★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 169.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
やはり陽動作戦のマッチ・ポンプ狂言だった東京電力の深夜のキセノン検出発表
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/169.html
投稿者 浅見真規 日時 2011 年 11 月 03 日 12:56:48: AiP1TYI88G3dI
 

(NHKニュース記事参照)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111103/t10013707891000.html
>2号機のキセノン“自発核分裂”か
>11月3日 12時13分
>東京電力福島第一原子力発電所の2号機内の気体から
>放射性物質のキセノンが検出された問題で、東京電力は、
>検出したキセノンの量などの解析結果から、
>核分裂が連続する臨界が起きたのではなく、
>別の放射性物質が自然に核分裂したことが原因と判断したことを明らかにしました。


やはり、そうだったのである。私が予想したとおりだったのだ。

私は、昨日、玄海原発再稼動の数時間後の東京電力の深夜のキセノン検出発表は自発核分裂による微量のキセノン検出を臨界に見せかけて、直前の玄海原発再稼動と先週、ヨーロッパの研究者が相次いで指摘した日本政府や東京電力による放射性物質の海への流出についての過小評価(要するに3号機放出量過小評価)批判をかわすための話題そらしの陽動作戦の疑いがあると指摘した。

そして、いずれ自発核分裂か誤検出だと訂正すると予言した。

[ 玄海原発再開直後の深夜の、東電のキセノン検出発表は陽動作戦の疑い ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/143.html
>ほとぼりが冷めてから、あれは少量だったので自発核分裂で発生したと
>考えられますと発表するか、または誤検出でしたと発表する予定かもしれない。


やはりキセノン検出は臨界でなく自発核分裂が原因だとマッチ・ポンプ狂言したのだ。

そもそも、キセノン検出は8月10日に記者会見資料で配布公開したきり、2か月以上もキセノン測定値を公表せず、玄海原発再開直後の深夜に急にキセノン検出を発表したのだ。

自発核分裂で少量のキセノンが生成される事くらい重々承知で、立方センチメートル当たり10万分の1程度の微量のキセノン133や135検出を発表し、臨界をほのめかして直前の玄海原発再稼動や先週のヨーロッパの研究者の過小評価批判の話題をかすませたのである。

これで陽動作戦のマッチ・ポンプ狂言だった事が判明したのだ。
*****
さあ、東京電力が話題変更したかった話題に戻って考えようではないか。

[ 3号機放出放射性物質過小評価は地元住民悶絶死の危険性隠し ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/864.html

[ 玄海4号機 対応丸投げの経産相 原発再稼働の突破口に 「しんぶん赤旗」 ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/162.html


[玄海4号機、2日に発電再開=原発事故後で初の再稼働−通常運転は4日から・九電 (時事通信) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/122.html  

[ 玄海原発4号機 運転再開へ準備(NHK NEWSWEB) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/103.html

[ 玄海原発4号機 再稼働 佐賀、九電、県民無視し強行 「しんぶん赤旗」 ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/145.html
 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月03日 14:04:01: SSgqwD72Ts

TPP隠しもある鴨葱。

東電、どっちみち、臨界してます!とは言えんだろ。政府も避難区域縮小に

手を付けちまった以上、口が裂けても、胃炎だろ。

 
 
ほんとに怖いのは、東電が隠し切れずに、ホントにやばくなって、逃げ出す前にばらす時だろ。


02. 2011年11月03日 17:18:38: uKDe33jwbk
なにかの予行演習という事はないでしょうか。
こんな発表したらどうなるかな、と思ってある情報を流してみる。
こんなにヤバイ情報なのに世の中まったく反応無し。
世間はもう原発に飽きてるみたいだな、騒ぐのはネットぐらいだし、
じゃあこれからぼちぼち隠していたのを出していくか、みたいな。
テストで流したのは適当に否定する
今回のテスト成功。

03. 恵也 2011年11月03日 18:24:26: cdRlA.6W79UEw : 5dCtorDF9M
>> キセノン検出は8月10日に記者会見資料で配布公開したきり、2か月以上
>> もキセノン測定値を公表せず、

8月9日に「異常な濃度」のキセノンを検出し、2ヶ月経ってまた「異常な濃度」の
キセノンを検出したのならこの濃度変化にはそれなりの理由があるはず。

自発核分裂でこの変化と濃度を全部説明できるのかね。
むしろ一部で臨界が発生したから濃度が変化したと思うけど・・・・
自発核分裂だけなら一定の速度で減衰するはず。


04. 2011年11月03日 20:09:00: oyjqLC9TyQ
東電による「マッチ・ポンプ狂言」の理由は九電とメディアが言ってもいない第三者委員会の委員の発言を捏造(郷原氏のツイッターによれば当該委員は記者会見で”九電の知事かばう行為立派”とは発言していないそう。)して共謀?して玄海原発の再稼働を決めたところから始まっているのかも…。(以下郷原氏ツイッターから引用。)

nobuogohara郷原信郎
続き)「それなら新聞社に抗議ないし訂正要求をされるべきではないですか」と言っておきました。どうして、今になって、唐突にこのようなことを言われるのか、昨日は、九電で講演をされたようですが、九電との間に何があったのか、ご自身のコンプライアンスが問われていると思います。


1 Nov
nobuogohara郷原信郎
@日の岡本委員の記者会見にはただただ呆れるばかりです。今朝、ご本人から電話があり「言っていないことが記事に書かれている」と言ってきたので、(続く RT @mitsuya_niwa 元第三者委・岡本氏「九電の知事かばう行為立派」(読売新聞) http://bit.ly/rJIrT2

1 Nov

http://twitter.com/#!/nobuogohara
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20101001-862625/news/20111101-OYS1T00224.htm?from=tw


05. 2011年11月03日 20:20:55: v9I0GzB2Vc
マスコミが必要以上に大量に報道する件やその時期は、全て怪しい。

06. 2011年11月03日 20:57:00: FMYVrJZdJc
計画停電も同じだったのだな。
子供のころ遊べないまま大人になったエリートたちの遊びは壮大だ。
キーワードは「ともだち」
東大卒エリートの20世紀少年たちよ。
日本を壊すのがそんなに楽しいか。
いかげんにしてくれよ。


07. 2011年11月03日 21:03:30: oyjqLC9TyQ
【04に追記】04の件との関連でちょっと気になったのは同日の米国発の記事(↓)。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2011110100127&google_editors_picks=true

”ケイン氏”を”九電社長”に置き換えて記事中の”疑惑を全面否定した上で、「魔女狩りだ」と反論した。”の部分を”古川知事の疑惑を全面否定した上で「魔女狩りだ」と反論した”と読み替ええた上で”退職の経緯を口外しないことを条件に金銭が支払われた”という部分を”会見内容の経緯を口外しないことを条件に金銭が支払われた”と読み替えると”米国の指示でメディア+電力会社が共謀した”という意に解せるかもしれない。ただ、これはあくまで憶測の域を出ないが。


08. 浅見真規 2011年11月03日 21:51:10: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>03
Xe-131mが1立方センチメートル当たり38ベクレルないし47ベクレル検出されたと
記者会見配布資料中で発表されていたようだ。

(東京電力HP記者会見配布資料参照)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_110810_04-j.pdf

昨日発表の11月1日のキセノン131mの放射能濃度よりは大幅に高い。
しかし、異常な濃度ではない。
キセノン131mは現在より大幅にベクレル値が高いが想定内だ。

8月9日のは自発核分裂由来のキセノン131mは少数で、原子炉に3月時点で
原子炉内で大量に存在していたヨウ素131の崩壊の一部がXe-131mになった
ものと、ヨウ素131の崩壊生成物の大部分を占める非放射性・安定キセノン131が
放射線によって励起されXe-131mになったものが大半を占めたと考えられる。

尚、8月9日にはXe-131mが1立方センチメートル当たり38ベクレルないし
47ベクレル検出 されたと記者会見配布資料中で発表されていたようだ。

(東京電力HP記者会見配布資料参照)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_110810_04-j.pdf


09. 浅見真規 2011年11月03日 21:56:32: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>08の補足

>Xe-131mが1立方センチメートル当たり38ベクレルないし47ベクレル検出された
>と記者会見配布資料中で発表されていたようだ。


これは8月10日の記者会見配布資料のデータです。試料採取は8月9日です。
誤解なきよう。


10. 2011年11月04日 01:01:20: pRKwwPnALU
キセノン検出を大きく扱った有名ブログは政府の手先の可能性アリ。

11. 2011年11月04日 01:38:27: FZ5Us6ScQQ
この馬鹿な「陽動作戦」に引っかかるほど馬鹿なヒトは多くないと思います。むしろ、普通の人は玄海原発の再稼働がやはり危ないと思うのではないでしょうか?

この浅見某は嘘つきの東電発表を、ある時は嘘だと言い、ある時は本当だと言う。
こんな人の言うことをまともに受け止める人は居るのですかね。
殆どが政府発表や東電発表のもっともらしい数字を根拠なく並べて、信じる人はおよそお人よしの人だけでしょう。

浅見某は、某役所の広報プロではないでしょうか?

どなたかがコメントされていたように、三澤 毅氏は、京都大学大学院エネルギー科学研究科の現役教授で、ご専門が核エネルギー学中性子基礎科学ですが、東電発表や浅見某(この正体不明の人のコメントが意味あるとは思えませんが)とは全く異なる見解を示しています。

http://www.japantimes.co.jp/text/nn20111102x1.html


12. 2011年11月04日 01:57:57: LgJ6Eb9aUY
今更話題となっているのは、
二号機の建屋にガス専用のフィルタ装置を設置し、放射性ガス測定も開始し
データ公表を始めた為、ではないでしょうか。
機械的処理であれば定期的に放射性ガス濃度のデータは今後も出てくると思います。>>08
38Bq/cm^3、という数値は高いですね。仮に10cm×10cm×1cmの手のひらの空間に
均等にガスが存在すると、3800Bqとなるでしょうから。
50cm×50cm×1cmだと95000Bqですか。


13. 2011年11月04日 07:13:52: tzydBUjvSU
>11に同意。

敵をかく乱するための戦術として「スパイ」がありますが、当然、忍び込んだ陣営と同じ装束をしている必要があります。
そして、間違った情報などを意図的に流し、混乱し、弱体化を図ります。

浅見氏は反原発的なコメントを述べつつ、現状に対するストレートな分析を阻害する任務をおっているまさに工作員ではないかとの疑念を持っています。

その理由
・通常一般よりは高い、原子力関連の知識を有している。
・8月に各地でヨウ素が発見されたとき、医療用ヨウ素が服用者を通じ下水に流れたという説に固執していたこと。
・10月の八王子の公園においてヨウ素が発見された報道に対しては、「放射性ヨウ素」による治療を受けた「犬猫」が糞尿をまいた結果であるという意見を展開したこと。
・しかし、その後、ヨウ素そのものが別の物質ではないかという情報に接し、持論を保留しているが、
・要するに、「結論」がまず先にあること。通常は「事実確認」→「分析」→「結論」の流れがあるはずであるのに対し、彼にあっては「結論」がまず先にあること。

このことから、彼の任務は、現状において、福島原発から、3月のフォールアウト以降も「継続的に放射性物質が放出されているのではないか」という、議論・検討に対して、それを阻害・遅延させることではないかという推測がなりたちます。

彼の言説については、以前から、何か「不自然な」「バランスのとれていない」奇妙な感覚がありましたが、味方のふりをして混乱させるという戦術を想起すれば、たしかに腑に落ちるところがあります。



14. 2011年11月04日 15:44:37: AD7ZVtIrKE
久々の朗報!

Japan's government Friday approved spending $11.6 billion Cdn of public money to help the operator of the tsunami-hit nuclear power plant decontaminate the site and dismantle the reactors.

http://www.cbc.ca/news/technology/story/2011/11/04/japan-nuclear-fukushima-public-money.html


15. 2011年11月04日 17:32:35: fkOP8TiOTY
>13に同意!

宣伝マン?↓

http://alcyone.seesaa.net/article/233265562.html#comment


16. 浅見真規 2011年11月04日 18:45:57: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>13
ヨウ素131はピーク時の300万分の1未満なのだ。

何度も書いてるのだが、小学生レベルでもわかるはずなのに、
どうして理解しないのかな?

もう一度、下に書いておく。
わからなかったら、近所の賢そうな小学校6年生に教えてもらえ。
*****
群馬県の高崎CTBT放射性核種探知観測所の観測結果を見ても8月や9月には
I-131は検出されてない。
I-131について、3月15日から16日にかけて最大値14,680,552マイクロベクレル
毎立方メートルを記録し、5月30日から31日にかけて4マイクロベクレル
毎立方メートルを記録しており最大値の300万分の1まで検出能力が
あるにもかかわらず、8月下旬から9月にかけては検出されてないのだ。

(財団法人日本国際問題研究所 軍縮・不拡散促進センターHP資料参照)
http://www.cpdnp.jp/pdf/111014Takasaki_report_Oct5.pdf


17. 2011年11月04日 19:20:58: tzydBUjvSU
そんなことを問題にしているのではない。

よしんばヨウ素が福島原発由来でなかったでもよい。

問題は、お前が、八王子公園ヨウ素検出の情報に触れたとき。

何の検討も経ずに

「犬猫のションベン」の可能性が高いとし、

なおかつ

「9月頃、若干のヨウ素が出ていた」とコメントする保安院職員に対して、

「犬猫のションベンであることも見破れない保安院は廃止せよ」といきまいたこの流れそのものの「不自然さ」「奇妙さ」だ。

いくらでも、閲覧できるぞ。

http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/701.html

お前に専門知識がないなどとは一言も言ってない。

お前は不自然なんだ。

どう考えても。


18. 浅見真規 2011年11月04日 21:09:26: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
8月以降はヨウ素131の飛来がピーク時の300万分の1未満。
だから、8月以降のヨウ素131飛来はありえない。
8月以降の福島県外でヨウ素131検出は医療用(人間用だけでなく犬猫用も含む)。
これが良識というものだ。
妄想に固執する妄想狂や隠れ工作員に迎合するつもりはない。

19. 2011年11月04日 21:31:13: tzydBUjvSU
ふふふ。

そうだ!

犬猫の糞尿だ!

良識だ!


20. 2011年11月04日 21:35:01: pEgCpfCxXY
おそらく、阿修羅村の鼻っ柱を折りたいんでしょうけど、
いかんせん、仮説を支持するデータも証拠もないんじゃあ、
思いつき倒れに終わる。
東電にせよCTBTにせよ、公表されたデータの信憑性は、
浅見さんの仮説と同様の危うさがある。
原発事故が起きたんだからね。
官僚は必死だよ。隠蔽に。
棄民、したんですよ。今もしています。
福島の人たちに、線量率高いのを教えなかった文科省。忘れないで下さい。
どんなに良識や断定を重ねても、容疑を晴らすことはできないし、
かえって、ご自身を損傷する結果になりますのに。
五年後、十年後、を考えて投稿してみませんか。
物笑いの種ばかりじゃ、しょうがないでしょうに。

21. 2011年11月04日 21:54:18: tzydBUjvSU
浅見よ。お前に聞く。

八王子の公園でヨウ素が出たとき、

http://kinkiosen.blog.fc2.com/blog-entry-809.html

「9月には微量のヨウ素が出ていたけど、これ(八王子のヨウ素)は、なんでしょうねえ。」といった、保安院職員と。

「原発から絶対出てないから、犬猫の糞尿だ!」といった、お前と。

どっちが「有能」だったのかな。

答えてみろ。


22. 2011年11月04日 21:54:58: Oeom75xoFA
世田谷のラジウム騒ぎも時期的におかしい。

23. 2011年11月04日 22:07:02: tzydBUjvSU
利権に汚れた原発行政を主管し、事故にあっては、福島住民を危険の中に放置して撤退し、適切な情報開示もせずに隠蔽を繰り返し、地域住民を放射能汚染にまみれさせた、彼ら「ホアンインゼンインアホ」は万死に値する。

しかし、その、アホの保安院にもまして、「アホなこと」を言っているのが、

お前、浅見だ。


24. 2011年11月04日 22:41:16: EKRUJoiN2c
お〜い、浅見よ!
犬猫糞尿捏造説、推論、暴論、「国、東電、
保安院おもねり」主義は十分分かった。

で、お前のメリットは何だ。
まだ答えてないぞ!!!

正きを憎み、強きもの、権力におもねり…と、
そのメリットだ?!


