★阿修羅♪ > 原発・フッ素34 > 577.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です」山下俊一(秋場龍一のねごと)
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/577.html
投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 11 月 07 日 09:30:00: igsppGRN/E9PQ
 

              長崎大教授、山下俊一さん


「ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です」山下俊一
http://akiba1.blogspot.jp/2013/11/blog-post_7.html
2013年11月7日 秋場龍一のねごと


「ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です」山下俊一
2011年3月18日といえば、原発が爆発し、日本中が放射能の恐怖に慄いていた渦中だ。

その日、福島県立医大の大会議室で、ある講演会が開かれた。

集まったのは、被曝医療に携わる300人の職員。

テーマは、火急に選択が迫られた「安定ヨウ素剤の必要性」である。

講演者は山下俊一長崎大教授。

そして彼は、ヨウ素剤の摂取は必要でないと、その使用を否定する。

さらに、こう付け加えた。

「ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です」

いったいいつ、日本は「原発立国」になり、ぼくたちはこんな「宿命」を背負わされたのだろうか。

この言葉に、山下俊一という人の全人格が表現されているのではないか。

そして、そんなパーソナリティを有した者が、この日以降、福島の人たちの被曝医療の中枢を担うことになる。

(参考資料・引用『朝日新聞』プロメテウスの罠、医師、前線へ20「ヨウ素剤信仰だ」2013年11月7日)


           ◇

(プロメテウスの罠)医師、前線へ:20 「ヨウ素剤信仰だ」
http://www.asahi.com/articles/TKY201311060676.html
2013年11月7日05時00分

 福島県立医大の学長兼理事長、菊地臣一(きくちしんいち)(66)は、長崎大教授の山下俊一(61)が福島入りした経緯をこう記憶している。

 2011年3月14日朝、県立医大内で放射線の危険性を話せる人物の人選を始めた。職員の放射能への恐怖心が強かったためだ。

 乳腺・内分泌・甲状腺外科教授の鈴木真一(すずきしんいち)(57)に意見を求めると、鈴木は「わかりやすく、科学的に話ができるのは山下先生だけだ」と山下を推した。ほかの医師も山下の名をあげたため、決めた。

 17日。菊地は面識のある長崎大学長の片峰茂(かたみねしげる)(63)に電話をし、山下の携帯番号を聞いた。菊地は山下の携帯に電話し、こう依頼した。

 「福島に来て、みんなに正しい科学的知識を提示してくれないか」

 長崎大は山下派遣を内々で決定。福島県側に知事名の要請書を求め、福島県庁からファクスで送ってもらう。福島県知事の依頼を受けた上で長崎大は正式に山下を派遣した。

 大阪空港経由で山下が福島に入ったのは18日午後。午後6時からの県立医大の職員向け講演会に登壇した。同僚教授の松田尚樹(56)、高村昇(たかむらのぼる)(45)も一緒だった。

 大会議室で行われたこの講演会には300人の職員が集まった。多くの職員が放射能対策のマスクをつけたまま、話に耳を傾けた。

 山下は最後にマイクを握った。

 話の要点は安定ヨウ素剤が必要か否か。山下はチェルノブイリ事故も例に出し、不要論を展開した。

 (1)安定ヨウ素剤で甲状腺がんが防げるという誤解が広がっているが、「ヨウ素剤信仰」にすぎない。日本人が放射性ヨウ素を取り込む率は15〜25%。4、5割を取り込むベラルーシとはわけがちがう。

 (2)20キロ圏、30キロ圏以西の被曝(ひばく)量はおそらく1ミリシーベルト以下。チェルノブイリと比べて被曝量が微量なので、日本政府も安定ヨウ素剤服用の指示を出さない。

 (3)服用マニュアルは数々の欠点がある。使われないことを祈る。

 最後、こう職員を鼓舞した。

 「ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です」

 講演は約1時間。山下は終始、自信に満ちた表情だった。

 だが、話がすんなり受け入れられたわけではない。講演会後、長崎大助教の熊谷敦史(40)は「上層部が院内を鎮めるために話をさせた」と怒る医師の姿を見た。

 (麻田真衣)

    *

 【プロメテウス】人類に火を与えたギリシャ神話の神族

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年11月07日 09:55:43 : 0VgBMOOMvM
これはこれで置かれた状況のしょうがないを確認する作業では
筋が通ってるけれど(特に福島では)、酷いネタバレだな
今になってネタバレするか

今まで半分かそれ以上でわかりつつやってきたことでしょ、
しょうがないでしょって、確かにそうだけれど
今度は原発銀座の福井で起きればまた同じセリフを使うのかな


02. 2013年11月07日 10:26:35 : m4IOaJiYjs
山下ー鈴木ラインで、大したことはないと同僚たちに、見栄を切った手前、その後の甲状腺検査で異常が現れても必死で、放射能の影響を否定するわけだ。

もし、勧奨に従って、その後、健康被害が出た場合、県立医大の医者は福島県、大学当局、山下ー鈴木ラインを原告として損害賠償請求できる。

虚偽、偽計を以って健康被害を出したことが明らかな場合は、刑法犯にも該当する。

自覚はあるのだろうか?学者としては、相当ヤバイことを行っている。

ヤブロコフ博士たちは、チェルノブイリ原発事故を総括して、以下のように述べている。

>1986年4月(事故直後)に、安定ヨウ素を供給できなかったことが、汚染地域に住む人々の間で、本質的な犠牲者を増やすことに繋がった。
・・・・
原発を有する国々は、未来の原発カタストロフィーに対して、すべての国がヨウ素剤を備えることを支援しなければならないのは、明らかだ。

