★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 254.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
白血病を発病した大塚範一キャスターは福島県産の野菜を食べていた(低気温のエクスタシー)
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/254.html
投稿者 天空橋救国戦線 日時 2011 年 11 月 07 日 07:18:33: ZtsNdsytmksDE
 

http://alcyone.seesaa.net/article/233947790.html

☆大塚キャスターが休養=白血病で抗がん剤治療へ (時事通信)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111107-00000002-jij-soci

http://www.asyura2.com/09/geinou2/msg/417.html

フジテレビは6日夜、朝の情報番組「めざましテレビ」のメーンキャスター大塚範一さん(63)が急性リンパ性白血病と診断され、病気休養すると発表した。

フジテレビによると、大塚さんは2日から体調不良で番組を休んでいた。東京都内の病院に入院しており、抗がん剤による化学療法を受ける。先月末、本人が首にしこりのようなものがあるのに気付き、受診した。


                 ↓


ぽぽんぷぐにゃん
https://twitter.com/#!/poponpgunyan/status/133283874808672256
急性白血病になった「めざましテレビ」の大塚範一キャスター。番組内でずっと福島県産の野菜や野菜を使った料理を食べるキャンペーンをやっていたんですね。風評被害払拭、福島を応援するためにだそうですが、う〜ん・・・。


竹の秋
https://twitter.com/#!/neneyu/status/133291453437849600
今朝は茨城産の野菜食べてたね…
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月07日 07:40:57: VdXYyVJwZ2
真面目に福島の野菜を食していたかな?
風評被害払拭のため、「実は人前でしか福島の野菜食べていませんでした」とか?
お大事に。

02. 2011年11月07日 07:49:16: uwjqWp9IUU
人の心がウソをつく。
放射性物質と体は正直だ。

03. 2011年11月07日 07:55:23: jjFhwDnMmg
自分の体で直に示して下さったということでしょうか。

ダメ医者でありませんように。


04. 2011年11月07日 08:08:59: PofSeNIEBo
福島産食材食べまくり宣言してた柳美里(芥川賞作家)のTwitterがヤバすぎる
http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/47771385.html

05. 2011年11月07日 08:13:51: VbWAbFllIA
まあ余り因果関係は無いと思うが。
人によっては低線量被爆でも白血病になることは有るようだ。
半年野菜を食べれば可能性が無い訳ではない。
元宮城県知事の浅野さんも歳が近くて白血病だったな。
この年代はDNAは弱いのかもしれない。

九州の玄海は町の白血病発病率が高いのでこれは
原発の影響があるのではないか。
今後フクイチ周辺で白血病がどれくらい増えるかだな。


06. 2011年11月07日 08:46:04: 1Rx8UZuoUU
「両陛下、福島産野菜をお土産に」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110513/imp11051301270000-n1.htm

「天皇陛下:入院 気管支炎悪化、大事をとり」
http://mainichi.jp/select/wadai/koushitsu/news/20111107k0000m040054000c.html
「軽い肺炎で治療 愛子さま退院」
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111105/t10013758081000.html

因果関係はない。


07. 小心者のゲロリン 2011年11月07日 09:15:21: Jt4QoLu1sw5Ys : n2depzhT5w
来年から、ぼちぼち見物になる・・・
面白い情報がある・・・どうぞ。


以下部分抜粋転載
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「放射能は祓えない 種々な気枯れ 厄祓えても
放射能病は 頑丈な結界をもうけても 祓えない 」

「放射能の気 表面にポイポイする病や気枯れと違って
根っこの部分に入りこむ 根に入りこんで 根っこの気を変えていく

病原菌より はるかに微細で小さくて DNAの隙間に入りこむ
内側からその構造を破壊する気

敏感な血筋(支配層)は 本能的に危険感じて 慌てて逃げ出した

根っこについた厄の気は 祓えない そう感じてた  」

「病を防ぐのはエネルギー

でも放射能は中から来るから 上に気をつけかえただけだと防げない

ボディーブローのようにじわじわくる

血筋にとって 放射能 命取りだけど
内から気が湧きでてる人は 多少の放射能だったら 大丈夫

だってチェルノブイリの近辺は野生が戻ってるでしょ
野生に近い形質の気の人なら 大丈夫って事

でも気をつけかえてきたおばば(宗教祭司)や血筋達(権力者)は
根っこの気が 脆弱 その事を自分で感じてる

だから放射能の影響を受けやすいし 内側から犯されれば どうにもできない
根っこの気 ポイポイしたら 根っこは 基点 だから存在 消える 」

「放射能はDNAの構造を破壊して あらゆる結界を内側から破壊する
その気が東日本中にばらまかれた 全ての結界が 内側から崩れはじめてる 」

放射能が引き起こす気枯れの症状は 表面に現れる気枯れと違い
放射能が その存在の根っこ部分につく事で 祓う事ができないのだとか

放射能は内側の根っこの気にぴったりはりつく性質で
DNAの構造 言わば肉体の結界を内側から破壊して
気枯れを内部から生じさせるそうな

ただ・・、放射能を多少浴びても
内側からも気が溢れ出てるような人は 
根っこの気が強いことが多く 多少の放射能でもびくともしないそうです


ちなみに はるちゃんの話では
来年から血筋を中心に 放射能被害の影響が深刻化していくと言ってました


また、
放射能の影響かどうかわからないですが
犬(利権官僚や御用権力)や 世界のおばば(宗教祭司)が 
一斉に病で死に絶えていく
そんなイメージの夢も 最近 よく見るそうな
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上、抜粋終わり。

<野生>に戻れば、放射能も「ある程度」・・は大丈夫だ。
ただし、<野生>に戻れば・・・だ。
いつまでも、当方と同じような小心者・屁たれでは、
ダメだということだ。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国50発以上の原発・核然サイクルの、
最も非効率・超高額発電・原始的な
最も時代遅れの<蒸気機関>を
いますぐ、完全廃炉にしろッ!!

小沢を裁判に引きずり出すなら、
東電幹部を、・保安院(員を直したぞ)も含めて、
真っ先に裁判にひきずり出せッ!!

※別段誰の信者でもないが・・・・。


もう、税金など、ビタ一文払うなッ!!
当てにするな、官僚・役人・政治家・・をッ!!
目覚めろッ!!
(わしらは、奴隷なんだ・・真っ先に、自覚しろッ!!!)


玄海再稼働の猿芝居を止めろッ!!
バンバン抗議の電話・メールをしまくれ・・。
デモかけろッ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

電磁推進機構研究者談・いつのも猿掃除係
小心者のゲロリン


08. 2011年11月07日 09:35:16: GqXTKOzAbU
団塊世代ー(から)10年位は、白血病の発生/死亡率が高い。
なぜなら、幼少青年期に米ソ中の原水爆実験の洗礼を受けているからと思われます。

落ち着き(減少)はじめたと思われたところへ、福一事故が重なりました。
今後の日本人の平均寿命は短くなっていくと考えられます。
年金行政にとってはよいことかも???


09. 2011年11月07日 09:59:20: i37fD8kRRc
>>06さん。鋭いですね。

>因果関係はない。
最後に「?」付け忘れでしょ...で、

放射性物質は森林や土壌により多く付着するが、皇居は大丈夫。


10. 2011年11月07日 10:15:33: 943YOe30Xg
因果関係とは何か。「厳密な」因果関係を科学の基準とするならば、科学は成立しない。イギリス経験論の哲学者デーヴィッド・ヒュームがいうように、厳密な意味での因果性とは、人間の心の習慣が生み出した虚構にすぎない。

 「風が吹いて木の葉が散った」

木の葉が散った原因は、本当に風が吹いたからか。疑おうとすれば、極限まで疑える。木の葉はもとから腐っていたのであり、風は関係ない。いや、木の葉が腐っていたからではなく、地球の万有引力こそが原因である。などなど。

 しかし、ふつう、風が吹いて木の葉が散ったならば、風に原因を求めることには、相当性がある。あらゆる科学が依拠する因果性とは、この意味での「相当な因果性」にすぎない。「厳密な因果性」を求めるならば、科学など成立しない。事象と事象のあいだの相関性の解明に「ある程度の道理性」があれば、私たちはその命題に科学性を認める用意をもっている。

 「福島原発事故が起きて、フジテレビのアナウンサーが急性白血病になった」。

この命題の因果性は厳密には証明不可能である。しかし、「相当な因果性」
は成立するかもしれない。いくつかの根拠をあげることができる。

 (1)「急性」白血病であること。60年代の核実験の影響は「晩発性」の白血病の引き金になるが、「急性」の原因とは考えにくい。

 (2)低線量被爆と白血病の関係は、原発周辺の住民に対する疫学調査によってある程度は証明されている。

(3)このアナウンサーは、事故後すぐに福島入りをしており、その後も福島さんの食物を積極的に食していた。

 これから、権力者たちは「因果関係はない」という魔法の言葉を悪用して、自分たちの責任を逃れようとするだろう。そんなことは、この国では絶対に許してはならない。


11. 2011年11月07日 11:51:19: pEgCpfCxXY
>>10san
GJ!!
科学的「真理」は政治性を逃れられません。
「因果性」もまた、同様に逃れられません。
結局は、どういう内容の約束、契約を、国家や東電と結ぶことで
妥協するか戦い抜くかとなります。
権力者に謝罪と賠償を行う責任があるという約束するよう
提訴し戦い抜く人たちがいるだろう。
権力者に対し、慰謝料と引き替えに和解し免責する人もいる。

12. 2011年11月07日 12:18:44: ZqvBssa07w
大塚さんよ、あんたも今までしっかり稼ぎ、いい加減にはよい思いしてきただろうから、これを運命と思い、諦めるしかないかもしれないよ(=都庁奴隷職員談?)。

感情論だけで放射能汚染野菜を食すから、結果こうなるのかもしれないよ。まともな人間感情ある人なら、当然、福島農家に同情するはずだ。だが、そのことと「風評被害」で苦しむ福島農家を支援することとは、問題の本質違うことが、大塚さんには判らなかった(或いは、おそらく番組制作者の意図に氏が従っただけだろうが)のだろうか?

怒りの矛先や問題解決への責任はトーデンや政府などにあることをしっかりと認識しなければ、単に感情論に走った人々は、好き放題に自滅するか寿命縮めるだけだぞ。本当の悪党らを徹底的に糾弾し責任問うきだ。


13. 2011年11月07日 13:10:27: GXXKNE7VKY
放射能がすぐに効いて白血病にかかったとはちょっとこじつけがひどい気がします。大塚さんがんばってはやくよくなってまた福島を訪問してください。
ひとは好き嫌いがありますが私はフジ産経は好みでないので大塚さんの顔を思い出せずフジ産経と聞いたら有名な古森さんやキムヨナしか思い出せません。勉強不足ですみません。

14. 2011年11月07日 13:33:10: eGj8Msh77E
放射線治療を行なう前に、内部被爆していたのか事実を明らかにする為に
一度調べたほうが良いだろうと思う。

放射線治療を受けたら解らなくなるのでは?

今後、いくらガンが増加しようが放射線照射治療を受けたら因果関係は
まったく解らなくなるかも知れません。

そういえば、関西で有名なとあるスーパーでは、茨木県産の豚肉が大半を占めている。
アメリカ産が以前は幅を利かせていたのですが、放射能問題が表に出始めると
極端に国内産はほとんどが茨城県産。
鹿児島県産や米国産の豚肉は1割前後、多い時でも3割は無かったと思う。
まさかとは思うが、官僚たちがせしめている可能性を疑ってしまう。

正直者が病気で倒れる世の中って世も末か…
こりゃマジで日本の神様たちが怒りに満ちた「経済都市の破壊」を近々下すかも知れない。
汚染地域都市から逃がすための天災ってヤツですね。


16. 2011年11月07日 14:11:10: VmrM5pfMOQ
安室奈美恵、横浜アリーナ公演を「急性上気道炎」のため途中で中止

天皇陛下が入院=発熱続き、気管支炎悪化―皇太子さまが国事行為代行


これが並んでヤフートップニュースに上がった時にはかなり驚いた…

もうすぐこういうニュースだらけになるのだろうか…


芸能人・著名人は露出が多いしスケジュール・体調管理のプロだからちょっとやそっとじゃ公に病状を公表したりしないもんだ…

そんな人達でもこう目立ってきた日には一般人にはどれだけの規模の被害が出てるのだろうかと考えさせられる…

最近は放射能コワイコワイ病の連中とか人を纏めて罵る総称があるが…こうやって周りの人がバタバタ倒れて行ったらその人達に土下座して誤ってくださいね?

ハラキリでもいいが…


放射能を甘く見るって事は軽い免疫疾患から…上はチェルノブイリであった目も当てられない悲劇があると言う事を決して忘れてはならないと思う!!


大塚さんや芸能人著名人には悪いがメディアや目立つ所で活動する方々がこうして身を持って示して行く事になるのだろう…


広島原爆経験者の肥田先生はそろそろ症状が出てもおかしくない頃だと言っていた…
これからどうなる事やら…


大塚さんは元気に回復すると良いが…もし無事に回復したらもうフクシマを食べて支えるなんて馬鹿な事はやめて欲しい…


それを作った農家の人はどう思うだろうか?命を削ってまで形ばかりの復興になれば喜ぶのだろうか?


政府が安全と言えば出荷してそれで誰かが傷つき子孫までも根絶やしにしかねない…そんな事を続けて復興して誰が喜ぶのだろうか?


そのやり方は完全に間違っていると思う…

良く映画なんかである言葉だが、国が滅ぶというが国とは人である、人さえ生き残れば国など幾らでも再建できる、人が死んではいけない!そう言うセリフがあるがまさにその通りだと思う…

死んではいけない・殺してはいけない・ならば原発は許してはいけない。


原発を容認すれば今のこの悲劇を容認する事になる…それだけは絶対に出来ない!!


後何人犠牲者を出せば核の脅威を認めるのだろうか…?


今更だけど放射能って核だぞ?


アメリカ様がどうやれば効率よく敵国の子々孫々を根絶やしにせるか考え抜かれて作られたものでしょ?安全って言う人ホントイカレすぎだよ、一口も食って良いわけないだろ?


(放射能コワイコワイと罵る人・推進派の方たちに向けた言葉です)


17. 2011年11月07日 14:11:51: Lkzy3a7kzM
大塚さんは食べるが、偽善者みのもんたは絶対食べないだろうな。

18. 2011年11月07日 14:19:54: JrPYjVYQO2
15.
ドイツや海外での報道見たこと無いですか。
心配しすぎといわれる人達は福島産は避けると思いますが
それ以外のことでの応援すればいいのでは?

19. 2011年11月07日 14:50:40: ZZoIARi1fs
女子駅伝が何の躊躇もなく開催されそうだよ。
1マイクロシーベルト近くある福島市でね。
肌を露出してたっぷり外部被爆してかつ
肺いっぱいに放射性物資吸い込むなんて自殺行為だよ。
それも若い女性がね。誰か止める奴いないのか。

20. 2011年11月07日 15:51:48: gRYrmsUAIc
みのに喰わせとけば良かったんだよ。
ゴキブリは人の16倍の放射能でさえも耐えられる。

21. 2011年11月07日 16:33:30: 39HuzqnW7g
もし風評被害払拭キャンペーンが原因だったならば、なんともやりきれない気持ちになってしまいます。治療は苦しく辛いと思いますが、早く回復してまたお元気になった欲しいと願います。

22. 2011年11月07日 16:57:11: NdiuO7A0hg
急性白血病について、
私の父(当時48才)今から8年前の事ですが、混合形質性急性白血病(極めてまれであり、治療法についても定かではなかった)になり、入院から約2か月で亡くなりました。
大体、急性白血病といっても、細胞変化から病状が出るまで5か月から7か月あるとその当時聞きました。ですから、初期段階で見つかることは、極めてまれだということ。今回の大塚さんにしてみれば、多分今から少なく見ても、5か月前には、変化細胞ができていたということです。震災から3か月の時点で病気になっていた?なりかけていたと思います。
実際、因果関係は?正直なところ、低線量を受けていたとしても、確率的に少しおかしいのではないかと思います。あまり、無意味に煽るのはどうなんでしょうか?

心臓に穴の開いた赤ちゃんの話についても、私の甥っ子と姪っ子が2人同じ症例のこがいます。それについては、震災前に生まれた子供です。実際、甥っ子については、高齢出産であり、姪っ子については、母親が痩せすぎて、子供を産める体ではなかったことが要因でした。

煽る煽らないではなく、多角面をみてはいかがなものでしょう。
今、放射線があるからと言って、一概にそうだと決めつけるのはどうかと思います。

私的には、放射線が危険だとか安全だとか言っているわけではないです。
はっきり言って、分かりません。です。チェルノの事例も読みましたし、放射線障害についても読みましたし、散々調べましたけど、最終的には、長期低線量被曝というものをこの文明では誰も経験していない。だから正直分かりませんとしか言えません。そのため福島の子供達にガラスバッチを配り、その線量と健康調査を行った上で、統計を取ろうとしているのではないですか?

食べ物については、風評とは言いません。
かといって、農家が悪いとも一概にも言えません。
つくらなければ、東電及び政府で補償しないと言っているんですから。
矛先を福島の農家の方に向けるのはお門違いです。


23. 2011年11月07日 17:35:03: 0EopofEgjc
「福島県産の野菜を食べるな!」って言う前に、「福島県民を救い出せ!」って言う方が先なんじゃねぇのか?
同じ日本人としてはさ・・・

24. 2011年11月07日 17:45:27: p9B89YgNYw
福島野菜は関係ないだろう、
悪質なデマには気を付けよう
正確な情報で判断すべきだね

25. 2011年11月07日 17:46:49: cDlt5VFZFk
>22さんへ
*無意味に煽るのはどうなんでしょうか?

なんの根拠もなく「安全だ、安心だ」と煽っているの
政府、マスコミ、一部の学者はどうなんでしょうか?

*長期低線量被曝というものをこの文明では誰も経験していない

それならば予防のほうを優先させるべきではありませんか

「健康被害がわからないから統計を取るためにそこに留まって参加してください」

と言われたら、あなたは進ん参加されるのでしょうか?

*東電及び政府で補償しないと言っているんですから

補償問題で東電、政府と向き合って団結して対峙せず

一般消費者に押し付けるというほうを選択してしまった

農家の人達にはなんの罪もないとでもいうのですか?

私はホットスポットと言われているところから避難していますが

地元では小さい子供を抱えたお母さんが危険と声をあげたくても

農村地帯ではまだ地元の農家の力は大きく

野菜が売れなくなってしまうと言う農家の声で

声を上げることが出来ないという現実をご存知ですか



26. 2011年11月07日 17:48:48: UxEaOXHyEI
いや、自分が1年後に死んでいては誰を助けることもできません。
善良な年寄りの言葉に耳を貸さない若者は、支配層の狡猾な老人達に簡単に皆殺しにされます。

27. 2011年11月07日 17:54:11: xpqRhr8Lm2
風評被害に配慮して福島産野菜を食べていたら癌になった?

白血病と言うのは発症が早いのでしょうか?

福島原発が事故を起こしてから、もうすぐ8か月ですね。

「直ちに健康には害がない」結果でしたが、今後もこのような方が増えるのでしょうか?


28. 2011年11月07日 17:57:09: NdiuO7A0hg
>25さんへ
22です。
知らなくて書けるわけないでしょ。
大体、そこにもうすでに住んでますから。
避難できないから、折り合いつけて生きているだけですよ。
ちなみに、うちの子供も参加対象です。

>東電、政府と向き合って対峙せず
一般の農家の方に出来ることは限られてますよ。
知り合いに農家の方がいますけど、「どうしていいかわからない」が本音です。


29. 2011年11月07日 18:37:42: ZSzBI7Ntws
ガンとか白血病とかは、蓄積した毒素を排泄する器官という仮説があるよ。
風邪の発熱みたいなもので、薬物で抑え込んだら何もいい事は無いらしい。
大塚さんも検査なんかしたばっかりに医者の金儲けの餌食ですか。

31. 2011年11月07日 19:27:00: 5UcIlFsRJA
ウジテレビだからな。反対意見は封じ込められている。いわば、犠牲者だね。何とか克服して、見返してほしいね。がんばれよ、大塚君。

32. 2011年11月07日 20:37:45: VhiOD3QlwI
今と状況が少し違いますが6月頃に
妻の知人の元官僚の人が明白に
東北・特に福島の食材は出来るだけ
当面は食べない方が良いと話していました。

33. 2011年11月07日 21:05:27: f2bDRcpoc2
労災申請してほしいね

34. 2011年11月07日 21:24:00: f2bDRcpoc2
今後は有名人の病気情報は隠蔽されるな
最近見ないね−>死んでました

36. 2011年11月07日 21:43:14: Y4z2FI9WCY
〜半年前〜

風評被害に直面する福島野菜…
皆で食べて応援しましょう!がんばろうニッポン!
いただきまーす!うーんおいしい!
ほーら、こんなに福島野菜は安全ですよ!
おいしいですよ福島野菜!みなさんもいかがですか?


〜発病後〜

福島野菜は関係無い。以上。


37. BAN 2011年11月07日 21:49:10: PSs0sf9BTuvB. : ZFSl3J1JO6

それより抗がん剤治療は一度始めてしまうと危険(後戻りできない)と聞いたことがあります、大丈夫でしょうか心配です。

38. 2011年11月07日 21:53:56: 9Frs3i3EiY
彼の自宅は千葉県鎌ヶ谷
亡くなった親方の部屋は千葉県松戸

40. 2011年11月07日 22:08:54: Gt07NUTHqQ
39さん

自分の県で借りた線量計で愛知で計ってみましたが
場所によっては高いところ(人の集まる場所)がありましたよ。

判断をするのは個人です。
母親が女だからと言ってばかにしないでください。


41. 2011年11月07日 22:14:07: KQ7cN4fSN2
NHKのキャスターも毎朝食べてよ。

http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/48865830.html


42. 2011年11月07日 22:22:02: Y4z2FI9WCY
>>23
彼らに出る気がないんだからしょうがない。
だから大塚さんにも野菜をいっぱい食べてもらってたんでしょう。
むしろ危険危険言ってたら、営業妨害とか言って怒って鍬で襲われそう。

43. 2011年11月07日 22:22:09: CNfrKdc8PA
>>39、私は「安全保障理事会」にツテのある者ですよ。発病の皆さん、坑酸化酵素の分泌が衰える年代の方でしょう。
兵庫県中部在住のこの私、我が家の畑のシシトウを料理しました。それだけ・・・
なら、「『阿呆ぅ』削除」でいいんですが、そのシシトウにイボが付いとりまして、それを包丁で削ると、中から「桃太郎」ならいいんですが、

   『 半 分 が 種 の 何 か 』
 
が生えとりまして・・・、もおええ、とあきらめて食いました。
重汚染地帯の野菜は、実は出荷出来る物の歩留まりが悪いのでは無いか、と思いました。

  電磁推進機研究者談

PS.まあ、8月に側溝の草引きしたら「福一引き」で「塩素の香り」・・・。



44. 2011年11月07日 22:59:45: g9huGC0mc7
>>39
>校庭で10マイクロシーベルト毎時というのも、彼の創作なのではないか?

あなた自身が創作することなかれ。

一関中学校 B 校舎 渡り廊下 排水溝付近土 0.86 (1m ) 
10.00(1p) (測定上限値)(μsv/時)
http://www.city.ichinoseki.iwate.jp/index.cfm/1,26452,c,html/26452/20111021-172933.pdf

kanegon氏が「大験セミナー わくわく日記」の筆者と同一人であると言う証拠を提示してください。
放射能が怖くないと言う根拠は、ダマ下大先生ですか?


