★阿修羅♪ > 原発・フッ素17 > 830.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
岩手3題  武田邦彦 (一関の高濃度放射線下の中学生の死亡) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/830.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 10 月 28 日 10:13:06: igsppGRN/E9PQ
 

岩手3題
http://takedanet.com/2011/10/post_2cbb.html
平成23年10月28日  武田邦彦(中部大学)


● 福島県に接している宮城県があまり汚染されなかったのに、岩手県の一関や平泉が汚染されたので、そこに住んでいる人たちに注意して貰いたいと思ってテレビで発言したら、ひどいバッシングを受けた。バッシング自体は仕方ないと思ったけれど、東北の新聞は一斉に「武田はケシカラン」という論調を張ったことにはやや驚いた。

東北の新聞は東北の人の健康を心配していると思ったら、それより農作物の出荷を気にしていたらしい。東北の汚染された農作物をすべて買い上げても、1年の原子力予算の10分の1にも満たないのに、原子力予算を東北に引き出すことと逆の方向に進んだことは残念なことだった。

一関の市長さんや議会からの抗議を受けた。立場からもその気持ちはわかるが、その後、セシウムで汚染された一関のウシが出荷停止になったり、基準を大きく超える線量が一関の中学校で見つかったりした。除染に国のお金を導入する方向ではなく、私の発言が逆の方向(大したことはないから、なにもしなくても良い)に進んだことも残念だった。

そんなこともあって、その後、岩手が何となく気になっているが、ここに3つの情報を取り上げてみたい。それぞれ本来は岩手の人が郷土や子供たちを守るという意味で重要で、かつなかなか難しい問題だ。

● 一関の高濃度放射線下の中学生の死亡

一関の中学校でかなり高い線量を出していた学校で、中学生が死亡したという情報がある。まずはこの情報が事実かどうかがわからないし、一般的な病死は中学生にもあるから、それが被曝に関係しているかもまだ判らない。

教育関係者、行政は「プライバシー」ということで事実自体を公表しない可能性があるし、テレビや新聞も報道するかどうかは不明である。これがインフルエンザなら生徒の名前はふせるだろうが、事実は必ず公表するべきだ。

でもことが被曝と関係しているので、怖がって報道しない可能性がある。もし本当に中学生の死亡という事実があったら、何らかの手段で公表し、その原因についても被曝とは無関係であることを示す方が良いだろう。中学校の名前も個人名も伏せることは十分にできるからだ。

●  岩手の汚染状態について、斉藤さんが様々な視点からグラフを作っておられる。

http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2011/10/28/bandicam_20111027_210443311.jpg

このマップもその一つだが、早川先生と岩手大学の測定値をもとに福島原発からの放射性物質が岩手の中でどのように拡散しているかについてのものである。

これを見ると、福島から岩手へは2つのルートが考えられること、北上川にそって北上して盛岡まで達したことが判る。女川が独立に汚染されていることから、女川原発からの放射性物質の漏洩についても注意が必要だろう。

・・・・・・・・・

人間が他の動物より断然、強いのは「知は力である」という原則があるからだ。情報が正しく、細かいほど危険から逃れることができる。そのために私たちは公共放送、民法、そして新聞や雑誌という社会システムを持っているのだが、今回の事故ではそれが逆方向に働いたとも感じられる。また、私たちが多くの税金を払って仕事をして貰っている役所はどうやら「特定利益団体の出先」になってしまったからだ。

そこで、ネットなどを活かして、今後も多くの人が情報を交換することが大切だろう。

       ◇

10マイクロシーベルトを超える中学で生徒が亡くなった
http://daiken.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-6be7.html
2011年10月27日  大験セミナー わくわく日記

今日のこの記事を公開するかどうか丸二日僕は悩んだ。多くの保護者の方や生徒から事実を伺った。僕に話して頂いた方々の気持ちは十分分かっている。しかしあまりのも衝撃的な事実に僕の筆は止まったままだった。

亡くなられたご両親のお気持ちを考えると、心痛極まりなく、おいそれと記事にできるようなことではなかった。

しかし事実だけは書かなければならないと、ここにしたためる事にする。全て固有名詞は伏せさせて頂く。

市内の某中学校の3年生が、先週校舎内で倒れ、意識が無いまま病院に搬送され亡くなった。クモ膜下出血による死亡だった。

その中学校は中庭が10マイクロシーベルトを超える高濃度汚染ポイントがあった。亡くなった生徒は運動部に所属しており、活動場所もその中庭での運動が多くあったという。

学校ではその高濃度の線量が新聞で報道されるまで、いっさい生徒たちや保護者らには伝えられていなかった。

ここまでが客観的な事実である。僕はこれ以上のコメントも詮索も控えさせて頂く。

生徒によるとそこの中学校の先生方も、僕のこのブログを読んでいるとのことだった。教室によっては空間線量が0.5マイクロシーベルトを超えているという。

僕は動揺を通り越して、この話を聞いたあと、塾からの帰り道、車内で泣いてしまった。悔し涙である。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年10月28日 11:33:17: KnaagnRbV2
クモ膜下出血は、ほとんどが脳動脈瘤破裂によるもの。原発事故以降に被曝したからと言って、すぐに脳動脈瘤ができるものではない。子供の場合、脳動脈瘤は遺伝的、先天的に持っている場合が多い。しかし、セシウム134と137が血管に何らかの悪影響を及ぼしたかもしれず、破裂(出血)しやすい状態を作った可能性が考えられる。ただし、因果関係を証明することは不可能に近い。

02. 日高見連邦共和国 2011年10月28日 12:01:02: ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A
武田さま。

岩手は一関に生を受け、岩手を心から愛し、現在は水沢で『生活を第一』として生きる者です。

私も武田さまのテレビでの発言に大きなクレームを付けた者ですが、それ以上の大きな声で一関市長にクレームを付けました。

言葉尻を捉えていがみ合うのだけは止めたいと思っています。
東北人、特に岩手県民の屈折した思いをご理解してほしい、などと言うのは愚の骨頂。
”人”として危機感を共有し合い、手を取り合って『より良き土と水』を後世に残す為の努力を重ねたいと心から願います。

あなたを”味方”と信じていますよ。


03. 2011年10月28日 12:28:29: 03bw0jfJsI
人間が他の動物より断然、強いのは「知は力である」という原則があるからだ。情報が正しく、細かいほど危険から逃れることができる。そのために私たちは公共放送、民法、そして新聞や雑誌という社会システムを持っているのだが、今回の事故ではそれが逆方向に働いたとも感じられる。また、私たちが多くの税金を払って仕事をして貰っている役所はどうやら「特定利益団体の出先」になってしまったからだ。

そこで、ネットなどを活かして、今後も多くの人が情報を交換することが大切だろう。>武田さんの言葉繰り返す

もう8カ月近く高線量を浴びつつ、汚染された食事と水を空気を取りながらの、激しい運動  01>さんの言うように、 子供の場合、脳動脈瘤は遺伝的、先天的に持っている場合が多い。>ならば、それを被爆により加速し悪化させたといえる。   ◇


04. 2011年10月28日 13:12:53: yaZICYmQtM
これで武田も終わったね。

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
05. 2011年10月28日 14:07:05: 16eDlzrpVg
>04

↑こういうアホウを放置するから管理人はなめられるんだよ。
根拠を示さない一行罵倒は廃止すべきだ。
でないと低能が無限に湧いて出て、手がつけられなくなる。

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
06. 2011年10月28日 14:34:19: 03bw0jfJsI
04. 2011年10月28日 13:12:53: yaZICYmQtM>>あんたが終わってんの!!

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
07. 2011年10月28日 14:34:35: QbjMbGb5G6
基本的に敬称を略して名指しは如何なものか!
如何なる場合においてもルール違反は法度だろう!


[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
08. 2011年10月28日 15:14:30: HYHUspnQ6g
05さんに同意します。
低脳な人間を排除しないと、掲示板のクオリティが下がります。


[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
09. 2011年10月28日 15:28:42: ZrMDpsyito
 死の誘因にもかかわらず、病死との因果関係がはっきりしないのが放射能の恐ろしさだ。
 だから東電も政府も御用学者も、逃げおおせると思って、「安全・安心」と言っている。

10. mmkiki 2011年10月28日 16:39:55: HUKKl28Dhcn5E : CYM0Jah1sc

わたしは二児の母です。
私たち親は、
ただただ子供の安全を守りたいだけです。

心配なだけです。

心配しすぎでもいい。
気にしすぎでもいい。

可能な限り、危険を0%に近づけたいだけです。

どうか同じ目線で協力の手をさしのべてほしい。

誰がなんと言おうと私たち親は、武田先生にたすけられています。
親ならば少しの危険だろうとも回避させたいのです..

先生の行動は、先生の原発推進してきた事の子供たちへの罪滅ぼしなのではないかと、勝手に解釈しています。
わたしはこれからも、
子供達を守るために、頑張っていきます。


11. 2011年10月28日 16:56:35: yaZICYmQtM
無能な国民を煽って巨額の富を得た男=武田

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
12. 2011年10月28日 17:06:08: mAKWjxKjsw
子ども達を守るためにさん
この記事を読んでなんとも思わないのかな。
木下さんが、奇形児が生まれた等の情報を集めている。
おたくのお子さんの醜い姿を見せてください、といわんばかりだ。
エレファントマン、という映画があるんだけど・・・

自分の子供がホテルで男と死んだんなら騒がれてもしょうがない
でもこれ亡くなった子の親が見てどうよ。
科学のためには必要なんだ、ってホラー映画のきちがい博士が言いそうだ。
武田先生を批判するつもりではありません。
自分の子がこんな風にネットにかかれたら、嫌だと思うだけ。


13. 2011年10月28日 17:12:08: yaZICYmQtM
>10
まずは、正しい知識を身につけましょう。
親の心配しすぎは、子供のストレスになってがんを誘発します。
これは科学的に証明されています。

放射能の危険性については、一人の方の意見を鵜呑みにするのではなく
いろいろな方の意見を聞いたほうがいいでしょう。
少し難しいですが、個人的にはICRP勧告とLNT仮説をきちんと理解することが
重要かと思います。

武田信者になるのは結構ですが、そのつもりであるならば
武田のブログは、3月11日以降のものを「全て」読んでください。
おそらくあなたは、全部は読んでいないと思います。
すべて読めば、騙されていることに気がつくはずです。

武田の主張に科学的な根拠はないこと、
科学的な根拠がないことを自ら認めていることを。



14. 2011年10月28日 17:28:32: z3ORSKVCAY
13の方と10の方へ
ICRP勧告だけでは、内部被曝のリスクを過少評価している内容だけになってしまいます。IAEAは、原爆を無くし、核の平和的利用=原発を推進する組織です。また、IAEAもICRPに準じているのですが、このそれぞれの組織は人事交換を行っております。東電と原子力保安員と同じ関係です。ECRRと言うヨーロッパの組織は内部被曝を考慮に入れた検討をしている組織です。この様な組織の内容も知ると良いと思います。また、パンダジェフスキーのセシウムが生体に与える影響についての論文があります。やはりセシウムには血管を傷つける性質があります。この辺りも調べると良いと思いますよ。思っているよりも内部被曝は深刻です。なんせ蓄積は、均等ではなく臓器によってバラツキがあるからです。

15. 2011年10月28日 17:44:29: KnaagnRbV2
>>13
お宅が全く読んでいないことは明白だ。私は著書も含めすべて読んでいる。
信者とかそういう次元の話ではなく、あらゆる事実から総合し
武田氏は概ね正しいし矛盾はないし良心的である。あなたは非良心的だ。
すべて読んで「騙されている」という結論が出てくるなど
お宅の脳が完全に破損、腐敗し、狂っているていることが明らかだ。
そして心まで完全に腐りきっている。

>子供のストレスになってがんを誘発

ガンの発症には必ず遺伝子損傷を起こすはっきりとした理由がある。
病気の原因をいとも簡単に「ストレス」で片付けようとする人間は
間違いなく詐欺師である。断言する。


16. 2011年10月28日 18:13:20: nFXCOuLFBw
 安全を求めると、馬鹿と言われなきゃならんのか?安全と言えるならば根拠を示して欲しい、武田さんははっきりしない状態ならば、より安全な数値の方を選択せよ、と言っている。

 それが科学者としてのスタンスなんだと思う、そして責任なんだと思う。
 
 親ならば子の安全と幸せを願わぬ者は居ないだろう、武田さんはその事も指摘した上で、発信している。
 批判されるべきは安全をないがしろにしている、役場や政府、そして東電だと思う。


17. 2011年10月28日 18:13:54: OhJXGVenfI
一関在住の者です。女子生徒は頭が痛いと3度教師に訴えたそうですが
取り合って貰えず、数時間後に倒れて、病院に運ばれたそうです。
あくまでも噂なのですが、本当だとすると教師に怒りを感じます。

18. 2011年10月28日 18:14:09: vhwp4hcvfM
>>14さんへ IAEAなる組織は当然、裏表があります。
>IAEAは、原爆を無くし、核の平和的利用=原発を推進する組織です。また、IAEAもICRPに準じているのですが
この部分は表看板です。

IAEAの下部組織に当たるのがICRPになっています。
また、放射性物質が健康に与えるデータはIAEAとWHOが合意しないと発表できないことになっています。
何故こんな協定があるのでしょうか?
相当穿った見方ですが以下に示す事例を考慮すべきと個人的に考えます。

1987年4月発刊 八月書館 発行  広瀬隆著
「危険な話 チェルノブイリと日本の運命」
P41から抜粋して転載
いいですか。IAEAが国連にあり、国連が国際平和の象徴だなんて子供だましの物語を信じてはいけませんよ。元国連事務総長ワルトハイムの経歴にナチスの影が見えるとおりです。IAEAとは、広島と長崎に原爆を投下するためにスタートした部隊が、戦後ただちに国連のなかに原子力委員会を創設して原爆産業の独占を画策し、そこから誕生した私企業の代理人グループが動かしている組織です。
転載終了
ECRR組織の内部被曝に関しての認識は14さんと同じです。

それと武田氏の言説に関して色々と非難している方がいますが
昔と現在に差異があってもよいじゃないですか?
武田氏自身もこれらの非難に対して考え方を変えてますと言明している。
放射性物質に汚染された今の東日本の状況に対し役に立つ情報や考えなきゃならない
材料を我々に提供しているのは事実だと考えます。
農作物に関しては流通をいれれば日本全体に関係することでもあります。


19. 2011年10月28日 18:25:30: ZrMDpsyito
原発被災者救済策を説く武田氏を非難して、
悪の富を得る男=11. yaZICYmQtM
卑劣漢

20. 2011年10月28日 18:29:58: JypgU63Rwk
武田のデマのせいで、大好きだったスポーツだできなくなった子供
武田のデマのせいで、お父さんと別居している子供
武田のデマのせいで、両親が離婚した子供

安全を求めた結果がこれでいいのか?


