★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6 > 288.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
STAP現象、理研で再現されていたことが発覚…若山教授、不当に実験成果物を大量持ち出し(Business Journa)
http://www.asyura2.com/15/nature6/msg/288.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 01 日 00:30:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

STAP現象、理研で再現されていたことが発覚…若山教授、不当に実験成果物を大量持ち出し
http://biz-journal.jp/2016/04/post_14498.html
2016.04.01 文=上田眞実/ジャーナリスト Business Journal



理研の情報公開制度を利用して取得した、若山博士が作成したSTAP細胞実験用のMTA


 1月に発売された小保方晴子氏(32)の告白本『あの日』(講談社)は、3月に入ってすぐ5刷りされ、販売26万部を超えるベストセラーとなっている。講談社担当者は「読者からは多数の共感と応援を頂いております」といい、これからも売れ行きは伸びるもよう。


 本書をめぐっては賛否両論が渦巻いているが、重要な点は本書の内容が本当なのかどうかという点であろう。そこで本稿では、小保方氏が所属していた理化学研究所が開示した書類等を参照しながら、時系列で検証してみたい。


 2014年3月10日、小保方氏の共同研究者であった若山照彦博士(山梨大学教授)が論文を撤回し、STAP細胞問題が表面化した。同年12月25日に公表された「研究論文に関する不正調査委員会」(委員長・桂勳氏)の「研究論文に関する調査報告」(http://www3.riken.jp/stap/j/c13document5.pdf)(P.13)では、STAP細胞の研究成果は「ES細胞の混入である可能性が高い」とされている。

 また、理研は15年3月20日に「運営・改革モニタリング委員会による評価について」(http://www3.riken.jp/stap/j/s9document30.pdf)のP.85で、STAP細胞論文は「ほぼ事実ではなかった」と宣言しており、STAP細胞はその存在を完全に否定されたかに見える。

 しかし、STAP細胞が発表された直後、若山氏は14年4月17日付「日経Bizアカデミー」記事『「その時マウスは緑色に光った!」若山教授が語った幻のSTAP細胞誕生秘話』内で、STAP細胞実験の成功秘話を克明に語っているのだ。これには多くの疑問の声が上がっている。さらに、アメリカの研究者グループがSTAP現象と同じ実験結果から多能性細胞をつくることに成功している。


 実はSTAP細胞論文への疑惑が取り沙汰された後に理研が行った再現実験で、STAP現象は確認されており、それは『あの日』(P.220)にも書かれている。



■契約がないまま成果物を持ち出し


 小保方氏は『あの日』(P.155)で若山氏がMTA(研究成果有体物移転契約書)を交わすことなく実験成果物を理研から山梨大学若山研究室に引っ越す時に持ち出し、窃盗で訴えると理研が訴えたところ、「慌てて書類を出してきた」と告発している。筆者もこの件について、昨年5月頃から複数の関係者、担当記者から聞いていた。ちなみにMTAとは、研究者が研究所を引っ越す時に研究成果物を持ち出す許可を交わす契約書で、研究成果物の引越リストのようなものだ。


 独立行政法人には活動を国民に説明する責務があるとした「情報公開法」がある。そこで筆者は理研の情報公開制度を利用して、若山博士が作成したSTAP細胞実験用のMTAを取得した。


 それによると、若山氏が理研と引越先の山梨大と交わした最初の契約書の日付は14年の4月1日になっていた。若山研究室が理研から山梨大学に引っ越したのは13年3月だから、引越から約1年ずれた日付になっていた。しかも若山氏が英ネイチャー誌に投稿したSTAP細胞論文撤回を共著者らに呼びかけたのは14年3月10日だ。STAP論文に画像の不正引用が発覚し「STAP細胞の存在が信じられなくなった」と呼びかけた後に、大量のSTAP幹細胞と対照実験に使ったES細胞、TS細胞の移転契約書に捺印しているのだから驚きだ。


 なぜ、MTAの日付が引越時期よりも1年もずれた論文撤回後の契約だったのか。それは、若山氏が契約を結ばずに勝手に持ち出していたからだということが「あの日」の告発で解った。


