★阿修羅♪ > 経世済民108 > 640.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
三菱自救済、日産のしたたかな思惑(週刊ダイヤモンド)
http://www.asyura2.com/16/hasan108/msg/640.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 5 月 16 日 09:46:50: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

三菱自救済、日産のしたたかな思惑
http://diamond.jp/articles/-/91188
2016年5月16日 週刊ダイヤモンド編集部


燃費不正問題に揺れる三菱自動車を支援したのは、不正が発覚した軽自動車で提携関係にある日産自動車だった。三菱自が経営危機に陥るのは3度目のこと。あえて、日産が火中のクリを拾いにいったのはなぜなのか。そこには、したたかな日産の戦略があった。(「週刊ダイヤモンド」編集部 浅島亮子、山本 輝)



5月11日、不正問題が発覚してから初めて公式の場に現れた益子会長。益子会長ができなかった改革を日産が受け継ぐことになる  Photo by Akira Yamamoto


 5月12日、日産自動車が三菱自動車の株式の34%に相当する約2370億円を出資することが決まった。日産による第三者割当増資により、三菱自の大株主である三菱グループ3社(三菱重工業、三菱商事、三菱東京UFJ銀行)の保有株式は約34%から21〜22%へと薄まる予定。日産と三菱3社を合わせて過半数を占める構成になる。


 カルロス・ゴーン日産会長兼社長と益子修・三菱自会長が面会して、この資本提携はまとまった。日産は、三菱自の経営の独立性を維持する構えだが、「燃費不正が発覚した開発部門の責任者を日産から招聘することになるだろう」(三菱自関係者)としている。


 日産が、あえて“火中のクリ”の三菱自を支援するのはなぜか。


 それは一にも二にも、国内販売を立て直すためだ。2011年に日産と三菱自は軽自動車の企画・開発を行う合弁会社を立ち上げた。三菱自による不正がこの共同開発車に及んでいたことから、日産の販社は、売れ筋の軽を失い、悲鳴を上げている。


 軽の販売を早期再開するために、日産には二つの選択肢があった。


 一つ目は、三菱自を切り捨てて、軽の自社生産に踏み出す方法。二つ目は、開発の主導権を握りながら、提携関係を継続して三菱自の岡山県・水島製作所で生産委託する方法だ。


 前者の場合は、「日産が軽の開発ノウハウを持っていると仮定しても、生産ラインの品質管理の整備などを考慮すると、最速でも1年はかかる」(国土交通省幹部)。


 後者の場合は、「現政権の三菱自に対するスタンスは、厳罰かつ(水島製作所周辺の雇用情勢を考慮して)早期再開。参議院選挙が終わった7月以降には生産再開できる」(官邸筋)。当座は競合メーカーより燃費の良い軽を市場投入するのは難しいかもしれない。だが、日産は、中長期的に軽の開発・生産ノウハウを有利な条件で三菱自から絞り取ることができたともいえる。


 また、三菱自はタイやインドネシアなどの東南アジアでは強いブランド力を持つ。この不正問題のさなか、「三菱自のCMが流れまくっている」(現地駐在員)くらいだ。


 一方の日産は東南アジアを攻めあぐねている。今回の資本参加により、三菱自の販路に日産車を流すことができる。三菱自の危機に乗じて、軽の開発・生産ノウハウ、海外市場の足掛かりを得られた日産のうまみは非常に大きい。


■三菱自にとっての隠れたメリットは
 補償費用の減額


 では、三菱自にとっての提携メリットは何か。それは、「何といっても、水島製作所の稼働を維持するめどが付いたことに尽きる」(三菱自幹部)だろう。


 三菱自は、水島製作所のある岡山県や名古屋製作所のある愛知県を中心に、取引先を全国に7800社、岡山県だけでも500社超を抱えており(帝国データバンク調べ)、日産が提携関係の解消に踏み切れば、取引先への影響は避けられなかった。



 副次的には、燃費不正問題の対策費用を減額させる効果もある。上表は、三菱自の負担が予想される補償費用の一覧だ。ユーザー、日産、取引先・販売店、株主に対して、主なものだけで14項目もの負担が発生するリスクがある。


 いまだ不正の対象車両数すら特定できていない状況ではあるが、ある自動車アナリストは、「費用総額は2000億〜3000億円に上る規模」と試算する。そのうち、金額算定の争点となっていたのが、日産に対する補償費用だった。


 日産幹部は、「資本提携したからといって、それはそれ。三菱自への損害賠償請求の姿勢を弱めるつもりはない」としているが、その言葉をうのみにはできない。


 実質的には日産は軽の開発を三菱自に丸投げしていたが、対外的には“共同開発”をしてきたことになっている。従って「日産側になんらかの注意義務違反があれば、その過失割合の分だけ損害額を負担すべき」(中島成弁護士)とされる。日産の責任割合が0%ということはあり得ず、この資本提携で三菱自側に手心が加えられることは十分にあり得る。


 こうして生まれた日産・三菱自連合だが、前途は多難だ。長年、血のにじむ思いで改革を進めてきた益子会長ですらできなかった「三菱自の体質改善」。その難題に、日産経営陣が挑むことになる。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年5月16日 10:00:35 : 91avpxHHG1 : 26HlK1e07MM[158]

 ゴーンが 日産を買収してやったことは 会社の役立たずのトップの首を切った

 下請けを縛り上げて 製造原価を下げた

 ===

 今度の三菱買収では 売るものがなくなったのだから 原価低減はできない

 せいぜいできるのは クズのトップを追放するくらいか??