21. 恵也 2011年10月28日 18:42:42: cdRlA.6W79UEw : kAbBzIwYb2
>>01 因果関係を証明することは不可能に近い。

どんな病気でも因果関係の証明は不可能がほとんどだ。
証明は統計学的にされるもので、10万人くらいの客観的な調査が必要であり
被曝の影響を証明するには時間がかかりすぎる。

被害者として出来るのは、自己防衛のために行動するだけであり「危険そうな物」
から距離をとるしかありません。
0.3μSv/h以上のところに住んでる方は、出来るだけ早く逃げる事をお勧めする。
放射線でどんな病気になっても、誰も責任をとることは現実的にありえません。


22. 2011年10月28日 18:53:31: KnaagnRbV2
>>21
1です。100%同意します。ただし甲状腺がんについて、児玉氏によると、被曝によるものとそうでないものが特徴的に個別にわかるそうです。

子供の甲状腺がんが、放射線によるものかそうでないかを判別できるマーカーがすでに最近発見されてるとのこと。

甲状腺がんについては福島の事故との因果関係を証明できる可能性は十分にあります。


23. 2011年10月28日 18:54:06: gVIREKjkYE
武田をデマと言っていたせいで、ウシが出荷停止
武田をデマと言っていたせいで、基準を大きく超える線量が一関の中学校で見つかった
武田をデマと言っていたせいで、クモ膜下出血により死亡

安全だといった結果がこれでいいのか?


24. 2011年10月28日 18:58:51: ZBnwqDIlxM
>>20
武田をデマと思ったせいで、スポーツどころか歩くことすら出来なくなる子供
武田をデマと思ったせいで、お父さんと死別する子供
武田をデマと思ったせいで、子供に先立たれる両親

安全や可能性を無視した結果がこれだったら?


25. 2011年10月28日 19:03:20: UeGdy22GSI
被爆危険地域なんて心配しない〜するな と宣伝する人へ
君等は働かなくて良いから、被爆危険地域で人体実験〜モルモットになって、
国民を安心させて下さい。お願いします。
1年の後に「安全・安心」を説いて下さい。

26. 2011年10月28日 19:05:32: ROjvE0UnLo
2児の母です。
デマであろうとなかろうと、判断するのは自分です。
ここで批判する人の意味が分かりません。
離婚しても、バラバラになっても、一緒にいようとも、何を優先させるか決めた結果です。
安全を求めることの何がいけないの?

でも安全より大事な命より、目先の幸せや生活を選ぶのも選択肢。
それは分かってますよ。

ただの中傷ならよそへ行って下さい。
目障りです。
武田先生のようにブログでも作って、ご自分の意見をそこで述べて下さい。

武田先生の信者ではないですが、参考にさせて頂いてます。
一介の主婦でも分かる、低レベルなコメントはやめてください。
今の時点で「安全」と言い切る方が頭が悪く見えます。

わたし達家族は、わたし達の判断で、大事な子供たちの命を守っていきます。
数年後、後悔するのは嫌ですから。


27. 2011年10月28日 20:10:48: JypgU63Rwk
原発は安全と吹聴し東電から9億円もらった男=武田
事故が起こるや、放射能は危険と本を出して3,000万円の印税を得た男=武田

批判も中傷もしていない。安全とも言っていない。
事実(伝聞)を言っているだけ。
数年後、後悔させないために。


28. 2011年10月28日 20:40:38: GB1y72Cjic
政府も東電も、加害者意識がなく、災害の結果への責任は自然災害への対応を超えないようにしています。

これでは、今後も何でも起こってくるでしょう。

セシウムの影響は50年は避けられないでしょうね。


29. 2011年10月28日 20:42:34: xQXAa5Qivg
13さんへ
正しい知識を示してください.
20さんへ
武田のデマを示してください.

30. 2011年10月28日 20:46:28: OBLro4LU0E
いいじゃない人がいくら収入を得ようとも

でもかならず人の財布の中を覗き込んで
>27みたいな輩が現れるんだよね


31. 2011年10月28日 20:50:53: tRdNTeoJ5o
被害者の情報だけ漏れて加害者の情報は個人情報法保護法の彼方
おかしいよ

32. 2011年10月28日 21:00:30: sjsIrl0oWo
デマかもしれない上に、なんでも被曝と言いたがる基地外自称専門家死ね

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
33. 2011年10月28日 21:14:02: sjsIrl0oWo
あーあ間違いなく被曝のせいだ。まあ因果関係は認められない(笑)とかいうけどさwwww
1000万人は死ぬ。(これでも甘いよ)九州以外はすべて高濃度汚染されてる。子供を東日本に住ませるまたそこの食材を食べさせるなどというのは殺人だ。
チェルノブイリの1万倍以上出てる。日本どころか世界滅亡クラスの線量がいまも現在進行形で放出中。1ベクレルでも癌になる。

以上は、2chの危険厨および基地外反原発教授のデマです。
マジで死ね。

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
34. 2011年10月28日 21:23:38: YJ0vAnnMeA

 
ゴロツキ原子力ムラ所属のNHKの馬鹿職員とかが、武田先生に牙を剥いてるんだろう。
業績も何も無い研究者モドキの、武田先生への嫉妬もあるだろう。

これら哀れな便所バエどもがドブ板の下でブンブン羽音をたてて騒いでも、武田先生は微動だにしない。

便所バエどもは、お友達の前原にでもたかってるのがお似合いだよ。

武田先生の、言うべきことを忌憚なく言う姿勢は、科学者として実に立派だ。

 



35. 2011年10月28日 21:31:27: ZchPTXcrf2

安全か危険かを見極めるには、知恵と勇気が必要である。
現状程度で危険・危険と騒ぐのは、科学が理解できないで恐怖心に取りつかれた知恵も勇気もない者である。

「心配しすぎでもいい。気にしすぎでもいい。」などと自分のことしか考えない身勝手なことを言う者が風評被害に加担していく。
言い方を変えれば「安全なものまで危険と言ったって構わない。それでどんなに困る人が出ようと、自分さえよければいいのだ」と言っているようなものだ。
そして「それのどこが悪い」と開き直る者でもある。

 「放射線防護学研究者談」より引用

(引用開始)

2011年3月11日、マグニチュード9.0の巨大地震後の大津波により冷却機能を喪失した東京電力福島第一原子力発電所の核分裂反応停止中の炉心が過熱溶融し、3月12日に最初の水素爆発事故となった。そこから噴出した核分裂生成物による環境影響と人体影響を、震災からおよそひと月後に札幌から東京までの東日本を広範に調査した。
 調査項目は、環境のガンマ線空間線量率、調査員自身の積算個人線量、地表面のガンマ線スペクトルによる核種同定、地表面のアルファ線計数、現地住民の放射性ヨウ素による甲状腺内部被曝線量である。結果は、世界の他の核災害と比較され、福島の核事象の環境健康影響の大きさが相対的に明らかにされる。

 チェルノブイリ事故災害と違い、福島県および東日本の放射線線量はけた違いに低く、健康影響のリスクは無視できるくらいであった。この理由は、1)福島第一原発では炉心での核分裂反応が停止24時間以後の水素爆発で、その間に短い半減期の多量の放射能が消滅していた。チェルノブイリ原発は運転中の核反応の暴走爆発で、一気に高レベル放射能が環境へ吹き出た。結果、多数の運転員や消防士が急性放射線障害になり死亡者も発生した。福島第一原発ではそうした死亡事故はない。2)福島第一原発では損傷はあったものの格納容器がかなりの核分裂生成物を閉じ込めたばかりか、チェルノブイリ原発のように黒鉛火災による上空への舞い上がりがなかった。そうした理由で、2000メートル級の高さの岩手山や奥羽山脈を越えて青森や北海道へ福島から放射性物質が飛散しなかった。

 2002年に私は放射線防護学の100年以上の研究成果にもとづき、放射線の危険度(リスク)を判断するための「線量の6段階区分」を発表した。AからCが危険な範囲、DからFが安全な範囲である。

 福島県を除く東日本の年間外部被曝線量は2011年度でレベルE。福島市でさえ、屋内滞在時間の長さを考慮すれば、同年度の年間内外被曝総線量はレベルDと推定される。

@2011年4月6日に陸路、札幌を出発し、青森、仙台、福島、東京と同月10日までに放射線衛生調査がなされた。
A福島第一原発20キロメートル圏内を含む全調査での調査員の受けた外部被曝の積算線量は0.11ミリシーベルト、レベルE。甲状腺の放射性ヨウ素も検出されなかった。こうして調査は完全に実施された。
B札幌および青森では、顕著な核分裂生成物は検出されなかった。仙台、福島、東京でのガンマ線スペクトロスコピーで、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137が顕著に検出された。福島から少量持ち帰った土壌を5月に測定すると、ヨウ素131は消滅していた。
C甲状腺に蓄積されるヨウ素131による内部被曝線量検査が成人希望者76人に対して行われた。検査当日の福島県民66人のヨウ素放射能の最大値は3.6キロベクレル、平均1.5キロベクレル。6人は検出限界の0.1キロベクレル未満であった。20キロメートル圏内浪江町からの避難者40人の平均甲状腺線量は放射能の減衰を考慮して5ミリグレイ(ミリシーベルト)、チェルノブイリ被災者の1000分の1以下程度と、甲状腺がんの発生リスクはないと判断する。
D浪江町などの被災者らは、災害対策本部から安定ヨウ素剤の配布がないばかりか、甲状腺検査も受けていないことがわかった。避難だけしか行わない政府介入における緊急被曝医療体制に大きな問題が存在していた。ヨウ素剤は、わが国の原子力災害時に大多数の県民と周辺県民には配布されない現状が証明された。抜本的な改革が求められる。
E損傷した炉心のある施設外の隣接地表面さえ、プルトニウムが放射するアルファ線は毎分7カウントと少なく、核燃料物質の施設外環境への漏洩は、顕著ではなかった。プルトニウムの吸い込みによる肺がんなどのリスクは無視できる。なお、セミパラチンスク核実験場の爆発地点周辺が半世紀後においてもアルファ計数が毎分200、西日本の地表面の値が1〜2である。
F浪江町や東日本各地の空間線量率の値は、最初の1カ月で4分の1以下になるなど、放射能の減衰に従って、放射線環境は減衰傾向にある。福島を除く東日本の公衆の個人線量は屋内滞在による遮蔽効果もあって、年間外部被曝線量は1ミリシーベルト以下、レベルEである。福島市では2011年度の年間線量はレベルD。瞬時被曝ではないので、小児、胎児への健康影響は心配するほどではない。次年度以降も年間線量は低下していく。
G福島県民の内部被曝については、地元産の農産物および飲料水を採り、体内にセシウムを取り込んだと仮定した場合の線量は、外部被曝のおよそ3分の1と考えられる。この比率は、ロシアの放射性セシウムの汚染地で自給自足する農民から評価した値である。福島市民に当てはめると、2011年度の年間内部被曝線量はおよそ1ミリシーベルトである。実際3ヶ月後の6月後半に、南相馬市、いわき市、郡山市で計33人の放射性セシウムの全身量を検査したところ、全員が推定年間線量として1ミリシーベルト未満であった。したがって内外被曝の総年間線量はレベルDと推定される。
H放射性セシウムの環境中の半減期は、30年よりも短い。それは、初期に存在するセシウム134の半減期が2年と短いばかりか、風雨などによる地域からの掃き出しがあるからである。2年目はすでに放射性ヨウ素が消滅しているので、その線量はない。さらに、外部被曝に加え、内部被曝も減衰する。こうして、福島県民の年間線量は2年目に大幅に減衰する。レベルF,E,Dと安心の方向に推移する。

線量6段階区分
危険:A〜Cの単位(シーベルト):ウイグル、広島・長崎、チェルノブイリ
A:4以上・B:1〜3・C:0.1〜0.9
安全:D〜Fの単位(ミリシーベルト):福島、東海村、スリーマイル島
D:2〜10・E:0.02〜1・F:0.01以下

(引用終了)


36. 2011年10月28日 21:42:42: xQXAa5Qivg
35さんへ
2年間の累積被爆はどうなるのでしょうか?
世界規模で考えた場合,私が外国人であるなら,日本への旅行は控えます.

