★阿修羅♪ > 雑談・Story41 > 391.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
これを読む方へ宛てたメッセージ
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/391.html
投稿者 Air−Real 日時 2016 年 7 月 04 日 15:19:33: dsfJ1hAY0z6VI gmCCiYKSgXyCcYKFgoGCjA
 

今振り返ってみて、私たちが経験してきた戦後の時代の「新しい生活」とはなんだったのでしょうか?


そこでわれわれは何をしてきたのでしょうか?

ここにいまある『人間』の社会とはいったい何でしょうか?


何のためにわれわれ人間とは存在し、『人間』として何を自覚しているのでしょうか。

あなた方が今演じている「自己」、または人間としての役割とは、

いったい全体、どんなものでしょうか?


半世紀をはるか超える以前に、「終戦」を迎えたわれわれの祖先のなかで、

間違いなく『新しい幕開け』を切れたと思った人はいったいどれくらいいたのでしょうか。

終戦。


ひとまずそのことで何らかの区切りがついたのだとしても、

それまでのわれわれ人間が抱えていた『問題』、

そして、そこに突入していったわれわれのあり方とは、

何かそこで”終着”をみせたのでしょうか?

そう考えるとけして他人事とは思えないのは中東イスラム圏に対する問題です。

そこに同様の思いをもって目を向ければ、少なくとも理解できるものがあるはずでしょう。

彼らとてわれわれと同じです。

イラク侵略戦争で無残に家族を”誤爆”によって失い、”そこに残された人々”は、

その後、どのように自分たちの問題を決着させようとしているのでしょうか。


過ぎれば終わったことでしょうか?


そこに至らしめた問題とはなんら片付いていないはずです。

彼らもまた、人間としての一面にある、”横暴な知性”の「犠牲者」です。


一握りの「偉ぶるもの」がいて、彼らは自分たちの力をかざし、可能性を踏みにじる。

そして、人々が「本当の知恵」を持ち、つながることを恐れている。


だから、その「妨害」をしているのではないのですか?

そこでは、「自分たちだけが正しい」からです。

それを人々に教えなくてはならないとしている。


親なり権力者なり、みな同じ性質を持っています。

そこではいったい何を教えているのでしょうか!

なんと馬鹿げたことでしょうか!

差別のまなざしでそこに君臨しつづけようとする者がいる。

だから人としての自分の本質がいつまでも掴めない!

肉体も感情も、精神も魂も、みなばらばらに互いを嫌悪し、

ひとつのくだらぬ人間的『おごり』の中にまとまりをみせていない!

そこでは、一番上にたとうとする意識だけが自分だと正しいのだと、

その力をただ見せようとしつづけている!


そんなことでは、人間はいつまでたっても成長しない。


草や木や花はそんなことはしない。

けれども自然と一体となって、われわれの住む全体の環境を維持し続けている。


人間は、比較することを誤った使い方しか学んでいない。


比較して、自分たちができることが多いのだとして、

それで「優れているのだ」と思い込みたがっているだけ。


そして結局何も教わることもできず、まともなことを何ひとつできていない。

そこでは、「誰もできない」「自分以外みな間違っている」

「愚かだ」と人をののしることしかできていない。

つまりなんら万人を分け隔て救えるはずの、当たり前の知恵を持てていない!


そうした彼らは自らの驕りの上に、人に教えを請うということをしない。

何よりも誰よりも知恵あるものを「恐れ」、そして自分をも捨てている。


「自分たちが必要だとするもの」を「自分たちが作るのは当たり前のこと」です。

間違っても、「自分たちが社会を必要とする」から「社会に従属すべき」であるのではなく、


あなたがたが本当に必要としているのは、

「自分たちが必要とする社会」を自分たちでつくれるのだ、という、

その「当たり前の力」だけであるはずです。

「できること」を「できない」といい続けて、「できないこと」にしつづける。


そんな馬鹿げたことは聞いたことがない!


そしてそれは、本当に人間としては無益で無価値でくだらぬ考えであるということ。

いつからその力を捨ててしまったのか、考えてみてください。

あなた方もまた、その犠牲の上に、

ただ”居座り続けているだけ”になっているのではありませんか?

それらの”妨害”に「敵対するのがやめられない」とするのは、

あなた方自ら、その本当の知恵や力を”自分に持たせること”を「妨害している」のと同じことです。

それは、自分たちの力を認めていないことも同然なのです。


ですから、『敵対するもの』常に心が捉われて、同じレベルの仲間となり、

そこで望みもせぬ役柄を演じることにしかなっていないのです。

自分たちに必要なものを自分たちで作るのは当然のことです。


「ここから先は自分たちは関われない。」


いいですか? 「そんな場所はどこにもありません」


妨害には、敵対するのではなく、そこに無駄な力を投入せず、

自分が望ましいと考える「自分を持つ」ことに専念してください。

「できない自分たち」を自らの思い込みによって作りあげるのをやめてください。


そのようにあなた方はある特定の『人間』を演じているのです。


当たり前にやれるはずのことすら「できない」とした限界を

自ら、自分たちで作っていることの馬鹿馬鹿しさにさえ気づけないでいるのです。


「本当の自分」とのつながりを取り戻したければ、

いますぐ、自分たちの必要な社会を自らの手で築くための議論を始めてください。

『人間とするもの』にはその当たり前の権利、そして責任ある役割があります。


くだらぬ論争などいりません。それは何一つ物事を変えません。

この国を、この国の人間というものを本質から変えてみる気はありますか?


あなた方にはその気持ちがあるのかどうなのか。


はっきりとした「自分」をもってください。

自分たちに必要なものを作るのに、戦いの場は必要ありません。

人とは、真剣さ、そして誠実さ、そしてその場所を楽しむ『遊び心』だけが必要です。


                         アーリエル  

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. クールクール・K[87] g06BW4OLg06BW4OLgUWCag 2016年7月05日 04:24:44 : gE01TMjfe2 : qzyARmmY@C4[20]
なんかこれを思い出したよ。

Leon Russell - Stranger in a Strange Land(和訳)
https://www.youtube.com/watch?v=RYQZeqAKbFc


2. 2016年7月06日 01:09:46 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[249]
>1

ありがとう。メッセージは受け取ったよ。あなたもまたあなたらしくあれ。


3. 中川隆[3168] koaQ7Jey 2016年7月06日 09:23:55 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3515]
Air−Real さんは一番基本的な事がわかってないんだよ

人間には天敵が居ないから放っておくとどんどん人口が増えて全滅してしまう

それで劣等人種を絶滅させて優れた民族だけが生き延びる体制になったんだ:

アメリカは正気を取り戻せるか―リベラルとラドコンの戦い 2004/10
ロバート・B. ライシュ (著), Robert B. Reich (原著)
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AF%E6%AD%A3%E6%B0%97%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%8A%E6%88%BB%E3%81%9B%E3%82%8B%E3%81%8B%E2%80%95%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%AB%E3%81%A8%E3%83%A9%E3%83%89%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84-%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBB-%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%B7%E3%83%A5/dp/4492222545


の感想から連想したことなどを。


 さて、以下、「ラドコン(Radcon)」というのは「ラディカル・コンサバティブ(radical conservatives)」の略称で、よく言われるネオコンとほぼ同じ人々のことを指している。

「ラドコンにとって規律を行き渡らせる究極の道具は市場である」(150ページ)

「当時、フリードマンの提案をまともに受け取った人はほとんどいなかったが、ラドコンが支配するようになった今、その考えが主流となった」(152ページ)