46. 2011年11月07日 23:13:00: kTur38wh0c
状況から、放射性ストロンチウムで運悪く体内被爆の可能性も疑われますね。

逸見アナのコメントが出たから私見を述べると、
彼は非常に神経質なところがあり、胃がん早期発見のため、
月1程度のCTスキャン検診を受けていることを話していた記憶があります。
過度な検査による放射線被爆は避けるべきです。

今は医師も、不要な検診は要望があっても行わないようにしていると聞きます。


47. 2011年11月07日 23:13:46: LoGYvS1OVE
この方の発病の誘因がフクイチ起源の放射性物質なのかどうかはさておいて、本日夕方、東京湾のあたりの放射線量、5割増しで上がってました。
神奈川県の放射線量調べればわかります。
スイス気象庁の予報はあたっていました。
千葉、銚子あたりもあがったか、夜にかけてあがるらしいです。

48. 2011年11月07日 23:41:31: GNcNi6mjs6

http://www.pref.osaka.jp/attach/14724/00085216/dai2kai_siryo5.pdf

この資料でも18ページの6月13日文部科学省の資料で

大熊町
ウラン234 18 Bq/Kg
ウラン238 17 Bq/Kg

が検出されている。ウランも白血病の原因となる。


49. 2011年11月07日 23:47:03: KNzCle8YT6
大塚さんには元気になって戻ってきてほしいなぁ!!!
目覚ましは大塚さんがいるから目覚まし・・・です。
ちなみに、福島に桃農園してる人何人か知ってるけど、言ってたよ
契約してるお客さんがこぞって今年の桃キャンセル(放射能恐いから)するけど
様子を見に来たお得意さん、沢山余ったから持って帰ってくれって言うと、
皆、喜んで持って帰るんだってさ・・・・
どのホウシャノウなんだろ・・・・・

50. 2011年11月07日 23:53:38: HYHUspnQ6g
そりゃ、そうだよ。ストロンチウム・ウラン・プルトニウムで汚染されたものを食べれば白血病になる。このアナウンサーは自業自得。汚染されたものを避けていれば、10万人に1人しかかからない稀な病気だったのにな。

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/618.html

頭悪いのか。過去に学べよ。『Dark Circle』という米国のドキュメンタリー映画を観てみれば、大地がプルトニウムで汚染されたところにいる人は白血病になっている。ニコニコ動画で見れるぞ→ Dark Circle (1982年制作) 1/9〜9/9

放射能に喧嘩売って勝てるわけなかろう。竹やりでB29に突撃していったアホな精神論と変わらない。そもそも、原発は通常運転していても、周辺エリアは悪性リンパ腫白血病がバンバン発生している。いまは、首都圏全域が、原発の風下になったのと同じ状態なんだ。

明石 昇二郎著『敦賀湾原発銀座[悪性リンパ腫]多発地帯の恐怖 [単行本]』
技術と人間 社(1997/04)


51. 浅見真規 2011年11月07日 23:59:24: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>急性白血病になった「めざましテレビ」の大塚範一キャスター。
>番組内でずっと福島県産の野菜や野菜を使った料理を食べるキャンペーンを
>やっていたんですね。
>風評被害払拭、福島を応援するためにだそうですが、う〜ん・・・。


御毒見、御苦労様でした。

そういえば、以前、宮崎県で鳥インフルが流行した時、東国原知事(当時)が
現地視察をした直後に、インフルエンザで入院というニュースがあって、
元気そうな壮年男性が普通のインフルで入院までするかと疑問に思った事があった。
まあ、潜伏期間からすれば、2か月経ってるので鳥インフル現地視察とは無関係
だったとは思うが。

(日テレNEWS24ホームページ・2007年1月24日 記事参照)
http://www.news24.jp/articles/2007/01/24/0675987.html
>宮崎で鳥インフルか 東国原知事が現地視察


(47NEWSホームページ2007年3月29日記事・共同通信記事参照)
http://www.47news.jp/CN/200703/CN2007032901000197.html
>東国原宮崎県知事が入院 インフルエンザで


52. 浅見真規 2011年11月08日 00:01:04: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>51の訂正

(誤)現地視察をした直後に
(正)現地視察をした2か月後に


53. 2011年11月08日 00:02:27: HYHUspnQ6g
48さん

そうですか。ウランも検出されていますか。湾岸戦争のときには、イラクにウランがばら撒かれて、住民と兵士の白血病が多発していましたよ。このフジテレビのアナウンサーは、過去の放射能汚染による健康被害をまったく知らないし、知りたくもなかったのでしょう。自業自得ですよ。そもそも、フジテレビ社の方針として、放射能による健康被害は認めない/存在しないという立場です。フジテレビの社員には、積極的に汚染食物を摂取することを勧めます。

ビデオ:
『ポイズン・ダスト 米軍による劣化ウラン汚染』
制作 ビデオプレス
TEL.03-3530-8588 FAX 03-3530-8578
htt@://www.vpress.jp

書籍なら以下です:
『劣化ウラン弾―湾岸戦争で何が行われたか』
国際行動センター劣化ウラン教育プロジェクト (編集), 新倉 修 (翻訳)
日本評論社 (1998/12)

http://www.amazon.co.jp/%E5%8A%A3%E5%8C%96%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E5%BC%BE%E2%80%95%E6%B9%BE%E5%B2%B8%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%A7%E4%BD%95%E3%81%8C%E8%A1%8C%E3%82%8F%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%8B-%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E8%A1%8C%E5%8B%95%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E5%8A%A3%E5%8C%96%E3%82%A6%E3%83%A9%E3%83%B3%E6%95%99%E8%82%B2%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88/dp/4535582408/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1320677817&sr=1-3


54. 浅見真規 2011年11月08日 00:08:40: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>51 >>52の補足

うろ覚えで、あやふやな記憶だが、2007年の鳥インフル終結宣言で東国原知事が
2007年3月に宮崎県の鶏肉食べるパフォーマンスしたのではなかっただろうか?
もし、そうだとすれば、潜伏期間内の可能性もありうる。


55. 2011年11月08日 00:15:10: HYHUspnQ6g
管理人さん

51,52,54は、本題と関係ない投稿です。削除をお願いいたします。


56. 2011年11月08日 00:26:41: NYnvaJkYxc
何もかもが放射能のせいか?

と、いったところで、

「そうだ!」と

言われても

返しようのない事態を作ってしまったんだよ!

原発利権屋! お前たちがな!


57. 2011年11月08日 00:40:05: pPJ5gJb78A
福島の農産物は1キロ数万ベクレルも汚染されているものがざらにあり、
ろくに検査もされないで出回っている。

食材というより放射性廃棄物と言ったほうがふさわしい。

そんなものを食べれば体の調子がおかしくなるのは当たり前であり、
大塚キャスターの発病も被曝が原因でないとは否定できない。

来年になれば被害が顕在化し、誰も被曝の影響を認めざるを得なくなるのはないか。

水俣病や薬害エイズを見ればわかるが、この国は被害が出て
原因がはっきりわかるまで、絶対に何の対策もしない。

危険はできるかぎり避けること。
犠牲者にならないよう、自分の体は自分で守るしかないのだ。


58. 2011年11月08日 00:47:29: 3re7W7wnos
正直に聞きたい。
福島の汚染地区の農家は、自分のところで作った野菜を自分で食べていますか。それとも、出荷用だけに作っていますか。
自分のところでも食べているとすれば、そしてこの記事が正しいとすれば、もうすでに何人もの農家の方も白血病になっているということになるのでしょうか。でも、まだそんな話は出ていませんが。
福島の自給自足の農家で何人も白血病が出れば、実証になりますが、まだそのようなことは聞いておりません。

59. 2011年11月08日 00:50:22: HYHUspnQ6g
53の補足:
ウラン235が東京の虎ノ門で検出されていますね。。。
ウランは、福島だけじゃなくて、首都圏全域に散らばってますよ。

http://fukushima-diary.com/2011/10/breaking-news-neutron-ray-measured-in-tokyo/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+FukushimaDiary+%28Fukushima+Diary%29

Now Uranium 235 is all around in Tokyo, which came from MOX with Plutonium.

ECRR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告より
http://www.inaco.co.jp/isaac/shiryo/pdf/ecrr2010_chap12.pdf

第12.3.1節 ウランの健康への効果:疫学
 ウランは第一義的に遺伝子毒性(genotoxic)である。ウランへの被爆は遺伝子の変異やゲノムの変異をもたらし、ほ乳類のほとんどの組織に強い影響を与える。特に標的として問題となるのが腎臓であり、脳であり、そして生殖器である。…イタリア軍当局の要請によって実施されたバルカンの平和維持軍内での発ガン研究では、(劣化ウラン弾が使われた)ボスニアとコソボに駐在した平和維持軍の間に白血病の有意な増加(8倍に相当)が示された。…


60. 2011年11月08日 00:56:17: HYHUspnQ6g
46さん
そうですか。CT検査のしすぎも影響していますか。
ただ、汚染された食べ物の中には、ストロンチウムも含まれていますよ。
ストロンチウムを摂取しても、やっぱり白血病になります。以下は動物実験の例ですが、人間だって動物の一種ですから同じです。

ECPR(欧州放射線リスク委員会)2010年勧告より
---------------------------------------------------------------------
 ルーニング(Luning)らは、ストロンチウム90を少量、オスのマウスに注射し、1時間以内にメスと交尾させた。対照群には、塩化ナトリウムあるいはセシウム137を注射した。ストロンチウム90の集団には胎児死亡率に対して、統計的にみて有意な増加が見られる一方で、対照群にはそのような増加は見られなかった。さらにルーニングは、生き残ったオスを未処理のメスと交配させた。その結果、第二世代にも有意な胎児死亡率が観察された。つまり、遺伝的損傷は、被爆から第二世代になる次の世代にも引き継がれたのである。
 スミルノワ(smirnova)は、この一連の実験で死んだマウス胎児を解剖した。その結果、その死は心臓の発達障害によることが明らかになった。
 また、セツダ(Setsuda)は、白ネズミにストロンチウム90を投与することで、その子孫に白血病が増加することを示した。
 さらに、バズビーはストロンチウム90による汚染と心臓と循環器系の障害による乳児死亡率との間に、非常に高い相関関係をがあることを証明している。その内容は、初期新生児死亡と死産による死亡率として現れ、英国政府が1966年に医学研究審議会(Medical Research Council)に秘密調査を命じるほどその反響は大きかった。
 そして、エーレンベルグ(Ehrenberg)は極めて低い線量のストロンチウム90で、小麦に遺伝的突然変異が起きることを示した。
 なお、英国のセラフィールド近くのラーベングラス(ravenglass)の河口では、チェルノブイリの事故の後、黒頭カモメの群れが全くいなくなった。研究の結果、外部被爆ではなくて、卵の殻の中のストロンチウム90かバリウム140による内部被爆がその原因であった。


61. 2011年11月08日 01:05:05: HYHUspnQ6g
>19さん
>女子駅伝が何の躊躇もなく開催されそうだよ。・・・それも若い女性がね。>>1マイクロシーベルト近くある福島市でね。

これは歴史に残る駅伝だと思います。歴史上初めて、放射線管理区域で駅伝が行われるわけです。ギネスブックに載るはずです。

卵巣は放射能に弱いです。傷ついて、生理不順になるでしょう。でも、子供産む気がないからいいんだと思います。バカは放っておくしかないです。自分と自分の家族だけ、西日本に移住して、生き残れればいいです。他人のことなどどうでもいい。18歳未満就労禁止・飲食禁止・就寝禁止の放射線管理エリアにいつまでも留まっているのがバカなんですよ。群馬大の早川教授がツイッターでつぶやいていましたが、「今は放射能のことを勉強しないと死ぬ」時代なんです。


62. 2011年11月08日 01:09:42: 3re7W7wnos
HYHUspnQ6g さんへ

ウランやら中性子やらが東京じゅうに飛び散っているというのは、ここのリンクにあるニュース以外にも他の計測があるのでしょうか。教えてください。
ということは、東京も何年かあとには、中性子とかウランによる白血病が統計上わかるほどの増えるということなのでしょうか。
みなはどうして大騒ぎしないのでしょうか。ヨウ素とかセシウムの話ばかり聞きましたが、ウランとかもこわいですね。


63. 2011年11月08日 01:12:22: roaBypcaXo
大塚範一キャスターは福島由来かどうかなんていくら考えても分らないけど「大塚さん!食べるところ是非やって下さい」なんて言われて、食べざるを得なかったのかな〜気の毒に。
今頃「あの時食べなきゃ良かったな〜」って思ってんじゃないかな〜?

>14. 2011年11月07日 13:33:10: eGj8Msh77E さん
>そういえば、関西で有名なとあるスーパーでは、茨木県産の豚肉が大半を
>占めている。
>アメリカ産が以前は幅を利かせていたのですが、放射能問題が表に出始めると
>極端に国内産はほとんどが茨城県産。

栃木ですが、福島産きゅうり、福島産もも、茨城産サツマイモ、とうもろこしなどいろいろ盛りだくさんです。
そのほか千葉産の野菜、群馬産キャベツなどのオンパレード。

肉は不思議ですね、ひれ肉は以前は全部外国産でしたが、なぜか今は全部「国産」。
何でこうなるの?
以前は国内産が食べたかったんの、でも外国産しかなかった。
なのに  今は外国産のひれ肉が食べたいのに国産ひれ肉しかない矛盾。


64. 2011年11月08日 01:46:26: HYHUspnQ6g
62さんへ
バズビー教授が東京―千葉を往復したクルマのエアフィルターの分析から、α線核種を計測しています。そもそも3月15日くらいにすでに検出していました。

http://alcyone.seesaa.net/article/215313657.html

また、ストロンチウムが、逗子や横浜で検出されています。
首都圏全域にストロンチウムだって飛び散っています。

まあ、関西へ移住できるならした方が健康を害するリスクは減ります。

>みなはどうして大騒ぎしないのでしょうか。

東日本の4000万人を関西に移住させるのは無理だと分かっているからです。このまま被爆エリアに大半の人は住み続けるしかないのです。会社経営者・医師・官僚は家族を西日本に逃がしています。原発事故というのは、国家を滅ぼすのです。

移住費用を出せないことに加えて、太平洋に放射能を垂れ流した結果、これから、500兆円〜600兆円の損害賠償請求が太平洋諸国から日本に来るでしょう。国家破産してもおかしくないですから、泣きを入れるしかないです。もしかすると、損害賠償請求させないかわりに「TPPに入る!」と裏で交渉が成立しているかもしれません―アメリカを頼って。TPPに入らないと損害賠償請求され、環境テロ国家認定&外交断絶、そうでなければ国家破産。


65. 2011年11月08日 01:54:43: i37fD8kRRc
『園児の体重の増え方 4分の1に』
  http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111107/t10013794721000.html

『福島 園児の体重の増え方 4分の1に減少【ストレスガー】』
  http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/49995409.html

『習志野市内のある保育園で、大半の園児が体重減少という奇妙な状況』
  http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/fca35801f88217dc40ac4d42f0e664d3


これでも放射能は因果関係はないと言いたいらしい。
口を揃えてストレスのせいだと言う。

ストレス・テストといい、『ストレス』は何につけてもよく効く口上らしい。


66. 2011年11月08日 02:13:49: KnaagnRbV2
>>64さん
>TPPに入らないと損害賠償請求され、

1号機 GE
2号機 GE・東芝(東芝は部品設計だけ、プラント設計はGE)
3号機 東芝(GEとライセンス契約)
4号機 日立(GEとライセンス契約)

福島第一に完全な純国産の原発は存在せず、基本的な設計はすべてGEです。
ましてや以前からさまざまな欠陥が指摘されてきました。事故の責任は設計したGEにもあるはずです。


67. 2011年11月08日 02:48:17: HYHUspnQ6g
65さん

被爆による甲状腺疾患で、体重が増えないんでしょう。医師は、原因が分からないときは、「ストレスのせいでしょう」とのたまいます。便利な常套句なんです。なんでもストレスのせいにすればいい。口が裂けても放射能のせいだとは言いませんよ。そんなこといえば、厚生労働省の怒りを買って、医師免許剥奪です。

ヤブロコフ『チェルノブイリ』p.322
-----------------------------------------------
(9)チェルノブイリの破局後から23年後における、汚染されたエリアにおける公衆衛生の悪化(とりわけ子供)は、心理学的ストレスや放射能恐怖症(radiphobia)あるいは移住のせいではなく、たいていはそして主として被爆のせいである。1986年の強烈なショックに加えて、慢性的に低線量の放射性核種へと曝されることが続いている。
(10)心理学的要素(放射能恐怖症)は、端的に言って、放射能への関心が薄れる一方で、破局後何年にもわたって罹病率が継続的に上昇している理由を明らかにすることができない。突然変異率の上昇を含みつつ、似たような体調不良を示しているねずみ・ツバメ・カエル・松の木の間で、放射能恐怖症の程度はいかほどのものなのか?(訳注:動植物には恐怖症は存在しないと言いたい)。被爆に由来する病気に比して、(人間の場合)社会的そして経済的要素が、恐怖を引き起こすことはあり得る。病気・奇形そして不具の子供・家族と友人の死・家や財産の消失・失業・家族離散は、深刻な経済的そして心理的ストレスである。(しかし、病気の原因がこういった社会的/経済的要因ではない)。
-------------------------------------------------------
というわけで、病気の原因は放射能のせいなのに、それをストレスのせいにするのは、マスゴミが政府の機嫌とって、分泌/生産するイデオロギー以外のなにものでもないんですよ。さすがは、ヤブロコフ『Chernobyl』。結論部でいいこと言っています。原因と結果を取り違えてはならない。


68. 2011年11月08日 03:45:44: DcxDg6lzRM
66.
GEには賠償責任がないという契約になっていたらしいですよ。

それに比べ、日本が輸出したがっているベトナムの原発は、日本に賠償責任があるそうで。


69. 2011年11月08日 03:58:43: yOM7pxo6Ew
>>39 何でもかんでも、放射能のせいですか???

2011年11月8日現在、突然の「体調不良」等は多分に「放射能」が原因と考えられます。
あなたは「日本政府」が発表している情報を把握していますか?
法律:一般公衆の被爆限度1mSv/Y
   生涯の被爆限度100mSv/Y ・・・ 年1mSvで100歳まで生きると仮定している。
しかし現実は・・・
●食品の暫定規制値では、1年で17ミリシーベルトもの被ばくになると認める
http://www.jca.apc.org/mihama/fukushima/mhlw_kosho110328.htm
●食品の暫定基準値は1年20ミリシーベルトの内部被曝を想定している
http://takedanet.com/2011/07/120_df0d.html

17mSv/Yだと100/17=5.88年
20mSv/Yだと100/20=5年
「暫定基準値」の食品を食べていると約5年で100mSv/生涯に達して病気になる計算
日本の食品は「放射性廃棄物」
http://raizen.seesaa.net/article/223210060.html

「コワイコワイ派」?ωαγοτα...φ(^Д^ )ギャハ
現実逃避者か工作員ですかぁ?


70. 2011年11月08日 04:06:26: yOM7pxo6Ew
↑【訂正】
×生涯の被爆限度100mSv/Y
○生涯の被爆限度100mSv

71. 2011年11月08日 04:12:52: HYHUspnQ6g
69さん

もちろん、39は工作員です。時給1000円とかで、反原発の世論を撹乱するために、こういう掲示板で書き込みをやっているんですよ。まともな会社に就職できなかったニート君の末路がこういった仕事。親も草葉の陰で泣いているだろう。こんなクソみたいな仕事にしか就けなった工作員たち。広告代理店は、政府からすごいお金(広報予算)をもらっているのに、お前ら工作員は、時給1000円だ。まじめに、有機農業とかをやった方がはるかに日本のためになる。さっさと会社辞めて田舎に帰って農業やれ。これは嫌味で言っているんじゃなくて、進路指導の一貫として言っているんだ。反原発の世論を撹乱するなんて、生産性がない仕事なんだよ。ゴミみたいな仕事を長年やっていると、顔がゆがんで詐欺師みたいな邪悪な人相になるはずだ。まともな結婚もできない。西日本の田舎で有機農業を実践している人の人相とは比べ物にならないくらい、下品な顔つきになる。悪いことはいわん。西の田舎に帰って、有機農業でもやれ。安全な野菜を作るというのは、今の日本では極めて立派な仕事だ。みんなにも尊敬される。掲示板の書き込み要員なんて、史上最低のクソ仕事だぞ。


72. 2011年11月08日 04:32:30: P4JqbWfFGM
『<大塚範一様>へ。貴兄は、是非とも<ホールボディカウンター>で残留放射性物質の量を測定し公表すべきです。それが貴兄の視聴者への“義務”だと私は思います。』

別に<大塚様>を責めているのではありません。貴兄は、放送人としてのご自分の信念に基づいて、やるべきだと思ったことをおやりになったのでしょうから、その是非をとやかく申し上げる積りもありませんし、また、率直に申し上げて、貴兄の病気と原発事故の放射能被爆を結びつける積りもありません。

でもねぇ<大塚様>…一方通行のテレビ番組の「こちら側=視聴者側」では、失礼ながら、「何言ってやがんでぇ!」「下っだらねぇ!」って思ってる視聴者も大勢存在するんですよ?そのことをテレビ放送関係者は心底理解してるんでしょうかねぇ?従って、視聴者側からの「どうしてなんですか?」って疑問や疑念には「真っ当」にお答えになるべきです。そうなさらないと“?”って疑念が広がるばかりですよ?
一方通行のテレビ番組の致命的な欠陥の例は<ビートたけし師匠>の例です。漫才師クズレのオッサンが「テレビを嫌ぁなら見るな!」ってホザイタらしいが、はっきり言って見てねぇっつうの。<ビートたけし>がナンボのもんじゃい!って思ってる視聴者がどれほど多数いるかは、師匠もワッカンナイよねぇ?(周りはトリマキばっかだからね。)
その最大の証拠はさぁ、<ビートたけし>ってオッサンはライブで「銭を取れる芸人」でもないし「観客をひきつける映画監督」でもないし、とにかく「日銭を稼げない」って三流芸人なの。とにかく「テレビ」って電気紙芝居にすがり付いて、「浅草の床屋政談」をクッチャベッテ、何とか自らの「芸の不憫」をやり過ごしてるだけの“ヤクザモン”なんですよ。(悔しかったらそれ相応の「芸」か「作品」を創ってみろ!ってんだ。)

ですから、<大塚様>?テレビ媒体と心中なさるお積りなら別ですが、快癒の上は、よーくお考えになった方が、御身のお為ですよ?


73. どぶさいら 2011年11月08日 04:41:57: loFw68yS.9s8U : nP7fTCKZpv
07 にfollowないから、

>小沢を裁判に引きずり出すなら、
>東電幹部を、・保安院(員を直したぞ)も含めて、
>真っ先に裁判にひきずり出せッ!!


いいぞ!

と入れておきます。

それから、TPPが放射能汚染国家賠償逃れのつもり、というらしいですが、国家賠償逃れられないでしよう。悪いけど。いつかは。そんなつもりでTPPなんて、悪い夢です。


74. 2011年11月08日 05:08:59: cDlt5VFZFk
>28さんへ
25です
避難した人と残っている人とでは
同じ原発の被害者なのに考えが若干異なるように感じます
私は福島県からの避難ではありませんが
避難している人たちの集いに参加しています
やはり福島から避難してきている人が多く
慣れない土地での生活は皆さん大変ですが
集まりでは避難できないでいる人、子供たち
いったいどうしたらいいのか、なにができるのか
地元の人(弁護士さん)も一緒に考えてくれています

また避難してきている福島の人は「食べて応援なんてしないでください、それはほうんとの応援ではありません」とハッキリ言っています

私も農村地帯に住んでいましたが、米や野菜の検査はいい加減だと思っていました。それに水道水の汚泥から千数百ベクレル検出されているのに
「汚染物質は沈んでしまうから水は大丈夫」呆れるぐらいいいかげんなことを言っています。
こんな状況下では子供を守るためには
まず疑ってかかるということが必要なのではないでしょうか


75. 2011年11月08日 05:41:43: 9srZtX3VYM
英知ダライラマが喝破!
「原発は人類に必要だ!」
http://news.livedoor.com/article/detail/6002938/

77. 2011年11月08日 07:06:29: FeuHS07bGu
>76

「後期密教は人類に不要だ!」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E5%AF%86%E9%9B%86%E4%BC%9A%E3%82%BF%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9


78. 2011年11月08日 07:07:56: FeuHS07bGu
>76じゃなくて、

>75だ!


79. 2011年11月08日 07:09:52: FeuHS07bGu
>76
ばずびー教というからには、その経典くらいは説明できるんだろうな!