37. 2011年10月28日 21:47:18: FrUCmD284c
放射能汚染マップ 静岡県から秋田県まで汚染されているマップ。
http://img40.imageshack.us/img40/7761/76d992dcff631d69631627e.jpg

海汚染マップ
http://img585.imageshack.us/img585/9915/1314682352.jpg

全国各地に降ったセシウム量の3−5月累計
http://img403.imageshack.us/img403/4813/8b351ae874b901e544e4dd6.jpg

国・自治体による高さ1m・0.5m計測を中心とした放射線量マップ
http://www.nnistar.com/gmap/fukushima.html

首都圏土壌調査の結果 2011/8/8発表
http://www.radiationdefense.jp/investigation/metropolitan

放射能防御プロジェクト
http://www.radiationdefense.jp/

首都圏土壌調査の結果
http://doc.radiationdefense.jp/dojyou_map.pdf

経産省前の植え込みから、65万Bq/m2のセシウム検出
http://logsoku.com/thread/hatsukari.2ch.net/livejupiter/1315999709/

東京都内でも、セシウムが6万ベクレル!
http://blog.goo.ne.jp/happy-yu_2008/e/0f6846f96da3779199e82139415d52aa

千葉県 柏で57.5マイクロシーベルトを計測
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20111022k0000m040072000c.html

福島原発事故のセシウム放出量は原爆504個分
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201108280138.html

セシウム137は青酸カリの2000倍の毒性
http://media.yucasee.jp/posts/index/8882


ノルウェイ チェルノブイリの40% 日本汚染済み報告上げてきたね
騙されたってかんじだよな
マスゴミ 政府 御用学者・・


福島第一原子力発電所事故に伴うCs137 の大気降下状況の試算
- 世界版SPEEDI(WSPEEDI)を用いたシミュレーション -
http://nsed.jaea.go.jp/fukushima/data/20110906.pdf

首都圏で汚染灰既に埋め立て〜一部セメントとして出荷
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1230


38. 2011年10月28日 21:49:19: yaZICYmQtM
「一関の中学校でかなり高い線量を出していた学校で、中学生が死亡したという情報がある。まずはこの情報が事実かどうかがわからないし、一般的な病死は中学生にもあるから、それが被曝に関係しているかもまだ判らない。」

仮に死亡しているのが事実だとして、
被ばくが関係している可能性はゼロである。
それを「判らない」というのはデマ。

「10マイクロシーベルト/時の被ばくを約10か月」で死亡。
可能性はゼロだろ?違うか?

「ゼロかわからないだろ?」っていう奴は、
こんな低線量にのかかわらず、短期間で死ぬ可能性を示唆している人を
武田以外で教えてほしい。


39. 2011年10月28日 22:03:52: 3t5NkHGcxU
>>38

>仮に死亡しているのが事実だとして、

死亡しているのかどうかもわからないのに

>被ばくが関係している可能性はゼロである。

と死因については断定するw

当該死者の被曝量についても

>10マイクロシーベルト/時の被ばくを約10か月

と勝手に認定


38は、かなり知能に問題あるユトリじゃね?


40. 2011年10月28日 22:08:03: yaZICYmQtM
今頃気がついたんだけど、「阿修羅=武田信者」だったんだね。
自分に不都合コメントは、削除しているようだ。

良く見たら
「岩手3題  武田邦彦 (一関の高濃度放射線下の中学生の死亡)」
と、かなり悪意のある見出しになっていた。

そうか、そうだっただね。
空気読めなくてゴメン。もうコメントはしないよ。

でも、最後に一つだけお願いを聞いてくれないかな。
37の
「福島原発事故のセシウム放出量は原爆504個分」は、
デマなので削除してほしい。37のリンクを見ればわかるよ。
http://www.asahi.com/international/jinmin/TKY201108280138.html

ここの連中の言っていることは、みんなデマなんだね。

なんだか放射能が怖くなったので玉川温泉にでも避難します。


41. 2011年10月28日 22:18:09: gLjrnYAleg
>>40
37のそのリンクの数値は『原爆504個』分に上方修正されたらしいぞ、情弱ゆとり君。
一を見て(勘違いして)残りを曲解する脳味噌だから ゆとり なんだよ。
少しは自分で調べようね。

 


42. 2011年10月28日 22:18:20: aodTsOm8Uc
レントゲン写真とったら肺疾患の患者は肺胞から出血するんだろうか?

CTなんかとったら脳腫瘍の患者は出血するんだろうか?

シカゴの人は出血しやすいの?


43. 2011年10月28日 22:24:49: 3pzJyybIjk
ー危うきに近寄らず。ー<基準値内>でも放射能はいらない。

唯一の、被爆国の国民である私達が今このように、日常的に、被曝の心配をしなければならないのは、原発を進めた自民党政府の責任である。使用済み燃料の始末ができない、無害化できない技術で原発を運転していることは、将来に対して責任を押し付ける、現在についまったく無責任なやりかただ。

しかし確かに<だまされた>といいわけはできるけれど、その自民党に政権をゆだねたのは日本国民である私達でもある。
安全を信じて、仕事がほしい。
自民党は事故について他人事のようなことしか、少なくとも原発政策と、福島の事故について、多少の責任も、感じてる様子がない。

武田先生がデマを言ってる、いないにかかわらず、私達に全く責任がないような被害者意識だけでは、54基もある原発の、次の被害は防げない。



44. 2011年10月28日 22:26:03: 2TzlF3lLRM
あの、38さん

低線量って、それ10μを振り切れてて、粉塵とか内部被爆もしてるかもしれなくて
かつ、測ってるのガンマ線だけで、
ベータ線とかアルファ線とか中性子線とか、未知なんじゃ?
もちろん放射能を同じだけ受けても、影響には個人差があるって言うし・・・


45. 2011年10月28日 22:40:26: A4QrQL7RZs
「科学的に証明されている」は、デマの常套句になりましたな。「ただちに」と同レベルだ。

低線量被曝の「悪影響について諸説ある」が、「リスクを可能な限り避けるべし」という武田氏の見解に賛成。


46. 2011年10月28日 22:51:18: b7VzBTjEwY
>40さん
政府やマスゴミは事故を小さく見せようとしてますね。放射能は安全だと。
原発もかってそうでした。

そういう人達の言説をジュンシンにシンジルのシンジ君はシヌまでやる気?
マスゴミにウソがないか?いつも疑うくらいでちょうどいい、そういう時代になってんでしょ!
ウソ日しぬぶんの記事をあがめてると、しぬよ。

政府発表の嘘が外国からバラされちゃった。他の投稿もよみましょうね。
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/822.html


48. 2011年10月28日 23:58:17: E5NXMi93sU
〜放射線防護学研究者談〜のキャラクターストリングスを見たら反応する男。

ペトカウ効果(若しくは現象)が原因で細胞膜が破壊された、じゃねえの?
気管支喘息やら自律神経失調症やらは中軽度の呼吸器放射線障害やダラダラ病のでっち上げ病名だと最近思いかけたんだよ。特効薬は坑酸化酵素?

  電磁推進機研究者談

PS.敵さんも払った金の分は叩きたいんだろ。俺は転向組は嫌いだけど。



49. 2011年10月29日 00:02:32: D5PEnkd6to
整形外科医は手術の時レントゲンを使います。透視下手術と言います。
至近距離で100マイクロシーベルト毎時位の放射線量を一日15分から1時間くらい、しっかり被曝します。胴体、特に下腹部は鉛の入ったプロテクターを着用して被曝を軽減させています。(十分の一くらいになります。)

しかし頭部はプロテクトしないため、放射線をもろに受けます。手術は毎日するものもいます。しかし、整形外科医にくも膜下出血が多いという事実はありません。脳腫瘍が多いという話も聞きません。

毎日放射線を浴びている医師から言わせていただくと、この投稿は不安を煽るだけ。
勿論、受ける放射線は低いに越したことはありませんが・・・


50. 2011年10月29日 00:06:11: OujnnBLcSg
>>47
↑長々と書いて、バカさらしてるバカ。

現段階で、クモ膜下出血に被曝が関係しているかどうかは分からないんだよ。
武田氏だって分からないと書いている。
分からないんだから、否定することも不可能。

つまり、お前書いたの、ぜーんぶ、無意味。

何が謎解きだよ、バーカ。


51. 2011年10月29日 00:09:50: 03bw0jfJsI
正式に主論文が発表されたのは、ネイチャー誌上ではなく、「アトモスフェッリクス・ケミストリー・アンド・フィジックス・ジャーナル」誌という雑誌である。その論文の要旨をネイチャーが電子版にて紹介したのが今回の記事にあたる。
いずれにせよ、ネイチャーが電子版にて紹介したということは、主論文がネイチャーの学術基準にかなうもの、その学術性において信頼性が認められていることを表す。

ネイチャー電子版のリンク。 http://www.nature.com/news/2011/111025/full/478435a.html

ノルウェー大気研究所のアンドレアス・ストール氏らの同調査は、大気化学関係のウェブサイト上で公開されている。正式の論文へのリンク先は、私の投稿にある。なお、骨子は、英語にてそのまま掲示板にのせた。

なお、次の阿修羅の記事は、10月27日(ブルームバーグ)に基き、同じ論文について述べている。
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/826.html

重要なポイントは次の箇所。

*キセノン133も1670テラベクレル放出されており、「原爆実験を除くと、キセノンの放出量は史上最大」
*同調査では、3月11日にマグニチュード9の地震が起き45分後に大津波が福島第一原発を襲ったが、その前に放射性物質の放出があった可能性も指摘。
*同調査は「原子炉の自動停止直後にすでに放出が始まっていた強い証拠がある」とし、「地震発生時に原子炉に構造的なダメージがあった可能性を示唆する」と指摘。
*4号機の使用済み核燃料プールに放水した際にセシウム137の量が「急減」していることから「放射性物質の放出が破損した原子炉だけではなく4号機の核燃料プールからも出ていることを示唆している」


これからわかることは、すでに阿修羅メンバーにはかなり前からわかっていたことではあるが、以下の事実。
* 原爆実験を除くと、キセノンの放出量は史上最大。
* 津波の前にすでに放射性物質の放出が始まり、かつ地震発生時に原子炉に構造的損傷が発生した可能性。
* 4号機の使用済み核燃料プールからも放射性物質が放出。4号機の危険さ。



06. mainau 2011年10月28日 08:22:11: GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
オーストリア ZAMG の発表 Press Release プレス リリース。
Reactor accident Fukushima – New international study on emissions of radioactive substances into the atmosphere
福島原発事故。大気中への放射性物質の放出に関する新たな国際的研究。

2011年3月11日グリニッジ標準時 6時(日本時間15時)には、キセノン133の放出が始まっていた。

http://www.zamg.at/docs/aktuell/20111021_fukushima_review.pdf
( http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/747.html#c14 )

地震発生時刻は2011年3月11日14時46分18秒、福島第1原発の津波到達時刻は地震発生後約50分。

キセノン133の放出はジルカロイの損傷を意味しているので、15時の時点で既にキセノン133が放出されていたのなら、スクラム自体失敗していた可能性もある。

copy from http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/750.html

------------
mainau

ZAMG の担当者である オーストリアの Otawa教授は、自分が最初に計算した放射性物質の放出量に関する試算がそれなりの根拠をもっていたことが、他の研究者の研究によっても明らかになったと、コメントしている。
ZAMGは、最初から、日本政府の発表よりもはるかに多めに放射性物質の放出を推定していた。


07. mainau 2011年10月28日 08:28:16: GgaPs4QXWLwO2 : 85rTG3hiJk
訂正
オーストリアの Otawa教授ではなくて、 
オーストリアの Dr. Gerhard Wotawa教授。

Central Institute for Meteorology and Geodynamics (ZAMG), adds: “ZAMG
was the first institute world‐wide that published, as early as ten days after the accident, anestimate of high emissions of radioactive substances from Fukushima‐Daiichi. This analysis was based on a few data available to us at this time, and is now fully confirmed by a comprehensive
analysis.”
ZAMGは、事故後十日の早さで、福島第一からの高度の放射性物質の放出の試算を発表した、世界中で最初の機関である。この分析は、当時私たちにとって手にすることができたわずかのデータにもとづいていた。そして、(この分析は、)いまや包括的な分析によって、十分に確かめられたのである。


52. 2011年10月29日 00:16:30: 03bw0jfJsI
↑は、下記の重要部分です。何度もすいません。彼女のご冥福をお祈りいたします。

放射性物質放出量、政府推計の2倍か。セシウム137は約3万5000テラ・ベクレル、日本政府の推計の2倍を超える可能性
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/822.html
投稿者 mainau 日時 2011 年 10 月 28 日 01:20:33: GgaPs4QXWLwO2

読売新聞 10月27日(木)3時11分配信
 東京電力福島第一原発事故の初期に放出された放射性物質セシウム137は約3万5000テラ・ベクレルに上り、日本政府の推計の2倍を超える可能性があるとの試算を、北欧の研究者らがまとめた。

