★阿修羅♪ > アジア19 > 408.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
ハーバード大教授が日韓合意で日本批判「心からの謝罪ではない」=韓国ネット「ぜひ韓国の大統領に」「慰安婦問題で妥結はありえ
http://www.asyura2.com/15/asia19/msg/408.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 06 日 19:09:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

4日、日韓両国が慰安婦問題で合意した中、「慰安婦犯罪は歴史の教訓として永遠に記憶されるべきであり、安倍首相の謝罪は心からの謝罪ではなく、『地政学的』謝罪だ」とする米学者の指摘が韓国で関心を集めている。資料写真。


ハーバード大教授が日韓合意で日本批判「心からの謝罪ではない」=韓国ネット「ぜひ韓国の大統領に」「慰安婦問題で妥結はありえない」
http://www.recordchina.co.jp/a126411.html
2016年1月6日(水) 4時10分


2016年1月4日、韓国・ニューシスによると、日韓両国が慰安婦問題で合意した中、「慰安婦犯罪は歴史の教訓として永遠に記憶されるべきであり、安倍首相の謝罪は心からの謝罪ではなく、『地政学的』謝罪だ」とする米学者の指摘が韓国で関心を集めている。

ハーバード大学のノア・フェルドマン教授は日韓合意直後の12月28にブルームバーグに掲載したコラム「謝罪は韓国慰安婦のための正義ではない」で、「日本政府の謝罪は感情の変化に伴うものではなく、中国の台頭による日本と韓国の相互防衛の必要性のために出てきた」と指摘した。さらに、「今回の合意は、謝罪と拠出金だけについてではなく、韓国が慰安婦問題を終え、今後は再び問題を提起しないとの約束が前提になった」とし、今回の合意に付けられた「オプション」にも注目した。

同教授は、ハーバード大学とイェール大学大学院を卒業し、オックスフォード大学で「イスラム思想」で博士号を受けた中東の専門家。憲法学に精通した国際法の専門家で、ニューヨーク・タイムズとブルームバーグのコラムニストとして活動している。

この報道に、韓国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられている。

「イスラム思想で博士号を受けた中東の専門家が、なぜこの問題にコメントしているんだ?」
「外国人からも指摘されるように、韓国のやっていることは本当に恥ずかしい。李明博(イ・ミョンバク)政権までは韓国を誇りに思っていたが、今は海外に出たら国籍を偽らないといけなくなった」

「このような方が韓国の大統領になるべき」
「遠い国の青い目をした人も知っている事実を、私たちの青い家(青瓦台:韓国大統領府)の人たちはなぜ分からないんだ」
「韓国の教授たちの中にはこのように正しい発言する者はいない。反省しろ、知識人たちよ」

「この人の考え方が最も客観的だと思う」
「説得力のある主張だ」
「明快な内容だ。ブルームバーグの記事を朴槿恵(パク・クネ)大統領と韓国大統領府、セヌリ党の金武星(キム・ムソン)代表に送れ」

「この教授が言うように、これは日本の謝罪ではない。国益という名分のために個人の自由を抑制する独裁的、全体主義的な発想に起因した結果だ」
「私もこの教授の考えと同じだ。慰安婦問題は絶対に妥結することができない人類永遠の問題だ。交渉はしても妥結はありえない。妥結した瞬間、韓民族は人類に大きな罪を犯したことになる。少女像の移転や撤去は日本に靖国神社を撤去するよう交渉できないのと同じように、無理なことだ」(翻訳・編集/三田)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月07日 11:41:44 : GFfvKvTo6s : Y9xCvLbX2as[10]
日本の原爆被害者は、米国に補償を要求せず、二度とこのような被害者を出さない事をアピールし続けている。

この米国の学者は、自国政府に日本の原爆被害者に対して心からのおわびと、補償をするよう働きかけるべきである。

人種差別大国の米国では、警官の黒人への不当な暴力が頻発している。
被害者にも十分な補償を与えるように、政府に働きかけるべきである。

このような事を放置したままで、朝鮮系米国人への差別忌避と、在米日本人差別を助長するために慰安婦問題をりようさせるバランス感覚の無さは呆れるばかりだ。

ダブルスタンダードも自由な大国だ。


2. 2016年1月07日 16:38:53 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[487]
「慰安婦」問題日韓合意に反対する首相官邸前抗議行動/「日米韓軍事一体化促す“合意”」

