★阿修羅♪ > 経世済民104 > 257.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
2016年:IMFの見方とBOA予想(NEVADAブログ)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/257.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 06 日 08:53:40: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

2016年:IMFの見方とBOA予想
http://blog.livedoor.jp/nevada_report-investment/archives/4993618.html
2016年01月06日 NEVADAブログ


IMFのオブストフェルド主任エコノミストは今年、2016年の世界経済見通しについて、以下のような見方をしていることが明らかになっています。

*中国の輸入減少と資源需要の減退が予想以上に世界経済にマイナスの影響を与えている。

*米国経済は堅調に拡大するものの、多くの新興・途上国は資源価格の下落などが影響し、経済成長が鈍化し中でも中国経済は「警戒リストの上位」にある

IMFの主任エコノミストの発言が公開されるのは余り例がありませんが、この中国への警戒感はバンクオブアメリカが発表しました中国株予想と共通となっています。

BOAは今年2016年は中国株は30%もの下落を見せると発表しておりかなり弱気となっているのです。

経済が悪ければ株が下がるのは当然ですが、ここまで弱気予想が出ますと、当然我先に株を売るのもわかります。
それが年初に起こりました上海株等の暴落です。
理由なく売りが入ったのではなく、IMFの経済予想、BOAの株価予想を見た機関投資家が一斉に逃げたために暴落を演じたのです。
そしてその余波で日経平均600円安となったものです。

株価の予想は上げ予想は精一杯高い予想を打ち出してくるものですが、下げ予想は控えめに出す傾向があり、
これからいきますと、BOAの中国株30%安予想は内実では40〜50%安を想定していましても何ら不思議ではありません。

最大で半値になるかも知れないと予想されていれば今のうちに逃げておこうというのも当然の行為となります。

今年2016年は大波乱の幕開けとなりましたが、中国株には要警戒だと言えます。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月06日 13:10:17 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[231]

米が利上げ局面に入れば、この程度のことは必ず起こるが

今回は、米国も日本化して潜在成長率が下がっているから、

比較的早く終了する可能性も高い


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民104掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民104掲示板  
次へ