★阿修羅♪ > 戦争b15 > 455.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
太平洋戦争の真実 大日本帝国海軍司令官はフリーメーソン!?真珠湾攻撃で燃料タンクを見逃した帝国海軍と仕組まれた太平洋戦争
http://www.asyura2.com/15/warb15/msg/455.html
投稿者 赤かぶ 日時 2015 年 4 月 19 日 19:05:05: igsppGRN/E9PQ
 

【太平洋戦争の真実】大日本帝国海軍司令官はフリーメーソン!?真珠湾攻撃で燃料タンクを見逃した帝国海軍と、仕組まれた太平洋戦争!
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-683.html
2015/04/19 Sun. 18:14:35 真実を探すブログ



太平洋戦争中に大日本帝国海軍の連合艦隊司令長官を務めた山本五十六は、世界的に有名な結社であるフリーメーソンに所属していた可能性が濃厚です。


国際政経学会員であった渡部悌治氏は、「山本五十六がフリーメーソン結社員であった」と指摘しており、自身の著書で「山本五十六が司令長官になった頃、ハーバード大学ルートの情報で、米国の海軍力は山本五十六が司令長官である間ならば、日本に撃って出ても勝算があり、悪く行っても五分五分で決着がつく。早々に戦端を開くべきだという海軍側の意向が伝えられて来た。しかもその理由の中に一項目、山本はフリーメーソンの結社員だからという条項が入っていた。」と述べています。


☆ 山本五十六はフリーメーソン、おかしな戦術でいっぱい
URL http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=259080
引用:
山本五十六はフリーメーソンだったという説が有力です。その根拠になる出来事を整理しました。
●空軍の独立に反対し、海軍配下とした。空軍の発展を遅らせることになった。航空機の戦略的位置づけ錯誤(米航空機により制空権を奪われた)。


●アメリカに知られていた暗号の変更を遅らせた。日本海軍は秘密保持のため「JN25暗号」を定期的に変更すべきところを怠ったのである。
海軍が使用していた暗号電報をアメリカ側に筒抜けにさせていたということ。


●山本五十六の忠実なる配下の指揮官は山本五十六によって固定され、失敗をしても追求させず、無能であった。しかし1年4カ月の海戦を戦った将官たちは、その極度な無能ぶりにもかかわらず、戦後さまざまな戦記作家によっていずれも名将、名参謀としてたたえられている。


● 海軍軍令部の強い反対を押しきって真珠湾攻撃を強行。広い範囲の戦争を想定することは日本には不利と言われてきた。またその攻撃を不徹底なものとした。
日米が開戦になった時は先ず真珠湾を奇襲し、アメリカの対独戦を合理化させると同時に、日本へのアメリカ国民の参戦気分を一気に高揚させるという計画を練り上げた。
また主力戦艦がハワイにいない日を攻撃した。空母レキシソトンはミッドウェーに飛行機を輸送中であり、エンタープライズはやはり飛行機を輸送しての帰路で不在、サラトガはアメリカ本土西海岸にいたために無事であった。真珠湾は浅いので、引き揚げて修理を行なうことができた。被害を受けた戦艦はいずれも1910〜1920年代に就役した旧式艦だった。
   
● 珊瑚海海戦で米海軍に手ごころを加える。米空母「ヨークタウン」を撃沈せず引き揚げた。「ヨークタウン」にとどめをさすことをせず、攻撃を中止して北上するのである。この「ヨーククウン」がハワイの海軍基地に帰り、わずか2日間で修理されて2カ月後に起こったミッドウェー海戦に参加、あの連合艦隊撃滅の立役者となるのである。


● ミッドウェー海戦で連合艦隊大敗北を画策。戦艦大和など有力艦を後方に配置し、結局使わずに沈んだ。山本長官はソロモン海戦でも「大和」「武蔵」などの大型戦艦を攻撃隊に加えることなく、戦力の小出し投入を行なった。このため戦艦「大和」はついに「大和ホテル」と呼ばれるありさまであった。ミッドウェー作戦には、無能であり、しくじることがわかっている南雲忠一中将や草鹿龍之助少将を最も重要な機動部隊に起用し、自らは後方400キロの北西海上で旗艦「大和」や戦艦「長門」「陸奥」などとともに主力部隊にとどまり、これまた高見の見物をしていたのである。
:引用終了


また、太平洋戦の発端となった真珠湾攻撃にも奇妙な事実が隠されていました。学校の教科書などには「真珠湾攻撃でアメリカ太平洋艦隊の戦艦を多数沈めたが、空母は取り逃がしてしまう」と書かれていますが、実は日本帝国海軍は空母以上に重要な標的を攻撃できるのに放置していたのです。
それは、ハワイにあったアメリカ太平洋艦隊最大の燃料タンクです。


当時のアメリカ軍はハワイに司令部と補給用の燃料一式を置いていました。そのため、ハワイに蓄積されている燃料タンクなどを破壊することが出来れば、アメリカ太平洋艦隊は史実以上に動けない状態になったのです。


その上、当時の会話記録でも、日本帝国海軍内部から「燃料タンクを攻撃するべき」というような意見があったことも判明しています。


それなのに、山本五十六司令官はアメリカ太平洋艦隊の戦艦だけを標的にした攻撃を実行したのです。空母は移動をしているから取り逃がしてしまうのも納得出来ますが、何で動かない燃料タンクに一発も爆弾を落とさないのでしょうか?


しかも、事前に指摘もあったわけで、極めて不可解です。


☆真珠湾攻撃写真
URL http://www.buzzfeed.com/gavon/16-iconic-photos-of-pearl-harbor






もちろん、敵空母が真珠湾内にいなかったことから日本側は「アメリカ空母に攻撃されるかもしれない」と焦って、早めに引き返したという事実もありますが、第一波攻撃の時点で燃料タンクに数発の爆弾を投下させておけば良かっただけなので、これだけでは納得はできません。


更に言えば、山本五十六は1919年5月から複数回に渡って、アメリカに勤務をしています。同期にはフリーメーソンに加入をしていたと言われている松平恒雄氏などの名前もあり、この時点で向こう側の勢力に取り込まれていた可能性が高いと推測されます。


また、山本五十六の先輩である米内光政氏が、フリーメーソンのメンバーであったという話もあるのです。太平洋戦争直前に日中戦争が行われていましたが、日本軍が中国の首都南京を占領した後、中国側と和平交渉をしていました。


この和平交渉は日本陸軍も和平案に合意していたのにも関わらず、米内光政氏らが猛反発したことで事実上の廃案になってしまったという経緯があったのです。


もしも、この時に日本と中国が和平を締結できていれば、その先の太平洋戦争を回避できたかもしれないのに・・・。


☆米内光政と山本五十六は愚将だった
URL http://www.abysshr.com/san/san_bk08.html
引用:
魂から搾り出した言葉があるとすれば本書がそれだと思う。拙者は本書を読んで、筆者の憤怒の声、慟哭の声を確かに聞いた気がした。  筆者に対して深く畏敬の念を感じ、拙者ごときがとやかくこの書に対して書くのは恐れ多いと思った。  だが、書かねば本書を紹介することはできぬ。拙者は多くの人にこの書を読んでいただきたいと思う。
 以下に本書を引用しつつ、拙者の感想を記す。


・引用始め
 かえりみれば、不条理の戦争に多くの国民が命をすてた。私と同世代の多くの人が、不条理の中 でも国をまもることに意義を見出して、死んで行った。あの戦いを侵略戦争と言ってのける人たち にいいたい。人は侵略戦争のために死ねるものではない。自らを犠牲にすることによって、自らを こえる大さなもの、それは人によっていろいろだろう。国土、国民、家族あるいは国の歴史、文化、 それとも国家の理想、そのいずれかのために、家をすて、知らぬ土地におもむき、そして死んだの だ。日本の戦争の実態が、自分の信じたものとちがっていても、理想の姿としての日本を信じ、理 想のために死んだ人たちの鎮魂を祈りたい。戦後日本でいろいろ説かれた史観とは別の、そういう 人たちの戦争があったことを訴えたい。
 稿を了えるにあたって、最初の命題「米内を斬れ」にかえらねばならない。軍人として政治家と しての米内の言動をとり上げ、論じて来たが、「斬れ」に値する要素は多い。その中でも最も問題 になるのは、天佑発言である。もし米内が阿南の面前で、これを口にしたとしたら、その場で阿南 が斬ったかもしれない。だが発言は密室の中であり、阿南が伝聞でこれを知ったという事実もない。
 米内にとって米軍より憎い陸軍が大打撃を受けたことは、痴呆のためとはいえ、天佑という言葉 が出るほど、うれしかったのだ。言葉には出なくても、廟堂密室での米内の一挙一動のうちに、そ れが出てしまっていたのだろう。痴呆がそれをおさえられなかった。理性において阿南が米内の和 平指向を理解し、ある程度尊敬の念を持っていたことは、角田房子氏の前掲書も論証するところで ある。だが米内を痴呆とは考えない阿南は、米内の天佑を本性と感じとり、「斬れ」と口にしたの ではないか。痴呆でなかったら、今の私でさえ、「斬れ」といいたいところだ。それほどの発言だ つたのである。
 三百万の国民を殺した不条理の戦争は、もっと早くやめるべきであった。痴呆と阿呆の廟堂密室 を上にいただいた国民の不幸、不運が、改めて思いかえされるのである。
・引用終わり


 戦後、米内光政は対米戦争に反対した平和主義者としてもてはやされた。しかしながら、戦史をつぶさに検証していくと、米内光政が日中戦争を拡大し停戦の機会を失わしめた張本人の一人であることが判る。中国においての泥沼が無ければ三国同盟があったとしても対米戦争を避けられた可能性は高い。筆者は米内光政を痴呆と断じているが、米内光政はどうしようもない愚者であったか、そうでないならば、あえて利敵行為を行う売国奴であったと拙者も思う。
:引用終了


フリーメーソンというのは世界をピラミッド型の権力構造に作り変えるのが目的のため、強い力を持っている独立国というのは単なる障害程度にしか考えていません。
フリーメーソンの理念と目的から見ても、米内光政氏が日中和平の妨害をしたことは何ら不思議では無いのです。


真珠湾攻撃の時点で日本の暗号は半分近くがアメリカにバレており、ルーズベルト大統領は事前に真珠湾攻撃を察知していたと言われています。


で、真珠湾攻撃の立案者は山本五十六氏です。


フリーメーソンの本拠地は欧米にあるわけで、これらの情報を総合してみてみると、日本が真珠湾攻撃という案を採用した時点で、ある種のシナリオが事前に完成していた可能性が高いと考えられます。


明治維新を引き起こした坂本龍馬などもフリーメーソンに所属していたわけで、長い視野で見るならば、明治維新で江戸幕府がひっくり返った時点で日本は遅かれ早かれ、太平洋戦争のような絶望的な戦いをするのは決まっていたと言えるでしょう。
*太平洋戦争直前のアメリカではアメリカ国民の8割が戦争に反対していました。なので、ルーズベルト大統領は戦争参加の為に日本を利用したと見ることも可能です。


☆太平洋戦争 壱 カラー


米内光政と山本五十六は愚将だった―「海軍善玉論」の虚妄を糺す


真珠湾 日本を騙した悪魔


なぜアメリカは、対日戦争を仕掛けたのか(祥伝社新書287)


龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン (祥伝社文庫)


大東亜戦争の正体 それはアメリカの侵略戦争だった (祥伝社黄金文庫)


写真と地図でよくわかる 太平洋戦争はこうして始まりこうして終わった (別冊宝島 2055)


近衛文麿の戦争責任


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
01. 2015年4月19日 19:31:45 : PHkuSka9vI
わざと的 外す茶番の 真珠湾

02. 2015年4月19日 19:47:59 : qdYvrhfecY
歴史は歴史として、今を生きる我々には今後どうなるかが重要ですよね。
いつまでも他人に好き放題いじられっぱなしでは将来は暗いですよ。

03. 2015年4月19日 20:12:47 : m6zE7ZZLgk
ほらな、こいつ真実を藪の中に放り込むだろw
これは、俺がよく言うアホウヨの情報操作系陰謀論でよく聞くはなしで
あれだ、オウムと北朝鮮の繋がりは強調するが
統一協会〜CIAラインは全く無視するブログでよく観られるものw

陸山会事件以降、ある程度の一般市民が陰謀というものに気づくまでは
「特に日本では」(←なぜだろうね。これを考えることは重要だと思う。普通陰謀というものはそれを誤魔化せる力のある奴らが企てるもので、逆はありえない。権力者、支配層に都合の良い陰謀論というものが存在するはずがない)こういう陰謀論が主流だった


04. 2015年4月20日 02:18:54 : ove5LMMebr
こんな所でどんなに頑張っても
オカルティックな陰謀論が世間一般に広く認められ、
子供達が歴史授業で教わるワケが無いのに…

本当にカルト脳共はしつこいな。


05. 2015年4月20日 05:50:37 : m6zE7ZZLgk
>>04
そういうことじゃないんだわ。世に陰謀ってものは山のようにある
これに関して言えば、アメリカは参戦したがっていたし、真珠湾も読んでいただろうよ

しかし、太平洋戦争が
トルーマンでもアイゼンハワー(まあこのときは将軍だし関係ない)でもダレス兄弟やその他有象無象でもなく
比較的リベラルなルーズベルトと、もともと戦力的に勝ち目などないと自覚し、右翼にも命を狙われてた五十六の責任てなw

じ ゃ あ 一 体 全 体 戦 争 責 任 は 何 処 の 誰 に あ る ん だ ?

