★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61 > 823.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
近代資本主義を作ったのは、プロテスタンティズムではなくて、実はユダヤ商人たちだった/副島隆彦
http://www.asyura2.com/12/bd61/msg/823.html
投稿者 仁王像 日時 2015 年 12 月 31 日 11:26:31: jdZgmZ21Prm8E
 


≪序 ユダヤ人だけが、なぜ金儲けが上手いのか≫/副島隆彦
ユダヤ教だけが金儲けを肯定している。だからユダヤ教(=ユダヤ思想)を信奉するユダヤ人たちが、世界中でお金持ちになっているのである。…仏教も、神道も、儒教も金儲けを嫌う。キリスト教もお金儲けが嫌いなのである。イスラム教も、ものすごくお金儲けが嫌いな宗教である。だからユダヤ教と激しく争う。イスラム教の「シャリーア(行動規範)」は、金利を禁じる代わりに、他の人々を助ける行為としての貸し金があり、それへのお礼としての返済があると考える。
 ユダヤ教においては、ユダヤ教徒あるいはユダヤ人ではない人たちのことを「ゴイ(異教徒)」と呼んで、ゴイからは金利を取ってもいいし、金貸し業の対象にしてもいいと古来から決めてある。

≪マックス・ヴェバーを祭壇から引きずり降ろす≫
 近代資本主義(=市場経済)を作ったのは、プロテスタンティズムではなくて、実はユダヤ商人たちだったのだ。この一行の真実を明らかにするために、…優れた論文をここに集めた。きっかけとなったのは『マックス・ヴェーバーの犯罪』という衝撃的な本を書いた羽入辰郎・青森県立保険大学教授の業績である。
 このきわめて学術的な本で、羽入教授は、マックス・ヴェーバーという、20世紀最大の社会科学者と今でも世界中で認められている大学者の学問犯罪を証拠付で詳しく証明した。私たちは、この羽入教授の著書に大いに啓発されて、「近代資本主義(エトス)をつくったのはプロテスタンティズムではなくて、本当はまさしくユダヤ大商人たちそのものだった」という新しい大理論を本書で提起している。
 泰斗マックス・ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』という「偉大な書」が、実は大変な無根拠の書であり、学問犯罪とも呼べるほどのものであったことが明らかにされる。
 本当の本当は、古代資本主義を作った賎民資本主義だけでなく、私たちの現在をも形成している近代資本主義そのものもまた、ユダヤ商人たちが作ったものであったのだ。

≪近代資本主義の精神をつくったのはプロテスタントではない〜羽入論文をめぐって≫伊藤睦月
 近代資本主義の精神は、プロテスタンティズムがつくったというマックス・ヴェーバーの説は、揺るぎない定説として、これまで日本の学界でも疑義を差し挟むことすら許されてこなかった。ところが、近年この聖域に敢然と異議を唱える日本人学者が現れ、各界に波紋を広げている。
 「マックス・ヴェーバーは詐欺師である」。こう断言する研究者(告発者)が現れた。名前は羽入辰郎。この衝撃的な内容を持つ論文集は、『マックス・ヴェーバーの犯罪−「倫理」論文における資料操作の詐術と「知的誠実性」の崩壊−』(‘02.9月、ミネルヴァ書房)である。
 羽入氏はまず、論文をドイツ語で作成してドイツの学術雑誌に発表し、そこから逆輸入する形で日本の学会誌に発表している。事実は、5年間店ざらしされ、…その後東大の紀要に掲載を許され、1999年に学会賞を授与された。かれの論文は、ドイツの学者たちに深刻な影響を与えているらしく、ドイツ学会の重鎮ヴィルヘルム・ヘニスをしてこう言わしめた。「貴方はわれわれをどこへ連れて行こうと言うのか」と。
 だが、羽入氏は、ヴェーバーの論証に至る学問的手続きを問題にしているのであって、ヴェーバーの「仮説そのものが妥当でない」と言っているわけではない、この点について誤解のないよう念押ししている。…では、誰が近代資本主義をつくったのか。

