★阿修羅♪ > 原発・フッ素44 > 545.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
機密解除された米国政府文書が明かす「4号機プールの使用済核燃料全てが大気中放出」とそれを隠蔽する日本政府から見えること
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/545.html
投稿者 お天道様はお見通し 日時 2015 年 12 月 22 日 13:04:07: I6W6mAZ85McLw
 


米政府は、311の1週間後には、4号機プールにあったはずの使用済核燃料の全てが大気中に放出された事実を把握していたと、今回、機密解除された米国政府報告書で明らかになったようです。



Global Research より


We reported in 2011 that the International Atomic Energy Agency knew within weeks that Fukushima had melted down … but failed and refused to tell the public.
The same year, we reported in 2011 that the U.S. knew within days of the Fukushima accident that Fukushima had melted down … but failed to tell the public.
We noted in 2012:
The fuel pools and rods at Fukushima appear to have “boiled”, caught fire and/or exploded soon after the earthquake knocked out power systems. See this, this, this, this and this.
Now, a declassified report written by the U.S. Nuclear Regulatory Commission on March 18, 2011 – one week after the tidal wave hit Fukushima – states:
The source term provided to NARAC was: (1) 25% of the total fuel in unit 2 released to the atmosphere, (2) 50% of the total spent fuel from unit 3 was released to the atmosphere, and (3) 100% of the total spent fuel was released to the atmosphere from unit 4.



NARAC is the the U.S. National Atmospheric Release Advisory Center, located at the University of California’s Lawrence Livermore National Laboratory. NARAC “provides tools and services that map the probable spread of hazardous material accidentally or intentionally released into the atmosphere“.
The fuel pools at Units 3 and 4 contained enormous amounts of radiation.
For example, there was “more cesium in that [Unit 4] fuel pool than in all 800 nuclear bombs exploded above ground.”
The original source of this article is Washington's Blog
Copyright © Washington's Blog, Washington's Blog, 2015


Declassified U.S. Government Report Prepared a Week After Fukushima Accident: “100% of The Total Spent Fuel Was Released to the Atmosphere from Unit 4” Global Research



その機密解除になった米政府文書


4号機からの燃料取り出し疑念については、ある日突然ブログが閉鎖となった、とある原発の溶融貫通(メルトスルー)さんが以前記事にされていましたが、ここ、阿修羅掲示板の赤かぶさんが以下の4号機からの燃料取り出しはやっぱり大芝居だった!!を投稿されており、その内容が確認できます。


去年の5月の段階でもそういった疑惑があったのですが、今回は日本の宗主国ともいわれている米国(密約法体系がある限り、「基地」と「原発」は止められない カレイドスコープ天皇を中心とする傀儡日本 (政府は国民を使い捨て)/日本社会の感情 住民至上主義  仕組まれた「自滅する日本」)が関連する機密文書を公開し、それを裏付ける結果となったようです。


では、何故日本政府は、この事実を頑なに隠そうとするのでしょうか?


以下のフォローアップ投稿でそれらは見えてくるのではないでしょうか。



 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2015年12月22日 13:21:44 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[180]

>4号機プールにあったはずの使用済核燃料の全てが大気中に放出された

くだらん


2. 2015年12月22日 13:45:31 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[181]

>100% of the total spent fuel was released to the atmosphere from unit 4.

