この5億円を指しているのではないでしょうか。

 また、小澤一郎個人名義の5億円の定期預金を担保に銀行から4億円を借入して、陸山会に又貸しするという、何故こんなややこしいことをするのかと言うと、陸山会では4億円の融資枠が無いため借入ができず、小澤一郎個人名義の定期預金を担保として小澤一郎個人名義で借入するしか方法が無かったのではないかと考えられます。

 それに、この方法なら、陸山会にマタ貸しすることにより、陸山会が直接銀行から借入したのと同等の効果がありますからね。
同等の効果というのは、例えば、金利の計算・管理などは銀行がやってくれるので、毎月、小沢さんが銀行に支払った金利相当額を、陸山会は小沢さんに支払うだけなので、金利計算等の煩わしい事務処理が省けるということです。

 とすると、【収支報告書と全て辻褄の合うストーリー】をもう一度見てほしいのですが、検察の起訴理由の2004年の4億円の収入の不記載と2007年の4億円の返済の不記載というのは、小澤一郎個人と銀行との間のお金の動きのことを指しているのだと言うことが解かります。

 このように、検察の『デッチアゲ』の手口は、『小澤一郎個人と銀行との取引』を、『小澤一郎個人と陸山会との取引』というように、うまく、話を『すり替えて』、マスコミに報道させるという、卑劣極まりない所業なのであります。

◆◆◆【資料集】

◆【登記記録】
順位番号   4
登記の目的 所有権移転請求権仮登記
受付番号   平成16年10月29日 第77290号
原因      平成16年10月5日売買予約
権利者   岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎

登記の目的  所有権移転
受付番号   平成17年1月7日第695号  
原因     平成17年1月7日売買
所有者   岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎

◆【確認書】
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-2327.html


◆【現金と普通預金の年末残高の計算式】
前年繰越額+本年収入額−支出総額=次年度繰越額
次年度繰越額−預金等(定期預金を意味する)=現金・普通預金繰越額

【2004年の収支報告書より】
151,229,466+580,024,645−121,202,731=610,051,380
610,051,380−471,500,000=138,551,380
【2005年の収支報告書より】
610,051,380+339,099,635−679,964,189=269,186,826
269,186,826−256,500,000=12,686,826
【2006年の収支報告書より】
269,186,826+134,586,054−325,390,217=78,382,663
78,382,663−56,500,000=21,882,663
【2007年の収支報告書より】
78,382,663+103,854,350−115,060,981=67,176,032
67,176,032−56,500,000=10,676,032

◆【2004年 収支報告書の記載内容】
【収入】
前年繰越額 151,229,466
寄付 政治団体分 157,100,000
借入金 小澤一郎 400,000,000
【支出】
事務所費  38,355,343
【資産】
預金等(定期預金) 471,500,000
【負債】
借入金 小澤一郎 491,478,416

◆【2005年 収支報告書の記載内容】
【収入】
前年繰越額 610,051,380
寄付 政治団体分 309,060,000
【支出】
事務所費 415,254,243
その他の経費 239,702,734
【資産】
預金等(定期預金) 256,500,000
(土地)世田谷区 342,640,000 17.1.7 476u
【負債】
借入金 小澤一郎 263,939,061

◆【収支報告書のありか】

2004年_平成16年分政治資金収支報告書
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047155.pdf#page=162

2005年_平成17年分政治資金収支報告書
http://www.soumu.go.jp/main_content/000047150.pdf#page=164

2006年_平成18年分以降の政治資金収支報告書
http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/seijishikin/
【検索方法】
平成19年 9月14日公表(平成18年分 定期公表)」 (希望年度の定期公表を選択)
→資金管理団体の「リ」を選択→陸山会を選択  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2010年6月30日 17:09:51: RumzxWsQt2
これを安田弁護士や小沢さんの弁護団は把握されていないのかなあ。

02. 2010年6月30日 17:37:45: EMzXytPluA
ウラ金は裏で動くからウラ金なのであり、またマネーロンダリングというのは、ウラ金を表金にするための資金処理であるにもかかわらず、収支報告書が公開されたとたんに原資はなにかが追及される政治資金報告をウラ金のロンダリングに使ったなどという発想をする連中は、精神鑑定が必要なのではないのでしょうか。

03. 2010年6月30日 18:30:02: zEeNRb22uk
正論!でもここで書くだけじゃ何の解決にもならないと思う。

この内容が検察審査会メンバーに届く手段は無いのか。

また、有権者の中にも小沢氏を誤解している人が大勢いる。

何とか分かってもらえる方法があればよいのだが・・・。


04. 2010年6月30日 19:43:24: U6E4pRhYhE
『現金・預金出納帳』

 に全て記録されているということを覚えておいて下さい。

 そして、収支報告書は、その『現金・預金出納帳』を集約したものにすぎないということも覚えておいて下さい。

とありますが,
どの政治家の事務所にも『現金・預金出納帳』は存在するのですか。


05. 2010年6月30日 19:44:56: A2oM9FYIbs
報道機関は「うその記載があった」とか連呼している。うそかどうかは現在まだ明らかにはなっていない。一方的に疑惑をかけただけだ。これがそんなに大きい罪ならば多くの人に間違った認識を与える「うその報道」ははるかに思い罪にはずだが。バランスから言えば水谷建設からの献金を報道したテレビ・新聞の関係者は、自分の一生の期間を刑務所で暮らしてもおかしくないくらいの「大罪」だろう。

少なくとも、立証もできない疑惑を一方的に報じたのなら謝罪と訂正は必須だ。


06. 2010年6月30日 20:22:45: JQaXbz6QwQ
>04 様

2006年_平成18年分の政治資金収支報告書の寄付の内訳を、ご覧になって下さい。
 これだけ、細かに収支報告書に記載するとなると、『現金・預金出納帳』に日々記録して、常に、残高確認をする必要がありますよね。
 陸山会に限らず、政治資金の収支を正しく報告するためには、『現金・預金出納帳』は、不可欠です。


07. 2010年6月30日 21:45:14: 36NA9SjGqE
記事投稿者のご苦労に感謝します。

08. 2010年6月30日 22:54:06: y2SPy6IwBg
いつも投稿された長文は殆ど読みません。
ここにコメントされた内容で判断します。
でも、この「素直にまっすぐ・・・」さん投稿だけは
最後までじっくり読ませていただきました。
改めて敬意を表します。
ありがとうございました。

09. 2010年6月30日 23:19:16: y2SPy6IwBg
ご拝読させていただくのに時間がかかり
拍手するの忘れていました。

10. 2010年7月01日 01:18:03: KzH4UkyrEg

あなたのようなフツーな考えを
淡々と積み上げていくだけのやり方…

事実だけを忍耐づよく特捜する正義の検察当局者と
高い調査取材の能力をもつマスゴミ記者にとっては「脅威」の存在です。

あなたはプロではないけど、フツーな形をした「ホンモノ」です。
出会えてよかった。影ながら敬意を表します。


11. 2010年7月01日 02:07:53: aPMkzI6zm6
動機も根拠も無いのが実によくわかります。実際に記帳した方にもご覧頂きたい素晴らしい内容だと思います。12万円さえ見逃さないのに、数億円の取引を誤記する訳がありませんね。私も敬意を表します。

12. 2010年7月01日 02:34:05: RtPyX7TGyw
素直にまっすぐに物事が見れる者様の投稿は、以前にも読ませていただいています。

この内容や以前の投稿内容を書面にて、石川氏や小沢氏の弁護士さん、
検察審査会、岩上安身氏、The Journalなど、
思いつく限りのところへお送りになってみては・・・と思います。
もしかしたら、もう実行ずみかも知れませんが。

あるいは、弁護士さんや記者の方には少し時間を取っていただくようお願いして、
話を直接聞いてもらえればベストです。

新聞社に飛び込みで電話をかけても、うまくすれば記者が動いてくれることがあります。
「情報提供です」と言えば、受付が担当の記者に繋いでくれます。
なんといっても彼らは情報を探しているわけですし、
特に日刊ゲンダイの小沢擁護の姿勢は一貫していますから
トライしてみるだけの価値はあります。


13. 2010年7月01日 08:12:24: IGyN2YyoTY
会計とか経理を完全に理解している弁護士が居ない?
小沢一郎さん側に付いている弁護士さんは会計・経理に疎い?


14. 2010年7月01日 09:37:12: mp6fw9MOwA
現金・預金出納帳に1回でも恣意的に操作を加えて都合の良いように書き換えると辻褄合わせが非常に煩雑になります。
単純なミスに気付き、修正しないまま事を済まそうとして解が見つからず、ミス記載にさかのぼって修正した記憶があります。
検察は、小沢さんは黒に違いが無いので、家宅捜査をすれば、次々と問題点が出てくると考えていたのでしょう。
前与党の大臣には、そのような人が多かったのでしょう。
しかし検察の腕利きが捜査しても問題点を見つけられなかったのでしょう。
その事実が判明し、引くに引けない検察が、法律の曖昧な部分を上手くつなぎ合わせて罪をでっち上げたのでしょう。
しかし、恣意的なでっち上げでは辻褄合わせが出来ず、色々な問題点を露呈してしまったということです。
しかし、検察が正しいとの前提で、国を運営委しているので表だって検察の批判が出来ない状況が続いています。
日本の国では、憲法の精神から判断して正しいか否かとの検討はされていないようです。(憲法の精神が高尚過ぎるため)
過去の事例を参考に(国民のレベルに合っている)法律判断がされています。
過去の事例では、真実とは異なり検察は正しいとのスタンスで筋書きが作られています。
日本の国民も知恵が付き、自分で判断できる人が増えています。
過去から離れて、真実は何処にあるのかを追求する時であり、これから離れた検察のでっち上げによる筋書きの間違いを厳しく糾弾する必要があります。
過去の栄光にすがる官僚・メディアは淘汰されるべきです。

15. 2010年7月01日 11:28:07: iVPIi6OunY
>この記事を投稿してくださった方に感謝申し上げます。

折角の記事ですから、出来る限り多くのサイトに広める努力をさせて頂きます。


16. 2010年7月01日 11:49:17: Y3MLOFoPfs
大量の原稿をさぞ大変な労力だったろうと感謝します。このプログに投稿する方方は皆、小沢さんの事は正しいことは判っているのですが、 マスごみの垂れ流しの悪徳呼ばわりに洗脳されたB層の人達にどうしたら伝える事ができるのでしょうか。昨日も 期日前投票の機会がありましたが一人区のところは比例は全国区でいれますが 今の内閣寄りには入れたくないし、まだ悩んでいます。皆さんはどうするのですかね、まだ時間はありますが教えてください。