25. 2011年11月04日 23:03:25: pEgCpfCxXY
何も小出氏だけじゃない。
ぼくも他人も、東電や政府ちゅう、
事故の責任者、犯罪者の掌中で
あっちにふらふら、こっちにふらふら
踊らされてるだけ。
あちらさん、すぐ情報の訂正するし、
またそうすればいいだけ、とふんぞりかえってる。
計器の故障、計算間違い、言い訳なんでもござれ状態。
そんな滅茶苦茶のなか、
どうして浅見さんだけが、良識や間違いないの声、
確かだの声をだして張り切ってられるのか。ただの無邪気さなのか。
確信犯なのか。
確かなことは、数字を出してる東電が犯罪者だっていうことと、
その犯罪者の東電なりどこなりが出してる数値をもとに
これが確かだ、あれが確かだ、言い張ってる誰かさんが
いるってこと。犯罪者に踊らされてるだけなのに。

27. 浅見真規 2011年11月05日 10:00:28: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>11
>どなたかがコメントされていたように、三澤 毅氏は、京都大学大学院
>エネルギー科学研究科の現役教授で、ご専門が核エネルギー学中性子
>基礎科学ですが、東電発表や浅見某(この正体不明の人のコメントが
>意味あるとは思えませんが)とは全く異なる見解を示しています。

http://www.japantimes.co.jp/text/nn20111102x1.html


調べたら、三澤毅氏は京都大学原子炉実験所教授みたいですね。
京都大学原子炉実験所は大阪府熊取町にあり、そこで原発の危険性を強く指摘
した教官は「熊取六人衆」と呼ばれる「助教」で、一説には原発の危険性を指摘
したために出世できず教授になれなかったとも言われています。
逆に言うと、三澤毅氏は「教授」なので政府や電力会社に協調的なのかも
しれません。まあ、原子炉運営はチームワークなので協調性が大事なので
性格的に協調性の高い人物が出世しやすいのかもしれませんし、原子工学研究者
が原発否定するのは自分達の首を絞めるようなものなので、原子工学の教授の
大半は政府や電力会社と協調的になるのはやむをえない面もあります。

さて、御紹介の記事ですが、11月2日の記事です。おそらく、11月2日の昼間に
インタビュー(おそらく電話インタビュー)して作成された記事でしょう。

11月2日の昼の時点では政府も東電も臨界説を主張していました。その後、政府は
夜になって自発核分裂説に変更し、東電は翌日の11月3日に自発核分裂説に変更
しました。

前述のように原子工学の教授の大半は政府の原発推進策や電力会社に協調的
なので、11月2日の昼の時点では政府も東電も臨界説を主張していたので
それに歩調を合わせただけの可能性があります。三澤毅以外にも11月2日時点で
マスコミのインタビューを受けた原子工学の「教授」は似たような事を言ってたと
思います。

ちなみに、福島第一原発事故の前から原発の危険性を訴えてきた「熊取六人衆」の
小出助教ですが、11月2日のラジオ放送を元にしたと思われる阿修羅の
2011 年 11 月 03 日 00:20:40投稿記事

[ 小出氏:キセノン検出と核分裂反応・核の暴走、について@たねまき 
〔日本の沸騰水型原子炉で爆発的事象は恐らくない…〕  ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/153.html

を見た限りでは、自発核分裂には言及されて無いようです。

それが、その後の阿修羅の11 月 03 日 12:52:05投稿記事

[ 小出裕章:キセノン検出による臨界について / 福島第一原発でキセノン
検出 (ZDF,KBS) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/168.html

では、政府が自発核分裂説に変更後に小出氏に電話インタビューしたものと
思われる部分での小出氏の発言が紹介されており、自発核分裂のみの場合と
再臨界の可能性の双方に言及されてます。

さらに、その後の阿修羅の11 月 04 日 03:22:59投稿記事

[ 小出氏:キセノンと自発的核分裂、JCOの臨界事故、
4号機の使用済燃料プールの状況と全面マスクの免除〔臨界は多分無い…〕  ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/182.html

では11月3日のラジオ番組を元にした記事と思われますが、自発核分裂説を
採用し、臨界の可能性は多分無いとの発言みたいです。

政府の原発推進策や電力会社の原子力発電に強調せず反対してきた小出助教
ですら、今回のキセノン検出についての解釈は協調的みたいなのです。

まあ、そんなものなんですよ。


28. 浅見真規 2011年11月05日 10:05:53: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>27の訂正
(誤)三澤毅以外にも11月2日時点で
(正)三澤毅教授以外にも11月2日時点で
*****
(誤)政府の原発推進策や電力会社の原子力発電に強調せず反対してきた小出助教
(正)政府の原発推進策や電力会社の原子力発電に協調せず反対してきた小出助教

29. 浅見真規 2011年11月05日 10:57:06: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>16で述べたように、今年の8月下旬から9月にかけて群馬県高崎市に飛来した
ヨウ素131はピーク時の300万分の1未満なのですよ。

部分臨界で核燃料の一部分で規模の小さな臨界が起きてると主張する人がいますが、
「最小臨界量」の関係で、核燃料が水に溶けたり、ウランとプルトニウムが分離
したりさえしなければ(注)、核燃料の千分の一以下の部分では臨界にならない
ようになってます。

まあ、臨界が起きれば小規模な臨界でも、十万分の一以上はヨウ素131や放射性
キセノンが放出されるはずで、CTBT高崎観測所でも検出されるでしょうし、
放射性キセノン検出量も桁外れになるはずです。

この臨界が起きれば検出量が桁外れになるはずだという考え方は東電が
自発核分裂に転向する前の11月3日未明から述べてます。
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/143.html#c15
>しかし、臨界が起きていれば小規模でも桁はずれのキセノン133や135が
>発生するはずなので、おそらく臨界ではなく自発核分裂のみによって発生した
>キセノン133や135でしょう。


尚、東電も自発核分裂説転向後の11月4日に原子力安全・保安院に提出した報告書
で示した自発核分裂説の根拠の二つの理由の一つとして、仮に臨界が起きて
いれば検出量が桁外れになるという考えを示しています。
(東京電力HP資料参照)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/111104a.pdf


30. 浅見真規 2011年11月05日 11:05:02: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>29の補足

>「最小臨界量」の関係で、核燃料が水に溶けたり、
>ウランとプルトニウムが分離したりさえしなければ(注)

*****
(注)核燃料が水に溶けると「最小臨界量」は大幅に低下しますが、核燃料は
セラミック状なので化学変化が起きねば水に溶けにくいのです。また、東電も
馬鹿でなければ原子炉圧力容器内の水にウランやプルトニウムが大量に溶けて
いないか調べてると思います。
尚、核燃料はセラミック状なので、簡単にはウランとプルトニウムが分離しない
はずですが、万が一、ウランとプルトニウムが分離すれば核爆発の可能性すら
ありえます。


31. 浅見真規 2011年11月05日 11:09:28: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>29の修正

(修正前)
>この臨界が起きれば検出量が桁外れになるはずだという考え方は東電が
>自発核分裂に転向する前の11月3日未明から述べてます。


(修正後)
東電が自発核分裂に転向する前の11月3日未明から、臨界が起きれば検出量が
桁外れになるはずだという考え方を私は述べてます。


32. ケロリン 2011年11月05日 12:41:21: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

またまた、<小学生レベル>大好きッ子の登場か???
おい、浅見・・・・今度は堂々と、記事アップか???


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ええかげん、サラセ・・

もう、税金は払うな・・おまえら。
税金使いながら、人を苦しめるな。

もう、・・・税金は・・・払うな。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国50発以上の原発・核然サイクルの、
最も非効率・超高額発電・原始的な
最も時代遅れの<蒸気機関>を
いますぐ、完全廃炉にしろッ!!

もう、税金など、ビタ一文払うなッ!!
当てにするな、官僚・役人・政治家・ガクシャ・・をッ!!
目覚めろッ!!(わしらは、奴隷なんだ・・真っ先に、自覚しろッ!!!)


そして、チョロチョロ、徘徊する
どこかのスパイ・コウサクインも、
吊るし上げろ・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

電磁推進機構研究者談・覚醒推進係
地獄のちょい先関西圏在住者談


33. 2011年11月05日 12:51:31: FZ5Us6ScQQ
>>27、浅見さん

あなた、また嘘を書いていますね。

三澤毅氏は京都大学原子炉実験所教授ではなく、京都大学大学院エネルギー科学研究科核エネルギー学中性子基礎科学講座の教授です。京都大学原子炉実験所は兼任です。京都大学のHPに出ています。三澤毅で検索すれば、すぐわかります。

あなたの支離滅裂な議論はほとんど病気ではないかと思います。あなたは、何の学問的実績や業績があり、この分野の専門家の議論に反論しているのですか。それもまともな反論ではなく、嘘つき東電の「訂正」に基づいているだけで、あとは、根拠のない、およそ、学問的とは言えないおためごかしを述べているだけです。あなたのやっていることは、言ってみれば、たぶらかしの類の行為ですね。


34. 浅見真規 2011年11月05日 13:03:50: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>33
粘着荒らしにレスはしたくないですが、追加で述べておきます。
「教授」の肩書きを持っていても、その発言は信用できません。
アナタも大部分の「教授」の発言はウソとしてるのではありませんか?

アナタの都合の良い時だけ「教授」の肩書きを持つ人物の主張しか信用できない
というのは御都合主義です。


35. 浅見真規 2011年11月05日 13:06:52: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>34の訂正

(誤)「教授」の肩書きを持っていても、その発言は信用できません。
(正)「教授」の肩書きを持っているからといって、必ずしも発言が信用できるとはかぎりません。


36. 2011年11月05日 13:14:12: KVdg0zySXA
原子力関係機関の発表への不信感が、
多分、科学的知見に忠実であろうとする浅見さんへの非難に繋がっている。

ある種より酷い事望むと言うより予測する方が強いのであろう、
現状でも十二分にひどい状況なのだけど。


37. 2011年11月05日 13:43:37: zOg0Kq8bUE
このスレを公正に見ている人にはわかってもらえると思うが、

我々はよりひどい事態など望んではいない。その事態の被害を蒙るのは間違いなく我々だからだ。今後、我々が予測する健康障害が起こったとしよう。間違いなく、現在のようなレベルでの医療体制は崩壊するだろう。

我々が望んでいるのは、事実に基づく報道、事実に基づく分析、そしてそれらに基づく方針なのだ。これらは、今、全くもって、「我々のもの」ではない。

我々の多くは、常に、情報を遅れて入手し、その都度、東電・政府に「してやられて」いる。被曝させられている。我々は、正確な情報を渇望している。自身が生き残るために。誰かを守るために。

そういった我々の情報収集活動を混乱させ、事態を隠蔽しようと目論む人間が、現実に存在する。これは、事実である。誰でも、今すぐ、3月12日現在の阿修羅・原発板に戻れば、そのときから、「環境への影響はない」「身体への影響なし」「夏は乗り切れない」というコメントを確認できる。

浅見氏が科学的知見に忠実であるとは到底認められない。

彼の論理は、きわめて蓋然性に欠ける「仮説」を立て、それを補強しうる材料をただ並べたてるだけだからだ。これは演繹的方法である。科学ではない。科学の論理・方法は、通常は帰納的であるからだ。

繰り返すが、「八王子でヨウ素が出た」と、聞くや、すぐさま「そりゃ、犬猫のしょんべんだ」などという奴の言葉など到底信用することはできない。

なお、上記のやりとりを見れば明らかだが、彼は、自分にとって都合の悪い「文脈」には反応を示さない。ただ、機械である時計が、時を告げるように話すだけだ。目の前の餌を捕食する昆虫のように、人間性が感じられない。


38. ケロリン 2011年11月05日 13:59:10: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

アゴラ辺りから湧き出てきた<中学生レベル>の、浅見よ。
まだ、ちょっとは擁護してる猿もおるから、ウレシイだろ?
おう、おう、ご丁寧にも「教授」の肩書き 説明もで、しとる。

>原子力関係機関の発表への不信感・・
などという、チャライ意識では、到底見抜けんよ・・。
真っ先に、結論立てた<演繹>室内犬・広報担当者・・。

コイツ、チンコロイヌ・浅見の本質なんぞは・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

全国50発以上の原発・核然サイクルの、
最も非効率・超高額発電・原始的な
最も時代遅れの<蒸気機関>を
いますぐ、完全廃炉にしろッ!!

もう、税金など、ビタ一文払うなッ!!
当てにするな、官僚・役人・政治家
・ガクシャ・・をッ!!
目覚めろッ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

電磁推進機構研究者談・覚醒推進係
地獄のちょい先関西圏在住者談




[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
39. ケロリン 2011年11月05日 14:06:09: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

ゲンパツの終熄現場奴隷作業員も、
フクイチ高濃度内部被爆者も、

テメェ〜のいのちと健康がかかってんだよ・・
コラッ!!
浅見・・・オモテに出てこい。


[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
40. エイミー 2011年11月05日 14:14:29: ig0EMjT/lbtJE : jt11anmixQ
みなさんのコメントを読んでも、私にはむずかしいし、チンプンカンプンなのですが・・・
私は、この期に及んで、原発再稼動する人や、もっと造ろう、輸出しようと考えている人たち全て、決して前面に出てこない役人・国家公務員たちが憎い。多分その人たちも自分や家族の命や健康は大事なのにね。
そして、そういう人たちには、悪魔祓いが必要なのではないかと真剣に思ってしまう。

41. 2011年11月05日 14:19:33: KpsAYRZodg
久しぶりに遊びます
小出氏の炭酸ストロンチウムの評価には
笑いましたが、浅見氏もコメントしてますね
処で、2号機にベントの記述がありません
その後の事象との関連性について
貴方の見解をどうぞ

42. 2011年11月05日 14:35:48: FZ5Us6ScQQ
>>36 さん

>>科学的知見に忠実であろうとする浅見さん

と言ってますが、まったく違いますよ。
それを装っているのが浅見某なる人間で、みせかけの科学的知見を弄しているのは明らかです。かれの引用する知見はすべて政府発表か東電発表の嘘ばかりだから、問題にしているのですよ。海外で報じられていることが日本国内で封じられている一因はこの浅見某のような人間やマスコミの陰謀によるところが大きいといわざるを得ません。

あなたは、海外でどう報じられているのか、もっと情報を集めるべきです。

>>33,34

もう少し、筋の通ったことを言ったらどうですかね。

私は、あなたには、この分野の科学を語る資格があるのかと問うているのですよ。
専門家でもないあなたが、拾い集めてきた知識で、他人をたぶらかすのは止めた方が良いですよ。


43. ケロリン 2011年11月05日 14:47:14: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

紳士ヅラした、中身、保身満杯の、
<中学生レベル>御用・利権擁護誘導の、
ア・サ・ミ、よ。

保身丸出しのくせに、紳士ヅラだけは、
いっちょ前だな・・?・・えッ、おい!!!

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
44. ケロリン 2011年11月05日 14:59:21: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

果たして、
<演繹><帰納>なんちゅうハナシ・・・、
この<中学生レヴェル>の浅見に、
解るんか・・・?

まさかと思うが、解らんかも知れんな・・?


45. ケロリン 2011年11月05日 15:12:09: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

ゲームとしては、おもしろいが、

下げろ、下げろ、
時間の無駄ダ。


47. 2011年11月05日 15:50:17: 0o2bTMwSlg
>46

私を含め、幾人かの者が、今ここで問題としているのは、今回の「再臨界」報道が陽動作戦であったかどうか、よりも、このスレッドを立てている浅見氏の「情報発信源」としての適格性だ。彼の適格性の是非に関する私の意見はすでに記述したのでもう言わないが、そのことを踏まえて発言されたい。


48. 2011年11月05日 16:01:23: rcs6A1X3M6
副島関係者が、なぜか、浅見さんを擁護しはじめたw
浅見さん。迷惑だったら何か言った方がいいですよw

49. 浅見真規 2011年11月05日 16:53:18: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>47
>私を含め、幾人かの者が、今ここで問題としているのは、
>今回の「再臨界」報道が陽動作戦であったかどうか、よりも、
>このスレッドを立てている浅見氏の「情報発信源」としての適格性だ。


東電の怪しげな玄海原発再稼動直後の深夜の記者会見配布資料公表なのかを
問題にせずに、私の「情報発信源」としての適格性を問題にする者らこそ
原発推進派の隠れ工作員の可能性が高い。

東電の陽動作戦疑惑を追及する、このスレを潰す意図は明白だからだ。

尚、私は本来は別スレで議論すべき事項だが、八王子の公園で9月下旬に採取
された土壌からヨウ素131が検出された件について、このスレの>>16で簡潔に
答えた。それは9月に臨界が起きていなかった証明にもなるので、このスレにも
関係すると判断したからだ。

群馬県高崎市にあるCTBT(包括的核実験禁止条約)観測所(注1)でに9月に飛来した
ヨウ素131がピーク時の300万分の1未満だからだ。(>>16参照)
私は即座に福島第一原発由来ではないと判断し、ラジオアイソトープ医薬品
(人間用だけでなく犬猫用も含む)が原因だと判断した。今から考えると誤検出の
可能性もあった事に気づくべきだったが、仮に検査ミスだとすれば非は業務
として検査しながらミスした検査機関にある。

今後は、下記のスレで議論するか、私の投稿資格に問題があると主張するなら
阿修羅掲示板管理人に「お知らせ・管理」板で投稿資格停止要請をしてい
ただきたい。


[ 9月の八王子の公園のヨウ素131検出の原因のわからぬ無能な
原子力安全保安院は廃止せよ ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/701.html

[ Re: 「八王子・ヨウ素131・原因不明・無能な原子力安全保安院は廃止せよ」 ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/706.html


私の投稿資格を問題にするなら下記の管理板で投稿資格停止を要請されたい。
[ お知らせ・管理20 ]板
http://www.asyura2.com/11/kanri20/index.html

*****
(注)放射性物質を測定して秘密核実験を探知する施設


50. ケロリン 2011年11月05日 16:56:18: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

オッサン、なんや??

