★阿修羅♪ > 原発・フッ素46 > 384.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
まるで、半殺しにされているようだ!!
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/384.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 29 日 14:45:30: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

             5年前の福島第一原発 (c)朝日新聞社 


まるで、半殺しにされているようだ!!
http://79516147.at.webry.info/201608/article_202.html
2016/08/29 12:45 半歩前へU


 東日本大震災から5年が経つが、避難生活を続ける福島県民はいまだ10万人近い。そうした中で、国は次々と避難指示を解除の手続きを進める。本来なら、放射能の汚染にまみれた土地から強制退去を求めるのが筋ではないか。

 「国策民営」で始まった原発政策。福島の原発は、東京など首都圏の電力を賄うために造られた。住民は国や東電の甘言に騙され、被害を被った。子供たちが安心して住める代替地を確保するなど、国は彼らの面倒を見るべきではないか。

 被曝地について週刊朝日(2016年3月18日号)が伝えているので、もう一度、振り返って考えよう。

***************

 来年3月までの帰村を目指す飯舘村でも住民から不満の声が聞こえてくる。

 飯舘村では、村の半分にあたる3000人を超える住民が、原発事故で生活基盤を破壊されたとして賠償の増額を原子力損害賠償紛争解決センターに求めている。その「飯舘村民救済申立団」の団長を務める長谷川健一氏が言う。

 「村の除染は計画全体から見ればまだ4割程度しか終わらず、空間線量も高い。それなのに避難指示を解除しようとしている。避難先の福島市や川俣町の仮設校舎に通っている子供も、来年4月から飯舘村の学校に戻すという。帰村しない子らにはスクールバスで送迎するというからあきれた。村は子供の健康をどう考えているのか」。

 避難指示区域の一つに当たる特定避難勧奨地点の解除を巡り、国を相手取り裁判を起こした小澤洋一氏(60)はこう言う。

 「除染が終わった小高区の民家の庭の土や石を測定したところ、1平方メートル当たり2000万ベクレル近い放射能が検出された。農地の土も汚染されているので、農作物や、畑仕事をする人の被曝も心配だ」。

 汚染とは、放射性物質がモノや食べ物などに付着している状態を指す。原発事故前の土や石などの汚染は1平方メートルあたり1000ベクレル程度だった。福島はいまでもその2万倍も汚染されている場所があることになる。

  昨年9月には福島、伊達、桑折、国見の4市町のあんぽ柿や干し柿から最高値では270ベクレルが検出された。福島県の検査自家消費野菜の6%を超える376検体から50ベクレルを超える放射性セシウムが検出された。

 仮設住宅暮の林マキ子さん(67)は話した。「仮設は壁が薄く、ここでの生活はもう疲れた。でも、被曝生活は嫌なので帰りたくない。年金生活の身にとって、仮設と家で二重の光熱費支払いが家計を圧迫。東電からの補償も不十分。これではまるで半殺しにされているようだ」

 避難指示が解除されれば、住民への精神的賠償や住宅支援もいずれ打ち切られる。となると、生活苦に陥る住民も増え、家に帰りたくなくても戻らざるを得ない人が出てくるだろう。


関連記事
「半殺しにされている」除染4割なのに次々と避難指示を解除する国〈週刊朝日〉
http://www.asyura2.com/16/genpatu45/msg/239.html

日本政府は、福島原発事故による避難者を消滅させようとしている。(お役立ち情報の杜(もり))
http://www.asyura2.com/16/genpatu46/msg/382.html

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月29日 15:11:24 : aDOolfM9jc : e48gST96jbU[1]
松本に避難しましょう

[32初期非表示理由]:担当:小出スレはこちらhttp://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/890.html
2. 不眠症[344] lXOWsI_H 2016年8月29日 15:38:30 : mBqEoVAF7k : YuLD0e5f9D4[345]

 戦勝国 アメリカに 敗戦国 ニホンは モノ言えぬ

 福島原発安全装置【非常用復水器】なにゆえ 小泉内閣は 外した  ?

 アメリカ様 御用達 核兵器用 濃縮ウラン製造に 邪魔だったゆえ

 http://www.asyura2.com/15/genpatu44/msg/694.html



3. 2016年8月29日 17:59:55 : t9qzqJqprs : @VvdC9Xc8d8[4]

 DASH村も離散 三瓶さんも白血病で亡くなったし 近寄りたくもないか

 今度は DASH島 伊方がお漏らししたら 同じ事を やってのけるか

 日テレゴミ売り ジャニーズ 電通 どう誤魔化す 

 


4. 2016年8月29日 21:54:04 : Xf5r3x3BZk : @koD4nwQZX8[5]
 台風10号が心配。

 でも、御用機関のマスごみは台風10号と福島を関連させては報道しない。10号から外れた東京への影響ばかり伝えている。福島への影響を報じることは風評被害とでもいうのだろうか。
 で、被害が出たら想定外?


5. 2016年8月30日 00:14:39 : ztQPQj7kJE : obbzCrFObMo[160]
>04さん
 同感です。

東北接近の台風情報聞くたびに、まず一番の心配はは福島の原発である。
どのテレビ局も、福島原発関連は示し合わせた様にスルー。無視もいい所。
台風は、原発だけは避けて通ってくれるとでもいうのだろうか。
国民は舐められたものだ。


6. 空虚[609] i_OLlQ 2016年8月30日 08:50:22 : rc2SA701kw : P1Woo9Wu_M4[1]
>4> 5> 様 同意。

>2不眠症様 

>戦勝国 アメリカに 敗戦国 ニホンは モノ言えぬ

うむ。それだけではないよね。

これを観て感じて欲しいんだ。
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p110607.pdf

あの戦争そのものが、イカサマだったと思うだろ?

今を知りたければ、過去を見る。未来を知るには、今を見ればいい。

IN SIDE JOBがあるだろ?

因果の法則は、厳格で非情だ。SCRAP & BUILD

原発の問題は経済支配構造そのもので、戦時下の統制経済となんら変わらない。

表向きは民間企業、実態は官製事業。

責任回避のスケープゴートになる代償が、原発利権なんだ。
(当然、超法規扱いになるよね)

自動車産業?電気製品?IT産業?そんなもの、とっくに終わってる。

この日本って国の産業は、壊滅状態の顔に金融市場というマスクを付けてきた

だけなんだ。蛸が、空腹で自分の足を食ってきただけなんだ・・・。

全ての政治的問題は【経済】問題なんだ。

仮想空間上の仮想経済に、実質経済が食われてるだけだ。

おいら達は、例外なく現行経済システム上の<経済奴隷>なんだ。

勝者_敗者 右_左 富裕_貧困

今だけ、自分だけの素敵な中流二極思想。

Monopoly・人生ゲームだわ。

国民の総意が、イカサマ経済を否定しないかぎり

政治も動かない。

残り時間が少ない・・・。

半殺し?全殺し(無意識の自殺願望達成)が目前なんだ。


7. スポンのポン[3623] g1iDfIOTgsyDfIOT 2016年8月30日 11:05:00 : 41PGI6bjfk : KSPmZJHv0BE[2]
 
 
■列島狂人化計画

 偶然その時政権だったに過ぎない民主党に
 原発事故の責任をかぶせて
 デタラメな原発政策を行ってきた自民党に
 政権を戻した時点で
 この国は頭がおかしい。
 
 


8. 2016年8月30日 12:23:27 : 5IWjKnjRDI : eyKqqdVlecI[1]
7番さん、確かに。おかしな社会にどんどんなってる。

9. 2016年8月30日 12:25:57 : 5IWjKnjRDI : eyKqqdVlecI[2]
八番、言葉足らずで追加。
でも戻したくなるぐらいひどいデタラメせいけんだったことも確か。
直ちに被害はないと言ってた人も缶も、まったくせきにんとらず。見るだけで気分は悪い。

