★阿修羅♪ > 原発・フッ素15 > 300.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
『ホットスポット』となった「柏と那須の現実」 (フライデー) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/300.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 8 月 05 日 07:34:26: igsppGRN/E9PQ
 

『ホットスポット』となった「柏と那須の現実」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/14449
2011年08月05日(金) フライデー :現代ビジネス

 軒並み高い放射線量を記録する関東の二つのエリア。本誌は小・中学校をはじめ126ヵ所の放射線量を独自調査した。市民の怒りに、国はどう応えるのか

「再三報道されていますから、この辺りの放射線の数値が高いことは柏市民の皆さんが知っていますよ。テレビのコメンテーターの話を聞いても、安全だという人もいれば、そうでないという人もいます。何を信じれば良いのかまったく分かりません。私たちは人体実験≠ノ使われているような気さえしています」

 7月23日、千葉県柏市で犬を散歩させていた40代の女性は、本誌の記者に対し、不安な胸の内を明かした。

 東京電力・福島第一原発の事故により局所的に放射線量が高くなる地域は『ホットスポット』と呼称されている。本誌はほぼ1ヵ月にわたり、独自の放射線量調査を続けてきたが、千葉県柏市を含む東葛地域と栃木県北部にある那須地域が極端に高い放射線量を示した。

 これまで本誌では、測定した放射線量を列挙することで警告を発してきた。だが、その異常とも言える数値を自治体が把握し、何らかの対策を講じない限り、事態に進展はない。

 そこで今回は、千葉県柏市、栃木県那須塩原市・那須町の3市町について、自治体内の各所に設置されている小・中学校と、夏を迎え人出が増えているプール施設の放射線量を計測した上で、自治体及び政府に放射能汚染に対する対策があるのかを聞いた。計測方法はこれまでの例にならい、地表1mの放射線量を5回連続で測定、誤差を補正するためにその平均値を求めている。また、本誌では以前より『毎時0.16マイクロシーベルト』という基準値を設け、それ以上の数値を危険としてきた。しかし、ホットスポットとなった両地域では、今回の調査でも軒並みこの数値を超える結果となった。その結果は4ページの表の通りだ。

■那須町が抱えるジレンマ

 まずは那須方面に向かい、那須塩原市の南部にある旧西那須野町地区で測定を開始。西小学校と槻沢(つきのきざわ)小学校で毎時0.52マイクロシーベルトを記録するなど、やはり高い数値であった。

 北上しながら計測を続ける中で、那須町の那須小学校に子供を通わせる男性に話を聞いた。

「数値が公表されていますから、那須の放射線量が高いことは知っています。しかし、子供の保護者としては数値を公表するだけでなく、それが子供の身体にどんな影響を及ぼすのかを知りたいですね。子供の通っている那須小は校庭の土を入れ替えたんですが、それまでは普通に遊ばせておいて、急に危険だから遊ばせるなと言われても国や町に対して不信感が増すばかりです」

 人口3万人弱の町は不安に包まれている。那須町住民生活課の高内章環境整備係長に話を聞いた。

---那須町は放射線量が高いようだが。

「(『週刊現代』を取り出して)このように雑誌に載ると、読者はそれが町全体であるかのように受け取るんです。

 確かに(同じ栃木の)宇都宮などと比べたら高いかもしれませんが、平均的には雑誌に載っているよりも低いんですよ」

---那須町では6ヵ所の校庭で1マイクロシーベルトを超えているが(1マイクロシーベルトの基準値を超えると、校庭の表土除去に補助金が出される)。

「現在、線量が低かったところも含め、町内にあるすべての学校・保育園の表土を除去しています。合計27ヵ所で、補助金を差し引いても7375万円が持ち出しです。町の一般会計予算が100億円余りなので、痛い出費ではあります。さらに、表土を除去することで、住民の方が『やっぱり危険だったんだ。だから土を削るんだ』と不安がってしまうこともあり、このあたりがジレンマですね」

---国に対して要望は。

「表土の除去について、県の調査では基準値を超えたので補助金が出るのですが、国の調査では基準値を下回りました。そのため国からの補助金は出ていません。那須町は地震の被害も出ており、その修繕費用もあるので、せめて放射能関連の補助金は国に負担していただきたいですね。あとは、町民からの放射線に関する問い合わせに対して、安全か危険かを回答できる明確な基準を示して欲しいです」