そういういことを考えていくと、誰がこういう馬鹿な話を広めたがっているか自ずと答えは出る。簡単に分かることなんだよ

戦艦大和みたいな木偶の坊を前線に出せるか!w

大体な、もともと海軍も陸軍も無能とカルトの集まりだし、エニグマですら解読されるときはちょっとした切欠で簡単にされる

五十六の最大の汚点は、黒島亀人あたりを重用したことだが
こういうときに限って、それは出てこない

そういうことを考えていくと、誰がこういう馬鹿な話を(以下略


06. 2015年4月20日 12:31:18 : b5JdkWvGxs

山本五十六は昭和天皇の指示通りに動いただけだよ。

昭和天皇がルーズベルトとグルで八百長戦争やったんだ

日本軍は中国で共産ゲリラに対抗できなかったから、日本をアメリカに占領して守ってもらうしかなかったんだ

昭和天皇は共産革命を何よりも恐れていたからね


07. 2015年4月20日 12:53:59 : nJF6kGWndY

笑える

いずれにせよ、愚者が支配する国は滅びるのが現実だ


08. 2015年4月20日 14:02:05 : 43n9APMvqg
◎日本軍の中枢が米国派(ユダヤ・フリーメーソン)だった太平洋戦争◎
http://www.asyura2.com/2002/dispute3/msg/413.html

09. 2015年4月20日 16:59:48 : Mq8NKxh7PE
米・フィリピン合同軍事演習開始、過去15年で最大規模
2015年 04月 20日 16:16 JST

[マニラ 20日 ロイター] - 米国とフィリピンは20日、定例の共同軍事演習を開始した。今年の演習は過去15年で最大規模で、中国の南シナ海への進出をにらみ米国のアジア重視姿勢を示す狙いがあるとみられている。

米軍が「Pacific Pathways」と称するアジア太平洋全域における軍事演習の一環で、1000以上の米部隊が参加する。

南シナ海では中国による進出が急速に進んでおり、フィリピンは数日前にも米国に支援を求める方針を明らかにしている。

今年の演習には両国軍の1万1000以上の部隊が参加。10日間にわたりルソン島、パラワン島、パナイ島で繰り広げられ、米戦闘機による空爆演習や部隊の実弾演習も予定されている。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0NB0I820150420?feedType=RSS&feedName=topNews&utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+reuters%2FJPTopNews+%28News+%2F+JP+%2F+Top+News%29


10. 2015年4月20日 18:15:56 : qdYvrhfecY
>>06

それは誤解だろう。天皇が本当に共産党を恐れていたのなら、とっくの昔に共産党を非合法化していた。大陸での戦争だって日本軍は主に国民党の軍隊と戦っていた。逆に国民党と共産党の軍隊が日本軍の頭ごなしに砲撃し合っていたと日本兵の回想録に書いてあった。天皇は共産主義をアメリカ占領軍に対する切り札として使っていたに過ぎないのではないか。60年安保運動があれほど盛り上がったのも組織的な支援があったからだろう。それ以降はさっぱりだしね。

まぁそのおかげで日本は20年の高度成長をエンジョイできたのだ。


11. 2015年4月20日 18:56:21 : qdYvrhfecY
>>05

本当に軍用暗号が解読されていたのなら、それは最高機密だよね。アメリカがそう簡単にトップシークレットを小説に書かせたり映画で登場させたりすると思うかい。もし真実なら、未だに闇の中だろう。戦争に負けたくせにあまりアメリカ人を甘く見るんじゃない。だから反省が足りないと周辺国から文句を言われるのだw

ではアメリカはどうやって事前に日本軍の行動を知る事が出来たのか。一番合理的に考えてスパイ活動により情報を得たと見るべきだろう。したがってこの記事はバカな話などではない。フリーメーソンの息がかかっていたかどうかはともかく、日本はスパイ活動によって戦争に負けた可能性は小さくない。

ならばアメリカはどうやってスパイ活動を行っているのか。これは産業革命まで掘り下げないと分からないと思う。そもそも産業革命とはなんなのか。画期的な新しい発明があったのか。

俺が思うに産業革命とは人間の組織化であり、新しい発明などではない。従来の組織と違うところは地縁や血縁に関係なく人力を利用できるように組織を定型化した事にある。産業革命で行われている事は全て従来の知的資産の定型化であり、新し物を生み出しているわけではない。しかし定型化によりそれまでと違って過去の資産は将来へと受け継がれる。

文明開化以来の日本も西洋式の組織を真似ている。その結果組織で重要なポジションにいる人物が何の防護措置も取られないまま外国人と接触する羽目になる。例えば山本五十六がアメリカでどういう人物と接触したのか。本来ならばこのような重要なポジションにいる人物と接触した相手は漏らさず徹底的に調べ上げなければならない。ところが日本政府が分かっている情報は、ただ「アメリカ人」だけである。

山本本人にスパイの意識があったとは思えない。何と言っても連合艦隊の長官まで勤め上げた人物であるのだから。しかし敵味方の認識に著しく問題があった可能性は否定できない。つまり、漏らしてはならない情報を危険な人物に流していた可能性がある。もっとも山本がニューギニアで暗殺されてしまったので真相は闇の中であるが。なぜたった一人の日本人を暗殺するのに高価なP-38を16機も派遣しなければならないのか、ぜひアメリカ人から納得のいく説明を聞きたいものだ。


12. 2015年4月20日 19:42:13 : lXGrF7OLvM
みんな太平洋戦争の真実を知りすぎてる奴らばっかだな。

あの戦争はな、見たことはないけど、ハワイ奇襲作戦で史実より更に倍以上の甚大な被害を与えていたなら、原爆は二発で済まなかっただろうよ。原爆開発の成功の話は天皇の耳にも入っていただろうが、南方が陥落と玉砕を繰り返す戦争末期の頃は、帝国のエンペラーさえ何発原爆を使用されるか分からなかっただろう。二発で勘弁してくなんて言葉は、当時の日本人では誰も口に出して言えなかったんだからな。

あの戦争は、戦争経験者や多くの元軍人が様々な経験談の中で間違った戦争だったと証言してる。

米国は、


13. 2015年4月20日 19:46:00 : lXGrF7OLvM
>>12.

米国は、削除


14. 2015年4月20日 19:47:15 : b5JdkWvGxs
>>10
>それは誤解だろう。天皇が本当に共産党を恐れていたのなら、とっくの昔に共産党を非合法化していた。

梨本宮伊都子妃の日記

梨本宮伊都子妃の日記が死後発表された。梨本宮伊都子妃は昭和51年まで生き、死後、この日記は発表された。よく発表したもんだと思う。プライベートに書き綴ったものを遺族が発表したのだ。ここまで書いていたら普通なら発表しない。あるいは、この部分は省略するか、あるいは発表する前に破り捨ててしまうか。それをしなかったのは大変な勇気だと思う。


伊都子妃が、「日本ももうだめだ」と考えたのが昭和33年11月27日だ。その4ヶ月前、その皇太子さまも、絶望的な気持ちになっていた。「おことば」はこうだ。

 『昭和33年7月14日。
 きみ、きっと、これが僕の運命だね。
 明仁皇太子』

 どんな運命かというと、「暗殺される運命」だ。島田の「解説」には、こうある。

 『この日、イラク国王ファイサル二世は、軍部のクーデターと民衆の蜂起により暗殺された。ご学友の橋本明氏がたまたま御所に招かれていて、一緒にお茶を飲んでいると、侍従から報告があったという。

 「皇太子はその瞬間、蒼白になり、手にしていた紅茶が入った茶碗を膝の上に落として、数秒だったが、口をおききになれなかった」が、自分を取り戻してこう発言されたそうだ。まだ美智子妃の実家、正田家が婚約を固辞していた頃だ。二十二才で暗殺された国王の不幸を他人事とは思えなかったのだろう』


(3)「浩宮の代で最後になるのだろうか」と悲しいおことばを

 昭和33年というのは、1958年だ。60年安保闘争の直前だ。左翼の力が強かった時だ。「天皇制打倒!」を叫ぶ人々も多くいた。そうした日本の風潮も知っていたのだ。そこにイラク国王の暗殺の報だ。

 しかし、ご学友が遊びに来てる時にわざわざ、こんな事を報告するなんて、侍従もおかしい。島田はさらにこう続けている。

 『のちに、戦後初の国賓として来日し、鴨猟で接待したエチオピア皇帝ハイレ・セラシェも亡くなり、イランのホメイニ革命によりパーレビ王朝も打倒され、アジアからは続々、王制が消えてゆく。

 長男浩宮が生まれると、明仁皇太子は学友たちに「浩宮の代で最後になるのだろうか」といったという』
http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Gaien/2207/2005/shuchou0822.html


15. 2015年4月20日 20:04:45 : FJCiHoPipY

山本五十六はロスチャイルドの都合で日米開戦を選択しただけだよ

日本人は章というものに無頓着すぎる

ハーバード大学の校章を見れば、ハーバード卒業生が赤い盾の閥だとよく分かる

同様の理由で、ジョセフ=ナイがJPハンドラーと言われるメンバーの中で

最もCFR寄りの人物であることも説明することができる


16. 2015年4月20日 20:09:04 : DhTYg6N6B1
>>11

アメリカが事前に真珠湾攻撃を察知していたことは、東京裁判の尋問で、アメリカの弁護士が指摘して明かになっていたと思うけど.
当時、日本はアメリカの暗号を解読して情報を得ていて、その情報から日本の暗号も解読されているのが分っていた、と言われています.

西部劇のお尋ね者の張り紙、ご存じでしょうか.山本五十六を縛り首にしろと言う、張り紙、手配書が出回っていました.