17. 2010年7月01日 12:24:25: a3ZqR8iWaU
検察審査会は二度目の結論を出そうと思えばいつでも出せるでしょうが、まったく沈黙している状況ですね。そもそも実態の良く分からない審査会なので、時期も結論もどうにでも導き出せます。しかもその結論は「検察の結論」ではなく「民意」であるという論法で情報操作するでしょう(どんな基準で選ばれているかも分からないたった11人で民意などふざけていますが)。二度目の結論は小沢一郎氏の動向を見極めて最も効率よくダメージを与えられるタイミングを見て発表し、それを利用することが予想されます。9月の代表選を潰すのに使われるかもしれませんね。余談ですが鈴木宗男氏の最高裁判決も彼をどうしても潰さなければならない時期まで引き延ばされる可能性がありますね。それまで現在の日本では宗男氏は「推定有罪」の汚名を付けられながら泳がされるでしょう。生かさず殺さず時期を狙っている可能性が高いので要注意です。

18. 2010年7月01日 13:05:14: uqZrGL6BF6
検察審査会のメンバー、この手の審査するのに会計職経験者でないと
無理じゃないですか。
一般市民じゃ無理でしょう。
政治資金収支報告書は、前年度繰越、次年度繰越の計算を
合わせなければならないのに、4億も不記載では誰の目にも
計算が合わないって分かり過ぎるくらいだろう。
そんな失敗する国会議員秘書なんていないでしょう。
東京第五検察審査会のメンバーは、怪しいですね。

証拠つかまり、芋づる式に逮捕されるか。


19. 2010年7月01日 13:43:01: mEZSoDieTk
 このすごい投稿に心から感謝します。この内容が小沢事務所に届くいていることを願います。

20. 2010年7月01日 13:55:52: uqZrGL6BF6
政治主導法案を通して、不足した検察ポストは民間から。
そうなる公算は高い。

21. 2010年7月01日 15:30:19: PMdrnQmxwE

素晴らしい内容です。

誰も、反論できない。

感心しました。


検察は、因縁をつける暴力団と同じです。


22. 2010年7月01日 17:24:45: Gj2FbfZDcg
 検察の闇を明らかにして正さなければこの国は滅びる。共犯のマスゴミも叩き潰せ。押し紙は存在しないなどと嘘をつくゴミウリ新聞など早く消えろ。

23. 2010年7月01日 18:23:07: DKsiOw0sMk
自分のブログにコピペしても良いのでしょうか?
(読者は2,3人しか居ないので・・・・大したこと無いです。)

それでも一人が二人三人と記事を広げていくと
少しはマシかなと


24. 2010年7月01日 20:11:26: JQaXbz6QwQ
>23 様

素直にまっすぐに物事が見れる者です。

おもいっきり、『コピペ』しまくって下さい。

他の、皆さんも、よろしく、お願いします。


25. 2010年7月01日 20:58:29: DKsiOw0sMk
>>24
自分のブログに全文コピペしました。
今日は5人くらいのアクセスが有りました。

参議院選挙対策には間に合わないけど、臨時国会明けの解散総選挙には間に合う?

小沢一郎グループを減らすために解散総選挙を早めに仕掛ける作戦みたいです。

9月の民主党代表選前に解散総選挙をやって小沢一郎排除を進める作戦?



26. 2010年7月01日 21:43:51: oEQ6cSJvwQ
小沢さんのホームページの書込みに投稿するのはどうでしょう?

27. 2010年7月01日 21:47:03: frEpRPIg4U
 
「秘密指令・学会検事を全国に派遣せよ」
 
「週刊ポスト」 2003年12月
 
http://www.asyura2.com/0406/senkyo5/msg/715.html
 

28. 2010年7月01日 22:28:15: whVdzaVy2M
検察の狙いは2回目の検察審査会で再度、起訴相当の議決が欲しいのです。
同時にマスメディアが一斉に「小沢は議員辞めろコール」を連日、流し続けます。
検察はその一点に賭けてきたのです。それを察知した小沢氏は動いたのです。
上申書を提出したと言うのはそういうことです。弁護士が馬鹿なのではありません。
検察審査会のメンバーは誰かは小沢氏側では知り得ませんが、アクションを起こすと事は裁判所に対してもプレッシャーになります。いい加減な人選も出来ないと思わせなくてはなりません。

検察の敗北は決定的ですが「相撲に勝って勝負に負けた」では許されません。
2度目の起訴相当の議決が出ても公判を維持出来ないじゃないかと思う方が大半ですが、裁判になるその前にマスメディアとの戦いが待ち受けています。
何としても検察審査会の場において不起訴を勝ち取らないと行けないのです。


29. 2010年7月01日 22:49:22: DKsiOw0sMk
>>28
小沢一郎さんは腹を括ってる様に見える。
おそらく検察審査会は二度目の「起訴相当」を出すと読める。

それは検察リークが6月16日に有ったから
水谷建設献金疑惑で再起訴する(訴因変更?)
その流れで

小沢一郎さんが消費税上げ問題で批判を公然と始めた理由は
コノ辺りに有ると思う

今回の参議院選挙で出来るだけ小沢一郎に賛同した候補者を当選させる
彼等に日本改革を引き継ぐような決意を感じる。

自分は検察との戦いが始まるので


30. 2010年7月02日 01:30:05: VcYrRJgLWI
起訴相当が出されたら、きっとあの「検察庁」の、以前黄色いペンキがぶちまけられたあの「検察庁」に真っ黒い墨汁がぶちまけられるでしょう。
ペンキに比べると水に流れるので、罪は軽かろうが、どす黒い権力の象徴としての「検察庁」のイメージと国民の怒りがテレビでたくさん流されることでしょう。

31. 2010年7月02日 02:56:09: 7t4Wf0yaIY
>30様、起訴相当がだされたら。
起訴相当ということになるんでしょうか?
1回目で起訴相当とした時に担当したヤメ犬弁護士はどうしたの?
叩かれて雲隠れをしたと聞いたが?
2回目の犬審はまた1回目のヤメ犬弁護士が担当するの?
精神的に耐えられるのかね?上からの命令なんだろうが最悪な任務だもんね。

32. 2010年7月02日 06:51:11: i37fD8kRRc
>『検察の息の根を絶つ!』⇒の意気込みで書きます。
『マスゴミの息の根も絶つ!』⇒の意気込みで転載します。

@ 岩上氏ツイッターより官房機密費の音声アップ
      ⇒ http://ow.ly/257my

A 官房機密費(税金)を懐に入れた収賄記者は一人残らず追放されるべきである。収賄は明白な犯罪である(岩上安身ツイッターより)
      ⇒http://www.asyura2.com/09/hihyo10/msg/715.html

収賄された間諜組織マスゴミを追い詰め、小沢さんを守りましょう。


33. 2010年7月02日 08:55:13: czMCv73skg
この資料は良く纏ったものです。
より多くの選挙民へ知らせるべきです。
皆さんの義務はこれを日本全国 隅々まで知らせて国民を先ず安心して貰い
更に小沢氏を信じる候補者への投票を働きかける事です。
今まで信じていた小沢さんを益々好きになりました。
頑張ろう!

34. 2010年7月02日 14:18:51: SPPektsHdg
検察審査会で2回目の起訴相当が出されたほうが、
よいと思います。
なぜなら起訴相当となればダメ検察の手を離れ、
弁護士が立件しなければならない。
となれば、水谷からの献金にしても、収支報告書のズレについても、
検察があるという証拠、内部資料がすべてが明るみに出て、
公判維持などができるわけがないからです。
ダメ検察は、内部資料を他人に見せたくないがため、
審査会では不起訴相当を狙ってくると思いますが・・・・
いかに病め検弁護士を持ってきても、公判維持すら不可能かと。
審査会で無理やり、起訴相当を出し風を吹かせて何とかなると思ったのが、
逆に検察不要論まで噴出して、検察も頭の痛い問題を抱えてしまいましたね〜(笑)

35. 2010年7月02日 16:30:57: 8KeHbYSQR6
東京地検特捜部の狙いは起訴だけでしょう
5年後か6年後に最高裁で無罪判決が出る頃には
小沢一郎の政治生命が終わっている。

政界から小沢一郎を排除する事だけが狙い
裁判で負けても構わない、そんな気がする。

郵便不正裁判を見ても分かるけど、村木局長が最高裁で無罪になるのは
7年後くらい? 石井一叩きは成功している訳だから
民主党のイメージを「政治と金」で追い詰める。

西松建設問題(訴因変更)、陸山会問題(総員変更になりそうな気配)
水谷建設献金問題(起訴だけ狙ってる)

鳩山兄弟の家族資金問題
北海道の教員組合の政治資金裁判

自民党の疑惑は全て放置して、民主党関連を重点的に狙い撃ちして
「政治と金」で鳩山政権を追い込んで行った

小沢一郎の起訴を何としても狙っている様に見える。
官僚支配を民主党に思い知らせる作戦だと・・・・
戦前戦中の特高と同じ


36. 2010年7月02日 18:22:18: IvA0rlZUfg
>>35
総員−>訴因


37. 2010年7月02日 21:43:01: lxiEA26DWY
長文なんで全部見てないけど、常識的に考えて、政治団体が土地を購入するのはおかしい。しかも何億という土地なのに、その利用法が秘書の寮。
政治資金の使い方としてこれがまともですか?
政治団体は土地を購入できないから小沢個人が云々なんて枝葉末節の釈明だとしか世間の人は思わない。自分も同じ。それに資金の原資についての小沢の説明は一貫した同じ説明じゃなくて変化したよね。

38. 2010年7月02日 22:49:51: SPPektsHdg
>37さん
自民党の北海道の町○さんは自分で土地を購入、(確か1億2千万だったと)
それを自分の政治資金団体に1千万で貸し出ししているはもっと変じゃないですか?
またそれが、マスコミに載らないことももっと変。
辺野古に小沢氏が土地を持っているってマスコミは騒いでいるが、
自民の元防衛大臣の落選議員さんは辺野古にもっと大きい土地を所有しているし、(しかも家族名義で)、神の国発言の元総理も持っておられるのは変じゃないですか?
これってもっとまともですか?

