★阿修羅♪ > 経世済民104 > 745.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
雑感。お金のつかい方(在野のアナリスト)
http://www.asyura2.com/15/hasan104/msg/745.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 25 日 00:14:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

雑感。お金のつかい方
http://blog.livedoor.jp/analyst_zaiya777/archives/52773418.html
2016年01月24日 在野のアナリスト


沖縄宜野湾市長選、現職の佐喜真氏が当選確実となりました。しかし佐喜真氏は選挙期間中、普天間基地の辺野古移設については一切ふれないにも関わらず、メディアには移設賛成派とされるのですから、これは選挙の公約にしないことも当選すればやっていい、主張していいと、メディアがお墨付きを与えていることにもなります。逆に、今後は政治家が公約に掲げず、政策を実行してしまうことを今後、メディアは批判できない、ということにもなるでしょう。

しかし政府は名護市の辺野古受け入れ賛成団体、なるものに予算をつけているのですから、そうした予算がこの宜野湾市にも、どう流れているかは分かりません。今後も沖縄ではお金と、理念と、諸々のことが錯綜し続けるのでしょう。その原因を政府がつくりつづける限り、ということになるのでしょうが、残念ながら本来、政府というのはそうしたものの調整役をつとめるべきであって、混乱の当事者になってはいけない立場です。今後も公判などで対立がつづくのでしょう。

今週、28、29日に日銀の金融政策決定会合が開かれ、市場に今以上のお金を流すかどうか、が決まります。ECBの追加緩和示唆、で悪い流れを食い止めた、と市場関係者などは大喜びですが、これだけ期待を上乗せした状態で3月以降に失望がでるようなら、ECBの判断は誤りだった、と非難することでしょう。ECBにはもう少し余力がある、とはいえ、規模を拡大していけば緩和の寿命を縮めるだけ。そしてその懸念は、すでにFRB、ECBより規模を追求する日銀により強くあります。

2%の物価目標である16年度後半には、日銀の資産はGDPに近づいてきます。黒田総裁が就任前に抱えていた分があるとはいえ、仮に2%の物価目標を達成した途端、緩和を停止するわけにもいきませんから、オーバーシュート分で確実にGDP越えを達成するでしょう。逆に考えれば、だからGDPの算出方法を変え、600兆円に近づけるようなテクニックが必要なのかもしれません。要は、日銀はまだ緩和余地がある、というバッファの確保の意味がGDP600兆円ということです。

ただそんな小手先のテクニックをつかったところで、日銀が本来であればもう出口戦略に向かわなければならない段階なのは、自明です。ここで追加緩和をすれば、さらに出口を難しくし、出口までに何段階も経なければいけない課程の中で、トラブルに見舞われることも多くなる。FRBの利上げを失敗、とする人もいますが、では日銀が利上げまで至ることができるのか? その道筋が描けているのか? 描けていないのなら、それもまた失敗と評することができます。景気が改善せず、インフレにもならず、出口もみえないのなら止め時すら難しくなっているのです。

以前も述べましたが、トリクルダウンとは成金消費の言い換えです。では、社会に成金をうみだせば消費は伸びる、という話にもなります。あくまで極論ですが、1年限りの低年金の高齢者に3万円を給付し、そのコストが莫大にかかるというなら、300億円を宝くじにして1等賞金を1000万円〜3000万円ぐらいとし、当選者数を増やして国民に配分する方が、プチ成金を大量につくれ、消費にも寄与するでしょう。売上高を地方自治体などに配分する必要がないので、コストをけずった分はすべて賞金に回せる。国はコストをかける必要がないので、300億円がそのまま効率的に国民に配分されます。300億円で1000人、売上げから賞金に回す分を含めれば、恐らく2000人ぐらいがうけとれます。2回当選しても無効、1親等以内で1回、と決めることで広く分配されます。

日銀にしろ、政府にしろ、お金が正しく使えていなければ、政策効果は皆無。それどころかマイナスすらあり得るのです。今、すでに限界に近づきつつある日銀に、無い袖をふれ、と言っているのが市場と、安倍政権です。しかしそんなワガママは、もう2年とつづかないのです。お金の使い道を工夫し、経済に寄与する方向で活用できないなら、遠からず日本は危険な状態に突入するでしょう。それこそ国民が飢えていても、辺野古移設だけは「粛々と」すすめる、なんてことがないようにしなければいけないのでしょうね。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月25日 00:21:08 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[408]

