★阿修羅♪ > 原発・フッ素18 > 425.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
福島のテレビが水素爆発の映像を流さなかった驚くべき理由 (アーバンプレッパー) 
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/425.html
投稿者 赤かぶ 日時 2011 年 11 月 15 日 01:30:12: igsppGRN/E9PQ
 

福島のテレビが水素爆発の映像を流さなかった驚くべき理由
http://prepper.blog.fc2.com/blog-entry-67.html
2011.11.14   アーバンプレッパー


福島中央テレビが、原発の爆発映像を流さなかった理由を、どうしたことか、今頃になって訴えています。
福島のテレビは、確かに情報をコントロールしていたことを認めています。


福島中央テレビが情報抑制!
詭弁を弄してばかりの思考停止メディア

3月12日の1号機の爆発に続いて、東北だけでなく、関東以西、そして世界中をも被曝させた14日の3号機の核爆発について、福島のメディア、特にテレビが報道規制をかけて住民に十分知らせず、避難の機会を奪ったのではないか、という記事を書きました。

その根拠は、福島第一原発の一連の爆発以降、管理人の元に寄せられた福島県の避難者の方々からの複数のメールです。

すべてのメールに、「テレビを点けても、原発が爆発した映像は一切流されていなかったので、なにごともないと思って避難しなかった」という内容です。

これが事実なら、福島のテレビは組織的に重大な犯罪を犯したことになり、刑事処分は不可避。関係者には刑事罰を与える必要があります。

私が福島県の避難者からいただいたメールなど、ごく一部です。
ネット上では、福島県から逃げてきた複数の人たちが、ツイッターや、ブログで、「福島のテレビは、一切情報を流さなかった」と書いています。

そして、それは事実でした。

そうした“状況証拠”を基にして、
福島のテレビが3.11以降映し続けたものは
の記事を書いたのです。

福島中央テレビは、何を思ったのか、こうした火消しビデオを11月9日になってから、youtubeにアップしました。
いかにも情緒面に訴えて、本質から視聴者の目をそらすようなテクニックを使っています。

毎度、毎度、うんざりするほど、テレビの稚拙な手法に付き合わされる。

この動画は、明らかに福島テレビの関係者が制作したものでしょう。
彼らの狙いとは逆に、批判がたくさん出てくれば、自分たちで、こっそり削除するはずです。
いつものことです。


【原発】世界初「原発爆発の瞬間映像はどう伝えられたか」報道パニック
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=fsb1p2xksi4


3月12日の1号機水素爆発では、女子アナが、

「さきほど1分前(3時40分)、福島第一原発1号機から大きな煙が出ました。
大きな煙が出まして、そのまま、えー、その煙が北へ向かって流れているのが分るでしょうか」。
と伝えています。

「煙が北へ向かって流れている」と、しっかり報じていたのです。
つまり、「放射性物質の雲が、ひょっとしたら飯館村方面へ流れていくかも知れないことを予測していた」、と言外に含めているのです。

この女子アナは、ただパニック状態の中で伝えるだけですから、何も分っていません。
しかし、少なくとも報道局では、「放射能の雲が北の方角へ流れていく」…その認識はしっかりあったことになります。

途中、不思議なナレーションが入っています。
(2分37秒から)

「あの映像(福島中央テレビが爆発の瞬間を映したもの)がなかったら、放射能の拡散を、私たちは、どれだけ実感できたでしょう?
そして、政府の発表は、どれだけ遅れたのか。

私たちは、あらためて映像の力を思い知りました」。

これは狂ってしまっています。

「福島中央テレビのカメラのお陰だ」といわんばかりです。
福島中央テレビが、この映像を流さなかったら、政府の対応はもっとも遅れたはずだし、日本の人たちは、もっと被曝しただろう、といっているのです。

流さなかったら、犯罪でしょうに。

福島のメディアは、極悪知事同様、どこまで傲慢なのでしょう。
本当に呆れ果てている。
福島中央テレビのみなさんのウルトラ勘違いは、歴史に残るでしょう。

佐藤雄平を張本人として、世界中の人々を被曝させた片棒を担いでいるというのに、まったく非常識極まりない人間たちです。

もう、この人たちは人間としてダメでしょう。常識的な判断さえできないのですから。

福島中央テレビ報道部長、小林典子は、こう言っています。

「世界を駆け巡ることになった、この映像は、福島の人々の、それまであった平穏な暮らしを一瞬にして変えてしまった瞬間の映像ともなりました。

それだけに私たちは、被災した人たちの気持ちを考えて、この映像の使用を必要最小限にしようと決めました。

しかし、それがかえってインターネット上などでは、なんらかの圧力があって、放送しないのではと憶測を生むなど、映像と情報を伝えるさまざまな側面を考えさせられる、特別な映像ともなりました」。

この報道部長は、いったい何を言っているのでしょう。
これが緊張感の薄いローカルとはいえ、報道に携わる人間の態度とは。
もう、あきれ返ってものが言えなくなります。

しっかり、「映像の使用を最小限にした」と“自白”しているのです。

何日もの間、福島県の人たちには情報がありませんでした。
そうした現状を見て知っているはずなのに、「被災した人たちの気持ちを考えて」と言っています。

被災した人たちすべてが、「福島県には情報がなかった」と言っているのです。
「福島県のメディアが情報を意図的に流さなかった」せいで、福島県の人たちが致命的な被曝をさせられたことは事実なのです。

報道部長の小林典子は、「インターネット上で憶測が飛んでいた」といっています。

これは憶測ではなく、被災者たちからの証言によって、多くのブロガーさんが、あるいは、福島県で被曝してしまったご本人たちが、自らのブログで「福島県は情報統制している」と書いているのです。

福島のメディアが情報をコントロールしていることは100%事実なのです。

3月14日以降、東京キー局の頭のかる〜い女子アナたちが、「ネットの情報はデマですから信じないように。政府の情報だけが正しいです」と大声を張り上げて叫んでいたのと同じです。

その「政府の情報」を信じた人たちは、無用な被曝をさせられました。
さらに高濃度放射能汚染された野菜を食べてしまいました。

大勢の赤ちゃん、子供が被曝しました。それは日本だけではありません。

これは、電波芸人特有の病気です。事実を受け止めることができない、という。
彼らは、とても哀れです。

この福島中央テレビ報道部長は、「インターネットで憶測を呼んでいるような、何らかの圧力などなかった」と言っているのですが、それならもっと悪質です。

福島のテレビは、日本全国民、少なくとも、東北、関東の人たちから避難の機会を奪い取ったことは事実だからです。

東電は、世界中のメディアで「犯罪企業」と書かれています。
(私の表現は、これでも優しいほうです。海外のメディアはもっと辛辣)

そう言われても、仕方のないことです。
遠くアメリカの人々にも放射性プルームは襲いかかり、彼らも肺にホットパーティクルを吸い込んでしまったのですから。

そして、今度は、福島のメディア、特に福島のテレビが「犯罪メディア」と書きたてられる番でしょう。

「被災した人たちの気持ちを考えて」などと、この期に及んで福島県の被災者を、自分たちの犯した犯罪的行為のイクスキューズに利用するのは止めなさい。

世界中に謝罪することです。表現方法はいくらでもあります。
チャンスを逃すと手遅れになる。

それでも、こうした連中は何もしないでしょうね。
あなた方の見識、情報に対する取り組み方・構え方では、最初から報道などやってはいけないのです。

人々を死に追いやり、不幸な人たちを大量に作り出すだけですから。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2011年11月15日 01:50:53: o8ecjoiFnA
知っていることを言わないことも、嘘の内に入るのだが...
その意味では、福島中央テレビは、虚偽報道だったということか。

> それだけに私たちは、被災した人たちの気持ちを考えて、この映像の使用を必要最小限にしようと決めました。

変な言い方で申し訳ないが、これは文系独特の発想だ。地震で打ちひしがれている住民の気持ちを慮ってということである。しかし、理系的発想では、気持ちよりも身体の方が大事だと思うから、この情報を福島の住民に伝えないことで、どれだけ被曝者が生ずるかを考えて、逆に情報拡散に踏み切ったであろう。確かに放射能がどれだけ漏れているかは確認しようがなかったわけだが、少なくともなるべく外気に触れないようにして、雨にも当たらないように注意喚起はできたはずだ。


02. taked4700 2011年11月15日 03:20:20: 9XFNe/BiX575U : aoIHrnz1Tk
文系、理系は関係ない。

ただただ、原発事故の影響を小さく見せたいだけだ。

背後にあるのは原爆保有国のエゴだ。

福島中央テレビには総務省の官僚から話が行ったのだろう。


03. taked4700 2011年11月15日 03:26:27: 9XFNe/BiX575U : aoIHrnz1Tk
本当に官僚の中にはどうしようもないのがいる。ノーパンしゃぶしゃぶでしか自分の力を発揮できないような才能しかない連中だ。

そして、残念なことにまともな官僚たちはどんどんと諦めるか、戦線離脱をしている。それで済むと思っているのだ。

結果的に日本全体が餌食なるが、官僚全体をしてはなんとかなると非常に多くの官僚たちが考えてしまっているのがいまの状況を許してしまっている。


04. 2011年11月15日 04:10:48: maxkpWHZCo
赤報隊の天誅リストに追加されたね

05. 2011年11月15日 06:41:25: pEgCpfCxXY
官僚や権力なんて一皮むけば化け物だろ。
札束で人の頬を叩いて黙ってもらう、
それができないなら自分たちが赤報隊となって
乱暴に逮捕し監獄にぶちこむまで。
そういう恐ろしくおぞましい化け物なんだよ、国家は。
漱石はただぼやいてこたつで蜜柑たべてるだけだったが
誰よりも国家のそうした幼稚でどうしようもない乱暴さを
見抜いてた。内外に対して、国家に徳は期待出来ないが
個人には誠実さにおいてより高くなる資質がある、と。
福島のテレビ局がいろいろと怖れて姑息な真似をしているとしても、
最終的には、国家が悪い。

06. 2011年11月15日 06:58:43: d2bgH356wA
メディアが発達して、一般市民をだますことがより簡単になっていたということか…

07. 2011年11月15日 07:35:38: za4wGzbCyI
地元のテレビ局がその県民を欺いていたのなら腐りきっている。

08. 2011年11月15日 08:00:19: FpVPO6YryM
3月15日に 福島の人が逃れて来られて 大手新聞の第一面の報道写真を見て「絶句」されていましたが それを見て 県民の人に 全く情報が与えられて無かった事に 旋律を覚えました。

09. 2011年11月15日 08:57:02: xt9mf1A3QA
地方のテレビ局は、地元の大手企業がスポンサーだから
その企業に不利益なことは報道するはずがない。
地元のテレビ局は、縁故採用ばかり。
その広告代理店もそう。腐れきっているところだ。

これを機に、原発事故や災害に関する情報はどこから入手したらいいか
作戦を立て、地震などの災害時でも常にアクセスできるような
体制を整えればいいと思う。
特に原発から半径150キロ圏内に住む人は、県外に住む信頼のおける相手から、緊急時には情報を得ることができるようにしておく。
テレビを信用しないことを肝に銘じる。

「県外に住む信頼のおける相手」は情報弱者じゃ意味ないです。
ネットを使いこなして原発事故に詳しい人。


10. 2011年11月15日 10:04:31: xpqRhr8Lm2
「宝物の持ち腐れ」といいましょうか。残念ですね。スピーデイも同じですね。

福島中央TVは、罹災した人々は慮るが罹災しない人はどうでもよかったのかしら?

危険を知らせるのが報道の役割でもあるはずで、結果を知らせるだけが報道の役割ではない事も理解できなかったのでしょうか?