「ラドコン社会学者のチャールズ・マレーは次のように言う。『今日のアメリカで、あなたが本当に頭がよければ、おそらく本当によい学校に入ることになり、収入のよい仕事に就くことになり、給料も上がり続けるだろう』」( 157ページ )


→では、右翼であるラドコン(ネオコン)と市場原理主義者の共通の「根」は何か。  


「当時(南北戦争後の好景気時代『金メッキ時代』の支配的な経済理論は自由放任であり、その哲学的ルーツは社会ダーウィニズムとして知られるようになった。

 今生きているアメリカ人でハーバード・スペンサーの著述をなにがしかでも読んだことのある人はほとんどいないだろうが、彼の著作は19世紀の最後の30 年間、アメリカに強烈な影響を与えた。・・・

(ハーバード)スペンサーと彼の信奉者にとっては、市場は人格を発展させる場であった。勤労は人々に生き残るために決定的に重要な道徳的規律をもたらした。

生きることは、最も強い道徳的素質を持っている者だけが生存できる競争的闘争であった。・・・

「適者生存」という言葉をつくったのはチャールズ・ダーウィンではなくスペンサーだった。・・・

スペンサーの熱心な信奉者だったイェール大学の政治・社会学教授ウィリアム・グラハム・サムナーはこれを簡潔に説明した。

『金持ちは生き残り繁栄するに値するが、貧者はそれに値しないだけの話だ。』」(159〜160ページ)


→強い者が勝つ、あるいは勝った者が強いのであり祝福されるべきである、と考えるところが、そのまま市場原理主義の考え方に当てはまるということなのだろう。


 一方、ラドコンが積極的に他国・他民族を侵略してよしとするのもまた、

勝てば良い、負けた者は劣っているのだから虐殺されても文句は言えない

との考えが根にあるということになる。


「強い者が勝つ」

あるいはさらに進んで

「どんな手を使っても勝てばいい、勝った者が強い者であり、祝福されるべきである」

という弱肉強食の論理は、市場原理主義の典型的なたとえだが、実はこれは侵略戦争の論理でもあるのではないか。


 市場原理主義とラドコンの共通性を論じるのに、ハーバート・スペンサーのことが取り上げられたが、彼の文章はマフムード・マムダーニ著「アメリカン・ジハード」でも

「付随的な損害を斟酌せず、完璧な幸福という大計画を実行に移しつつある勢力は、邪魔になる部族の人類は絶滅に追い込む」(注の1ページ)

と紹介され、この時代の思想傾向がどのようなものであったかが次のように記されている。


「『帝国主義が劣等人種を地上から排除することによって文明に貢献した』」

とする考え方は、自然科学、哲学から人類学や政治学に至る、十九世紀のヨーロッパ思潮の中に広く表明されている。

イギリス首相、ソールズベリ卿が一八九八年五月四日、アルバート・ホールで行った有名な演説で、

「大雑把に言って、世界の民族は生き延びていく民族と滅びていく民族の二つに分けられる」

と述べたとき、ヒトラーはわずか九歳、

ヨーロッパの空気は

『帝国主義こそ、自然の掟によれば、劣等人種の必然的破滅に通じている生物学的に必然のプロセスなのだ』

という確信が瀰漫していた」


→マムダーニは、こうした時代思潮を背景にニュージーランドのマオリ族やドイツ領南西アフリカのヘレロ族などが絶滅させられていったとし、

ヘレロ族についてはドイツの遺伝学者オイゲン・フィッシャーがその強制収容所で人種混淆の実験を行い、

「ヘレロ女性とドイツ男性の混血児は心身ともにドイツ人の父親に劣っていた」

などといった結論を引き出して「人間の遺伝原理と人種的予防措置」を著したとする。

さらに、それをヒトラーが読み、フィッシャーをベルリン大学の学長に任命し、その教え子の1人が、アウシュビッツで人体実験を行ったヨーゼフ・メンゲレだったという関連性を指摘して、19世紀後半の「適者生存」—社会ダーウィニズムが20世紀前半のナチズムを人脈的にも思想的にも支えたことを明らかにしている。


 もちろん「ラドコン・イコール・ナチズム」と短絡的に考えてはならないが、「強者の論理」であったり「人種差別的」であったりする点には、両者に共通性を感じないわけにはいかない。

世界の「衆人環視」の中、あの時代もこの時代も「大虐殺」が公然と行われたことも、両者の同質性を疑わさせるに十分ではないだろうか。
http://d.hatena.ne.jp/takamm/20091126/1259251365

強者にだけ謝罪するドイツ


1904年、ドイツは植民地のナミビアから土地を奪うためにヘレロ族・ナマ族を無惨に殺害した。

井戸に毒をまいたという話もある。

20世紀初めの人種虐殺だった。

ヘレロ族8万人のうち6万5000人、ナマ族2万人の半分の1万人が死亡した。

これだけでなくドイツは生存者2000人を強制収容所に入れて人体実験もした。その後、ドイツは遺体を本国で運んで研究用として使用し、2011年に20人の遺骨を本国に返した。

ドイツ人はあまりにも純真であるためヒトラーという狂った人物にだまされ、悪行を犯したようになっている。しかしドイツ人はヒトラーの登場前から悪魔の人体実験をしていた。

ドイツは繰り返されるナミビア政府の謝罪要求にもかかわらず、100年が過ぎた2004年に虐殺の事実を認めた。それも首相ではなく経済開発相が演説して一言述べたのがすべてだ。しかし経済的賠償は拒否し続けている。

日本の否定的なイメージを強化するため、我々は「誠実なドイツ」という虚像を築いて見たいものだけを見ている。

もう一つ。それではドイツはなぜユダヤ人だけに頭を下げるか。
専門家らの答えはこうだ。

「米国内のユダヤ人の影響力が強く、ナミビア人は弱いから」。

悲しくもこれが国際社会であり、これが「不都合な真実」だ。
http://japanese.joins.com/article/627/210627.html



4. 2016年7月06日 15:43:44 : n7M234JHjo : OBoBCF8mU2w[1]
弱肉強食 国際社会の不都合な真実かもしれない、

しかし、ヨロッパでのISによるテロを見ると、原因は強者である欧米にこれまで

蹂躙されたアラブ中東の不満分子によるものであろう。

強者にやられた、したげられた者は恨みをもつ、自分自身に置き換えてみても

辛く当たられた人間に対する恨み、トラウマはかなり長期的に残るものである、

復讐とまではいかなくても、あいつにやられたという思いは長く心に残る。


強者もいつか、相手の恨み、復讐にあうものである、直ぐに結果はでないが

強者が弱体化するのをまち復讐する者がでてくる。


5. 2016年7月07日 15:11:59 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[251]
>3

寝ぼけた意見なんて私はまったくもとめちゃいないよ。

基本的なことなんて、小さな子供でもわかっていなきゃならないことのはず。

それ以外ない。それをまたお菓子の包装紙で包み隠してしまおうとするのかい?。


あなたはひどく思想的な価値観念にとりつかれているね。それは感じる。
そしてきづいているのかいないのか、あなたはその自身の嫌悪する思想の宣伝媒体、つまり広告塔となっている。

恐怖を人に伝えるためにはすごく活躍しているが、それをどう改めていくかの課題への関心が欠如している。

あなたはそれらに「自分は嫌悪する」としながら、そこにある横暴な力に魅入られているのだよ。
そしてその力をあなたはさも自分の力をかざすように、外側に振りまいている。支離滅裂とはこのこと。

ミイラ取りがミイラに魅入られて、なぜゾンビになる?