≪「近代資本主義・ユダヤ人起源説」をいちはやく見抜いたのは誰か≫
 近代資本主義をつくったのがプロテスタントではないとするならば、一体誰がつくったのか。それはユダヤ人に他ならないと唱える説が、実は100年前、マックス・ヴェーバーと同時代にすでに存在していた。その学者の名は、ヴェルナー・ゾンバルト。だが、彼の説は長い間顧みられることがなかった。それは、なぜか。

≪大著『ユダヤ人と経済生活』≫
 ゾンバルトの大著『ユダヤ人と経済生活』は、三部に分かれている。
〔第一部 近代国民経済形成へのユダヤ人の関与〕では、ユダヤ人と近代資本主義の関係について、両者がきわめて深い関係にあったことを、豊富な資料を用いて論じている。
〔第二部 ユダヤ人の資本主義への適正〕においては、ユダヤ人が資本主義にいかに適合しているかを、とりわけ宗教生活との関連において詳しく述べている。
〔第三部 ユダヤ的本質の誕生〕では、いかにしてユダヤ人固有の性質が発生したかを解く、いわばユダヤ人論を展開している。
ユダヤ人たちこそ、金融制度の担い手にして形成者
 「金の貸付から、資本主義が生まれた」とゾンバルトは語る。

≪「ピューリタニズムはユダヤ教である≫
 ピューリタニズムはユダヤ教である、この洞察からゾンバルトの研究がスタートした。…ユダヤ教は現在に至るまで存続しているのだから、…パラドックスを弄さなくても、直接資本主義の精神に結び付けてもなんら不都合はない。事実そうだったのではないか。ゾンバルトの言う「ピューリタニズムはユダヤ教である」というテーゼは、まさにそのことを論証しようとしたものである。

≪ユダヤ人は近代資本主義の触媒である(ゾンバルト)≫
 「触媒」という比喩は、非常に優れたものだと思う。…ユダヤ人は当初から資本主義への適正を備え、古代から経済活動を続けてきた。そういうユダヤ人たちとキリスト教徒の商人たちの経済活動に他の要因(戦争、奢侈など)が加わって、制度としての近代資本主義が形成されてきたのだ。なぜ、「ユダヤ人起源説」は葬られたのか
・ナチスに利用された(からだ)とする説。
・ユダヤ人の側から浴びせられた激しい非難
・ゾンバルト説は、「反ユダヤ主義」のレッテルを貼られる
 ユダヤ人たちにしてみれば、ゾンバルトは、こともあろうに「ユダヤ人が近代資本主義をつくった」と論証し、しかも経済生活における彼らの手の内を暴露してしまったのだ。しかもゾンバルトは、あくまでも学問的に事実に即して、「客観的」に「価値中立的」に解明して見せたのだ。これは学問的評価を別として政治的配慮から見て、非常に困るのである。ナチスを始め反ユダヤ主義者たちが利用したのは十分頷ける。変に扇動的でない学問的な著作ほど、実は威力を発揮するのである。政治的に見て始末が悪い。
 ヴェーバー説は、当時のユダヤ人たちにとって非常に都合の良いテーゼではなかったか。

【出典】「金儲けの精神をユダヤ思想に学ぶ」副島隆彦〔編著〕/祥伝社 H17年  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 仁王像[773] kG2JpJGc 2015年12月31日 14:42:56 : tDeJWUax06 : uOxWHUce5VI[2]
(金利思想は資本主義誕生に必須だったか?)
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/902.html#c6

2. 2015年12月31日 17:59:27 : upvu9A5hNM : 5J8AqYp2X8c[37]
ヨーロッパの中世社会では、貧困は美徳であり、受け入れなければならないものと教えられ、金貸し業は教会法によって禁じられていた。
とは言え、ユダヤ人の金貸しを非難しながらも、カトリックの大聖堂参事会は高利で金を貸していたし、教皇制度そのものも、「中世最大の金融機関」となっていた。