10. 2016年8月30日 15:17:55 : ElgYa7WvZc : 9NAP0PwP@tg[7]
安倍総理は何処を向いて政治をしているのか、福島は何も無かったかのように世界に嘘をつき続け無責任に避難解除している。使うべきところに税金を使わず自己満足の為なら惜しまず血税を使う、本当に最悪最低の総理、国民の気持ちなど全然解ろうともしない。それでいて支持率アップ?誰が支持しているのか知りたいものだ。

11. 最後の良心武田教授[295] jcWM44LMl8eQU5WQk2OLs472 2016年8月30日 18:59:08 : 5y33NEKSuQ : 4GrU_Udi8yo[106]

正直日本は権力者や
官僚による悪政なので

今いるサイコパスどもが
白蟻どもがいなくなる
までは変わりません
二百年掛かります。


放射性物質が半減期をむかえる
より時間がかかるでしょう(笑)


F1、福島の対応が全てです。
情報操作している北朝鮮と
変わりません。っと言うより
先輩です。


12. 最後の良心武田教授[296] jcWM44LMl8eQU5WQk2OLs472 2016年8月30日 19:06:52 : 5y33NEKSuQ : 4GrU_Udi8yo[107]

元々不審死などを足すと
世界一自殺者が多い国
ですから衰退していく事は
しょうがない、免れない事
だと思います。


はっきりいって社会システムの
破綻です。


欧州などは日本より先に
いっている国ですから
日本は今後お金がなくなる
貧乏になると言うことは
311の時に見抜いてましたね



13. 2016年8月30日 21:35:45 : id0UGBC5TY : sHrA4OYo4iU[1]
小出裕章は印税で松本の食べ物を福島の子供たちに送るべきだね

[32初期非表示理由]:担当:小出スレはこちらhttp://www.asyura2.com/15/genpatu42/msg/890.html
14. 空虚[614] i_OLlQ 2016年8月30日 21:42:50 : 85e2Iaz7aQ : CfpAWix6zV0[1]
>>12 賢者殿。

お金・・・それこそがマヤカシなんだわ。

紙幣・金・貴金属から、経済支配が始まった。

ソフトランディングで、是正しなければいけない最重要課題なんだ。

気が遠くなるような、茨の道。

死の淵から、這いつくばって生還するような・・・。

認め合う、共生の社会システム。

成熟した、個の確立。

支配からの、脱却なんだ。


15. 2016年8月30日 22:17:49 : Q7MP3Wx1AM : CFd9GfEx78U[41]
6番=14番さん。
おっしゃる通り。あの一見周到なようにみえて実は杜撰で強引きわまる謀略911自演があっさり公的発表通りに受容されて、以後「テロ」との永遠戦争の流れとなった世界の動きを見ていて、歴史に弱い私も遅まきながら、ようやくそのことに気がつきました。この途方もない邪悪なシステムに抗してしぶとく生きていくには、個の
自立を図り、老若男女が力を寄せ合って共生するシステムを希求し続けるしかないのでしょうね。

16. 2016年8月31日 01:12:05 : MHXC0OZfHM : SIQTMQktCxQ[13]
>14. 空虚殿

>認め合う、共生の社会システム。

理想の社会だと思うがね、まあこの掲示板で発言して居る者には無理だな
原発村だの言って居る時点で共生しようなんて思ってないだろ。
誰かを悪者に仕立てて自己満足に浸って居る連中だと思う。
社会主義の計画経済も破たんした資本主義も限界があるという事を認識しなければ無理
そもそも、経済成長は需要が続けば伸びるものだけど、この先、国内で需要が伸びる可能性は低い、海外で売ろうとする
だがそれだと海外の成長を食いつぶす、過去の植民地主義と同じ状態
世界は第2の経済植民地主義に移行しているだけ、根本解決に至るはずが無い。
だから、企業は出し渋る。悪循環の極致をやって居るのが自公政権。

民主政権時代を悪く言ってる輩が多い時点で見誤って居る
現代の自民党は公共事業と言う名のバラマキをして政権を維持しているだけ。
その上で兵器産業、自動車のエコカー、省エネ家電補助、全部が全部
バラマキ財政の極致。
需要を先に掘り起こせば先に待っているのは好景気どころか不景気のどん底
になるのは明白だし。

何方の方に転んでも人類は破滅へまい進していくだけ。
元々、人類は破滅への願望を持っている生き物だからね。


17. 2016年8月31日 04:11:24 : Ny167UNU57 : XdfUUl8afaY[10]
違う、
完全な殺人ですよ!

18. 2016年8月31日 07:13:35 : AOSt7mpOXE : 3FJJGd0JL@k[4]
そうそう、人殺しだね。

19. 空虚[615] i_OLlQ 2016年8月31日 07:30:37 : j9Io2p9FNw : Xp4xClGIego[1]
>16賢者殿

経済成長・国民総生産・国民の所得 すべからく 「大きい方がいい」

この感覚がいけないと思う。

世界の経済が、妄想で膨らんだ恐竜なんだわ。

なんでも大きいのが好きな「米国」好みに染まっている。

「力が正義だ」みたいなね。

冷静に個を見れば、そのアメリカ国民でさえ「実質・適正」に向き合おうと

している。彼らも、バブルを経験したからね。

他の経済大国も一様に、実体の無い経済の暴走を遅まきながら懸念し警戒して

いるだろう?

経済破綻という恐怖政治の為に、よからぬ現象に溢れているんだよね。

明日、日本政府が破綻したら誰がどんな状況になるか?

何をしなければいけないか?

そこんとこを、研究しないといけないんだと思うよ。

現行システムと現行政府を外したら、何をしなければいけないか?ってね。

その指標が【憲法】なんだろ?改憲は、現行システムの延命措置願望だ。

改憲と云う時点で、現政府は自らの破綻を宣言しているに等しい。

改憲によって新しいシステムが生まれるというのは、誇大な妄想に過ぎない。

まったく皮肉だよ、護憲(保守)が野党で、改憲(革新)が与党だなんてね。

完全な逆転現象だ。現行憲法が押し付け憲法でも、それを逆手に最大限活用すれば

対米従属なんて起こらないのにね。

今の日本国憲法は、前の戦争で亡くなった人々(敵味方双方)と、その遺族の願い

であって、祈り・理想なんだ。


20. 斜め中道[721] js6C35KGk7k 2016年8月31日 11:09:37 : 460ZVzz1ys : 8oca@IpCA1U[690]
19>空虚さま
全面的に賛同。
“まったく皮肉だよ、護憲(保守)が野党で、改憲(革新)が与党だなんてね。”
与党の奴等、憲法を自分たちの都合のいい「ツール」としてしか見ていない。
こんな奴らに、憲法のけの字も語る資格はない・・・と思う。

16>さま
“理想の社会だと思うがね、まあこの掲示板で発言して居る者には無理だな”
まぁな。
だが、無理を承知でやることはやるし、言うことは言う。
消えた技術を再現するのは本当に困難なんだが、消えた思想・・・みたいなものも再現するのは大変だろうからな・・・というのもあるしさ。
できることを、無理なく。
それが美しい日本の侠ってもんだろ?

“何方の方に転んでも人類は破滅へまい進していくだけ。
 元々、人類は破滅への願望を持っている生き物だからね。”
これも、まぁな。
だが、人類の大半に抵抗するってのも、伊達と粋狂としては最高だからな。
「男神の時代から女神の時代へ」…ってのを、俺なりに地道にやってるよ。

ついでだが、
俺に痛い目に遭わされた人類(の一部)を中心に、
俺のことを人でなし・・・そのなんちゃら・・・という奴も多いんだが、
そのせいか、俺には破滅願望なんてあんまりないぞ。
人類なんてわけのわかんない(多様性が価値と言うべきか)生き物を
一括りに考えるのは、それこそ無理があるんじゃないのかなぁ??



