★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200 > 485.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
民主・岡田代表「市民連合ってよく分かりませんので」(田中龍作ジャーナル)
http://www.asyura2.com/16/senkyo200/msg/485.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 1 月 30 日 20:25:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

民主・岡田代表「市民連合ってよく分かりませんので」
http://tanakaryusaku.jp/2016/01/00012876
2016年1月30日 19:32 田中龍作ジャーナル



岡田代表のポスターに目もくれず会場を後にする連合神津会長。岡田代表が共産党との選挙協力に言及しなかったこともあり満足そうだった。=30日、都内 撮影:筆者=


 「民共連携は やらない ということでよいか? 野党第2党(=共産党)についての言及がなかったことについてお話を伺いたい」 ―


 きょう開かれた民主党定期大会終了後、インディペンデントメディアの編集者が岡田代表に質問した。


 「志を同じくする各党各派に呼び掛けて、特に1人区での戦いについて安倍自民党に総がかりで戦う態勢を築かなければならないということです」・・・岡田代表はニベもなく答えた。


 「共産党とは政策が違う」。岡田代表はじめ民主党幹部のかねてからの見解だ。


 来賓の神津里季生・連合会長は「勁草となって風に流されるな」と述べ、世論に左右されないよう釘をさした。世論の多くが共産党との選挙協力を望んでいるからだ。


 神津会長の言葉の余韻がまだ消えぬうち、岡田代表が「共産党と選挙協力」するなどとは口が裂けてもいえるはずがない。


 連合と民主党は「創価学会と公明党」の関係にたとえられることもある。



お気楽な民主党幹部たち。現状を認識していないのか、危機感のかけらも感じられなかった。=30日、都内 撮影:筆者=


 選挙では連合におんぶに抱っこでお世話になっている民主党。候補者選びにおいても当然、連合の意向が尊重される。


 参院新潟選挙区では、「市民連合」が音頭をとって森ゆうこ前参議院議員(生活の党と山本太郎となかまたち)を野党統一候補として担ぎ出そうとしていた。


 ところが民主党は菊田まきこ衆院議員(比例・北信越ブロック)から鞍替え出馬させる方針を固めた。ちかく常任幹事会で正式決定される見通しだ。


 田中は「市民連合が中心になって森ゆうこさんで行こうと固まりかけているが・・・」と質問した。


 岡田代表は「市民連合ってよく分かりませんので」と前置きしたうえで「各党プラス連合(労働組合の方)で今まで話しあってきたということです…(中略)正式に決まれば我々としては菊田さんでまとめて行きたい」と答えた。


 「参院選は民主党にとって、日本にとって極めて大事な選挙。1つは安保法制・・・」岡田代表は大会あいさつで述べている。


 ところが反安保を戦った運動体である市民連合を、あまり知らないご様子だった。


 共産党とも連携しない。「市民連合」も知らない。こんな民主党が維新とくっついたところでアベ政権にとっては痛くも痒くもない。


     〜終わり〜


           ◇


岡田代表「新党結成」選択肢から排除せず
動画→http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2691684.html
30日16:34 TBS


 民主党は30日午後に党大会を開き、この中で岡田代表は「新党結成も選択肢として排除されていない」と述べ、今後、維新の党との協議に入る考えを示しました。


 都内で開かれた民主党大会。夏の参議院選挙で、自民党に対抗できる野党勢力の結集に向け、民主党の一部と維新の党から合流を求める声があがっていることから、岡田代表の発言に注目が集まっていました。


 「新党結成も選択肢として排除されておりません。大切なことは、私は政策、理念が共有されて本気で政権を担う、そういう政治勢力ができるのかどうかということだと思います」(民主党 岡田克也代表)


 岡田氏は、合流の時期や民主党を解散して新たな党をめざすのかなど、具体的な言及はしませんでしたが「維新の松野代表としっかり話をしていきたい」と、協議に入る考えを示しました。


 「非常に秘めた覚悟が伝わってきた気がしますね。岡田さんにしては相当踏み込んでくれたなというふうに思っています」(維新の党 松野頼久代表)


 野党再編に積極的な維新の党・松野代表は、岡田発言に一定の評価を示しました。


 一方、民主党議員は・・・


 「ひとえに岡田代表の決断ということになります。私は決断いただけるものというふうに確信しています」(民主党 細野豪志政調会長)


 「お二人が話をされて、そしてしっかり国民に期待される新たなかたまり(新党)を作ってもらいたい」(民主党 前原誠司元外相)