39. 2010年7月02日 23:03:05: Oe5GEILPbs
今の国民は、大手マスコミをまるで信用していないでしょう。
もう偏向報道が長過ぎたんですよ。
選挙終わっても継続させたら、今度こそNHKから役員上層部を
入れ替えるでしょう。
そうなったら、大手マスコミは小沢議員に完全敗北です。



40. 2010年7月02日 23:38:55: lxiEA26DWY
>>38さん
それは変だと思いますよ。しかし、小沢の件も同様に変。
あなたは、自民党の議員が変なことをやっても問題にならないから
小沢も問題にすべきじゃないと言いたいのですか。
それにソースを提示すべきじゃないですかね。
本当の話かどうかわからないこと(自民議員の話)を、真実だと一方的に言われても判断できません。もちろん、ソースを提示してくれたとしてもそれが真実かどうか判断できないものもあるわけですが、そういう程度のソースすら提示されないとますます説得力がないわけです。

41. 2010年7月03日 00:56:27: IvA0rlZUfg
>>40
事実、目の前で自民党議員関連の疑惑は不問じゃないの?
これは良いの?
自民党議員の疑惑は様々なネット情報で指摘されてるけど

検察は放置でしょう、政治的に動いているのだよ
東京地検特捜部や、その他の地検も



42. 2010年7月03日 01:36:34: Zcd9fhYSbg
政府高官の「与党に捜査は及ばない」の一言で、事実、捜査は及ばずメディアも自民与党議員の職権疑惑献金疑惑に声を出さなかった。
そんな連中が「小沢は怪しい」と騒ぎ立てることこそ「怪しい」ということだ。

43. 2010年7月03日 09:03:41: i37fD8kRRc
>>41さん。
>検察は放置でしょう、政治的に動いているのだよ
>東京地検特捜部や、その他の地検も

>>42さん。
>そんな連中が「小沢は怪しい」と騒ぎ立てることこそ「怪しい」ということだ。

仰るとおりです。

>>40さん。こんなハナシもありますよ。

【日テレ解説員・河上和雄元最高検察庁公判部長、自民党から受け取っている「裏金」】
 ⇒http://blog.goo.ne.jp/capitarup0123/e/604616e747b4c2dac95a7bb50f8b5d4c


以下、一部転載
**************************************************************************************
日本に原子力発電を導入し、日本国民を放射能汚染の危険性に直面させながら、三菱重工に原子力発電所の建設工事を「与えた」見返りに、中曽根は三菱重工から、ワイロを受け取っていた。

東京地検は、このワイロ問題を摘発しようと捜査に乗り出したが、その捜査を警察組織の元最高検察庁公判部長の河上和雄が「捜査の停止命令」を出し、自民党政治家達のワイロ受け取りを「見逃した」。

「自民党の各派閥のリーダー全員が、このワイロを受け取っており、事件として立件すると自民党の政治家の大御所・全員を逮捕する事になり、自民党が潰れる」という理由であった。

元最高検察庁公判部長の河上和雄は捜査官達を、「お前達は自民党をツブシ、野党に政権を、渡す気か?」と怒鳴り付け、捜査は打ち切られた。

**************************************************************************************


この自民党のワイロ犯罪を見逃す返礼として、社団法人遊技産業健全化推進機構の代表理事に居座り、パチンコ利権の甘い汁を吸い続けている立派なアブラムシのようなお方が元最高検察庁公判部長・河上和雄さんです。

この河上さんが東国原知事に『テレビの力で知事にしてもらったようなものだ。若造、奢るんじゃない。』と侮辱したために、東国原氏が怒り心頭。
『ナンですか、この人??』と首をかしげていたが、知る人ぞ知る、獅子身中のアブラム氏です。

現職知事を平然と蔑んでみせる、元検察官僚の厚顔ぶりがとても印象的だったので、併せて紹介しておきます。

  河上和雄元東京地検特捜部長 東国原英夫知事に生放送で 苦言
      ⇒http://www.youtube.com/watch?v=VWztdxoND4g&feature=related


人の川上にも置けぬ河上さんにとって、官僚が主たるアブラムシで、政治家は忠実な僕たる農民、国民はチューチュー吸うべき作物であるのだろう。

反感しか買わないのに、『お上根性丸出し』にして...
まさしくこういうのを、『馬鹿丸出し』と言うのだろうな。


44. 2010年7月03日 09:32:02: GQ7tvBKZlM
>>41
いいとは言ってません。検察が政治的に動いているのもわかりますよ。
しかし、だからと言って小沢を不問にすべきなのかと言ってるわけですよ。
それに小沢は逮捕されたわけじゃないんですよ。

45. 2010年7月03日 14:56:31: CuE02bxb9w
>>44
小沢一郎さんが、どのような違法行為をしているのでしょうか?
不問とか言ってるけど?
どんな違法行為が有るのでしょうか?


46. 2010年7月03日 16:42:21: Fk60H6soLH
>>45
説明責任(政治責任)をきちんと果たすべきだということです。
小沢は国民が納得できる説明をいまだにしていません。
それに秘書が勝手にやったことなどという理由は、国民は受け付けません。
ちなみにここの方は情報通が多いようですから、小沢の元秘書が小沢の指示を
受けて、経世会の金庫から金をごっそりと盗むことを手伝い、それ以後
小沢の土地購入が始まったと週刊誌で述べていることは知ってるわけですよね。

47. 2010年7月03日 16:44:39: CuE02bxb9w
>>46
それで、検察は何の違法行為で小沢一郎さんを追求しているの?

48. 2010年7月03日 17:31:43: SPPektsHdg
経世会の金庫から金をごっそり盗むこことを手伝いってことは窃盗じゃないですか!
人がいるときに盗みに入れば強盗じゃないですか!
それなのに経世会は何なぜ訴えなかったんでしょう?
訴えられなかった事情があるんでしょうか?
>>46
教えてください。

49. 2010年7月03日 21:10:20: Fk60H6soLH
>>47
検察に聞けば。

>>48
週刊文春(6月10日号)の記事によると、金丸が佐川急便事件で議員辞職して経世会会長も辞任すると、小沢グループと反小沢グループに別れて抗争となった。小沢の元秘書は小沢から、経世会の事務局長から連絡があるから待機してるように言われ、何日か経過したときに、今なら大丈夫だからすぐ来てくれと事務局長から連絡が入り、行ってみると中にカネの入った二重にした紙袋が13袋(13億円)あって、それをトランクに入れ小沢邸まで運んだとのこと。
で、この元秘書は橋本龍太郎から、「八尋(事務局長)に金庫を開けさせたが
空っぽになってるぞ。お前は何か知ってるかっ。」と言われたとのこと。
つまり、金庫にいくらあったかを知ってたのは、金丸、小沢と事務局長だけということらしい。


50. 2010年7月03日 21:51:06: CuE02bxb9w
>>49
だから、どうしたの?
「らしい」?

「らしい」で起訴されたら誰でも犯罪者扱いされる。

で、誰かが小沢一郎を告訴しているのですか?


51. 2010年7月04日 00:00:06: Fk60H6soLH
>>50
ここの人たちは自民党議員とか河上のことについて伝聞を事実のように
語ってるわけだけど、それより控えめな表現して文句を言われるとはね。w
小沢に都合のいい解釈にすぎないものに、すばらしいとばかりに飛びついて、
都合が悪い事が出てくるとバッシング。偏った見方をしている人たちには
ほんとついていけないね。

52. 2010年7月04日 04:03:19: FK7hXD2JSg

369 名無しさん@十周年 New! 2009/10/02(金) 01:10:03 ID:KcuEFneY0
≪地検特捜部が言う“正義”とは、“絶対権力による指令”のことか?≫
(田中派)田中角栄 ロッキード事件で逮捕 ←東京地検特捜部
(経世会)竹下 登 リクルート事件で失脚 ←東京地検特捜部
(経世会)金丸 信 佐川急便献金・脱税で失脚、逮捕 ←東京地検特捜部&国税
(経世会)中村喜四郎 ゼネコン汚職で逮捕 ←東京地検特捜部
(経世会)小渕恵三 急死
(経世会)鈴木宗男 斡旋収賄で逮捕 ←東京地検特捜部
(経世会)橋本龍太郎 日歯連贈賄事件で議員辞職 ←東京地検特捜部
(経世会)小沢一郎 西松不正献金事件 ←東京地検特捜部 (経世会)
二階俊博 西松不正献金事件 ←東京地検特捜部
対して、(清和会)岸 信介 ダグラス・グラマン事件 ←安泰
(清和会)福田赳夫 ダグラス・グラマン事件 ←安泰
(佐藤栄作の周山会)松野頼三 ダグラス・グラマン事件 ←安泰
(清和会)安倍晋太郎 リクルート事件 ←安泰
(清和会)中曽根康弘 ダグラス・グラマン事件、リクルート事件 ←安泰
(清和会)森 喜朗 日歯連贈賄事件、西松不正献金事件 ←安泰
(清和会)三塚 博 国際航業事件、博栄会によるゼネコン疑惑、日歯連贈賄事件 ←安泰
(清和会)塩川正十郎 外交機密費と官房機密費との流用、日歯連贈賄事件 ←安泰
(清和会)小泉純一郎 日歯連贈賄事件 ←安泰
(清和会)尾身幸次 西松不正献

18 名無しさん@九周年 New! 2009/03/14(土) 06:57:21 ID:LpzhMVr70
ここまで露骨だとある意味清清しいなw そういえば、かんぽの宿の話もどこかに消えちゃったねw

 (田中派)田中角栄 逮捕    ロッキード事件 (←東京地検特捜部)
 (経世会)竹下登  失脚    リクルート事件  (←東京地検特捜部)
 (経世会)金丸信   失脚逮捕 佐川急便献金・脱税 (←東京地検特捜部&国税) 
 (経世会)中村喜四郎 逮捕   ゼネコン汚職   (←東京地検特捜部)
 (経世会)小渕恵三 (急死)    (←ミステリー)
 (経世会)鈴木宗男  逮捕      斡旋収賄     (←東京地検特捜部)
 (経世会)橋本龍太郎 議員辞職  日歯連贈賄事件 (←東京地検特捜部)
 (元経世会)小沢一郎        西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)
 (元経世会)二階俊博        西松不正献金事件 (←東京地検特捜部)

 (清和会)岸信介      安泰
 (清和会)福田赳夫     安泰
 (清和会)安倍晋太郎   安泰
 (清和会)森 喜朗      安泰
 (清和会)三塚 博     安泰
 (清和会)塩川正十郎   安泰
 (清和会)小泉純一郎   安泰
 (清和会)尾身幸次     安泰

清和会が昔から財務省、警察・検察利権を牛耳っているというのは有名だね。
岸まで遡るけど、この源流の人達は名前上がっても不思議と逮捕されない。

一方、旧田中派(経世会)と、CIAと密接な関係の検察の仲が悪い。
GHQの特務機関であったキャノン機関を吸収したCIAは、日本政府が米国
離れになる事を最も警戒した。旧田中派はアメリカと距離を置こうとしていた。


53. 2010年7月04日 10:36:41: IEjgO5aFxY
>>37さん
>常識的に考えて、政治団体が土地を購入するのはおかしい。
このような意見をたまに見かけますが、おかしい理由を教えていただけますか?