80. 2011年11月08日 08:44:02: IopOamDn7s
「直ちに」や「風評被害」に惑わされないようにしましょう。

 07さん>ちなみに はるちゃんの話では
「来年から血筋を中心に 放射能被害の影響が深刻化していく」

また、「放射能の影響かどうかわからないですが
犬(利権官僚や御用権力)や 世界のおばば(宗教祭司)が 
一斉に病で死に絶えていく」


81. 2011年11月08日 09:03:08: 3lAyOq32WA
>39さん
”何でもかんでも、放射能のせいですか???いまどきの壮年男性で、体調が絶好調の人がどれだけいるのやら。過酷な労働環境で、心も身体もぼろぼろの人が多いのでは?テレビ局のアナウンサーなんて、アメリカや電通のいいなりで、良心に反して嘘八百を国民に伝えなければなりません。そりゃ〜、身体がおかしくなりますよ。”には同意します。何が原因として考えられるかについてはあえて触れませんが。

でも”愛知県は、幸い放射能の影響を全く受けておりません”などと真顔で言うと笑われますよ。少量とはいえども愛知県東部の茶からセシウムは検出されたことからひとによっては愛知県はセシウム汚染地扱いです(個人的には中部地方の農産物は十分許容範囲内とみなしています)。



82. 2011年11月08日 09:13:10: NdiuO7A0hg
>74さん
28です。
ちなみに、誰にも、福島県産のものを食べて応援しろなんて言ってませんよ。
ただ、一概に悪者にだけはしないでくれって言っているだけで。

避難している人、避難してない人では意見が違う?
そりゃ、全部何もかもほおっといて逃げれるなら逃げていますよ。
そうできないから、いろいろ調べるし、疑ってかかるし、放射線値測るし、いろいろ、聞くし。全部みて、聞いて、話して、いろんな意見を多方面から聞いて、ネット情報のみではなくね、それで、折り合いつけているだけです。
外にでてしまえば、あの子供達の為に何ができるだろう?なんて余裕も出てきますけどね。逃げない大人が悪だ。なんて言われても、そのあとの生活は補償できますか?いろいろなコミニティ捨てられますか?よく言う人がいますが、大人の勝手じゃないかとか、子供を守ろうとしていないとか、今を守るために、子供の未来をないがしろにしているとか。まぁ、勝手に言っておいてください。その言葉だけでは片づけられないこともあるって言うことだって確かに存在している。
危険だからと言って、母親が心配しすぎて、笑顔を失って、子供まで笑顔を失って、子供が大人の顔色伺いだして、そんな日常に耐えられないから、折り合いつけたまでですよ。
かと言って、避難された方をどうこう言うつもりはありません。残っている方の事も悪く言わないでほしいです。農家の方、他の県民の方の事を悪く言わないでほしいです。ただ、それだけです。
子供の未来をないがしろにしている。そんなことはないですから。
疑うだけ疑って、調べるだけ調べつくしましたから。
そんな事も分からないで言わないでほしい。


83. 2011年11月08日 09:29:06: kAMpnbfh5M
>>76
>コメントへの返答した本人が(かねごん)と名乗っています。

では、ブログで「かねごん」と名乗っている、この人たちもkanegon氏なのですね?
冗談を言っているのですか?

かねごんブログ+ http://ameblo.jp/gift-kanegon/

カネゴン先生の植物教室 http://www.asahi-net.or.jp/~zh7k-knk/
Re: 無題 - カネゴン  http://klnj89fd.bbs.fc2.com/

かねごんの放浪記/ウェブリブログ http://kojuro.at.webry.info/

>彼は、校庭で10マイクロシーベルトと断言しています。
これは、あなたの創作だ。引用は正確にしましょう。中庭は校庭になるのですか?
中庭にある排水溝付近で矛盾はないと思います。ブログの筆者は一関在住ですから
その辺の事情はもっと詳しいはずです。

>その中学校は中庭が10マイクロシーベルトを超える高濃度汚染ポイントがあった。亡くなった生徒は運動部に所属しており、活動場所もその中庭での運動が多くあったという。

あなたは一関市の資料で赤字で示されている数値に気づきましたか?
そこは、一関市が実際に除染をした場所です。それから10μSv/時は、
実際の値ではありません。測定器では10μSv/時までしか測れないのです。
実際はもっと高かったのです。


84. 2011年11月08日 10:14:35: PInP7HexEc
この短期間に放射能の影響で白血病になるわけ無いだろw

85. 2011年11月08日 10:29:43: mALWfVhj1I
今まで「そんなわけないだろ」

で女性やこどもがそれだけひどい目にあってきたか。

そんなわけないだろ、で病気になってよれよれになっても
放っておかれたいままでの悲しい歴史。

○○マネーにつながって経済力を背景にいばってきたものたちに
ズタズタにされてきた悲しい歴史。

また、同じことを繰り返したら相当バカだと思う。
女子どもを犠牲にして威張り散らす暴力を振るう、それはDVだけでなく
経済暴力もあることを身にしみて感じている。


86. 2011年11月08日 11:29:18: ZrMDpsyito
何もかも原発のせいだよ。
原発は三途の川の渡し船。

87. 2011年11月08日 12:59:09: MwOwveZOMk

放射性物質を摂取して身体に良いことなど何も無い!

あと7〜8年たてば分かるはず。

ロイケミー(AML/CML)、ミエローマ、サイロイドクレブス、ルングクレブスなど・・・。

これらの発生が意外と早いようだ。


88. 2011年11月08日 13:12:00: JrPYjVYQO2
福島原発付近で置き去りにされたペットを救済するための活動をしていた人
や作業員で急性白血病で亡くなっている人がいますから時期的に
早すぎるとかいうことはないのでは。

89. 2011年11月08日 13:58:40: FAsjnVp6HQ
とにかく、こういうところで、自分の身の回りにあったことを報告することはいいことで、中にはデマもあるかもしれないが、はっきり言って、3月中旬から下旬にかけて東北・関東に対して、フォールアウトがあったことは国も認めている。

そのときに、阿修羅上に多くの体調の異変を訴えるコメントが列挙されたが、そのときに、「そんなばかなことがあるか」というコメントが山のようにあったと記憶している。そのときのスレを確認すれば、いま、「そんなバカなことがあるか」という連中が基本的には「信用しない方がいい」連中であるという意見は、言いすぎであろうか。


90. 2011年11月08日 14:34:55: CLTQF16kQ6
82さん ここの人のコメントをいちいち真に受けてはいけません。
こういう意見もあるんだ、ふーん、くらいにしておきましょう。

「相棒」で右京さんの元奥さんをやっていた女優さんが
石垣島に引越したそうです。
明和大津波って知ってますか?
石垣島をすっかり飲み込んでしまったほどの津波があったんですねー。
85.4メートル、日本最大記録です。
今日はおきなわ近海で、M6.8の地震がありました。
どこへ行っても安全の保証はないと思うんですがね。


91. 2011年11月08日 15:01:46: iFFqHG1gkE
放射線によるホルミシス効果を指摘される方が居られますが、
内部被曝の場合、休養をとるべき睡眠中も放射線によるストレスがかかります。(自然放射線は折込済みです)
内部被曝では、四六時中放射線によるストレスがかかって居る訳で、身体の休まる暇がありません。
温泉などによる効果とは、全く違うと思います。
寝てる間も放射線によるストレスがかかるのです。
寝てる間は笑えませんから、笑って放射線を吹き飛ばそうなんて真っ赤な嘘だと言えます。
身体は24時間、放射線によるストレスに耐えなければなりません。
中には、耐えられない人が出てくるのは当然だと思います。
人間には休養が必要です。内部被曝は、その大事な休養をさせてくれません。

92. 2011年11月08日 15:09:53: miQLbNT6Sk
>54さん
たとえ新型としてもインフルエンザはウィルス、それも熱に弱い大型だ。生のササミでも食べない限り、インフルエンザにはならないだろう。だが放射性物質は煮ても焼いてもウィルスのように失活しない。

93. 2011年11月08日 15:41:00: Y4z2FI9WCY
>>90
そうなんですか。
石垣島にはそんな大変な津波があったんですか。
知りませんでした。

確かに、津波は恐ろしい。
津波とは無縁の内陸でも、土砂崩れや洪水も来るかもしれない。
直下型地震も来るかもしれない。

でもそれは福島も同じ。
他の地域は津波(洪水)+地震のリスク。
福島は津波(洪水)+地震+放射能のリスクなんです。

来るかもしれない、ではなく到達済みなんです。
津波が来てるのに、小高い山を目指すことすらせずに
運を天に任せて布団で寝てる状態なのが福島に残ってる人たちなんです。

いいでしょう。そうしたいというのは個人の勝手かもしれません。
しかし福島の主要産業は農産物ですから必然的にそれを他の地域の人々にも
それをお裾分けしていただけるということですよね。

できればお断りしたいし、他のところで作っていただけると大変助かるのですが。
断るなんて失礼だぞとお怒りになる自治体の市長さんもいましたね。
そんなことをいうひとがいるから、やさしい大塚さんのように気を使って
一生懸命福島のものを食べて応援しようなどと言う人が出てくるのですが。
それを、別に頼んだ覚えは無いって…??


94. 2011年11月08日 16:10:44: a7bshdMlFA
韓国ソウル、毎時3マイクロシーベルトwww フクシマ原発20km圏内と同じなんだがw
http://news4vip.livedoor.biz/archives/51839994.html?1320732273#errors

黄砂とともに飛来する放射性セシウム(137Cs)
http://www.niaes.affrc.go.jp/sinfo/result/result24/result24_68.html


95. 2011年11月08日 16:35:57: KnaagnRbV2
セシウム137は青酸カリの2000倍の毒性。
ストロンチウム90の危険度はセシウム137の300倍。
ストロンチウム90の毒性は、2000×300=600000で、単純に青酸カリの60万倍の毒性。

放射性物質が怖くないはずがない。
青酸カリの2000倍、または600000倍の超猛毒物質を
自らすすんで食べるなど愚の骨頂。


97. 2011年11月08日 17:07:34: KnaagnRbV2
食品に含まれる毒物が放射性物質ではなく、青酸カリであると仮定し、「青酸カリ1mg/kg入り」(致死量に満たない)と書かれた米が売られていた場合、あなたは農家を助けるためという名目で自らすすんで食べることができますか?

青酸カリというだけで微量であっても誰も食べようとはしないでしょう。青酸カリという名前には怖い猛毒毒物であるという印象が私たちの中に刷り込まれています。しかし現実は、青酸カリの2000倍以上の超猛毒物質で汚染された食品が市場に大量に出回り、私たちはウソの情報に騙されて、その本当の毒性を過小評価し、普通に食べているのです。


99. 2011年11月08日 18:48:13: 8aBhErjpAg
 ストロンチウムの検出は、大本営と狂気のバスビー以外の情報はありますか?

 それ以外ではないと思うのだけど?どう?


100. 2011年11月08日 19:13:51: KnaagnRbV2
95, 97 の続き

福島では今でも地産地消給食が行われています。95でセシウムの毒性は青酸カリの2000倍、ストロンチウム90の毒性は青酸カリの600000(60万)倍と書きましたが、子供は放射線に対する感受性が3倍は高いので、毒性は以下となってしまいます。

【子供の場合】
セシウム137の毒性は青酸カリの6000倍
ストロンチウム90の毒性は青酸カリの180万倍

「給食にタケノコとシイタケが出たら、残すように」と父母から言われていた子供が、その言いつけを守り、給食の一部(タケノコとシイタケ)を残したが、その児童に対し先生が、「食え!」と言って無理やり食べさせたという話がありました(広瀬隆さんのビデオ)。まるで国家による拷問、学校教師による子供への虐待、傷害、悪く言えば殺人行為です。国や学校が子供に青酸カリの6000倍、または180万倍の超猛毒物質を食することを、親の意向を無視して強制することが、果たして許されるのでしょうか。


101. 2011年11月08日 20:31:03: JbjRNIKokk
すべてはストレスです
放射線を気にしすぎるから免疫力が下がって病気になったんです
悪いのは病気になったあなた

103. 2011年11月08日 21:15:37: HYHUspnQ6g
>102

ほう。ツバメ・カエル・松の木などの動植物は、心理学的なストレスを感じないが、ちゃんと放射能で病気になっているが。67のヤブロコフの引用を読め。

ストレスのせいではない。放射能のせいだ。ストレスのせいにしたい政治勢力が存在し、そいつらがストレスのせいだと吹聴しているだけだ。工作員、シね。

67より
>突然変異率の上昇を含みつつ、似たような体調不良を示しているねずみ・ツバメ・カエル・松の木の間で、放射能恐怖症の程度はいかほどのものなのか?


104. 2011年11月08日 21:18:24: UIKCzQa0lY
発癌のリスクは、累積被曝線量に依存して増加します。

従って、福島原発の爆発以前にある程度の被曝をしていれば、福島由来の被曝がそれほど大きくなくても最後の引き金が引かれて発癌する可能性があります。

「線量が低い」とか「爆発後の日数が短い」等の理由で、福島とは関係ないなどということは、被曝歴がわからない以上言えないはずです。

シルクロードのような高レベル汚染地域を旅行したとか、世田谷の瓶入りラジウムのようなもので、知らないうちに大きな被曝を受けているかもしれないのです。
無用な放射線は極力受けないように努力するのが当たり前です。


105. 浅見真規 2011年11月08日 21:20:41: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>27
>白血病と言うのは発症が早いのでしょうか?

>>84
>この短期間に放射能の影響で白血病になるわけ無いだろw

*****
せっせと武田教授叩きをしている自称・医師のブログ「NATROMの日記」に、
以下の記述があります。まあ、NATROM氏も少しはデタラメとかゴマカシしますが、
武田教授よりは信頼性が高いと思います。(ただし、私は正確性を保証しません。)

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20110830
>大雑把に1兆個まで増えると白血病を発症するとして計算してみましょう。
>私の計算が確かなら、約160日で発症します。


106. 浅見真規 2011年11月08日 21:31:29: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>105の補足

白血病は固形ガンより発症が早いそうです。

(放射線被曝者医療国際協力推進協議会HP資料参照)
http://www.hicare.jp/12/hi07.html


107. 2011年11月08日 21:50:33: BskB3QZ9F6
落葉が沈み、小石が浮く 奇妙な世の中。

福島に住んでいて、福島の野菜や果物を毎日摂取している私達は、どう考えればいいの?


108. 2011年11月08日 22:23:27: aLf2MBebDw
82さん
チェルノブイリ事故の避難権利区域の20倍まで、国、県、福島市などが避難の権利が認めない(実際は、20mを超えたところも、あれこれ難癖をつけて認めない)異常な状態の中で、移住したくともできない人が大勢います(朝日の世論調査では、3分の1が移住をのぞんでいるという信じられないような数字です)。
その中で、日々、子どもの健康などを心配してなんとかしようともがいている人、親が多くいます。
82さんは、自分が苦しんで、おりあいをつけていると言っていますが、そういいながら「母親の心配しすぎ」を非難しているところに、あなたの発言の性格がでています。
あなたが、自覚してかどうか、避難できないことを、国や県、東電の問題ととらえずに(とらえる人間を攻撃する側に回って)、放射能の危険を正当に心配する周囲に人たちへの抑圧的な振る舞いに及んでいないことを祈るばかりです。

110. 2011年11月08日 22:35:22: NrelQSSH7U
アフォ臭w
大塚さんが福島行ったり福島県産の野菜を食べたのが原因で白血病になったのなら、福島県では既に数十万人の人が白血病になってるよw
こんなバカが多いから政府や東電に適当なこと言われるんだよw

111. 2011年11月08日 22:43:42: WFUgPaWZMk
82さんを擁護します。

「阿修羅掲示板」はRCRR教、バスビー教、武田教の聖地です。その他の考え方は、強烈なバッシングを浴びます。投稿拒否さえされます。管理人の趣味で、そう決まったのです。放射能はこわいこわいしか認めないのです。

108さんの近所は、何マイクロシーベルトなのですか?その数値が、どれほどの危険性をもったものか、ご存知ですか?ホットスポットでなければ、十分生活が可能です。無駄な被爆をしないですむ方法もあります。ところが、「阿修羅」では、最悪の事態を想定した議論しか許されないのです。反原発が目的の団体が垂れ流す負の情報しか流れていないのです。そんなところで真実を求めようとなさらないでください。

 客観的で正しいデータとして、下記を紹介します。
 「等価線値」や、「生物的半減期」は、市民にとっては喜ばしい情報なので、ぜひ理解してください。

 原子力事故と放射線リスク
   (放射線医学総合研究所 放射線防護センター 神田玲子)
   http://www.bosai.go.jp/event/2011/pdf/20110417_05.pdf
  


112. 2011年11月08日 22:48:47: KnaagnRbV2
>「生物的半減期」
500ベクレルという殺人的な基準によって、永続的に体内に放射性物質が永続的に入ってくるのに生物的半減期もへったくれもない。

113. 2011年11月08日 22:57:06: NrelQSSH7U
500ベクレルが殺人的基準という根拠ゎ?(笑)

114. 2011年11月08日 23:17:00: HYHUspnQ6g
>111
>管理人の趣味で、そう決まったのです。

 管理人さんには良心があり、そういう方針が民衆からも支持されているのですよ。原発推進派は、学会―マスゴミ―政府(経済産業省)―電力会社という原子力マフィアを形成していて、放射能はあぶなくないあぶなくない、しか言わないのです。原子力マフィアと、カネで買収されてなくて良心がある原子力反対派である民衆との間の戦争ですよ。いまは戦争中なんです。「福島の毒野菜を食べて福島を応援しよう!」とか、「放射能がれきを全国に拡散させて処理し、税金に寄生する土木工事を東北で始めよう!」とか、「20ミリシーベルトまでなら安全です」とか、敵はいろいろキャンペーン標語を作って、マスゴミに垂れ流させていますが、これらは全部ウソで、反対のことが真実です。
 この言葉による戦争に敗れるわけにはいきません。敗れれば、日本中が放射能で汚染され、民族絶滅です。放射能は、超発ガン物質であり、この世に存在してはいけない、生態系の外部に存在するものなのです。そういうものを生態系内部に持ち込んではいけないのです。いくら、核武装したくて原発でプルトニウムを生産したくとも、原発は全廃しないといけないのです。

>神田玲子
御用学者を紹介されても困るなー。日本の理系の学会はすべて、カネで買収されている。矢ケ崎先生や小出先生とか、わずかな貧乏研究者だけが本当のことを民衆に教えてくれている。小出先生に光あれ!


115. 2011年11月08日 23:22:55: FjNk6ZJtMK
>白血病を発病した大塚範一キャスター

3.11以降こんなに早く白血病が発病するんでしょうか?
それとも福島は以前から放射能汚染されてたのですかね。

4月頃、福島に耳なしうさぎが誕生しましたが、これも
放射能の影響でしょう?


116. 2011年11月08日 23:38:27: HYHUspnQ6g
109
>よって、今回の件は放射線とは全くの無関係である。

さあ、工作員の文章を添削しましょう。

今回の件は、放射能とは全く無関係とはいえない。なぜなら、個人差があるから。また、このアナウンサーはCTスキャンの検査を頻繁に受けていたので、福島のプルトニウム野菜が最後の一押しを行った可能性もある。確率論的因果性なので、個人差がありますよ。赤ちゃんに年間0.1ミリシーベルト被爆させて、必ず、白血病になるとはいえない。個体差がある。大人と同じ公衆被爆限度である1ミリシーベルト浴びせても白血病にならない赤ちゃんもいるし、0.01ミリシーベルトでも白血病になる赤ちゃんもいる。個体差があるんですよ。赤ちゃんは大人の10倍弱いですから、人工放射線は、年間0.1ミリシーベルト以内に押さえるべきで、首都圏で無理なら引っ越すべきです。


117. 2011年11月08日 23:41:55: 4mOeeMh0aQ
避難にしろなんにしろ「できない」んじゃない。
要はそれをやるかやらないか、そうしたいかしたくないかだ。

これまでのコミュニティやらアイデンティティやらのために残留するにしても、
大切だったものをかなぐり捨てて避難するにしても、
それは最終的には自分の決断。
「〜ために〜できない」などと自分に言い訳をするべきではない。

人によって優先順位が違うのだから、どちらがどうというわけでもない。
自分の選択した道を堂々と進めばよい。

ただ、人間住む土地が変わってもそれなりに生きていける。
他の土地では生きていけないなんてことは絶対にない。

捨てるものがあれば得るものもある。
新しいつながりもできる。
そうやって生きてきている人もたくさんいる。

「できない」言い訳を並べずに自分に問うて欲しい。
願わくば、後悔は最小限に抑えられるような最善の選択をして欲しい。



118. 2011年11月08日 23:44:13: HYHUspnQ6g
管理人さんへ

工作員の手口は、放射能はあぶなくないあぶなくないという書き込みしかしないのですから、ひつこいのはブロックしてみてはいかがでしょう。バイトで書き込んでいるのですから。阿修羅は、読者が自分で様々な意思決定をする際に、放射能の様々な危険性を指摘する投稿の内容を、判断を行う際の材料にする場であって欲しいです。


119. 2011年11月09日 00:01:34: GNcNi6mjs6

工作員の意見は良い刺激になるかも知れない…
工作員に反論される方の意見が優れているので非常に参考になります。
また、反論することで問題の本質が見えてくる場合があるようにも思います。

工作員を逆に教育してやって下さい。w

事態は深刻なのです。チェルノブイリ原発事故やファルージャの劣化ウラン弾の影響
による状況を遥かに超えた人類史上かつてない放射能汚染事故災害なのですから…


120. 2011年11月09日 00:50:18: pPJ5gJb78A
工作員の書き込みを全部削除するのはよくないね。
ある程度自由にさせたほうがいい。

彼らが何を隠そうとしているか、世論をどう誘導しようとしているか、書き込みを見ればよくわかる。
このトピックのようにヤバい話題には工作員が害虫のようにうじゃうじゃ湧いてくる。
何とか被曝の事実を隠そうと彼らは必死だ。

こいつらの書き込みは、真実かどうかを示す貴重な指標となる。

メルトスルーもそうだったが、あり得ない、狂っていると最初は罵声を浴びせるが、
事実とわかると潮が引くようにスーッといなくなる。

今回も同じだろう。


121. 2011年11月09日 02:09:46: iEe69CTcRQ
>04

見ました。柳美里さんの書き込みは本当にヤバ過ぎる。

天皇陛下・隆の里・大塚キャスター
この人たちの体調不良・発病・早世は一本の線で繋がっているような気がする…



122. 2011年11月09日 02:12:59: HYHUspnQ6g
装置への挽歌:
------------------------------------------------------------
 その数が数十個存在する理系の学会、官僚、マスゴミ、政党は、安全デマを製造する装置なのであり、デマを作っておいて、そのデマを拡散させる工作員まで雇っている。つまり、こいつら人民の敵は、デマを生産するばかりか、デマを流通させる仕組みを持っており、カネの力(広報予算)で実際にデマ情報をこの流通経路にたれ流すことができるのだ。そういった情報の流通回路は、テレビ・新聞・御用学者のブログ・工作員の掲示板への書き込み・ラジオなどだ。そしてこいつら人民の敵が採用している戦略は、「ウソも100回言えば、真実になる」という単純な戦略なのだ。要するに、定期的かつ頻繁に安全デマを上記の流通回路に流し込む。そうして反原発の世論が盛り上がるのをなんとかして阻止しようとしているのだ。反原発の意見に対して、無理やりな反対論拠の提示・意味の拡散/反転・論点ずらし・人格攻撃といった仕方で工作してくる。また、注意しなければならない点は、ウソを100回たれ流すという点だ。圧倒的なカネの力で、ウソを100回流されると、関心が薄れて無力感が漂い、「もうどうでもいいや」という気持ちになってくる。これも連中の狙いとするところなのだ。つまり、放射能に対する関心を失わせるような効果を狙っている。だから、われわれは、絶対に、放射能汚染と健康被害に対する関心を失ってはならない。連中が支配している、安全デマ情報を流通させる仕組みは、人々の関心を失わせる「装置」としても機能しているのだ。まとめると、民衆を支配する装置(まるで血管のような情報の流通回路)の中に、偽のプロパガンダ情報(デマ)という血液が流し込まれることで、常に、連中の都合のよい方向へと世論を誘導しているのだ―その意味で、装置とは「世論」製造装置でもある。最近では、橋下知事や小沢氏を失脚させようとして、連中はこの装置の中に、これらの政治家のスキャンダル情報を流して世論を誘導しているのだ。
 今は、緊急事態なので、人々の関心を失わせる装置の働き(メカニズム)がよく見える。緊急事態じゃないと、こうも透けて見えたりはしない。独裁国家ではなく、形式的であれ、選挙が存在する国では、この情報の流通回路(装置)を掌握するということが権力を掌握するということなのだ。この国でこの装置を掌握しているのは官僚だ。装置を利用して自分の気に入らない政治家を失脚し、自分達の支配体制を永遠的に存続させようとしているのは、官僚なのだ(各省庁の事務次官・局長クラスの複合体)。
 さて、現在、Twitterやブログやフェイスブックが登場し、いくら経済産業省が、Twitter上でつぶやかれる反原発の心情を監視して取り締まろうとしても、無理だということが分かった。数が多すぎるのであり、また、Twitterにはブロック機能がある。原子力推進派が、Webサイトを巡回するロボットを作って、反原発の書き込みをさせようと思っても、できない時代となったのだ。
 インターネットは、権力側が流す情報とは別の情報も流れる装置なのだ。基本的に制御できない。だから、連中は、ネット空間を制御しようとして必死に工作員を使ったりして、反原発の世論が盛り上がらないようにしているのだ。
 アディオス!官僚達。装置を支配していることが、世の中を支配していることと同義でなくなった。装置の一部となっている新聞やテレビは滅ぶであろう。ウソの情報を流す装置の一部となっている以上、マスコミとは呼ばれず、マスゴミと呼ばれるのは当然だ。有害なウソの情報をカネ払って購読するバカはもはやいないのだ。