>46. 2011年11月05日 15:23:44: m1rXStSFx6
ケロリンというちゃねら〜がうざいの〜。

どう、ウザイんや?

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
51. ケロリン 2011年11月05日 17:00:21: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

>46. ・・・

真っ先に、てめぇ〜が、
玄海ゲンパツ再稼働の記事でも上げてから
ヌカセ・・コラッッ!

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
52. 2011年11月05日 17:01:24: tzydBUjvSU
では、ひとつだけ確認したい。

演繹 と 帰納 

の 意味は わかっているな?

なぜ、君の議論が「演繹的」だといわれたか、の意味だ。


53. 2011年11月05日 17:03:53: tzydBUjvSU
52の質問は当然、浅見氏に向けられたものである。


54. ケロリン 2011年11月05日 17:05:17: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

>46. ・・・よ、

おまえは、
その、もっとウザイ
浅見の腰巾着か?

玄海ゲンパツと、核処分場の記事を上げんかい!

ほれっ・・・



[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
55. ケロリン 2011年11月05日 17:08:18: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

>46.・・・待ってるゾ。

逃げるなよ・・・
『レベルの高い?』オッサンよ・・。

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
56. 2011年11月05日 17:22:04: n8pEUYqtLU
副島関係者のコメントは管理人に通報すると削除されるんだって。
面白いな。
過去に何やったんだろ。
通報しちゃおうかな。
殴り合いの相手を消しちゃったら、ケロリンさんが怒るかな。

57. ケロリン 2011年11月05日 17:23:26: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

>大騒ぎするコワイコワイ派のおかげで、・・

てめぇ〜のような、<コワイコワイ・カス保身へたれ>のおかげだろ?

それにしても、
>こんな奴が阿修羅の代表者か?
だとよ。程度が高いと、妄想まで程度が高いの?

待ってるゾ・・記事は早めに上げろ・・。


[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
58. ケロリン 2011年11月05日 17:48:37: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

>>46.・・・待ってるゾ。

いつもの、
『ボケ老』は、どうしたんだ?
程度が高いんだろ?
『玄海再稼働』と、『核処分場敷設』の
詳しいハナシ、聞かせてくれ・・。
特別に読んでヤルゼ・・・。




[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
59. ケロリン 2011年11月05日 18:46:24: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

いったい、どこへいったんだ?
>>46.・・・の『ボケ老』は??
アゴラ辺りに作戦会議にでも帰ったのか?
それとも、ピックル関連か???

サッサと、上げてくれ・・
玄海再稼働にでもなりゃぁ、それこそ限界だからな。
期待してるぞ・・>46.の<ラベルの高そうな>オッサン。




[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
60. 2011年11月05日 18:51:08: b9XaYlTKdA

 ☆ラエル☆

[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
61. 2011年11月05日 19:12:20: pEgCpfCxXY
浅見氏は、>>13さんのご指摘や>>37さんの整理のような
困ったところのある投稿記事を繰り返しています。
で、少しは反省する姿勢が見られるならまだしも、
反省がみられないのです。八王子のヨウ素騒ぎにしても、
それが放射性ヨウ素だとして、放射線治療後の犬猫のし尿説なわけでしょ?
でも、確固たる証拠やそのデータを示すでもないわけでしょ?
これは、いい加減な投稿姿勢だといわざるをえません。
より誠実な投稿姿勢を望みます。
それから、より大きな視野でいうと、
おやじさんのスレッドなんかをみても、
私たちの事故認識とその影響の範囲をめぐる議論や認識は
主に東電公表の資料に基づいてきたしそれにふりまわされてきた。
間違いや計算違いそのほか、後日修正で、検出されてたものが
未検出となったりしてきた。
そういう東電の姿勢はもちろん、事故責任者としての、犯罪者としての姿勢
ではあって信頼ならぬものなんですね。
そのうえ、じゃあ東電が主犯格だとどこまでいえるかどうか。
日本政府や東電がこれまで事故対応をめぐりその指示に従ってきたのは
宗主国としては米国政府であろうし、原子力マフィアのボスとしての
米国やフランスではないかという疑いが拭えないのですから。
日本政府も東電も連中には賠償請求怖さに逆らえないのだとすれば、
事故対応の主犯格には厄介なのがいて、その場合には当然情報の統制を
行っている。そういう状況認識を度外視して、浅見流の
「確かだ」「間違いない」を繰り返す姿勢はいかがなものであろうか、
と思います。ある条件で、なるほどそのように言いうるかもしれない、
しかし、現実が実際にどうあるかは、その言明はなんら保障はしないだろう、
従って、疑わしいにはちがいない、ということです。しかも、結論や持論が
ほとんど政府や東電のなしうる事故過小評価と重なることも多い、これは
有害でしょうね。

62. ケロリン 2011年11月05日 20:12:56: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

同じ、"OCCUPY"でも、
☆ラエル☆ = 「O・W・O」 誘導の橋頭堡だ。
気を付けろ・・。

※周知だろうが、「O・W・O」は”ワンワールドオーダー”だ。



[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
64. 2011年11月05日 21:35:23: KpsAYRZodg
不純物のある状態での臨海
ましてや、核爆発は無理でしょう
浅見氏も人工地震懐疑の小澤氏同様
応援してますよ
小心者のゲロリンは隔離

65. ケロリン 2011年11月05日 23:01:47: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

作戦変更か?・・>うぜえ・・どこの2ちゃんから来たんだ?

>科学的な記述ゼロだよな?・・
浅見に聞いて来い・・。とっくのムカシに終わっとるがな。

その科学的やらを、上げんかい・・記事にセイと言っとるんだ。

>核爆発は無理でしょう・・・だとよ、
こいつはなんだ?どこの素人を引っ張ってきたんだ?
ゲンパツは核爆発はむりだろ?
当たり前だ・・どこぞで誰かが言ってるのか?

>64.・・おまえ。大丈夫か?



[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
66. ケロリン 2011年11月05日 23:12:14: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

≧≧63. ≧≧65.
教えておいてやる、
トモダチ作戦の延長で、そんなものは、
最初からのシナリオだ・・。
最初からの、そもそもの立ち入り監視区域だ。


コワイコワイ保身のニートよ、
中間貯蔵施設に、デモ打つのか?
それとも、記事アップで終わりか・・
それとも、その<文句>だけで終わるのか?

もうひとつ、教えておいてやる・・水面下でのゲンバク製造の
プルトニューム生産拠点が破壊されたんだよ・・。
解ったか?




[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
67. ケロリン 2011年11月05日 23:22:27: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

旧陸軍残党の、住友鉱山開発・・原燃、東海村、
・・御巣鷹山は核弾頭移送がバレて落とされた・・
証拠が全て隠されているから、証明しようがない・・

今回のフクイチ・・蠢いていたところヤラれた・・
米軍もシナリオ通りに、おともだち作戦と、空母までご用意・・

2ちゃんのDQNニートは、スッコンでろ・・。



[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
68. ケロリン 2011年11月05日 23:48:36: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

自分のアタマで考えろ・・だとよ・・。


これだけ、”知ったかぶり”DQN2チャネラーレベルが
うじゃうじゃ湧いてるんだからな・・。
日本の政治家も、ある意味かわいそうだ。


キンタマ握られて、にっちもさっちも行かねぇ〜んだよ。
下見りゃ、ドキュソの群れだ・・。



[削除理由]:阿修羅にはふさわしくない言い回し、言葉の使い方の投稿
69. 小心者のゲロリン 2011年11月06日 01:56:17: ptxHliiC37ADU : n2depzhT5w

どうしたんだ?
少々、きつかったのか?
それとも、ブログ自体が潰されるのか?

70. 2011年11月06日 03:44:31: pPJ5gJb78A
東電も少しは心を改めて正直に再臨界していることを認めたのだが、
それでは年内冷温停止に支障があると政府から横槍がはいって
発言を訂正したのが本当のところだろう。

しかし、犬猫の糞尿だとまで言って臨界を必死に否定するのか理解できないね。

メルトスルー、プルトニウムの飛散、4号崩壊の危険性など、
今まで阿修羅で懸念されていたことはすべて正しかった。
再臨界もほぼ間違いないだろう。


71. 2011年11月06日 04:00:22: MZq3cPvx22
どうもよくわからない。

コワイコワイ派が大騒ぎをする→福島原発周辺が立ち入り禁止となる→核廃棄物処分場になる→原発を稼働できる

だけだろうか


コワイコワイ派が大騒ぎをする→マスゴミ(大手メディア)を圧倒する→渋々マスゴミも反原発に傾く→反原発世論が確立する→原発は廃止される

また、

コワイコワイ派が大騒ぎをする→反原発気運が高まる→為政者も無視できなくなる→反原発体制が確立する→原発は廃止される

さらに

コワイコワイ派が大騒ぎをする→反原発気運が高まる→次の選挙で原発推進派が軒並み落選する→原発は廃止される


私は大騒ぎした方が、原発は廃止される方向に進む可能性が高まると思う。だから、私は大騒ぎを続ける。デモにもいくし、チラシも配るし、阿修羅にもコメントする。できることはなんでもやる。とにかくこんなものないほうがいいにきまっている。


72. 2011年11月06日 04:21:04: MZq3cPvx22
ビキニ環礁核実験で第五福竜丸が被爆したとき、国内には、歴史的に未曾有の、原水爆禁止を標榜する大規模な国民的運動がおこった。

そういった動きは、海を越えて、海外の物理学者を動かし、ラッセル・アインシュタイン宣言につながる。そのとき開始されたパグウォッシュ会議は現在も続いている。

ただし当時の国内運動は、おそらくは、分断され、統治者の思うがままの状況になっていったように思われる。

今回の事故を契機とした「反原発」的国民的世論の高まりについては、従前とは全く異質な側面を持っている。まさに今我々が利用している「これ」インターネットによる情報伝達である。

なお、15世紀ヨーロッパにおけるグーテンベルグ活版印刷技術の発明は、情報伝達の速度を劇的に加速しその後の文化的伝播の基礎なった。

それと同様のことが現在進行している。何より重要なことは事実に基づく情報の伝達である。

3月中旬における阿修羅原発板を今参照するに、きわめて高度な現状分析がなされている。私は尊敬に値すると思う。あの文章を読んで、今回の危機に際しての方針を決定された方もいるとすれば、本当に「生きているもの」とはなんなのか、改めて考えさせられる。


73. 小心者のゲロリン 2011年11月06日 06:51:09: ptxHliiC37ADU : n2depzhT5w

削除するには削除する理由と説明責任があるゼ。

これだけの読者抱えたブログは、もはや1管理人から離れた
公共電波に近いものがある・・。

公共性/説明責任・・これは表裏一体だ。


74. 2011年11月06日 08:47:30: GyoGexosND
お〜い、犬猫ションベンの浅見よ!

お前の意図は何だ〜?
国、東電、保安院におもねって、トンデモ屁理屈
重ねると、ご褒美もらえるか?
お前のメリット、未だに答えてないぞ、早く吐い
たらどうだ、楽になるぞ!!!


76. 2011年11月06日 11:36:29: tzydBUjvSU
とりあえず、以下の動画を見てから、またコメントしてみてください。


広瀬隆10月30日 埼玉県蕨市における講演会
http://www.youtube.com/watch?v=bILZkytft1s&feature=related


77. 2011年11月06日 11:37:43: tzydBUjvSU

あわせて、ECRRのどこがウソなのか、はっきりと、ここで論証してください。

78. 2011年11月06日 11:45:49: tzydBUjvSU
>75

ECRRが「トンデモ」だとかいうコメントは無用です。

批判する以上は中身を理解しているんでしょうね。

ECRR2010報告の 第6・5節の「生物学的等価線量」に関する批判的検討をお願いします。


79. 浅見真規 2011年11月06日 13:55:41: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>41
>処で、2号機にベントの記述がありません
>その後の事象との関連性について
>貴方の見解をどうぞ


東電の公表資料では記述がないみたいですね。
Google検索したら、ベント失敗の疑いがあるものの東電は不明としてるようです。

(47NEWSホームページにおける共同通信記事参照)
http://www.47news.jp/CN/201105/CN2011051801000828.html
>資料で東電はベントされたかはどうかは不明と断定を避けているが、
>東電関係者は2回とも失敗と判断していると明かした。


不思議なのは、異常な圧力上昇の場合には自動的に弁を解放する「圧力逃し弁」
は機能しなかったのかという事です。スリーマイル島原発事故でも「圧力逃し弁」
が自動的に弁解放したとされてます。
スリーマイル島原発は加圧水型(PWR)で福島第一原発の沸騰水型(BWR)と構造が
違うのかなと検索すると福島第一原発1号機の設備構成の概要の図面が東京電力HP
にありましたが、それにも「逃し安全弁」はありました。
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_110810_01-j.pdf

多分、福島第一原発2号機も「逃し安全弁」があったはずなのに、どうなっていた
のか不思議です。


80. 浅見真規 2011年11月06日 14:22:53: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>12
>今更話題となっているのは、二号機の建屋にガス専用のフィルタ装置を設置し、
>放射性ガス測定も開始しデータ公表を始めた為、ではないでしょうか。
>機械的処理であれば定期的に放射性ガス濃度のデータは今後も出てくると思います。
> >>08
>38Bq/cm^3、という数値は高いですね。
>仮に10cm×10cm×1cmの手のひらの空間に均等にガスが存在すると、
>3800Bqとなるでしょうから。


私が>>08で示した38Bq/cm^3は東電が8月10日に公開した資料です。
私の>>08の書き方が誤解を招く虞があったので>>09で8月10日の資料だと補足しました。
8月前半に検出されたXe-131mの元になったヨウ素131が春先に極めて大量にあった
事から、8月前半では、半減期が約12日と放射性キセノンとしては半減期の
長いXe-131mが少量残存はありうるわけで、また、8月前半の原子炉内では放射能
が強いので非放射性安定キセノン131が放射線で励起されてXe-131mになった事の
二つの原因で説明が可能でした。

東電は11月2日と4日は放射性キセノンの放射能濃度を公開しましたが、
3日と5日は公開していません。


81. 小心者ゲロリン 2011年11月06日 14:50:22: 5o9T8v/p4Gpxg : n2depzhT5w

>63.
>日本はエネルギーの全てを輸入に頼っています。新エネルギーで、国内需要を補うことができるようになるには、後100年かかるでしょう。

3〜4月当たりで、やっていた、こっちは洗脳解きの再燃か??


>63.>もっと裏読み・・
などと中途半端なウラヨミなど、利権に与するだけだ。
ゲンパツとバーチャル金融は連動してるんだ。
地元の健康的な産業は金融と利権が根絶やしにしてるんんだ・・。
ニート洗脳猿よ、エエかげんに目を覚ませ・・・。


小心者ゲロリンのホーム・スタンドだ。
『禊御中主ワールド 』
http://tukuyomiwld.jugem.jp/
(大日本古神道翼賛社)


小心者のこちらとしては、
直接、コメント削除理由を、生身の管理人に詰め寄らざるを得んな・・。



82. 浅見真規 2011年11月06日 15:08:02: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>11
>この馬鹿な「陽動作戦」に引っかかるほど馬鹿なヒトは多くないと思います。
>むしろ、普通の人は玄海原発の再稼働がやはり危ないと思うのではないでしょうか?