17. 2015年4月20日 20:10:19 : w3M1BHSquE
そもそも、フリーメーソンがなんたらって言ってる時点でそれは くだらぬオカルト陰謀論に過ぎない

山本五十六がアメリカのスパイだったというのは ウヨ連中の都合よい陰謀論の利用に過ぎない
タモガミが都合よくコミンテルン陰謀論を利用して、軍国主義体制を擁護してるのと同じで
戦争責任と原因を 山本五十六一人に押し付けて 東條英機以下 無能な開戦強硬派に対する批判を
誤魔化そうとしているだけである

もちろん、山本五十六にだって大いに責任は有る しかし、最後までアメリカとの戦争に反対していた事実には
決して触れないご都合主義は オカルトマニアとネトウヨのコラボならではでしょう

そもそも、アメリカのスパイであるなら 対米戦争に強硬に反対する事が まったく辻褄が合わない事

そして 真珠湾攻撃だって、危険極まりない冬の北太平洋を進撃させる事も有り得ない

完全なる 妄想カルト の戯言です。


18. 2015年4月20日 20:18:25 : lXGrF7OLvM
日本にてゆうか、大日本帝國つか、日本の軍部に金を貸した側からすれば、債権回収は戦勝国に債権の申し立てするより他に方法がなかったんだろ。

軍部は戦争で勝って払いますという魂胆しかなかったんだし、世界には必ずしも欧米よりの金持ちばっかいた訳じゃなかったんだし。

日本の軍部は国家を滅亡させるほどアホな戦争詐欺を犯した。
日本の逆賊に借金を返済する知恵などなかった。
多額の賠償金を戦勝国に支払うときでさえ、旧軍人の生き残りは威張り腐って着の身着のまま生き残った国民から税金や受信料を搾取してきたのが戦後史の正体なんだろ。

いくらなんでも今時の日本人はそこまで馬鹿と違うだろ。


19. 2015年4月20日 20:42:15 : qdYvrhfecY
>>16

それにしてもP-38を16機も暗殺のために派遣するのは経済的にも道理に合わない。当時はミッドウェイ海戦直後で2倍の航空兵力で侵攻した日本軍が米軍の待ち伏せで全滅していた。このような大失態を演じた司令官を、なぜそれほどまでして殺したかったのか。まっとうな理由がない。アメリカ人は合理性のない事はやらないのである。

>>17

対米戦争に反対していたからと言って、スパイ行為を行っていなかった証拠にはならない。

山本は最初の1〜2年は暴れて見せると言っていた。つまり暗に1〜2年で戦争に外交的な決着をつけろと陸軍や政府に要求していた。念頭にあったのは恐らく日露戦争式の解決であったのだろう。つまり、海戦を行って米軍に打撃を与え、和平会談のテーブルに引きずり出そうというのであった。ここで問題となるのがアメリカ側が局地戦を戦う決意なのか国家総力戦を戦う決意なのか山本がどうして局地戦だと思い込んでいたのだろうか。もしアメリカ側が日本軍上層部の日露戦争式解決願望につけ込んで山本にアメリカのウソの意思を伝えていたとしたら、これがどういう結果をもたらすのかはみなさんのご存知のとおりであろう。


20. 2015年4月20日 21:08:25 : lXGrF7OLvM
最初から連合国側は強気すぎる日本の台頭も言うことにも屈服するのは何よりの屈辱と苦々しく思ってたんだろ。

今でいうなら北朝鮮のような姿が当時の日本だ。

国家的大義などと国粋主義的になったところで、所詮は逆賊がつくった帝政軍国主義だ。

戦争映画を見ただけで分かると思うけど、大日本帝国に覇気がないに等しく言葉に言い尽くせない負い目のようなものがあった。

それだって日米合作のような性質があるのは、日米両国の戦争で生き残った人々が体験談を語り合った成果なんだろ。

やっちまったことはしょうがないから、せめて今度は犠牲者を一人も出さないやり方
について、我々は考えるべきだろ。
武器なんか撃ちたくなって終いに自分さえ守れなくなったりするんだよな。
撃たれて死んだらどうすんだ?

我々は世界の人々と共に考えるべきだろ。
戦争経験者は大先輩であり、本当の意味で国の宝なんだよ。
恩給を支給してるのは、だてに旧軍人の子供や孫に何か買い与えるためじゃないんだぜ。

せめて杯の一杯でも頂戴して、戦争しない方法でも聞きたいもんだ。


21. 2015年4月20日 23:34:40 : rkRncB7vaA
山本と言う人物が日本の焦土を望んでいたかと言う事につきる、
つまり日本を憎んでいたかどうかなのである。
例えアメリカと内通していたとしてももし日本の本土爆撃や
原爆投下をやるアメリカを予見していたらとてもじゃないがアメリカに協力は
しなかったであろう、色々な書物から見る人物像からしても
とてもそれらの行為に対して妥協して内通する人物とは思えないのである。

ではどうしてハワイを狙ったか、これは表上では太平洋艦隊の基地を叩き
アメリカの太平洋での海軍行動の抑制となるがその裏にはアメリカの参戦問題が
絡んでいる様に思えてしかたがない、ドイツの侵攻に堪り兼ねた状況から
アメリカの参戦を渇望していたのはイギリスなのである、それでの要請だと
思うが日本がアメリカの基地を叩けばアメリカ国民が参戦に対して許可を
下すからに他ならない、
勿論ルーズベルトが公約したアメリカ国民を戦争に出さない公約も反故に出来る、
そこで何とかしてアメリカは日本からアメリカに対しての攻撃を望んでいた、
そこで活用されたのが山本なのではあるまいか、勿論この様な工作は
多数用意されたのであろうが、その中の山本メニューの中での事である、
そして彼らは有る条件を提示した、勿論これは憶測ではあるが、
もし日本がアメリカに戦争を仕掛けてくれたら我々は日本に対して経済封鎖を
解き日本のアジアにおける統治権を受諾しよう、我々の目的は
ヨーロッパにおけるドイツの脅威でありアメリカの参戦はどうしても必要
なのだからその為には太平洋でひと暴れしていただいてその後で講和の
手続きを用意しよう、と。

ただその密約の裏には裏切りが有った、ドイツとの同盟なのである、
山本はドイツとの同盟を強固に反対していたのはご存知であろう、
実際真珠湾には空母が居なかったし何よりも宣戦布告が爆撃の後だったのも
工作の為と考えられる、要するに山本は嵌められたのである。

付録

山本五十六の真実M 『山本五十六は生きていた』 再検証

http://www.asyura2.com/12/cult9/msg/457.html


22. 2015年4月20日 23:53:29 : AiChp2veWo
山本五十六の真実M 『山本五十六は生きていた』 再検証,■[私はこちらの説に賛同です]。■巣鴨で処刑された軍人は生きている、とも考えている。■西郷はロシアに亡命、とも考えている。慶喜も偽官軍も水面下で通じていたと考えている。■自由主義陣営とソ連、ロシアは通じていると考えている。これらの検証、勉強中である。

23. 2015年4月21日 01:32:41 : lXGrF7OLvM
そりゃ好きな軍記物を読んでりゃ、同国民として当時の軍人さえ同情したくなるのは当然だろ。

日本は大陸進出が国際批判を浴びるようになり、相手の大国は世界に援護と反撃を要請していた。
欧米列強による経済封鎖の締め付けが強化され、劣勢に立たされて国内では閉塞感が充満し、何とかして一矢を報いたいの一念しかなかったと容易に推察できる。
軍事独裁国家の軍人の考えることは戦争することと戦争に勝って支配することしかない。
それほど日本の軍国主義は今までの世界との交流を次第に失って相入れることもなくない、警戒しかされなくたって行ったんだろ。

今の時代に戦争史を偲び、現代人の一般感覚に都合よく解釈したがる気持ちは人情だから仕方がないとしても、日本が罠にはまって開戦に至ったとするのは無理がある。今の感覚で考えたって、列強は日本が何かやらかしたら集団的自衛権を行使することを考えていたのだから、日本に屈っせず有事には日本を叩くと決めていたのは間違いないとしても、それは罠でも何でもないことだ。

当時の日本の状況は今の北朝鮮と同じように世界中から核ミサイルの開発を放棄しろと迫られた状況と全く同じで、大陸から撤退せよとYes or No を迫られ列強のごとく圧力をかけられていたのである。

国際的に閉塞感が充満していく中で何か良い名案はないかと海軍に威張るしか脳がなかったのだから、戦争にうつつをぬかす軍部が窮鼠猫を噛むに打って出た瞬間に連合国の集団的自衛権が発動したに過ぎないとするのが客観的な見方だろう。

戦争とはかういうものではないが、日本の軍備はその近代化や規模において欧米の技術の供与なくして装備はなかったもので、必ずしも日本と世界の関係は半ば良好な関係にあったはずだが、前近代的な民主主義国家であった欧米諸国と行き過ぎた軍国主義のイメージが強くて上部だけ文明開化の日本とでは、友好関係を維持する努力と能力に差異があったことは否めないはずだ。

あの戦争は起こるべくして起こったなどと言ったところで意味がない。
ましてや自存自衛の戦争とかアジア解放戦争なども当たらない。
今なら何とでも思う通り好きに言えるからだ。

大量殺戮に生き残って従う者だけを支配して天下を納めてきたのが日本の逆賊の正体だ。
大政奉還や王政復古ですら逆賊による自作自演ということなんだろう。

日本は戦争に負けたからこそ、今のような自由と発展を欧米に遅れながらも経験できている。


24. 2015年4月21日 03:29:34 : w3M1BHSquE
>>19
もちろん、戦争に反対したそれだけで スパイではないという証拠にはならないが

しかし、スパイならば何故 貴方の言う 「経済的にも道理に合わない」 マネまでして暗殺する必要が
有るのでしょうか? 言っている事が前半と後半で 辻褄が合いませんが

完全に勝利が見えた マリアナ沖海戦以降ならば、「もうスパイに用は無い」 と言う事になるでしょうが
山本暗殺当時は まだまだ日米の戦力は拮抗しており、大事なスパイをわざわざ殺すだけのために
経済的に道理の合わない作戦を それこそする訳が無いでしょう

もちろん、山本五十六にだって 大いに責任は有ります 「半年や一年は大いに暴れてみせましょう」
という この有名なフレーズは、当の山本本人は 戦争回避を訴えるために言った言葉だけれども
この言葉が一人歩きをして、返って楽観視するための材料にされた事は言うまでも有りません

アメリカが スパイを放っていた事は間違いは無いと思いますが
それを疑うならば他にもっと疑われる人物は大勢いるじゃないですか

例えば、日米開戦を強硬に主張した強硬派で 開戦直後は 采配した作戦がことごとく的中し
「神がかり重徳」 などと異名を取っておきながら、戦争後半は全く作戦が空回りし
戦後は行方不明となった、神 重徳 あたりとか

自作自演の柳条湖事件を企画実行し、日米の戦争の主原因となった満州事変を起こし
その割には戦後 なぜか戦犯として裁かれなかった 石原莞爾 とか

どう考えたって、日米開戦に反対し続け 右翼から暗殺される危機にあった山本五十六がスパイと言うなら
軍上層部の殆どの人間がスパイだったかもしれませんよ

それと、23さんの言う事は まったくその通りです。


25. 2015年4月21日 16:03:53 : KIo730XA5Q
真珠湾を攻撃する必然性はないわけで
日本はアメリカの情勢を知る努力をしていたのだろうかと疑ってしまう。

もちろん一番怪しいのは山本五十六で

それに先立って明治以降かなりの留学生がスパイにされたのではないだろうか?

疑わしい軍人、政治家は大勢いる。
山本五十六を持ち上げた阿川博之なども疑ったほうが良いのだろう。


26. 2015年4月21日 16:31:06 : w3M1BHSquE
要するに、張作霖爆殺事件 柳条湖事件から満州事変 それを世間の目から逸らす目的の第一次上海事変
さらに、ナチスドイツに敗北したフランスから火事場泥棒のような仏印進駐など
軍部の暴走による数々の謀略と暴虐が 太平洋戦争の主原因となった事実を覆い隠したいネトウヨ連中が
あの戦争の原因や責任を 山本五十六 一人に押し付けたいがために オカルト陰謀論に飛び付いただけです

「フリーメーソンが」 なんて言い出す事自体、UFOだの宇宙人だの超能力だのって類と どっこいどっこい

23さんの言う通り、戦争の原因の大部分は 日本の強引な大陸進出への国際批判
そしてそれをマスコミのせいで 謙虚に受け止める事が出来なかった日本国民との齟齬が大きく
軍部や体制の自業自得という部分が かなりを占めるのが一般的な国際認識です

それを フリーメーソンだのコミンテルンだのって 責任を外部に押し付けたいウヨ連中が
本当は内心 鼻でせせら笑っている オカルト陰謀論を、都合よく利用しているだけでしょう。


27. 2015年4月21日 18:25:48 : qdYvrhfecY
>>23

あんたの言う自由と発展とはエロ本を読んでジャンクフードを食わされる事かw国内に外国の軍隊が駐留していて自由とほざける神経が分からんね。

あんたの目を覚ますために一つだけ数字を挙げるよ。戦前海外で暮らしていた日本人は約600万人。戦後70年過ぎて人口が3000万増えグローバル化の現在外国で暮らしている日本人は約100万人。しかも100万人の内ほとんどが外国人と結婚した日本人妻である。つまり日本人家族が外国で暮らしている数はほぼゼロパーセントだ。
つまり外国で好きなように暮らす自由は完全にないわけだねw

それから発展だが、少なくとも俺の家族はアメリカお気に入りの侵略者に故郷を追われて社会最底辺の難民になってしまった。戦争に負けさえしなければ俺の家族だって財産や社会地位を奪われたり早死にしなかっただろうし俺だって家族や友人に囲まれて幸せな人生を送っていたであろう。そりゃ新しい支配者のケツを舐めなかったオヤジが悪いと言ってしまえばそれまでだが、世の中あんたのように要領良くそういうマネが出来る人間ばかりではないのである。国内では日本人に化け、アメリカ人の前では朝鮮人に化ける度胸は大したものだとは思うがw

