★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131 > 594.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
週刊文春による小沢一郎氏に対する「人物破壊」工作 (植草一秀の『知られざる真実』)
http://www.asyura2.com/12/senkyo131/msg/594.html
投稿者 祈り 日時 2012 年 6 月 18 日 15:13:30: HSKePa2Cm.aPs
 

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/post-599c.html
2012年6月18日 (月)
週刊文春による小沢一郎氏に対する「人物破壊」工作


週刊文春が小沢一郎氏に対する攻撃を展開し続けている。

小沢一郎氏の元夫人が出したとされる書状の写真および文章を掲載している。

その意図は明白である。

小沢一郎氏に対する人格攻撃である。

このような悪意に満ちた週刊誌記事に影響を受けるような、いわゆるメディアリテラシーを欠く市民は多くはないと思われるが、私のところにも、問い合わせなどが寄せられているので、このような個人攻撃、中傷記事にどのように接触するべきかについて、私見を提示しておきたい。


オランダの政治学者カレル・ヴァン・ウォルフレン教授が著書『誰が小沢一郎を殺すのか』(角川書店)で、小沢一郎という政治家に対する「人物破壊(character assassination)」工作の特異性を論じた。

今回の文春記事も、まさにこの範疇に入る「人物破壊工作」そのものである。

中国の『四経』の最も基本とされる『大学』に、

修身 斉家 治国 平天下

について記したくだりがある。

「天下を治めるには、まず自分の行いを正しくし、次に家庭をととのえ、次に国家を治め、そして天下を平和にすべきである」ことを説いた箇所である。

週刊文春の狙いは、小沢一郎氏には「斉家」に問題があり、したがって、天下を修める資格がないというものである。

一般論、理想論として、『大学』の記述は一面の真理を衝いてはいるだろう。しかし、世の中はそれほど単純なものではない。

夫婦の相性が良く、仲睦まじいおしどり夫婦は理想の状況であるが、現実の人と人との縁のなかでは、どのような結果が生まれるかは千差万別である。

個人と個人との間に生じる千変万化を、他の人が詳しく知る由もない。

仲たがいをし、恨み骨髄の者が口を開けば、一方的な罵詈雑言が飛び出してくることもよくある話だ。

一方の話だけを聞いて、事実と思い込んでしまことほど浅はかなこともない。

別々に言い分を聞けば、およそ同じことがらを話しているとは思えぬほど、話の内容が異なってくるようなことも少なくない。


はっきりしていることは、週刊文春の記事が小沢一郎氏に対する巨大な「人物破壊工作」の一端を占めているという事実だ。

文章を書いた人物、文章を掲載するメディア、両者を橋渡しするライターのすべてが、小沢一郎氏に対する「人物破壊工作」という大きな目的で利害が一致するなら、この目的に沿うように行動を取るだろう。

「放射能が怖くて被災地に入らなかった」などの記述を言葉通り受け取ることはできない。

個人攻撃を行うなら、歴代首相を見ても、はるかに激しい攻撃を受けておかしくない人物は他にいたはずだ。

小泉純一郎氏などについては、週刊誌が攻撃しようと考えれば、10週程度はシリーズで続けることができただろう。


この手の情報を鵜呑みにすることはできない。

小沢一郎氏は、自分のことについて、こまごまと弁解めいたことを発言することを潔しとしない考えの持ち主である。週刊誌記事に対しても、いちいち、細かな説明をすることをしないだろう。

それをどう捉えるのかは、捉える側の自由だが、ものごとの、一方当事者の主張だけを聞いて、ものごとを判断してしまうことは、ものごとを見誤る典型事例であることを十分に踏まえておくべきだろう。


日本政治劣化の大きな原因のひとつは、批評勢力の弱体化にある。

批評勢力とはメディアのことだ。

メディアは本来、「社会の木鐸」と呼ばれるべき存在である。

客観的な視点から、現実に警鐘を鳴らす。権力が間違った方向に進むなら、厳しく間違いを指摘して、その是正を誘導する。

市民に対して、現実の誤りを適正に指摘する。それがメディアの本来の役割である。

消費増税問題について、社会の木鐸としての機能を発揮しているのは東京新聞と日刊ゲンダイくらいのものだ。

野田政権がスイシンしている消費増税に正統性は皆無だ。

野田政権が政権発足後に「シロアリ退治」に総力をあげてきたのなら、消費増税提案も理解の範囲内に入る。

野田氏が公約として掲げたのは、「シロアリを退治しないで消費税をあげるのはおかしい」というものだ。

「シロアリ退治」こそ、高齢化社会に進む日本が、絶対に実行しておかねばならない作業である。

 野田氏が指摘したように、シロアリを退治しないで消費増税を実行すれば、消費増税で得られる税収にシロアリがたかることは間違いないのだ。

 野田氏は首相だが、首相の方針なら何でも賛成するというなら、ジャーナリズムの看板を降ろすべきだ。

 「政府広報」と名称を変えるべきだ。

 本日も、野田・岡田「天下り決死隊」の三大演説動画を添付しておく。


野田佳彦氏2009年7月14日演説
http://www.youtube.com/watch?v=-3wVwe8a_8c&feature=player_embedded

野田佳彦氏2009年8月15日演説
http://www.youtube.com/watch?v=y-oG4PEPeGo

岡田克也氏2009年8月11日演説
http://nicoviewer.net/sm13731857

・・・・・  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 日高見連邦共和国 2012年6月18日 15:26:11 : ZtjAE5Qu8buIw : IeaB3HQJJg
『手紙と記事』の“真贋”など、関係ない。全く意に介す必要を認めない。

『事実』と『真実』が“常に一緒ではない”という事を知らぬ訳でもあるまい?
俺は、今成すべき最も大事な事を、国民ひとりひとりが“みに沁みて”痛感して欲しいと願う。

後から暇つぶしに“たっぷり相手してやるから”!


02. 2012年6月18日 15:30:58 : xiDl6ZrNYg
検察は懲悪と思いきや、捏造報告書で小沢を強制起訴したが、
文藝春秋は真相追求と思いきや、ガセネタスクープで小沢の人格破壊を企むとは、
世も末である。

05. 2012年6月18日 16:09:06 : 4GvaiVFKqN
植草事件は小泉一派が偽ユダヤの命令で郵政乗っ取りの為に行ったのは明白だ。
冤罪事件の答えが政権交代。

07. 2012年6月18日 16:24:16 : lFtrGPhedw
千葉県の魚「放射能心配ない」=小沢氏、海釣りでアピール (ウォールストリートジャーナル日本版)

2011年 5月6日 12:08 JST

民主党の小沢一郎元代表が6日午前、千葉県いすみ市の大原漁港を訪れ、海釣りを行った。福島第1原発事故に伴う風評被害でこの地域の遊漁船の利用は激減。このため小沢氏は釣ったアジなどをその場で試食し、「この地域の魚、水産物は何ら放射能汚染の心配はない」とアピールした。

 小沢氏は同日早朝、同党の岡島一正衆院議員ら千葉県選出議員と一緒に沖合に出た。約4時間の釣果はアジやイサキなど約70匹。港に戻った小沢氏は、その場でさばいた魚を口に入れ、「本当においしい」と笑顔を見せていた。 

[時事通信社]
http://jp.wsj.com/Japan/Politics/node_232312


放射能が怖くて逃げたって真っ赤な嘘だな。
あとさ、放射能から逃げるのは当たり前、怖いのも当たり前。


09. 2012年6月18日 16:44:24 : lRYfivAqeo
三文週刊誌の寄生虫松田嫌いゃ〜〜のガセネタを文化放送「夕焼け寺チャン」に、文春編集長が先週木曜出演「是は事実です」とか、ほざいていた。

奥さんの筆跡に間違いないと証言したのが高橋嘉信だと編集長がコメントした。
想像してた通り「人物破壊攻撃」の悪盗妖怪仕掛け人共が墓穴掘ちゃった!!

野中ヒルム=獄仙セクハラ爺=松田嫌いゃ〜=高橋嘉信こいつら終わった!!

日曜日TBS爺い〜〜砲弾;野中ヒルム、増田寛也元岩手県知事が、この件で
頻りに煽って大げさな物言いをしていました。(TV見ずにラジオで音拾う)
この極悪面見る気しないので、この方法を使ってチエックしてます。

不治も報道2001で猪瀬直樹が、奥さんの手紙の事を民主党議員に、     
聞いていたと、阿修羅板に有りました。

今朝も日本放送高島ひでたけが、惨軽の乾報道局長と小沢さん攻撃していました。
こいつら、こんな仕事していて家族に恥ずかしく無いのかな????
家族も同じ程度かな?!!!!?


10. 2012年6月18日 17:36:24 : rWmc8odQao
有田芳生氏
「社会保障・税の一体改革に関する3党合意に「ご了解をいただきたく」との合同会議は6時から。会場は党本部からホテルに変更された。時間制限だ。
「税関係協議結果」を読むと「検討を進める」「8%への引き上げ時にそれぞれ十分な対策を実施する」という文言が並ぶ。増税だけが決まった合意文書だ。」
https://twitter.com/aritayoshifu/status/214627058851131394

「時間切れ」を狙っているようですな。

それにしても、社会の木鐸はインターネットの市民になりましたね。既存のマスメディアからは、その機能が消えました。
次世代の情報産業の姿がだんだん明らかになってきました。

植草氏、がんばってください。応援しております。


11. 2012年6月18日 17:47:06 : rWmc8odQao
武田邦彦氏
「まず「私たちにできること」、それは「政治家の資格要件は、口から出たことを違えない」ということをハッキリし、野田佳彦の言動は無視し、報道は見ないということをまずは実行することです。

野田佳彦の政策や政治的言動は政治家の発言ではありませんから、報道するマスコミな雑誌を買わないということや、自民党、公明党に抗議をするなどが私たちにまずはできることです。」
http://takedanet.com/2012/06/post_e5a2.html

デタラメな新聞は買わない。デタラメなテレビは観ない。私たちにできることはそれですね。


12. 2012年6月18日 17:56:08 : Ezr7jHFFvQ
>>10
本当にそうですね。
マスコミがゴミと化した今、我々インターネット市民こそが「社会の木鐸」としての役割を自覚せねばなりませんね。

