★阿修羅♪ > 原発・フッ素37 > 495.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「このまま福島に住み続けていいのか?」南相馬のベテランママの会さんが坪倉正治先生とお話し会を開催。
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/495.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2014 年 4 月 17 日 06:00:55: 8rnauVNerwl2s
 


小林ゆうこさんのつぶやきから
https://twitter.com/divinejuice/status/455372145439150080

小林ゆうこ
‏@divinejuice
【正しい放射能のお話し会】「このまま福島に住み続けていいのか?」南相馬のベテランママの会さんが坪倉正治先生とお話し会を開催。怖い話はすぐに飛び火するのに、正しい情報はなかなか。今年は今までのデータや質疑をまとめた『正しい放射能教室』という小冊子を作成、小中高の女子に配ることに。
 
 
<参考>

https://twitter.com/nekoyasshiki/status/445031052390592513

灰猫
‏@nekoyasshiki
内部被曝の現状は「健康への影響を心配しなければならない水準より2ケタ程度低い」と、南相馬市立総合病院で診療にあたる坪倉正治医師は話す。 http://s.nikkei.com/PExcMW
 
 
<阿修羅人気記事から>

■福島の妊婦、7人中5人がダウン症や奇形児、流産の恐怖(福島県は「死灰の街」になった)
http://www.asyura2.com/12/genpatu25/msg/552.html


■福島で凄まじい事態が発生!「福島では妊婦の15人の内12人が奇形児を出産しています!」(原発問題) 
http://www.asyura2.com/13/genpatu31/msg/158.html


■再来年どころか、すでにもう東京はチェルノブイリ級の放射能レベルにある(リンク紹介)
http://www.asyura2.com/12/genpatu24/msg/158.html


■日本では奇形児は生まれない 奇形と分かったご家庭には、保健師をはじめ次々と何人もで訪ねて堕胎をすすめ 伝聞引用
http://www.asyura2.com/12/genpatu21/msg/733.html


■福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れなく(板垣英憲)
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/427.html


■「福島で頭が2つある子供が生まれてる」緑の党木村ゆういち氏
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/500.htm


■福島では頭が平らな赤ちゃんが産まれました。なぜ頭が平らかわかりますか。脳が無いからです。-(エリザベスのヘサヨ)
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/330.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年4月17日 09:01:38 : 8Q0NvoB6iE
坪倉正治。こいつの精神はほとんどバケモノの域に達しているんじゃないか。
視線もどこか定まらず、ほとんどカルトといっていいような。
こんな若造がだれかに洗脳されて放射能安全デマを住民に吹き込んでいる。
おそろしい世の中だ。

02. 2014年4月17日 12:41:20 : 0ztUZtmSjc

いやいや一応ICRP(国際放射線防護委員会)の基準年1ミリシーベルトにのっとって
発言しているとおもいます。ですが、この数字自体がとてつもないインチキですから(
外部被曝だけならそれほど間違っているとも言わないが)、そのうえ検査器具でインチキ
もしています。安全というなら、尿検査でセシウム以外も測ることが必要。血液検査
心臓の検査をして異常がでていないかを見ることも必要です。

そのうえ、今は被曝の潜伏期といえる時期ですから、こいつも潜伏期が開けるころ(3年後くらい)
には様子をみて逃げ出すでしょう。でも国からは褒賞されるのではないかね。