 さらに、このMTAは細胞の樹立日(作成日)に記載ミスがあり、再契約が交わされているので、正式にSTAP細胞実験の成果物の移転届けが終了したのは15年9月30日。本来ならば研究室の引越と同時にMTA契約を締結しなくてはならない。情報開示により、若山研の杜撰な研究成果物の管理実態が露呈した。


 そうであるならば、若山氏が山梨大へ移転させたSTAP細胞実験成果物とされる保管物が、理研から移動されたものと同一かどうか判定できない。なぜなら、つくった本人が持ち出し、理研に「これとこれを持って行きました」と事後契約していたからだ。理研の研究室で若山氏が作成したSTAP幹細胞と、山梨大へ移転させ第三者機関へ解析に出したSTAP幹細胞が同じものかどうかも、検証することはできない。


 小保方氏は再現実験でSTAPを再現できないので、小保方氏が「STAP細胞作成を200回成功した」と言ったのは嘘だったのではないか、との疑惑が広まった。しかし、『あの日』(P.218)で小保方氏は実にひどい環境下で実験させられていたことを告白している。まるで鉛の防衣のような重たいエプロンを着けさせられ、身動きができず実験するのに不自由したとある。さらに実験中には立会人が置かれ、監視カメラ3台も設置、釘穴までセメントで塞がれたという。


 理研がこうした対応をとった理由について14年7月2日、再現実験の統括責任者である相沢慎一理研特別顧問は「世の中には彼女が魔術を使って不正を持ち込むのではないかという危惧があるため」だと記者会見で語っている。


■一部、成功していた理研の再現実験


 小保方氏の再現実験では、STAP現象は確認された。それは14年12月19日に理研が発表した「STAP現象の検証結果」(http://www3.riken.jp/stap/j/r2document1.pdf)(P.2)の以下記述で確認できる。

「弱塩酸処理を行った場合では、その多くに STAP様細胞塊が形成されることが確認された」


 しかし、その出現数はごくわずかだと検証結果を報告している。わずかでも、確かに「STAP様細胞塊が形成」とある。STAP現象は確認されていたのだ。さらに連携して行われた丹羽仁史博士(熊本大学教授)の再現実験では、マウスの肝臓細胞の実験でATP浴という方法で刺激を与える実験をしており、これも多能性を持ったことを示す多能性遺伝子の発現が確認され、検証結果では49回のうち37回もSTAP様細胞塊の出現が確認されたとある。かなり高い確率だ(「同」<P.4>より)


 小保方氏は『あの日』(P.220)のなかで、再現実験によって「酸処理した細胞に未分化状態を示す多能性遺伝子の確認があった」と記しているが、丹羽氏が作成した「肝細胞由来のSTAP現象が確認された」という事実は、理研も検証結果で公表している。同報告書では「STAP現象」をこう定義している。


「マウスの新生児の各組織の細胞(分化細胞)を一定の条件でストレス処理すると、多能性を持つ未分化細胞にリプログラミング(初期化)されるという上記研究論文(STAP細胞論文)に記載された現象である」(P.1)


 つまり、STAP現象は再現実験で確認されていたのだ。


 しかし、理研の検証報告書では「自家蛍光と区別がつかない」など、上記の実験結果を否定する矛盾した言葉で締められている。「STAP様細胞塊」が出現し、自家蛍光とは違う遺伝子タンパクの発現が確認されたのであれば、「わずかでも成功、STAP細胞塊の出現を複数確認」と発表されてもいいはずだ。検証実験の主旨と小保方氏の実験環境を思えば、頻度よりもSTAP現象が確認できたことを重視するべきではないか。


 検証報告では、STAP様細胞塊でSTAP幹細胞、FI幹細胞をつくろうと試みたが失敗したとされている。また、STAP様細胞塊からはキメラマウスをつくる事はできなかった。つまり、『あの日』でも書かれているとおり、若山氏が行っていた実験パートは実態の影さえ見えない。


