★阿修羅♪ > 自然災害21 > 306.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
「危険なレベルでの天候変化が数十年以内に起きる」と科学者が警告 「真水」が海水に混ざる→南極やGLの氷がどんどん溶ける
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/306.html
投稿者 てんさい(い) 日時 2016 年 3 月 25 日 12:13:47: KqrEdYmDwf7cM gsSC8YKzgqKBaYKigWo
 

http://gigazine.net/news/20160323-perilous-climate-shift-within-decades/ 2016年03月23日 21時30分00秒


By Jussi Ollila

地球規模の温暖化の進行が叫ばれて久しく経ちますが、従来の常識を覆す学説が新たに発表されました。その学説によると、危険なレベルでの天候変化の進行ス ピードが従来とは比較的にならないほど速く、最悪のシナリオをたどると今後50年以内に海面が大きく上昇し、海に隣接する大都市でも人間が住めなくなる状 況が起こるとされています。

Scientists Warn of Perilous Climate Shift Within Decades, Not Centuries - The New York Times
http://www.nytimes.com/2016/03/23/science/global-warming-sea-level-carbon-dioxide-emissions.html?_r=0

この説を発表したのは、気候科学の第一人者で、かつてNASAの気候科学者でもあったジェームス・ハンセン博士とその研究チームです。研究チームが(PDF)発表した論文はすでにドラフト版が2015年に発表されて議論を巻き起こしていたのですが、今回の正式版が発表されたことで議論が再発することも予測されています。

論文の中で研究チームは、気候シミュレーションの結果や過去の気候変動を研究する古気候学の 調査、そして現在進行中の南極及び北極圏のグリーンランドにおける氷床の質量減少などのデータを用いることで今後の気候変動を予測。現在のペースで化石燃 料を使い続け、温室効果ガスを排出し続けると、人類は今後、厳しい気候の変動に直面することになると指摘しています。ハンセン博士はニューヨーク・タイム ズの取材に対して「我々は今、人の手に負えない状況を若い人たちに与えようとしています」と、将来にわたる危機的な状況を生みだしつつあることを語ってい ます。

論文では、陸地の氷が海に流れ出して「真水」が海水に混ざることで、南極やグリーンランドの氷床が崩壊する速度が上がってしまうというフィードバックの発生が気候変動のメカニズムに大きな影響を与えると述べられています。これは、海上に浮かぶ氷山などが溶けるのではなく、陸地の上に載っている氷が溶け出すことによって気候の変動が生じると いうもので、「氷山は海に浮いているから溶けても海面は上昇しない」という理論とは全く異なるもの。真水が海に流れ出すことで氷床崩壊のフィードバックが 加速度的に生じて海水量が文字どおり増加すること、そして極域と赤道付近の海水の温度差が大きくなることで、有史以来人類が直面したことがないレベルの強 力な台風が発生する危険があると述べられています。

By Oregon State University

論文によると、まず氷床が溶けることで南極とグリーンランドの海水面に真水の層が生じます。次にこの層が海流に影響を及ぼし、海水が地球を大きく周回する 流れを遅くさせ、場合によっては流れの一部を止めてしまうことになる可能性があります。この海流は地球の熱を大きく移動させ、一部を宇宙へと放出する役目 を持っているのですが、海流が弱まる(または停止する)ことで熱のマネジメントにアンバランスが生じ、海水温が上昇。さらにこの海水温の上昇により氷床の 溶解がさらに促進され、熱エネルギーが地球にとどまり続けるという正のフィードバックが生じる現象が起こり得るとしています。


さらに、これにより生じる気候の変動スピードは従来想定されていたものよりも速いスピードで進行する可能性が指摘されています。2009年に開催された第15回気候変動枠組条約締約国会議(COP15) では、「産業革命以前と比べて気温上昇をセ氏2度以内に抑える」という目標が掲げられ、合意されましたが、2015年時点で気温はすでに1度上昇していま す。論文では、現在よりもわずかに気温が高かったと考えられている12万年前にあった温暖期のピークの時代を調査したところ、現在よりも海水面が6メート ルから9メートル高いレベルだったことが判明しているのですが、地球はそのレベルに近づきつつあると指摘。さらに、その状況に達するまでの時間は従来考え られていた「一世紀レベル」ではなく、最悪のシナリオをたどれば半分の50年規模で進む危険があるとされています。