そしてそこに「基本」などどうしてあるといえる?
あなたのわかっているとする『基本』からは、いったい何を始められるというんだい?

それは単にあなたの不本意ながら支持し支える、いやただ寄りかかっているだけの、
その特定の思想の基盤のことをさしているにすぎないだけじゃないか。


誰かに期待されるために何かをしなくていい。誰に何を期待しなくともいい。
ただ「自分に人として何かしら期待する」としたなら、
その「自分の期待を裏切るような真似だけはしないほうがいい」。

まあ、今のあなたに何を言っても仕方がないだろうね。

わかるまで、もう一度人類やり直したらいいんじゃない?


>4

奪い奪われるといったものへの恐れ、トラウマが人々を苦しませている。

それを解消するには、ある種その視座を人間の頭上高く超えたところに
設定した自己を持たなければならないと思います。

ISISという組織がひとまとまりになっていることに対して、何か個別に彼らが思想的に満たされていると感じられるものはありません。


彼らが行き着くところは宗教的な死です。
われわれが理解しなければならないのは、
いわば人間として尊厳ある死をもとめて、
そこに行き着いてしまった若者たちがいる、ということです。

そこに属する手下である彼らはみな、人生に悲観したものです。

国際社会に対して否定と反発を抱き、憎悪を抱き、
そして死ぬことを選んでいる若者だと理解します。

刹那的な生き方を私は誇らしいものだとは思いませんが、
彼らがある種社会を変えたいと願っているということもそこに理解しなければなりません。

彼らはそうして生きることをけして望んでいるわけではない、ということです。

であれば、彼らを救うのは他の宗教観でもなく、
どこか遠い国の恵まれた社会国家から届けられる愛情でもないはずです。

いま、彼ら自身を救うことができるのは、その自らを称え、
その生き方を全うすることなのです。

つまりそうした彼らを支えるものとして、
その宗教観をもとにした思想が選ばれたということでしかありません。

つまり彼ら自身の中ではそれが死であるだけなのです。これは太平洋で散ったわれわれの祖先ともなんら変わりありません。

彼らの死が世界に対してメッセージを投げかけるわけです。

われわれはそのメッセージを軽んじたり、ただ敵視したりしてよいわけでないことは理解できることでしょう。

彼らもまた、そのことで世界中の人々の目を集めて、彼ら自身が自ら立ち上がって、何かを変えてくれることをも期待する部分はゼロではないと理解します。

つまり、われわれは、その流れの中になんら切り離されていないのであり、
ある意味では、われわれが彼らを救う手立てをもっていることとなる。

誰もが差別なく寄り添うことのできる社会を自らの手で作ろうと立ち上がった暁には、
彼らのような人間をこれ以上増やすことはないだろうということはいえるのですから。

現時点で彼らは単にひとつの組織的宗教でつながりを持つように見られているだけで、実際はひとつの社会思想に敵対し団結した無国籍な集団としてあるといえます。


宗教的つながりというより、ひとつの代わり映えのない思想に敵対する形で人々が集まり動いている。


6. 中川隆[3185] koaQ7Jey 2016年7月07日 19:19:37 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3534]
>誰もが差別なく寄り添うことのできる社会を自らの手で作ろうと立ち上がった暁には、
>彼らのような人間をこれ以上増やすことはないだろうということはいえるのですから。

Air−Real さんは自分が搾取されて滅ぼされる劣等民族に属しているという自覚が無いんだな:

日本はカースト制の多民族国家

現代日本人は

縄文人の末裔
弥生人の末裔
朝鮮から渡来した漢民族


の3系統から構成されていて Y-DNA が全く違う。

日本を支配していた天皇家や武家は朝鮮から渡来した漢民族(Y-DNA は O3)で、縄文人・弥生人系の日本の一般民とは殆ど混血していない。

現代の日本の政治家や資産家は殆どが渡来漢民族(Y-DNA O3)


地主や自作農は 弥生系「O2b」,「O2b1」

貧農や小作人や部落民は 縄文系「D2」


太平洋戦争で最前線に送られて死んだのは縄文人・弥生人系の日本人だけ

これから中国人移民と競争させられて搾取され食っていけなくなるのも縄文人・弥生人系の日本人だけ

なんだな

縄文人・弥生人系の日本人の問題は羊より従順でかつ自分が搾取されて滅ぼされる劣等民族だという自覚が無いん事だな

お上には絶対に逆らわないもんな



7. 2016年7月07日 20:05:11 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[253]
>6

それは君たちの問題だ。何度もいうが、解決したきゃ自分で決めな。

こっちは君になにひとつ期待しちゃあいないぜ。


8. 中川隆[3186] koaQ7Jey 2016年7月07日 20:37:42 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3535]
>>7
劣等民族はみんなAir−Real さんみたいな事を言って滅びてくんだ

負け犬の遠吠え


9. 2016年7月07日 22:13:34 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[254]
常に勝ちたくて仕方がないというのは、常に負けを予感して生きているということ。

ずっとやってな。


10. 2016年7月07日 22:31:50 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3540]
詭弁しか言えないんだね

11. 2016年7月08日 06:51:37 : n7M234JHjo : OBoBCF8mU2w[2]
(隠者の独り言)

昔話だけれど、日本の最高の勝ち組の晩年のお話。
自分の死後が心配で、心配で、死後の世界でも(永久に)勝ち組(極楽行き=勝ち組)を願ったようです、マジデ(真剣に)
極楽にいけたのかな? 


この世をばわが世とぞ思う望月のかけたることもなしと思へば」(藤原道長)

平安時代の中期、藤原氏による摂関政治の頂点に立ったのが藤原道長です。
30年間、絶対権力の座にあり、わが世の春を謳歌した男でしたが、栄耀栄華のウラにも、すでに無常のカゲがつきまとっていました。
晩年になると、娘の寛子、嬉子、妍子が相ついで死に、彰子は出家、彼自身も、ひどい糖尿病から視力障害を起こしています。
道長にとって最も恐ろしいのは我が身の死でした。果たして、自分は極楽往生できるのか。不安はつのるばかり。
ついに名を行観と改め、仏道生活に入っています。
往生極楽の願望から、木像の阿弥陀如来の手に結んだ、赤青黄白黒の五色の糸に、必死にすがりついたほどでした。



12. 中川隆[3190] koaQ7Jey 2016年7月08日 07:15:10 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3541]

>>11 の続き

藤原道長の娘の中宮威子の夢枕に僧がたち、道長下品下生(感無量寺経、九段階、最下位)に生まれ変わったと告げたそうです。

一般人は下品下生にはなれない
徳を積んだ人がなれるのだそうです。


13. 中川隆[3191] koaQ7Jey 2016年7月08日 07:22:08 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3542]

因みに、藤原氏は弥生系「O2b」,「O2b1」で皇族に比べると 1ランク落ちるので
下品下生(感無量寺経、九段階、最下位)がやっとなのですね:


渡来漢民族(Y-DNA O3)は皇族、朝鮮系古代豪族、武家で死後は極楽浄土に生まれ変わる

地主や自作農は 弥生系「O2b」,「O2b1」で無限に苦界を輪廻する

貧農や小作人や部落民は 縄文系「D2」で無限に苦界を輪廻する


14. 2016年7月09日 07:58:07 : n7M234JHjo : OBoBCF8mU2w[3]
(隠者の独り言)