 「覚悟は伝わるんですけど、だとすれば、やっぱり時間的な軸を言ってほしかったなと」(民主党 渡辺周衆議院議員)


 党大会では、夏の参議院選挙に向け「安倍政権の暴走にブレーキをかけ、政権交代への足がかりを再構築する」などとした活動方針が採択されましたが、衆参ダブル選挙もささやかれる中で、新党を旗揚げするのか民主党として臨むのか、その道筋は見えていません。


関連記事
【定期党大会】(1)2016年度定期大会を開催
https://www.dpj.or.jp/article/108250/%E3%80%90%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%85%9A%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%80%91%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%89%EF%BC%92%EF%BC%90%EF%BC%91%EF%BC%96%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%82%92%E9%96%8B%E5%82%AC

【定期党大会】(2)「国民的勢力を結集し、参院選勝利へ」岡田代表あいさつ
https://www.dpj.or.jp/article/108251/%E3%80%90%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%85%9A%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%80%91%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%89%E3%80%8C%E5%9B%BD%E6%B0%91%E7%9A%84%E5%8B%A2%E5%8A%9B%E3%82%92%E7%B5%90%E9%9B%86%E3%81%97%E3%80%81%E5%8F%82%E9%99%A2%E9%81%B8%E5%8B%9D%E5%88%A9%E3%81%B8%E3%80%8D%E5%B2%A1%E7%94%B0%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%95%E3%81%A4

【定期党大会】(3)「一人ひとりを大切にする国を作る」枝野幹事長の議案報告・提起を承認
https://www.dpj.or.jp/article/108253/%E3%80%90%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%85%9A%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%80%91%EF%BC%88%EF%BC%93%EF%BC%89%E3%80%8C%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%82%92%E5%A4%A7%E5%88%87%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B%E5%9B%BD%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8B%E3%80%8D%E6%9E%9D%E9%87%8E%E5%B9%B9%E4%BA%8B%E9%95%B7%E3%81%AE%E8%AD%B0%E6%A1%88%E5%A0%B1%E5%91%8A%E3%83%BB%E6%8F%90%E8%B5%B7%E3%82%92%E6%89%BF%E8%AA%8D

【定期党大会】(4)自治体議員表彰、衆院北海道補選候補・衆参候補予定者ら決意表明
https://www.dpj.or.jp/article/108255/%E3%80%90%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%85%9A%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%80%91%EF%BC%88%EF%BC%94%EF%BC%89%E8%87%AA%E6%B2%BB%E4%BD%93%E8%AD%B0%E5%93%A1%E8%A1%A8%E5%BD%B0%E3%80%81%E8%A1%86%E9%99%A2%E5%8C%97%E6%B5%B7%E9%81%93%E8%A3%9C%E9%81%B8%E5%80%99%E8%A3%9C%E3%83%BB%E8%A1%86%E5%8F%82%E5%80%99%E8%A3%9C%E4%BA%88%E5%AE%9A%E8%80%85%E3%82%89%E6%B1%BA%E6%84%8F%E8%A1%A8%E6%98%8E


【定期党大会】(5)「政治家としての26年間の思いを込めて参院選戦う」岡田代表記者会見
https://www.dpj.or.jp/article/108263/%E3%80%90%E5%AE%9A%E6%9C%9F%E5%85%9A%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%80%91%EF%BC%88%EF%BC%95%EF%BC%89%E3%80%8C%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AE%B6%E3%81%A8%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%AE%EF%BC%92%EF%BC%96%E5%B9%B4%E9%96%93%E3%81%AE%E6%80%9D%E3%81%84%E3%82%92%E8%BE%BC%E3%82%81%E3%81%A6%E5%8F%82%E9%99%A2%E9%81%B8%E6%88%A6%E3%81%86%E3%80%8D%E5%B2%A1%E7%94%B0%E4%BB%A3%E8%A1%A8%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BC%9A%E8%A6%8B
2016年01月30日 民主党


 岡田克也代表は30日、2016年度定期大会終了後に記者会見を開き、「7月の参院選挙までは半年を切っている。ここに私の政治家としての26年間の思いをすべて込めて戦っていく」と表明した。


 記者との1問1答の要旨は次の通り。


 記者 維新の党との関係に関して「新党結成を排除しない。松野代表とこれから議論を集約していく」と発言したが、かつて新党結成の判断の時期を3月と言っていたが国民への浸透度等を考えると3月では遅いのではないかとの声もある。新党結成の判断の前倒しについてはどう考えるか。


