★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202 > 641.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
復活した電力会社の原発広告に文化人や芸能人がまたぞろ登場して原発をPR! 500万円の高額ギャラも(リテラ)
http://www.asyura2.com/16/senkyo202/msg/641.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 3 月 11 日 14:25:25: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

                  本間龍『原発広告と地方紙――原発立地県の報道姿勢』(亜紀書房)


復活した電力会社の原発広告に文化人や芸能人がまたぞろ登場して原発をPR! 500万円の高額ギャラも
http://lite-ra.com/2016/03/post-2054.html
2016.03.11.  原発広告に文化人や芸能人が  リテラ


 3・11を忘れるな! 被災地と原発の現実

 3.11から5年──。安倍政権による原発再稼働政策と連動するように、電力関連会社による“原発広告”が完全に大復活している。

 たとえば最近、読売新聞16年2月28日付朝刊に、「資源なき経済大国 どうする? どうなる? 日本のエネルギー」なるタイトルの全面記事広告がうたれた。

 表向きは、経済評論家の勝間和代、元総務大臣で現野村総研顧問の増田寛也、最近は“ママタレ”として活躍する元グラドル・優木まおみが、橋本五郎・読売新聞特別編集委員をコーディネーターにして「これからのエネルギー」について語るという体裁になっているが、実際は完全に、電力業界の司令塔・電力事業連合会(電事連)の広告である。内容は、こんな感じだ。

〈勝間 原発が停止して電源構成の約9割を火力発電に頼る日本は、3つの課題を抱えています。1つ目は「エネルギー自給率の低下」。(略)2つ目は「電源コストの上昇」。(略)3つ目は「CO2排出量の増加」です。(略)
 優木 なぜ原発が停止すると電気料金が上がるのでしょう?
 勝間 原子力はベースロード電源と呼ばれ、電力供給の安定性と経済性の両面に優れた電源として活用されてきたからです。(略)
 増田 国の家計を示す貿易収支は、震災以降赤字が続いています。最大の要因が、原発停止に伴う化石燃料の輸入の増加なのです。(略)〉 

 おわかりのとおり、当然懸念されるべき事故のリスクや汚染の問題などは一切触れられないまま、原発停止による家計や経済への影響を強調し、“原発は必要である”とリードするやりとりになっている。

 この種の原発広告は、震災後は一時姿を消していたものの、それがここ1、2年くらいで頻繁に見られるようになっている。電事連や後述する原子力発電環境整備機構(NUMO)による広告は、新聞では読売、産経、日経、そして地方紙などに多いときで月に2回ほど掲載され、週刊誌・雑誌などでも「週刊新潮」(新潮社)、「婦人公論」(中央公論新社)などにどんどん出稿しているのだ。

 これらの原発広告に共通するのは、冒頭にあげた読売の電事連広告のように、名前の知れた評論家や学者、タレントを写真入りで大々的に起用していることだろう。

 周知のように、3.11以前の電事連や電力会社の広告には、ビートたけしや浅草キッド、脳科学者の茂木健一郎など、多数の著名人が出演していた。しかし、福島原発事故を機に原発広告を掲載したメディアや広告に出演した “原発文化人”たちも“共犯者”として世間から非難が殺到。人気商売の彼らは出演を取りやめるようになった。

 たとえば、前出の勝間和代は、3.11前から中部電力の原発CMなどに出演。震災直後の『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)では、「放射性物質が実際より怖いと思われていることが問題」「死者が出ましたか?」などの暴言を吐いたが、そんなバリバリの“原発文化人”である彼女すら、ここしばらくの間はおとなしくしていた。

 それは、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ)出演で知られる、北村晴男弁護士や住田裕子弁護士も同様だ。北村弁護士は震災前、やはり中部電力の原発CMに出演。まともに機能する目処がまったくつかない核燃料サイクルを賞賛するなどしていた。住田弁護士に関しては、広告出演だけでなく原子力安全委員会の専門委員まで務めていた。

 しかし、繰り返すが、こうした原子力ムラの“知識人”たちが、ここ最近、各媒体で見事に復活を遂げているのだ。北村弁護士は昨年、電事連による元プロテニスプレーヤーの杉山愛との対談風広告に出演(読売新聞15年3月7日付)。冒頭、“日本人が世界を舞台に戦って行くためにはどのような考え方が必要か?”というかたちで杉山の現役時代の話からスタートするのだが、途中から急に北村弁護士が、またぞろ“火力発電は高価である”と主張し、「トータルバランスですね。その考え方はスポーツに限らず、日本のエネルギー政策でも同じ」などと言い出す。そして最終的に「エネルギーミックスについても、あらゆるタブーを取り払って議論してほしい」などとして、原発運用を推進する内容だ。

 電力業界がメディアを広告漬けにして“原発タブー”をつくりあげてきたことを考えると、「タブーなき議論を」というのはまるでタチの悪い冗談だが、住田弁護士もやはり昨年3月に読売新聞の電事連広告に出演。これは橋本五郎・読売新聞特別編集委員との対談広告だが、そこで住田弁護士は「“白馬の王子様”はいない──だからこそ、一つのエネルギーに依存しすぎないリスク分散が重要」などと、謎の“原発推進ポエム”を開陳している。どうやら電事連は“価格負担増”と“安っぽいポエム”という二段仕込みで原発プロパガンダを展開しようというつもりらしい。

 また、勝間和代に関して言えば、前述の読売新聞広告の他にも、「週刊新潮」の電事連パブ記事シリーズ「新潮人物文庫 これからのエネルギー、私の視座」にも登場している(15年11月19日号)。そこで勝間は、電事連のエスコートで岐阜県の「東濃地科学センター」を視察、高レベル放射性廃棄物の処理問題について「目を背けることはできない」と力説する。だが、過去に本サイトの記事でも書いたように、“核のゴミ”をめぐる啓蒙活動は原発再稼働と完全にセットだ。実際、細川護煕と小泉純一郎の元首相コンビが立候補した14年都知事選の際、この問題を脱原発のひとつの理由に掲げたのを見た経産省は、あわてて“核のゴミ”対策にのりだした。そのとき、毎日新聞が経産省幹部のこんなコメントを報じている。「反原発への動きを抑えて都知事選をやり過ごすには、処分場選定を急ぐ姿勢を見せることが大切。実現可能性? あるわけない」。

 なお、この「新潮人物文庫」シリーズは、数年前からカラー見開きで展開され始め、毎回、タレントや文化人がひとりずつ登場し、私事と絡めながらエネルギーについて語っている。2014年にデーモン小暮が出演した際、「悪魔だって興味津々。日本のエネルギーについて学び、考えよう」という、どうかしているとしか思えないキャッチコピーで話題になったこともあってご存知の読者も多いだろうが、このシリーズはまさに3.11以降の新たな“原発文化人”の見本市だ。

