★阿修羅♪ > 自然災害21 > 622.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
≪警戒≫強烈な台風16号が九州に上陸!20日午後からは近畿地方、21日には関東接近へ!記録的な大豪雨の恐れ
http://www.asyura2.com/15/jisin21/msg/622.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 19 日 23:13:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

【警戒】強烈な台風16号が九州に上陸!20日午後からは近畿地方、21日には関東接近へ!記録的な大豪雨の恐れ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-13452.html
2016.09.19 22:54 情報速報ドットコム



気象庁 台風情報
http://www.jma.go.jp/jp/typh/161624.html






台風第16号 (マラカス)
平成28年09月19日21時50分 発表

<19日21時の実況>
大きさ -
強さ 非常に強い
存在地域 枕崎市の南西約80km
中心位置 北緯 30度50分(30.8度)
東経 129度40分(129.7度)
進行方向、速さ 東北東 30km/h(15kt)
中心気圧 945hPa
中心付近の最大風速 45m/s(85kt)
最大瞬間風速 60m/s(120kt)


台風16号 今夜からあすにかけ九州南部に接近へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160919/k10010692261000.html


非常に強い台風16号は暴風域を伴って19日夜遅くから20日の朝にかけて九州南部にかなり接近する見込みで上陸するおそれもあります。台風本体の雨雲がかかると局地的に1時間に80ミリ以上の猛烈な雨が降るおそれがあり、台風が進む西日本や東日本ではあすにかけて土砂災害や暴風、高波などに警戒が必要です。







台風16号はかなり勢力が強くなっており、最大瞬間風速は60m/sとなっています。秋雨前線と合わさる形で来襲することから記録的な大雨となる可能性が高く、九州から関東地方の広い範囲で雨が降る見通しです。

現在の進路予想だと、これから朝にかけて九州を通過し、20日の昼頃には近畿地方と接触すると見られています。20日の夜には東海地方へと進み、21日朝に関東地方となるでしょう。

晴れるのは22日以降になるため、この2〜3日は全国的に荒れた天気となりそうです。


「非常に強い」台風16号 今夜にも九州上陸の恐れ(16/09/19)


まもなく暴風域に 台風接近に備える鹿児島・枕崎は(16/09/19)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年9月20日 17:21:29 : fSXF547mcU : h6zGiuIjNLo[5]
台風16号 20日夜遅く関東の南へ 東日本は大雨、高波に警戒
ウェザーマップ 9月20日(火)16時54分配信

 台風16号は20日昼過ぎに強い勢力で和歌山県に再上陸後、夕方には東日本の太平洋沿岸を東寄りに進んでいる。午前に比べて台風は勢力を弱めてきているものの、中心の北側や東側に活発な雨雲を伴っているため、東日本は今夜にかけて引き続き大雨に警戒が必要だ。特に東海では今夜遅くにかけて、局地的に1時間80〜100ミリの猛烈な雨が降るおそれがある。

東日本 今夜が大雨ピーク
 20日の日中は大雨の範囲が九州南部から四国や近畿へ移り、夕方には東海や北陸を中心に雨の強まっている所がある。今夜にかけて非常に激しい雨が降り、局地的には猛烈な雨が降る見込み。東海など台風の接近前から雨量が多くなっていた地域では、地盤の緩んでいる所や増水している河川があるため、土砂災害や川の氾濫などに厳重な警戒が必要となる。

■21日夕方にかけて予想される雨量(多い所)
 東海   180ミリ
 伊豆諸島 150ミリ
 北陸   120ミリ
 関東甲信 100ミリ
 
 また、西日本ですでに雨が止んだ所でも、これまでの大雨で土砂災害の危険性がかなり高くなっている地域がある。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するとともに、暴風や高波に警戒が必要だ。

暴風、うねりを伴った高波に警戒
 21日未明にかけて、西日本と東日本太平洋側は非常に強い風が吹き、海は大しけとなる。

■21日にかけて予想される最大瞬間風速
 四国、近畿、東海 35メートル
 関東、伊豆諸島  30メートル

■21日にかけて予想される波の高さ
 東海         7メートル
 四国、近畿、伊豆諸島 6メートル

 なお、台風の接近に伴い、東海は今夜にかけて潮位の高くなる所がある。海岸や河口付近の低地では、高潮による浸水や冠水に警戒が必要だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160920-00010008-wmap-soci


2. 2016年10月03日 21:27:33 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[-8034]
2016年10月2日(日)
台風16号
補償なしに再建無理
真島氏らに住民
鹿児島県垂水・鹿屋

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-02/2016100215_03_1.jpg
(写真)全壊したビニールハウスの農家に話を聞く真島議員(左から3人目)ら=1日、鹿児島県垂水市

 日本共産党の真島省三衆院議員は1日、9月20日に上陸した台風16号によって甚大な被害を受けた鹿児島県大隅半島の垂水、鹿屋市で被害調査を行いました。まつざき真琴県議、持留良一垂水市議、柴立俊明鹿屋市議が同行しました。

 垂水市では河川の氾濫により大量の土砂や流木が流れ込んだ井川地区で浸水被害にあった農家や住民を見舞い、副市長と懇談しました。

 土砂や流木により5棟のハウスが全壊したインゲン農家の男性は「作物の栽培時期ではなく共済の対象外でした。がれきの撤去も手作業でなかなか進まず、補償がなければ再建できそうにない」と語り、自宅が床上約130センチまで浸水した住民は堤防の設置を強く要望しました。岩元明副市長は「激甚災害指定を。農家の再建支援のためにも自己負担を最大1割以下に抑えられれば」と語りました。

 鹿屋市では大雨による河川の氾濫で橋や家が流され、水田に大量の流木や土砂が流れ込んだ高隅地区を調査。洪水は高隅ダムに過去最大の量の水が流れ込み、危険水域に達してから大量放水したことが原因ではないか懸念されています。

 床上2メートル以上まで浸水した工場は今回で3回目の浸水。「機械を全部取り替えると2億円の被害。再建支援を」と要望しました。

 真島議員は「早い激甚災害指定が必要。前例にとらわれない支援を要求していく」「大雨が予測される場合のダムの事前放水について、ルールづくりを働きかけたい」と語りました。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2016-10-02/2016100215_03_1.html


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)
タグCheck |タグに'だけを使っている場合のcheck |checkしない)(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 自然災害21掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
自然災害21掲示板  
次へ