 代表 特に(考えを)変えていない。3月末というのはデッドライン。それ以上のことはない。いろいろな議論を既にしているが、議論してみないと分からないわけだから、何か計画を作ってそれでできるというものではない。


 記者 維新の党の松野代表と議論して集約すると党大会で発言したということは、一任を受けたということでいいか。


 代表 本大会に先立ち地方代議員大会でも同様のことは申し上げた。中身によって、どのレベルでの確認が必要かということは当然あるが、基本的には代表に任せてもらいたい、手続きはきちんと取るということで了承いただいたというのが実質的な意味だと思う。
 記者 採択された活動方針に関する記述に関して、過去に参院選があった際の活動方針には自公の単独過半数獲得を阻止するといった明確な目標が書かれていたが、今年の活動方針にはそうした表現がない理由があるなら教えてほしい。


 代表 2年前の選挙を見るとかなり厳しい状況であった。そのことを踏まえて今度の選挙を考えていかなければならない。そういう意味で現時点ではそうした表現にとどめた。


 記者 衆参ダブル選挙も行われる可能性もあるが、全体として空白区の解消はどの程度までできているか。


 代表 3月末をめどに維新の党と合わせて、現職も含めて200人の擁立を目指す。


 記者 参院の勝敗ライン、勝利のイメージは


 代表 数字で申し上げるつもりはない。われわれが言っていることは安倍政治の暴走を止める、そして政治の流れを変えるための、それだけの結果の数字を出すということだ。


 記者 維新の党の松野代表は民主党だけでなく他の党との連携も視野にいれているが。民主党も維新の党だけでなく他の党との連携も同時に検討するか。


 代表 同時には難しい。今は維新としっかり話し合う。そのうえで次のステップになる。


 記者 1人区については安倍政権に対する総がかりの戦う態勢をとると発言したが、野党第2党というのは共産党だが共産党の名は出なかった。これは民主党と共産党の協力は消極的だというメッセージとして受け取ったが。


 代表 申し上げた通りなのでそのまま受け取ってほしい。「志を同じくする各党各会派にも呼び掛けて、特に1人区の戦いについて安倍自民党に総がかりで戦う態勢を築かなければならない」ということだ。それ以上でもそれ以下でもない。


 記者 議員定数削減、衆院選挙制度改革に関して自民党が見送りする方針を固めたとされるが、安倍総理は従来、答申を尊重するべきだと発言している。こうした自民党の姿勢をどう見るか。


 代表 あり得ないと思う。安倍総理が言ったその発言を振り返れば、そうした選択があるはずがない。何のために衆院選挙制度調査会を作ったのか、説明できない。調査会をつくることを呼びかけたのは安倍総理であり、答申を無視するといった恥ずべきことはまさかなされないと思っている。


 記者 1強打破に向けて勝負をかける、力を尽くす、必ず勝つ、そのための態勢をつくる、その責任は負うとの発言があったが。


 代表 7月の参院選挙までは半年を切っている。ここに私の政治家としての26年間の思いをすべて込めて戦っていくということだ。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年1月30日 20:42:45 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[419]
「新党結成も選択肢として排除されておりません。」

新党ですかね。


2. 2016年1月30日 20:54:32 : SPIGL88nJI : jgl2ZjWyrZE[1]
民主代表「新党結成も選択肢」=党大会で表明、維新と協議へ
時事通信 1月30日(土)13時34分配信

 民主党の定期党大会が30日、東京都内のホテルで開かれた。

 岡田克也代表は維新の党との連携強化について「新党結成も選択肢として排除されていない」と表明。夏の参院選に関して「安倍政治の暴走を止め、政権交代への大きな足掛かりにしなければならない」と述べ、「自民1強体制」の打破へ決意を示した。

 岡田氏は野党勢力の結集について「政策・理念が共有され、本気で政権を担う政治勢力ができるかどうかが最も大切だ」と強調。その上で、「維新の松野頼久代表と胸襟を開いて議論していきたい。まずは代表である私にお任せいただきたい」と述べ、両党トップ間で合流協議を進めることに理解を求めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000066-jij-pol