Failure to provide stable iodine in April
1986 for those in the contaminated territories
led to substantial increases in the number of
victims・・・・・・
It is clear that every country
with nuclear power plants must help all countries
stockpile potassium iodine in the event of
another nuclear plant catastrophe
以下の事柄に根拠があるとは思われない。

>日本人が放射性ヨウ素を取り込む率は15〜25%。4、5割を取り込むベラルーシとはわけがちがう。

20キロ圏、30キロ圏以西の被曝(ひばく)量はおそらく1ミリシーベルト以下。


03. 2013年11月07日 10:44:47 : ns82BjIknh
アメリカという悪魔と契約して富を貪った日本には
当然、その契約に伴う債務を履行する必要があってな。

厳しいもんだよ。悪魔との契約というものは。
逃れられた者は居ない。


04. 2013年11月07日 10:58:09 : asQab0oZ5c
福島にいようと長崎にいようと逃げ出しようがないだろう。原発受けいれた以上どうしようもない。ほんとのこと言ってるだろ。各地の住友化学の工場には核燃料棒のカスが何万本も山住になってるし、8000ベクレルの焼却灰が全国いたるところの水源地にそのまま埋設されてるだろう。もうだめですよ。

05. 2013年11月07日 11:40:59 : 6ElvEZ6gww
医者がステージIVの末期がんの患者にむかって
(相手が年寄りならば)もう十分生きたでしょ、とか
(問診というあらさがしの結果)〜してた生活してたでしょ、
もう癌になることは分かってたでしょと
その後は沈黙が続くが、沈黙の間に悟らす言葉は(・・・死んでも仕方がないよね)

以上は、治療を放棄した観察に重きを置くようなヤブ医者が
いかにも語りそうな口ぶりだよなあ(呆)


06. 2013年11月07日 12:12:30 : ni7urtPgoo
-------ぜひ逃げ出すことのないように。事故による被曝は地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命です

宿命だから、逃げ出さず被曝を受け入れよ、と言っている。案外真実を突いているともいえる。
いやいや山下は単に官僚の走狗、真実など語るわけもない。その走狗たる真骨頂は安定ヨウ素剤
の服用否定にある。およそ常識に反することを要請したのは官僚の指示だろう。いくら山下が
鬼だとしてもそこまで馬鹿ではないだろう。

実際福島県はゆいいつ住民にヨウ素剤を配布した三春町に回収を命じている。ところで福島医大の
面々は自分達だけこっそりヨウ素剤を服用している。世界中どこで聞いてもこんな恥知らずな医師
たちはいないというだろう。


07. 2013年11月07日 13:01:24 : heVtmrgEsA
世界一の地震大国である狭い日本に多くの原発を増設した。
その結果、核地雷を埋め込まれて恫喝され続ける奴隷国家が出現した。
日本の電力会社・メディア・政治家・官僚は外資に支配されている。
明治以来の奴隷国家日本のなせる業です。

[12削除理由]:重複コメント
08. 2013年11月07日 14:03:51 : M7U3L8Yt6I
この山下講演の結びの言葉は、福島県立医大の医師たちに向けたもので、

「動揺せずに、逃げ出さずに、医師として職場にとどまり、職責を果たせ」

と鼓舞している。そしてなぜそうすべきかの説明として

「それで被曝したとしても、それは、地震列島にたくさん原発を作った国で、
これまで医師という光栄ある地位を享受してきた諸君の、受容すべき運命だ」

と言っている。
2011年3月18日の福島で、医師たちに言う言葉として適切である。

講演の場に一般市民はいないのだから、
一般市民に「宿命だから逃げるな」と言っているわけではない。
それを、あたかも一般市民に向けて言ったかのように批判するのは不当である。


09. 2013年11月07日 15:54:28 : d0FNn9S7Ms
>そして彼は、ヨウ素剤の摂取は必要でないと、その使用を否定する。
そりゃ山下教授は「被曝モルモット」のデータが欲しいワケですから、ヨウ素剤は飲ませたくなかったでしょうね。

「チェルノブイリ原発直後に、隣国ポーランドでは、国をあげて子どもたちに安定ヨウ素剤を配布し、そのためにポーランドの甲状腺発生はチェルノブイリ原発以降もゼロだったのです。」
チェルノブイリ事故では、ポーランドが国を挙げて安定ヨウ素剤を全ポーランドの小児の90%に一回だけ配布いたしました。そうしなかった隣国のウクライナやベラルーシでは小児の甲状腺癌が増加したのに対して、結果的にポーランドでは甲状腺癌増加は認められませんでした。
http://www.asyura2.com/12/genpatu29/msg/864.html
山下俊一教授の調査・研究によると“福島県の子供の10人に一人は癌になる”
http://www.asyura2.com/12/genpatu28/msg/578.html
山下教授は、福島県の子供の「甲状腺エコー」写真を米国で大量に公開していた
http://www.asyura2.com/13/genpatu34/msg/247.html#c7←コメント07


