★阿修羅♪ > 国際15 > 154.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
マザー・ジョーンズ誌に脱帽(マスコミに載らない海外記事)
http://www.asyura2.com/16/kokusai15/msg/154.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 8 月 28 日 12:12:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

マザー・ジョーンズ誌に脱帽
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/post-b393.html
2016年8月28日 マスコミに載らない海外記事


Paul Craig Roberts
2016年8月23日

アメリカの民営刑務所の株が、株式市場で取り引きされているのを、一体何人のアメリカ人が知っているだろう? 腐敗した共和党政治家は、民間オーナーが運営する刑務所は、費用効率がより高いというインチキな主張をし、自由市場イデオローグは、納税者が苦労して稼いだ金を、お気に入りの政治インサイダーに回す言い訳を提供している。マザー・ジョーンズの記者が、民営刑務所守衛の職につき、民営刑務所では、想像を絶する暴力が行われていることを発見した。マザー・ジョーンズに掲載された記事に対し、アメリカ司法省の高官は、連邦政府は、民営刑務所との接触を断つ予定だと述べた。http://www.motherjones.com/politics/2016/08/department-justice-plans-end-private-prison

共和党は、不正な手段で私腹を肥やすため、リバタリアン“自由市場”イデオローグを利用することを身につけた。リバタリアンお気に入りの民営化は、公的機能を自分自身や仲間のための、何百万ドルの事業に変える共和党の手口だ。国軍の場合、アメリカ軍の民営化された部分は、数十億ドル産業だ。

大半のアメリカ人は、余りに洗脳されていて、オバマケアが“公的医療”ではないことが理解できない。オバマケアは医療の民営化だ。オバマが、民間保険会社に、オバマケア案を書くのを許したのだ。オバマケアがしているのは、連邦の助成金を民間保険会社のポケットに回すことだ。保険の控除免責金額と、患者一部負担金が余りに高すぎて、保険料助成の有資格者は、保険契約を利用することができない。

共和党は、メディケアと社会保障の民営化を狙っている。メディケア民営化に向かわせるきっかけは、メディケアが支払っている医療費請求のわずかな手数料だ。医療提供者たちは、メディケアの患者に医療を提供するのは儲からないことに気がつき始めている。医師たちが、メディケアのもとで医療を提供するのを止めれば、膨大な給与税収入が“より効率的な”民間医療提供者の手に流れ込むことになる。

社会保障民営化に向かわせるきっかけは、社会保障受給者に対する生活費調整をなくすため、インフレを過小評価する消費者価格指数“改革”だ。社会保障支給の本当の価値が絶えず下落し続けていることが、大規模な経済的困難をもたらすことになる。この困難が、社会保障制度への信頼を傷つけ、社会保障制度を民営化するのに利用されることになる。

“民営化”という言葉を聞かされたら、必ず、大衆から金を巻き上げ、インサイダーの儲けを生み出す詐欺的仕組みが作られるのだと思うことだ。

Paul Craig Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the West、HOW AMERICA WAS LOST、The Neoconservative Threat to World Order.が購入可能。

記事原文のurl:http://www.paulcraigroberts.org/2016/08/23/hats-off-to-mother-jones-paul-craig-roberts/
----------

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年8月28日 12:35:18 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2483]

暴力は民営刑務所に限らないよ

http://www.newslogusa.com/?p=96
深刻な米刑務所内での性的暴行 
By マクレーン 末子 on August 5, 2005

 米国の連邦・州刑務所の性的暴行の実態が最近、米司法省によって公表された。同省の報告では、入所者が、看守や入所者から性的暴行を受けているケースが目立った。こうした実態がわかったのは初めて。しかし、被害者が暴行の事実を隠したがる傾向があるため、実際の被害状況は氷山の一角との見方もある。 
 
 各種報道を総合すると、米国の刑務所の収容者は約210万人。司法省の報告では、性的暴行の件数は8210件に達している。今年6月にはワシントンで初の公聴会が開かれ、被害者たちは生々しくレイプの実態を証言した。 
 
