★阿修羅♪ > 不安と不健康18 > 291.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
インスリンとは何か?(その1)
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/291.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2017 年 1 月 11 日 09:43:36: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P
 

インスリンとは何か?(その1)

インスリンとは何か?

インスリンは、
血糖値を下げるホルモンという理解が
一般的だろう。

しかし、
真実は違う。
今日はそれについて書いてみよう。

インスリン作用の本質は、
「脂肪酸合成の亢進」と
「タンパク質合成の亢進」である。

これを、
簡単に言えば、
中性脂肪と筋肉細胞の増加であり
貯蔵である。

さらにこれを、
具体的に言えば体重増であり
肥満という言い方もできる。

これは何を意味するか?

簡単に言えば
「飢餓時の蓄え」
である。

具体的には、
「中性脂肪」はβ酸化を通してケトン体回路を
稼働させることになる。

※注意してもらいたいのは、
 飢餓時でなくとも、
 糖質制限すれば、
 β酸化を通してケトン体回路が稼働する。

一方、
「筋肉細胞」は
糖新生によってブドウ糖の合成を行い、
血糖値の適正維持を保持する。

このように、
我々人類は、
飢餓状態に陥っても
水を飲むだけで、
しばらく生きながらえるのである。

よく、愚かな医師が、
糖質制限を行うと
低血糖になると
馬鹿げたことを言うことがあるが、

筋肉がアミノ酸になり
アミノ酸が
糖新生で
ブドウ糖を体内合成し、
血液中に24時間体制で
供給されていることを知らないようである。

北海道で1週間以上
水だけで過ごした少年に
低血糖症状は起きていなかったことを
知らないようである。

通常、
徹底した糖質制限を行っていると
毎時6〜10g程度のブドウ糖が糖新生で
血中に供給されている。

このブドウ糖は、
血中の赤血球での代謝や
脳のグリア細胞での代謝で
それなりに消費されるが、
それでも高血糖になってしまうので、
インスリン基礎分泌で、
上昇分のブドウ糖を取り込み
細胞にブドウ糖の供給を行っている。

あと、
あまり取りあげられることが少ないが、
既に述べたように、
アミノ酸もインスリンの作用で、
筋肉に取り込まれ
たんぱく質の合成に一役買っている。

結果的にこのタンパク質合成は
筋肉になり、
その筋肉がアミノ酸になり、
やがて、
そのアミノ酸が、
糖新生に利用され、
ブドウ糖になり、
血液中のブドウ糖になって
血糖の維持に貢献することになるのである。

まさに、
アミノ酸とブドウ糖のリサイクルが
連綿と行われている。

聡明な人なら
この文章に触れて
すぐに気付いただろう。

糖質を経口摂取せずとも、
体内合成で、
血中のブドウ糖濃度(血糖値)は適正濃度に
保持されるという
ヒトの生体の普遍的真理に気付くであろう。

したがって、
インスリンの本質的な作用は、
血糖値を降下させることではなく、
血中の余剰なブドウ糖を取り込み
飢餓時の中性脂肪として貯蔵するホルモンである。

付け加えれば、
みなさん、ご存知ないだろうが、
血中のアミノ酸濃度が上昇すると
インスリンの追加分泌が始まるように
血中の過剰なアミノ酸を取り込み
筋肉細胞に供給し、
タンパク質合成を促進させ
筋肉を増殖させるホルモンでもある。

結果的に中性脂肪の増と
筋肉細胞の増は、
飢餓時に役に立つことになり、
餓死からヒトを守ることになるのである。

次回はインスリンのマイナス面について
書いてみよう。

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 中川隆[6004] koaQ7Jey 2017年1月11日 10:14:59 : b5JdkWvGxs : DbsSfawrpEw[6448]
糖質制限やると脳に栄養が行き渡らなくなって知恵遅れになるんだよ

