★阿修羅♪ > 経世済民105 > 337.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
人格否定されて年収300万円…家事労働は「ブラック」な仕事?〈AERA〉
http://www.asyura2.com/16/hasan105/msg/337.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 07 日 17:47:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

          家事労働は「ブラック」な仕事?(イメージ写真)


人格否定されて年収300万円…家事労働は「ブラック」な仕事?〈AERA〉
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160207-00000006-sasahi-life
AERA 2016年2月15日号より抜粋


 家事に育児に地域活動。内閣府は専業主婦が担うこの無償労働を年間304.1万円相当と評価した。ときに人格まで否定されてこの金額……。心身ともに疲弊しているという主婦の現状とは。

 日曜日。今日も自称イクメンの夫(35)が企画した「お出かけ」がある。早起きして作るお弁当は、いなりずしに卵焼き、から揚げなどなど。出発までに洗濯と掃除も済ませたい。

「休日もパパが育児に協力的でうらやましいとママ友は言いますが、ちょっと違うんですよね」

 そう話す女性(35)は専業主婦。毎日朝から晩まで、幼稚園年長の長男と2歳の長女の育児や家事に追われる。週末のレジャーの目的地は車で1時間ほどかかる行楽地が中心。行きの運転手は夫だが、渋滞で倍以上の時間がかかる帰路は女性が運転する。遊び疲れ、ランチビールで酔った夫は助手席で熟睡だ。

 一方、女性は帰宅後も、子どもをお風呂に入れて、洗濯物をたたんで……。彼女は言う。

「365日、ずっと家事と育児。スタバでゆっくり本を読みながらラテを飲んでみたい……」

 有休はもちろん給与もなし。それでも「家族を愛しているなら当たり前」という価値観に縛られて続けられる家事労働の条件は、ときにブラック企業を上回る残酷さなのだ。

 パート勤務の女性(42)も、度重なる夫の発言にいら立ちを隠せない。昨春、長女の小学校入学を機に塾の受付の仕事を始めた。家事との両立は想像以上に疲れるが、夕食の品数が少ないと夫はすぐに「これだけ?」。もう一品、慌てて作る。副菜2品以上が合格ラインだ。

 女性は出産前まで料理教室で講師のバイトをしていたほどの腕前で、夫は外食嫌いだ。

「家族で映画館に行って盛り上がったとしても、夫の『で、今日、夕飯なに?』という定番のセリフを聞くと、一気に冷める。最近は殺意すら感じます」

 極め付きは、女性が家事の大変さを訴えたときに、東大卒の夫が返したこのセリフ。

「じゃあ、君が僕みたいに外で働いて、同じだけ稼げるの?」

 何も言い返せなかった。

「『それって“モラハラ”だよ』って職場で言われて、気が楽になりました。非は夫にありますよね」

 言葉や態度で相手の心を傷つける精神的暴力をモラルハラスメントと言う。司法統計によると婚姻関係事件の申し立ての動機(妻)は、「精神的に虐待する」、つまりモラハラが24.3%で3番目に多い(2014年度)。

 会社員の女性(43)も7年前にモラハラ夫と離婚。フルタイムの仕事と1歳児の育児にヘトヘトだった当時、深夜帰宅の夫に夜食を用意して起きていることを強いられた。

「彼は『家族の中で自分が一番えらいし、一番正しい』という人。謝らなければ正座させられて延々と説教です。とにかく寝たくて必死に謝りました」

 ちょうど会社でリストラが激しくなって、辞めるも残るも地獄の状況だった。そんな会社が天国と思えるほど、家庭がつらかったと女性は言う。弁護士に相談していたときに、運よく(?)夫が浮気してくれて、離婚することができた。いまは経験者の立場から知人の相談に乗ることもある。

「モラハラをする相手の性格を変えようと思っても、疲弊するだけ。金銭的な理由などで離婚できないなら、家庭内でも可能な限り関係性を絶って自衛するしかないですよ」


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月07日 18:32:08 : 62QaAmZ1Pg : F9H@HWLLFJE[54]

結婚するな もちろん子供を産むな 

  貧乏人にできる 最大最高の抵抗は 

    「こどもを作らないことである」

        社畜たちよ 奴隷を再生産するな 。。。


2. 2016年2月07日 18:32:44 : MoHRSelowY : OmJx9ocsZjc[1]
結婚する時は散々3高でなきゃ嫌だとか注文付けておいて、結婚した後はモラハラですか?