10. 2013年11月07日 16:08:54 : bqHxcsxjW6
 
しかし凄いわ、この山下っていうゴキブリ以下のジジイの三枚舌。
ユダ公に、日本人の大規模被曝実験データを提供する約束したってのは、どうも本当っぽいね。

http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-570.html


11. 2013年11月07日 16:11:29 : m4IOaJiYjs
相手がだれであれ、同意を得るには、すべての情報公開が欠かせない。

山下情報が、その条件を満たしているとは思わない。

結果的に、>>06氏が言うように、県立医大の医療関係者たちは、山下勧奨とは、異なる判断をしたわけだ。


12. 2013年11月07日 17:22:04 : Q1h9mUV12k

山下の顔つき見ればわかる、「完全にイカレテしまってる」。

人もいろいろ、その程度でいいんでは。



13. 2013年11月07日 18:45:37 : kpT9H45Rkw
>>08のような知性欠如の恥知らずが、よくぞ湧いて出るものだ。
「地震国で原発立国を進めてきた日本の宿命」など、一般であろうと医師であろうと、認めて自覚してきたものではない。

そうではないということを、つまり、原発は安全だということを、原発を進める当事者が繰り返し言ってきたではないか。

なにが地震国の宿命だ。
そんなことを言った原子力村の人間がいるのか。

この根本的なところをスルーして、対象が一般化医師だけかと下らないことで山下を擁護しようとすい連中の水準と、その薄汚い意図が知れる。



14. 2013年11月07日 18:50:19 : HDwovAiKsc
>>08

 福島県(含県立医大)の医師に対しての言葉であっても一般市民と区別して、山下氏の発言が正当であると断じていえない。医師とて、原発による事故・放射線被被曝問題への意識(放射線医学を研究している医師は極少数だし、彼らだって原発は事故を起こすとは考えてもいなかった。・・これは当方の推定であるが・・)は一般住民と同じレベルで、とりわけ医師たちが原発過酷事故対して責任を負わされるとは不当千万である。医師はどのような場面でも治療に当たらなければならないという倫理が正当であるというのは、原発事故で広域が放射能汚染している場合、汚染地域に関してはあり得ない主張である。(非汚染地域で被爆者の治療を放棄するということを正当化はしない)


15. 2013年11月07日 19:22:54 : 543oHLNWEM
コイツ死刑にできないのかい

16. 2013年11月07日 19:51:55 : SsZxzQHkDk
>>02さん支持

17. 2013年11月07日 22:33:57 : 2JzhWjAG7r
>>08
それもそりゃそうだけど、専門家が専門家に
「職業専門家としての扶持を自覚せよ」
確かにそうだよ
しかし>>14もいってるように非常時に際して医者だって一人の人間だし
一人の住人でもある

ガバナンスの視点で考えてみると、
この呼びかけが山下→医者→患者、山下→行政→県民と現在に繋がる
住民縛りつけの得体のしれない拠り所になってるかもだろ?
日本人という民族はほとんどが主体的に行動しない、
つまり右ならえの集団的行動をよしとするのであって、
主体的に意見した者が、例えそうはいっていないと後からいっても
意見に何となく従ったフォロワーの行動の根拠になってる事は考えられる

一方で福島地検は、逆に拘置するものがいないという理由だったかで、
拘置者を一斉に野に放った事で非難を受けてたけれど
山下俊一教授の対応と対比して、今落ち着いて考えてみると、とりあえず
職員や拘置者問わず、平等に退避を優先させるといった決断は極めて妥当な
対応であったと言わざるえない


18. 2013年11月07日 23:15:59 : j3uTckEOdc
逃げ出さずに被爆しろとでも言いたいのか。
この東電の御用学者は。

19. 2013年11月07日 23:52:22 : 1geRdsjJSg
なんでこんな奴が要職をつとめるのか。
どの面から見ても完全な異常者ではないか。
真に受けて被爆している福島人もそうとうだが。

20. 2013年11月08日 00:30:50 : YXgTuuJ7b6
「科学的知識を提示してくれないか」
って招聘されても、実際に山下教授から出てきた言葉は、
科学というよりも、心の受け入れとか覚悟とか「悟り」の語りかけだ

長崎原爆投下直後から自らも被ばくしながらも、明日もわからない命
を鑑みることなく、治療に没頭した長崎医師の活躍の話を、又聞きしてる
と思われるだろう、山下教授を現地の福島大医学部の幹部が呼んだ大きな
理由なんだろうけど、又聞きであって本人が直接体験・対応したことではないし、
そえこそ倫理、ethicの分野に「安易」に医者が関わると、今度は逆に
九大人体実験などの暴走を生むことに

戦時中の九大人体実験は、当事者にしてみれば、純粋な科学追及の態度から
生まれた行為でもあったとも見れるわけだし

ま、明らかに本来は主として対応しなければならなかった、現場の福島医大幹部の
責任の放棄が根本にありそうだけれど、
その時はなぜ山下教授は学長兼理事長にむかって
「あなたがたが進めてきたことなんだから、あなた方で対処しなさい」と
「悟り」を説かなかったんだろうか、一種の名誉欲がくすぐられたのかな
それとも同レベルの意思決定レイヤー同士は意を返してはいけない、むしろ
要請があれば受けなければならないといったような、どの業界にもありそうな
日本独特の慣習ゆえか


21. 2013年11月08日 02:02:17 : DmS45HZN3c
>>01

>今度は原発銀座の福井で起きればまた同じセリフを使うのかな


福井県で原発事故が起これば自業自得。誰も同情などしない。他県の人は福井県の強欲のため被ばく被害を蒙ったと恨み骨髄に達するでしょう。


22. 2013年11月08日 07:27:04 : cKwggYuCAY
こら山下俊一、それはトーデン下手人で海外逃亡した奴等に向けて言うことだろうが。一体どこの何様のつもりでいるのか知らぬが、山俊に他人の生殺与奪云々する権利など一切ない。その糞面をしっかり洗い清めて出直せ!