小沢氏に都合が良い悪いの問題ではなくて、
脆弱な証拠しかないのに起訴しようとする検察と検審がおかしいのではないでしょうか?


54. 2010年7月04日 10:50:10: BUvSoLYkKo
>>51
>小沢に都合のいい解釈にすぎないものに、すばらしいとばかりに飛びついて、
都合が悪い事が出てくるとバッシング。偏った見方をしている人たちには
ほんとついていけないね。

 確かに、その通り。もし、《公正》という言葉がその通りの意味を持つならば公正ではないでしょう。

−−−

 田中はは、米国と距離を置きたかっただろうし、岸や福田は親米であった。また、田中や金丸は政治権力確保のために《悪》を働いた。もしくは検察に突っ込まれるような隙を作ってしまった。

 検察は明らかに公正ではない。正義を追求するにしても悪の選定が恣意的であることは明らかだ。だから悪は《悪》で間違いないのだが、公平公正な意味での悪ではない。特に米国の利益に反する悪の追及はしない。

 ただ、田中が悪を行ったとしても、米国の巨悪に比べれば遥かに罪は軽いのだ。そういう意味で、米国は米国と距離を置こうとする小沢を追い落としたかったに違いない。何らかの罪を見つけ出すこと、それが米国と長く深い関係にある検察の利益になるはずだった。

 小沢の悪役顔もあって、マスコミによる「悪=小沢=旧田中派」は市民には受けれられ易かった。小沢を米国との関係で述べるマスコミは皆無であった。一斉に小沢攻撃をした。確かにマスコミに誘導された市民側から見ていると《小悪》は内包しているように見える。旧田中派というイメージが消えないからだ。

 しかし、検察は小沢の追い落としを目的として、罪をでっち上げてしまったということなのだろう。叩けば何か出てくると、安易に石川秘書の逮捕に踏み切った。出来れば大きな犯罪で有ればありがたい。
 しかし、実際には何も出てこなかった。(素直にまっすぐに物事が見れる者)氏の記述されたことがすべてだ。小沢が隠していることがあったとしても推測の域を出ず、検察が立件しようとした悪に関しては無罪である。

 今、もっとも重大に扱うべきは、どれほど日本が米国に蹂躙されているかという認識である。ほとんどのマスコミ、司法、政府、外務/防衛官僚、議員が米国との軍事関係強化に疑いを持たない。もしくは分かっていても明らかにしない。特に小泉政権は著しく米国に接近した。接近というより隷属である。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/2+2_05_01.html

 推測の域を出ないが、小沢は日米関係を現状よりは距離を置こうとしたために検察に狙われた。(実際には利益供与されているかもしれないが)建前として検察にとっては日米安全保障強化が国益と考えているのである。商業マスコミは対米批判をすれば米国資本が支配したスポンサー収入を得られなくなる。ざっとそんなところだろう。

 
 


55. 2010年7月04日 11:36:35: GsSNjnvANI
また読み返しました。あらためて敬意を表します。

56. 2010年7月04日 13:56:03: rgy1TpbPM6
>>51
政治責任、刑事責任、民事的責任
どの様な責任で在っても、責任を問うならば証拠を挙げて行わないと
「思い込み」、「伝聞」、「疑いがある」:証拠の提示が必須

立証責任は疑いをかける側に有ります。 これ当たり前の事です。


57. 2010年7月04日 14:08:14: rgy1TpbPM6
なので、東京地検特捜部は西松建設疑惑で小沢関連事務所を捜査した。
(大久保元秘書関連)
陸山会政治資金収支報告書問題で関連ゼネコンまで捜査した。
(石川議員、大久保元秘書、他の秘書関連)

ところが、小沢一郎を逮捕、起訴する証拠が出なかった。

小沢一郎関連捜査は全国の地検から応援検事が呼ばれてやったそうです。
それでも小沢一郎を起訴する証拠は出なかった。

今度は国税庁が出てきて、小沢一郎関連を脱税で調査するとかの噂が出ている。
東京地検特捜部の捜査で小沢一郎を起訴出来なかったので
国税庁+税務署に支援を依頼したのでしょう

とにかく官僚側の狙いは:小沢一郎を政界から排除する。
どんな理由でも良いから小沢一郎排除なんです。

西松建設関連は外為法違反から始まって・・2年間捜査やったが
小沢一郎排除に至らず

陸山会やっても失敗、今度は国税庁を入れて・・・・・



58. 2010年7月04日 23:32:33: 9incnDYcNM
検察は小沢の逮捕に失敗したのではなく、小沢と取引きしたから逮捕しなかった説も知らないふり?それともほんとに知らない?

http://www.asyura2.com/10/hasan67/msg/216.html
「小沢の不起訴は3日に判断されたというが、前日にはキャンベル会談があり、これが非公開ともなれば何らかの合意を取ったものと憶測されても仕方がない。」


『日本を貶めた闇の支配者が終焉を迎える日』ベンジャミン・フルフォード著
「検察にパイプを持っているBDSのメンバーから、こういう情報が私の元に入った。検察は、小沢一郎が中国との一定の距離を置くと約束しないかぎり、逮捕済みの側近3人を実刑に処し、さらに、小沢の妻の財産を押収すると言ったらしい。その約束をしたことで、逮捕を免れたようだ。」


59. 2010年7月05日 00:19:43: rgy1TpbPM6
>>58
白龍会の話しに依ればでしょう
元々、有力な証拠が有れば逮捕、起訴でしょうね

結局、不十分なので出来なかった、で、国税庁


60. 2010年7月05日 20:41:54: 3e4kF03WFM
>>53
土地を買ったりするのは政治活動になりませんよ。

>>59
なんでそういうふうな否定をするかな。
小沢が検察審査会に上申書を出したってニュースを見たけど、
その検察審査会のメンバーがここを見てるかもしれないから?
そう考えると、この検察批判の投稿のタイミングも怪しいねえ。

ちなみに阿修羅の標語(?)は
    「 情報解析
        ・その情報が 誰によって 流されているか?
        ・その情報が なぜ今 流されているか?   」


61. 2010年7月05日 21:41:27: JQaXbz6QwQ
>>60

投稿者の『素直にまっすぐに物事が見れる者』です。

誤解されているようなので、申し上げておきます。

私は、思想家でもありませんし、政治などあまり興味のない人間です。
ここに、投稿する気に成ったのは、石川議員が『あまりにも、かわいそう』と思ったから、と言うだけなんですよ。

ただ、文中にも書いた通り、『虚偽記載』にしろ、『贈賄罪』にしろ、『現金・預金出納長』を見れば、全て、白黒ハッキリする事でしょう。
にもかかわらず、内閣転覆まで世の中が動いたということに、恐ろしさを感じませんか?

それと、何故、小沢さんの側近や弁護士等は、この投稿の事柄に『気がつこうともしない』のでしょう?
私も、いささか、腹が立っているのですよ。

この事件の奇異な所は、『事件の実態そのものが無い』と言えます。
このような、冤罪が『まかり通る世の中』は、正さなければ成りません。

私は、検察とマスコミに『きつい、おしおき』をすべきだと思っています。


62. 2010年7月05日 23:43:40: 3e4kF03WFM
>>61
あなたの投稿の内容はトリックみたいなものに見えます。
たとえば、最初の部分の寄付金の返還についてですが、2006年に返還されて
いたから、2004年と2005年については返還は確認できないが、寄付は
されているから2004年から水谷建設がブラック企業として扱われていたことが
うかがえて、2004年、2005年も丁重に返還したのだろうという推理になっている。

寄付金を返還されたら普通はもう次の年から寄付はやめますよ。
それを次の年もさらにその次の年も寄付しますか?
それに寄付金の返還があったら、その寄付した先との関係を疑われることを
警戒してと見るのが普通じゃないですか。

しかし、そういう普通の見方はせずにこんなに警戒している水谷建設から
裏献金をもらうわけがないというふうになる。
そして、お金はあるから、もうこれ以上献金を受ける動機はないとなる。

お金って、くれると言うならいくらでももらうものと違いますか?
私はもうそれ以降は読む気がしません。


63. 2010年7月06日 02:28:03: GsSNjnvANI
>>62君。
投稿者さんがこれだけ丁寧に(他投稿でも同じ)解説されているのに
よく読んで「理解してから」コメしてくださいね。どれも君には難しいかな?
俺にも難解だが、まあ簡単に言えば、複式簿記と単式簿記は別物って事よ。
ん? まだわからんって? 

例えて言えば、
君が7月6日にA社から千円借りた。が、実は千円借りたのはB社だった。
もしくは君がA社から千円借りたのは、実は7月5日だった。って話よ。
ここらが会計主義の違いの怖さかな・・しかし、真人間の君も酔い覚め気味の俺も千円を返したのは事実間違いない。で、君も俺も特捜部に逮捕されない。血税を吸い、わが世の春を味わう検察官僚どもにはお互いまるで無価値だからねえ。酔きかな官吏暮らしって声にうなされたろ・・


64. 2010年7月06日 20:13:00: mp6fw9MOwA
皆さん 色々と過去の情報に惑わされていませんか。
小沢さんの件での検察・検察審査会の説明文をよく読んでください。
子供も騙せない、筋論からも外れており、理論的根拠もないものですよ。
これが認められるか否かの議論が出発点ではないですか。
素人が考えて、そんなことで起訴できるわけがないとすぐにわかる内容で起訴しているのですよ。
この事実が、検察は邪魔者は消すためには手段を選ばないと宣言している事になるのです。
この間違った宣言を問いただす組織のない事が非常に不満です。
検察は裸の王様ですよ。
何故、王様は裸だという人がいないのでしょうか。
河上和雄がこれほどひどい男とは >>43さん の投稿で初めて知りました。
彼は、腐敗している検察では正常な人間なんでしょうね。
国民の生活向上を願う人には理解できない世界が検察組織というものです。