 英科学誌「ネイチャー」が25日の電子版で伝えた。世界の核実験監視網で観測した放射性物質のデータなどから放出量を逆算。太平洋上空に流れた量を多く見積もっている。


53. hasegawa 2011年10月29日 00:55:19: 7XV9ZRT1VXAdQ : DkhQdpM8ZQ
私はどんなムゴイ情報でも
真実を知りたい。
真実を知らされずに被爆させるなど
ゆるやかな殺人だと思います。
法治国家なのだから、お金もあるし
子供の命を守ってほしい。
自分のエゴばかりで、自分にも家族が
いるのに、真実から目をそむけてはいけないと
思います。

54. 2011年10月29日 02:37:12: j8DlsR41DQ
こちらは広島だが、戦後の放射能研究の元になった原爆の影響調査は黄金山の米軍放射線研究所というのが広島人をモルモットにしてやってたんだけどね、このデータは殆んどインチキだったと広島では噂されてるよ。

米軍の大量殺戮を隠し隠蔽して米軍在日は正義で日本人は悪だということを洗脳して刷り込む為に米軍の強大な権力で遂行してきた日本征服植民地衰亡収奪作戦の一部ですよ。警察や法律や裁判所の上に米軍はいるんだから、広島放射能被害の日本側データは全部改竄破棄されてきたのが真実なんだ。在日マスコミが嘘を宣伝してきたんだよ。原子力発電や核兵器を正当化するために米軍は悪の限りをつくして事実をねじ曲げてきたんだよ。政府は当事者でもないし決定権もない魁頼だよ。

今もつずいている占領軍政により洗脳はつずいていますから、その放射能被害の過小評価された嘘のデータを土台にした御用学者や反日役人や在日マスコミや朝鮮式水のみをする総理大臣なんかの言う事をまともに聞いていたら、かけがいのない我々の子供達を被曝させられてころされてしまって日本民族滅亡という彼らの目的どうりになるよ。金も女も米軍在日が支配収奪してるんだろうからね。


55. 2011年10月29日 06:14:04: VK6J55BVNQ
中学生の死亡についての、報告のなかで、もっとも
驚愕したのは、校庭の放射線量を測ろうとした先生に
上司が「測るな」と指示したということがあります。

生徒の安全を図ろうとした先生もいたのに、その生徒は
高放射線源があることも知らずに、グラウンドで練習を
していたことです。

都内のホットスポットも最近は報道されるようになってきましたが、
以前は行政に高線量の場所を報告しても無視されていたようです。
もちろん新聞がとりあげることもなく、インターネットに投稿して
事実を報せる人がでてくると、どこからともなく、嫌がらせの
メールが届き、さらに投稿者が増えると、新聞に
いい加減なネットの情報に惑わされないようにしよう
とか記事が載ったこともあります。(読売新聞)
新聞は事実を知らないはずはないのですから、(記者はそんなに馬鹿
ではないでしょう)嘘をついていたのでしょう。いま報道が始まったの
は、嘘をつくのが、無理になったのか、なにかほかの
事情があるのでしょう。

汚染を隠蔽しようという勢力がいて、もしその中学生が、その犠牲者だったら悲しいことです。


56. 2011年10月29日 06:17:06: XobvIhzzC6

「36. 2011年10月28日 21:42:42: xQXAa5Qivg」さんへ

昭和の列島全体と平成の福島原発周辺の内部被曝は同レベルで、どちらも健康への影響は無視できるレベルです。その放射能のせいで、だれも禿げないし、白血病にもならない、ガンにもならない、寿命は短縮しない、遺伝影響もないのです。

「放射線防護学研究者談」より引用

(引用開始)

 20万人以上の犠牲者を出した広島・長崎の核爆発被害に比べたら、今回の福島原発事故の被害がそれほどまでに深刻でないことは、誰が考えたって明らかではありませんか。
 今日、一部のマスコミや‘自称’専門家の中には「福島原発の周辺には今後50年、誰も住めないだろう」などという無責任な発言を垂れ流す輩が多く見られます。

 あたかも被災地である東北の、そして福島県の皆様の生活を心配しているかのごとき発言ですが、本当に地元の方たちのことを心配しているのであれば、科学的な根拠もないのにそういった風評被害を助長するような発言は絶対にするべきではないでしょう。

 いったい彼らは、未曾有の災害に襲われた東北の人たちを助けたいのか?それとも、さらなる絶望の淵に落としたいのか・・・・・。
 被災地の方々が希望を持ち続けられるように、そしてさらなる復興を遂げられるように、暖かい手を差し伸べていただけるように伏してお願いするものであります。

 2011年に福島第一原発で起きた事故は、1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故とは全く性質が異なり、比べ物にならないくらい小規模なものです。

 福島では津波により亡くなった職員以外に、核放射線による急性死亡は1人も出ておりません。また、被災直後の急性放射線障害の患者もいません。現場の職員たちも被曝量はレベルC:0.1〜0.9シーベルト以下と推察できます。これらの事実から、福島は、チェルノブイリと比べ、核災害規模は格段に低いことが明らかなのです。

 今回の現地調査からは、福島の場合、水素爆発のあった3月中旬でさえ、1日当たりの線量はおよそ1ミリシーベルトに満たない低いものでした。(文部科学省発表)

 20km圏内からの避難者は概してレベルD2〜10ミリシーベルトであり、核放射線よりもむしろ長期の避難生活による健康面や経済面の損失が顕著です。

 核分裂反応が停止した炉心内の放射能の総量は、時間の経過とともに低下します。その法則は、7倍の時間で10分の1に低下する、すなわち、1週間で10分の1、49日後に100分の1、そして1年後に1000分の1になるのです。したがって今後も放射線は徐々に弱まっていきます。

 今回福島県で、20キロ圏内からの避難住民を中心に、甲状腺に沈着した放射性ヨウ素量を、県民希望者66人に対し検査しましたが、最も値が高かった人でも3.6キロベクレルで、甲状腺がんのリスクは全くない範囲です。チェルノブイリ事故時の被災者の甲状腺線量の最大値は50グレイで福島の1万倍。周辺ウクライナ、ベラルーシ、ロシアの3国で4000人を超える子供たちが甲状腺がんになりましたが、この調査結果から福島と周辺での甲状腺がんをはじめ、発がんリスクはないと予測できます。

 福島第一原発では、地震後の15メートルにも高くなった大津波に襲われ、冷却ポンプが故障してしまい、燃料棒の冷却水が足りなくなってしまいました。燃料棒自身が発生する高熱により、ウラン燃料を包んでいた薄い金属の被覆が融けたのです。こうして炉心が溶融したと考えられています。

 福島第一原発の水素爆発は、炉心周辺の水の分解で発生した水素が建屋内に充満して、それが酸素と反応して起こったものです。決して核爆発ではありません。

 核分裂生成物の総放射能は、7倍の時間の経過で10分の1に減衰する法則になっています。停止1分後の総放射能を1とすると、7分後に10分の1、49分後に100分の1、6時間後に1000分の1、40時間後に1万分の1に減衰するのです。ですから、24時間以後に水素爆発したときには、放射能は1000分の1以下に弱まっていたのです。

 核分裂反応が暴走して炉心が爆発したチェルノブイリでは、放射能の減衰の間もなく、環境に莫大な大きさの放射能が噴き出したのです。時間からだけで推定すると、福島の1000倍以上の放射能になるのです。そのためチェルノブイリでは、発電所の運転職員たちが急性放射線障害で死ぬほどの線量を受けたのでした。

 それに対して、福島第一では水素爆発までの24時間以上の間に、炉心内の放射能が1000分の1以下に減衰したので、東電職員たちが危険な線量を受けるリスクが低くなったのです。

 福島第一原発でも、発電所の敷地内や破壊された建屋の中であればプルトニウムも検出されるかもしれませんが、私が2011年の4月10日に福島第一原発を調査に行った時点では、フェンスのすぐ外側で測定しても、プルトニウムが放射する強いアルファ線は検出されませんでした。

 福島原発でも、20キロから30キロ圏内の住民の計画的避難が取り沙汰されていますが、チェルノブイリ原発から漏れた放射線の量と福島原発から出た線量は全く比べ物にならないほどです。科学的な見地から述べると、政府の介入は過剰です。むしろ、長期の避難生活による健康被害と経済損失のほうが明らかです。

 これ以上の避難拡大には意味がありません。環境の放射線は、次第に低下する法則にあります。国家としては、こうした地域の生活の安定を、積極的に支えるべきです。この問題は、福島県だけの問題にとどまらず、日本の弱さ、政府の弱さを世界にさらけ出す結果となります。今こそ日本人の知恵と勇気を世界に示さなくてはいけません。

 津波に誘発された福島核災害は悲劇ではありますが、最悪の事態ではありません。広島・長崎の核災害や、チェルノブイリ事故と比べたら明らかです。未曾有の核災害は、シルクロード楼蘭遺跡周辺のウイグルにあります。中国による楼蘭核爆発災害です。地表核爆発で放出された総放射能はチェルノブイリの500万倍です。しかもこれは、世界の目から長年覆い隠されてきました。私の世界調査で、これ以上の悲劇はありません。救いのない地、世界中の支援が全く届いていないのです。

 この地域から核の黄砂が、長年にわたり、日本へも降っていたことさえ、ほとんどの国民が知りません。メディアは決してこの事実を報じようとしません。日本人の骨格に放射性ストロンチウムが蓄積しています。私は、文部科学省からの研究費を得て、この研究を2年前から行っています。内部被曝線量はレベルD(2〜10ミリシーベルト)です。日本の全土が、その程度に汚染したのです。昭和時代にメイド・イン・チャイナの放射能で、米・野菜・牛乳が汚染しました。迷惑な話ですが、それでも、私たちは生きています。

 今回の福島第一原発事故から漏えいした放射能が日本列島全体に与えた影響は、中国からの核の黄砂の放射線影響に比べたら、決して多くはないのです。昭和の時代の体内被曝は10年以上も続いたし、しかもその核種は、セシウムよりも危険なストロンチウムだったのです。

 しかし、今回の福島原発の事故では、圧力容器の中で発生した水素が爆発したものの、これは核爆発と違って周囲の土砂を大量に吹き上げるほどのものではありませんでした。

 毛沢東ら中国共産党政府は、昭和39年(1964年)の10月、東京五輪の真っ最中に、楼蘭遺跡の近くで最初の核実験を行いました。

 中国政府は平成8年(1996年)までに、楼蘭遺跡周辺で、延べ46回、総爆発威力およそ22メガトン(1メガトン=100万トン)の核爆発を行っています。この総威力は広島への核攻撃の実に1375発分にも相当します。これにより、作家井上靖らが描いた歴史ロマンの地は核の砂漠と化してしまいました。環境に放出された放射能の総量は実に4000万エクサベクレルであり、これはチェルノブイリ原子炉災害の約2000万倍の数値です。

 1964年から1980年にかけて放射能を帯びた核の黄砂が4000km離れた日本列島の全土に降り、環境中にある放射線が顕著に高まりました。米や野菜などの農作物の他、牛乳が放射能汚染し、食物連鎖により長年の間に日本人の体内中に取り込まれたのです。

 日本人の死体解剖の骨格に含まれる、放射性ストロンチウムの放射能は放射線医学総合研究所で分析され、胎児、幼児、成人から顕著に検出されています。

 文部科学省の研究費を得て私は国民の体内の放射性ストロンチウムの線量評価に関連して平成21年から3年間、研究を続けています。中国から飛来した核の黄砂による内部被曝は、多くの国民で数ミリシーベルトとなりました。この線量値は、2011年の福島20km圏内の住民6万人の放射性ヨウ素による甲状腺線量と同じレベルです。

核の黄砂により内部被曝した日本人が仮に1億人とすれば、その影響の大きさは、福島のおよそ1700倍も大きいのです。

 私たち日本国民全員は、隣国からの核の黄砂で、昭和の時代から長年にわたり迷惑を被ってきました。平成の今、同レベルの線量であるのにもかかわらずマスコミで福島の恐怖を煽っている人たちは、何ゆえか昭和時代の核汚染には目をつぶり、中国の核実験に沈黙しているのは政治的意図があるものと受け取られても当然でしょう。

 私としては放射線衛生上、世界のどの核災害も客観的科学的に調査をし、線量の絶対値を計測するとともに、それぞれを比較し、相対的な影響の度合いを調べています。

 昭和の列島全体と平成の福島原発周辺の内部被曝は同レベルで、どちらも健康への影響は無視できるレベルです。その放射能のせいで、だれも禿げないし、白血病にもならない、ガンにもならない、寿命は短縮しない、遺伝影響もないのです。

 平成23年の民主党政権の大臣の多くの骨格は、他の日本人と同じように中国産のストロンチウムで汚染されています。政権の寿命は短いと誰もが予測するでしょうが、人としての寿命は必ずしも短くはないと私は科学的に判断しています。おそらくどなたも、天寿を全うされることでしょう。

 ただし、シルクロードの現地の人々と、核爆発期間中に現地を観光した日本人たちは、致死リスクを含む影響があることを知らなくてはなりません。

 世界の核被災地は復興している。チェルノブイリも、マーシャル・ロンゲラップ環礁も復興できるのだ。自然界も生物もたくましい。復興させるという強い意志を持てば、必ずできる。絶対にあきらめてはならない。

 総理大臣が福島第一原子力発電所周辺に「10年住めないのか、20年住めないのか、ということになってくる」と暴言を吐いたとされているが、断じて許されることではない。

 福島二本松市内の小中学校で保護者対象の講演相談会をしたときに、児童生徒たちの校庭での体育授業を心配していた。そのときには、しばらく屋内運動場での体育を中心にと助言した。

 その後、環境中の放射性ヨウ素も減衰消滅していった。今、半減期の長いセシウムの残留が気になるところである。この除去は可能である。学校外の周辺の山に大きな深い穴を掘り、そこに、校庭の地表3センチくらいを削るように除去し、埋めるのである。

 間違っても、校庭の表土をひっくり返すことをしてはならない。ソ連ではそうしたが、汚染が拡大するだけで、線量低下はほとんど期待できないのだ。失敗だった。

 地表の放射性セシウムを人から離れた場所に埋めることで、校庭の線量、学校の線量率は大幅に下げることが可能だ。県は早めに実施されたい。

 世界の核災害地と比べて、福島の放射線衛生上の実被害は極めて低い。より厳しい核被災地や核汚染地が復興したり、人々が再定住している現実からしても、また放射線防護学の見地からしても、福島県はもちろん、福島20km圏内も必ず人々が暮らせるようになる。その日は遠くない。

 当地の科学調査を継続し、農家の協力のもと、家畜も調査研究すべきである。今回の災難を科学力で乗り越える姿勢が福島県と政府に望まれるのではないか。専門科学者のみならず、多くの心ある国民が、福島の復興を支援するはずだ。

 (引用終了)


57. 2011年10月29日 07:21:35: ErBAIpubpA
愚かな日本国は借金は後世に残されないのでと言いながら
増税の道筋と放射能だけは後世にしっかり残した。
自衛隊の有志の皆さん、日本を駄目にしたバカどもを退治
しようという正常な隊員はおらぬか?