 ===

 車の販売も 今後は下降傾向だと思うよ〜〜 前途は 多難だな〜〜〜
 
 トヨタが 1000万台を 1500万台にするような計画(M&A)を発表していないのは

 自動車産業も天井だということだろう VWも失敗した 三菱も失敗した

 今度は ゴーンの失敗だな〜〜〜
 
 


2. 2016年5月16日 15:21:07 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[3165]
日産車で「排ガス操作」=韓国政府発表

時事通信 5月16日(月)12時50分配信

 〖ソウル時事〗韓国環境省は16日、日産自動車が製造し、韓国日産が輸入、販売したディーゼル車「キャシュカイ」について、排ガス操作が見つかったと発表した。

 日産は「違法、不正な機能を使用したことはなく、現在も使用していない」(広報部)と不正を否定している。

 韓国当局は、昨年11月から今年5月までに販売された814台のリコール(回収・無償修理)を命じるとともに、在庫の1060台について販売停止命令を出す。また、韓国日産に対し、3億3000万ウォン(約3000万円)の課徴金など行政処分を下す見込み。

 環境省は昨年11月、ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車の排ガス不正を確認。日産を含む他メーカーのディーゼル車に関しても調査を進めていた。

 日産広報部は「『キャシュカイ』は韓国の法律の下、欧州で試験を行い、認可を受けている」と説明。「韓国当局による結論は、欧州規制当局の結論と一致しないが、今後の対処の仕方を慎重に評価、検討する」と述べ、韓国当局に全面的に協力する姿勢を示した。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00000043-jij-kr

日産「キャシュカイ」排ガス量を不正操作=韓国環境部
2016/05/16 14:26 KST

〖ソウル聯合ニュース〗韓国環境部は16日、昨年12月から今年4月まで韓国で販売されたディーゼル車、20車種を調査した結果、韓国日産が「キャシュカイ」の排ガス量を不正に操作する任意の設定を行ったと判断したと明らかにした。

http://img.yonhapnews.co.kr/etc/inner/JP/2016/05/16/AJP20160516001200882_01_i.jpg
会見する環境部関係者=16日、世宗(聯合ニュース)

 キャシュカイは昨年11月から今年5月11日までに韓国で814台が販売された。

 同部はキャシュカイをテストする過程で室内外の排ガス再循環装置が作動を中断する現象を確認したと説明した。

 この装置は排ガスの一部を燃焼室に再流入させ燃焼温度を下げることで窒素酸化物の排出量を減らすもの。

 2010年以降、主にディーゼル車に装着されている。

 排ガス再循環装置の稼動を中断させる時点の温度条件が一般的な走行で発生し得るエンジン吸気温度の35度だった。

 同部はこれについて、一般的な運転条件で排出ガス部品の機能低下を禁じる任意設定規定に違反すると指摘した。

 自動車はエンジンで燃料を燃焼させるため外部の空気をエンジンルームに吸入させる。

 通常、自動車を外部温度が20度の条件で30分程度走行させただけでもエンジンルームの吸気温度は35度以上に上昇する。

 同部は、キャシュカイのエンジン吸気温度、35度以上で排ガス再循環装置の作動を中断させるよう設定した制御方式は正常な制御方式ではないと判断したと強調した。

 同部は行政手続法に基づき、製作・輸入社の韓国日産に対し任意設定違反事前通知を行った。

 韓国日産から10日間にわたり聞き取りを行った後、今月中に課徴金3億3000万ウォン(約3000万円)を賦課する予定だ。

 また、キャシュカイの販売停止命令を出した上で、既に販売された814台については全てリコール(無償回収・修理)命令を下す計画だ。

 さらに、韓国日産の菊池毅彦社長を製作車排出許容基準違反と製作車認証違反の疑いでソウル中央地検に刑事告発する方針だ。

sjp@yna.co.kr

http://japanese.yonhapnews.co.kr/pgm/9810000000.html?cid=AJP20160516001200882


3. 2016年5月17日 00:03:13 : mYlSRbhZfI : mWiZrpC@4nc[259]
ゴーンは自らのアライアンスに三菱自動車を入れたが、その中には膨大な赤字を垂れ流す南朝鮮のルノー・サムソン自動車があるし、ロシア連邦のアフトワズも経営不振だ。低価格車を生産するルーマニアのダチアの品質問題もある。これらの事実は、日本のダマスゴミは決して報道しない事実だ。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 経世済民108掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
経世済民108掲示板  
次へ