>この浅見某は嘘つきの東電発表を、ある時は嘘だと言い、ある時は本当だと言う。


後になって、コロンブスの卵を馬鹿にするような発言だな。
11月2日時点で陽動作戦だと指摘したのは私だけだ。

11月2日未明に東電が放射性キセノン検出を記者会見配布資料として公開後の
ここ阿修羅掲示板でのフィーバーぶりを忘れるな。

関連スレも下記のように乱立・アクセスカントもコメントもうなぎのぼりだった。


[ 2号機で核分裂の恐れ(クルーク):これはヤバい!?? ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/131.html

[ 福島第1原発で核分裂の可能性 キセノン検出、ホウ酸注入 共同つづき ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/132.html

[ 2号機で核分裂反応か 注水開始 ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/133.html

[ [CML 012917] 制御できない核反応であることは、確かだ! ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/137.html

[ ついに核分裂!福島原発“核爆発”危機…専門家が“危険性”警告 (zakzak) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/140.html

[ 東電“一時的に臨界の可能性”(NHK) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/141.html

[ 福島2号機の核爆発・・・東電のサボりだが大丈夫  武田邦彦  
「臨界に達したら核爆発する恐れがある」 ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/142.html

[ 1、3号機も小規模臨界の可能性 福島原発、分析進める(共同通信) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/144.html

[ キセノン検出は、二号機で核分裂反応継続、再臨界と考えるのが妥当。
(放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/148.html

[ 「冷温停止」じゃなかったのか    西岡昌紀 ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/149.html

[ 福島第一原発、再測定でもキセノン検出 (読売新聞)  ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/151.html

[ 小出氏:キセノン検出と核分裂反応・核の暴走、について@たねまき 
〔日本の沸騰水型原子炉で爆発的事象は恐らくない…〕  ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/153.html

[ 福島第1原発:原子炉内なお不安定 年内冷温停止に黄信号 (毎日新聞) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/156.html

[ 福島2号機 キセノン 8月にも検出 (東京新聞)  ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/161.html

[ 炉心不安定示す 継続的な監視が大切 核・エネルギー問題情報センター
事務局長、元中央大学教授 舘野 淳さんに聞く ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/163.html

[ 福島原発2号機格納容器からのキセノン133、135検出に関する
東電記者会見(EX-SKF-JP) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/167.html

[ 小出裕章:キセノン検出による臨界について / 福島第一原発で
キセノン検出 (ZDF,KBS) ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/168.html

[ 福島原発は爆発するのか?  武田邦彦  ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/172.html


83. 浅見真規 2011年11月06日 15:44:15: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
やっと本論に入ります。
*****
実は、東電の発表の怪しさを東電の発表資料が物語っています。

(東京電力HP・記者会見配布資料参照)
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/images/handouts_111102_05-j.pdf

これが、11月2日未明にマスコミ記者に公開した資料です。

まず、10月28日金曜日に試料採取して計測しながら休み明けの10月31日にも
公開していません。
さらに、怪しいのは10月28日に採取した試料で「検出限界未満」となってますが、
11月1日採取分より検出限界が桁違いに高いのです。

(Xe-131m)
10月28日採取分の検出限界は、4.4ベクレル毎立方センチメートル
11月1日採取分の検出限界は、0.000042ベクレル毎立方センチメートル
検出限界が5桁違います。

(Xe-133)
10月28日採取分の検出限界は、0.28ベクレル毎立方センチメートル
11月1日採取分の検出限界は、0.0000034ベクレル毎立方センチメートル
検出限界が5桁違います。

(Xe-135)
10月28日採取分の検出限界は、0.14ベクレル毎立方センチメートル
11月1日採取分の検出限界は、0.000054ベクレル毎立方センチメートル

*****
つまり、10月28日採取分より11月1日採取分では検出精度を上げて、5桁も
微量でも検出できるようにして、急に放射性キセノンが検出されましたと
玄海原発再稼動直後の深夜に発表したのです。

こういう不正行為は、ぜひ国会で証人喚問して追及していただきたいですね。


84. 浅見真規 2011年11月06日 15:56:37: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>83の訂正

(誤)11月1日採取分の検出限界は、0.000054ベクレル毎立方センチメートル
(正)11月1日採取分の検出限界は、0.0000054ベクレル毎立方センチメートル


85. 2011年11月06日 16:01:33: pEgCpfCxXY
>>75さん、
> 結局、皆さんの「放射能コワイコワイ」運動は、原発の新規開発は阻止できますが、既存の原発の再稼動阻止まではできないと考えています。結果的に、福島県人を犠牲にした上での、原発廃止運動です。

 皆さんの動きを支えたのが、ECRRで、これは原発廃止が目的の団体です。実際にドイツでは緑の党が躍進し原発廃止を国民投票で決めたました。この動きを正当化するためにも、日本の反原発運動を援助するのは当然なのです。どんなウソの情報を流してでも、放射能の怖さを伝えようとするでしょう。
---------------------------------------------
一理あるんじゃないでしょうか。
というのは、その逆もまた真じゃないかな、と思わせるからです。
たとえば以下のように書き換えることが可能です。

 結局、皆さんの「放射能直ちに健康に悪影響ないよ」運動は、
原発事故による健康被害を明るみにすることをマスメディア通じてある程度
阻止できますが、ネット市民のツイートをやめさせることはできませんし、
実際の放射能による大気土壌汚染による疾病の発症阻止までは当然できない。
結果的に、福島県の市民をはじめ多くの世界中の市民の健康を
犠牲にした上での、「健康被害?知ったこっちゃないよ、放射能と関係ないよ」
原発推進運動です。

 皆さんの動きを支えたのが、ICRPまたはIAEAそれにWHOで、
これは原発推進が目的の団体です。実際にチェルノブイリで調査したIAEA代表団は
チェルノブイリ市民の期待を裏切る形で、事故後の放射能汚染による健康被害は
ないと報告しました。重松らです。
この動きを正当化するためにも、日本の原発推進運動を援助するのは当然なのです。どんなウソの情報を流してでも、放射能汚染の「安全」「事故後の疾病へは
小児甲状腺がん等、例外を除いて無関係」を伝えようとするでしょう。
--------------------------------------------
健康被害が生じても、知らぬ存ぜぬで済ますことが可能ですね。
何しろ医師が、放射能土壌大気汚染の影響を疑わないか、尻込みするからで、
これは世界的な医学の権威たるWHOや学術雑誌がすでにICRP/IAEAに口止めされて
いるからです。雑誌に掲載されることは非常に稀と言われて久しいのです。

少なくとも、上述した言葉の上では、原発推進も原発廃止も、論理的に等価です。
従って、原発推進か廃止かをめぐる政治性の選択が叙述者の倫理道徳観を浮き彫りにするくらいが関の山であり、個人的には、犯罪者共感乙です、というコメントが
相応しいように思います。豆腐上の原発は日々続く揺れに耐えられないのですから。配管がもたない。それに配管の修繕や原子炉内部の清掃など、末端労働者の
被曝に依存しています。その健康被害についても、当然、高給と引き替えの黙約が
行き渡っている。立場の弱い人たちを食い物にする構造に依存せざるをえないのが
原発の現実で、一刻も早い人権回復が待たれ、
廃炉しか市民の健康の未来を形作るものはない。


86. 浅見真規 2011年11月06日 16:11:24: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
東京電力は3月26日に臨界の危険防止のため2号機にもホウ酸投入した。
ところが、翌日の3月27日から淡水注入に切り替えている。
(東京電力HP資料参照)
http://www.tepco.co.jp/cc/press/betu11_j/images/110819b.pdf

臨界のリスクがわずかでもあれば、更なる放射性物質放出事故を避けるために
ホウ酸投入を継続すべきにもかかわらずホウ酸投入を止めた事は重過失であり、
事故の反省が無いと言わざるをえない。


87. 小心者のゲロリン 2011年11月06日 16:13:32: Jt4QoLu1sw5Ys : n2depzhT5w

いつまでも、チマチマチマチマ
政府や議会制に幻想抱きながら・・・
こちょこちょこちょこちょ、と検証繰り返す
まるで、閑人のゲームだな?
・・まさに”ゆとりくん”の格好のサンプルだな?

「証人喚問して追及していただきたい 」・・・などと、
いつまでお目出度いんだ・・?

津波がすぐ後ろに迫ってるにも関わらず、
赤信号で整列して、止まっている車の渋滞を見てるようだな・・・


88. 小心者のゲロリン 2011年11月06日 16:25:31: Jt4QoLu1sw5Ys : n2depzhT5w

横田基地指示→玄海再稼働(来月定検で止まる)→民意確認→<反対の押上が強いと年次調書に申し訳が立つ>→政治家の首は繋がる→→→『ウチでは、もう無理ですわ』→→→政治生命断たなくて済む・・・と言う訳だ。

<反対の押上が強いと年次調書に申し訳が立つ>
・・・ここが、いつもポイントになってるんだ・・・。
奴隷社会の宿命だ・・・。
羊飼いでも、命や収入は欲しい・・ということだ。


89. 2011年11月06日 17:14:31: JpDaeTOVfI
ケロリンさん

このお方は本気で「帰納」「演繹」の意味がわからんようです。
もう、どうでもいいですけど、この人の使命は「足止め」かもしれませんね。

もう、相手しないようにします。
お先に失礼します。


91. 2011年11月06日 18:08:36: tzydBUjvSU
90さん

あなたは、このブログの「どの解説」をもってそのように主張されるのかな。
「エライ先生」が言っているからじゃあ、情けないですよね。

あなた自身言葉で説明してください。
私にはわかりませんので。さあ、どうぞ。

あと、まともな「ICRPの委員」さんの名前を挙げてください。

できれば日本人がいいな。


92. 2011年11月06日 18:13:11: tzydBUjvSU
>90

あと、その「トンデモ」についての部分がおそらく、私が提示している「生物学的等価線量」およびそれに関連する係数のことでしょうね。

それも、含めて、わかりやすく説明してください。

もし、できないというのなら、あなたは自分の頭で考えていないということを

ここで、皆の前で

証明することになります。

ささ、どうぞ。


93. 2011年11月06日 18:15:52: tzydBUjvSU
「専門家がこういっている。」

で、

納得する

馬鹿が

いるか。


94. 浅見真規 2011年11月06日 18:24:43: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
私の投稿資格・情報発信資格を問題にしたい者へ、

私の投稿資格・情報発信資格を問題にしようとする者は、管理板に下記のスレをたてましたので、そこで私の投稿資格・情報発信資格を問題にしてください。

原発板で私の投稿資格・情報発信資格を問題にして原発板を荒らさないでください。
私だけでなく、モノ言わぬ他の多くの閲覧者も読みづらくて困るからです。

[ 浅見真規に原発板で粘着する荒らしコメント削除の御願いと、投稿資格・情報発信資格の議論 ]
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/379.html

*****
>>37 >>44 >>89
「帰納」「演繹」に関して上記スレの第一コメントで回答しておきました。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/379.html?c1#c1


95. 2011年11月06日 18:31:07: tzydBUjvSU
>浅見氏

おもしろい。

では聞くが

「確立された学問体系」とは何か。

すぐに答えよ。


96. 2011年11月06日 18:32:57: tzydBUjvSU
具定例だ。

早く答えよ。


97. 2011年11月06日 18:34:33: tzydBUjvSU
↑具体例の誤り。

今すぐ答えよ。

wikiのコピペでないことを証明せよ。


98. 2011年11月06日 18:47:14: pEgCpfCxXY
まず、浅見さんへ
ぼくはしかし、浅見さんの投稿資格、資格なるものを
問うてきたのではありません。疑問に思ってきたのは
投稿内容に見られる投稿姿勢です。
したがって、資格スレッドに思ったことを述べるだけでなく
今後もこうした形でコメントせざるをえないでしょう。
さらに、資格は結局のところ、こうした掲示板では管理人の判断に尽きるでしょう。
投稿姿勢について見られる拙速さは、
結論に見られる無茶な仮説と無茶な断定ですね。
またそれに伴う他の意見や見方の、根拠薄弱な乱暴な排除です。
資料や証拠がないのを知りながら、あくまで初発の結論を
貫き通す姿勢です。

>>90さん、ちがうんじゃないかな。

>結局、ICRPとECRRのどちらが、より嘘つきなのかによりますね。

あなたはそもそも嘘というものをご存じでないか、またはいい加減に
扱っていますよね。
人が嘘をつくのはなぜか。その嘘によってどんな利益があるというのか。
仮にECRRが故意に嘘をついているとしますと、その利益は明白ですね。
即時原発廃炉です。
ではICRPが故意に嘘をついているとしますと、その利益もまた明白です。
原発推進という現状肯定です。
では、ではどちらが、世界中の市民の健康に配慮しているか。
言い換えると、どちらが世界中の市民の身体における、
放射能汚染の健康障害から市民を保護しようとしているか。
答えは明白です。
では、どうしてICRPは嘘をついてまで、市民の健康を害しかねない手法で
お湯を沸かし電気を作るやり方に依存しよう、維持しよう、依存させよう、
また被曝労働者を次から次へつくりだそう、としているのでしょうか。
いったい、労働者を何だと思っているのか。
また各国首脳陣はどうしてこのようなICRPの運動を停止できず、
市民の健康を脅かし続けるのか。

こうした疑問が、あなたには、記述がありませんね。
一切、度外視です。なぜですかね。


99. 2011年11月06日 19:14:23: tzydBUjvSU
>浅見

なんだ!

やっぱ、わかってないんだな!

あんたね、「わからん」ときは「わからん」と言えばいいんじゃないのかね。

コピペ示せば納得すると思ったか!


100. 小心者のゲロリン 2011年11月06日 19:19:37: Jt4QoLu1sw5Ys : n2depzhT5w

≧≧89.・・さん、
あなたココでは珍しく知的な方で、
嫌になる気持ちは分かりますね。・・・しかし、
浅見氏は浅見氏のレベルでやりたいコトがあるんでしょう。
それは、どなたにとっても、同じこと。
ココでも知ったかぶりで上げられていた
<自分のアタマで考える>というのは、
奴隷状態脱出の意識拡大の最大のポイントになります。

そうすれば、どんどん転用資料など無くなってきます。
まぁ〜、そのことさえ、演繹・帰納と同じように
いまだ解らんでしょう・・。
この国には、科学など根づいていない・・
お上権威の主導のただの宗教です。
戦後教育ならぬ、江戸幕藩体制からの悪弊ですな。

かわいそうには、なってきますがね、
本人の自由ですから、そこから先は
誰も入れない『管理区域』ですからね・・。

>90.・・さんのような情報が、ウラヨミ情報ですが、
どこかでウラヨミ掴んだつもりで、
鬼の首状態で悦に入るなど・・疲れますわね。

だいたいが、低レベルほど、レベルレベルという。
小学生〜中学生〜高校生〜
ウラヨミも、ラベルがある・・・

レベルではなく、<ラベル>・・・。
劣等感なんでしょうね・・

≧≧89.・・さん、
またどちらかで・・。


101. ケロリン 2011年11月06日 19:26:19: 6aICm6xzPa6aE : n2depzhT5w

>90.・・さんのような情報が、・・というのは、

>90.さん、誤解なきように。
あなたのことではないですヨ。

まぁ〜、ウラヨミとはいえませんが
市販の出版物ですからね・・。
まぁ〜それさえ知られていないですからね・・
温暖化・温暖化の大合唱・・
なんで、米が居京都議定書に参加してないかなど・・
どこ吹く風・・・ア〜メン・・のような。


102. 2011年11月06日 19:30:03: pEgCpfCxXY
うーん。
この数ヶ月、結局、東電は姿勢を崩さなかった。
日本政府も。隠蔽と過小評価。
市民の怒りなんぞなんでもないとばかり。
やっぱり、本質に、反米政権でない、
ということがあると思わざるを得ない。
原発事故処理をめぐる指示を出している連中にたてつく、
この事態を打開するに相応しい反米政権の樹立が
--日米安保体制を打倒する政権が求められるのではないか。
東電いくらなんでもやりすぎだろう。

103. 2011年11月06日 20:24:03: tzydBUjvSU
いやー、ケロリンさん(89です。別室のパソコンです)

そうですね。江戸幕府時代といえば、主知主義的な朱子学の影響から現代日本は脱却できていないと思っております。

「知っているからやっている。やっている以上は全部わかっている。」

んなわけないですよね。

「わからんけど、すすんでいく。やってはいるが、全部はわからん。」
「どこまでいっても全部はわからん。」「わからんのなら、傲慢になるな」

てな感じだと思います。


104. 2011年11月06日 21:16:27: tzydBUjvSU
おーい  >WFUgPaWZMk

なにか言えよ。

どうしてICRPの科学者がまともなのか聞きたいな。

ちなみに、カール・モーガンって知ってる?