3. 2016年1月30日 20:57:39 : Oozg29Kcag : Qiiwq5NaXgQ[30]
森ゆうこが2014年の衆院選で新潟5区から立候補したとき、落選したとはいえ、菊田まきこの民主党新潟県連と連合新潟が応援してくれたことを覚えている。だから森が菊田にゆずるのであれば、菊田に投票してもいいぞ。そうでないとしたら、いくら自民党に対抗するためとはいえ、原発廃止に消極的でTPPを推進するような政党の候補者には投票する気になれない。菊田はまだしも鷲尾英一郎みたいな日本会議のメンバーもいるし。

4. 2016年1月30日 20:59:46 : SPIGL88nJI : jgl2ZjWyrZE[2]
民主党大会 岡田代表「新党結成も排除しない」「松野代表と議論を集約」
産経新聞 1月30日(土)14時1分配信

 民主党の岡田克也代表は30日の党大会であいさつし、維新の党との新党結成について「新党結成も選択肢として排除されていない。私と(維新の)松野頼久代表との間で議論を集約していきたい」と述べ、代表間で協議を進める考えを示した。

 松野氏や民主党の一部には、民主、維新両党を解党した上で新党を結成すべきだとの意見があるが、岡田氏は「解党」には触れなかった。

 岡田氏はあいさつで「胸襟を開いて、代表としてしっかり話をしていきたい。決まった結果については党内手続きが必要かもしれないが、まずは代表の私に任せてほしい」と述べた。「大切なことは政策、理念が共有され、本気で政権を担う政治勢力ができるかどうかだ」とも語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000529-san-pol


5. 2016年1月30日 21:21:01 : WSci0EcnCU : jGDD3P9heWI[15]
連合も民主党も、国民に敵対する組織です。
連合も民主党も、国民の命とくらしは守りません。

アベファシスト政権の延命を、
実は望んでいる連合と民主党なのです。

よくぞ国民有権者の皆さん
長い間、騙され続けてきましたね。
もうそろそろ目を覚ましましょう。
さもないと本当に野田れ死にしますよ。



6. 2016年1月30日 21:43:26 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[823]
今日の昼前の日経系列の電波メディア番組に出演していた野田元首相の話を聞いていて一方で消費税アップを政権としてまとめて功績だと誇る一方でこれからの日本は共生社会を目指すべきだと自信ありげに提言していたのをみてあまりに支離滅裂だと感じた。党の図体がでかいだけで質は最悪。これが本当に日本の有権者の意思を反映しているとは思えないが対米従属を図るための故意な人為的なものだとしても共産党に比べてあまりにもひどすぎる。

7. 2016年1月30日 22:03:29 : mPxyJGHbeA : bMMQt@EYFDo[7]
もう見限るほかにない。もはや自民党の補完勢力。

8. 2016年1月30日 22:42:29 : Vp0fhRkGbc : b_6PfnaU@JI[1]
共産党は党としては民主党を相手にしなくてよろしい。

相手にするだけ時間の無駄。

民主維新の個々の候補者で、日本のためにあえて譲れる候補なら、譲っていけばいい。

岡田や前原、野田一派には遠慮なく対抗馬を立てて構わない。

ぼくが共産党員でも、さすがに前原や野田には票を入れたくないからね。

市民連合と歩を合わせ、ある程度の統一候補を目指すべき。

社民や生活と候補がかぶらなくなっただけでも大きな進歩だ。


9. 2016年1月30日 23:51:01 : 5fSOxdSGxM : B7PouqMG5g4[2]
民主党は自民党と同じ改憲を目指す政党。

現行憲法を大切にして、立憲主義を守ろうとしている市民連合とは、敵対勢力だ。

民主党は市民連合分断のトロイの木馬。

リベラルな民主党員の分裂を待ちたい。オリーブの木に迎え入れよう。


10. 2016年1月31日 00:13:50 : SPIGL88nJI : jgl2ZjWyrZE[5]
が不信・酷評「前に進んでいる気しない」
産経新聞 1月30日(土)22時0分配信

 維新の党との間で「解党−新党結成」に踏み込むかどうかが注目された30日の民主党大会のあいさつで、岡田克也代表は「新党結成も選択肢」との曖昧(あいまい)な見解を示すにとどめた。地方組織に解党や党名変更への反発が根強いことに配慮を余儀なくされた格好だ。「両党の解党による新党」のシナリオを描く民主党保守系や維新側の反発は必至で、岡田氏は内憂外患の崖っぷちに立たされている。

 党大会に先立って開かれた地方代議員会議では、維新との「対等合併」に否定的な意見が相次いだ。出席者によると、党名変更や解党を容認する声は一切出ず、「合流する場合は維新を吸収すべきだ」との意見が出た程度だったという。

