★阿修羅♪ > 戦争b13 > 574.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
撃墜時刻は「UTC14時15分」モスクワ時間18時15分:経緯を錯綜させている13時15分説の流布はプーチン政権の策謀!
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/574.html
投稿者 あっしら 日時 2014 年 7 月 31 日 03:54:56: Mo7ApAlflbQ6s
 


「MH17便が撃墜された時刻は?:国際的重要事件なのに撃墜時刻が揺らいでいるという奇妙な現状」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/567.html

の続きです。


 MH17便が7月17日の何時何分に撃墜されたのかという、基本の基本とも言える情報さえ錯綜している異様な世界が目の前にある。

 恥ずかしながら、つい二日ほど前まで、事件に関心を持っているひとはすべて、MH17便は、UTC14時15分(日本時間23時15分・モスクワ時間18時15分)頃に撃墜されたという認識を共有しているものと思い込んでいた。

 MH17便の墜落時刻が揺らいでいるという前回の投稿のコメント欄01.で ynSQvzTlvkさんから、“What time was contact lost? “というタイトルの英文関連情報を紹介していただいた。(この情報に関しては別のスレッドで見解を述べたい)

 また、同じスレッドのコメント欄02.では、「カス陰謀論者の典型的な穴掘り話  腐れ頭脳は去れ」という罵倒を投げかけられたが、MH17便撃墜事件という未解決の重要な出来事の発生時刻が、数分レベルならいざ知らず、1時間も食い違ったままという状況は異常であり、“穴掘り話”と揶揄するほうがおかしいと言っておきたい。

 MH17便の“正しい”墜落時刻が18時15分頃なら、親露派武装勢力がウクライナ軍用機と誤ってMH17便を攻撃したという“誤射撃墜”説を証拠立てるものとして採り上げられてきたSNS情報(モスクワ時間17:50のタイムスタンプ)は、証拠にならないどころか、でっち上げの“証拠”になってしまう。

 MH17便の撃墜時刻をめぐるズレは、

「ロシアとMH17便と西側:嘘の網:“最高裁判所レベルの状況証拠”でMH17破壊の張本人はプーチン氏と叫ぶ知性の質」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/565.html

のコメント欄でのやり取りでも実感させられた。

 今回のこの投稿の内容については、やり取りに参加していただいたE4bT3Bpr2wさんやynSQvzTlvkさんに触発されたところ大なので心よりお礼を申し上げます。


 MH17便が撃墜された“正しい”時刻についてあれこれ調べているなかで、撃墜時刻に関して「UTC14:15」と「UTC13:15」の2説が今なお併存しているワケが、ロシア国営通信社の奇妙な報道ぶりにあることがわかった。

 イタル・タス通信よりもロシア国防省という国家機関が“元凶”と言った方がいいかもしれない。
 親露派を擁護するふりをしながら彼らに掛けられた嫌疑を晴らそうとしないロシア国防省(プーチン政権)のデタラメぶりがよくわかる。

 イタル・タス通信は、MH17便の墜落時刻について、「UTC13:15」と「モスクワ時間18:15」の二つを使い分けるというふざけた報道を行っている。
 モスクワ時間は、サマータイム制は廃止されているのでいつでもUTC+4だから、「モスクワ時間18:15」は「UTC14:15」である。
 「UTC13:15」は「モスクワ時間17:15」だから、「UTC13:15」と「モスクワ時間18:15」は、同じ時刻ではなく、1時間ずれた(UTC13:15のほうが1時間早い)時刻である。


※ イタル・タス通信の解説に見られるMH17便撃墜時刻のズレ

A:18:15説画像:http://itar-tass.com/infographics/7875
B:17:15説画像:http://en.itar-tass.com/infographics/7238

 提示したURLでご覧いただければわかるように、UTC(協定世界時)ベースで異なる墜落時刻が使われている二つの画像は、説明の表記が英語とロシア語という違いはあるが、非常によく似たものであ。

