★阿修羅♪ > 経世済民84 > 284.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
広がる仮想通貨 ビットコイン NHK特集 動画あり バカが詐欺商品に煽られてるようにしか見えんわコレwww 今12350
http://www.asyura2.com/13/hasan84/msg/284.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2013 年 12 月 05 日 11:06:12: KqrEdYmDwf7cM
 

http://cgi2.nhk.or.jp/nw9/pickup/?date=131204_2  ←動画リンク

2013年12月4日(水)放送

いま、インターネット上で「謎の通貨」に世界の注目が集まっています。「ビットコイン」と呼ばれる仮想通貨です。このビットコイン、もともとは、インターネット上でやりとりされるデータの一種で、それ自体にはなんの価値もありません。しかしそのビットコインが、いま、投資の対象となり価格が急騰しています。背景にあるのは、ヨーロッパの経済危機など、世界経済への信用の低下。現実の通貨よりも、仮想の通貨を選ぶ人が現れているのです。

【電子マネー】Bitcoin その4【P2P】
www.asyura2.com/13/ban6/msg/315.html

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/12/04(水) 21:47:01.76 ID:+QRrvMdY0
NHKは中国のちの字も出なかったな
キプロスでの預金差し押さえでビットコインが普及したことや渋谷や六本木など国内での利用状況
締めは実体がないことを忘れてはいけませんだった
今ビットコインが注目されて一番利益が出そうなのは中国だと思うんだがなあ

 

NHKの番組こんなんだったんか。普通の人が見たら、
バカが詐欺商品に煽られてるようにしか見えんわコレwww

冒頭から飛ばしてるし、今年の価格グラフしか出さないとか悪質w
まぁ真面目にやってもどうせ伝わるわけないから、あれくらいで丁度いいwww

 

ビットコイン入門 阿修羅カンパもビットコイン導入 1年前投資なら14倍。いまからはどうだろ30%くらい?
http://www.asyura2.com/13/hasan83/msg/170.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2013 年 10 月 12 日

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年12月05日 13:04:52 : 6bkeZwRCy2
金ゴールドとか暴騰して値を下げてるけど・・・ 金の用途はまああるかなぁ・・
ビットコインとか暴騰してるらしいけど・・・ ビットコインとかの用途はなんだろなぁ・・・


02. 2013年12月05日 14:18:19 : nJF6kGWndY

市場で交換価値が変わるグローバルな楽天ポイントみたいなものだ

しかも数学ゲームに勝っても獲得できる

はまって損をしても自己責任だし、変なネットギャンブルよりは遥かにマシだから

別に悪くないんじゃないか

システムが強欲にならなければ、結構、長続きするだろう

http://www.nikkei.com/article/DGXBZO57739650V20C13A7HR0A00/

まず手持ちの円とビットコインを交換するため、取引所を探す。ネット上には20程度のビットコイン専門の取引所があるというが、全取引量(月間約500億円)の約7割を占める「Mt.Gox(MTG、マウントゴックス)」の運営企業が東京都内にあると聞き、ネットで口座を作った。

 個人情報を登録し、運転免許証など個人と住所を証明する書類をスキャンして送信する。ネット銀行に口座を作るのと同様の手続きで、30分程度で申請作業は完了。2日ほどで口座ができた。試しに3万円を自分の銀行口座からMTG指定の銀行口座に振り込むと、翌日にはMTGに開設した新口座に3万円が転送されていた。

 ビットコインの相場は円相場と同じように、刻一刻と変動する。7月1日には1ビットコイン(BTC)=9000円前後だったが、5日に6000円台まで下落。手続きが完了するまでに相場が上昇し、結局8960円の時点で3ビットコイン注文した。

 1分以内に取引が成立し取引手数料は0.6%。2万6880円相当のビットコインを手に入れるのに160円ほどかかった。MTGの登録者数は現在、世界で57万人。米国人が36%を占め、次いで英国人7%、中国人5%、日本人は約1650人と1%にも満たない。

 「ビットコインストア」という米国の電子商取引(EC)サイトを見つけ、入手したビットコインで腕時計を買うことにした。価格は0.91BTC(当時の相場で77ドル)。購入を決定すると「15分以内にビットコインアドレスへ振り込め」と指示があった。

 このアドレスは数字や英文字を組み合わせた口座番号のようなもの。アドレスをコピーしてMTGの口座サイトに行きそのままはり付け、配送料込みのビットコイン料金を打ち込むと一瞬で決済され驚いた。

 最初なので仕組みがよくわからず手続きに5分程度かかったが、慣れれば30秒とかからないだろう。決済に関する手数料はゼロ。クレジットカードでドル決済する場合は1%強の為替・事務手数料がかかることが多い。1週間後、自宅に無事腕時計が届いた。