英文を直訳するからおかしくなるのだ

単に燃料棒が空気に露出したという推測だろう

そもそもよほど高温で溶融したとしても核燃料棒が大気中に蒸発していくものではないし

仮に短時間でそうなった場合、東京などでは桁違いのとんでもない数値が観測されることになる

http://pbadupws.nrc.gov/docs/ML1212/ML12122A949.pdf
 


Earthquake/Tsunami Status Update March 18, 2011 1800 EDT
Unit 4 - (NRC priority: 2)
Core Status: offloaded
Core Cooling: N/A
Primary Containment: N/A
Secondary Containment: lost (visual)
Spent Fuel Pool: 1201 bundles in pool (Source: GEH); pool may be dry; damage to fuel
rods suspected (Source: JAIF); water was dumped on site with water cannons; fire
trucks are supplying seawater for cooling spray
Unit 5 - Shutdown since January 3, 2011 (NRC priority: 5)
Core Status: Core in RPV (Source: INPO)
Spent Fuel Pool: 950 bundles (Source: GEH); Unit 6 emergency diesel generator is
available
Unit 6 - Shutdown since August 14, 2010 (NRC priority: 6)
Core Status: Core in RPV (Source: INPO)
Spent Fuel Pool: 876 bundles (Source: GEH); Unit's emergency diesel generator is
available.
Common Spent Fuel Pool (NRC priority: 7): 6,000 bundles (Source: GEH) located on land side
of Unit 4 (visual)
Electrical Power (NRC priority: 7): Restoration from switchyard to Unit 2 480V in progress
Other Plants
Fukushima Daini
* No changes to report
Onagawa
0 No changes to report
Rokkasho
* No changes to report
Protective Measures Team (PMT)
The PMT is working with DOE/NARAC to refine source term models in an effort to develop dose
projections beyond 50 miles. The 50 mile distinction is made because NRC RASCAL modeling
is only capable to estimate dose values out to 50 miles. Therefore, NRC has the responsibility
to develop source terms and dose projections within Japan, up to 50 miles from the reactor site,
while DOE has the lead for dose projections beyond 50 miles and for the United States and
territories.
The source term provided to NARAC was: (1) 25% of the total fuel in unit 2 released to the
atmosphere, (2) 50% of the total spent fuel from unit 3 was released to the atmosphere, and (3)
4 of 6
OFIiLUsE O

Earthquake/Tsunami Status Update -March 18, 2011 1800 EDT
100% of the total spent fuel was released to the atmosphere from unit 4.

All 96 hour dose projections (Alaska, Hawaii, West Coast) are well below the 1 rem total effective dose (TED)
Protective Action Guide (PAG) based on predicted Cs-1 37 deposition.

Except for Alaska, all thyroid dose estimates are well below the EPA 5 rem PAG. The thyroid estimate is very
conservative and does not consider intervention actions like distribution of potassium iodide,
removing dairy cows from contaminated pastures, or interdicting milk or leafy vegetables
contaminated with 1-131.

Wind shift over land not expected until Sunday, March 20, 2011.
International Response
* IAEA sent a two person team to conduct coordination activities and to take
measurements. NRC communicated with IAEA to discuss the status and concerns.
* France has shared technical data with the NRC and publicly posted its assessment of
projected doses in Tokyo on the IRSN website.
* Spain Parliament is still reviewing and deciding on support levels.
* Italy is interested in discussing what the USG is doing, and might be interested in
helping in some way.
* China has offered to help.
* Russia has sent a team to Tokyo. The U.S. team has met with the Russians.
* South Africa will not be assisting.

Reference
Units
1 rem (rem) = 1,000 millirem (mrem)
1 Sievert (Sv) = 1,000 milliSieverts (mSv) = 1,000,000 microsieverts (pSv)
1 rem = 0.01 Sv = 10 mSv

6 of 6


3. 2015年12月22日 13:52:44 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[182]

そもそも4号機の使用済燃料見えてたしw

http://getnews.jp/archives/113746


4. 2015年12月22日 15:23:21 : P3s6x3rbOM : zJZMklRq7l4[5]
3号機の間違え?

5. 2015年12月22日 16:53:40 : tHdsgaLRaM : 46nGXQBZbOw[2]
すべて放出したなら、もう出なくてよかったね。笑

これ、米の避難勧告のベースになったシミュレーションの話じゃないの?

あとは興味のある方々でどうぞ。


6. 茶色のうさぎ[3168] koOQRoLMgqSCs4Ks 2015年12月22日 18:06:46 : Hoe3Sch2Rw : fHbeYkxtJhg[6]

当時のヤツコ委員長の話なの。?