 なお、墜落時刻の錯綜という酷い状況を生み出した元凶とも言えるロシア国防省がレーダー情報を使いながら説明したMH17便の墜落時刻は、「モスクワ時間17:15(UTC13:15)」の“ように”見える。

 http://itar-tass.com/infographics/7882


 そのように断定できる根拠の説明は次回の投稿にさせていただくが、MH17便がドネツク東方で攻撃された“正しい”時刻は、「UTC14:15」・「モスクワ時間18:15」・「ウクライナ時間17:15」・「日本時間23:15」頃である。

 ロシア・プーチン政権は、事件発生当初からMH17便の撃墜時刻を曖昧なままで報道させていたが、世界の人々を欺きウクライナの親露派を不利にするウソの撃墜時刻まで流す犯罪的情報操作まで行ってきたのである。

 「ウクライナ危機」の段階から、それが「ロシアのクリミア半島再編入と欧米の銀行危機(ウクライナ政府のデフォルト)回避の交換プログラム」のために米露欧が共謀して作り上げたシナリオに基づき演じられていると指摘してきた。(ウクライナの主要政治家や国家機関も関与)

 MH17便撃墜事件後も、プーチン政権の動きにおかしさを感じ、親露派武装勢力を切り捨てる可能性を感じてきた。
 ロシア・プーチン政権は、ウクライナ東南部をロシアに編入することを望んでいるのではなく、一体性が維持されたウクライナに影響力を行使できることを望んでいるのである。


※ 関連参照投稿

「BUK強奪は駐英ウクライナ臨時大使が否定:高度6500mのAN26輸送機撃墜は親露派が否定:プーチン氏の態度はあやしい」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/443.html

「プーチン氏が墜落一報、オバマ氏と電話会談:撃墜から1時間55分後:これから展開するシナリオを相互に確認!?」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/449.html

「親ロ派指導部、大半はロシア出身:親ロ派指導者が辞任:“誤射説”と“両成敗”で幕引きは「米露欧合作」の証拠」
http://www.asyura2.com/14/warb13/msg/474.html

「デフォルトを嫌う金融家のため、危機を頼りにする軍需産業のため、「東西」の合作で分断と対立を煽られたウクライナ」
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/467.html

「ウクライナ情勢の今後:軍事的対応はハナからなしだが、実質的経済制裁も避けたい欧米先進国:焦点はウクライナ東南部地域の“地」
http://www.asyura2.com/14/kokusai8/msg/169.html

「ウクライナ危機で問われるNATOの意味:存在意義が自覚される契機になることでNATOを救ったロシアのクリミア併合」
http://www.asyura2.com/14/kokusai8/msg/445.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2014年7月31日 04:33:56 : Qk0z0gVGLY
共謀説はないこともないとは思うけど、

デフォルト回避って、一時的、その場しのぎでしかないように見える。それとも、
何かしら対策になっているのだろうか。

それと、これは米国のデフォルト回避?それともウクライナ?ウクライナの
デフォルト回避程度で世界を巻き込むような共謀はしない気がする。
米国ならまだなんとなくわかる。


02. 2014年7月31日 06:21:18 : E4bT3Bpr2w

これ見たらどうですか。JSTからUTCに換算するには9引くだけです。最後の記録がJSTで22:19だから、UTCで13:19です。

リアルタイム航空便追跡 口 航空便追跡ログ 口 MAS17 口 2014年07月17日 口 EHAM / AMS - WMKK / KUL
( http://ja.flightaware.com/live/flight/MAS17/history/20140717/1000Z/EHAM/WMKK/tracklog )


03. 2014年7月31日 07:51:04 : 1laTubqZew

>>02 追加

JST22:19のデータは「場所/タイプ」のデータがなく信憑性に欠ける為、最後のデータはJST21:11と考えたほうが良いです。どうやらFlightAwareの小細工らしい。

これでは、このデータからは撃墜時刻に関して何も言えないですね。


04. あっしら 2014年7月31日 15:15:38 : Mo7ApAlflbQ6s : ySbn3B9Znc

01.のQk0z0gVGLYさん、コメントありがとうございます。

【引用】
「デフォルト回避って、一時的、その場しのぎでしかないように見える。それとも、
何かしら対策になっているのだろうか。
それと、これは米国のデフォルト回避?それともウクライナ?ウクライナの
デフォルト回避程度で世界を巻き込むような共謀はしない気がする。
米国ならまだなんとなくわかる。」