123. 2011年11月09日 02:17:32: HYHUspnQ6g
↑まあ、大学の社会学部なら、優や良ではなくて秀の答案だな(と自画自賛)。

124. 2011年11月09日 02:45:19: HYHUspnQ6g
補足:
デマ情報の流通回路として、テレビ・新聞・御用学者のブログ・工作員の掲示板への書き込み・ラジオ以外に、タレントやミュージシャンを使ったキャンペーン・街頭演説・公民館での小さな討論会という手もある。

なお、情報の流通回路(装置)に流し込む情報は、一度製造したら終わりではない。人々の反応の見ながら情報を流し込んでいる。たとえば、消費税10%にします、という情報を流し込んでみて(=報道発表してみて)、反発があまりにも大きければ、撤回し、別の増税案を考えたり、落としどころとして7%という案で着地させようなどとも考えている。また、装置の中に「安全デマ」や「TPPはメリットがある」などという真っ赤なウソ情報を、いつ流し込むかも連中は常に考えている。たとえば、TPPに参加する大事な局面では、原発の状態が危機的だという情報も一緒に流し込み、人々の注意をTPPから逸らす。装置はそういう意味では、使い方を覚えれば、官僚にとって便利なものだ。情報を流すタイミングや、情報同士が打ち消しあったり補強しあったりする効果を予め考えておけば、基本的に自分達のやりたいことが実現できる。人々は基本的に装置の中を流れてくる情報に疑いをもたないし、疑いをもたないようにするために、日本の義務教育というのは存在する。義務教育というのは、連中が掌握している情報の流通回路の中を流れてくるウソ情報を「真理」だとして受け取るよう調教することなのだ。
 まさに、ジョージ・オーウェルの『1984』という小説のごとき世界になっている。装置の中を流れる情報は紋切り型の情報だ。語彙(単語)を少なくすれば、モノを考える力は衰えてしまう。官僚は、国民を愚民とするために、政治家の女性問題・汚職・賄賂といったニュースを装置に流して、国民の反発を政治家に対して向け、情報を流している真の支配者の存在および装置の存在から国民の目を逸らす。と同時に、いつも同じ種類のスキャンダル情報を流すことで、語彙の貧弱なワンパターンなスキャンダル情報へと慣れさせて思考能力を奪い、そういう情報を受け取ることで安心するようなメンタリティを作ることに成功したのだ。
 逆にいえば、装置は、本当に革命的な情報が流れるようには設計されていない。たとえば、脱原発を叫ぶ少女のアイドルグループの動画は、Youtubeでしか見れない。Youtubeは連中が制御できない国外の別の装置なのだ。本当に大事件といえるような情報が流れることに、この装置は耐えられない。福島原子力発電所の大事故およびそれに伴う絶望的な健康被害というのは、大事件であり、ストレートにこの大事件の情報はながされたりしない―そんなことをすれば、装置を通じて人民を支配し、いままでウソをついていたことが100%ばれてしまうからだ。

さようなら、3.11前の日本。人々を騙す仕組み・機関は分かった。もう人民は騙されない。


125. 2011年11月09日 02:57:49: HYHUspnQ6g
>そういう情報を受け取ることで安心するようなメンタリティを作ることに成功したのだ。

さらに補足:官僚は、政治家が不正を行っているという情報を装置に流すことで、国民の反発を煽りつつ、検察にその政治家を捕まえさせることで、自分達の言う事を聞かない政治家ならいつでもその政治生命を絶てるという脅迫を常時行っている。また、検察を通じて政治家を逮捕することで、あたかも、この世界に正義が存在するかのような舞台演出を行っている。政治家が捕まれば、庶民は喜ぶ。溜飲が下がってガス抜きは完了する―少しは世の中がよくなったと錯覚させられる。しかし、以前と変わったところは何もない。根本的に大変化しないように、細部を少し変えているだけだ(ビスコンティの『山猫』という映画のセリフのように)。真に破壊・打倒すべきなのは、この情報の流通回路なのであり、また、この回路を駆使して世論を製造している官僚なのだ。日本の場合、人民の敵は、エジプトのムバラク大統領のような独裁者ではないため、誰が敵なのか分かりにくい。敵は、財界の意見を組んで、装置および装置を動かしている官僚なのだ。


127. 2011年11月09日 06:14:56: LoGYvS1OVE
病気になったひとは、放射性物質が多く含まれているおそれのあるものを積極的に食べることは避けるべきでしょう。そう考えると、健康なひとも不必要に食べるべきではないのは、明らか。

128. 2011年11月09日 06:38:01: afe11Ik04w

放射線誘発性がんの潜伏期間は特に長く、数年(白血病)から数十年におよぶ。
だから「フジテレビは6日夜、朝の情報番組「めざましテレビ」のメーンキャスター大塚範一さん(63)が急性リンパ性白血病と診断され、病気休養する」のは、「番組内でずっと福島県産の野菜や野菜を使った料理を食べるキャンペーンをやっていた」こととは、全くの無関係である。

129. 2011年11月09日 06:50:30: JxyDfMKlT2

 チェルノブイリの原発事故では、白血病など、多くのがんが増えるのではないかと危惧された。しかし、実際に増加が報告されたのは、「小児の甲状腺がん」だけであった。小児甲状腺がんが増加した最大の原因は、旧ソビエト政府が、当初、事故を認めず、初動が遅れた点である。この点、福島第一原発では、まずまず適切な対処がなされてきたと言える。

 放射性ヨウ素(I−131)は、体に入るとその30%程度が甲状腺に取り込まれる。これは、甲状腺ホルモンを作るための材料がヨウ素で、甲状腺がヨウ素を必要としているからである。

 普通のヨウ素も放射性ヨウ素も、人体にとってはまったく区別がつかない。物質の性質は、放射性であろうとなかろうと同じだからである。例えて言えば「食べ物があったので食べてみたら、毒針がついていた」ということなのである。

 ヨウ素は甲状腺ホルモンの合成に不可欠であるが、その摂取のほとんどが海草からのものである。チェルノブイリのように地理的に見て海草が少ないところでは、常に甲状腺はヨウ素を欲しがっている状態である。そこに天然には存在しない放射性ヨウ素がやってきたので、どんどん取り込まれてしまった。

 日本人は普段から海草や海産物を食べているので、日本人の甲状腺は、チェルノブイリの人たちに比べれば、普通のヨウ素で満たされた状態にある。だから、放射性ヨウ素の取り込みも少なく、チェルノブイリほどの影響はないだろうと考えられる。

 放射性ヨウ素の場合、放射されるベータ線は、線源から2ミリくらいのところで止まってしまうから、甲状腺という組織が「選択的」に照射されることになる。結果的には「局所被ばく」の一種だと言える。

 なお、甲状腺がんの放射線治療(放射性ヨウ素内用療法)では、3.7ギガベクレル(3.7×10の9乗㏃「ギガ」は10億!)という強い放射性ヨウ素を口から飲み込むのであるが、それでも全身への影響がほとんどないのは、放射性ヨウ素が甲状腺に集まり、全身への被ばくを抑えるからである。

 チェルノブイリの子供たちは、避難や食品規制の立ち後れから、放射性ヨウ素に汚染されたミルクを飲んでいた。子供の細胞分裂は活発で、放射線による発がんリスクが高いため、小児の甲状腺がんが増えたものと思われる。

 なお、がんはできる部位(臓器)や進行度(ステージ)によって千差万別であるが、甲状腺がんは、がんの中で、もっとも治癒しやすいがんである(治療後の5年生存率は95%以上)。


130. 2011年11月09日 06:52:29: JxyDfMKlT2

 放射線の人体への影響として、第一に「発がん」があげられるが、放射線によるがんと放射線以外の原因によるがんを、症状で区別することはできない。

 放射線ががんを引き起こすかどうかを知るためには、放射線を受けた集団と、放射線を受けなかった集団、この二つの集団を比べて、発がん率の違いを調べるのである。

 原爆を投下され大きな被害を受けた広島・長崎の被爆者を長年調査した結果、だいたい100〜150ミリシーベルトを超えると、放射線を受けた集団の発がん率が高くなることがわかっている。裏を返せば、100ミリシーベルト以下では、発がん率が上昇するという証拠がないのである。

 がんはさまざまな原因で起こる。細胞分裂の際のコピーミスが基本なので、放射線のみならず、老化、タバコや酒、ストレス、不規則な生活習慣でも起こる。

 100ミリシーベルトの放射線を受けた場合、放射線によるがんが原因で死亡するリスクは最大に見積もって、0.5%程度と考えられている。

 現在、高齢化の影響もあり、日本人の2人に1人は(生涯のどこかで)がんになり、3人に1人はがんで亡くなっている。つまり、がんで死亡する確率は(だれにとっても)33.3%である。放射線を100ミリシーベルト受けると、これが33.8%になることを意味する。

 人口1000人の村があれば、そのうち333人は、放射線がなくても、がんで死亡する。この村の全員が100ミリシーベルトの放射線を被ばくすると、がんで死亡する人数が、338人になるだろう、ということである(現実には、増加は5人以下だと思われるが)。

 ところで、発がんのリスクは、実はタバコのほうがずっと大きいのである。
 
 日本人の場合、タバコを吸うとがんで死亡する危険が、吸わない場合より、1.6〜2.0倍になる(国立がん研究センターがん予防・検診研究センター予防研究部)。

 一方。2シーベルト(2000ミリシーベルト)も浴びないと、がん死亡のリスクは2倍にはならない。タバコの発がんリスクは、放射線被ばくとは比べものにならないほど高いのである。



131. 2011年11月09日 06:53:40: VmrM5pfMOQ
>>111

>。ヨ阿修羅掲示板」はRCRR教、バスビー教、武田教の聖地です。その他の考え方は、強烈なバッシングを浴びます。投稿拒否さえされます。管理人の趣味で、そう決まったのです。放射能はこわいこわいしか認めないのです。

108さんの近所は、何マイクロシーベルトなのですか?その数値が、どれほどの危険性をもったものか、ご存知ですか?ホットスポットでなければ、十分生活が可能です。無駄な被爆をしないですむ方法もあります。ところが、「阿修羅」では、最悪の事態を想定した議論しか許されないのです。反原発が目的の団体が垂れ流す負の情報しか流れていないのです。そんなところで真実を求めようとなさらないでください。

3.11以降、阿修羅での情報収集をはじめましたが、今までの経緯から言える事ですが、阿修羅が完全に真実でした。


・原発は爆発しない!→大爆発
・プルトニウムは重いから飛ばない!→気化すれば比重は関係なくどこまでも飛ぶ。

・メルトダウンなんてするはずがない!→メルトダウンどころかメルトスルー現在行方不明。

・検査体制はバッチリだ!→見事に汚染牛全国拡散。

メディアでの情報では常に安全崘のみ語られて来てますが、ここではどんなにエグイ情報だろうと入って来ます、確かに、行き過ぎた仮定崘もあるかと思いますが世間一般の原発推進派が牛耳る情報元からは確かな情報は入ってきません、これは現実だと思います。


もうテレビでは原発のニュースはあんまりないという事はどういう事か、良く考える必要がある。


阿修羅の人たちはこうした経緯を見てきているから工作員以外は当然真実崘を探そうと討論しているのだと思うが?


>「阿修羅」では、最悪の事態を想定した議論しか許されないのです。

といっているが、現在、真実がそちら側にしかないのだからそれはしょうがないと思うが?


むしろ世間一般のテレビなり推進派は「最悪の事態を想定しない」でここまで自体を悪化させたんであってそこの探求はとても大事な事だと思うが?


・津波→想定外
・地震→想定外
・電源喪失→想定外
・爆破→想定外

こういう人たちが原発を動かし世の中を動かしてる現状なわけだから、残念ながら日常生活では真実の真実を目にすることは無いと思うが?

推進派が原発政策に不利になる事は国民には知らせたくないというスタイルは原発を推し進める限り変わらないだろう、


という事は我々は惑わされてはいけないように注意しないとまともな情報にはたどり着けないという意味。


・反対派→人の命が危険・犠牲が大きい→止めさせたいだが

・推進派→巨大な権力、力を得られる・儲かる・


こういう構図の元にあるという事は忘れてはならないと思う。

家も仕事も奪って体も蝕んで保証もしません、責任は一切取りません、原発は止められません。


こんな馬鹿な話は無いと思う。

放射能怖がるなとはこいつらの主張から出てるという事を忘れてはならない、

怖くなければ→やめなくていい。


そんな意見に惑わされてはならない。

これだけ人を傷つけているのに怖くないなんて言うことはおかしいと思う。

チェルノブイリで沢山人を蝕んだ放射能と福島の放射能は同じものだという認識は皆再認識しないといけないと思う、

大塚さんが白血病→放射能関係ある、ない。


どうでもいい、それよりも放射能は間違いなくそこらじゅうにあるんだ、平然と皆がそれを呼吸し・食べてる現状がある、それだけは真実。


フクイチでも短時間作業した作業員さんが亡くなった、因果関係は一生わからないかもしれない、


大事なのは因果関係では無いと思うが?

医学・科学なんて無いとしよう、

・福一作業に行った→すぐ死んだ。

・大塚さんが被災地応援してた→白血病になった


放射能は関係ないだろう=怖くない。

こんな単純な話では無いと思うが。


132. 2011年11月09日 06:56:35: xJctG48liQ

 ガンマ線や中性子による外部被曝に対する人体の放射線障害は、広島・長崎の被曝者に対する研究からかなりのことがわかっている。障害は被曝後数週間以内に発症する急性障害と数カ月から数十年の潜伏期を経てから発症する後障害とに分類される。250ミリシーベルトを超えた線量を全身に短時間のうちに受けた場合に、被曝の影響が比較的早期に発生する。その症状は線量の大きさによって異なる。

 細胞の放射線感受性は、細胞分裂が盛んな細胞ほど高い。造血器官、生殖腺、腸管、皮膚などは被曝の影響を受けやすい。さらに胎児期は器官や組織が造られ細胞分裂が盛んなので、胎児は放射線の影響を受けやすい。

 被曝による人体影響の現れ方には、線量の閾値(しきいち)の有無で大きく二つに分けられる。それは確定的影響と確率的影響である。

 一つめの確定的影響は、ある量(閾値)以上の線量を被曝した場合にのみ発生する。例えば、脱毛や、皮膚が赤くなる、白内障などの影響である。症状の現れ方には多少の個人差はあっても、線量の大きさによって同じような症状が現れる。この確定的影響には次の特徴がある。
(1)同程度の線量を被曝すると、誰にでも同じような症状が現れる。
(2)症状は、閾値以上の線量で現れる。
(3)症状の重さは、線量の大きさに依存する。

 二つめの確率的影響は、閾値となる線量がなくて、わずかな線量を被曝しても、一度きっかけができると、この種の障害が発生する確率が生じると考えられている。放射線による発ガンや、遺伝的障害がこの例である。

 放射線被曝により誘発される発ガンは、線量に比例し、被曝後、長い年月の潜伏期を経て、症状が現れる。この種のガンには、甲状腺ガン、乳ガン、胃ガン、肺ガン、結腸ガン、白血病などがある。被曝後のガン発生率は、広島・長崎原爆被曝者の調査から、500ミリシーベルト以上の被曝をした場合、その被曝線量に比例してガンの発生率が増加することがわかっている。しかし、200ミリシーベルト以下の被曝者には、ガン発生率の増加は認められていない。発ガンには、放射線以外の要因があって、我が国では、4人に1人はガンで亡くなっており、低線量の放射線被曝による発ガンを確認することは極めて困難である。もし数十ミリシーベルトの線量を被曝した場合に、それによって将来ガンになる確率は、その他放射線以外の因子でガンになる確率よりも低いことになる。

 なお、国際放射線防護委員会の1990年勧告では、1000ミリシーベルトの被曝に対して、致死ガン誘発の確立として100分の5の値を示している。

 放射線の遺伝的影響は、これから子どもをつくる人が生殖腺に放射線を受けた場合に発生する確率をもつ影響である。ただし、広島・長崎の原爆生存者の調査では、この遺伝的影響は見つかっていない。見つかっているのは、ショウジョウバエやマウスなどを用いた実験からである。ヒトへの影響に関しては、この生物実験の結果から遺伝的影響を推定しているだけである。もしも10ミリシーベルトの線量を被曝したとすると、将来の子孫に遺伝的影響が現れる確率は100000分の6と推定される。100ミリシーベルトならば、その確率は10000分の6となる。

全身被曝による急性放射線障害 単位:ミリシーベルト
 250以下:ほとんど臨床症状なし
 500  :リンパ球の一時的減少
1000  :吐き気、倦怠感、リンパ球著しい減少
1500  :半数の人が放射線宿酔(二日酔い症状)
2000  :長期的な白血球の減少
3000  :一時的な脱毛
4000  :60日以内に半数の人が死亡する

確定的影響の例とその閾値 単位:ミリシーベルト
一時的不妊
 男性(精巣):150
 女性(卵巣):650以上
永久不妊
 男性(精巣):3500以上
 女性(卵巣):2500以上
一時的な脱毛 :3000
白内障    :2000
胎児被曝
 流産(受精から15日)   :100
 奇形(受精後2〜8週)   :100
 精神遅滞(受精後8〜15週):120


133. 2011年11月09日 07:05:30: idc6NummYo

 100ミリシーベルト未満の低線量では、致死ガン発生の危険性は実効的に無視できるという説がある。それは広島・長崎の長年の生存者の調査から、顕著な発ガンが見られない事実から言われていることである。

 チェルノブイリの汚染地に暮らす線量レベルD(2〜10ミリシーベルト)以下の被災者の平均寿命短縮期間は10日未満と、放射線防護学の研究グループは予測している。チェルノブイリ周辺の3カ国の平均寿命が60歳前後であるので、低線量の被災者たちは、甲状腺以外の発ガンは顕著にはならないと考えられているのである。

 WHOでは、この100ミリシーベルト以下の線量に対しても、発ガン数を計算し、指定数に加えている。汚染地の住民の平均線量は7ミリシーベルトであり、この低線量から5000人が、ガン死すると計算した。この低線量被災者に対する推定は、はなはだ疑問がある。2002年までのガン死亡数15人とも矛盾している。

 リスクを過大評価し公衆に説明するのは、緊急時にはプラスに作用する。しかし、事故後20年も経過した復興期には、不安を住民に与えるだけである。こうしたマイナス面を、国際機関であるWHOの専門家たちは理解すべきである。


134. 2011年11月09日 07:05:34: LoGYvS1OVE
127です。もう一度同じ趣旨のことを書きます。

病気のひとに、”体に悪いもの”、たとえば”放射性物質”、が含まれている”可能性のあるもの”を食べるようすすめることはしないでしょう。
したがって、健康なひとも、健康のことを考えるならば、”放射性物質が含まれている可能性のあるもの”は不必要に食べるべきではないと思います。
体の弱いひと、持病のあるひと、子ども、高齢者、はなおさらです。

健康なひとが、体に悪い影響をあたえる可能性のあるものを食べる必要性とは、何か。”それを食べないと餓死してしまう”、あるいは、”好きで食べる”、のどちらかだと肝に銘じたい。

日本国民として、健康で文化的な生活を送り、しっかり納税したり選挙に行ったり、不誠実な政治家や大罪を犯した企業などを断罪するためにも、食べるものには気を付けたいです。


135. 2011年11月09日 07:06:49: hrk45g0gCI
131に同意。


132に不同意(内部被曝記述漏れ)。


136. 2011年11月09日 07:11:08: dC2prxNDJA

 体内へ放射性物質を取り込み、それにより被曝することを内部被曝という。その経路は汚染した食物、飲料水の摂取、放射性の粉塵・ガスの呼吸、皮膚からの取り込みである。放射性物質の体内の集積部位は元素ごとに異なる。例えば、セシウムは全身の筋肉組織、ストロンチウムは骨や歯、ヨウ素は甲状腺、そしてプルトニウムは肝臓、骨、肺に沈着する。

 体内に残留する期間は生物代謝によって決まる。代謝により、体内量が半減する期間を生物半減期と呼び、元素の種類ばかりでなく、その人物の年齢によっても異なる。多少の個人差がある。

 内部被曝の場合、飛程の短いベータ線やアルファ線を放出する放射性核種が特に大きな影響を与える。

 核医学診断で使用する放射性薬剤は、検査する臓器により薬剤の化学形は異なる。例えば、核種Tc-99mでは、検査の臓器として、骨の場合がリン酸塩であるが、甲状腺の場合には過テクネチュク酸塩である。

 診断での投与量をTc-99mの場合で見ると、世界平均値で、骨検査で719メガベクレル、心臓血管検査で622メガベクレル、脳検査で482メガベクレルである。これらの検査あたりの実効線量は2.0〜8.4ミリシーベルトの範囲である。

 体外からの人体照射と同様に、体内に取り込まれた核種による人体照射においても、線量の理解が重要である。少しでも体内からの被曝のほうが、より危険であるとの認識は誤りである。

 内部被曝線量は、摂取された核種が体内から消えていくので、外部被曝線量とは異なる評価となる。線量評価期間は50年(成人以外は70歳まで)として、管理上は、最初の単年度の線量として扱う。これを預託線量という。

 体内に取り込まれた物質は、代謝により体外へ排出される。この代謝による人体の半減期を、物理半減期と区別して、生物半減期という。したがって、体内の放射性核種の減衰は、物理および生物的な減衰の両方で生じるのである。その全体としての半減期を実効半減期といい、次の式で表される。

 (1/実効半減期)=(1/物理半減期)+(1/生物半減期)
  実効半減期=(物理半減期×生物半減期)/(物理半減期+生物半減期)

 セシウムの生物半減期は、成人男子で、およそ100日である。物理半減期は30年なので、生物半減期に比べて非常に長く、実効半減期は、100日と計算される。

 (1/実効半減期)=(1/30×365)+(1/30)=1/100
  実効半減期=100日

 日本では、内部被曝事例として、第五福竜丸の被災船員の死亡の記憶が強烈である。ただし、死因は肝機能障害である。被災船員の多数は、治療の輸血時に肝炎ウィルスに感染したと考えられる。入院中に黄疸となり、その後も肝機能障害を持った。こうした障害は、現地のマーシャルの被災者たちには発生していない。

 第五福竜丸船員の肝機能障害は、体内に取り込まれた放射性核種が原因でないと断言できる。肝臓に障害を与えるほどの線量はなかったからである。第五福竜丸の船員たちの顕著な内部被曝は、マーシャルの被災者と同様に、放射性ヨウ素による甲状腺にあると考えるのが合理的である。ただし、被災した船員たちに急性の甲状腺機能障害はなく、甲状腺がんも発生していない。

核種、物理半減期、生物半減期、集積部位、1ミリシーベルトの被曝となる体内放射能、主な影響は次の通りである。

Cs-137、30年、100日、筋肉・全身、7万7000ベクレル、白血病・不妊
Sr-90、29年、骨・歯、3万6000ベクレル、骨腫瘍・白血病
I-131、8日、80日、甲状腺、4万5000ベクレル、甲状腺ガン・甲状腺機能低下
Pu-239、2万4000年、100年(骨)・40年(肝臓)、骨・肝臓・肺、4000ベクレル、骨腫瘍・肝臓ガン・白血病・肺ガン

国際放射線防護委員会の経口摂取に対する実効線量係数(㏜/㏃)より求めた値。物質の性状としては、速い吸収速度(セシウム、ストロンチウム、ヨウ素)ないし中位の吸収速度(プルトニウム)としている。この被曝は、これらの放射性物質を体内に摂取してから、その後50年間の線量である。ただし、セシウムやヨウ素の被曝はそれらの生物半減期や物理半減期が短いので、体内摂取後、比較的速やかに、体内から消失する。