21. 知る大切さ[5788] km2C6ZHlkNiCsw 2016年8月31日 12:11:07 : tK3esT49Fs : iFUhjVJWjTw[11]
それぞれの位置で各々がやれる事をやる。

ひょんな事でそれらが繋がると

シールズみたいな大きなウネリが立ち上がる。

何も出来ないから、何かやる。

運があれば誰かと繋がる

やらないと誰とも繋がらない。


22. 2016年8月31日 12:37:45 : a4C217fg8A : nQaz5W8Gp58[2]
>>16

人を殺してもお金が大事なんて誰に教わった??
馬鹿の方程式というか悪魔と契約したとしか思えん言い草だな。


23. 空虚[616] i_OLlQ 2016年8月31日 13:11:02 : EdLaKYSP16 : pbIuRhnotmE[16]
>20賢者 斜め中道 殿
>21猛者 知る大切さ 殿

現実を生きながら、理想を追求する。
求道心、探求心・・・そんなものを、マネー経済最優先の生活の中に
置き忘れてしまったのが20世紀だったんだと思うんだ・・・。

川上_川下 生産者_消費者 70年代には盛んに議論されたことも

何時しか、誰も語らなくなった。

全てが仮想経済、バーチャル・マネーに支配されてしまったんだ・・・。

日本の経済は、プラザ合意を境に金融資本論が全てをのみ込んで暴走を続けた。

原子力経済利用の有様が日本の現実社会、実相そのものなんだわ・・・。

今、日本は他国を相手に戦争遂行などできないよ。

食料自給率が、4割もないんだから。

これは、石破君が云ったことだ。

マリオネット・傀儡の紐付きで戦争を行うことが出来ても

自存自衛の武力闘争など、夢にもできない愚行なんだ。

自称独立国家が、自国の国力を冷静に分析・判断できないような状況なんだ。

実態経済の自立を、真剣に取り組まなければ破綻は必然なんだ。

第一次産業を、国策で再生させる必要が不可欠なんだ。

農林水産業だよ、自国のインフラの最低限度をクリアさせることだ。

自国の雇用と、人間生活の最低限度を確保することがそれなんだ。

生産圏と消費圏の自立共生が実現できるのは、世界でも稀な好条件にある国土なん

だ。その構想を阻止しようとする勢力こそが、世界の悪しき思想集団なんだ。

原発は、日本の未来のすべてを完全否定しながら暴走を続けているんだ。



24. 2016年8月31日 13:43:03 : eelxJozwdY : OSoY@3hyULg[1]
放射能汚染村に避難住民を帰村させないと、村の公務員が困るから。
放射能汚染県に避難住民を止めておかないと、県の公務員が困るから。

放射能汚染国だから、オメデタイ日本国民を騙し続けて、騙し続けて、
ひたすら騙し続ける事しかできない日本の公務員。


25. 2016年8月31日 16:31:37 : bYUTlGq7cE : 3JjNxXW4xdg[354]
6番さん>「この日本って国の産業は、壊滅状態の顔に金融市場というマスクを付けてきただけなんだ。・・・」>

小泉内閣で大臣であった竹中平蔵は、「日本の産業構造は製造業に偏り過ぎている。金融業の比率を上げることが必要だ」と記者会見で語っていたのを覚えている。
現状はその通りになり、本人は大儲けだ。
一方、圧倒的多数の国民は、この惨状にも、ひたすら耐え、「道半ば」だと説得されて内閣支持率をあげている。


26. 空虚[617] i_OLlQ 2016年8月31日 16:55:18 : EdLaKYSP16 : pbIuRhnotmE[18]
>25賢者殿

ケケ中!こいつだけは、他人の理性を跳ばす

天性の才能があることを認める。

卑しさが、ブランドに身を包んで歩いているような奴だわ。

FRBとIMFのコバンザメ、売国奴だな。

昔なら、女衒とでも云うか。


27. 2016年8月31日 17:07:42 : kLlPBXVtuY : x9RBJHhuBfs[20]
原発ムラ、原子力ムラ連中はキチガイであろう。

3.11以降被曝基準値を上げたが、何故上げたのか?

福一の放射能は制御下にある、と何故嘘を吐いたのか?

福一など原発立地場所を中心に甲状腺癌、膵臓癌、白血病、悪性リンパ腫、心不全、行き倒れ、鼻血などなどが比較的若年層に増えていると一般人が感じてるのに医師などが原発との関連性を否定するのは何故なのか?

フランスなど無事故原発廃炉作業に25年以上費やしても完了の目途が立たないと言ってるのに福一廃炉に30〜40年などと小学生でも無理だとわかるような年数を何故平気で提示するのか?

福一事故収束技術が無いのに他の原発を新たな安全神話により再稼働するのは何故なのか?

まだまだいくらでもあるがまずはこのくらいにしておこう。
さあ、どのようなキチガイ回答があるのか???


28. 2016年8月31日 20:08:11 : 4aNu6KGiCg : kCwEEpLPtUQ[90]


    今でも放射脳塗れ、ホコリ塗れ・・・の福島と近隣県・・・


   ■:掃除機のゴミ:154800 Bq/kg

   http://fukushima-30year-project.org/?p=6284

   ●:東電事故由来の「月間降下物」続く

   http://bylines.news.yahoo.co.jp/masanoatsuko/20160828-00061594/

   【 降下物の殆どが311事故時の<再飛来> 】

    飛んで飛んで飛んで・・・吸って吸って吸って・・・だけでなく、

     大雨で?!流れて流れて流れて流れて、固着して固着して、新たなホットスポット?!

   =======


   54.4mSvで(3年従事)白血病の労災認定なのに、年間50mSvに帰還させる

     人殺しの棄民党と厄人の政策。

     【 黙っていたらみんな殺されてしまう 】

     http://blogs.yahoo.co.jp/kawachikakekomian/13722258.html


29. 2016年8月31日 20:11:28 : 4aNu6KGiCg : kCwEEpLPtUQ[91]

  因みに、福一は、風速25mでさえ、殆どが持たないと発表されてたのに

   どうなってるんだんべぇ・・・

    3号建屋は傾いてるし、地盤全体が液状化だし、地震の長周期振動で、おじゃん。


30. 2016年8月31日 21:21:26 : JjK2Nk5tyY : yX1w3ZzwYd0[1]
トリチウムは大丈夫ですか?