03. 2014年4月17日 15:27:02 : cQ79uxHmns
▼御用学者の坪倉正治もまた「希望の象徴」賞を受賞。パラレルワールド日本。医者に殺されるなよ!
御用医者の坪倉正治によると検出限界値250bqを超えた福島の子供は0・1%だったという。
この坪倉の調査結果は新聞やテレビでも大々的に報道され、ほとんどの国民は「原発事故は大したことない、福島の子供は安全」と信じ込まされてしまった。しかし、検出限界値250bqというのは非常識な設定値であり、通常WBCの限界値は40bqである。
さらに、尿検査や血液検査ではWBCの100倍以上のセシウムを正確に検出でき、WBCの値のみで健康問題を評価することは出来ない。福島で犯罪的ともいえる「安全キャンペーン」を貼ってる坪倉正治のような極悪人が使用すれば、WBCの結果はいくらでも操作できるという欠点をもっている。
実際に、今回福島老朽原発を考える会が検査して下さったWBCの結果、伊達市の子供から6000bqのセシウムが検出された。坪倉の結果とは矛盾するが、どちらがウソをついているかは言うまでもない。
→坪倉の賞の背後にいる関係者は以下の通り。
【 審査委員 】(五十音順)
安西祐一郎 独立行政法人日本学術振興会!!! 理事長
井村裕夫 公益財団法人先端医療振興財団!!! 理事長、元京都大学総長
羽生田俊 一般社団法人日本医師会!!! 副会長
広中和歌子 元参議院議員
藤井宏昭 森アーツセンター理事長、元駐英大使
古川貞二郎 恩賜財団母子愛育会理事長、元内閣官房副長官、元厚生事務次官
細川佳代子 公益財団法人スペシャルオリンピックス日本名誉会長、 NPO法人勇気の翼インクルージョン2015理事長
向井千秋 独立行政法人宇宙航空研究開発機構 有人宇宙環境利用ミッション本部 宇宙飛行士
山下泰裕 東海大学教授・理事・副学長・体育学部長
(日本学術振興会、先端医療振興財団、日本医師会の関係者がいることに注目。)

【共催】 社団法人全日本病院協会!!!、一般社団法人日本病院会!!!、サノフィ株式会社
【後援】 社団法人日本医師会!!!、公益社団法人日本看護協会!!!、福祉自治体ユニット

(授賞式後援)総務省、外務省、文部科学省!!!、厚生労働省!!!、経済産業省

コメント01:坪倉正治氏『それは内部被曝じゃなかった』に対して矢ケ崎克馬先生が非常に論理的に反証されておられるので、以下に掲載する。
東大医科研グループの「被曝調査活動」がいかに杜撰で「住民軽視」のものであるかが、科学的にも「立証」されつつある。
まず、被曝解析について、坪倉氏のあまりにも無知が目立ち、被曝を解析する能力の無いことを自ら暴露していることです。何故このようなむしろ率直すぎる用語を使うかと申しますと、坪倉氏の論理が坪倉氏個人の論理に留まらない、市民の命と健康の切り捨てる陣営の一角を担っているものと判断せざるを得ないからです。
被曝計算の物理的設定もできない者が、「専門家」ぶった安全論を説いています。
http://www.asyura2.com/13/genpatu30/msg/254.html


04. 2014年4月17日 19:21:44 : oIjRF9fAyw
<阿修羅人気記事から>  って、おいおい^^;
デマ記事の典型的な見本のようなリンク ばかりじゃねーかよ
これが人気記事って、いくらなんでもワザとらしいぞ 確信犯だな。

もちろん、無責任なデマは許されない しかし だから安全だとは誰も保証は出来ないんだぞ
デマ記事をやり玉に挙げたからって 安全が証明される訳では無いのだ

デマを面白半分に広めようとする“オカルトマニア”にも困ったもんだが
こういう“安全厨”も 始末に終えない事も確かだな ウヨの手先とも言えるな。


05. 2014年4月18日 00:18:38 : 1p7NU7XhOg
 多摩散人です。

>内部被曝の現状は「健康への影響を心配しなければならない水準より2ケタ程度低い」と、南相馬市立総合病院で診療にあたる坪倉正治医師は話す。

 こんなことは事故直後から言われていたことで、別に今さら騒ぐことでもないと思うけど。

><阿修羅人気記事から>  って、おいおい^^;
> デマ記事の典型的な見本のようなリンク ばかりじゃねーかよ
> これが人気記事って、いくらなんでもワザとらしいぞ

 阿修羅の人気記事がデマ記事の典型だということは認めているらしい。では、次の阿修羅の人気記事の中の、どれがデマでない記事なんですか。

 http://www.asyura3.com/rnk/ranking_list.php?code=sjis&q=%8C%B4%94%AD&term=0


06. 2014年4月18日 03:05:52 : oIjRF9fAyw
まあ、確かに 仰る通り

デマじゃない記事を見つける方が、遥かに難しいですな
しかしねえ、デマをデマだと暴いたからって 安全が証明される訳では無い事ぐらいは理解してほしいな
本当に安全だったと 証明できるのは、20年〜30年後ぐらいでしょう
結局それまでは、「危険を避けるに越した事は無い」 と考えていくしかありません