 
 リヒャルト ウイルヘルムと易(2010.7,13 投稿者 中川隆)

 に面白い話がでてなすな、要約」すると ウイルヘルムが中国のある地方にいる
 ときそこは、大旱魃で、何ヶ月も雨が降らなんだ。
 で農民たちが相談して、雨を降らせる名人を呼ぶことになって、呼んだ。

 どんな人間がきたかといえば、 ただのみすぼらしいヨボヨボジジイだった。

 ところがどっこい、そのヨボヨボジジイが3日間その村に滞在しただけで
 3日後には大雨が降って、みな大喜びした。

 ウイルヘルムがヨボヨボ老人に どうして、どんなこをして雨を降らせたの?
 とたずねた。

「わたしは 雨をふらそうと思ったわけではありません、土地がひからびているのは

 自分の心がうるおいをうしなっていると気がついたのです、

 それで、3日間 心を整えて、お詫びをしました、心がととのったところで

 土地の不調和がとれて 雨が降ったのです、雨をふらそうとしたわけじゃありませ

 ん。」

 身の回りにおきたことを変えたいとき、それは外部に求めるのではなく、それは
 自分のなかにあります。
 自分が変われば周りが変わる。

 こんな爺さんのまねをする人がでてくれば、世の中良くなるなではと隠者は思いま

 す。 

  


15. 2016年7月09日 09:43:04 : n7M234JHjo : OBoBCF8mU2w[4]
リヒアルト ウイルヘルムと易

http://www.asyura2.com/09/cult7/msg/606.html


(リヒアルト ウイルヘルム)
 CG ユングに影響を与えた人物、ドイツの中国学創始者。
 1873年(明治6年)ドイツ、シュツッガルト生まれ、 ドイツが中国(清国)から山
 東半島の租借を受けた翌年、ウイルヘルムはキリスト教牧師として派遣された
 1899年(明治32年)27才   儒教、道教 易を研究したドイツ中国学創始者。


16. 2016年7月09日 13:53:17 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[256]
>14

申し分ありません。

「為そうとして為したのではない」という言葉が、心に響きます。

あなたの中にあるその静かなことばに語られる真理を私も共有します。

皆には心で世界を見ることを推奨したいと思います。



17. アーリエル[35] g0GBW4OKg0eDiw 2016年7月09日 13:56:50 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[257]
頭の脳を使わず、心で考える。それは可能でしょうか?

胎児の肉体は脳が形成される以前に、心臓の鼓動を機能させます。
それは心臓そのものに脳細胞が存在するからです。

それは一元性の思考を生む唯一の動力です。

何をも排除せず、感情も肉体も、それぞれの独自的働きのすべてを受け入れ、
自分の中に敵視した反応をすることなく、ただすべての有り様を包み込み、信頼する。

胸に息を吸い込むように世界を受け入れて、それまで自分だったものを吐ききる。

脳の過剰な反応へと意識するのを薄めていき、次第に腹へ、そして胸へと集中していく。

人間のスペックを最高のもの(覚醒)へと導くのは、人の頭、
つまり脳ではなく心、つまり心臓で決まります。

原始脳である心臓、そして腸、そして脳下垂体と松果体をひとつのエネルギーの循環の帯でつなぐようなイメージです。

腹で話をしたり、胸で話をしたり、肉体の知識、概念から離れていきます。

人間的な価値観に依存せぬようにしていくことに、少しずつ慣らしていきます。


私もまた、ここで何かに敵対しているわけではありません。

けれども、誰が見ても明らかであるように、戦中の狂ったものが再び地表にようやく表れてきました。

その異質な世界観によって人々は目覚めを促されます。


それはある側面で、彼らもまたわれわれの覚醒を手助けする役柄であると捉えることは可能なものです。

人は切羽詰らないと動こうとしません。それもまたひとつの変わるべき転機で、変容の一つです。

これが、自分たちを自縛して苦しませる真似をやめるためのよい機会となります。

あとは、みなで、誰もが敵対しない世界、狂わなくてすむ社会、それを作ればよいだけです。

何をしたらよいか「わからない」。だからいつまでも、変わるための行動を誰も起こせない。

それならば、皆が「何をすればよいかがわかる」ようになればよいだけです。

そうではないですか?

誰もが当たり前に望ましいものを当たり前に享受できる社会がどのような歯車で動くのか、その仕組みを誰もが理解すれば、それをただ実践すればよいとだけ思う、そして動くようになる。

そして、それを世界に輸出すればいい。それだけの話です。

よって、今ここでも為されているように、
ただ何かと反発、敵対を繰り返していても仕方がない。

それでは何も変わるはずがない。

今の政権与党、野党、ともども、同じことの繰り返しで何も換えられるはずがない。

誰も助け合わない。

人の上に立つとするものがこれでは国民は分断されるだけです。

こんな馬鹿な国ともいえないところに私たちは住んでいるのです。

これはわれわれ一人ひとりのあり方もまた問われているということです。

彼らを無能だと思えば、何の役職ももたない国民であっても、それら人々に代わって知恵を出さなくてはならない。

与党は最大の無能集団です。ですから暴力沙汰にのみ訴えるのです。そして彼らほど怯えた思想集団はいません。劣等感の塊です。

そこに敵対するだけの野党もほぼ一緒です。

敵対しても始まらない。
その形を変えなければならないのです。

ある意味、彼らはその無能さぶりで、われわれを覚醒へと促してこれたのです。

必ずそのように改善へと変化を促すしくみに物事はなっている。

全体がそこにただ習ってだけいれば、全体がいつまでも代わり映えのしないまま、
無能で無価値なままとなる。

自身で抑圧をかけている。いつかそれが爆発する。ISISの若者同様、自滅の道を選ぶということです。

他者に依存していても始まらない。

だからそれをこうして最前線において、意識してきた人々が、
その新たな社会の仕組みの雛形をつくり、
それを皆で考えるための議論の基盤をつくる、ファーストステップとしての役割がある。

もちろん、選挙に行っても仕方ないということでもなく、ここで隠された情報を見るなということでもない。

それらと同時に、プラスアルファのことをしてください、

自分たちの問題を「私は関係ない、私は悪くない、あいつらが悪い」

そうして責任転嫁、問題の棚上げをしながらも、対して罵倒を浴びせることにだけは積極的に問題に関与しようとし続ける。

そのあり方に疑問を呈しているのです。

怒りで頭に血を上らせて、同様に馬鹿になることに夢中。

それで次にどうするのか?ということです。


18. 中川隆[3212] koaQ7Jey 2016年7月09日 15:22:55 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3562]
>それは心臓そのものに脳細胞が存在するからです。


この人は統合失調症なんだね


19. 2016年7月09日 15:49:12 : n7M234JHjo : OBoBCF8mU2w[5]
(隠者の独り言)

「頭の脳を使わず、心で考える。それは可能でしょうか?」

 一種訓練のようです、中川隆氏がウイルヘルムと易で紹介している「黄金の華の秘

 密」ユング、ウイルヘルムが翻訳した、道教内丹法翻訳書の中に

 金丹(神秘の仙薬)を作りだす方法がかかれてあるのですが、最初は呼吸を
 
 整え、瞑想、座禅で心を整え、無心の状況になれればOKと書かれています。

 神丹はなんとなすや・・・・
 「神丹 神秘な仙薬とは一体なんでしょうか?
  答え--;それはいついかなるでも無心の状態にあることにほかならない、
  心が空になるということにつきている、これだけで十分に説きつくされている
  私がここに一言で示した教えに従えば、数十年の間、祖師たちのもとを訪ねて
  弟子入りし、努力する手間が省けるであろう」 と書かれています


 第12章 周 天(てんをめぐらせる)には
 「10 我れ能く蔭陽を転運し、自然に調適すれば、一時に雲蒸し雨降る,草木
  は柑適し山河は流暢たり...

