★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201 > 223.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
丸川環境相、緊急記者会見で「除染基準、根拠ない」全発言を撤回。大臣も辞任しなさい。
http://www.asyura2.com/16/senkyo201/msg/223.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 2 月 12 日 22:50:10: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

丸川環境相、緊急記者会見で「除染基準、根拠ない」全発言を撤回。大臣も辞任しなさい。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/bc54e94048d1efbe1ced367075ce50c3
2016年02月12日 | 福島原発事故 Everyone says I love you !



 丸川珠代環境相が2016年2月12日夜、さきほど、環境省内で緊急記者会見を開き、国が東京電力福島第1原発事故に伴う除染の基準値としている「年間被ばく線量1ミリシーベルト」について「何の根拠もない」などと語ったとされる問題で、発言撤回を表明しました。


 この発言は7日に長野県松本市で講演した際のもので、民主党政権時に決めた数値について


「何の科学的根拠もなく、時の環境相が決めた」と述べたと信濃毎日新聞が報じたものですが、1ミリシーベルトをめぐっては、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告や福島県側の要望を踏まえ決められたものなのに、それを知らなかったか、無視するかしたのです。


 丸川大臣の発言はコロコロ変わっており、問題の発言が発覚した8日は「そういう言い回しはなかったと記憶している」と否定し、本日12日午前の閣議後会見では「言ったと思う」と修正して陳謝しましたが発言は撤回せず、夜には撤回。


 政治家としての信念が全くありません。


安倍内閣の閣僚が次々と記憶喪失に!島尻北方担当相「はぼ、何だっけ?」、丸川環境相「反放射能派?」
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/1b52c5a6e8310705155e27bb18dfbddf



 この緊急記者会見では環境大臣を辞任することは否定しましたが、どうせコロコロ変えるなら、この発言も撤回して辞任したらどうでしょうか。


 だって、環境相が、国の環境基準である年間追加被ばく線量1ミリシーベルトについて、


「何の根拠もない」


「『反放射能派』と言うと変ですが、どれだけ下げても心配だと言う人は世の中にいる。


そういう人たちが騒いだ中で、何の科学的根拠もなく時の環境大臣が決めた」


と言った上に


「環境省はエコだけ言っていればよかった」

と自分の省庁を侮辱するような発言までしているのですから。
 
 記憶がない、記録がないと言い訳して、なんとか撤回しようとしなかった「根拠がない」「反放射能派が騒いだ」発言。
 
 是非辞めてください。



丸川珠代環境相の「風評被害の払拭が福島の復興に欠かせない」が説得力ゼロの件。
http://blog.goo.ne.jp/raymiyatake/e/fdb5492f9b7d139acbb23eed7e389a4f



所詮、大臣の器じゃない。




終わりなき危機~日本のメディアが伝えない、世界の科学者による福島原発事故研究報告書~
ヘレン・カルディコット(監修) (著), 河村 めぐみ (翻訳)
ブックマン社
世界を震撼させたベストセラー『CRISIS WITHOUT END』の日本版。 隠されているのは、高濃度汚染水だけではない!?
世界の科学者たちは、フクシマを、そして日本政府をこう見ている!



全電源喪失の記憶――証言・福島第1原発――1000日の真実
共同通信社原発事故取材班 (著), 高橋 秀樹(編著) (著)
祥伝社
最新刊。


震災から4年が経過し、災害の記憶が風化しつつある今こそ、事故を振り返る証言資料を残す作業が必要だ。
本書では、事故対応にあたった当事者たちの貴重な実名証言によって、3月11日から15日にかけて福島第1原発が全交流電源を喪失した、緊迫の5日間の様子を明らかにしてゆく。
朝日新聞「吉田調書報道」を打ち砕いた、現場記者の綿密な取材による詳細な事実の描写は、他の類書の追随を許さない、本書最大の特色である。



東電福島原発事故 総理大臣として考えたこと (幻冬舎新書)
菅 直人 (著)
幻冬舎
最高責任者の苦悩と覚悟を描いた歴史的証言。
戒厳令に近い強権発動――私は覚悟した。



福島の原発事故をめぐって―― いくつか学び考えたこと
山本 義隆 (著)
みすず書房
一刻もはやく原発依存社会から脱却すべきである―原発ファシズムの全貌を追い、容認は子孫への犯罪であると説いた『磁力と重力の発見』の著者、書き下ろし。



東電株主代表訴訟 原発事故の経営責任を問う
河合 弘之 (著), 小石 勝朗 (著), 木村 結 (著), 浅田 正文 (著)
現代人文社
福島原発事故に関して、経営陣は大事故に結びつく多くの警告を無視した。
しかし、誰一人としてその責任をとっていない。
東電株主が、5兆5045億円の賠償を経営陣に求める株主代表訴訟を提起した。
本書は、その訴訟の内容や狙い、背景を紹介する。



100年後の人々へ (集英社新書)
小出裕章 著
集英社
「元々は、地質学者になりたかったのです―」。鉱石採集が大好きだった少年は、「核の平和利用」のキャンペーンに呑み込まれ、原子力開発の夢を追うようになった。だが、いち早くその詐術と危険性に気づき、その後、原発をなくすための研究と運動に半生を捧げてきた工学者・小出裕章は、三・一一から三年が経過しようとしている今、何を思うのか。そして、過去からの膨大な負債に苦しむであろう一〇〇年後の人々に「こんな事故を起こした時代に、お前はどう生きたのか」と問われる場面を想像しながら述べた言葉とは?