58. 2011年10月29日 07:28:56: T5kBP86Tip
>49
ペトカウ効果を勉強してください。
高線量の外部被曝は細胞は結構耐えるようですが、低線量で長時間の内部被曝にはもろいようです。

59. 2011年10月29日 08:04:27: 3pzJyybIjk
‐今更中国‐

フクシマ以後、黄砂がどうだかとか、被害は軽微とか、人を馬鹿にするのもいい加減にしてほしい。
放射能の心配を、日常生活の中で、させられること自体がとんでもなく不条理なことなのだ。
何度も言うが唯一の被爆国の国民にとして、被害者としてだけでない、責任がある。
核融合反応、本質的なところでコントロールできない領域をのこしたまま、通常の社会に、原発として組み込んでしまった責任が問われねばならない。
使用済み燃料という、処理のめどもつかぬものを、なお今も出しつずけていることに、痛みを感じるどころか、福島の事故に解決のめどさえ立たぬのに、保証も進まぬのに‐再稼働‐するという自治体まで!ー
基本的、本質的なところで、私達の常識が壊れている。

日常生活の中で、放射能の心配をさせられていることに、被害の大小にかかわりなく全く新しい不安を人類の上に、もたらしてることに、抗議する。人類は今まで地上の全てを取り込み,抗体、を形成し、適応してきた。
放射能、は新たな、人類の危険因子として、地上にばらまかれている。
未経験の歴史が始まっている。なにが起こるかは分からない。


60. 2011年10月29日 08:17:39: rYWfjgl1G2
トーデンや原発首謀者下手人らに矛先向けたり、責任追及とらせようとはせずに、被害者同士で内輪もめしていてどうするのか。例えば、農家も消費者も、そしてフクシマから遠く離れた地域に住む日本人らも被害の大小は別にして「同じ被害者」だ。汚染地域から離れて住んでいても精神的被害受けているし、食品への不安は同じようにあるのだ。日本人は、何かあれば必ず弱い者同士の足の引合いをやり、誰が本当に責任あるかや、物事の本質や正体を見ようとしない・見えない愚民があまりに多い。烏合の衆、付和雷同の民の島が日本だ。また、科学的根拠に基づかず感情論だけで「放射能安全」などと宣言し、その弟子なる者を巻き込んで無知なまま安全デマを吹聴する人物もいたりする。その揚句あの山下俊一なる悪魔の手先を奉る始末だ。高濃度放射能汚染の危険が客観的に事実なら、現実的利害や欲得とは一線画して議論し対処すべきでないのか。農家の被害や苦労への責任追及する相手はトーデンや原発首謀者下手人らであることを見誤ってはならぬ。被害者同士の内輪もめ、即ち一種の「内部抗争醸成や分断統治」こそ、そんな悪党らが最も願っていることだ。種々被害者らは、誰が本当の敵かをけっして見誤ってはならない。

62. 2011年10月29日 10:37:12: mAKWjxKjsw
12にも書きました
47は唯一まともな意見でしょう
50、バカと言ったら自分がばかだって子どもが言ってた。

遺族に、ああしなきゃよかった、こうしとけばよかった
なんて言うのは最低だ、やめとけ。
ネットしなくても、これだけ騒がれたら、耳に入るよ自分の事だとわかるよ。
自分が親で、こんな目にあったら、ってイメージできない
そんな想像力もないのが多いね、だから平気で誰かをいじめる。
自分がそうだったら、って考えてみろ。
自分が遺族だったら、被害者だったら、って考えて。
東電が被害者を無視してやりたい放題なのも、他人の立場になって考えられない
人が多いからだよ。
自分の事を棚に上げて、東電だけは許せない、ちょっと足りないぞ。
思いやりとか、優しい気持ちとかさ。


64. 2011年10月29日 10:54:36: ICi5A84swo
みんなもっとまじめに怒からないと、この国はもう終わりです!盗電、イカサマ官僚、イカサマ議員に本気で怒れ!一揆だ!一揆だ!一揆だ!

65. 2011年10月29日 11:06:17: fLh2k4ZzFI
今までいろいろな(賛否)発言をしている武田のことはどうでもいい。

要は医師や放射能の専門家が一関の学校周辺に行き徹底的に調査すればわかることだ。

子を持つ親の気持ちが一番大事。


66. 2011年10月29日 11:45:54: 03bw0jfJsI
東京・世田谷で最大170mSv 文科省が再測定(10/29 09:59)
 東京都世田谷区八幡山1丁目のスーパー周辺で高い放射線量が測定された問題で、文部科学省は29日、線量が高い2地点の地表面をあらためて計測し、最大毎時170マイクロシーベルトを測定したと発表した。別の地点では同110マイクロシーベルトだった。

 同省は28日夜、高い線量を計るのに適した機器を使って計測し直した。世田谷区は28日、1地点で最大同110マイクロシーベルト、別の地点で同30〜40マイクロシーベルトだったと発表していた。

大変なことになっているのだ、現実を直視し対策をすべき時。
64>みんなもっとまじめに怒からないと、この国はもう終わりです!盗電、イカサマ官僚、イカサマ議員に本気で怒れ!一揆だ!一揆だ!一揆だ!


67. 2011年10月29日 12:06:25: KnaagnRbV2
4年後以降の日本の医療現場はたぶん凄いことになっていく。やがて10年後には日本の医療のキャパシティでは対応できないほど患者が増え、入院すらできず、自宅でもがき苦しみながら死んでいく者が増えるだろう。特に増えるのはプルトニウムによる肺がん、ストロンチウムによる白血病だ。

そのときに「放射能は正しく怖がりましょう。」なんて言う人間はひとりもいなくなるだろう。現在コワイコワイ派が抱いている恐怖感よりもはるかに恐ろしいものであることが、4年後以降に判明し、それが定着するからだ。正しく怖がりましょうなどと言っていた人間がガンや心臓疾患等でバタバタと死んでいく。正しく怖がるなら、今コワイコワイ派が怖がっている以上に怖がる必要がある。


68. 2011年10月29日 14:04:07: OgYGYffRL2
>>48
>>61

の 「9EDkLebUrI」 は管理人さんに荒らし認定を受けてますのでスルーしましょう.
会話が通じない人間には何を言っても無駄.


69. 2011年10月29日 14:13:27: OgYGYffRL2
>>48
>>61

の 「9EDkLebUrI」 は管理人さんに荒らし認定を受けてます(iyao)のでスルーしましょう。
低線量を安全とするデータしか信じず、危険性を示すデータは目に留まらないか
記憶に残らない様子。
会話が通じない人間には何を言っても無駄。


70. 2011年10月29日 14:22:23: OgYGYffRL2
>>47
>>61

の間違いでした。


71. 2011年10月29日 15:19:03: f17pYBpzd2
論争なんて無意味近い将来に其々身を持って自身の見方の結果を知る事に成ります
100万キロワットクラスの原発四基同時爆発の被害の検証者としてね

72. 2011年10月29日 15:43:27: JrPYjVYQO2
原子力村の利益を優先する一関市長は次回選挙で落選させてください。

73. 2011年10月29日 15:46:14: a067oQPb9c
みなさん、もっと建設的に話しましょうよ。
現状のような危機的状況下で「にわか知恵比べ」は禁物です。
言い争っても子供たちの未来は明るくなりませんよ。


「Aだ!」

「いやBだ!」

「何がABだよ。Cに決まってんだろ!?」

「ソースは?」

「だまってろ馬鹿野郎!」

「(異様な長さの長文・ほか)」

 ・・・・・・・


あなた方がやっているのは「自由闊達な情報交換」ではなくなっています。
互いに反対意見に耳を傾けない態度が言葉の応酬を生み、
ほとんどの方が相手を言い負かせようとさえしている。

あなた方がやっているのは、単に
「貴重である可能性が捨てきれない情報の原石」を
ひとまとめに「混沌としたクズ情報の塊」に変えているだけだ。

ここならせっかく有力な情報を得られると思っていたのに、読む気すらおきません。読む気を無くしたのは、おそらく私だけではないでしょう。
今こそ手を取り合って大きな力に抗うべき時なのに、個々人が判断の糧となる貴重な情報にしがみついて、その情報の存在を脅かす発言に汲々としているようでは、
先は長くありませんね。情けない。


冷静に語り合いましょうよ。

戦うべき相手が違います。目を覚まして。


74. 2011年10月29日 16:31:15: KnaagnRbV2
800兆かけても1000兆かけても、岩手も含め、福島とその周辺を、国民総出で、知恵を出し合って、何としても恒久的に除染する、これしかない!! 除染できない、と言ってしまえば絶対にできない。すべてきれいになるまで除染するんだ!という強い決意があれば、日本人であれば必ずできるはず。日本の金は日本の将来のために使うべき。アメに根こそぎ奪われ前に除染のために全予算使ってしまえ。いくら使っても、日本の国土と日本の次世代の命は金に変えられない。800兆かけて何年かかってもいいから、すべての土地で年間1ミリ以下に除染することができれば、もう二度と原発はやらないだろうし、国民に今までにはなかった連帯感が生まれ、そこから新たな日本が生まれる。国内で使った金は必ず国内に800兆以上の恩恵をもたらす。

75. 2011年10月29日 17:06:16: CYM0Jah1sc
本当にそう思います。

憎むべき相手、責任をとらせるべきは東電、政府(自民党??)だとおもいます。

色んな情報、見識が聞けてよかったです。

でも風評被害だと反論されるとは思いませんでした。

風評被害ってなんですか??
わたしは、暫定基準値内でも、有害物質が入っているならば、
きにする人から見れば危険なもの。
だとすれば、風評被害だ!などとひなんしてくるのはおかしいと思う

本当の風評被害の被害者は放射性物質が入っていないのに危険とかんちがいされ、買ってもらえない方たちだと思います。

おかしい。
東電と政府が全量買取りして市場に出さなければ本当にこんな議論は無用なのに!心配してる人が我慢して食べなければならないなんて、
本当にただしいことですか??
マスコミもおかしい。

殺人事件の容疑者なだけでもとりあげるのに、
なんでこんなに放射能や、東電について掘り下げていかないんだ
安全だと主張するなら、このサイトの方々のように根拠を徹底的に示せばいいのに。

合意ができてないから結局はものわかれに終わるのを知ってるからできないのか??
やはりせかいで合意されてないものに、安全だ!と決めつけるのはおかしいのではないかと私は思います

原発事故直後の、シドロモドロの東電のお偉いさん方。
今は偉そうにふてぶてしく現状報告。
私はあの映像を見るたびに腹がたちます。

海に汚染水を流すと涙をこらえきれずながしてしまった東電社員。
あれが本来の人間の姿のように思えます。

世間が意見の食い違いでもめるのは
皆が納得する対策をしていない
東電と政府のせいです。

大体なんで、これだけの事をしてつぶれないの!?

腹がたってきた!!


