★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199 > 637.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
海外メディアの特派員たちが安倍政権の報道圧力と権力に飼いならされた日本の報道機関に警鐘を鳴らす!(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo199/msg/637.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 14 日 09:55:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                自由民主党HPより


海外メディアの特派員たちが安倍政権の報道圧力と権力に飼いならされた日本の報道機関に警鐘を鳴らす!
http://lite-ra.com/2016/01/post-1889.html
2016.01.14. 海外特派員が安倍の報道圧力を批判! リテラ


 日本国内の報道が危機に瀕している。安倍政権は政権批判を封じ込めるために圧力をかけ、萎縮したマスコミは“自主規制”によって権力に不都合な事実を伝えない。

 ところが、そんな状況下でありながら、日本国内の危機意識は薄い。報道への圧力を「反日サヨクの妄想」と連呼するネトウヨはともかく、メディア関係者の中にも「政権からの圧力などありえない」「陰謀論だ」と冷笑する者が多数いることに愕然とさせられる。

 どうやら彼らは、現実問題として、海外で日本のメディアがどう位置付けられているかを知らないらしい。

 たとえば先日、本サイトは、国連からの命で安倍政権の報道圧力についての調査に乗り出した報告者を日本政府が拒絶した問題をお伝えした。すると1月10日、元・米「ニューヨーク・タイムズ」東京支局長であるマーティン・ファクラー氏が、その本サイト記事『安倍政権の“報道への圧力”全事件簿』(リンク)をリツイートし、拡散。安倍政権の圧力で報道の自由がますます狭められている日本の現状に警鐘を鳴らしたのだ。

 実際、海外の特派員は、権力や巨大利権共同体による報道圧力、それにいとも簡単に屈してしまう日本のジャーナリズムを、非常に厳しい目でみているようだ。

 昨年、「世界」(岩波書店)15年11月号が「海外特派員が見た 安倍政権・安保法案・日本のメディア」という座談会記事を組んだが、これを読むと、そのことがよくわかる。

 中野晃一・上智大学国際教養学部教授を司会に語り会うのは、前述のファクラー氏と、英「エコノミスト」記者であるディビッド・マックニール氏。ともに特派員として長年日本で取材を続けてきたジャーナリストである。

 興味深いのは、ふたりとも“安倍政権になって海外メディアで日本についての記事が増えている”と指摘していることだ。とくに慰安婦問題についての日本のメディア報道に対する発言は痛快ですらある。

「ある意味で、私は安倍さんに感謝したい。彼は歴史問題、とくに『慰安婦』問題についてよく発言するから、それに呼応して記事が増えざるをえないわけです」(マックニール氏)

「昨年(14年)八月、朝日バッシングが起きた時に本当におかしいとおもったのは、『慰安婦』問題を世界に広げたのは朝日だという批判があったことです。朝日ではない、安倍政権ですよ(笑)。安倍政権が『慰安婦』問題に言及しなければ、我々も書かないです」(ファクラー氏)

 一見、冗談のようだが、これは皮肉。国際的に大恥をさらしたのは「誤報」ではなく、安倍政権が主導した狂乱的な“朝日バッシング”のほうだと言っているのだ。

 実際、一昨年の朝日慰安婦報道問題にあたって、各国の特派員やジャーナリスト、識者たちはそろって安倍政権の異様さを指摘していた。例として「週刊現代」(講談社)10月11日号の特集記事「世界が見た『安倍政権』と『朝日新聞問題』」から、その声をいくつか引用する。

「今回の朝日叩きは、政府によるメディアリンチですよ。これは大罪です。そのうち『慰安婦を組織したのは朝日新聞だった』などと言い出すのではないでしょうか。それくらい馬鹿げたことをやっていると思います」(レジス・アルノー氏 仏「フィガロ」東京特派員)