 たとえば、15年1月から16年3月現在まで調べたところ、第13回(15年2月5日号)にはネトウヨ発言で知られる元力士・舞の海秀平が登場。青森県六ヶ所村・日本原燃施設の視察感想記として「日本がここで確立した科学技術が、今後、原子力でエネルギーを賄おうと考えている国々のお手本になってゆく。そう考えると好悪や思想ということではなく、もっと崇高な理念や想像力を持って事にあたらなければならないと思います」などと、まるでカルト宗教の信者かなにかのようなことを言う。ちなみに、舞の海はこれ以前も同企画広告に出演していた。

 また、第14回(15年3月5日号)では、ドイツ在住の作家で『住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち』(講談社+α新書)なる“日本スゴイ本”の著者、川口マーン惠美がお目見え。ドイツ人は「ロマン主義的思考」としたうえで、「そのロマンが、やみくもな脱原発に走らせたのではないか」などとトンデモ理論を唱えながら脱原発政策を批判している。

 続く第15回(15年4月23日)には、嫌韓本も多数出版の経済評論家・三橋貴明が、エネルギーの「ベストミックス」を猛プッシュ。「国家のエネルギー安全保障」として「もし、中東や東南アジアと日本にまたがる長いシーレーンのどこかで有事が発生するようなことになれば、日本の電力供給がたちまち危機的状況に陥る」など、安保法制の議論で安倍政権が喧伝していたことと重なるのが興味深い。

 そして、第16回(15年7月30日号)のラジオDJなどで活躍するモーリー・ロバートソン、第17回に前出の勝間ときて、16年に入ると、第18回(16年3月3日号)で評論家の佐藤優が登場する。佐藤は、専門である外交分野、とりわけ中東情勢を語りつつ、“天然ガスの大半を中東に依存している日本でエネルギー問題は深刻”“エネルギーミックスは我が国のとるべき唯一の戦略”などと強引に原発推進へ話を持っていく。さらに、青森県六ヶ所村の核燃料サイクルを視察して「強く感じたのは働く人たちの道徳心と士気の高さです」なる“根性論”を理由に“六ヶ所村施設の存在そのものが、日本が国際社会から信頼を得ている証明”などと語っている。ちなみに、佐藤に関しては、つい先日も青森県の地方紙・東奥日報3月2日付の電事連全面広告に出演しており、やはり“核燃料サイクルは日本に不可欠”と力説している。

 新手の“原発文化人”はまだまだいる。15年12月12日付の産経新聞および日経新聞掲載の電事連広告には、元経産官僚の岸博幸・慶応大学大学院教授とタレントの春香クリスティーンが登場。春香の質問に岸が答えるかたちで、やはり「停止した原子力発電所の代わりに古い火力発電所が頑張っていますが、原子力に比べて多くのCO2を排出します。一方、太陽光を始めとする再生エネルギーでは、今のところ電力の安定供給ができません」などと原発を推進。もちろん事故や汚染リスクなどについては完全にシカトだ。

 ちなみに岸は、原発事故直後には「脱原発依存」の旗手だった。保守系オピニオン誌でも〈民間も国も、日本の組織は原子力という危険な技術を管理する能力がなかったことが証明された〉(「WiLL」11年8月号/ワック)、〈エネルギーは、投資を増やすほど技術進歩が早くなります。その意味では政府が再生可能エネルギーに対し、予算を集中投下することが重要〉〈太陽光パネルに関しても、送電所がたくさん増えればある程度、生産コストは下がると思いますよ〉(「Voice」11年9月号/PHP研究所)などと、原発に否定的かつ再生エネルギーを肯定的に語っていたのだ。どうやらPR広告への出演で意見を原発推進に180度変えた、そういうことらしい。

 また、この電事連広告での対談相手(と、言っても岸の説明に首肯するだけだが)である春香クリスティーンは、本サイトでも既報の通り、産経系メディアが昨年大々的に展開したNUMOのパブ記事にも登場。これは「高レベル放射性廃棄物の最終処分」なるシリーズで、春香の他、増田寛也、科学作家の竹内薫、哲学者の萱野稔人、社会学者の開沼博、そして「iRONNA(いろんな)」の特別編集長として活躍中の現役女子大生・山本みずきなどなど、タレントや学者らによる座談会やインタビューで“核のゴミ”問題を語らせている。

 このとき、NUMOは公式サイトでご丁寧にも媒体別にパブのターゲットを「ビジネスマン層」や「オピニオンリーダー層」などと明記していたが、他にも産経メディアでは、主婦や家族向け地域タブロイド版「リビング」に、“カリスマ予備校講師”の細野真宏を起用した電事連の全面広告が掲載されるなどしている(「リビング多摩」15年3月28日付で確認)。原発広告に起用するタレントや学者を媒体や読者層に合わせて変え、とりわけ春香や開沼など、リベラルな読者も持っている人物を起用しているのが興味深い。

 なお、開沼および竹内は16年にも「婦人公論」の電事連広告で“共演”している。これは「竹内薫の暮らしにもっとサイエンス エネルギーを考える」なるタイトルの不定期連載シリーズで、主に富裕層の主婦をターゲットにしていると見られるが、その内容は、竹内がひとりのゲストを迎えて対談するというもの。毎回、フルカラー4ページという信じられない誌面の割り方で、15年は杉山愛、女流棋士の矢内理絵子を相手に“原発推進トーク”に花を咲かした。これも、冒頭から途中まではゲスト中心の話題なのだが、中盤に突如、竹内がエネルギーの話に無理やりすり替えていく。たとえば矢内棋士がゲストの回ではこんなふうだ。

「勝つためには全部の駒の異なる性質を使い分け、総力を発揮しなくてはないらない。それは、日本のエネルギー事情にも似ています」
「将棋にたとえれば、ひとつの駒に頼っている状態です」
「特定のエネルギー源に依存するのではなく、これらの駒を上手に組み合わせてバランスよく対応する必要がある。これを『電源のベストミックス』と呼んでいます」(「婦人公論」15年4月14日号より、竹内の発言)

 プロの棋士をなめているとしか思えない酷いたとえ話だが、そこはパブ対談、矢内棋士も「将棋では、この一手を指したら局面がどう変わるのかを考え、ずっと先を読んで勝負しますが、エネルギーに関しても、大局を見据えた長期的な視点が大切だと思います」などと相槌を打つ始末だ。アホみたいな話だが、いずれにせよ、「なんとなく読んでいたらいつのまにか原発推進に向かっていました」というような手法。ほとんど詐欺であることに変わりはない。