76. 2011年10月29日 17:21:08: OgYGYffRL2
>> 73

正論だしお気持ちよくわかりますが、
ここはそういうところです。残念だけど。

そんなの今に始まったことじゃない。
ここまでインターネットが身近なものになった現代で、オープンな掲示板が質を保つのは無理と思ってます。


そもそも阿修羅で「語り合い」は行われているか?と言えば、殆ど行われてないでしょ?
皆言いたいことを言ってるだけ。司会者がいるわけでもないからまとまりもしない。
それが悪いんじゃなくて、そうなって当然の場であるだけ。


阿修羅の意義は「情報の共有」だと思ってる。
参加者のレベルに差がありすぎて議論にならないことは多々あるし、この投稿の主みたいに論理的思考のできないカルトが長文書きなぐったりしちゃうともう会話すらままならない。
けど、阿修羅に投稿するような母集団がどのようなことを考えていて、どんな傾向があるのか、なんてことはわかる。
また,数の力で個人じゃみつけられないような情報に当たることが出来るし、それに対する意見もみることができる。


まともに議論し、そこから有益な知識を得たいならクローズドなコミュニティに行くべき。


77. 2011年10月29日 18:08:10: zFtxazcFoK
化学実験の鉄則
やばいと思ったらます逃げろ。物陰に隠れて様子をうかがい、大丈夫なことを確かめてから近づけ。気が動転している間はひとりで行くな。逃げずに対処できるのは百年早いことを肝に命じろ。
ヤバいと思ったら1年でもいいからといかく逃げる。関係者でない限り情報は入手できにくい上、理解も難しい。三十六計逃げるに如かず。

78. 2011年10月29日 19:03:58: NRvAM7Ti0k
62

武田先生は日本国民に対して情報を発してるのであり、遺族を慰めるために情報を発してるのではない。

死んだ命は戻って来ない、いかに慰めようともせんない、

武田先生の発信は生徒の死を無駄にしないと思う。

都合の良い時だけ情緒的になるのはフェアなやり方ではないだろう


79. 2011年10月29日 19:40:13: 4l2neGsi8M
マトモに論理的思考が出来て、情報を客観的に精査できれば
結論は「低線量被曝の危険性は排除できない」
としかなり得ない。

危険を説く者は、安全性に充分な科学的根拠がないから
危険性を排除しないだけ。
安全を説く者は、危険性のデータを知らないか軽視している。

投稿者のようなカルトは問題外として、
上に書いてる結論にしかなり得ない以上、論争は全く時間の無駄。

だから、安全、危険を「過度」に主張する輩は失礼だけど
カルトか情弱か思考力不足だから相手にしても何も得るものはない。


81. 2011年10月29日 20:01:04: 4l2neGsi8M
>> 79

の「投稿者のようなカルト」は誤り。失礼しました。
本スレのカルトなコメントを思いながら書いてたらカルト投稿だと思い込んだみたい。

カルトは >> 80 みたいな輩ですね。
>> 79 の文にある典型例。
最近アラシ認定されて阿修羅投稿禁止措置受けたのに
しつこく出没する。

ただでさえ玉石混交な阿修羅なんだから
こんな論理的思考が出来ない輩が増えると制御不能になる。
管理人さんの苦労が偲ばれる。


82. 2011年10月29日 20:27:16: ifQqdWmHXI
武田さんの様に色々忠告してくれる人が居るだけ有り難いと思ったほうが利口、私の先祖の墓は二本松、福島医大になんで山下なんて推進派を呼んだのでしょうか?呆れています。
県民が札束にほっぺをたたかれて原発を呼び込んだ付けです。親族が県内に居ますが所詮末端人は何も知らずにトップを選択したのでしょう。
そんな事を云いたいのではなく、東京新聞の近県の8月28日の朝刊、小島剛一言語学者のトルコの記事、これって重大なことなんでないかと思います、トルコのクルド族ラズ語使用区域、トルコ民族からすれば(要らない民族)です、原発事故翌年に生まれた村の子供が十年後近く訪れたら全員白血病で死んでいた記事です。チェル原発から1300キロ離れています、幸せな日本の様に計測なんてする訳もありません。欧州の放射線汚染地図からはトルコは消えているそうです。

85. 2011年10月29日 21:00:36: lsGzeMFeoI
 
 
バカの一つ覚えの引用開始厨には
自分の脳味噌が無いようだ。
 
 
 

86. 2011年10月29日 21:02:34: BskB3QZ9F6
「放射能のタブー」(著者 副島隆彦氏と副島国家戦略研究所)が発売されました。申し込んでおります。 あと山本七平氏の「空気」の研究も。 http://tinyurl.com/4498jd6

そうそう、前著「原発事故、放射能、ケンカ対談」では、副島 隆彦 vs 武田 邦彦 両氏の対談で、副島氏が武田氏を福島県に呼んで対談したという本でした。

その時、思ったのは、政府(国)から徴用される科学者という人達は、国家予算(税金)をもらって、自分の研究をしているのです。武田先生も、副島氏の前では、もらっていたと正直に述べています。

じゃ、政府から見向きもされない研究者は、どうすればいいのでしょうか?。それは、大変な苦労になります。しかし、信念をもってそれに甘んじている科学者もいます。

最近の科学者は、細分化されており、放射線の人体に対する影響については、放射線医学の範疇です。決して、物理屋さんではないのです。


87. 2011年10月29日 21:38:54: QwgU2dwovs
クモ膜下出血まで放射能のせいになってるのか。
この分じゃ交通事故なんかもセシウムのせいにされてもおかしくないな。

★10マイクロシーベルトを超える道路で交通死亡事故★
一般には放射線が交通事故を増やすという証拠はないが、
セシウム134と137が脳細胞になんらかの悪影響を及ぼし、
注意力を散漫にさせた可能性も否定できない。

「10マイクロシーベルトを超える○○で・・・」をつければなんでもありだな。


89. 2011年10月29日 22:14:22: 6buny10AD2

もう事故から何ヶ月経ってるんだ?
素人にわかる被曝リスクの情報はもう出揃っている.
あとは今後より多くの研究が行われて,より精度の高いリスク評価の基となる
知見が出るのを待つだけ.

それまでは,
「福島原発事故によって生じた放射能汚染は今後長期間にわたり,
 人体に危険を及ぼす可能性がある」としか言えない.


「いや,安全に決まってる」とか「いや,危険に決まってる」とか言う輩は
情報か思考力が足りない.
これだけ調べればいくらでも情報が出てくるような時代にあって情報がないのはもはや情報リテラシーの問題.
いくらか情報を持ってるのに上記のようなことを言い出すのは,物事を多面的に捉えることが出来ないか,知識と知恵の区別がつかない思考力不足.
一部の情報を盲信してる輩はカルト.


その結果,無駄にコメントが増えるのは低レベルな論争と中身のない罵倒がほとんど.見かねた識者がたまに正論を語ってくれてもほとんど意味なくまた同じ論争が増えていく.

ちゃんと理解してる人はこんな低レベルな争いには首を突っ込まないし,突っ込んでしまってもきっとあとで後悔して次からは絶対に関わらない.何を言っても無駄だから.

結局何が言いたいかと言うと,
できればそういう論争は居酒屋か個人ブログでやってほしい.
素人が論争にもなっていない不毛な言い争いをしても電気の無駄.

時間を浪費するのは個人の勝手だがそんな無駄な電気で電力会社潤すならば
パソコン落として街に出て居酒屋で言いたいだけ管巻いてくれ.
鬱陶しい客かもしれないが店が活性化する.
もしくは行政やら東電などの直接汚染問題にかかわる機関やマスコミに対して叫ぶだけ叫んでくれ.

そうすれば,阿修羅がもっと読みやすくなる.


>>88

わかったからもう自分のブログに帰れ.
もう十分宣伝したんだからもういいだろ.
本当に読む価値のあるものなら皆こぞって読むし,あんたを支持する.


同じやり方を繰り返してうまくいかないのは,やり方がまずいか
内容がまずいかのどちらか,あるいはその両方.
同じ過ちを繰り返すのは馬鹿だ.
阿修羅に投稿・コメントすることで成果がでなかったら
もうコメントするのはやめて別の方法を考えてくれ.



94. 2011年10月29日 23:07:45: 03bw0jfJsI
2005/04/24 12:49 【共同通信】私達は備えなければいけない。人口比で見るとこの6倍となる。病気となる私達の為に準備しなければいけない。チエルノブイリから300kmの、汚染遅滞から米NYへ批難した女性の話では、年老いた人々が、まずバタバタと死んでいったと話した。祖父母は被爆半年と1年で癌死した。周りの人も健康な人は居なくなり、弟さんも亡くなったらしい。耐えられなくなって癌になった母と共に米NYへ、、しかし彼女は体の具合いは良くないが、結婚健康な子供も一人授かりレストランで働いている。詳しい事は話したくないらしい。

【モスクワ24日共同】
23日のタス通信によると、1986年に旧ソ連ウクライナ共和国で起きたチェルノブイリ原発事故の被害者でつくるウクライナの「チェルノブイリ身体障害者同盟」は、事故に関連する同国内の死者が150万人以上に上ったとの調査結果をまとめた。

事故発生から19周年となる今月26日を前に公表した。

調査によると、事故で被ばくした人はウクライナ国内で約350万人で、うち120万人が子供だという。  
ロシア政府によると、同事故による隣国ロシアでの被ばく者は145万人に上っている。


96. 2011年10月29日 23:18:50: 03bw0jfJsI
↑94>です。冒頭の┄2005/04/24 12:49 【共同通信】は【モスクワ24日共同】
に続きます。私達は備えなければいけない、、、以下は私の文です。

97. 2011年10月29日 23:25:54: 03bw0jfJsI
95>へ 私は貴方のように、””いつまでもコワイコワイと騒いでいるから””とは言っていません。””あしからず。””

98. 2011年10月29日 23:26:59: 6buny10AD2
>> 90

あなたの主張は全て理解した上で言っています.

あなたはすでにテロかというくらいたくさん投稿・コメントしてるんだ.
もう十分長い間宣伝したんだから,多くの阿修羅読者が目にしてるでしょ.
事実アクセス数も相当なもんなんだから.
それが正しいと思う人はあなたに賛同してそのようなコメントがたくさん出てくるはずでしょ.
そうでないなら,支持されなかったってことでしょ.


俺は,同じ過ちを繰り返すのは馬鹿だって言ってるの.
これだけコメント投稿しまくってるんだから,宣伝は十分だって言ってるの.
だからあとは結果が出るのを待ってればいいじゃんって言ってるの.
同じようなコメント見る側としては邪魔だし不愉快だから.


そして,もし結果がダメだったんなら同じ方法はとらずにあきらめてくれ,って言ってるの.
で,「阿修羅はてんでダメだ」って自分のブログに書きなぐればいい.
それならばもはやあなたにとって阿修羅に書く意義は何もないはずだから,
別の方法であなたの主張を広める努力をしたらいい,って言ってるの.
カーブは100%打たれるとわかってたら,ストレート投げたりフォーク投げたりすればいいの.


あなたにとって,俺は馬鹿でいいです.
あなたにとって,「阿修羅は馬鹿」でいいです.
馬鹿と話しても仕方がないでしょ?自分のブログに帰って自分が賢いと思う人とだけ話をしてください.


99. 2011年10月30日 00:37:11: QbWBoFGpjQ
49 の医師の投稿に対して、56 が、ペトカウ効果を勉強して
と、書かれています。じつは、私も49の医師が、内部被爆を考慮
されてないとおもって、そのことを指摘しようとおもっていたの
です。56の方に先を越されてしまった。w

心筋とか、脳血管とかの障害は、主に内部被爆によると、チェルノブイリ
の研究者より報告があります。内部被爆の恐ろしさをあらためて
感じます。

政府の生涯100ミリシーベルトの食品からの摂取の許容とは
なんと恐ろしいことでしょう。


100. 2011年10月30日 00:38:34: sCif4wPAe2
>>93
最後の一文が凄いですね。真面目に言ってるんですよね?

ECRRのようにヨーロッパで広く受け入れられている組織が内部被曝の重大性を指摘し、チェルノブイリでは100万人単位の人が放射能による被害を受けたと指摘しています。今でも奇形な植物が生え、少なくない数の動物や人間が先天性の障害を負って生まれてきます。

このチェルノブイリよりも多くの放射性物質を撒き散らし、しかも人口密度が圧倒的に高い地域で発生した福島原発事故では、当然ながらこれ以上の被害が数年後、数10年後に発生することは容易に推測できるわけです。にもかかわらず、「安心しろ」って言われて安心する馬鹿がいるんですか?

数年後に白血病や癌が発病したとしても、国は「原発事故との因果関係はない」と言って白を切って保障しないことは明白に分ります。。何しろ福島原発で作業している人間が急死しても同じことを言っているわけですから。

あなたが「安心しろ」という意図は滑稽なほど透けて見えます。要するに原発事故による健康被害などほとんど発生しないのだから、将来癌や白血病になっても、それは原発とは関係ありませんよ、あなたの自己責任ですよということを言いたいんでしょう?


101. 2011年10月30日 00:46:00: KnaagnRbV2
>>90
とにかく多くの人々が最も恐れているのは内部被爆。外部被曝の20ミリが恐ろしいのは、それに見合うだけの内部被曝を必ずするからだ。低線量の外部被曝の安全性をたとえ証明したところで全く意味がない。口から入った放射性核種と呼吸器に入った放射性核種が何も人体に影響を与えないと、現時点で誰も言うことができない。

体内に入ったそれぞれの放射性核種がどのような挙動をしどの臓器、部位に蓄積、濃縮され、遺伝子にどのような損傷をもたらし、どれくらいの量がどれくらいの期間で排出され、修復の度合いと破壊の度合いがどれくらいになれば癌化するかなど、まだまだほとんど解明されていない。解明されつつものもあるが、ほとんどわからないというのが実情だろう。害をもたらす放射性核種はヨウ素131、セシウム134&137、ストロンチウム90、プルトニウムだけではない。他にもさまざまな核種があり人体への影響について未解明。トリチウム水なんていう恐ろしい放射性物質まである。内部被曝についてわずかしか解明されていない以上、正しく怖がることはできない。予防原則にのっとって、危険であるかもしれないもの、ことを、遠ざけるのは当然のこと。

とにかく、危険なのは「内部被曝」。「ないぶひばく」と読む。

安全と言う2文字に洗脳されているのはあなただということに早く気づきなさい。4年後に気づいても既に遅い。あなたがそういう情報を流布し、誰かが騙されて本当に命にかかわることになったら、あなたは責任をとれるのか。過失では済まされない。危険であるのに安全情報を流布することは犯罪行為に近い。責任を取れないなら、安易なことを言うべきではない。放射能がどれほど恐ろしいか、あなたは数年後には知ることになるだろう。


103. 2011年10月30日 01:10:41: 6buny10AD2
>>102

恥ずかしげもなく長文コピペを張りまくるマナーのない方と語ることは何もありません.
皆があなたのように長文を張ったらどうなりますか?
もはやコメント自体機能しなくなります.