>佐喜真氏は選挙期間中、普天間基地の辺野古移設については一切ふれないにも関わらず、メディアには移設賛成派とされるのですから、これは選挙の公約にしないことも当選すればやっていい、主張していいと、メディアがお墨付きを与えている

あほらしい

移設に反対でなければ、当然、賛成だということは

とっくに市民は皆知っている

http://the-liberty.com/article.php?item_id=10799
沖縄宜野湾市長に現職の佐喜真氏再選 スムーズな米軍基地移設を
2016.01.24  
普天間飛行場(Wikipediaより)。

米軍普天間飛行場がある沖縄県・宜野湾市の市長選挙が24日、投開票され、現職で自民党と公明党の推薦を受けた佐喜真淳(さきま・あつし)氏の当選が確実となった。

この選挙では、安倍政権が支援する佐喜真氏と、翁長雄志(おなが・たけし)沖縄県知事が支援する新人で元県職員の志村恵一郎氏の2人が立候補しており、米軍基地移設問題で対立する政府と沖縄県の縮図とも言える選挙戦だった。


違いは基地移設先の辺野古に言及しているかいないか

ただ、争点はわかりにくい。佐喜真氏、志村氏ともに普天間飛行場の危険を訴えていて、違いは、移設先の辺野古について言及しているかいないかだ。

佐喜真氏は、普天間飛行場の早期移設を訴えるとともに、現職としての実績を強調。辺野古については触れなかった。一方、志村氏は、無条件の基地閉鎖・撤去と移設反対を掲げてきた。

辺野古は名護市にあることを考えれば、辺野古について宜野湾市長が何かできるわけではない。全く触れないのも不自然ではあるが、日米関係の悪化にもつながる移設反対を市長選で訴えるのはおかしな話だ。


幸福党・金城氏「辺野古移設で県民の基地負担軽減と抑止力強化できる」

今年7月の参院選に沖縄選挙区で出馬する幸福実現党の金城竜郎氏は、宜野湾市長選についてこう語る。

「宜野湾市民の悲願は、普天間基地を移設すること。それは私の主張している通りのことでもあります。今後、普天間基地の危険性が除去されることを心から望んでいます」

「志村氏は、『辺野古に移設させない』と言っていますが、それは宜野湾市民に言うべきことではありません。辺野古には、なぜか志村氏を応援する旗が立っていて、座り込みの活動をしている人たちがいます。辺野古は名護市なのに、です。沖縄の美しい海を守ると言いながら、政治活動をしていることがわかります」

金城氏は、2009年の衆院選、2010年の参院選、沖縄県知事選にも出馬し、一貫して中国の脅威から尖閣諸島や沖縄を守ることを訴えてきた。「辺野古への移設は、県民の基地負担軽減と抑止力強化とを併せ持つ施策」であるとして、今月15日に行った出馬表明の記者会見でも沖縄防衛の重要性を訴えた。


本来ならば移設を説得する立場にある県知事

翁長沖縄県知事は、国連人権理事会で「沖縄県民の自己決定権」という言葉まで用いて、辺野古への移設反対を訴えてきたが、これを強く打ち出した志村氏が敗れたことは、移設反対があらゆる地域の民意とは言えないことを示している。

中国が南シナ海や尖閣諸島に触手をのばす中、本来ならば、人々の生命と財産の安全を守る立場にある県知事は、国防上重要な位置にある沖縄に米軍基地が存在することが、沖縄県のみならず日本の安全保障上重要なことだと説得しなければならない立場だ。

翁長知事はそろそろ、移設反対の"呪縛"から脱したほうがいい。普天間から辺野古へ、スムーズに基地移設が進むことを願いたい。
(大塚紘子)

【関連記事】
2016年1月15日付本欄 幸福実現党・金城氏が出馬表明 参院選・沖縄選挙区で
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10765

2015年10月21日付本欄 翁長氏「基地は沖縄よりも熊本に」と主張 抑止力低下は沖縄を見捨てることになる
http://the-liberty.com/article.php?item_id=10334

2014年10月号 現地ルポ・沖縄が「中国領」になる日 - 11月県知事選で命運が決まる
http://the-liberty.com/article.php?item_id=8305


2. 2016年1月26日 01:57:47 : 4pDtUdZufs : Ut63NhS89EI[1]
nJF6kGWndY様
反対でなければ賛成って乱暴すぎじゃないかな
貴方的には安倍総理のデフレでない状況ってどう解釈すんのさ?

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民104掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民104掲示板  
次へ