『あの日』に書かれている内容と理研の公式発表「STAP現象の検証結果」には齟齬がないし、筆者の取材結果とも合致する。STAP細胞問題は、早急に第三者機関による再調査が必要なのではないか。
(文=上田眞実/ジャーナリスト)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月01日 01:40:38 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[126]
>STAP現象、理研で再現されていたことが発覚…
>わずかでも、確かに「STAP様細胞塊が形成」とある。STAP現象は確認されていたのだ。
>つまり、STAP現象は再現実験で確認されていたのだ。

「STAP様細胞」塊=見た目はSTAP細胞に近い細胞の塊
「カレーみたいなウンコ」は、見た目はカレーに近くてもウンコなのでおいしくないし食べてはいけません。見た目だけでは確認とはいえません。臭いなどをちゃんとチェックしましょう。この「臭いなどをチェック」にあたるのが、テラトーマやキメラの実験です。それがちゃんと確認され無い限り、「STAP現象は確認されていた」とは言えません。理研の報告書では「カレーっぽいのが出来たけど、よく見たらやっぱりウンコだった」と言ってるだけです。上田眞実はそれを「カレーっぽいのが出来たんだからカレーだ」と言い張って、ウンコを食べさせようとしているホラッチョなんです。


2. 2016年4月01日 01:59:02 : 37v53HTJaY : u6IYLGo9QVM[24]
「カルタヘナ議定書」 違反の若山。逮捕される!

3. 2016年4月01日 08:31:16 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1422]
「STAP 様細胞塊より、さまざまな手法、条件でキメラ作製を検討したが、リプログラ
ミングを有意に示すキメラの作製を認めることが出来なかった。
○ 以上のとおり、今回 STAP 現象の確認に至らなかった」

とも書かれてますね。

小保方晴子氏
「厳しい監視の下で行われ、同じ作業を毎日繰り返すことしかできなかった」
http://mainichi.jp/articles/20160401/k00/00m/040/022000c

厳しい監視下だとSTAP現象は起きないのですかねぇ…
ずいぶん恥ずかしがり屋な自然現象だこと…


4. 2016年4月01日 10:09:35 : XZUOzQMYEI : EAl6RQj8BfA[5]
1と3のようなバカが春になると出てくるんだなぁ と、つくづく・・・

5. 2016年4月01日 10:54:29 : Qnbl0bZxc6 : EdkCtzCFpwU[1]
>>4
悔しかったら反論してみろ

出来ないなら、バカはお前の方だ


6. 2016年4月01日 11:16:27 : eUzcKwXT7c : l7dXvJX9OxY[1]
上田眞実って頭だいじょうび?

7. 2016年4月01日 12:54:58 : M8tFVlI4mA : F1LabCrOHhc[1]
研究の中心に居た教授が、反転論文撤回の中心となっていたこと。
しかも論文研究対象物を契約も確認も無しに転勤先に持ち出していたこと。

ここから想像される事は、教授がSTAPの有無判定に不可欠な存在であること。
既に教授は先端技術全体を自分の手中にしているだろう事。

さて今後公表されるかもしれない、STAP医療先端技術の特許申請に教授が
どのように係わっているかが小保方氏を含め関係者の興味が向くところだ。

小保方さん頑張れ!!!。


8. 2016年4月01日 17:32:29 : aoUUyw90Dl : 5IYuvOKNdMY[17]
こんな認識で間違いはあるでしょうか?
1)小保方さんの研究はSTAP現象の発見であった。これなら専門家の中では注目されても、一般人やメディアが大騒ぎするような業績ではなかった。

2)小保方さんは有力な専門誌に投稿しようとしたが、自身が発見した現象程度では受け入れられなかった。そこでキメラマウスの作成を若山教授と共同研究あるいは依頼して、自身の発見を一流雑誌に受け入れられる程度に向上させたいと考えた。

2)若山教授は、自身の技術でSTAP現象がES細胞やIPS細胞のような万能細胞に発展させれば、大きな業績として認められるだけでなく、特許を取っておけば巨万の富に結びつくと考えた。

