★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204 > 361.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
停波問題に田原総一朗氏「政治家の圧力なんて知れてる」(SAPIO)
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/361.html
投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 4 月 12 日 08:45:05: igsppGRN/E9PQ kNSCqYLU
 

停波問題に田原総一朗氏「政治家の圧力なんて知れてる」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160412-00000008-pseven-soci
SAPIO2016年5月号


 小林よしのり氏が気炎を上げる。テレビ報道はもう終わった、と。向かう先は、『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日)の司会者として、その道の先頭を走り続けてきた田原総一朗氏だ。同氏はまだまだテレビには力が残されている、と返す。そんな二人が対談を行った。


 今回の対談企画のきっかけは、高市早苗総務相の「電波停止」発言の一か月前に遡る。1月1日未明の『朝まで生テレビ!』で、アベノミクスに関する討論が行われた際、客席にいて、中小企業の経営者として「民主党政権時よりはまだいいかな」とコメントした一人が、じつは自民党の大田区議だったにもかかわらず、その肩書を公表しなかったことに対して、同番組の出演パネリストの一人だった小林氏が「そもそも、安倍政権を擁護するために番組を構成していたにちがいない」と田原氏にも疑問の声を上げたのだ。



小林よしのり氏が気炎を上げた


小林:あれでわしは、テレビ朝日を信用できなくなった。


田原:それは相当誤解している。そもそも客席については客席担当のディレクターに任せて、その彼は自民党の区議だということを知っていたんだけど、そのことをチーフディレクターに伝えなかった。当然、僕も知らなかった。単なるスタッフ間のコミュニケーション不足だったんです。


小林:いや、そもそも偏見の始まりは、テレビ朝日の社長が安倍さんと飯を食ってるということなんです。



田原総一朗氏


田原:読売の渡邉(恒雄)さんも、産経の社長も食ってる。朝日新聞も食べているかな(編集部注・新聞報道によれば、前社長・木村伊量氏との会食の記録あり)。


小林:安倍さんはアメとムチを使ってマスコミを懐柔しているわけですよ。


田原:僕は田中角栄以後の総理大臣に全員会ってますけど、誰とも飯を食ったことはない。最近は、もうみんなわかってるから誘ってもこない。僕はオフレコの会話もしませんから。ただ、中には飯を食わなきゃ仕事にならないという記者もいるわけだ。


小林:でも、飯を食ってしまったら厳しいことを言えなくなる。フリーのジャーナリストだって安倍さんから直接電話がかかってきたらファンになっちゃって、擁護ばっかりし始める。わしだって、3.11震災の直前に安倍さんと飯を食ったけどね。


田原:彼は人懐っこい男だからね。首相を辞めて、野党の期間が長かった。その頃、やたらと人に会ってましたね。


小林:それでもわしは言動がおかしいと思ったら批判しちゃう。でも、それをできない人の方が圧倒的に多い。そんなことだから『報ステ』だって、元通産官僚の古賀茂明が官邸から圧力をかけられてるっていう風に言ってコメンテーターを辞めちゃう。そもそもテレ朝全体が安倍政権に汚染されているんじゃないの。


田原:古舘伊知郎も辞めるし、(TBSの)『NEWS23』の岸井成格も(アンカーを)辞めちゃった。


小林:やっぱり萎縮はしてるんですよ。


田原:岸井さんの問題で言えば、読売や産経が一面で岸井さんを名指しで批判する意見広告(*注)を載せましたね。僕はあんな広告が出たらTBSは意地でも降ろさないと思った。だから意外だったんですよ。


【*注/「NEWS23」(2015年9月16日)における岸井氏の「メディアとして(安全保障関連法案の)廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」という発言を、「放送法遵守を求める視聴者の会」(よびかけ人・すぎやまこういち氏)が問題視。「私達は、違法な報道を見逃しません」との1ページ大の意見広告を産経・読売両紙に掲載した】


小林:そんな広告を新聞がよく載せますよね。その感覚は、尋常じゃないよ。新聞もそうだけど、わしはもうテレビにも権力監視のジャーナリズムとしての未来はないと思ってる。


田原:そんなことはない。僕はテレビは三つの条件があれば成り立つと思う。まずは、スポンサーがつくこと。二つ目は視聴率が高いこと。三つ目は、話題になることです。


小林:それ、全部クリアするのは大変ですよ。それを知っているから、ネトウヨとかがスポンサーに圧力をかけるわけじゃないですか。


田原:いや、僕のやっている多くの番組は、僕がスポンサーを連れてきているから。


小林:えっ! そうなの?