ネット「遊民」ではなく、複数のネット「拠点」が欲しいところです。


13. 2012年6月18日 18:01:40 : rWmc8odQao
達増拓也氏
「税と社会保障の三党合意。増税は再来年以降なのだから、社会保障改革の中身や景気対策、不利になる人対策を先に決めるのが筋。消費税導入時も引き上げ時もやることやって半年前に最終決定した。増税だけ先に決めるのは異常。」
https://twitter.com/tassotakuya/status/214642891044306944

この方も新しい形の社会の木鐸。


14. 2012年6月18日 18:06:39 : YS6r6ozdvk
小沢の首絞めてるつもりが
実は自分達の首絞めてるってことに気づかないんだから
もうどうしようもない

15. 2012年6月18日 18:17:44 : hk8LgVkhGs
09さんニッポン放送はフジグループ、高島秀武さんは横須賀出身で小泉さんファ
ンみたいです。家族は最近(10数ねん?前)最初の奥さまと別れちょっと若い人
と二人暮しらしいです。あと子供さんにケン坊と言う人がいて学校は明治です
むかし朝のラジオで本人が言ってました。

16. 2012年6月18日 18:45:12 : rS5wg9eeMg
朝から晩まで、来る日も来る日も、明けても暮れても、週初めから週末まで、

雨の降る日も風の日も、毎日毎日、毎朝毎朝、毎晩毎晩、テレビも新聞も小沢攻撃。それしか言わない、言えない。

政治と金がどうしたこうした、内容もなければ証拠も全くない。

これをおかしいと思わないなら自分の頭で考えていないということ。


17. 2012年6月18日 18:49:42 : 4r7GKrN8wU
野田の暴走と見える消費税増税だが、背後にアメリカの強硬な要求があったとすれば、邪魔になる小澤氏に対する脅迫も行われていると見ても良いだろう。 あらゆる手段を使っての脅迫であれば、もっとも効果のあるやり方として家族に対する暴力的な手段が考えられる。 目くらましの手段として家庭内の不和を装うこともあるだろう。 そういう見方をすれば、案外奥方の手紙は本物かもしれない。 本人にはある意味での覚悟もあるし、身を守るための手段もあったとしても、家族に危害が及ぶことは避けたいと思うのは当然だろう。 民主党議員だけじゃなく、自民・公明・共産などについても同じじゃないか。 マスコミについてだって、アメを配るよりもその方が効果があるのだろう。 非常識に見える文春の記事についての話を見ていると、可なり非道なやり方もあるんじゃないか。 そんな風に思うけど如何? N.T

18. 2012年6月18日 19:00:39 : a6kxdOFdPQ
小沢信者は、小沢の言うことを鵜呑みにする。

小沢信者は、小沢の話だけを聞いて、事実と思い込んでしまう。

小沢信者は、小沢の主張だけを聞いて、ものごとを判断してしまう。

植草は、ものごとを見誤る典型事例、浅はか、などと説教垂れているが。

それらは小沢信者にこそ当てはまる、ブーメランである。

で、植草は「偽手紙だ」と言いたいのか?

あるいは「手紙は本物だが書いてある内容が嘘だ」と言いたいのか?

小沢も元妻も「偽手紙だ」と言わなければ、手紙は本物と思われても仕方ないではないか。

小沢が震災直後数日間雲隠れしていたこと、その後も岩手や被災地にほとんど行かなかったこと、小沢信者の上杉や岩上が放射能デマを流しまくっていたこと、陸山会事件でも国会で説明責任を果たさず逃げ回っていること等を考慮すれば、「小沢は放射能が怖くて逃げていた」というのは十分ありうる話だと思うが。


19. 2012年6月18日 19:23:38 : h6wwZgqD36
>18
残念小沢信者などどこにもいない。

支持者ならたくさんいるけどな。

しいていえば阿修羅信者か


草加信者は公明党にいるが


20. 2012年6月18日 19:27:04 : dlBRSPYgnU
小沢信者つ-よりも、田中角栄のロッキ−ド事件、当時マスコミはよってたかって 田中角栄を叩きまくった、アメリカの尾を踏んだから。・・・今回の小沢バッシングはその再現、何が何でも小沢一郎を抹殺することが目的と見えてしまうだけのこと。

21. 2012年6月18日 19:28:19 : VTOIK1s8EU
>>18
>  「小沢は放射能が怖くて逃げていた」というのは十分ありうる話だと思うが。

そりゃあり得るだろうよ。

だから、なに?

この世の中、「あり得ること」を書いてたら、いくらスペースがあってもキリがないのだが。
いちいち、他人が思う「あり得る話」に付き合っていられるほどヒマじゃないんだが。

それとも、「あり得ること」と「事実」の区別もつかないただのバカ?…だな。


22. 2012年6月18日 19:44:54 : HO7F2E96Ts
>21
>そりゃあり得るだろうよ。
>だから、なに?

だからなにじゃねえよ。

「逃げるという言葉が出れば」小沢は政治家として失格だと言ってるの。

あの元防衛大臣、娘が東電のロンパリ石破さん、出身地福島のなまりが抜けず、
思いが一番強い議員の森まさこさんも同じ考えだ。


23. 2012年6月18日 19:57:23 : rWmc8odQao
よこくめ勝仁氏
「政治の混乱が続いています。もはや「解散総選挙」の道しか残されていないのではないでしょうか?早く選挙をしてサッパリしない限り、国民にとって不幸な政治が続いてしまいます。野田総理、今すぐに解散して下さい。」
https://twitter.com/yokokume/status/214671917578338305

落選候補No.1がそうおっしゃってるのですから、よろしいのではないでしょうか。解散で。


24. 2012年6月18日 19:58:18 : rwSKXZTEq6
> 小沢一郎氏は、自分のことについて、こまごまと弁解めいたことを発言することを潔しとしない考えの持ち主である。

小沢一郎氏は、自分が潔白であることを国会で説明することは、3権分立に反する、と言って国会での説明から逃げ回った。

その代わりに、自派の131名の国会議員に「公訴棄却ないし無罪しかありえない」と司法へ圧力を掛けさせた。

「こまごまと弁解めいたことを発言することを潔しとしない考えの持ち主」と言うよりは自分は嘘がばれないように逃げ回るのを得意とし、陰で自派の議員を手足のように使って圧力を掛ける闇将軍。

> 週刊誌記事に対しても、いちいち、細かな説明をすることをしないだろう。

いちいち、細かな説明をすると嘘がばれてしまうのでしないだけ。
小沢は裁判では「知りません」「分かりません」を連発したが、裁判官は「報告を受け、了承していたと認定することができる」と、小沢が政治資金報告書の虚偽記載を知っていた、小沢が嘘吐きであることを公式に認定している。

> 市民に対して、現実の誤りを適正に指摘する。それがメディアの本来の役割である。

小沢には「市民に対して、報道された手紙の誤りを適正に指摘する」役割はない?
小沢は報道された手紙の真偽について説明する義務はなく、マスコミからも逃げ回っているだけでよい?

> 消費増税問題について、社会の木鐸としての機能を発揮しているのは東京新聞と日刊ゲンダイくらいのものだ。

「小沢一郎/妻からの離縁状」について、社会の木鐸としての機能を発揮しているのは週間文春くらいのものだ。

もし、「小沢一郎/妻からの離縁状」が偽造であれば、小沢一郎が偽造であると主張するのが当然であり、もし、異義を申し立てなければ偽造でなく本物だだと多くの日本人は思うだろう。

しかし、小沢狂信者は小沢一郎が異義を申し立てないことに疑念を抱かず、ただ偽造だ、偽造だと主張するだけで良いと思っている。つまり、小沢狂信者は偽造か否か客観的に検証する必要性を全く感じていない。
この客観的な検証を要求しない精神構造は、韓国・朝鮮文化とそっくり同じである。

韓国・朝鮮人は今も「従軍慰安婦」や竹島問題で日本を非難しているが、彼らはその主張の客観的な論拠を示すことは全くしない。ただ、謝罪と賠償を要求したり非難するだけ。
この朝鮮式思考法は、小沢一郎工作員の言動と全く同じ。

つまり、小沢一郎工作員の大部分は朝鮮半島出身者なのだろう。
彼らの朝鮮文化・思考法は日本人とはかけ離れており、日本人には理解できない。


25. 2012年6月18日 20:05:59 : rWmc8odQao
山口二郎氏
「仏総選挙、社会党会派が単独過半数獲得。決められない政治を嘆く前に、指導者に基盤を与えたフランスの民意。
日本の場合、決められない政治は2年前の参院選の民意の帰結である。民意の揺らぎについて考え直す必要がある。」
https://twitter.com/260yamaguchi/status/214667316888207361

「民意の揺らぎ」が何を意味するのか、いまひとつ不明ですが…
主権者の心変わりという意味なら、恐ろしいほどのトンチンカンです。
民意は変わっていません。
2009年には、民主党に投票したのではなく、民主党の政策に投票したのです。参院選でも増税に「NO!」と言ったのです。変わってないのです。
変わったのは民主党の方針のほう。それも菅政権からです。政治家のマニフェスト違反を大目に見ないのは政治に対する態度として正しいです。日本人は正しい国民なのです。


26. 2012年6月18日 20:47:48 : a6kxdOFdPQ
>21

そうか?

おれの目には、小沢信者が
「小沢は放射能が怖くて逃げていたなんて、絶対あり得ない、事実無根、文春記事はガセで手紙は捏造」
みたいな反論を、狂ったように喚き散らしているように見えるんだがな。

おまえは「ありうることだ」と思う訳だな。


27. 2012年6月18日 20:57:17 : oNqclzIefs
この爺さん工作せんでも既に壊れています。

28. 2012年6月18日 21:11:26 : RsreIIQ23Y
反小沢信者 ゴミの言いなり奴隷が
一番小沢さんに期待しているのだな
小沢嫌いの>26は
賤獄支持者かああ気味が悪い

29. 日高見連邦共和国 2012年6月18日 21:15:46 : ZtjAE5Qu8buIw : IeaB3HQJJg
>>24 ID=rwSKXZTEq6『白旗逃走』くん

貴殿のコメントが何処でも“人気が無い”ことは、ご自分でも気付いているだろう。
その理由を知っているか?

>つまり、小沢一郎工作員の大部分は朝鮮半島出身者なのだろう。
彼らの朝鮮文化・思考法は日本人とはかけ離れており、日本人には理解できない。
(引用終わり)

このワンパターンの結論がその一因である。まあ、今日は歯を磨いて早めに寝な!
明日はもすこし、いい日になるさ!