3. 2016年1月01日 15:00:30 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[661]
>イスラム教も、ものすごくお金儲けが嫌いな宗教である。


これは悪質な嘘


ムハンマドは商人で金儲けと女以外には関心がなかった

イスラム国では麻薬は禁止しているのに、他国に売る為の麻薬は熱心に作っている

金さえ稼げれば何をしてもいいというのがムスリムの考え方


副島隆彦は完全なアホで何も知らないんだよ:


副島隆彦は本当にアホだね(嘲笑い)
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/343.html

副島隆彦先生は英語の達人 _ 日本語も少しは理解できる様になってね
http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/366.html


4. 2016年1月01日 17:18:49 : upvu9A5hNM : 5J8AqYp2X8c[40]
質問だけど、イスラム教徒が金利を禁じているのは異教徒に対してもなのかな?

5. 2016年1月01日 17:28:18 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[665]

イスラム教の教義に基づいた金融手法

、教典コーランが利子(リバーと呼ばれる)の受け取りを禁じていることから「金利」の概念がない

イスラムの教えでは、実物商品が存在しない、お金の貸し借りだけのような金融取引は御法度です。

 しかし、形のある商品を仲介させた商品売買で利益を上げたり、事業出資することで配当を得ることは奨励されています。イスラム金融は、金利に相当しない、投資や商品を仲介させることで成り立っているのです。

最も代表的な手法は、「ムラバハ(購買代行)」です。例えば、住宅を購入しようとしている人に対して、金融機関が直接融資をすることはできません。そこで、金融機関は住宅供給公社から住宅を一度買い取った上で、住宅価格に販売利潤(金利分に相当する手数料)を上乗せして住宅購入者に再販売するという仕組みを使います。

 住宅購入者は、分割で購入しても構いません。住宅という形のある商品を売買することになり、利息が生じるローンとは異なると見なされるのです。


6. 2016年1月01日 17:30:44 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[666]

世界のイスラム金融の現在の市場規模は1兆j(約107兆円)に達しているとの試算もあります。

7. 2016年1月01日 18:04:27 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[667]

因みに、ユダヤ人は現在でもロスチャイルドとかも含めて唯のマネージャー

自分達が金を持っている訳じゃない

近代資本主義を作ったのはユダヤ商人というのは有り得ない


8. 2016年1月01日 18:11:18 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[668]

近代資本主義を作ったのはヨーロッパの王侯貴族
ユダヤ人は単なるマネージャー


[黒い貴族]麻薬ビジネス王の正体?


[黒い貴族]とは十二、三世紀に栄えたベネツィア(ベニス)の貴族で、それがヨーロッパの各王家に血縁的に結びついた。

米国や英国の貴族・王室も含め、[貴族階級]が麻薬ビジネスを扱っているのである。

アメリカでは、エリートのデラノ家、フォーブス家、マップルトン家、ベーコン家、ポイルストン家、パーキンス家、ラッセル家、カニンガム家、ショー家、クーリッジ家、パークマン家、ランナウェル家、カボット家、コットマン家、…等々のエリートが麻薬を扱って豚のように肥え太っているのである。

アメリカのエリート300家、英国100家によって動かされており、これらの家族は結婚、会社、銀行を通じて絡み合っているのである。

黒い貴族、イルミナティ、バチカン、エルサレムの聖ヨハネ国などとの結びつきはもはやいうまでもない。

[トルコ、アフガニスタン、イラン、パキスタンからのヘロインの大量船荷を保護し、それが合衆国と西ヨーロッパの市場へ最低限のビジネス・コストで着くように保証することを、自分たちの代理人を通してやってのけるのはこの連中なのである](三百人委員会)