自分のブログへの誘導,副島隆彦関連の話題もルール違反です.
阿修羅は阿修羅の基準で運営されています.
それが守れないならば自分のブログで思いのたけを叫んでください.


105. 2011年10月30日 01:18:26: KnaagnRbV2
>>102
内部被曝についての記述が少なすぎる。
避けている、逃げているとしか思えない。
重要なのは【内部被曝】だ。 【 な い ぶ ひ ば く 】

>「年間1ミリシーベルト」にこだわっている時点で、馬鹿です。まともな学者は、「年間20ミリシーベルト」さらに「年間100ミリシーベルト」に賛同しています。

それから、法治国家なんだから法律を守れ。世界標準も日本も法律は1年1ミリだ。プロパガンダはおたくが引用した記事そのものだ。説得力が皆無。誰も納得しないしここでこんなばかげた記事を張ったところでもはや誰も騙されないだろう。労力の無駄。以上。


106. 2011年10月30日 01:20:01: JlhOElFGlE
シーベルトって単位は物体の受けるエネルギーのこと。
内部被曝に対しては上手く測定できないので、ベクレルからシーベルトに変換する
テキトーな係数を使っているよね。

人間は物体ではなくて、高度に分化した臓器、筋肉、神経細胞などを持っていて、
内部被曝の放射線に対してどういった反応をするかとか、染色体・ミトコンドリア
のDNAやRNAがどう変異するかなんかほとんど判っていないよ。

だから20mSvでも大丈夫、て思うのは自己責任で勝手にやってくれていいんだけど、
デマをあおって他人あるいは福島の住民とかに強制するなよな。

あと、武田さんは1mSvまでなら大丈夫なんていっているけど、ほんとかな?
法律以外は何の根拠も無いけど、1mSvまでは我慢しよう、てことなんじゃないの。


109. 2011年10月30日 02:52:44: KnaagnRbV2
>>107

>体内に残る放射性セシウムの生物学的半減期は9日から90日程度である。

500ベクレルという基準を設け、大半の食品がセシウムで汚染され続ける限り、毎日毎日長期にわたり新たなセシウム134&137を摂取し続けることになる。するとどうなる?半永久的に口からセシウムを摂取し続けることになる。排出されても排出されても新しくセシウムが入ってくる日が何年も続く。たった1日だけセシウムを摂取しただけなら上の理屈は納得できるが、毎日3食と水や牛乳なども入り続ける限り、それは体内被曝が半永久的に続くことである。しかもセシウムはカリウム40のようにすべて排出されるとは限らない。数年間も持続的に摂取し続けると、体内のさまざまな部分に濃縮が起こる。そこでどのようなDNAの破壊が起こるのか、まだほとんど解明されていない。しかも排出されたはずのセシウムは腎臓や膀胱にたまる。すべて排出されないことは、児玉氏からの情報やや市川定夫氏の研究からも明らかだ。膀胱癌の前がん状態を作り出すという調査結果を児玉氏が述べていた。その他、心臓や血管にもたまり動脈硬化を引き起こし血管からの出血を起こしやすい状態を作るという説もある。これがクモ膜下出血の発症に関わっている可能性を武田氏は感じたのかもしれない。

とにかく、毎日食事をする限り、セシウムによる内部被曝が半永久的に続くことになる!!日本で暮らす限り、体内はセシウム漬け、ということだ。

こんなことくらい考えればわかるだろう。何でも鵜呑みにせず、自分の頭で考えるべき。キミは権威に支配され思考停止している。でなければ、ウソと知っていて何らかの理由があってそれを述べている。

それから、セシウムだけ述べても意味がない。ストロンチウム90の生物学的半減期は概ね50年。骨に残留すると死ぬまでほとんど排出されない。プルトニウムはどうだ。肺に入った毒性は知っているよね。その他核種はまだまだある。プルトニウムは気化(燃料沸点超えによる)し既に広く拡散している。ストロンチウムも横浜で検出されている。


110. 2011年10月30日 02:53:47: cPi46suRE2
私のふるさとの一関市にちゃんとした隔壁のある放射能対応管理型処分場を作って子供たちを守れよ!

実家の傍の小学校が0.52μsv/hとネットで確認!
0.52X24X365=4.5552
子供の係数3をかけると大人換算では13.665msvに成るとは!
勝部市長は何を今まで放置していたのか!
危険極まりない!
危機感が無いのか!
子供は授かりモノで地域に根ざした生活者の素になる大事な人材ではないか!
天下りみたいな市長でも真面目に行政をしてくれないならリコールを覚悟してもらうぞ!
岩手県出身者として情け無いで済まされない!
冗談では済まされないだろう!



111. 2011年10月30日 03:24:10: pPJ5gJb78A
>>49
未だに外部被曝と内部被曝の区別もできないような医者がいるとは驚きだ。
それとも御用の筋か?

武田氏も言っているように、これだけの情報では被曝と関係があるのかわからない。

しかしこれだけ深刻な汚染が広がっている以上、人がバタバタ倒れ出すのは時間の問題で、
政府・自治体も隠していられなくなるだろう。

今は遺族にお金を渡して黙ってもらっているのだろうが、犠牲者が増えればそうもいかない。
政府や東電を訴える遺族も出てくるだろう。

被曝被害の話題になると工作員がたくさん湧いてきて火消しに躍起になる。
実に興味深い。相当深刻な状況と思われる。


112. 2011年10月30日 04:23:13: 4l2neGsi8M
おいiyao
いい加減に消えろよ
管理人さんの注意受けてから何度目のルール違反だ?


筋も通せない、長文コメ連投する、自分のブログに誘導する
まともな会話が成り立たない上にマナーを知らない奴が
相手にしてもらえると思うな
内容以前の問題


114. 2011年10月30日 08:26:19: yWZRVj2zUw
支離滅裂な非科学的長文コピペを繰り返す 9EDkLebUrI は
お察しのとおり、近所の噂の主、ヒキコモリのユトリです。

116. 2011年10月30日 10:13:19: NRvAM7Ti0k
逃げろとか言ってる人が居ますが、日本の場合ソ連の様に福島を放棄することはできません。

除染作業の危険性を言う人がいますが武田教授の言うように被爆は時間の係数です。
短期間放射性物質に接することは何の問題も無いでしょう。

ただ、今の状況は絶望的です、
政府は放射性廃棄物の保管を市町村単位でやらせようとしています。

福島原発周辺に30年間使えない土地があるのにこれを利用しようとしない神経がわかりません。

放射性物質専用の運搬車両、除染重機、これを作れば何の問題も無く作業は進められるでしょう

武田教授の嘆きに激しく共感してしまいます


117. 2011年10月30日 10:42:21: FLw6usu89N
>>109
KnaagnRbV2 へ。
言いたいことはわかった。
つまりリスクはゼロが望ましいって主張だね。
そのためには1,000兆円の出費もやむを得ないわけだ。

あとは費用対効果の考察だね。


118. 2011年10月30日 10:47:32: NRvAM7Ti0k
>1,000兆円の出費もやむを得ないわけだ。
>あとは費用対効果の考察だね。

1000兆円の公共事業をやったら空前の好景気になります。
国の借金などたちまち返せてしまうでしょう。


119. 恵也 2011年10月30日 11:18:01: cdRlA.6W79UEw : cDs1FNSReI
>>13 個人的にはICRP勧告とLNT仮説をきちんと理解することが重要かと思います。

俺はダイタイ理解してるつもりだし、>>10氏も概略は知っておられると思う。
あなただけが理解したというのは行き過ぎじゃないかね。
ここに長文を書ける人は、あなた程度の理解はしてるよ。

>> 一人の方の意見を鵜呑みにするのではなく

俺はモトモトは推進派であったし、推進派の記事や東京大学の御用学者の
書かれた書物を図書館に行ってまで読破して、それなりに原子力を調べてた。
むしろあなたの読んだ量よりも、読書量では多いと自負してる。
その中で武田氏の思想は同じじゃないけど、俺と良く似てます。

>> 武田の主張に科学的な根拠はないこと、

すごく科学的な人だからだから、科学的な数値と不明な数値を区別して話されてる。
区別した一部の文章を拡大解釈して「科学的な根拠がない」なんてド素人の盲言。

科学的根拠とは、現在確認されてる範囲では「しきい値」がないということ。
薬品なら、量によって毒にも薬にもなるが放射線では毒にしかならん。

おまけに人工放射性物質を生物は身体の中で、特定の臓器に濃縮してしまう。
数百万倍にも濃縮して、そこから強い放射線が出てはゼロ射程で臓器に当たる。
遺伝子に放射線が当たったら、遺伝子が壊されるのは常識。

ーーーー引用開始ーーーー
生物の体の中では、植物でそれを濃縮する。動物は直接・間接的に植物を食
べますから、体内で、我々の場合は甲状腺に溜めるわけです。

ただし例外がありまして、妊娠中の女性の場合は、優先的に胎盤を通じて胎児
に送ります。それから授乳中のお母さんの場合は、優先的に乳腺に送ってお乳に
入って子どもに行くようになってます。

妊娠も授乳もしてない時は自分の甲状腺に集めます。とにかく、そういうことで動
物の体の中でも大逆転する。なぜかといったら、エネルギーの素は、全部もとを正
せば植物から摂ってるわけだから、植物が濃縮してたら、あとは、例えば家畜を食
べても、家畜が食べてる物は草ですから同じことになってしまうんですね。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kuroha/ichikawa_report6.htm


120. 2011年10月30日 13:57:59: FLw6usu89N
>>119
あなたの主張は分かった。

いろいろ研究したあなたから見て、以下は

「一関の中学校でかなり高い線量を出していた学校で、中学生が死亡したという情報がある。まずはこの情報が事実かどうかがわからないし、一般的な病死は中学生にもあるから、それが被曝に関係しているかもまだ判らない。」

科学的な発言だと思いますか?

理由は要らないので「思う」か「思わない」で答えて欲しい。


121. 2011年10月30日 15:36:05: 9yGdjnJBEE
> 113

ごめんなさい,じゃなくてもうしません,でしょ.
「何度言ったらわかるの!」って言われてるんだよ?
「わかったから,もうちょっとやらせてよ」ってお前は言ってるんだよ.

上の文章読んで恥ずかしくないか?
全部子供と大人の会話だ.
何が助けてください,だ.いい歳したおっさんが恥を知れよ.

投稿内容以前の問題.
ルール守れない奴は出禁で当然だ.


122. 2011年10月30日 16:24:59: aKuqvXCQNQ
私の友人は、岩手の被災者へボランティアにでかけた。5月から3週間ほど、そしてどうなったか?
3ヶ月後の今彼女はリンパ腫にかかり治療中だ、大変心配している。
ここの記事と同じく、当然の東電の福一原発の放射能による被爆を疑っている。
将来のために髪の毛の保存をすすめている。

チュルノブイリを超える過去最大の放射線を排出(Xe-133 )、
津波が到達する50分前の地震だけによる福一原子炉の損傷と放射線の排出(nature no.478))
総排出量は東電=保安院の発表の2.3倍(セシウム137)
これはチユルノブイリ原発事故の42%になる。
一の関ばかりか首都圏へのセシウム137のフォールアウトによる被爆がある、
日本国の象徴・皇居も被爆しているだろう。
http://twitter.com/#!/yaiya1/media/slideshow?url=http%3A%2F%2Ftwitpic.com%2F76s0dj

これまでの東電や保安院の発表は科学的であったのでしょうか、
訂正ばかりで後からの数値は大幅なごまかしだったことが、ほとんどだ。その一方いで被害者の
存在を意図的に低くみつもっている。また、国民にたいして東電・勝俣会長からは一編の謝罪もない。
謝罪がないどころか、国民の税金1兆円を使って、損害賠償をしている。
健康被害は出てしまったら、後の祭りとなるのだから、
メーカーとして製造物責任、加害者としての責任が東電にあり、
放射線が中学生の活動には高いことは、死亡との因果関係の大きな要素と考えるのは当然です。


123. 2011年10月30日 16:25:15: 8JwrLfyKVQ
なんでも放射線のせいにする人って、なんでも幽霊のせいにする人と一緒で、もはや精神病だよ。
しかも武田さんって専門家でも何でもない素人じゃないかよ・・。

124. 2011年10月30日 16:59:47: ffkLCt5KqM
>>123

それは全くその通り.
精神病じゃなくて思考力不足,だが.
過度に危険を主張するものも,過度に安全を主張する者も,どっちもね.

阿修羅のコメントって,ほとんどが「ツイッターの延長」だよね?
言いたいことを端的に言い放って終わり.
議論の場とは到底言い難い.

そんな場に,危険危険とか安全安全とかよってたかって書いてたら収拾つかないのは当たり前.
オープンな掲示板だから低レベルな参加者を防ぐことはできない.
だから,「低レベルなコメントはスルー」しか手だてはない.
いちいち相手してても仕方ない.


