★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144 > 177.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
小沢一郎氏「民主党が何で解散したのか、今でもわからない」(NEWS ポストセブン) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo144/msg/177.html
投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 2 月 19 日 10:53:23: AtMSjtXKW4rJY
 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130219-00000000-pseven-soci
NEWS ポストセブン 2月19日(火)7時6分配信


 昨年12月の総選挙で惨敗を喫した小沢一郎氏だが、改革への情熱が消えたわけではない。『小沢一郎 嫌われる伝説』著者で政治ジャーナリストの渡辺乾介氏が、自民党と解散について小沢氏に聞いた。

──旧体制の政治技術的なしたたかさというのは相当なもので、野党に転落した時の自民党は、徹底的にスキャンダル攻勢をかける。

小沢:日常の選挙活動でも、それはもう民主党なんかよりはるかにやっています。それはやっぱり大事だと思う。自分の目的に対する執念、そのためにはどんなことを我慢してもやるという執念ですね。そして、それが民主主義の原点だと私は思います。

 だから、野党になった自民党は政権を取るために、多少の違いはいいからとにかく皆でまとまろうとする。そこが大人というか、したたかさというか。

 民主党が一生懸命やっていたら、政権党に3年半いながら、こんなに負けるわけがない。僕は(民主党時代に)「大衆の中に、国民の中に入れ」と言ってきた。しかし、そう言えば言うほど煙たがられました。

 だけれども、国民と直接触れ合うことなく、国民が何を求めているのか、何を期待しているのかがわかるはずがない。残念ながら、そうした政治活動が民主党にはほとんどなかった。結局、永田町で会合ばっかりやって、地元で自分を支援してくれた人たちの意見の吸い上げが全然できていない。それがこんなに負けてしまった最大の原因ですね。

──民主党は、総理大臣自身が負けるとわかっていて解散し、江戸城の無血開城のごとく政権を自民党に譲り渡した。

小沢:当時の選挙の担当者、責任者たちが、選挙中や選挙後に、「筋肉質になってすっきりした」「これだけ負けてよかった」なんて言っていたんでしょう。二百何十人も殺したのに、「これでよかった」と言うのは信じられない。どういう精神構造をしているのか。

 それは多分、巷で言われているように、彼らなりの思惑があったんじゃないですか。要するに、自民党も過半数に届かないだろう。自分らもほどほど生き残れば連立を組めるという打算ですね。それを狙って解散したとしか考えようがない。

 自分たちが「自民党ではダメだ」と訴えて政権を取りながら、自民党と結ぶことを前提にして政治行動をするというのは、本当にむちゃくちゃで、邪な考え方です。でも、そうとしか解釈できない。何で解散したのかは、今でもわかりません。

──その民主党は、検証作業と称する党再建論争の最中です。

小沢:へぇ、そんなことをやっているの?

※週刊ポスト2013年3月1日号


民主が敗因総括 創生素案で分析
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013021602000112.html
2013年2月16日 東京新聞 朝刊

 民主党は十五日、衆院選惨敗を総括する党改革創生案の素案をまとめた。主たる敗因は、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる迷走などの政権運営の稚拙さや、消費税増税をめぐる党内対立から分裂に至った経緯にある、などと分析した。二十四日の党大会に一次報告として提示される。

 素案は、(1)政権運営の検証(2)衆院選の検証(3)党改革創生に向けた七項目の第一次提言−の三部で構成。

 政権運営の検証では、二〇〇九年衆院選マニフェストについて「立法化の見通しや予算の裏付けが不十分で実現性を欠くものとなった」と認めた。「与党でありながら政権を支えるという意識が希薄だった」とも述べ、「党内のバラバラ感を拡大し、さらなる政権の支持低下を導いた」とした。

 衆院選の検証では、解散時期について「首相の大権である解散を妨げることはできないが、時期は多くの国会議員にとって納得できないものであった」と強調。「党内のごたごたは分裂騒ぎへと発展し、候補者の努力で党への不信感を乗り越えるのは容易ではなかった」と野田佳彦前首相下の執行部を暗に批判した。

 党改革への提言には、改革政党としての旗を掲げ、実行▽新綱領議論で、簡潔で揺るぎのない理念を打ち出す−などを挙げた。

 素案の当初案では、解散時期に関して「(野田前)首相は時期を見誤った」と断言したが、「個人批判につながる」との指摘が出て、表現を和らげた。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 新自由主義クラブ 2013年2月19日 10:57:34 : 41xQYjMxutK66 : FUviF2HWlS
小沢一郎は、野田に解散を迫った。
「日本維新の会」も「みんなの党」も党勢を拡大した。
小選挙区制度による、小沢一郎の新自由主義の大勝利だ。

小沢一郎は、新自由主義の大勝利の喜びを誤魔化すな!