被曝線量「根拠ない」発言を撤回 丸川環境相
http://www.asahi.com/articles/ASJ2D5QB4J2DULBJ01L.html
小坪遊 2016年2月12日19時59分



緊急記者会見で、国の除染基準に対して「何の根拠もない」と発言したことについて撤回する丸川珠代環境相=12日午後6時16分、東京・霞が関の環境省、仙波理撮影




 丸川珠代環境相は12日夜の記者会見で、東京電力福島第一原発事故への対応で国が追加被曝(ひばく)線量の長期目標として示している年間1ミリシーベルトについて、「何の科学的根拠もない」などと自身が講演で発言したことを認めた上で「撤回させていただく」と述べ、「福島の皆様には誠に申し訳ない」と陳謝した。


 問題の発言は、7日に長野県松本市であった講演で出たとされる。丸川氏は発言内容の詳細なメモを入手し、講演の出席者にも問い合わせて、自身の発言を確認したという。


 撤回の理由について「福島の皆様との信頼関係を保っていく上で、撤回すべきだと自分で判断した」と説明。辞任については「引き続き職責を果たして参りたい」として否定した。


 丸川氏は、問題の発言が発覚した8日は記者団に対し「そういう言い回しはなかったと記憶している」と否定。12日午前の閣議後会見では「言ったと思う」と修正した。(小坪遊)



丸川環境相、失言認める 「1ミリシーベルト根拠なし」発言を「間違いだった」
http://www.sankei.com/affairs/news/160212/afr1602120013-n1.html
2016.2.12 11:13 産経新聞



丸川珠代環境相


 東京電力福島第1原発事故後に国が除染の長期目標に掲げた「年間1ミリシーベルト以下」をめぐり、丸川珠代環境相が7日の長野県松本市の講演で「何の科学的根拠もなく時の環境相が決めた」と発言したとされる問題で、丸川氏は12日の閣議後会見で、「根拠がないという言い方は間違いだったと思う」と失言を認めた。


 丸川氏は会見の冒頭で、「発言が誤解を招いたとすれば、特に福島をはじめ被災者の皆様に誠に申し訳なく、心からおわび申し上げたい」と陳謝。一方、「『科学的』根拠と言ったかどうかは記憶があいまい」として、発言の撤回については否定した。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年2月12日 22:55:08 : INGyXZmcWE : 6EmRBVObadA[2]
大臣の資格どころか国会議員の資格もない。

ヤジしか能のないルーピー女を大臣に任命した安倍の責任も追及すべし!


2. 2016年2月12日 22:57:53 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[652]
証拠が出てきちゃったんだね。
ウソつきの詐欺師め。

3. 2016年2月12日 23:20:20 : p24rC6uqEQ : BdMjpIufstI[9]

アナ時代は一番嫌いな顔だったな。風呂敷かぶせて...みたいに。

イヤ味な女って結構利用できるんだね、適材適所、ねー自民とさん。


4. 2016年2月12日 23:31:13 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1082]
改憲の様子を見ると丸川はハートも弱い。大臣答弁や野党時代の国会質問を見ても政治家として何をしたいかが全く伝わらずただただ鳩山元首相を罵っているシーンばかりが目立っていた。原発政策についても自分の意見はなく頭の中は空っぽ。

5. 2016年2月12日 23:34:08 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[1083]
〖4.訂正〗
☓改憲の様子→○会見の様子

6. 2016年2月12日 23:46:21 : Ap35VeJ2m0 : kYFTgyKMOJ0[16]
この100倍でも問題ないとしている原子力村学者の山下はいいのか。年間100ミリシーベルトでは何の問題もないとか。

100倍だぞ。この数字の100倍が本当にいいのか。少しは自分の頭で考えろ。


7. 2016年2月13日 00:19:54 : ODeeitRNKQ : mYS5wbMgQ3g[1]
「根拠ない」発言を撤回=除染基準めぐり―丸川環境相
時事通信 2月12日(金)18時38分配信

 丸川珠代環境相は12日夕、国が東京電力福島第1原発事故に伴う除染の基準値としている「年間被ばく線量1ミリシーベルト」について「何の根拠もない」などと語ったとされる問題で、発言を認めた上で撤回した。

 環境省内で開いた緊急記者会見で語った。

 丸川氏は「福島をはじめとする被災者の皆様には誠に申し訳なく、改めて心からおわび申し上げる」と謝罪。その上で、「引き続き職責を果たす」と環境相辞任を否定した。

 発言は7日に長野県松本市で講演した際のもの。民主党政権時に定めた数値について「何の科学的根拠もなく時の環境相が決めた」と述べたと信濃毎日新聞が報じた。1ミリシーベルトをめぐっては、国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告や福島県側の要望を踏まえ決められた経緯があり、野党から撤回を求める声が出ていた。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160212-00000130-jij-pol


8. 2016年2月13日 18:41:08 : 3VbCQUYwdw : N6p_TNO57dI[26]
この人こんなに目がつり上がっていたっけ?
なんかキツネにでも憑かれたのかな。
夜中に突然「コーーン」とかいって1メートルも飛ぶのかねぇ。

9. 戦争とはこういう物[1090] kO2RiILGgs2CsYKkgqKCpJWo 2016年2月13日 21:21:41 : 0lfblgLuXc : joWj7kZ@L@I[138]
 女性閣僚の発言や進退など問題のごく一部にすぎない。本当に問題なのは、1000人に1人発がんが増加する「20mSv/年」の地域に帰還を勧める与党の帰還政策。
丸川一人に目を向け、切り捨て可能にするのは与党の情報攪乱策。

  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK201掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK201掲示板  
次へ