TVの報道は、信用できない状況ですね。


11. 恵也 2011年11月15日 11:47:31: cdRlA.6W79UEw : hqMLqH6B0o
>>02 福島中央テレビには総務省の官僚から話が行ったのだろう。

許認可権を持ってるのは総務省だけど、こんな具体的なコントロールは出来ん。
むしろ放射能に詳しい原発マフィアからの圧力じゃないかな。

具体的にいえば、経産省か福島県知事佐藤雄平。
爆発した映像はスクープも良いところだから、担当者は出したくて仕方なかったはず。
それを出させなかったのは、福島中央テレビ社長の直接指示でしょう。

今後のためにも、誰が社長に指示を出したのか具体的な人名が出てもいい頃だと思う
けど、国会で証人喚問し嘘がつけないようにして証言して欲しいものだ。


12. 2011年11月15日 12:43:59: EerF0vYees
メディアに期待するのは止めましょう。スポンサーはすべて企業であり、原発産業のおこぼれに与っている概ね大資本です。

視聴者がお金を出しましたか? 彼らに何か恩恵を与えましたか? バカバカしい幻想を持つことは止めましょう。

この期に及んで毎度バカバカしいお笑いや、社会的なことには全くノーテンキなタレントをひな壇に並べてワイドショウをやっている。

人々が考えなくなる思考停止人間の量産のための洗脳マシーンです。実体はかのテポドン王朝と変わらないのです。


13. 2011年11月15日 13:56:08: jypjwhCQBU
タイのプーケットが津波に襲われた時、海外からの警告を無視して握りつぶした責任者がいた。彼と同罪、否、それ以上に罪は重いだろう。

14. 2011年11月15日 16:28:57: JrPYjVYQO2
テレビは信用に値せず、ネットに真実があるという事を認めています。

15. 2011年11月15日 16:30:16: ZrMDpsyito
スピーディは民衆のためにあるんとちゃいまっせ。
それは国家の詐欺師政治家や詐欺官僚、
東電や原子力村の御用学者や御用メディアのお偉方が
被爆を避けるためにあるんやでー。
民衆はどんなに被ばくしてもかまへん。
ワイらだけ被爆せんと、他はええんや。
どうせ被ばくしたかどうか調査させんし、
馬鹿な民衆はわからへんやろ。
仲間のマダラ目やクワンが被ばくせんやったし
十分役立ったな、スピーディは!
こんなもんですやろな。

16. 2011年11月15日 19:17:42: JwDwgGy09c
これまでに原発マネーが福島のメディアに大量につぎ込まれていたことがよくわかります。
メディアも、東電、政府、御用学者とともに共同正犯です。
刑事告発される立場にあるのです。

17. 2011年11月15日 19:33:07: tRdNTeoJ5o
福島の中と外では情報格差がはなはだしいようだが
これを破壊できる何かがほしい
宣伝ビラを気球に乗せて飛ばそうか

18. 2011年11月15日 22:02:09: xdTsMYFSMw
3号機爆発から丸一日分の映像を公開せよ。

午後の再爆発の映像があるはずだ。


19. 2011年11月15日 22:44:16: JKjirniNgQ
政府や県や電力会社が圧力をかけたというのは間違いだと思う。
もしそうならこの報道部長が戦った痕跡がないのはおかしい。

たぶんこの報道部長だけじゃない。
南相馬市長も福島県知事もそうだけど県民一人ひとりのレベルで
「風評被害>>>健康被害」という計算が働いてるのだと思う。

つまり何パーセントの癌死亡者と、農業や観光といった産業、
どちらの「被災した人たちの気持ちを考え」るのか。
で、後者を取ったということだろう。

いままでも、福島の一見すると「平穏な生活」は、
そうやって築かれてきたということなんだと思う。


20. 2011年11月15日 23:15:05: CM8NddHEUs
放射能が体に悪いのがデマだと信じているインテリが
私の周囲に2割くらいいる

21. 2011年11月15日 23:50:25: IevO85e4zU
FCTが動画サイトの映像を著作権を理由に削除依頼しまくって腹を立ててFCTを見なくなってるんだが・・・・当時爆発の映像は流れていたぞ?

何も擁護する気なんかさらさらないが事実と違うことは言っておかなきゃと思って書いた。

勿論佐藤雄平をはじめとする県の対応が県民の健康を考えてやっているとは思えないこと、なにより高濃度のヨウ素がばらまかれた時県下の民間交通機関を動員して2、3週間でも避難させるべきではなかったのかと思う
(個人的な話ではあるが15日に18μSv/hを吸い込んでしまったと知ったのはつい最近なのだ。私は余命のほうが短いし幸いなことに独身なのでもう諦めもつくんだが当時断水で多くの市民が子供連れで給水所に並んでいたことを思い出すとコレでは殺人罪ではないか!)

県内マスコミが一様に風評被害ばかりを強調するするといった事は個人的感想であるが事実だろうと考える。これでは県内外で温度差が生まれますます孤立するのではと危惧する。

最後に私は年老いた両親の面倒を見なければならないので行政が支援してくれない限り移動することもできない。こういった県民もいることも心に留め置いていただきたい。


22. 2011年11月16日 00:05:34: uVYe7R0PgU
福島中央テレビ報道部長、小林典子さんは何をいいたいのかな。映像の使用を最小限にしたことが 良かったの、悪かったの。外国Mediaでは制限なくて、国内には制限するというのは良かったの、悪かったの。自己評価してほしい。このような重要な映像を隠してしまっては報道とは言えません。まあ「隠蔽」を告白しただけマシなのか。でも「寄らしむべし、知らしむべからず」の時代になってしまった。

23. 2011年11月16日 00:33:24: NrelQSSH7U
爆発の模様は普通に流してたけど、FCTは分からないな。
あそこはフジテレビ系列じゃなかったっけ?

24. 2011年11月16日 00:44:13: ObJAkHAXmk
確か、東北マラソンの共催に福島テレビが入っていたのでは、福島から出ようとしている人の足止めに、復興マラソンと名を打ち若い女性をひめゆり特攻隊として走らせた、はっきり言って本当におかしいんじゃないの?放射線量の高いところの方早く子供だけでも避難させてあげて下さい。
 人身御供にするな為政者に嘘吐きテレビ!!今後も続くマラソン、今なんで福島で走らせる必要があるのか、走った後の体調変化に異議申し立てしないって同意書まで書かせて、鬼畜の所業に思える。

25. 2011年11月16日 01:31:46: RQr0HSIrcE
バカだね。最近製作したことがバレバレだよ。
@福島ローカル放送の午後3時40分とある映像には、不自然なモザイクが入っている。自局が製作したオリジナルであれば、モザイクなど必要ないではないか。
Aまた福島局製作の動画では、局アナの大橋聡子さんが「水蒸気と思われるものがボンと・・・。」などと、とても落ち着いて説明していましたが、当日でないためか緊迫感がありませんでした。何度も練習したの?また、どうして「水蒸気」とわかったの?
一方、NNNの全国放送では、NNNのアナウンサー2人のうちの男性アナウンサーが説明しているのですよ。また、「爆発音と白煙」と説明してますよ。水蒸気などと言ってません。
・3月12日 NNN http://www.news24.jp/articles/2011/03/12/06178055.html#
・11月9日 福島局 世界初「原発爆発の瞬間映像はどう伝えられたか」報道パニック
  http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=fsb1p2xksi4
問題なのは、
@福島局は、NNNに映像を配信したが、福島県民には放送しなかったこと。
ANNNから配信されたその映像を、福島県民には放送しなかったこと。この2つ、
嘘に嘘を重ねるか、本当のことを言うか、だんまりを決め込むのか、報道の姿勢が問われますね。


26. 2011年11月16日 05:35:26: VmrM5pfMOQ
>被災した人たちの気持ちを考えて、この映像の使用を必要最小限にしようと決めました。

これは上手い言い方だが、完全におかしい、少なくして観てない人が続出した場合のリスクは視聴率などデータを出せるテレビ局だ、まるわかりだろう、意図的としか考えられない、おそらく圧力だろう。


今思えば最初から福島は避難させるプランなどなかったようにも思う、なんたって諸外国はいきなり80KMだからね、それに加え日本レベル7も認めなかった位だしね。

これは福島テレビだけに言える事ではないが…今も原発のニュースは不自然な位に少ない状態な訳だが…これも

>被災した人たちの気持ちを考えて、この映像の使用を必要最小限にしようと決めました。

という報道する側の勝手な意思でだというのならもうそれは人の為というより推進派の為である。

被災した人たちの気持ちを考えて流さない=早く忘れさせたい(実感のないものとしたい)

これを洗脳(情報操作・隠蔽・情報統制)と言わずしてなんと言うのだろうか?



28. 2011年11月16日 09:21:51: 2d6NQWvrS6
08さんへ 震災から4日後の3月15日 福島県内の多くの箇所では電気水道都市ガスなどのライフラインがまだ止まった状態で さらにガソリン不足、主要国道県道の破損による麻痺、高速道路 新幹線の不通と 情報を含むありとあらゆるものが寸断された状態でした。
避難されたかたは福島のどこから どちらまで避難されていたのかわかりませんが、知らされていなかったのではなく 正直その時点では知るよしもなかったエリアのかただったのだと思いますよ。

29. 2011年11月16日 09:24:50: BwTbH33u6k
原発問題は、本当に闇が深いですね。
TVなどの報道機関は、誰かの利益のために存在しているという事を
認識していないと大変な目にあうなぁ・・と思いました。

情報操作は、犯罪だと思います。

これから原発による健康被害が出てくると思いますが、本当に報道されるのでしょうか?

TV・新聞は、全く信用できません。

残念です。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 


30. 2011年11月16日 10:14:25: QDOXlxmHrs
隠す 騙す 誤魔化す--木ツ葉役人の忌むべき悪弊をマスゴミは共有している。
東電も同じ、どうしようもないな。

31. 2011年11月16日 10:49:58: k3nzYl0Obw
現場が混乱するとかすぐに言い訳するのは、福島だけでなく日本全国どの自治体も
そう答えます。
(私が居住する市・県担当も福島放送と同じような言い方をしました)

今は、国内の情報がいかに信頼を失っていることか。
情報は世界中から収集して自分たちの生命を守るしかない。

この国は税金をつりあげて搾り取ることに専念していますが国民は棄てられている。
ネガティブに考えたくないが 将来的にも良くなるとは思えない。


32. 2011年11月16日 10:50:29: nBsrx8EfJE
■原発立県の福島のメディアに原発の正しい情報を期待するのは無理ではないか?

原発の安全性に疑念を呈した前福島県知事佐藤栄佐久が冤罪で起訴され、知事の座を追われた。

その後に座ったのが現知事の佐藤雄平だ。
彼は、「原発で長生きできる」と豪語した福島県選出原発大好き議員の渡部恒三の甥っ子だ。小沢さんに「党籍無期限剥奪」を宣告した"黄門様"だ。

福島県は原発立県、原発銀座なのです。

だからメディアには事実を放送しない、させないになるのです。

救いようがないほど病根は深い。


33. 2011年11月16日 14:20:57: FUviF2HWlS
地方ほど、電力会社のような地元経済を支配する大企業の意向が重視されるということだ。
地方分権が進めば、地方経済は国際資本と全国規模の大企業の思いのままだ。

34. tori 2011年11月16日 14:34:28: UZRS09uO9ID6M : BTfFJ4n7PM
本当に「被災した人たちの気持ちを考え」るのなら、被災したのはちゃんと報道しなかった自分たちの責任なのだから、直ちに慰謝料なり補償金を払いなさい。

こういうのは意味のない言い訳であり、詭弁以外の何モノでもない。


35. 2011年11月16日 16:42:48: wfsg04Qdqc
自分は当時SNSで根拠はともかく100キロ以上離れろって
呼びかけたらパニックになるだとか救援の人員が向えなくなるとか
非難囂々言われた。
最初避難範囲が数キロからだんだん範囲が広まり
避難者が何度も何度も移動させられていた。
チェルノブイリを見たら一気に100キロ単位で避難するべきとね
拡散は同心円で起こらないから後で帰宅も出来る地域もあるだろうし
そのくらいの用心は国と東電はするべきだった

後に楽観厨とか危険厨とか議論にはなるけど
被爆した人はその事実からのがれられない。


36. 2011年11月16日 17:46:18: CGaB34XTl
思い上がりだよ、こいつ等!
メディアはあったことを正確に報道するのが当たり前じゃないか!
「被災した人達の気持ちを考えて最小限に報道した」だとー!、戯けメラがっー!
そんな自分等で好き勝手に加減をして報道する権利がお前らにあるのかー!
命がかかっている事なのに!
あーぁ、腹が立つ。

人の命を何だとおもっているのだー!えーっ!
お前らが福島の人や日本全国民の命や財産や健康を好き勝手にお前らの手のひらの上でいじくる権利があるとでも思っているのかー!

福島中央テレビ報道部長、小林典子

よくもまぁいけしゃぁしゃぁと、ぬけぬけと、図々しいあの抜かし方!

あぁ、もうどうしようもなく腹がたつ!


37. 2011年11月16日 18:54:48: 2ffzcs4O12

 2011年3月11日、宮城県沖を震源とするマグニチュード9.0の巨大地震が発生。その直後の大津波によってもたらされた大災害は、東日本の太平洋側およそ500キロメートル一帯を地獄に陥れた。大堤防を破壊して陸域に押し寄せた大量の海水が町や畑を飲み込んだ。死者行方不明者はおよそ2万人、経済被害16兆円を超えた。まさに平成の国難である。
 この地震が放出したエネルギーは、核爆発に換算すると487メガトン、広島核の3万発分に相当する(1メガトン威力は、TNT火薬100万トンに相当する爆発エネルギー)。それが太平洋プレートが北米プレートに沈み込む宮城県沖の海底で一斉に爆発したような災害なのだ。だから海岸一帯がどうにもならない被害を受けたのはうなずける。

 しかし、海岸にあって巨大地震と大津波に破壊されなかった建造物があったことに、国民はあまり気がついていない。それは震源の至近距離にあった東北電力女川原子力発電所、東京電力福島第一および第二原子力発電所である。

 岩盤上にあって厚さが2メートルあまりもあるコンクリート壁からなる格納容器と、分厚い鋼鉄製の潜水艦のような圧力容器からなる原子炉を心臓部とする原子力発電所。私が国内最強と考えていた陸上の建造物である。戦闘機が激突しても、対戦車用の可搬型ミサイルでも破壊しないのが原子炉格納容器なのだ。しかも、大震動となるS波の前に到達する弱い振動のP波(第一波)を検知して、1秒以内に制御棒を炉心に挿入し核反応を自動停止する機能があり、中越沖地震でそれが証明されていた。

 一方、大津波に襲われ冷却機能を失った福島第一原子力発電所では炉心が高温になり、発生した水素ガスが地震発生の翌3月12日に原子炉建屋内で爆発し、周辺環境にヨウ素、セシウムなどの放射性物質が漏洩、同日政府の指示で福島第一原子力発電所から半径20キロメートル圏内(住民およそ6万人)が緊急避難区域に指定された。その直後から連日連夜、原子炉の専門家やNHKのニュース解説員から詳しすぎるほどの装置的情報や周囲環境の放射線線量率(毎時マイクロシーベルトの値による)の報道が継続してなされ、ある週刊誌で集団ヒステリーと言われたほど、政府を筆頭に日本社会の長期間にわたる心理的動揺が続いた。