 岡田氏は代議員会議で、新党を決断する期限を3月末とする考えを重ねて示し、一任を要請。その後の党大会でも同様の発言に終始し、「党内のさまざまな意見を踏まえた形」(幹部)に収めた。

 これに対し、解党新党を求めている保守系には、さっそく不満が広がった。渡辺周衆院議員は記者団に「残念ながら時期を明示しなかった」と指摘。昨年11月に新党結成を求めて岡田氏に直談判した前原誠司元外相は「頑張ってほしい」としつつ、「私はお互いが解党した幅広い勢力結集が今でもいいと思っている」と牽制(けんせい)した。

 維新の松野頼久代表は記者団に「岡田氏にしては相当踏み込んでくれた」と持ち上げた。だが、民主党出身の松野氏とは異なり、江田憲司前代表ら旧結いの党出身の議員は「解党による新党」を強く求めている。

 夏の参院選で改選を迎える旧結い系議員は「もっと早く決断をしてもらわなければいけない」と不信感を示す。別の改選組も「解党の道筋をはっきりさせてほしい。前に進んでいる気はしない」と岡田氏を酷評した。

 加えて、参院選に向けた維新以外の野党との選挙協力も遅々として進んでいない。岡田氏は記者会見で「選挙協力の話をしているのは社民。生活とも当然しなければならない。その他の政党は具体的には特にない」と述べるにとどまり、今後の野党共闘の戦略は示さなかった。

 1人区で候補者が競合している共産党との連携については党大会で言及せず、記者会見でも「申し上げた通りなので、そのまま受け止めていただきたい」と答えただけだった。(松本学)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160130-00000558-san-pol


11. 2016年1月31日 01:14:22 : EgNVV1XmqM : LxT6TioPjtY[2]
>>9
>民主党は自民党と同じ改憲を目指す政党。

生活の党だって改憲政党なんだけど何を言っているんだ?

http://www.seikatsu1.jp/activity/diet/act0000062.html


12. 2016年1月31日 12:06:47 : 0qLe1VbNWw : 5t1KOjRdpvA[1]
>民主党は自民党と同じ改憲を目指す政党

民主党は自民党と同じ改悪憲法を目指す政党


13. 2016年1月31日 12:41:24 : XVFg0SxH8c : VMGxIXRiFPY[4]
民主党大会 岡田氏、地方に配慮 根強い解党反対…保守系は反発
産経新聞 1月31日(日)7時55分配信

 維新の党との間で「解党−新党結成」に踏み込むかどうかが注目された30日の民主党大会のあいさつで、岡田克也代表は「新党結成も選択肢」との曖昧な見解を示すにとどめた。地方組織に解党や党名変更への反発が根強いことに配慮を余儀なくされた格好だ。「両党の解党による新党」のシナリオを描く民主党保守系や維新側の反発は必至で、岡田氏は内憂外患の崖っぷちに立たされている。(松本学)

 党大会に先立って開かれた地方代議員会議では、維新との「対等合併」に否定的な意見が相次いだ。出席者によると、党名変更や解党を容認する声は一切出ず、「合流する場合は維新を吸収すべきだ」との意見が出た程度だったという。

 岡田氏は代議員会議で、新党を決断する期限を3月末とする考えを重ねて示し、一任を要請。その後の党大会でも同様の発言に終始し、「党内のさまざまな意見を踏まえた形」(幹部)に収めた。

 これに対し、解党新党を求めている保守系には、さっそく不満が広がった。渡辺周衆院議員は記者団に「残念ながら時期を明示しなかった」と指摘。昨年11月に新党結成を求めて岡田氏に直談判した前原誠司元外相は「頑張ってほしい」としつつ、「私はお互いが解党した幅広い勢力結集が今でもいいと思っている」と牽制(けんせい)した。

 維新の松野頼久代表は記者団に「岡田氏にしては相当踏み込んでくれた」と持ち上げた。だが、民主党出身の松野氏とは異なり、江田憲司前代表ら旧結いの党出身の議員は「解党による新党」を強く求めている。

 夏の参院選で改選を迎える旧結い系議員は「もっと早く決断をしてもらわなければいけない」と不信感を示す。別の改選組も「解党の道筋をはっきりさせてほしい。前に進んでいる気はしない」と岡田氏を酷評した。