65. 2010年7月06日 20:56:27: ese2bnRCf2
>>63
違いますね。

たとえば
>>もし、『現金・預金出納帳』に記録が無い場合には、可能性として考えられるの>>は、石川氏が横領している場合しか考えられないので

とありますが、可能性は横領以外のことも考えられるわけですが、かなり後ろのほうになって、

>>おっと、『「裏献金」は恣意的に「不記載」にするだろう』ってか。

とやっとでてきます。で、

>>それは、【収賄容疑は不当であるとする根拠】に戻って、もう一度読んで下さい。

となります。しかし、戻っても読んでも、恣意的に不記載にしたことを否定できる理由など見当たりません。

>>収支報告書に「不記載」や「架空計上」等を恣意的にしたとしても、脱税や粉飾>>決算ができる訳でもなく、そんなことを、する意味が無いでしょう。

もしかしたらここが恣意的に不記載をしたりしないという理由なのかもしれませんが、普通なら不記載は裏献金を隠す意味があるわけで、それを「する意味が無いでしょう」なんて感じで片付けてます。

こんな感じのおかしな話がずっと続いてます。面倒なんで他は省略。

こちらが何か書くとすぐそれを否定するレスがつきますが、これはもう工作の一環としか考えられないですね。
きっと検察審査会のメンバーが阿修羅を見たりしてるのを知ったか、検索でこの投稿に行き着くことを期待して、それでこういう印象操作の投稿をして、こんなトリックじみたわかりにくい内容なのに、賞賛するレスをいくつも付けたんでしょうね。でもまあ、たぶん効果ないでしょう。w
面倒なんでこれで終わりにします。それじゃ。


66. 2010年7月07日 00:10:46: lirXfMdDLc
>>39さん、
読売が悪い、朝日だ、日経だ、NHKだ、という種類の分析を
しばしば目にするのですが、

本当は共同通信に問題があります。

じっくり考えて下さい。
共同通信は地方紙の記事内容も社説も自分たちの記事で支配しています。


67. 2010年7月07日 00:11:44: lirXfMdDLc
マスコミに一罰百戒的に何か手を入れるのであれば、
共同通信の体制入れ替えですね。

私なりの結論です。


68. 2010年7月07日 08:40:29: JQaXbz6QwQ
>>65 様以外の皆さんへ

投稿者の『素直にまっすぐに物事が見れる者』です。

 よく知らないのですが、このネットの世界では、『>>65 様』のような方を『ネトウヨ』と呼んでいるように認識しておりますが、正しいですか?

 皆さん、このような輩に『からまれた』場合の、反論の仕方は、『こんなもん』でよろしいでしょうか?

◆恣意的に不記載にしたことを否定できる理由
 検察は、『10月18日に陸山会の口座に同額が振り込まれた』と言っており「裏献金」を「不記載」としたとは言っていない。

 以前においては、検察は、『当該5千万円は、小沢さんからの借入金4億円に含まれている』と言っており、しかしながら、実際には、当該4億円は、2004年の収支報告書に、ちゃんと、記載されているので、上記とは矛盾する。

 つまり、検察は、『「裏献金」を恣意的に不記載にした』ことを問題にしている訳ではなく、当該5千万円の授受について起訴理由としているのです。

 従って、『恣意的に不記載にしたことを否定できる理由』という言い方は、『不記載にしたことを前提としている』のであって、もともと、不記載など無い場合には通用しない論法です。

 『ネトウヨちゃん』は、このように、『話のすり替え』により、論点を『ずらす』ことを仕事にしているのではないでしょうか?


69. 2010年7月07日 16:55:34: BUvSoLYkKo
素直にまっすぐに物事が見れる者 様

> よく知らないのですが、このネットの世界では、『>>65 様』のような方を『ネトウヨ』と呼んでいるように認識しておりますが、正しいですか?

 私は「素直にまっすぐに物事が見れる者」氏の思考を妥当と考える者です。その上で上記の発言は必ずしもそうではないように思えます。

 すなわち、『>>65 様』の

>となります。しかし、戻っても読んでも、恣意的に不記載にしたことを否定できる理由など見当たりません。

 は推測なのですが、社会のごくありきたりの一般人の思考はそのようなものであると認識しています。すなわち限定的常識です。

 常識は必ずしも真ならずですが、(いい加減な話ですが)経験上8割くらいは合っているかもしれません。そういう意味で、『>>65 様』の言っていることは、ここのような《真》を追求するBBSにおいては違和感をお持ちになるかもしれません。

 しかし、あらゆる言論の自由が無い限り独善に陥ります。その一点で『>>65 様』の発言は多様性の一部として認識されるべきものと考えます。右翼であろうが左翼であろうが帝国主義者であろうが民族主義者であろうが共和主義者であろうが共産主義者であろうが...あらゆる考えがこの板にぶつけられることにより、己の認識を改善していくことが可能かと考えています。

 そういう意味で、様々な意見がここに存在し、議論できることが価値のあることと考えています。


 


70. 2010年7月07日 17:26:22: JQaXbz6QwQ
>>69 様

投稿者の『素直にまっすぐに物事が見れる者』です。

ありがとう。私の認識違いですね。

でも、本事件の特徴は、その常識や一般論が、検察とマスコミによって『見事にねじ曲げられている』ことも事実です。

>>65 様

『ごめんなさい。』

できれば、『素直にまっすぐに物事が見れる心』で、もう一度、読んで頂けると嬉しく思います。


71. 2010年7月08日 20:08:04: SGcj1j8zbE
>>68さん

レッテル貼り攻撃ですか。でも、あなたのスタンスというか思想傾向がわかる
攻撃なので、そういうのは歓迎です。
小沢といえば、外国人参政権を通そうとしてる政治家ですが、誰かれ見境無く
ネトウヨだと攻撃するのは在日だと2ちゃんねるでは言われていますから、
あなたも在日かもしれず、もしそうなら小沢を擁護することに利益があると
いうことになります。

もう1回、阿修羅の標語を貼っておきましょう。

    情報解析
         ・その情報が 誰によって 流されているか?
         ・その情報が なぜ今 流されているか?


>>検察は、『10月18日に陸山会の口座に同額が振り込まれた』と言っており裏献金」を「不記載」としたとは言っていない。

いや、その文章は元の投稿では主語が書かれてないので、読み手は主語が
検察なのかそうでないのかはっきりわかりません。


関連してですが、あなたは「検察が言ってる」とよく書いてますが、それは
検察が公の場で言ったことなのか、それともたんに新聞報道でそう報じられた
だけで、本当にそう言ったのかどうかわからないものなのか、区別しないで
書いてますよね。そんなあやふやなことをもとに推論を展開していて、
しかも相手をネトウヨとレッテル貼り攻撃したにも関わらず、
「素直にまっすぐに物事が見れる心」で読んでみるよう勧めるところなんか
まさに空いた口がふさがりません。


72. 2010年7月08日 23:07:43: JQaXbz6QwQ
>>71 様

共同通信社の記事には、『10月18日には、陸山会の口座に同額が振り込まれたことが判明した。』となっているので、『主語』は、共同通信社に聞いて下さい。

私は、文章の前後の関係から、検察が言っていると思いました。
下記の投稿の記事です。
http://www.asyura2.com/10/senkyo88/msg/700.html

どうやら、私は、説明する相手を間違えていたようですね。

>>70 様

やっぱり、私の認識違いでは、なかったようですね。
外国人参政権に反対の、例の検察審査会への申立人の一派みたいですよ。


73. 2010年7月09日 21:22:51: F6ytsiaGTc
>>72
「検察が言った」とあなたが書いてるところにはすべてソースをつけるべきです。
本人の解釈を押し付けられても困りますし、普通、この種のことを書く場合、
元記事の引用をしておくべきものじゃないですか。
それにソースがないと読み手はわかりにくいんですよ。


>>外国人参政権に反対の、例の検察審査会への申立人の一派みたいですよ

それは印象操作ですか?
それとも誰かからいたずらされて信じちゃいましたか。


74. 2010年7月16日 23:33:02: Prl9Y3GHL2
何をやろうが裏は読まれている。我々も結束するだろう、愚民化推進と覚醒との戦いとなっている。

75. 2010年7月17日 14:16:22: znegdfAplA
政治資金規正法

第十二条  政治団体の会計責任者(報告書の記載に係る部分に限り、会計責任者の職務を補佐する者を含む。)は、毎年十二月三十一日現在で、当該政治団体に係るその年における収入、支出その他の事項で次に掲げるもの(これらの事項がないときは、その旨)を記載した報告書を、その日の翌日から三月以内(その間に衆議院議員の総選挙又は参議院議員の通常選挙の公示の日から選挙の期日までの期間がかかる場合(第二十条第一項において「報告書の提出期限が延長される場合」という。)には、四月以内)に、第六条第一項各号の区分に応じ当該各号に掲げる都道府県の選挙管理委員会又は総務大臣に提出しなければならない。

三  十二月三十一日において有する資産等(次に掲げる資産及び借入金をいう。以下この号及び第十七条第一項において同じ。)について、当該資産等の区分に応じ、次に掲げる事項
イ 土地 所在及び面積並びに取得の価額及び年月日


売買契約の締結
http://homepage2.nifty.com/msuzukitokyo/sub1.html

売買契約は、売ります・買いますの約束の合致により成立します。我が国の民法は、不動産についても、売買の書面の作成を要求していません。つまり、口頭の約束でもよいのです。

政治資金規正法と、売買契約の締結の2つを結びつけると、
土地は2004年内に報告しないといけないのでは。


76. 2010年7月17日 19:02:11: JQaXbz6QwQ
>>75 様

投稿者の『素直にまっすぐに物事が見れる者』です。

とても良い質問ですね。

まず、先に回答します。
不動産会社の経理マンに、その質問をしたならば、
『口約束で売上計上した場合は、粉飾決算で、支払計上した場合は、脱税で国税局に逮捕されちゃうよ。』と答えるでしょう。

現金主義会計下で作成される収支報告書の第十二条で言う収入と支出というのは、売買契約の締結日とは関係なく、実際に現金の受け渡しが行われた日を持って計上日とすることを意味します。

2004年10月29日に売主に支払ったのは、仮登記をした小澤一郎個人です。
また、陸山会の現金と普通預金の年末残高は、「138,551,380円」であることから、陸山会が土地代金の約3億4千万円を立替払いしたということも、ありえません。

さて、本題に入ります。
検察は、この質問のように、2004年に陸山会が、売主若しくは小澤一郎個人に、それこそ、土地の購入について「口約束」位はしているだろう、との憶測のみで逮捕・起訴しているのです。⇒ムチャクチャな話ですが、現実です。

「口約束」での売買契約の締結成立は、むしろ、「確認書」について言える事なのです。2005年1月7日に小澤一郎個人から陸山会代表の小沢一郎への土地利用権の売買は、民法では、『売りました』、『買いました』の1人芝居で売買が成立します。しかし、これでは、世間が納得しないので、「確認書」を取り交わして形式を整えたということです。