この論文で語られている理論に対しては、過去の地球で起こった気候の変動メカニズムのパズルを解明するものである、と評価する声がある一方で、この理論に 賛同しかねる科学者も存在しています。ペンシルベニア大学の気候科学者、マイケル・マン教授は「この論文の中のいくつかの主張は、実に桁外れなものです。 これらは、現在の気候変動についての理解と衝突するものです」と、論文の内容について語っています。

このように賛成・反対両面からの意見が存在しているとはいえ、事実上全ての科学者が賛同しているとみられるのが、「重大な危険を引き起こすであろう温室効 果ガスの排出を減らすための取り組みを十分に素早く実施していない」という点にあるとのこと。論文に対して慎重な見方を示しているマン教授もそんな状況に 対し、「われわれは、危険を知りながらハンセン教授の考えを見て見ぬ振りをするのでしょう」と語っています。

By NASA Goddard Space Flight Center

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年3月25日 14:12:32 : fGK1jV9AEI : mStstpt@jlM[1]
米気候学者とグルになり国連気候変動パネル(IPCC)で強力に地球温暖化説を主導して温暖化詐欺を進めてきたのが英イーストアングリア大学「気候研究所」(CRU)の所長フィル・ジョーンズだ。ジョーンズがこの米気候学者に宛て「君の論文の”トリック”を使って1961年以来低下していた地球の温度を上昇傾向にすることが出来た。」と書かいたメールが世界に暴露された。

これがアサンジのウィキリークスが「気候研究所」(CRU)のサーバーをハッキングして、CRUなどの研究者たちが、CO2温暖化説を根拠づけるため、さまざまな歪曲や論敵つぶしを展開してきたことを明らかにしたあの有名なクライメートゲート事件の一角だ。

そのジョーンズとグルの米気候学者というのがペンシルバニア大のマイケル・マンだ。

そしてマイケル・マン宛のメールの中で”トリック”と言ってるのが、CO2温暖化説の決定的根拠とされたマイケル・マンが「接ぎ木」してグラフが急カーブで上昇するようにねつ造した有名な「ホッケースティック曲線」と呼ばれる温度グラフのことだ。

そのマイケル・マンがハンセンの説をあたかも否定するような振りをして公正を装いつつ、「われわれは、危険を知りながらハンセン教授の考えを見て見ぬ振りをするのでしょう」と己たちのCO2温暖化詐欺の援護射撃に使っている。

手の込んだマッチポンプ記事である。
おそらくハンセンもCRUやジョーンズのお仲間なんだろう。


2. 2016年3月25日 14:26:52 : zP8NwYSixc : _MIi9kW7@w8[1]
>>1追加

CO2温暖化詐欺組織は、金や利権のためなら人民を騙すどんな手でも使う国際原発マフィアやTPPを狙うウォール街と同じだ。


3. 2016年3月25日 18:51:10 : i369o6kJZk : kP8O_M@Sqs8[52]
北極圏内の氷は夏場解ける、何故なら雪の中に北半球で使った石油石炭の黒炭粒が
雪の核となっているので太陽の熱を吸収しやすく解けやすい、北極の黒い雪とは
この事、一方南極は雪氷の量が増えて球体軸バランスを崩す、その結果地表表面が
ずるりとスリップして地表がその位置を変える、その時どうなるかは想像に任せる。

4. 2016年3月25日 19:40:26 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2011]
Domestic | 2016年 03月 25日 17:57 JST
水の被害は2900億円、14年

 2014年の水害による全国のインフラや建物、農作物などの被害総額(確定値)が2938億円だったことが25日、国土交通省のまとめで分かった。05〜14年の10年間で6番目。都道府県別の最大は、14年8月豪雨で大規模な土砂災害に見舞われた広島の444億円で、京都289億円、高知286億円と続いた。

 災害別では、広島市や京都府福知山市などで大きな被害をもたらした8月豪雨が945億円。高知や徳島などを襲った台風11、12号(7〜8月)は890億円だった。

 種類別では、河川や道路などの公共土木施設1520億円、住宅や農作物1317億円となった。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016032501001770