 福島の核事象では、広範囲に顕著な量の放射性物質が飛散したが、原子力施設職員たちに急性死亡は1人もいないばかりか、直後から5月の時点までに急性放射線障害すら1人もいない低線量事象である。もちろん、福島県民にも急性放射線障害はない。これは水素爆発はあったものの、圧力容器および格納容器は閉じ込め機能をかなり保持していた証拠でもある。

 しかし私が恐れていた、原子力安全委員会(内閣府)など災害対策本部の周辺住民ならびに東日本に対する放射線防護科学に基づいた判断と、対策本部の意思決定機能が発揮されない事態となってしまった。そのため、過剰で片手落ちな政府介入により、20キロメートル圏内の病院患者の受け入れ先の未確保や手当のない搬送により、取り残された患者数人が死亡した。さらに長期化した避難民の困難の継続となった。そして多数の置き去りにされた牛、豚、鶏の死を招いたばかりか、政府は殺傷処分の指示を福島県にした。

 国際原子力事象評価尺度(INES)では、福島第一原子力発電所の事象レベルを当初’レベル5’との評価を、4月12日になって突然政府は’レベル7’に変更した。原子力安全委員会と原子力安全・保安院(経済産業省)それぞれの放出放射能値の違いがあるばかりか、算定の過程を示す報告書すら公開されておらず、私のみならず国内の専門家に疑問を持たれている。さらに、政府が飯館村などの計画避難の根拠とする文部科学省の今後の住民の線量予測は、屋内滞在や放射能の減衰が組み込まれていないずさんな推計であって、とても長年核エネルギーの平和利用をしてきた科学立国とは思えない乱暴な論拠によっている。今回の国内の情報混乱と国内外の風評被害の根源が政府にあるとみる私の原点がこれらにある。

 日本社会が科学情報で混乱するなか、世界の核被災地を調査してきた放射線防護学の専門家として、同一手法で、震災ひと月以内に、福島の20キロメートル圏内を含む札幌から東京までの東日本の放射線衛生を調査した報告をする。その手法は、私がロシア科学者との共同調査のなかで開発した内外被曝の線量測定法=モバイルラボによる系統的で統一的な評価法で、核ハザードの健康影響を迅速に定量化できる特徴がある。これを活用し、3.11震災以後の東日本を調査した。特に、10年前に開発した甲状腺線量計測法を初めて適用することと、震災3カ月前に入手していた米国製の核兵器テロ対策用の携帯ガンマ線スペクトロメータの活用が、今回の現地での放射線衛生調査の特徴である。

 さらに震災3カ月後、南相馬市、いわき市、郡山市で計33人のセシウムのホールボディカウンタを実施し、全身量を検査した。結果、全員線量レベルE,Fと全く問題なしだった。

 政府機関や原子力業界とは完全に独立したひとりの医学系の放射線防護学の専門家が、体系的な環境・健康調査を報告する。ただし、日本はもちろん、世界で最も核被災地の現場を知る希少な放射線防護学者としての自負もある。米ソと中国による核事象(セミパラチンスク核実験場周辺影響、桜欄核爆発災害、チェルノブイリ周辺3カ国、南ウラルのプルトニウム工場周辺汚染、シベリアの地下核爆発、ビキニ核爆発災害)の調査に加え、東海村臨界事故時の公衆の線量評価を調査してきた。これらの、核爆発時の熱線と衝撃波で一瞬に都市が壊滅する最悪のレベルから、核の砂や灰が降り積もり急性死亡や急性放射線障害を受けるレベル、白血病などの発がんの健康影響を受けるレベル、そして核放射線の実被害はないものの社会的心理的混乱を生じるレベルまでを体験的に調査してきた考察を基礎としている。

 福島県をはじめ東日本ならびに全国民の核放射線衛生に対する正しい認識と対処、そして核放射線影響の科学理解に結び付き、行き過ぎた社会心理の混乱を鎮静化できればと切に願う。

 2011年3月11日、マグニチュード9.0の巨大地震後の大津波により冷却機能を喪失した東京電力福島第一原子力発電所の核分裂反応停止中の炉心が過熱溶融し、3月12日に最初の水素爆発事故となった。そこから噴出した核分裂生成物による環境影響と人体影響を、震災からおよそひと月後に札幌から東京までの東日本を広範に調査した。
 調査項目は、環境のガンマ線空間線量率、調査員自身の積算個人線量、地表面のガンマ線スペクトルによる核種同定、地表面のアルファ線計数、現地住民の放射性ヨウ素による甲状腺内部被曝線量である。結果は、世界の他の核災害と比較され、福島の核事象の環境健康影響の大きさが相対的に明らかにされる。

 チェルノブイリ事故災害と違い、福島県および東日本の放射線線量はけた違いに低く、健康影響のリスクは無視できるくらいであった。この理由は、1)福島第一原発では炉心での核分裂反応が停止24時間以後の水素爆発で、その間に短い半減期の多量の放射能が消滅していた。チェルノブイリ原発は運転中の核反応の暴走爆発で、一気に高レベル放射能が環境へ吹き出た。結果、多数の運転員や消防士が急性放射線障害になり死亡者も発生した。福島第一原発ではそうした死亡事故はない。2)福島第一原発では損傷はあったものの格納容器がかなりの核分裂生成物を閉じ込めたばかりか、チェルノブイリ原発のように黒鉛火災による上空への舞い上がりがなかった。そうした理由で、2000メートル級の高さの岩手山や奥羽山脈を越えて青森や北海道へ福島から放射性物質が飛散しなかった。

 2002年に私は放射線防護学の100年以上の研究成果にもとづき、放射線の危険度(リスク)を判断するための「線量の6段階区分」を発表した。AからCが危険な範囲、DからFが安全な範囲である。

 福島県を除く東日本の年間外部被曝線量は2011年度でレベルE。福島市でさえ、屋内滞在時間の長さを考慮すれば、同年度の年間内外被曝総線量はレベルDと推定される。

@2011年4月6日に陸路、札幌を出発し、青森、仙台、福島、東京と同月10日までに放射線衛生調査がなされた。
A福島第一原発20キロメートル圏内を含む全調査での調査員の受けた外部被曝の積算線量は0.11ミリシーベルト、レベルE。甲状腺の放射性ヨウ素も検出されなかった。こうして調査は完全に実施された。
B札幌および青森では、顕著な核分裂生成物は検出されなかった。仙台、福島、東京でのガンマ線スペクトロスコピーで、ヨウ素131、セシウム134、セシウム137が顕著に検出された。福島から少量持ち帰った土壌を5月に測定すると、ヨウ素131は消滅していた。
C甲状腺に蓄積されるヨウ素131による内部被曝線量検査が成人希望者76人に対して行われた。検査当日の福島県民66人のヨウ素放射能の最大値は3.6キロベクレル、平均1.5キロベクレル。6人は検出限界の0.1キロベクレル未満であった。20キロメートル圏内浪江町からの避難者40人の平均甲状腺線量は放射能の減衰を考慮して5ミリグレイ(ミリシーベルト)、チェルノブイリ被災者の1000分の1以下程度と、甲状腺がんの発生リスクはないと判断する。
D浪江町などの被災者らは、災害対策本部から安定ヨウ素剤の配布がないばかりか、甲状腺検査も受けていないことがわかった。避難だけしか行わない政府介入における緊急被曝医療体制に大きな問題が存在していた。ヨウ素剤は、わが国の原子力災害時に大多数の県民と周辺県民には配布されない現状が証明された。抜本的な改革が求められる。
E損傷した炉心のある施設外の隣接地表面さえ、プルトニウムが放射するアルファ線は毎分7カウントと少なく、核燃料物質の施設外環境への漏洩は、顕著ではなかった。プルトニウムの吸い込みによる肺がんなどのリスクは無視できる。なお、セミパラチンスク核実験場の爆発地点周辺が半世紀後においてもアルファ計数が毎分200、西日本の地表面の値が1〜2である。
F浪江町や東日本各地の空間線量率の値は、最初の1カ月で4分の1以下になるなど、放射能の減衰に従って、放射線環境は減衰傾向にある。福島を除く東日本の公衆の個人線量は屋内滞在による遮蔽効果もあって、年間外部被曝線量は1ミリシーベルト以下、レベルEである。福島市では2011年度の年間線量はレベルD。瞬時被曝ではないので、小児、胎児への健康影響は心配するほどではない。次年度以降も年間線量は低下していく。
G福島県民の内部被曝については、地元産の農産物および飲料水を採り、体内にセシウムを取り込んだと仮定した場合の線量は、外部被曝のおよそ3分の1と考えられる。この比率は、ロシアの放射性セシウムの汚染地で自給自足する農民から評価した値である。福島市民に当てはめると、2011年度の年間内部被曝線量はおよそ1ミリシーベルトである。実際3ヶ月後の6月後半に、南相馬市、いわき市、郡山市で計33人の放射性セシウムの全身量を検査したところ、全員が推定年間線量として1ミリシーベルト未満であった。したがって内外被曝の総年間線量はレベルDと推定される。
H放射性セシウムの環境中の半減期は、30年よりも短い。それは、初期に存在するセシウム134の半減期が2年と短いばかりか、風雨などによる地域からの掃き出しがあるからである。2年目はすでに放射性ヨウ素が消滅しているので、その線量はない。さらに、外部被曝に加え、内部被曝も減衰する。こうして、福島県民の年間線量は2年目に大幅に減衰する。レベルF,E,Dと安心の方向に推移する。

線量6段階区分
危険:A〜Cの単位(シーベルト):ウイグル、広島・長崎、チェルノブイリ
A:4以上・B:1〜3・C:0.1〜0.9
安全:D〜Fの単位(ミリシーベルト):福島、東海村、スリーマイル島
D:2〜10・E:0.02〜1・F:0.01以下

 放射線防護学研究者談


40. 2011年11月16日 21:59:01: Hi9e07Yvx2
>しかし、海岸にあって巨大地震と大津波に破壊されなかった建造物があったことに、国民はあまり気がついていない。それは震源の至近距離にあった東北電力女川原子力発電所、東京電力福島第一および第二原子力発電所である。


↑ウソばっかり。


・地震で軟弱な地盤が崩れ、鉄塔が倒れて電源喪失

・地震で圧力容器の配管破損で放射能漏れ、閉じ込め不能に

・週刊朝日で原発敷地の隆起した地割れに対し、吉田所長は「ここまで地盤が弱かったとは」と語っていた

http://ameblo.jp/kjubiq/entry-10991043947.html
やっぱり地震で壊れていた東京電力福島第一原子力発電所


フクイチはやはり地震で壊れていたらしい。

週刊朝日のインタビューで、福島第一原発の最高幹部の一人(吉田昌郎所長か?)が語っている。


“フクイチが地震と津波、どちらでやられたのかといえば、まず地震で建屋や配管電気系統など、施設にかなりの被害を受けたのは事実です。
地震直後、「配管がだめだ」「落下物がある」などと緊急連絡が殺到しました。制御室からも「配管や電気系統がきかなくなった」などと、すさまじい状況で、多くの作業員が逃げ出した。
耐震性に問題があったのは否めません。”

■福島第一原発の最高幹部ついに語った【フクシマの真実:前編】 - 週刊朝日 談 [DAN]


ちなみにこの記事の後編は

■福島第一原発の最高幹部が語る「フクシマの真実」 後編 - 週刊朝日 談 [DAN]


過去エントリ「福島第一原発事故は津波が原因ではなかった事実と想定外の嘘」で、配管破断と思われる状況証拠(パラメータ)や、津波の及ばない場所にある外部電源の受電鉄塔倒壊があることを紹介したが、この最高幹部という内部者の発言により、福島第一原発は津波だけでなく地震でも相当な被害があったことは確実になった。

津波対策さえすれば安全という考えは、成り立たない。

http://mainichi.jp/select/weathernews/20110311/archive/news/2011/03/24/20110325k0000m040090000c.html
福島第1原発:津波被害の建屋 保安院が施設内写真を公開>>24日に外部電源で照明が復旧した1号機の中央制御室は、地震の強い揺れにより天井のパネルがはがれてぶら下がっている。


42. 2011年11月17日 09:29:03: RQr0HSIrcE

3.11同時多発テロ http://www.youtube.com/watch?v=IMD0tQtIyVQ&playnext=1&list=PL94DFFCC229FCC073

裏社会学 http://www.youtube.com/watch?v=wrBrs2GhnC0&feature=PlayList&p=8F6AAED747D5FA00&playnext_from=PL&index=0&playnext=1http://dokuritsutou.heteml.jp/

独立党 http://dokuritsutou.heteml.jp/


43. 2011年11月17日 09:32:18: CGaB34XTl
40さん
真実をありがとう。

39. 2011年11月16日 19:31:27: wFrhazihTk さん
天邪鬼は独り言で言ってください、人を危険に晒さないで下さい。


44. 2011年11月17日 15:51:56: AmV6KGD6TA
>>19
同意する
原発を建てた地域で、出来た時に引っ越さずに残っている人間は
そういう考えの持ち主と長老に従う的な村社会の人間が多いと思う

原発が稼動した時点で、白血病や奇形児が増えても地域ぐるみの
お金儲けの為に黙っているような住民、そういうところにしか原発は建たない

そして、原発の周辺で出来た作物を何の説明もなく売っていた

原発立地した村の村長の話を聞くと、奇形児が産まれるかもしれないけど
原発が建てば、福祉が充実して施設が建つからいい事だと思うと言っている
村人もそれに賛成していた、健康な子供よりも老人ホームが欲しいらしい