77. 2010年7月18日 11:43:02: Uqu9f43DPs
>>76
この問題を収支報告書に限定してる点が間違ってると思われます。

政治資金規正法第十二条の中に、
「毎年十二月三十一日現在で、当該政治団体に係るその年における収入、
支出その他の事項で次に掲げるもの(これらの事項がないときは、その旨)を
記載した報告書を」
とありますが、その他の事項の中に「土地」が入ってます。

つまり、収支報告書の中味がどうであれ、土地を保有したらそれを報告書に
含めなければなりません。

そして、「口約束」という言葉は誤解を誘導する使い方だと思われます。
口頭で契約が成立するということは、それを初めて知った人に驚きを与えることは
確かですが、司法試験を勉強してきた小沢氏にとっては当然、常識であって
記載しなかったことの言い訳はできません。
また、不動産業者の計上の話は、問題のすり替えです。
契約が成立したかどうかが問題なのですし、この問題に関して言うと小沢氏は
土地を購入する側で、入金があるかないかを心配する必要はありません。
そして、小沢氏が該当の土地を購入したのは、陸山会がその土地を購入するため
なのですから、陸山会と小沢氏との了解はすでになされていなければならない
わけで、つまり契約は成立していたと見るべきでしょう。
確認書をたてに、契約の成立は2005年であると言い張るほうが無理があると
思われます。
もし確認書にそれなりの信用性をもたせようとするなら、小沢氏が土地を購入
する前に、その土地を小沢氏が購入したら陸山会が購入するというものに
しなければ世間は納得しません。

また、この問題を検察批判に結び付けてるようですが、小沢氏が政治資金を
このような運用の仕方(実質的に土地投資)に使っていることに目を瞑るのは
とても客観的な立場にたって批判しているとは思えません。
政治資金規正法は、資金の運用を預金・貯金等に限定しています。
秘書の寮のために土地を購入したから政治活動ということで、問題にされてない
ようですが、真実は明らかに土地投資でしょう。
秘書の住む場所が借りられないという状況があるなら別ですが、そんなことは
ありませんからね。


78. 2010年7月18日 15:23:23: JQaXbz6QwQ
>>77 様

投稿者の『素直にまっすぐに物事が見れる者』です。

どうやら、貴殿は、小沢さんに、悪意を持っているようですね。
本事件は、収支報告書に限定した起訴事実(理由)であり、政治資金管理団体が土地を所有することの是非など、マスコミが国民を意識誘導しているだけで、それこそ、話のすり替えですよ。

>>38 様のコメントにあるように、代表者個人が土地を所有し、政治資金管理団体に貸し付けて、高い地代・家賃を享受する方が、はるかに、儲かります。陸山会のように、秘書達から、安い地代・家賃を貰っていたのでは、とても、土地投機になりません。だから、土地・建物を「確認書」により利用権を実質的に所有するという方法までして、その上、損をしてまで、収支報告書に土地を計上しているのは、陸山会だけなのですよ。

それから、貴殿の話は、論点がメチャクチャですので、もう少し理論武装してコメントしてください。
確認書をたてに、契約の成立は2005年であると言い張っている人など、誰もいませんよ。脳みそ腐っていませんか?そう言うのを、話のすり替えと言うのですよ。
⇒【豆知識02:政治資金規正法第四条】
 【豆知識03:陸山会の正しい土地の計上時期】
 を、理解できるまで、何度でも、読み返してください。

これを、読んでいる皆様が誤解を招かないように、ちょっとだけ、説明します。

2004年10月29日時点では、小沢氏がお金を支払ったのだから、小沢氏個人と売主の売買であり、陸山会収支報告書に記載することはできない。2005年1月7日に登記が完了し、陸山会と小沢氏個人との間で、権利書の交換、確認書の取り交わし、3億4264万円の支払いが行われた。この時点が、陸山会と小沢氏個人との民法上は売買とみなされるから、この時点で、陸山会収支報告書に記載すべきである。


79. 2010年7月18日 18:51:18: Uqu9f43DPs
>>78さん

まず、お詫びしたいところがあるのですが、>>77で私が

>>この問題を収支報告書に限定してる点が間違ってると思われます。
と書きましたが、

ここで言いたかったのは会計の帳簿のことで、それを収支報告書と書いたのは私の間違いです。
収支報告書というと普通は会計の帳簿のことを指すのでしょうが、
第十二条を読むと「収入、支出、その他」の3つから報告がなされることに
なっていて、この場合の収支報告書というのは「その他」も含まれるのではないでしょうか?


それから土地投資という見方ですが、これは別にマスコミの誘導云々ではなく、自分なりの見方です。
この見方も別にとりたてて特別な見方というものではないでしょう。
誘導された見方というほうが違和感を感じます。

また、政治資金は相続税がかかりません。これを貸し付けたら貸付料に
所得税がかかりますし、土地に固定資産税もかかりますし、相続時には相続税も
かかります。貸したほうが得かどうかという話はそう簡単に決められないでしょう。
ついでですが、>>38にはソースが出てません。

繰り返しになりますが、土地は2004年分として報告しなければならないのではと
言っているのは、「その他」としての報告です。
なぜなら、小沢氏が土地を購入したのは陸山会が購入するためのただの中継ぎで
あり、小沢氏は10月末にはもうお金を支払ったのに、2カ月以上も後になって
陸山会とお金のやり取りをするということ自体が不自然です。
これが不記載として問題にされるのは当然ではないでしょうか?


80. 2010年7月18日 22:21:10: JQaXbz6QwQ
>>79 様

投稿者の『素直にまっすぐに物事が見れる者』です。

もし、真剣に質問されているのなら、まず、ご自分の法に対する解釈が独善的であり、完全に間違っていることと、会計学に対する知識の決定的な欠如があることを認識してください。

その他ではなく、「収入、支出その他の事項で次に掲げるもの」と書かれているのであり、このような読み違いは、スブの素人か、悪意を持ってワザと読み違えている玄人かのどちらかです。

条文を解かりやすく説明しましょう。
規正法は、収支報告書を、収入(12条1項1号)、支出(同2号)、資産等(同3号)の3区分で記載するとし、資産等は特定の資産と借入金を記載する。

収入は「金銭、物品その他の財産上の利益の収受」(4条1項)、支出は「金銭、物品その他の財産上の利益の供与又は交付」(4条5項)とされている。

会計帳簿は、収入簿、支出簿、運用簿の3つからなる(政治資金規正法施行規則6条)。
と、まあ、こんなところでしょうか。

ところで、いつの間にか、貴殿の術中にハマっている自分に気がつきました。

貴殿の勘違いは、土地の計上を2004年にすべきであると言う根拠が第十二条と思われていることです。【豆知識03:陸山会の正しい土地の計上時期】を、ちゃんと、理解してください。契約の成立日など、収支報告書の記載時期には、何の関係もありません。あくまで、小沢さんが売主に支払した日ではなく、陸山会が小沢さんに現金を支払した日です。

当該土地が、例えば、不動産屋の土地であったとしたならば、2004年の不動産屋の決算書に当該土地が記載されていて(仮登記時点での、土地代金の扱いは、仮受金なので、土地の記載はあります。)、同じく、2004年の陸山会の収支報告書に当該土地が記載されているのは、おかしいでしょ。ささやかな、常識です。

将来において陸山会が土地の利用権を小沢さんから購入するハズだ、との未確定の憶測だけで、2004年の収支報告書に土地を計上しなかったとして、逮捕・起訴した検察は、許せるものではありません。

だいたい、陸山会が小沢さんから土地利用権の取得をするかどうかを確定するのは、小沢さん自身であることから、気が変わって、『大家になって儲けることにしよう』と言う可能性もある訳です。(だって、借り上げ社宅ですもの、空き室も保障されるし、儲からない訳が無いでは無いですか。)
この可能性を否定するには、石川議員は、小沢さんは『気が変わらない』ことを予知していた、つまり、石川議員は超能力者であることを、検察は証明しなくてはなりません。

また、2004年では、登記費用等の付随費用が確定しておらず、土地の取得価額が未定であり、会計学の見地から言っても、確定主義の観点から2005年に計上すべきであることは、多少の知識があれば、容易にたどりつく結論です。


81. 2010年7月19日 09:33:56: 2XQiiRayQY
>>80さん
「その他」というのは「その他の事項で次に掲げるもの」のことです。


小沢氏が該当の土地を購入したのは、陸山会が購入するためですから
(土地の金額と銀行の融資の金額、日時からそう判断できる)
この行動を起したときの小沢氏個人は、陸山会代表としての行動と見なすべきです。

ただ、会計上は小沢氏個人と、陸山会との取引きというものができて
しまうわけですが、実質的には小沢氏個人が購入した時点で
陸山会代表の小沢氏が土地を購入したと見なすべきです。

ですから可能なかぎりすぐに小沢氏と陸山会の取引きを計上すべきでした。
それなのに、土地購入から2カ月以上も経っての会計の計上は、さっさと記載すべき
だったものを不記載にしてたとしか言えないでしょう。

登記費用についてはあとから計上すればよいだけです。
政治資金規正法が12月31日現在と区切りをつけている以上、登記費用が確定してから
という理由は、記載しないでいい理由にはなりません。

また、登記が遅れたのは農地転用云々と説明されておりますが、代金支払いと登記は
同時に行うのが常識です。

小沢氏の気が変わったらどうするんだと言いますが、それは小沢氏が
もともと陸山会に土地代を払わせて利用させるつもりがなかった場合なら
考慮しなければなりませんが、今回はそうじゃないわけですから考慮する必要はないでしょう。

そもそも土地を登記できない政治資金管理団体に土地を持たせようとすることじたいが
おかしな行動です。こんなおかしな行動をとった結果が今回の問題の原因であり、
なぜそんなことをしたのかといえば、法律で禁止されている政治団体による土地投資を
したかったからです。確認書などといった変な操作をせず、小沢氏個人が購入して妥当な値で
陸山会に貸し付ければ良かったのです。


82. 2010年7月19日 11:32:34: JQaXbz6QwQ
>>81 様

貴殿のような、ヘリクツだけの、自分の勝手な主張を通したいだけの人間に説明してきた私がバカだったようですね。

少し、かわいそうなので、ちょっとだけ、貴殿の考え方が『おかしい』部分を言っておきます。

実質的に小澤一郎個人が土地を取得したのは、仮登記ではなく、本登記した2005年1月7日です。この日付は、権利書の所有権発生日です。
つまり、前にも説明しましたが、当該土地は、2004年中においては、まだ、売主の所有です。陸山会はおろか、小澤一郎個人の所有でさえ無かったのですよ。