4)STAP現象により作成した細胞からキメラマウスを作る取り込みを行ったが成功しなかった。

5)それでも将来の可能性を信じて特許を取っておこうと考え、ES細胞を混入させてキメラマウスを作成した。このゴマカシについて若山教授は「幹細胞の株化」と称して、若山教授51%、小保方さん39%、バカンティー教授と小島氏が各5%づつの特許配分を理研の特許部門に提案した。

6)ゴマカシがばれて大問題になると、マウスの遺伝子解析などを提案していかにも不正を究明しなければならないような態度をとり、ES細胞の混入がばれると、マウスは若山研究室由来のものでないとかいって小保方さんがすり替えたかのような主張をしたが、後に若山研究室由来のものであることが分かっている。

と騒動の主役は若山教授だったのではないでしょうか。

あとわからないのは、NHKの態度である。
若山教授には正邪は別として、このようなことを行う動機はある。
毎日新聞の須田桃子記者には記者としての「功名心」のような動機がある。

NHKの一連の報道にはどのような動機があったのかわからない。
追いかけてけがをさせ、トイレまで女性記者がつけまわし、NHKスペシャルは、およそ考えられない報道であった。

(1) 笹井氏との私信であるメールを放送した。
(2) いかにも中国人留学生が残したES細胞を使って捏造をおこなったかのような印象を受ける放送もあった。しかし、時期からあり得ない話であって、一般の視聴者は騙される印象操作だあるが、担当者は恐らく無関係なのはわかっていたはずである。




9. 2016年4月01日 18:17:42 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[128]
>>8
だいぶ間違いが多いですね。

1)STAP現象はiPSと同じような人工万能細胞を作ることなのだから、最初から一般人やメディアが大騒ぎするような業績。
2)「一般人やメディアが大騒ぎするような業績」を証明してもらうために理研や若山教授のブランド力を利用しようと考えた。
2)最初から「一般人やメディアが大騒ぎするような業績」なのだから、それを目論んだのは最初から関わっていた小保方とバカンティ。若山教授は罪を擦り付けられただけ。
4)
5)それを証明する根拠は小保方の供述だけ。
6)若山研由来のものではあったが、若山教授が渡したものではなかった。もし若山教授が犯人なら、若山教授が不正研究であることを声高に言い立てるはずもない。不正ではないと最後まで言い張っていた小保方が断然怪しい。


NHKの態度も功名心で普通に説明できる。
(1)仕事上の通信であって、私信ではない。
(2)よく考えればわかるが、小保方がSTAP実験をしている期間は論文執筆期間だけではない。よって、時期的に留学生ES細胞と論文の時期と違っていたとしても、両者は無関係ではない。



10. 2016年4月01日 20:50:22 : S9xVeVdjVQ : oF41ktbm10s[1]
それから誤解しているひとが多いと思うけど、STAP細胞の国際特許出願(公開公報WO2013/163296 A1”Generating pluripotent cells de novo”)によれば、特許請求の範囲(クレーム)請求項1には、
1. A method to generate a pluripotent cell, comprising subjecting a cell to a stress.(「細胞をストレスにさらすことを備える多能性細胞生成方法」)
と記載されているだけ。

国際特許出願をすると国際調査機関が先行技術を調査してサーチレポートを発行する。上記の公開公報の最後にはそのサーチレポートが添付されている。サーチレポートによれば、小保方博士の国際特許出願の請求項1は、別の日本人女性の先行技術により新規性がないとされている。

その日本人女性とは、東北大学の出澤真理教授である。彼女もまた、「Muse細胞」という多能性幹細胞の発見者として有名である(47NEWS『皮膚、骨髄に多能性幹細胞 「安全性高い」東北大』参照)。出澤真理教授の国際特許出願(公開公報WO2011/007900 A1「生体組織から単離できる多能性幹細胞」)

以上は「世に倦む日々」というブログサイトからの抜粋だが、わたしもじつは素人ながらこの分野でノーベル賞を貰うとすれば出澤真理教授だろうと思っている。小保方さんの発想はべつにそれほど新規なものではないというのが国際的な認識であることを、小保方教信徒のみなさんは知っておくといいのではないでしょうか。


