★阿修羅♪ > 原発・フッ素45 > 237.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
高浜原発再稼動を強行した原子力ムラは、完全に「メルトダウン」している 5年前の悲劇は再び起こる 古賀茂明「日本再生に挑む
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/237.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 10 日 07:04:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

           関西電力高浜原子力発電所〔PHOTO〕gettyimages


高浜原発再稼動を強行した原子力ムラは、完全に「メルトダウン」している 5年前の悲劇は再び起こる 古賀茂明「日本再生に挑む」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48125
2016.03.10 週刊現代 :現代ビジネス


関西電力高浜原子力発電所4号機(福井県・高浜町)で事故が相次いでいる。

最初の事故は、2月20日。原子炉補助建屋で、放射性物質を含む計34リットルの水が漏れた。関電は外部への放射能の影響はなかったというが、真偽は不明だ。原因は、後に「単なる」弁のボルトの緩みだと発表された。

この事故で驚いたのは、緩みのあったのと同様の弁約80ヵ所のボルトを点検しただけで、再稼動を進めてしまったことだ。

ボルトの緩みは、単純だからこそ深刻な問題だ。原発の中には数え切れないほどのボルトがある。当然作業ミスは起きる。それを回避するために二重三重のチェックが課されたはずだ。

それでもなお緩みがあったということは、そうした手順を十分に実施していなかったことを意味する。ならば、すべてのボルトを再点検すべきだろう。

ところが、原子力規制委員会はそういう指示を出さなかった。

朝日新聞によれば、今回程度の放射能漏れ(6万ベクレル)は、原子力規制委員会に報告しなくて良いということだ。今回は、関電から規制委に報告されたが、ルール上は報告なしでも済むということは、規制委は「少量の放射能漏れは問題なし」と考えているということになる。

最近、東電が'11年の事故当時に、メルトダウンの基準を見落とし、それを5年も隠していたことが判明した。他の電力会社も、過去において、報告義務があっても、たびたび事故を隠蔽してきた前科がある。

規制委の考え方は、小さな放射能漏れは無視してよいという解釈を生む。それは、報告義務の基準値を上回っても、「少しなら大したことはないから報告は不要だ」という意識を誘発するに違いない。規制委が安全意識を麻痺させ、原子力ムラの偽りの「安全神話」復活に手を貸しているのだ。

2月26日に4号機再稼動が強行されて、「本当に酷い話だ」と思っていたら、また「4号機緊急停止!」というニュースが飛び込んできた。水漏れ事故からわずか9日後、発送電を始める予定の2月29日だ。

今回は技術的な理由で原子炉の起動作業からやり直す必要があるとのことだが、それでも、再稼動の方針が揺らぐことはない。こんなに事故が続く原発を動かすのはもう止めてくれと悲鳴を上げたくなるが、どういうわけか、今回もマスコミの報道は小さい。

折しも、2月24日には、同じ高浜原発の1、2号機が60年稼動させることを前提にした規制基準の適合性審査に合格した。事故が多発する4号機は稼動後約30年。1、2号機はこれよりさらに古く、約40年。これを「例外的に」さらに20年も運転延長を認めるという。

高浜では震災対策用の免震重要棟建設も本格的な避難訓練も行われていない。さらに相次ぐ事故。それでも再稼動強行という驚きの現実だ。憤りを超え、あ然とする。

民主党と維新の党が合流しても両党の本音は再稼動容認。共産党に頼っても力はない。

脱原発を願う国民の間には、また原発事故を経験するしかないのかという悲観論が漂う。しかし、諦めてはいけない。3・11にはまた、官邸前に立って声を上げよう。

『週刊現代』2016年3月19日号より

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 戦争とはこういう物[1132] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年3月10日 08:37:02 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[180]
 流石にというか、事故続発の4号炉は司法が「正常化」して一時停止したが。1,2号炉はどうなるのだろうか?

2. 2016年3月10日 19:08:25 : zv1JUAC1sk : Q5_1EGwykaM[4]
福島原発事故が起きて、自民党内でも、推進に熱心だった、甘利明議員が、テレビ東京のインタビューで、責任を問われて、こう答えたそうだ。

>「原発は全部止まる。企業はどんどん海外へ出て行く。もう日本は終わりだ。落ちる所まで落ちれば良い。マスコミだって同じだ。お宅も潰れないとわからないもんだ。もう私の知ったことではない」

http://biz-journal.jp/2016/03/post_14149_3.html

全原発停止に、絶望した、やけくそ気味の「日本は終わりだ。落ちる所まで落ちれば良い。・・・潰れないとわからないもんだ」発言は、今、逆の意味で、勢力を盛り返し、着々と再稼働を進める、原発推進派の心性を象徴していないか?

日本がどうなろうと、「私の知ったことではない」。

この先が行き止まりで、断崖しかないとしても、一直線に突っ走るだけだと言う、他人を巻き込んだ、無意識の自死願望に基づく、集団心中志向。

原発推進派の心性は、道を遮る者に対する、むき出しの敵意と、盲目的な破壊衝動で満たされているように思う。

過酷事故は、再び起こる。

それは約束されているように思う。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素45掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素45掲示板  
次へ