>>26

真珠湾攻撃さえなければアメリカとは戦争になっていない。日本の強引な大陸進出への国際批判で連合国と戦争になったわけではない。口では戦争反対と言いながら真珠湾もミッドウェイも山本の立案した作戦である。そしてミッドウェイでは2倍の兵力で相手を攻撃して味方が全滅するなどという、軍事的にありえない大失敗を犯す。山本だけに責任があるわけではないが、山本を中心とする海軍に多大な責任があった事は否めないだろう。あんたが責任追及をうやむやにして年金や恩給をもらい続けたい気持ちは分からんでもないが、それでは今後の世代が困るのだ。



28. 2015年4月21日 19:32:46 : w3M1BHSquE
>>27
しつこいようだが、山本五十六にだって大いに責任は有る そこは一度も否定などしていないのだが
フリーメーソンのスパイだとか妄想的な陰謀論を否定するだけで、海軍の責任は否定はしていない

それに、戦争を負けにした責任と 戦争を始めた責任は また別である

戦争を負けにした責任と 勝ち目の無くなった戦争を いつまでも続けた責任は
海軍の責任は重大である事は確かではあるが
(海軍善玉論なんて嘘っぱちである事もその通り)

しかし、戦争を始めた責任は、陸軍の暴走とそれに結託した新聞マスコミの責任が
極めて大きい事だけは 何人たりとも否定できるものでは無いですぞ。


29. 2015年4月21日 22:22:16 : 9srfWbrsvU
陰謀論はしょせん信じるに足りない。根拠もない。

アメリカにとって真珠湾攻撃の被害はかなり大きかったが、それより戦争参加に反対していた多くのアメリカ人を激高させ世論が一気に開戦に傾いたことはそれ以上の効果があった。何とか開戦したかったルーズベルトもチャーチルも小躍りして喜んだはず。これに比べれば戦艦を失った損害などとるに足りない。

その後の戦争の進展はご存知のとおり。ミッドウェイの敗戦など巷でごちゃごちゃ言われている戦術ミスでも索敵ミスでもない。
旧日本軍は信じられない阿呆ぞろいで自分たちの作戦は相手は全く知らないという前提で作戦をたてたこと。アホーの極みだった。
真珠湾で基地の修理施設も燃料タンクも攻撃しなかったのもこのアホーのせいだろう。

冗談ではない。マリワナ海戦でもレイテ海戦でもアホみたいな作戦ミスを犯している。終戦ならぬ敗戦直前、ソ連に講和の仲介を求めようとしたこともそうだ。ポツダム宣言のときそのポツダムはどこの国の占領下にあるかも知らなかったのか。
ソ連の満州攻撃も読めなかった。原爆を落とされてもまだ一億玉砕を呼号するほど阿呆ぞろいの国だった。

日本は今も変わらない。信じられないアホーの安倍晋三を首相にしていることでわかる。


30. 2015年4月21日 23:52:34 : lXGrF7OLvM
 ここ10年間、日本は何かと異様な感じがしたからな。大災害あり原発事故ありの政権交代もありで、何事も賛成と反対が付いて回る問題だらけだったし。とてもじゃないけど誰でも仕事や生活だけしてりゃ毎日が普通に平穏という訳じゃなかった。

どの政権も口先だけの嘘つきになってしまってる物故者に対する国立の追悼施設の建設が宙に浮いて頓挫したままだ。情けない話だけじゃなく、自公も民主も公約違反に匹敵すると思うんだな。報道に流れることだけしか政治活動やってなかったようなもんだろ。靖国拝んで集団的安保や自衛隊観閲式ばかりやってりりゃ満足なんだろか政治家っちゅうもんは。

戦争の話は犠牲が大きかっただけに、話す前に先ず世界中の人間が国の違いを超えて最初に追悼するのがいいと思うんだな。それから話すほうが聞く方も何となく言ってることが分かりやすくなると思うんだな。どこの国の人間も、我が子がイジメにあった場合、虐めた側の人間をどうしても許せないだろ。戦争なら殺されたんだからな。国際的な約束事として最初に物故者に対する追悼を尊重する日本を取りもろして積極的平和主義にやればいいのにやらねえし。


31. 2015年4月22日 09:38:07 : b5JdkWvGxs

昭和天皇も吉田茂も山本五十六も全員ルーズベルトとグルだったのは有名な話だよ:

日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」

太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941.9.6の「帝国国策遂行要領」に関する所謂「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」とは吉田茂。
元自民党総裁選=麻生太郎の祖父。

また吉田茂元首相の再軍備問題のブレーンだった辰巳栄一元陸軍中将(1895〜1988年)も、米中央情報局(CIA)に「POLESTAR―5」のコードネーム(暗号名)で呼ばれていた。

「吉田は1878年(明治11年)、土佐自由党草分けの一人、竹内綱の五男として東京に生まれた。幼児に横浜の富裕な貿易商、吉田健三の養子となり、東京帝国大学政治科を卒業後、外務省に入省した。大久保利通の次男、牧野伸顕伯爵の長女、雪子と結婚。天津総領事、奉天総領事、イタリア大使、イギリス大使を歴任した。


吉田茂は取り巻く人間を通して、ロスチャイルドの影響を受けていた。

吉田茂の養父である吉田 健三。
吉田 健三(吉田茂の養父)は帰国後、横浜に移って英国商社・ジャーディン・マセソン商会横浜支店長に就任。日本政府を相手に軍艦や武器、生糸の売買でめざましい業績をあげる。
ジャーディン・マセソン商会はロスチャイルド系であり、設立当初の主な業務は、アヘンの密輸と茶のイギリスへの輸出。
富豪であった健三の急死後、わずか11歳の吉田茂に50万円(現在の六十億円に相当)もの莫大な遺産が残される。

そして吉田茂の妻となった牧野雪子。
牧野雪子はアリスを通じてモルガン=ロスチャイルドの洗脳教育を受けた。
在日大使ジョゼフの妻アリス・ペリー・グルーは、名前の示す通り「黒船ペリー」の末裔として日本・東京で育ち・教育を受けていた。アリスの「幼馴染」であり、華族女学院=学習院女子部時代から、常に、アリスと共に3人で行動し、アリスから世界経済・政治について「レクチャー」を受け、侵略者ペリーと、ロスチャイルド=モルガンの「情報操作教育=洗脳教育」を受けていたのが、クリスチャン・鍋島信子、と九条節子であった。九条節子は昭和天皇・裕仁の母であり、アリスの親友・鍋島信子の娘は秩父宮妃である。

このアリスの母の旧姓はキャボット。黒人奴隷売買と、麻薬売買で富を築いたキャボット一族である。

吉田茂は妻となった牧野雪子により、天皇ともつながりを持つようになる。
吉田茂ー牧野雪子ーキャボット=アリスー九条節子(昭和天皇・裕仁の母)=天皇

吉田もモルガン=ロスチャイルドに寵愛され、出世街道を上昇して行く。雪子は麻生太郎首相の祖母である。


麻生の正体                                                             
 太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941.9.6の「帝国国策遂行要領」に関する所謂「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」こと吉田茂は、今の自民党総裁選の本命=麻生太郎の祖父だった(鬼塚英昭「天皇のロザリオ」上p403、成甲書房)。
 その功績で、トルーマン米大統領と占領軍最高司令官Dマッカーサーの決定で、吉田茂が戦後最長の長期政権の首相になった。
 麻生一族は、明治期に天皇が50万人の日本女性を拉致・連行して欧州へ女郎として売り払った時の石炭会社と石炭船運行会社のオウナーだった。それで儲けた麻生の会社は資本蓄積して発展した(「オルタナティブ通信)。

http://www.asyura2.com/09/reki02/msg/456.html


昭和20年8月15日には、実は広島にあった陸軍の半分を指揮する第二総軍司令部は、8月6日の原爆で既に壊滅していた。だからクーデターは起こせない状況にあった。天皇一派は、陸軍による戦争継続を求めるクーデターを一番警戒していた。そのために終戦決定に当たっては、陸軍の叛乱が絶対に起きないように手を打っておかねばならなかった。  広島にあった陸軍の第二総軍司令部が原爆で壊滅したのは、偶然ではなかったのだ。

 天皇一族は、なんと昭和20年6月の時点で(!)ヨハンセングループを通じて、原爆投下の情報を実質的米国権力者のスティムソン陸軍長官からの指令で受け取っていた。ヨハンセングループとは、米国機密文書に出てくる秘密名の日本側組織であり、参加者は、牧野伸顕・吉田茂・樺山愛輔・岡田啓介・米内光政たちであった。このグループは、当然ながら戦犯に指定されていない。

 スティムソン陸軍長官からグルー駐日米大使、さらにヨハンセングループへとルートがあり、そのルートを通じて天皇一派は戦時中も米英勢力と繋がっていたのである。
昭和天皇は20年6月にスティムソン側から、原爆投下の場所と日時を決めるよう要請を受けた。そして広島に、8月6日午前8時頃と回答したのは、天皇一派であったのだ。その仲介をしたのがヨハンセングループであった。

つまり天皇は敗戦によって自分の生命と財産が保全されることが連合軍に保障されたので、ポツダム宣言受諾という形で敗戦を決めたが、それを陸軍に邪魔されたくなかったので、米軍に頼んで広島の陸軍司令部を叩き潰してもらったのであり、広島市民40万人はその犠牲にされたのである。

 当時の陸軍大臣阿南惟幾は8月15日未明に割腹自殺を遂げているが、その直前に部下に「米内(海相)を斬れ!」と言い残している。阿南陸相は一連の原爆攻撃から終戦工作の経緯を知っていたのかもしれない。

 ヨハンセングループの連中は、戦後、口を揃えて、原爆投下は終戦のための「天啓」だったなどとヌケヌケと発言したのであった。 それにしても、天皇やヨハンセングループが原爆投下の場所・日時を指定していたことは、ソ連参戦をも承知していたのであろう。ソ連軍が満州に侵攻する準備が整うまで、戦争を引き延ばしていたとも取れる。
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/6670188e626bc9a6e9269a37b1c57f5e


32. 2015年4月22日 12:21:44 : lXGrF7OLvM
>>27. 2015年4月21日 18:25:48 : qdYvrhfecY
>あんたの言う自由と発展とは

あんまし不自由なこと言うなよ。
もっと普通に自由の意味を考えてくれ。

戦後は誰だってアメリカ産の脱脂粉乳とアメリカの小麦でつくったコッペパン食って育ったんだ。
国民が飲まず食わずで供出した兵隊に食わす食料も酒も全部が海に沈めたアホな時代と比べてる言ってるんだよ。
その時代に比べたら自由があると無いほどの違いがあることを言ったものだ。

目覚めさせるだとよ、そんなこと仮に何でも逐一知ったかぶりして、この濁悪世間を変えれるつもりで言ってるのか。甘すぎて笑止千万、無理なんだよ、頭でっかちな物知らずが知ったかぶりしてたんじゃ、己の単なる憤りを他人を笑い飛ばすことで忘れる臆病者だろ、それでは。

なぜ無理かを教えてやるから今は分からなくても一生の間、紐解いて求める努力を忘れてはいかん。
世の中が変わらないのは国内と国民意識に謗法が充満して多くの国民が自ら謗法に与同してるから。
謗法を断絶して改めない限り、日本人の考え方が変わらんかということだ。
正法の正剣をとって謗法と戦わずして、何事も成就するわけないだけ状態ということ、今は。
いくらなんでも目覚めるべきは盲目的な邪宗の信者や邪宗カルト信者に決まってるだろ。


33. 2015年4月22日 15:21:02 : lXGrF7OLvM
>原爆投下は終戦のための天啓だったなどとヌケヌケと発言した

前後関係を明らかにし、一切の個人的主観を排して主張すべき内容ではないのか。
言論の自由があるからいって、場合によっては行き過ぎた主張と認むべきであるのは明らか。

>原爆投下
>は
>終戦
>の為の
>天啓だった
>などと
>ぬけぬけと
>発言した
>>のであった

>>31. 2015年4月22日 09:38:07 : b5JdkWvGxs

馬鹿が言うような文章構成じゃねえか。
史実を自分勝手に繋ぎ合わせて歴史を幻に語るな、妄想カルト信者よ。
お前は多神教でカルト信者みたいに救いようがない阿修羅の名物のまんまだな。