「福島原発も戦争責任も、これまで日本政府が隠蔽してきたことで、朝日はそれらの追及を行ってきたからです。それを安倍首相は、右翼的言動で封殺しようとしている」(バーバラ・オードリッチ氏 独「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」元東京特派員)

「いまの日本で起こっているのは、ずばり『言論テロリズム』です。そのうち、安倍自民党の一党独裁国家になってしまう危険性を孕んでいます」(ダニエル・スナイダー氏 米スタンフォード大学アジア太平洋研究センター副所長)

 このように、海外では安倍政権によるメディア攻撃に苛烈な批判があがっているのである。ところが“被害者”であるはずの国内マスコミの感度は鈍く、人々もまた政府による「知る権利」の侵害に気がつかない。つまり、ここ日本では、報道の送り手も受け手も、安倍政権を忖度しすぎて、感覚が麻痺してしまっているのだろう。

 なぜそうなってしまったのか。理由のひとつは、ファクラー、マックニール両氏の共通した見解である“メディアが政府から自立していない”という問題だ。ファクラー氏は、福島第一原発事故を契機として、とりわけ第二次安倍政権の誕生後に「日本の全国紙やNHKにとって新しいタブー」が兆したと指摘している。

「原発事故後、一時的にですが原子力ムラの権力のメカニズムがあらわに見えたことがありました。既得権益層はそれにまた蓋をしようと躍起になった。まるで事故など起こらなかったかのように、事故前の状況に戻ろうとしたのです。本当は、日本に原発が必要かどうか含め、いろいろな議論が必要なのに、だんだん消えて、メディアの議論も狭い範囲に限定されてしまった」

 事実、本サイトで追及してきたように、昨年、“原子力タブー”は完全に蘇ったと言うべき状況となった。安倍政権の原発再稼働政策の興隆と同時に、新聞や雑誌には“原子力プロパガンダ広告”が復活。ご存知のとおり、原発に批判的な論調を継続していたテレビ朝日『報道ステーション』は古舘伊知郎キャスターの降板が決まった。

 さらに、昨年に強行可決された安保法制の成立過程を見ても、原発報道と「同じことが言える」という。

「集団的自衛権のような抽象的な言い方を使うから一般人にはよくわからないのですが、もっと根本的な議論が本当は必要だったはずです。日本は平和主義の国であり続けたいのか、外国の軍事基地は必要か、アメリカと対等な同盟国になりたいのか、日本はどういう方向に行くべきか――」

 これらは日本国憲法及び日米安保という、戦後日本の根幹的議題を指しているように思えるが、続けて日本メディアの現状をこのように評すのだ。

「こういう大事な論点に一生懸命触れないようにしている。原子力ムラよりさらに大きな既得権益があるからでしょう。いまの官僚体制、自民党支配の全体にかかわっている問題です。だから、議論を狭い範囲に制限しようとする動きがあり、さきほど申し上げたタブーもそういう動きの一環です。メディアも、残念ながら広い意味で官僚制度の一つの部分にしか見えません」

 また、マックニール氏も、安保法制に関する報道について「マスメディアの失敗でもある」「大手紙の記者はもっと追及すべきだったのに、政治家からの情報を垂れ流すばかりで、それでは一般市民にはわからない」と苦言を呈している。

 日本には記者クラブという珍妙なシステムがあり、海外の目からみれば“官僚制度の一部”と映ってもしかたがない。ようは、新聞やテレビ局は、政府に飼い慣らされることで情報をもらっている。

 この構造が、政権批判をして目をつけられてはたまらないといった萎縮を生み、ファクラー氏がいうように、逆に「大事な論点に一生懸命触れないように」する気質が温存され続けるのだ。政治権力による圧力は「反日サヨクの妄想」などではなく、この構造を意識できないほど日本のメディアで内在化しているということだろう。

 よくいわれる日本のガラパゴス化は「表現の自由」という民主主義の根幹の部分にまで及んでいるのだ。

(小杉みすず)