 報告では、42%が看守からの、37%が入所者による暴行だった。それ以外は看守・入所者からの暴行にまでは至らない性的いやがらせである。女性は入所者全体の10%以下だが、州刑務所での性的暴行の被害者の半数を占めている。 
 
 人権擁護団体SPR(刑務所内でのレイプをやめさせよう)によると、男性の性的暴行の被害者の80%は入所者から、女性の場合80%は看守から暴行を受けている。 
 
 男性の場合、標的にされるのは若い新参者。大部屋やシャワールーム、看守の目の届かない場所で、複数の入所者によってえじきとなる。度重なる暴行に耐えかね、多くは看守に助けを求めるが、無視されている。 
 
 同ウエブサイトでは、6月14日開かれた公聴会での、5人の被害者の証言を載せている。 
 
 そのうちの一人、ケイス・デイブラシオさんは、証券取引法違反で、ウェストバージニア州の刑務所で服役を受けた。150人の入所者に常勤の看守は1人。刑務所内には、10以上の死角の場所があり、そこで、性的暴行は続けられた。そしてその結果、デイブラシオさんはHIVに感染する。 
 
 現在出所したデイブラシオさんは、エイズと、精神的ストレスの両方と闘う日々である。性的虐待の日々は心に大きく傷を残している。いまだ群集の中へ入っていけないという。 
 
 被害者の中には、性的虐待に耐え切れず、命を絶ったケースもある。ロドニー・ヒューリンさんがそうである。公聴会では、母親のリンダさんが、息子の無念を晴らすため証言に立った。 


2. 2016年8月28日 12:50:18 : nJF6kGWndY : n7GottskVWw[2484]

もちろん、米国など、かなり甘い方だと言える

http://crazyworld.be/archives/1719
この世の地獄を体感できる場所!?人権無視、過酷すぎる世界の刑務所 top10

8.Petak アイランド刑務所/ロシア

3_e3
ロシアに安全な刑務所はほぼないと言っていいだろう。北西ロシアのベロエ湖にあるPetak・アイランドは国内最悪の囚人を入れる留置所で、厳重に警備されている。塀に隔てられて孤立するその施設は、すきま風が入る大きな要塞で、周りはヨーロッパで最も大きな湖ベスト10に数えられる広大な湖に囲まれている。


囚人達が訪問者に会えるのは1年に2日しかない。その孤立感と空調設備の無さから、その島で過ごす者の多くは刑期を完全に終える前に発狂すると言われている。この地域の冬の寒さは極めて厳しく、1月の平均気温は−12℃で、ひどい時には−40℃にもなる。自然環境が囚人達の寿命を縮めてしまうのだ。

7.バンクワン刑務所/タイ

一般的な囚人は拘束具をつけられて刑期の最初の3ヶ月間を過ごすが、死刑囚は拘束具を外されることはない。

食事は野菜を添えたボウル1杯のご飯が1日に1度だけ与えられる。囚人が必要な食品や品物を購入できる雑貨店はある。大半は栄養失調になったり、予防可能な病気に苦しむ。この刑務所には水が無く、下水設備がかろうじて機能している程度で、厳しい過密状態にある。


6.サバネタ刑務所/ベネズエラ
 
悪名高いこの刑務所にぶち込まれたベネズエラ人は、シャバに戻る前に死ぬ可能性が高い。ウーゴ・チャベス前大統領はこの刑務所を「地獄の入り口」と称していた。過密状態のうえに資金も人手不足しているのだ。

ほぼ管理者不在状態の施設内はギャングが実権をにぎり、暴行は恐ろしい習慣の一部となっており常に死と隣り合わせという環境だ。暴動は日常茶飯事で、殺人もありふれている。2012年に591人の囚人が殺された。2013年9月、16人が死亡する事件が起きたことから施設に捜査が入り、囚人達が隠し持っていた大量の武器が発見された。看守達は22,000発の銃弾や拳銃にライフル、そしてマリファナとコカインを貯蔵するための地下トンネルを押収した。