貴殿が、ズブの素人か、悪意を持ってワザと読み違えている玄人かは知りませんが、『陸山会代表としての行動と見なすべきです。』、『さっさと記載すべき』、『陸山会に貸し付ければ良かったのです』のような所が、独善的な考え方だと申し上げているのです。

まあ、貴殿に何を言ってもムダなようですが、ひとつだけ、
小沢さん個人の取引を陸山会の収支報告書に記載すべきとする、その考え方は、検察とマスコミの、幼稚で、卑劣な、意識誘導の手口そのものですよ。

よかったら、最新の投稿をご覧ください。
http://www.asyura2.com/10/senkyo90/msg/829.html


83. 2010年7月19日 17:27:24: 2XQiiRayQY
>>82さん

所有権保存登記は任意ですので、所有権について争いのない場合などには、
基本的に登記する必要はありません。
つまり、登記したあとに小沢氏に所有権が発生したわけではありません。


84. 2010年7月19日 20:11:47: JQaXbz6QwQ
>>83 様

貴殿は、悲しい人ですね。
貴殿のヘリクツが理解できるのは、たぶん、貴殿だけでしょうね。いや、貴殿自身も何を言っているのか解かっていないのではないですか。

2005年1月7日の本登記迄は、当該土地の所有者は、登記簿に記載されている売主です。
この売主が、例えば、会社であれば、2004年の決算書の資産に当該土地が資産勘定に記載されています。10月29日に土地代金を受け取っていたとしても、そのお金は、仮受金として計上されるだけです。
従って、農地転用手続き、埋め立て工事、地ならし工事等を経て、更地になってから、本登記後に、始めて小澤一郎個人に所有権が移ります。陸山会が土地利用権の譲渡を受けられるのは、その後です。


85. 2010年7月19日 21:24:27: 2XQiiRayQY
>>84さん

所有権の移転がいつになるかは当事者次第です。いつにするかは契約書に
書かれるもので、登記が絶対的基準というわけではありません。
もし契約書に登記した時点で所有権が移ると書いてあったならば、小沢氏の
所有権は2005年1月になるわけですが、お金を先に支払っておきながら
2005年1月の登記まで所有権を得るのを待つというのはちょっと考えにくいです。


86. 2010年7月19日 22:34:13: JQaXbz6QwQ
>>85 様

貴殿のいけない所は、自分の思い込みの法解釈や、無知なるが故の『考え違い』に気が付いていないことです。

所有権の移転は、登記・権利書が絶対的基準であり、契約書など、金銭の授受と土地の受け渡しが済めば何の効力もないものとなりますよ。
ちなみに、売主が、本登記までに第三者に譲渡してしまった場合には、契約違反となり、社会通念上、3倍返しとされているようですよ。実際に、このようなこともある訳ですから、2004年に陸山会は、おろか、小澤一郎個人でさえ、所有権の移転は不可能なのですよ。

以下、本文からの引用です。
 ただ、検察は、どこまでウソをついているのか解かりませんから、社会通念上、土地代金を支払う時期は、更地に成った後の、本登記後に支払うのが通例ですので、この場合には、2005年1月7日に、小沢さんに替わり、陸山会が直接に売主に支払っていることも考えられます。(「確認書」参照)


87. 2010年7月20日 20:17:16: GD0z2EQ2OQ
>>86さん

そこまで自爆しますか? 所有権の移動については2度も説明してあげたのだから、普通は「自分はもしかしたら間違ってるかも」と思うものなんですが。
ちなみに、あなたが書いた文章の引用なんて意味ないですから。
普通は他の人(専門家など)が書いたものを引用するものですよ。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1041530530
上記サイトから抜粋


法律上は、当事者の意思次第。
通常、契約書に、所有権移転の時期について記載されている。
代金支払い時に移転するとか。

少し本で調べましたが登記はあくまあで物権変動を第三者に対抗するために移すもので、所有権の場合はどの時点で移転するのかがよく分かりませんでした。

登記は所有権の移転とは関係ありません。
(登記するかしないかは当事者の自由です)
ただ登記をしないと買主は売主以外の第三者に自分が所有者だと言えません)


88. 2010年7月21日 00:00:01: JQaXbz6QwQ
>>87 様

本登記が完了すると、法務局で新しい権利証が買い主に発行されます。権利証とは、当該土地の「所有権の権利者を証する書」という意味です。そして、その権利証には、所有権の発生日(本登記日)が記載されています。

それ故、前にも説明したように、仮登記では、善意の第三者への対抗力が無いことから、売主が、本登記までに第三者に譲渡してしまうと言うような契約違反が起こることがあるのです。例えば、当該土地が高速道路などの為の収用に成ったりした場合は、3倍返ししてでも、国等に譲渡した方が得をしますからね。

契約書に書く所有権移転日は、当事者同士で、何日頃に、本登記をするかを約束するもので、あくまで、予定日です。ですから、これをもって所有権が移転することはありません。

貴殿には、ちょっと、難しかったかな?
当事者の意思次第というのは、契約書に書く所有権の移転日のことですよ。
尚、所有権の移転日とは、本登記日を指します。
善意の第三者への対抗力を持つことを、所有権を取得したと言います。
従って、本登記しなければ、永遠に所有権は取得できません。


89. 2010年7月21日 07:41:11: JQaXbz6QwQ
>>87 様

貴殿と、話をしていると、こっちまで、頭がおかしくなりますね。

【登記記録】を、もう一度、見てください。
登記の目的 所有権移転請求権仮登記
受付番号   平成16年10月29日 第77290号
原因      平成16年10月5日売買予約
権利者   岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎

登記の目的  所有権移転
受付番号   平成17年1月7日第695号  
原因     平成17年1月7日売買
所有者   岩手県水沢市袋町2番38号 小澤一郎

仮登記は、所有権移転の請求権を取得するものであり、「原因 売買予約」にあるように、法的には、売買は、まだ、成立しておりません。
それ故、仮登記の時点では、「権利者 小澤一郎」と表現されるように、あくまで、請求権の権利者になったにすぎません。

本登記は、「登記の目的  所有権移転」、「原因 平成17年1月7日売買」、「所有者 小澤一郎」とあるように、法的には、ここで初めて売買が成立し、所有権が移転します。


90. 2010年7月21日 20:47:37: r6uLZQ188A
>>88さん
ひと言で言うと、あなたのようなことを言ってる人はいないけど、ということなんですが。

まず、権利証は

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/377120.html
「権利証」 自体は登記手続きが終わったことの証書であり、その不動産の所有者が誰かということの証明にはならないことに注意しなければなりません。

http://kotobank.jp/word/%E6%A8%A9%E5%88%A9%E8%A8%BC
不動産の売買の際登記が済んだことを証明する書面を「権利証」といいます。

しかし、あなたの説明は
>>権利証とは、当該土地の「所有権の権利者を証する書」という意味です。

力点が全然違いますね。自分の意図したいほうに誘導した言い方です。

次に
>>そして、その権利証には、所有権の発生日(本登記日)が記載されています。

これはあなたの見方によれば、所有権の発生日=本登記日ということですが、
しかし、>>87 で引用したサイトなどを見る限り、所有権の発生日と本登記日は
一致する場合も一致しない場合もあるということになります。

>>契約書に書く所有権移転日は、当事者同士で、何日頃に、本登記をするかを
>>約束するもので、あくまで、予定日です。
>>ですから、これをもって所有権が移転することはありません。

ここも、あなたのようなことを言ってる人はいません。
ちなみに、>>87 のサイトには次のような箇所があります。

     民法上で当事者間の所有権が移転するのは、
     目的物の引渡しまたは代金の支払いをしたときと考えていいのでしょうか?
          ↓
     当事者の意思表示があった時。
    (売ります、買いますの意思表示があった時)
     ただ上記の規定は現実にはあわないので、
     契約書等に記載します。
     (例えば、売主が代金全額を受け取った時に移転するとか)

>>善意の第三者への対抗力を持つことを、所有権を取得したと言います。

あなたの説明がその点を軸にされていることはわかりますが、繰り返しになりますが、不動産登記についてのサイトをいろいろ見たかぎりでは、そのような捉え方は
しているところはひとつもないようです。ひとつもないのですから、あなたがいくら自分の考えを強調しても、説得力に欠けてしまうことは理解できますよね。


ところで、登記記録はどうやって入手したんですか?


91. 2010年7月21日 21:14:09: r6uLZQ188A
>>90の権利証のところのサイトを間違えました。正しくは下記です。

http://allabout.co.jp/r_house/gc/25920/
http://kotobank.jp/word/%E6%A8%A9%E5%88%A9%E8%A8%BC


92. 2010年7月22日 00:27:00: JQaXbz6QwQ
>>90 様

どうやら、あなたは、悪意をもって『ワザと読み間違い』をするプロのようですね。
いや、やっぱり、ヘリクツの好きな、「お子ちゃま」かな?

登記記録は、オリーブニュース5月29日号にも掲載されていたようですよ。
私は、別のサイトで、法務局から直接入手したという情報を提供してくれた方がいましたので。

読み方を勉強しましょう。
「権利証」自体は、“所有権移転”登記手続きが終わったことの証書であり、その不動産の“現在の”所有者が誰かとの証明にはならない・・・。
と、読みます。
さらに、現在の所有者が誰かを証明するものが、登記簿謄本です。

不動産の売買の際“所有権移転”登記が済んだことを証明する“所有権移転登記申請書副本または所有権移転登記原因証書に法務局が所有権移転登記済の印を押して還付された”書面を「権利証“(所有権移転登記済証)”」といいます。
と、読みます。
従って、「権利証」の元々は、所有権移転登記申請書または所有権移転登記原因証書なので、所有権移転登記が完了した時点、すなわち、所有権移転本登記日の所有権者を売主から買主に移転することが完了したことを法務局が証明した書面と解釈してください。

どうですか、「所有権の権利者を証する書」では、ダメですか?
この方が解かり安いと思ったのですが・・・

理解してほしいのは、
2005年1月7日において、売主から小澤一郎個人に、初めて所有権の移転が完了したのであり、2004年においては、元の売主が所有権者であったということです。


93. 2010年7月22日 20:26:29: kkbbwPAUaQ
>>92さん
この前のレスで問題にしていることは、土地の所有権の移転が登記によってのみ生じるものなのかどうかということで、あなたと同様の主張をしているサイトや人は全然見つかりませんが、ということでした。

結論から言いますと、所有権は登記とは関係ないということです。

下記のサイトから、該当部分を抜粋しましたのでご覧ください。
http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/touki.unt.htm