内部被曝とは、体内に取り込まれた核種から放射線を照射される被曝の形態。
例えば放射性ヨウ素は甲状腺に蓄積し、その組織が集中的に被曝するので危険。
一方、セシウムは全身の筋肉に蓄積する。
人体へのリスクは放射性ヨウ素のほうが高い。
人体内に通常、およそ1万ベクレルの放射性カリウムや放射性炭素などがある。
健康影響のリスクは、概して100万ベクレル程度以上が体内に入り込んだ場合である。
アルファ線の透過力は弱く、空気中では酸素分子や窒素分子との衝突のために、数センチメートルしか届かない。また、紙一枚でも遮蔽できる。したがって、アルファ線を放射するプルトニウムで地表面が汚染しても、それだけでは被曝を心配することはない。


137. 2011年11月09日 07:12:01: hrk45g0gCI
133に不同意。

本当に15人だと思っているのか。


138. 2011年11月09日 07:29:53: hrk45g0gCI
136は、自分としては、敵性の「貴重な資料」とみなす。

これを完全に理解したとき、彼らを完全に制圧する可能性を見るだろう。

核医学診療についての言説をもって、内部被曝は危険ではないという理論展開である。

疑問点
・コメント者における「内部被曝」実効線量の計算方法。(これは後程確認する)
・および以下の記述にある核種と、福島原発より放出された「酸化プルトニウム」を同等に扱うことは可能か。

>核種Tc-99mでは、検査の臓器として、骨の場合がリン酸塩であるが、甲状腺の場合には過テクネチュク酸塩である。


現時点での私(科学者ではない、普通の市民)はここまでだ。誰か後を頼む。


140. 2011年11月09日 07:46:44: 5mta65sUwA
おい、 WFUgPaWZMk お前、ちゃんと勉強したのか。

俺は、浅見氏のところで会った「自身満々」だ。
(ほんとは「自信満々」だろ、お前が間違えたんだぞ)

自分の言っていること全部理解しているんだろうな。

また、いろいろ「突っ込むぞ。」

>buveryさんは次の説明をなさっております。

って、相変わらず引用でご満足か。

少しは見どころのある奴かと思ったが、ただの、おしゃべり屋か。


141. 2011年11月09日 08:05:50: 5mta65sUwA
微分積分はできるようになったのか。


142. 2011年11月09日 08:10:22: 5mta65sUwA
お前だけは今後、見かけたら、必ず「補導」するからな、ID変えても文体ですぐわかるからな。

143. 2011年11月09日 08:58:54: JmI7Lcp0sw
140さんへ

40ですけど別に脅しているわけではありませんよ。
3.11以前から、様々な脅威がおじさんたちの金儲けのために蔓延していました。わざといい加減な機械をつかって化学物質の検出をしND。
生データを調べてみれば反応しているではないか、なんで、というようなことが
やまほどありました。
それでひどいめにあった女性や子どもがどれだけいたか。

放射能はその脅威のうちでも最高レベルだと思います。
50年以上もまえの原爆のデータなど出してこられると、またか!と
思ってしまいます。占領下と今、それだけでも背景が違います。
いろんな苦い経験からできるだけ多くの危険の信号を出していただける情報は、
蓄積しておき自分や家族のために役立てたいのです。


過去の経験では大丈夫、と言う人の情報を信じて大変なことになった、ということが多いので・・・
ほんとにこの苦々しい経験は、振り返るとぜーんぶおじさんたちの際限なき
金儲けの欲望の果てでした・・・


144. 2011年11月09日 09:07:29: cPi46suRE2
活発な意見交換を拝見させて貰いました。

10μsv/h以上の恐怖を味わいたいなら岩手県一関市に行きなさい。

新幹線を降り改札口をでて外に出て北西地区の堤防側を計測すれば即刻データが取得できます。

もう一ヶ所は一関駅から東北本線で南に10kmほどの所に花泉と言う町がある。

駅舎からでて真っ直ぐの道を歩き中学校の横に出たら計測できる数値は計測不能となるので10μsv/h以上を計測できる機器を必要とします。

阿修羅で工作員活動をなさる方なら怖いことは無いでしょう。

因みに双方の地区に存在する計測機器は10μsv/hまでしか計測できません。

本当の勇気のある人は行くのを止めなさい蛮勇は死を招きます。

口だけの人は行きなさい本当の意味で蛮勇を味わえます。

私の実家は花泉の中学校と川にほど近い場所にあり10μsv/h以上のホットスポットが家のすぐそばにあります。

田舎では仕事も無く無能な官僚下りの市長が毎日右往左往しています、それを見るだけでも本当だと信じることが出来るでしょう。

物見遊山で遊びに行くと確実に死を招きます。

実家が岩手県にありホットスポットを避けることの出来ない住民を笑うことは自由だが実際に経験できた人だけが本当の話として言えるのではないかと個人的に感じる。


145. 2011年11月09日 09:09:55: PxHT6KUVEU
140ですが、もしかすると139に対するコメントかもしれませんが。

>過去の経験では大丈夫、と言う人の情報を信じて大変なことになった、ということが多いので・・・

まさに、そのとおりです。
水俣病のときに、いわゆる御用学者がとった態度というものがまさにそれです。

津田敏秀著『医学者は公害事件で何をしてきたのか』

にも、そのことは明らかです。

私たちはとかく忘れやすい。しかし、今回ばかりは忘れるわけにはいきませんし、そういった、経験を、記憶を呼び戻し参考にすべきです。そして、今後の戦いに備えるべきです。


146. 2011年11月09日 09:10:20: HYHUspnQ6g
>139
>ECRR派(ほとんど)対ICRP派

ECRRが正しい。内部被爆を考慮していないICRPは間違い。

>例えばチェルノブイリでは、体内に500〜50000ベクレル蓄積された住民ばかりなのだけれど、まったくといってよいほど問題が起きていないのです。

こういう狂ったことをよくいえる。終末論的な健康被害が今でも出ている。>>136
>一方、セシウムは全身の筋肉に蓄積する。

臓器にもどんどん溜まります。ウソいうでない。

>アルファ線の透過力は弱く、空気中では酸素分子や窒素分子との衝突のために、数センチメートルしか届かない。また、紙一枚でも遮蔽できる。したがって、アルファ線を放射するプルトニウムで地表面が汚染しても、それだけでは被曝を心配することはない。

バカじゃないか。プルトニウムの吸入摂取は、経口摂取よりもはるかに危険だ。プルトニウムの年間摂取取り込み限度は、0.052μグラム。経口摂取は48μグラムなので、ほんの少しでも地面に落ちたプルトニウムを塵やほこりの形で吸い込んでもOUT。プルトニウム飲んでも平気だといったキチガイ教授が東大にいるが、じゃあ、毎年、49マイクログラム飲んでみろ。


147. 2011年11月09日 09:15:09: HYHUspnQ6g
>129
>チェルノブイリの原発事故では、白血病など、多くのがんが増えるのではないかと危惧された。しかし、実際に増加が報告されたのは、「小児の甲状腺がん」だけであった。

これも間違い。ありとあらゆる種類の癌が増えているし、癌になるまえに、ありとあらゆる種類の疾患が増えている。癌だけの話に焦点をしぼろうとするのは、工作員の特徴だ。癌以外の健康被害が猛烈に存在し、その後、ありとあらゆる種類の癌が発生してくる。

事実認定に根本的な間違いがあるので、やはり、管理人さんはICRPに基づいて発言している投稿は許さない方がいいでしょう。ICRPの連中と議論しても不毛。ICRPのリスクモデルが間違っているという意味では、もう決着がついている。


148. 2011年11月09日 09:27:25: JmI7Lcp0sw
145さんへ

143です。

ごめんなさい

139さんへのコメントでした。


149. 2011年11月09日 10:39:39: QiXUQm4uno
>139さん
私は、放射能に対する正当な知識をもっているので、正当にしか怖がれません。こんな微量の放射能で人を脅そうとなさらないでください。

正当な知識がどれほどのものかわかりませんが中途半端な知識ほど恐ろしいものはないということを覚えておいてください。
仕事で放射性物質を扱う最前線のひと(例えるなら掘削機の先端)にはマズいことを教える必要はないからです。


150. 2011年11月09日 11:05:09: Y4nUndg2Fo
>仕事で放射性物質を扱う最前線のひと(例えるなら掘削機の先端)にはマズいことを教える必要はないからです。

これで、これ以上ないほど、お前の言っていることは「破綻」していることが証明されたな。

みなさん、よく、見ておいてください。こいつらの正体を。


152. 2011年11月09日 14:35:56: kZ1bMMRuoc
福一事故以来、TV登場の専門家、解説委員、保安員などのでたらめな報道にこの国の劣化を目撃してきた。さすがに今では彼らの言うことを鵜呑みにする人は少なくなってきたであろう。内部被爆や放射線の影響などネットではオリーブなどよく調べられて、良識ある専門家(小出先生・広瀬隆氏など)の意見も聴く事が出来た。
日本の政府・マスコミがこの放射能の影響をなめており、すべての放射能事象に過小評価をしているのは間違いない。除染といっても、剥ぎ取った土のやり場もないのに除染作業というのは放射性物質をあちこち移動させるだけで何一つ解決にはならない。海に流れていったものが陸地から減るだけだ。福島県は事故におけるグランドゼロと同じ。爆心地なのである。風評被害何ぞなどではない。風評被害といってなし崩しに食物を流通させるほうが恐怖なのである。セシウムなどの核分裂生成物は本来はそんなには飛散しない粒子なのであるが、もう大きな台風もあり、東日本に拡散してしまっている。大塚さんも原発推進スポンサーまみれのテレビ局に従うしかなかったのだろうが哀れである。放射能をなめてかかるとろくなことはない。

153. 2011年11月09日 16:14:17: uUbG6Do79Q

そのの野菜は放射性廃棄物だったんでしょ。
ドイツのテレビで前に言ってたよ。これは食べ物ではなく放射性廃棄物ですって。
放射性廃棄物食べたら病気になるのも当然でしょ。
そんなに驚くことじゃない。
放射性廃棄物はスーパーにもたくさん売ってるしね。

154. 2011年11月09日 16:23:57: nY3BP9QOsk
>>139. 2011年11月09日 07:34:46: WFUgPaWZMk
二つの意見が対立して、おもしろいね。
ECRR派(ほとんど)対ICRP派(私、130.131、折り合って住んでいる福島県民の方)との対決だ。

表面的にしかものを捕えられない人ですね。
こんな平板な対立ではありません。
電力を地域独占して巨額の利益を上げている電力資本や、それを中心に、利益をむさぼり、その一部で、マスコミや研究者を買収し(地域独占で宣伝不要な電力会社からマスコミへの膨大な「宣伝費」、東大に4億円他、長崎大を除く国立大すべてへの、など)原発「安全」論、放射能「安全」論が、洪水のように垂れ流されているただなかでの「対立」「論争」です。

こうした原子力村と「安全論」との具体的結びつきを少し見てゆけば、両者(?)の主張を、単純な理論の対立などととらえることは不可能です。


155. 2011年11月09日 16:44:36: JrPYjVYQO2
大塚氏のしていたことは自殺行為に見えますが。

156. 2011年11月09日 17:31:34: hjR8Wj8eHk

もう東京に住んでたらあかんかもしれんね。いよいよ死人が出始めるな。
福島県とか論外だが。

159. 2011年11月09日 18:12:38: HiEzmx1tBI
>>157
 ちなみに、下記のシンポジウムでの発言を読んでもらえばわかるが、山下俊一教授も不安に思う妊婦や幼児は、避難すればいいと、ちゃんとアドバイスをしている。


よくぞ、こういうくだらないことを言っているものです。
これだけで、157さんが長々と書いたコメントの正体がわかるというものです。

山下俊一も、絶対に避難するな、などとは言っていないし、県民を軟禁しているのでないかぎり、そんなことを言えるわけがありません。
しかし、福島の住民が避難をめぐっておかれている困難は、第一に、正当な「避難の権利」が認められないため、補償なしの「移住」で高線量から逃れるほかなく(「自主避難」)、多くが経済的にゆきずまるか、それに近い状態になっていること、第二に、山下俊一を先頭にするデマが、家族や地域社会の軋轢、亀裂を拡大し、避難の困難さを増大させていること、第三に、山下俊一は、放射線による子供への障害を正しくも心配する親に向かって「利己的」と罵倒すると言った敵意をむき出しにして、住民を福島につなぎとめようとする佐藤雄平の手先の役割を果たしていること・・・・等々です。

では、なぜ「デマ」と言えるのか。
まったく簡単に証明できます。
山下俊一は、事故直後、県のアドバイザーとして雇われ、100mSv/年まで安全、それ以下はまったく心配ない、マスクもいらない、子供を砂場で遊ばせても大丈夫、自分の孫を砂場で遊ばせて納得してもらえるならお安い御用(と約束する)、などと言って周りました。突然事故に直面して、放射線について知識を持たない多くの県民は、県のお墨付きを持った「専門家」の意見を信用して、被曝への警戒を解き、子供を砂場で遊ばせるなどしています。
こうして、不要な被曝が、山下などのおかげで意図的につくりだされました。
その後、山下は、100m以下が安全かどうか分からない、しかし、はっきり分からないことなので、それを心配して生活するより、安心して楽しく暮らした方が良い、自分は「安全」ではなく「安心」を説いている、と「変節」しました。当然とはいえ、孫を砂場で遊ばせるという約束はほごにしています。
山下の言辞を信じて、子供を砂場で遊ばせるなど不要な被曝をさせた親たちは、消えようのない後悔を背負っています。まして、子供が今後発症したら、そのときの後悔はどれほどのものでしょうか。
そして、それだけではありません。
山下俊一は、2年前、医学界誌に、放射線量10m―100mSv/年の間で、18歳未満に健康への影響が出る可能性があるということを書いているのです。
山下という人物は、自分も信じていないことを、金のためか人体実験のためか、100mまで安全と言って回った人物です。

こうした人物を、「山下俊一教授も不安に思う妊婦や幼児は、避難すればいいと、ちゃんとアドバイスをしている」ととりあげるところに、157さんの下劣な本性がでています。

方法論としては次の見え透いた手口です。
山下俊一がやってきた上のようなことは隠しておいて、それと並行して(厳密に推し進めれば入りになる)多少まともな言説をとりあげて、「山下はまともだ」「山下が避難を否定しているなどというのはデマだ」と、一部を切り取って、相手を論難する手法です。
157さんが、長々と(まったく読む気のしないようなことを)書き連ねている内容は、結局、こうした断片を継ぎ合わせてもっともらしく見せる手法(スコラ神学的手法)にすぎません。

工作員なのかどうか知りませんが、こうした恥ずかしい正体をさらすのはやめた方が良いかと思います。


161. 2011年11月09日 18:15:10: HiEzmx1tBI
159です。

一言追加します。

157さんによれば「コワイコワイとばかり言っているのは、まさに宗教です」だそうです。

しかし、「安全」ではなく「安心」を説いているという山下こそ、最も怪しげな新興宗教そのものでしょう。
こんな人物を肯定する157さんが、それ以下のレベルであることは間違いありません。


162. 2011年11月09日 18:31:49: OMrZ2IJNhY
でも、まだ福島県の農作物で風評被害とか言ってる輩がいることにも驚く。
多くの農家は継続的に摂取したら危ないことを知ってるけどね。

165. 2011年11月09日 19:05:36: m1rXStSFx6
159くんへ

 159君が、我が157の投稿の30分以内に、このように長文の投稿を返せるのはなぜか?

 1 相手の投稿を読んでいない。自分たちの非を認める訳にはいかない。

 2 何度も攻撃に使った文章である。

 例えば、googleで、
「100mSv/年まで安全、それ以下はまったく心配ない、マスクもいらない、子供を砂場で遊ばせても大丈夫」で検索してみると、膨大な誹謗中傷を行っていたことがわかります。

 彼こそ、正真正銘の工作員なのでしょう。ひどいなお前。

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BD%8D%EF%BC%B3%EF%BD%96%2F%E5%B9%B4%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%80%81%E3%81%9D%E3%82%8C%E4%BB%A5%E4%B8%8B%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8F%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%81%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%82%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%81%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E7%A0%82%E5%A0%B4%E3%81%A7%E9%81%8A%E3%81%B0%E3%81%9B%E3%81%A6%E3%82%82%E5%A4%A7%E4%B8%88%E5%A4%AB&oq=%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BD%8D%EF%BC%B3%EF%BD%96%2F%E5%B9%B4%E3%81%BE%E3%81%A7%E5%AE%89%E5%85%A8%E3%80%81%E3%81%9D%E3%82%8C%E4%BB%A5%E4%B8%8B%E3%81%AF%E3%81%BE%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8F%E5%BF%83%E9%85%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%81%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%82%E3%81%84%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%81%E5%AD%90%E4%BE%9B%E3%82%92%E7%A0%82%E5%A0%B4%E3%81%A7%E9%81%8A%E3%81%B0%E3%81%9B%E3%81%A6%E3%82%82%E5%A4%A7%E4%B8%88%E5%A4%AB&aq=f&aqi=&aql=&gs_sm=s&gs_upl=4273l8659l0l10570l1l1l0l0l0l0l0l0ll0l0


167. 2011年11月09日 19:17:21: kZH4PUBT6k
板汚しやめてけろじゃ

169. 2011年11月09日 20:14:32: X13elBxzCA

 広島や長崎の原爆は、高空で爆発しているために、爆発それ自体で地表の土砂を巻き上げることが少なかったのですが、1960年代から80年代にかけて、中国が‘西域’と呼んでいるシルクロードの砂漠地帯で盛んに行っていた核実験は、その多くが地表核爆発でした。

 地表核爆発は、地表物質と混合した核分裂生成核種が大量の粉塵となって、周辺および風下へ降下するために大災害となるのです。楼蘭遺跡周辺での地表核爆発では、大量の砂が舞い上がるので、この種の粉塵は核の砂という表現がわかりやすいのです。この地表核爆発で発生した放射能の総量がチェルノブイリ事故のおよそ500万倍になります。それが周辺に降ったために、多数のウイグル人が亡くなったのです。少なく見積もった私の推定で死者19万人、漏えいした機密情報によれば、75万人ともいわれる人が亡くなっているのです。

 春先に偏西風で運ばれ、日本に降る中国からの黄砂は、実は核の黄砂だったのでした。東京オリンピック以後、メイド・イン・チャイナの核の砂が日本列島全土に降りました。水道水、農作物、牛乳が汚染され、私たち国民は内部被曝したのです。

 その昭和時代の解剖死体の骨格中のストロンチウム90の放射能が、放射線医学総合研究所で継続的に測定されました。その結果から私が線量を計算したところ、レベルD(2〜10ミリシーベルト)でした。胎児・乳児から大人まで、メイド・イン・チャイナの放射性ストロンチウムで汚染されたのです。

 最も体内汚染したのは、その頃中学生だった世代です。いわゆる団塊の世代で、彼らは身長がグングンと伸びる時期に、背骨に放射性ストロンチウムを取り込んでしまったのです。この核種の実行半減期は15年と長いので、今でも骨髄はベータ線で被曝しています。それでも、日本人は健康に生きて世界一の長寿国なのですから、あまり心配する必要もないということでしょうか。

 今回の福島第一原発事故から漏えいした放射能が日本列島全体に与えた影響は、中国からの核の黄砂の放射線影響に比べたら、決して多くはないのです。昭和の時代の体内被曝は10年以上も続いたし、しかもその核種は、セシウムよりも危険なストロンチウムだったのです。

 しかし、今回の福島原発の事故では、圧力容器の中で発生した水素が爆発したものの、これは核爆発と違って周囲の土砂を大量に吹き上げるほどのものではありませんでした。

 飛散している放射性降下物も、核燃料のウラニウムが分裂したセシウムやヨウ素などが主なもので、それはそれで危険ではありますが、広島や長崎とは量も危険性もまるで異なります。

 大気中に放出された放射性物質が雨によって地上に降ってくることはありますが、‘黒い雨’のように危険なものにはなりません。福島原発が核爆発を起こすことは、ありえないからです。原子力発電所で使用している核燃料ウラン235の濃縮率は3〜5%と低く、この濃度ではどうやったって核爆発を引き起こすことはありません。また、原子力発電所の核燃料を覆っている被覆管の厚さは0.6ミリ程度の厚さしかないため、核分裂の連鎖反応が始まってしまったところで、すぐに溶解して核爆発するまでには至らないのです。


170. 2011年11月09日 20:23:56: 4H3DHXB7rc

 1986年4月26日、チェルノブイリ原子力発電所4号機で起きた爆発事故では、広島に投下された原子爆弾400発分の放射性物質が放出された。

 当時、旧ソビエト政府は住民のパニックを恐れ(冷戦下でもあり)、この事故を数日公表しなかったため(もちろん避難指示もなく)、近隣の村は大量の放射性物質を浴びることになった。

 事故後の復旧作業にあたった作業者53万人の平均被ばく量(全身=実効線量)は117ミリシーベルトに上った。避難した近隣住民11万5千人の平均被ばく量は、全身=実効線量で31ミリシーベルト、甲状腺では490ミリシーベルトと報告されている。さらに、チェルノブイリに近い、ベラルーシ、ロシア、ウクライナ、の640万人の住民については、全身で平均9ミリシーベルト、甲状腺で102ミリシーベルト、その他全ヨーロッパ(トルコ、コーカサス、アンドラ、サンマリノを除く)では、それぞれ0.3ミリシーベルト、1.3ミリシーベルトと見積もられている(国連科学委員会UNSCEAR2008年報告附属書D)。

 この事故による小児甲状腺がんの発症は、国際原子力機関(IAEA)の公式見解では、2006年までに発見された患者が4,000人、死亡が確認されたのは9〜15名、とされている。

 事故の正式発表や避難措置が遅れ、放射線に汚染された飲食物が規制されず、甲状腺に特異的に放射性ヨウ素が集まったため、人為的・必然的に起きたことであった。

 1979年3月28日、アメリカのペンシルヴェニア州スリーマイル島の事故では、@減速材(放射線、詳しくは中性子線のエネルギー放出を抑えるための資材)として水を使用していた、A核分裂は停止していた、B格納容器があった、ということで福島のケースに近いことが分かる。長期の詳細な調査が行われたが、事故が、住民の健康に有意な影響を与えたという結論は出ていない。

 福島第一原発の事故は、2011年4月12日、国際的な事故評価尺度(INES)で「深刻な事故」とされるレベル7に引き上げられた。チェルノブイリと同一レベル。ただし、放射性物質の外部への放出量は1ケタ小さいとされる。国際原子力機関(IAEA)は「レベルは同じでも、事故の構造や規模では全く異なる」とコメントしている。


171. 2011年11月09日 20:29:40: NYnvaJkYxc
いやーひどいもんだ。ここまでひどいと、こんな奴らに祭り上げられている
ICRPが、不憫に思えてきた。

「オレたちアホなんです! もう、ホントにアホなんです!」

といって騒いでいる奴らの揃いの特攻服に「ICRP」のエンブレム?