23. 2013年11月08日 09:19:02 : jnaGcYEN5I
まさに、悪魔だ。。。

山下の罪は重い。
大丈夫。彼は、死んでから地獄の業火に焼かれます。


24. 2013年11月08日 15:54:21 : GWgfOtzy4g
大量殺人じゃないのか。子供を安全だと騙して被曝させてるんだろ。警察は内乱罪、外患誘致、大量殺人でなぜ捜査しないんだ。

偉いさんは防護服きて福島にいってるのに子供はそのままだぞ。インチキいうな。


そのうちに多くの被害者に恨まれることになるぞ。日本全国をおせんさせて更に拡散させようとしてるだろ。北九州でも瓦礫燃やしてるだろ。


25. 2013年11月08日 16:41:07 : Ea9jtocMWh
この山下俊一という男は、間違いなく最下層の地獄行きだろうな。
仲間の邪鬼や亡者がウヨウヨいるぞ。

なにが宿命だ。
宿命というのは、変えられないものを言うのだ。
ただ単にドイツのように脱原発をすれば良いだけの話なのだから、
これは宿命ではなく運命(自分たちの意思で、運ぶことが出来る)だ。

しかしこの山下俊一というド腐れ外道は、原発マフィアからの飴と鞭で、
死ぬまで嘘をつき続けるんだろうな。


26. 2013年11月08日 17:20:29 : z3NmG4m22M
08>
私はこの講演を事故後に聞いている。小出先生の検索をしていたら、突如ラジオ福島が知らずに割り込んできて、あたかも神父の声のように確信と落ち着きに満ちており、危うく騙されそうになった記憶がある。
私はこの茶番詐欺講演を阿修羅の人々に知ってもらいたくて、阿修羅に投稿した経緯がある。恐らくその後数日でリンクは無効になったものと考えられる。証拠を消す為だ。
私は確信するが、この人物は医師への講演という形を借りて、福島県民に向けて放射能安全信仰を植え付けたかったのだ。そうでなければ、一体どうしてラジオ福島で他のネット回線に割り込むようにして大々的に放送されたのかね?

27. 2013年11月08日 18:17:11 : kXX0mVDAHo
 
著名人の病気や体調不良・訃報報告★17

98 :地震雷火事名無し(やわらか銀行):2013/11/08(金) 12:36:08.63 ID:sC5KqTW+0
唐沢なをき(漫画家)

親子3人、風邪はますます悪化して、のど痛いわ鼻グズだわ熱っぽいわ。
薬は飲んでるんだけど、父ちゃんも母ちゃんものんびりできないのがつらい。 11月1日

数年ぶりにひく風邪…本当にしんどいな。
ずーーっと寝ていたいけどそうもいかず、仕事中です。 11月2日

鼻水と痰がすごい勢いで体内で生産されてる感じ。ごみ箱がみるみるティッシュで一杯に。
こんなに体から水分出てったらあっという間に痩せそう。 11月6日

明日アシさん来るのに来るのに。咳が。 11月7日

夜中に奥さんに咳止めシロップ、ドラッグストアまで買いに走らせる漫画家。
ごめんなさいごめんなさい。 13時間前

100 :地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区):2013/11/08(金) 13:18:05.82 ID:MZqHrAcx0
Eテレの天才てれびくん見てた人にはショックかも…。
ハリセンボンが司会をしてた頃、大好きだった
ハイズの山下朋美ちゃんが、この夏亡くなっていたらしい(7月6日?)
何の病気か判らないが15歳で逝くとは。
ダンスも歌も上手だったのにな。
合掌。

106 :地震雷火事名無し(三重県):2013/11/08(金) 14:29:24.44 ID:aLEWn0eL0
宮本笑里、体調不良により予定公演すべて中止に
http://natalie.mu/music/news/103091

124 :地震雷火事名無し(やわらか銀行):2013/11/08(金) 17:28:26.47 ID:sC5KqTW+0
江口寿史(漫画家)

=昨日のツイ=
20歳のときに甲状腺の手術と入院をした駒込の病院に37年ぶりに行った。
「残念ですが再発です」と診てくれた院長先生は言った。
今回5年ぶりに受けた健康診断でいろいろ出た異常は全て甲状腺機能亢進症(バセドー病)再発が原因だった。
今日からまたメルカゾール飲むよ。

甲状腺ホルモンが通常の3倍出てるってんで、「こんなとこ来てないで今日にでも専門の病院に行きなさい!」
と荻窪の循環器科の先生に言われたのだった。
この病気はちょっとしたことでイライラしたり心拍数があがったりして心臓に悪いので、
みんなぼくに優しくするように。

だけど心房細動もあってね。
さいわい血栓はないんだけども、今回健診受けずにこのままの状態で放っておいたら、
いつ心不全やら脳梗塞になってもおかしくなかったって!長嶋さんみたいに!
みなさんも健康診断は受けて下さい。ホントにどうも。
身体だけは大事にして下さい。