南・挺対協呼びかけで 世界連帯行動

1992年1月8日に初めて行われた日本軍「慰安婦」問題解決を求めるソウル・日本大使館前での水曜デモから、満24周年の水曜日となる1月6日、南の挺身隊問題協議会の呼びかけで、世界各国で連帯水曜デモが行われた。デモでは、昨年12月28日の「慰安婦」問題に関する日韓政府間合意に反対し、日本軍「慰安婦」問題の正しい解決を要求する抗議が行われた。

日本市民の反対の声

http://chosonsinbo.com/jp/files/2016/01/DSC_0008_R.jpg
総勢100人の市民が抗議の声をあげた

18時半、首相官邸前では、日本市民らによる抗議活動が繰り広げられ、総勢100人の参加者たちが思い思いのプラカードを掲げた。

「日本軍『慰安婦』制度は戦争犯罪だ!」

「賠償と真相究明を!」

「ハルモニと手をつなごう!」

シュプレヒコールが響く中、スピーチに立ったのは山口正紀さん(66、ジャーナリスト)。「安保法制反対の論調を唱えていた新聞各紙が揃って、日韓合意は和解への大きな一歩と評価したことに驚きを隠せなかった」。何故なら、被害者不在の合意が成された背景には、「日米韓の軍事一体化を促す為政者の意図」があったからだ。「合意は『戦争の地ならし』に過ぎない。だからこそハルモニたちが怒っている。日本人こそが責任を感じるべきだ」。

山下治子さん(78)も声を上げる。「被害者、そして支援する人々を締め出した合意は偽善的な政治合意にすぎない」。日本軍「慰安婦」被害者が名乗り出た90年代まで、沈黙せざるをえなかった女性たちの苦しみ、そしてその事実を知らなかった自身の無知さに対する申し訳なさが押し寄せ、声が震える。「日本は植民地支配の歴史を省みず、引きずってきたからこそ、真の謝罪ができない。『少女像の撤去』や『最終的かつ不可逆的な解決』などの条件を加害国である日本が盛り込むこと自体が被害者に対する侮辱だ」と話す。

「『未来志向』という言葉の中で、加害者の責任はうやむやにされ、泣き寝入りするのは被害者だ」と語るのは植松青児さん(55)。合意発表当日、安倍晋三首相は「私たちの子や孫の世代に、謝罪し続ける運命を背負わせるわけにはいかない。その決意を実行に移すための合意だ」と述べた。「真相の究明も、歴史教育への言及もない、日本のあいまいな責任認定とお詫びで何が解決するのか。日本社会に跋扈する歴史修正主義の最もたるものだ」と語気を強める。

http://chosonsinbo.com/jp/files/2016/01/DSC_0010_R.jpg
思い思いのプラカードを手に抗議の声をあげる

首相官邸前での連帯行動を呼びかけた尾澤邦子さん(64)は「被害者、そして私たちが求めるのは日本政府が法的責任を認めた上での謝罪、賠償、そして真相究明だ。この数十年間何度も苦しみを受けてきた被害者を思い、解決のために声を上げたい」と語った。

(金宥羅)

http://chosonsinbo.com/jp/2016/01/sk17/


3. 2016年1月07日 19:09:11 : GFfvKvTo6s : Y9xCvLbX2as[12]
慰安婦問題の解決は、両国の政府が責任を持って取り組む。

もし、それが不当であるというのであれば、性奴隷を虐待していた朝鮮兵も当事者であり、一言も触れないのはおかしい。

彼らは日本兵と同じように被害者に虐待を行っていた。
朝鮮人将校は、虐待を止めさせることはなかったのではないか。

朴大統領の父親は知っているはずだ。
当事者は責任を免れ、責任を日本側だけに押し付けるのも事大主義なのだろう。

彼らは自称戦勝国なのだから。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > アジア19掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
アジア19掲示板  
次へ