★阿修羅♪ > 議論31 > 235.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マクロな政治現象から見ると、仏テロ事件は、中東等で失った権益に対する仏人たちの意趣返しから始まったと見る(仮説)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/235.html
投稿者 仁王像 日時 2015 年 1 月 22 日 20:06:46: jdZgmZ21Prm8E
 

 フランスは古くから中東、北アフリカに関わってきた歴史があり、そこから積みあがってきたインテリジェンス網がある。これらの地域についての情報では米国に優とも劣らないと思われる。
 だから、今回の新聞社襲撃事件が米国に嵌められた結果ということは考えにくい。嵌められたのなら事件直後あたりにフランスのインテリジェンス部門は気が付くはずだ。

 フランス当局が事を仕組んだとも考えにくい。何を目的にしているのか。これを契機にイスラム国に地上戦でも仕掛けるつもりか、ということである。そんな動機もなく、もし単独でそんな行動にでれば、米国以上に手ひどい目に遭うだろう。
 冒涜マンガで、世界中のイスラム教徒が激しい抗議の嵐を巻き起こしているのに(文明の大衝突)、オランドの反応は「表現の自由はフランスにとって原則であり基本的な価値だ」などと寝ぼけている。

 筆者の頭に漠然と浮かんでくるのはこういうことだ。
 中東・北アフリカの広汎な民衆蜂起があり、続いてイスラム国のあっという間の誕生、サイクス・ピコ国境線の破壊という衝撃的な出来事があった。現代史(世界史)の大きな激変である。そこにフランスが長く培い支配してきた歴史のさまざまな遺産が崩壊した・失われてきた。
 こうした中東・北アフリカの目覚めに対する仏人のたちの深層に焦り・悪感情・無念さ・古への憧憬など渦巻き鬱憤が蓄積してきたのだ。これらがフランスの諷刺文化とやらの手段を通して「度を越した悪ふざけ」となり、これらの地域への意趣返しとなって噴出した。すでに、これらの地域には力ずくで抑え込むことはできないことが分かってきたので、預言者を冒涜することで意趣返しをした・しているとの見方ができる。
 今回の事件には、大航海時代からの血なまぐさい歴史を覆い隠す「レイススト」などという”洗練”された概念を生み出してきた西洋が、これをかなぐり捨て祖先返りをしてその本性をむき出しにした瞬間でもあった。

 仏人たちが中東・北アフリカ、イスラム圏に仕掛けた文化・文明戦争ある。これに対してイスラム圏を代表してのジハーディストがジハードで応戦したのである。仏人の半数以上が冒涜マンガ掲載に賛成なのも異常である。オランドも同じ心情を共有しているのか寝ぼけた発言に終始している。英独なども同じ傾向なのであろうか。多くの日本人もこんな醜悪なマンガの掲載には不快感を示すのではあるまいか。中東・北アフリカに対する仏人独特の暗い情念がとぐろを巻いているのではないかと推測されるのである。このまま放置しておくと、文明の大衝突に発展していく。
 以上、陰謀論とは無縁のシンプルな構造である。非力ながら、さしあたりの仮説としておく。

 (関連)
http://www.asyura2.com/14/warb14/msg/245.html#c12

・Re: 大デモによって、欧米的価値観が絶対的なものとして全世界に押し付けようというのか〜事件は却って再発する可能性
 http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/775.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 1 月 12 日 22:05:34: jdZgmZ21Prm8E  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年1月25日 13:51:27 : Ma5RZiiuic
「悪魔の詩」でイスラム教徒を挑発したイギリスは、ベンガル分割をしたイギリスでもある
このベンガル分割案で成立したのがバングラデシュで仏教徒殲滅を実行
またタイではイスラム教徒から仏教徒へのテロが続出 欧米が介入の機会得やすい
ボコ・ハラムのナイジェリアはシェルの支配下にあり、過激派掃討の名目で英軍が介入できる
またフランスはイギリスに劣らずイスラム圏に利権あり 今回のテロ事件で事実上戒厳令・軍部と内務省の権力巨大化
「イスラム脅威」を活用した軍国主義体制構築に成功