30. 2012年6月18日 21:17:57 : pZxfXbYuko
>>25

こんなのが、名門国立大学政治学教授なんだから笑わせる。

政治家もそうだが、日本の政治学者・法学者の「象牙の塔の無色透明バカ」「日和見・付和雷同」ぶりも相当だ。

この阿修羅で暇つぶししてる人の方が、ずっと勉強になる発言が多い。

陸山「怪」事件もそうだが、日本のプロ政治・法学者は何も言わないなら、全員辞めてもらいたい。


31. 2012年6月18日 21:24:35 : 6HCOVRbMkw
夫婦の話は、スルーしましょう。

しかし、小沢さんを攻撃して、何を得ようとしているのか、、、権力サイドにいらっしゃる方ならば、理由もわかりますが、そうでない方が、小沢さんを攻撃する意味が良くわかりません。
消費税増税はやむを得ないけれど、その前に中央集権体制にメスを入れたほうがいいと思います。司法の暴走も、明日はわが身と知るべきです。原発再稼動も、もうすこし考えたほうがいいのではないか。みんなの党の江田さん(だっけ?)が、NHKで言ってた。「みんなで頑張れば節電で乗り切れる」と。


32. 2012年6月18日 21:40:24 : hVWo8DcXjM
文芸春秋が角栄を、文春が小沢を陥れる。

汚い出版社だな〜。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『文藝春秋』(ぶんげいしゅんじゅう)は、株式会社文藝春秋が発行する月刊雑誌(総合誌)である。
目次 [非表示] 1 概要2 編集長3 内容3.1 常時連載3.2 連載中3.3 連載終了
4 話題となった記事5 批判を浴びた記事・スキャンダル6 関連項目7 脚注・出典
8 外部リンク概要 [編集]

1923年(大正12年)1月、菊池寛が私財を投じて創刊した[1]。実際の発売は前年の暮れである。
価格は1部10銭、部数は3000部、発売元は春陽堂であった。誌名の由来は菊池が『新潮』で連載していた文芸時評のタイトルから来ている。その後、関東大震災の影響で印刷済みの同年9月号が焼失したため休刊となったものの、順調に部数を伸ばした。また、「座談会」という言葉を初めて使用した。
敗戦占領期には、菊池が戦争責任を問われ(公職追放)、一時廃刊の危機にあったが、池島信平・鷲尾洋三が編集長となり文藝春秋新社を興し再発足。
海外にも在外日本人や知日派外国人などを中心に定期購読者を持つ。毎月10日発売(発行日は1日)。判型はA5判、ページ数は通常は約450ページ。目次は折り畳み式。カバージャンルは政治、経済、経営、社会、歴史、芸能、軍事、皇室、教育、医療、スポーツと多岐に及んでいる。政治家、研究者、実業家、ジャーナリスト、ノンフィクション作家、評論家による論文や記事が、毎号三十本ほど掲載される。
創刊時は倉田百三、島田清次郎などの女学生に人気のあった作家のゴシップを掲載する記事も多く見られた。70年代前半までは菊池寛時代の名残から作家の人物批評やゴシップ記事が何度も取り上げられた事があったが、80年代に入ると出版社の肥大化によって商業主義的色彩を強めざるをえなくなりこうした記事は一切見られなくなった。近頃は読者層の高齢化に合わせてか、団塊の世代が好む昭和ネタを組む事が多い。
傾向としては保守論調。日本共産党、社会民主党など左派政党には批判的で、非時事コラムでも、これらの政党の政治家の文章はあまり掲載はされない(2005年9月号では、社会民主党元党首土井たか子の戦争体験談や、ソ連崩壊時に、共産党の不破哲三の意見が掲載されたりするなど例外はある)。公明党と創価学会に対しては、より批判的なので、関係者(幹部)の掲載はまず無い。ただし瀬戸内晴美、井上ひさし、坂本龍一など左派、進歩的文化人の寄稿が掲載される事は珍しくない。
複数の文学賞を主催・運営しており、2月号で文藝春秋読者賞、3月号と9月号で芥川賞、6月号で大宅壮一ノンフィクション賞、7月号で松本清張賞、12月号で菊池寛賞の受賞者が発表される。特に芥川賞等の時は販売部数が大きく増大する。20代になったばかりの金原ひとみや綿矢りさの受賞作掲載号は記録的な販売部数となったこともあり、受賞者選定自体が販売増を念頭に置いた話題作りではないかという指摘もなされた。
社の看板出版物であることから、社内では「本誌」と通称されている。
編集長 [編集]

※歴代ではなく、一部である。
菊池寛
菊池武憲
花房満三郎(1939年 - 1942年)
藤澤閑二(1942年 - 1943年)
花房満三郎(1943年 - 1944年)
藤澤閑二(1944年 - 1945年)
永井龍男(1945年 - 1946年)
鷲尾洋三(1946年 - 1951年)
池島信平(1948年 - 1950年)
車谷弘(1951年 - 1954年)
上林吾郎(1954年 - 1956年)
池島信平(1956年 - 1957年、二度目の就任)
田川博一(1957年 - 1961年)
安藤正直(1961年 - 1963年)
小林米紀(1963年 - 1967年)
樫原雅春(1967年 - 1968年)
杉村友一(1968年 - 1972年)
            ??? 田中健五(1972年 - 1977年)
半藤一利(1977年 - 1979年)
安藤満(1979年 - 1982年)
岡崎満義(1982年 - 1984年)
堤堯(1984年 - 1988年)
白石勝(1988年-1991年)
白川浩司(1991年 - 1994年)
中井勝(1994年 - 1996年)
笹本弘一(1996年 - 1997年)
平尾隆弘(1997年 - 2000年)
松井清人(2000年 - 2003年)
飯窪成幸(2003年 - 2009年)
鈴木洋嗣(2009年 - 2010年)
             ???木俣正剛(2010年 - )
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


33. 2012年6月18日 21:42:38 : rWmc8odQao
有田芳生氏
「会議打ち切り、延期。」
https://twitter.com/aritayoshifu/status/214698370097360896

結論、出ず… ですかね。


34. 2012年6月18日 21:49:11 : hVWo8DcXjM
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

田中 健五(たなか けんご、1928年6月4日 - )は、日本のジャーナリスト、編集者、実業家。文藝春秋社長(第7代)、『諸君!』、『文藝春秋』、『週刊文春』元編集長。
経歴 [編集]

広島県広島市出身。 都立一中から1945年4月、海軍兵学校に第77期生として入学するも敗戦により退校、旧制東京高校経て、1953年東京大学文学部独文科卒業。就職難の時代、たまたま文藝春秋新社(現文藝春秋)の試験を受け入社。「菊池寛を知らない初めての社長」と後年業界で話題となる。『文学界』編集部時代には、当時の新人作家・石原慎太郎、江藤淳らと付き合い人脈を形成した。その後『大世界史』の通史を任され林健太郎ら学者との出会いも大きな財産となった。1963年出版部次長の後、1969年オピニオン誌『諸君!』創刊に際し初代編集長に抜擢。本田靖春、柳田邦男、岩川隆らのライターを育てた。また三島由紀夫の父平岡梓に回想記を書かせた。

1972年『文藝春秋』編集長。

学歴のない50歳半ばの若き政治家・田中角栄が何故総理大臣までなりえたか、の好奇心から立花隆と児玉隆也を起用し1974年11月特別号で時の首相・田中角栄の特集「田中角栄研究−その金脈と人脈」「淋しき越山会の女王」の二本立60頁に及ぶ特集を掲載。大きな反響を呼び起こした。田中首相が外国人記者の質問に答え「記事は事実無根」と発言したのを機に、静観していた新聞も”田中金脈問題”などの見出しで大々的な報道を行い田中内閣を退陣へと追い込んだ。

1977年週刊文春編集長、クレディビリティの高い、読み応えある雑誌への刷新を宣言。現在も続く和田誠のイラストを表紙に変え、女性読者も想定した誌面構成に変更。また、上之郷利昭、上前淳一郎、田原総一朗ら、当時はまだ有名でなかった若手ライターを起用した[1]。 
翌1978年11月辞任。10月12日号の記事『大平・中曽根のスキャンダル合戦』を巡る政界圧力説、東京相互銀行からの田中への裏融資説などが噂されたが、実際は『文藝春秋』の表紙画を描いていた杉山寧を揶揄するような記事[2]が、杉山の逆鱗に触れたため。杉山の娘は三島由紀夫夫人・平岡瑤子で、以前の田中が三島の父・平岡梓に原稿を書かせた時から確執があった[3]。1979年第二編集局長、1982年取締役。1986年には安部譲二を世に出した。安部は田中がいなければ作家になっていなかったと述べている[4]。

1988年第7代文藝春秋社長に就任。1991年創刊した月刊誌『マルコポーロ』の部数低迷から、花田紀凱を編集長に起用した1995年2月号で、ホロコーストは捏造という記事を掲載。アメリカのユダヤ人団体・サイモン・ウィーゼンタール・センターやイスラエル大使館など世界中から強い非難を浴び、同誌の廃刊と2月号の回収、花田の解任の決定と責任を取って自らも退任、会長となった(マルコポーロ事件)。
1997年取締役最高顧問となり1999年退任した。日本雑誌協会、日本文学振興会などの理事長、活字文化推進会議特別顧問なども務め、現在は日本図書普及の社長などを務めている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
海兵77期。自分が海兵・東大で同姓の角栄が何故?


