★阿修羅♪ > 経世済民106 > 271.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
導水路の環境保全を リニア計画、静岡県がJRに意見書()
http://www.asyura2.com/16/hasan106/msg/271.html
投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 3 月 04 日 02:54:07: N0qgFY7SzZrIQ kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo
 

(回答先: リニア名駅、着工遅れ 工法見直し、開業に変更なし(掘ってみるまで解らない計画!?) 投稿者 戦争とはこういう物 日時 2016 年 3 月 03 日 18:12:04)

 リニア工事自体への反対を敢えて言わないとしても。JRが自主事業として工事を強行する権利があるというなら、沿線住民には生活する権利がある。最低限でも、各自治体との協定を結んで、違反があれば工事中止して改善に努めるのは義務ではないか。
 実際には協定が結ばれているのは川崎市など極々一部だけだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここから)
導水路の環境保全を リニア計画、静岡県がJRに意見書
(2016/2/26 08:18)
http://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/linear/214115.html

 静岡県は25日までに、リニア中央新幹線計画で県内区間に建設する導水路トンネルについて、万全な環境保全措置を講じるよう求める意見書をJR東海に提出した。建設開始までの実施手順を示すとともに、環境保全協定を県と結ぶよう要請した。
 導水路トンネルは大井川中下流域で懸念される河川流量減少への対策。延長距離が11キロ超に及び大規模な土地改変を伴うが、建設構想は環境影響評価手続き終了後に持ち上がった。
 意見書は、十分な議論が交わされなかったとして県側の姿勢を明示した。水枯れが心配される導水路トンネル直上の河川や沢について、リニア本線からくみ上げた湧水を「複数の地点で放流することが望ましい」と指摘。継続的な流量解析や、希少種であるヤマトイワナなどの増殖事業への支援も求めた。
 また発生土(残土)置き場の計画管理にも触れ、恒久的な安定を確保するため、周辺地形のモニタリングを行うよう念押しした。
 意見書は、難波喬司副知事や関係部局の部長らで構成する県中央新幹線対策本部が取りまとめた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(ここまで)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民106掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民106掲示板  
次へ