★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146 > 768.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
自民党が目論む憲法96条改正の裏を知らなければ、国民は泣くことになる。 (かっちの言い分) 
http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/768.html
投稿者 笑坊 日時 2013 年 4 月 25 日 23:30:25: EaaOcpw/cGfrA
 

http://31634308.at.webry.info/201304/article_23.html
2013/04/25 23:01  かっちの言い分

生活の党が憲法改正の原案を公表した。今、自民、維新が、憲法改正のハードルを下げることを意図して声高に叫んでいる96条の改正については、そのままとした。この話は、日頃小沢代表が言っていることで、本当に国民が憲法を変えた方がいいと思うのなら、別にハードルを低くしないで、国会議員の3分の2の発議で十分という立場である。また、なぜ憲法の中身の本質論を抜きにし、その本質を隠して改正の手法を最初に出してくるのかを疑問視している。それは国民を愚弄する行為という考えである。

生活の党が憲法改正案の原案、96条はそのまま
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130424-OYT1T01218.htm?from=main2
 生活の党は24日の総合政策会議で、党の憲法改正案の原案をまとめた。憲法改正の発議要件を定めた96条については改正せず、衆参各院の3分の2以上の賛成を求める現行規定を維持するとした。

 9条を巡っては、武力行使を伴う国連平和維持活動(PKO)への参加を認める条項を新設する方向を示した。このほか、衆参両院の機能分担の見直しや、災害発生時などの緊急事態に関する条項の追加を検討するとした。

 小沢代表は会議の冒頭、「憲法に不都合な部分が生じてきたのであれば、時代に合ったものに変えていくことは当然だ」と述べた。
 今後、具体的な条文案も含めて議論を重ね、夏の参院選の公約にも反映させる方針だ。
(2013年4月24日22時50分 読売新聞)


しかし、自民党は、憲法の内容をガラリと変える意図を持っている。

この件について、今日の参議院の予算委員会で、社民党の福島党首が自民党の憲法改正草案を取り上げて噛みついた。福島党首は、自民党の憲法改正の中で最も危険な改正は、「公共の秩序」が「国民の基本的人権」を制限する恐れがあると強く指摘した。

特に「公共」という極めて曖昧な言葉は危険で、個人の結社の自由、集会の自由、行動の自由を制限しかねない表現だと述べた。これは、自民党の草案を読んで私も同じ感想を持った。

つまり、何が公共で何が公共でないかわからない。立場が違えば180°違った解釈となる。政府が示した政策を「公共」と判断すれば、それに従わない者を公共の秩序に反するとして官憲で取り締まることが出来る。ある意味、昔の特高の復活に繋がりかねない。

思想は100人居れば、100人違う。同じことでも、ある人は賛成するが、ある人は反対する。定義の無い、訳の分からない「公共」という言葉を憲法の中に入れようとしている。日本の国を守るという「公共」のために「徴兵する」ということも十分にあり得る。それに反対すれば、「公共の秩序に反する」として罰することも出来る。

この96条の改正に賛成しているのが、第二自民党もしくは自民党補完政党である日本維新である。以下の記事のようにやる気満々である。何も知らない国民が、96条だけの議論だけを聞いていると、96条を変えるぐらいはいいのではないかと思うだろう。しかし、自民党は憲法改正のハードルを下げて、その次の本当の狙いは前述した「公共の秩序(憲法13条)」の本丸の改正である。それを知らずに自公、維新を参議院選挙を勝たせてしまえば、国民は後で泣いても遅いことになる。

橋下氏メール送信「96条改正派で国民会議を」
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/news/20130425-OYT1T00363.htm?from=ylist
 日本維新の会の橋下共同代表が、同党国会議員団に対し、夏の参院選後に憲法改正の発議要件を定めた96条の改正賛成派の有識者らによる「国民会議」を設置すべきだとの考えを伝えたことが、24日わかった。