http://blog.acsir.org/

トリチウムの危険性 ―― 汚染水海洋放出、原発再稼働、再処理工場稼働への動きの中で改めて問われるその健康被害遠藤順子、山田耕作、渡辺悦司 2015 年 9 月 29 日 トリチウム(三重水素)は放射性物質であるにもかかわらず、人間と生物への影響が過小評価され続けてきた。その中でトリチウムは、原爆投下や水爆実験によって地球上に大量にばら撒かれ、原子力発電所や再処理工場からも日常的に放出され続けてきた。そして今まさに福島第一原発から気体および液体(トリチウム水)として放出され続け、さらにタンクにたまった汚染水はトリチウムを除去することなく海へ放出されようとしている。本稿では、トリチウムの物理化学的性質と生成のメカニズム、マウスを使った動物実験や核施設周辺での健康被害の事例を紹介し、今まで無視・軽視されてきたトリチウムの危険性を訴える。また、とくに青森県六ケ所再処理工場が本格稼働した場合のトリチウム大量放出の脅威を警告する。 目次 はじめに ―― なぜいまトリチウムが問題なのか ・・・・・・・・・・・・・ 2 第1節 トリチウムの生成と性質 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 第 2 節 トリチウムの福島事故による放出と原発や再処理工場からの日常的放出 ・ 7 2-1. 福島原発事故による汚染水による危険性 ・・・・・・・・・・・・ 7 2-2. 原発や再処理工場からの日常的放出 ・・・・・・・・・・・・・・・ 10 第 3 節 トリチウムによる健康被害について ・・・・・・・・・・・・・・・ 11 3-1. ICRP の線量係数とその仮定の誤り ・・・・・・・・・・・・・・・・ 11 3-2.低濃度のトリチウムの人間への影響 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 13 3-3. 世界各地の再処理工場や原発周辺で報告されている健康被害 ・・・・ 14 [カナダ] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 [アメリカ] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 [ドイツ] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 [フランス] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17 [イギリス] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18 3-4. 日本の核施設周辺で認められること ・・・・・・・・・・・・・・・ 18 2 [北海道泊原発] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 [佐賀県玄海原発] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 [青森県六ヶ所再処理工場・東通原発] ・・・・・・・・・・・・・・・ 20 [福島県いわき市] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22 おわりに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22 注記 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23 はじめに ―― なぜいまトリチウムが問題なのか 現在、トリチウムの危険性をめぐる問題は、放射線被曝をめぐる最大の争点の 1 つとなっている。@福島事故原発からのトリチウム汚染水の海洋投棄、A トリチウムを大量に放出する加圧水型原発の各地での再稼働、B桁違いに莫大な量のトリチウムを放出する再処理工場の稼働という 3 つの事態があわせて切迫しているからである。東京電力は、2015 年 9 月 14 日、事故原発建屋近くの井戸(サブドレン)から汲み上げ浄化したという汚染地下水の海洋放出を始めた。9 月 26 日までに、 3310 トンの汚染地下水が港湾に放出された。その目的は、原子炉建屋に流れ込んで汚染水化する地下水の量を減らすためだと報道されている。だがそれだけではない。もっと重大な目的が込められている。周知の通りトリチウムは ALPS (多核種除去設備)によって吸着回収ができない。東電と政府は、トリチウムを高濃度で含む大量の汚染水(60 万立方メートル注1)を希釈してすべて海洋放出する計画の実施に向かって動き出している。今回の汚染地下水の放出は、実際には、それに向けての第一歩にされようとしている。原子力規制委員会の田中俊一委員長は、早くから(2013 年 9 月から)「基準値以下のもの(汚染水)は海に出すことも検討しなければならない」と発言していた。原子力規制委員会は、2015 年 1 月、その方針に従って、早ければ 2017 年度からの処理汚染水の「規制基準を満足する形での海洋放出」を「中期的なリスクの低減目標」に明記した。国際原子力機関 IAEA も「基準以下の処理水の海洋放出を検討すべきだ」という見解を公然と表明してきた注2。今まで海洋放出反対の立場を取っていた福島県漁業協同組合が今回の地下水放出を容認したことで、この動きを今まで押しとどめてきた勢力配置の一角は大きく崩されてしまった。今回放出された「処理水」のトリチウム濃度は、1 リットル当たり 330〜600 ベクレルとされている注3。だが、政府の「規制基準」はこのおよそ 100 倍、1 3 リットル当たり 6 万ベクレルである。今回 1 回の放出量は 850 トンとされている。この量がおそらく現有の日量放出能力であろう。それが毎日稼働し続けたと仮定して、東電のトリチウム現存量推計(タンク中 830 兆ベクレル、後述)を前提とすると、大ざっぱな計算で、半減期を考慮に入れて、およそ 20 年程度で、現在汚染水タンクにたまっているすべてのトリチウム汚染水を放出することが可能となる。放出設備能力を増強すれば、さらに短期間で、すべての処理済み汚染水を排出することが可能となる。このように、汚染水海洋放出の準備は整いつつあり、大量のトリチウムの海洋放出、それによる日本近海だけでなく太平洋全体の海洋汚染が現実の脅威となりつつある。福島から太平洋に放出すれば、放射性物質は日本近海に広がるだけでなく、東に流れ、約 4 年でまずはアメリカ・カナダ東海岸を汚染することになる。さらに南に流れ、次に西転して南太平洋、東南アジア、インド洋に達する。また 20〜30 年後には日本に戻ってくる注4。汚染は太平洋・インド洋地域全体の深刻な問題になるであろう。今回の海洋放出は、これから再稼働が計画されている原発からのトリチウムの日常的な放出への突破口ともなろうとしている。政府・電力会社が先行して再稼働を進めている加圧水型(PWR)原発、とくに川内の次に再稼働されようとしている伊方原発は、トリチウムの発生量が大きく注5、瀬戸内海に放出されて滞留しやすいため危険度も高い。また重要な点は、この始まった海洋放出が、後述するように、原発とは桁違いの、とてつもない量のトリチウムを放出する再処理工場の稼働への突破口とされようとしていることである。自民党の河野太郎氏は、最近、再処理工場の稼働に反対し核燃料サイクル推進を止めるように求める見解を経済誌に寄せた注6。また、自分の公式ホームページでも、再処理工場稼働反対の主張を掲げている注7。そこで河野氏は、政府・自民党内の重要な情報を明らかにしている。「六ヶ所村に使用済み核燃料の再処理工場が造られ、この工場の稼働が迫っている」ということである。(追記:2015 年 8 月 16 日に、日本原燃は 2016 年 3 月に予定していた本格稼働の 2 年先への延期を発表した。これが、報道どおり原子力規制委員会の安全審査が遅れによるものなのか、だとすると安全審査がなぜ遅延しているのか、それとも何らかの安全上の重大な問題あるいは深刻な技術的なトラブルあったためなのかなどは、明らかにならないままである。とはいえ、規制委が数ヶ月後に差し迫っていた本格稼働を認めなかったという事実は重大である。それにもかかわらず政府は、2018 年 3 月の本格稼働の姿勢は崩しておらず、安全上・技術上の重大な問題がはっきりした中で、しかもわずか 2 年程度の猶予期間しかとらずに、本格稼働を強行することになれば、危険性はかえって高まるといわざるをえない。) 4 これら政府・電力会社側の動向に対応して、トリチウムの危険性を軽視し否定するマスコミなどの宣伝は強化されている。原発推進派の読売新聞は書いている。「トリチウムは透過力の弱いベータ線しか出さず、体内に取り込んだ時の内部被曝だけが問題となる。ただ尿や汗として排出されるので 10 日前後で半減する。… 国の放出基準(1 リットル当たり 6 万ベクレル)のトリチウムが含まれる水を毎日 2 リットル摂取するという極端な場合でも、年間の被曝線量は 0.79 ミリシーベルトで、国が定めた食品からの被曝量の上限値(1 ミリシーベルト)に達しない」と。6 万ベクレルでも何の健康影響もないというのである。同紙は、富山大学水素同位体科学研究センターの波多野雄治教授を引用して次のように結んでいる。「トリチウムは、他の放射性物質に比べて危険性は低いと言える。その性質をよく理解し、冷静に受け止める姿勢が大切だ」注8と。政府・支配層はトリチウムの大量放出を「冷静に」受忍せよと国民に要求しているのである。だがこれは本当であろうか? このような見解は科学的事実に合致するであろうか? これを検討するのがここでの課題である注9。 第1節 トリチウムの生成と性質トリチウムは水素の放射性同位元素である。通常の水素原子が正の電荷をもつ陽子1個と負の電荷をもつ1個の電子からできているのに対して、トリチウムは電荷をもたない中性子 2 個を陽子に加えて質量数 3 の原子核を持つ水素原子である(図 1)。中性子 1 個を水素原子に加えた場合の水素原子をデューテリウム、重水素と呼んでいる。トリチウムは三重水素とも呼ばれる。図 1 トリチウム概念図 5 中性子と陽子はほぼ重さが等しく、電子はそれら陽子、中性子に比べて約 1800 分の 1 の重さなので、トリチウムは通常の水素より 3 倍重い水素原子である。原子炉においては、ウランやプルトニウムが核分裂により 3 つに分かれる三体核分裂反応によって生じる(図 2)。また、重水素やリチウム、ボロンなどの軽い元素と中性子の反応によっても生じる。軽水炉でも 0.015%程度含まれる重水や水素が中性子を捕獲して生じた重水がさらに中性子を捕獲してトリチウムを発生する。原子炉では主に二酸化ウラン UO2 の三体核分裂反応で生じるが、そのトリチウムが燃料棒に蓄積される。事故や再処理などで燃料棒が破壊されると外部に放出される。