45. 2011年11月17日 17:25:16: LIPF25cqR6
テレビ会社の体質に「情報隠蔽」の癖がついていた結果だと思う。
彼らテレビ局には今やニュースに対する自発的な報道姿勢が欠落しているのだ。
目の前の事実さえ報道できないで、つねに誰かにお伺いをたてて無難にやり過ごすだけだ。
しかも、自分たちの誤った報道隠蔽の言い訳をのために、あたかもそれが正当であったかのような番組を作るとは情けないかぎりだ。
こんな欺瞞に満ちたテレビ局が今後とも存在していくと思うとやりきれなくなってしまう。我々国民はこんな社会の矛盾をどこまで受け入れなくてはならないのか。

46. 2011年11月17日 18:59:06: 3xdyX2L2MQ
>>45
これは我々国民の常識や空気や民度がそのまま反映されてるだけです。

47. 2011年11月17日 19:29:55: vQVEsV8fcI
やはり、福島県民は福島中央テレビのスポンサーに対して報道のあり方に対しての抗議を送るべきでは?その上で福島中央テレビの真相を究明し自局のニュース内で県民に釈明させるべきと思うが。
あるいは、テレビ局に対して報道がされず隠したことによる被害について訴訟を起こす手もあると思う。

48. 2011年11月17日 20:08:40: piilhsciWA
wFrhazihTk は

アホの副島派工作員だ。

相手するだけ無駄。

堂々と、自分は「最高の権威」に従うといってたな。
だから、山下さんを尊敬しているんだと。


49. 2011年11月17日 21:04:37: blZ8Gqe5MU
アフォか。
福島のローカルテレビはどこよりも詳しく原発報道してるし、東電批判も半端ない。
山下批判もしている。

佐藤知事はどうしようもないけどな。


50. 2011年11月17日 21:32:09: cLMSFzIdXE
確かにそうらしいね、だから福島の人の多くは原発が爆発したとは知らないで、ひどい被爆をしたらしい、

51. 浅見真規 2011年11月17日 21:37:52: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
私は大阪府在住なので福島県でどのように報道されたか直接には知りえないが、
福島中央テレビに電話で質問したら、放映したと返答していた。
(ただし、真偽は福島県民で福島中央テレビを視聴していた人が検証すべきだ。)

もちろん、他のテレビ局に配信せずYouTube動画も削除した事は認めていたので、
人類にとって公開すべき重要な映像を独占した非はあるだろう。

しかし、1号機原子炉建屋爆発を爆発と表現せず天井が落ちてきたと表現したのは
東電と政府の矮小化戦術広報が原因で、3号機原子炉建屋爆発後も原子力安全
保安院が、「年間浴びて全く問題のない数値の50分の1程度の小さなもの
だった」と述べており、周辺住民の避難が遅れた原因は主として政府と東京電力
にある。


下記の読売新聞ニュース記事参照。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110314-OYT1T00398.htm
>経済産業省原子力安全・保安院は14日午後0時すぎに記者会見し、
>東京電力福島第一原発3号機の爆発に関し、
>「(3号機)1階の建屋近くのモニタリングでは、
>1時間当たり20マイクロシーベルトで、
>年間浴びて全く問題のない数値の50分の1程度の小さなものだった」と述べ


53. 2011年11月17日 21:52:34: l9RqSqKMQ3
科学が理解できない馬鹿であり、恐怖心と怒りのみに支配されて、現状の認識と分析が正確にできない愚か者が、今日も危ないと騒いでいる。

55. 2011年11月17日 22:05:02: t5TRaNX4dk
お天気村があるんじゃないか、スピーディーの情報を隠した
テレビはゴミくずだね

56. 2011年11月17日 22:43:57: Xcd9KLtvbQ
>>54
>高い耐震性能が証明されたのである。

震度6に耐えて高い耐震性ってか。あほか!
震源から何十キロ離れてると思う?
直下型M8に耐えてこそ高い耐震性と言うのだ。
日本列島に原発を建てる以上、M8、3000ガル以上に耐えなければならない。
しかしそれは絶対に不可能だ。4000ガルに耐えられる建造物など存在しない。
岩手では既に4000ガル以上の地震も起きている。
たかだか500ガルの耐震性しか想定せず500ガルの揺れが来て
その揺れに耐えただけで高い耐震性とは。
ハハ。バカ丸出し、汚いケツ丸出しだ。

その他つっこみどころ満載、嘘満載、だまし満載で
この面白くもない冗談は誰が書いたの?というのが正直な感想。
放射線防護学研究者談の記事は明らかに詐欺罪にあたる。


57. 2011年11月17日 22:51:47: kZ1bMMRuoc
原発立地県にはすべて推進派の知事がいるものです。やつらは、国からも、電力会社からも厚遇され、甘みに与りやめられなくなる世の中の煩悩を一手に集めたような人物ばかりだ。県民も責任あるよ。福島も、佐賀も酷いもんだ。

60. 2011年11月18日 08:10:02: t5TRaNX4dk
原発の放射能は危険でしょ
福島原発事故も安全と言わず避難しろと言うのが正しい
政府は風向きなどきちんと情報を流すべきだったそれはテレビ局にも責任がある
福島の人が風下に逃げる人こともなかった
正しいことを伝える人が排除されたら同じ事故を何度でも繰り返すだけ


62. 2011年11月18日 10:39:00: yhZ6GfkwVE
日本人もそう、捨てたもんでもない
諸悪の根源、11社マスメディア
見ない、読まない!が
確実に、深く静かに拡大中
ボディーブローは間違いなく利いている
記者クラブが無ければ、公務員は悪事(公金専門窃盗)は出来ない
記者クラブが国民に対する番犬として、公務員様をお守りしている
公務員は国民に対する媒体の過半をを押さえる11社マスメディアさえ
味方にしていけば
国民(代表である議員も含む)は何も怖くない
故に、記者クラブが番犬として存在する


63. ももん爺 2011年11月18日 13:17:22: QnfuyB5RKZq9U : GB1y72Cjic
>37. 2011年11月16日 18:54:48: 2ffzcs4O12
 放射線防護学研究者談 こと 高田純さま

ネットで調べますと多くの業績の中には、高LET放射線を用いた細胞の突然変異に関する研究、にも拘わっておいでですね。

つまり、細胞内での、特に局所的にフリーラディカルが集中的に生ずる効果、などを利用した放射線の影響についての知見をお持ちのようなのですが、放射線被爆との関係を説明することが出来なかったということなのでしょうか?

放射線を怖いと思われる方々の恐怖は、このような未知と言いましょうか、あるいは知らされない、知りえないことへの恐れが関係していると思うのです。私が、種々の事実を共有していても、怖い派と、先生のような安全派とにわかれる分岐店の稜線の高さを下げるには、分子レベルのDNAの損傷などの科学的解明が避けられないと考えるのですが、高田先生も同様なお考えをお持ちだったのではないかと想像しています。

にも拘らず、如何なる理由で「福島の実際の放射線レベルでは問題ない」と、懐疑的な心情を持つ被災者にはきつい表現をなさるのでしょうか?

先生も、「行き過ぎた社会心理の混乱を鎮静化できればと切に願う」と書いておいでですが、実際のお仕事として実施されたことが素人の目からみて、その目的と「問題ない」という表現の持つ意味とを判りやすくすることで、短い文章で理解されやすく出来るのではないかと考えているのです。

心理的に防護網を張り巡らせている人たちに「なるほど、そういう説明ならわかります」と言わせてください。

私は、説明の背景にある事実は安全派の人と、危険派の人とでは大きな隔たりはないと思っています、にも拘らず、多くのコメントが感情的に反応するのみである理由を解消する意味で、ご意見をさしあげました。

できれば危険派の人達が信奉する小出さんとも相談されて、現状打開のために統一解釈を発表される事もお考え頂きたいと、陰ながら願っています。


64. ももん爺 2011年11月18日 15:02:19: QnfuyB5RKZq9U : GB1y72Cjic
>53. 2011年11月17日 21:52:34: l9RqSqKMQ3
>科学が理解できない馬鹿であり、恐怖心と怒りのみに支配されて、現状の認識と分析が正確にできない愚か者が、今日も危ないと騒いでいる。

その通りだが、「その愚か者を説得できる能力を持たない者が騒いでいる」ということでもあるんだよな。

私は、両方のグループは同じ事実を、各々が別の立場から見ているに過ぎないと考えている。

どちらも信じて発言してるなら、「向こう側の人たちにも納得してもらえる説明をできなきゃ」、能力がない「愚か者」といわれても致し方なかろうが。?

能力の無い、真の愚か者より


65. 是でいいのか?。 2011年11月18日 15:25:58: nwicgfw9vJaHo : EAhgw3cFwU
危険なお米せしゆ×さんよりも、ズーット性質が悪いと思う!。。
都合のいい事は発言、都合の悪い事は内緒。。
そして言い訳は。考えておく。。
報道を名乗るなと言いたいです。
身内が福島に居ます、本当に親戚が心配です。

67. 2011年11月18日 16:09:44: Xcd9KLtvbQ
原子力事業者等が策定した
基準地震動(単位:ガル) 保安院における評価状況

    旧指針 新指針

泊   370 550
東通  375 450
女川  375 580
福島1 370 600
福島2 370 600
志賀  490 600
浜岡  600 800
敦賀  532 650
    ・敦賀650ガル→800ガル
    ・美浜600ガル→750ガル
    ・大飯600ガル→700ガル
    ・もんじゅ600ガル→760ガル
美浜  405 600
高浜  370 550
大飯  405 600
もんじゅ408 600

(平成21年3月の原子力安全・保安院資料より)
---------------

阪神大震災 1995.1.17………………………………818ガル

鳥取県西部地震 2000.10.6………………………………1482ガル

宮城県北部地震 2003.7.26(宮城県鳴瀬町)………………2037.1ガル

新潟県中越地震 2004.10.23(新潟県川口町)………………2515.4ガル

岩手宮城内陸地震 M7.2 2008.6.14(岩手県一関市)上下動3866ガル
                        震源断層真上4022ガル

※もんじゅでも、新指針の改定で阪神大震災よりも低い760ガルを想定。
※上下動が980ガルを超えると物体は中に浮く。


・耐震指針では、M7、震度7、1000ガルを超える地震はすべて想定外。
・後から耐震指針を上げても、原子炉そのものの耐震性は低いまま。

★結論:原発直下でM7が発生すれば、原発はあらゆる部分が大破し、
    メルトダウンにいたる可能性が非常に高い。

こんな低い耐震指針(600〜700ガル程度)で原発を再稼動するなど
頭が狂っているとしかいいようがない。


68. 2011年11月18日 19:42:34: jjSa4L4yxU

 エネルギー資源を海外にほぼすべて依存し、発電量の3割を核エネルギーにより作り出している日本である。しかし、21世紀、国内で開発が進められている核燃料サイクルの意義および安全に関わる技術の内容を理解している国民の割合は、1万人に1人程度しかいないのではないか。

 地震列島の宿命を嘆く親核エネルギー派も少なくないようである。中越沖地震で東京電力の原子力発電所が震度6強の影響で停止すると、社会心理不安が過度に高まり、チェルノブイリ原子炉事故災害でも起こるかもしれないと思い込むのは何故か?このわけは、核技術および核災害に関する科学知識の欠如にあると、考えている。

 例えば、旧ソ連で起こった大火災を伴う甚大な原子炉災害は、日本で起こるかもしれないと考えるのは間違いである。こうした事態は、日本では原理的にありえない。それは日米欧の軽水炉が旧ソ連などの黒鉛炉と異なるからである。

 軽水炉では火災の燃料となる黒鉛が、核反応が生じ高温となる炉心に配置されていない。この黒鉛は石炭の一種で、炭素からなる結晶である。

 空気中で高温になれば燃焼する。こうした可燃物は軽水炉には配置されていないので、炉での核反応が暴走し高温となっても、火災となる燃料はない。炉心は水中にある。

 さらに、原子力発電所の心臓部である原子炉で仮に故障や事故が起きても、1945年の広島や長崎のような核爆発には絶対にならない。大多数の日本人は、原子力発電所では核爆発事故が起こるかもしれないと誤解している。1986年チェルノブイリでの原子炉事故は、核爆発だったと思い込んでいたかもしれないが、その理解は正しくない。そう説明するエセ科学者もいるかもしれない。

 核兵器実験場およびその周辺影響を調査し、核爆発災害を専門的に研究する私は、平和利用の原子炉が、核兵器のような核爆発を絶対に生じないと断言する。原子力発電の炉心は核爆弾のような爆発を引き起こさない2つの根拠がある。

 核爆弾は、@その燃料が90%以上の高濃縮ウラン235や金属プルトニウムであり、Aそれら核燃料が、分厚い硬質の金属容器内に封止されている。この構造により、爆弾点火時に瞬間的に摂氏100万度の高温高圧の気体状態を作り出して、衝撃波と閃光を放つのである。
 
平和利用の核燃料にはこの2つの条件を満たす構造はない。すなわち、@発電に使用する核燃料ウラン235の濃縮率は3〜5%と低く、A燃料棒の被覆管の厚さは0.6ミリメートルと薄い。こうした構造のために、連鎖反応は進んだとしても、核燃料が気化する前に燃料棒は溶解してしまうので、核爆発にはならない。これが炉心の溶解であり、チェルノブイリで生じた現象である。この現象は、プルトニウムを混合する酸化物燃料でも同様で、核爆発にはならない。だからこそ、国際原子力機関(IAEA)は日本の核エネルギーの平和利用を認めているのである。