5.ディヤルバクル刑務所/トルコ

6_e2
1980年開設したこの施設も厳重な警備体制が敷かれており、地域のクルド人に「地獄」呼ばれ恐れられている。犯罪者や政治犯の留置する施設はひどい過密状態にあり、その壁面に血塗られた歴史がうかがえる。開設以来、何百人もの囚人が拷問で死亡し、何十人もの囚人がその残忍な行為から逃げようと自らの体に火をつけている。現在このディヤルバクルを含めたトルコ内の刑務所には13歳から17歳の少年少女が350人以上も服役している。

4.グルダニ刑務所/グルジア

7_e1
この刑務所の恐ろしさはインターネットの普及により明らかになった。囚人への暴行や鞭打ち、そして拷問の動画がネット上に現れたため、旧ソビエト連邦はこの刑務所の調査に乗り出すハメになった。


録画されたビデオには、看守達が計画的に警棒とほうきの柄を囚人の尻の穴に突っ込む様子が映っていた。動画が世界中に流れたため、グルダニの環境は良くなった。政府は動画に出ていたその看守達を逮捕ならびに起訴し、有罪判決を下した。

 

3.コトヌー民間刑務所/ベナン

8_e2
ベナンは西アフリカのトーゴとナイジェリアの隣に位置する小さな国だ。首都コトヌーの刑務所には、400人が限界の狭い場所に建っているにもかかわらず、およそ2,400人の男女と子供達が収容されている。言うまでもない超過密状態のため、シフトを組んで寝る囚人がいる一方で、睡眠中に窒息死する囚人もいる。

彼らの90%以上が裁判中だが、その手続きは裁判所の仕事が滞っているために数年はかかる。刑務所の環境の悪さは意図したものではなく、国の資金不足がもとになっている。国際的な援助があるものの、未だに多くの囚人達は予防できるはずの病気にかかって死亡している。

2.タンドール刑務所/シリア

9_e
無情な砂漠の中にある血塗られたシリアの刑務所には、政治犯と一般の犯罪者が一緒に監禁され、全員が平等に拷問を受ける。2001年にその設備は閉鎖されたが、2011年にわずかな改良を経て復活し、さらに大勢の囚人達を収容している。

看守達はやり放題し放題の野放し状態で、本やテレビ、ラジオもない刑務所では拷問が定番の娯楽となっている。


 
1.ギタラマ中央刑務所/ルワンダ

10_e2
ルワンダはかつて恐怖を経験している。ルワンダ虐殺によってこの国が引き裂かれ20年が経つが、ギタラマの刑務所には未だに恐怖が生き続けている。施設内は超過密状態に加え、資金も足りず、撲殺されなかった囚人達はいずれ飢えか病気で死ぬ。中には生き残るために他の囚人を殺して食べる囚人までいると言われている。

13
およそ信じ難い話だが、その刑務所は人間の根底にある本能と適者生存に支配されているのだ。そこに独房は無く、多くはベッドの下やむき出しの床、または廊下で眠らざるを得ない。定員500人の施設内に平均5倍以上の囚人が収容されている。

 

 

http://www.epochtimes.jp/jp/2013/03/print/prt_d81088.html
中国刑務所の「地獄絵図」 元収監者ニュージーランド人が証言

ケンシャンさんは初めの16カ月、広東省福山区の拘置所に収監された。50人が一つの部屋に押し込まれた。部屋には24時間電気がついており、大きな換気扇2つが常に回っていた。同室のタバコの煙により、持病の喘息が悪化し、何度か病院へ行った。体重が激減した。

 後に東莞刑務所に移った。一つの部屋を18人が共有し、ダブルベッドに2人で就寝した。時々、トイレが詰まると、そこから排泄物が溢れ出し、汚臭で寝ることが出来なかった。シラミやゴキブリ、ねずみが這い回り、寝ているときに噛まれるのは日常茶飯事だった。

 「食べ物は恐ろしくまずい。吐き気したくなるほど臭い。刑務所側はよく病死の豚や家畜を仕入れきて収監者に食べさせている」。刑務所内では赤痢が流行っていた。結果、4年間の刑務所生活で20キロ痩せた。

 1000人の収監者に対し1人の看守がつき、暴力と脅しで管理している。「人の道を踏み外した人間を更生させるなんて、とんでもない。看守たちに暴行されて死亡する人や重度の障害を残す人もいる」「スタンガンが口の中に押し込まれて、電気ショックを受けたこともある」「毎週、自殺者が出ている。だれもこんなことを気にしない」