この麻薬ビジネスを末端で行うのは犯罪組織だが、そこに至るルートは、英国諜報部、CIA、モサドなどの国家機関が担うというからくりである。

かつてパナマのノリエガも国家機関として麻薬取引に関わっており、CIAから何百万jも受け取っていたが、アメリカのブッシュ大統領によって麻薬取引者として逮捕された。ノリエガが、[黒い貴族]の内部への反抗を示したからと見られている。

また、モナコのグレース・ケリー王妃の自動車事故も、麻薬ビジネスのトラブルによって"殺され"たのだ。

英国が麻薬ビジネスのトップにいることはもはや世界常識になりつつある。

アヘン戦争以来、世界に麻薬をバラ撒いてきたのは、周知の事実である。

かつて日本でも麻薬ビジネスを国家事業として行っていたことがある。

第二次世界大戦前のことである。

それは、[日本国家による最大の戦争犯罪]
興亜院という役所が、中国にアヘンを売りつけ、満州帝国の収入の40%を稼いだことでも知られる。

興亜院 - Wikipedia
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%88%88%E4%BA%9C%E9%99%A2

この興亜院で働いたのが、岸信介、鳩山一郎、大平正芳などの戦後の首相になる人物であり、麻薬が単にマフィアなどの犯罪でないことが分かる。

英国にはMI6以外に麻薬を扱う部局がいまだにあるということである。

三百人委員会の終局的な麻薬ビジネスの戦略は、各国で麻薬を合法化することにある。

これは二つの狙いを持っている。

@麻薬ビジネスを飛躍的に盛んにし、莫大な利益を生み出す。

A労働者に麻薬患者たちが増えると、管理社会の政策を有利に進められる。

国際麻薬ビジネスのトップにいるのは、王室であり、現在の最も奇怪で不思議な謎である麻薬の製造・販売に王室につらなる銀行、多国籍企業、各国秘密諜報部が動かしているとすれば、永遠に"犯人"が捕まるはずがないということである。

黒い貴族の高笑いが聞こえそうだが、今後今までのようにいかないはずである。



9. 2016年1月01日 18:51:47 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[670]

イスラム教の正体については


狂った宗教 イスラム教 _ 頭がおかしいのは中国人と朝鮮人だけではない
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/332.html


10. 2016年1月02日 13:12:40 : GtKiigYRrE : J1zVX1W3Wag[7]
『プロ倫』に限らずマックス・ウェーバーといのは、米では当然として、英仏でもほとんど関心を持たれていない学者なんだよ。ブローデル(仏)にいたっては、軽く(数ページで)批判するために論及しているだけ(全巻2千数百ページの『物質文明・経済・資本主義』において)。
つまり、マックス・ウェーバーというのは、なぜか知らないが日本で異常に過大評価されている。20世紀最期の全集(確か1980年代後半)の全予約者の60%は日本からの予約で、のこり40%をドイツを含めて世界中で分けたという笑い話が伝わっている。
『プロ倫』のコンセプト(「近代資本主義を作ったのは、プロテスタンティズムだ」)を真面目に議論しているなんて日本の「素人」だけだよ。

11. 2016年1月02日 17:17:52 : 2nwmJjbUSI : 9yG_bhN9T6M[3]
>>08
簡潔にまとめられた文章はとても読みやすかったです。

ユダヤ人マネージャー説は賛成ですね。たまたま金融の分野で仕事をしていただけで、近代資本主義、いわゆる産業革命を金融の分野からサポートしているのでしょう。ボスキャラが欧州の貴族階級というのも賛成です。

こいつらは学者やマイスターや職人が個々にやっていた生産活動を軍隊のように組織化して産業革命を成功させた。別に新しい科学技術を発見したわけではない。人類が積み重ねてきた遺産を食い潰しているだけである。

その穀潰しが大きな顔して人類社会の全てを支配している。食い潰す事しかできないから今までに発見した科学技術を応用する事しかできない。相対性理論や量子力学にしても半導体にしても遺伝子工学にしても基礎が研究されたのは1920年代から1950年代までです。それ以降は応用の分野でしか進歩がない。基礎の部分に新しい分野での進歩がないから当然ですが人類社会の発展は滞り、経済のパイは縮小していきます。そうすると既得権者は権益を手放さないから驚くべきスピードで貧富の格差が広がり、テロが横行するわけです。