11. 2016年4月02日 09:46:06 : MXEwDVyEvx : 977Y7kwUo0Y[1]
>>8 さん

>こんな認識で間違いはあるでしょうか?
>1)小保方さんの研究はSTAP現象の発見であった。これなら専門家の中では注目されても、一般人やメディアが大騒ぎするような業績ではなかった。

STAP現象と言う言葉がいろいろな意味で使われていますが、投稿文にある丹羽氏が再現した
と言う”STAP現象”であれば、>>10 さんが書いている通りMuse細胞と類似なので
大騒ぎするほどの事ではない、テラトーマが出来たから移植医療に繋がる(大騒ぎするような
業績)となった、小保方氏の著書では(この部分が業績の肝であることは認識しているらしく)
自らの関与が低い(不正が在れば若山氏の責任)という論旨で書かれている模様。

>>10 さん

>サーチレポートによれば、小保方博士の国際特許出願の請求項1は、別の日本人女性の先行技術により新規性がないとされている。

>小保方教信徒のみなさんは知っておくといいのではないでしょうか。

信徒には幾らこの事を指摘しても無駄です、都合の悪い”事実”は目に入らない様です
まあ、これが信者の信者たる所以なのですが・・


12. 2016年4月02日 09:56:19 : 5cZL1Mi8W6 : t9Tnc38DeAI[8]

1:(文=上田眞実/ジャーナリスト)
2:文責 上田眞実 木星通信
3: 『STAP HOPE PAGE』 有志の会 代表 上田 眞実

やけに良識あるジャーナリズムを展開してる方だなあと思ったら直接支援もしてるんですね。これは心強い。


13. 2016年4月02日 13:21:51 : CeQrzS0Okc : 3ZMinPKGMhE[3]
MTAに関しては、若山氏がこっそり異動したわけでもないのに放っておいた
理研もどうかしてるね
まあ、事後に結ばれた契約でも有効だから、本来持ち出すことのできない成果
物を若山氏が持ち出したという事実があれば提訴すれば良い、ただそれだけの
事なんだが、文責者の上田某は何が言いたいのだろう?

14. 2016年4月04日 04:51:53 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[155]
あのさあ。
小保方信者の人たちは
SF(空想科学小説)の世界でならいくらでも
語ってくれて結構だわ。

科学の世界で語るのはやめてほしいわ。
そして真面目な科学者を
自分たちの信仰の「犠牲の羊」にするのもやめてほしいわ。


15. 2016年4月04日 17:28:30 : wo1FNLaOyk : uVNViAAi@xU[337]
小保方さんを支持しています。ガンバつてください。

16. 2016年4月04日 20:28:55 : Xe3PryKPQk : l@UDtihyo9s[1]
上田眞実ってあのエセ、ジャーナリスト?

17. 2016年4月04日 20:32:33 : rShyXzIBCI : rirzNymQFUc[1]
まだ逆転の目があると思ってやってるんだろうか、三菱は。
こんなのは、あの実験ノートを公開した時点で詰んでるんだよ。
他も無理筋ばかり。
もしも実験成功していたんなら
笹井はなぜ自殺しなければならなかったのか?
そこが一番おかしい。そこをちゃんと調べろよ。
小保方なんていう発見も実験も提案もしていない
素人のことは、もうどうでもいいんだよ。

18. 2016年4月04日 20:44:52 : 5cZL1Mi8W6 : t9Tnc38DeAI[9]
人類の未来を左右する重要な情報を公開しようってのに、
オボカタさんに月額680円のレンタルサーバーを宛がうとか代表の上田はナメてんの?
全人類がこの光明を一目見ようと殺到するのは当然の事だろうに。
それを、サイバー攻撃ガー、とかバカか! 本当に腹立たしい。

19. 2016年4月05日 01:39:52 : 37v53HTJaY : u6IYLGo9QVM[28]
若山のトンデモ特許の数々!