 加えて、参院選に向けた維新以外の野党との選挙協力も遅々として進んでいない。岡田氏は記者会見で「選挙協力の話をしているのは社民。生活とも当然しなければならない。その他の政党は具体的には特にない」と述べるにとどまり、今後の野党共闘の戦略は示さなかった。1人区で候補者が競合している共産党との連携については党大会で言及せず、記者会見でも「申し上げた通りなので、そのまま受け止めていただきたい」と答えただけだった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00000045-san-pol


14. 2016年1月31日 12:42:21 : XVFg0SxH8c : VMGxIXRiFPY[5]
岡田代表「まずは私に任せて」新党結成まだ選択肢
日刊スポーツ 1月31日(日)10時20分配信

 民主党の岡田克也代表は30日、都内で開いた定期党大会で、維新の党との合流構想について「新党結成も選択肢として排除されていない」と述べ、従来の発言から若干、踏み込んだ。今後、維新の松野頼久代表と議論するとして、「まずは代表の私にお任せいただきたい」と理解を求めた。

 しかし、今夏の参院選まで半年を切っても党の形が明確ではないとして、「なぜ時期すら明示できないのか」と、岡田氏への不満も漏れた。党内は、維新との合流について<1>解党→新党結成<2>維新を吸収合併という2つの意見が対立。結束を呼び掛ける岡田氏は、難しい判断を迫られている。

 大会後の会見で岡田氏は、結論を出す時期について「3月末がデッドライン」としながらも、具体的な日程や合流手法には触れなかった。その上で「参院選では、安倍政治の暴走を止める」と意欲をみせた。

 来賓で出席した松野氏は、「秘めた覚悟が伝わった。岡田さんにしては相当踏み込んだ」と理解を示した。一方、「解党→新党結成」を強く求める前原誠司元代表は「岡田さんの決断がこれからの政治の歴史を変える。国民に期待される新たなかたまりをつくってほしい」と指摘。細野豪志政調会長も「しっかりご判断いただけると思う」と述べ、当面は岡田氏の判断を見守る構えを示した。【中山知子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160131-00000038-nksports-pol


15. 2016年1月31日 18:04:27 : 2afCS3DJqg : tHKiFLAsMNk[2]
自公は民主党の体たらくをほくそ笑んでいるね。

自公が最も恐れているのは、野合であろうとなかろうと全野党の共闘なのだ。

だから政権党は大阪維新に秋波を送り、民主党内の自民親派にも触手を伸ばしてるんだ。

岡田さんや連合会長がそれがわからぬ筈はなかろう。
政策は政権を獲らなきゃハナシにもならないじゃないか。
阿呆過ぎて幻滅だね。

市民連合としては自公議員及び他党会派の戦争法賛成・容認議員の落選運動に精を出すほかないということか。


16. 2016年1月31日 18:54:40 : 3WeQLyRQrU : QMRayp5x@3k[2]
民主党の現国会議員も連合も既得権側です。
民主党国会議員は、政権取得時に既得権側に飼いならされた連中。
連合の労働者は、破産すべき会社にいても、産業革新機構や、産業再生機構といった国策の機構により支えられている。

17. 2016年1月31日 19:24:20 : axdxgm3Wdc : WoR5VAJtx2c[70]
嫌いだと いうより呆れ もの言えず

18. 2016年1月31日 19:29:54 : 1dmLN30QOs : i6dKlBNPjfM[4]
>>11
支持者のくせに党のHPもみないのだから

19. 2016年1月31日 19:52:26 : aXYm3OCiVk : 4LIRWnFuOrM[7]
新党を作ったとしても、こりゃ駄目だ!

書きたい事はたくさんあるが、やめた


20. 一主婦[1539] iOqO5ZV3 2016年1月31日 21:21:10 : VnFJmFJ1dU : lf4ifphGfA0[4]
>>11. LxT6TioPjtY[2] さん
>>18 i6dKlBNPjfM[4] さん

>民主党は自民党と同じ改憲を目指す政党。
生活の党だって改憲政党なんだけど何を言っているんだ?

