★阿修羅♪ > 議論31 > 400.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
沖縄基地問題・集(仁王像 ’14〜’15年)
http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/400.html
投稿者 仁王像 日時 2016 年 8 月 26 日 20:17:07: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc
 

沖縄基地問題・集(仁王像 ’14〜’15年)

・元米陸軍情報将校が緊急警告、中国の脅威で米軍は沖縄から撤退したがっている! 2014年09月04日
 http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/766.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 9 月 27 日 21:24:12: jdZgmZ21Prm8E

・沖縄への基地集中、1950年代:約13% 1972年:約58% 現在:沖縄約74%という歴史的事実をしっかり踏まえること
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/287.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 9 月 26 日 17:55:39: jdZgmZ21Prm8E

・沖縄の反基地闘争は「勝ったときが見通し」なのだ。日本の完全独立に直結する最重要課題にいささかの揺るぎもない
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/283.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 9 月 14 日 20:04:14: jdZgmZ21Prm8E

・翁長知事へ心からのお願い。「埋め立て承認を取り消して下さい」という男の無責任と思い上がり
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/282.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 9 月 12 日 16:04:30: jdZgmZ21Prm8E

・翁長知事の辺野古への基地移設は「不可能」との言葉のズシリとした重み
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/278.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 8 月 29 日 16:21:52: jdZgmZ21Prm8E

・Re: 完全独立へのプロセスの突破口は沖縄の基地縮小から
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/160.html
 投稿者 仁王像 日時 2014 年 2 月 27 日 20:33:31: jdZgmZ21Prm8E

(憲法関連)
・Re: 憲法の形骸化や空洞化はすでに深く進行していてその延長線上に今回の戦争法案の強襲があるのではないか
 http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/227.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 9 月 18 日 20:22:42: jdZgmZ21Prm8E

・違憲の自衛隊創設から始まった数々の憲法空洞化を経て戦争法案に至った今日までの罪の深さの検証も必要
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/285.html
 投稿者 仁王像 日時 2015 年 9 月 19 日 17:01:24: jdZgmZ21Prm8E  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 仁王像[1038] kG2JpJGc 2016年8月26日 20:40:33 : aykyrS1EJc : CWS9h51qTI0[1]
・Re: 日本における米軍基地を段階的に縮小する道を探らなくてはならない/寺島実郎
 http://www.asyura2.com/13/dispute31/msg/158.html
 投稿者 仁王像 日時 2014 年 2 月 25 日 20:50:16: jdZgmZ21Prm8E

2. 2016年9月25日 04:39:46 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[314]
土地の所有権とは本来住民が個別に抱えているのだから、住民がそれぞれ裁判を起こせばいい。景観に関してはそこに居住する人間にも、そこを訪れる人間にも平等に美観と景観を保護し維持する権利というものがある。われわれはこれ以上負の遺産を残すかどうかを自らの意思を発動する権限もある。
ごみ屋敷の強制撤去の例を見れば納得できる。どこからどこまでが共有の財産か、そして何を負の財産として共有しているかをこの国に住む人間は沖縄県民同様にいま、認識する必要がある。

美観を維持、保護するための健全なる理由とするものをわれわれは持つことができる。さまざまな人々の人間的価値観に照らして、それが生活にどう影響し、また打撃を与えるものかをそれぞれの観点から見直し統合する用意をすべきである。

この問題はそれぞれの県知事が同様に、自分たちの県の抱える最重要文化財がもし同質の理由で破壊される危機に瀕した場合、どのように対処するかシミュレートすることだ。同時に日常のありふれた生活領海内の景観が汚染されることになった場合、どうした態度を表明するか。その場合を考えることくらいはすべきである。
できれば県民にアンケートをとり、その結果を公表するというのも面白い。

美観の損失が経済的価値資質の破壊になりうるかどうか。そこを守る人々に対してどういった影響が出るか。司法の判断、制裁はどのような圧力として人々にのしかかるのか。あらゆる判断と措置の提案がなされることを期待して行うのである。

われわれは今一度人間的価値というものを人々の意識の中に定義しなおさなくてはならないのかもしれない。戦後70年の呆けた時代を経て、まったくその頃のまま保存されてきた問題が、いまや再度テーマとして浮上しているのである。ここにある人間はそれに対処しなくてはならない。

改めて、人々の真価とは何か。結束とは何か。人間的価値観というもののよしあしをここに決する時である。

人はただ劣悪な環境の中に、その成長過程にある美的感覚を圧し殺し、再び絶えがたきを耐えて生きていけばそれでよいというのか。それへの答えをそれぞれの胸に問うのである。もしそれでいいとするなら、それでは、そもそも人間としての行き場、価値を示す生き方自体、われわれの意識の中から必要されなくなってしまうだろう。