戦時中の体制を批判して非業の人生を余儀なくされた日本人が多いことは衆目の理解するところ。
悪政ゆえ横行する不合理を言うにしても、己の主観を結論とする論法では説得力もクソもない。
言うたんび、人に言いがかりつけてからしか言えないことなのか。
共産党カルト信者の常套手段まんまじゃねえか。

正法の明鏡に正しく映し出したものでなければ、後の第三者に分かるはずがない。
その期に及んで尚且つ、意見が合わない時はアホアホ言って自分が正しいと言い張るつもりか。
日本の恥さらしみたいでみっともないだけだから。



34. 2015年4月22日 16:00:38 : w3M1BHSquE
33さん、その奇人変人に触れない方が良い 天皇とタイトルに付くと すぐに妄想ふりまく病人だ
ほとんどストーカーだ 天皇の話題となると異常なまでに纏わり付くし
何を言っても 糠に釘 みたいな ちゃらんぽらんな受け答えしかしない
終いにゃ、「宇宙人がやったのだろ」 なんて言い出すから始末に終えませんて ほっときなはれ。

35. 2015年4月22日 17:18:43 : b5JdkWvGxs
>終いにゃ、「宇宙人がやったのだろ」 なんて言い出すから始末に終えませんて 


おまいの読解力が足りなくて俺の皮肉が理解できなかっただけだろ(嘲笑い)


36. 2015年4月22日 20:36:56 : 7dOZoVVyb2
>>32

遺伝子改造小麦を食って喜んでる豚が何を言ってやがるのだかな。知らないだろうがアップルと言う世界的な有名大企業のカリスマ経営者が若いころにそれ食ってすい臓癌になり死んでいる。無知にもほどがあるだろう。

オマエさんは女と食い物さえ与えられればそれが自由だと思っているようだが、そんな調子だから他人に好きなように弄られまくるのだ。それこそ連中が与えるエサの最たる物だからな。子孫の代まで家畜をやるつもりか、家畜人ジャプーさんよw残念ながらマスターはオマエさんの食い扶持を残すつもりはないみたいだぜ。遺伝子改造食ってもくたばらないなら放射能汚染水撒いてやれってなw水産物大好きなんだろwくたばるまで弄られ続けるつもりか。ホーチーミンの爪の垢でも煎じて飲めよ。


37. 2015年4月22日 21:38:07 : lXGrF7OLvM
>>36. 2015年4月22日 20:36:56 : 7dOZoVVyb2

お前は放射脳丸出しの妄想狂だな。
知ったかぶりして見てないことも見た風に言うなよ、キチガイが!
馬鹿ウヨか邪宗カルトの論理で相手を決めつけて言うのは止めろ。



[32削除理由]:削除人:言葉使い

38. 2015年4月23日 18:13:19 : lXGrF7OLvM
小麦粉爆弾いらねえからな。
自爆自演乙じゃねえかよ、こいつ 7dOZoVVyb2



39. 2015年4月23日 22:43:51 : no31X615y2
-
>>12. 2015年4月20日 19:42:13 : lXGrF7OLvM
>>13. 2015年4月20日 19:46:00 : lXGrF7OLvM
>>18. 2015年4月20日 20:18:25 : lXGrF7OLvM
>>20. 2015年4月20日 21:08:25 : lXGrF7OLvM
>>23. 2015年4月21日 01:32:41 : lXGrF7OLvM
>>30. 2015年4月21日 23:52:34 : lXGrF7OLvM
>>32. 2015年4月22日 12:21:44 : lXGrF7OLvM
>>33. 2015年4月22日 15:21:02 : lXGrF7OLvM
>>37. 2015年4月22日 21:38:07 : lXGrF7OLvM
>>38. 2015年4月23日 18:13:19 : lXGrF7OLvM

まーた発病しとるようだな。w

>>34. 2015年4月22日 16:00:38 : w3M1BHSquE

此奴も仲間のようだが。ww

>>32 の書き込みについて問い質してみるが・・・
>謗法を断絶して改めない限り、日本人の考え方が変わらんかということだ。/正法の正剣をとって謗法と戦わずして、何事も成就するわけないだけ状態ということ、今は。

もっと具体的に書いてくれんかな。w
何をどうすれば「謗法を断絶」したことになるのか。w
「正法の正剣」とは具体的に何なのか。w

>盲目的な邪宗の信者や邪宗カルト信者

じゃあ、その反対に「正しい宗教」は何なのか、具体的にズバリ答えてくれんか。w
「恥ずかしくて言えません!!!」とか言って逃げないように、ズバリ答えてくれ給え。w
-


40. 2015年4月24日 01:23:56 : NOhKvEWFK6
中丸薫氏談では、
霞ヶ関の課長以上は
全員フリメーソンだということで、

言葉通りこれが真実であれば、
明治期から長州+中山家など
北朝公家筋が
例を挙げることは略するが、

汚染されているということです。

北朝公家ということは、
現権力層ということです。

今さらですが、
考え方のすじ道として。
フリメであることを、
トップより
強要されるのでしょう。
山本が突出しているわけではない。
これを間違えないようにすることが
肝要かと。


41. 2015年4月24日 03:03:00 : w3M1BHSquE
ふん、坂本龍馬から始まり、日本のありとあらゆる要人を フリーメーソンだなどと知ったかぶりで
どんどん妄想ふくらますカルト諸君、あんたらに言わせれば 歴史上の人物の殆どがフリーメーソンとやらに
なってしまうではないか

そんなネタやりたけりゃ カルト板か 空耳板でやるべきですな。


42. 2015年4月24日 13:50:44 : lXGrF7OLvM
>>39. 2015年4月23日 22:43:51 : no31X615y2
>また発病しとるようだ
>34. 2015年4月22日 16:00:38 : w3M1BHSquE
>此奴も仲間のようだ

>>32 の書き込みについて問い質してみる
>もっと具体的に書いてくれ
>何をどうすれば謗法を断絶したことになるのか
>正法の正剣とは具体的に何なのか
>正しい宗教は何なのか具体的にズバリ答えてくれ
>逃げないようにズバリ答えてくれ給え
>-

お前法論を挑んでるるもりか? 仮に発病者と思う人間に対してか? 
no31X615y2 よ、お前に論理的に法論をする能力があるとは誰も思わないだろうよ。
お前は相手の言う内容に対して一切の認否を行わないのは誰の目にも明らかだ。
前にもトンデモ馬鹿ウヨがウヨウヨいたが、その通り答えを見ても分からない程の低脳だった。
ここまで行ってることが分かるか?

まずお前が相手を馬鹿にしてW笑い転げてる精神異常者でないとしたら、先に答えろ。
ここまでのコメントで俺の言うことの何が分からないんだ?
話しはそれからというものだろ。
分からない奴ってのは答えを見ても説明を聞いても分からない。
だけど俺は馬鹿にして言ってるんじゃない。あんましふざけるなということだ。
責任持って真面目に法論をするなら相手にしてやると言ってるんだよ。

いきなり答えろ具体的に書けじゃねえんだよ、常識的に。
馬の耳に念仏じゃ無駄なことじゃないことを、阿修羅という公の場で互いに確認するべきだろ。
もちろん押し付けて言ってるのではない。第三者の承認を必要とする法論の常識を説明しただけ。

それから言っとくが、法論を受けるというなら今後はふざけた中傷コメントは止めろ。
いきなり相手に対して発病なんて間違った言いがかりをつけて、教えを乞う馬鹿な真似は止めろということだ。それでも良いなら互いに誠実に議論するだけだ。それとお俺は今、仕事最中だからコメントのやり取りは気長にやろうぜ。


43. 2015年4月24日 17:05:43 : lXGrF7OLvM
>>39. のこいつ no31X615y2 逃げるなと言うくせに遅せえし!
タイムリミットは今日中なら悪くないだろ。

戦争版だから戦時中の思想の話に及ぶのはしょうがないにしても、何をどうすれば謗法を断絶したことになるのか具体的に書けと質問してくる奴が謗法の意味を知ってるのか否か依然として不明な状況だ。

阿修羅でこいつ no31X615y2 の論法はいつもこんな調子だ。
相手の主張を無視して応じず、唐突に己の妄想に話を振って答えろなど非常識なところがある。


44. 2015年4月24日 23:42:24 : lXGrF7OLvM
なんか最近、やたらとテレビ番組でフリーメーソンとか信じるか信じないはあなた次第です、なんてよくやってるけど、人によっては陰謀論とかカルトみたいに言う奴もいるし、戦争とフリーメーソンに何らかの因果関係があったということだよな。おそらく日本でフリーメーソンが敵視かオカルトみたいな異端扱いされたりするのは日本が世界を相手に戦争したからなんだよな。


45. 2015年4月25日 00:32:06 : 5xHR2kYP9o
第二次上海事変勃発時、南京、揚子江方面を渡洋爆撃した96式陸上攻撃機は、山本五十六が肝いりで作らせた爆撃機.
三日間で、木更津航空隊2回、鹿屋航空隊が3回出撃した結果、合計38機が、稼動機は18機になってしまい、一週間持たず全滅してしまうので中止された.

当時、戦闘機不要論があって、戦闘機の開発が中止されていた.
1.開発された爆撃機の方が、敵の戦闘機より速度が速い.
2.防御の機銃を装備している.
戦闘機不要論を山本五十六も源田実も支持していたが、このような理由かららしい.

1.爆弾を積めば機体重量が増え、速度が低下する.
2.96式陸上攻撃機は、爆弾を機体下に積んでいて、空気抵抗が増える.
3.爆撃するときは、一定高度を一定速度で飛行する必要がある.
4.飛行機は降下するとき、機体の破壊強度まで速度を上げることが出来る.
5.装備していた7.62mmの旋回機銃は、風圧の影響もあり、飛行機には容易に命中しない.

素人でも予想が出来そうなことなのだけど、山本五十六は砲術の出、源田実はサーカスは得意でも実戦経験はない.

真珠湾攻撃の、実際の作戦の立案者は源田実、実際の攻撃の現場指揮も源田実だそうですが.
真珠湾攻撃も同じで、ようは素人が立てた計画に過ぎない.

日本の燃料タンクは地下式なので、真珠湾にある燃料タンクが地上に設置されているとは、思っていなかったのではないか?
付け加えれば、日本の攻撃目標は、もっぱら空母か戦艦で、輸送船を撃沈しても自慢にならない、と言った考え方もあったはず.