橋下氏から電子メールで23日に送信された。橋下氏はその中で「選挙で審判を受けた後に、改正国民会議を設ける必要がある。(憲法)96条改正賛成派で固める。反対派も入れる行政審議会ではない。国民会議(の議論)を踏んだというプロセス(過程)が重要だ」と訴えている。自民党や維新の会など、憲法改正を目指す勢力が参院選で勝利すれば、国民会議で改正内容を早期に具体化すべきだとの認識を示したものだ。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2013年4月25日 23:36:58 : sIFkxh0qhc
このかっちというのも左翼の反日だな。バカさ加減にもほどがある。96条改正賛成になければ、
自衛隊は無用の長物。自衛すら出来ないし、いったん防衛に入っても止めることすら命令できない。
国民が自国の憲法で泣く前に先に中国や朝鮮の占領下におかれることになる。そういう場合には
自ら切腹してお詫びできるのかい。

02. 2013年4月25日 23:46:05 : PUaybKt0gE
>>01. は、何か訳の分からないことを書いてるなあ。
「96条改正賛成になければ、自衛隊は無用の長物。」って、何だい?(笑)
「いったん防衛に入っても止めることすら命令できない。」これも何を言ってるのかわからんなあ(笑)



03. 2013年4月26日 00:09:02 : zKhrRT3tBk
01はひっちゃかめっちゃか、これぞ尻滅烈!

04. 賢者の石 2013年4月26日 02:59:12 : Qf5ShLuWtoZHs : uW0cBuJvHU
左巻きはほんと頭悪いな

TPPがもたらす自由化のショックドクトリンで

困窮する、頭が悪い大衆が感情的になって

憲法が改正や破棄されるのは中長期的に見れば時間の問題

反対、反対ばかりしてないで先手、必勝しかない。

憲法を不磨の大典にするのは護憲にあらず。


05. 2013年4月26日 03:48:20 : Q5Igzhntgg
かっちはどうでもいい。

06. いいかげん自民党に騙されていることに気づけ 2013年4月26日 06:33:46 : k.dih5XROVSi. : A4oNMk0P8g
01とか04とかアホすぎるw
TPPで、国民皆保険を海外に売り渡そうと必死だわ
なんでも賛成して、売国ミックスに加担してることにも気づかないアホ

07. JohnMung 2013年4月26日 07:46:03 : SfgJT2I6DyMEc : DN9ywBp3EE

 01> sIFkxh0qhcは、支離滅裂だね。学習し直しましょう。

 05> Q5Igzhntggは、情弱・脳弱の救いようのないバカウヨ!
 アホ晒すのは、2chでやるか、どうしても阿修羅でやりたいなら、「センズリ猿」こと「真相の道」=Vakaの立てた、権力・シロアリへのおべっかスレ=アメちゃんへの売国スレでやりな。
 ほ〜れほれほれ、ゲリピー売国音頭を歌って、朝から晩まで酔いしれておれ!


08. 2013年4月26日 07:50:40 : cWIBtbognM
売国あへは96条をいじって日本人から自由を奪い
奴隷にして戦争できる国にしようとしている。
これは、とても恐ろしく危険た。憲法改悪反対!

09. JohnMung 2013年4月26日 08:09:39 : SfgJT2I6DyMEc : DN9ywBp3EE

 昨日あたりから、「真相の道」=Vakaが手を変え品を変え、かく乱分断工作に躍起となっているので、バカウヨどもがどういうことをコメントしているかを確認して、「真相の道」はじめバカウヨどもだけでなく「在特会」や「チーム世耕」絡みのアホコメにも直ちに反撃しましょう。

 まず、下記のスレをみておきましょう。

 ”自由が危ない「自民党憲法改正草案の危険」 (植草一秀の『知られざる真実』)”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/720.html
 投稿者 笑坊 日時 2013 年 4 月 24 日 16:06:58: EaaOcpw/cGfrA