=今日のツイ=
昨日は同じ病気の人から多くのリプもらった。
甲状腺の病気の人けっこう多いんだね。

126 :地震雷火事名無し(家):2013/11/08(金) 18:03:06.48 ID:9wlSTZUM0
TBSのニュースによれば、島倉千代子は夏に、モリタさんの
天気予報中継の最中に偶然「エキストラ」として参加したことが
あったとさ。TBSで仕事して社屋から出てきたところで天気予報やってたので
顔を出したらしいが、元気な様子だった。肝癌が急速に進行したんだろう。

ところでいまテロ朝のニュースで特集やってたけど
微熱・鼻水などがずっと続いて「風邪と自己診断」して
市販風邪薬を飲んでるうちに、肺結核や脳膿瘍や感染性心内膜炎
などの重病に発展している例が都内で多いらしい。
医者の説明は「抵抗力が低下してるから」だとさw
じゃあなんで都民の「抵抗力が低下してる」のかよ〜く考えてみようw
(カゼだと思ったらとんでもない病気に……ってなテーマでテロ朝の
 たけしの健康番組あたりでまた扱われるかもしれないので、要注目)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


28. 2013年11月08日 18:32:57 : kXX0mVDAHo
 
真っ先に逃げ出したのは山下俊一ご本人だろがw
いまだにこいつを擁護してるバカがいるようだけど、まともな法治国家なら
こいつは殺人幇助で重罪だぞ! いまの日本が痴呆国家・放置国家だから
この疚し多メンゲレが裁かれずに済んでいる……

その後の疚し多俊一の生きざまをご覧あれw
  ↓
------------------------------------------------------------
長崎大学への復職

2013年2月4日、長崎大学から将来の学長候補として復帰の要望が出されていたこともあり、山下が休職中の長崎大大学院医歯薬学総合研究科教授に復帰し、福島県立医科大学では常勤職ではなく非常勤職で副学長を務めることが明らかになった[170]。

4月1日、山下は長崎大学に復職して同大学副学長となった[171]。また、同日には長崎大原爆後障害医療研究所が開所した[172]。

4月2日には記者会見し、「福島の住民は、長期の避難生活による生活習慣病や低線量被曝にさらされており、大変な状況は今も続いている。専門家や市民が寄り添い支援を強化していきたい」、「低線量被曝の研究に力を入れるとともに、被曝医療を専門とする医師や看護師の育成に努めたい」と述べた[173]。また、福島県立医科大学副学長は非常勤で続け、放射線リスク管理アドバイザーも続けることが報じられた[174]。

「福島原発告訴団」の告訴については「健康の権利を阻害している訳でも、避難する方々を阻止した訳でもない。怒り、不平不満は受けるが対応が間違っているとは思わない」と反論した[175]。
------------------------------------------------------------


「総員玉砕せよ!」と命令しておきながら
自分だけさっさと戦線を離れた旧日本軍の木戸参謀のような卑怯者だわw
                    ↓
------------------------------------------------------------
総員玉砕せよ!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B7%8F%E5%93%A1%E7%8E%89%E7%A0%95%E3%81%9B%E3%82%88!

やがて近辺のワランゴエ河口に連合軍が上陸、橋頭堡を築き攻撃を開始してきた。徐々に包囲してくる敵に対して、田所は中隊長の「高地にこもり持久戦をすべきだ」という意見を退け、玉砕覚悟の切り込み作戦を敢行する。その結果、田所は戦死、生き残った者は聖ジョージ岬に撤退するが、負傷した中隊長はその途中で自決する。

そのころラバウル司令部ではバイエン支隊から玉砕の電信を受け、既に彼らは全員死んだものとされていた。ところが聖ジョージ岬警備隊から、バイエン支隊の生存者数十名が現在ここにいるとの知らせを受ける。この「敵前逃亡」は「ラバウル全軍の面汚し」とされ、事件処理のために木戸参謀が聖ジョージ岬に派遣されることになる。木戸の出発の前夜、バイエンの生き残りの軍医がラバウルを訪れて部下の命乞いをするが、談判決裂となり軍医は抗議の自決をした。

軍医の遺骨とともに聖ジョージ岬に来た木戸はバイエン支隊将兵の尋問を行い、その結果、山岸と北崎の2人の小隊長は責任を取って自決、残りの81名は再突入を行うことになった。

昭和20年6月、聖ジョージ岬に敵の有力部隊が上陸、バイエンの生き残り達は切り込みを敢行する。その突撃直前に木戸は「玉砕を見届け報告する冷たい義務がある」と退こうとするが流れ弾に当たり戦死。そして丸山達は「私はなんでこのような つらいつとめをせにゃならぬ」と「女郎の唄」を歌って切り込み、全員玉砕した。

隣の陣地を守っていた連隊長は、後にこの玉砕を聞いて「なぜそこまでして、あそこを守らねばならなかったのか」と述べたという。

事実との相違

この作品は水木の自伝的漫画であるが、自身があとがきに「90パーセントは事実です」[2]と書いているように、事実と相違する部分が数箇所ある。

木戸参謀が流れ弾に当たって戦死するが、実際は戦死せず兵団司令部に戻っている。水木は「参謀はテキトウな時に上手に逃げます」とあとがきに記している[2]。

------------------------------------------------------------


29. 2013年11月08日 19:10:02 : 7wJCqOq2nZ
>>08

>「動揺せずに、逃げ出さずに、医師として職場にとどまり、職責を果たせ」
「それで被曝したとしても、それは、地震列島にたくさん原発を作った国で、
これまで医師という光栄ある地位を享受してきた諸君の、受容すべき運命だ」