 話を進めるにつれて住民とともに最前線にいる不安をこぼし始めた。

 放射線に関する国の情報公開が自分たちの生活の不安を取り除くレベルに達していないという不満も感じているようだ。

 また、旧塩原町地区の金沢小学校で0.9マイクロシーベルトを計測した那須塩原市にも同じように取材を申し込んだが、市の環境対策課からは

「信頼の置ける情報を国から出してもらわないと、末端の自治体は困ってしまいます。それが国に対する要望です」と、答えるのみだった。

■身動きの取れない大都市

 一方、人口40万人を誇るベッドタウン千葉県柏市では、那須地域ほどではないものの柏第三中学校などで計測された0.48マイクロシーベルトを筆頭に、測定箇所すべてで毎時0.16マイクロシーベルトを超えた。

 柏市の住民も、那須地域の人々と同様に自分たちの住む場所が置かれた状況を正しく認識している。そしてこれも同様に、行政の対応に不満があるようだ。柏市に長く住んでいる70代の男性は、

「孫たちの将来が心配ですね。正直な話福島県よりはマシだけど、国とか自治体がしっかりと対策を立てるべきだと思いますね。孫たちは毎日プールに行っていますが、室内プールに行かせています」

 と、行政対応への不信感を明かした。買い物途中の30代の主婦も、信頼できる情報の少なさに不安を隠しきれない様子だ。

「小学校2年生と5年生の子供が二人いるんですが、毎日サッカーや野球の練習に行っています。子供たちが帰宅したらすぐにお風呂に入れるようにしていますが、手や足に擦り傷を作って帰ってくることが多いんです。傷には放射能の影響はないんでしょうか。そういった情報が入ってこないので心配です」

 市は住民の不安をどう受け止めるのか。秋山浩保市長に話を聞いた。

---柏市の放射線量が高めだが。

「相対的に高いことは大きな問題だと認識しています。ただ、周辺の我孫子市や流山市、松戸市とは同じぐらいの線量だと思います。これは柏市だけの問題ではないので、周辺自治体と6市協議会を作りました。さらに、放射線問題は自治体で対応しきれる問題ではないのです。例えば焼却灰に関しても最終的にどうするかということについては、国に判断を仰がなければなりません。ですが、現状では国でさえ結論が出ていないんです」

小中学校などの放射線量 :クリック拡大
http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/f/5/-/img_f56aaf776b29f8e82093665355b4b7c4560074.jpg

 柏市から出るゴミの最終処分場の焼却灰からは基準値(1kg当たり8000ベクレル)を超える4万8900ベクレルもの放射性物質が検出されている。

---市民からの要望は。

「校庭の表土の除去が多いですね。その次が給食に関するものです。こちらについては、25日から測定機を導入しました。9月以降の給食については検査を実施していきます。1台250万円の機械を3台導入しましたが、半分は補助が出るのではないでしょうか。現在は、国からの金銭的な補助は出ていません。国に突き放されると、財政的につらくなりますね」

 さらに、この放射線量なら安全という基準を求める点では、那須町と同様だった。特に柏市では、未経験の大問題に校庭の表土除去など具体的な動きは取れていないようだ。

 自治体の本音を聞いたところ、結局は正確な情報と除去にかかる費用負担を国に求めている。これは、日々住民の不安に接している自治体からすれば当然の要望だろう。これに対して、政府はどのように対応するのか。文部科学省の原子力災害対策支援本部に聞いた。

■自治体を見殺しにする政府

---放射線関係費用を国は補助するのか。

「福島県に関しては簡易の線量計を国から送りましたが、自治体が独自にやっていることに対して国が面倒を見ることはないと思います。国の調査と県の調査で違う数値が出たというのは、測定方法によるのでしょうが、基本的には国の調査で1マイクロシーベルト以上が検出されないと、補助金は出ません」

---住民が放射線に不安を持っているが。

「国が考えた危険な地域はすでに指定してあります。点として危ないところは、『特定干渉地域』として措置をしてあります。国としては、それ以外の地域は『安全』だと言う見解は崩していません。そこにお住まいの方は、皆さん基本的には普通の生活をされていると思いますから」