  瞑想(座禅)において蔭陽を動かし、自然に調和し適合するようになれば
  突然日照りのときに、雲がわき上がり雨がふり、草木がよみがえって茂り
  山河は伸びやかになる  云々」

  つまり、心の働きを 無 にするレベルになれば、自然を調和すろこと
  も可能になり、ヨボヨボ爺さんのように 雨を降らせることもできる。
  現代人の頭でっかちが不可能と考えることでも 出来てしまう。
  余計な妄想が全くないので、出てくるようです。  
  


20. 中川隆[3213] koaQ7Jey 2016年7月09日 16:25:35 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3563]
>>19
心理学で言う心の働きというのは心臓ではなく脳幹(爬虫類脳)の機能ですから

21. 2016年7月09日 17:02:45 : n7M234JHjo : OBoBCF8mU2w[6]
 心というのはまだよくわかっていないようです。
 「心」人間を人間らしく振舞わせようとしている”何か ”。
 

ウイキペイアより。
@古代中国では、心は心臓、腹部、胸部に宿っていると考えられていた
 旧約聖書では心に相当する語としてはヘブライ語lebが用いられ、旧約がギリシャ
 語に翻訳されることになった時、ギリシャ語で心臓を意味する

A 古代ギリシャのアリストテレスは自著『ペリ・プシュケース』において[2]プシュケー、すなわちこころや魂や命について論じた。心をモノのひとつの性質・態と考え「モノの第一の"エンテレケイア"」と呼び、こころとからだはひとつであり、分離できるようなものではない、とした。

B東洋では陸象山が「宇宙は便ち是れ吾が心、吾が心は即ちこれ宇宙」また「心は即ち理なり」として、「心即理」の宇宙の理やそれと一体化した吾が本心を内観によって把握しようとした。

C現代でも世界の人々の大半は「心」と言う場合、人間を人間らしく振舞わせる事
 を可能にしている何か、を想定している


22. アーリエル[36] g0GBW4OKg0eDiw 2016年7月09日 17:40:18 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[265]
>21

心という言葉もまた解釈によって定義づけが為されるものです。

それが何か「わからない」ではなく、「わかるものにしなくてはならない」のだと思います。

「心」、「人間」、そして「そこになすべきもの」、それは私にはすでにわかっています。

誰かが仮定したものを後追いで常に頼りにしていくだけでは、学問としては程度が低いものとされてしまいます。

自分の中で違和感を感じていたら、それを自身の感性と意識で明確にすることです。

言葉にまとめる必要はありません。それは誰も聞きません。それで人を変えることはできません。あなた自身を満足させ、他者を変えるのは唯一あなた自身の想いを現した行動だけです。

理性といったもの。心は即ち理である、としたのは王陽明ですが、
それに対して、「人の心というものは信じられない」とする一派である
支離の立場が現在の官僚制の大元になっています。

日本にもそれらを広めるものたちはおりました。しかしことごとく斬首されています。


人が国を収めるとは、人の上に立つということであり、
その人の上に立つものが人を信じられないというのでは、
そうした国は歴史が示すように、ことごとく壊滅します。当たり前のことです。

心を意識的な人間社会を理解するためのデータベースとするなら、
それはまだまだ半分ほどに差し掛かったばかりで、
まだ未開発のものといったほうがいいでしょう。

よっていまだ心とは、そうして、人のためのツールとして完成途中のものであるということです。そしてそれを完成に導くのもまた人であり、そこに続くものは常に社会と対立してきました。

心はまた概念的な価値観を理解し、人々を解放へと導くために使われるものです。

それに対して、常に表面的なものだけを取り繕っていれば人間として看做されるという考えが今です。

それを私は「人間のフリ」そして「自分であるフリ」、また「何かであるフリ」をしつづけることにしかなっておらず、それは自分への裏切り行為であるといっています。


23. 2016年7月09日 18:23:48 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[3568]
>>22
何を言いたいのか常人にはさっぱり理解できないのが統合失調症なんだな

24. 2016年7月16日 05:39:38 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[259]
思想だの宗教だの知能指数だの関係ない。

ISISが結託した理由は、ただ恨みや怒りを伴った生存本能だけ。
何故か人間が最も恐れるものは、最も自らを守るものだ、即ち生存本能。

生活基盤や愛情の全てを壊されてしまった者に残るのは、
「支配、破壊、衝動」のみだ。それが行き場を無くした人間の「復讐心」という魂だ。

ただ御託並べたところで、命も夢も守れまい。
虚しい議論で慰めあう馬鹿ども。ISISと同様、同じ立場でない者の理解や信頼を
得ようなどとは、到底無理なのだ。

悲しいね。。

ISISとあんたがたの違いを。述べてみるがいい。
心を理解したつもりでも、「魂」については何らの理解もない。


25. 2016年7月16日 05:59:06 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[260]
ついでに何故彼らが武器を手に取るかは。
行き場を無くした人間の最後のお守りであり、エロスという生存本能が
タナトスという種保存本能に変換された瞬間、最後の頼みの綱は心ではなく、
本能の識るところの、魂の行き場となるからだ。

それ即ち自然、、単細胞時代由来のアポトーシス本能(鮭だって、卵産んで受精を
達成した瞬間アポトーシス本能がONになるよう遺伝子にプログラミングされてる)。


26. 2016年7月16日 06:05:51 : D1hJR9DOkE : MZNgGRRxULs[261]
一見>24と>25は矛盾するようだが、通常「知性」を経由することのない
端的な「事象」という同一原理にすぎない。

つまり、「命の現実」


27. フリエネが大正解[230] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月17日 14:42:37 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[31]
もうカネが命! 出世が命! ビジネスが命!という、お金にこだわり、コントロールするされる
社会は、全てオワコンにして欲しい。
もう何年も十年もウン十年も待てません!!! 待ちません!!!!!
とはいっても、わたくしはド素人で、なおかつ低学歴(夜間定時制高校卒)
で、理系の大学・大学院卒のような知識やノウハウはありません!
突飛な才能、突飛な実力がなくても、生きていける社会にして欲しいのです!!