02. 2013年2月19日 11:05:12 : cWIBtbognM
不正選挙させるためでしょ

03. xyzxyz 2013年2月19日 11:10:36 : hVWJEmY6Wpyl6 : hMsRcRvT0w
結果論から言えば、衆参同時選挙でどっちも今の議席配分になると
完全に自民党の天下となるから、それを回避する為と言えなくもない。
とりあえず半年は巻き返しの猶予が出来たわけだ。

04. JohnMung 2013年2月19日 11:23:15 : SfgJT2I6DyMEc : M5QxOGjY4Q

01.新自由主義クラブ 2013年2月19日 10:57:34 : 41xQYjMxutK66 : FUviF2HWlS
     ↑
 住民税脱税王・新自由主義者・ケケ中平蔵の愛弟子で「成りすまし」老舗の「新自由主義クラブ」が一番乗りで、出鱈目カキコで攪乱工作!

05. 新自由主義クラブ 2013年2月19日 11:53:56 : 41xQYjMxutK66 : FUviF2HWlS
>>04 JohnMung様

いつもフォローをいただきまして、ありがとうございます。

”新自由主義者ケケ中平蔵”へネガキャンしていただきまして、誠にありがとうございます。

「新自由主義クラブ」は、”住民税脱税王・新自由主義者ケケ中平蔵”の愛弟子ではありません。

「新自由主義クラブ」の信条は、「反・新自由主義」です。

本掲示板にて、「新自由主義クラブ」の政権公約を、近々公表いたしますので、ご確認くださいませ。


06. 2013年2月19日 12:31:45 : iKCWVxTNaQ
やっぱり相当ショックだったんだろうな。野田首相が解散宣言した直後の代表質問は、異様に精気に欠け、心ここにあらずという感じだったね。

最近のテレビ東京のインタビューを見ても、小沢氏は自民党の参院過半数を阻止するために、野党が共闘すべきだということしか言ってないね。それを、「日本に本当の民主主義を根付かせる」とか「国民が自分で考え行動する自立した日本を作る・・・」とか、選挙民にあまり関心が持てないレトリックで表現しているわけだけどね。これじゃ、いくらメディアに露出してもだめだろう。野党の党首なら、何故、安倍政権がだめかというということを、もっと明確に主張しないとね。


07. 2013年2月19日 12:34:49 : eQwtAq1Wsg
「それは多分、巷で言われているように、彼らなりの思惑があったんじゃないですか。要するに、自民党も過半数に届かないだろう。自分らもほどほど生き残れば連立を組めるという打算ですね。それを狙って解散したとしか考えようがない。」
真相の道はこれだな。

08. JohnMung 2013年2月19日 12:37:38 : SfgJT2I6DyMEc : M5QxOGjY4Q

 阿修羅では周知のように、「新自由主義クラブ」は、「成りすまし」老舗、アメポチ・攪乱分断工作員、国賊・売国奴で〜す!

09. 新自由主義クラブ 2013年2月19日 12:48:51 : 41xQYjMxutK66 : FUviF2HWlS
>>08  JohnMungさま

「アメポチ」の定義を考え直しましょう。

「新自由主義クラブ」は、小沢一郎氏のような「外圧(ガイアツ)依存で市場のルールを変更する」やり方こそが、「アメポチ」だと考えています。

日本国民が選挙で「市場のルール」を決めるやり方を尊重すべきだと思います。

08の JohnMung様は、どう考えますか? 


10. 2013年2月19日 13:47:08 : 4ZjzBL6Pug
野田は自民と密通していたんですよ当然

小沢一派を潰すためには民主が消えても早く解散しか選択肢が無かった

それだけ裏の勢力の指令がキツカッタんでしょう

野田も安倍も所詮パペットです

この国を支配しているのは総理大臣ではなく悪徳ペンタゴンです


11. 2013年2月19日 14:10:10 : DsyruJaNCY
10>
>野田は自民と密通していたんですよ当然
 野田はオスプレイだのPPPなど米国の喜びそうなことをやったので、民主党が選挙でまけても健在だ。
 安倍は米国の小沢たたきのため、対抗馬として自民党とともに浮かび上がったに過ぎないのでないか?そのかわり中国強硬路線をつっぱしるしか道がない。
 中国に刃向かった野田民主を叩くために中国は、尖閣で恫喝をかけているのだろう。中国が担ぎ出したいのは、中国に受けのよい小沢と小沢カルト信者なのだろう。
 野田は自民と密通してたのでなく、米国と密通していて、野田自民を米国があとおしする期待があったは、現状は小沢の民主復帰と安倍の自民君臨がまだ続くうようだ。安倍の胃腸の障害は米国CIAのしわざといううわさも流れている。
 阿修羅にも多い小沢カルト信者は小沢にだまされてるのであろう。