「普通の生活をされている」のではない。そうせざるを得ないのだ。

 26日、食品安全委員会が突然決定した「生涯被曝100ミリシーベルト以上が危険」という基準が示すとおり、政府は基準を簡単に変え、その度に人間の被曝許容量は引き上げられる。裏には、補償の対象を増やしたくない政府の思惑がある。

 東京電力の原発事故による放射能汚染は、現代日本に棄民≠生んだ。やはり、自分の身は自分で守るしかないのだ。


那須・柏の高放射線量を記録した地点 :クリック拡大
http://gendai.ismedia.jp/mwimgs/1/3/-/img_1320d4da867442ce1e8e2c628c2a7bc3538908.jpg 
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年8月05日 08:20:19: UNVmC1jPBo
ベラルーシでは、「健康な子供がいない」と言われている。
100人いたら98人が何かの病気を抱えている。
いつ何が起きてもおかしくない子供たちが沢山いる。
だから、授業も45分ではなく、25分で行われている。
知識階層から国を出て行く。
残るのは農民の家族など。
 福島の惨状。
福島の線量は高すぎる。
クレイジーだとチェルノブイリ関係者は皆、言っている。
関東のホットスポットと言われる所が、チェルノブイリの数値に近い。
チェルノブイリでは1マイクロ・シーベルトを超える所に人を住ませていない。
福島県の福島市とか、郡山市とか、二本松市とか、伊達市などに、人が沢山住まわされている。
これは信じられない。
信じたくない。
自分の国でそんな非人道的な事が行われているという事が理解できない。
(NPO法人チェルノブイリへのかけはし代表 野呂美加さん)
http://esashib.web.infoseek.co.jp/genpatumura02.htm

(非情デタラメな資本は放射能を撒き散らしたままトンズラしようとしていた)
寺田学・元首相補佐官の話
東電本社に乗り込んでいった3月15日朝の緊迫感は忘れることができない。
首相の到着から約40分後、突然2号機の圧力抑制室が爆発、現地の吉田昌郎所長が 「撤退させてくれ」と怒鳴っている。
首相は「注水の作業員だけは残してくれ」と言ったんですよ。
 放射能の危険を考えると重い判断です。
しかし、あのまま撤退していたらどうなっていたか。
震災に関する首相の行動の7割は批判されるかもしれないが、 3割のリーダーシップで最悪の事態を食い止めた。
首相は後に「放置したら原子炉が溶解し、アメリカが(原発を)占領しに来るぞ」と周辺に漏らしている。
「退くのか」と問う首相に清水氏は否定したが、首相は説明を信じられず東電本店を急襲。「撤退などあり得ない。日本がつぶれる」とクギを刺し、政府との統合本部を東電に設置。細野氏に常駐を命じた。
http://www.asyura2.com/0403/senkyo3/msg/956.html


02. 2011年8月05日 10:59:50: E1grEykOmN
>ベラルーシでは、「健康な子供がいない」と言われている

嘘です

>福島の線量は高すぎる。クレイジーだとチェルノブイリ関係者は皆、言っている

関係者ってどういう人なのか知らんが
物事を客観的にみれる学者はリスクは低いと言っている

>関東のホットスポットと言われる所が、チェルノブイリの数値に近い

まあ、十年後のチェルノブイリの数値にね

>チェルノブイリでは1マイクロ・シーベルトを超える所に人を住ませていない

自主的に今でも住んでる方は結構いますよ
それとチェルノブイリからの大規模避難は事故後数年たってからからですから
線引きの基準も科学的な根拠に基づいた物でなく
大雑把に決定されました
だからやり過ぎであった事を反省する人もいます
必要のなかった避難による住民達のその後の生活はかなし悲惨な物でした