 石油を構成する有機分子の結合エネルギーに比べて、核力はおよそ100万倍大きい。それとウランやプルトニウムでは350個以上の核子が核内にあって、一度に多数の核子の結合が切断される。そのため、化石燃料とは比べものにならない莫大なエネルギーが、一度に放出される。このときのエネルギー放出の根本原理は、ノーベル賞学者・A.アインシュタインの相対性理論にある。

 エネルギー技術には、兵器利用の側面と平和利用の側面の二面がある。核の場合にも、化学エネルギーと同様である。産業革命で、化石燃料の平和利用が人類の文明の進展を推し進めたが、核燃料も21世紀以後、大いに人類の文明に貢献できる潜在力がある。

 1953年12月の国連総会での、米国の核エネルギーの平和利用宣言「アトムズ・フォー・ピース」を受けて、主要先進国は核技術の平和利用に向かった。ソ連は、1954年に最初に商業規模の核エネルギーによる発電所を建設し世界に広まった。日本は、1950年代後半に海外から技術導入を図り、その後自主技術開発に成功した。その背景には、戦前よりの日本における世界水準の核科学の存在があったのである。21世紀初頭、日本の電力のおよそ3分の1が核エネルギーにより作り出されるまでになっている。フランスでは、核エネルギー発電がおよそ8割であり、二酸化炭素削減に成功している。

 核エネルギー技術は、産業革命以来の化石燃料技術の代わりになることができるのか?この質問の答えは「はい」である。その課題は、高速増殖炉技術の開発と、高レベル放射性廃棄物の処分法を含む燃料のリサイクルシステムの開発にある。この実現以外に核エネルギー技術の未来はない。

 平和的核融合技術は、太陽などの恒星のエネルギー発生原理の実現である。その夢は大きいが、実現には大きな困難があるようだ。兵器としては半世紀以上も前に容易に実用化された。しかし、エネルギー源としての平和的技術は、未だに実験レベルでさえ実現できていない。

 ウラン資源を従来からの軽水炉で燃焼させるのは、大変もったいない利用方法である。比率では天然ウラン資源の0.7%しか含まれないていないウラン235を燃焼させているからである。残りの99%以上の比率で含有されているウラン238を有効利用する技術が、日本では開発目前である。

 将来的には、日本は、高度な核エネルギー技術開発によりエネルギー資源国にもなれる理屈がある。しかも、化石燃料と違い、二酸化炭素排出による地球温暖化を引き起こさない。さらに、そのエネルギー資源は、1万年以上も枯渇することはないと予測される。その技術が核燃料サイクルである。日本の将来、子孫のために、この技術を開発し歴史を開くのが21世紀の今の世代の使命ではないか。日本が世界のなかで、トップを走るチャンスがある。しかも、限られた地球資源の争奪戦にはならない、ごく平和的な技術開発である。

 地球物理的に不安定な地域に存在する日本列島は豊かな自然環境を育む。一方、地震と火山の噴火からは逃れることができない、日本人の宿命である。だからこそ、地震列島日本の危機管理、文明の維持には、私たち日本人の知力が試されているのではないか。逆に、こうした苦境に立たされる民族だからこそ、力強く賢く生きてきた。

 日本は、1950年代後半に核エネルギー技術を欧米から導入したが、当初より地震対策に真剣に取り組み、技術開発を重ねている。原子力発電所の耐震設計にあたっては、その保有する機能の重要性の観点から他産業施設の耐震設計と比較して非常に厳しい条件を課してきた。心臓部である原子炉格納容器の鉄筋コンクリートの厚みはおよそ1メートル、さらに、それが設置されている建屋の外壁の厚みも同程度ある。これが、岩盤の上に直接建設されている。つまり、日本列島の地表にある最も頑丈な建造物が、原子炉が設置されている建屋である。

 ガラス張りの首相官邸や超高層の都庁舎などは防衛上脆弱だが、これとは反対に原子力施設は剛構造で強い。いわば、防衛上、日本最強の建造物ともいえる。原子炉格納容器のコンクリート壁の強度は、対戦車向けの可搬型ミサイルで攻撃されても、炉心が破壊されないほどである。この強度は、フランスの高速増殖炉スーパーフェニックスへの反対派によるテロ攻撃で証明済みである。しかも、ジャンボジェット旅客機が激突しても、原子炉格納容器は破壊されないことが予測されている。

 原子力発電所の地震対策として、剛構造による耐震性のほかに、地震波を感知して、原子炉の核反応をいち早く自動停止させる機能を開発している。本震となるS波(3〜4km/秒)よりも早く到達する弱い振動のP波(5〜7km/秒)を感知して、原子炉内の核反応を急停止させるのである。日本の原子炉の自動停止機能は、P波(5〜7km/秒)を検知してから、およそ1秒以内で全制御棒が炉心に挿入されて核反応を停止できるように設計されている。

 新潟県中越沖で、2007年7月16日10時13分に発生した地震(中越沖地震)は、日本の軽水炉などの核エネルギー施設の耐震性能の実力を知る契機となった。地震の規模はマグニチュード6.8で、震源の深さ17kmである。この地震は、東京電力の柏崎刈羽原子力発電所に震度6強を与え、核エネルギー史上最大の震度となった(当時)。震度6強は日本の核エネルギー施設が想定する最大級の地震動であるので、これは注目すべき事象である。

 柏崎刈羽の原子力発電所は、震源から23km(水平距離で16km)の位置にある。総出力821万キロワットの7基の原子炉からなる。そのうち当日稼働していた4基は、地震対策の設計どおりにP波(5〜7km/秒)を感知して、最大加速度を与えるS波(3〜4km/秒)が到達する前に、制御棒が平均1.2秒以内にすべて挿入されて、核反応が自動停止した。震災の当日稼働していた4基の原子炉の地震波記録を分析すると、1号機が最大加速度の地震を受ける6〜7秒前に、4基の原子炉すべての核反応が停止していたことになる。確かに安全機構が設計どおりに作動したといえる。

 地震直後には核燃料のある原子炉内の水温は280℃近くの高温状態にあった。余震が続くなか、運転員たちは、運転中および起動中だった4基の原子炉を安全に100℃未満に冷却する操作に取り組んだ。この操作を半日以上にわたり的確に遂行し、炉心の冷却に成功した。

 他の3基は定期点検中で、運転されていなかった。岩盤上に建設された強固な原子力施設本体の安全性は保たれ、二次放射線災害は誘発されなかった。

 東京電力は地震のあった翌8月から翌年2月にかけて、全7基の原子炉内部の点検を実施した。その結果は、逐一、内部写真とともに報告された。驚いたことに、原子炉内部に顕著な損傷はなかった。国際原子力事象評価尺度(INES)の判定は、まったく問題とならないレベル0との結論が出た。

*平成19年11月13日
経済産業省
原 子 力 安 全 ・ 保 安 院
原子力施設のトラブルに対する国際原子力事象評価尺度(INES)の適用について
平成19年11月13日、経済産業省において総合資源エネルギー調査会原子力安全・保安部会INES評価小委員会(委員長:班目春樹 東京大学大学院工学系研究科教授)を開催し、別添のとおり評価を実施した。
評価結果は下記のとおりである。
なお、本小委員会は当省所管の原子力施設で発生したトラブルに対して、専門的・技術的立場から国際原子力事象評価尺度に基づき評価を行うために設けられているものである。

発 生 日 施 設 名 件 名 評価結果

平成19 年 7月 16 日
東京電力
柏崎刈羽原子力発電所
3号機
平成19年新潟県中越沖地震における所内変圧器の火災
評価対象外

平成19 年 7月 16 日
東京電力
柏崎刈羽原子力発電所
6号機
平成19年新潟県中越沖地震における原子炉建屋内非管理区域への放射性物質を含む水の漏えい
0−

平成19 年 7月 24 日
東京電力
柏崎刈羽原子力発電所
6号機
平成19年新潟県中越沖地震における原子炉建屋天井クレーン走行伝動用継手部の破損
評価対象外

平成19 年 7月 25 日
東京電力
柏崎刈羽原子力発電所
平成19年新潟県中越沖地震における原子炉建屋オペレーティングフロアへの溢水
0−

 高度な耐震技術で原子炉の安全が保たれた柏崎刈羽原子力発電所であったが、この発電所に生じた軽微な影響が核となって、いわれのない、風評経済被害が地元に発生した。被災事業者・東京電力からの比類のない、迅速で透明性の極めて高い影響事象の公開があった。しかし原子力安全・保安院からの安全宣言は一言もなく、テレビ・新聞は、変圧器火災や使用済み核燃料貯蔵プールからの水漏れを大きく報じ、日本社会は不安に陥った。

 1999年に起きた東海村臨界事故の風評経済被害に対する教訓は、生かされなかった。同年に施行された原子力災害対策特別措置法(原災法)と、それに基づき設置され、多額の経費を投入してきた現地原子力防災センターは、緊急時に無力であった。

 原災法が規定する異常事態発生時の事業者からの国などへの通報基準は、核エネルギー施設が危険な事故災害となった場合である。そのため、震度6強で原子炉が緊急停止するほどの地震影響を受けても、高度な耐震性能を有する我が国の場合には、公式的には現地原子力防災センターは機能しないことになる。原子力安全・保安院による当該事業所の影響調査は継続するが、第一報としての「安全宣言」が記者発表されないことになる。これが、日本の核エネルギー技術の高度な安全性能と現行の原災法との間に存在する矛盾である。しかも、危機管理を担当する国家機関には、安全な時に、安全宣言をすることの重要性の認識が欠落している。危険な時に、危険であるとは誰もが言える。

 中越沖地震では、保安院は、原災法で定める異常事象の発生がなかったことを、地震の当日、公式に発表しなかった。しかも、地震の発生から数日間以上におよぶ保安院の調査が継続し、その結果、日本社会の不安を持続させた。こうして、風評経済被害が引き起こされたと推察される。

 核エネルギー施設での異常事象や事故発生時には、公的機関から、迅速なリスク評価と情報発信が必要である。周辺住民および国民は、第一報として、安全なのか危険なのかを知りたい。この第一報の情報発信を、オフサイトセンター・原子力防災センターの主要な任務に位置づけるべきと考える。中越沖地震での情報の混乱を教訓とし、国の責任で再発を防止しなければいけない。技術的に高度に安全が保たれている日本の核エネルギー施設であるので、発生する大多数の事象は安全範囲となるのは間違いない。課題は、その安全な範囲の事象に対する「安全宣言」の号令と、その仕方である。その研究と体制作りは急務である。

 放射線防護学研究者談


69. 2011年11月18日 19:50:11: jjSa4L4yxU

 1997年7月オブニンスクの医学放射線研究センター(MRRC)のロシア・ブリャンスク州高放射能汚染地区へのフィールドミッションに参加した。笹川記念保健協力財団のチェルノブイリ医療協力事業の一環である。モスクワから南西90キロメートルに位置するこの都市は、日本では「つくば」に相当する旧ソ連の科学都市である。街の壁には、アインシュタインの有名な式(E=m×cの2乗:質量に光速度の二乗を乗じた値はエネルギーに等しい)が大きく描かれている。なお、1954年に世界初の原子力発電所がこの地に誕生している。

 このミッション参加者の内訳はMRRCからステパネンコ博士、コンドラショー博士、シャフターリン博士ら7名、科学工業ユニオン・タイフーンから事故直後に現地調査をしたスニコフ博士、モスクワの生物物理学研究所からヨウ素129の調査のための土の採取にガブリーリン博士、ブリャンスクダイアゴナスティックセンターからアレクサンドル博士、イズベスチヤ紙の記者チェチェン氏、そして私の総勢12名である。4個のスペクトロメータを搭載したモービルラボを含む3台の車で、7月18日朝9時にオブニンスクを発ち、南西方向に約400キロメートル離れた町クリンシーへ向かった。このミッションは、その前年に原医研に客員教授として招待されていたステパネンコ博士からの提案がその発端だった。彼から、ロシアで最も汚染した村ザボリエの話を聞いた私は、その調査の機会を心待ちにしていた。

 私のねらいはチェルノブイリ事故からのフォールアウトで高レベルに汚染した居住制限地区の被曝線量調査である。

 途中ブリャンスクダイアゴナスティックセンターに立ち寄り、ドロホフ博士から現地の甲状腺がんの疫学的状況の説明を受けた。土壌汚染の少ない地域でも、甲状腺がんの発生が少なくないと言う。その晩クリンシーに到着した。

 ウエートホテルを基地として日帰りの現地調査が翌日からはじまるのだが、私がこれまで経験した、旧ソ連のホテルの中でも最もレベルの低いものであった。9泊の滞在中に、シャワーの湯は二晩しか供給されなかったし、部屋は一度も掃除されなかった。支配人は私たちに挨拶に来てベストを尽くすと言ったにもかかわらず、他のロシア科学者たちも同様な悪印象をもったようだ。

 バザールで魚の燻製(くんせい)、野菜、西瓜、チーズ、豚肉などの食料品を調達した後、11時45分に出発。ザボリエ村の6キロメートル手前、眺めのすばらしいマカリチの丘の上で昼食休憩。毎時0.36マイクロシーベルト。この場所で、前年の厳戒管理区域での調査で校正した検出器を用い、セシウムの地表面汚染密度のその場測定を試みた。