46. 2015年4月25日 03:34:12 : w3M1BHSquE
>日本の攻撃目標は、もっぱら空母か戦艦で、輸送船を撃沈しても自慢にならない、と言った考え方もあったはず

45さん、最後のそれが 実に大きいのです 陸軍も含め 日本軍全般に有った傾向です

戦艦や空母を沈めたら何点 巡洋艦なら何点 といったように、艦隊司令官には昇進への査定ポイントがあり
輸送船とかドックとか燃料タンクとか破壊しても、全く査定には影響がなく
「何の自慢にもならない」 と言う訳です

「輜重輸卒が兵隊ならば 蝶々トンボも鳥のうち 電信柱に花が咲く」

この小唄は、輸送部隊や補給部隊などは マトモな兵隊のうちになど入らんという意味で 広く唄われたそうで
戦闘部隊こそが偉く、補給や輸送の部隊は蔑まれていたというのが、陸軍海軍ともに有った認識です

自分達の補給や輸送 あるいは兵站全般を軽視している訳だから
敵への攻撃目標は、優先順位は一番最後でしかない訳で 危険に身を晒してまで攻撃する価値は無い
と言う判断で、これは真珠湾に限らず 第一次ソロモン海戦 レイテ沖海戦 など
敵の補給部隊に対して 見逃すという結果になった最大の理由だと思います。


47. 2015年4月25日 09:13:29 : lXGrF7OLvM
暗い森の中をさ迷いながら延々と歩いてたら広いところがあって急に視界が開けたみたいだな。
日本人の性格が如実に表われているようで、本質を見逃すところが何にでも当てはまるように思う。

投稿記事の地図にもあるように、日本は海を越えて四方に勢力拡大の国策を取ったのだが、その頃は既にアメリカはハワイを国防圏内にしていた。
アメリカのアジア進出はヨーロッパに比べれば遅れていたことから、日本を牽制して防御に備えるという軍事的に理想的な優位性を確保して立ち位置を優位にすることを可能にした。
日本の軍国主義は軍部の自尊心が異常なほど高すぎて科学的な戦術より名誉や格式と建て前を重んじていたのであるから、より本質的なことは帝国権力体制にとって都合悪いことしかなかったはず。
今時は愚か者ほど自虐的な思考に陥って臆病になり、自虐思考から敵前逃亡する卑屈さを紛らすため、ノー転機に他人を自虐的と言ってられるんだろうな。


48. 2015年4月26日 12:42:57 : BSF1tqvt32

>日本が罠にはまって開戦に至ったとするのは無理がある。


世界的な日本への締め付けこそが罠、と考えるとさっしが付くであろう。
そもそも太平洋戦争というのではなく大東亜戦争なのである、この戦争は
アジア地区における欧米列強の排除目的だった事は明白な事実、アメリカ相手の
戦争だった訳じゃない、それは開戦に於ける開戦の詔書にも良く表されている。

開戦の詔書   

http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1941_kaisen_shosho.html

これは一度は読んで貰いたい文書である、奥が深い、何故ならこの戦争が
列強ごとく情けの無い奴隷支配ではなくアジアの共存目的の戦いで有った事が
伺われる、そして実際には日本が進出した国にはインフラ整備と教育が
施されたのである、欧米列強の植民地支配地区にはこの様な投資や学ぶ事に
お金を掛けることなぞ絶対にしないのである、何故なら利益の収奪が目的であり
知識もインフラもそれらの搾取の邪魔はおろか障害になるだけであるかだ。

ハワイを攻撃したのは山本が言っていた様に半年一年の攻撃しか出来ないが
やがてアメリカが参戦するのは明らかなので先手を打ってアメリカを封じ込め
其の半年一年でアジアを制覇しその地盤を固めるのが目的、それはオランダ
イギリスの石油でありゴムや鉄でありその他の資源とアジアの連帯
なのであったはず。 これは欧米列強の其の植民地支配を実際に目にし余りにも
酷いので各アジア諸国は列強駆逐で日本に加担してくれると思い込んでいた
誤算があったのも事実、そして当時の日本人は欧米人からしてみれば
黄色いメガネ猿なのである、工作員スパイと言えども差別視されていた
わけである。

ハワイ奇襲のおり空母が居なかったのは情報が一部の者達に抜けて居たからであり
宣戦布告が遅れたのは工作であったと思う所である。

もしもスパイが軍部を完全支配していたとしたらプリンス・オブ・ウェールズ の
撃沈なんか絶対に有り得ない、と思うのである。

おまけ

当時の日本の鉄は鉄鋼石依存ではなく屑鉄←禁輸だった。


49. 2015年4月27日 09:57:49 : lXGrF7OLvM
>>48. 2015年4月26日 12:42:57 : BSF1tqvt32
>世界的な日本への締め付けこそが罠
>と考えるとさっしが付く

勿論、その論理の言わんとする思いに察しがつかない日本人もいないだろう。
しかしその論理は、外国に存在感を示すため最も軍事に頼って自ら招いた外圧ともいえる。
日本は大量の銀を流出させるなど、逆賊の価値観は常に富より武器に軍配をあげていた。
年月を重ねた富国強兵によって外国と対峙することに対し、世界の風当たりは強まる一方だった歴史的推移のことを、まあ、今の時代に生きる日本人が歴史を偲んで過去の人間に罠にはまるなよと呼び止めて注意してやりたくなる心境というものは、全く同じように感するものではある。

歴史は尊重するほど史実に起こった出来事よりも、時代の宿命を生きるしかなかった当時の人間が迎える結末というものは現代感覚からすれば残念なことは多すぎますね。そんなことやってたら、戦争に負けるぞと言ってやりたくなる気持ちは分からんでもないが、むしろ歴史と歴に生きた日本人を救う一心になるならば、そんな思想を信じてたら人間は獣のように殺し合うしかなくなるぞと注意して多くの苦難や国益の忘失を何とかして防いでやりたくななったりもする。

人を守って救うことができるのは決して武器ではありません。
武器はついつい撃ってみたくなり、人を殺したくなる麻薬のような性格もあるようだ。
人を救えるのは内道である。
それは生きている人間にある心を如来は平等に導いているから。
そして如来の意思に反する行為が招く結末の全てを如来は悉く教えているからです。
歴史の悲劇はすべて謗法の因果であり、歴史の因果倶時の法則により我々日本人は最も相応しい思想を求めなければならないのは、歴史を救わんがために歴史に学ぶということでもあるでしょう。



50. 2015年4月27日 13:11:03 : v4agOLQUtQ
>スパイが軍部を完全支配していたとしたら

軍の上層部の敵味方識別に問題があったと思う。諜報作戦では組織の要職を勤める者ほど価値のあるターゲットになる。例えば海軍の場合、軍令部総長→連合艦隊司令長官→参謀総長などの順で上層部から攻められる事態を想定しなければならない。ところが日本の組織の場合、下っ端には厳しくても上層部の管理は甘い。つまり自覚のないスパイが出現する余地がある。スパイ本人は日本を焼き尽くそうとか考えているわけではなく、あくまで国家のために動いているつもりなのだが。

アメリカの提督がこんな事を言っていた。「日本はまるで蟹のようだ。外側から攻めると硬いが内部から攻めると柔らかい。」日本人はもっと真摯に失敗を反省すべきだったと思うよ。そうしていれば原発が爆発することもなかっただろう。

ちなみにプリンス・オブ・ウェールズの撃沈については東洋人に対する白人の驕りや蔑視が原因だと思う。日本軍を警戒するようになった後英海軍はインド以西に引っ込んでドイツが降伏するまで太平洋には出て来なくなってしまった。太平洋戦争での海軍の動きを少し研究すれば分かるが、山本が生きていた間日本軍の行く先々で米軍が待ち伏せていた。誰もこれをおかしいと思わない事自体海軍上層部が如何に甘いかを示している。その後の災難を考えれば時代遅れの戦艦を二隻沈めたくらいではとても吊り合わないのである。


51. 2015年4月27日 18:18:02 : fpt8itpB5Q
まず、フリーメーソンが何だか知らない人は、ストリート・ビューで日本の本部を見ませう。
山本五十六の葬儀が行われた水交社が日本の本部になりました
http://005.shanbara.jp/book/view/tokyo-tower.jpg

Wikiによれば、慈善事業を行う団体で、会議では「誰がTシャツを洗濯するか」を延々と議論しているという
勿論、それは表向きの飾りの会員。
創価や統一みたいなもんでしょう、見える部分にはバカで何も考えてない信者を置いておく。
そういう隠れみのを使うと色々と活動がし易いと


52. 2015年4月27日 18:30:33 : f3mg27oHvw
プリンス・オブ・ウェールズは対空砲火は、故障の多い旧式のものしか装備していなかった.
戦艦1、巡洋艦1に対して、日本軍は96式陸攻、一式陸攻、合計85機で攻撃を行った.
爆弾、魚雷8発の内、一発が命中すれば、2隻は沈んで当然.
イギリス軍に航空機の護衛がなかったのが致命傷.
機体が大きく対空砲火が良く命中するので、マレー沖海戦以外に一式陸攻による雷撃の成功例はないはず.
一式陸攻による雷撃は自殺行為.なまじ、対空砲火の貧弱な戦艦に対して雷撃が成功してしまったので、以降、失敗続きでも止められなかったのではないか.

53. 2015年4月27日 19:03:50 : lXGrF7OLvM
>日本の組織の場合下っ端には厳しくても上層部の管理は甘い

今の時代にも通ずるものがありますね。
会社組織とかおそらく行政や政治だってそうなんでしょう。
特に失敗や不祥事などは上ほど秘密裏に処理して穏便に済ますのに対し、下には小さなことでも厳し過ぎたり、その機に先輩・後輩の関係を明確にするに止めるだけのようなところがある。ある意味では指導的には無意味とさえ言える。それでは事に臨んで何も習得しない人材が育ち、それを無意識に繰り返せば積もり積もって組織の弱体化につながるだろう。日本人がやるところの階級制は外国人のとは自由度の違いがあるため、伸びるべき人材を伸ばさず命令だけ聞くイエスマンを重宝するための締め付けを目的とする厳しさだけという感があるのではないだろうか。

それとは全く逆の視点で考えて単純に上下関係が存在するなかで、下の者を指導する場合には可及的速やかに経験則などの中身の伝授・継承が行われる必要があるのは当然です。しかし長年を要した経験のノウハウが数分程度の会話や一度や二度の説明では、なかなか理解不能で伝わらないことは世の常でもあると言えます。習得に時間を要することを指導の受け手である者が理解していないことも指導者は見て分かっているはずです。いつも下にだけ厳しいと思っていることが実は習得不十分で任務の成果が未だ期待されない状況であるにもかかわらず、下にだけ厳しいと思うのでは本末転倒があって仕方がありません。

人材の上下の関係において、上でも下であっても怠慢や慢心があるほど組織力は低下し、組織の弱体化は起こります。その尺度は目に見えない感覚的なものであるが、上下の自由な意思の疎通や会話が頻繁に行われる自由度に置き換えて考えることができると思います。昔の軍隊などの階級制は上への絶対服従を基本に部下は求められない限り一言も意見ができなかった。その自由度の無さこそが組織的にも致命的となって軍隊の弱体化が浸透した原因であると考えられるでしょう。

映画か動画の一コマに、戦闘機の猛攻に対して日本の軍艦が高射砲で迎え撃つシーンがありました。
その時、旧帝国海軍の指揮官は高射砲の横に立ち敵機めがけて軍刀をかかげながら直立不動のまま。
創作映画とはいえ、なんともはやです。

全ての日本人が思想を強制的に統一された時代の日本の実力は長続きしなかった。
ある意味で自由は閉じ込められた人間の力を発揮させるでしょう。
その自由といえども正しさの絶対力を求めているのだと思われます。

>日本人はもっと真摯に失敗を反省すべきだったと思う
>そうしていれば原発が爆発することもなかった



54. 2015年4月27日 19:27:22 : fpt8itpB5Q
レスをちょっと読んでみたが、世の中が見えてない人が多すぎだ
長文書いてるわりに的外れでバカみたいだ

まず、天皇、総理大臣、日銀総裁が田布施出身の朝鮮人なのは知っているのか
明治維新の主力であった薩長連合は共に英国らと戦争していた
薩英戦争でいうなら、兵士の死者は数えるくらいしかいないが
民家や工場が砲撃によって大損害を被った
そんな疲弊した長州・薩摩がなぜ倒幕に向かうのか
つまり、朝鮮部落の連中をイギリスらが支援して日本を乗っ取った

先の大戦前に、周辺国が植民地だらけになってる状況で、のこのことロンドン軍縮会議に参加して
軍艦はもう作りませんよと言わされたのは何故だ
天皇を筆頭に日本の中枢が朝鮮人で、最終的に負ける計画の戦争を請け負ったからだ
原爆はどこに落とそうか?
うむ、わしの家から遠いとこに落としてくれたまえ


55. 2015年4月27日 20:47:57 : lXGrF7OLvM
まあ、長い目で歴史を見なきゃ分かるはずがないだろうな。
それを一言で言い表してるのが日本の逆賊史観ということ。
逆賊にあって尊王攘夷派など、所詮は国盗人の国賊でしかない。


56. 2015年4月27日 23:13:29 : BSF1tqvt32

戦艦 航空主兵思想の隆盛と大艦主砲主義の敗北

つまりこのウェールズの撃沈は大艦主砲主義の転換点になった訳で
海軍ではどの様な人が出世するかと言うと鉄砲屋だそうで大艦主砲主義
で育った人材が上層部を占めていたもので日本が証明した航空主兵時代の
突入に縄張り主義も絡んで付いていけなかったんだね。
結局は柔軟性に欠けた馬鹿だったんだよ、今現在の政府も似た様な間違い
犯してるかのね。
工業力の差も組織の硬直化もそれと工作員も絡んでの負け、やらない方が
よかったみたいだね。

まぁ 何だな陰謀説とやらは乗っ取り屋と奴隷商人の事かな?