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月14日 11:12:01 : tF8tKcEMgk : AzsrbsITijc[13]
景気が低迷し、広告料が容易に増さない状況下で、広告主や情報提供元に弱いメディアの体質が色濃く出るようになったのだろう。そもそもメディアに勤めるサラリーマン(経営陣を含めて)が高給取りになって庶民性が失われて、それが雇用条件の悪化する市場の中で報道精神どを失わせてしまったということにつきよう。

2. 佐助[3235] jbKPlQ 2016年1月14日 11:48:19 : QXWXtKzZVU : KMxE_bHF90o[239]
現在の日本は、人類史上類をみない「泥棒国家」(クレプトクラシー)である。民主主義国家ではありえないとされる一部の特権階級によるオリガーキー(寡頭政治)が行われている国であり、

政治経済の低迷とマスメディアの既得利権,捏造報道などにより日本市場の縮小は絶対に避けられない。また増税不況では買うのを我慢する買えない、から買えなくなるに移行させるために経済は縮小する、家電・大工・酒タバコの三種の神器を取り上げたウオールマートの様な巨大流通を誕生させたが三種の神器を欠き、低価格なら売れると錯覚して、物まねした日本では敗退して消滅したのと同様の道を歩む。

真実情報を伝えないで、歪めた情報を意図的に流すマスコミ,テレビ・新聞は粗大ゴミで、国民が逃げるのは当然だ。国民を騙す放送や報道を繰り返すテレビ・新聞は、退場あるのみだ。国民にとって重要なことは報道せず、国民をダマスための憶測・創作(捏造)報道を繰り返す横並び大手マスメディア(テレビ・ラジオ・新聞)。この事実を全国民が了解しなければ、日本の真の独立と経済発展はありえない。

安倍ルール破壊政権を持ち上げる昨今の大手マスメディアにおいて、政治的利害関係やしがらみがからまったために人間的なあたたかな人間関係がうすめられ、やがてふみにじられてゆく姿を見るのは悲しいことである。社会の善意は踏みにじられ人と人との結びつきも、利害関係によってくっついたり離れたりしている。利害関係を無視して産業、報道社会が動き得ないことは冷静な事実である。彼ら大手マスメディアは結局、弱者を小ばかにし、搾取されたり、虐げられたりするのは当然だと思っている。所謂、選民意識である。

大手マスコミと政・官・業の癒着は、この世のパラダイス、ヤクザと一緒に国民を食い尽くそう。どうせ、バカ国民は気がつかない。もしバレても、そのときは国家破産。全員沈没で誰も助からない。アベノミマスや改革はまっ赤な嘘、国民からいかに金を奪うか、日本は今それしか頭にない、ゾンビたちに乗っ取られているのです。騙して、支配して、富を巻き上げる。これは日本がまさに闇の世界権力のミニチュア版になりさがったということです。

社会の木鐸としての機能が大手マスメディアから消え去ってしまっている,こうした「官僚、政治、報道」が一体となった「政・官・報」複合体が、日本の支配体制の正体です。事実上の「大本営発表体制」ができあがっているのです。つまり「メディア・リテラシー」といわれる報道を批判的に受け止める力を強めることが急務です。


3. 2016年1月14日 12:43:13 : vOTN69L7AA : SYsgPojkeFE[90]
テレビではトランプの登場を排外主義者として伝え、ヨーロッパの排外主義を唱える政党の躍進を極右勢力の台頭と呼ぶ。
それを御用メディア人が何の問題もなくそんな言葉遣いで論評する。
おかしくないか?おかしいでしょ。
日本こそ極右が真っ先に政権自体をとってしまったのに。
それがスルーされてしまう不思議。