 ではなぜ、メディアはこんな読者を欺くような広告を掲載し、タレントや知識人はすすんで出演しようとするのか。いうまでもなく、最大の理由はカネだ。元博報堂社員で電力業界の広告戦略に詳しい本間龍氏は、著書『原発広告と地方紙』(グリーンピース・ジャパン)で、前述した「新潮人物文庫」のデーモン小暮のケースについて〈デーモン氏の知名度からすると(ギャラが)五〇〇万円以上であることは確実〉で、〈ちなみにこの広告でいえば、新潮への掲載料はカラー見開きで約三五〇万円であり、そこに広告原稿の制作費、タレントの出演料が加わって、合計の制作費・掲載料はゆうに一〇〇〇万を超えている〉と見積もる。なお、読売新聞全国版の全面広告は、一回で4000万から5000万の費用がかかると言われている。いずれにしても、部数減少が下げ止まらない雑誌・新聞業界からしてみれば、大金が動く原発広告は目がくらむようなものであることは間違いない。

 また、見てきたとおり、原発広告に起用されているのは、学者や評論家の他、春香や優木まおみなど、テレビコメンテーターとして活躍し、知的なイメージを売りにするタレントだ。彼らは表向き「冷静な議論が必要」「エネルギー問題を身近に考えよう」などと中立を振舞うが、実際には電事連やNUMOがスポンサーであるから発言はコピーライターがリライトしており(あるいは名義だけ貸して全てゴーストが書いていると推測される)、最終的に意見は原発推進へ収束する。そうすることで、対談や鼎談という形式でオルグされた“新顔”たちもまた、気がつけば“原子力ムラ”という利権共同体に取り込まれていくわけだ。

 そして、彼らのような“原発文化人”は、原発広告の増加とともに、今後も間違いなく増殖の一途をたどるだろう。日経広告研究所が毎年発行している『有力企業の広告宣伝費』の13年度版と14年度版を見比べると、例えば東京電力の宣伝広告費は16億9800万円から30億1000万円へと倍増、非公開の電事連やNUMOなど関連団体の広告予算もかなりの水準で上昇していると言われている。

 もうひとつ、3.11以降に復活した原発広告に特徴的なのは、出稿主がメディアを明らかに選別、差別化をはかっていること。そして、社員である編集委員や記者をがっちりと抑え込んでいることだろう。

 前出の読売新聞と橋本五郎がこれに該当するが、他にも、産経新聞社刊行の保守論壇誌「正論」では、長辻象平・産経新聞論説委員が「Eの探検隊」なるルポを連載している。この連載には「広告」や「提供:電事連」というクレジットこそないものの、読むと、原子力施設関係者が施設を案内したりするなど、東京電力や中部電力が積極的に長辻記者に対して取材協力をしていることがわかる。想像のとおり、ルポの内容は「安全策の向上」などを印象付けるようなものとなっており、これも“原発広告”のバリエーションと呼ぶことができる。

 原子力ムラが広告掲載メディアを完全に選別しだしたのは、3.11以後の確かな変化だ。これにはふたつの理由が考えられる。

 たとえば、本サイトの調査では、3.11までは原発広告を掲載していた朝日、毎日系メディアあるいは「週刊文春」(文藝春秋)などへの原発広告の出稿は確認できなかった。これは、それらのメディアが福島第一原発の事故で、東電批判や“原子力と政治”をめぐるスキャンダルを報じたからだろう。そこで電力会社と関連団体は、原発推進派の読売、産経、日経そして「週刊新潮」などのメディアにのみ広告を投じることで、“身内”の関係性をより強固なものにし、原子力論陣のスクラムを組もうとしているのではないか、というのがまずひとつ目の理由だ。

 ふたつ目の理由もスクラムに関連する。巨額の広告出稿料を一部メディアにだけ集中させることは、必然的に、電力会社や原発政策に批判的報道をするマスコミに対して、ある種の“見せしめ”効果が期待できる。つまり、「これから安倍政権による原発再稼働が着実に進んで、世間の抵抗感は薄れていくよ。でも、君たちみたいなマスコミにはびた一文払う気はないからね」、そうしたメッセージを暗に送ることで、プレッシャーをかけていると考えられるのだ。

 いずれにせよ、こうした原発広告の出稿は、安倍政権になって原発再稼働に方針転換したことで、一気に勢いを増した。そして、大飯原発や高浜原発の再稼働を機に、「電力のベストミックス」「現存する放射性廃棄物の議論は避けられない」などといった文言を駆使して、事故と汚染のリスク、そして今でも避難生活を強いられている被災者への意識を薄めにかかる。その一助が、フレッシュな知識人や知性派タレントの新起用なのだ。そして、もちろんその最終的目的は、メディアの原子力批判の完全なるタブー化である。

 大復活、いや、新生したと言っていい“原発広告”と“原発文化人”。これが意味するのは、国の存亡を揺るがした3.11以前の状況の再現に他ならない。それでも、金に目が眩んだメディア、タレント、学者は“あの日と、それからの記憶”をネグり、原子力大国への旗を狂乱的に振り続ける。もやはこの国は、3.11以上の“人災”が起こるまで、大きすぎる過ちに気がつけないのだろうか。
(梶田陽介)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 日高見連邦共和国[577] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月11日 14:34:54 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[518]

ヤフー トピペ
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6194130
==============================

午後に政府追悼式=東日本大震災5年
 
東日本大震災から5年を迎え、政府主催の追悼式が11日午後、
国立劇場(東京都千代田区)で営まれる。(時事通信)
==============================
(引用終わり)

なんで“その場所”が『東京』なのだ、と心がチクチク・ザワザワするのは、
私の心が狭いからか?


2. 2016年3月11日 14:56:49 : 0c4ZmL4o9g : lMFXGgOaf84[129]
(住田裕子)●懲戒請求の大渕愛子弁護士だけじゃない!『行列のできる法律相談所』弁護士たちのカネと権力体質
"原子力文化人"といえば、この人もそうだ。いまもワイドショーなどでコメンテーターとして活躍中で、11年まで『行列〜』のレギュラーだった住田裕子弁護士である。彼女は、新聞や雑誌などの数々の"原発広告"に出演し、かつて原子力安全委員会の専門委員などを務めるなど、推進派の旗振り役だ。その反原発派に対する態度は、普段テレビでは見せない高圧的なものらしい。「週刊文春」(文藝春秋)11年3月31日号で、プルサーマルに反対した佐藤栄佐久福島県知事(当時)が、原発ムラ内部での住田氏とのやりとりを告発している。「04年12月、私は原子力長期計画策定会議に招かれました。そこで、『フランスでは16年間、ドイツでは20年も議論した上で原子力政策を決めているのに、あなた達は来年結論を出そうとしている。余りにいい加減過ぎる』と噛みついたのです。会議のメンバーは7割位が電力関係者なので、私は参加者達に『あなた方は国からマインドコントロールされているんじゃないか』と糾すと、タレントで弁護士の住田裕子さんから『失礼ね』と吐き捨てられました。これは福島県の議事録にも残っています」(「週刊文春」文藝春秋/11年3月31日号)
さらに、ヤメ検弁護士である住田氏は、検察官時代には、埼玉県で中学3年生の女子生徒が絞殺体で発見された草加事件の主任検事だった。この事件では、10代の少年5人が逮捕され家裁の決定で少年院へと送致されたが、その後の民事裁判では少年らに事実上の無罪判決が下されるなど、冤罪の可能性が極めて高い。
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20151224/Litera_1820.html?_p=3
●〔資料〕原子力委員会部会及び懇談会の構成員 - 内閣府原子力委員会
※住田裕子は、元検事・原子力委員会メンバー(総合企画・評価部会構成員参与)であり、検事時代のエピソードとして、1985年、悪名高い大冤罪事件「草加事件」を担当し、自白誘導、物的証拠の隠蔽、科学的根拠が欠如した調査による深刻な冤罪被害を招いた責任者の1人として、大きな批判を浴びたが、謝罪の言葉はないままで現在に至る。読売・日本テレビ放送網(CIAが出資して作られた放送局、読売自体が原発利権の当事者)の番組に出演中。
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/868.html