125. 2011年10月30日 20:04:16: 5y3325curM
さんざん暴飲暴食のあげく大量に嘔吐物を噴出した奴にエラソーなことを言われる筋合いはないね。まずは、口の周りを拭いてから物を言え。ボケ。
それとな、ケツからも大量に漏れているぞ。ちゃんと始末できないやつが、なにが「精神病」「思考力不足」だ。カス。お前らこそスルーされてるんだよ。

126. 2011年10月31日 01:01:02: OTSdcSVVh4
>120

科学も、もとは”あれ、おかしいな”という疑問から
はじまるのです。そこがなければ、検証もできないから
です。

でも、一の関の中学生の事例では、学校の
情報隠しというのが、あって、これがまずひどい。
仮に、放射能が脳出血を誘発したのでなくても、その
ことは、とりあげなくてはならないことです。

>> 理由は要らないので「思う」か「思わない」で答えて欲しい。

「yes」か「no」かで答えろというのは、やくざの
脅し文句で、この世はそういう答え方ができないこと
がおおいのです。


127. 2011年10月31日 01:47:45: pPJ5gJb78A
福島ではすでに被曝で警察官が何人も死んでいるらしい。
http://news.livedoor.com/article/detail/5974511/

独立系メディアの方、この点を追及してもらえるとありがたい。
超高線量汚染地域で、マスクも防護服もせずに警備しているのだから当然でしょう。
子供を避難させないのも大犯罪だが、警官に何の防護もさせないのも大変な犯罪です。
この国は完全に狂っている。

5月に岡田幹事長が福島を視察したときの格好。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110508/stt11050822560009-n1.htm
握手するのに手袋もはずさないと非難されましたが、無防備でいるほうが間違っているのです。

岩手でも、高線量地域で、体調がおかしくなったり、亡くなったりするのは
何の不思議もありません。
放射能汚染と絶対無関係だとは言えませんね。

そのうち無関係だと無視できないほど、隠し切れないほど、人が倒れていくでしょう。
時間の問題です。


128. 2011年10月31日 05:58:53: JrPYjVYQO2
すべては5年後、10年後に歴史が証明すること。


129. 2011年10月31日 06:32:03: A4GQ7o9O02
武田さんのように、事故前は原発容認であったが、事故後は反省して原発廃止派になったかたもおられるが、
過去は問わずに、反省しているならいいんじゃないかと思う。最近のコメントで、一般人には大変有益なことを発信し続けいらっしゃる。

それに引き換え、安全保安院の安全部会長をやっておられた、東洋英和女学院学長の村上陽一郎さんは、全く反省がみられないどころか、昨日の論文で
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
奈良新聞 2011年10月30日 村上陽一郎  現論 「放射線許容量をめぐって』より
引用開始
《・・・そこから「余計な放射線は浴びないにこしたことはない」という非科学的な言説が現実味を帯びる。
「非科学的」と書いたが、負の意味を籠(こ)めたわけでもはない。つまり、こうした問題に関しては科学的言説には限界があり、科学の外で、問題を考えなければならない、という事態を認めておきたいのである。》引用終わり。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やはり、物理、理論物理しかやってない村上さんには、生物の「放射線許容量」についての想像力が貧困みたい。
核物理化学、細胞生物学、放射線生物学を極めた、ゴフマン博士の爪の垢でも煎じて飲ませたい気持ち。

《「余計な放射線は浴びないにこしたことはない」という非科学的な言説が現実味を帯びる。》5年後、10年後、15年後村上さんのこの言説がどうなのかが明らかになるだろう。


130. 2011年11月01日 05:07:46: lTZCtA55nA
>>56
>>84

>。ヨ放射線防護学研究者談」より引用

この時点でアウト。これって高田純だろ?

http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/140.html
・原発業界御用学者リスト@ウィキ 「高田純」の項目。以下抜粋。

206 名前:地震雷火事名無し(北海道)[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 06:00:50.99 ID:mg4HkFzI0 [1/3]
どこから突っ込んでいいのかわからないけど
恣意的だし作為的だし間違いなくアンフェアだということだけはわかった
高田純氏にとっては中国製の放射能では害があるけど
福島産の放射能では害がないことになってるんだな

247 名前:地震雷火事名無し(神奈川県)[sage] 投稿日:2011/07/23(土) 11:12:58.31 ID:LCIOPluI0 [2/2]

203-204

高田純は「中国の核は汚い核だが日本の核(原子力)は綺麗な核」という思想の持ち主。
高田は新疆の核実験場周辺住民の健康被害を指摘しているが、なぜか福一に関しては極端な安全厨。
科学をイデオロギーによってねじ曲げる曲学阿世の典型。

410 返信:地震雷火事名無し(神奈川県)[sage] 投稿日:2011/09/05(月) 21:59:08.85 ID:1VNeZJt90 [1/3]

276

高田の一番のトンデモポイントは、福島と新疆核実験場では言ってることが正反対なこと。

428 名前:地震雷火事名無し(長屋)[sage] 投稿日:2011/09/05(月) 23:23:20.06 ID:EXz1Bpeh0
ここで批判されてる高田純の本図書館にあったから読んだよ。世界の汚染なんたらってやつ
面白いは面白い

なぜか核実験の危険性は強いと評価してて、日本の原発の危険性は低いと評価している
そりゃやっぱ御用だからとしかいいようがないなぁw

546 名前:地震雷火事名無し(東京都)[sage] 投稿日:2011/09/07(水) 00:37:39.79 ID:CDeHK50k0

542

日本の放射能は良い放射能
シナ、ロシアの放射能は悪い放射能

これが高田クオリティー
585 名前:地震雷火事名無し(dion軍)[sage] 投稿日:2011/09/07(水) 12:08:01.53 ID:MFbsM+YI0
gatapi21 高田純 理学博士
国民の不安を煽っている武田さんのご家庭では、納豆も昆布も食べていないので
しょうか!? 我が家は朝食で、天然カリウム放射能たっぷりの健康食品いただきまーす。今日も明るく元気!
5時間前 お気に入り リツイート 返信

gatapi21 高田純 理学博士
経済学者・池田信夫氏が、新刊「福島 嘘と真実」を取り上げ、
「農作物が売れないのはすべて風評被害であり、安全性を基準に
すると賠償する必要はない。」と発言。
その通り! http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51739637.html
1時間前 お気に入り リツイート 返信


カリウムとセシウムを誤解させようと躍起になってる。
それからとうとうノビーと夢のタッグを結成w

↑(コメント)要は、旧共産圏の放射能は人体に影響を与える「悪い放射能」だが、福島原発の放射能はなぜか「人体への影響がくすない『良い放射能』」だと主張しているようなトンデモ似非学者。
α線β線γ線と言った放射線が、被曝対象の属性(人種・国籍・住所地域)を選択してくれる、とでも主張しているとしか考えられない。


131. 2011年11月01日 16:49:11: WOLeflhgZK
>84さま

風評被害について、理解しました。
私の"気にする人からみれば"
は、なるほど、ちがいますね ...

感情的になっているのだろうなあ
と思いました。

でも、やはりわからないです
調べれば調べるほど、
安心したり、また心配になり不安になったり...

親としては大丈夫だと言われた方が安心できてここちいいんです、ほんとうは でも、数年後最悪の事態に後悔したくない

食べ物についてはやはり家族でもケンカになるんです。

もうどうしたらいいかわからないです
だから、限りなく安全な方へと凝り固まっていってしまう。

これが今の母親の現状なんだと思います。

一関のはなしを目にしたときは
ドキン
としました。

今日浄化された汚染水を飲む映像をTVで見ました。

なんとも言えない心境です。

あの方の家族はどんな心境だったんでしょうか...

なんだか、いやな国だなって
思ってしまいました


132. 2011年11月02日 03:07:49: 03bw0jfJsI
高田純氏は幸福の科学の信者とのことです。なるほどと納得いたしました。

133. 恵也 2011年11月13日 12:38:16: cdRlA.6W79UEw : rbC0HjE2sI
>>13 武田の主張に科学的な根拠はないこと、

武田氏は科学的思考の持ち主で、発言は非常に科学的根拠を大切にしておられる。
若い頃から民間の原子力部門に居られたからで、それなりの実績を積んでこられた方。
あなたよりははるかに科学的思考は出来る方だよ。

>> 親の心配しすぎは、子供のストレスになってがんを誘発します。
>> これは科学的に証明されています。

間違い!
ストレスがガンに悪いのは正しいが、親の心配しすぎが子供のガンに影響することはない。

むしろ科学的に証明されてるのは、ムラサキツユクサで許容量の放射線でも突然変異
が生じて、許容量の20分の1でも遺伝子に影響を与えてる事がわかりました。
安全神話で騙されてるのはあなたの方じゃないの。

ーーーー引用開始ーーーー
ムラサキツユクサというのは、花に6本のおしべがあって、そのおしべにはたくさんの
毛が生えてるんですけども、一本一本の毛は25細胞から30細胞ぐらいの細胞が
一列に並んでるんです。一列にまっすぐ並んでいる。

ということは、おしべの毛が細胞分裂するたびに、いつも同じ方向に分裂してると
いうことを示しているわけです。NASAはそこに注目したわけです。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/kuroha/ichikawa_report3.htm


134. 恵也 2011年11月13日 12:39:04: cdRlA.6W79UEw : rbC0HjE2sI
>> 一関のウシが出荷停止になったり、基準を大きく超える線量が一関の中学校で

俺は一関を通過したけど、空間線量は高くなかったよ。
ホットスポットがアチコチに点在したんだろうが、市長や議会は対応を間違えてる。
このくらいの汚染なら、福島市と違って大規模な除染が効果があるだろうに。

汚染がない事にして、言論を弾圧するような事をするから信用をなくし商売が
おかしくなるんだよ。
中学校なんて汚染対策を最初にやって、安全確保をすべきだったのに・・・・

>> 被曝に関係しているかもまだ判らない。

これは永遠に判らん。
被曝でダメージはあっても、被曝のせいかどうかの証明は無理。
学校名と病名くらいは公表すべきだろ。
官僚はなんでも屁理屈で秘密にしたがるから、秘密にした官僚はボーナスカットくらいしろ!

>> 女川原発からの放射性物質の漏洩についても注意が必要だろう。

これには気づかなかった。
たしかに地図を見ると、女川原発の真上を通ってるのはあまりにも偶然過ぎる。

女川原発の近くで住民に聞いたけど、原発の中は地震でグチャグチャになってる
という話をお聞きしたけど、盛岡市の北方にある好摩幼稚園で異常な空間線量
が検出されたり、奥州市の汚水処理場で異常な半減期が8日のヨウ素131が検
出されたりして、非常に怪しい。

時期的にも8月の中頃だし、距離的にも福島第一原発からなら300km離れ
てるが女川原発からなら150km。
女川原発じゃ警戒が厳重で、ガードマンのおかげでまったく見せてももらえなかった。

ーーーー引用開始ーーーー
盛岡市内の保育園で2.80μSv/h検出。他の小学校でも1.0μSv/h以上6施設15カ所
(日々雑感 より)


135. 恵也 2011年11月13日 14:49:14: cdRlA.6W79UEw : pG2UMwnH3o
>>22 児玉氏によると、被曝によるものとそうでないものが特徴的に個別にわかるそうです。

特徴がわかるといっても、100%確実なものじゃないでしょう。
こういった表現は、ある特徴が有意に出るというもので、一般のガンでは10%の
割合で出るが、放射線被害者では80%の人間にあったという程度のものでしょう。
だから残りの割合の方はその特徴が、確実には出ないわけだ。

水俣病でも、患者は1万2000人くらい出ましたが認定患者は2000人程度です。
すべての特徴がすべて患者に揃うというものじゃありません。

ーーーー引用開始ーーーー
有機水銀化合物が工場排水に含まれて排出し、魚介類に蓄積。それを食べた
住民らが水俣病に。認定患者2265人(2001年9月末)。
また、政府解決策による総合対策医療事業対象者1万353人。
(地球環境汚染物質としての水銀に関する国際会議 より)

>>49 整形外科医にくも膜下出血が多いという事実はありません。

医者の癖に統計学の基礎を知らないようだね。
こんな病気と放射線の関係を見るには、10万人以上の人間が必要なの。
整形外科医を10万人も集めて、誰が統計を取れるのか考えて見なさい。


136. 2011年12月05日 19:50:02: 4KJ9Ht4AX2
あなたの書き込みのせいでそこの人々はどうなるのですか。
そこに住んでいる人は安心できますか。
その書き込みがあなたの正しい答えなのですか。
ならば、もう少し考え直して下さい。
あなたの軽はずみな書き込みが、その一文字一文字が誰かを苦しめていることを理解して下さい。
あなたも被災した一人のはず。
だったら、もう少し、違う行動ができたのではないでしょうか。
悔しいとか、何だとか、言うのは構いませんが、だったらあなたにはこの事故を止める力があったのですか。
もし無かったのであれば、それは仕方がないことなのです。
宿命を人のせいにしては情けないですよ。


137. 2013年3月19日 22:27:13 : HYGe1rHaHE
武田の馬鹿さと信者の放射脳カルトの異様さをあますところなく発揮した記事やね。

馬鹿は疲れません?

休み休みにしては?

このままだと、もう発狂しているのだろうけど。

今度生まれかわるときは、馬鹿じゃないといいね。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素17掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