35. 2012年6月18日 21:52:23 : QmyrjoZuIs
放射能が怖くて逃げ出したのは枝野だろう。
家族を海外に逃がし、自分が原発被災地に入った時の恰好はなんだ。
被災地の人は平常の服装。
こいつは月に降り立つ飛行士さながら、それも5分足らずという。
「直ちに身体に影響は有りません」
なんてウソのつき放題。

次の選挙では必ず息の根を止めてやるぞ。


36. 2012年6月18日 21:54:19 : hVWo8DcXjM
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう、BUNGEISHUNJU Ltd.)は、日本の出版社。東京都千代田区に本社を置く。
目次 [非表示] 1 概要2 刊行物3 雑誌4 文春と表現の自由5 文藝春秋と麻雀
6 関係人物7 参考文献8 外部リンク概要 [編集]

1923年1月、文藝春秋社として菊池寛が創業した。
*************************************
*********1946年3月、「戦争協力」のため解散したが、***************************************社員有志により同年6月、株式会社文藝春秋新社が設立される。
1966年3月、現在の社名に改められる。
芥川賞や直木賞をはじめ、多くの文芸賞を手がけている。戦前の文藝春秋は、文壇のゴシップなどを取り上げる、どちらかと言えば「軽い雑誌」であったと言われている。現在のような「硬派」の雑誌に成ったのは、戦後と思われる。
社員の初任給は260,000円(月収)。なお1968年まで組合は存在しておらず、それまでは社員会であった。
本館が文藝春秋本社であり、新館と西館がテナントビルである。新館はプランテック、日本文藝家協会、シティリビング、三井物産マーケティングなど十社程度が入居、西館は地下1階に文春ホール、1階にグランドプリンスホテル赤坂運営の「ラウンジ春秋館」、6階に談話室・執筆室のほかは日本民間放送連盟が入居している。
組織 社長室、総務、管理、情報事業、経理、編集委員室、月刊文藝春秋、第一編集、第二編集、ナンバー、第三編集、文藝編集、文藝振興事業、出版総務、文庫、新書、第一出版、第二出版、資材製作、営業、宣伝、広告、企画出版
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜引用終わり〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


37. 2012年6月18日 22:00:43 : HNPlrBDYLM

「小沢一郎」研究。料亭の女将から隠し子疑惑の元秘書、リポーターまで


アメリカの手先、ロスチャイルドの操り人形の小沢先生の権力の源泉は創価学会幹部の奥さんだったんだけど、愛人作ってから力が無くなっちゃったんだな。

創価学会幹部の奥さんの背後にはCIAとダヴィッド・ロックフェラーがいるのに、小沢先生も良く鬼嫁を裏切る勇気あったねwwwwwwwwwwwwww:

政策は皆無だが、子種はあり余っているらしい小沢一郎。

あっちこっちで種付けしてたら、そりゃあ税金ネコババして財産残してやらなきゃなあwww

小沢が朝銀から極度額3億5000万円の融資を受けたのが昭和61年。
小沢が料亭のオンナに2億7000万円をくれてやったのが昭和61年。

あれっ?
ま、偶然でしょ、偶然。知らんけど。


--------------------------------------------------------------------------------

新潮45 「小沢一郎」研究

料亭の女将から隠し子疑惑の元秘書、リポーターまで…… / 伊藤一

「86年2月、『満ん賀ん』の経営者夫人は根抵当権を解除した。その際、銀行に返済する資金3億4000万円のうち、小沢が2億7000万円を用立ててやった。そんな恩義もあって、N子さんは小沢と別の女性の間に生まれた男の子を引き取って育てた」

 小沢の子どもを生んだのは、帝国ホテルのパーティーで知り合ったA子さん。高校を卒業後、モデルやコンパニオン、テレビ・レポーターをしていたが、出産後、「もう二度と会わない」ことを条件に、それなりの手切れ金が支払われた。


新潮45別冊 櫻井よしこ編集長 小沢一郎研究 2010年 04月号 [雑誌]
(2010/03/05)


料亭の女将から隠し子疑惑の元秘書、リポーターまで…… / 伊藤一


 小沢が夫人の和子と見合い結婚したのは、当選2期目の73年10月。和子は新潟市に本社を置く「福田組」のオーナーだった福田正の長女である。2人の仲を取り持ったのは、田中角栄首相で、和子の父親は「越山会」の最高幹部という関係だった。

 しかし、当時の小沢には真剣に結婚を考えた別の女性がいた。東京・赤坂にあった老舗料亭「満ん賀ん」の若女将N子さんである。この政治家御用達の料亭の身売り話が浮上したのは、90年7月頃のことだ。

 店は苦境に陥り、赤字が膨らむ。骨肉の財産争いの過程で飛び出したのが、小沢からの資金提供だった。

 小沢はN子さんと所帯を持ちたいと考えた。しかし、角栄は首を縦に振らなかった。小沢の母親みち子N子さんも猛反対。

 結局、小沢は和子さんを選び、盛大な結婚式は73年10月29日に行われた。

 その当日、両家を大慌てさせるハプニングが起こった。式場にN子さんが押し掛けてきたのである。

 結婚後、小沢は夫人を岩手県水沢市に住まわせ、別居。そして、足繁く「満ん賀ん」に通った。以来、2人の密接な関係は20年以上も続き、彼女はこの政治家を陰で支える「女帝」になった。

 一昨年、ひっそりと店仕舞いした。永田町では、

「小沢が総理を目指して本気になった」

 と噂された。決定的なスキャンダルになるN子さんの存在を、隠したというわけである。

 そのN子さんが、小沢の隠し子を育てているという噂が広がった。しかし、父親は小沢でも、母親はN子さんではなかった。

 あの当時、小沢を追ったライターが次のように言う。

「86年2月、『満ん賀ん』の経営者夫人は根抵当権を解除した。その際、銀行に返済する資金3億4000万円のうち、小沢が2億7000万円を用立ててやった。そんな恩義もあって、N子さんは小沢と別の女性の間に生まれた男の子を引き取って育てた」

 小沢の子どもを生んだのは、帝国ホテルのパーティーで知り合ったA子さん。高校を卒業後、モデルやコンパニオン、テレビ・レポーターをしていたが、出産後、「もう二度と会わない」ことを条件に、それなりの手切れ金が支払われた。

 小沢事務所で長く秘書を務めたS・E子さん。69年に小沢事務所入りしている。小沢は「福田組」オーナーの長女と結婚。すると、彼女は小沢の側近議員の1人、松田岩夫の秘書に転じる。

 永田町の関係者が声を潜める。
「2人が愛人関係にあったのは、旧田中派では有名な話。松田の秘書になったのも表向きで、その後も小沢と繋がって、松田をコントロールしていた。彼女は小沢事務所入りした4年後に、未婚のまま男の子を生んでいる。これも小沢の子供だという噂が根強く流れた」

 小沢が、旧田中派の木曜クラブ事務局長になった82年当時、同クラブの職員として勤めていた女性がいた。親密な関係が取り沙汰されたのは、当時30歳のB子さんである。しかし、某メディアの取材に、彼女は「答える必要はありません」と激怒している。

 東京・麻布の割烹料理屋の美人ママ、K子さんとの深い仲が噂されたこともある。関係が消滅したのは小沢が自治大臣に就任した頃で、その際にも手切れ金が支払われたという。

 08年11月に永田町に出回った怪文書騒動がある。

「国民の血税で、自分のオンナを養ってもらっている民主党・小沢一郎代表」

 こんなタイトルがつけられていた文書には、当時、マルチ商法企業から献金を受けていたことが発覚し、総選挙への出馬を断念した前田雄吉と小沢の親密な関係を指摘しつつ、次のように記述されていた。

「前田雄吉のS・Y子秘書は小沢一郎代表の『オンナ』で、小沢一郎の子供まで生んで育てているのである」

 実は、ここで名指しされた女性は前述のS・E子さんのことである。

「いまだに『一郎さん』と呼ぶ関係です。だから、代議士の前田も彼女には頭が上がらず、相当気を遣っていました」

 こう話すのは、民主党議員の秘書である。

http://idols5.blog66.fc2.com/blog-entry-147.html


小沢一族の深き闇 --実母を巡る謎と「朝銀信組」の金-- / 君島文隆

小沢一族に関連する、もうひとつの不可解な事実に行き当たった。親族が、昭和六十一年五月、自宅を担保に朝銀千葉信用組合(登記簿には千葉朝鮮信用組合と記載)から三億五〇〇〇万円を極度額とする巨額の融資を受けていたことがわかったのだ。

 土地建物の登記簿を見ると、債務者は姜某という朝鮮・韓国人名の第三者になっている。


新潮45 「小沢一郎」研究

小沢一族の深き闇 --実母を巡る謎と「朝銀信組」の金-- / 君島文隆


 小沢一郎の父、佐重喜の伝記的な本『人間小沢佐重喜』(小沢一郎後援会・陸山会発行)の中で、荒木みち(小沢一郎の母親)はこのように紹介されている。

「東京に出て九段精華高等女学校を卒業。ここで後の鹿島建設株式会社社長鹿島卯女と同窓だった。父儀助は、千葉県議会議長もやった地方の名望家だった」

 今、何かと取り沙汰されている鹿島建設との強い結びつきを思わせる記述に続き、母方の家系にも政治家の血が流れていると思わせる内容である。
 
 しかし、則道さん(後藤則道=荒木みちの姪の長男。みちの実家の現戸主)は、「県議会議長なんて話は聞いたことがないな」と、当惑げに否定した。

「県会議員という話も知らない。儀助は政治的なことには無縁な人だったからね」

 後日、千葉県議会事務局総務課に問い合わせると、「そういう名前の人は、県議会議長にも県会議員にもいません」という返事だった。

 一郎には十歳違いの長姉と、二歳違いの次姉がいる。この姉たちは佐重喜が“外でつくった子”であることが定説となっている。しかも二人の姉の母親はそれぞれ違う。
 則道さんは、自分たちの結婚式の写真を見せてくれた。和服姿の荒木みちの姿がある。だがその集合写真の中に、二人の姉の姿は見当たらない。

「う?んやっぱり、本人たちもこういうところには来にくいんじゃないかな」と、曖昧に答えた。“妾の子”という言葉を、則道さんは否定しなかった。母親は誰なのか、父親は本当に佐重喜なのか、それはよくわからないとも言った。

 姉たちの“本当”の親を探すうちに、一人の男性に行き着いた。仮に、吉田泰造としよう。

 東京の北区に泰造の親戚がいることがわかった。
 来意を告げると、その未亡人はこう答えてくれた。

「小沢佐重喜さんという代議士は知りませんが、代議士といえば水田三喜男さんという名前が浮かびます。泰造さんが大変世話になった方ということで」

 水田三喜男とは、池田内閣などで大蔵大臣を務めた政治家である。

 水田と佐重喜は同世代の政治家として交流があり、囲碁仲間として親しくしていた。荒木みちと水田三喜男がいとこ同士だったという未確認情報もある。

 別の親戚は、こんな話をしてくれた。

「泰造さんの息子に二人の子どもがいて、妹さんの方が“素晴らしい家”に養女に行ったと聞いています」

 泰造の息子の子、つまり一郎の次姉の兄にあたる人物に話を聞くことができた。

「祖父の泰造が、佐重喜と日大時代のポン友だったことは知っている」

 長姉は取材を拒否、次姉は「気がついたときには小沢家の子どもでした。それ以上のことは知りません」という返事だった

 小沢一族に関連する、もうひとつの不可解な事実に行き当たった。荒木家のある親族が、昭和六十一年五月、自宅を担保に朝銀千葉信用組合(登記簿には千葉朝鮮信用組合と記載)から三億五〇〇〇万円を極度額とする巨額の融資を受けていたことがわかったのだ。

 土地建物の登記簿を見ると、債務者は姜某という朝鮮・韓国人名の第三者になっている。この人物が荒木家の自宅土地を担保に融資を受けたという体裁になっているが、実際は荒木家親族の借金だという。

 外国人参政権を強力に推し進める小沢一郎の極めて近しい親族が、在日朝鮮人を顧客とする朝銀の助けを受けていた。

 そして不可解なことに、その親族の家には、小沢一郎の逮捕された元私設秘書、池田光智が親しく出入りをしていたという。

http://idols5.blog66.fc2.com/blog-entry-145.html

小沢の嫁は、創価の幹部
 投稿者:rock @MAIL  投稿日: 04/08 Sat 18:35:29 削除


■小沢の嫁は、創価の幹部。小沢の嫁の実家の土建屋「福田組」は姉歯設計、
ヒューザー販売で耐震偽装マンションを建てている。福田組は創価大の
卒業生を、優先して受け入れている会社だ。


◆前原に続き、嫁が創価とは!政治資金が創価の嫁の実家からたっぷり入って
池田犬作の奴隷とは!