3. 日高見連邦共和国[578] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月11日 14:57:38 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[519]

今朝のIBCラジオで、

『いつまでも私達を“被災者”、“被災地”という括りのレッテルを貼らないで欲しい』

という投稿が読まれ、とても考えさせられた。

いずれにしても、あれから5年。なんの“節目”でも無い事を重々承知しつつ、
これからさらに親身になって、我が郷土の沿岸地域の“復興”に力を尽くすと誓う。

改めて、犠牲になった方々の無念に想いを馳せ、今なお様々な勘案辛苦に喘いでいる同胞に心を重ね、
黙祷・・・


4. 2016年3月11日 15:09:37 : WoZimtxxCI : @YBhrCZeRzs[3]
宣伝など信用出来ないことを自分の頭で確認することが必要です。

5. 日高見連邦共和国[584] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年3月11日 15:41:09 : C7Wqvb1wZA : tDwH8L7NsPc[525]

03です。誤記訂正

×(誤): 今なお様々な勘案辛苦に喘いでいる同胞に心を重ね

○(正): 今なお様々な艱難辛苦に喘いでいる同胞に心を重ね


6. 2016年3月11日 16:20:43 : CbYO96If0Q : R5yYGtaQ5tQ[2]
株式会社 監査と分析

あんなものは、ただの詐欺グループですよ。

サギノミクス利権
「放送法遵守を求める視聴者会」 利権
 


7. 2016年3月11日 18:52:20 : v1gbxz7HNs : Ay@h0DQyQEc[956]
原発に対してどういう発言をするかでその人間の全てを判断、取捨選択できる。ある意味、排除すべき者の見分けがつきやすくなってよかった。他の一切を無視してただ原発に対する言動だけで判断すれば、絶対に騙されることはない。「結果は嘘をつかない」を逆手に取るわけだ。

だいたい奴らのそれは、知的で冷静な議論や中立的な態度とは言わない。
無知と強欲な迎合による無責任な態度そのものである。


8. 2016年3月11日 19:54:52 : axdxgm3Wdc : WoR5VAJtx2c[380]
自慢気に 癒着を見せつけ 広告で

9. 2016年3月11日 20:52:11 : YaegIPKLG2 : Fbydgb5o7yo[493]
どうしても必要だと言うなら東京に誘致してください。
軟弱地盤の人口密集地に立てれば、海外への輸出のためにもいいアピールになると思われます。

シーレーン。
戦前のように石油が止められて、原発だけになったら、ウランでプラスチックを作るのか。
どれくらいの日本人が、ワラを綯ったり草鞋を編んだりできるでしょう。団栗の食べ方知ってます?
ホシュならできるの?
戦前とは食料自給率がまるで違うと思うんだけど、燃料だけでなく食料も種子も肥料も飼料も輸入してる国が何故、止められるのは石油だけ、と思うんだろう。
都市の人間を下放させて、人海戦術で農業やらなきゃいけなくなりますね。
肥溜めを復活させるべきでしょうか。


10. 2016年3月11日 22:49:16 : sYVQ9eGScs : Cr7THJBZDTE[1]
>>7様の仰る通りです。

原子力(原発)推進・容認論者は核兵器推進・容認論者でもあるのです。

彼らを自分から完全排除しましょう(例えばその人が文筆業の人だったら、その人の書いた本などは買わない、読まない、ということです。)


11. 2016年3月12日 00:51:06 : JFhRM4WdGY : rpudECH5lgE[101]
原発は、自然に対する人間の反逆であり、人間という自然に対する反逆でもある。
単なるエネルギー問題ではない。
人間としての倫理が問われる問題。
そういう意味で、この問題で振るい分けするするというコメント諸氏に賛同。

12. 2016年3月12日 08:13:58 : 1TppK4ETfU : ABTzccdlBy8[176]

結局、命よりも「金目でしょうか?」

   、


13. 2016年3月12日 08:20:04 : VpqbKkIwFc : 9HuNY0oOt0A[69]
芸能人の原発汚染。

14. 2016年3月12日 08:59:46 : GEn3TuYtQA : LFcerCcVZVI[79]
>>今井絵理子氏→子供に障害があり、障害者の親の立場での政治参加→わかる?
乙武洋匡氏→自身が障害者であり、知識も豊富→わかる?
石田純一氏→反自民のみ?、不倫は文化→わかんね?
魔裟斗氏→何故出る?

他のブログからの転載だがネ〜、何故「今井・乙武」の政治参加が「わかる」で「石田・魔裟斗」は「わかんね」なんのかネ?

今井に関しては「障害者の親」と云う立場だけで政治姿勢・方向性が全く解らない

乙武に到っては「反原発運動」を「この機に乗じて」などといかにも「反対の為の運動」と捉えてる。
更に「原発是非」よりも「被爆防止」「避難手段」「復興」議論を優先と「一見正論」を述べてるが、それらを「完全無視」して「原発再稼動・推進」に突っ走る「自民党」からの出馬には「違和感」よりも「嫌悪」さえ感じる!。
また「介護保険料」を値上げしながら「介護給付」は極力切捨てる「障碍者」に酷い政策を採る「自民党」の政治信条の何処に「同調」出来るのか?