4. 2016年1月14日 16:35:10 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[116]
  そもそも記者クラブという仲良しクラブが護送船団ムラ主導で設置され、政府から垂れ流しの御用情報を誌面に載せるだけ、という時点で、先進国のメディアとは思えない、途上国、未開国の様相を呈している。
  しかも、記者クラブには厳しい入会規制があるようで、一介の報道記者は絶対に入れないということである。
  諸外国報道関係者がふらりと記者会見に同席するということは不可能であり、ましてや記者クラブメンバーであっても唐突な質問は絶対に受け付けられないのである。
  質問が有れば事前に事務方に知らせなければならず、しかも記者クラブの基準に合致した質問しか出来ないようになっているようである。
  こうしたマスコミ対応は、他の先進国ではあり得ないことだろう。
  そもそも世界共通語として普及している英語を日本政府は世界共通語として認めていない時点で、外国人記者の唐突な質問を受け付けることは不可能だろう。
  日米安保条約は世界の戦争地図を書き換えることになるほどの大転換であるにもかかわらず、共通語としての英語に関してはどういう訳か鬼畜米英の名残を残し、英語の共用化を望んでいないのが日本政府である。
  どう考えても、集団的自衛権行使で世界に出るつもりなら、記者会見くらいは飛び入りの外国人が英語で事前打ち合わせ無しの質問をする程度は公人として耐えなければならない筈である。
  結局のところ、真摯、誠実、正直、という、いわば世界に巨大兵器を担いで出て行こうとする国家であればあるほど必要な、品格、風格というものが日本政府には伴っておらず、軍事政策において大事な情報公開という部分で、無用な選別、差別が甚だしいのである。
  世界が知りたいことを知る事が出来なければ一国家の暴走は止められない。暗黙裡の内に軍事外交をする国であってはならない、という点では、外国人ならずとも、日本政府関係者の思考回路は戦後70年を経ても未だ理解し難いのである。

5. 2016年1月14日 18:51:29 : TdXl3zjOk6 : o0YMIRp8kDs[18]
>>2さんへ
日本の「寡頭制支配」と言う政治構造は、「士農工商」の昔から続いているので、かなり根の深い話なのだと思いますよ・・・明治維新においても、その「少数支配の寡頭制」と言う本質は、全く変わっていませんし、新たに「官尊民卑」の「寡頭制支配」が、造られただけなのです・・・勿論、戦後も本質は変わらない・・・明治維新で変わったのは、地方分権の封建制が、中央集権制となっただけで、そのCは力は、より強力になっただけなのです・・・ですから、残念ながら、この日本人の奴隷根性は、「骨肉」にまで染みついております・・・ほとんどの日本国民が望むことは、この「寡頭制支配」の末端にしがみついて、おこぼれにあずかる事・・・マスメディアに携わる者の意識も、本質的に、この「奴隷根性」に有るのですけれど、それが「骨肉」に染みついているために、意識にさえ昇らない・・・それが本質だと思います・・・常に自立できない、日本人そのものの病理ですね・・・本質的に、支配に慣れ過ぎた、12歳の子供なのです・・・「覚醒」は実に、「茨の道」です、あと100年はかかるかも・・・でも多分、それまでに、日本は滅びると思う・・・・

6. 2016年1月14日 19:36:42 : l8WffhuhqA : 3peqmrmOm0U[42]
心配を 見せつつ陰で 呆れ果て

7. 2016年1月14日 20:23:19 : WU5tzXK3yM : 4HOMEu0KNdU[4]
日本のテレビで知る海外の情報は本質をついていない。
かえって世界の本当の情勢から遠ざかる。
クールジャパンもそうとういかがわしい。

日本の結婚式、キリスト教式に牧師や神父まがいの人の前で彼女を永遠に愛しますとかいうのが好きらしいが、男も女もその相手の女に誓うと思っているらしい。


8. ベオバハター[15] g3iDSYNvg26DXoFb 2016年1月15日 00:57:27 : cE4rUKDiLU : n1INWyPXg_E[2]
大晦日の第二ドイツテレビ(ZDF)が伝えた日韓慰安婦和解報道は明け透けに
問題点を報じていた。アケスケ(ドイツ語ではザハリヒ)な報道は気持ちがいいよな。朝日も野垂れ死にするくらいなら、花と散れ。