図 2 三体核分裂とトリチウムの生成(模式図)参考文献:日本原子力学会「トリチウム研究会――トリチウムとその取り扱いを知るために」 http://fukushima.jaea.go.jp/initiatives/cat05/pdf/20140311.pdf “Ternary fission”, Wikipedia 英語版 https://en.wikipedia.org/wiki/Ternary_fission Edward L. Albenesius, et al., “Discovery That Nuclear Fission Produces Tritium” http://www.c-n-t-a.com/srs50_files/127albenesius.pdf 6 トリチウムの化学的な性質は、陽子と中性子から形成される原子核の周りに束縛されている負電荷をもつ電子によって決まるので、水素原子と変わりがなく、どこでも通常の水素に置き換わり、いろいろな原子と結合する。酸素と結合して通常の水 HHO から、トリチウム T を含む水 HTO となる。特に有機高分子化合物と結合して有機結合型トリチウムOBTになると体の一部となるので長く体内にとどまり、大変危険である。細胞の構成要素、特に遺伝情報を担う DNA 中の水素とも置き換わるので、次に述べるベータ崩壊(図 3)により DNA はじめ細胞が損傷される。図 3 トリチウムのベータ崩壊の概念図トリチウムは物理的な半減期約 12.3 年でベータ崩壊し、電子を放出し、正電荷の陽子 2 個、中性子 1 個で質量数 3 を持つヘリウム 3 になる。このベータ崩壊で放出される電子のエネルギーは、最大 18.6keV(キロ電子ボルト)、平均 5.7keV で小さく、射程距離は 1〜10µm 程度であるが、局所的な被曝となり狭い領域に集中的な被曝を与える。それ故、低エネルギーでもかえって危険である。もう一点危険なことは、水素原子がトリチウムに置き換えられると、ベータ崩壊で結合に寄与していた三重水素原子がヘリウム 3 になることにより、結合が切れることである。遺伝子で起こるといっそう危険である。トリチウムの危険性に関しては「広島 1 万人委員会」のサイトがすぐれた報告をしている注10。特に加圧水型の原子炉は、ボロンやリチウムを含むのでトリチウムの放出量が多く注11、同サイトは伊方原発の日常運転におけるトリチウム被曝の危険性を指摘している。トリチウムの健康被害については以下の諸点を確認しておくことが重要である。トリチウムが化学的には水素であり、HTO の形で水となり、通常の HHO の水と区別ができない。それ故、トリチウムを水から分離することができない。さらに、体内の有機体の高分子化合物の水素におけるトリチウムの濃度が環境における濃度と平衡になるように紛れ込む。遺伝子の DNA は水素結合や水素を持つから、置き換わったトリチウムのベータ崩壊によって重大な被害を受ける。 7 どのような原因であれ、環境中のトリチウム濃度の上昇は、水を通じてトリチウムを細胞内に取り込むので、生体にとって極めて危険である。気体の形で放出されたトリチウムが高分子化合物と結合した有機結合型トリチウムOBTを食事などを通じて体内の細胞に取り込むと、その重要な構成要素となり、容易に体外に排出されない。例えば次のような議論がある。「最近の雨水中のトリチウム濃度をリットル当たり2ベクレル/Lとして、この水を1年間摂取すると、実効線量は約0.00004 ミリシーベルトになる」。しかし、これは局所的な 10µm 程度の距離の領域の被曝を ICRP の方法で臓器を一様物体として平均して、ICRP の換算係数を用いて被曝の実効線量を求めたもので、根拠もない過小評価である。トリチウムのベータ線が低エネルギーだからといっても、内部被曝ではより危険でさえある。その理由は局所的・集中的被曝と後述のトリチウムの元素変換効果による。第 2 節 トリチウムの福島事故による放出と原発や再処理工場からの日常的放出 2-1. 福島原発事故による汚染水による危険性 上澤千尋氏は『科学』誌によせた論文「福島第一原発のトリチウム汚染水」(2013 年 5 月号)注12で次のように書いている。「セシウムの濃度を低下させた処理済みの汚染水のなかには,なおストロンチウム 89 および 90 をはじめとする放射性物質が,きわめて高い濃度で含まれている。処理済み汚染水から,プルトニウムなどのアルファ核種,コバルト 60,マンガン 54 などの放射化生成物,ストロンチウム 89 および 90 などの核分裂生成物など,62 の核種をあるレベル以下になるように取り除くために設置されたのが,多核種除去装置(Advanced Liquid Processing System、略称 ALPS)である。…多核種除去装置が用いる方法は,ろ過,凝集沈殿,イオン交換などの方法であり,水として存在するトリチウム(三重水素)を取り除くことはできない」。それ故、トリチウムはタンクに今も保存されざるを得ない。除染しても海にトリチウムを放出してはならない。東電や政府、原子力規制委員会はトリチウムの被害を過小に評価し、海などに投棄したいと考えている。それ故、トリチウム汚染による被曝がどのような危険性を持つのかは重要な問題である。 8 東京電力は以下のように発表している(東京電力「福島第一原子力発電所でのトリチウムについて」 2013 年 2 月 28 日)注13。「滞留水はサンプリング結果からトリチウム濃度が 100 万〜500 万 Bq/L程度であると考えられる」(多核種除去装置 ALPS ではトリチウムが除去できないことから処理した水、ならびに廃棄物に含まれる水にも同程度のトリチウムが含まれると考えられる)。これはトン当たりにすると 10 億 Bq/t〜50 億 Bq/t となる。毎日 400 トン汚染水が出るとすると4000億ベクレルから2兆ベクレルが毎日タンクに溜まっていることになる。もしタンクに溜まった総量が 70 万トンとするとトリチウムの総量は 700 兆から 3500 兆ベクレルとなる。東京電力の発表(2014 年 3 月 25 日時点)によれば、「三体核分裂反応」がトリチウムの「主な発生源」とするコード ORIGEN2 を用いた計算では福島原発 1 から 3 号機までの(掲載されている表の表題では 1〜4 号機となっている)トリチウムの総量が 3400 兆ベクレルとしている(表 1)。その内訳はタンク貯留水 830 兆ベクレルや建屋やトレンチ内の貯留水中 96 兆ベクレルや「その他」 2500 兆ベクレルとしている。注があり「その他」は「主に燃料デブリ内などに存在するものと想定される」としている。表1 東電による福島第1原子力発電所の事故原子炉(1〜4 号機)におけるトリチウムの量 9 出典:経済産業省「東日本大震災関連情報」ホームページ http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/140424/140424_02_006.pdf#search='%E4%B8%89%E4 %BD%93%E6%A0%B8%E5%88%86%E8%A3%82%E5%8F%8D%E5%BF%9C' 問題は、気体として大気中に放出されたトリチウムの量の記載がないことである。液体として海水中あるいは地下水中に漏れたトリチウム量も記載されていない。3400 兆ベクレルが事故時の総残存量なら、漏出量は「その他」に含まれていることになる。しかし、一方、東電は「事故前は評価結果のトリチウムのうち、約 60%程度が燃料棒の被覆管に吸蔵していたと考えられる」としているので、燃料棒に吸蔵されない 40%が水素や水蒸気などの気体として大気中に、また汚染水として海水中(あるいは地下水中)に放出された可能性もある。もしこの 40%が気体あるいは液体として大気中・海水中に放出されたとすると 3400×0.4=1360 兆ベクレルが放出されたことになる。もう一つ別の推計を試みてみよう。国連科学委員会のチェルノブイリ事故時の 4 号炉 1 基のトリチウムの総残留量の推定値は 1400 兆ベクレルとなっている注14。チェルノブイリではセシウム 134 と 137 の生成比が 0.55 対 1 である。福島ではその比が 1 対 1 であり、134 の割合が大きい。これは燃焼度が福島原発の方がチェルノブイリ原発より約 1.82 倍大きい結果と推定される。もしこの仮定が妥当で、UO2 の三体核分裂反応が燃焼度に比例するとして、福島原発事故炉とチェルノブイリ原発 4 号炉の出力比をおよそ 2 対 1 と計算すると、トリウム発生量は 1400 兆ベクレルを 1.82 × 2 倍して約 5100 兆ベクレルとなる。上記の東電の推計が大気中・海水中放出量をまったく含んでいないとすると、大気中・海水中への放出量は 1700 兆ベクレル、東電推計から導かれる大気中・海水中への放出量 1360 兆ベクレルを含んでいるとすると 3060 兆ベクレルとなる。これはストールによる福島事故のセシウム 137 放出量(3 京 6600 兆ベクレル)と 1 桁程度の違いで、十分比較可能な水準であり、トリチウムの被曝の影響を考慮すべき値となる。 いずれにせよセシウムと比較しても無視できない放出量である。 2015 年 4 月 1 日のロイターの発表注15では「福島第一には現在、900 兆ベクレル規模のトリチウムがたまっているが、事故前の 2009 年には年間 2 兆ベクレルを海に出している。電力各社が出資する日本原燃が青森県六ケ所村に建設した核燃料再処理施設は、本格操業した場合、福島第一でたまっている量の 20 倍規模となる 1.8×1016(1 京 8000 兆)ベクレルのトリチウムが1年間で排出される」という。ここでの 900 兆ベクレルは東電発表の汚染水中のタンク・建屋・トレンチの合計 926 兆ベクレルを用いているようである。政府は放出量の推計において、トリチウム放出量をなぜか一切発表していない。 10 日本のトリチウムの排出基準は 6 万 Bq/L つまり、6000 万 Bq/t である。これは ICRP 基準に基づき、内部被曝の局所性を無視し、被曝の具体性を無視した極端な被曝の過小評価を口実にした不当な基準である。 2-2. 原発や再処理工場からの日常的放出 原子力資料情報室の上澤氏によれば、加圧水型原子炉では,原子炉水中にホウ素とリチウムが添加されており,このため沸騰水型炉よりトリチウムの生成量が多いという。「広島 1 万人委員会」のサイトによると、四国電力のデータで、平均すると、稼働中は、年間 57 兆ベクレル、事故を起こした東京電力福島第一原発全体が 27 ヶ月間で出したトリチウムが約 40 兆ベクレルと言っているから、大雑把に言って、事故を起こした福島原発全体が毎年出すトリチウムの 2 倍以上を、四国電力の伊方原発は出していることになる。図 4 に見るように、再処理工場ではせん断・溶解工程で燃料棒を破壊することによって、燃料棒の中に閉じ込められていたトリチウムが外部に大量に放出される。燃料中のほとんど全てのトリチウムが放出される。これは大変恐ろしい事実であるが、一般にはほとんど知られていない。 図 4 再処理工場の基本工程