105. 2011年11月06日 21:18:01: tzydBUjvSU
カール・モーガンはまともだよ。

そりゃ、たしかだ。


106. 2011年11月06日 21:34:44: tzydBUjvSU
おい、WFUgPaWZMk

ひとつ面白い話を聞かせてやろうか。

飯館村が4月11日に「計画的避難地域」に指定されたよな。

なんと、その前日の4月10日によ。

近畿大の杉浦紳之先生が「これくらいの放射能は怖くない」って講演会やったんだってよ。

失礼な話だよな。確か、このセンセも、ICRP委員じゃなかったっけ。

飯館村のセシウム沈着量がどれくらいか知ってるよな。こんなところに首突っ込んでくるくらいだからよ。


107. 2011年11月06日 23:00:51: pEgCpfCxXY
ここを読むと
http://www47.atwiki.jp/goyo-gakusha/pages/485.html
カール・モーガン博士(ICRP 内部被曝分科会初代委員長)

別冊宝島「原発の深い闇」 p46〜47

1950年にICRPが発足した時、内部被曝の検討委員会がつくられたが、
活動停止を余儀なくされたからだ。

内部被曝分科会の初代委員長だったアメリカのカール・モーガン博士は、
批判を込めて自著でこう述べている。

「ICRPは原子力産業界の支配から自由ではない。原発事業を保持することを
重要な目的としている」

716 名前:地震雷火事名無し(中部地方)[sage] 投稿日:2011/08/09(火) 22:34:25.76 ID:ZeR5p9Pu0
中川保雄『放射線被曝の歴史』読了。いや〜傑作だわ、この本。ICRP(勧告)がどのように
成立し、改訂していく歴史を辿りつつ、どうやって放射線被曝の被害を過小評価し、被曝を
許容(というか強要)させるためにどのように歪められてきたのか、著者の怒りが伝わってくるようだった

心の中閾値ありとか閾値あり説を支持する専門家も少なくないと言う人や、瞑想したりしてる人がいるが
50年以上前の世界から来た人と思えば納得。

p.40

ところで、放射線に曝される産業分野で働いた人たちや放射線の治療・診断を受けた患者の間では、すでに
1930年代から放射線障害が発生し始めていた。それとともに「耐用線量」への疑問もふくらみだした。しかし
放射線利用産業、また新たに巨大産業として急成長していた原子力産業の利益を重視したために、そして何よりも
原子爆弾の開発のために、「耐用線量」の見直しは後回しにされたのである。
 戦後放射線被曝の問題の議論は、放射線遺伝学者を中心とする専門家の狭い世界から、原子爆弾と核戦争に反対する
広範な人々の世界へと広がった。その中で、ある値以下から影響はないとする「安全線量」など存在しない、
と耐用線量への批判が広がった。(後略)


108. 2011年11月06日 23:13:42: KOcje76qOE
98様へ

 原子力をなくすことができるなら、そうすればいい。現在それは可能なのですか?たぶん、今後50年間、新エネルギーの開発に各国が注力すれば、それも可能になるでしょう。しかし、現状は無理です。
 日本は円高だから気づいていないけれど、今でも石油価格などは上がり続けているのです。これで原子力を全面廃止すれば、さらに値上がりします。ご存知のように、石油市場はアメリカが抑えていますので、これまで以上にアメリカの尻の下にひかれますよ。日本が逆らったら、口実をつけて、日本への石油ルートを絞ればいい。現代版ABCD包囲網だ。石油なしでは日本は生きていけません。その割合を下げる意味で、原子力発電が導入されたのです。自前のエネルギーを得たいという、国家としての当然の動機です。(これだけ読むと、何だが原発推進派みたいで嫌なんだけど、あなたたちが、何にも考えずに原発は悪だと決め付けるので反論しているだけです。私は天邪鬼です。)
 だいたい、福島の原発で作られた電気は、関東地方で使われてきたのです。福島県の犠牲の上に関東の人々は便利な生活を享受できたのです。それが、原発事故が起きたとたんに、その被害をほとんど福島県などの被災地が背負わなければならない。風評被害を受けるのも、福島県です。踏んだりけったりだ。

104〜106のどうせゲロゲロリンへ

 俺は自慢じゃないが、文系だ。放射能のことなど専門外だ。だったら、もっとも権威が高い組織の、偉い科学者の意見を信じるしかない。たとえ、原子力推進が主目的の組織だとしても、多くの科学者が参加している組織なら、とんでもな説は唱えないはずだ。まともな科学者なら、ちゃんと良心がある。「プロジェクトX」に出てくるような科学者が、ちゃんと委員に選ばれているのではないかと考えたい。

 一方のECRRは、緑の党と結託して、原子力の即時廃止を達成するための組織だ。放射能コワイコワイしか主張しないので、信用できない。それは100%わかる。実際に、buvery氏のブログを読むと、矛盾点がたくさん出てくる。この点は、今後取り上げていくつもりだ。

 なお、私なんかより、ICRP対ECRRの戦いを第三者の専門家の立場から述べたブログがある。これを読んでもらった方がよくわかる。私が想像していた通りだ。
 結論は、ICRPは信用できる。ECRRは信用できない、だ。

(全体引用開始)

ICRP(国際放射線防護委員会)対ECRR(欧州放射線リスク委員会)
http://ameblo.jp/tomamx/entry-10991723830.html

テーマ:地震・原発
放射線の影響に関して、さまざまな見解があって、何を信じていいかわからない方も多いと思います。

私個人としても、色々なソースからの情報を読み、自分でもそれなりに考えた結果として、日本政府がその政策のよりどころとしているICRP(国際放射線防護委員会)の見解をほぼ信用していいだろうと考えつつ、ECRR(欧州放射線リスク委員会)の「ICRPの見解ではリスクを過小評価している」との意見を読むと、そちら側の考えを無視していいのか、やはり心配になります。

このICRPとECRRについての分かりやすい議論が、安井至先生(東京大学名誉教授)が今回の震災後に開始された「環境学ガイド」のフェイスブックのグループ上で展開されていました。

私もこのグループに参加させていただいています。(発言は過去3回程度で、ほとんど読んでいるばかりで名ばかりのメンバーですが。もちろんフェイスブックでは実名で参加しています。)

このグループは非公開ですので、メンバー以外はアクセスできません。
しかし、たいへん興味深い議論であり、またこれを公開して特にどなたかの不利益になることはないと判断して、もしかしたらルール違反かもしれませんが転載させていただきます。

安井先生以外の方のお名前は伏せさせていただきます。なお、各氏のプロフィールを見て、安井先生を含めて全員が、原子力を推進しても何も利益を得ることのない方々であることを確認しています。


(引用開始)

N氏
 まったくの専門外ながら、事故の後放射線のリスクについて調べています。いろいろ追いかけていくうちに、「ICRPvsECRR」という構図の影響が極めて大きいというふうに思っています。直接間接にECRRからの情報を単純に真に受けた人からの「伝言ゲーム」が大きな影響を与えています。

 一方、安井先生が書いておられるように、わかっている学者は黙っていて、ICRPがどれだけ信頼足りうるものかが伝わっていません。ECRRからの意見に対して反論しないことで、世間の多くが判断を保留せざるを得ない状況に陥っているように感じます。

 泥沼の議論、アホらしい議論になるのかもしれませんが、「ICRPvsECRR」の決着をつけるようなまとまった議論(ソース)がどこかにありませんか?こうしたソースがあれば、かなり状況は改善されるように思うのですが…。


I氏
決着にはおよそほど遠く、また、記者さん向けの素材なんでしょうが、
http://smc-japan.org/?p=1941
(既出でしたら失礼)

(tomam注:このリンク先のサイトでは、ECRRの見解を肯定する側の意見が中心に記載されています。)

N氏
Iさん、ありがとうございます。


H氏
ICRPとECRRですが、たとえは悪いですが日経新聞と日刊ゲンダイの経済分析を比べるような話で、なかなかマジメな議論にはならないように思います。

ICRPが特定の国家や政治勢力に都合のよい偏った評価をしていると信じ込んでいる人もいるようですが、むしろECRRの方が緑の党という特定の政治勢力のお抱え団体であり、政治的なバイアスが遙かに強いことはその出自からも明らかです。

とは言え、科学的、論理的に妥当か否かに関係なく専門家が少しでも放射線の危険を少なめに表現すれば「御用学者」として批判の対象となり、場合によっては業務に支障を来すほどの嫌がらせを受けるような現状と、それを何となく認めてしまっている世間の空気の中では何を言っても効果は期待できないように思います。残念ですが。


安井 至
 Hさん 日経とゲンダイの対比は絶妙です。

 放射線の影響評価にさまざまな考え方がある、というよりも、実は、様々な人々のニーズに応えるべく、個性的な対応が準備されているという理解が良いか、と考えています。

 ICRPとは、科学者集団が真剣に放射線の直接・間接被害を少なくすることを考えている組織。一方、ECRPのような団体は、放射線関連の事故などでの健康被害について、被害者認定を得ようとする人にとって、できるだけ有利な判断をするにはどのような評価方法があるか、奇策
を含めて考えている団体、と理解するのが良さそうに思われます。

 現時点のように、まだ健康被害が起きていない状況では、ICRPの指針に従って無用な精神的ストレスを回避するのが賢く、もしも健康を損ねてしまったら、ECRP的な考え方をする組織を頼りにするというのが、個人戦略上正しいのかもしれません。いずれにしても、現時点でECRPの考え方を採用してなにかよいことあるの、と考えます。

 国レベルでの戦略としては、現時点の状況下では、ICRPがもっとも信頼できる組織であるという認識を明らかすべきなのですが、食品安全委員会には、そのような決断ができなかったようです。自らの責任回避をしたつもりで、実は、新たな責任を背負ったのでは。

 国としてもっと発言を繰り返す必要があることが、福島事故による被曝者に、定期的な健康診断の機会を提供する、ということではないかと思います。放射線関連の従事者は、また、生存中の原爆被爆者も、定期的な健康診断を受けているため、かえって寿命が長いようですから。

(引用終わり)

(全体引用終了)


109. 2011年11月06日 23:33:39: 8aBhErjpAg
 敵(放射能コワイコワイ派)に塩を送るようで嫌だが、正確な情報を広めるには、いろいろな情報があった方がいい。

 チェルノブイリで「プロジェクトX」といえば、現地で甲状腺がんの手術に尽力した菅谷昭氏が浮かぶ。実際にこの番組を見て、感動した一人である。

 プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス NHK (Nuclear F.C) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu15/msg/527.html

 その菅谷昭氏は、現松本市市長で、主張しているのは、武田邦彦氏と同じである。そういう主張は当然あるので、紹介します。

 ただ、私は、大本営発表の数値「レベル7」を鵜呑みにされての発言なのではと、うがってとらえています。

 情報を開示し子供と妊産婦を守れ
   松本市長 菅谷 昭 氏
 http://www.fng-net.co.jp/itv/2011/110606.html


110. 2011年11月06日 23:42:32: tzydBUjvSU
>108

結局、あなたは、ECRRをトンデモ団体といいつつ、なぜ、それが、トンデモなのかということについては、ご自身では「わからない」ということを認めました。

それだけで、あなたのことがよくわかりました。これで結構です。

さようなら。


111. 2011年11月07日 00:21:14: fKe72qOgvU
自分では考えないが権威に従うって・・・。それも正面切って。
阿修羅で初めて見たな。こんなやつ。・・・。

112. 2011年11月07日 02:37:43: pEgCpfCxXY
>>108さん、

話を蒸し返されましたね。
昨夜も言ったように、ある対立があるなら評価を逆転させれば
同様に言うことができるのです。
その場合、ではどちらにお仕着せの「国際権威」があるかないかを
問題にし、その国際権威とやらのあるほうを、信が置けるのだ、を
繰り返すばかりでは、論争にケリはついてないこと、明白ですね。
引用された文中にこうある。
国は
「ICRPがもっとも信頼できる組織であるという認識を明らか」にすべきだ、と。
また、「国としてもっと発言を繰り返す必要がある」とも。

徹頭徹尾、あなたの立場の基礎にあるものが、これなんでしょう。
国、権威。
対するに、ECRRやそのほか反原発団体にある姿勢は
そのような、国や権威に物怖じせず、自分たちで掴んだ認識に従って
考えたり、行動したりしようとする姿勢です。そしてその認識を法廷または
法廷的なある場所で試練にさらしてもへこたれない、ある認識への意志ですね。
要するに、他人に下駄を預けない姿勢です。
手弁当でも住民の訴えに耳を傾ける姿勢です。
それから、あとは、国や権威は人を食い物にしてきましたよ。歴史を見たら
明らかじゃないですか。市民一人一人のことなんか、何とも思っちゃいない。
ただ、そうする必要がない時、そうしないまでです。市民から収奪することが
国の役割です。よい時代にはそういう印象をもたれない工夫が成功するにすぎない。


113. 2011年11月07日 02:43:30: pEgCpfCxXY
なお、さっき書き忘れましたが、
>引用された文中にこうある。
国は
「ICRPがもっとも信頼できる組織であるという認識を明らか」にすべきだ、と。
また、「国としてもっと発言を繰り返す必要がある」とも。

ここで聞き手が抱く質問は、次のようなものですね。
「では、あなたがそうなさったらどうなりますか。」
できるならやればいい。国に代わってそう「明らか」にするだけです。
なぜしないのですか。できないからじゃないですか。
洗脳ならできるんですね。ICRPは信頼の置ける組織であり国際権威がある、と、
そう繰り返せばいい。しかし、そのことはなんら、明らかにはしてくれませんよ。
ゆえに、
国に繰り返し発言を求めるその方の立場は、もはや明白といわなくてはなりません。初めに洗脳ありき、です。実に巧みな戦略がそこにはあるでしょう。
戦略がいくらあろうと、科学がない、つまりECRRに対し反証を突きつけるだけの
調査も行動もなく敗訴し続ける権威しかないんで、
事実も認識もなんら明らかにはなりやしないのです。


114. 2011年11月07日 06:54:58: 54dxo8mDfc
>108

「文系」とは「文が読めない系統」という意味だったか。

文系だろうがなんだろうが、問題意識をもったなら、自分で喰らいつけ。放射能だろうが、核物理だろうが自分で読め。わからないときは調べろ。どんなに時間がかかってもだ。人の言葉を借りるな。今のお前が理解して表現できる限度が「お前」自身だ。虚ろな万言よりも心からの一言のほうが尊い。

この上ない慈愛の言葉だと思え。


115. 2011年11月07日 06:56:32: KOcje76qOE
110へ

 ECRRがとんでもなのは、紹介した記事で十分わかるでしょ?
 読んでないだけでは?

 私がECRRを狂気の集団と呼ぶわけ
  http://d.hatena.ne.jp/buvery/20110511

  上記で「1000倍」という数値がまったく根拠もなく使われていることを説明しています。「白血病の患者が原発の近くに2倍住んでいる例」もありますが、2つの原発の例を、そのまま全体に適用するというごまかしです。


 ECRRの福島リスク計算は妄想の産物
  http://d.hatena.ne.jp/buvery/20110520

  では、「データの捏造」という科学者が決してやってはいけないことをやっていることが暴露されています。バスビーは福島で「今後10年間で10万人が癌で死亡する」などと言っていますが、全く根拠はないのです。

 他にも、このブログには、ECRRが狂気の集団であることを解説しているのですが、私がわざわざ全部紹介しないといけないのですか?あなたが読みにいって、ブログ主の解説について、けちをつけてみたらどうですか?

 ICRPの論文には、このようなデマはありません。あったら、仲間の科学者が必ず指摘するはずです。素人の私が検証できるようなレベルのものではありません。

 ともかく、「レベル7」なら、ECRRの言うように警戒し過ぎても一向に構わない。しかし、実際は「レベル5」で放出されたベクレル数では「レベル4」なのだから、ICRPの勧告「年間20ミリシーベルト」以内なら、何も気にせず笑って生活すればよい、というのが私の考えです。


116. 2011年11月07日 07:08:51: 54dxo8mDfc
お前は人を信じすぎる。

ならば、とりあえず、以下の動画をみてほしい。

頼むから全部通してみて御覧。

http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/895.html


117. 2011年11月07日 07:25:34: 54dxo8mDfc
具体的には

>たとえ、原子力推進が主目的の組織だとしても、多くの科学者が参加している組織なら、とんでもな説は唱えないはずだ。

>ICRPの論文には、このようなデマはありません。あったら、仲間の科学者が必ず指摘するはずです。素人の私が検証できるようなレベルのものではありません。

「〜のはずだ。だから〜だ。」という思考は必ずどこかで裏切られるでしょう。

どんなに「エライ」先生がいようと関係ないのです。

あなたはあなたなのです。



118. 2011年11月07日 07:41:36: 54dxo8mDfc
わたしが提示しているECRR2010報告は以下で閲覧できる。

反原発の会が翻訳したものだ。あなたなら近づくのもいやだろう。

会員たちは身なりも弱弱しげだ。ICRP委員の先生のようにスーツをバシッと着ている人もあまりいないだろう。権威とは程遠い世界だ。

しかし、この報告を読んで、その誤りを指摘したときが、この議論で、あなたがわたしに勝つときだ。私も文系で苦しみながら読んでいる。すべては理解できていない。

「敵意」から入るのもいいだろう。あなたは若そうだ。やってみてはどうか。

http://www.jca.apc.org/mihama/ecrr/ecrr2010_dl.htm


119. 2011年11月07日 07:44:16: qyV1uveKEE
浅見の投稿は取るに足らない「犬猫糞尿捏造説」だが。
皆さんのコメントは読むに値する。

で、浅見、お前のメリットは何だ?早く答えろ!