だいたい3高な男は世間から甘やかされてプライドが高く他人を見下す傾向がある事は事前に予想できていたはずですよね。イケメンでお金持ちで社会地位も高い男が赤の他人の自分にだけ優しい。通常ありえない話でしょう。

覚悟の上での結婚ならともかく、結婚してから奴隷扱いされて話が違うと騒ぎ出し離婚するとか、まったく世間をなめきっているとしか思えません。同情の余地無しです。


3. さっちゃん56[1] grOCwYK_guGC8TU2 2016年2月07日 20:10:24 : yMTZRlRQfc : aFa5wJ1diA0[1]
こうなったのは、明治民法のせいです。
先進国では、女性の家事労働を夫と対等の所得と考えているので、離婚しても財産は折半だし、家事労働で失った稼働力を補うための離婚後扶養を法定しているので、家事労働をやり損になりません。
http://www.law.tohoku.ac.jp/~parenoir/taidan.html
対談「離婚訴訟、離婚に関する法的規整の現状と問題点――離婚訴訟の家裁移管を控えて」
2003年1月9日 水野紀子
婚姻がうまくいかなくなったときに、有責であったからということではなくて、婚姻をしたという事実から、それだけ重い債務を、夫たち、つまり財産獲得能力のある側に課してもしかるべきであろうと思います。フランスの補償給付も離婚後の生活保障をしておりますし、ドイツ法は扶養義務が継続しますし、英米法でも、ずっとアリモニーが認められてきたわけですね。
ただ離婚した後も扶養をする義務というのは、日本人の感覚には遠いのかもしれません。日本人の伝統の中にはそういう発想はなかったのでしょう。法的な離婚に至らない事実上の破綻の場合ですら、義務の消滅をいう学説や判例があるくらいですから。
内閣府の「女性に対する暴力に関する専門調査会」に所属しているのですが、そこでの調査によると、日本の社会における「養ってやっているんだ」という夫たちの横暴は、DVの根底にもあり、ときには目を覆わんばかりです。別れたら食べていけないという恐怖が妻たちをそんな家庭に留めています。そこまで含めて日本の「風土」だといってしまえばそれまでなのですけれど、離婚法が独仏並だったら、こんなひどいことにはなるまい、と思うのです。
思春期の精神的問題を専門にしている精神科医の知人がいるのですが、彼は、「結局、主婦は、弱者なのですね。弱者である主婦自身がかかえている自分の問題を、子供にすがったり転嫁したりすることでやりすごすので、子供が精神的に問題を抱えてしまう、という構造です」と分析していました。女性を守ることは、子供を守ることを意味するでしょう。
人間の生活を支える家庭は、一定の財とサービスによって維持されます。アンペイドワークであるその私的サービスを供給するのは、これまで役割分業で女性の仕事とされてきました。婚姻による生活保障は、婚姻が作り出す家庭生活におけるアンペイドワーカーの生活保障という側面もありました。婚姻によってアンペイドワーカーになったために、賃金労働者になる機会を喪失したと考えれば、その機会費用を請求できる、とも考えられます。
ドイツ法が破綻主義に変わったときに、有責性を問わないにもかかわらず、離婚後も一律に扶養義務を課しているので(もちろんドイツの離婚後扶養も例外はあるのですが、男女平等の規定になっていますから、働く気のない元夫を元妻が扶養することにならないためなどの定型的な限られた例外です)、こういうことになって当事者に不満はないのですかと素朴に聞いてみたのです。確かに有責主義から移行した直後は、悪いことをしていないのに、なぜ僕たちはこんな負担をという不満はあったけれども、今では皆そういうものだと思っているというのが、彼の返事でした。

4. 2016年2月07日 21:09:16 : jXbiWWJBCA : zikAgAsyVVk[225]

>彼は『家族の中で自分が一番えらいし、一番正しい』という人。謝らなければ正座させられて延々と説教

この逆の妻によるモラハラや暴力もある

結局、メンタルヘルスにとって重要なのは、人格否定するようなブラックな人間が、配偶者や親、上司など家族、職場にいるかどうか、年収や仕事自体は、あまり関係ない。

ただし年収が高く、貯金ができれば、より選択の自由度は高まるのは事実。


5. 2016年2月08日 01:34:49 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[338]
>>2

>結婚する時は散々3高でなきゃ嫌だとか注文付けておいて、結婚した後はモラハラですか?

3高なんて懐かしいですね。今、50代くらいの人が言ってたことでしたが、この投稿の例はもっと若そうだけど。ともかくその人たちががそう言って結婚したかどうかはわかりませんよね?あなたが勝手に思っているだけ。

>だいたい3高な男は世間から甘やかされてプライドが高く他人を見下す傾向がある事は事前に予想できていたはずですよね。イケメンでお金持ちで社会地位も高い男が赤の他人の自分にだけ優しい。通常ありえない話でしょう。

たしかに「とりあえずの金」だけはあってもそんなロクデナシの男と一緒になってしまったのは当人の落ち度でしょう。(そんな男ではこの先、仕事の上で藻どうなるかわかりませんからね)

>覚悟の上での結婚ならともかく、結婚してから奴隷扱いされて話が違うと騒ぎ出し離婚するとか、まったく世間をなめきっているとしか思えません。同情の余地無しです。

しかし人間は間違いに気づいたら再出発する権利はあります。あなたが同情しないのは勝手ですが、離婚は自由ですよ。世間を舐め切っているのは誰なんでしょうね。


6. 2016年2月08日 02:06:13 : MoHRSelowY : OmJx9ocsZjc[4]
>>06

>あなたが勝手に思っているだけ。

本文の中に旦那が東大卒とあります。逆にお聞きしますが、世の中には東大卒はたくさんいるのですか。あなたが東大卒を「普通の人間」だと思い込むのはあなたの勝手ですけどね。