 セシウム137が放射するガンマ線を直径2.5センチメートル、長さ5センチメートルのヨウ化ナトリウムの結晶で検出する。その一秒間当たりの計数と汚染密度との関係を既に求めているので、その計数を測定することから、未知の土地の汚染密度を知ることが可能である。液晶画面を有するスペクトロメータと称するノートサイズの装置にガンマ線のデータを記録し、それを信号ケーブルでつないだノートパソコンへ読み込む。このパソコンで汚染密度が計算できるようにしてある。測定に3分、計算に2分で、結果が出せる。

 その場でのセシウム137放射能の測定結果は平方メートル当たり316キロベクレルだった。この迅速な評価にロシア科学者たちの関心が集まった。今回が、オブニンスクの科学者たちとの最初の合同調査である。

 昼食を終え、いよいよ厳戒管理地区・ザボリエ村へ移動。レンガ造りの旧織物工場の壁からドリルで直径5センチメートルのレンガ試料をくりぬいた。その近くでその場測定した結果は、セシウムの汚染は平方メートル当たり5.1メガベクレル、線量率が時間当たり3.9マイクロシーベルトと確かに高い値だった。

 その廃工場の前の草原で、村のウシャコフさん(40歳)が草刈りをしていた。日に焼けた筋肉質の男性。そこでチェルノブイリという名の、丈50センチメートル程の真っ直ぐに伸びた先に小さな花を見た。群生せず、一本のみが、ひっそりと咲いていた。

 その後、旧養鶏場へ移動した。そこも同様に高濃度に汚染していた。セシウムの汚染は平方メートル当たり6.3メガベクレル。

 ウシャコフさんをマカリチの川辺へ連れていき、車に搭載した機械で体内放射能量を測定した。セシウムの全身量は10万ベクレルだった。この放射能は筋肉組織に分布し、ガンマ線を放射する。彼の場合、これによる年間の内部被曝線量を3ミリシーベルトと推定した。

 小川には近くに放牧された牛たちが水を飲みに来るため、糞が多数あった。それを踏まないように気をつけながら、私たちはパンツ1枚で水浴を楽しんだ。小川での水浴は最高。ロシアのアルブス(西瓜)もうまい。この時、マカリチで入手したウォッカを喉の奥に入れた。クリンシーのホテルの風呂には湯がないので、その後毎日、小川が風呂代わりとなってしまった。風呂好きの私は、毎日、動物の糞を踏まないようにと願った。

 チェルノブイリ事故後、1989年にザボリエなどの村の住民は退去することになったが、そのまま居残った人たちがいる。20時、ウシャコフさんの家を訪れ、家の内外の放射線を測定させてもらった。彼の家の外の線量率は毎時2.9マイクロシーベルトだが、中は外からの放射線が壁で遮蔽されているため約4分の1と低かった。家で12時間、屋外に12時間いるとし、彼の1年間の外部被曝を推定すると、およそ14ミリシーベルトになる。この量は日本と比べると約10倍だ。セシウムに汚染した村に暮らすウシャコフさんは、内部被曝の3ミリシーベルトと合わせて、総被曝線量は年間17ミリシーベルトと推定した。

 家の玄関先の日陰には長椅子が置かれ、彼のお母さんや近所の老人たちが腰掛けた。日本や広島の話をした。「広島では何人が亡くなりなしたか」と聞かれた。「1945年の12月までに市民14万人が死亡したが、今は完全にきれいになり、復興しています」と伝えた。

 前年ベラルーシで苦い思いをしたので、今回はポラロイドカメラ用意していた。この村には、電気、電話はないし、もちろん写真店も存在しない。いっしょの写真を撮り、それを渡すと大層喜ばれた。帰りには、籠いっぱいの新鮮なキノコをもらった。21時40分村を出た、日没。

 ウシャコフさんがこのゾーンで今後50年間暮らした場合、チェルノブイリ事故起因の外部被曝線量を推定すると269ミリシーベルトになる。
体内のセシウム137放射能量から推定される50年間の内部被曝は72ミリシーベルトである。したがって推定総被曝線量は341ミリシーベルト。なお、放射線被曝した歯のエナメル質の電子スピン共鳴測定から、ステパネンコ博士のグループが評価した1986年から1996年の外部被曝線量は180ミリシーベルトであり、1年間当たりでは平均18ミリシーベルトであった。一方、スニコフ博士は事故直後に、ザボリエのある地点で、被曝線量を、1986年から1990年まで住み続けたと仮定した場合で、より大きな値である1000ミリシーベルトを、1990年から2060年まで住み続けた場合で400ミリシーベルトと推定している。しかしこの調査の後、彼は亡くなってしまったので、この違いを今となっては、議論できない。

 これに対し日本で毎年、胃と胸部のX線集団検診(1回4および0.3ミリシーベルトの被曝)を50年間続けると、自然放射線による被曝も含めて290ミリシーベルトの線量になる。一方、ザボリエ村のセシウム137の残留放射能密度の最大値は、1平方メートル当たり6.3メガベクレルだった。したがってセシウム放射能汚染密度が日本の場合の約1000倍以上高いにもかかわらず、被曝線量の今後に関してはザボリエと日本との間には大差はないことになる。

 ホテルでの食事は、科学者チームによる自炊だった。各自1回は調理するとのことで、私も一度皆の希望で日本食を用意することになってしまった。そこでNHKの番組「男の料理」でみたある俳優のキャベツ料理を思い出した。それは、1個丸ごとのキャベツと、豚肉を使った単純なメニューだった。もちろん、この料理は私にとって、これが最初の試みだ。

 幸い韓国製の醤油を、ロシアの友人がバザールで調達してくれていたので助かった。本当は日本酒も必要なのだが、ないので代わりに皆が好きなウォッカを用いた。砂糖に醤油、それにウォッカを混ぜたソースを、鍋の具にかけたとたん、ロシア人たちの目は点になった。今晩の食事をあきらめた顔をしたように見えた。彼らロシア人は決して、ウォッカを料理には用いないと後で聞いた。20分くらい煮込んで、まだかまだかと待たせた後、各自の皿に盛り付け、食事開始。おっかなびっくりの彼らだったが、とたんに皆明るい顔になって「クスナ(美味しい)」と言ってくれた。

 さて、本日ザボリエ村でいただいたキノコは、チーム一の料理人がフライパンで炒めてくれた。せっかくだから、ロシア一の汚染村からのキノコを食べる前に測定することを提案した。スペクトロメータの液晶画面にセシウムの存在を示す大きなピークを見た。1個当たり約1000ベクレルのキノコは好い味だった。「オーチンクスナ(大変美味しい)、トースト(乾杯)」

 翌朝、早速自分の体内放射能量を自ら、ホテル室内で測定した。1インチサイズの検出器は、人体測定用に校正してきていた。これにより、世界のどこでも測定ができるようになっている。今回の自分の体の測定が記念すべき最初の使用だった。その結果、私の体に4キロベクレル(=4000ベクレル)のセシウムが取り込まれたことが判明した。これによる内部被曝の推定は0.04ミリシーベルトである。これが、携帯型測定器による放射能全身測定のはじまりであり、かつ自分自身の体を用いた人体実験のはじまりでもあった。

 翌朝から開始した自らの体内に含まれる放射能セシウム137量の経時変化の測定は帰国後も続いた。その結果は、初期の4日間で半分になり、その後104日で半減するように徐々に排出されていった。現在は検出されないくらいにまで減少している。セシウムは取り込まれた後、全身の筋肉組織に均等に分布し、私の例のように少しずつなくなる。この代謝によって半減する期間を、生物半減期と言う。セシウム137の物理半減期30年に比べると、その生物半減期は成人の場合約100日とかなり短いことがわかる。放射能セシウム137は全身分布とこの短い生物半減期のため、造血器官に近い骨に沈着して生物半減期の長いストロンチウム90やプルトニウムと比べ危険性は相対的に低い。

 今回の10日間の調査が原因の私の被曝線量は内外被曝合わせて、約0.3ミリシーベルトと推定した。この量は日本で実施されている胃のX線集団検診による被曝線量4ミリシーベルトの10分の1以下である。胃の撮影が瞬時の被曝に対し、少しずつ受けた被曝、すなわち低線量率の継続的被曝である。被曝量が同じでも、この低線量率や分割被曝の場合のリスクは低い。

 放射線防護学研究者談


70. 2011年11月18日 19:54:55: jjSa4L4yxU

 世界の核災害の比較

@年月日、A災害の原因、B初期災害、C急性死亡、D二次災害、E公衆の線量(外部被曝)、F甲状腺(内部被曝)、G後障害、の順に表記

広島核爆発災害:@1945.8.6、A空中核爆発16キロトン、米国戦闘、B衝撃波・閃光、電離放射線、C約10万人、即死数万人、D中性子放射化、E生存者:0.1〜4シーベルト、2キロメートル圏内F0.0グレイ、G生存者:5.0万人、白血病死0.18%、固形がん死0.68%(放影研1990)

ビキニ核爆発災害:@1954.3.1、A地表核爆発15メガトン、米国実験、B立ち入り禁止、区域外なし、C0人、D核分裂生成物、2.8×10の7乗エクサベクレル、Eロンゲラップ、1.8シーベルト、風下190キロメートル、F1〜200グレイ、ヨウ素131汚染水・食品の摂取、レベルA〜B、G被災者67人(ロンゲラップ)、甲状腺がん7.4%、白血病死1.5%(Brookhaven NL 1997)

楼蘭核爆発災害:@1964-1997、A核爆発22メガトン、中国実験などB急性死亡、C数十万人、D核分裂生成物、1.6×10の7乗エクサベクレル、Eウイグル、0.1シーベルト〜致死線量、風下1000キロメートル、F〜100グレイ、レベルA〜C、G白血病、肺がん、悪性リンパ腫、甲状腺がん

チェルノブイリ黒鉛炉災害:@1986.4.26、A化学反応水蒸気・水素、ソ連発電中の試験事故、B黒鉛火災・電離放射線、C30人、D核分裂生成物、2エクサベクレル、E30キロメートル圏内避難者、最大750ミリシーベルト、F最大50グレイ、平均1グレイ、ベラルーシ、ヨウ素131汚染牛乳の摂取、レベルB〜A、G被災者720万人、甲状腺がん0.067%(4837人)、甲状腺がん死2.1ppm(15人)、(WHO 2002)

福島軽水炉災害:@2011.3.11、A津波による炉心冷却機能喪失、B水素爆発、C0人、D顕著な線量はない、レベルC未満、E20キロメートル圏内緊急避難者レベルE〜D、30キロメートル圏内屋内退避レベルD〜D+、F平均5ミリグレイ(浪江町40人)、レベルE〜F、G避難者6万人、甲状腺がん予測0人(放射線防護学研究者評価)

 線量6段階区分
危険:A〜Cの単位(シーベルト):ウイグル、広島・長崎、チェルノブイリ
A:4以上・B:1〜3・C:0.1〜0.9
安全:D〜Fの単位(ミリシーベルト):福島、東海村、スリーマイル島
D:2〜10・E:0.02〜1・F:0.01以下

 福島第一原子力発電所正門前で、4月10日午後2時に計測しました。私は防護衣、防護マスク、メガネ等は装着せず、普通の恰好でした。ここではガンマ線線量率、毎時35マイクロシ−ベルト、1日線量0.84ミリシーベルトでした。ということは、胸部X線撮影8枚分くらいです。1日中この場所にいた場合です。24時間もここに立つ人はいないと思いますが、24時間立ち続けるならばX線撮影8枚分ということになります。

 いきなりここに立ったわけではなくて、福島市から車で少しずつ接近していって、20キロメートル圏内の調査も含め、いろいろな調査を終え最終的に、もちろん安全を確認しながら接近接近していったわけです。

 さてこの値は、チェルノブイリがよく引き合いに出て、ニュースにも「チェルノブイリと同じレベルの災害レベル7である」と出ているわけですが、このデータを見るかぎり核放射線レベルとしては全く低いレベルで、チェルノブイリ4号炉の緊急時に比べ、線量的には2000分の1ということになります。

 この推定は当時の放射線防護上の、いくつかのデータから見積もっています。チェルノブイリの勤務医、ベクロン医師が負傷した人たちを救急的に対処していて、急性放射線障害になっています。チェルノブイリの敷地内で急性放射線障害を起こす線量というのは、シーベルトでいきますと1〜3シーベルトです。この医師は死亡しておりません。仮に2シーベルトとしますと私の線量の2000倍以上ということで、チェルノブイリと比較すると福島第一原子力発電所正門あたりの線量は2000分の1以下ということになるわけです。

 チェルノブイリ事故のときは急性放射線障害での死亡者はおよそ30人います。今回の地震はマグニチュード9.0、それに続く巨大津波で発電所が大きな影響を受けたわけですが、このときに急性放射線障害で死亡した運転員は1人もいないということです。したがって、線量的に高いものがなかったということは、そこでも見えています。

 浪江町などで4月9日に線量を調査しました。この浪江町のガンマ線線量率は毎時17マイクロシーベルト。私が仮にここで1日調査をして、24時間いることはまずないですが、24時間いたとしたら0.41ミリシーベルトということになります。