31. 2016年8月31日 21:24:19 : JjK2Nk5tyY : yX1w3ZzwYd0[2]
トリチウムは大丈夫か?

http://blog.acsir.org/

トリチウムの危険性 ―― 汚染水海洋放出、原発再稼働、再処理工場稼働への動きの中で改めて問われるその健康被害遠藤順子、山田耕作、渡辺悦司 2015 年 9 月 29 日 トリチウム(三重水素)は放射性物質であるにもかかわらず、人間と生物への影響が過小評価され続けてきた。その中でトリチウムは、原爆投下や水爆実験によって地球上に大量にばら撒かれ、原子力発電所や再処理工場からも日常的に放出され続けてきた。そして今まさに福島第一原発から気体および液体(トリチウム水)として放出され続け、さらにタンクにたまった汚染水はトリチウムを除去することなく海へ放出されようとしている。本稿では、トリチウムの物理化学的性質と生成のメカニズム、マウスを使った動物実験や核施設周辺での健康被害の事例を紹介し、今まで無視・軽視されてきたトリチウムの危険性を訴える。また、とくに青森県六ケ所再処理工場が本格稼働した場合のトリチウム大量放出の脅威を警告する。 目次 はじめに ―― なぜいまトリチウムが問題なのか ・・・・・・・・・・・・・ 2 第1節 トリチウムの生成と性質 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 第 2 節 トリチウムの福島事故による放出と原発や再処理工場からの日常的放出 ・ 7 2-1. 福島原発事故による汚染水による危険性 ・・・・・・・・・・・・ 7 2-2. 原発や再処理工場からの日常的放出 ・・・・・・・・・・・・・・・ 10 第 3 節 トリチウムによる健康被害について ・・・・・・・・・・・・・・・ 11 3-1. ICRP の線量係数とその仮定の誤り ・・・・・・・・・・・・・・・・ 11 3-2.低濃度のトリチウムの人間への影響 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 13 3-3. 世界各地の再処理工場や原発周辺で報告されている健康被害 ・・・・ 14 [カナダ] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14 [アメリカ] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 [ドイツ] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16 [フランス] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17 [イギリス] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18 3-4. 日本の核施設周辺で認められること ・・・・・・・・・・・・・・・ 18 2 [北海道泊原発] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 [佐賀県玄海原発] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19 [青森県六ヶ所再処理工場・東通原発] ・・・・・・・・・・・・・・・ 20 [福島県いわき市] ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22 おわりに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22 注記 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 23 はじめに ―― なぜいまトリチウムが問題なのか 現在、トリチウムの危険性をめぐる問題は、放射線被曝をめぐる最大の争点の 1 つとなっている。@福島事故原発からのトリチウム汚染水の海洋投棄、A トリチウムを大量に放出する加圧水型原発の各地での再稼働、B桁違いに莫大な量のトリチウムを放出する再処理工場の稼働という 3 つの事態があわせて切迫しているからである。東京電力は、2015 年 9 月 14 日、事故原発建屋近くの井戸(サブドレン)から汲み上げ浄化したという汚染地下水の海洋放出を始めた。9 月 26 日までに、 3310 トンの汚染地下水が港湾に放出された。その目的は、原子炉建屋に流れ込んで汚染水化する地下水の量を減らすためだと報道されている。だがそれだけではない。もっと重大な目的が込められている。周知の通りトリチウムは ALPS (多核種除去設備)によって吸着回収ができない。東電と政府は、トリチウムを高濃度で含む大量の汚染水(60 万立方メートル注1)を希釈してすべて海洋放出する計画の実施に向かって動き出している。今回の汚染地下水の放出は、実際には、それに向けての第一歩にされようとしている。原子力規制委員会の田中俊一委員長は、早くから(2013 年 9 月から)「基準値以下のもの(汚染水)は海に出すことも検討しなければならない」と発言していた。原子力規制委員会は、2015 年 1 月、その方針に従って、早ければ 2017 年度からの処理汚染水の「規制基準を満足する形での海洋放出」を「中期的なリスクの低減目標」に明記した。国際原子力機関 IAEA も「基準以下の処理水の海洋放出を検討すべきだ」という見解を公然と表明してきた注2。今まで海洋放出反対の立場を取っていた福島県漁業協同組合が今回の地下水放出を容認したことで、この動きを今まで押しとどめてきた勢力配置の一角は大きく崩されてしまった。今回放出された「処理水」のトリチウム濃度は、1 リットル当たり 330〜600 ベクレルとされている注3。だが、政府の「規制基準」はこのおよそ 100 倍、1 3 リットル当たり 6 万ベクレルである。今回 1 回の放出量は 850 トンとされている。この量がおそらく現有の日量放出能力であろう。それが毎日稼働し続けたと仮定して、東電のトリチウム現存量推計(タンク中 830 兆ベクレル、後述)を前提とすると、大ざっぱな計算で、半減期を考慮に入れて、およそ 20 年程度で、現在汚染水タンクにたまっているすべてのトリチウム汚染水を放出することが可能となる。放出設備能力を増強すれば、さらに短期間で、すべての処理済み汚染水を排出することが可能となる。このように、汚染水海洋放出の準備は整いつつあり、大量のトリチウムの海洋放出、それによる日本近海だけでなく太平洋全体の海洋汚染が現実の脅威となりつつある。福島から太平洋に放出すれば、放射性物質は日本近海に広がるだけでなく、東に流れ、約 4 年でまずはアメリカ・カナダ東海岸を汚染することになる。さらに南に流れ、次に西転して南太平洋、東南アジア、インド洋に達する。また 20〜30 年後には日本に戻ってくる注4。汚染は太平洋・インド洋地域全体の深刻な問題になるであろう。今回の海洋放出は、これから再稼働が計画されている原発からのトリチウムの日常的な放出への突破口ともなろうとしている。政府・電力会社が先行して再稼働を進めている加圧水型(PWR)原発、とくに川内の次に再稼働されようとしている伊方原発は、トリチウムの発生量が大きく注5、瀬戸内海に放出されて滞留しやすいため危険度も高い。また重要な点は、この始まった海洋放出が、後述するように、原発とは桁違いの、とてつもない量のトリチウムを放出する再処理工場の稼働への突破口とされようとしていることである。自民党の河野太郎氏は、最近、再処理工場の稼働に反対し核燃料サイクル推進を止めるように求める見解を経済誌に寄せた注6。また、自分の公式ホームページでも、再処理工場稼働反対の主張を掲げている注7。そこで河野氏は、政府・自民党内の重要な情報を明らかにしている。