★阿修羅♪ > 経世済民107 > 900.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
三菱自の燃費不正で被害者顔 “共同開発”の日産に責任は?(日刊ゲンダイ)
http://www.asyura2.com/16/hasan107/msg/900.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 28 日 09:26:45: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

           三菱自の相川社長(左)と日産のゴーン社長/(C)日刊ゲンダイ


三菱自の燃費不正で被害者顔 “共同開発”の日産に責任は?
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/180344
2016年4月28日 日刊ゲンダイ


 三菱自動車による燃費データ不正をめぐり、日産自動車とのバトルが激化している。26日会見した三菱自の相川哲郎社長は、「誤った数字をもとに購入させて申し訳ない」と平身低頭ながらも、「実務の仕事で、担当部署しか感知できなかった」とどこか他人事。怒り増幅はOEM発注する日産も同様で、カルロス・ゴーン社長が「ビジネスマンらしき決定を下す」と宣告した通り、補償交渉は熾烈を極めそうだ。

 三菱自が燃費データをチョロマカし始めたのは1991年。法令違反の試験方法で計測した上、問題の4車種については社内目標に合わせて机上で算出したデータを盛り込んで改ざんしていた。

 経済ジャーナリストの大山功男氏はこう言う。

「三菱自は回避を図っていますが、国交省は買い取りを求めています。排ガス規制逃れがバレた独フォルクスワーゲン(VW)は、米国で不正車両の買い取りで合意したと伝えられている。三菱自はVWよりも悪質ですから、同様のペナルティーを科されても当然。ただ、対象車が62・5万台に上り、中心価格帯は約130万円。半値買い取りでも費用は4000億円程度に膨らむ。ほかの補償も積み上げれば債務超過は必至です」

 ユーザーが余計に負担しているガソリン代の穴埋めや、エコカー減税の肩代わりだけでも負担は多額だ。野村証券の試算によると、補償額は425億〜1040億円に上るという。

 一方、日産は販売停止による損失も抱える。軽自動車を自社生産に切り替えて協業見直しにかじを切り、あくまで被害顔だが、そもそも両社は11年に企画と開発を手掛ける合弁会社を設立。共同開発をうたって13年に発売したのが二重不正が行われた三菱自の「ekワゴン」「ekスペース」、日産の「デイズ」「デイズルークス」なのだ。

■テレビCMでは“技術の日産”を前面に

「日産には軽自動車に積む660tエンジン製造のノウハウがなかった。デザインこそ口出ししていたが、エンジン回りは三菱自まかせだった。不正を見抜けなかったのもマヌケですが、ユーザーからすれば知らなかったではすまされない」(自動車ジャーナリスト)

「デイズ」のテレビCMは、“技術の日産”を前面に打ち出している。「クラスナンバーワンの低燃費」を掲げ、しきりと「日産の先進技術を詰め込んだ」とアピール。走行試験のような映像が流れ、その結果をモニターで確認した技術者が満足げな表情を浮かべるシーンまである。言うまでもなく、CMは消費者の購買欲をくすぐるための仕掛けだ。

 これを見て、「三菱自のOEMのくせに」なんて玄人はだしの見立てをする視聴者はそういないだろう。日産に非はないのか。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月28日 19:17:54 : pqOmvGCP9A : Z1yCzvOh8N0[92]
焼け太り 狙うゴーンに 向かい風

2. 2016年4月28日 22:37:14 : mYlSRbhZfI : mWiZrpC@4nc[152]
ゴーンについて、当方は昨日、こちらの投稿を行った。

三菱自 日産への補償、数百億円も 不正問題で協議本格化(SankeiBiz)
http://www.asyura2.com/16/hasan107/msg/859.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 27 日 09:46:45:

●当方の投稿です。
http://www.asyura2.com/16/hasan107/msg/859.html#c2

★昨日の内容に加筆します。

(昨日の内容です。)

日産自動車は、ゴーンが社長になって以来、国際的な企業提携やグループの拡大ばかりに力を入れていたために、日本国内の商品力がトヨタに比べて大きく劣ってしまった。販売ベスト10に入っているのが、僅かにセレナくらいしかないのが、その証拠だ。

●その、国際的な企業提携で大失敗しているのがゴーンだ。南朝鮮のサムスン自動車を買収し、ルノー・サムソン自動車にしたが、ここの経営不振が深刻で、全く改善の見通しが立たない。ここでつくった大型乗用車を、三菱自動車がOEM供給を受け、各国で販売することで三菱・相川社長と合意していたものの、あまりの出来の悪さに失望して、相川社長は断ってしまった。これをゴーンが怒り心頭らしい。

★ゴーンは、三菱自動車に買ってもらえなかったルノー・サムソン大型乗用車の復讐を狙っているのである。このために、三菱の軽自動車を徹底的に攻撃している。これが真実だ。

●ルノー・日産アライアンスには、もうひとつの爆弾がある。ロシア連邦のアフトワズである。「ラーダ」で知られる自動車メーカーで、ソ連時代は当然国営だった。ソ連崩壊で自動車の輸入が自由化され、ライバルのモスクヴィッチは倒産。ラーダも倒産するところだったが、プーチン大統領が世界各国の自動車メーカーに提携を呼びかけ、ゴーンが名乗りを上げた。

このアフトワズが、深刻な経営危機に陥っていると言う。危険なレートで赤字を出し続けており、輸出に活路を見つけようとしているが、低価格のライバルは世界中にいくらでもある。

ルノー・日産アライアンスは、てこ入れのために、かつて日本でも使われていた「ダットサン」を復活させ、低価格帯に投入したが、ロシア国内で不振を極めていると言う。

★上の文章で、「技術の日産」の看板を日本国内で復活させているようだが、ゴーンが来て、全てを潰したではないか。プリンスの血筋を引く武蔵村山工場を閉鎖し、伝統の直列6気筒エンジンの技術を途絶させてしまった。

燃料電池自動車もなく、ハイブリッドもトヨタの技術を購入している現在の日産など、はっきり言ってやるが、もはや他社に比べて技術が立ち遅れているではないか。そもそもフランスのルノーが、同じフランスのシトロエンの前輪駆動技術を産業スパイを使って盗み出していたのだから、技術など元々ないメーカーなのである。

★日本の自動車愛好家はご存じないと思うが、外国では広く知られている事実だ。1965年に登場したルノー16が、シトロエンがアミ6とID19の間隙を埋めるために開発していた新型車そのままで、サスペンションなど完全に同一だと言う。これはオーストラリアのシトロエン・カークラブ(註 各州にある。)のメンバーから聞きました。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民107掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民107掲示板  
次へ