 20キロメートル圏内の避難区域をチェルノブイリと比較するとどうなるか。チェルノブイリの事故は1986年4月26日に発生し、緊急避難区域30キロメートルの線量というのはわかっていて、避難するまでの数日間に最大750ミリシーベルトと測定されています。すなわち1日およそ100ミリシーベルトを受けたのがチェルノブイリ事故なのです。この浪江町の避難区域は1ミリシーベルトにも満たない。30キロ圏内とか20キロ圏内といっても、チェルノブイリの線量とこの福島の線量では全然桁が違うのです。「事故レベルが7でチェルノブイリと同じである」という発表をしていますが、こういった線量のリスクから考えると桁が2桁ないし3桁低いのが事実です。本当にこの20キロ圏内から避難しなくてはいけなかったのかどうか、簡単には判断できません。チェルノブイリと同じ基準にはなっていないということはまず言えます。

 甲状腺の線量検査ですが、調査員の私たちも含めて89人検査しました。例えば放射性ヨウ素131を体内に入れると甲状腺に蓄積するので、甲状腺に線量率計を持っていくと顕著に放射線が検出されます。その線量率から甲状腺にたまっている放射性ヨウ素131の放射能の量を評価することが可能です。私は10年前に内部被曝線量その場評価法で甲状腺のヨウ素を評価する方法を研究していました。その方法を使って今回、福島県の人たちを測定したわけです。

 甲状腺に蓄積した放射能は3キロベクレルというのが最大値です。ということで、暫定ですが、甲状腺線量が7.8ミリグレイと推定されました。これに対しチェルノブイリの被災者の最大値は50グレイ(=50,000ミリグレイ)です。私たちが今測っているのはミリですから6000分の1になるわけです。福島県のほとんどの人たちはもっと低いということで、甲状腺がんの発生のリスクはないと判断できます。チェルノブイリではどうであったか。甲状腺の線量が最大で50グレイ(=50,000ミリグレイ)、ある地域の平均が3グレイ(=3,000ミリグレイ)で4000人以上の子供に甲状腺がんが発生しています。線量の違いから、福島県の場合は、甲状腺がんは発生しないという予測になります。

 「チェルノブイリ原発事故と同じレベル7」は、だいぶ現実と乖離していると言わざるを得ない。どういう専門的な評価でこうなったのか、これから確認していかないといけないと思いますが、一部の原子力安全・保安院等の見当だとしたらまずいのではないか。国内の専門家が発電所のなかに入っていないというのが問題だといろいろなところで言われています。災害対策本部も科学的な専門家の体制はいかがなものか、非常に疑問に思っています。

 ヨウ素の場合は半減期が8日。ですから8日ということは80日後には減衰によって放射能が1000分の1に低下します。福島で一番汚染した牛乳の放射性ヨウ素のレベルが5000ベクレルだったと思いますが、そうすると80日後にはキログラムあたり5ベクレルになります。5000ベクレルだからといって病気になるレベルでは全くないのですが、気持ちの問題です。その牛乳はバターのように固形化して保存すれば80日後には食べられる。キログラム5ベクレルになっても食べられるんです。

 セシウムの場合は減衰しないと思います。半減期が30年ですから、ひと月たっても1年たっても減らないと思います。では実際、中国の核実験とか1986年のチェルノブイリの事故ではどうであったか。あの時も日本に降ってきたセシウムの量がポンと上がるのですが、大体翌年から翌々年にはかなりなくなってしまいます。環境半減期というのもありますが、環境的に減っていくというのもある。あとは人体に入ったときは物理半減期ではなく、生物半減期といいます。薬を飲んでも体の外に出ていく、そのファクターがあって、セシウム137の生物半減期は100日です。ですから、仮に1万ベクレル体に入っても、100日後には5000ベクレルに減っているということです。

 私は実際に自分の体を使って実験したことがあります。チェルノブイリで一番汚染されたキノコを食べました。食べた後、自分の体を測ったら4000ベクレルあり、毎日毎日、自分で測りました。そうすると、全く教科書どおりに100日で半減しました。

 ということで、物理半減期イコール人体影響の半減期ではないということと、もう一つ、これは世界各地で環境中の放射能の減衰を調べますと、セシウムといってもいくつかの地域を調べると7年ぐらいの環境半減期があります。ですから、環境がいったん汚染しても、実験室の試験管中のセシウムであったら30年ですが、環境中ですと雨で流れるファクター、風で吹き飛ばされるファクター、あるいは食物で吸い上げられて消費されてなくなるというファクターもあるということで、必ずしも物理半減期30年そのものではないんだと、このように思ってください。

 放射線防護学研究者談


72. 2011年11月18日 20:32:12: qKhTV0mxvA
52の方へ
内部被曝量は公式で計算すれば簡単

成人、年間830.5kg食べるとして、汚染状態はセシウム134と137夫々10Bq/kg
当然ストロンチウムやプルトニウムもありますが度外視します。

830.5kg/年 X [10Bq/kg X (1.3E-8 SV/Bq Cs-137+1.9E-8 SV/Bq Cs134)]
  
=830.5kg/年 X 10Bq/kg X 1.3+1.9/100,000,000 SV/Bq

=26,576/100,000,000 SV

=0.000265 SV

=0.265 msv

17都府県の放射能計測下限値は(福島県の200Bqは別物としても)
皆セシウム137が20Bq/kg。セシウム134が20Bq。
 そんなに安全ならば・・・都府県検査の下限値なんて必要ないじゃん。
地表から高さ1mで0.5uSv/hならば、その地表から深さ5cmの土は約1,000Bq/kg
(放射性セシウム134と137)
なんか、おかしくない????


73. 2011年11月18日 20:56:45: uq3taIifGo

セシウム-137
10,000ベクレルを経口摂取した時の実効線量は0.13ミリシーベルトになる。また、1mの距離に100万ベクレルの小線源があると、ガンマ線によって1日に0.0019ミリシ−ベルトの外部被曝を受ける。

ストロンチウム-90
ベータ線を放出する放射能としては健康影響が大きい。10,000ベクレルのストロンチウム-90を経口摂取した時の実効線量は0.28ミリシーベルトになり、10,000ベクレルのストロンチウム-89を経口摂取した時は0.026ミリシーベルトになる。二つの場合で線量が約10倍違うが、その原因はベータ線エネルギーと半減期の差による。
外部被曝が大きくなる恐れがある。皮膚表面の1cm2に100万ベクレルが付着した時には、その近くで1日に100ミリシーベルト以上の被曝を受けると推定される。

プルトニウム-239
アルファ線による内部被曝が問題になる。10,000ベクレルの不溶性酸化物を吸入した時の実効線量は83ミリシーベルト、経口摂取した時は0.090ミリシーベルトになる。その差は大きいが、原因の一つは経口摂取した時は体内に吸収されにくく、吸入した時は肺などに長く留まることにある。

セシウムの影響は軽微で、ストロンチウムやプルトニウムも現実に人体に影響が出るほどの状況になることは、まずない。


75. 2011年11月19日 01:26:43: qKhTV0mxvA
74さんへ

単なる仮定の問題ですよ。簡単な仮定を決めないと公式に代入出来ませんので
しかし、73さんには驚いてしまいました。
こういう計算式もありましたね。

10,000Bq/kg X 1.3/100,000,000 SV/Bq

=13,000/100,000,000

=0.00013 SV

=0.13 mSv

つまり、10,000/365日=27.39 Bq/kg 3食で割ると9.13Bq/kg
健康な身体を持つ方ならこれでも大丈夫なんでしょうけど?・・・・
老人、子供、持病のある方にとっては許容量は低くなると思います。

ところで、癌だの白血病と騒ぐ前に身体に異変があるのではないでしょうか・??
段階を経たおとで最終の癌や白血病があらわれる。
そう考えていますが・・・74さんどう思いますか。


76. 2011年11月19日 03:59:16: x2VY5xYLGo

核種、物理半減期、生物半減期、集積部位、1ミリシーベルトの被曝となる体内放射能、主な影響は次の通りである。

Cs-137、30年、100日、筋肉・全身、7万7000ベクレル、白血病・不妊
Sr-90、29年、骨・歯、3万6000ベクレル、骨腫瘍・白血病
I-131、8日、80日、甲状腺、4万5000ベクレル、甲状腺ガン・甲状腺機能低下
Pu-239、2万4000年、100年(骨)・40年(肝臓)、骨・肝臓・肺、4000ベクレル、骨腫瘍・肝臓ガン・白血病・肺ガン

国際放射線防護委員会の経口摂取に対する実効線量係数(㏜/㏃)より求めた値。物質の性状としては、速い吸収速度(セシウム、ストロンチウム、ヨウ素)ないし中位の吸収速度(プルトニウム)としている。この被曝は、これらの放射性物質を体内に摂取してから、その後50年間の線量である。ただし、セシウムやヨウ素の被曝はそれらの生物半減期や物理半減期が短いので、体内摂取後、比較的速やかに、体内から消失する。

内部被曝とは、体内に取り込まれた核種から放射線を照射される被曝の形態。
例えば放射性ヨウ素は甲状腺に蓄積し、その組織が集中的に被曝するので危険。
一方、セシウムは全身の筋肉に蓄積する。
人体へのリスクは放射性ヨウ素のほうが高い。
人体内に通常、およそ1万ベクレルの放射性カリウムや放射性炭素などがある。
健康影響のリスクは、概して100万ベクレル程度以上が体内に入り込んだ場合である。

体内へ放射性物質を取り込み、それにより被曝することを内部被曝という。その経路は汚染した食物、飲料水の摂取、放射性の粉塵・ガスの呼吸、皮膚からの取り込みである。放射性物質の体内の集積部位は元素ごとに異なる。例えば、セシウムは全身の筋肉組織、ストロンチウムは骨や歯、ヨウ素は甲状腺、そしてプルトニウムは肝臓、骨、肺に沈着する。

体内に残留する期間は生物代謝によって決まる。代謝により、体内量が半減する期間を生物半減期と呼び、元素の種類ばかりでなく、その人物の年齢によっても異なる。多少の個人差がある。

体外からの人体照射と同様に、体内に取り込まれた核種による人体照射においても、線量の理解が重要である。少しでも体内からの被曝のほうが、より危険であるとの認識は誤りである。

内部被曝線量は、摂取された核種が体内から消えていくので、外部被曝線量とは異なる評価となる。線量評価期間は50年(成人以外は70歳まで)として、管理上は、最初の単年度の線量として扱う。これを預託線量という。

体内に取り込まれた物質は、代謝により体外へ排出される。この代謝による人体の半減期を、物理半減期と区別して、生物半減期という。したがって、体内の放射性核種の減衰は、物理および生物的な減衰の両方で生じるのである。その全体としての半減期を実効半減期といい、次の式で表される。

 (1/実効半減期)=(1/物理半減期)+(1/生物半減期)
  実効半減期=(物理半減期×生物半減期)/(物理半減期+生物半減期)

セシウムの生物半減期は、成人男子で、およそ100日である。物理半減期は30年なので、生物半減期に比べて非常に長く、実効半減期は、100日と計算される。

 (1/実効半減期)=(1/30×365)+(1/30)=1/100
  実効半減期=100日


77. 2011年11月19日 04:38:28: EhS7zZ1ApA
>体外からの人体照射と同様に、体内に取り込まれた核種による人体照射においても、線量の理解が重要である。少しでも体内からの被曝のほうが、より危険であるとの認識は誤りである。

ひとつ質問です。放射線量については線源からの距離の二乗に反比例すると説明を受けましたが、体内に入るとそのことは無視してもよいのでしょうか。


78. 2011年11月19日 04:42:36: EhS7zZ1ApA
74さんはこの議論に首を突っ込む資格がおありなんでしょうか。
わからないときは質問のみが有効ではないですか。
あと、わからないのになぜ「〜派」と名乗れるのですか。
遊んでいるのですか。

81. 浅見真規 2011年11月19日 11:26:49: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
>>52 >>72 >>74 >>79

>>52氏が紹介した京大防災研究所の石川裕彦教授(環境災害)らによる研究に関する私の疑念を別スレにしました。

[ 石川裕彦・京大防災研教授の食品内部被曝年間0.003ミリシーベルトの疑問点 ]
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/542.html?c1#c1


82. 浅見真規 2011年11月19日 11:29:31: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
>>79
>「放射能のタブー」を読めば、山下先生の言っていることが正しいことがわかりますよ。


副島の本を宣伝するなよボケ。
副島に山下教授の主張が正しいと判定する能力があると思うのか?


83. 2011年11月19日 11:44:17: FjXTWOf1Ko
チェルノの特集でよく危険地帯に暮らす人を撮影している。この人たちはいったん集団避難したがやはり故郷が懐かしく戻った人たちである。だが決して複数の人が登場しない。というのは集団で帰ったがかなりの人々が早死にしているからである。当然若者はいない。今回の放射能安全経を唱える人がいるがうそとわかって書いてるところに問題がある。以前から登場してる放射線防護学研究者談は色々な非難が阿修羅からあって改訂されてる箇所がある。これが可能なのは書いてる人が札幌医科大学の本人であるからだろう。また放射線治療でもガンは修復遺伝子を持ってないと書いてた?初耳だがふつうは胎児級の増幅をするがん細胞は放射線に対して胎児と同等の感受性があり通常細胞との破壊の差を利用してるんだが。高汚染地帯(福島)で暮らし続けるには苦死が大きなリスクとして付く覚悟があればそれでいい。いずれ生物が死ぬから安全経を読んで来る時のためのリスクを忘れるのも良いだろう。願わくば苦労する可能性が高い子孫作りはあきらめてくれ。一代でDNA変異は終わらせろ。淘汰から言うと子孫を残したくても残せないだろう。あと体内半減期とか言ってるがまず環境下の放射能濃度と同じでそれ以下には決して下がらない。チェルノの低汚染地帯では生物濃縮が問題だった。土壌に1000ベクレルセシウムだか牧草にその5倍含まれそれを食べた家畜がさらに濃縮してさらに人で濃縮、これがおそらく循環して自然界全体でセシウムの半減期で減衰する。100年後の福島は今のセシウムが十分の一になるが、生命は耐えられるか?