「六ヶ所村に使用済み核燃料の再処理工場が造られ、この工場の稼働が迫っている」ということである。(追記:2015 年 8 月 16 日に、日本原燃は 2016 年 3 月に予定していた本格稼働の 2 年先への延期を発表した。これが、報道どおり原子力規制委員会の安全審査が遅れによるものなのか、だとすると安全審査がなぜ遅延しているのか、それとも何らかの安全上の重大な問題あるいは深刻な技術的なトラブルあったためなのかなどは、明らかにならないままである。とはいえ、規制委が数ヶ月後に差し迫っていた本格稼働を認めなかったという事実は重大である。それにもかかわらず政府は、2018 年 3 月の本格稼働の姿勢は崩しておらず、安全上・技術上の重大な問題がはっきりした中で、しかもわずか 2 年程度の猶予期間しかとらずに、本格稼働を強行することになれば、危険性はかえって高まるといわざるをえない。) 4 これら政府・電力会社側の動向に対応して、トリチウムの危険性を軽視し否定するマスコミなどの宣伝は強化されている。原発推進派の読売新聞は書いている。「トリチウムは透過力の弱いベータ線しか出さず、体内に取り込んだ時の内部被曝だけが問題となる。ただ尿や汗として排出されるので 10 日前後で半減する。… 国の放出基準(1 リットル当たり 6 万ベクレル)のトリチウムが含まれる水を毎日 2 リットル摂取するという極端な場合でも、年間の被曝線量は 0.79 ミリシーベルトで、国が定めた食品からの被曝量の上限値(1 ミリシーベルト)に達しない」と。6 万ベクレルでも何の健康影響もないというのである。同紙は、富山大学水素同位体科学研究センターの波多野雄治教授を引用して次のように結んでいる。「トリチウムは、他の放射性物質に比べて危険性は低いと言える。その性質をよく理解し、冷静に受け止める姿勢が大切だ」注8と。政府・支配層はトリチウムの大量放出を「冷静に」受忍せよと国民に要求しているのである。だがこれは本当であろうか? このような見解は科学的事実に合致するであろうか? これを検討するのがここでの課題である注9。 第1節 トリチウムの生成と性質トリチウムは水素の放射性同位元素である。通常の水素原子が正の電荷をもつ陽子1個と負の電荷をもつ1個の電子からできているのに対して、トリチウムは電荷をもたない中性子 2 個を陽子に加えて質量数 3 の原子核を持つ水素原子である(図 1)。中性子 1 個を水素原子に加えた場合の水素原子をデューテリウム、重水素と呼んでいる。トリチウムは三重水素とも呼ばれる。図 1 トリチウム概念図 5 中性子と陽子はほぼ重さが等しく、電子はそれら陽子、中性子に比べて約 1800 分の 1 の重さなので、トリチウムは通常の水素より 3 倍重い水素原子である。原子炉においては、ウランやプルトニウムが核分裂により 3 つに分かれる三体核分裂反応によって生じる(図 2)。また、重水素やリチウム、ボロンなどの軽い元素と中性子の反応によっても生じる。軽水炉でも 0.015%程度含まれる重水や水素が中性子を捕獲して生じた重水がさらに中性子を捕獲してトリチウムを発生する。原子炉では主に二酸化ウラン UO2 の三体核分裂反応で生じるが、そのトリチウムが燃料棒に蓄積される。事故や再処理などで燃料棒が破壊されると外部に放出される。図 2 三体核分裂とトリチウムの生成(模式図)参考文献:日本原子力学会「トリチウム研究会――トリチウムとその取り扱いを知るために」 http://fukushima.jaea.go.jp/initiatives/cat05/pdf/20140311.pdf “Ternary fission”, Wikipedia 英語版 https://en.wikipedia.org/wiki/Ternary_fission Edward L. Albenesius, et al., “Discovery That Nuclear Fission Produces Tritium” http://www.c-n-t-a.com/srs50_files/127albenesius.pdf 6 トリチウムの化学的な性質は、陽子と中性子から形成される原子核の周りに束縛されている負電荷をもつ電子によって決まるので、水素原子と変わりがなく、どこでも通常の水素に置き換わり、いろいろな原子と結合する。酸素と結合して通常の水 HHO から、トリチウム T を含む水 HTO となる。特に有機高分子化合物と結合して有機結合型トリチウムOBTになると体の一部となるので長く体内にとどまり、大変危険である。細胞の構成要素、特に遺伝情報を担う DNA 中の水素とも置き換わるので、次に述べるベータ崩壊(図 3)により DNA はじめ細胞が損傷される。図 3 トリチウムのベータ崩壊の概念図トリチウムは物理的な半減期約 12.3 年でベータ崩壊し、電子を放出し、正電荷の陽子 2 個、中性子 1 個で質量数 3 を持つヘリウム 3 になる。このベータ崩壊で放出される電子のエネルギーは、最大 18.6keV(キロ電子ボルト)、平均 5.7keV で小さく、射程距離は 1〜10µm 程度であるが、局所的な被曝となり狭い領域に集中的な被曝を与える。それ故、低エネルギーでもかえって危険である。もう一点危険なことは、水素原子がトリチウムに置き換えられると、ベータ崩壊で結合に寄与していた三重水素原子がヘリウム 3 になることにより、結合が切れることである。遺伝子で起こるといっそう危険である。トリチウムの危険性に関しては「広島 1 万人委員会」のサイトがすぐれた報告をしている注10。特に加圧水型の原子炉は、ボロンやリチウムを含むのでトリチウムの放出量が多く注11、同サイトは伊方原発の日常運転におけるトリチウム被曝の危険性を指摘している。トリチウムの健康被害については以下の諸点を確認しておくことが重要である。トリチウムが化学的には水素であり、HTO の形で水となり、通常の HHO の水と区別ができない。それ故、トリチウムを水から分離することができない。さらに、体内の有機体の高分子化合物の水素におけるトリチウムの濃度が環境における濃度と平衡になるように紛れ込む。遺伝子の DNA は水素結合や水素を持つから、置き換わったトリチウムのベータ崩壊によって重大な被害を受ける。 7 どのような原因であれ、環境中のトリチウム濃度の上昇は、水を通じてトリチウムを細胞内に取り込むので、生体にとって極めて危険である。気体の形で放出されたトリチウムが高分子化合物と結合した有機結合型トリチウムOBTを食事などを通じて体内の細胞に取り込むと、その重要な構成要素となり、容易に体外に排出されない。例えば次のような議論がある。「最近の雨水中のトリチウム濃度をリットル当たり2ベクレル/Lとして、この水を1年間摂取すると、実効線量は約0.00004 ミリシーベルトになる」。しかし、これは局所的な 10µm 程度の距離の領域の被曝を ICRP の方法で臓器を一様物体として平均して、ICRP の換算係数を用いて被曝の実効線量を求めたもので、根拠もない過小評価である。トリチウムのベータ線が低エネルギーだからといっても、内部被曝ではより危険でさえある。その理由は局所的・集中的被曝と後述のトリチウムの元素変換効果による。第 2 節 トリチウムの福島事故による放出と原発や再処理工場からの日常的放出 2-1. 福島原発事故による汚染水による危険性 上澤千尋氏は『科学』誌によせた論文「福島第一原発のトリチウム汚染水」(2013 年 5 月号)注12で次のように書いている。「セシウムの濃度を低下させた処理済みの汚染水のなかには,なおストロンチウム 89 および 90 をはじめとする放射性物質が,きわめて高い濃度で含まれている。