5. 2016年3月25日 23:58:01 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[218]

 CO2温暖化詐欺、ジカ熱詐欺、色々と原子力マフィアがやってます。
 かつては、枯葉剤詐欺もありました。
 
 さて、CO2温暖化は詐欺として、それとは別に、地球の昇温化も疑われているようです。
 急激な温暖化により、結構に暑い時代に・・・と言っても、100年後とか200年後、
 移行するかもしれないようです。

 弥生時代の登呂遺跡地方は、大雨で浸水20mを繰り返してるので、火山や大地震と同様、
 過去の100年間は異常なほど温順で、厳しい変化こそが、正常なわけで、自然をそのま
 ま受け入れざるを得ません。

 ======
  
     そんな時代に、原発地雷だらけで、日本が死んでしまう・・・

〜〜〜


6. 2016年3月26日 00:04:46 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[219]
追記

  スーパーコンピューターの計算によれば、原発の大量の温排水により、数年以内に、
  日本近海の海水温だけが、急激に上昇(1〜2度は直ぐに??)することが判明し
  ています。

  一旦、地下に潜った熱量ですが、深海部が温まり、これ以上は熱を吸収でき難いた
  め、表面に排出される熱は、上層部にとどまるからです。

  大気中には、数百度の水蒸気、海へは河川の全水量の4分の一の温排水を垂れ流す

      >>。ヨ地球温暖化マシーン」<< の原子力発電所。

  さっさと全廃させるべきです。

〜〜


7. 2016年3月26日 00:16:37 : Pxxzt4g5gQ : lhprm84cbmw[3]
地球温暖化を煽る新しい理論が出てくるのはいつものこと。次から次とあきもせず出てくる。

コメント1,2はホッケースティックの元祖の説明。18世紀以前の地球の温度変化を全く無視して平坦とし20世紀に一気に温暖化が進みさらにそれが21世紀には急激に加速するだろうというグラフだった。温暖化解説本にはほとんどこのグラフが掲載された。ただし21世紀の急激な上昇は見込み・予測だった。

実際に21世紀に入ってその予測は完全に外れている。


8. 2016年3月26日 03:55:49 : tllomJGTXY : @r3eQK431LY[44]
>>3. 2016年3月25日 18:51:10 : i369o6kJZk : kP8O_M@Sqs8[52]
▲△▽▼
>>北極圏内の氷は夏場解ける


そして再び冬に厚い氷におおわれる。何百年もその繰り返しである。

冬に凍らなくなったときはぜひ教えてくれ。それまではいい


9. 2016年3月26日 17:14:30 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[1170]
破滅的事象が起きてから言え。
それからゆっくり考える。

天変地異?ぜんぜん怖くないんだよ。


10. 2016年3月26日 22:52:07 : 04bws5XA6Q : qTBiM35EQWw[5]
8さんのおっしゃるとおり北極海の氷は夏冬大きく変わる。実は極点近くは夏は昼間ばかり、冬は夜ばかりの天候となる。夏はある意味結構暑い。冬は全く太陽がなく恐ろしい寒さとなる。

5年余り前、北極海の氷がほとんどなくなったとか大きく報道された。その話が本当なら夏に北極海航路が使えるようになるはずだがいっこうにそういう話は聞かない。


11. クロタン[385] g06DjYNeg5M 2016年3月27日 05:25:53 : WzcbEAgdlk : OzBEe07odeg[16]
★事実ー去年-今年にかけて北極圏で零度以上に数回なった!
地球規模では温暖化は事実ーインドネシアの海底火山噴火、チリなどの噴火で海底下が熱くなり 水面下ー3000m海層も熱くなつたーNHKではそれがスーパー台風の原因と解説している 
 ・北極の高温と南極の凍結は地球の数字8の形(北極から見て)の「ぐらつき」のせいだ
それがマグマ、プレートを動かしている 飛行機墜落もマレーシア機やアルプスのドイツ機墜落、仏の飛行機墜落ー太西洋での墜落ーサージが原因 