とは言え、福島を離れるに離れられない人達だって大勢いる
その人たちに対して安全ですと説くのは間違ってはいない(気休めである可能性も有りますが)
不安とストレスに晒されながら暮らすほうが、よっぽど病気になり易いからです

しかし、見守る立場の我々は、福島の現状には“厳しい目で”見ていく必要は有ります
もちろん、デマを煽り立てる馬鹿どもは許してはいけませんが。


07. 2014年4月18日 04:10:00 : aiMZAOJQqY
坪倉は、内部被ばくが外部被ばくの数百倍から数千倍危険であることを知っていながら、
線量が同じなら内部、外部被ばくは同じとゴマカシを言っている。

そのうち嘘がばれて、日本にはいられなくなるだろう。
おそらく、山下俊一などと一緒にIAEAが用意した海外のポストにでもつくのだろう。

まあ、福島にたびたび行っているから、その前に被ばくで本人があの世に逝ってしまうかも知れないが。


08. 2014年4月18日 08:01:33 : 1p7NU7XhOg
>06 さんへ。
 多摩散人です。
 おっしゃる通りです。私は「原発は安全だ」なんて言うつもりはありません。新幹線だって、「安全だ」なんて言わないのと同じです。

 「阿修羅の放射能危険情報は、ほとんどすべてデマだ」と言うだけです。「新幹線は、いままでに乗客が死亡した事故はない」と言うのと同じです。

 私がいつ「原発は安全だ」なんて言いましたか。私がいつ「絶対安全な乗り物がある」なんて言いましたか。


09. 2014年4月18日 09:15:40 : yC1Ve6qWIE
あのよぉ〜坪倉医師の考えの問題点に関しては
前の会員4153番号氏の投稿文に書いたけど
野呂美加 菅谷昭 そして 坪倉正治先生(秋桜の日記〜福島県民200万分の1の声〜)
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/413.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2014 年 4 月 11 日 05:55:05: 8rnauVNerwl2s

http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/413.html#c3
南相馬市の場合、最大の問題点は初期被曝なんだよ。
そして測定精度の問題や風向きで突然放射線量が倍以上になること。
これは風向きで放射性物質が舞い上がる&吹き流れてくる地域であること。

坪倉医師は県外からの通いの立場で地域に密着した考えなどない上っ面だよ。
多摩散人氏よ、浪江の放牧牛の件でも色々とコメントしアカラサマなコメントはしなかったが
南相馬市の件はハッキリ書いておく
現地の事を知りもしない見もしないコメントは元住民として極めて不愉快だ。


10. 2014年4月18日 11:47:17 : 5jXKEPLW7c
福島どころか関東から医師が逃げ出しているという話をしばしば聞く。小平の三田
医師が関西に移住するのはよく知られているが、それだけではないのだ。

医師は患者のデータを見ることができる。いち早く異常に気付ける。それだけに
異変をわかっていてもウソをつき続ける坪倉正治のような人間は政府・原子力ムラ
にとって貴重な人材だ。>>03の言うとおり

>御用学者の坪倉正治もまた「希望の象徴」賞を受賞

するわけだ。


11. コーラ 2014年8月14日 21:06:56 : 4VOrJjeIwJHXk : N8MZcGPWz6
「福島県南相馬発坪倉正治先生のよくわかる放射線教室」
カラフルなイラスト入りでステキだったわ〜。
もう被曝を恐る必要はないという内容です。

でも私、写真を見たんだけど....。
奇形のタンポポや、奇形植物。あれって合成?きっとそうよね〜。
でも、なんでデマを撒く必要性があるのかなぁ....。
おかしいわぁ。甲状腺ガンって100万人に一人なんだってね。
福島は26万人に81人って報道だけど...これもデマ?

いっそ、福島原発では事故はなかった!にしといた方が良かったのでは?


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素37掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
この板投稿一覧