処理済み汚染水から,プルトニウムなどのアルファ核種,コバルト 60,マンガン 54 などの放射化生成物,ストロンチウム 89 および 90 などの核分裂生成物など,62 の核種をあるレベル以下になるように取り除くために設置されたのが,多核種除去装置(Advanced Liquid Processing System、略称 ALPS)である。…多核種除去装置が用いる方法は,ろ過,凝集沈殿,イオン交換などの方法であり,水として存在するトリチウム(三重水素)を取り除くことはできない」。それ故、トリチウムはタンクに今も保存されざるを得ない。除染しても海にトリチウムを放出してはならない。東電や政府、原子力規制委員会はトリチウムの被害を過小に評価し、海などに投棄したいと考えている。それ故、トリチウム汚染による被曝がどのような危険性を持つのかは重要な問題である。 8 東京電力は以下のように発表している(東京電力「福島第一原子力発電所でのトリチウムについて」 2013 年 2 月 28 日)注13。「滞留水はサンプリング結果からトリチウム濃度が 100 万〜500 万 Bq/L程度であると考えられる」(多核種除去装置 ALPS ではトリチウムが除去できないことから処理した水、ならびに廃棄物に含まれる水にも同程度のトリチウムが含まれると考えられる)。これはトン当たりにすると 10 億 Bq/t〜50 億 Bq/t となる。毎日 400 トン汚染水が出るとすると4000億ベクレルから2兆ベクレルが毎日タンクに溜まっていることになる。もしタンクに溜まった総量が 70 万トンとするとトリチウムの総量は 700 兆から 3500 兆ベクレルとなる。東京電力の発表(2014 年 3 月 25 日時点)によれば、「三体核分裂反応」がトリチウムの「主な発生源」とするコード ORIGEN2 を用いた計算では福島原発 1 から 3 号機までの(掲載されている表の表題では 1〜4 号機となっている)トリチウムの総量が 3400 兆ベクレルとしている(表 1)。その内訳はタンク貯留水 830 兆ベクレルや建屋やトレンチ内の貯留水中 96 兆ベクレルや「その他」 2500 兆ベクレルとしている。注があり「その他」は「主に燃料デブリ内などに存在するものと想定される」としている。表1 東電による福島第1原子力発電所の事故原子炉(1〜4 号機)におけるトリチウムの量 9 出典:経済産業省「東日本大震災関連情報」ホームページ http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/140424/140424_02_006.pdf#search='%E4%B8%89%E4 %BD%93%E6%A0%B8%E5%88%86%E8%A3%82%E5%8F%8D%E5%BF%9C' 問題は、気体として大気中に放出されたトリチウムの量の記載がないことである。液体として海水中あるいは地下水中に漏れたトリチウム量も記載されていない。3400 兆ベクレルが事故時の総残存量なら、漏出量は「その他」に含まれていることになる。しかし、一方、東電は「事故前は評価結果のトリチウムのうち、約 60%程度が燃料棒の被覆管に吸蔵していたと考えられる」としているので、燃料棒に吸蔵されない 40%が水素や水蒸気などの気体として大気中に、また汚染水として海水中(あるいは地下水中)に放出された可能性もある。もしこの 40%が気体あるいは液体として大気中・海水中に放出されたとすると 3400×0.4=1360 兆ベクレルが放出されたことになる。もう一つ別の推計を試みてみよう。国連科学委員会のチェルノブイリ事故時の 4 号炉 1 基のトリチウムの総残留量の推定値は 1400 兆ベクレルとなっている注14。チェルノブイリではセシウム 134 と 137 の生成比が 0.55 対 1 である。福島ではその比が 1 対 1 であり、134 の割合が大きい。これは燃焼度が福島原発の方がチェルノブイリ原発より約 1.82 倍大きい結果と推定される。もしこの仮定が妥当で、UO2 の三体核分裂反応が燃焼度に比例するとして、福島原発事故炉とチェルノブイリ原発 4 号炉の出力比をおよそ 2 対 1 と計算すると、トリウム発生量は 1400 兆ベクレルを 1.82 × 2 倍して約 5100 兆ベクレルとなる。上記の東電の推計が大気中・海水中放出量をまったく含んでいないとすると、大気中・海水中への放出量は 1700 兆ベクレル、東電推計から導かれる大気中・海水中への放出量 1360 兆ベクレルを含んでいるとすると 3060 兆ベクレルとなる。これはストールによる福島事故のセシウム 137 放出量(3 京 6600 兆ベクレル)と 1 桁程度の違いで、十分比較可能な水準であり、トリチウムの被曝の影響を考慮すべき値となる。 いずれにせよセシウムと比較しても無視できない放出量である。 2015 年 4 月 1 日のロイターの発表注15では「福島第一には現在、900 兆ベクレル規模のトリチウムがたまっているが、事故前の 2009 年には年間 2 兆ベクレルを海に出している。電力各社が出資する日本原燃が青森県六ケ所村に建設した核燃料再処理施設は、本格操業した場合、福島第一でたまっている量の 20 倍規模となる 1.8×1016(1 京 8000 兆)ベクレルのトリチウムが1年間で排出される」という。ここでの 900 兆ベクレルは東電発表の汚染水中のタンク・建屋・トレンチの合計 926 兆ベクレルを用いているようである。政府は放出量の推計において、トリチウム放出量をなぜか一切発表していない。 10 日本のトリチウムの排出基準は 6 万 Bq/L つまり、6000 万 Bq/t である。これは ICRP 基準に基づき、内部被曝の局所性を無視し、被曝の具体性を無視した極端な被曝の過小評価を口実にした不当な基準である。 2-2. 原発や再処理工場からの日常的放出 原子力資料情報室の上澤氏によれば、加圧水型原子炉では,原子炉水中にホウ素とリチウムが添加されており,このため沸騰水型炉よりトリチウムの生成量が多いという。「広島 1 万人委員会」のサイトによると、四国電力のデータで、平均すると、稼働中は、年間 57 兆ベクレル、事故を起こした東京電力福島第一原発全体が 27 ヶ月間で出したトリチウムが約 40 兆ベクレルと言っているから、大雑把に言って、事故を起こした福島原発全体が毎年出すトリチウムの 2 倍以上を、四国電力の伊方原発は出していることになる。図 4 に見るように、再処理工場ではせん断・溶解工程で燃料棒を破壊することによって、燃料棒の中に閉じ込められていたトリチウムが外部に大量に放出される。燃料中のほとんど全てのトリチウムが放出される。これは大変恐ろしい事実であるが、一般にはほとんど知られていない。 図 4 再処理工場の基本工程

[32初期非表示理由]:担当:重複コメント

32. 2016年8月31日 22:08:35 : 6IIz0sGDuQ : 3tiPUQmNaGY[64]
https://twitter.com/s_hiroki24/status/770843208418926592

やばい、フレコンバッグが水に浸かってる!!


33. 2016年9月01日 18:29:07 : uUKiw7Y1hA : Vk8orN26mVI[3]
お金があるひとは松本に逃げましょう

[32初期非表示理由]:担当:毎回IDが変わってしまう方が、ペンネームを使わずにコメントし、管理人がネット工作員判定した場合には苦情を受け付けません。 http://www.asyura2.com/13/kanri21/msg/415.html

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 原発・フッ素46掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
原発・フッ素46掲示板  
次へ