9. 2016年1月15日 01:43:59 : fpt8itpB5Q : zW@YYVl31Kw[159]
この言論テロリズムの先に何があるのかに考えが及ぶ人はおらんのか

10. 2016年1月15日 06:35:51 : bbP36BwN4k : 09E5AKRnsNs[50]
外圧に弱い日本メディアも、ホワイトハウスが動かなければ変わらないな。
安倍もホワイトハウスの意向で「慰安婦問題」に決着したつもりだろうが、言ったそばから「あれは商行為」だったと寝言をいうお仲間が現れる。ほとほと懲りない面々だこと。

11. 2016年1月15日 07:23:19 : gha4wQHsWY : GtXYfrVLY6Y[139]

明治時代「新聞紙条例」があった。

    そして戦前も「新聞紙条例」があった。
    これは政府批判させない報道規制で、

    今が酷似している。


12. 2016年1月15日 10:13:42 : mV7TPFxAMI : 1psDVcB4D9o[10]
文化、経済は一流でも政治は4流5流という事です。安倍総理を見ても下着泥棒が大臣をしている国です、未だに記者クラブ制度があるのもこれだけマスコミ統制している先進国はない。

13. 歯磨き右近高山[265] jpWWgYKriUWL342CjlI 2016年1月15日 15:20:37 : Ei32Ua84Dk : eHUAZN8@LkI[7]
駄目リカと距離を置く政治家、論客は石橋湛山、池田勇人、田中角栄、細川護煕、小澤一郎、橋本龍太郎、小渕恵三 & his daughter、植草一秀、森田実…と、毒を盛られたり冤罪被害に遭うが、「記者クラブ」廃止を唱えて後に「水害への対処不充分」とのデマを流されて失脚した田中康夫・元長野県知事、という例もある。

PENTAGON or CIA→Japanese Politicians→日本の新聞とTVというRight-Wing-Underground-Moneyが存在するのかも知れません。


14. 2016年1月15日 15:47:01 : wo1FNLaOyk : uVNViAAi@xU[149]
「川育ちは川で果てる」という」ということわざがあります。日本は敗戦後70年経て「日本軍国主義と国家主義体制〉当時の近い形へ里帰りしていると感じます。「時節到来」と「息をひそめていた前記体制の後継者連中や武闘派思想」がゾンビのように立ちあがつて来ている感じです。

15. 空虚[73] i_OLlQ 2016年1月15日 16:42:34 : eziOvQvqEo : cxAZeImDTIo[1]
皆様のおっしゃる通りですねぇ・・・。
判官贔屓とかね、江戸っ子気質とかね・・・
そんなもんは、絶滅危惧種だわ。
昔の馬鹿には、可愛げってもんがあったんだけどね。

品がなくても、卑しい人間にはなりたくなかった。

安倍のような輩は「下種な奴だ」って言われて相手にされんもんだった。

似非愛国の売国ウヨ・・・長いもんに巻かれて恥をしらん爺婆・・・
職人魂を売り渡した売文屋・・・

でもなぁ・・・めっきり少なくなった絶滅危惧種が
阿修羅に来るの見てると、諦められないんだよねぇ。

奴らがサヨとか呼んでる人見てっと、寧ろガチガチの右翼じゃないか?
って思うよ。



16. 2016年1月15日 18:09:09 : dBT9tUplYQ : HktFcJbPKUs[12]
15さま
(うまく表現できていないかもしれませんが)