 遠因は惑星Xによる「ぐらつき」と接近による荷電した惑星Xの尾部とスンダプレートなどの圧縮されている浅い海との間で 

いろいろな怪事件の元は惑星Xの接近だー緑の火球 怪音、陥没穴 米国の水道本管 破裂が止まらない、地震 噴火の増加 脱線 地滑り 光の柱 海の侵入、珊瑚白化、白い動物 クレーン倒壊、社会事件など ロシアの東遷 中国のゴーストシティ、中国の南シナ海占領 英国女王の逃亡画策 サウジの雪 ジブラルタルでの地震ーアフリカ大陸の左ねじり 海峡の125マイルの広がり 紅海 ペルシア湾の裂け 私的会社のロケット失敗ー火星逃亡のため など

[32初期非表示理由]:担当:アラシコメントが多いので全部処理

12. 2016年3月27日 19:00:11 : axdxgm3Wdc : WoR5VAJtx2c[502]
洗脳だ 氷河崩れる シーン見せ

13. ボケ老人[391] g3uDUJhWkGw 2016年3月28日 08:26:44 : BaFcSfFnNM : 7Y5rAonq3r0[74]

『危険なレベルでの天候変化が数十年以内に起きる』

専門家は己の立ち位置に従い、いろいろなことを言う。その一説に過ぎない。
アマゾン、ナイル、長江、ミシシッピー川 等々
海水の上に真水が覆いかぶさるところはいくつもある。
南極は周辺部の氷床が崩落しても、中心部の降雪が多く全体としての氷雪量に変化はないとの説もあります。

南極の氷床の下には緑の草原が広がっていた痕跡があるという。
地球の大変動による変化なら人類は甘んじて受け入れるしかない。

温室効果ガスによる温暖化は科学でなく、政治交渉に過ぎず、学術論として議論されたことは一度もない。

    


14. 2016年3月28日 22:39:44 : GfR5SaR4bE : ajeIVxbweM0[7]

『危険なレベルでの天候変化が数十年以内に起きる??


来る来ない来る来ない来る来ない来る来ない来る来ない来る来ない...


15. 2016年3月29日 21:34:27 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[232]
>>13さん

  全くそうです。

>>。リ危険なレベルでの天候変化が数十年以内に起きる』
>>地球の大変動による変化なら人類は甘んじて受け入れるしかない。

 
 過去の100年程こそが異常気象。火山の大噴火もなく、気象が異常なまでに温順だった。

 先日は雷と雹で関東は大騒ぎ、未だ、1cmの雹なのに・・・・
 じきに、野球ボール大、そして、りんご大、更には、ソフトボール、そして、かぼちゃ大
 の大きさになる。最後にかぼちゃ大の雹が降ったのが、大正時代。

 ==========

  そろそろ、江戸時代の津波85mの再来かもしれないので、関東も、沖縄も難儀やで、
  日本近海の海水温上昇で、竜巻やスーパー台風が増えると、原発もやべぇ・・・
  首都直下も、震源が19箇所もあるんだし、
  大阪は津波が駅前で5m、上町断層でグッジャぐじゃ・・・