12. 2013年2月19日 15:06:20 : PKGkYtkLoA
だけれども、国民と直接触れ合うことなく、国民が何を求めているのか、何を期待しているのかがわかるはずがない。残念ながら、そうした政治活動が民主党にはほとんどなかった。結局、永田町で会合ばっかりやって、地元で自分を支援してくれた人たちの意見の吸い上げが全然できていない。それがこんなに負けてしまった最大の原因ですね。=================小澤談
==============================分かっていて無視していたのよ。その証拠に白石洋一代議士は投稿サイトを事実上閉鎖していた。ということは菅野田仙石白石洋一等の奴等は分かっていて先の選挙公約を破く方向に持って行った。それで菅仙石白石洋一は当然落選した。それでもいいと思っていた。金と脅しに負けて、選挙公約を守ろうとしない人間のくずである。

13. 2013年2月19日 15:15:29 : Jeep266Epg
野田は阿呆なりに自分の役割、つまり日本の本当の権力者の意向を実現した。

ただアホーだから権力者に都合のいいことをしたのだからここまで負けるとは思わなかっただけだ。

それでも自分の選挙区ではご褒美もたっぷりもらえた。この度褒美は本当の権力者が誰かを判らせるためだった。


14. あっしら 2013年2月19日 15:44:57 : Mo7ApAlflbQ6s : DvLZNEv2EI

 あの時点で野田氏が解散総選挙に踏み切ったワケは、様々な情報源を持つ小沢氏も知っているとは思っているが・・・・


※ 12年後半政局と対中問題

「[衆議院解散劇の裏を読む]米国も絡む日中関係に規定され動いてきた日本の12年後半政局」
http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/769.html

「茶番劇!?石原氏は、息子も出馬した総裁選での安倍勝利を予め知っていた可能性:無視されたままの党首討論会「石原重要証言」」
http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/780.html


「[衆議院解散劇の裏を読む]関係修復のため、東京都知事と内閣総理大臣の首を中国に差し出した我が国の支配層(1)」
http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/321.html

「[衆議院解散劇の裏を読む]関係修復のため中国の要求に屈し、東京都知事と内閣総理大臣の辞任へとつながった「尖閣国有化問題」」
http://www.asyura2.com/12/senkyo139/msg/403.html


15. 新自由主義クラブ 2013年2月19日 15:54:07 : 41xQYjMxutK66 : FUviF2HWlS
小沢支持者の皆様、もうお忘れになりましたか?

2012年10月19日に、小沢一郎「国民の生活が第一」代表が、「不信任案が可決されるかもしれない。民主党内で『その前にどうするか』という話になるのではないか」と語り、この小沢一郎氏の発言が当時の野田首相を追い込み解散を決意させました。

野田に解散の引き金を引かせたのは、他ならぬ政界の実力者、小沢一郎氏でした。

http://www.asyura2.com/12/senkyo137/msg/509.html


16. 2013年2月19日 16:04:22 : IFAsDokcaU
どうも、心中主義クラブとかゆう馬鹿投稿が多いね
こいつはどっかの馬鹿掲示板に行け

かってに心中すれば


17. 2013年2月19日 18:58:22 : 1kGqW28fVA
>>06
田崎史郎でさえ、年内解散するなら、あの日しかないと指摘していたんだけどね。
要するにあの時点での小沢は、すでに情勢を何も計算できない頭になっていたわけで、それを私は「脳死汚沢」と表現してきた。それは、あの党首討論ですっかり露わになっていたわけだが、その後も小沢はボケ老人のように昔の想い出のようなバカのひとつ憶えをふらふらと述べる、行動するのみだ。

小沢の脳はすでに死んでいる。


18. 2013年2月19日 20:23:01 : SsdL8XFnCw
小沢が選挙直前に政党名変えて
無駄死にさせた子飼いのことなんか
全く気にしてないんだな。


19. 2013年2月19日 20:28:12 : mt3fdl2ADk
そういや、ここに引用される常連の植草は
年内解散はないと言い切ってたなぁ。

小沢支持者になるということは分析能力なくなるってことなのか?