28. フリエネが大正解[230] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月17日 17:46:57 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[31]
戦争は、全て偶然に起きるものではなく、悪魔的思想を持った支配層ら
が画策し、起こしているのです!!
もうこんな地獄のような社会は,今すぐ極端な話、一夜で即刻即座
に終わらせてください!!!!
競争社会なんて、精神的にも肉体的にもストレスが増すばかりで
、百害あって一利なしなのです。
もう燃料を使わず、自然エネルギーなんちゃらよりもはるかに効率の高い
オーバーユニティー装置(フリーエネルギー装置・空間から電磁エネルギーを集める
ゼロポイントエネルギー)は、とっくの昔に開発されているのです。
是非とも皆様にお願いしたいのは、こういったフリーエネルギー技術を開発している皆様
とコンタクトをとり、特許や著作権等で独占せず、人類共通の財産として、こういった技術を
一切残らずオープンソース化・パブリックドメインにて公開して欲しいのです。
そうすれば、有害な化石燃料・原子力を使わなくても済み、人や物の移動も
無償に近い格安にできるはずです。

29. 2016年7月18日 15:21:55 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[270]

主観と客観性の融合。

あなた方の大事とする価値観の説明はわかりました。

誰にも、魂が肉体から離れていくとする、死という儀礼的なものがあります。

そこを通過していく際にも、あなた方はそこで一歩自身の身を引くという寛容な態度が求められます。

でなければただ混乱を生じさせることになってしまいます。

死というものはあなた方の価値観では、生と対峙してあり、そこに死とは遠ざけるものとされています。

そこでは、何かを遠ざけることによってあなた方の生活とは守られていると感じています。

そこを土台として人間的価値観とは発展したのであり、そこであらゆる名誉欲、自己顕示欲をあなた方に与えるものとされています。

そしてその「とりあえずの自己」の保身のために、
あなた方はその「融合」の際、そこに混乱を生じさせてもいます。

いわば混乱の原因としても、それら価値観とは存在しているのだと理解してください。


”通過儀礼”を終えた後、あなた方は再び恩寵に包まれた自分を取り戻すことができます。
というより、あなた方はいつでもその人間的な価値観を外した場所では、自然とともにあります。

こうした儀礼がなぜ必要かを考えてみれば、たいていのことは理解できるようになります。

ひとつの価値観はひとつの宗教といえ、それぞれが、その思想や価値観の手先として存在するのも同然の振る舞いをしています。

あなた方そのものが同化しているのですから当然といえば当然です。
そこにあなた方は真実の姿を隠すことになっています。

あなた方の世界が抱えている問題の原因のほとんどは、霊的な無知、自己的存在への関心の低さから生じています。

多くの国では、死と生はまったく相容れない真逆の性質のものとして、
そこに生きる人々の価値観によって片方は忌み嫌われ、片方はより崇高な美徳と権威を持つとし、互いは永遠に隔絶された関係にあるとします。

遠ざける必要こそないものを無理やり遠ざけ、そこに生まれたものとはなんでしょう。

結果そこに不自然なものが生じることになったと、考えにくいのは何故でしょうか。

人間的な価値観によって、死というものへのまなざしがどのように理解され、捉えられているかを考えてみてください。

そこにあなた方の生き方も実に不自然なものになり、
自分の感性以外の価値観に依存的で縛られたものとなって存在しているということです。

根本的な知識が隔絶されているということです。

しかし、いま、それが取り戻されつつあります。

あらゆる融和に向けた働きかけに際し、抵抗が生まれています。

恐れを持つなといえばますます、恐れが広がる、
しかしそもそも恐れというものなど存在していないとしたら?

そのようなことです。

人間的な性質である捕食的な価値観というものが、
どのようにあなた方を制限した生き物に変えているかを理解するときです。

人間的な驕りというものから何故すみやかに離れることができないか、
あなた方自身、自分をよく見てさえいればそれは理解できるものです。

ですから、自分たちがよく見えていないのは、自身の本当の望みが見えていないのです。

誰か他人に作られた望みに縛り付けられています。

死がそうであるように、あなた方は誰の信頼を勝ち取るでもなく、
誰の知識に依存するでもなく、自らその体験の時をその知性に迎えることになります。

そのように、自身に重大な変化に対しては、死と同様に、
あなた自らがなんら対外的なフィルタを通さず、
それを自身に知らしめることが重要になります。

あなた方の知性にとって現在不都合とされている事実の多くは、そのようにしてあなた方の元へとやってきます。

死があなたの人生の一部であるように、
自身の思考を盾にしていくらそれの訪れを防ごうとしても、
それはもともとあなた自身であるために、防ぎようがありません。

痛みや苦痛となる感情が生まれるのは、
人間的な価値観というフィルタを通すことで生まれる抵抗観念のためです。

それはただ自然な流れを阻害することで発生するものです。

一定の場所で起こる電磁パルスの抵抗のパターンが固定化することになれば、
そこには実際的に病気の原因となる障害(患部)が生まれてしまいます。

逆を言えば、どんな病気であっても、原因が特定できれば、患部を治癒することは可能だということになります。すでにそうした発明は正式な認可こそされていませんが、存在して販売されてもいます。

この”患部”をある特定の人間として捉えてみることも可能です。

このように人の発想というものが正式に人のためにあるものだとするならば、
心というものもいまだ完成を見ないものであるということは明らかです。

もちろん、理性も人間的価値観も未成熟のままあると言えるでしょう。

ですから心とは単なる価値判断のためのツールとして捉えて、
他人の働きに期待、また依存するのではなく、
自らが率先して自分を正しい場所へと誘導するために発揮せねばならないものであるのです。
そしてそれは単なる善悪といった価値観に同化したり、
判断基準となる指針と同化して正しさというものを仰ぐということではなく、
自らの感性そのものの解放に従って、すべてを迎え入れるように行動するということです。

これまで人に語られてきた心とは、未完成というよりは、
単にそこに片方(半分)しか語られて(存在して)いなかったも同然だということです。

自身にとって影響力としてもっとも強力なものとは、
そのもの自身の主観による判断であるということができます。

その判断もまた何らかの価値観のフィルタを通して得られたものであるとするなら、
ここで語ってきたように、人はそれ以外のもの、つまりそれらを超えた何かと同化して行動すべきということになります。

人間というものが人間的な価値観への陥溺なくして存在しないというのではなく、
それら判断指針、価値観を超えたところに自分を置くということがこれから必要となってくるのです。

そしてかつて、人間はそのように暮らしており、現存するいくつかの部族もまたそのように平和裏に暮らすことを伝えています。

如何に、ひとつの価値観が存在そのものを縛ることになっているかを知らなくては、
あらゆる正しさを理解するという心もまた正しく機能することはありません。

そうした社会においても、あなたがまず、そこに捉われもしなければ、
あなたにとって唯一強力な影響力(優位性)を示す自意識の庇護の下、
あなたは自然な感性のままに平和裏にやっていけるということです。

そしてそれはほかの者へも伝わります。

まず洗脳をとくには、その者自身の”捕食する性質”が変わらねばならないということです。

間違った比較、判断、心の使い方をやめればよいことです。


30. フリエネが大正解[241] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月18日 20:33:59 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[42]
中央銀行制度・金融通貨制度そのものが、公認の詐欺であり
、こんなもんは全世界から駆逐・淘汰し、お金の一切いらない
万物無料化のみが、人類が生き延びる道であります。
もちろん、エネルギー源は、石油・ガス・原子力は
、汚染物質を放出・排出するのでダメで、フリエネ装置オンリー
にすべきです。
設置スペースを取るわりにはパワーが小さい
、自然エネルギー・再生可能エネルギーより、どこにでも持ち運びができ
コンパクトでなおかつパワフルなフリエネ装置を、エネルギー源の
エースにすべきです。

31. 2016年7月18日 21:05:59 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[271]
>30

既存の社会、つまり資本経済を引き継ぎつつ、社会主義的な全体性による国家の運営、企業、生産性の維持をしていくやりかたで、いくらでもあなたの嘆く社会の現状は改善できます。