>チェルノブイリでは1マイクロ・シーベルトを超える所に人を住ませていない

科学の結論として二年以内に線量は現在の半分になります
その間の積算被爆線量は健康に障害を起こすようなレベルにはなりません


結論、チェルノブイリの強制移住のかなりの部分は必要がなかった
我々はチェルノブイリの必要の無い強制避難という誤りを繰り返してはいけない


03. 2011年8月05日 13:20:54: AD4aJoBwHA
02 あなたが是非、移住されて証明してください。

どんどん放射能物質に汚染された食品を食べて、山下俊一に検査してもらうと良いでしょう。
内部被曝について良いデーターが得られますね。



04. 2011年8月05日 13:28:52: Mdv7Cu70iQ
>2
東電工作員御苦労w

05. 2011年8月05日 15:43:52: BtPLJApQsc
02 「ベラルーシでは健康な子供はいないと言われている」→「嘘です」って、多少は健康な子供はいる、という意味か?2%程度はいるのだから、「いない」と断定するのが「嘘」だというなら、その通りかもな。
でもそれ以外の意味なら、根拠を示してもらいたい。単に「嘘です」と言われてもな。

06. 2011年8月05日 19:49:10: NasJ9wtRgI
02
緊急雇用のアルバイトの工作員君
君も家族がいるだろう。それで1000円でアルバイトしてるんだるけど
この仕事は考えたほうがいいよ。

07. ももん爺 2011年8月05日 21:20:14: QnfuyB5RKZq9U : b8Ybz0lM6E
02へ

過去の原爆実験や発電所の設置による放射性降下物の量の変化は気象研究所のデータがあり、ほぼ5年遅れで数々に疾病が発生しています。

個々の病気との対応でなく、全体的な病気での死亡者が増加していることの事実を、あなたは説明できますか。

多いのは呼吸器系のガン、甲状腺のガン、膀胱ガン、などのほか、日本人に特有な膵臓機能障害、つまり糖尿病患者の増加が、外国の原爆実験や原子力発電所の建設に伴って、5年の遅れをとって発生しているのですが。


08. 2011年8月05日 22:20:18: 3Bta6JDun2
02は口だけ。実は福島県産の肉や野菜を食べてない推進派の裏切り者だろ。

今後起きること。


http://twitpic.com/4hglne
「核実験以前に対するがん死亡の増加率(日本全国の5〜9歳男児)」


http://blog-imgs-47.fc2.com/s/a/i/saigaicom/20110504203350695.jpg
核実験当時に比べて圧倒的に放射能汚染値の高い現在のグラフ


http://fujiwaratoshikazu.com/_src/sc1244/13.png
政府は「肺がんやその他の病気は喫煙が原因だ」とみなさんに信じてほしいと思っています。


http://fujiwaratoshikazu.com/2011disaster/
「放射線と健康」
アーネスト・スターングラス博士

 アーネスト・スターングラス博士は、ピッツバーグ医科大学放射線科の放射線物理学名誉教授です。
 1967年から同大学の放射線物理・工学研究所を指揮し、X線と放射線医療診断における放射線量を低減させる新しい投影技術の開発をしました。
 さらに、放射性降下物と原子炉核廃棄物による人間の健康に対する広範囲な医学的影響調査研究を行い、その結果をアメリカ議会で発表しています。
 著書に「低レベル放射能」(1972年)、「隠された放射性降下物」(1981年)、「ビッグバン以前」(1997年)などがあります。

 現在は、ニューヨークの非営利団体である放射線と公共健康プロジェクトの科学ディレクターです。
 アメリカ物理学会会員であり、以前は北米放射線学会会員でした。 2006年3月、長年に渡って低レベル放射線の危険性を訴えているアーネスト・スターングラス博士が初来日し、全国で講演会を行いました。
 スターングラス博士は、アメリカとソ連が核実験を繰り返していた冷戦当時、核実験の死の灰(放射性降下物質)による放射線の影響で世界の子どもたちの白血病やガンが急増している事実を議会で報告し、それがきっかけとなって米ソ核実験停止条約が締結されました。

以下は2006年青森市での講演記録です。


09. 2011年8月05日 23:26:13: 0TW93dkNAS
02
うせろ人間のクズが!
東電1000円アルバイトふぜいが偉そうにコメントするんじゃねえ!
問題ないと言うなら貴様は体を張って被爆してこい!
糞野郎が!