国も必要なく、何かを所有、証明する必要も、そこで租税を支払う必要もない。そこではすべて強制的に侵害されうるものであるからだ。

人間のおごりとその反面のていたらく。あまりにも精神性が低いままわれわれは生きてきた。生き物としての人間など、誇らしげに語れるものは何一つなくなってしまうだろう。

自然な景観への人的行為による破壊が人体に与える影響は如何ほどなものか、政府が動かなければ海外の機関の協力を仰ぐ手もある。科学的にストレスの数値などを証明することが必要だ。そしてそれを認知徹底することも必要だろう。

特定の人為的目的達成を理由に景観を壊す権利などそもそも存在してはいけない。

国という横暴性は誰のために執行されるのかを考えなくてはならない。その時点で、沖縄の人間がすでに党の国家に蹂躙されているというのはまったくもって不可思議でこっけいかつおろかで忌まわしい事態である。誰のための国家であり、誰が存亡の危機に瀕しているのかを明確にせねばならないだろう。

強制執行というものは、悉くそうした生存権を有するすべての権利の侵害にあたる行為だと理解する。

ある種平等に与えられているはずの権利が沖縄県民だけ侵害されているという事実に対して、それ以外の人間は関係しないといった話ではない。

この問題そのものが原因で過度に強いストレスを受けている住民は多い。
(国家)権力の横暴とはそこにある。その権限の行使は現段階で免れないとしても、精神的な保障に対する賠償の請求はそれなりに成果を挙げるだろう。

福一原発のこのたびの雨量による増水でどれだけ海水に汚染水が混ざりこんだか。
そうした責任の所在を考えても、それら汚染の根本的原因を作った責任の一端を国民にかぶせるなどとは理解に苦しいものがある。

国家的判断とは常に国民全体の判断とは一致しない、けして一致してはならないものである。

知らず知らずのうちに政府主導の下、誰もが容認できない無責任な行為のツケをうやむやのまま国民に押し付けようとしているというのは看過できないものがある。

原発問題だけを見ても、自然環境の人為的破壊による人体への悪影響は(和解)金品などで清算できるものではないことは誰でも理解できるものである。

なぜそこに人の弱みが据え置かれたままか。われわれは積極的にこの問題を解消する為に動かねばならない。

事後に何か起きても、その責任は当時の政府の決定にある。そしてその責任所在は現行の政府に受け継がれてある。それを認識できないものが政権を担うことはできない。それができないのなら、そうした政府の体制を存続すべきでもないはずだ。

政府の決定は国民の意思が反映された決定とはならない。議員選出の方法もいい加減変えるべきであり、そのことはわれわれ国民の責任といえる。

それだけでも沖縄同様、われわれひとりひとりは国に対して提訴できる問題をおおく抱えている。


司法に対してもそうした責任の一端を追求すべきである。その責任を果たすことを求めることができるはずだ。これ以上馬鹿な国家は続けていく価値はない。われわれにも義務はない。追求すべきは、国というよりこれは現行政府の面子の意思決定に対する責任問題である。

弱き立場を守るということができない国のあり方、その動かし方。そこにそれら面子の人格が浮かび上がる。もちろんその人格のレベルは最低である。

そこに育つ国民性を以後、どのようにコントロールし維持していくとするのかははなはだ疑わしい。私は強行に権限の力を行使して出来上がった体制はそのまま強硬な姿勢を維持していくとしか理解できない。蹂躙された人々はその記憶を元に抑圧された心理をいつまでも抱えていくことになるだけである。

戦後70年、この国の人間はただ問題を棚上げしたまま、誰も何も変えようとしてこなかった。そこに人間的な進歩進展はない。かつてのよきころの日本などというものはその間まったく存在していない。ただ呆けるように日常を繰り返すだけに仕立て上げられてきただけだ。しかし、それでもその間、変革の希望種が蒔かれたのはいいことである。


3. 仁王像[1219] kG2JpJGc 2016年12月01日 20:09:35 : iBYvyBsRQY : x5S8LJiZld4[1]
・沖縄には易姓革命思想がある〜沖縄問題は思想問題であり、対処を誤ると日本の国家体制が内側から崩壊する危険性がある/佐藤優
 http://www.asyura2.com/16/senkyo216/msg/790.html
 投稿者 仁王像 日時 2016 年 12 月 01 日 20:05:46: jdZgmZ21Prm8E kG2JpJGc

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 議論31掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
議論31掲示板  
次へ