 改憲については、前文の中に含まれる基本原則は今後とも尊重すべきです。

 また、なんのためにどの条項をどう変えるのか、追加すべき条項とはどのようなものを含むのか、といったことを伏せたままで、96条の先行改定は断固反対すべきです。

 ペテン師大嘘つきの安倍自民党や老害イシハラとコスプレハシシタ維新の改憲志向には、断固反対します。

 ところで、小沢一郎氏の憲法に関する最近の見解については、下記で、概要を知ることができます。

 ”現行憲法の理念原則は変えてはならない”小沢一郎代表定例記者会見(2013年2月12日)
 http://www.seikatsu1.jp/activity/act0000019.html

 ”日本国憲法について〜総論〜”小沢一郎代表による憲法講義(2013年2月28日)
 http://www.seikatsu1.jp/activity/act0000026.html

 ”日本国憲法について〜各論〜”小沢一郎代表による憲法講義第2弾(2013年3月7日)
 http://www.seikatsu1.jp/activity/act0000032.html

 最低限のことのみ、触れておきますが、小沢一郎氏は「現行憲法の理念原則は変えてはならない」と明言している。憲法は変えてはならないとは言わないが、「何のために変えるかが問題である」。そして「96条の先行改定はすべきでない」ということです。

 ”憲法改正 「ごちゃごちゃ言っているが、9条を変えたいだけだろう」 by小沢一郎 (世相を斬る あいば達也)”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/309.html
 投稿者 笑坊 日時 2013 年 4 月 10 日 11:18:43: EaaOcpw/cGfrA

 自立と共生の理念の下、対外関係も、国内的にも、状況に応じて、着実に変革を進めるべきである。

 まずは、国民主権の民主政治の樹立が見通せる状況を創り出すことが枢要である。

 理念もへったくれもない安倍自民党やイシハラ・ハシシタ維新の改憲言動には断固反対する。


10. JohnMung 2013年4月26日 10:15:06 : SfgJT2I6DyMEc : DN9ywBp3EE

 阿修羅閲覧者のみなさん 日本国民・有権者のみなさん

 この際、しっかり、学習しておきましょう!

 ペテン師大嘘つきの安倍晋三とそれに追従するしか能のない自民党のバカ議員どもと、股座膏薬の公明党を引き込んだ安倍自公売国政権は、耳障りの好いことを並べ立ててはいますが、大多数の国民が希求する、暮らしといのちを守り、平和と安寧を後世に引き継ぐことなど、二の次三の次です。

 大手マスメディアが、「本当のことを伝えない」「批判精神を放棄している」「権力や既得権益者に阿る」といった体たらくで、ジャーナリストとしての最低限の責務すら果たしていない状況下では、国民・有権者が自主的に判断し自覚的に行動するしか、この国を正していくことはできません。

 ”憲法改正は憲法の在り方、それに基づく国家像をきちんと明示して議論すべき ー 小沢一郎代表定例記者会見(2013年4月8日) ー”
 http://www.seikatsu1.jp/activity/press/act0000048.html

 ”自民党が公式に国民の基本的人権を否定し、さらに改憲案で日本国憲法第18条「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」を削除。”
 http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/436.html
 投稿者 gataro 日時 2012 年 12 月 05 日 13:23:49: KbIx4LOvH6Ccw

 “自民党のトンデモ改憲原案はもはや「憲法」とは言えない この国にはまともな政党はないのか(BLOGOS)” 2012年03月07日 01:40
 http://blogos.com/article/33462/

 参考までに、以下にも目を通しておきましょう。

 “日本国憲法と大日本帝国憲法条文比較”
 http://tamutamu2011.kuronowish.com/kennpoujyoubunnhikaku.htm

 下記は、ペテン師大嘘つきで好戦右翼の安倍晋三と追従おべっかの自民党バカ議員どもの改正草案です。

 ”自由民主党「日本国憲法改正草案」”
 http://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/kenpou_qa.pdf