120. 2011年11月07日 07:59:53: 54dxo8mDfc
アドバイスとして、上記報告を本気で読むつもりなら、

最低でも

微分積分学
古典物理学
量子力学    についての初歩を抑えておく必要があると思う。

私は文系だが、少しずつこれらについて学んだ。
雑学本程度でも良いと思う。まずはそこから始めるべきだ。

あわせてICRP勧告についても学ぶべきである。
「放射線防護学」関連のサイトで見つかると思う。

はっきり言うが、ICRPの方が簡単なんだよ。しかし退屈ではあるが。


121. 2011年11月07日 10:39:48: 1fIHDGNGa6
54dxo8mDfc さん

横から失礼します。
ECRRの報告書について読んでいて疑問に思ったので、見解を教えてください。
第5章3節2、にある文面の以下の部分

引用開始
現行のリスクモデルにおいては一貫して5 年よりも長いとされてきている。
このことがほとんど被ばく直後に白血病やリンパ腫が進展している数多くの
状況において、政府やリスク評価機関が被ばくとの因果関係を否定すること
を可能にしていた〜〜中略〜〜

原爆投下後の最初の年に白血病の症例が増加しはじめ(最初の症例は被ばく
3 ヶ月後)

引用終了

低線領域でのリスク評価について広島・長崎の追跡調査に上記のような
不備があるので、リスクを低く見積もるのは誤りだと指摘しているように
思うのですが、事故発生から7ヶ月が過ぎても白血病が増加し始めている
ような報道はありません。
この部分についてはどのように処理されていますか?

「白血病の増加を隠蔽している」でしょうか・・


122. 2011年11月07日 12:06:15: pEgCpfCxXY
>>117さん、
>>たとえ、原子力推進が主目的の組織だとしても、多くの科学者が参加している組織なら、とんでもな説は唱えないはずだ。

>ICRPの論文には、このようなデマはありません。あったら、仲間の科学者が必ず指摘するはずです。素人の私が検証できるようなレベルのものではありません。

「〜のはずだ。だから〜だ。」という思考は必ずどこかで裏切られるでしょう。
---------------
お見事です。
原子力推進勢力が原発事故の際の基軸戦術に据えているのが、ほかでもない、
「赤信号、みんなで渡ればこわくない」ですから。
「どんなうそ、みんなでついたら真実になる」。
転じて、
「自分たちの嘘を見抜く連中に対してはまず、デマやトンデモと烙印して黙殺。
ついで、持論を権威の名の下で展開するだけ、
これで原発事故処理は一丁上がり。どんな発症についても、事故とは無関係だし
因果関係を証明する国際権威ある科学的研究は皆無である」を繰り返し洗脳する。

>>121さん
ヒロシマ、ナガサキの調査データは米国が持ち去ったし、
その調査に関わった日本人医師らは秘密厳守で隠蔽しています。


123. 2011年11月07日 13:14:28: 1fIHDGNGa6
>>121さん

調査データをアメリカが持ち去った可能性はあるでしょう、戦後の秩序の
中では医師が秘密厳守を命じられたこともあったかもしれません。

だから、それを根拠にして低線量での影響を訴える姿勢はわからなくも
ありません、であるならば、現在その主張の通り白血病が増加している
ことを数字を持って証明するべきだと思うのです。

今回も隠蔽だったと主張するのでは「とんでも集団」じゃないですかね。


124. 2011年11月07日 14:52:36: pEgCpfCxXY
>>123さん、
事実を確認しておきます。
http://www.jca.apc.org/mihama/ecrr/ecrr2010_chap1_5.pdf
(p.45f)
もとより、ECRR2010の当該箇所において、
原爆投下後7年前後の白血病、がん発症増加を伝えた論文が
(Kusano 1953)であるとされ、理由として
「全発症数はABCC によって一覧表にまとめられたものより
も」多い症例総数を示していることが確認されています。
第五章第三節の2に関して、ECRRの論拠は(Kusano 1953)なんです。
そして、第三節冒頭にある「放射線リスクモデルを作り上げる基盤としては
[原爆被爆者寿命調査(A-Bomb Life Span Studies)には]問題がある」という
記述に関しても、やはり、(Kusano 1953)が無視されていることが窺われるし、
ほかにも(Sawada 2007, ECRR2009)(Stewart & Kneale, 1999)が
ほうかむりされているのです。

それで、仮に、福島事故後、白血病、がんの発症数の増加が見られないとしても、
それがECRR2010報告書を「とんでも」と呼ぶ主張を補強すると思います?
そもそも、ECRR2010がここで依拠する(Kusano 1953)は報告論文のはずです。
ある事例に関する統計ですね。
それ自体がある典型例、あるモデル、ある規範、ではないが、
既存のあるモデルに疑問を呈するに役立つという位置づけでしょう。
そうであるかぎり、福島事故後が同様の経過を見ないか実証例とならないならば、
その報告やその事例論文(Kusano 1953)は虚偽だ、
ということにはならないはずです。
そこからまた、そのような報告や事例に依拠し既存のモデルに疑問を付する
ECRR2010をトンデモと呼ぶことも拙速に過ぎるのではないかと思われます。


125. 2011年11月07日 17:36:19: 1fIHDGNGa6
>>124さん

ECRR第2.3節に以下の文節があります。

「100 mSvよりも高い外部被ばくの場合においては、被ばくが一様に行われて
いる限りにおいて、現行の放射線安全モデルはおおむね十分な証拠に基づい
ていると言える」

100msv以下の外部被ばくと内部被ばくについて現行のリスクモデルが誤りと
指摘し、その論拠の一つに(Kusano 1953)を持ち出して広島・長崎の調査
に不備がある、「被爆後3ヶ月〜5年の間が抜けているからだ」との主張です。

5年は経っていないので、「拙速に過ぎるのではないかと思われます。」は
同意しますが、彼らの主張している3ヶ月を過ぎている中で、何らかのアプロ
ーチを彼らは行っているのでしょうか?
テレビにでて「〜倍のリスクがある」と不安を煽るだけの姿勢に見えるので
「とんでも集団」と評価してしまうのです。

あと、「3号機で核爆発」と発言したこともありませんでしたか?
この発言も彼らを「とんでも集団」と評価してしまう一因です。
もしかして、「3号機で核爆発」を信じてますか?


126. 2011年11月07日 18:36:19: NYnvaJkYxc
1fIHDGNGa6 さん

こんばんわ。今、パソコンを起動したばかりです。
IDが変わっていると思いますが、54dxo8mDfc です。

まず、福島における白血病の発症についてですが、はっきり申し上げて
「わかりません。」残念ながら。該当箇所も、今から読み返すところです。

なお、3号機の爆発についてですが、例の垂直方向にドカーンと行った奴ですね。
これについても、確たる心証はありませんが、以下動画の20分あたりに
それについての説明があります。この件に関する資料でただちに提供できるのは、これだけです。

http://www.youtube.com/watch?v=bILZkytft1s&feature=related

ECRR報告については、上述したように、途切れ途切れ、休み休み読んでいる状態で、とても、人に解説できるレベルではありません。

私がECRRについて言及したのは、上記のやりとりを見てもらえばわかりますが、最初に言及した人が、「目的のためにウソの情報を流している」と言ったわけですね。私としては、学習中であり、それほどよくわからないが、ウソというからには、詳しいのだろうということで質問をしたわけです。

逆に言えばあなたのほうが詳しいように思える。いろいろと教えてください。よろしくお願いします。
なお、私ははっきり言って「反原発派」です。関東に住んでいます。文部科学省のモニタリング測定結果により、北関東において、チェルノブイリの「補償付希望避難区域」が存在していることはご存知ですね。

あと、変な質問で、ひとつだけ教えてください。
愛する家族(命がけで守りたい人)はいますか。そうでない人とは話しても無駄だと思うからです。気休めかもしれませんが、お願いします。



127. 2011年11月07日 18:48:30: pEgCpfCxXY
>>125さん、
その前に、どうして引用箇所の評価を他人に質問するにあたり
引用箇所前後の文脈を説明しないのですか。
ページ番号すらないのはおかしいじゃありませんか。
参照元の確定と指示くらい、お願いします。

それから、>>125において、
「100msv以下の外部被ばくと内部被ばくについて現行のリスクモデルが誤りと
指摘」とあるのですが、これはどこにありますか?
「被爆後3ヶ月〜5年の間が抜けているからだ」ともあるのですが、これは?
pdfのページ番号を指示ください。

後の部分については、すでに>>123で述べました
「そもそも、ECRR2010がここで依拠する(Kusano 1953)は報告論文のはずです。
ある事例に関する統計ですね。
それ自体がある典型例、あるモデル、ある規範、ではないが、
既存のあるモデルに疑問を呈するに役立つという位置づけでしょう。
そうであるかぎり、福島事故後が同様の経過を見ないか実証例とならないならば、
その報告やその事例論文(Kusano 1953)は虚偽だ、
ということにはならないはずです。
そこからまた、そのような報告や事例に依拠し既存のモデルに疑問を付する
ECRR2010をトンデモと呼ぶことも拙速に過ぎるのではないかと思われます。」
に尽きると個人的には思います。なお、この箇所が理解されたかといえば、
>>124のような意見が出てくる当たり、疑問ですね。
述べておられることがナンセンスであるのをお気づきでないんですね。
「彼らの主張している3ヶ月」とか意味が分かりません。
いったい、どこにそのような意味不明な主張の記述がありますか。
いま、私たちは、
ECRR2010報告の第五章第三節の2が少なくとも何を主張しているか、
をどう理解しているかをめぐる議論をしています。
ぼくはあなたの理解に問題があるのではなかろうかと
疑問を投げているに過ぎません。はたして、あなたがECRRが主張していると
理解した事柄が、当該箇所から読み取りうるのかと述べているわけです。
ぼくの理解では、当該箇所は、福島原発事故後三ヶ月で白血病とがんの
発症数倍増加を保障するものではありません。既存の放射線被曝についての
リスクモデルを疑わしめ修正をせまるものであり、つまるところ、
第三節冒頭にあるとおりだと思います:
「2003 年以来、原爆被爆者寿命調査(A-Bomb Life Span Studies)の解釈において
いくらかの更なる進展があったのでここに簡潔に報告する。これらの調査自体が、
外部被ばくに対してさえ、放射線リスクモデルを作り上げる基盤としては
問題があることを示している。」

根拠なく不安を煽るだけ、というのは違うので、
たとえば(Kusano 1953)のような事例論文のあるところから想定されうる
放射線リスク評価を行うなら、数倍のリスクがある、と述べているんですね。
しかし、その上でなお、あなたが「不安を煽るだけの姿勢に見え」
「とんでも集団」と評価するのは自由でしょうね。同意はしませんが。

「三号機で核爆発」についても、放射線被曝による発症リスク評価についても、
似たようなことが窺えると思います。つまり、あなたはバズビーが
何を論拠として、どう述べたか、評価とその及ぶ範囲を読めていない、
という問題です。専門家の下す評価については、専門家に相応しい読解というもの
があり、そうしなければひどい曲解に陥るばかりだと思います。
そして、専門家は一般にそのことに熟知していて、注意深く発言してもいます。
事実、バズビーはこう述べていました。ちょっと検索すればすぐ判明することです。http://classical.mo-blog.jp/blog/2011/07/post_c75e.html
「@In fact we now know that

Chernobyl
was a nuclear explosion; but there were also hydrogen explosions.

The Reactor 3 explosion atFukushima,
I believe, was a nuclear explosion. Not that it makes a lot of difference in terms of fallout.
 
   A……I believe that in the explosions at Fukushima Daiichi, huge amounts of spent fuel were blown sky high.

@はバズビー博士がこれまでの明らかにしていた見方だが、Aの「膨大な量の使用済み核燃料が上空に噴き上げられた」は、少なくとも、博士の発言としては、始めて
 この部分、「週刊金曜日」の訳(これは乗松氏の訳ではない)では「福島の爆発では、大量の放射性物質が高空に放出されました」とあるが、まったくその通りで間違いないものの、ここはやはり「使用済み核燃料が上空に噴き上げられた」との博士の言明に注目すべきだろう。 」

ECRRについて、おざなりな評価を下し、トンデモ集団だと狂騒し、
ECRR2010報告の放射線被曝リスク評価を無視し隠蔽して、
一体、どこの誰が利益を保身を得るのでしょう?
どこの誰が無駄に被曝して後々苦しむのでしょう。明白ですね。


128. 2011年11月07日 18:57:46: pEgCpfCxXY
>>126さん、
論文内容を議論したい人がまずページ数も
資料のリンクも指示することなく質問ふっかけるなんて、
ちょっとありえないことなんです。
あまりにも不親切で、とんでもないことなんですよ。
引用の、抜き出した箇所すら、不明確ですから。
そんな人がいったい、そういう乱暴な態度で何をしたいか、
ぼくはこの先が思いやられるだけです。
ぼくは個人的に相手をするつもりですが、
あなたは、、、もちろん相手をなさってもいいのでしょうが、、、
残された時間が大切です、、、時間を大切になさってください。

129. 2011年11月07日 19:25:13: NYnvaJkYxc
pEgCpfCxXY さん

わしじゃ。かのうじゃ。

また、あったのう。うひひひ。

まあ、しばらく、じじいといっしょにおれ。


130. 2011年11月07日 19:48:26: pEgCpfCxXY
え、かのうさん、だったの?
じゃ、今回はお活躍を拝見いたしますね。

131. 2011年11月07日 20:02:04: NYnvaJkYxc
pEgCpfCxXY さん

ちょっと前に、世田谷の件では失礼したのう。
でも、あの0.15マイクロは本当なんじゃよ。そして、わしは、変わらず、筋金入りの「呪」原発じゃ。本当に家がなくなりそうじゃ。

>じゃ、今回はお活躍を拝見いたしますね。

いやいや、としよりは、なにごとも「はかどらん」のじゃ。
たしか、あのころ、5月くらいじゃったか。ECRR2010を読み始めたのじゃが、まだ読みきっておらん。生物学的等価線量とかのあたりで行ったりきたりじゃ。

まずは、1fIHDGNGa6 さんの お返事を待とうかのう。

それにしても、懐かしいのう。なんとなく、「逞しく」なったのう。


132. 2011年11月07日 21:18:47: pEgCpfCxXY
そう。背伸びしたがる子どもほど逞しい大人もなく、
背伸びしたがる子どもをいましめるほど無残な大人の姿もないのです。
前者は理念とも呼べないようなある大志[ambitious,転じてambiguous 多義性 ]を抱いている。
後者はひたすら保身あるのみ。前者の方がかえって不気味なのが
ぼくが好きですけどね。
うわさでは昔、アドルノがこうかいていたそうな。

「難解なもの、手に負えぬものこそお誂え向きだと思っている学生の無邪気さの方が、それだけが思想をそそるものであるのに、複雑なものに手を出す前に単純なことを弁えていなければならない、と指でおどしながら思想を警(いまし)める世の大人たちの狭い了見よりも、賢明なのである」

つまり、世の大人たちの秩序の元で保身に走りたければ
ICRPのような権威の狭い了見に跪いたらよく、
あくまでも子どもっぽい知的好奇心に走るなら
ECRRのような挑戦的なもの、権威に疑問を突きつけるものとともに
歩むことになるわけでしょう。ECRRの大志をめぐっては
名大名誉教授の沢田さんがこう指摘しています[April 2011]。
「ECRRのモデルが内部被曝を考えようとしてるモデルであることは間違いなくて、他にそうしたものがないのも間違いないですが、まだ未完成なんですよ。本来、研究者が、内部被曝も考慮したモデルを組み立てなければならないのですが、そうしたことが行われていないのが現実でしょう。放射性物質が今回の爆発で大量にてでいますから、福島県全体の農作物を、本当に細かく調査しなければなりません。海にも大量の放出があります。これも漁業に大きな影響を与えます。いずれも、内部被曝の問題として、切実に顕われてきますから、放射性物質の降下物を調べる作業を、かなり広いエリアでこまめにやり続けるしかない。」