↑のあなた様のコメントは、生活の党の考えと違うと思います。

生活の党は平和憲法9条は固持の考えです。
ですが、現憲法の条文では、自衛の為であっても「武器の保持や自衛隊保持と行使」が禁止されている条文になっていますが、拡大解釈によって自衛隊と自衛の為の平気所持になっています。その部分が現状に合わなくなっています。憲法9条2項の条項が、現状と齟齬をきたしているので、自衛の為の戦力保持を明確に「加憲」すると言う事のようです。

そして、特定の国、例えばアメリカ等の戦争商売の為の戦争に巻き込まれないようにする為に、やたらと自衛の為以外の戦争に参加しないために「国連の決定があった場合のみ」他国の紛争に加担しないと言う事を謳うそうです。国連加盟国として世界平和維持に協力と参加すると言う事を謳う事で、他国との戦争にやたらと参加しないという意味のことも「加憲」するのそうです。その他の部分では、例えば人権に関する「国民の知る権利」や「プライベート権」などは不備な部分ありますので、国民の権利にとって不足している部分を条文として「加憲」すると言う事です。

自民党のように国家権力を駆使して、国民を上から押さえたり、自由を奪う為に「改憲改悪」すると言うものでは有りません。国民にとって必要なことでも、何十年も前に無かった概念が現在は生じている為、抜けてしまっている部分を憲法に「加憲」することを提示しています。自民党とは全く・全然・違うものですから、単純に「改憲」と言う単語で括りにし、ぜんぜん中身が違うものを同じと「誤誘導」なさらぬようにお願いします。


21. 2016年1月31日 21:33:10 : sk9pSKwSNc : 0Trpya2bUEo[17]
共産党の方が腐れ民主党より余っ程リベラルだ。民主党は顔洗って出直して来い。松下政経塾や日本会議、CSISのメンバーを除籍しないと自民党と変わらん。

22. 2016年1月31日 22:08:18 : bOe8YvxgKU : iaHnQrHc@zs[27]
新潟県民だけど菊田真紀子には投票したくないね。森がでるなら投票するが勝てないだろう。森が勝てるとしたら森の基礎票と共産と社民と宗教票がはいるなら、可能性がでてくるかも。反自民の空気が世の中に充満してこないとむつかしい感じするね。

23. 2016年1月31日 22:15:33 : fjJx3hNakk : E9wUuo3uAN8[8]
こんな世論を分断するのが最重要目的の民主党に期待してもだめです
口では打倒安倍政権などと言っているがサラサラその気がない事を見抜かないとね

オール野党で連携しなければ現政権を倒せない事ぐらい民主の幹部連中は
解かっている訳でしょなのに言ってる事は矛盾してますよ(国民をナメテル)

全野党連携が出来なかった場合は駅頭で民主党幹部議員の落選運動を
しないとだめです彼らに対する見せしめの為にも必要です
でないといくらでも国民に対する背信行為を繰り返しますよ


24. 2016年2月01日 16:04:51 : L2BfDE3boE : BA7llApYqRE[152]
新潟県民にとって森裕子さん以上の人はいないと思う、何故野党一丸となって支持しないのか、県民にとって大きな損失になる。

25. 2016年2月03日 11:11:10 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[99]
>>20. 一主婦さん

恒例の,揚げ足取りです。

>「国連の決定があった場合のみ」他国の紛争に加担しない

→「しない」ではなく,「する」

で,生活の党のホームページの憲法についての考え方だけど,
現行の憲法のままでも集団的自衛権の行使を認め,さらに加憲によりPKOへの参加を認め,最後には緊急事態に関する規定を追加する,としている。
PKOには自衛隊が参加すると書いてあるが,もともとは自衛隊とは別に国連待機軍を持ち,それの指揮は国連安保理にゆだねるという考えだったのだと思う。これなら国権の発動による戦争とは言えないから。このへん,どうなっているのかよくわからない。

いずれにせよ,これでは,これでは自民党とどこが違うの?と言われても仕方ないと思う。

ただし,安保法制に反対する国民の声が大きくなるにつれ,生活の党の主張が幾分変わってきたのは認めるが,この憲法に対する考え方をそのままホームページに残しているのはどうも感心しないね。


26. 2016年2月03日 11:44:13 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[100]
>>25に補足

小沢一郎著「日本改造計画」(1993年発行)124ページより
<まず,現行の憲法の第9条2項までが引用されている。>

「この次に,例えば次のような条文を付け加えるのである。
『第三項 ただし,前二項の規定は,平和創出のために活動する自衛隊を保持すること,また,要請を受けて国連の指揮下で活動するための国際連合待機軍を保有すること,さらに国連の指揮下に置いてこの国際連合待機軍が活動することを妨げない。』

このように自衛隊の性格と役割について明文化しておけば,一部の人たちが言う,『なし崩しの解釈改憲』の心配も一掃できる。
第九条は日本国政府が自分の意思で海外における武力活動を行うことを明瞭に禁止している。」
(引用終わり)