 ビットコインを使える店もある。六本木のレストラン「ピンク・カウ」は7月下旬、ビットコインで飲食代を決済できるようにした。QRコードをスマホで読み取ると、簡単に決済できる。オーナーのトレイシー・コンソーリさんは「クレジットカード会社に手数料を払う必要もなく、慣れればすぐに決済できるから便利よ」と話していた。

価値急落のリスクも

 米電子部品販売会社の日本法人代表のロジャー・ヴィアさんは仕入れ先の中国メーカーへの支払いにビットコインを使う。月数百万円分の決済はほぼ一瞬。送金や為替に関する手数料もかからない。

 従来は取引銀行がドルを人民元に換え、中国側が取引する香港の銀行に送金するため、かなりの手間と手数料がかかっていた。「ビットコインは国境を越えた取引に威力を発揮する」と話す。

 会社員の宍戸健さんは資産の一部をビットコインで持つ。ビットコインは流通総量がプログラムで決められ、金のように有限で「金融危機が起きれば、金やビットコインにマネーが集まる」とよむ。

 ただ、リスクもある。年初に1BTC=13ドル台だったビットコインの対ドル相場は4月に266ドルまで急騰した直後、70ドル台に急落。金融コンサルタントの野口能也さんは「日常で使うのは危険」と指摘する。

 記者の感想としては、米サイトでのネット通販でも決済は一瞬で手数料もゼロのケースが多く、使い勝手は悪くない。ただ、保有するビットコインがいきなり無価値になったら、という不安も残る。円をたくさん交換して、使おうという気にまではならなかった。

 ビットコイン 2009年に誕生したネット上の仮想通貨。開発者は日本人「中本哲史」や欧米のハッカー集団など諸説ある。マネーロンダリングや麻薬など不法なものを購入する時に使われる懸念もあり、米財務省は今年3月に仮想通貨の規制指針を公表。取引所は規制の対象とし、登録を義務付けた。


03. 2013年12月05日 14:25:20 : nJF6kGWndY

今後、消費税増税になっていけば、富裕層を中心に、この手のグローバルな仮想通貨システムでの決済は発展しそうだな

当然、当局も無視できなくなるだろう

http://gigazine.net/news/20131007-what-is-bitcoin/


04. 2013年12月05日 19:17:54 : BDDFeQHT6I
チューリップの球根が投機の対象になったのと同じ構図だ、人間は学習しないし進歩しない動物であるらしい、チンパンジーに取って代わられる前兆だろう。

05. 2013年12月06日 02:26:27 : cKftockbJN
これは・・・詐欺です。


06. 2013年12月06日 12:24:05 : bhJoxBRHZI
温暖化宣伝にのりNHKが宣伝していたカーボンオフセットなる取引は

詐欺商法そのもの。


07. てんさい(い) 2013年12月15日 00:11:42 : KqrEdYmDwf7cM : 0kUGInjLpY
このニュースがNHKのブログになってました。

http://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/700/174659.html

2013年12月09日 (月)広がる仮想通貨"ビットコイン"

いま、インターネット上の「謎の通貨」に世界の注目が集まっています。「ビットコイン」と呼ばれる仮想通貨です。このビットコイン、もともとは、インターネット上でやりとりされるデータの一種で、それ自体にはなんの価値もありません。しかしそのビットコインが、いま、投資の対象となり価格が急騰しています。背景にあるのは、ヨーロッパの経済危機など、世界経済への信用の低下。現実の通貨よりも、仮想の通貨を選ぶ人が現れているのです。
bitcoin-1.jpg

【“仮想”が生んだバブル】
東京・渋谷の繁華街。ここで、仮想通貨の取り引きが、行われていました。喫茶店で20代の男性がアメリカ人に現金30万円を手渡して、ビットコインを購入したいと持ちかけました。手続きは、スマートフォンでわずか1分。30万円はネットの世界の2.6ビットコインに変わりました。
bitcoin-2.jpgbitcoin-3.jpgここに集まる人たちの関心を集めているのは、高騰するビットコインの値動きです。ことし始め、1ビットコインはおよそ1000円で取引されていましたが、利用者の拡大とともに徐々に値を上げていきます。さらに、11月に入ると中国をはじめ、世界中から投資が集まり、価格が急騰。1年で、100倍の10万円以上に跳ね上がりました。
bitcoin-4.jpg

価格の高騰は、さらなる投資を呼び込んでいます。医療従事者の女性は「夢の世界の出来事のようで、ただ喜んでいる状態です」と話していました。また会社経営者の男性は「ビットコインはガンガン買います。投資なので、さらに100万円、1000万円と買っていきたいと思ってます」と話していました。渋谷にはインターネット上で、ビットコインを売りたい人と買いたい人とを仲介する取引所があり、登録している日本人はおよそ4000人と、ここ3ヶ月で2倍以上に増えているということです。
bitcoin-5.jpg