「使用済み燃料プールの水はすべて沸騰し、なくなっていると思う」

 ↓ みんな楽しくHappy♡がいい♪ <一番最後までみてね。!
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2072.html


7. 2015年12月22日 22:15:49 : fZOCJB4INs : FjmD1TG367k[1]
問題の公文書の該当部分は、以下のとおり。

>国立大気警告センターに提供された、放射性物質の種類や放出量、化学的な性状に関するデータ(source term)では、2号機では、全核燃料の25%が大気に放出された。3号機では、使用済み核燃料の50%が大気に放出された。そして、4号機では、すべての使用済み燃料、100%が、大気中に放出された。

http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/486.html#c2

この公文書の記載を裏付けるかもしれない、事故の後、間を置かないで公表された、CTBTOのデータを解析した重要な論文がある。

この論文が重要である点は、先ず、東日本大震災発生、約15分の後には、すなわち3月11日15時には、メルトダウンが始まっていたこと。

二つ目は、3月19日に、4号機使用済み燃料プールに放水が始まると、放射性物質(Cs−137)の放出量が急減したことを指摘していることだ。

「(C−137の)放出は、損傷した炉心からだけでなく、4号機使用済み燃料プールからも由来していることが分かる。」

>Our results indicate that 137Cs emissions
peaked on 14–15 March but were generally high from
12 until 19 March, when they suddenly dropped by orders of
magnitude at the time when spraying of water on the spentfuel
pool of unit 4 started. This indicates that emissions may
not have originated only from the damaged reactor cores, but
also from the spent-fuel pool of unit 4. This would also confirm
that the spraying was an effective countermeasure.

http://www.atmos-chem-phys.net/12/2313/2012/acp-12-2313-2012.pdf

こういう訳で、日本政府の関連機関や東電の解析は、全く信憑性がない。


8. 2015年12月22日 23:14:04 : TXGkG0o416 : JHJ@cu9FKEI[2]
4号建屋が倒壊したら「日本はおしまい」とか「北半球は壊滅」とか言ってたけど、辻褄が合わないな。
放射能を噛み締めながら廃炉作業を志願してるヒロアキはともかく、カルディコットが南半球に逃げたという話はないようだが。

9. 2015年12月23日 00:18:35 : hBUZQEg8uN : ggpGoLzBm9o[13]
>>2
露出しただけならそんな誤解を
招きかねない表現を使うかな?
exposed to air などと書けばよい。

10. 2015年12月23日 06:09:03 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[125]
事故数日後の混乱の中で書かれた報告書の記述であって間違い。
たった数日で真実がわかるわけがない。東電ですら完全に状況を把握していなかったのだ。

「4号機全燃料放出というUSNRC報告は、事故直後の混乱で生じた誤情報である」
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/555.html


11. 2015年12月23日 14:57:17 : l4atJnNAoU : Ofc@W5oPW38[7]
みのもんたは、自分のラジオ番組で執拗に4号機の中を見に行くと言っていたが、行く前にスキャンダルでつぶされてしまった。結局、4号機の中は、御用マスコミが取材したとなっているだけで、誰も見た事がないまま、燃料棒が取り除かれた。

12. 2015年12月23日 17:53:27 : pfgbz1AFd6 : LwLr0Dd7ui0[11]
もう二度と 日本では 原子力安全委員会を信じてはいけない。
信じるな
さもなくば
死を覚悟せよ。

13. 2015年12月23日 20:27:49 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[131]
>>11
いい加減なことを言うなよ。

テレ朝その他多くのマスコミが4号機の中に立ち入って取材している。

「事故から3年・・・渡辺キャスターが見た福島第一原発(14/03/07) 」 (YouTube ANNnewsCH)
https://www.youtube.com/watch?v=bRJlmDbE-w0

岩上安身さんのIWJも取材している。

【速報】4号機使用済み燃料プール現地取材11/6
https://www.youtube.com/watch?v=5fHP4ke9LXM

11/6現地取材 4号機使用済み燃料プール【全】
https://www.youtube.com/watch?v=usPeO8K8G3I

もし、4号機燃料プールの燃料がすべて溶融、大気に放出されたのなら、
これらの画像は全部インチキだということになる。

そんなことはありえないのは明らかだ。

たった事故3日後に書かれたこの報告書が間違いであることは明白だ。


14. 日本はひとつのチーム[5] k_qWe4LNgtCCxoLCgsyDYIFbg4A 2015年12月24日 00:05:10 : CaUyPrcnH6 : BjIccP4rqcI[7]
使用済核燃料の9割を占めるウランの沸点は4000度だ。
太陽にでも打ち込まん限りありえへんやろ。

15. アベノモックス[123] g0GDeINtg4KDYoNOg1g 2015年12月24日 02:41:00 : CrzfIRVwKU : @AvhbLc@34E[1]