と、メンゲレ山下はみなに言い聞かせておき、言ったてめぇは眼にも止まらぬ速さで福島からトンズラしたのである。


30. 2013年11月09日 00:28:06 : 9RL5Y6nWYA
山下にとっては貴重な生体実験のデータをとるチャンス、と考えての行動だったのだ。これからも彼の「食い物」にされるのだろうか。

31. 2013年11月09日 00:40:31 : jI68XjrQp6
08ですが、

その後の山下氏の言動を知って、あとからいろいろと批判するのはたやすいことでしょうが、3月18日の時点でのこの発言を、どう解釈するか、どう評価するか、ということであって、あと出しのジャンケン、あと講釈、はダメです。

なんでもかんでも山下が悪いと言っていればいい、時系列などどうでもいい、というのが、一般の脱原発の人々の考え方ですが、それでは世間に

「脱原発派ってみんなアホなの?」 と思われるだけです。


批判すべきは批判し、そうでないものは評価しないまでもスルーすべきです。アサヒの扇動には乗らない、というのは、脱原発を目指す者の、備えるべき見識の一つです。


32. 2013年11月09日 07:01:24 : MVEswqjBG2
美しい敦賀市長の美しき発言!
山下も高木もあまりにも美しすぎて目がつぶれるわ!
子供が全部片輪でもかまわない!
子供が全部片輪でもかまわない!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
原発利権に群がる大人たち[きっこのブログ:
★50年後に生まれる子供が全部片輪でもかまわない! 敦賀市長高木孝一]
http://www.asyura2.com/11/genpatu11/msg/627.html
投稿者 一市民 日時 2011 年 5 月 24 日 01:36:25: ya1mGpcrMdyAE

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2011/05/post-0037.html
原発利権に群がる大人たち

‥‥そんなワケで、ニポンイチの「原発銀座」である福井県敦賀市には、5900億円もかけて造った「世界一危険な粗大ゴミ」の異名を持つ「高速増殖炉原型炉もんじゅ」があるワケだけど、皆さん、ご存知のように、「もんじゅ」は壊れたままで、発電量はゼロ。だけど、安全な状態になるまでは最低でも50年掛かり、毎年500億円もの維持費が掛かってる。これまでに掛かった予算は2兆4000億円で、これから50年間で2兆5000億円も掛かる。発電量がゼロの粗大ゴミを安全な状態にするために、合計で5兆円も掛かるってワケだ。

で、福井県敦賀市が、どうしてこんなバカバカしいものを造ったのかって言うと、歴代の敦賀市長がどんな人物だったのかを見れば、よく分かる。たとえば、この「もんじゅ」の場合は、福井県選出の自民党議員、熊谷太三郎が経営する「熊谷組」が建設を担当して、1983年1月25日に準備工事に着工、1985年に本体工事が開始したんだけど、この着工日の翌日、1983年1月26日に、当時の敦賀市長だった高木孝一は、石川県羽咋郡志賀町で開催された「原発推進の講演会」で、こんな講演を行なってる。内橋克人著『原発への警鐘』(講談社文庫)から引用させていただく。

「原発と地域振興」

只今ご紹介頂きました敦賀市長、高木でございます。えー、今日は皆さん方、広域商工会主催によります、原子力といわゆる関係地域の問題等についての勉強会をおやりになろうということで、非常に意義あることではなかろうか、というふうに存じております。ご連絡を頂きまして、正しく原子力発電所というものを理解していただくということについては、とにもかくにも私は快くひとつ、馳せ参じさせて頂くことにいたしましょう、ということで、引き受けた訳でございます。

一昨年もちょうど4月でございましたが敦賀1号炉からコバルト60がその前の排出口のところのホンダワラに付着したというふうなことで、世界中が大騒ぎをいたした訳でございます。私は、その4月18日にそうしたことが報道されましてから、20日の日にフランスへ行った。いかにも、そんなことは新聞報道、マスコミは騒ぐけれど、コバルト60がホンダワラに付いたといって、私は何か(なぜ騒ぐのか)、さっぱりもうわからない。そのホンダワラを1年食ったって、規制量の量(放射線被曝のこと)にはならない。そういうふうなことでございまして、4月20日にフランスへ参りました。事故が起きたのを聞きながら、その確認をしながらフランスへ行ったわけです。ところがフランスまで送られてくる新聞には毎日、毎朝、今にも世の中ひっくり返りそうな勢いでこの一件が報じられる。止むなく帰国すると、“悪びれた様子もなく、敦賀市長帰る”こういうふうに明くる日の新聞でございまして、実はビックリ。ところが敦賀の人は何食わぬ顔をしておる。ここで何が起こったのかなという顔をしておりますけれど、まあ、しかしながら、魚はやっぱり依然として売れない。あるいは北海道で採れた昆布までが‥‥。

敦賀は日本全国の食用の昆布の7〜8割を作っておるんです。が、その昆布までですね、敦賀にある昆布なら、いうようなことで全く売れなくなってしまった。ちょうど4月でございますので、ワカメの最中であったのですが、ワカメも全く売れなかった。まあ、困ったことだ、嬉しいことだちゅう‥‥。そこで私は、まあ魚屋さんでも、あるいは民宿でも100円損したと思うものは150円貰いなさいというのが、いわゆる私の趣旨であったんです。100円損して200円貰うことはならんぞ、と。本当にワカメが売れなくて、100円損したんなら、精神的慰謝料50円を含んで150円貰いなさい、正々堂々と貰いなさいと言ったんでが、そうしたら出てくるわ出てくるわ、100円損して500円欲しいという連中がどんどん出てきたわけです(会場爆笑、そして大拍手?!)。