27. 一主婦[1544] iOqO5ZV3 2016年2月03日 17:51:28 : VnFJmFJ1dU : lf4ifphGfA0[9]
25. LKXRYf922A さん

あ〜、間違えちゃった〜
まいど、まいど、訂正ありがとう。
平気所持(誤)→兵器所持(正)もタイプミスがありましたね。ナンか老人性のれが進んじゃっているみたいですね。気をつけなくっちゃ。今も、お昼寝を我慢して書いていますから、間違いの間違いになって、間違いの上乗せになるかもしれません。お昼寝をしちゃうと早朝に目覚めてしまうので、と〜っても眠い時間ですけれど我慢してコメントを書いています。

そうなんですよね、小沢氏の掲げている政策は、私のような頭の悪い支持者には理解が難しいことが沢山あって困っています。特に軍備や自衛の部分は私は悩んでしまいます。消費税についても、そうです。「国民の生活が第一」を謳っていて、逆進性の消費税制賛成はナンか相応しくないのではと思ってしまいます。小沢氏は消費税は賛成ですけれども「やる事をやってから」と言うスタンスですよね?私は、そこも悩み多い部分です。やる事をやっても足りない部分は消費税と言う逆進性の増税ではなく、所得税での増税で無ければ国民の生活が第一の税制では無いような気がします。

二大政党制の部分も疑問です。2009年時の様に、自民党とは旗色のハッキリしている2大政党制なら賛成ですが、現民主党の第二自民党色そのままの政策で、野党の旗振り役をさせると言うのが、とても不信感を持ってしまいます。あの現民主党をそのまま改善させないままで、民主党議員を増やしてしまうと、それでは、第二自民党政権誕生をアシストすることになってしまうと思うのです。

その形で、民主党議員を増やしたのでは、政権を取った後に、民主党のバックに控えるアメリカや官僚、原発勢力に抵抗する政治が本当に可能なのか?と心配になります。既得権益側を向く民主党議員を増やしてしまうと、国会内の議員数では事実上、自民党路線の議員が増えてしまうことになると思います。TPPも原発再稼動も、戦争法制も改憲も、その悪政策の賛成議員を増やすことになってしまうと思うのです。・・・ココまで間違っています?間違っていたら後でまた訂正お願いね。

あ、「改憲」が出たところで、これも悩みです。小沢氏も改憲派ですね。でも安倍の「改悪」とは内容が違いますからやや安心ですが、良く知らない有権者からは誤解されそうでこれも悩みです。そして改憲に付属して、もう一つ心配が・・・どなたかが指摘していた「緊急事態条項」も生活の党は賛成なのですね。小沢氏の場合は、先の原発事故のような「災害時や事故時等」の場合のみに限ったものらしいですね・・・これも一般の有権者からは誤解され易いと思います。TPPも最初の段階では「交渉次第で悪くも良くもなるもので一概に悪いものでは無い」と言うお考えだったような記憶があります。現在は、TPPははっきりと反対ですから安心しています。

このように、確かに、自民党とは内容が異なる「賛成」なのですが、分かり辛い表現になっていて悩ましいです。共産党さんのようにズバッと反対と言っていただけたらありがたいですが、小沢氏は政権担当側に長年いらっしゃいましたので、共産党さんのように白黒ハッキリした単純さでズバッと反対は難しいのでしょうかね。党さんの様に気楽に発言できないのでしょうか?でも、そんなところが、単純な私には難しくて悩んでしまいます。もっと分かり易くしてほしいなぁと思います。

以上、つれづれに、ない頭と眠い頭で書きなぐってしまいました。多分、多数の間違いがあると思います。思う存分揚げ足取りをどうぞ!


28. 2016年2月03日 19:25:23 : LKXRYf922A : cCBGkda1vHE[101]
一主婦さん

たしかに小沢さんの言うことは難解なことが多いと私も思うよ。その点,植草さんの文章は,はっきりと明解に書いているので,こっちを読むのがおすすめだね。「アベノリスク」はお金を出して買う価値がある本だと思うね。

小沢さんの憲法9条に関する考えは,上で引用しておいた「日本改造計画」に書いてある文章の方がいいと思う。なお,この本は,Amazonで中古本を1円で買うことができる。送料は別にかかるけど。あと森裕子さんの「検察の罠」も1円。小沢支持者を名乗るのなら,どちらも必読書だと思う。

では,また。


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK200掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK200掲示板  
次へ