11. 2013年4月26日 10:44:47 : y2qviGXoOc
小沢さんの説が正しい。

12. 2013年4月26日 11:11:13 : BMrorzPuak
不平等極まりなく日米の隷属構造を生み出す日米地位協定の破棄することが先だ。



13. 2013年4月26日 11:39:56 : SYBnefOvOA

憲法オタクの出来損ない「心中ナントカ倶楽部」が現れない怪



14. 日高見連邦共和国 2013年4月26日 11:59:11 : ZtjAE5Qu8buIw : Ihir5pcR5A
13さま

ご指摘の『新自由主義クラブ』=『米犬』さんは、天敵である私に頭抑えられて動くに動けない状態かと。

まあ、すぐに春の小蟲のように這い出て来るかとは思いますが。


15. JohnMung 2013年4月26日 12:01:08 : SfgJT2I6DyMEc : DN9ywBp3EE

 午後、隣町に所用で出かける前に、いくつか情報込みのコメントを書き込んでおきます。
 4月28日を「屈辱の日」ではなく「主権回復の日」とする安倍自公売国政権に対して、沖縄県民はもとより心ある日本国民が疑問視しかつ怒りの気持ちを抑えがたい状況にあることも併せて、安倍晋三総理総裁と自民党の企みを暴きましょう。

 下記のスレは、4月10日に投稿されたものです。大方は、真面目な議論がみられる反面、いつものように小沢氏マターでしかも憲法論議であることから、バカウヨどもの保守右翼の安倍晋三擁護とかく乱狙いのアホコメもみられます。学習しておきましょう。

 ”憲法改正 「ごちゃごちゃ言っているが、9条を変えたいだけだろう」 by小沢一郎 (世相を斬る あいば達也)”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo146/msg/309.html
 投稿者 笑坊 日時 2013 年 4 月 10 日 11:18:43: EaaOcpw/cGfrA

 上記スレのアンカーNo.45>で触れているように、安倍晋三自民党が、日本国憲法をなんのためにどのように変更しようとしているか、が「キモ」です。それと、あいば達也氏の記事にもあるように、ここに来て、アメリカからの指図があることは以ての外であります。このような疑念のある日本は、最近暴露された砂川事件に関する田中耕太郎最高裁長官の屈米従属行動をみても分かるように、主権のある法治国家でないことは明らかです。

 まずはこのことをきちんと捉えた上で、議論を進めることが肝要です。

 ところで、アベノリスクの安倍晋三は、改憲を唱えながら、民主党小西議員の国会質疑の中で、憲法の基本事項についての認識も覚束ないおバカであることが発覚しています。

 ここでの問題は第13条ですが、本音は、自衛隊を国防軍に再編し、かつ国民皆兵制(徴兵徴用制)の施行(その前提にまたは並行して言論表現の自由統制、教育改革という名の思想動員等々)等によって、安保条約を基底にした集団的自衛権による海外派兵を可能にするため、第9条の改定が一丁目一番地であり、それを容易にするため第96条の改定を狙っていることから、第9条と第96条は十二分に知っているはずの安倍晋三は、基本的人権の根幹項目である第13条を知らなかったことをつかれ、ぶち切れ気味になっていました。
 下記のスレで、確認または再確認して下さい。

 “憲法クイズ”に「イラッ」参)予算委で安倍総理(ANN) 
 http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/744.html
 投稿者 かさっこ地蔵 日時 2013 年 3 月 29 日 23:13:43: AtMSjtXKW4rJY

「第13条〔個人の尊重〕
 全て国民は、個人として尊重される。
 生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大限の尊重を必要とする。」 (ウィキより)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC13%E6%9D%A1

 第13条は、基本的人権に係る「包括的条文」であって、枝葉の問題ではありません。

 「本条は、基本的人権の内容につき規定する第3章に位置し、いわゆる人権カタログにおける包括的条文としての役割を果たしており、日本国憲法が『基本的人権の尊重』を理念とすることの根拠条文の1つとなっている。」(同上)