100円損して500円貰おうなんてのは、これはもう認めるもんじゃない。原電の方は、少々多くても、もう面倒臭いから出して解決しますわ、と言いますけれど、それはダメだと。正直者がバカをみるという世の中を作ってはいけないので、100円損した者には150円出してやってほしいけど、もう面倒臭いから500円あげるというんでは、到底これは慎んでもらいたい。まあ、こういうことだ、ピシャリとおさまった。

いまだに一昨年の事故で大きな損をしたとか、事故が起きて困ったとかいう人は全く一人もおりません。まあ言うなれば、率直に言うなれば、一年一回ぐらいは、あんなことがあればいいがなあ、そういうふうなのが敦賀の町の現状なんです。笑い話のようですが、もうそんなんでホクホクなんですよ。

(原発ができると電源三法交付金が貰えるが)その他に貰うお金はお互いに詮索せずにおこう。キミんとこはいくら貰ったんだ、ボクんとこはこれだけ貰ったよ、裏金ですね、裏金!まあ原子力発電所が来る、それなら三法のカネは、三法のカネとして貰うけれども、その他にやはり地域の振興に対しての裏金をよこせ、協力金をよこせ、というのが、それぞれの地域である訳でございます。それをどれだけ貰っているか、を言い出すと、これはもう、あそこはこれだけ貰った、ここはこれだけだ、ということでエキサイトする。そうなると原子力発電所にしろ、電力会社にしろ、対応しきれんだろうから、これはお互いにもう口外せず、自分は自分なりに、ひとつやっていこうじゃないか、というふうなことでございまして、例えば敦賀の場合、敦賀2号機のカネが7年間で42億入ってくる。三法のカネが7年間でそれだけ入ってくる。それに「もんじゅ」がございますと、出力は低いですが、その危険性‥‥、うん、いやまあ、建設費はかかりますので、建設費と比較検討しますと、入ってくるカネが60数億円になろうかと思っておるわけでございます(会場感嘆の声と溜息がもれる)。

で、実は敦賀に金ケ崎宮というお宮さんがございまして(建ってから)随分と年数が経ちまして、屋根がボトボトと落ちておった。この冬、雪が降ったら、これはもう社殿はもたんわい、と。今年ひとつやってやろうか、と。そう思いまして、まあたいしたカネじゃございませんが、6000万円でしたけれど、もうやっぱり原電、動燃へ、ポッポッと走って行った(会場ドッと笑い)。あっ、わかりました、ということで、すぐカネが出ましてね。それに調子づきまして、今度は北陸一の宮、これもひとつ6億で修復したいと、市長という立場ではなくて、高木孝一個人が奉賛会長になりまして、6億の修復をやろうと。今日はここまで(講演に)来ましたんで、新年会をひとつ、金沢でやって、明日はまた、富山の北電(北陸電力)へ行きましてね、火力発電所を作らせたる、1億円寄付してくれ(ドッと笑い)。これで皆さん、3億円既に出来た。こんなの作るの、わけないなあ、こういうふうに思っとる(再び笑い)。まあそんな訳で短大は建つわ、高校は出来るわ、50億円で運動公園は出来るわね。火葬場はボツボツ私も歳になってきたから、これも今、あのカネで計画しておる、といったようなことで、そりゃあもうまったくタナボタ式の街づくりが出来るんじゃなかろうか、と、そういうことで私は皆さんに(原発を)お薦めしたい。これは(私は)信念を持っとる、信念!

★えー、その代わりに100年経って片輪が生まれてくるやら、50年後に生まれた子供が全部「片輪になる」やら、それはわかりませんよ。わかりませんけど、今の段階では(原発を)おやりになった方がよいのではなかろうか‥‥。こいうふうに思っております。どうもありがとうございました。(会場、大拍手)

※内橋克人著『原発への警鐘』(講談社文庫)より引用。

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2008/05/post_4c0d.html

子供が全部片輪でもかまわない!
子供が全部片輪でもかまわない!



[12削除理由]:多重コメント

33. 2013年11月09日 07:11:27 : MVEswqjBG2
<<美しい赤ちゃんたちギャラリー>>
<1>30年近くたって「全く解決しないどころか」ますますひどくなるチェルノブイリ!
 遺伝子の崩壊が積み重なり、
チェルノブイリから離れた大都市キエフ=丁度東京と同じ位置で、
 「97.5%が障害児」!
 「健康児は2.5%」しかいない!
(1)http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201205020147.html
<2>チェルノブイリから3000キロ離れた西欧で生まれた赤ちゃんたち
(2−1)http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2468.html
(2−2)http://www.asyura2.com/11/senkyo119/msg/572.html
Bウクライナ・ベラルーシの赤ちゃんたち
(3−1)http://blogs.yahoo.co.jp/saki_happy_life777/38288977.html
(3−2)http://hibi-zakkan.sblo.jp/article/45993241.html
(3−3)http://kitanoyamajirou.hatenablog.com/entry/20120317/1331940612
Cイラクの赤ちゃんたち
(4)http://homepage1.nifty.com/KASAI-CHAPPUIS/ExtremeBirthDeformities.htm
美しいニッポンにも美しいあかちゃん??
みんな山下先生の「せい」ですか?
あとあとのことを考えて「山下センセの発言録」を全部保存しとこうぜ!