10. 2011年8月06日 07:33:23: D7PzzzN1RE
>02. 2011年8月05日 10:59:50: E1grEykOmN

「科学の結論として二年以内に線量は現在の半分になります」

おまえな

データを示せよ。

3月12日の世界の恥さらし事故から、すべてのパラメーターは減少に向いてるのか?むしろ上がってるだろ。知らないのか?
どういった根拠で2年以内に半分になると言えるんだ。ボケ。


11. 2011年8月06日 10:18:39: AoxBiTnhro

  >2さんのコメントが真実ならば、暗い気持ちに光がさします、が…。
  どうもそうでは無いようですね。

 昨今の情勢をニュースで知る限り、一年後二年後の世界が、明るくなってる観測 を幻想でさえも描けません。

 先進国の先鞭をきって、日本が崩壊の坂を転げ落ちていくのでしょうか?
 いよいよ、世界の終りが始まるんですかね。
 余命をつげられているような気がします。


12. 爺さん 2011年8月06日 10:36:38: pkMRoq8j2xu8g : l11ATeCQQE
02みたいな馬鹿を見せ付けられると、「オェ」ときてしまう。
ご参考までに、
ヤブロコフ博士の「チェルノブイリ---」を訳して投稿しておきました。
@第4章12節 チェルノブイリでの食品と人々の放射能汚染
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/501.html
A土壌汚染現在1138Bq/kgから5695Bq/kgで将来起こりえること (多分柏・那須の現実)
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/568.html
B日本で起こり得ること ウクライナ ルギニ地区 1986年 50村中 22村1-5Ci/km2, 26村1Ci/km2以下  (多分関東平野一般の現実)
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/631.html
C第4章14節 チェルノブイリ放射能汚染地域での放射線防御の方法
http://www.asyura2.com/11/genpatu14/msg/694.html

そこに述べられた事から考えると、結果責任とか言って汚染対策の手抜きを続けると、20年たったら、関東地方全域で、5人に一人の生存出生児が奇形。現在0.5マイクロ/時に迫るところでは、8割がた奇形となると予想されます。


13. 2011年8月06日 15:43:47: ULnwgHGaF6
<12. 爺さん 様

いつもながら、いつもながら御教示ありがとうございます。

素晴らしい方です。


14. 2011年8月06日 17:32:08: mAKWjxKjsw
アメリカのほうがちゃんと処理できるのなら
福島をあげてもいいんじゃないのかな
きっと牛の面倒もみてくれるよ
動物愛護の国だから

15. 2011年8月07日 21:20:25: 00zFHHmt6Q
産経ニュース
原発対応は法律に違反! 菅首相らを市民団体が告発 被曝は業務上過失傷害
2011.7.14 11:54
 東京電力福島第1原発1号機で起きた水素爆発事故は、政府と東電が原子炉格納容器内の蒸気を放出する「ベント」作業を速やかに行わなかったためで、原子炉等規制法に違反するなどとして、市民団体が14日、菅直人首相と清水正孝前社長ら6人に対する告発状を東京地検に提出した。

 同法は原子力災害の恐れがある場合、直ちに応急措置を講じるよう定めている。市民団体代表で元傭兵の高部正樹さん(46)は「対応には法律的に問題があり、司法の場で責任をはっきりさせたい」と説明している。

 告発状では、3月12日未明には格納容器内の圧力が上昇し、ベントを行うべきだったが、首相が同日朝に視察した影響で実施が遅れ、午後に水素爆発が起きたと指摘。周辺住民の被曝(ひばく)についても業務上過失傷害容疑に当たるとしている。


16. 2011年8月07日 23:16:43: KPFefo6lJI
>首相は後に「放置したら原子炉が溶解し、アメリカが(原発を)占領しに来るぞ
アメリカと日本じゃ原発に対する意識が違うな。
4号機の火災の時も米軍が鎮火にあたっていた。作業していた軍人たちは、相当量の被ばくをしたろうに。
そもそも、原発事故のときは死ぬ気で事故の鎮静化にあたらなければならないだろう。チェルノブイリのときだって、最後に鉛と液体窒素を注入した連中は相当な被曝をしただろう。
日本人はこんな時はやくざを作業員に使ったり。原発を続ける連中は、いざという時に死ぬ気があるんだろうか。
原発による利益を考えて推進をしようとするが、いざという時は、アメリカ人並みの覚悟は出来てない気がするんだが。
代替エネルギーの開発に必死になったほうが、みんなのためなんじゃないのか。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素15掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