 また、国会での質疑は通常、前日までに質問内容を通告しているはずだから、

 上記スレのアンカーNo.05>okonomonoさんが指摘するように、
 「小西議員は「答え」が書かれた資料を事前に配布してたみたいだぞ。当たり前のことを答えさせてから次の質問をするつもりでいたら、相手が答えてくれなかった。」ため、上記のスレに示すような展開になったのだろう。
 つまり、基本的人権の根幹である「包括的条文」を確認して、次の個別、具体の条項に係る質疑に移るはずだった(こうした質疑の展開は国会だけでなく、地方議会でも通常見られる手法です)のが、安倍晋三の非常識というかお馬鹿加減のため、質疑の入口ですったもんだすることになったのです。

 要するに、「官僚の準備した模範回答」にきちんと目を通していたら、なんでもないことだったのに、問題を大きくして、大手マスメディアの情報操作・誘導で呪縛されているはずの多くの国民・有権者にも「衣の裾から甲冑」が見えてしまったのです。

 こういう好戦右翼のペテン師大嘘つきの安倍晋三総理の下では、期待したくはないが、飛んでもない将来がもたらされ、災禍が子々孫々にまで及びかねないのです。


16. JohnMung 2013年4月26日 12:15:18 : SfgJT2I6DyMEc : DN9ywBp3EE

 このところ、自民党改憲案だけでなく、維新も党大会で復古調の改憲意向を明確にしていることから、この際、憲法問題について、連投させていただきます。

 折角だから、日本国憲法第18条についても、確認・学習しておきましょう。

 第18条は、「日本国憲法第3章にある条文の1つであり、身体的自由権である奴隷的拘束・苦役からの自由について規定して」おり、条文は、「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。」となっています。

 自民党案では、第18条の「肝心な言葉が無くなっている」のです。その意味・狙いを確認し、かつ、安倍自民党の企みを捉えておきましょう。

 ”第18条 【奴隷的拘束及び苦役からの自由】”
 http://www009.upp.so-net.ne.jp/law/k0018.html

 ”自民党が公式に国民の基本的人権を否定し、さらに改憲案で日本国憲法第18条「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」を削除してしまいました”
 http://togetter.com/li/414355

 ”ジャッカルの目 憲法18条、苦役からの解放の自民党改悪案”
 http://eyeofthejackal.blog34.fc2.com/blog-entry-13.html

 ”自民党 日本国憲法から97条(基本的人権)と18条の「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」を削除。”
 http://newskenm.blog.fc2.com/blog-entry-1996.html

 ”自民党が公式に国民の基本的人権を否定し、さらに改憲案で日本国憲法第18条「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」を削除。”
 http://www.asyura2.com/12/senkyo140/msg/436.html
 投稿者 gataro 日時 2012 年 12 月 05 日 13:23:49: KbIx4LOvH6Ccw

 阿修羅のみなさんなら、第18条の削除された部分が非常に大切であることはもうお分かりになられたでしょう。

 一言だけ、削除しようとしている「何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない」条項は、国民皆兵(徴兵徴用)制施行の足かせとなるからです。
 それゆえ、ペテン師大嘘つきの安倍晋三と自民党は巧妙に、国民・有権者を騙くらかそうとしているのです。


17. JohnMung 2013年4月26日 12:47:33 : SfgJT2I6DyMEc : DN9ywBp3EE

 第21条についても、みておきましょう。その前に、いくつかのスレを概観しておきましょう。

 ”「TPP参加問題と大西英男衆議院議員による『言論封殺』について」  孫崎 享”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/898.html
 投稿者 赤かぶ 日時 2013 年 4 月 03 日 10:15:00: igsppGRN/E9PQ

 ”民主党が国会で憲法クイズ…安倍首相怒る2ch より民主党小西洋之の憲法クイズ()に東大法学部の人間が反論”
 http://www.asyura2.com/13/senkyo145/msg/891.html
 投稿者 木卯正一 日時 2013 年 4 月 03 日 01:58:45: xdAt6v.ugMgqA