[12削除理由]:多重コメント
34. 2013年11月09日 11:35:37 : jDlOxkxaQk
どこににげかくれようと
やっちまえ!

35. 2013年11月10日 05:48:03 : G5fsMQqtYD
 日本有数のカルトな放射脳が集う阿修羅原発スレ

 その象徴が、福島県の復興に尽力している山下俊一氏へ誹謗中傷である。

 山下俊一氏を最も激しく攻撃し続けている阿修羅原発板
  http://togetter.com/li/588012

>>08 さんの投稿が正しい。医療現場の崩壊を食い止めるのが、原子力災害が起きたときの第一の留意点である。幸い、F1事故の汚染は軽微なので、医師が福島にとどまるのは当然の責務であったといえる。

 逃げた放射脳達が偉そうに投稿してんじゃねえよ。

[12削除理由]:言葉使い

36. 2013年11月10日 07:57:33 : G5fsMQqtYD
 福島県民でもないのに、関東から逃げ出した放射脳も多い。

 自分が家や仕事を捨てたり、原発離婚したりしたことを正当化するために、福島県に人は住んではいけないとデマを拡散し、福島県民を誹謗中傷し続けるキチガイ軍団である。

 災害が発生したときに医療現場を維持することがいかに大切なのかを理解すれば、山下俊一氏のよびかけは当然である。

 ところが放射脳的には、医者はいちはやく逃げないといけないらしい。

 被災者を置き去りにして逃げる医師。
 被害者を置き去りにして逃げる警察官。
 火災現場を置き去りにして逃げる消防員。
 国民を置き去りにして逃げる自衛隊員。

 それが放射脳の理想の国かね?アナザーワールドだな。

 フクシマ50が国内外で讃えられたように、危険に立ち向かう勇者こそ、日本男児の本懐だ。

 超微量の放射脳をおそれて逃げたチキン達が、ごちゃごちゃ陰口を投稿してんじゃねえ。


(お決まりの反論↓)

 それならあなたが原発事故現場に行って働いて証明してください!

 

[12削除理由]:言葉使い

37. 2013年11月10日 16:12:14 : G5fsMQqtYD
 毎度のように、拙者の投稿が削除されておりますが、「削除コメント表示切り替え」で表示される点は大いに評価できます。管理人様、ありがとうございます。

 言葉使いが削除理由とのことですね。山下俊一氏を誹謗中傷している方々の方が口汚いように感じますが、貴殿の掲示板なので仕方がないですね。

 では、言葉使いを正して、再投稿させていただきます。


 日本有数の熱心な反原発原理主義者の方々が集う阿修羅原発板

 その象徴が、福島県の復興に尽力している山下俊一氏への誹謗中傷です。


 山下俊一氏を最も激しく攻撃し続けている阿修羅原発板
  http://togetter.com/li/588012

>>08 さんの投稿が正しいです。医療現場の崩壊を食い止めるのが、原子力災害が起きたときの第一の留意点です。幸い、F1事故の汚染は軽微なので、医師が福島にとどまるのは当然の責務であったといえます。

 逃げた反原発過激派の皆様が偉そうに投稿するのはお止めいただきたいです。


 福島県民でもないのに、関東から逃げ出した反原発過激派の方々も多いようです。
 自分が家や仕事を捨てたり、原発離婚したりしたことを正当化するために、福島県に人は住んではいけないとデマを拡散し、福島県民を誹謗中傷し続ける非科学的な集団ですね。

 災害が発生したときに医療現場を維持することがいかに大切なのかを理解すれば、山下俊一氏のよびかけは当然だと思いますよ。

 ところが反原発過激派的には、医者はいちはやく逃げないといけないそうです。

 被災者を置き去りにして逃げる医師。
 被害者を置き去りにして逃げる警察官。
 火災現場を置き去りにして逃げる消防員。
 国民を置き去りにして逃げる自衛隊員。

 それが反原発過激派の理想の国なのでしょうか?アナザーワールドですね。

 フクシマ50が国内外で讃えられたように、危険に立ち向かう勇者こそ、日本男児の本懐だと思います。

 超微量の放射能をおそれて逃げた臆病者の皆様が、わいわいと裏で投稿するのはやめていただけませんか?

(恒例の反論↓)

 それならあなたが原発事故現場に行って働いて証明してください!


[12削除理由]:不正な外部リンク

38. 2013年11月10日 17:30:50 : RQpv2rjbfs
なにをゆー。予防措置が実施できたのに、予防措置を禁じたのだ、事故を過小に見せるために、安定ヨウ素剤の副作用を重く見せる報道させた上でね。役人共のめんどくさいがあったのかも知れない。

小児甲状腺がんが疑いを含めると44人もでている、おそらく確定診断で、責任は重大だ、山下本人が一番承知していよう。恥じ入れ、親になんと言って申し開く。


39. 2013年11月11日 08:05:41 : 3oi5Otsb5E
福井県大飯町で同じこと言ってくださいませんか。

再稼動賛成するなら、何が起きても決して逃げ出すことのないように。福島の惨状を承知で賛成するゼニゲバの背負うべき宿命です。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

 次へ  前へ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素34掲示板
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