 「元々、内部被曝を軽視してきた歴史は、原爆からあるのです。原爆の調査をした軍人たちがいて、放射線の外部被曝ということ以外に、そのダメージを考えることができなかった。そして、それをもとに制度設計された。放射能の被害は、近距離で影響を受けた人をベースに考えると言う想定。内部被曝を軽視してきたんです。戦後、アメリカの放射線防護委員会があって、そこに内部被曝の分科会があったのですが、この研究発表はさせてもらえなかった。分科会はカール・モーガンが中心でしたが。まあ、アメリカの軍事的な都合が、放射線の防護というのを、内部被曝を含めない方向に進んだという訳です。兵器としてどう使うかが優先だからです」
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/d414b2d24e9197063d9b225652fea931


133. 2011年11月07日 21:19:03: NYnvaJkYxc
qyV1uveKEEさん

重大なコメントが別スレにあります。
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/379.html

私は以降、浅見氏を「工作員」扱いするのはやめます。
ちょっと遠くから見ていようと思います。

>浅見さん

ごめんなさいね。
ただ、今のところ、ECRRのことについてお話してますので、ちょっと、場所を貸してください。お願いします。


134. 2011年11月07日 21:56:23: pEgCpfCxXY
>>133さん、
そのスレッドにも記しましたが、そのコメントが重大かどうか
議論の余地がありますよ。そこには証拠がないんですから。

135. 2011年11月07日 22:05:12: yei3Sin0yI
そうかのう。

でも、事情を良く知っている人のお話のようじゃがのう。


136. 2011年11月07日 23:19:54: NYnvaJkYxc
まあ、「老いては、子(青年)に従え」 じゃのう。

137. 2011年11月07日 23:49:06: NYnvaJkYxc
1fIHDGNGa6 さん

まあ、「証拠」には程遠いが、最新の別スレには、「白血病」関係のものが出始めているようです。

たしかに「確証」には程遠いです。しかし、私が言いたいのは統計的「確認」できるまで「しばらく様子を見よう」とは、とても思えないことです。そこに人がいるのです。この世においてたった一つの命です。

以下は未確認情報です。
http://fukushima-diary.com/2011/11/acute-leukemia-case-is-spiking-up/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+FukushimaDiary+%28Fukushima+Diary%29



138. 2011年11月08日 00:32:21: KOcje76qOE
(引用開始)
76. 2011年11月06日 11:36:29: tzydBUjvSU
とりあえず、以下の動画を見てから、またコメントしてみてください。

広瀬隆10月30日 埼玉県蕨市における講演会
http://www.youtube.com/watch?v=bILZkytft1s&feature=related
(引用終了)

 動画観たよ。何の先入観もなしに、これを観たら洗脳されるだろうね。

 でも、広瀬氏の説明によると、
1 ECRRが正しい
2 バスビー教授が正しい
3 放射性物質のベクレル量は、77万テラベクレル
4 大本営発表の各地の放射線値をそのまま鵜呑み
5 第3号機は核爆発
6 ストロンチウムが広範囲にばらまかれている

 ということで、私が信じている「レベル5」とは、まったく前提条件が違うのです。そこんとこを、明らかにしないと議論にならないでしょ?

 そえなりの専門家なんだから、自分でストロンチウムを計測すればいいじゃないですか?印税ががっぽり入ってそうだから。あなたも自身満々だから、つてをたよって計測してみては?

 私の予想では、それはないな。

 私は、西村肇先生の説を信用しています。放出量は120テラベクレル。(多くとも3700テラベクレル。)彼は御用学者ではありません。水俣病を研究して、国にたてついてきた学者です。今回も、ウソをつく動機はありません。また、御用学者の報告会なら、たくさんの参加者が動員されるはずです。ところが、会場は閑散としています。国や東電とは関わりなく、科学者として真実を追究しているだけです。彼の説に同意する勇気ある科学者が、ごく少ないのが残念です。 


139. 2011年11月08日 00:46:19: NYnvaJkYxc
>138

君は本当に「信じる」のが好きなんだな。

「信用」するのではなく、「分析」・「検討」 すべきじゃないかな。

分析・検討するときは、自分をニュートラルにおいてみるのはどうかな。

でも、まあ、見てくれたんだね。ありがとう。

できたら、沢田先生のやつも見てくれ。コメントまってるぞ。


140. 2011年11月08日 01:16:07: NYnvaJkYxc
あと、自信満々て俺のこと?

↑のほうで言ったけど、学ぶ者は傲慢であってはいけないと思うんだけどね。

傲慢という言葉で思い出した文章があるんだけど、まあ、聞いてみてちょ。

「・・・ほかの誰かから真理を与えられることを期待している。それが信じる者の心だ。真理は受容的な者しか得ることができないが、信じる者が受容的になることはけっしてない。信じる者には自分自身の信念信条があり、それが障壁になり、偏見になる−−−いかに美しくても牢獄は牢獄だ。・・・」

信じる心とは傲慢(非受容的)なんだとさ。俺は、そう思うな。

君はそう思わなくてよい。当然だ。君は君。僕は僕。でも、参考にしてほしい。

あとね、youtube で、地表面から、ガンマ線以外の放射線を確認している動画があったぞ。ちょっと見てみれ。

http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=8g-oPr2UUAE

この線量計は インスペクター+ といってまあ10万以上するやつでなかなか手に入らないらしいぞ。


141. 2011年11月08日 01:34:21: PhglpfupIY
ああ、140なんだけど、

広瀬さん最後のほうで「どうか自分の頭で考えてください」っていってなかったかな。

私は広瀬さん個人を、絶対のものとして、信じているわけではないが、その言葉には深く共鳴する。


142. 2011年11月08日 03:29:23: JrPYjVYQO2
[ 3号機放出放射性物質過小評価は地元住民悶絶死の危険性隠し ]

に添付してある映像ですが

あなたの過去の投稿によれば、この写真はJOC事故での大内さんの写真です。


143. 浅見真規 2011年11月08日 07:53:39: AiP1TYI88G3dI : rt2iPaSeMk
>>142
誤記の御指摘ありがとうございます。

JOC事故でなく、JCO事故でした。
誤記を訂正しておきました。
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/864.html?c65#c65


144. 2011年11月08日 08:31:07: 1fIHDGNGa6
pEgCpfCxXY さん
最初の引用元は以下のように記載しました、45ページです。

>第5章3節2、にある文面の以下の部分

2回めの引用は、13ページ。
同じく下記のように書いてますよ。

>ECRR第2.3節に以下の文節があります。

>ぼくの理解では、当該箇所は、福島原発事故後三ヶ月で白血病とがんの
発症数倍増加を保障するものではありません。

当然、保障ではなく予想になるのでしょう、ただし、広島・長崎における調査に
対して誤りだと断言している彼らは、当然ながら裏づけとなるデータ収集を行う
必要があると考えます。

2回目の引用で言ってるようにECRRが現行のリスクモデルでは不十分としている部
分は低線の外部と内部被ばくについてです、論拠の一つとしてあげているものに
Kusano 1953を参照している以上(私は、症例が出ている証拠としてあげていると
認識している)彼らの主張を裏付ける必要があると考えるのは当然です。
他者が「拙速にすぎる」と評価することと、彼ら自身が彼らの主張を裏付ける作業
をすることは別物です。

確認ですが、貴方は3号機では核爆発があったと思っておられるのですね?
回りくどく書かないようにYESorNOでお願いします。

核爆発があって、あの程度の損傷で、しかもその後の作業が行える(彼らの主張
のように核燃料が散乱しているなかで)、しかも小動物が暮らせる、草木が枯れ
ない環境が残るとは考えられない、もし核爆発が起きて、核燃料が散乱してもそ
の程度で済むのであれば、「放射能は怖くない」になると思うのです。

最後に、私は54dxo8mDfc さんの貼ったリンクにある文書について、54dxo8mDfc
さんに対して質問しています。
貴方が加わることに異議は言いませんが、主となる相手が54dxo8mDfc さんであ
る以上、リンク先については文面から追っていただけるようにお願いします。

NYnvaJkYxcさん
家族は居ますよ、子供も奥さんもいます。
昼間から投稿しているからニート・引きこもりと間違えられましたか?
仕事が暇なので職場から投稿してるんです・・(景気がわるくてね)

それから

>私が言いたいのは統計的「確認」できるまで「しばらく様子を見よう」とは、
とても思えないことです。

は、理解しますが、「未確認情報」はやめましょうよ、きりがなくなります。
しかも情報元が「近所の病院に勤める知り合いのコメント」って、作り話の典型
に感じてしまいます。


145. 2011年11月08日 11:38:47: pEgCpfCxXY
>>144さん、
>>144に記されてる典拠はすでに>>125で、判明してます。
しかし、
この箇所はどこにありましたか?その指摘がまだないのです。
>100msv以下の外部被ばくと内部被ばくについて現行のリスクモデルが誤りと
指摘し、その論拠の一つに(Kusano 1953)を持ち出して広島・長崎の調査
に不備がある、「被爆後3ヶ月〜5年の間が抜けているからだ」との主張です。

とくに、ここにおける「被爆後3ヶ月〜5年の間が抜けているからだ」の記述は
どこにありますか?p.45にも見当たりません。

>>144について、質問したいのですが
>広島・長崎における調査に
対して誤りだと断言している彼らは、当然ながら裏づけとなるデータ収集を行う
必要があると考えます。

そもそも、ここにいう、「誤り」とはどのページの記述ですか?
本当にそう述べていますか。そう述べている箇所があるとして、
それはどんな「誤り」だと言っていますか。
また、これに関係して
「裏付けとなるデータの収集を行う必要がある」と述べておられますが、
そもそも何を裏付けるためにそれを行う必要があるとお考えですか。

そもそも45ページ周辺で、ECRRが何を主張しているか、
依然として誤解されてはいないでしょうか。
裏付ける裏付けない云々もここにかかってきます。

それから、三号機の爆発をめぐり、
ぼくにこう質問されています。
>確認ですが、貴方は3号機では核爆発があったと思っておられるのですね?

ところで、ぼくがどこでそのような認識を示したとみなされましたか?
ぼく自身は自分の認識を未だ示したつもりがありません。

ところで、
>核爆発があって、あの程度の損傷で、しかもその後の作業が行える(彼らの主張
のように核燃料が散乱しているなかで)、しかも小動物が暮らせる、草木が枯れ
ない環境が残るとは考えられない、もし核爆発が起きて、核燃料が散乱してもそ
の程度で済むのであれば、「放射能は怖くない」になると思うのです。

これは違うと思います。疑問を書いておきます。
本当に作業が行われているのか。どんな作業がそこで行われたかを示す
記事は見当たるのか。
チェルノブイリの森に関するドキュメンタリーフィルムが示すのは
小動物は暮らせるがものによること、草木も生い茂ることですね。
しかし絶滅する種もあることです。ツバメなど。
放射能の影響はまだまだどうなるかわからないと、フィルムで研究者は
述べていました。
より一般的にみられることは、
ネズミが放射線のあるところでも繁殖し続けている以上
人間も大丈夫、安心して暮らせるとは、少なくともチェルノブイリでは
考えられていないし、ほとんどはそうしてはいない、という事実です。
プリピャチ市にはみんな戻ってきてはいませんから。


146. 2011年11月08日 13:22:29: 8pCpArLj9E
1fIHDGNGa6 さんへ

上記54dxo8mDfcです。

今後、お話をさせていただくうえで一点確認しておきたいことがあります。

前回、私がリンクした情報については、私自身も、あえて「未確認情報」とさせていただきました。こういった情報については「きりがない」「信頼性に欠ける」とのことです。

ところで、あなたにとって、「確認された情報」「信頼するに足る情報」とは何を指しますか。

よろしくお願いします。


147. 2011年11月08日 13:25:45: 1fIHDGNGa6
>>145さん

もう一度載せますね。
45Pです。

引用開始

被ばくとガンや白血病の臨床的発現との間の時間的ずれ、すなわち遅延期間
(lag period)は、現行のリスクモデルにおいては一貫して5 年よりも長いと
されてきている。このことがほとんど被ばく直後に白血病やリンパ腫が進展
している数多くの状況において、政府や
リスク評価機関が被ばくとの因果関係を否定することを可能にしていた。

引用終了

この文章から導かれる私の理解は以下の通り。

本当は被ばく直後に白血病などが出ているにもかかわらず、現行のリスクモデル
は被ばく後5年〜を参照している、それによって直後〜5年の因果関係を否定し
ている。

さらに報告書にはこうあります。

引用開始

初期の日本人の報告書は、原爆投下後の最初の年に白血病の症例が増加しはじめ(最初の症例は被ばく3 ヶ月後)、そして、原爆投下時には居合わせなかったが
後になって被爆地に入市した人たちの間でも発症があったことを示している(Kusano 1953)

引用終了

貴方の理解をぜひお聞かせください。

>ところで、ぼくがどこでそのような認識を示したとみなされましたか?
ぼく自身は自分の認識を未だ示したつもりがありません。

↑これについても認識を示してください、よろしくお願いします。
彼らを信用できるかどうかの大きな判断材料です。


148. 2011年11月08日 14:41:24: 1fIHDGNGa6
>>54dxo8mDfさん

>ところで、あなたにとって、「確認された情報」「信頼するに足る情報」とは何を指しますか。

単純に、出所(情報元の氏名職業)がわかる情報です。
特に病院関係者であれば、最低でも病院名を明かすべきです、人命に関わること
なので、公表した事柄が事実であれば社会的に混乱することがあったとしても評価
されるはずです。

それができないのであれば「ガセ」と判断されるのは当然です。


149. 2011年11月08日 14:51:09: F2Hj7pMdVs
1fIHDGNGa6 さん  146です。

わかりました。
ありがとうございます。


150. 2011年11月08日 18:02:05: pEgCpfCxXY
>>147さん
なんか話をすりかえていますね。
ぼくは>>145にて、こう質問いたしました。

>とくに、ここにおける「被爆後3ヶ月〜5年の間が抜けているからだ」の記述は
どこにありますか?p.45にも見当たりません。

どこにあった記述なのでしょうか?ご教示下さい、ページ番号で。

それから、>>147にこう記述がありますが、

>↑これについても認識を示してください、よろしくお願いします。
彼らを信用できるかどうかの大きな判断材料です。

前段について、ぼくの認識をまだご覧になっていないにもかかわらず、
>>144にて、
「確認ですが、貴方は3号機では核爆発があったと思っておられるのですね?」
と質問されたのでしょうか。おかしいではありませんか。ご覧になってない
内容について確認するというのは。そういうおかしなご判断一般が
あなたにはみられるし、それについてぼくはこの間ずっと拙速すぎるのでは
あるまいかと疑問を述べてきた次第です。
それと、後段について、ECRRの評価、バズビーの放射能汚染身体影響評価を
めぐる評価で、ぼくの三号機爆発機序如何の言質をとることがどうして
ECRR報告書を「信用できるかどうかの大きな判断材料」となるとお考えですか。
全く繋がりが記述されておらず、質問の意図がわかりかねます。
解明していただけると理解の助けになります。


151. 2011年11月08日 18:11:56: pEgCpfCxXY
>>147さん、
しかし、ECRR報告書を吟味するさなか、
「被爆後3ヶ月〜5年の間が抜けているからだ」などという
ありもしない引用文を捏造してしまうのは、やはりやりすぎだし、
あってはならないだろうし、たぶんないはずだと思うので、
繰り返しとなりますが、引用元のページ数のほう、
くれぐれもよろしくご教示ください。

152. 2011年11月08日 18:20:44: pEgCpfCxXY
バズビーが以前来日した際に、
チェルノブイリ原発事故調査しにいった友人を若くして亡くしている
ということもあってか、バズビー本人は福島市内入りをしませんでした。
おそらく、福島事故の爆心地といっていいだろう福島市内や郡山市内ですね
中通りや原発付近の浜通りにも彼はたぶん立ち入るつもりはないと思います。
東京ですら、もうこないかもしれない。そういう意味では、おっしゃるの意味での
それかどうかはわかりませんが、データをとりにわざわざ来日してくまなく歩く、
ということは今後、なさそうですね。各病院や医師の発表する事例や数字、
福島県立医大の発表する事例や数字、公表されるであろう
日本の厚労省のまとめた、日本全国における事例や数字を今後、
扱うことになるのではないでしょうか。

153. 2011年11月08日 18:29:56: pEgCpfCxXY
>>147さん、
>貴方の理解をぜひお聞かせください。

ぼくはすでに、>>124にて示しています。
この章節ではとくに、
(Kusano 1953)(Sawada 2007, ECRR2009)(Stewart & Kneale, 1999)に依拠
し、既存の放射線リスクモデルをつくる基盤であるはずの
原爆被爆者寿命調査(A-Bomb Life Span Studies)に疑問の視線を投げかけ、
新たなる放射線リスクモデル作成の必要性を主張しているとみられることが
注目に値するでしょうね。