20. 2013年2月19日 21:57:00 : PUaybKt0gE
>>19.
あなたは、何故あの時に野田が解散したのか分かりますか?
誰でも民主党惨敗を予想できる状況で、党内の殆どが反対していたのに、なぜ野田氏は解散に踏み切ったのでしょう?
普通に考えて、あり得ない事ですよね。


21. 2013年2月19日 23:18:52 : yBPMsiXDU6
消費税増税で、自民党に解散を約束しちゃったんだよ。
それだけ、増税命だったんだけど、真正馬鹿だよね。

22. 米犬 2013年2月19日 23:29:15 : PUHl6PtDGaXFs : 4Q80R8Zler
小沢氏ったら知ってたくせに白々しい
輿石が「年内解散はありえない。衆参同時選挙!!」と必死に言っていた野を思い出す。

小沢は今選挙があったら撃沈することは間違えないことを知っていた。だって日本国民の全員がそう思っていたから。

そこで輿石を使って必死に解散を阻止していた

理由は簡単 年を越せば「生活の党」の議員数の政党助成金が手に入るから。逆に年内に選挙があると政党助成金が大幅に減る

みんな知ってたよ!!

しかも日教組輿石と画策していたことは致命的


23. 2013年2月19日 23:53:18 : 3dp6fFuORI
あの選挙は自民党が勝利するが過半数は取れないと思っていた。自民党も民主党も独自の情勢分析からそのように思っていた。従って、水面下では自民党と民主党との選挙後の連立を模索していたのである。自民党にとって連立する上で民主党の執行部で最も不要であったのが仙谷である。彼の官僚と結託した無節操な党内の権力争いを目の当たりにして、又、質問者を誑かした国会答弁に終始する姿を観て、流石の自民党も拒絶したのである。
選挙の結果は落選しないはずの仙谷は落選し、落選するはずの安住なんかが当選したのである。何と野田は16万票もの大量当選である。
あの選挙はどう見ても何らかの意図(手品)が働いているとしか思えない。仙谷落選がそのことを証明している。何故仙谷は落選したのか?仙谷は本当に落選していたのか?徳島は仙谷命の地であり、誰が彼の落選を予測できたであろうか?
野田は解散宣言時には自民党との連立の姿を思い描いていたはずである。

24. 2013年2月20日 05:54:41 : EcdQrNc5Ng
小沢は知ってますね。
「今でもわからない」というのは皮肉でしょう。

野田が解散すると言い出したのは、小沢が無罪になった翌々日辺りだった。
小沢は準備が出来ず完敗。
自民が圧勝して民主は崩壊したが、野田は生き残った。
誰が得してるか見れば推測出来そうだ。


25. 2013年2月20日 09:47:43 : iKCWVxTNaQ
>>17 小沢氏は衆院選前に民主党を割るか、頭を替えて、選挙協力できるようような体勢を作りかったのだろうね。支持率低迷の中で、その思惑が見事にはずれてしまったから、あれほど動揺したのだろう。それが、「100議席とれる」などという食言に近い言葉での強引な嘉田氏へのアプローチ、その3日後の未来の党設立という拙速な動きにつながっているのよな。

しかし、あの時、野田首相が解散を宣言せず、小沢氏の思惑とおりに、民主党政権が続いた場合の、政治的な混乱を考えるとぞっとするね。その意味で、野田氏の解散の決断は正しかったと私は思っておりますよ。また、麻生の時もそうだったが、「今やれば大敗する」という理由で、選挙を引き伸ばしても、結果を悪くするだけとうことが往々にしてある。末期民主党政権の場合も、それにあたると思うね。

で爺


26. 2013年2月20日 10:22:33 : cCz4ye6Qk7
野田の自爆解散。
思考回路が狂っているから推測なんか出来ない。狂人の考えはわからん。
こいつだけは選挙で落ちると思ったのに。
創かの2万9千票が上乗せ?何で狂人野田と創かが同盟なのだ。

27. 2013年2月20日 10:41:03 : hBREVVfknM
野田はバカだよ。
バカ正直。
だから有権者に好かれてんだろ。
政治板にくるような奴には嫌われるだろうけどねw

28. 2013年2月20日 12:54:32 : hOlEebSCRA
01さん!
そうなん?
で、証拠は?

今の世の中証拠がないと信用してもらえませんよ!
ボイスレコーダーにでもとったんかいな?(笑)
つまらん嘘ばなしは通用せんよ
冤罪作る検察かいなぁ


29. 2013年2月20日 14:29:38 : m2IthddOqY
野田も安倍もパペット操り人形です

解散は御主人サマの命令に従っただけの事です

安倍も一緒です

ご主人サマは最強ツールムサシを持ってますから

如何にでも好きなように出来ます


30. おじゃま一郎 2013年2月20日 16:25:15 : Oo1MUxFRAsqXk : Reqz04kXlk
>小沢一郎氏「民主党が何で解散したのか、今でもわからない」

小沢、認知症を告白。


31. 2013年2月20日 21:16:58 : SsdL8XFnCw
20
植草は年明けすぐに解散とういう予想はしてたんだよね。
民主党惨敗も予想してた。
まぁ民主党惨敗はどんな奴でも予想できてたが。

つまり植草は全く使えない予想屋だってことだ。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK144掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