しかしテロの被害者は下っ端庶民であり彼らを脅かすとも思えません。何を根拠に「今後今までのようにいかないはずである」とおっしゃっておられるのか、ご教授願えるでしょうか。


12. 仁王像[777] kG2JpJGc 2016年1月02日 18:00:45 : QgBF7L7Qvs : nJQ8R8wA11w[1]
 >>10

 そうですか、それは知りませんでした。
 羽入氏の奥さんは学友で氏の尻を叩いたようですが、彼女の直観力には感心しました。

(マックス・ウェーバーは学問詐欺師か)
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/902.html#c4


13. 仁王像[778] kG2JpJGc 2016年1月02日 18:25:16 : QgBF7L7Qvs : nJQ8R8wA11w[2]
 東大の大塚久雄もマックス・ウェーバーの熱心な研究者で、羽入によるといい線までいっていて、ウェーバーの詐欺を見抜く寸前まで行っていたようなことを著作の中に書いてあった。

14. 仁王像[782] kG2JpJGc 2016年1月04日 20:17:01 : 0EjWep9bAw : b6DrJUp9LRI[2]
(トイレは異空間…)
http://www.asyura2.com/09/dispute30/msg/902.html#c9

15. 2016年4月07日 19:50:57 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[253]
プロテスタンティズムではなくて、実はユダヤ商人たちだったのだ・・って、今頃何なの?。今の若い世代みんなそんなこと普通に考えてるぞ。
フエニキア人とか、ベネチアのバンコさんとか、スイスのシェルバーンさんたちの・・・とかね。或は十字軍さんとかね。

どっちにしろ、泰斗マックス・ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』という「偉大な書」なんて、だるくて訳があっても読みたくもないし、ややこしそうな大げさな学術書をさも宝のように扱ってる偉い先生がたご苦労様。私は分厚いだけで意味ないと考えてるし洗脳されるんだよ仰々しくな。そんなことだから、御巣鷹の日航機墜落事変も、湾岸のフセインも、カダフイーも、911も、311も、温暖化もすっぽ抜けてしか見えないんだろ。だいたい資本主義なんて、暴力と謀殺で力をつけ、預かった金の何倍もの金を貸し始めて、貸したら貸したで時間経過と利率で貸した分より余分に金取り始めて、最初から、両方に金貸して、相手を弱らせて根こそぎとって、支配する、だろ。まだ日本人は借りたら返さなきゃなんて律儀っぽいが、借りたら返さんぞう〜があちゃら流だね。兎に角、資本主義なんて人間を独裁支配する生殺与奪権を持った、自然破壊、民族破壊、の方法だぜ。つまり、金をやり取りする人間側の根性が問題だな。道義者に金借りなくてはならないような戦争とか病気とか災害を他国やその他の方法で仕向けて、金利は取るが内部から崩壊させて負け戦に仕向けて、膨大な権利や担保もがっぽり儲けられるし、それの複雑なことしてるだけだろ。原発だって基地だって戦争だっておんなじだよ。グローバルってのは。向こうはさ、有色人種はすべてゴイムで、命も財産も何もかも奪って当然、の教えで命令だぞ。嘘は当たり前、謀略は当たり前、こっちの有色の命なんか屁でもない。白色でもやられる。自然なんかどうでもいい。自分たちが楽しむ分は残す。これがあっちの資本主義さ。日本も向こうの手下増えたしな。土地と金と兵器と、謀略と悪知識と残忍さ、を極限まで追求して恥じるところは一つもない。非情精神が当たり前・・。神国の道義が廃れてあちら風になって、結局崩壊だわさ。しっかりしよう日本人!。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > Ψ空耳の丘Ψ61掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
Ψ空耳の丘Ψ61掲示板  
次へ