ちょっと考えれば誰でも思いつきますよ。

要は誰かがやるのを待つのではなく、自分を変えていくということだけです。

そこには、「楽しさ」しかなくなります。
楽しいと感じることをどんどん考えてやっていくということだけに集中すれば世界は変わりますよ。


32. フリエネが大正解[243] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月19日 07:41:06 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[44]
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/391.html#c31 さん
、とはいっても、私はそんな知恵・テクニックはなく、最終学歴が最低レベルの
高校(夜間定時制高校卒)で、理系・理工系のような、高度な教育は
受けていないのです。
人類が賢くなるには、独学ではダメですか?
やはり、理系・理工系の大学・大学院卒でないとダメですか。
本格的なフリーエネルギーの装置を作るには、どの程度の理科レベルが必要
ですか?
電力会社と決別できる本格的フリーエネルギー装置は、
、それこそ高校理科レベル以下でも作れるようにしてくれませんか?
私は、微分・積分、線形代数・量子数学・量子力学等の
レベルが高い数学は、さっぱりわかりませんエン!!
行動したくても、貧乏で、交通費やその他の費用も捻出できません!
私は、通勤代自腹の職場で働くより、自営業的な仕事をやりたいのですが
持っている免許・資格が、普通自動車第一種免許しかありません!
スキルアップしたいのですが、それにはお金がかかるので、できません!
独学で、スキルアップはできますか?
本当に、世の中の敷居が高すぎます!!
もっとそういった敷居を、ド素人でもできるように下げて欲しいのです!!
リストラされるのは、絶対に嫌で、引越しを伴う転勤を命じられてもイヤ
なので、よろしくおねがいします!!
ブラック企業は絶対にお断りです!!!!!

33. フリエネが大正解[247] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月19日 13:50:20 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[48]
量子力学・量子化学・量子物理学なんて、我々庶民のトーシロには
、さっぱりわかりません!!!
それらの敷居を誰でもわかるように、その敷居をさげてくれませんか?
誰かの話ではありませんが、「簡単なコイルの組み合わせで、入力よりも大きい
電気エネルギーを取り出せる、電気エネルギーの増殖コピー装置ができる
フリエネ装置の一種が作れる。」と聞きましたが、それは可能でしょうか?

34. 2016年7月20日 01:11:20 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[272]
>32,33

あなたの現状を変えるのはあなたです。

あなたはまずエネルギーの捉え方からはじめなくてはなりません。
だって、そうでしょう?
あなたは現状、いかに自分がエネルギーロスを繰り返しているかに気づいていないのですから。

いかにエネルギーが無尽蔵だとしても、肝心のあなたがそのエネルギーを捉えきれていなければ、つまり、自分の力を制限し、他の価値観によって自分の可能性を否定し続けていれば、そこにあるはずのエネルギーを感じることも、当然、使うこともできるはずがないのです。わかりますか?


であれば、まずは、効率よく自分に与えられたもの、つまり身体の機能をいかに無駄(ロス)なく使うか、というところから訓練するしかないはずです。

これには、瞑想や武術的な身体の使い方を学ぶ上でも重要な要素となってきます。

あなたが思うように自分を使い切ることから、あなたの願う自身の生き方、
満足できる人生とはようやく始まるのではないですかね?

自分にとって重荷となる不要なものを捨てられないで、溜め込んでしまうのではなく、まずは身軽になることをお勧めします。もちろんそれは無理なく、可能な範囲からはじめるべきです。

まず「感じる」というところからはじめてほしいと思います。

常に価値観にて事象を限定したものに「捉える」のではなく、つまり、
何らかの価値観を通じて、あなたが知覚に捉えたものに、
あなたが理解できる範囲でそこに対して”意味を与えることをやめる”という練習です。

単調な価値観を基礎に置いた社会に適応することを余儀なくされれば、
そこでの人々は知覚性能を限りなく平均に落とし込むようになります。

そして、常識に合わせた範囲内のものしか感知できなくなっていきます。

そこに慣れてしまえば、素で感じるという当たり前にできることも、
かなり難しいものに感じててくるはずです。

ですからたとえば、人間的な価値観に落とし込んできたこれまでの反射的な捉え方を一度捨ててしまうことが必要かもしれません。

誰にも素の感覚というものが存在します。

あなたの知覚を通じて流入してくる外界というものを一切の価値観を迂回させずに、
自分の中に直に感じとおすということです。

これまでのお決まりの反応をやめて、つまり価値観のフィルタを通すことなしに、「感じる」ということです。

これを日々、どこでも、意識的に練習することで、あなたは今より自分の身体の精妙なつくりに気づき、今より違和感をもって自分の身体に関心が出てくるはずです。

たとえば、なんらかの不快な感覚、痛みなどを”感じている”自分に気づいたら、
それは実際的には痛みを”=悪いもの、遠ざけるもの”といった意味として捉えて、
あなたの脳はそこに「抵抗」を発して(感じて)いるわけです。

それはあなたと一体となった社会的価値観、または人間的な価値観(理屈や常識)がそうあなたに捉えさせて(感じさせて)いるわけです。

その”電気抵抗=痛み”は脳が意識せずとも、
今日まであなたが作り上げた価値観による回路が自動的に作り出しているわけです。

あなたが瞬時にそうした自分の意識の働きに気づいたら、
そのしくみと回路を客観的に見つめなおし、
自分で作り上げている限界というものに挑んでみればよろしいのです。

脳、価値観による働きにしがみついたり縛られている自分の姿を、
心、または感性の視点からあなたが客観的にその自分を見つめている自分に気づくとき、
あなたは今よりもっと自由でのびやかに息づいている自分であることに気づくはずです。

意識がそのように別の自分に移行していく段階で、何か反転するような感覚が得られるかもしれません。

あなたが今よりもうちょっとだけ違った自分を感じられたら、
古い自分を少しずつ脱ぎ捨ててみようとするかもしれません。
そんな心境を得るのではないでしょうかね。

ですから、あなたが何か悩みを抱えた不快かつ痛みを覚える状態にあるというなら、
まず、それはあなたが今、素の外界を「感じる」状態になく、
人の手で作られた不自然な価値観で「捉える」状態にあるということが瞬時に理解できるはずですので、すぐにモードを変えて、まずは落ち着いて知覚そのものの働きに集中して、身体の至る所に感じうけているはずのものをニュートラルに感じきってほしいと思います。


そうして少しずつ何かこれまでの自分と決別するようなことをしていただきたいものです。

そうすれば、何か無償で与えられたものを無制限に使って、
使い切ってしまえばあとは終わりという考えはもはや出てこなくなるはずだと思います。


35. フリエネが大正解[250] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月20日 06:59:37 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[51]
とはいっても、わたくしは、いままでサラリーマン経験がなく、非正規と
ニート・フリーターを繰り返す状態で、まともな仕事には就いていません。
履歴書で選抜されるより、もっと就職・転職・再就職のハードルを
、さげてほしいのです。
だれもがずば抜けた才能・ずば抜けた実力を持っているとは限りません。
凡才・鈍才・非才な人々でも、生活ができるよう、救いの手をさしのべてくれませんか?
その訓練は、独学でもできますか、それとも、ちゃんとした訓練所でないとだめですか?
そういった所に通うのも、お金がかかり、食費等の生活費で手一杯で、そんな余裕は
一切ありません!!
もう我々99%の庶民は、本当に我慢の限界で、何年も十年もウン十年も待てません!!!!!