問題は格納容器の有無と燃料の場所にあると思います。

事故の4ヶ月前まで稼働していた高熱の燃料が4号機プールで最悪の事態を引き起こしたのですが、ガンダーセン博士の著書や講演によれば1m程度露出したであろうということです。

そのとき1-3号機の燃料はメルトダウンにより格納容器下部の水中にありました。

屋上から50m以上も下部の建屋地下です。

1-3号機では破損したとは言え、格納容器が外部への放射線や放射性物質の漏洩に対する遮蔽物となっていることが、逆に建屋内の汚染を高めており現在でも作業を困難にしています。

3,4号機の燃料プールは格納容器がなかったため、4号機の3.15大爆発収束作業に米軍が投入された後も、水面下僅か数メートルで核燃料が崩壊熱を発して大気に筒抜けで放射性物質を含む水蒸気を撒き散らしていました。

燃料プールは建屋の中腹にあった為その汚染も酷かったですが、その位置が逆にプラスの方向に働き、収束作業も米軍核ハザード特殊部隊には行い易かったはずです。

少なくとも、建屋地下で半ば閉じ込められ、今なお確認すらできない燃料よりは遥かに。

推進派は全原発の燃料プールの設計から見直さなければならない4号機の燃料プール爆発による大汚染は認めません。再稼働ができなくなるか、大幅に遅れるからです。

3号機は格納容器破損で誤魔化すつもりのようです。


16. 2015年12月24日 05:14:46 : lv7vbj53vM : R5TUbJyqZ1g[137]
>>15
>僅か数メートルで核燃料が崩壊熱を発して大気に筒抜けで
>放射性物質を含む水蒸気を撒き散らしていました。

もしそうだとしたら、4号機は3号機同様ひどく汚染されて、
とても人間が立ち入れない状態になっているはずです。

実際は作業員はもちろん、マスコミまでが中にはいって取材しています。

この矛盾をどう説明しますか?
説明できなければ貴方の考え自体が間違っているということです。


17. 2015年12月24日 11:11:46 : hBUZQEg8uN : ggpGoLzBm9o[15]
件の部分の直前(pdfの7ページ目):
>The PMT is working with DOE/NARAC to refine source term models
>in an effort to develop dose projections beyond 50 miles.

とあり、シミュレーションに使う
ソース項についての話のようだが、

14ページ目:
>Coordinating with NARAC and interagency partners on assumptions
>and key messages for dose assessments from the "Bounding Reasonable
> (Source Term) Model" and a more conservative, extreme source term model,
>including next steps.

ともあり、いろんなパターンを試しているように見える。


18. 2015年12月24日 11:31:13 : WzFlUn53lM : tk2HQXR4fvk[153]
4号機の燃料プールを移動した後の管理などはどうなったのか、汚染水は毎日何百トンも出続けている等々、福島の事故はまだまだ入り口に留まっている状況なのになぜ原発再稼働が出来るのか、原発を他国に売り込むのか、国民の安心と安全と口では言うが安倍総理は一体それらをどう思っているのか、頭の中はどうなっているのかため息しか出ない。

19. おじゃま一郎[5028] gqiCtoLhgtyI6phZ 2015年12月24日 12:34:41 : JoPZTQdNe6 : qnieUpSCMYM[3]
>「4号機プールの使用済核燃料全てが大気中放出」

それは朗報だ。全てが大気中に放出されたのなら、4号プールの
燃料は今後もう放出されない。被害の報告はなにもなかった。


20. 2018年6月19日 17:37:46 : qW5770aSac : k9XcZ01CpGM[537]
2011年3月18日のこの報告書は誤りで、プールは干上がっていないと
NRCが6月に訂正している。

4号機爆発のわずか3日後に発行された報告書を信用するのがまちがい。
当時は東電ですら、何が起きているのか把握していなかった。

4号機全燃料放出という事故直後の不正確な米国NRC報告を元にした妄想話が
また出回っている 
http://www.asyura2.com/17/genpatu49/msg/847.html

「4号機全燃料放出というUSNRC報告は、事故直後の混乱で生じた誤情報である」
http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/555.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:

このページに返信するときは、このボタンを押してください。投稿フォームが開きます。


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素44掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素44掲示板  
次へ