57. 2015年4月27日 23:25:32 : lXGrF7OLvM
>>54. 2015年4月27日 19:27:22 : fpt8itpB5Q
>最終的に負ける計画の戦争を請け負った

そんな馬鹿なこと言ってる奴なんか日本中さがしたっていねえぞ。
歴史を勝手に捏造して歴史修正主義ってかwwwwwwhahahaha
誰から教えられたんだよ。そんなこと教える先生なんか日本にいねえぞ。
お前はそれで歴史が見えてると思ってるのか。よっぽど重症なんだな。



58. 2015年4月28日 01:29:39 : fpt8itpB5Q
>>57
無知すぎだろう、そしてテレビの見過ぎだ
戦争というものは必死に勝とうと思ってるのは現場の兵士と指揮官だけ
マッカーサーだって朝鮮戦争を勝つ気でいたし勝てる戦争だった
しかしホワイトハウスは勝つつもりは無かった
戦争は何が目的で行われるのか歴史の真筆から勉強したまえ

59. 2015年4月28日 01:56:39 : lXGrF7OLvM
>>58. 2015年4月28日 01:29:39 : fpt8itpB5Q
>テレビの見過ぎだ
>戦争は何が目的で行われるのか歴史の真筆から勉強したまえ

お前さ、悪いことは言わんから、雑誌を先生にして勉強したらあかん



60. 2015年4月28日 01:58:16 : no31X615y2
-
はい、lXGrF7OLvM のノックアウト敗け。

・・・こう書くとまたlXGrF7OLvMが発狂すると思うがwww
-


61. 2015年4月28日 02:03:45 : lXGrF7OLvM
>>60.

ついに狂ったか、はい論破!
お前の負け〜



62. 2015年4月28日 03:05:22 : w3M1BHSquE
まあね 「世の中が見えてない人が多すぎだ」 なあーんて、自分だけが世の中見えているつもりでいる
妄想カルトは、手に終えませんな 戦争板なんかに顔出さなくたって良いものを

世の中すべてが誰かの陰謀で出来上がっていると 思い込んだ人間に何を言っても無駄かもしれんが
54の言う、日本が朝鮮人に乗っ取られていると言うのがもし本当なら
今頃 朝鮮という国家は 分断などしておらず 世界を制する超大国になってなければおかしいではないか

フリーメーソンが どうたらこうたらってのも、今時 失笑ものですし
コミンテルン陰謀論も含めて、くだらぬ陰謀論なんかで“太平洋戦争の真実”などと語る輩に限って
「世の中が見えてない人が多すぎだ」 などと陶酔感に浸ってるんでしょうな。


63. 2015年4月28日 12:08:21 : fpt8itpB5Q
「日本が朝鮮人に支配されてる」という認識は決定的に重要で
その認識がないと、安倍は単なるバカにしか見えないので危険性を感じないのだが
その認識があれば、天皇や安倍らは、白人は明治維新で支援してくれて
最下層のエタにいた自分たちを最上位にまで引き上げてくれた恩人なので、
白人の言うことは何でも聞く連中だと理解できる

(ここでいう白人とは、はフリーメイソンやイルミナティやユダ金やシオニストやサタニストや国際金融資本家や色々呼び方があるんだが
こういうと陰毛論だと言われるので白人と言ってる)

結局のところ、世の中ゼニなんだよ
日本と中国・韓国が憎しみ合っても戦争には至らず、第三者が日中戦争を起こしたいと計画して初めて実現する
テレビばかり見ている者には、白人がなぜ明治維新で朝鮮部落のエタを支援したのか謎だろ?


64. 2015年4月28日 13:13:25 : w3M1BHSquE
>>63
>フリーメイソンやイルミナティやユダ金やシオニストやサタニストや国際金融資本家や色々呼び方があるんだが

その、色々な呼び方それ自体が そもそも いい加減でテキトーな憶測でしか無い事の証しだろう

最初の内は、フリーメーソンで ほぼ統一されていたものが、次第にフリーメーソンなど単なる親睦団体で
秘密結社などでは無い事が、段々と世間に知れ渡ってくると 陰謀論者は四分五烈し 色々な呼び方を
苦心の末 捻り出しただけでしょう 

要するに、「先に陰謀論ありき」 で、その陰謀を企む存在は 実在しようがしまいが関係無く
テキトーに 後から取って付けた呼称にすぎず、陰謀さえ説明できれば 後はどうでも良いと言う訳です。

結局、一言で言うなら・・・・・・


65. 2015年4月28日 14:49:56 : fpt8itpB5Q
>>64
赤か白か、右か左か、というグループ分けをしてるようじゃ国際社会は理解できない
人を動かすのは金と宗教だ
戦争を起こして金を貸したり武器を売ったり、神に選ばれし我々が世界を統一するのだ、とかさ

ただ、アメリカは日本兵の遺体から日記を抜き取って調べていたのだが
日本やアジアの行く末を心配してる日本人に恐怖したそうだ
戦前の日本人には愛国心というものがあったのだな

で、アメリカは戦争するときに「独裁者を倒せ、人民のために民主化を」などと言う場合の
民主主義ゴリ押しの真意は分かるかな?
勿論、アメリカはその国の人民なんかどうでもいいと思ってるわけだが


66. 2015年4月28日 16:45:11 : 5s4c9lYwQ6

NHKテレビで西園寺が「あの戦争は俺達がやったんだ」とニヤニヤし乍ら・・・
http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/365.html
____________________________________

シャンティ・フーラ

●西園寺八郎・昭和天皇・西園寺公一の写真

[櫻井ジャーナル]安倍首相が目論む戦前回帰とはウォール街が支配する天皇制国家で、昭和天皇は実際に支配者だった

2014/12/25
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=82007


竹下雅敏氏からの情報です。

● 記述の通り、明治維新はイギリスが関与しています。というよりも、フリーメーソンが関与しているわけです。

●私は、戦前の日本においては天皇は飾り物で、事実上日本を支配していたのはフリーメーソンだったと考えています。記事の中にジョセフ・グルーが出てきますが、彼こそ当時の日本の支配者で、今で言うジャパン・ハンドラーのマイケル・グリーンのような存在だったのではないかと見ています。事実上、彼を通して送られてくる命令に日本は従うよりなかったと思います。

●昭和天皇は、貞明皇后と西園寺八郎との子です。
●ゾルゲ事件で情報を流していた西園寺八郎の子・公一とは兄弟で、写真を見るとそっくりなのがよくわかると思います。要するに、日本の情報は敵方に筒抜けだったわけです。

●  櫻井ジャーナルでは、戦前の日本は今で言うISISのような役割をさせられていたと言っていますが、案外そうなのかも知れません。

(竹下雅敏)

――――――――――――――――――――――――

安倍首相が目論む戦前回帰とはウォール街が支配する天皇制国家で、昭和天皇は実際に支配者だった

転載元より抜粋)

櫻井ジャーナル 14/12/24

 12月14日が投票日だった衆議院選挙の結果、自民党と公明党は圧倒的な議席を維持した。

 今後、その議席数を利用して安倍晋三政権は自国の経済を破綻させ、社会を破壊し、国民と国土を侵略戦争を続けるアメリカに差し出す政策を打ち出してくるだろう。第2次世界大戦の前、1932年までと似たようなことをするということだ。

 近代日本は明治維新で始まると言えるだろうが、徳川体制の転覆にイギリスが関与していることは否定できない。そのイギリスは18世紀の後半から生産の機械化を進めたものの、巨大市場だった中国で売れない。商品として魅力がなかったということだが、逆に中国の茶がイギリスで人気になって大幅な輸入超過。この危機を打開するためにイギリスは中国へ麻薬(アヘン)を売ることにしたわけだ。

 当然、中国側はアヘンの輸入を禁止しようとする。そこでイギリスは1840年に戦争を仕掛けて香港島を奪い、上海、寧波、福州、厦門、広州の港を開港させたうえ、賠償金まで払わせている。これ以降、香港はイギリスやアメリカが東アジアを侵略する重要な拠点になった。

 1856年から60年にかけてはアロー号事件(第2次アヘン戦争)を引き起こし、11港を開かせ、外国人の中国内における旅行の自由を認めさせ、九龍半島の南部も奪い、麻薬取引も公認させた。

 イギリスが行った「麻薬戦争」で大儲けしたジャーディン・マセソン商会は1859年にトーマス・グラバーを長崎へ派遣し、彼は薩摩藩や長州藩など倒幕派を支援することになる。その邸宅は武器弾薬の取り引きにも使われた。

 1863年には「長州五傑」とも呼ばれる井上聞多(馨)、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤俊輔(博文)、野村弥吉(井上勝)が藩主の命令でロンドンに渡るが、その手配を担当したのもグラバー。渡航にはジャーディン・マセソン商会の船が利用された。こうしたイギリスを後ろ盾とする人びとが作り上げた明治体制は「現人神」の天皇を頂点とする一種の宗教組織で、当初の天皇は飾り物にすぎなかった。

 廃藩置県の後に琉球藩をでっち上げるという不自然なことをした後、日本は台湾、朝鮮半島、中国というように侵略していくが、その背後にはイギリスやアメリカの影が見え隠れする。日露戦争で日本はウォール街のジェイコブ・シッフから資金を調達、ウォール街と結びついていたシオドア・ルーズベルト大統領の仲介で何とか「勝利」している。

 関東大震災の復興資金をJPモルガンに頼った日本はウォール街の強い影響下に入るのだが、1932年にその関係が揺らぐ。この年に行われた大統領選挙でJPモルガンをはじめとするウォール街が支援していた現職のハーバート・フーバーが破れ、ニューディール政策を掲げるフランクリン・ルーズベルトを選んだのである。

 フランクリンは巨大企業の活動を規制して労働者の権利を認めようとしていただけでなく、ファシズムや植民地に反対する姿勢を見せていた。親戚だというだけでシオドアとフランクリンを同一視するのは大きな間違いだ。

 そこで、ウォール街は1933年にクーデターを準備し始めるのだが、この事実は名誉勲章を2度授与された海兵隊の伝説的な軍人、スメドリー・バトラー退役少将の告発で発覚する。計画についてバトラー少将から聞いたジャーナリストのポール・フレンチはバトラーに接触してきた人物を取材、コミュニストから国を守るためにファシスト政権をアメリカに樹立させる必要があると聞かされたという。これも議会の記録に残っている。

 皇室とウォール街を結ぶ重要なパイプだったのがジョセフ・グルー。1932年から41年まで駐日大使を務め、戦後はジャパン・ロビーの中心的な存在として日本の「右旋回」、つまり戦前回帰を主導した人物だ。

 このグルーの親戚、ジェーン・グルーはジョン・ピアポント・モルガン・ジュニア、つまりモルガン財閥総帥の妻。またグルーの妻、アリス・ペリー・グルー(ペリー提督の末裔)は大正(嘉仁)天皇の妻、貞明皇后(九条節子)と華族女学校(女子学習院)で親しくなっている。
●言うまでもなく、昭和天皇は貞明皇后の子どもであり、昭和天皇はウォール街と結びついていたということにもなる。

● 戦後、「日米同盟」の仕組みを作り上げる上で昭和天皇が重要な役割を果たしていたことを豊下楢彦教授は明らかにしたが、その背景にはこうした事情もあった。
●吉田茂首相とマッカーサー司令官ではなく、天皇とワシントンとの間で軍事同盟の青写真が描かれていったのである。
●「悪いのは全て軍部だった」で内務官僚をはじめとする役人、学者、新聞記者などは責任を回避、その結果が現在の日本につながっている。

この記事には英語版があります:

» English version of this article "[櫻井ジャーナル]安倍首相が目論む戦前回帰とはウォール街が支配する天皇制国家で、昭和天皇は実際に支配者だった"

____________________________________

●イルミナティの走狗であった近衛文麿
http://www.millnm.net/qanda4/37C3hVIoQCbw86468.htm
____________________________________

太平洋戦争は共産主義者の陰謀
http://mimizun.com/log/2ch/history/1121091165/
____________________________________

株式日記と経済展望

●最近、共産党は「憲法第9条は世界の宝」などと言ってるが、その憲法第9条に反対したのが共産党であった。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/05febe90df851ff8e6afad16f686af41
____________________________________

野坂参三とフリーメイソンと神道と:ラノベ作家への道
http://lightnovelway.blog.jp/archives/1010495078.html
野坂参三とイギリス留学と天皇制:ラノベ作家への道
http://lightnovelway.blog.jp/archives/1010507033.html
_____________________________________