岡田といい、前原といい、小沢といい、政治屋は全部外国の手先と考えないと
理解できない。嫁が創価という時点で、一般議員はともかく、党首の資格はない。同衾している以上、潔白を証明することは不可能だ。国家を危うくする。それとも、創価が外国勢力ではないからいいとでもいうのか?

創価が朝鮮カルトであることは世界の常識だが、それでも党首なのか?

カルトのためにひそかに政治権力を振るうのか?

許されることではない。

http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/1053.html

小沢一郎・池田大作・パナマの麻薬王ノリエガ将軍の不気味情報


パナマの麻薬王ノリエガ将軍と池田大作氏
メディアが伝える創価学会 創価学会問題

なんと、創価学会員から集めた浄財を南米コロンビア産コカイン密輸に運用!
その利益は政界工作資金として自民党リーダーに渡る!

その事実はCIAが察知。

米政府はその事実を日本政府の弱点として脅迫、外交交渉の場で大いに利用。
結果、日本は国益に反しても従米政策を取らざるを得ない羽目に。

池田大作はノリエガ将軍に、麻薬取引の資金を提供していた


94年5月以来、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「小沢批判リポート」はもう一つ重大なことに触れている。(中略)

同リポートは、小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとかく会員の中でも批判のある池田大作と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に、小沢氏が協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってますます好ましくない人間だとも明言している。

実はこのくだりを読んだとき、私もひとつ思い出すことがあった。それは、ブッシュ前大統領が金丸、そして小沢両氏を思うままに操っていたころ、両氏に与えるアメ玉だけでは説明がつかないと思うことがいくつかあったのだ。

そこで、CIAに近いアメリカ人が聞かせてくれたのが、小沢氏、池田氏、そしてパナマの独裁者だったノリエガ将軍を結ぶ線だった。

ノリエガ将軍は、ブッシュ氏がCIA長官時代には、その手先となって、キューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループ攪乱に協力した。

そして、その代償として、パナマを中継地として、時にはCIAの輸送機も使ってアメリカに南米コロンビア産のコカインを輸出(?)する暴挙を大目に見てもらっていた。

このためにブッシュ氏の弱みを握ったとして、ノリエガ将軍は、ブッシュ氏が大統領となったアメリカを、好きなように操れると過信したのだ。

しかし、こんなノリエガを放置しておいたら自分の政治生命が危ないと知って、ブッシュ大統領は89年就任早々に、米軍による電撃的なパナマ侵攻をやって、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕らえ、アメリカのフロリダにさらって来た。

そして、同将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし、特別監獄の奥に閉じこめてしまった。

このノリエガ将軍が吐かされたものの中に、池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことと、このあがりから、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していた、というものがあった。

ブッシュ氏はこの自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。

この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている、と教えてくれたアジアの外交官もいる。知らぬは日本のみということだろうか。


学会員は、池田大作の「広宣流布には金がかかる」の言葉を盲信し、生活費を切りつめた金や、老後の貯え、はては全財産までも、騙し取られている。ところが、その血の滲むような金が、池田大作の手から世界の麻薬王といわれたパナマのノリエガ将軍の手に渡って、全世界の麻薬犯罪の資金源になっていたとは、学会員たちは夢にも知らないだろう。

その当時、池田は、富士の聖地にノリエガ庭園をつくり、世界中の人々に、ノリエガとの親交ぶりを誇示していた。

しかも、その麻薬で儲けた莫大利益のリベートが、小沢一郎と金丸信に渡り、その秘密を握ったブッシュ大統領が、アマコスト駐日大使を使って、日本を意のままに操っていたという。

学会員から集めた金を池田がノリエガに渡し、それが基となって、世界の麻薬犯罪となり、さらには日本をアメリカに売り渡す結果となっていたのである。

日本の多くのマスコミがこの事実を報道しないのも、池田の金の魔力に屈服していたからかもしれない。

ともあれ、ノリエガは今、アメリカの刑務所で百年の刑に服している。その一方で、池田は今、新進党と自民党を両天秤に掛けて政権を狙っている。(1995年当時)

このまま放置してよいのだろうか。ノリエガの何倍も罪が深い池田こそ、刑務所で余生を送らせる必要がある。

http://www.e-net.or.jp/user/mblu/ndb/skbk1/sg1/media/mayaku.htm


そしてCIAに秘密を握られた小沢先生は売国奴になった:


アメリカには逆らいたくない

思いやり予算、衆院通過 小沢氏は本会議欠席

アメリカにだけは楯突くことは絶対にしない。これが小沢一郎民主党代表の原則のようだ。新テロ特措法の再議決時に採決直前に議場を後にし、批判を浴びて逆ギレしたが、また懲りずに同じことをやらかした。

アメリカ軍のために経費を肩代わりする予算のことを「思いやり予算」と読んでいるが、その根拠となる新特別協定案を、自民・公明が衆議院本会議で強行可決した。民主党は協定案に反対したが、小沢代表は今回もやはり欠席した。

どうあってもアメリカには逆らわないと形で表しておきたかったのだ。そう言えば国民新党の亀井静香氏も確か「小沢氏が『大連立』構想に走ったのは、反米レッテルを張られる恐怖心からでは?」と言っていた。
http://www.asyura.com/08/senkyo48/msg/982.html


検察や警察の背後にはアメリカがあると前から書いてきました。アメリカの狙いは何なのか? 中国と密接な関係のある小沢一郎を追い込んで、独裁者小沢一郎と取引をしたのだ。

自民党政権時代も、小泉内閣や安倍内閣や福田内閣に対してアメリカは米国債を買えと絶えず圧力をかけてきました。竹中平蔵や渡辺よしみ金融大臣も郵貯資金100兆円で米国債を買えと言っていました。小泉、安倍、福田首相は内閣を投げ出す事で抵抗してきたのですが、麻生内閣でも中川金融大臣をハルシオン入りのワインを飲ませて記者会見させて失脚させた。

アメリカの秘密工作は、だんだん露骨になってきて「株式日記」では、それを暴露してきましたが、知らないのは国会議員とマスコミの記者たちばかりだ。小沢一郎も幹事長を辞任して、郵貯の200兆円を守るべきなのですが、小沢一郎は国を売ることでアメリカに泣きついて幹事長の地位にしがみついた。

もともと小沢一郎は売国奴であり、郵貯資金200兆円をアメリカに上げてもかまわないと考えているのだろう。愛国者であるならば安倍晋蔵や福田赳夫や中川昭一のように地位を投げ捨てて抵抗すべきなのだ。いったん米国債を買ってしまえば売ることが不可能になる。

アメリカが急に台湾に武器売却を決めたのも、日本の民主党政権への圧力ですが、普天間基地問題も台湾への武器売却も小沢一郎への検察の捜査も、みんな関連性があります。小沢一郎が辞任すれば民主党の親中派への見せしめになるし、小沢一郎が泣きついてきたら、郵貯の200兆円をアメリカに差し出させて検察をストップをかける。

独立総合研究所の青山繁晴氏はこのような事を知らないのだろうか? たぶん知っているはずですがテレビでは言えなかったのだろう。青山繁晴氏もこれを暴露すればテレビから下ろされるという圧力があるから言えない。アメリカは日本のマスコミにも大きな影響力があるからアメリカの言いなりだ。田中角栄も検察とマスコミによって失脚しましたが、背後にはアメリカがいる。

小沢一郎も愛国者なのなら幹事長や議員を辞職する事で日本の財産を守るべきなのですが、小沢一郎はもともとが売国奴だからアメリカに命乞いをして200兆円をアメリカに差し出すのだ。そこが田中角栄と小沢一郎が違う所だ。問題は亀井静香金融担当大臣ですが、郵政民営化に反対してきたのも郵貯簡保の380兆円を守る為ですが、アメリカの言う事を聞かなければCIAに殺されるのでしょう。

中川昭一が自殺したのも自殺に見せかけた暗殺に近い。産経新聞の記事には「株式日記」のような分析記事は書けない。キャンベル国務次官補が小沢一郎に会ったのは、検察にストップをかけるから郵貯の200兆円をよこせと言うバーターなのだろう。日本人はお人よしだからこのような謀略論には気がつきませんが、「株式日記」の目は誤魔化せない。
http://www.asyura2.com/10/senkyo79/msg/596.html


芸者殺しの小泉純一郎の方がまだ詐欺師の小沢よりはましじゃない?
wwwwwwwwww


38. 2012年6月18日 22:03:35 : GfskVV17Cs
手紙の筆跡を小沢夫人のものに間違いないと証言したのが、
高橋嘉信という時点で、こりゃダメだ。偽物と断言するようなもの。
この人物を信用してるのは小沢氏攻撃に人生かけてる者のみ。
脱力感・・



39. 2012年6月18日 22:11:44 : mP5tGcCmYI
この「人物破壊」にはマニュアルがあるように思える。
一番大規模に使ったのは創価学会だ。
「仏敵認定」した全ての個人・団体に対し
常軌を逸した中傷を行うことは良く知られている。

なお文春で思い出したが、ここも昨年行った。
「背後からの一発」という感じで、規模こそ違うが
橋下氏に対し、出自を持ち出してのネガティブ・キャンペーンを行ったことは記憶に新しい。