一方で、ビットコインの高騰に戸惑う人も。格闘技の教室を開いている男性は、1年前、生徒から授業料15万円のかわりに130ビットコインを受け取りましたが仕組みもよくわからないまま、放置していました。しかし、最近、価格を確認して目を疑いました。1ビットコインが10万円以上になり、うけとった授業料がおよそ1500万円相当(12月5日時点)になっていたのです。男性は「こういう風になるとはまったく思っていませんでした。単純にすごいなとは思いますが、有効活用する方法もよくわからないので、まだ実感がないです。」と話しています。
bitcoin-7.jpg

【革命か 幻か】
「仮想の通貨」が、世界に広まったきっかけは、ヨーロッパの“経済危機”でした。国民の預金の一部を国が強制的に徴収する事態も発生。自分のお金を守りたいと、大量のマネーが、ビットコインに流れていったのです。
bitcoin-8.jpg
bitcoin-9.jpg

【謎に包まれた実態】
「ビットコイン」は、もともとこうした事態を想定して作られた通貨でした。2008年、「サトシ・ナカモト」と名乗る架空のプログラマーが書いた論文。ビットコインの目的は、国家から独立した通貨を作ることとしています。通常の通貨は、財政危機などで国家の信用が落ちれば、その価値も失われかねません。
bitcoin-10.jpg

そこで、国家の枠組みを超え、世界共通の通貨をインターネット上に作ろうと考えました。その価値は、通貨の総量を厳しく制限することで担保します。この考え方に賛同した世界中のプログラマーによって、ビットコインは、自然発生的に生まれたのです。
bitcoin-11.jpg

ビットコインの仕組みに詳しい慶応大学の斉藤賢爾特任講師は、「現実社会で、お金がいわば無尽蔵に生み出されてしまうということに対して懸念している人たちが、ある一定の数までしかお金を作れないようにする必要があると考え、ビットコインを作りだした。今のお金の仕組みではない、ほかの仕組みが今後広く使われていく可能性はある。」と話しています。
bitcoin-12.jpg

【現実社会に広がるビットコイン】
ビットコインはいま、現実社会で通常の通貨と同じように利用され始めています。通貨危機に陥ったキプロスの大学では、授業料の支払いをビットコインで受け付けています。
bitcoin-13.jpg

財政難に苦しむアメリカでも、ドルを信用できないという人たちがビットコインを利用しはじめています。ABCニュースではことし6月、現金や、クレジットカード、小切手などを一切使わず、ビットコインだけで生活する新婚夫婦のニュースを報じました。妻は「新しいデジタル通貨、ビットコインを使って生活します」と話していました。
bitcoin-14.jpg

拡大の流れは、日本でも見受けられます。東京・六本木では、食事代をビットコインで支払うことができるレストランも現れました。メニューの料金は円で書かれていますが、会計する時のレートで、スマートフォンを使ってビットコインでの支払いが可能です。レストランによりますと、クレジットカードに比べて、手数料が安いのも魅力だということです。ビットコインの取引所によりますと、いまや、世界、数百万人が利用し、その市場規模は、1兆3千億円(12月5日時点)に達していると言います。
bitcoin-15.jpg
bitcoin-16.jpg

【負の側面も】
拡大が続くビットコイン。一方で、負の側面も指摘されはじめています。ビットコインで決済する通販サイト。ここに掲載されているのはコカインや偽造パスポート。ビットコインで購入しても個人情報が残らず、購入者を特定することはできないため、違法な闇取引に利用されているのです。このサイト、実は10月に運営者がアメリカ・FBIに逮捕されましたが、同じ名前のサイトがすぐに立ちあがりました。
bitcoin-17.jpg

さらに、ビットコインには価値の保証がないだけに、一度信用を失えば、すべてが消えて無くなってしまう危険性もはらんでいます。その時、誰かに責任を問うこともできません。ネット上の通貨に詳しい日本総研の宮脇啓透研究員は、「ビットコイン自体に価値の裏付けがないので、規制されたり、事件が起きたり、急に店舗で使えなくなったりすれば、暴落するリスクも十分にある。発行主体がないため、もし不測の事態や不具合が起こった際に、誰にも責任が問えないという状況にあるのではないか」と話しています。
bitcoin-19.jpg

インターネットを通じて国境を越えて広がっていく仮想通貨に対し対応に乗り出す国も出てきています。アメリカでは11月に議会で公聴会を開き、ビットコインの取り扱いについて金融関係者が意見を交わしました。一方、12月には中国の中央銀行が、ビットコインにはリスクがあるとして金融機関で取り扱いを禁じる通知を出しました。税金についての判断なども各国で対応が分かれていますが、日本ではまだビットコインをどう扱うかの議論は、始まっていません。実体経済への不信が生み出した、幻の通貨。それがいま投資の対象となって 急騰を続けている事態は、いまの経済の仕組みへの警鐘なのかもしれません。しかし、この通貨、もともとはなんの実態もないものだということも忘れてはいけないと思います。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民84掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