煩悩くん フルスロットル

2015年 宇宙人への旅立ち 卍党帝国の逆襲
http://aioi.blog6.fc2.com/?no=2898
_____________________________________


67. 2015年4月28日 17:04:41 : 5s4c9lYwQ6
追加


杜父魚文庫ブログ

野坂参三の不思議 渡部亮次郎

2007.07.22 Sunday name : kajikablog
http://blog.kajika.net/?eid=623289

2007年7月18日、98歳で死んだ宮本顕治が書記長となった1958年。議長として君臨した人の名は野坂参三(のさか さんぞう)。
●ところがスパイだったことがわかって100歳のときに除名された。
●元々何のための入党と悲惨な半生を過ごしたのか。不思議な人だった。

とにかく、1992年100歳のとき、『週刊文春』9-11月の連載が基となり、ソ連のスパイだったとして日本共産党名誉議長を解任され、その後除名処分になった。名誉議長解任時は高齢であることを配慮して党からの年金支給が続けられたが、除名処分に伴い打ち切られた。

●これはソ連崩壊後、公文書が公開され、野坂が戦中に米国からソ連共産党のディミトロフに送った手紙が明らかになったことによる。

●野坂はソ連にいた日本人同志の山本懸蔵(1895―1939年)ら数名を内務人民委員部NKVDに密告し、山本はスターリンの大粛清の犠牲となったのである。

●除名の際には党の査問にも反論することなく従ったといい、この件について公に語ることなく亡くなった。この発覚以前からかつての同志袴田里見らからも野坂をスパイと疑う声があったほか、ソ連と米国との二重スパイ説もある。
●しかし真相は永久に不明のままとなった。

●山口県萩市の商家に生まれる。3月30日生まれだったため名付けられた。9歳で母の実家である野坂家の養子となり、野坂姓となる。幣原喜重郎内閣書記官長となった内務官僚次田大三郎は義兄、龍夫人の姉婿。

●慶應義塾在学中に★友愛会に入り労働運動に参加する。卒業後、常任書記となる。
●1919年友愛会の派遣で英国に渡り、イギリス共産党に参加。

帰国後、日本共産党に参加。日本労働総同盟の産業労働調査所主事となり、慶應の後輩野呂栄太郎に影響を与える。三・一五事件で検挙されたが、「目の病気」を理由に釈放された。

●この釈放から1931年に妻野坂龍とともに秘かにソ連に入国するまでの経緯には謎が多い。
●外国人向け政治学校クートヴェで秘密訓練を受け、その後米国にも入国、アメリカ共産党とも関係する。

●また、1940年、中国・延安で中国共産党に合流する。同年10月に日本工農学校を組織したり、1944年2月日本人民解放連盟を結成し、日本人捕虜に再教育を行い、日本帝国主義打倒を目指す。

第2次世界大戦終了後の1946年1月12日に帰国し、26日に日比谷公園で参加者3万人による帰国歓迎大会が開催される。大会委員長山川均、司会荒畑寒村のほか日本社会党委員長片山哲の登壇、★尾崎行雄のメッセージなど、党派を超えて集まり、民主戦線樹立を目標とすることが宣言された。

この大会のために『英雄還る』という曲が作られ、声楽家・四家文子が壇上で熱唱した。

先立つ14日に「愛される共産党」というキャッチフレーズや、信仰対象としての皇室を容認した中央委員会との共同声明を発表した。府中刑務所から解放されていた徳田球一らと日本共産党の再建を果たす。

1946年4月10日の戦後初の第22回衆議院議員総選挙で東京1区から当選。
●新憲法制定の審議では、自衛権保持の観点から政府の草案に反対したことは知られるが、一方で「主権在民」を書き込ませた功績として評価されている。

ソ連のシベリア抑留の帰国者に関する手紙で、ソ連のシベリア抑留の肯定、延長を求める文面があり、それを基に国会で大々的に追及されたこともあった。

1950年に日本共産党がコミンフォルムから平和革命路線を批判され内部分裂した際には、徳田らとともに所感派の指導者となり、宮本顕治らの国際派と対立。

●さらにGHQからレッドパージを受け、地下活動、中国に亡命して武装闘争路線を採った。1955年に帰国して国際派と和解し、六全協で武装闘争路線を否定して第一書記に就任。事実上は宮本の軍門に下ったのでは無いか。だから宮本は以後、野坂を疑わなくなった。

●1958年に最高位の議長となり、宮本顕治が書記長となった。1982年7月の第16回大会で退任し、以後名誉議長。1956年に東京選挙区から参議院議員に当選、1977年まで4期(うち1期は3年議員)にわたって務めた。

●ソ連崩壊後、公文書が公開されてしまたっため屈辱的な晩年となったが、奇怪としかいえない生涯をなぜ送ったのか、遂に明らかにしないまま100歳で死んだ。

晩年には、自叙伝『風雪のあゆみ』を完成させ、★黒柳徹子との親交から「徹子の部屋」にも出演したり、NHK教育テレビジョンで特集が組まれたことがある。しかし除名により表舞台に2度と出ることはなく、まもなく死去した。

「徹子の部屋」では「革命運動のために子供を作らなかったが、今では後悔している」と述べていた。 ただし、のちに養女・米子をとっている。

夫人の龍(りょう)も女性革命家であり、ソ連では逮捕・釈放を経験した。波乱の生涯を1971年閉じている。 スパイと暴かれる前で、せめて、良かった。

●野坂は実に不思議な生涯を送った人だが、これを見破れなかった日本共産党も屈辱だった。出典:「ウィキペディア」2007・07・19
_____________________________________

ネット探偵のブログ

皇居のお堀端でNWO、尾崎行雄記念財団
http://blog.livedoor.jp/net_detective/archives/1020409114.html
_____________________________________

世界連邦文化教育推進協議会
http://wfm-ce.org/history.html
_____________________________________

2ちゃんねる
イルミナティやユダヤに関係してる有名人
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1347705876/52



68. 2015年4月28日 19:24:35 : fpt8itpB5Q
日本がどうなっているのか、これからどうなるのかを考える上で
明治維新が何だったのかを知らないと、どうにもお話にならない

大阪生野区に朝鮮人経営の新世界新聞社があった
そこの朝鮮人記者がフィクション作家になった
そしてユダヤ産経に連載小説を乗せ、それが反日NHKらのテレビがドラマ化した
そんなものを信じられるか?
でも信じてしまったのだろ、坂本龍馬は日本人のヒーローだと
とんでもないことだ
自分の頭の中にある歴史認識は、誰によって作られたのか考えてみるべきだ

慰安婦問題の起点であるる吉田清治『私の戦争犯罪』は嘘であると追求されたが
坂本龍馬の真実はメディアの誰も追求しない
伊藤博文が孝明天皇を暗殺したなどと言われることもない
それは慰安婦問題なんかとは比較にならない、日本社会をひっくり返すようなタブーだからだ
これを知ると、明治以降の、日露、日清、大東亜戦争が何だったのかが見えてくる
そして、安倍がやろうとしている戦争は、決して日本を守るためのものではないと分かってくる


69. 2015年4月28日 20:35:44 : MDAWp3fBSk

明治維新が何であったかを知るならば、capital(資本)とconglomerate(資本と経営の複合体)の違い

これに気付いた上で考察しなければ、それは何の役目も果たしているとは言えない

明治維新のバックボーンとなった金融は、なんという金融だったのか?

ジャーディンマセソンは、現在どういう位置付けであるのか?

香港の資本とはcapitalなのかconglomerateであるのか?

ならば、中国のAIIBはcapitalと評価すべきなのか?conglomerateと判断すべきなのか?

答えは、1人1人の中にある


70. 2015年4月29日 03:47:48 : tIflj0YG6s
過去のことの解明は大事だが、現在の自民党と民主党の国賊共、アベチャン、管ちゃん、前原、野田、麻生、等々を下野させることを実行することが大事。明治維新以降日本はアメリカ利権Grp.の奴隷である。今も未だ奴隷のままだ。

71. 2015年4月29日 09:29:17 : MDAWp3fBSk

過去の解明は、個人的に知りたいと思うし、かく言う私も、大日本帝国関東軍と中国共産党との関係

、々朝鮮労働党との関係については、研究に怠りない方であるが、それはともかくとして

その解明事実を現在の停戦協定の前提となる、歴史修正として持ち出すべきではないと考えいる


72. 2015年4月29日 09:33:47 : MDAWp3fBSk

大日本帝国関東軍の行為は、2発の原爆投下及び、日本の主要都市の大空襲による犠牲、沖縄殲滅戦に

おける犠牲を以て、これ以上「敗戦国日本に戦後補償すべきものは無い」として国際条約となった

停戦協定を何者にも干渉させるべきではないし、自分も為してはならない

もし為すとしたなら

日本国内のみの問題として、日本国民として犠牲になった人々が、大日本帝国関東軍を許さない

こうした場合のみ、そこには、何の保障の約束も和解もなさていないため、要求が可能である


73. 2015年4月29日 09:37:55 : MDAWp3fBSk

戦勝国の戦時賠償請求は、当事国政府が当事国国民に説明すべき問題であり、日本国は「過去の謝罪」

は繰り返し何度でも必要な場合があっても、それに対する補償に応じる責務は、犠牲と相殺され

滅失しているため不要である

その代わりに、国際貢献に力を注ぐとの憲法を戴き、国連平和維持活動への協力が謳われているのだ


74. 2015年4月29日 09:41:15 : MDAWp3fBSk

9条は、日本国政府の発動する全ての戦闘行為を禁じているため、いかなる場合でも、日本の行政機関は

自衛隊の戦闘指揮を取ることは許されない

一方で、国連軍に対する兵站補給は、何処にも禁じられていないばかりか、国際社会に於いて

名誉ある地位を獲得することを宣言しており、国連平和維持活動への協力は、寧ろ率先提供が

宣言されていると言える


75. 2015年4月29日 09:44:54 : MDAWp3fBSk

国連統合参謀本部を極東で受任する事が、事実上の国連事務であるアメリカ軍の駐留協力は、憲法上も

サンフランシスコ条約上も当然の行為であり、その負担を沖縄に押し付けることも良くないし

アメリカ軍の駐留協力を拒否することも良いとは言えない


76. 2015年4月29日 17:19:22 : w3M1BHSquE
72のおっしゃる通り、やっとマトモな事言う人が出てきました 妄想カルトばかりじゃないんですな
安心しました^^;

アジアを含めた諸外国に謝罪する事は 何度してもバチが当たる事は無く、謝るだけならタダである
しかし、補償や賠償というのは話は別 基本的に解決済みであり 余程の新事実でも出て来ない限り
対外的な補償賠償は必要なく、神経を尖らす必要など有りません

だが、日本国民が受けた壮絶なる辛酸は、72のおっしゃる通り
原爆被爆者などの一部の被害者を除いて 何の補償も賠償もなされておらず、国家としての謝罪もまだである

確かに、日本国民の戦争被害というのは あまりにも数が膨大で、当時の日本国民の大部分と言えます
これを補償賠償となると、それこそ天文学的数字の財政が必要であるから 補償賠償は現実的とは言えませんが
【あの戦争の責任は誰に有るのか】という追求から 歴代政府は逃げ回ってきた事だけは確かであります

靖国神社の問題も ここに根っこが有ると言えます 外国に対しては謝ったものの国民に対してはまだなのです
「責任の所在を明確にする」 と言う事も、「和解」 と言う事も、いまだなされていないのです

だから日本国民は怒るのです 誰もまだ許してなどいない戦争指導者たちを何故合祀するのか
中国韓国の横やりにも 冷ややかな態度でしか受け止めていないのが日本国民なのです

【諸外国に対する戦争責任】 と 【日本国民に対する戦争責任】 は、まったく別なのですから
A級戦犯を含む戦争指導者たちと国家体制を 日本国民は まだ許してはいないのですから。


77. 2015年5月17日 10:06:23 : LjjYSBVW2w
日本のお偉方は勝てば官軍気質、裏切るのは平気だ。

78. ばかなこと[137] gs6CqYLIgrGCxg== 2015年12月09日 10:50:04 : ea87LB8lXE : QLXs07ycaI8[139]
Nigata Japan has candle vigil for victims from the pearl harbor attack
on Dec.8 2015.

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151209/k10010334441000.html

[12初期非表示理由]:管理人:関連が薄いコメントが多数につき全部まとめて初期非表示


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 戦争b15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
戦争b15掲示板  
次へ