田原:テレビ東京にいたときからそう。それが当たり前になってる。僕は、スポンサーにしょっちゅう会ってますよ。そしてスポンサーの意見を聞いた上で説得してる。こういう番組だから提供するのはいいことだと。だから、スポンサーが降りない。


 何かあると思ったら、むしろ僕の方から出向く。それは番組をつくっている人間の責任だと思う。実際、タブーなんてないですよ。局内で勝手につくってるだけ。はっきり言って、政治家の圧力なんて知れている。


小林:それは田原さんだからできることでしょう。普通難しいよ。


【プロフィール】田原総一朗:1934年、滋賀県生まれ。早稲田大学卒業後、岩波映画製作所を経て、1964年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。1977年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。主な著書に『塀の上を走れ 田原総一朗自伝』など。


【プロフィール】小林よしのり:1953年、福岡県生まれ。1976年、大学在学中に描いたデビュー作『東大一直線』が大ヒット。1992年、「ゴーマニズム宣言」の連載スタート。以後、「ゴー宣」本編のみならず『戦争論』『國論』『昭和天皇論』といったスペシャル版もベストセラーに。執筆の傍ら、『朝まで生テレビ!』に出演し、討論を盛り上げた。


 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 新共産主義クラブ[2028] kFaLpI5ZjuWLYINOg4mDdQ 2016年4月12日 09:01:33 : qsHrX1xHRw : LHa_UGPTUJk[15]
 
 田原総一朗氏の思考の欠陥は、財界を権力だと思っていないところだ。
 
 だから、新自由主義 拡散番組ができてしまうのだね。
 


2. 2016年4月12日 09:07:17 : Ry4lKhn2PQ : UMGSfmFLuF4[15]
政治家の力にあらがうことができても、金の力にあらがうことは難しい。

3. 2016年4月12日 09:43:32 : YaegIPKLG2 : Fbydgb5o7yo[718]
原発止めたら大停電。とか言われてたときも、出来るもんなら真っ暗にしてみやがれと思っていたが。
停波してもらえばいいじゃないか。
中国のどっか地方の新聞が、共産党政府に楯突いて発刊禁止だかなんだか食らった話を日本で報道していたことがあるが、
あれと同じことがおきる。
それまで、そんな新聞のことなんか日本で報道されることはなかった。
どんな理由でどんな番組がお取り潰しにあったのか、世界中で報道してもらおう。
東京五輪もあることだし。
外国人記者クラブで会見やりまくれ。
今まで日本に興味がなかった人にも、興味を持ってもらえるかも。
売名行為だ!!とウヨが吼えるかもしれない。

4. 2016年4月12日 10:19:40 : Fmeg2lAc8E : zguraS7DhaU[277]
政治家の力は知れたもんだが、官僚の力は侮れませんぜ。しかも彼らは公平中立を装うことが出来る。

5. 2016年4月12日 10:27:49 : aPFONoj3iI : VZgn4GWwsmc[1]
新報道ステーションのコメンターが後藤謙次だって。最近のテレ朝はわかりやすいねー。酷い。

6. 2016年4月12日 10:55:59 : w9iKuDotme : S@BYVdB2dgc[1664]
「当然、僕も知らなかった。単なるスタッフ間のコミュニケーション不足だったんです。」

とうてい信じられませんね。
結局、一番下っ端のせいかよ。下衆な野郎だな…


7. 2016年4月12日 12:36:48 : BHVPAe6CVA : WuBjYGDt@tQ[6]
田原総一郎は単なる電発芸者。本当の政権批判はしない出来ない人物。

8. 2016年4月12日 12:56:07 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2378]
田原のプロフィールをみると元軍国少年で原発賛成派。新聞・TV会社には受からず映画会社に就職。ワイドショーの司会者として活躍できた要因は政治や政局をよく理解しているからではなくその歯に衣着せぬ発言の非日常性が受けたから。だから、いざという時あまり頼りにはならない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%8E%9F%E7%B7%8F%E4%B8%80%E6%9C%97


9. 2016年7月15日 16:37:14 : DGwqnuxTa0 : seFwYJSpnYE[4]
NHKの通名報道に断固反対した森本アナはやっぱり冤罪だったのではないかと改めて思う今日この頃・・。
籾井会長はNHK浄化のために政府から送り込まれた人だろうから、反日ジャーナリストがギャーギャー非難するんだろう。
視聴していない人からも受信料を殆ど強制的に徴収する実質国営放送局が目に余ることをやらかせば、ボスたる政府が国権を発動してもなんら不思議はない。
“日本国民”を守るために。

要は早く国営放送にして税金で賄えば良いだけの話なのに、そうはさせじと反日勢力が死に物狂いで抵抗しているのであろう。
NHKビル内に敵国・中韓のメディア支局があるって、マジ冗談じゃないわ。
これだけで基地害とわかる。
そのネックは欠陥憲法。日本弱体化を狙った戦後ダメリカの差し金。
昨今の中韓のならず者ぶりを見ればもう憲法改正待ったなしだ。


反日勢力を斬る

2015.11.23 (Mon)

放送法は倫理規範だと田原総一朗
http://ponko69.blog118.fc2.com/category23-1.html (一部転載)

その根っこは安倍政権批判

● 田原総一朗などという老害サヨクの御仁が何故まだメディアで大きな顔をして御高説を垂れているのだろう。
高市早苗総務相が放送法第4条を盾にNHKに政治的な圧力を掛けたのはケシカランと怒っている。
●その理由は放送法は法規範ではなくて倫理規範であり、そこに政治が介入するのは「言論・表現の自由」を約束した憲法に違反すると言うのである。

● 放送法は法規反だとする安倍首相に対して、BPO委員長が倫理規範だと反論したが、田原氏はそれに同調し擁護している。

(以下略)


  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK204掲示板  
次へ