40. 2012年6月18日 22:15:48 : z9zEJFTsFc
>37
よっぽど暇なのかどうかはわかりませんが、長々と御苦労さま。
あまりにも長すぎてほとんどスル―状態でしたが、一言。

他人様の私生活のことをいろいろと書いて楽しいですか。
虚しくないですか。


41. 2012年6月18日 22:34:20 : vbCl7GEhwg
39さんに同意。

同じマニュアルを使って行きがけの駄賃にAKBか。


42. 2012年6月18日 22:40:49 : fuCGn1JTNo
荒唐無稽と思わないでもらいたい。

我が国には、真の意味の防諜諜報機関がない。

言わんとすることは、政界、官界、財界の中に米英露イスラエル各国の驚くべき数のエージェントが浸透しているのではないか、この疑問である。

外国には無能日本大使館は多くあるが、真の諜報組織はない。

国家機密もダダモレ状態だ。携帯も、スマホ、フェイスブック、Iパッド、ツイッターその他電波通信のすべてが、NSAで解析されている。

国民にとって、国家にとって大切な人物は、米英イスラエルにとっては不都合な人物となる。

マスゴミに情報をリークして、人物破壊の記事を書かせる、週刊文春もエージェントのひとつと思う。


43. 2012年6月19日 01:16:24 : rWmc8odQao
森ゆうこ氏
「消費増税推進派の発言はゼロ。これまでも、推進派は論理的に反論できていない。マスコミは全く正反対の報道をしているが、消費増税反対派は論客ぞろいで、論旨も明快である。推進派は、ほとんど発言しない。
総理が政治生命をかけているから従おうとか、決められない政治からの脱却という精神論ばかり。」
https://twitter.com/moriyukogiin/status/214733223815675904

精神論では前に進みませんな。ブレーキを踏み続けてくださいませ。


44. 2012年6月19日 01:22:26 : rWmc8odQao
森ゆうこ氏
「今夕の民主党調査会・部門合同会議。消費増税は、政権交代時の基本政策変更の重要問題であり、本来党大会か両院議員総会で議論すべきことなのに、決定権限は自分にあると強弁する前原政調会長。
社会保障は棚上げになっていないと強弁を繰り返す長妻衆議院議員。民主主義ではないと非難噴出。」
https://twitter.com/moriyukogiin/status/214731699840499713

前原氏…
長妻氏…
言葉に説得力がなくダメな奴ほどよく吠える。いや、騙る。そして議論を蔑にする。
そんなの議員ではない。公務員もどき。


45. 2012年6月19日 01:28:47 : rWmc8odQao
吉村作治氏
「財務省の役人だって国民の一人でしょう。雲の上の人とでも思っているのでしょうか。見方を変えますと、10%の消費税で何ができるのでしょうか。福祉を税金で賄うのは不健全だと思います。今後福祉関係の支出は増大するわけで、その度に消費税を上げていくのでしょうか。きちんと説明してほしいです。」
https://twitter.com/SakujiYoshimura/status/214523527292915713

説明されても納得いかない気もしますが…
年金から医療から、「こうなるはずだ」とか「これまではこういう計画だったから」などというゴマカシはやめて、現状をきちんと分析して計算(計画)しなおしていただかないと話にならないと思います。
もう小役人も、今までの計画の甘さを認める時期に来ていると思います。


46. 2012年6月19日 01:45:59 : F1MbBUHtbw
中国ツアー「マスコミ接待リスト」

勝俣恒久東京電力会長
鼓紀男東京電力副社長
荒木浩東京電力相談役(前会長)
笹森清前連合会長(東京電力OBの)
花田紀凱元週刊文春編集長、現月刊「WILL」編集長
元木昌彦元週刊現代編集長(日刊ゲンダイではない)
門田隆将元週刊新潮編集長
石原萌記月刊「自由」


47. 2012年6月19日 02:59:22 : IHDkRN1kEI
37>おい統一カルト、日本人のふりするな。おまえのくそコピペなど誰も読まない。

簡潔にまとめる力もない低脳よ。

おまえはパチ屋にでも行ってろ。


48. 2012年6月19日 05:36:13 : NCo1oq7wKU
>>37 長々とアクビの出るやうなクダラン駄文並べやがって満足か?
    こんなトコでセンズリこくな! 薄汚ねぇバカ野郎!
    

49. 2012年6月19日 05:37:52 : Q1AShcAlNU
枝野大臣は、福島原発事故の直後家族をシンガポールに非難させた。が、国民には
「心配ない」と発表していた。どっちが悪質か。

あれだけの異常事態の中、小沢さんが帰郷したら受け入れ側は救助に専念出来なかったろう。空き缶首相がすぐ福島に飛んだことが事故を悪化させたことを東電勝又会長は言っているではないか。

今、重大な局面にあるのは消費税増税阻止である。その問題から国民の目をそらそうと連日小沢さんの家庭内問題を非難するマスゴミには辟易する。

アメリカでも、クリントン元大統領とモニカ・ルエンスキーとの不倫問題で、猛攻撃の先頭にたったのは共和党上院議員サーモンド氏と下院議員ギングウィッチ氏だったが、前者は黒人メイドとの間に子供をもうけていたこと、後者は最初の奥さんが癌で入院中に2度目の奥さんになった女性と不倫していたことを棚にあげていたから呆れて物がいえない。
小沢氏攻撃者たちは多分、夫婦円満で家庭平和な方ばかりなのでしょうね。


50. 2012年6月19日 07:04:02 : jV47054k9M
49
貴方の意見に同意。
小沢氏を攻撃するやからは聖人君子のつもりかな、
自分達の足元を見直せ、既得権益悪役人どもと手先。
情けない連中だな、

51. 2012年6月19日 07:16:45 : U8TbhVOQwU

今小沢は スキャンダルにわざと反撃せず、『真の仲間』の見極めをしている。

何があっても揺るぎない仲間でなければ 小沢の最後の新党はぶっつぶれる。

ニセ同志を『捏造記事フィルター』にかけている。


52. 2012年6月19日 07:47:50 : dpp0eXCVak
37!
長すぎて誰も読まない!
あんたのとこを飛ばすのも時間かかって迷惑!
人の迷惑も考えない人種ってこと(笑)

京都一区の平議員が離党!
再稼働に反対で京都を救いたいのでしょうねぇ!
支持します


53. 2012年6月19日 08:00:57 : Rll5GkK2Ss
小沢がクズ週刊誌にカネをくれないからカネをくれる仙谷・野中あたりの官房機密費師弟の意を汲んで書いているのではないか。
松田賢弥もクズ週刊誌タダでは動かない。

東電も国民から世界一高い電気料金を取ってテレビ新聞週刊誌のクズに気前よくカネをばら撒く事。
悪いヤツほどカネをばら撒く。自分のカネでないからな。


54. 2012年6月19日 08:33:12 : kPpiRrj3x2
ある雑誌が誰かを叩き、別の雑誌がそれを非難するという共同作業。
それをマッチポンプと云う。
そんなのに騙されるのは日本国民では無い。
結局はマスコミは小沢氏の見方。
マスコミが見方する者は、庶民の敵。
これで決まり。
あたり前田のクラッカー。
天国から藤田まことが見てまっせ。
小沢ごときに騙されたらあきまへんで。

55. 2012年6月19日 08:50:37 : weEFwoTnDo
無党派さん:2012/06/19(火) 08:36:08.52 ID:+MahkG7J
   文春手紙   ウオッチャー    有田先生     北ーーーーw    エライ コッチャ!   いい働きしてるわーw

有田芳生?@aritayoshifu
小沢一郎夫人の「別の手紙」を夫人と交流ある方から今日拝見します。背景が見えてきました。
「こんな騒ぎになるとは思わなかった」と夫人は困惑しています。絶対ありえない出来事が手紙には書かれています。
近くまとめて書きます。今日は法務委員会。小川敏夫元法相が指揮権発動問題で質問します


56. 2012年6月19日 09:56:38 : C3ExWDHMP6
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%B0%8F%E5%B7%9D%E9%81%94%E5%A4%AB&aq=-1&ei=UTF-8&pstart=1&fr=top_ga1&b=91
下総の盗賊団、を操る、社会心理学者、検察、最高裁、自民党も、操る。

57. 2012年6月19日 09:57:47 : efMQJrHd4f
37>さん、投稿するならもう少し、簡潔に纏められないの?

無駄な時間を費やしていると思うよ。これでは誰も読まずスルーでしょう。

無駄な投稿をスクロールする迷惑も考えてね。


58. 2012年6月19日 10:17:24 : vG70eO9Ohz
武田邦彦氏
「まず「私たちにできること」、それは「政治家の資格要件は、口から出たことを違えない」ということをハッキリし、野田佳彦の言動は無視し、報道は見ないということをまずは実行することです。
野田佳彦の政策や政治的言動は政治家の発言ではありませんから、報道するマスコミな雑誌を買わないということや、自民党、公明党に抗議をするなどが私たちにまずはできることです。」
デタラメな新聞は買わない。デタラメなテレビは観ない。私たちにできることはそれですね。>11さん
    とっくに20年ぐらい前から行っています。常識ですよ。
  下らんゴミや屑の報道は信じない。信念のない議員も削除。皆さんが継続する  と自然淘汰しますよ。


59. 2012年6月19日 10:37:22 : il8UW33C8Q

>>18. 2012年6月18日 19:00:39 : a6kxdOFdPQ
小沢信者は、小沢の言うことを鵜呑みにする。


そして、18のようなマスコミ信者は、テレビの報道を鵜呑みにする。
18等は、タケシ、みのもんた、太田光、テリー伊藤、らの川原乞食の言うことをも鵜呑みにしている。

俺は、小沢一郎の言うことの方を信じるが、何か・・・?


60. 2012年6月19日 10:56:43 : VXyecWHd2Q
昔、「論語」で読んだ。「君子は過つ時も君子らしい過ちを犯し、小人は小人的過ちを犯す」。こんな内容があったはず(めんどくさいので確認せず)。

古典はさすがだ!

小沢の中傷者は、「愛人」とか「隠し子」とか「金」のみ。政策論議も世界観も一切ナシ。

小人は小人として生き、死ぬだけ。世の中には高邁な思想があり、人の為に戦い斃れる人間もいるなどということは、その少ない脳みそのなかで想像もできんのだろ。

考えてみれば、哀れな連中だ。小沢が相手にせんのももっともだ。


61. 2012年6月19日 11:07:55 : il8UW33C8Q
小沢一郎さんへ

週間文春の記事の内容が半分事実なら、最後の聖戦となるに違い有りません。

離婚したらいいでは有りませんか?
こんな女はロクな人間では有りませんよ。
すっきりして、総理への道を我々と一緒になってまっしぐらに進もう!