154. 2011年11月08日 21:19:30: gYIofwxFJQ
> 1fIHDGNGa6 さん

匿名性の情報の取り扱いについてですが、匿名=ガセというのは、同意できません。

確かに匿名のネット情報は、発信者の人間性が際立って現れるという点で、きわめて「アンビバレンツ」な性格を有しているといえます。

しかし、3月の阿修羅に立ち返れば、テレビで関村直人「東大大学院教授」が何か言うたびに「ドカーン!」とやっている間に、12日には「メルトダウン」を現実味をもって主張するコメントも多数ありました。

結局のところ、情報を「有意」なものとするのは、各主体それぞれであって、評価も当然別れるものと考えます。

我々が直面しているのは、まさに、情報伝達の遅延の問題といえると思います。3月中旬〜下旬にかけての東北・関東地域への大規模なフォールアウトの事実が、国によって正式にアナウンスされたのは9月末〜10月初頭にかけての文部科学省による「モニタリング測定結果公表」と考えておりますが、それには半年もの時間のずれがあります。

その時間の遅延を許容できるかどうかという問題があります。

そのような中にあって、我々が、最も、早い段階で、直接的に把握できる情報は、また、ある意味で情報統制者に対抗できるのは、「匿名」「無名」のネット情報以外にありません。

そういう意味では、我々が、直面している困難性は、まさに、「マスゴミ」の問題といえると思います。我々と事実との間を埋めるのが本来の彼らの役割に他ならないはずですから。

もし、これをご覧になっている医療関係の方がおられるようでしたら、「実名」でとはいいませんが、現状について情報提供していただけるとありがたいのですが。

それに、よく考えてみれば、我々も「匿名」ですね。


155. 2011年11月08日 21:20:45: gYIofwxFJQ
154は上記149です。

156. 2011年11月08日 21:30:08: gYIofwxFJQ
まあ、確かに 1fIHDGNGa6 さんの言われる通り、何か異変を察知した医療機関が実名をもって公表することが一番望ましいのですが、何かそれを妨げるような、構造的な問題があるとすれば、それは難しいかもしれませんね。

例えば、放医研、放影研といった組織が、もつ、圧力のようなものが作用する可能性とかはないのでしょうか。

その辺は、 pEgCpfCxXYさん、どうじゃろう。


157. 2011年11月08日 21:32:33: gYIofwxFJQ
ああ、でも、そういえば、山下メンゲレが福島医大に就任したとき、かなり多くの医療従事者が抗議してやめたという話があったのう。

158. 2011年11月09日 06:08:50: hrk45g0gCI
1fIHDGNGa6 さん 154です。

あなたのコメントをもう一度読み返してみました。


>思うのですが、事故発生から7ヶ月が過ぎても白血病が増加し始めている
>ような報道はありません。
>この部分についてはどのように処理されていますか?

>「白血病の増加を隠蔽している」でしょうか・・


このことについて考えてみたのですが、

私は、医療関係者ではないので、類推するしかないのですが、ある地域における医療機関において、従前とは異なる、疾病の診断率が発生している場合、我々はどういうルートを通じてどのようにその情報にアクセスできるのかということです。

おそらくは、病院にも事務所というものがあり、そこで、集計されたものが、自治体の保健所を通じて、最終的には、厚生労働省に集約されると思います。

ですから、今回のモニタリング測定のような国レベルでの情報開示を待っていたら、おそらくは「来年度の中ごろ」になる可能性があるかもしれません。

もし、そうだとするならば、情報をもらえるのを待つのではなく、こちらから取りに行くしかないですね。

また、福島医大がやっている調査結果を待つということもあるのでしょう。

某テレビアナウンサーが白血病になったという報道はご存じと思いますが、まさに、白血病の発症が増加しているかどうかは、日本、いや、全世界的に最も、ホットなジャーナリズムの対象となるはずです。

しかし、繰り返しになりますが、事故発生当時、東電幹部と「接待旅行」に行っていたようなマスコミの方々にはそれは無理だろうというのが大方の見方かもしれません。

そういえば、あなたは、いま、多少お暇なようですね。もし、よろしければ、ちょっと調べてみていただけませんか。すばらしく学識をお持ちのようです。

私のところは、景気がわるくて「人を減らされた」ので、忙しいのです。でも、いいですね、景気がわるくても人員削減されず暇だなんて恵まれてますよ。

                                                               かのう


159. 2011年11月09日 06:25:59: hrk45g0gCI
私は、今日、東京新聞に電話して、取材してみてはどうかと言ってみます。

購読者じゃないけどね。えへへ。
                                

                                                              かのう


160. 2011年11月09日 13:02:45: B2LsF1LKus
さっき、昼休みを利用して東京新聞に電話して、「白血病の増加」について取材の要望をしておきました。担当部署につないでくれるとは言ってはくれましたが。

                                 かのう


161. 2011年11月09日 18:50:29: 1fIHDGNGa6
>>pEgCpfCxXY さん

>。ヨ被爆後3ヶ月〜5年の間が抜けているからだ」などという
ありもしない引用文を捏造してしまうのは、やはりやりすぎだし、

文章が読めないのかな?それとも、引用と私の文章を混同しています?
最初の症例は3ヵ月後、5年より長いとされてきている、この2節を組み合わせて
理解してくださいね。
125では引用文を「」でくくって一行あけてから自分の理解を書いてますよ、貴方が
「捏造」と思ってるのは勘違い。
で、貴方はECRRが言うように、3ヶ月〜5年で発症すると思ってるの?以前「保障
するものではない」と発言されて今しいたね、信用できてないんじゃないですか?

>ぼくの三号機爆発機序如何の言質をとることがどうしてECRR報告書を「信用でき
るかどうかの大きな判断材料」となるとお考えですか。
全く繋がりが記述されておらず、質問の意図がわかりかねます。

核爆発を誤認する人間が専門家ですか?、バズビーの発言はどうみても「とん
でも」ですよ。
貴方は彼らを信用なさっているようなので、当然「核爆発だ」と思ってるのかな?
と質問したまでです、で、思ってます?、そろそろ貴方の考えを書きましょうよ。
このやり取りは飽きてきます。

>日本の厚労省のまとめた、日本全国における事例や数字を今後、
扱うことになるのではないでしょうか。

で、数年経ってから「隠蔽があった」みたいなとんでも発言が始まるんだろうな。
裏づけ取ったデータがあれば評価されるんだろうけど、まー、一般の人間に
認めてもらおうとおもってないのかね。


>>154さん

>ある意味で情報統制者に対抗できるのは、「匿名」「無名」のネット情報以外にありません。

病院名まで匿名である理由はないです、匿名だったらどこの病院かわからない
から、ネットで公表しても進展しないでしょ?
ネットに投稿できる自由があるのです、本当に危機感からの発言であれば病院名は
明かすはずですね、病院名だけであれば「近所の病院に勤める知り合い」にもそれほどの迷惑はかかりません。
面白がって書いてるからすべてが匿名なんですよ。

>某テレビアナウンサーが白血病になったという報道はご存じと思いますが、まさに、白血病の発症が増加しているかどうかは、日本、いや、全世界的に最も、ホットなジャーナリズムの対象となるはずです。

そうですね、でも、これが「どこかの誰かが」みたいな匿名ではニュースの価値はありませんよ、だから「匿名」ではだめなのです、「発症率が増えている」なら匿名でもニュースになりますが。

それから、私は白血病患者が増えるとは思っていません、調べる気力は出ませんよ、やっぱり疑っている人たちが調べるのが一番です、新聞社では取り合ってくれましたか?新聞社への依頼がんばってください!


162. 2011年11月09日 21:02:28: CjFKASiZWU
1fIHDGNGa6 さん

かのうです。


>面白がって書いてるからすべてが匿名なんですよ。  ・・・ですか・・・。

「面白がって書いている者」 は、「すべて匿名で投稿する。」
これは、かなりの確率で成立しそうですね。不確かな情報を媒介するわけですから。

しかし、

「匿名で投稿しているもの」 は、 「すべて面白がっている。」
これは成立するかどうかは、きわめて不明です。

なお、

「実名でコメントしている者は、正しいことを言う」というのは見事に成立しませんでしたね。関村直人先生が何か言うたびに「ドカーン!」でしたからね。
また、山下俊一先生が話す相手に応じて言うことを変えるというのも、ここ、阿修羅では常識となっています。

そうそう、1fIHDGNGa6 さんは ECRR2101は読了したんですか。ご自身の言葉で解説できますか。できるようなら、是非、講座を開いていただきたいんですが。どうですか。

新聞社はまあ取り合ってくれるかどうかはわかりません。でも、がんばるぜ!
何をって? まあ、いろいろです。


163. 2011年11月09日 21:05:32: CjFKASiZWU
ああ、ECRR2101じゃなくて2010ですね。

すみません、訂正です。一杯やってきたもんで。

やっぱり、焼酎は麦に限りますね。


164. 2011年11月09日 23:34:09: pEgCpfCxXY
>>161さん、
もう一度、確認させて下さい。
あなたは>>125で、こう記していました。

>「被爆後3ヶ月〜5年の間が抜けているからだ」との主張です。

これについて、この括弧内文章はどこから引用してきたのかと
抜粋元を尋ねています。お答えはまだですが、再度お願いします。
といいますのは、ここでは「との主張です」とあるんですね。
括弧内が抜粋であることを示唆する末尾となっているんで、
ぼくは確認したくて、これはどこからの抜粋なのか、と質問しているんです。
それなのに、>>161では、

>文章が読めないのかな?それとも、引用と私の文章を混同しています?
最初の症例は3ヵ月後、5年より長いとされてきている、この2節を組み合わせて
理解してくださいね。
125では引用文を「」でくくって一行あけてから自分の理解を書いてますよ、貴方が
「捏造」と思ってるのは勘違い。

などと、不用意に挑発的な言葉を用いて、話をすり替えようとなさる。
ぼくはさきほども記したように、勘違いなど一切もしてはいません。
あなたが、125にて「との主張です」と記している限り、
括弧内を抜粋や引用だと見なすことが可能であるのは事実なのですから、
どこから抜粋したのか確認を取るのは「勘違い」とはいえません。

信用してないかしているかについてですが、
一般に、ぼくは、学問の真理性については議論の余地がつねに残されていると
考えており、一般論として、貨幣の使用価値についていわれる「信用 credit」
つまり信仰とひとしいの意味合いでの「信用」を、学問的真理に置けるか
置けないか、ケースバイケースだと思っています。
ここでは特にECRRについては、とくに内部被曝によるリスクモデルをめぐって、
低線量被曝時の経年リスクモデルをめぐって、ICRPパブリケーション
ではなく、ICRPpublに準拠するとされる政府ならびに山下俊一氏発表の安全宣言
や繰り返された「ただちに健康被害はない」宣言よりも、相対的に、
様々な資料に当たっているECRR報告書のほうを、福島事故後の放射能拡散による
人体汚染とその健康被害を考慮する際に、重視すべきと考える、という立場です。
学問的真理ないし真理をめぐる(理論的実践的)ゲーム(論争)に関しては
安易な、信用も違うと思いますし、安易な不信もまた違うと思います。

三号機の爆発をめぐる議論について、ぼくは当初から何も言っていません。
あなたがどう思おうとぼくには全く関係がないのです。一般論としていえば、
爆発内容をめぐっては、言葉の定義を一致させてから議論すべきだろうと
思っています。核爆発の特質と、水素爆発の特質とをそれぞれ区別した上で
さらにその概念内容をめぐる用語法を一致させた上で、
三号機爆発においてはどちらの特質が見られるかを同じ素材から抽出すれば、
同様の見解が得られるのではないかという立場です。
核爆発であるか水素爆発であるかは、ぼくにはどちらでもかまわないけれども、
どちらにせよ、事故の規模を過小評価するだけに寄与し、その結果、
福島の市民の避難を困難にし遅延させ致命的なものとする限りで、
反対せざるをえません。
その上で、以下の文言について、質問いたします。

>バズビーの発言はどうみても「とんでも」ですよ。

一体いくつの見方をなさいましたか?またそのそれぞれの内容はいかがな
ものですか。また、その場合の「とんでも」とはいかなる意味なのでしょうか?
とりわけ、ぼくにはその「とんでも」の意味が不明です。ご教示お願いします。


166. 2011年11月10日 03:13:16: pEgCpfCxXY
>>165さん、それを曲解といいます。まどろっこしいところもないし、
ずばっといわないということもない。言いうることは述べていますから。
第一に、内容的には、単純な、同じ一つのことを繰り返しているだけです。
第二に、その理解が問題とされている箇所から言いうることは
ごく限られているという事実です。そこまで踏み込んだことは、
そこではECRRは述べてはいない、ということです。

167. 2011年11月10日 04:06:57: CjFKASiZWU
>165

ひとつ伺います。

以下の事案についてはあなたはどのように思われますか。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110801/dms1108012312011-n1.htm


168. 2011年11月10日 06:51:32: e6SdEWw9lQ
前半は糞尿で騒ぎ、後半はECRRで紛糾する、
キセノン検出の話はもう解決済みなのか?
それともこれが陽動作戦ということか?

169. 2011年11月10日 07:11:21: JF9tIUudZA
かのうです。

3号機の爆発についてですが、

論点を整理しましょう。

1.3月15日の3号機の爆発については、東電・政府は「水素爆発」と公表している。

2.当該映像については、以下である。
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=Q6iCGwPtVAk

3.1号機については「白色」で「水平方向」の爆発拡散であるのに対し、3号機については、「茶褐色」の拡散物が、ほぼ、「垂直」に上昇している。また、かなりの体積を有する物体が飛翔し落下する様子が確認できる。

4.これについて、上記提出資料(動画)によれば、3号機内で、まず水素爆発が発生し、爆発による衝撃が3号機内の使用済み燃料プールに伝わり、内部の使用済み燃料が「臨界爆発」したという説明がなされている。これは、ガンダーセン氏による見解である。

現在のところ、我々が共有しうる情報は以上である。

まず、あの爆発が「臨界爆発」であったという認識でよいかという議論がある。

もし、そうであったなら、次いで「臨界爆発」=「核爆発」という等式が成り立つかどうかが問われる。

よって、これを「核爆発」というのが適切かどうかは、今のところ、私はわからない。

以下ガンダーセン氏による見解(投稿者コメントに日本語訳あり)
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/169.html

以上をもってしても、私には、明確な所見はない。
「人が減らされて」忙しいためである。



170. 2011年11月10日 07:13:58: JF9tIUudZA
>168さん

おはようございます。

もう、あまり人も訪れないスレでひっそりとやってます。
是非、この議論にご参加ください。


171. 2011年11月10日 07:19:03: JF9tIUudZA
誤 以下ガンダーセン氏による見解(投稿者コメントに日本語訳あり)
  http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/169.html

正 以下ガンダーセン氏による見解(投稿者コメントに日本語訳あり)
  http://www.youtube.com/watch?v=I5unIeymvTQ 


172. 2011年11月10日 07:43:16: JF9tIUudZA
あ、そうそう大切なことを忘れていた。

5.「3号機」についてはMOX燃料が使用されていた。

ウラン235の代わりに、再処理工場で使用済燃料から取り出したプルトニウムを使うのがウラン・プルトニウム混合酸化物 [Mixed OXide] 燃料、つまりMOX燃料です。
http://www.jnfl.co.jp/business-cycle/5_kongou/kongou_03/_03_02.html

  要するにプルトニウムの比率が高い燃料ということですね。


173. 2011年11月10日 08:41:52: 1fIHDGNGa6
pEgCpfCxXY さん

ごめんなさいね、貴方の勝手な勘違いの相手はできそうにないや。。
ただ、今回は少し本音が出ましたね、要するに貴方は、ECRRを完全に信用できて
いないわけですね、6:4か7:3くらい?

I440LSqNOM さん

事故は完全に収束していない(少しもれてる状態が続いている)、途中で段階的に
レベル引き上げを行うと印象が悪いので、はじめに「レベル7」にしておいて収束
時点で見直すんじゃないですかね。
客先からクレームがついた場合に良くやる手です、いったん大事の認識をして
「そうでもなかったです」って報告書を出すとすんなりまとまることが多いでよ。

>>169さん

>もし、そうであったなら、次いで「臨界爆発」=「核爆発」という等式が成り立つかどうかが問われる。

この認識は私のそれと違います、私の認識は
「核爆発」→「燃料散乱」=人が近づけない+森が枯れる+小動物がカメラに写らなくなる+作業不可=福一撤収
こんな感じです。本当になったら大変な事態です。>>167さんのリンク先に

「屋外の主排気筒下部付近で、毎時10シーベルト以上の高放射線量を観測したと発表した。」

とありますね、主排気塔は炉内からの排気だから放射線は高くなります、燃料が爆発散乱したら付近一帯が「主排気塔下部」になることが予想されます。
本当になったら測定自体が困難になると思いますよ。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