そうですね。いちばん古くからこの国にいる
人達ですね。その人達が実はいちばん・・・

この国や世界のことを
大きな視点から

心配しているのだと思います。それは
或る立場が名づけたに過ぎない「右翼」
ということばとは
少し異なると思いますが

今の生活を守っていたい
「彼ら」の眼から見たら
そうかもしれませんね。彼らとは
本来この国に来て
平和な国を共に創ることが
できなかった人達を指しています・・・




[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い

17. 空虚[75] i_OLlQ 2016年1月15日 18:55:59 : I7RlEsb3CM : F7ddQGQmdjY[2]
>16様

そう、右翼なんて薄っぺらな言葉じゃ表現できないですよね。

あなた様のような、この国土とそこに暮らす普通の人の幸福を

願う、ごくごく良識的な人・・・そんなふうにしか愚者には表現

しようもないのですが・・・。

申し訳ない。

  


18. 2016年1月15日 23:19:20 : zgm38gr83Y : 89yOwHRlWDs[55]
暴力と恐怖、そして金による支配が定着してしまったのでしょうか?
マスコミには金によるアメもいっているのでしょう。被害者は知る権利を奪われ、税金もとられる一方の一般国民です。
長い年月の先に、国民による怒りが爆発し、支配者への暴力で幕となるのでしょうか?

19. 2016年1月16日 02:14:54 : FQcYphdnoA : IaQ6rQPoTOU[9]
この日本の諸市民の種々雑多な意見した投稿版は海外$\?からアクセス可能であるか?
多くの他国人が見れると良いな

englishに翻訳されると良いが、最悪そのままでも良い。

どうだろう?


20. 2016年1月16日 02:32:20 : 8qFia7fR2f : hAZVedG2eQY[1]
日本の慰安婦問題は決して言い訳できることではありませんが、かといってドイツが殊更日本をあげつらうのは、ドイツの競争相手が実は日本だからでしょう。

南京虐殺の話は毎年夏になるとこれでもか、これでもかとTVや雑誌で特集されます。
ホロコーストを知りながら止められなかったドイツは、誰かを血祭りに上げねば収まらないというところでしょう。
因みに、ユダヤ人虐殺のドキュメンタリーはドイツではなく、オーストリア製が優れているという印象です。ドイツ製の作品はどこか言い訳めいていて臭い。

報道の自由など本当の所、世界の何処に在るのでしょう?あっても、比較的自由と言う程度でしょう。

ところで、日本のガラパゴス化には良い事が多いように思います。
欧米は言ってみれば悪ガキ同盟です。政治家は産業界の使い走りで、金儲けの為にあちこち戦争を仕掛けたり、ロシアに因縁を付けて仲間はずれにして結束を強めているのです。トルコのエルドアンは保身の為に独裁を強めていますが、EUの難民問題で協力する姿勢を見せているので、EUはトルコに強い事を言えないのが現状です。
15日トルコ警察はクルド人虐殺を非難する学者や識者2千人を捜査、12人を逮捕したと伝えられています。国家を侮辱したというのが理由だそうで。日本では未だ余り話題になっていないようですね。
http://www.theguardian.com/world/2016/jan/15/turkey-rounds-up-academics-who-signed-petition-denouncing-attacks-on-kurds


21. 2016年1月16日 07:38:22 : dBT9tUplYQ : HktFcJbPKUs[13]
17さま

おはようございます。

なんにも知らないようなふりをしている人、
馬とか鹿とあざけりわらわれている人が
実は本質的に
もっとも賢い人であろうかと
思います。

なぜならその人々は、
空をみて、
地面をみて
まっすぐに歩くことを
知っているからです。

利口とは、狡猾と紙一重です。
考えが足りない
壊れた秤で金を計ることしか知らない
本物の愚者が
国を私物化していて困ります・・・



[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い

22. 2016年1月16日 22:57:11 : 4anNpoN46E : sJSsCVnay_I[1]
19さん、

阿修羅投稿欄は海外からも閲覧・投稿可能です。
翻訳ソフトは未だイマイチなので、日本語が理解できる必要があります。
かくいう私も阿修羅を大いに参考にさせて頂いています。
阿修羅とIWJのチェックは日課です。
ツイッターからも情報がいろいろ入ってくるので重宝しています。