172. 浅見真規 2011年11月09日 20:41:40: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>110
>アフォ臭w
>大塚さんが福島行ったり福島県産の野菜を食べたのが原因で白血病になったのなら、
>福島県では既に数十万人の人が白血病になってるよw


白血病はガンの中では、極めて被曝に敏感に発症率が反応し、発症も早い。

しかし、大雑把に言うと、大塚範一氏の被曝量が1ミリシーベルトだと仮定すると、
原発由来の放射能は確率的に原因の1%程度だと思われる。確率的に99%は原発事故
以外の原因だろう。
*****
ちなみに、白血病と腎臓ガン以外のガンは、通常の成人なら40ミリシーベルト
程度の被曝で、逆に若干減少する可能性があると私は予想している。(ただし、
ホルミシス効果ではなく、単純に微小なガン細胞群が通常細胞群より被曝に弱い
だけで、ガンにならずとも低線量被曝でも寿命はわずかだが確実に短くなると
思われる。)

ちなみに、成人の福島市民が今までに平均40ミリシーベルト被曝していると
仮定すれば人口1万人につき白血病患者は10人程度増えると私は予想している。
逆に、白血病と腎臓ガン以外は若干減る可能性がある。
しかし、ガン以外の死因も含めれば、死亡リスクは低線量でも、ほぼ線形に
確実に増えると私は予想している。

これは、放射性ヨウ素131薬の投与を受けた患者のアメリカでの追跡調査の
研究であるRon E, et al. (1998)のデータから推測しうる。(ただし、白血病
発症例が少ないので結論的には統計誤差の範囲とみなされているようだが、
生のデータを見れば増加傾向が推測しうる。)

ただし、統計的には「有意」とは言えないので非科学的推測である。

(JAMAホームページ掲載の)Ron E, et al. (1998)
http://jama.ama-assn.org/content/280/4/347.long
(同上、table7)
http://jama.ama-assn.org/content/280/4/347/T7.large.jpg


上記のtable7で、7mCi未満(37メガベクレル)のCLLとnon-CLLが白血病に
対応する。7mCi未満(37メガベクレル)の患者のCLLとnon-CLLに注目。


173. 2011年11月09日 21:33:45: kZH4PUBT6k
工作員の劣化が激しいな
そりゃ金もらってもいやだわな

174. 2011年11月09日 21:36:00: aU9AJytg3Q

国連科学委員会の2000年報告(チェルノブイリの原発事故から14年後に発表)は意外な報告であった。「事故時の小児集団における甲状腺がん以外のがん増加は、確認されていない」。事故の放射性物質で汚染された隣国ベラルーシ周辺地域の住人でも、その地域の放射線は自然放射線のレベルと同じか、せいぜい数倍であったと報告書ではなっている。さらに今後、放射性物質は減少傾向にあるから、将来も事故の健康被害を恐れて生活する必要はない、としたのであった。

チェルノブイリの原発事故では、白血病など、多くのがんが増えるのではないかと危惧された。しかし、実際に増加が報告されたのは、「小児の甲状腺がん」だけであった。

放射線誘発性がんの潜伏期間は特に長く、数年(白血病)から数十年におよぶ。


175. 浅見真規 2011年11月09日 21:36:07: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>172の修正

(修正前)
>ちなみに、成人の福島市民が今までに平均40ミリシーベルト被曝していると
>仮定すれば人口1万人につき白血病患者は10人程度増えると私は予想している。


(修正後)
ちなみに、成人が40ミリシーベルト被曝すれば人口1万人につき白血病患者は
10人程度増えると私は予想している。
*****
今までに40ミリシーベルトは福島市でも高線量地区住民か、特に内部被爆の多い
住民に限定されると考えるので、福島市という想定を止め、完全に仮定の
条件に変更した。


176. 2011年11月09日 22:01:59: lEgIhOnkvw

原爆被爆で生き残った人たちの間で被爆後2年から白血病が増加し始め、5-8年後に発症はピークとなり、その後徐々に低下して30年後には一般集団レベルまで減少した。
事故からの経過時間から考えて、大塚範一さん(63)の急性リンパ性白血病と福島第一原発事故との因果関係はない。


178. 浅見真規 2011年11月09日 22:17:53: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>169
>胎児・乳児から大人まで、メイド・イン・チャイナの放射性ストロンチウムで汚染されたのです。


憶測で、そういう主張をせずに、敦煌なり楼蘭なりの砂か土を採取して持って
帰って測定すべきだ。
測定もせずに中国憎しで勝手に憶測で超高汚染だと述べるのは非科学的だし、
福島第一原発事故の放射能汚染を隠そうとする意図があるように感じられる。


180. 2011年11月09日 22:35:27: 8aBhErjpAg
中手聖一氏の姑息な印象操作

 中手聖一氏の解説は下記

2011年4月2日
 福島医大・長崎大・広島大の連携協定の席上で、山下俊一教授が次の発言をした。
 「極めて低い放射線を長期間浴びるという例はかつてなかったため、健康リスクがないと証明することが極めて難しいのが現状」

 これを、これから取り組む研究は、価値のあるものだから皆さん注目してくださいと呼びかけたものだと中傷。

 それなのに、福島県民に向かって、「年間100ミリシーベルトまでは大丈夫」と言い続けたという「二枚舌」が許せない。

 「彼ら何ですよ。私たちの子どもたちを、本当に危ない目に合わせて、一人ひとりですね、病気で倒れさせて、亡くならせていく、殺していくっていう、私はそう言ってもいいと思いますが・・・(後略)」

 以上を聞けば、山下俊一氏が悪魔のように見えるでしょう。

 でも、これは真っ赤な大嘘です。

 この記事で真相がわかります。

 http://september6.tumblr.com/

(引用開始)
さくら通りと内環状線の交差点。
郡山の高校生は殆どと言って良いほどマスクをしていなかった。
小学生は登下校時はマスクをしている子供が多かった。
マスクをしてずらっと並ぶ小学生を「こういうの写真に撮ったら絵になるんだろうな」と思って、思った自分が嫌でシャッターは切らなかった。
知らなかったけれど、福島では水素爆発直後から、長崎から来た放射線健康リスク管理アドバイザーという肩書きを持つ教授の講演が、
ラジオでもテレビでも洗脳のように繰り返し繰り返し流れたそう。
「年間100ミリシーベルトまで安全です。」
「マスクなんて、役に立ちません。みんなが不安になるだけだから、マスクは今すぐやめましょう」
その教授の方は、最近になって100ミリシーベルトまで安全発言を撤回して
「極めて低い放射線を長期間浴びる例はかつてなかったため、健康リスクがないと証明することが極めて難しいのが現状」と言っている。
― 5月、郡山へ ― その2 - 僕等は人生における幾つかの事柄において祈ることしかできない (via ginzuna)
REBLOGGED FROM GINZUNA
12 MAY
(引用終了)

 つまり、時系列を自分の都合のいいように捻じ曲げているのです。

1 山下俊一教授が「この程度の放射線は大丈夫です」「年間100ミリシーベルトまでは大丈夫です」と福島県内でPR

2 それに対して、中手聖一氏らがバッシングを浴びせる。

3 4月2日の時点では、山下俊一氏がより慎重な表現にトーンダウンした。

 それだけなのです。

 中手聖一氏は、スピーチの天才です。しかし、その倫理観は極めて低いと断言せざるを得ません。

 ますます、山下俊一教授がかわいそうです。

中手聖一さん、反論をどうぞ。できれば匿名ではなく、本人だと明かして反論してください。


181. 2011年11月09日 22:40:08: Oeom75xoFA
>白血病を発病した大塚範一キャスターは福島県産の野菜を食べていた


他のキャスターやスタッフは食べたくなかった、ということだ。

大塚範一、あんたナメられてるぞ。


182. 2011年11月09日 22:52:23: 6Wiw30d65c
君子危うきに近寄らず。
ゲテモノ(=原発推進派)危うきを好む。

183. 2011年11月09日 23:08:59: zIUQVl5qCU

知恵のない馬鹿と勇気のない小心者が、現状程度を危険であるとして風評被害に加担しいる。そして、その自覚さえない愚か者でもある。まったく迷惑千万な話である。


184. 2011年11月09日 23:10:53: zIUQVl5qCU

183訂正

誤:加担しいる

正:加担している


186. 2011年11月10日 00:01:28: WFUgPaWZMk
 私の予想では、

159が中手聖一氏だと思います。(推認)

 姑息な情報操作を行っています。時系列をわざとゆがめておいでです。

 そして、IDをクリックしても、他の発言が検索できず変動アドレスを使っていることも怪しいです。


187. 2011年11月10日 00:04:48: 6Wiw30d65c
悪知恵を使う悪魔と利権を失うことに怯える小心者が、現状を「問題ない」として安全デマを流す。そしてその自覚さえない愚か者でもある。全く迷惑千万な話である。
放射性物質は正直だ。推進派にも反対派にも平等に、容赦なく降りかかる。
真実は、やがて歴史によって証明される。

188. 2011年11月10日 00:40:41: pEgCpfCxXY
歴史が、つねに権力の歴史だったとすれば、
真実の歴史ではなく、真実のかかれにくい歴史、
権力による事故の影響は皆無である宣言の歴史、過小評価の歴史だった。
これからはちがう。
ネットがあるし、阿修羅がある、ツイッターがある、
2chがある、ブロガーがいて、ユーストがあるのだから。
民衆の声、民衆の表情、民衆の厳しい現実がつぶさに記録されていく。

189. 2011年11月10日 01:09:38: HNxCUNdpWc
>>39・158様へ

【原子力基本法】
放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律施行規則
昭和35年9月30日総理府令第56号
最終改正平成17年 6月 2日文部科学省令第36号
「文部科学大臣の定める線量限度」
第14条4項
「規則第1条第1項第2号ハ及び第5号ハに規定する線量限度は、
実効線量が4月1日を始期とする1年間につき1ミリシーベルトとする。」
http://takedanet.com/2011/04/481_ecc3.html
http://takedanet.com/2011/10/post_ea4a.html

「ふくいち」爆発以降
線量限度:1mSv/Y→5mSv/Y→20mSv/Y福島→100mSv/Y以下は不明
暫定基準値:5mSv/Yから平均的な摂取量などを基に算出→実は17mSv/Y→武田氏20mSv/Y
生涯被ばく線量100mSv:外部+内部→内部のみ
http://mainichi.jp/select/science/news/20111028k0000m040073000c.html

>>現状の各核種の数値を載せてください。量が大切ですよ。甲状腺がんが発症するレベルなのですか?できれば、大本営発表以外がいいな〜。おもちでない?それは残念です。

君も日本政府及び保安員・東電と同様の人種みたいですね。
数値・量・レベルが大切?
今更「数値・量・レベル」に何の意味があると言うのかな?
メルトスルーした「ふくいち」から毎日放射性物質が放出されているのは事実。
しかし日本政府は屁理屈をこね嘘を言うから「外国」から見放される。
http://www.youtube.com/watch?v=i4RqW0RsSGY

以下が「現実であり事実である」
https://sites.google.com/site/sos311home/

「甲状腺がんが発症するレベルなのですか?」
「危機は去ったのです」のジョークを言っている場合では無い。
工作活動も良いが「人命」に関わるリアルコメントに対してはご遠慮願いたい。
私は子供が苦しむ姿を見たく無い。
そこだけは理解してくれ。

★この件に関しての自スレは終了する。


190. 2011年11月10日 01:20:05: FFdWln335M
「自分に似せて相手を見る」という言葉があります。
原発村やその手先の人たちは、だれも、自分たちの様に利権に群がり、私利をむさぼるとしか想像できないようです。
相手にしても仕方ありませんが、中手聖一さんは、高線量地域、福島市渡利に住んでいて、渡利地区全体の避難の権利獲得のため、地元にとどまって活動している人です。
原子力村の人たちは、講演料に釣られてデマをいいまくることを通例にしているので、中手さんについてもそうとしか思えないのかもしれませんが、中手さんがそんなことをやったらネットワークで追及されます。中手さんは、先頭に立って活動していますが、独裁権をもっているわけではなく、多くのメンバーの一人にすぎません。

原子力村の人物は、山下俊一はいうに及ばず、杉浦紳之なるものも、4月10日に飯舘村で講演を行い、飯館は「最南端部を除けば安全」と吹きまくったのですが、なんと、その翌日、飯館村全体が「計画的避難区域」に指定され、講演を聴いた村民が呆れかえっていました。
要するに、この杉浦なる人物は、飯館村の実情も、それをめぐって政府がどう動いているのか、といった基本データすら知らずに、講演料に釣られて「安全」というあらかじめの結論を粉飾して喋りまくっただけだったのです。
これが、あちこちを跋扈している御用学者の典型です。こうした者が、福島でもTVでも、デマを繰り広げています。
多くの人は、こうした御用学者の実態を学びつつあります。
工作員諸子、いいたければ、なんとでもいいなさい。
これ以上の相手は不要でしょう。


191. 2011年11月10日 04:01:47: Y4z2FI9WCY
>>169
>>179

これをご覧ください。
http://i.imgur.com/H2OJc.jpg

東海村のある茨城、首都東京を即座に正確な計測ができた基準点として、
それ以外の地域は汚染マップから茨城・東京との汚染を比較して類推してください。


192. 2011年11月10日 04:34:14: CjFKASiZWU
私は、上の工作員のうちの一人と何回かやりとりを別のスレでやった者ですが、
そのスレの中で、そいつはECRRはうそつき団体だと言ったんですよ。

私はECRRについては大してよくわかってないものですから、
「ウソだというなら、どこがウソなのか言ってみなさい」
といったら、

「〜先生はこう言っている。」という返事でした。

「それじゃあ、その先生の言っていることを私にわかるように解説しろ」
と言ったら、

「自分は文系だからできない」
「立派な科学者の集まりであるICRPは間違わないはずだ」
「最高の権威を信じるしかない」
と、言うんですね。

その、あまりの素朴さ・正直さに、ポカーンとしつつ
「それじゃあ、お前は自分の頭で考えてないんだな」と言っておきました。

そんな程度の奴なんですよ。上の連中のうちの少なくとも一人は。

http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/169.html
(75番のコメントあたりからそのやり取りがあります)


193. 2011年11月10日 04:50:49: CjFKASiZWU
ただ、思うに、連中がつけこんでくる、ECRRについて、また、ICRPの問題点について、
「誰が見てもわかりやす表現で」
「歴史的経緯を踏まえつつ」、
「それらの理論について簡潔に解説している」

そういったものが待たれているように感じます。そういうスレが立つことを期待します。(じゃあ、お前がやれといわれそうですが・・・)

なお、そういうスレが過去にあったり、別のサイトなどに上記の条件を満たすようなものがあったら是非、教えてください。

私は、今のところ、以下のHPを見つけました。結構いろいろとまとまっているので参考にしやすいと思います。

http://www.inaco.co.jp/isaac/


194. попугая 2011年11月10日 05:26:51: LyPx/R7YaX1jo : 6PH8Onh8lI
Busby(バズビー)をバスビーと言い続けている人がいますが、ズが発音できないお国のひとでしょうか。wiki日本語版でもやはりバスビーとなっていますが、その後関係の人でしょうか。

195. 2011年11月10日 05:59:34: ssm119tBLs
>189
http://www.youtube.com/watch?v=i4RqW0RsSGY
”外国人向け保安院・東電の会見がついに無人に”

これは、雄弁な映像ですね。「嘘つきは、相手にしない」
という外国人記者の基本姿勢から、こういう結果が起こるんで
しょう。

工作員も、嘘つきかどうか、その一点に注意すれば、良い
ので、彼らが撹乱作戦のためにだす御用学者の膨大なデータとかは、
検討する必要はないんです。

嘘つきとは、議論はできないのですから。外国人記者の
行動は、それを示しているということです。


196. 2011年11月10日 06:28:10: JF9tIUudZA
>195

good job!


197. 2011年11月10日 06:32:51: JF9tIUudZA
そうですね。

Liar(嘘つき)というのは、欧米では最大の侮辱になるらしいですね。


200. 2011年11月10日 07:34:14: zRaGUBDvoI

178. 浅見真規 2011年11月09日 22:17:53: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk は撃沈か?だらしない。よく知りもしないくせに、大口叩くもんじゃない。


201. 2011年11月10日 07:36:43: RQpv2rjbfs
急性リンパ性白血病は小児に多い病気なので、ちょっとめずらしい。
そういえば最近、身近なところでガンになるひとが増えている気がする。
気のせいだと良いのだが。


202. 2011年11月10日 07:38:30: HLRzSi8BBE
25
長期低線量被曝データあります。
東電が原発でとってます。
がんや白血病になるのが0.4%増えるそうです。
これはドイツで放送された、がんや白血病100万人増えるというのに一致もしています。

203. 2011年11月10日 07:40:13: HLRzSi8BBE
202
4%でした。

204. 2011年11月10日 07:59:28: XSidi5vVPg
原発事故も詳細なデータを示して放射能漏れなどありえない話、爆発など今の原発ではありえないと、入れ替わりたちかわり東大やらりっぱな大学の先生が、原発立地地域にきて話されました。
心配する住民の質問を鼻でせせら笑う、というようなこともありました。
上から目線で、いやな感じでした。

今ではぜーんぶウソだとわかりましたが。


205. 2011年11月10日 08:15:10: BWo49Uxn7A
>198

じゃあ君の言葉を、ここに、引用しておこう。誰かエライ先生のことばじゃなくて。

「俺は自慢じゃないが、文系だ。放射能のことなど専門外だ。だったら、もっとも権威が高い組織の、偉い科学者の意見を信じるしかない。たとえ、原子力推進が主目的の組織だとしても、多くの科学者が参加している組織なら、とんでもな説は唱えないはずだ。まともな科学者なら、ちゃんと良心がある。「プロジェクトX」に出てくるような科学者が、ちゃんと委員に選ばれているのではないかと考えたい。」
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/169.html#c108

と、言ってるネ。

そいでもって、ちょっと上の方で、>>139
「私は、放射能に対する正当な知識をもっているので、正当にしか怖がれません。こんな微量の放射能で人を脅そうとなさらないでください。」

といってるネ。

これを総合すると
「俺は文系で放射能のことは専門外だ。だけど、放射能に対する正当な知識をもっている。」となるネ。

ホントに面白いね。君は。


206. 2011年11月10日 11:56:04: rrhrFN6JLd
放射線は普通にある病気を引き起こす引き金になるだけだから政府や東電は因果関係は無いと押し通すつもりである。放射線が引き起こす特定の病状があれば訴えることができると思うが。火事の煙からは逃げるのに無色透明な放射線に対しては逃げないのは情けない。色や匂いがついておれば人間誰しも逃げるのにと思う。ちなみに私は関東以北の物は出来るだけ食べないようにしている。

207. 2011年11月10日 12:52:42: WFUgPaWZMk
25=202=203=他 様へ

あなたの意見は、山下俊一氏が福島県 人をモルモットにしているという主張であり、私がもっとも忌み嫌う立場です。全くの濡れ衣です。彼を罠にはめ、その誹謗中傷を行った張本人 が、私が今糾弾を開始している中手聖一氏です。

我が投稿「180」を、自分で検証されて、彼の卑劣な工作活動に気づいてください。

彼は、どこの講演でも、クライマックス場面では言葉をつまらせ、道場を誘っているようです。悪者は山下俊一であると、プロパガンダを続け たのです。講演や寄付による収入は、彼名義の口座に1500万円以上積み立てられているとの情報もあります。彼の今までの行いには、検証と 監視が必要です。

その4%のデータの出展を教えてください。勉強します。でも、ECRRは勘弁してください。嘘ばっかりですから、読むだけ無駄です。

あなたの投稿よりも、あなたがいちゃもんをつけた、22さんの投稿を支持します。

204様へ

これは糾弾すべきです。でも、その責任追及が、なぜ無実の山下俊一教授に向かうのでしょうか?彼は科学者として、当然のアドバイスを行っ たまでです。本当に「レベル7」に相当する放射性物質がばらまかれていたなら、主張は全く変わったでしょう。放射線値は「レベル5」を物語 るものだったので、「年間20ミリシーベルト」は全然問題なし、「年間100ミリシーベルト」までなら有意の差がないことを、彼なりの言葉 で住民に伝え安心させようとしただけです。中手聖一氏らの妨害がなければ、福島県への風評被害は、もっと少なく、冷静な情報交換ができたは ずです。

誰もが過ちを犯します。その過ちがわかったときに、どんな態度をとるのかで、その人物の評価は決まります。

中手聖一氏一味の猛省を望みます。

205君へ

我が投稿に矛盾はございません。工作などせず、正直に書いています。

私は文系なので、放射能に対する知識は一般国民並です。しかし、訳あって、たまたま阿修羅掲示板の原子すれにて、放射能コワイコワイ派と 戦う立場になったので、できる範囲で勉強をしました。

読んだ関連書籍は下記です。 「エコロジーという洗脳」「大災害から復活する日本」「原発事故、放射能、ケンカ対談」「放射能のタブー」以上は副○○○氏関連です。 「 いちおう、放射能コワイ派の言い分を聞いておこうと、下記も読みました。

「内部被爆の真実」児玉龍彦氏(でも、この人自身が嘘つきだなと思いました。自分のブログでも追究しています。)

下記の映像なども視聴しました。(私の評価)

東大名誉教授西村肇報告 福島原発事故は、チェルノブイリの10万分の1、おおくとも1000分の1(120点:前提条件として国民必見の 動画) http://hukushimagenpatu.seesaa.net/article/199710949.html

広瀬隆10月30日 埼玉県蕨市における講演会(20点:レベル7を妄信) http://www.youtube.com/watch?v=bILZkytft1s&feature=related

2011.07.27 国の原発対応に満身の怒り - 児玉龍彦(20点:都合よく脚色)

http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo

福島からの訴え「被害はいま起きている」中手聖一 2011.4.30(-120点:悪魔。工作、嘘、誹謗中傷のオンパレード) http://www.youtube.com/watch?v=kVdU7nLF-3g

情報を開示し子供と妊産婦を守れ(100点:当然の主張で誠意あり) 松本市長 菅谷 昭 氏 http://www.fng-net.co.jp/itv/2011/110606.html

笹川財団・緊急シンポジウム「福島原発事故 〜”誰でもわかる”現状と今後」2011年4月5日開催 (120点:これだけ観れば十分です)

http://www.ustream.tv/recorded/13786085#utm_campaign=synclickback&source=http://www.nippon-foundation.or.jp/org/news/2011032901.html&medium=13786085

(15分から会が始まります。2時間以上と長いですが、「正当な放射能に関する知識」が得られます。)

その他、膨大なブログを読み、そこそこの知識は得ました。「放射能のタブー」こそがその叡智の結晶であり、山下俊一先生をはじめ、ICR Pの主張こそが正しいのだと判断しております。鵜呑みではなく、熟慮の上の判断です。

皆さんは、何でもかんでも嘘つき扱いしてどうしたいのでしょうか?政府も東電も大嘘付きです。でも、ICRPは嘘をついていません。 ECRR、バスビー、中手聖一氏らは嘘つきです。類は友を呼ぶです。その嘘に洗脳されている皆さんも、結局嘘つきです。もっと視野を広くし て、正当な知識をもちましょう。そもそもの原因は、副○○○氏派の意見をカルト扱いして抹殺したことです。我が投稿も、どんどん削除された りしています。そういう姑息なことは、決してなさらないようにお願いいたします。


208. 浅見真規 2011年11月10日 13:20:41: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
*****>>200の転載開始*****
200. 2011年11月10日 07:34:14: zRaGUBDvoI

178. 浅見真規 2011年11月09日 22:17:53: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk は撃沈か?だらしない。よく知りもしないくせに、大口叩くもんじゃない。
*****>>200の転載終了*****


何の事を言ってるのかな?

私の>>178のすぐ後の>>179の「放射線防護学研究者談」が
私の>>178を撃沈したとでも主張してるつもりか?


*****>>178の転載開始*****
178. 浅見真規 2011年11月09日 22:17:53: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>169
>胎児・乳児から大人まで、メイド・イン・チャイナの放射性ストロンチウムで汚染されたのです。


憶測で、そういう主張をせずに、敦煌なり楼蘭なりの砂か土を採取して持って
帰って測定すべきだ。
測定もせずに中国憎しで勝手に憶測で超高汚染だと述べるのは非科学的だし、
福島第一原発事故の放射能汚染を隠そうとする意図があるように感じられる。
*****>>178の転載開始*****


敦煌なり楼蘭なりの砂か土を採取して持って帰って測定したのか?
そんな話があったら、日本のウヨクだけでなく欧米のマスコミも飛びついて
もっと話題になってるはずだ。


209. 浅見真規 2011年11月10日 13:22:23: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>179の「放射線防護学研究者談」に対する添削(その1)
*****
> 私は2000年に東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)と接する
>隣国カザフスタン政府からの要請で、国境の町における中国の核実験からの
>核の灰の降下による健康被害を調査しました。


カザフスタンは旧ソ連のセミパラチンスク核実験場のあった国だ。
だいたい、汚染物質というのは偏西風に乗って東に移動しやすいのに
中国の西側の旧ソ連の核実験場のあった国で放射能汚染調べても
中国の放射性物質と断定するのは、まともな研究者のする事ではない。

私は>>178で、「敦煌なり楼蘭なりの砂か土を採取して持って帰って測定すべきだ。
測定もせずに中国憎しで勝手に憶測で超高汚染だと述べるのは非科学的だ」と述べた。
敦煌や楼蘭の観光地には日本人でも立ち入れるはずだ。無理を言ってるのではない。

尚、「放射線防護学研究者談」の元になったと思われるウヨク「高田純」は
夏目雅子が白血病で死んだのはシルクロードに行ったからだとするが
夏目雅子はシルクロードに行ってないそうである。

wikipedia「高田純」
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/高田純_(物理学者)
>実際は夏目雅子はシルクロードには行かずに撮影をしている。

*****
要するに、中国嫌いのウヨクが憶測で中国が核実験で大量の放射性物質を出して
それは福島第一原発事故より日本を放射能汚染してるとして次のように述べている。

>核の黄砂により内部被曝した日本人が仮に1億人とすれば、その影響の大きさは、
>福島のおよそ1700倍も大きいのです。


次のグラフを見ろ。福島の方がはるかに高い。
(下のグラフを見る場合、左側の目盛りが十倍、十倍となっている事に注意)
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6093.jpg


210. 浅見真規 2011年11月10日 13:26:35: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>208 >>209 のつづき、
*****
>>179の「放射線防護学研究者談」(ウヨク「高田純」のものと思われる妄言)に対する添削(その2)

>先住民族のウイグル人


中国のロプノール核実験場のあるタリム盆地の先住民は「月氏」と中国の史書に
書かれている白人に近い民族で、楼蘭で発掘された「楼蘭の美女」からも裏付け
られている。
月氏は約二千年前の漢の時代に匈奴に追われてキルギス方面へ逃げた。
匈奴に苦しんでいた漢は月氏に共に匈奴を討とうと提案したが断られ、単独で
匈奴を討ちタリム盆地を漢朝中国領とした。
尚、その後、唐の時代にチベットに征服され、その後、モンゴルを追われた
ウイグル人が住み着いたのだ。

wikipedia「楼蘭」参照
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/楼蘭


wikipedia「ウイグル」参照
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ウイグル
>回鶻可汗国

>こうして回鶻可汗国(744年 - 840年)を建国した骨力裴羅は東突厥の旧領を支配し、
>新たなモンゴル高原の支配者となった。

>・・・・・(中略)・・・・・
>回鶻可汗国の崩壊後

>回鶻可汗国は天災と内部紛争によって崩壊し、その一部は西の葛邏禄(カルルク)へ逃れたり、
>吐蕃,安西(タリム盆地)へ逃れたりした。


211. 浅見真規 2011年11月10日 13:32:43: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>209の補足

>カザフスタンは旧ソ連のセミパラチンスク核実験場のあった国だ。


のソースは、wikipedia「セミパラチンスク核実験場」参照。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/セミパラチンスク核実験場
>セミパラチンスク核実験場(Семипалатинский ядерный
>полигон)は、旧ソビエト連邦の核実験場のひとつであった。カザフ共和国
>(現カザフスタン)の北東部、セメイの西方150kmの草原地帯にあり、面積は
>約18,000km²(四国の面積にほぼ等しい)。


212. 2011年11月10日 13:50:32: KLH2GxM9jo
いいぞ!
浅見真規!