84. 浅見真規 2011年11月19日 12:41:04: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
>>83
>以前から登場してる放射線防護学研究者談は色々な非難が阿修羅からあって
>改訂されてる箇所がある。
>これが可能なのは書いてる人が札幌医科大学の本人であるからだろう。


ふーん、そういうズルをしてたんですね。


85. 浅見真規 2011年11月19日 14:20:27: AiP1TYI88G3dI : OKC68Shlks
[ 匿名の「放射線防護学研究者談」コメントの即時駆除要請 ](管理板)
http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/389.html

88. 2011年11月19日 18:04:16: kZH4PUBT6k
原発事故にも放射能にも無力で無能な役立たずの科学
いいわけとごまかしとうそをまきちらす

89. 2011年11月19日 18:42:31: wtN47kOIUY
WFUgPaWZMk さん

こんばんわ!

自身満々でっす!

さあて・・・。


90. 2011年11月19日 19:40:46: FjXTWOf1Ko
87
ぜんぜん高度ではない。安全教の宗派の安全経だ。シーベルトはわかり難い。ベクレルでこい!人のDNAは9割ははっきりとした働きがわかってない。体内に10000ベクレルのセシウムを恒常的に取り込んだ場合に1秒間に10000回DNAを壊す。人生の寿命から言えば永久に続く。だが未知のDNA領域が変異した場合でも見た目には大丈夫でも予期しない条件、たとえばある微生物に感染したとき通常の人は抗体ができなんでもないがこの抗体にたまたま関与してて作れず大きな病気になる。また白血病、ガンになった人はすでに他のDNAもかなり損傷してると考えられ寿命は長くない。だれも言わないが放射線の被害で一番問題は女性の卵巣だ。これは2重螺旋DNAではないので放射能にはかなり弱い。卵巣はあかちゃんの時にもうすでに作られ新たに作ることはできない。累積被曝により変異が蓄積される。ここが一番の問題。レントゲンをとるときもこの部位は気を使ってるでしょう。東京はkgあたり一万ベクレル、食品を1kg食べると毎日1万ベクレル食ってることになる。また放射能はいずれたんぱく質等の食品構成物質に変わると生命は積極的に取り込みを始める。無機の放射能より形を変えた化合物は吸収もアクテブになる。極端に言うとある特定の細胞に集中して集まり被曝させる。1個の細胞に日本の研究者でも保管が許されない危険なセシウムの高エエルギーガンマー線が1個の細胞に1秒間に1万発打ち込まれるわけだ。ヨーソの甲状腺はヨーソ自体が生命に必要で重要なものであるから同じことになる。チェルノでは言われてることが本当なら事故以降1っ月が勝負だった。発病は最大では10年。日本ではもう1年近くなるが終息してない。がすでにDNAレベルではガン変異になってるわけだ。広大、でチェルノの臓器を提供してもらってるのでミラ−リング(DNAをくらべる)すれば福島の子供の危機はわかる。最先端のDNAシークエンサーは数日で人全DNAがわかる。おそらく日本のバイオトップの科学者しか持ってないだろうがこれを行って初めて安全だと宣言してほしい。政府はバイオ、生化学のエキスパートを準備して早くやるべき。10年も発病を待つ馬鹿は御用学者、なんとか防護学だけでたくさんだ。理化学研究所が持ってるかな?。無駄の仕分けになる前にこの仕事をしてくれ。

92. 2011年11月19日 23:44:18: N4ysGmxBeU
37.39.52.66.68.69.70.73.74.86.87さん

TPPは別スレでもいいでないかい?自分も前はこればっかり訴えていたけど・・・とあなたが書いてくれて安心しました。
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/254.html
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/362.html
でもめちゃくちゃな論理展開と信用性の低い大量のコピペばかりで
いつも矛盾を指摘されたり、質問されたりすると逃げ続けていたので、
討論のポイントについて
ちゃんとコメントしていただけそうなのは、あなたの成長だと思います。
原発・放射性物質と安全性というテーマで討論してくださいね。
矛盾だらけにならないように気をつけて頑張ってください。

皆様、この方と討論しても何にもならないですよ。
論理じゃないとか書き込むたわごとの専門家ですから。
都合のいい情報をただただ貼ってくるだけです。
この方の逆のことは同じ手法で馬鹿でもできますから。

ダイヤとハートだけ見れば、トランプは赤い。
スペードとクラブだけ見ればトランプは黒い。
ただ、それだけの内容です。

この人にはよそで私が質問したことに答えてから
ここに書き込んでほしいな。
それから、どうして東電が被害者に補償金をしっかり払え、早くしろという内容に賛成も反対もせずスルーなのかそろそろここで答えたら?
東電のバイトって言われるよ。

安心弁当


93. 2011年11月20日 00:50:17: zRatPQCRFg
72,75です。

皆さんありがとうございました。
浅見さんありがとう、よく理解できました。
 早川先生の米マップも公表されましたし。
でも、皆さん身体に異変が現れていませんか。
私はあるんですよ。
だから真剣です。
 次は早川先生の投稿らんで。


94. 2011年11月20日 01:20:45: N4ysGmxBeU
東電の補償問題はどこでもいつでもスルー。
やっぱり工作員なのかな?

安心弁当


95. 2011年11月20日 06:18:48: lr5OHXGmhA
>90様

>だれも言わないが放射線の被害で一番問題は女性の卵巣だ。これは2重螺旋DNAではないので放射能にはかなり弱い。

これについて、2時間ほどグーグル検索で調べましたが、確認できません。(と、いうよりはわからないというのが本当です。)

DNAには,確かに2重らせんではない形態の分子や分子の一部分が存在する。
http://nsato4.c.u-tokyo.ac.jp/old/Trivia/trivia2_7.html

この酵素はヒトでは通常の体細胞には見られず、生殖細胞で発現している。ただし体細胞でも、細胞分裂を繰り返して娘細胞を供給する幹細胞では若干の活性がみられる。卵巣や精巣などの生殖細胞では恒常的に発現している。生殖細胞は生物個体を越えて連綿と引き継がれていくものであり、ある意味では不死細胞ということができ、この性質にテロメラーゼが関わっている。またガン細胞でも大量に存在しており、ガン細胞の不死化の原因の一つと考えられている。
〜ウィキベディア テロメア〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AD%E3%83%A1%E3%82%A2


もし、ご覧いただいているようでしたら、わかりやすい資料などをご教示いただけるとありがたいのですが、よろしくお願いします。


97. 2011年11月20日 10:01:01: N4ysGmxBeU
おお、はじめてまともに返ってきた。
成長してますね。えらいえらい。
でも、保証金ではなく補償金だと思いますよ。

東電にも政府にも補償金が払えないほどの大事故だとやっとわかってくれましたね。そんな危険なものを作ってきたわけです。安全だとだまし続けてね。
専門家で危険だと教えてくれたのはごく少数でした。
メディアもそうです。安全・クリーンとばかりキャンペーンしてました。
だから、そちらの意見ばかりつなげて大丈夫なんだ・原発推進というのは、
愚かな行為です。そんなのを信じるのは馬鹿だよね。

除染利権を生んではいけないというのは私も同意見です。
やっても無駄ですからね。
だいたいまだ毎日垂れ流しですし。
除染した後にも降ってくるんです。
結局逃げるほうが安いというのはチェルノブイリで明らかです。
除染をあきらめて封鎖されてますもんね。

そのまま住めないから問題になっているんです。
悲しいけど、できるだけ高額のお金をもらって
人生を再出発させるしかないんですよ。
それを払いきれない、破たんするからって
そのまま住めることにしないでください。
情報操作を真に受けて、危険かもしれないところに住まわせ続けるなんて、
それこそ、被害者の皆様がかわいそうです。

次の質問です。
これだけのリスクがあるのに原発を推進したほうがよろしいでしょうか。
もうやめたほうがいいでしょうか。

あなたもわかってきたとおり、原発は被害者に補償金も払えないぐらいリスキーで高額の電気だということです。まだ、安全だとうそをついて続けたいという方もいらっしゃいます。そのほうがもうかるからね。山下教祖もその一員。早く洗脳がとけるといいですね。


安心弁当


98. 2011年11月20日 11:30:34: 3CYVeKWHaA
言葉による隠蔽も実に怖い。

「除染」
核汚染物質を単に移動しただけなのに、さも害が消えたかのような印象を与える。子供を持つママも「除染」で安心してはいけない。危険を他に預けただけなのを自覚すべき。水に流した汚染は下水から浄水場、焼却所へ溜まる。悪魔の悪循環が始まる?汚染物質は単に日本列島や地球上のどこかに移動しただけ。海洋垂れ流しもだ。ハワイ沖には海洋投棄のゴミのたまり場存在するのだから。やがて、各地でどこに移動したか分からなくなるだろう。自宅に積んで保管した汚染土なども引っ越したりすればやがて。

汚染ヘドロを建築資材に混ぜ込んだら、これからは家買うのにもガイガーカウンターが必要か。国民一家に一台線量計配布。本当に国民のことが心配なら、その計測計で全国民参加で計測して日本全土汚染メッシュ調査するべきだろう。飛行機から計測し、安易にこれでいいノダじゃあ小学生レベルでしょ。しかも新聞やテレビももったいなくて、買えない、見れない情報弱者はそんなセシウム沈着地図なんか公共から配ってもらえない。慎ましく生活し、税金も払っているのに。地価が下がるなんて心配してるあなた方は国民の血税を使う資格はない。心配し隠蔽したのが今回の原発事故の結果なのだから。

「移染」と呼べば原発事故の罪の深さもはっきりするのだ。

汚染物質は一カ所ないし数カ所に地下深く埋めて、日本の恥として東電は罪をモニュメントを刻み、原発事故に際し国民のことを考え身を挺した従業員らの名を刻み数百年後の日本人に知らしめよ!


100. 2011年11月20日 20:08:33: N4ysGmxBeU
会話ができないではないか。ニートにしても、だめな方だ。

ごめん。褒めてあげたのは間違いでした。
やっぱりバカだわ。
また違う話だ。
ダメなやつはやっぱりダメなやつ。
自分で危険か安全かわからないと言っていた
過去を忘れている。

どこから何を引用しようと
馬鹿は馬鹿。
自分の言ったことすらわからないんですね。
おかわいそうに。
早く診察してもらったほうがいいですよ。

安心弁当


102. 2011年11月21日 21:51:41: QmOP84K6wU
安心弁当さん、

101さんのように「ついてこれない、ついてこい」という言い方する人は
自分の土俵でないと話ができない人なので、わかりあうのはむずかしいタイプの
おじさんです。

昔なら、ちゃぶ台ひっくり返す、おじさんだっただろうと思います。


103. 2011年11月22日 01:12:39: CGaB34XTl
>97. 2011年11月20日 10:01:01: N4ysGmxBeU さん
全部賛同です。

今日は小沢一郎氏と田原総一郎氏の対談のyoutubeを見ました。
長かったですが、とても良い話でした。
特に原発の話のところで、小沢氏は福島第一原発の放射能は何十兆円掛けようとも封じ込めなければならないと言っていました。
又「出来ると思いますよ、ただ莫大な費用がかかります、しかし何十兆円かかろうともこれをしなければ、日本の将来は無い」と言っていました。

除染除染と言っている人がいますが除染は何の解決にもならないと思います。

臭い物は元から絶たなきゃダ・メ!

いくら除染しても、本元からドンドン放射能がただ漏れですから何十兆円掛けて除染しても無駄。
その金は原発の放射能を止めるのに使うべきではないでしょうか?

東電のみならず電力会社は今まで国民に安全だと嘘を付いてここまで原発を増やしてきた罪があります。
もちろん原発被害者救済には電力会社は全て同罪です。
まぁ発電部門だけは残して、他の資産は全て、売却し被害者補償に当てるべきです。
送電線は国が買い取りその金も被害者補償に当てるべきです。
更に歴代の電力会社の幹部は全財産を処分しても被害者補償に当てるべきと思います。
被害者は何代にも渡る努力の全て、蓄えてきた財産の全てを東電の為に失ったのですから。

加害者が裕福に優雅に暮らすなど許される事ではありません。


104. 2011年11月22日 19:18:02: N4ysGmxBeU
要するに自分がどう考えているのかを書けばいいのに、
引用ばかり。
シンプルに答えられないからごまかす返答になるのさ。

木の葉を隠すには森の中。
馬鹿を隠すには大量の引用の中。
自分で考えて書いた文章がいつも矛盾だらけで
めちゃくちゃだからこんな手法をとるしかないんだね。
かわいそうに。

私はもちろんバカですよ。
あなたなんかに付き合って返答していますからね。

ダメなやつはダメなやつなりに幸せになる権利があるから、
診察をすすめているんだよ。

いやだろうけど、がんばって認めな。
そこから出発しなおさないと一生バカなままだぞ。

もうあまりに痛々しいから
直接やりあわないようにしてあげるよ。

ニコニコ笑顔であいましょう。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
 重複コメントは全部削除と投稿禁止設定  ずるいアクセスアップ手法は全削除と投稿禁止設定 削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告」をお願いします。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素18掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