23. 歯磨き右近高山[273] jpWWgYKriUWL342CjlI 2016年1月17日 10:22:22 : bNv6GIiRAI : W46F4HA9adQ[4]
>>20
日本やドイツは直近の大戦の敗戦国だから、韓国や中国での植民地支配、ドイツはNazisがあったから、民族差別防止にNervousにならざるを得ない部分は有るでしょう。しかし、直ぐそばに極めて多様なNationsが存在するGermanyと、隣国がRussia,China,South Korea,Taiwan…Only four ❗❗❗❗neighbours.の日本、という温度差があります。

🐼や🇰🇷は「Germanyのような形での敗戦国としての感覚」を日本に要求したいのかも知れません。しかし、Nazisが行った「酷い事」と、「日本が中韓でやったこと」とを天秤にかけられる訳が無いと思いませんか?

が、トドのつまりは日本人の島国根性ですよ。国際関係の難しさを甘く見ている奴ほど、軽々しく「groval化」って抜かして、「良い意味でのガラパゴス」を破壊する「毒茸中弊憎」な改悪をしてくれる。
ソクラテスは「貴方自身を研究しなさい」と、述べたと言われていますが、我が日本は地形的には🇰🇷や🐼の沖にある巨大な島ですが、We have accepted too much influence both on culture and civilisation.であり、福澤諭吉の掲げたスローガンとして有名な脱亜入欧は、世紀末の頃気が付いて見ると、Asiaなのか欧米なのか判らないNationと化し、駄目リカの悪いところと戦前日本の悪いところを併存させようとするバカウヨ性痔禍、論客が跳梁跋扈してしまいました。(後述する金 慶珠東海大学准教授の本は、池上彰も真っ青?の解り易さです。)

少々お高いですが、中東のような「日本人にとって難解な戦争、乃至は国際関係」を知りたいなら、「NewsWeek日本版」ですね。TSUTAYAが2013年に、阪急の書店とsetで買収した会社が発行している、広告も文字数もチョー少なく、color photografyが「スゲー質、量」の薄く嵩張らないweekly magazineです。\460。

🇰🇷の現状をspeedyに知りたい方は、東海大学准教授の金 慶珠「歪みの国 韓国」。これも薄い新書で、女性ならではのsoftな文章に好印象を持ちました。

著者名は忘れたが、(1962年生まれの歴史家)新潮新書で「日本人のための世界史入門」ってのも、彼より2つ年上で、難易度の低い国立大卒で、「高校の社会科教師になるのに惜しい所で挫折した」私としては「ワクワクする本」でした。

Queen Elizabeth I 治世下の1588年に、英国がSpainから「陽の沈まない帝国」の座を奪う戦争に勝利した頃以降の世界史を学ばずに、「侵略してくるかも知れない怖い国」の定義をエラソーに語る輩は、人類の敵です。
>>19
現在の肩書きは不明ですが、前 New York Times Tokyo Correspondant(特派員)のMartin Fackler氏は、週刊金曜日、週刊現代、日刊ゲンダイを愛読し、2012年6月に双葉新書から上梓した「本当の事を伝えない日本の新聞」の中で、全国紙は9割方大本営発表だ、と言わんばかりに酷評する一方で、「週刊東洋経済」を、「日本経済新聞とは比べ物にならない優れた記事が満載」と、絶賛しました。

私は田村亮子銀行の人やAppleの人に、阿修羅の事を「日刊ゲンダイのようなノリで、一般人が痔眠狡冥盗に批判的なcommentをしている site」と説明しています。橋ゲッ‼罪住の市の駅前の、大型mansion 1Fの谷亮子BK(私がiPadを買ったのは神戸)の人が、「お客さんのお話をお聞きした限り、明らかに楽天さんがスポンサーですね。」だって。

多かれ少なかれ、Foreign Correspondants also read this site………と、思うよ。

上記の本を、Amazon secondhand-bookstoreで是非お読み下さい。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK199掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK199掲示板  
次へ