おれはあんたを応援するぞ!
俺が悪かった!
膝をついて謝る。
時々調子がはずれるが、振り返ってみれば、「だいたい」あんたの言ってることは正しいぞ!

「わからん」ときは「わからん」とさえ言えば、あんたは最高だ!

俺がついている。(演繹⇔帰納 議論をふっかけた俺だ)落ち着いていけ!


213. 2011年11月10日 15:10:11: pPJ5gJb78A
被曝は大したことはない、安全だという人は、福一30キロ圏に引っ越して、
福島産の農作物をバクバク食べて、安全であることを証明すべきだろう。

不動産は暴落状態。広大な土地、建物が安くに手にはいるぞ。
毎日、生活と健康状態をネット中継したらどうか。

副島センセ以外は誰もそんなことをしない。

危険であると認めているも同然ではないか。


214. 小心者のゲロリン 2011年11月10日 16:13:07: Jt4QoLu1sw5Ys : n2depzhT5w

またまた、洗脳お猿の復活と大量連投が、復活しとるではないか・・・にゃ?

<重要情報>にゃ。拡散するんニャッッ。

騙されてる場合や無いにゃ。お猿さんやボンクラはんのまま、死んでいってるばやいや、ないにゃ。利権役人・議員は、ボッコぼこッ、バンッラばらに、してまえッッッ!!!・・にゃ。イテマエッッッ!!・・・ニャッッ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「財務省が隠す650兆円の国民資産」
高橋 洋一 (著)・ 講談社・ 1680円

(1)まず「日本政府の貸借対照表」(p.160)を眺めよう。 「日本政府が抱える約500兆円の金融資産のうち約300兆円を占める『現金・預金』『有価証券』 特殊法人への『貸付金』『出資金』などは、すぐに国民の手に戻すことができる。」(p.161)

(2)「日本[政府]には約650兆円の資産があり、これを国民の手に取り戻すまでは増税を許してはならない。」(p.10) 「650兆円のなかには土地や建物など、すぐには換金できないものが含まれているが、おおまかにいって300兆円の金融資産は、数年以内に現金化し、国民のために使えるのである。 これは、十数兆といわれる東日本大震災の復旧費の約二〇倍。復興増税の必要などないし、大不況に苦しむ日本経済をV字回復させることもできる。」(p.13)

(3)「二〇〇五年、三一の特別会計を探査したところ、全体では実に四六兆円もの資産超過になっていた。 こうした埋蔵金は、特別会計のなかにプールしておくと役人に無駄遣いされかねないので、取り上げて国民のために使ったほうがいい。」(pp.237-8)

(4)「二〇一一年六月一六日、超党派による『増税によらない復興財源を求める会』が、復興財源について、復興債の日銀買収や埋蔵金での対応を求めた。」(p.208)


税金で殺され、財産を失うのは、真っ平だ! 福島原発事故の真犯人たちは
今も、酒池肉林の世界で ほくそ笑む。

政治家、官僚、特殊会社、マスコミ……
それらを すべてを牛耳る 裏支配者が握る 数百兆円を白日の下に!

元財務相幹部による史上最大のスクープ
増税は不要、今すぐ使える「300兆円」を震災地と日本経済のために!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

5〜6人も、シト雇ってたら、年間500万も、社会保険料が溜まるにゃ。
その、5シャクマン、社保庁からの指図で、信金で押さえられて、ソックリ強奪されたことを、おもいだしたにゃ・・・。コロすにゃ。

あんときは、ジェイキンじゃから、しかたあんめぇ〜・・と気持ちよくなっとくしてたけんど・・・ケンド、・・・どたまカチ割ってやる・・・。

ゴラァァァァ−−−・・・ッッッ!!!
オンドリャァァァ−−−−ッ
シトの良さに、ツケコミヤガッテェェェ−−−

コロすニャ・・・本気で。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国50発以上の原発・核然サイクルの、
最も非効率・超高額発電・原始的な
最も時代遅れの<蒸気機関>を
いますぐ、完全廃炉にしろッ!!

小沢を裁判に引きずり出すなら、
東電幹部を、・保安院(員を直したぞ)も含めて、
真っ先に裁判にひきずり出せッ!!

※別段誰の信者でもないが・・・・。


もう、税金など、ビタ一文払うなッ!!
当てにするな、官僚・役人・政治家・・をッ!!
・・科学ならぬ科学宗教を標榜するガクシャもな。
目覚めろッ!!
(わしらは、奴隷なんだ・・そこは、真っ先に、
自覚した方がいい、お父さん、お兄さん・・・
自分自身の足下・生活を見れば一目だろ?)


玄海再稼働の猿芝居を止めろッ!!
バンバン抗議の電話・メールをしまくれ・・。
デモかけろッ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


電磁推進機構研究者談・紳士顔、偽善顔した利権のヤカラ掃除係
小心者のゲロリン



215. 2011年11月10日 18:09:24: FRMitvoaVD
204です。

207さまから返事をいただきましたが、なんのことか、よくわかりません。

専門家は、いろいろな考えや背景をお持ちでしょうが、原発が爆発するかどうかは
数あるいろいろな危険のたったひとつなのです、。
これまで、公害にしても薬害にしても危ないよ、と教えてくれた先生の
言うとおりになっているのです。
子育てしている私たちは役所やそれにつらなる企業や専門家の安全だという
言葉を信じて散々な目にあったり、子どもを危険から守れなかった、と悔しい
思いをしているのです。
権力欲、金銭欲、何とか欲のおじさんたちにひどい目にあってきたのです。

私たち普通に暮らしているものは学問的とか科学的とか言われてもそれを
正しいかどうか検証する力も時間もないのです。
これまでひどい目にあってきた経験や政治家や役人がそれにどういう態度で
のぞんでいるかで判断するしかないのです。

214さま
たくさんの情報、ありがとうございます。
でも ご安心ください。
私たちは、最悪の場合を想定してこどもたちを守らなければならないと
考えています。
専門家の「だいじょうぶ」には2度とだまされませんから。


216. 2011年11月10日 18:32:35: dF70iIp4aj
大塚さんのことは気の毒でならない。偶然必然は知らぬが、大塚さんがこの世去るのは時間の問題ではないだろうか。本人が知らぬまま放射能汚染食品を毎日朝から食させられていたとすれば、これは問題だ。首都圏の人々も、結局は全て他人事でやっている人が多いから、こんな結果になるのではないのか。卑怯卑劣なトーデンも政府も真実など言わぬから、実際には東京とその周辺はもう相当大変な状況になっているのではないのか。気がつけば我々庶民殆どが放射能でやられてしまっていたということになるのだろう。因果応報、輪廻転生、諸行無常、南無阿弥陀仏。そして、誰もいなくなった・・・。

218. 2011年11月10日 20:14:48: 8aBhErjpAg
 「阿修羅掲示板」は放射能による国民洗脳の本拠地であり、風評被害の元凶です。

 こんな低レベルのスレで、放射能について正しい知識を得られるなどと思わないでください。

 そんながらくたの中から、光り輝く真実の投稿を発掘しました。

 震災発生後、わずか10日以内に載せられた記事です。ここで解説されているレベルに、国民が正しく放射能を理解していたなら、今日のように、人々が放射能に怯えたり、風評被害で福島県の人々を傷つけ続けたりする事態は避けることができたはずなのです。

 国民は、真摯に反省すべきです。山下俊一教授に対する誹謗中傷を即刻中止し、逆に彼を誹謗中傷してきた中手聖一の非道な行いを糾弾すべきなのです。

 詳しくは、下記投稿を読んで、真実に気づいてください。

 2011年3月21日14時- 山下俊一氏・高村昇氏「放射線と私たちの健康との関係」講演会((東北関東大震災 記者会見まと
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/283.html
投稿者 たそがれ竹べえ 日時 2011 年 4 月 14 日 17:14:07: EzRc1UvJydDio

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない内容の投稿
219. 浅見真規 2011年11月10日 21:02:33: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>217
>総量37万テラから創作した数値だと思っています。
>総量は西村肇説の100テラだと考えておりますので、
>私は上記の最後の結論には賛同しません。


先々週、ヨーロッパの研究者が相次いで日本政府や東電発表の放出量数値は
過小評価だと発表しました。
私は、もしかしたら、それよりさらに多いかもしれないと思ってます。

関東地方の放射性物質の大部分は3号機爆発のあった3月14日のものです。
しかし、3号機爆発のあった3月14日放出分の大部分は一旦は海に流れました。
その一部が関東地方に流れてきただけなのです。それでも千葉県で大気圏核実験
時代のピークを超えたのです。

尚、ヨウ素131換算する場合はセシウム137のベクレル値は40倍、セシウム134の
ベクレル値は3倍せねばなりません。
総放出量がレベル4並のヨウ素131換算100テラという事は絶対にありえません。

それでは副島一派が阿修羅掲示板で制限を受けるのもやむをえないでしょう。
はっきり言ってカルトです。
もちろん、反原発過激派もデマやデタラメ投稿をしまくり、えてして、そういう
反原発過激派のデマがアクセス第1位とか上位になる事も多いのも事実です。
そういうわけで、iyao氏に投稿制限された阿修羅掲示板の管理人さんは不公平な
判断をされてると思いますが、副島氏の掲示板はさらに不公平でしょう。

大半の人は、理系科目が苦手だったり、理系教育を受けてなかったりで、原発や
放射線・放射能について自分で判断できず、専門家を信じざるをえない状況
ですが、その専門家が原発推進派も反原発派もデタラメ・ウソ・デマを
言ってます。
その結果、副島・高田純一派も反原発過激派もカルト的様相を示しています。


>1960年代は、現代(原発事故以前)の10000倍の放射性物質が
>あったは事実です。


産経新聞HP記事にあった次のグラフを見れば、たしかに2010年末は米ソの
核実験が盛んだった1963年頃の一万分の一程度ですが、福島第一原発事故で
百万倍程度に跳ね上がってます。
http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6093.jpg


220. 浅見真規 2011年11月10日 21:28:51: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
副島氏とその弟子達が事故後の3月28日に福島第一原発正門(事故のあった原子炉
建屋から、ほぼ西に約1km)で携帯型線量計で計測されたそうですが、地面付近で
毎時1100マイクロシーベルトを超えて振り切れたそうですね。

それで、どうやって総放出量がレベル4並のヨウ素131換算100テラ程度だと言えるの
でしょうか?
根拠不明です。


221. 2011年11月10日 21:32:40: Y4z2FI9WCY
>>198
あれれ?本当ですね。夏ごろまではつながったんですけどねえ。申し訳ありません。
画像に書いてあるように西村肇氏が大本営発表と呼ぶ文科省のデータとは違います。あしからず。

>>209
お、そんなところに残ってましたね。お手数おかけしました。


222. 2011年11月10日 21:33:51: m1rXStSFx6
浅見君へ

 そこまで言い張るなら、西村肇東大名誉教授の仮説が、どのように誤っているのか解説してください。その解説が、信頼できるものであったなら、私はあなたに賛同してもよいです。ぜひ、お願いします。

 なお、学問道場では、下條氏がこの分野を分担されています。その最新の投稿は、
[763]福島第一原発から放出された放射性物質量の見積もりがいろいろでてきました
投稿者:ジョー
投稿日:2011-10-27

 です。あなた程度では、上記の投稿を論破できないと予想しています。

 ヨーロッパの研究者が前提条件としているのは、大本営発表の数値でして、その大元は、下記です。あなたは、この論文にさえ到達していないのでは?その程度で、自分こそが正しいと妄言を吐くのは、ほどほどにしてください。

(引用開始)
さて、「放射能のタブー」という本で、私は「政府は大気放出の根拠を発表していない」と書きましたが、実は、政府発表のデータの根拠は
Journal of Nuclear Science Technorogy 48, 1129-1134 (2011)
という英文雑誌に、Chino という人の名前で投稿されていました。上の論文でも引用されています。ちなみに、「放射能のタブー」を書いているときは、この論文は知らなかったので「政府は大気放出の根拠を発表していない」と書きました。

日本政府が計算した放出量が高い主な根拠は、3月15日9時から15時まで、6時間、毎時1万テラベクレル(合計6万テラベクレル)が放出されたというものです。

実は、この論文、ひどいものでした。計算の根拠、とくに、この3月15日の放出量の計算の根拠がよくわからない。Journal of Nuclear Science Technorogyは、論文誌なので、問い合わせがきたようで、彼らは8月22日に訂正を、なぜか日本語で出しました。「福島第一原発事故に伴う131Iと137Csの大気放出量に関する試算U −3月12日から15日までの放出率の再推定−」です。
(引用終了)

 私もうんちくをたれているのは一緒ですが、少なくとも皆様よりも大局観(属国日本論)で、この問題を捉えているので、誤認や錯誤は少ないと思っています。


 私の場合は、素人



[削除理由]:アラシかも
223. 2011年11月10日 21:50:00: aYyqBoYxYg

 英国では、1998年8月に、中国の核実験によるシルクロードにおける悲惨な死を主題にしたドキュメンタリ「Death on the Silk Road」が放送されたと聞く。この番組は、欧州諸国をはじめ83カ国で放送され、翌年、ローリー・ペック賞を得た。しかし残念ながら、私は、日本で放送されたのを知らない。はたして、この番組は日本で放送されたのだろうか。まだ見ていないこのドキュメンタリーだが、私の主張が現地ウイグル人の悲惨な死に対して、最初の科学根拠を与えるものとなるだろう。

 放射線防護学研究者談


224. 2011年11月10日 21:55:06: aYyqBoYxYg

 2011年に福島第一原発で起きた事故は、1986年4月26日のチェルノブイリ原発事故とは全く性質が異なり、比べ物にならないくらい小規模なものです。

 ソ連製のチェルノブイリの原子炉には格納容器がなく、運転員の不手際など複数の要因が重なって核分裂反応が暴走し爆発を起こしました。福島では、地震が起きた瞬間にP波を検知し、危険なS波が到着する前に核反応は自動停止していたので、炉心の爆発は無かったのです。

 チェルノブイリの原子炉は、減速材に水を使用する福島第一原発の軽水炉とは違って黒鉛が使用された黒鉛炉だったため、事故によって黒煙が高温になって大きな火災が発生しました。それにより、格納容器の無かった原子炉から、10日間にわたって放射性物質が大量に放出され、その熱で上空に舞い上がったために数百キロメートル遠方でさえ高レベルに核汚染が広がりました。

 黒鉛とはつまり炭素なので、非常に燃えやすいのです。それを核燃料の近くに配置しているのですから、黒鉛炉というのは極めて危険な構造だといって良いでしょう。それでも黒鉛炉を使用したのは、核兵器に使用するためのプルトニウムの生産に適していることが最大の理由と見られます。北朝鮮も同じ目的からこの黒鉛炉を保持していますね。

 この黒鉛火災によって噴き出した大量の放射能は2エクサベクレル(2×10の18剰ベクレル)により、事故直後の消化に当たった消防士や原子炉の運転員らの多くが甚大な放射線を受けました。

 合わせて129人が重傷を負い、翌27日にモスクワの専門病院に収容されましたが、その内の30人が急性放射線障害から致死線量に相当する1から14シーベルトの線量(レベルBからA)を全身に受けて、急性放射線症状を示していました。最終的に28人が死亡しましたが、そのうち放射線が直接の死因だったのは17人でした。

線量6段階区分
危険:A〜Cの単位(シーベルト):ウイグル、広島・長崎、チェルノブイリ
A:4以上・B:1〜3・C:0.1〜0.9
安全:D〜Fの単位(ミリシーベルト):福島、東海村、スリーマイル島
D:2〜10・E:0.02〜1・F:0.01以下

 福島では津波により亡くなった職員以外に、核放射線による急性死亡は1人も出ておりません。また、被災直後の急性放射線障害の患者もいません。現場の職員たちも被曝量はレベルC以下と推察できます。これらの事実から、福島は、チェルノブイリと比べ、核災害規模は格段に低いことが明らかなのです。

 ソ連の事故調査委員会は事故の翌日27日になって緊急避難準備である250ミリシーベルト(レベルC)として、3キロ離れたプリピチャ市の住民4万5千人を避難させます。また、事故から7日〜8日経ってようやく30キロ圏内の住民、牛や豚などの1万6千頭の家畜の避難を開始しました。

 今回の現地調査からは、福島の場合、水素爆発のあった3月中旬でさえ、1日当たりの線量はおよそ1ミリシーベルトに満たない低いものでした。(文部科学省発表)

 20km圏内からの避難者は概してレベルDであり、核放射線よりもむしろ長期の避難生活による健康面や経済面の損失が顕著です。

 核分裂反応が停止した炉心内の放射能の総量は、時間の経過とともに低下します。その法則は、7倍の時間で10分の1に低下する、すなわち、1週間で10分の1、49日後に100分の1、そして1年後に1000分の1になるのです。したがって今後も放射線は徐々に弱まっていきます。

 黒鉛火災のなかった福島の場合には、発電所敷地外の環境に漏えいした放射性物質は限られた量と種類でした。およそ30日後に現地に持ち込んだ携帯型スペクトロメータでの調査の分析で、最も放射線影響のあったのは半減期8日の放射性ヨウ素、2番目が半減期2年の放射性セシウム134、3番目が半減期30年の放射性セシウム137でした。

 そのため、半減期の短い放射性ヨウ素が急速に消滅し、最初の1ヶ月間で福島および関東圏の環境の放射線は、4分の1以下に弱まりました。

 今回福島県で、20キロ圏内からの避難住民を中心に、甲状腺に沈着した放射性ヨウ素量を、県民希望者66人に対し検査しましたが、最も値が高かった人でも3.6キロベクレルで、甲状腺がんのリスクは全くない範囲です。チェルノブイリ事故時の被災者の甲状腺線量の最大値は50グレイで福島の10000倍。周辺ウクライナ、ベラルーシ、ロシアの3国で4000人を超える子供たちが甲状腺がんになりましたが、この調査結果から福島と周辺での甲状腺がんをはじめ、発がんリスクはないと予測できます。

 放射線防護学研究者談



[削除理由]:アラシかも
225. 2011年11月10日 21:59:04: m1rXStSFx6
浅見君も、221君も、人の話をちゃんと聞いてますか?

http://www.asyura.us/bigdata/up1/source/6093.jpg

 の出典は、

東京都健康安全研究センター

でして、公的機関(厚生労働省と関係が深い)なのです。
つまり、大本営です。

 アメリカと日本政府が、結託して「レベル7」の一大キャンペーンを行っているのです。公的機関の発表は、まったく当てにならないのです。何の背景をもたない、民間組織のデータでなければ、まったく無意味です。

 各地の平常時の放射線値と、事故発生当時の放射線値の変動率は、7倍〜800倍程度のようです。放射能物質の飛散は、当初の三日間にほとんど限られることから、平常時の100万倍に跳ね上がったなどというのは、大嘘だと私は思っております。

 文系の私でさえ、このような概算ができるのですから、うんちくたれたれ派の皆さんこそ、正確な数値を導きだしてください。私も大変興味があります。

 なお、私は、まさに放射能「10000倍の頃」に産まれました。皆さん、安心してください。私がこうやって投稿しているのが、何よりの証明です。

[削除理由]:アラシかも
226. 浅見真規 2011年11月10日 22:22:00: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>222
文部科学省HPにある
「文部科学省による埼玉県及び千葉県の航空機モニタリングの測定結果について」
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092917_1.pdf

の末尾のセシウム137沈着量地図で福島第一原発から北西方向に伸びる赤色の
高線量域には少なくともセシウム137が毎平方メートル3000kベクレル言い換えると
毎平方キロメートル3テラ・ベクレル、黄色の地域にはセシウム137が少なくとも
毎平方メートル1000k言い換えると毎平方キロメートル1テラ・ベクレル存在
します。

赤色の高線量域を幅2km、長さ22km程度とすると44平方キロメートル程度です。
その部分に少なくともセシウム137が132テラ・ベクレル存在します。
ヨウ素131に換算すると40倍して、少なくともヨウ素131換算5280テラ・ベクレル
存在します。
黄色の地域が幅9km、長さ33km程度とすると、297平方キロメートル程度で、
少なくともセシウム137が297テラ・ベクレル存在します。これはヨウ素131換算で
40倍すると、少なくともヨウ素131換算11880テラ・ベクレル存在します。
合計すると、赤色・黄色の地域のセシウム137だけで少なくともヨウ素131換算
17160テラ・ベクレル存在します。これだけで、あなたの推定の百倍以上です。

実際にはセシウム137以外にセシウム134やヨウ素131その他の放射性物質も放出
され、日本の陸地でも赤色・黄色以外の広大な地域に広く薄く放出され、
海には陸地よりはるかに多く放出され、北半球全体にも飛散しているのです。

*****
ヨウ素換算については、下記資料参照。

(原子力安全保安院HP・INESユーザーズマニュアル参照)
http://www.nisa.meti.go.jp/genshiryoku/files/INES_Manual_2008.pdf
「放射線学的等価値」キーワード検索すべし。

wikipedia「国際原子力事象評価尺度」
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/国際原子力事象評価尺度
wikipediaでは「ヨウ素換算倍率係数」となっている。


227. 浅見真規 2011年11月10日 22:30:30: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>222

上記の>>226で根拠とした文部科学省のセシウム137沈着量地図が気に入らないなら、証明責任は貴殿らにある。信頼できる資料を基に証明されたい。

人類の月面着陸がないという妄想オヤジの副島の弟子に、信頼できる資料を基に
証明できるとは思えないがね。


228. 小心者のゲロリン 2011年11月10日 22:36:32: Jt4QoLu1sw5Ys : n2depzhT5w

ここまでくりゃぁ〜、もう、
支配/被支配・・問題の
金融経済と大衆心理論からの
根っこから突っ込まんと、解決センだろな・・。

どこかの誰かが、鬼の首とった状態で
おおハシャギしてた、ウラヨミの世界に、突入だ・・。


公害問題ひとつでも、こんな調子じゃ、
そりゃ〜50年もかかるわな・・。

大衆の意識レベルの問題じゃんか・・?