02. 仁王像 2015年1月25日 14:37:58 : jdZgmZ21Prm8E : UT0NodFx4o
 水野氏は、西欧の終焉を謳い、資本主義の終焉を謳っている。
 EUの大国フランスも周辺国としての植民地を失い、中東・北アフリカに遺された影響力・遺産も失おうとしている。
 国内の失業率は10%台ということだから日本以上にひどい。国内に周辺を造り上げているから、これまでの中間層も悲鳴を上げ始めているのではないか。そうした想いは中東・北アフリカへの権益を失うことへの焦り、無念、憧憬と重なって今回の冒涜マンガ事件に繋がった、と見ることは本文を補足することになる。


・Re: 欧州危機が告げる本当の危機とは? EUですら結局は資本の論理に巻き込まれて…(失業者の増大と低賃金)/水野和夫
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/238.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 1 月 25 日 09:50:52: jdZgmZ21Prm8E


03. 仁王像 2015年1月28日 20:06:36 : jdZgmZ21Prm8E : cyKyP2dpxk
 (鬼塚本から一部引用)

 「大砲を撃ち合うだけが戦争ではない。外交的策謀も、世論操作も、テロリズムもすべて戦争である。欺し方が悪いとか、善意がないとか、平和的でないとかは、戦争のなんたるかを知らない平和ボケした人間の妄言である」。
【出典】「“反日”の秘密〜朝鮮半島をめぐる巨大な謀略」鬼塚英昭/成甲書房‘14年

 西側諸国の言う「テロ」には、悪であるという含意がある。
 だが、イスラム圏からすれば「ジハード」と言ってなんら差支えない。「ジハード」は単に、銃をぶっ放すだけではない。宣伝戦・世論工作も含まれる広汎な政治活動・運動でもある(血を流さない戦争)。
 日本人人質を盾にした、今回のイスラム国の活動はジハードそのものではないか。誕生して半年ぐらいのイスラム国としては、どうしてどうして善戦しているではないか。


04. 仁王像 2015年2月01日 20:07:38 : jdZgmZ21Prm8E : log3SYErRc
http://www.asyura2.com/14/kokusai9/msg/755.html#c13
 >イスラムというのはもともと「平和な家」という意味で、平和を求める宗教なのだが、どこかで解釈が違ったっていると考えられる。そんないろいろな解釈を与えたというのは、私は、欧米の軍事介入が大きく作用しているのではないかと思う。
 風刺画に対しては、表現の自由ということがあったが、イスラム教徒の側からすると預言者ムハンマドを風刺画として表すことは、宗教に対する侮辱と捉えられても仕方ないかなと思う(現代イスラム研究センター理事長・宮田律の話)。

 上のコメントはわざわざ識者に聞かなくても普通人が自然に思うことである。イスラム過激派やイスラム国は欧米の産物であり、歴史的必然なのだ(陰謀だの黒幕だのと本線から外れた話ではない)。

 冒涜マンガに対しても世界中のイスラム教徒が広汎な抗議の声を上げている。ただ過激な行動にはかろうじて走っていないだけである。事件直後、フランス国内のイスラム教徒の一部には、「当然の報いだ」と語る者もいたのだ。
 かつて「悪魔の詩」が問題になったとき、国内の日本人のイスラム教徒(かつイスラム関係者とも思われる)が、声を荒げて怒っていたのをありありと思い出す。
 4日には、例の新聞の最新号が出るという。フランス人の社会病理学的解析も必要になってこよう。EU終焉の幕開け現象の一つなのかもしれない。


(ボタンの掛け違いが鬼っ子を生む)
http://www.asyura2.com/15/senkyo178/msg/812.html#c7


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