【コメント】
 ご指摘のように、EUのウクライナに対する金融支援でウクライナのデフォルト危機が長期的に解決するわけではありません。
 しかし、ウクライのデフォルトを1年でも2年でも先延ばしにする(その過程でロシアとウクライナの関係が改善されてデフォルト危機が大きく薄らぐ)ことには大きな意義があります。

 欧州の銀行(欧州の銀行の主要株主には米国人も)は、景気回復が思わしくないこともあり、リーマンショックとギリシャなど南欧諸国で顕著になった「欧州債務危機=銀行危機」の傷がそれほど癒えていない状況です。

ウクライナは天然ガス代金を中心にロシアに対する債務も16億ドルほどあります。(ガス代金は今では先払い制)
 ロシアは、たとえば、大幅な債権カットなど、この債権をうまく利用してウクライナを勢力圏に留めようとするはずです。

 EUとしては、ウクライナの市場は欲しいが、農業国ウクライナに膨大な補助金を支払ったり、金融支援を続けたりするほどの負担やリスクは背負いたくないというのが本音でしょう。


「デフォルトを嫌う金融家のため、危機を頼りにする軍需産業のため、「東西」の合作で分断と対立を煽られたウクライナ」
http://www.asyura2.com/14/senkyo162/msg/467.html

より引用。

「 ウクライナの短期対外債務はおよそ660億ドルで、政府債務が200億ドルと言われている。ウクライナ中央銀行の外貨準備はおよそ150億ドルだから、短期債務660億ドルを履行することはとうていできない。

(年内に返済しなければならない政府対外債務が元利合計で62億ドル。国営ガス会社ナフトガスのユーロ建て社債のうち16億ドルが9月償還。ロシアの国営ガス大手ガスプロムに16億ドルの未払い金。ウクライナ政府が今年必要とする外貨は94億ドルと言われている)

 昨年11月に予定されていたEUとウクライナの連携協定締結が延期になった。このとき、EUが用意していた金融支援は10億〜20億ユーロでしかも有償であった。
 このとき既にデフォルトの危機は見えていたわけだが、ユーロ銀行危機から抜け出しきったわけではなく、南欧諸国を中心に“緊縮財政”で国民が生活苦を強いられている状況で、EU未加盟のウクライナへの100億ユーロ(1兆3千億円)超の金融支援が“政治的”に困難であったことは自明であろう。

 逆に言えば、今回の騒乱が起きたからこそ、EU支配層は、それほどの反対を受けることなく、ウクライナに110億ユーロしかも14億ユーロは無償という金融支援ができるようになったわけである。

 この金融支援はとりあえずウクライナの国庫に入るが、すぐに、欧州の銀行やロシアのガスプロムに引き渡されるのである。それにより、ウクライナの債務は一段と積み上がり、これまで以上に苦しい財政運営を強いられることになる。」



05. あっしら 2014年7月31日 15:31:36 : Mo7ApAlflbQ6s : ySbn3B9Znc

02. のE4bT3Bpr2wさん、03.の1laTubqZewさん、コメントありがとうございます。

 ご紹介いただいたデータは参照しております。
 「Flightaware」の離陸時刻については、JST19時30分(UTC10:30)で問題ないと思っています。

 しかし、03.の1laTubqZewさんも指摘されているとおり、最後のデータには疑問があります。
 最終データの時刻は22時19分で、その直前のデータは21時11分ですから1時間近いあいだデータが抜けています。

(この種の飛行情報は私的な入手方法なので、実データがないまま、推定データで埋められている部分もありますが、ずっぽり抜けているケースはまずありません)

「Flightaware」のMH17便に関する最終データは、インチキ墜落時刻と墜落位置情報(経度・緯度)を入力してでっち上げたものだろうと思っています。

 この問題も含め、MH17便が「UTC14:19」に撃墜されたという根拠を説明する投稿をこれから書くつもりです。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます(表示まで20秒程度時間がかかります。)  recommend
★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
  削除対象コメントを見つけたら「管理人に報告する?」をクリックお願いします。24時間程度で確認し違反が確認できたものは全て削除します。 最新投稿・コメント全文リスト

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b13掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b13掲示板  
次へ