決して「出馬」するなと言うのでなく、前者・後者も「被選挙権」が有り「出馬」は国民の権利として保障されている。

ただ「有名人・障碍者」だけを武器にする姿勢は止めて欲しい。

イラン・北朝の「核開発」は非難・制裁・阻止するが自国の「原発」は推進する?
この2つの設備は全く同じだと理解できない「識字率・知能の高い日本人」が大勢いる事の方が「不思議」ダ!。
ちなみに「弾頭ミサイル」も「衛星ロケット」も構造・技術は一緒ですヨ〜♪。


15. 2016年3月12日 09:17:57 : wV0wm3L3hk : ttxbZtKW0SQ[2]
政治蚊といい無責任な評論蚊らは、こじきと一緒。

16. 2016年3月12日 09:50:09 : qF4T1YwunA : 0ID5WaAuWRA[357]
勝間も一次ブームになったけれど、続けられるだけの「経済評論家」としての力がなかったのだろう。

原発ムラに入る事で生きることを決めたんだろ。カネメでしょ。


17. 2016年3月12日 10:32:20 : L2BfDE3boE : BA7llApYqRE[468]
福島の現実を知っていれば原発推進などとどうして言えるのか、金の為それしかないでしょう。今井とか乙武さんは自民党から立候補するという事は原発推進、戦争法案賛成、TPP賛成、秘密保護法案施行も賛成すべて反国民的な事に賛成してまで自民党を選んだという事です。

18. 2016年3月12日 11:37:44 : fiYvQ6O2ko : @TAMQ@1HOIs[11]
顔の造りをみればおおよそわかる。

19. 2016年3月12日 11:51:31 : tHIVKuZsdo : _YgkBQOb_8U[351]
こうなるとぼちぼちネット上に有志の作った各御用リストの更新が必要だ。

20. 2016年3月12日 13:51:01 : CetIHq6hLo : 6LlnSa3wxjE[1]
原発を減らす方法は、簡単だ

東京都心に設置すればいい
大阪中心地付近に設置すればいい
愛知県中心地付近に設置すればいい
北海道札幌市付近に設置すればいい
福岡県博多市付近に設置すればいい

なぜか、原発ので発電されたエネルギーの多くは熱になっている
原発から消費地が遠いので送電損失を防ぐため、電力会社はこれでもかと
超高圧で送電してくれている。それでも、都心まで持ってくる間に環境に
もよるが5%以上は損失する。

超高圧なので、変圧器で何回も変圧しなければならない。そうすると、
変圧器の鉄心は熱々だ、一回で降圧できないので何度も何度も降圧する。
降圧のたびに、変圧器はアツアツだ。
要は、エネルギーが熱になっている。

電力会社は、送電損失ばかり言うが
降圧のための、熱損失は計算に入れていない。

都心に炉を持ってくれば、特別高圧程度で送電できる。
熱損を最小限にできる。当然、電力料金も相当下がる。

受益者責任としては、それが筋だろ?と思うが
誰も言わない、誰も言わない・・・・


21. 2016年3月12日 15:34:25 : gqALBXHZ2k : W4lR2kq37r4[123]
電事連のTV広告

 「日本の安全保障を考えて

  原子力を含む電気のベストミックス」

と、めまいがするくらい旧態依然のキャッチフレーズを
得々としゃべる、石坂浩二。


エネルギー安全保障を考えればこそ、アンチ原子力だろうにっ!
福島原発事故から何を学んだのか。

「資源のない日本」
戦前→戦中→戦後の高度経済成長時のカビの生えた論理。
資源=地下資源、という古くさい思い込み。
水力、風力、太陽光、地熱、波動発電、潮力発電、振動力発電…
日本は実は再生可能エネルギー資源の宝庫。


22. 2016年3月12日 15:46:06 : G0OwWXCNzM : qZZtp@AyqeI[3]
地方紙に、日本原燃と電事連の詐欺広告

勝間和代と竹内薫の対談。

「原発停止が経済停滞に」
「再処理は確立された技術」

再処理事業が、まるでエネルギー供給事業かのような印象操作も。

http://pbs.twimg.com/media/Cc03adhUMAAY_2g.jpg
 
http://twitter.com/yoyoshimata/status/706281644852776963
 
これは酷い。
 


23. 2016年3月12日 17:26:54 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[122]
稼げるときには稼いでおく。明日に落ちぶることは覚悟のうえで、無能タレントが選ぶ道。石坂浩二も電力CMに出ているが、早く降りたほうがいい。中身が矛盾だらけ。お粗末なタレントはもういい加減に姿を消してくれ。生理的に嫌になってくる。

24. 2016年3月12日 17:33:26 : Mz0XqnNMiM : ckkee8p_mbo[101]
★朝鮮系の根の深さ
日本国の権力集中・国家最高権威@〜Eは残念ながら%ッ根で百済藤原血族=B

@百済仏教藤原血族・日本席巻大化の改新大成功
A記紀神話藤原不比等捏造・指定血族限定皇統支配。ユダヤ系物部神道乗っ取り改造。
B日本国内のすべての学問文化芸術スポーツ等権威(例:東京大学→フルベッキ)独占。世界的にはフリーメーソンユダヤ人兵器技術者ノーベルの記念の・ノーベル賞がある。
C明治維新フリーメーソン完全傀儡化。伊勢神宮宮内庁カバラ悪魔祈祷開始。国民精神の内面束縛の膨大な悪霊注入。
D明治維新フリーメーソン完全傀儡化により・通貨発行権不正独占。買収、身内利権者同士の融通、経済的策略等し放題。
E海外(特に朝鮮儒教拠点や英国ロンドンシティ米国軍隊メーソン)との関係絶大。ユダヤ資本国際通信社メディア等含む強力支援を受ける。

超強力藤原血族日本支配の実態であるが、弱みは多い。
・歴史的大成功元々藤原血族御用宗教の日本における仏教、神道の大成功。…しかし、大変な影響下にあるが国民は一部カルトを除き旧式脆弱論理体系を全員が心底支持しない。この仏教神道の大元が歴史的に一貫してずっと藤原血族別名『朝廷』に基盤があり続けたということ。織田信長(ほかのきりしたん大名達の真意もいかさま血族朝廷破壊で同じ)はキリスト教背景で、朝廷破壊に向かうが、イエズス会と結んだこととキリスト教理解の未熟で失敗した。これが最大の「藤原血族朝廷支配」への抵抗であろう。
・人類敵対NWO計画という恐ろしい★人口60億人削減・残りマイクロチップ埋設奴隷化
という国際的大規模犯罪の共犯者としてフリーメーソン傀儡化藤原血族≠ェこぞって共犯者として参加していること。そして、このNWOが失敗続きであること。
・「藤原血族朝廷」支配は明治維新以降は裏切りの歴史。一族ごとに弾圧し遮断してきた。現行権力朝廷≠フ正体が飛鳥時代仏教神道支配確立の藤原血族≠ナあり明治維新で権力基盤が盤石となったと知ればたちまち状況が変わる。