多額の慰謝料請求にビビルことは有りません。
原発逃亡など名誉毀損で倍返しを要求しましょう!


こうなれば、みのもんた達からも損害賠償請求をやり、「損害賠償請求会社」を設立して、マスコミからふんだくりましょう!
そのために政治家を諦めるのなら私も応援します。
それで、諸悪の根源であるマスコミが反省するならば、これもお国のためです。
(笑)



62. 2012年6月19日 11:53:41 : E2rjoi9zYc
この3年間の「検察」と「マスコミ」によるガセネタに比べると、
「文春」では小さすぎて、世間の人は騒がない。
騒ぐのは、「反小沢カルト」ばかり。
いい加減に眼を覚ましたらどうだ、立花隆・堀田力・河上和雄の3バカ・トリオ+松田某というおまけさんよ?
まあ、ムリだろな……

63. 2012年6月19日 12:08:26 : NYLJ5HeqTk
消費税増税などされれば、誰よりも一番に打撃を受けるはずの底辺(ネトウヨ)が

なんで小沢を攻撃して、野田を支援してんだ?

自分の人生もう将来がないからって、他人を巻き込んで破滅を望むのはよくないよ


64. 2012年6月19日 12:24:55 : MOmQ35pfqw
市長選前、橋下叩きに失敗し「橋下大勝」をもたらしたっけ!
忘れてませんか?週刊文春(笑)
同じことを今度は小沢一郎でするんですねぇ

文春の橋下叩きの時には
橋下が有利になるから止めてくれ!って思っていたら案の定でした。

人間って生き物は
同じことが繰り返されると裏で金が動いてる!って察知するってね
週刊現代も同じ小沢叩きの記事を載せてるようだ
官房機密費がわたっている!ってとこでしょう。
セクハラ仙谷が回しているのでしょうかねぇ(笑)

国民はいつまでもバカだと権力側の野田関係者は思っているのが
丸わかり!
それでいいのかい?国民よ!


65. 2012年6月19日 12:55:21 : ukHHH8GmAY
私は、淡々として、静かな怒りを湛えているような今の小沢氏の表情に、戦場に出る者の覚悟のようなものを感じます。愛しい者との縁を絶ち、個人としての幸福を捨て、国民のために、巨大な敵と最後の戦いに挑もうとしている。私は何があっても小沢氏を支持します。支援します。信者、カルトで結構です。

66. 2012年6月19日 13:12:01 : BEa2a89lok
松田賢弥とは嫌なやっちゃね。

67. 2012年6月19日 13:20:44 : u1MWIE0oAA
文春の、立花氏の田中角栄批判に始まる、一貫した反権力姿勢は評価できる。
そしてジャーナリスト松田氏の手段を選ばず追求する執念は特筆ものだ。

68. 2012年6月19日 13:53:49 : U8TbhVOQwU

去る4月26日 10時「小沢元代表 無罪!」のテレビ中継を聞いた時の感激は何にも勝るものだった。

今があるのはこの「無罪」があればこそ。

有罪だったら今の状況はない。

これからも 天空に遊ぶ小沢さんをしっかり支援していく。


69. 2012年6月19日 14:32:49 : aaGDCu39zg
65さんと同じ気持ち。 小沢氏を信じると言うよりも自分の眼力を信じています。

70. 2012年6月19日 14:48:07 : a6kxdOFdPQ
>59

小沢サイトは「文春記事はガセ、手紙はニセ」とは言ってないぞ。

小沢信者は小沢の言ってないことまで勝手に妄想して信じるのか?

おれは、

「文春記事はガセ、手紙はニセ」なのであれば小沢サイトで早く公表しろよ、
小沢サイトが沈黙してるということは「文春記事は事実、手紙は本物」なのか?、

ということを言ってるんだがな。


71. 2012年6月19日 14:54:26 : XhpX8jbLoU
16番>賛同します
タクシに乗っても・行きつけの理容院でも・身内でも、小沢の悪口
新聞・テレビ・雑誌の洗脳て恐ろしい
理屈で教えてやるといい争いなるので、考え替えた、相手に相槌をうってやる

そうそう、あれだけ新聞・テレビ・雑誌で小沢の悪口が出ればだれでも悪人と
思うわ、思わない方がおかしいわ
税金で食べている国家官僚が特別会計228兆円の予算に組み込まれるのが
恐いから、一蓮托生、新聞・テレビといっしょに小沢の抹殺計画を考えるのだが
仕事だよ、納税者が小沢を応援させないように洗脳しているだけだよ

どう、意味聞き返してくる

パソコンがあればネットで阿修羅でも検索してみたら、真実がのってるから
国家に騙されるくらいくやしい事はないと感じるから、面白いよ


72. 2012年6月19日 15:02:41 : tRnu4qCASo
そういや
小沢一郎て
ラッシャー木村に
似てね?

73. 2012年6月19日 15:09:09 : Hhkv17X8K6
植草氏は週刊文春の記事が小沢氏の「人格破壊」と言うが、それは褒め過ぎ。”お前の母さん出ベソ!”みたいな記事は幼稚過ぎて笑いを誘うだけ。「人格破壊」など及びもつかない。小沢氏も笑ったことだろう。
マスコミの劣化が言われるが、文春などはありもしないスキャンダルで金儲けを企む三文雑誌、馬鹿なマスコミの仲間にも入らない。
大政治家でも大経済学者でも基本は人間、いろいろ人間臭いところがあるのがよろしい。かつて、フランスのミッテランは記者に「愛人がいるそうですが?」と聞かれ「それが何か?」と答えたのは有名。愛人がいようがいまいが、政治には関係ないでしょうってミッテランは言ったわけ。
阿修羅住民ももう少し大人になろう。

74. 2012年6月19日 15:44:28 : nQPAO1hzzU
裁判で追い詰められないのでスキャンダル攻勢か。
それにしても文春系はその辺のスキャンダルネタの週刊誌に成り下がったのは当然の帰結か。
我々国民は政治家に聖人君子であることを必ずしも望んではいない。
いい政策と国家戦略を推進してもらえばあとは何も望まない。
いくら品行方正でもなにもできない議員ならいらない。
小沢さんは機会をみつけて反論すべきである。
国民もなにか勘違いしていないのかと言いたい。
総理大臣に相応しいひとはときかれれば芸能人の人気投票まがいの結果で、真の国民側にたつ政治家の見分けもつかないようでは、この国もいずれはギリシヤになるだろう。財政面でギリシヤになるのではなく、政治的混乱状況がギリシヤのようになるのです。

75. 2012年6月19日 16:38:26 : Mctuew0Ki6
私は小沢さんの嫁さんが何を言おうが、小沢さんが消費税反対である限り支持をする。
それこそ、「白い猫でも黒い猫でもネズミを捕る猫はよい猫だ」
今日本に必要なのは、官僚の支配構造を変えることが絶対に必要だ。キャリア官僚を総入替えをしなければならない。上級官僚の政治家による任用制度を創設しなければならない。
小沢さんに何人妾がいようが、隠し子があろうが、小沢さんがシロアリ退治をやってくれるかぎり、応援しなければならない。

76. 2012年6月19日 16:40:30 : bNY2sH1pH6
小沢尊師にひれ伏すバカが多いな。ここは

77. 2012年6月19日 16:51:53 : Qkfbxbj746
マズゴミの人物破壊は、チンピラと同じ。
本論(政策)と無関係の入口で、デッチ上げで言いがかりをつけ、反論すれば、
揚げ足を取るなど、少しでもつけいる隙を作ろうとする。

チンピラには関わらない事が一番。
よって、小沢先生が反論しないのも当然。

政策論で小沢先生に挑んだマスゴミ、政治家など見た事が無い(笑)


78. 2012年6月19日 17:10:18 : kirwzhYnhg
反論はいつでもできます。
その手は桑名のなんとかだ。

反論を待っているようだが
小沢氏はいたしませんよ。

かってに騒いでください。
77さん
ありがとう


79. 2012年6月19日 17:54:16 : E2rjoi9zYc
立花隆の「知性」には昔から疑いを持っていたが、
松田某には疑うほどの「知性」もないみたい。
「痴性」ならあるかもしれんけど……。
とにかく、「反小沢カルト」の連中には
小沢を語りたいなら、この3年間の「ガセネタ」の
反省を述べた後にして欲しい。
「カルト」だから、ムリだと思うが。

80. 2012年6月19日 18:05:00 : p1RWM3dTmI
震災後、まっさきに陸路で現地入りしたことは

地元民にはわかっています。

福島の某老人が「小沢さんとの握手で勇気つけられた」と語っています。

もしこの手紙が事実なら

芸能人の暴露本程度の品性のなさを感じます

この程度の女性なら、小沢さんのそばにはいない方がいいと思います。


81. 2012年6月19日 18:19:08 : A7Dv2pxWRo
週刊文春、地に落ちたものだ、買う気も読む気も失せた。

82. 2012年6月19日 18:21:45 : 7SLonCM8QE
>79
知性が正しいのではなく、松田さんのように、事実をあからさまにするのが
正しいのである。99%ガセでも1%本物であればいいのだ。



83. 2012年6月19日 19:19:06 : DEDQokEUfT
*
>>37. 2012年6月18日 22:00:43 : HNPlrBDYLM
.....................↓
#03. 【中川隆】 2012年6月09日 09:43:57 : 3bF/xW6Ehzs4I : HNPlrBDYLM
また知恵遅れが沢山湧いてきたねwwwwwwwwww
http://www.asyura2.com/12/asia14/msg/120.html

84. 2012年6月19日 19:20:17 : w9ePOcuxaM
仮に政治家の私生活がどうであれ、法に反することなく、国民幸福のために働いているのなら、だれも非難をする必要はない。
ただ文春は売らんかなの商売をしているだけだ。正に「文春とカネ」で非難されるべきもの。
まあ、無視あるのみ。この時代、こんな話はだれも興味を示す者はいない。売れないよ。ペン同志の言い合いは文春のわなだから、無視あるのみ。

85. 2012年6月19日 19:28:26 : sSCOqQmPq6
39. 2012年6月18日 22:11:44 : mP5tGcCmYI
>橋下氏に対し、出自を持ち出してのネガティブ・キャンペーンを行ったことは記憶に新しい。

血気盛んに「週刊誌 本当にバカだ」と反応した大阪の橋下市長は小沢さんの件ももちろんご承知のはず。

売り上げ激減からか、売らんが為に捏造記事まで手を出す、落ちぶれた雑誌相手に見事に無反応の小沢さんを見て、「さすがだ!」と、器の大きさを再認識されたことでしょう。

雑魚相手にしてる場合じゃないんですよね、今!