231. 浅見真規 2011年11月10日 23:49:08: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>226の訂正
黄色部分の面積算出に誤りがあった。
*****
(誤)黄色の地域が幅9km、長さ33km程度とすると、297平方キロメートル程度
(正)黄色と赤色を合わせた地域が幅9km、長さ33km程度とすると、297平方キロメートル程度
*****
上記に合わせて、全面的に訂正が必要になるので、次のコメントで訂正する予定。

232. 浅見真規 2011年11月10日 23:57:50: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>226の全面訂正版
*****
文部科学省HPにある
「文部科学省による埼玉県及び千葉県の航空機モニタリングの測定結果について」
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092917_1.pdf

の末尾のセシウム137沈着量地図で福島第一原発から北西方向に伸びる赤色の
高線量域には少なくともセシウム137が毎平方メートル3000kベクレル言い換えると
毎平方キロメートル3テラ・ベクレル、黄色の地域にはセシウム137が少なくとも
毎平方メートル1000kベクレル言い換えると毎平方キロメートル1テラ・ベクレル
存在します。

赤色の高線量域を幅2km、長さ22km程度とすると44平方キロメートル程度です。
その部分に少なくともセシウム137が132テラ・ベクレル存在します。
ヨウ素131に換算すると40倍して、少なくともヨウ素131換算5280テラ・ベクレル
存在します。
黄色と赤色を合わせた地域が幅9km、長さ33km程度とすると、297平方キロメートル
程度で、黄色の地域の面積は253平方キロメートルなので、少なくともセシウム137が
253テラ・ベクレル存在します。これはヨウ素131換算で40倍すると、少なくとも
ヨウ素131換算10120テラ・ベクレル存在します。
合計すると、赤色・黄色の地域のセシウム137だけで少なくともヨウ素131換算
15400テラ・ベクレル存在します。これだけで、あなたの推定の百倍以上です。

実際にはセシウム137以外にセシウム134やヨウ素131その他の放射性物質も放出
され、日本の陸地でも赤色・黄色以外の広大な地域に広く薄く放出され、
海には陸地よりはるかに多く放出され、北半球全体にも飛散しているのです。

*****
ヨウ素換算については、下記資料参照。

(原子力安全保安院HP・INESユーザーズマニュアル参照)
http://www.nisa.meti.go.jp/genshiryoku/files/INES_Manual_2008.pdf
「放射線学的等価値」キーワード検索すべし。

wikipedia「国際原子力事象評価尺度」
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/国際原子力事象評価尺度
wikipediaでは「ヨウ素換算倍率係数」となっている。


233. 浅見真規 2011年11月11日 00:15:30: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>232で示したセシウム137沈着量地図の赤色・黄色地域は、形状はともかく
面積はほぼ信用できると私は考えている。

気に入らなければ、副島氏と共に上記の地域に行って、できるだけ土地の所有者の
迷惑にならないようにして土壌を採取して信頼できる民間の検査機関
(ゲルマニウム半導体検出器を使用し事故前から検査業務を行っていた検査機関)
で測定してもらえば、おおむね妥当だと納得できると思う。

ただし、日本分析センターなら1試料で約5万円だ。
20地点で試料採取して測定してもらえば百万円だ。
まあ、副島氏はそれくらいの金は出せるだろう。

節約するなら、たとえば、空間線量を地表50cmで百地点以上計測し、そのうち、
10地点だけ信頼できる民間の検査機関で計測してもらえば50万円だ。
それで、比例を仮定して算定すれば良い。


234. 2011年11月11日 02:03:29: tJQH1wGUFk
>229

>クススレ

じゃあ、なんで、わざわざ書き込むんだ。
無視すりゃいいだろ。


235. 2011年11月11日 02:41:11: lmrEmGCJKA
高田純先生は、原発爆発直後、桜チャンネルとかいうTVに出て
「津波にも耐えた福島原発はエラい」と言っていた。確かに見た。
なんで、「放射線防護学」の先生が、「原発」を褒めるのかが意味不明だった。

でも、今ではそれがよくわかる。

つまり、放射線防護学とは、

「放射線から国民を防護する」学問ではなく。

「放射線被害を訴える国民から、原子力産業を防護する」学問なのだということを。


236. 2011年11月11日 02:54:14: lmrEmGCJKA
前々から不思議に思っていた。

「そこ」が、危険か危険じゃないかわからないときは、リスクを最大に考えて、愛する者をそこにはおかない。

普通はみな、そう、考える。

しかし、彼らにあっては、違う。

危険か危険じゃないかわからないときは、リスクを最小に考えて「そこにいろ」という。

どう考えても、腑に落ちなかった。

でも、わかった。

彼らは、「原子力産業」を推進したいのだ。

だから、「この程度は我慢して」「お願い、やらせて」という視点に立っている。

彼らが、国民を、愛していないことは明らかだ。

愛する者を持つものならそのことを理解するだろう。


237. 2011年11月11日 03:09:20: lmrEmGCJKA
上記コメントの

>彼らは、「原子力産業」を推進したいのだ。

「彼らは、世界に冠たる『低線量放射線被ばく』の研究をしたいのだ。」


に置き換えても、文章は成り立つと思う。


238. 2011年11月11日 03:24:26: JPJQsIvrio
【広瀬隆氏が山下教授や高木大臣、東電幹部らを刑事告発

http://www.youtube.com/watch?v=b_mddLgBU38

239. 2011年11月11日 03:26:25: F4s8pHPXiw
浅見さん、GJ。

>235,236

いんちき野郎の、正体がわかれば、相手にする必要はないということですね。
わかります。


240. 2011年11月11日 03:40:43: JPJQsIvrio
【海外の見方】
http://www.youtube.com/watch?v=IQYtPlDQIYY
http://www.youtube.com/watch?v=iL1X4aHA1Pg
http://www.youtube.com/watch?v=VrOjQgshjJs
http://www.youtube.com/watch?v=3-uz83bD3HY&feature=fvst

246. 2011年11月11日 09:22:10: etqbomMHBY
>241さん
福島県の米の多くが放射性物質未検出だったのはセシウムの吸収を最小限にするため大々的にカリを撒く指導をした国やJAの成果ではないかな。茶葉やホウレンソウなどの汚染が実態をあらわしてると思う。
福島原発から半径60kmはアメリカが測定して(なぜ?)、60km〜80kmを日本が分担したのが事実なら、一番欲しかったデーターをアメリカは入手できたということだろう。それにしても将来、外交交渉の切り札にも使えるかもしれない貴重なデーターを渡してしまったのは残念だ。

>皆さんこそ、観るべき番組だったと思うよ。来週は野菜についてなので、また、観よっと。現場のことを何も知らず、コワイコワイと恐れ、風評被害を広げるような無神経で冷血なジコチュウにはなりたくない。
…どんな番組を見るかは個人の自由。何を食べるかも自由。安全だと思うなら他人様を巻き込もうとせずに自分だけで喰え。自分だけでは恐いから他人様にまで食べさせるような冷血なジコ中はいただけない。


248. 2011年11月11日 10:27:29: VhA9BzpABE
危険情報もどんどん流してほしいです。
そうしないと子どもが守れない!それは3.11以前も以降も変わりません。

選択してどう行動するかは、ひとりひとりです。

上から目線の安全情報、それもたっぷりお金がかかっているやり方に
辟易です。おじさんがだめなら女性を持ってくる、というのも
これまでのやりかたでした。
そろそろ安全情報を流す女性がでてくるかな?
たいていは、環境、とか食品のジャーナリストなどという肩書きですが。

それとももっと巧妙で新しいやりかたなどが出てくるでしょうか?


256. 2011年11月11日 17:11:52: cLMjWahwu2
>愛する255へ

>・・・つまり1/100しか身体の中に入ってきません。いいです?する と、数マイクロシーベルト我々は1日に浴びるという計算になります。では、<<この浴びた内部被ばく>>はずっと蓄積するんでしょうか。せん。どう して?・・・・


頼む、頼むから、恥ずかしいからやめてくれええええええ。

もう、わかったから。

でもね、親切に教えてあげるけど、「頭の上にウンコが載っているぞ。」

お願いだから、もう、ちょっと勉強してえええええ。


257. 2011年11月11日 17:23:12: BMLGmsgpho
現在勉強中ですって、夏休みの日記帳かw

258. 2011年11月11日 17:29:13: BMLGmsgpho
本邦初!
「可愛い」工作員!

259. おっさんZ 2011年11月11日 17:34:23: vf1pLsPn/FgHY : qfIefxs6F2
『福島は大丈夫教』が随分がんばってるね〜(大爆笑)。

ところで、皆さんに「リスク管理」について教えてあげよう。
最悪の事態を想定もしくは十分考慮に入れた計画を立てる事をリスク管理というんだ、そうしておけば最悪の事態になっても対処できるからね。

福島第1原発がメルトダウンしたのは、最悪の事態を想定していなかったからなんだねえ。

「このスレでは最悪のケースばかり論議されている」という方は嘲笑って差し上げます、核という無害化不可能な物(それに比べれば毒薬など大した事はありません)を扱う場合、最悪のケースを前提にして考えるのがまともな人間の考え方です。

ま、白血病になってから嘆いても手遅れって事で。


260. 2011年11月11日 17:36:27: sh4BGClL2U
安全情報を流す人には、これまでも散々だまされてきたのに1度も謝って
もらったこともありません。
何度もだまされたら、ばかです。

私たち女子どもだって耳があります。

放射能だって安全だという専門家の意見を鵜呑みにしてあとから違っていたといわれてもそのときには、取り返しがつきませんし、その専門家も責任など取りはしません。つらい思いをするのはいつでも女子どもなのです。

3.11以前からずっとです。
安全情報、信じていいことなどありませんでした。

レベルなんていくらでもどうでもいいことです。

原発の建屋のぶあついコンクリートが破壊されるほどの爆発が
おきてそれが修復されずむき出しのままですし、メルトダウンしたものが、
回収されたということも聞いていません。
5重の壁で守られているから、放射能は絶対に外に出ないとなんども聞かされましたがそれも破壊されているのですから、安心するほうがおかしいです。
子どもはもちろん守らなければなりませんし、若くないからといって
油断をしないほうが、いいと思います。
後から後悔するのはもうたくさんです。
ひどすぎることばかりで怒りのやり場がないほどです。


482. 2011年11月26日 22:50:02: KOcje76qOE
いやあ〜すっきりしたの〜!!!安心弁当君。これで、君も安心だね。
赤いトランプ(ICRP派)が全部なくなって、
黒いトランプ(ECRR派)一色ではないか!!!
 つくづくきもいスレよの〜。

483. 2011年11月26日 23:18:33: Ahl30pIuCw
>>482 はアラシのiyao=うそつき山下派

見つけたら「管理人に報告する?」をクリックしましょう


484. 浅見真規 2011年11月28日 12:17:04: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
>>172の訂正

(誤)しかし、ガン以外の死因も含めれば、死亡リスクは低線量でも、ほぼ線形に
確実に増えると私は予想している。

(正)しかし、ガン以外の死因も含めれば、死亡リスクは低線量でも、LNT仮説
以上に確実に増えると私は予想している。

尚、[ マウス低線量被曝実験とヨウ素131薬追跡調査とLNT仮説 ]参照
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/663.html
***
(誤)上記のtable7で、7mCi未満(37メガベクレル)のCLLとnon-CLLが白血病に
対応する。7mCi未満(37メガベクレル)の患者のCLLとnon-CLLに注目。

(正)上記のtable7で、7mCi未満(259メガベクレル)のCLLとnon-CLLが白血病に
対応する。7mCi未満(259メガベクレル)の患者のCLLとnon-CLLに注目。
(1mCiは37メガベクレル)


485. 2012年2月16日 16:26:42 : ijJoChxsxI
面白かったです。
一般人としては、危険だと考えて対処しておくべきだとしか言いようがありません。
安全だという人の話は、基本的に経済的な損得勘定です。池田さんという人は、東電の値上げについて、8兆円赤字になるから値上げする?100ミリシーベルト毎時にすれば、賠償しなくて良いから値上げしなくても良いと書いていました。健康に影響あるかは関係ありません。
安全だという人の根拠は、外部被爆から得たデータの話しかしません。内部被爆は、世界的にもほとんど研究されていないか、黙殺されてきたかそんな感じのようです。ソビエト・アメリカも有益なデータを隠してきました。健康被害(異常)の増加に気づき大丈夫だと言って来た大国に疑問を持ったのが、現在の研究(内部被爆)の始まりのようです。有益なデータは隠されたままの研究です。

一般人なので、細かい数字がどうとか、研究結果がどうとか、どうでもいいのですが、内部被爆は、距離に比例して弱くなるという放射線を、0距離で受ける、しかも長期にわたってという、一文字の違いとは思えない差異を考えるべきです。
放射線は、菌やウイルスと違って何処に害を与えるという志向性は、ありませんから、がんや白血病の罹患率だけで話することでもないと思います。

われわれは、シュレディンガーの猫になってしまった。
箱の中のわれわれは、何をするべきか?
スイッチを押すべきか押さざるべきか?それが問題だと思います。


486. 2012年2月28日 19:09:14 : 9q6Zged4IA
気の毒な大塚さんだ。今さら遅いだろうが、氏の知性を使い何とかして食するのを拒否できなかったものだろうかと思う。

先日ネット記事で「めざまし卒業」となっていたが、何のことはない、フジテレビにご用済みにされ捨てられただけだ。多くの場合、急性白血病と診断された時点で血液がガンに侵されてしまっているのだから、手おくれな場合が多いようだ。


487. 2012年2月28日 22:52:47 : Get9aY0xRA
どっかで見たベラルーシの子供らのインタビューでの「健康な子が少ないんだよ」というコメントが一番、実感があり、かつ実態に即したコメントだったように思う。
低線量被曝の場合も被曝の度合いが高いほど、多面的に虚弱体質が多くなる傾向にあるようだ。血液を調べてみると血小板や白血球がやや少なかったり。
ただ、これもあくまで傾向であって勿論個人差も大きく、やたら元気で病気ひとつしないという人もいるから、逆に慢性の病気に悩まされるようになったとしても被曝のせいだと言い切ることも出来ない。
だから、個人差とか栄養の偏りや不足、ストレス過多、アルコール・喫煙等など他の要因の影に隠れて見えづらくなってしまう。
目に見えてわかるのはあくまで疫学調査上での話。

発がんなんてのはあくまで被曝による悪影響のごく限られた一面でしかなく、低線量被曝を観察・考察するにはもっと様々な点を見ていかないといけない。


488. 怖い 2012年2月29日 00:35:26 : QX0ePXKzBEctQ : aMXN1kCtSg
軽く「卒業」という言葉で片付けられてしまったね。

柳美里、大塚キャスター、野口健、田子の浦親方・・・なんか不調がただ事ではない。柳、大塚は計測してない福島産の食品を連続して食していた。

野口は住民が避難した後置き去りにした家畜を取材していた。田子の浦親方の部屋の目と鼻の先には今や核施設に近い下水処理場が・・・

東日本が危険なのだと声高に言えないのはなぜなのか?


489. 2012年2月29日 01:36:19 : FrpXTmA0eo
212さんと同感です。わたしもすでに随分前に、浅見さんの知識は専門的でもバランスもとれていて、判断基準として信頼できるものと思われました。
 御用学者のテキストは読んでみると、ある意図を感じさせるので、すぐに解ります。みなさん、御用学者には惑わされないように、、。御用学者の意見が正しかったらどんなに良いことでしょう。信じてしまいたくなる気持ちもわかるのですが、後で後悔するのは必須です。現実をしっかり認識して生きていきましょう。 被爆してしまったケースでも病気にならないよう、もっとこの日本に放射能物質除去の研究を発達させましょう。次世代の優秀な研究者がすばらしい成果を必ず生み出せるはずです。

 


490. 2012年2月29日 07:13:37 : cRYL8P3zuY
>>04
柳美理さんって測定機を使ってチェルノブイリの値と比べてみたこともないのに、感覚だけで放射能の害を否定する。
ぜんぜん科学的じゃないよ。
女だから機械に弱いのか。

491. 2012年2月29日 12:35:49 : kVRjv6w4OQ
日本人ってこんなに沢山ケツの穴の小さい奴が多いのか、
一度オカマ掘られて広げてもらえ!

見出し見るだけで福島の野菜を食ったから白血病になった印象じゃねえか
それなら福島の人たちはバタバタと白血病を発症してるんだろうな?

たまたまメディアの人間だから飛びついて記事にしたんじゃねえのか。

あーでもないこーでもないバカ騒ぎしすぎだろ、キャスター、福島県人の
迷惑も考えろ、まるでテレビ局が事件現場の家へ脚立持参で塀越しに盗撮
周囲の人間にあれこれ嗅ぎまわる状況と大して変わらないじゃねーか。

そんな他人事に大騒ぎせずそっと見守りながら原発反対運動でも熱心にやったら
どうだい、山本太郎さんの様に。


492. 2012年2月29日 14:14:46 : JlhOElFGlE
大塚さんは本当に福島野菜を食べていたのだろうか?

テレビタレントが簡単に白血病などを発症されたら困るので、
放射能汚染されていない安全な物にすり替えるはず。


493. 2012年2月29日 17:12:08 : Obg54USioI
492さん、納得。テレビによくうつる有名人が
簡単に白血病になったら、困るわなー。
テレビ業界の人達は本当に、福島の事故を軽く考えている事が証明されましたね。


494. 2012年2月29日 17:19:11 : 89BBChY6tQ
僕は熊本生まれ。先祖の墓や兄弟も福岡・熊本に。あの美しい有明海や玄界灘は魚の宝庫だ。玄海原発にはNHKが放送した米国マーキュリー社の原子炉が使われている。米国原子力防御委員会は<地震国日本・に一番適しないから輸出は駄目だ>
と大反対したが結果として、玄海に使用されている。玄海町役場の産業政策課とあ
古川知事に質問状を出したが返答なし。
いずれにせよ、もう一度、どこかで事故が起きれば完全にアウトだな。
絶対に原発は認められない。原発擁護のタレントを見よ!薄汚い輩ばかりだ!
〔金持ちはシンガポール、マレーシアに移住し始めたと言うではないか)

495. 2012年2月29日 18:59:57 : ObJAkHAXmk
とうとう、大塚さん目覚ましやめちゃったらしいですね、ってか、もう嘘テレビは、ほとんど見てないから、どうでも結構ですが、3.11以来、香川に避難してきた親子さん、鼻血が出たり、風邪のような症状で、元気がなかったです、最近香川でも50代60代の女性が心筋梗塞で倒れてなくなたりしてる、80代の男性もとにかく、気にしすぎなのか、そういう人まわりで5人出た、放射性食品の摂取かと、西日本だからとあまり気にしてない人も多く、スーパーで福島産の魚の切り身が出てそれもありえない安値で、それを買っていくおばちゃんたち、聞こえよがしに放射能って大丈夫かな〜とつぶやいてみる。人口の減少数ってどこで調べればわかるのだろう、被災地および、関東周辺地域の突然死などを調べる必要ありと思う、もう自分の身は自分で守らなければ、国は国民を守りはしない搾取する奴隷と思ってるから。東京新聞、日刊ゲンダイ、サンデー毎日、週刊ポスト、調べてくんないかなー。お願いします。もしかしたらとんでもないことが始まってるかもしれない。

496. 2012年2月29日 19:46:56 : FfrQpeDcm2
毎時2マイクロシーベルトの森林のタラの芽をたらふく食った俺は9ヶ月経っても何ともない。
人間ドッグでも健康そのものと出ましたよ(笑)

497. 2012年2月29日 21:24:37 : 89BBChY6tQ
いやー皆さんの談論風発には驚きです。
でも、冗談でなく、NHKが石坂浩二を起用して<遥かなるシルクロード>という紀行番組を放送していたことご存知でしょう。あれから<シルクロードの旅>が爆発的に売れた。著名な科学者から<即刻、番組は止めろ!>と抗議がされたそうです。ここにも書いている人がいますが、西安、トルフアン、新疆ウイグル一帯は旧ソ連の度重なる核実験で猛烈に汚染され最大70万が死亡したと研究発表されています。五木寛之も<人間生まれてから死へ向かって・・・、50歳も過ぎれば病気の一つもない人などいない>と。
そういえば大塚さんはNHK出身ですね。NHKも罪滅ぼしに<朝イチ>でご馳走ばかり食べないで<福島産の野菜を毎日食べるべき>だと思います。冗談を言っているのではありません。
即刻、原発は廃棄すべきです。再稼動なんて悪魔の所作です。人類滅亡の核があるのです。原発も核のためにあるのです。

498. 2012年2月29日 22:53:38 : LHH7RnBmIA
広島での調査はどれくらい正確なんでしょうか?

↓放射線影響研究所が、データを公表していなかった事が昨年明らかになりました。
http://www.hiroshimapeacemedia.jp/mediacenter/article.php?story=20120117132304373_ja

また、GHQの検閲指針↓で、米国への批判に繋がる様な事は公表されていない筈です。
http://www.n-shingo.com/cgibin/msgboard/msgboard.cgi?page=711
http://www.asyura2.com/12/senkyo126/msg/812.html

米国に政治的に牛耳られているのは占領中だけでなく、現在も続いていると思います。


499. どぶさいら 2012年3月25日 04:57:26 : loFw68yS.9s8U : sxBlsFLru6
>239. 2011年11月11日 03:26:25: F4s8pHPXiw
>浅見さん、GJ。
>>235,236

>いんちき野郎の、正体がわかれば、相手にする必要はないということですね。
わかります。

あはは、こいつは、完全に、脳味噌が裂けている。


500. どぶさいら 2012年3月25日 05:05:16 : loFw68yS.9s8U : sxBlsFLru6
>いんちき野郎の、正体がわかれば、相手にする必要はないということですね。
わかります。

あっ! 失礼しました!

もしかしたら、逆説だったのですか!


501. 2012年6月06日 21:34:18 : cCrcZ0sDf2
500ベクレル食べても安全!って言っている人ほど意外と自分は安全な食べ物を選んで食べてたりして・・・・・。
「他人が被曝してもかまわない」ってだけかも。

食べても大丈夫な体を持っている頑強な人は福島の野菜、福島の肉、福島の魚、何でも食べて応援してやってね。
私は臆病だから、とてもダメ、ごめんなさい。



503. 2012年7月16日 07:17:16 : Ievoj3FBy6
で、大塚さんは、ご存命なんでしょうか

504. 2013年3月16日 16:06:01 : n0tBL5JAys
白血病といえばストロンチウムの影響と誰でも考えるわな。
チェルノブイリの測定表ではベクレル表示だか、シーベルト表示かは忘れたが、
セシウムの約1割に相当するストロンチウムが測定されていた。
日本政府の発表したストロンチウムは極わずかという内容だった。
しかし、ウランの核分裂でできる生成物にチェルノブイリと福島に差があるわけ
がない。
つまり、政府は虚偽の発表をおこない、セシウムが少ないと思わせ、また将来、
多発するであろう白血病の訴訟に対し、先手を打ったものと考えられる。
御用学者が巾をきかす日本。中川東大准教授みたいのが、裁判で意見を述べ、
裁判官がそれをもとに判決を言い渡すことを考えると背筋が寒くなる。
御用学者は保険会社の顧問にもなっている。被害者の訴状に対して意見書を
書き、裁判所に提出するわけだが、当然保険会社から金を受け取って意見書
を書くわけで、加害者有利、被害者不利の内容にならざるをえない。
特に今回のような事故において、東大の権威を利用してでたらめな内容を公表
し、社会を混乱させることは法の下の平等を汚してしているだけでなく、被爆
者は最後まで決して報われない、不幸な最後を遂げざるを得ないということだ
ろう。

505. 2013年3月16日 23:20:32 : wVzZt6kN2Q
>>504
セシウムが少ないと思わせ、→ ストロンチウムが少ないと思わせ、

ですね。


506. 2013年3月17日 01:57:37 : nNmHYZX7tc
>>496
毎時2マイクロシーベルトの森林のタラの芽をたらふく食った俺は9ヶ月経っても何ともない。

食品をシーベルトで測る場合に
1、内部被ばくで受ける影響への換算
2、その食品からある距離の空間線量で測る(計測距離がなければまったく意味がない)……普通はこんな方法は使わない。そもそも、バックグラウンドによって、正確に測ることも難しい。
―――のどちらかになる。
普通はBqで表示する。

食品の外部線量が2μSvとすれば、距離によるとはいえ、最短距離でもすごい放射線量になる。
わかることは、496が、シーベルトとベクレルの基本的な違いすら理解していないことだ。


507. 2014年5月06日 11:07:56 : 2ziZ7gZjLY
>>506
ガンの自覚症状がでるのは末期ですよw

508. 函館の犬。 2014年6月19日 03:58:00 : bhbAK3m6MJQx2 : 6pbziagEOY
昨日『徹子の部屋』に出演していたが、ステロイドの副作用でムーンフェイス状態だったな。ステロイド漬けだ。どこの大学病院で治療してるんだ。下手くそな治療。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