※日本歴史宿痾≠ヘ百済渡来人藤原公家血族と、御用宗教の権力維持からくり藤原ナイズ≠フ仏教神道=B確かめてごらん。
※●…常識とネット情報で、日本国憲法の基本的人権侵害腐敗権力抵抗に立つ一般市民を平気で弾圧を開始している。近所のゴミ捨てのおじいさんが「あんたの留守の時に不審者が部屋に侵入していた」と教えてくれた。実害はなかったが、はっきりと藤原カルト憲法遵守の日本版CIAのいかれた連中のしわざとわかる「脅し的いたずら」があるだけだった。・憲法蹂躙腐敗権力暗黒支配下≠フ日本国民は苦労するよ。ったく。

[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い長文

25. 2016年3月12日 18:42:10 : Mz0XqnNMiM : ckkee8p_mbo[102]
24
追記

仏教、神道が悪魔教化していた。
藤原血族御用宗教仏教、神道がNWOに抵抗した試しなど全く無い。
その気になれば911、311等人類脅威等の詳細な調査に、絶大な資金力を国民擁護にまわせるが、その動きは、明治維新以降の大戦争前と同じ。沈黙と天皇賛同の態度継続。
国民が知らぬ間に、超超強大権力と化していた百済藤原血族権力=Bこれ、鳩山由紀夫〜菅直人〜野田佳彦〜安倍晋三等々、財務官僚他日本破壊政策立案エリート(たとえば勝えいじろうとか)のバックだし、明治維新のいかさま日本国大災難大政奉還∞王政復古≠ナ日本国は完全にサタニスト化した藤原血族公家℃x配になったのだ。
それ以来の不幸はご存じの通り。
・好きなだけ銀行券印刷で仲間内融通
・仏教信者歴史的手なづけ、神道信者歴史的手なづけの力こそ最強。国民は完全に使用仕切っている。その祈祷利益はすべて→藤原血族利益へ
・メーソン傀儡なので、都合良く外国のメーソンメンバー政府要人(ロシア等例外)連携で、窮地を、北朝鮮ミサイル攻撃や、火山噴火前兆現象や、投票日前日の大雪降雪等で、助けてもらえる。また数年前の山形県農協の自民党支持取り止め宣言に対しては、観測史上最大の大水害が山形県の穀倉地帯をタイミングよく襲う。

…さてまた文字列がなんとかでコメントストップかな、

[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い

26. 2016年3月12日 18:46:04 : Mz0XqnNMiM : ckkee8p_mbo[103]
25 訂正
使用仕切っている→信用しきっている



[32初期非表示理由]:担当:関連が薄い

27. 2016年3月12日 19:29:12 : npDLF2UBNs : 3clQILjO0Ws[166]

細川・小泉が脱原発・・・・

  (1)三井本館のシンクタンクに在籍し、奥田と共に顧問を務め、
     東芝の太陽光発電絡みであって、原発反対ではない・・・

  (2)トヨタも青森に太陽光発電会社を廃止してる
     そのための後押しをしただけ。

   脱原発はパフォーマンスなので、再稼動には一切反対しないし、顔も出さない。

=====

  
   ★☆:【 嘘つきにされた床次教授〜悪いのは座長の星北斗だぁ!!! 】

      
    (A)樽床氏は、甲状腺がんの子供の被ばく線量を計算したとは言っていない
    (B)彼は、浜通りから来た数十人を検査しただけ
    (C)その人たちに関して、12日分の線量は不要だ・・・と言ったのであって
    (D)被爆してる子供の全員や、がんを発症した子供に関しての結果ではない

      33mSv程度の被爆・・・は、単に海岸側から来た僅かな子供のグループ
      のみの線量であって、福島全域の子供でもなく、浜通りから来た子供の全て
      の被ばく線量でもない。

     ◆:座長の星北斗が、「私は話すから黙っているよう」命じ、

       床次教授は不本意な説明を勝手にされてしまった。


   
    ★☆:【 嘘つきにされた床次教授〜悪いのは座長の星北斗だぁ!!! 】


      利用された床次教授は被害者であって・・・・うそは言ってない。

        こういう汚い手口が、棄民党と経産省と越後屋の正体だ。


           罪のない人間に、責任を擦り付けている

              棄民党と経産省と越後屋



[32初期非表示理由]:担当:アラシ

28. 2016年3月12日 20:01:38 : G9pRncd5P6 : kNLawzAmjgA[436]
>>20

>原発を減らす方法は、簡単だ

>東京都心に設置すればいい
>大阪中心地付近に設置すればいい
>愛知県中心地付近に設置すればいい
>北海道札幌市付近に設置すればいい
>福岡県博多市付近に設置すればいい

>なぜか、原発ので発電されたエネルギーの多くは熱になっている
>原発から消費地が遠いので送電損失を防ぐため、電力会社はこれでもかと
>超高圧で送電してくれている。それでも、都心まで持ってくる間に環境に
>もよるが5%以上は損失する。

まあ、ねえ。近場に作れば効率はいいわけですから、本来そうすべきですよね。
そして「絶対安全」なら、都心に置いたところで何も問題ないわけです。
(だから、私は見ていませんが「東京原発」という映画もあったそうです。)

でも「絶対安全」はウソだった。
「それでもなお原発を、そのまま、地方で原発を」って、てめえら、何考えてんだか!
てめえらが中毒してるのは電気じゃなくて原発利権だろーが!


29. なか[15] gsiCqQ 2016年3月12日 21:18:00 : 2l9CjwbCgI : b2JzyAIOKZI[2]
在日朝鮮人ゴロツキ売国奴スミダー!

30. 2016年3月12日 22:19:49 : hnaqoYwdhU : SQDhb2mOric[2]
勝間和代先生には
「メルトダウンなんてあるわけない、メルトダウンとか言うアホウは科学を理解する能力が足りない」
などと散々上から説教されたものです その節は、大変お世話になりました
原発事故収束宣言の野田元総理よろしくしばらく死んだ振りをしてから、ほとぼりがさめたと思って
またぞろ出てきましたが、考えが甘いですよ 
今度はどんなアクロバット理論で原爆発電を擁護するのか、興味深く見守ってます

桜井・金・呉、外国人のくせに日本の国益ばかり心配してくれる経団連提灯三姉妹は沈黙ですか?
呉は、ヤバすぎて早々に撤退しましたか? 逃げ遅れた台湾バナナも逃亡ですか?