そもそも糖尿病は肝臓の機能障害なんだから、それを放置して血糖値だけ低くする事に意味は無いしね


糖質制限食がダメな理由・・・・・古代人のミイラが語る・・・・
http://www.asyura2.com/09/revival3/msg/585.html


炭水化物を摂らない事のデメリットは、

•脳に栄養が回らなくなるため、集中力がなくなる

•体内のたんぱく質が分解される事により、疲れやすくなる

•肝臓に蓄えられている糖質が分解される事になるため、肝臓の機能が低下する


長期に渡り炭水化物抜きダイエットを行うと、血液がドロドロになるという事も起こってきます。


体内のバランスが保てなくなってくるためです。


血液がドロドロになると、

•心筋梗塞
•脳卒中
•動脈硬化

などを起こしやすくします。


炭水化物抜きダイエットをされてる方に、「炭水化物抜きダイエット」を長期続けるのは危険である事を知って頂ければと思います。
http://www.idobata.link/entry/%E7%82%AD%E6%B0%B4%E5%8C%96%E7%89%A9%E6%8A%9C%E3%81%8D%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%92%E9%95%B7%E6%9C%9F%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%81%9F%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%81%AE%E5%8D%B1%E9%99%BA%E6%80%A7


2. BRIAN ENO[1138] QlJJQU4gRU5P 2017年1月11日 13:50:46 : DkkzjcqQfQ : bLQyh4yag4E[40]
血中ブドウ糖の正体は「経過産物」である!
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/254.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2016 年 12 月 24 日 14:10:38: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P

インスリンは飢餓時の蓄えホルモンである(インスリン、その功と罪)
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/250.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2016 年 12 月 23 日 22:11:52: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P

インスリンと糖尿病患者の歴史
http://www.asyura2.com/16/iryo5/msg/443.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2016 年 12 月 25 日 20:00:08: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P

糖尿病に勝ちたければ、インスリンに頼るのをやめなさい!
http://www.asyura2.com/16/iryo5/msg/433.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2016 年 12 月 19 日 11:07:55: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P

「インスリン分泌⇒活性酸素醸造」がもたらす「変異原性」の恐怖!
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/253.html
投稿者 BRIAN ENO 日時 2016 年 12 月 24 日 09:02:41: tZW9Ar4r/Y2EU QlJJQU4gRU5P


3. 2017年1月11日 23:51:19 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[3504]

>インスリンとは何か

インスリンに限らず、生体物質の作用(機能)に本質などはないが、

生体内での機能として言えば、血糖値の上昇に応じてβ細胞で合成・分泌され、インスリン受容体に結合するシグナル伝達物質ということだ

当然、環境や生体の状況により、生存にとって有利にも不利にも働く

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3

膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。名前はラテン語の insula (島)に由来する。21アミノ酸残基のA鎖と、30アミノ酸残基のB鎖が2つのジスルフィド結合を介してつながったもの。C-ペプチドは、インスリン生成の際、プロインスリンから切り放された部分を指す。


インスリンは細胞膜にあるインスリン受容体に結合する。
インスリン受容体は、インスリンが結合するとチロシンキナーゼとして活性化し、細胞質内のIRS-1(Insulin Receptor Substrate-1)がリン酸化される。
IRS-1→PI3キナーゼ(ホスファチジルイノシトール3キナーゼ)→PKB(プロテインキナーゼB)と信号が伝達され、細胞質のGLUT-4(GLUcose Transporter-4)が細胞表面へ浮上する。
GLUT-4はグルコースをカリウムとともに血中から細胞内へ取り込む。例えばGLUT-4が多く存在する脂肪細胞に取り込まれたグルコースは細胞中で中性脂肪へ変換、蓄積される。
インスリンにより交感神経系が刺激され、Na+/H+交換輸送体機能が亢進し、尿細管でのNa+再吸収が増加して、体内のNa+量と水分量が増加して、高血圧や浮腫をきたす。
インスリンは腎の近位尿細管細胞にあるNa+依存性モノカルボン酸トランスポーター(SMCT1)に作用し、Na+の再吸収を亢進させる。[1]


4. 2017年1月11日 23:52:59 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[3505]

>>01 糖質制限やると脳に栄養が行き渡らなくなって知恵遅れになる

相変わらずの低知能ぶりだなw


5. 2017年1月13日 02:37:24 : g6vmrX7vKQ : t9Zhmq9WDwY[5]
炭水化物沢山取ってるので安心です

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 不安と不健康18掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
不安と不健康18掲示板  
次へ