 アンカーNo.14で触れたように、大西英男議員の衆議院での孫崎 享氏に対する批判は、言論・表現の自由を封殺することになりかねない深刻な問題です。
 大西英男のアホさ加減が「キモ」ではなく、アホな大西議員を「鉄砲玉」として使った、つまり「露払い」の役を担わしたということです。
 別言すれば、孫崎享氏が攻撃されただけという問題ではなく、国民・有権者に「余計なこと=権力への批判や都合の悪いこと」は言うな・書くな・発信するな、ということなのです。
 つまり現代の「三猿」(見ざる聞かざる言わざる:見猿聞か猿言わ猿 see no evil, hear no evil, and speak no evil)を強要することに繋がりかねないのです。

 阿修羅閲覧者のみなさんは既知のように、如上の問題は日本国憲法第21条に関わる問題です。この際、しっかり学習・確認しておきましょう。

 第21条は、「日本国憲法第3章の条文の1つであり、集会・結社・表現の自由、検閲の禁止、通信の秘密について規定している。」(ウィキより)
 条文は、「1.集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。2.検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。」(同上)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%86%B2%E6%B3%95%E7%AC%AC21%E6%9D%A1

 このことに関して、下記のスレもご覧下さい。

 ”憲法に書いてない「報道の自由」…小沢報道をめぐって 政治の季節【稗史(はいし)倭人伝】” 2010-02-15 18:09:54
 http://blog.goo.ne.jp/yamame1235/e/af2ce0c176bed77334c7c69fdf6123d6

 上記の「稗史倭人伝」の記事の一部を引用しておきます。

(引用開始)
 日本国憲法には、「報道の自由」という言葉はない。言葉だけではなく、その概念すらない。

 マスコミは大きな誤解をしているようだ。報道の自由とは、嘘を言ってもいい、デタラメを書いてもいいという意味ではない。

 多くの人が、憲法によって保証されていると思いこんでいる「報道の自由」はメディアがでっち上げてきた、虚構の上の幻に過ぎないのではないか。確かに、憲法の条文に書き込まれていない権利も次第に拡張されてきてはいる。憲法条文の延長線上に環境権という概念が生まれ、「知る権利」が認められたりする。
 しかし、条文に直接書いてないということが、その権利の定義の曖昧さ、強制力の弱さを克服できない大きな原因の一つなのではないか。
 条文に書いてないということが、「報道の自由」そして「報道」そのものの本質論がこの国で一般化しなかった、そして深化しなかった原因の一つなのではないか? それがこの国に、まっとうなジャーナリズムが育たなかったことの原因なのではないか?

 「報道の自由」の根拠をどこに見つけるか?
 「知る権利」から「報道の自由」が派生する、と考えることもできようが、「知る権利」自体が憲法条文にはない言葉である。
 そしてそれはあくまでも情報を受け取る側の権利であり、情報の発信者の権利ではない。
この場合情報発信者側に生ずるのは、権利ではなく、国民の知る権利に答える義務であるということになる。
 しかしその義務は公的機関に対してはあてはまるが、民間の営利企業であるメディアには押しつけられることではないだろう。精々、道義的あるいは職業的良心とでもいうところにそれを求めることがてぎるというものであろう。
 ただし、国民の「知る権利」が認められるならば、公的権力はそれを妨げるような報道弾圧・妨害をしてはいけない、ということになる。
 メディアは、国民の「知る権利」に応えるという一点においてのみ、「報道の自由」を主張することが許される。
(引用終了)

 阿修羅閲覧者、日本国民・有権者のみなさん

 上記の「稗史倭人伝」のご指摘を読まれて、どのように感じられましたでしょうか。

 国際的にも「本当のこと」を伝えないと酷評されている日本のマスメディア、西松建設事件〜陸山会事件・小沢裁判に係る謀略加担の世論操作・誘導、各種世論調査における恣意性・欺瞞性・謀略性、昨年実施の総選挙に係る世論操作・誘導等々、大手マスメディア等の堕落ぶりを正すことも、現在を生きるあなたと私、国民・有権者の待ったなしの義務と言えるでしょう。

 まもなく、出かけます。
 好い午後の時間をお過ごし下さい。

 では、いずれまた。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト
フォローアップ:

 

 次へ  前へ

▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。

アマゾンカンパ 楽天カンパ      ▲このページのTOPへ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK146掲示板

 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