36. フリエネが大正解[251] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月20日 07:06:59 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[52]
私は、金儲け第一・出世第一・ビジネス&商業主義第一の
、カネ!!カネ!!!カネ!!! の、成金拝金主義は、ハッキリ言って大嫌いなんです。
もうう金融通貨制度自体、時代遅れのレガシーなシステムであり、そんなもんは
それこそ一夜にして駆逐・廃絶し、本当に今すぐお金のいらない、万物無料化の
社会にしてほしのです。
金融通貨制度こそ、様々な不幸・諸悪の根源であり、もうこれ以上お金の奴隷
、お金に追われて生活するのは、一切お断りです!!!
宇宙の根源創造主の天命に従い、何でも無料の、完全万物無料化の時代の
早期実現を強く望みます!!

37. 2016年7月20日 20:45:22 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[274]
>35、36

あなたが如何に純粋な思考をもっているかは理解します。
そしてあなたのその考えでいいと私も理解を示したいと思います。

ならばそのような社会を作るためにあなたもまた自らその実現のために動き出さなくてはなりませんね。

あなたのそうした呼びかけは、あなた自身が自らに対して誠実にいることが何より重要なことだと思います。

そこに必要なものは集まると思います。

どれだけあなたが社会に対して誠実な人間であろうとしていたとしても、あなた自身が自分に誠実でなければならないということです。

ガソリンが燃焼して爆発し、それをそのまま大気中に放出してだけいるのが現在のエネルギーの使い方です。そうではなく、燃焼し空気中に蒸発した液体を再度液体に戻すということをすればよいのです。

社会も同じ事で、エネルギーの効率的な循環を実現しようとすれば、そこにあたりまえのものが出来上がるというだけです。

あなた自身の体だってそうですし、エネルギーに対する意識としては、目減りする”消耗”に意識するのではなく、ただ『感じる』(=受け入れる)ことに意識を保つということが大事だということです。


38. フリエネが大正解[253] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月21日 07:23:35 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[54]
http://www.asyura2.com/14/idletalk41/msg/391.html#c37 さん
、あのフリーエネルギーの元祖、ニコラ・テスラにより、燃料を使わずに発電
する技術は20世紀の前半には完成しており、そういった技術をいい加減に
蔵出しすべきです。いつまでもそうった技術を御蔵入りにしていてはいけません!!
太陽光発電にはデメリットがあり、可視光線のみしか電気エネルギーに変換できないこと
、そしてその高純度のシリコンの製造に、アルミの精錬と同じく、莫大な電力、詳しい人からのに話しによると
、1トンあたり数万kW程度のエネルギーが必要とのことです。
そういったものより、すでにとあるブラジルの発明家が開発した、たった0.2kWの入力電力を
増殖コピーし、60倍の12kWにする、フリエネ装置の一種(オーバーユニティー装置)があり
、そういった作り方を、全てオープンソース化し、誰でも作れるようにして欲しいのです。
人類と地球環境を救う、フリエネ技術・放射能汚染やその他汚染物質完全除去技術および
燃料なしで飛行機・宇宙船を動かせる反重力推進技術、食料を自給可能にする技術などなど
の技術を、クローズドソース・プロプライエタリにせず、全てオープンソース・ライセンスフリー
で公開して欲しいのです。
あのケンタッキーフライドチキンのような、「誰にも真似ができない」ではいけません!!!

39. 2016年7月21日 20:42:56 : n7M234JHjo : OBoBCF8mU2w[7]
>>38 技術がいかに進んでも、自分がそれで幸福になれるかどうか

    はわからないと思う、 江戸時代より現在は格段に技術は進歩した
 
    ロ−ソクの火からLEDに  馬から飛行機に変化した

    でもやはり満足できない人はいる。

    なんでも無料で手に入る、そんなイ−ジ−な世の中になればよいが

    それでも不満を」言う人間ているもんだよ。

    どこまでいっても満足できない。

    心の持ち方もあると思うのだが、 例えば 五体満足ならすでに

    勝ち組という考え方も出来る。

    前向きな考え、心のもちかたは重要。

    Yes we can Yws we can change


40. 2016年7月22日 01:56:31 : q931E3NW4E : Xao0gDyXwoc[275]
>39

しあわせになれるかどうかは、すべて自分の感じ方しだい。

言い換えれば、自分がしあわせでないとするのは価値観で決まるもの。

子供は自分が寝入るまでの間、精一杯楽しむことがしあわせだということを知ってる。

皆が楽しまないと自分もつまらないということを知ってる。

楽しんで疲れて寝入る。みんながしあわせだといいね。


41. フリエネが大正解[257] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月22日 09:48:22 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[58]
フリエネ等の技術を開発している人々にお願いです、今すぐ無条件で人類と地球環境を
救う技術(例:フリエネ装置・反重力推進技術・放射能や有害物質をすばやく簡単に除去
できる技術・田畑に頼らず食料を自給する技術など)を、今すぐ直ちに無条件にて
オープンソース化してください!!!

42. フリエネが大正解[262] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月23日 20:10:08 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[63]
も余計な屁理屈はどうでもイーので、今すぐに、お金が必要な社会(事物の体制)を
、強制終了してほしい。
もう我々庶民は、我慢・忍耐の限界点です!!!!!
もう本当に我々庶民は、お金を毟り取られ、ぼったく
られるのは、もうこりごりだ!!!!!
もう本当に、助けてくれーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!
だらだらだらだらだらだらだらだらだらだら
だらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだらだら
だらだらだらだらだらだらだらだらだらだら
だらだらだらだらだらだらだらだらだらだらと事物の体制(お金が必要な社会)
を続けるな!!!!!!!!!!
今すぐに、お金が必要な社会(事物の体制)を、完全に淘汰・ノックアウトに
しておくれ!!!!!
完全万事無償提供・万事無償奉仕の社会に一刻も早くしておくれ!!!!!
それと、世界中の国から軍隊・軍事関連のものも完全に排除しておくれ!!!!
もう我々庶民は何年も十年もウン十年も我慢ができないんだぞ!!!!!
1%の支配層・権力者たちの大クソバカ野郎どもに全責任があり!!!!!
お金がないと、何もできない・何も行動できない、もうこんな社会なんか
本当にマジでクソ喰らえだ!!!!!
一刻も早く、お金が必要な社会を、葬り去りジエンドにして欲しいのだ!!!
完全万物無償・万事無償社会に、過渡期なしにて一刻も早くなれ!!!
もちろん、フリエネ装置と反重力装置、その他人類と地球環境を救う
技術、ノウハウも、クローズドソース化せず、全部オープンソース化
すべきだ!!! 何が特許ガー、著作権ガーだ!!!
技術・ノウハウ等のオープンソース・パブリックドメイン化が、地球を救う!!!
カネ儲け至上主義なんか、クソ喰らえ!!!!!
競争社会至上主義なんか、クソ喰らえ!!!!!
「勝てばヒーロー、負ければ罪人。」この言葉も、大いに間違っている!!!!!
我々庶民は、勝負師・レーサーではないのだ!!!
早くこいこい万物無料化!!!!!

43. フリエネが大正解[265] g3SDioNHg2yCqpHlkLOJ8A 2016年7月24日 07:33:22 : TUa9PAVISc : TvOQ2uitVWo[66]
もう何度も私がコメント欄にて、書いているように、金融通貨制度と中央銀行制度
それをエサにする軍産複合体を、今すぐにノックアウト・廃絶し、お金の心配一切不要の
、完全万物無料化以外に、有効な解決法は一切ありません!!!!
金融(カネカネカネ)&軍事関連の全て(野蛮な武力・暴力装置)こそ、宇宙の根源創造主に
楯突く、究極の背信行為であり、邪道極まりない、人類と地球環境に対する犯罪なのです。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 雑談・Story41掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
雑談・Story41掲示板  
次へ