 =========

   人口が減り、子供が減り、2025年には東京の10人に1人が高齢者で半数は認知症
   こんな時代に、

     戦争法案、武器輸出、基本的人権変更、原発再稼動、ODA海外ばら撒き、

   2006年に吉井議員の津波対策を理解できなかったアヘン脳は、今も同じ様に、
   常識が不理解で、今後の日本を震災塗れにしてしまうだろうに・・・

   棄民・厄人・戦争財閥は、

     終戦直後よりも酷い日本にしたいんだろう・・・・・

〜〜〜


16. 2016年3月29日 22:47:07 : RL9L5GYw26 : 3V7ueSAY@h4[43]
ノストルダムスの大予言て40年も前に話題になった。

1999年地球滅亡ていう話、 その後惑星惑星直列で大変動 2000年問題

2012年マヤ暦終了人類滅亡 などなど 色々心配ばかりさせられました。

今後も色々心配な話がでてくるのですね。


17. 2016年3月30日 14:58:20 : 3ah459lR8Q : BQKXrt2t@gY[125]
地陸は生きていると思う、生きていると言っても人間や動物の様に心は無いだろう。植物に近いのではないか、樹木の様に太陽のエネルギーを吸収し、様々に変化している、陸地が海になり、海が山となり地表は何か肌の様である、地下に有る石油は血液なのか、人間が採掘してもまるで新しく再生しているようだ、過去のものとは思えない。地球上で人間がやること位、地球にとっては人の手に、とげが刺さりわずかに出血した位の事でしかないのではないか。地球はすでに何億年、いやそれ以上生きている、そして今後も生き続けるだろう、その間は人間ごときが地球の表面でノミの様に活動しても、所詮ノミでしかなく、全く生命活動には影響が無いのでは無いだろうか。宇宙においても其々の惑星や恒星も生命があるのではないだろうか。命が終われば星は解体され流れ星となり宇宙を彷徨うだろう。それが諸行無常である。生きている地球の表面に人間がどんなに多くの核爆発を起こしても
地球は負けないだろう、何億年掛けてでも蘇生し、人間に言うだろう『なんだそんなものか、もう少し真面目にやれよ』てね。そして人間だけが居なく……。

18. 2016年3月30日 23:21:49 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[235]
ノストルダムス

 は自閉症の読字障害だったようです。
 言葉の彩が理解できなかった人で、ヘブル語の聖書を恥ずかしい解釈をしてました。
 隠喩・直喩・喩え・詩的表現・慣用表現などを理解できず、そのまま直訳しています。

 猿も木から落ちる・・・を、「何処で落ちたんですか、怪我しませんでした・・」
 なんて調子の人でした。

 ヘブル語の分からない日本人は、思いっきり騙されたんです。

 宝くじ売り場に並ぶ日本人、
 血液型占いを未だに信じる日本人、
 ネス湖のネッシーを未だに信じる日本人・・・

 ノストラダムスは、日本人受けしたでしょうねぇ・・・

〜〜〜


19. 2016年3月31日 08:02:41 : BgMZfmGIi2 : yrsuJ@BHgAY[4]

知能の低い人々は現実から目をそらしているだけで
『危険なレベルでの天候変化は、とっくに始まっている



20. 2016年3月31日 22:37:26 : oXGOqUsA6Q : qyeOGV6Fll8[16]
『危険なレベルでの天候変化』なら太古以来ずっと続いている。
二酸化炭素による地球温暖化だけが問題と信じる人の知能レベルは高いとは言えないが騙されやすい人ということは言えるだろう。

21. 2016年4月01日 03:20:15 : w3M1BHSquE : 5KToaZSVnLw[396]
ノストラダムスが悪いのではない ノストラダムスの予言を勝手に誇大に解釈して危機感を煽りに煽り
それでたっぷり金儲けをした 五島勉のような、「滅亡商法」 あるいは 「霊感商法」 こういう人間が
いちばん性質が悪いのです それに騙されるオカルトマニアも お目出度いですけどね

「恐怖の大王」 こんな 後からなんとでも 都合の良いように解釈できるような曖昧な表現で
さも的中したかのように この世の全てを見透かしたように 見せかけ信じ込ませる 霊感商法の典型です

ノストラダムスの「諸世紀」は 抽象的で曖昧な表現ばかり なので後からいいように解釈できる訳で
いくらでも予言だったと こじつけられる マニアにとって 打ち出の小槌みたいなもんですから。


22. 2016年4月03日 00:09:35 : YKDpuVF8KY : z5kVM97wMSA[21]
世にオカルトと妄想の種は尽きまじ。

23. 2016年4月05日 00:54:21 : LIx2jpQ7kE : JPAxDETSacQ[1]
クライメイトマフィア達の広報、ニュー・ヨークタイムスの記事じゃないか。
クライメイトマフィア=CO2詐欺師達:国連、NASA、ウエザーチャンネル、USAID, etc.

ジオ・エンジニア温暖化の記事を探して来いよ!


24. 2016年4月05日 00:58:19 : LIx2jpQ7kE : JPAxDETSacQ[2]
訂正:
x CO2詐欺師達
O CO2温暖化詐欺師たち

25. 2016年4月05日 01:00:19 : LIx2jpQ7kE : JPAxDETSacQ[3]
訂正:
xCO2詐欺師達
OCO2温暖化詐欺師達


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害21掲示板  
次へ