  不動産登記の現状

4.不動産登記法には公信力がなく、国は登記の内容について保証していない。つまり、所有権の登記名義人になっていても所有者とは限らないといことである。

5.不動産登記申請において、登記官は形式的審査をするだけで、実体的審査はしない。つまり、法律に定められた様式に従い、定められた書類が添付されていれば登記されてしまうということ。実体上の法律関係・権利関係は審査しないので、不真正な登記がなされる可能性があるということ。


  対抗要件としての不動産登記

前にも述べたように、所有権の登記があるからといって真の所有者とは限りません。先の例は、甲が真の所有者であることを前提にしています。もし、甲が偽造した書類など不正な手段で登記名義を取得した者であれば、不真正な所有者甲から買い受けた丙は、たとえ登記を受けていても所有権は取得できません。別に真の所有者がいるわけですから、どのような手段をとっても不真正な所有者から所有権を取得できることはありません。甲が真の所有者でなければ丙の受けた甲からの所有権移転登記も不実な登記ということになります。不実な登記では、誰に対しても対抗することはできません。

無視してよいと思えない点を自分の考えで無理やり押し切ってしまうのは、それこそお子ちゃまか、悪意のあるプロの作為ですよね。登記簿についても、ほんとうに紹介されたとおりなのかどうか疑問を感じる次第です。


94. 2010年7月22日 23:47:33: JQaXbz6QwQ
>>93 様

貴殿は、無視したいのだが、何故か、おもしろいので、気にかかるんだよね。

先に、断っておきますが、不動産登記法について、一般論など論議するつもりはありません。後で、ちょっとだけ説明しますけど。

明日にでも、当該土地の登記簿謄本を取ったとしたならば、「所有権移転登記日 2007年1月7日」、「所有権者 小澤一郎」と記載されているはずです。

本事件は、売主と売買に関しての係争がある訳ではありません。従って、国に保証して頂くまでもなく、2004年においては、売主が所有権者であることについて、小澤一郎個人も、陸山会も不服を申し立てるものではありません。

この言い回しで、「不動産登記とは?」に書かれている事の趣旨に気がつかれましたか。あなたは、精読のトレーニングをする必要がありますね。
要旨は、係争が発生した場合に、「権利証や登記簿謄本を信用して詐欺にあったとして、国に対して損害賠償はできませんよ」と言っているのです。また、善意の第三者同士であれば、所有権移転登記をしている者に対抗力があると言っています。そして、所有権移転登記をしている者が不真正に登記していた場合には、この限りにあらずとも言っています。
つまり、一言で言うと、不動産取引は悪い奴が多いから、司法書士を使って係争事件に巻き込まれないようにしましょうね、というコマーシャルですよ。

所有権の移転が登記以外に生じる場合は、本事件においては、「確認書」がまさに、それだと、前に、申し上げておりますよ。

それから、『所有権は登記とは関係ない』は、言いすぎですよ。
その言葉は、法務局の存在意義を否定することになりますよ。


95. 2010年7月22日 23:51:26: JQaXbz6QwQ
ごめんなさい。
「所有権移転登記日 2007年1月7日」
   ↓
「所有権移転登記日 2005年1月7日」
でした。

96. 2010年7月23日 10:21:36: ZsUNOgGnko
東京地検、小沢氏に4回目の聴取要請へ
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4484114.html

97. 2010年7月23日 20:16:30: h27QscLd2o
>>94さん

問題をわざと取り違えて説明されてるようですが、登記日だけでは所有権移転日がいつなのかわからないわけですから、登記が2005年1月であったとしても、小沢氏に所有権が移ったのは、2004年中のことである可能性は充分にあるわけです。
また、確認書がどうこうと仰いますが、同一人物である小沢一郎どおしの確認書など、信用するに足るものにはなりえません。

「不動産登記とは?」の趣旨についても、コマーシャルかどうかはどうでもよく、
そこに書かれている情報が真で有益であれば何の問題もありません。
あなたは>>88で、「本登記しなければ、永遠に所有権は取得できません。」と偽情報を言ってたわけですが(プロのお仕事)、それを否定される情報が出ていたので、とにかく貶したいのでしょうね。

とりあえず話がここまで来て一区切りついたと思われるので、そろそろ終了しませんか?


98. 2010年7月23日 22:46:16: JQaXbz6QwQ
>>97 様

ありがとう。やっと解放してくれましたか。

貴殿には、本事件に関係する法知識、会計知識、不動産取引における社会通念上の常識等等の基礎知識が、非常に欠如していることにより、世の中には、まったく通用しない、独善的な思考となっているように思います。それ故、サイトから得た情報も、自分勝手な解釈をしてしまい、思い込みが激しく、私の言葉に耳を傾けようともしません。そのような態度で、私の投稿にコメントと言うより文句をつける姿勢は、失礼と言わざるを得ません。

貴殿が理解ししないであろうことは解かっていますが、後味が悪いので、一応、最後の説明をしておきます。

2005年1月7日の所有権移転登記日は、小澤一郎(個人)が、善意の第三者に対抗できる唯一の所有権移転日です。
(納得しないでしょうから)
ただし、売主が不正な手段で所有権移転登記をしていたことが発覚し、民事裁判で敗訴した場合等には、小澤一郎(個人)の所有権移転登記は無効となります。

従って、どうころんでも、2004年に陸山会代表である小沢一郎が所有権を得ることはできません。

「確認書」により、権利書を陸山会が保管することの意味は、小澤一郎(個人)が善意の第三者に譲渡することや、抵当権設定等を防止することにあります。これにより、小澤一郎(個人)は、当該土地を利用することができなくなり、陸山会が実質的に土地利用権を取得したことと同等の権利を得ることになります。


99. 2010年7月24日 14:01:52: G3L4JVzqQM
誰から情報が流されてるのか。


ここ阿修羅板に流れてる情報の大半は阿修羅板の脳内からしか流れてない情報源ばかりだ。
新聞は信じず、TVも信じず、ラジオも信じず、雑誌も信じず、仕舞いにはネットに対してすら不信を持ってる。そして、その情報を得ている大多数の国民すら見下してる始末。
ネトウヨの方はまだ腐りなりにも情報を出してるマスゴミから必死に情報を洗い出したり、海外からも情報をリンクを貼った上で掲示してる(消された場合の時の事を考慮して記事紙面の魚拓を取ってる人もいる)

小沢崇拝も良いが、根拠も不明な情報と扇動で語るのはカルト宗教以外の何者でもないよ。

阿修羅板の住人が普段一体どういう生活をしてるのか本当に疑問でならない。

何度も言うが、ここの情報はどんなに情報源を辿っていっても、阿修羅板の掲示板にしかつながらない。他に言っても誰とも分からないブログだけ。

疑問:真実とやらの情報は誰から流されてるのか。答え:阿修羅板の妄想から

これが正に真実だろう。


100. 2010年8月27日 22:34:02: FiPnYcuUZo
所有権移転登記期日が文字通り所有権が移転した時点でしょう。
これをどうしても認めないのは「どうしても小沢氏を起訴・有罪に持っていきたい」という強力な願望があるとしか認められない。

101. 2010年8月30日 23:12:34: DcbOnG3a6c
ネットはすごく便利だ。
自称「素直に云々」や、>>100の間違いが簡単にわかる。


http://okwave.jp/qa/q1778937.html
所有権の移転の時期は,民法に規定があります。

☆ 民法第176条 物権の設定及び移転は、当事者の意思表示のみによって、その効力を生ずる。

所有権は,物権のひとつ(民法第206条)ですので,当事者(売り主と買い主)の人が,「売ります」「買います」ということで合意すれば,移転することになります。
ただ,土地などの不動産は,高価ですので,通常は「お金を振り込んでくれたら,正式に売ってあげるよ」という「条件」をつけることが一般的です。
そこで,どのような契約をしたのかを確認しましょう。
特に条件を付けていないなら,所有権は契約日に移転することになりますし,「振込完了をもって所有権が移転する」条件を付けていたなら,所有権は振込日に移転することになります。
余談ですが,登記は先に回答した方のとおり,登記をしていないと第三者に対抗することができない「対抗要件」(民法第177条)ですけど,変動の要件にはなっていません。
つまり,登記しなくても「当事者の意思表示」(平たく言えば,当事者がお互い納得すること)さえあれば,所有権は移転することになります。


102. 2010年9月01日 14:38:12: ystLF7lHOg
質問です。

(4)のところの2005年1月7日に陸山会の原資はどこにあったのですか?
  2億円2本の定期預金を担保に融資されていたのでしょうか?


103. 2010年9月02日 13:35:28: EkMalqF25v
「投稿者 素直にまっすぐに物事が見れる者 」さんへ

目からウロコの論考ありがとうございます。

今一つ、解りづらい文章ですので

出来れば講演調ではなく 普通の書き言葉で

今までの論考をまとめて いただけませんか。

参照すべき所にはリンクを貼り、

これ一本で決定版だというものを見せてください。

また、善意の論及者(細野祐二、郷原信郎、平野貞夫 氏等)に

配信し相互検討されれば、より完全なものに仕上がると思います。

がんばってください。期待しております。


104. 素直にまっすぐに物事が見れる者 2010年9月21日 22:48:14: AcVFBDjmH/WSM : 7wJO9weVyQ
>>102 様

返事が遅くなって、ごめんなさい。

本文の、こちらをご覧ください。
◆【2004年 収支報告書の記載内容】
【収入】
前年繰越額 151,229,466
寄付 政治団体分 157,100,000

◆【2005年 収支報告書の記載内容】
【収入】
前年繰越額 610,051,380
寄付 政治団体分 309,060,000

寄付 政治団体分だけで、土地代金の3億4千万円より1億円以上のおつりがくるほどの資金が集まりました。元々、もしかして、資金ショートをしては困るので、大事を取って、小沢さんから4億円の借入をしただけの話で、結果的には、十分資金は集まったということです。
そんな訳で、その4億円を、もしもの時に備えて、年間約1億5千万円程度の総支出ですから、2億円の定期預金を2本として組んで、2005年と2006年に、2億円ずつ解約し、小沢さんに返済したということです。これも、結果的には、もしもの時が無かったので、めでたし、めでたし、というオチでした。

>>103 様
こちらは、ご覧頂いているでしょうか?
検察の息の根を絶つ『第二弾』君達の認識次第で、小沢さんを救える!『完全保存版』
http://www.asyura2.com/10/senkyo93/msg/610.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 コメントの2重投稿は禁止です。  URL紹介はタイトル必須
ペンネームの新規作成はこちら←
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK89掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK89掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