↓のツイッターも心地良いです。
http://twitter.com/t_ishin/status/149471991458570241
「人の悪口はその人の前で言えと育てられたんだ」と言う橋下さんは、「言い訳しないのが家訓」の対極の姿勢を貫く小沢さんを念頭に置いた上で、(小沢さんのことでは)ネガキャンしかせぬマスコミ相手にあえて盾となり、挑発的な発言に出ているなと感じます。

小沢さんと橋下さんは「官僚機構・マスコミと国民との距離・関係について」共通した強い問題意識をもっています。

堂々たる詐欺政党である民主党に拘ることなどありません。
潰されますから、タッグを組むのは直前にお願いしますよ!!


86. 2012年6月19日 20:08:15 : pR7j5umZXk
>76. 2012年6月19日 16:40:30 : bNY2sH1pH6
>小沢尊師にひれ伏すバカが多いな。ここは

それはちょっと違うよ。
たしかに「ひれ伏している」。だけどそれは小沢氏にではなく、
真実にひれ伏しているのだ。
どうだ。かっこいいだろ。w
きみのように権力にひれ伏す卑劣漢とはまた違うのだ。

87. 2012年6月19日 20:12:31 : DJj8SFJOYP
ジュラルド・カーティスとかいうやけに鼻の大きなアメリカ人がテレビに出ていた。消費増税で3党合意ができたことを、異常に褒めちぎっていた。なんだかおかしいなあ。この方アメリカCIAの手先だと言われており、小沢無罪判決が出た日に、記者からそのことを質問され、怒り狂ったとか言われている。
野田総理の消費増税に命を懸けるというキチガイじみた暴走も、財務省だけでなくやはり背後にダメリカがいると思わざるを得ない。戦争に負けたみじめさ。高度経済成長しても、やはりダメリカの属国には変わりないか。しかし私たち一見非力に見える庶民にも、本当のことをマスゴミが意図的に書かない、報じない真実が見えてきた。ネットの力からである。これを正しく有効に活用する知恵をこれから下々の者は持つしかない。この消費増税をひとまずストップさせることが、大きな第1歩となりそうだ。

88. 2012年6月19日 20:17:31 : dApGl4rfPA
うろたえるな小童どもっ!!ってセリフが好きです

検察が捜査報告書を捏造するほど霞ヶ関に嫌われている小沢元代表です、
どこかの誰かがかってに手紙で小沢夫人を名乗っても不思議はありません。
こんな過酷な渦中にある小沢夫人はさぞつらい思いをされてると思います。
最低限の裏も取らない(あえてスルーした)週刊文春はかつての大阪市長選同様
霞ヶ関をただそうとする人物のスキャンダルが大好きなんでしょうね。
わたしは霞ヶ関再編が待ち遠しいです。


89. 2012年6月19日 20:20:51 : BxRQSSAPXw
今の日本おかしいよ。よってたかって小沢さんをたたいている。新聞、マスコミ、週刊誌、束になってたたくこの異常さよ。       
  
 70年も生きていれば色々な事があるでしょう。それを人の事を批判したりする他の政治家、コメンテーター見苦しいよ。

90. 2012年6月19日 20:39:19 : XJ1zGpaOzk
先日の石破議員の発言といい、
今日の参議院法務委員会での森まさこ議員の発言といい、
小沢氏批判を聞いていると
永田メール事件ならぬ和子からのレター事件は

あれ?もしかしてこれは逆作用して
自民党へのひっかけだろうかとさえ思えてしまう。。。

小沢氏を和子レター問題で批判する政治家やマスコミ、雑誌らは、
みんなで渡れば怖くないってやつでしょうか?

ホイホイに自らはまってゆきますね〜。


91. 2012年6月19日 20:55:45 : th6NRzQ9p6
正しい国益擁護議員達にお願いする。
第三次世界大戦はかならず、かならず来る。
避けられない。

☆債務超過破産・軍事大国は自分の解決策に必ず出る。
彼等は方針を固めている。
まともな国に戻る道への修正は無い。

すでに戦争誘導は静かに大規模に始まっている。

☆日本国内戦争協力スパイ権力から国民を守って欲しい。なんとしてでも危険なアメリカとの腐れ縁を断たなくてはならない。日本は必ず巻き込まれる。そうしたら、徴兵制、軍国教育、餓死者、戦死者、負傷兵、外国人資本家の独占、警察不在犯罪横行の最悪の治安、監視社会、不当裁判、半強制的労働だ。考えたくもない。

☆日刊ゲンダイ、東京新聞等まともなメディアは、今後、戦争反対の旗幟を鮮明にして欲しい。
敵は戦争準備をしている。すぐには来ないだろうが。世界の悪党どもは、既に戦争への、大きくて長い線を引いた壮大な計画に、スタートボタンを押しているはずだ。それは動き出している。

懸命に戦争準備からは人々の関心をそらせている。これは決意を固めた者達の行動だ。
腹は戦争だ。リストラ寸前、失業寸前の兵士達は次の大きな稼ぎどきを待って訓練に励んでいる。

ベトナム冷戦対立画策戦争、湾岸石油泥棒戦争、イラク破壊強奪戦争、アフガニスタン破壊戦争、リビア強奪戦争、現在はシリアで戦争中。

311日本テロでかなりつまづいている。911テロと同じ露見の失敗だ。しかし、10年前の911テロ。首謀者は誰も捕まっていない。それどころかテレビで大きな顔をしている。311にしても同様。連中は簡単には、死なない。そういう奴等が本気で大戦争の準備を進めているのだ。日本に出来るのは、安全圏への離脱のみだ。

この戦争反対の立場には、パラダイムシフトがある。不可欠だ。陰謀論の真相も総て語られることになる。勿論売国奴達の正体も。日本の活路の探求も。
日本は戦争反対には動く。


92. 2012年6月19日 23:00:13 : ZhpePlsl4M
文藝春秋社を潰す好機到来ですよ。

93. 2012年6月19日 23:05:25 : p9B89YgNYw
文春新潮、同じようにダメになってきている、
売れないのだろう、貧すれば鈍するの典型

デフレが続くとこういうことになってしまう、

以前は良く買っていたが、買うのがもったいないと思うようになってしまった。
週刊誌も政治無策の犠牲者
明日はわが身の消費税増税日本


94. 2012年6月19日 23:29:02 : mve6J9ovEM
今回の場合は有権者にとって判断材料として重要な点が含まれているので、事実と違うならきちんと反論するよう求めることこそ、評論家が言うべきこと。
植草は小沢のことになると態度が甘すぎて話にならないな。
まあオレは小沢が反論しなかったら記事を認めたんだと見なすけどね。



95. 2012年6月19日 23:47:29 : 8J6kAIEgps
アンチ小沢軍団や工作員達がいくら小沢氏を罵倒しても意味無し。

まず小沢サポーターである人達は小沢氏にその政治能力を期待しているだけで、清廉潔白を信じているわけでもなんでもないから。 スキャンダラスなこと挙げてネガティブキャンペーンしても無意味。 良い政治家というのは別に聖人君子である必要は無し。 故田中角栄氏みたいに必要なだけの人も金もうまく生きるように使って日本の未来を拓こうとする人。

それに、小沢サポーターの方々以外の多くの国民も、くだんの魔女裁判や野田民主Bのクーデター政権による暴走を見て、官僚やその支配下のゴロツキ政治家、ペテン報道ばかりのマスゴミ等の腐敗ぶりに嫌気がさしているだけ。 アンチ工作員達はいまだにピント外れなことばかり続けている。


96. 2012年6月20日 01:06:55 : Glt7A88w6E
76ばんへ

じゃあ来るなよ、気持ち悪いから。


97. 2012年6月20日 01:13:36 : Glt7A88w6E
77番さん

ほんとにその通りです。チンピラの言いがかりみたいなものですね。
関わりあうとこちらのエネルギーが取られてしまいます。相手にしないことですね。

文春とゴミ売り新聞は政策論争で正面から挑んでこない卑怯者ですね。


98. 2012年6月20日 07:39:34 : DEDQokEUfT
>>24. 2012年6月18日 19:58:18 : rwSKXZTEq6
http://www.asyura2.com/12/senkyo128/msg/467.html?c26#c25
>>37. 中川隆 2012年6月18日 22:00:43 : HNPlrBDYLM
★ 木卯正一 2012年6月08日 03:58:52: xdAt6v.ugMgqA
---
メガネにサスペンダーデブの仲間3人のうち2人も「植草ブログ」に絡み、阿修羅で街宣している。
つまり、マスコミのチンピラ化とチンピラのマスコミ化が同時進行している。

99. 2012年6月23日 20:19:31 : FW9hQyksLg
今まではマスコミの報道を、批判してきたけど、マスコミが、報道しないことで、小沢サイドの圧力がかかっていると、言われかねませんね?

100. 東京人 2012年6月25日 01:50:33 : wc/AxW/x/o8MI : 9Obbb1OecA
判断保留・・・・。
ところで小沢小沢って騒ぎ過ぎとちゃうか?確かに消費税増税やら原発事故処理やら野田政権&自民党のやってることはしょもないけどな。だからと言ってなんでも小沢あるいは橋下まかせかい。確かに今更、社民・共産はないかもしれんけど。

そもそも現状に対する不平不満の持って行先が今は小沢、橋下、あるいは石原、ちょっと前は民主党、その前は小泉だったりしたんやなかったのかい?てっとり早くとりあえずの「有りもの」を見繕って碌に考えもせずに盲目的に支持する、そういう皆様の安直な態度が週刊誌の煽り記事やらの場外乱闘の温床になっとるんやないのかい?

頼れる他人になんとかしてもらおう、ゆう気分が強すぎるんとちゃうか?だからその「頼れる他人」がどうだこうだという煽りが入ると大騒ぎになるんやないのかい?民主党にしても維新にしても小沢一派にしても小泉チルドレンにしてもおおよそしょーもない寄せ集めの有象無象やないか。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

     ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK131掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