私は民族的偏見はないんですけど、勝間和代先生の顔を見ると>>18は、なんとなく思い当たりますね
普通の日本人なら、恥ずかしくて近所に買い物にも行けなくなってしまいます


31. 2016年3月13日 00:21:09 : F4KJVyttVo : b1iWjC48O8M[57]
勝間和代, てめえのほうこそ科学を理解してない、征治適に捏造

32. 2016年3月13日 00:22:35 : F4KJVyttVo : b1iWjC48O8M[58]
勝間和代のほうこそ科学を理解してない、

33. 2016年3月13日 00:52:17 : F4KJVyttVo : b1iWjC48O8M[61]
電力会社は、総括原価方式という法律で、損金は電力料金に反映できる。儲かった時は50社ほどある子会社に、ばらまいて、粉飾決算して、税金のがれしてる

34. 2016年3月13日 01:12:09 : iEbPnnVxBM : Fy7cnq60WdI[1]
勝間和代と言えば、

「放送法遵守を求める視聴者の会」 メンバー

文化放送の、月曜早朝の上念司と同じ
株式会社 監査と分析の取締役
 
http://twitter.com/fake_face72/status/628877417742888961
 
http://twitter.com/yanesenkumatyan/status/628636045333020673
 


35. 2016年3月13日 09:33:24 : 8eorG1dyhY : 7ZAO6b67F@g[41]
自覚があるかどうか知りませんが、広告塔に使われる人々の集団とみて
さしつかえないでしょう。

「イルミナテイ三百人委員会のエージェントとしての皇室の正体が、日本国民に知られないままであること、つまり、今後ともずっと半永久的に、少なくとも日本民族が完全に滅亡してしまうまでは、日本国民がイルミナテイの仕掛けたこのからくりに気づかないことが条件になる。」

「医師会と叙勲」  
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/379.html


36. 2016年3月13日 10:07:51 : 8eorG1dyhY : 7ZAO6b67F@g[44]
持統朝に藤原氏を含めた豪族の系図を提出させています。

それまでの藤原氏の系図が利用されて乗っ取られています。いい迷惑とはこのこと。

「藤原さん」という名前には、二通りあります。藤原氏は藤原とは名乗っていないのが多数です。姓名と(もし保存されているならば)家紋と系図には注意を払う必要があります。

明治以降に土着の階層が復帰して名乗ったものと(原住民系・倭/和人系)と、

いわゆる「帰化された方々」が自ら選んでつけられたもの。

警告:
彼らは好んで
奴隷種族のルーツを消したがります。
その政策をとってきました。



37. 2016年3月13日 10:58:56 : 8eorG1dyhY : 7ZAO6b67F@g[46]

お隣の国々から略奪して政治資金や金融資本やら世銀などに
それらの泥棒して盗んだ金を
渡したのが日本支配層です。(現天皇・奈良葛城を舞台に
すりかわった皇族一族)

それら金銀財宝は、昭和天皇の腹違いの弟「高松宮」や
イトコ、オジなどが
軍人を私役して奪ってきた
まさに
盗賊集団の略奪財宝資金です。

藤原流の浄土真宗大谷とも
満州ともつながる閑院宮の流れである。
アキヒト氏も閑院宮の流れである。
つまり、なぜこの血(藤原)なのかが
問われねばならないのです。
国民を騙している。

皇祖の血とは関係ない血が
この国を吸血していることを
認識せねばなりません。


38. 2016年3月13日 11:02:03 : 62QaAmZ1Pg : F9H@HWLLFJE[83]

ホリエモンが「ゼンカモン」であるように

  原発を推進する

   五体不満足を 屈することなく「カタワモン」と呼びたい

     東電 原子力ムラが圧倒的な銭金で文化人モドキを買収できるのは

  無駄に使えば使うほど利潤がでるキチガイじみたシステム 

      「総括原価方式」にある

      東電解体 地域独占禁止 九電力会社廃止解放

  


39. 2016年3月13日 12:20:13 : 42ZQtvBuKs : ESuHIa8BB7w[1]
原発差し止めを傍観するのか

原発の安全性に司法が「ノー」を突き付けた。大津地裁が関西電力の高浜原発3、4号機(福井県)に対し、運転差し止めの仮処分を認めた。これを受けて同社は3号機の運転を止めた。司法の判断で稼働中の原発が運転停止に追い込まれた初めてのケースとなった。

東京電力の福島第1原発事故からちょうど5年。日本中があの恐ろしさを改めて思い出した中での出来事である。「国民の不安に沿った決定だ」という人もいるだろう。だが、原発の安全性を裁判所の判断に委ねることが妥当とは思えない。

今回の地裁決定は、もはや個別の電力会社の問題とは言えない。これまで政府が向き合うのを避けてきたツケが回ったと考えるべきだ。国を支えるエネルギー政策を揺さぶる事態と受け止め、原発の必要性について国民の理解を得る努力を尽くさねばならない。

最高裁の判例を逸脱

今年(2016年)1〜2月に再稼働した高浜原発は、原子力規制委員会が定めた新規制基準による安全審査に合格して運転の再開が認められた。福島事故を教訓に策定された新規制基準には、専門家らの知見に基づいて全電源喪失などの過酷事故対策も盛り込まれた。国民からもパブリックコメントを募集した。

こうした手続きを経た新規制基準について、大津地裁の山本善彦裁判長は「ただちに安全性の根拠にならない」と退け、関電に原発の安全性の技術的な根拠を求めた。そして過酷事故や津波の対策、事故時の避難計画などについて「関電側が主張や説明を尽くしていない」として運転差し止めの仮処分を認めた。

しかし、地裁がどのような知見に基づいて「ただちに安全とはいえない」と判断したのか。そこに合理的な説明はない。

政府は「世界一厳しい基準に適合した原発について再稼働を進める」としてきた。基準に疑義を呈した地裁の決定は、政府の原発政策も真っ向から否定した格好だ。

この決定は原発の安全性をめぐる最高裁の判例からも逸脱している。判例では原発の安全審査について「高度で最新の科学的、技術的、総合的な判断が必要であり、行政の合理的な判断に委ねられる」との見解を示した。司法は抑制的であるべきだと判断する判例は、その後の訴訟でも踏襲されてきた。

大津地裁は原発の安全性に対する関電の説明について、「不十分だ」と断じた。電力会社に説明責任があるのはもちろんだが、それが十分か否かを決めるのは司法の役割とは思えない。結局は恣意的な判断に委ねられてしまう恐れはないのか。

方針が見えない新増設

その一方で見方を変えれば、こうした司法の判断は、政府の怠慢が招いた結果とも言えるだろう。

福島事故で原発に対する国民の信頼は大きく揺らいだ。新規制基準による厳しい審査に合格しても、原発再稼働に対する国民の視線は冷たい。政府はそうした世論の反発を恐れ、原発の必要性や重要性について国民に理解してもらい、その不安を払拭する努力を傾けてきたとは思えないからだ。

政府が昨年(2015年)、閣議決定した2030年度の電源構成では、全発電量に占める原発比率を20〜22%と現行よりも引き下げ、太陽光などの再生可能エネルギーを22〜24%に引き上げる目標を打ち出した。だが、数値さえ決めれば、目標が達成できるわけではない。この水準を達成するには、原発の新増設は避けて通れないが、政府の方針はいまだに示されていない。