先輩後輩が重要な国家機関や有名大企業の幹部を占めているのです。仕事なんか多少適当でも人脈だけで出世は簡単にできるでしょう。

私は東大卒の人と同じ会社の同僚として付き合った事がありますが、あの計算高くて居丈高な態度にはほとほと我慢ができませんでした。自分がこれから一生付き合っていく男を全然観察もしないで結婚をしてしまうようなバカ女は同情に値しません。離婚をするのは勝手ですが税金を使って母子家庭で子育てするとかは止めていただきたい。どうせ子供にまともな教育もできずに末は強盗か通り魔です。


7. 2016年2月08日 03:09:46 : cndNbF0Pt2 : 4FKD4yoSOpw[222]
>極め付きは、女性が家事の大変さを訴えたときに、東大卒の夫が返したこのセリフ。
>「じゃあ、君が僕みたいに外で働いて、同じだけ稼げるの?」

>何も言い返せなかった。「『それって“モラハラ”だよ』って職場で言われて、気が楽になりました。非は夫にありますよね」言葉や態度で相手の心を傷つける精神的暴力をモラルハラスメントと言う。

何も言い返せないならそれまでなのに
都合悪くなると外来系の造単語を使ってレッテル貼りさせるわけか 呆
じゃあ夫を財布だのATM扱いしている主婦という名のタガメ女もまたモラハラじゃないの?

扶養するつもりもないくせに情報社会となって社民民主党議員並の口達者な奴らが本当に増えてきたね


8. 2016年2月08日 03:16:40 : cndNbF0Pt2 : 4FKD4yoSOpw[223]
>>5
>人間は間違いに気づいたら再出発する権利はあります

殺人犯して刑終えて出所して社会復帰し家庭つくってる奴らを被害者遺族が知ったらどういう反応をするか分かってる?

それくらいに無責任なことをコメントしているテメエも「モラハラ」なんじゃないの?

>離婚は自由ですよ。世間を舐め切っているのは誰なんでしょうね。

もちろん切り出した側のほう(女が多いかなDV冤罪やらで押し通すとかあるし 呆)
そして女ということで自称弱者を演じてうまくいけば母子家庭では生活保護受給という天国が待っている

現代で世間を舐め切っているのは屑男と馬鹿女ですよ

国籍問わず♪


9. 2016年2月08日 16:22:31 : cndNbF0Pt2 : 4FKD4yoSOpw[227]

【キャリア】「無職のイクメン」はアリ? 女子大生「妻が大黒柱はナシ」

beチェック
1 :海江田三郎 ★:2016/02/08(月) 15:49:11.24 ID:CAP_USER.net

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO96903230U6A200C1TY5000/

 大学で職業に関する講義をする機会があると、女子学生に将来どういうキャリアを歩みたいか聞くことにしている。
専業主婦を希望する学生は今もいるが、ずっと仕事を続けたいという学生もいる。家事や子育てに支障がない
範囲で働きたいという学生もいれば、バリバリ働きたいという学生もいる。今日の女子学生の意識が多様であることを実感する。

 次に「あなたに十分な収入がある状況で、大好きだけど無職の彼氏からプロポーズされたら受けるか」と質問してみる
。すると、ほとんどの学生がノーと答える。「彼氏がアルバイト」もダメ。経済的に不安定な男性とは結婚できないという。
結婚してからしばらく定職についていなかった私は女子学生の厳しい意見に涙が出そうになる。

あるとき、遠距離恋愛の彼女との結婚を機に仕事を辞めたという男性に会った。
彼はその後大学に入り、大学院まで進む間に子どもが生まれて、子育てと学業を両立してきた。
妻はずっと仕事を続けている。この話を幸せそうに語る彼の笑顔を見て、素直に良いなと思った。
家事・育児だけでなく家計を支える経済的役割もそれぞれの事情で柔軟に分担できたら、それだけ人生の選択の幅は広がる。

 しかし、そのような話はあまり共感してもらえない。イクメンはあくまでも一家の大黒柱として働いていることが前提のようだ
。反対に女性は仕事で活躍しても家事・育児役割を免れないだろう。それで夫婦ともに仕事と家庭を両立できれば良い。

だが、仕事も家庭も苦しくなると保守的な人はこう言うに違いない。

「それ見たことか。
やっぱり男性は仕事、女性は家庭なのだ」と。

なぜ男女逆ではダメなのだろうか。

http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1454914151/

結局はこうなる現実

働いても働かなくても
たかることしか考えてねーな女は


10. 2016年2月11日 23:04:50 : cndNbF0Pt2 : 4FKD4yoSOpw[269]

6割の女が「自分より年収が下の男性」は恋愛対象にならないと回答 ←女は男をATM財布としか見ていないタガメと判明

http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/128.html#c8


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民105掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民105掲示板  
次へ