8本も特許出しながら1本断られ、その他は未だに全て未査定。

8本併せて技術文献被引用数は僅かに 1 件
牽制数は誰も見向きもしない、なんと 0 件


どおりで特許もだしながら、それに対応するまともな論文が発表されない訳だ。

特許公開2006-223220「トランスジェニック非ヒト動物の作成方法」- 拒絶査定
特許公開2007-244271「ES細胞の分化能の改善方法」
特許公開2007-117081「核移植卵子の作製方法」
特許公開2008-263815「キレート剤を用いた卵子の活性化」
特許公開2009-005651「精子細胞の保存方法」
特許公開2009-159878「非ヒトES動物の新規作成方法」
特許公開2009-268423「動物組織からクローン動物ならびにntES細胞を作成するための新規方法」
特許公開2013-134491「顕微鏡および光透過ユニット」


20. 2016年4月05日 01:58:19 : AiChp2veWo : crH3ggO@jw4[240]
小保方さん頑張れ!!!。ずっと初めから応援しているぞ。祈っているぞ!。

21. 2016年4月05日 09:14:28 : yTn1nkBkCM : WGduunAtkKU[1]
小保方は米国なら推定30年の刑務所暮らしだろうね。
この国は不正に甘すぎる。

22. 2016年4月05日 13:49:27 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[158]
>>15とか
>>20なんて

もう論理もクソもない、単なる狂信なんですわ。
宗教の世界か
SFの世界で語ってくださいな。


23. 2016年4月06日 01:52:19 : uyoIzmiitk : CywR_AyKR8Q[2]
?上田眞実?
なるほど..「小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会」って、こういう構成員なわけね。
お隣、韓国のファン・ウソク事件を笑えないな...本当、日本人として恥ずかしい..

24. 2016年4月06日 07:51:23 : CmlfP9vlQg : auJyI2vkA9U[58]
>>22

否定派というのは根拠を示すことが少ない。
根拠を聞くと理研が言ってるからとか裁判所の判決が出たからとかいうのが多い。

そういうのは他人の意見に押し流されているだけで根拠とは言えないんだね。

子供のうちなら先生が言ってるよで良いんだろうけど、
大人なら根拠を示した方が良い。

科学論文は素人にはわからないくらいの謙虚さが欲しい。


25. 2016年4月06日 08:43:25 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[160]
>>24

「ある」
「在ると言ったらある」
「私は信じてます」

これが肯定派の意見。

論理的でないのは肯定派であるのは明らか。

>科学論文は素人にはわからないくらいの謙虚さが欲しい

わからないモノを根拠に「存在する」と信じ込んでいるのが肯定派。

言っておくが「否定派」というのはいない。
いるのは、私たちのような「懐疑派」だ。


26. 2016年4月06日 13:06:59 : 2ykYJxuKIY : QkVl8SRQwEs[3]
17) 自殺?真実は?

27. 2016年4月06日 22:42:19 : efYYgyF3F6 : SyCq5c0jNqs[133]
>>24
存否を争う場合、
根拠を示さなければいけないのはお前ら存在肯定派だけだ。
勘違いするなよ。

28. 気まぐれな風[966] i0OC3IKuguqCyJWX 2016年4月23日 17:32:06 : GuuyP6P8wQ : kMdHBLPl1Lo[1]

 あの…

 投稿文読んでる?

 理研の再現報告書で

  確認報告されてる。

存否が存と示されている。

 
 理研の報告書の妥当性を

 問題にしているの?

 意味不明な奴らだな。


  理研の報告書の妥当性を言うなら

  小保方ではなく理研に言え。


それとも

 この報告書の存否を

 問題にしているのか?

  


29. 気まぐれな風[967] i0OC3IKuguqCyJWX 2016年4月23日 17:43:48 : GuuyP6P8wQ : kMdHBLPl1Lo[2]

 存の『量』や『頻度』を?

 問題にしているのか?

それとも、小保方に『同意を示す』ことを

 問題にしているのか?

 


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 環境・自然・天文板6掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
環境・自然・天文板6掲示板  
次へ