電力業界からは「もはや原発は経営リスクになりつつある」との声が漏れ始めた。原発の安全審査が大幅に遅れているのに加え、今回のように再稼働した原発の運転を差し止めるような司法判断が相次げば、原発を将来にわたって運営しようとする意欲が失われかねない。

自ら道を閉ざすな

それは海外からのエネルギー調達に依存せざるを得ない資源小国の日本にとって大変不幸な事態である。原発技術を一度手放せば、もはや回復は難しいと考えるべきだ。自ら電力の安定供給と電気料金引き下げの道を閉ざすべきではない。それはエネルギー安全保障の観点からも忘れてはならない。

政府は国民に対して新増設を含めた原発政策を明確にし、原発技術を維持・発展させる方針を訴える覚悟が問われている。傍観者でいることは許されない。

2016.3.8 05:03
【主張】
福島事故5年 国は原発の必要性を説け
http://www.sankei.com/column/news/160308/clm1603080002-n1.html

 東京電力福島第1原子力発電所の炉心溶融・水素爆発事故からまもなく5年を迎える。

 4月26日は、チェルノブイリ原子力発電所の事故から30年に当たる。ともに社会に多大な被害と混乱をもたらし、終わりはまだ見えていない。

 原子力発電は高効率である半面、大事故を起こせば長期に災厄の尾を引き続ける。過酷事故は繰り返してはならない災害だ。2大事故による「放射能の春」の教訓を世界で共有し、安全利用に反映したい。

 国内には反原発の声が根強く残っている。だが、天気次第や風任せの太陽光や風力発電に期待するには無理がある。雨や無風の日に、その埋め合わせをする火力発電の強化が必要になるからだ。

 化石燃料への依存が増せば、地球温暖化防止の「パリ協定」で日本が約束した温室効果ガスの「2030年26%減」の履行が望めなくなろう。策定中の「地球温暖化対策計画」に「50年の80%削減」を明記するには、なおさらだ。

 欧州などと異なり、島国の日本には近隣諸国との間を結ぶエネルギー網がない。日々の輸入が必要な天然ガスや石油は、国際情勢に影響されやすいのに対し、原子力発電は、1回の燃料装荷で1年以上連続して電気を生み出せる。

福島県内をはじめ、いまだに多くの人が事故の影響下にあるが、国全体としては、エネルギー安全保障にも目を向ける冷静さを取り戻すべき頃合いであろう。

 第1原発では、汚染水対策が進んだが、処理によって増え続けるトリチウム水とそのタンク群が、廃炉作業進展への足かせとなっている。福島の復興では、除染の汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設が不可欠だ。

 農水産物への風評被害をはじめ、これらの問題の解決を難しくしている共通要因は、放射能に対する正確な知識の不足である。「1ミリシーベルトの呪縛」を解くためにも国は一層の情報発信と理解の定着に力を入れなければならない。

 原発の新規制基準への適合性審査を行っている原子力規制委員会には、再稼働と運転延長の審査の効率化が今後の課題だ。

 日本にとって原発の安全利用は避けて通れない道である。この現実について、国民の納得を得るには政治の明確な姿勢が必要だ。夏の参院選では、原発利用を重要争点に据えてもらいたい。


40. 歯磨き右近高山[492] jpWWgYKriUWL342CjlI 2016年3月13日 14:41:12 : TYpSjVvkNQ : 2Td2WkgoQlw[4]
>>9 確かに石油だけが資源ではありませんし、逆に原発の電力さえあれば、食料がじゃんじゃん製造出来るわけじゃないのにね。
>>21資源、or other Energyに関して古すぎる、って事を証明しているよね。
「中東での戦争で石油が止まったら」なんていうのは更に古い❗❗❗日本国内の「お米」も「真っ青」に石油は余っています。そして、ホルムズ海峡は、実はイランではなくオマーンの領海であり、あそこが「封鎖される」と言うのは電鬼自業自得連合会と云う名のNuclear Terroristsの悪質なデマ。

純一郎さんが指摘しただけでなく、傾惨焦宦官も「廃棄物の適切な処理なんて出来っこ無い」と漏らした。
こんなに「危険で高くつくだけ」の代物を賛美するだなんて、「経済評論家」をよくもまあ名乗れたもんですね。

「高Level拝喜仏」以前の問題として、核燃料、その他の大型の危険物の輸送、保管にだって石油が沢山使われている、などといった事実を全て粉飾してはじめて、「Nuclear Power is low cost」という強弁が成り立っているに過ぎない。
>>4 上記のような事を、肌で感じてインチキを見破る能力が足りない人のせいで迷惑千万です。
>>20 送電Loss以前にも、御存知の通り核分裂反応で発生した熱の電力への転換効率だって最悪だしね。
去年TBSの「報道特集」で、若狭湾の水温低下によって大幅に生態系が健全化したんだって。
MOX Nuclear Fuel Experiment hasn't suceed.It's a fine incident!


41. 2016年3月13日 17:56:00 : yBQkrRTumA : UvxNb8gKnf4[747]

 電気料金 自由化!!   で〜〜

 反原発運動を しよう!!

 ===

 電力会社に 電話して 「高くてもいいので 原発ではない 電力を購入したいのだが!!」 と言おう

 関西電力 九州電力 四国電力 からは 電気を買わない運動をしよう!!

 
 


42. 2016年3月14日 08:18:01 : ZFWUXCAoTM : 9G6SUAn5rNc[1]
金に群がるハエタレントたちよ、見苦しい、恥を知れ!

43. PERO2[2] gm@CZIJxgm6CUQ 2016年3月25日 22:17:21 : J9CJXDL8BU : y4X2qqjj4PQ[2]
日本人は、すぐに忘れるんだよな。戦争も原爆も原発も、すぐに忘れる。

要は、バカなのである。

最初は原発反対なんて言ってた連中が、原発事故を忘れる。

にもかかわらず、東京オリンピック? 馬鹿じゃないの?

言っとくが、原発に建設中の防潮堤なんか、クソの役にも立たない。

幅数十メートルの”世界最大の防潮堤”(石巻)は、311の津波で粉々に破壊されたのだ。

原発の防潮堤なんかは、幅2.5メートル。津波でポッキリ折れるだろう。

次はどこの原発が爆発するかな? 

ちなみに、停止中及び再稼働中の原発の周辺住民にアンケートすると、再稼動賛成が約65%。

ああ、やっぱりバカが多いのね・・・福島の惨状を見ておきながら、再稼動を願う人達は、完全に馬鹿である。爆発しても、助ける必要は無い。



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
最新投稿・コメント全文リスト  コメント投稿はメルマガで即時配信  スレ建て依頼スレ

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK202掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK202掲示板  
次へ