 あるとき、殴ってきた看守に暴力で逆らったケンシャンさんは小さな独房に2週間入れられた。「部屋の地面に掘られた穴はトイレ。朝7時から、腕を組み、足を組みながら地面に座りることを強要された。体を動かすことは一切許されない」。また、夜9時から就寝するが、20分間ごとに起こされるという睡眠妨害を受けた。看守からは「何か『間違ったこと』をしたり、言ったりしたら、電気ショックを加えてやる」と脅された。

 それだけに留まらない。収監者たちは長時間の労働を強いられているという。「毎日朝5時に働きはじめ、夜7時に終業。従わなければ、暴行、電気ショック、唐辛子水スプレーなどの暴行を受ける」

 製造しているのは、大手航空会社の機内用イヤホン、電子部品などである。「来る日も来る日も働かされた。刑務所は年間1千万ドルの利益を儲けている」。さらに収監者たちはモルモットのように、薬品会社の新薬開発の治験を受けさせられているという。

 中国刑務所の闇の現実を広く世に伝えるため、ニュージーランドで活動を展開し始めた。収監者が製造する商品を扱う会社も、インターネットで暴露している。

 自宅は事件の被害者への慰謝料のため、妻が売り払った。母親は釈放の数カ月前に他界し、父親も事故死している。将来は不透明だが、これだけは心に決めている。「二度とあの地を踏むことはない」

http://www.recordchina.co.jp/a111883.html
刑務所長が受刑者の家族に金銭要求、「支払わないと受刑者を暴行」と脅す=中国ネット「看守は犯罪者よりもあくどい」「どこの刑務所も一緒」
Record china配信日時:2015年6月19日(金) 6時21分

2015年6月17日、中国紙・華商報によると、中国陝西省楡林市楡陽区看守所(刑務所)の元副所長・黄波(ホアン・ポー)被告は昨年12月、収賄の罪で懲役7年の実刑判決を受けた。

黄被告は同刑務所の受刑者7人の家族に自ら電話をかけ、洗濯代や食事補助費などの名目で1000元(約2万円)から13万元(約260万円)の金銭を支払うよう求めた。受刑者自身が黄被告の携帯電話を使って家族に電話をすることもあり、「金を送ってくれないと、殴る蹴るの暴行を受ける」と訴えることも。黄被告も「最近凶悪な死刑囚が入所した。このままでは、あなたの大事な夫(あるいは息子)が暴力沙汰に巻き込まれる」と脅したという。

この報道に対し、中国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられている。

「これって、どこの刑務所も一緒だよね」
「おれの知ってる刑務所はもっとひどい」
「悪いことをしたんだから、少しぐらい痛い目に遭えばいい」

「刑務所に入ってる人がすべて犯罪者だとは言えないよ。中国では」
「刑務所が居心地のよい場所だったら、懲役にならないだろ!」

「看守は犯罪者よりあくどい」
「刑務所も金次第か」
「汚職もここまで広がってるのか。世も末だ」(翻訳・編集/本郷)


http://matome.naver.jp/odai/2138001105223136201
KEI チカーノになった日本人
FBIの囮捜査にはめられ、カリフォルニアの刑務所に10年以上服役した男の壮絶なるハードコア・ライフ。抗争や殺人事件が日常茶飯事のアメリカの刑務所。そこには人種ごとに様々なグループがある。唯ひとりの日本人として孤独な闘いを続けたKEIだが、ある日、その暴力性、結束力で最も恐れられているチカーノ(メキシコ系アメリカ人ギャング)の伝説的なボスと運命的な出会いを果たし、彼らと家族同然の付き合いが始まる。チカーノは貧しいが、金では動かない。家族を大切にし、仲間のためには自己をも犠牲にするヤツらだった。新たな写真とエピソードを追加した改訂版。


3. 2016年8月28日 19:34:46 : Wnc6oSvgYA : @SAV2f9Nl3c[203]
恩恵は むしろ逃げてく 民営化

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 国際15掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
国際15掲示板  
次へ