★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204 > 414.html
 ★阿修羅♪  
▲コメTop ▼コメBtm 次へ 前へ
姑息な3分の2確保戦術<本澤二郎の「日本の風景」(2323) <安倍新聞が「TPP先送り」と報道>
http://www.asyura2.com/16/senkyo204/msg/414.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 4 月 13 日 14:09:23: EaaOcpw/cGfrA j86WVg
 

http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52135407.html
2016年04月13日 「ジャーナリスト同盟」通信

<安倍新聞が「TPP先送り」と報道>

 安倍新聞が本日13日未明に「TPP先送り」と報道した。嘘と隠ぺいの塊のようなTPPを強行すると、衆参同時選挙も完敗、政権交代が起きかねない、と判断したためだ。このことは安倍新聞が、いくら野党批判を強めても、野党統一候補に敗北するとの秘密データを入手したからにほかならない。岡田・志位・吉田・小沢の野党指導者は、大攻勢の手を緩めてはならない。

<TPPは農漁業者・福祉医療関係者らの怒りの対象>

 TPPは「秘密の交渉」という反民主的な方法で、各国の1%の代表によって取りまとめられた、不当な協定内容である。国民主権が損なわれる協定という重大な欠陥協定だ。しかも、特定国を経済的に締め上げる悪しき反国際的目的も有している。
 農漁業者への被害にとどまらない。医療福祉など日本経済の誇れる制度も破壊されてしまうだろう。100害あって1利なしだ。

<次期米大統領もNO>

 オバマ後継者となる次期大統領は、このTPPに反対している。彼らは大統領になるためには、ワシントンの1%の支持だけではなれない。多くの有権者の支持を集める必要がある。
 彼ら大統領候補は既にTPP反対を公約している。民主党の野田のような消費税に対する公約違反はしないし、出来ない。つまりはTPPは本家のワシントンでパンクしてしまったわけだから、安倍・自公内閣が強行しても意味はない。

<甘利喚問に体を張れ!>

 野党は体を張って、利権政治屋の甘利を国会で証人喚問する責任がある。正義を貫く義務がある。
 国民の代表であれば、不正・腐敗に屈してはならない。あらゆる手段でもって、甘利事件を暴くことが、最も重要である。そのことが、7月の「戦争か平和か」の選挙戦のカギを握ることにもつながろう。前進あるのみ、後退してはならない。
 衆院選挙区の統一候補も実現すれば、岡田内閣を確実に手に入れることが出来る。多少の選挙知識を有すれば、これらのことはわかりきったことであろう。前進しかない。

<政府は北海道5区補選落とせず>

 この時期に「TPP先送り」報道をした安倍新聞の狙いは、まずは24日の北海道5区の衆院補欠選挙目当てである。
 ということは、当たり前のことだが、7月の衆参同時選挙の前哨戦として極めて重視している官邸を見てとれる。安倍首相も北海道へと選挙応援をするという。改憲のための3分の2確保戦術である。なりふり構わない「大金権選挙」と見てとれるのだが?
 北海道警察の出番であろう。

<「ムサシ」を使っているか?>

 アメリカの大統領選挙でのブッシュ共和党とゴア民主党が争った場面で、フロリダの開票において大混乱が起きたことがある。フロリダはブッシュの実弟が知事をしていた。選挙の開票においてのコンピューター操作が話題になった。
 この選挙開票マシーンを、日本では民間の「ムサシ」が総務省と癒着して、ほとんどの選挙を請け負っている。ここに不正が行われる土壌がある。「ムサシ」の株主の中には、首相の父親もいた。この株を誰が相続したものか?
 「ムサシ」の大株主にはアメリカの財閥もいることも判明した。なんとも物騒な会社である。専門家は「プログラムをいじることで、開票結果を逆転させることが可能」と指摘している。
 北海道5区はどうか。徳洲会事件で失脚した知事の選挙においても、この「ムサシ」が暗躍したとする声も出たほどである。民主党代表選挙においても「ムサシ」が活躍、その結果、小沢が弾き飛ばされた、との見方もある。

<野党は「ムサシ」と総務省の癒着を暴け!>

 時代は質素倹約である。体育館での手作業による開票が一番である。野党は「ムサシ」と総務省の癒着の構造を暴く責任があろう。公正・公平を確保することが、主権者への義務である。

<公正選挙なら野党圧勝>

 「戦争か平和か」北海道の人たちは、よくわかりきっている。北方領土問題に絡んでの、漁業者の苦労も知っている。平和が何よりも生活の基礎であることを認識している有権者らだ。
 平和憲法破壊者である、自公両党に大勢がなびくことはない。自民党の強力な組織票は創価学会だが、いまの学会は池田大作氏の裏切り集団でしかない。前2回のような馬力はない。
 投票率が上がれば、創価学会票を蹴散らすことが出来る。怖くはない。野党はTPP阻止の戦果を訴えれば、なおさら集票力を高めることが出来るだろう。太陽・風力の自然エネルギーによる原発阻止も、プラスになろう。自公政権が吹聴してきた、アベノミクスも崩壊してしまっている。
 野党陣営が一声かければ、票は山のように集まるだろう。4党のリーダーは、この戦いで自公体制を崩壊させる力を手にすることが出来る!
 岡田よ!がんばれ!党内右翼に屈してはならない!

2016年4月13日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

  拍手はせず、拍手一覧を見る

コメント
 
1. 2016年4月13日 15:19:59 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2402]
TPP審議あす再開 自民・民進が合意

4月13日 15時02分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160413/K10010477311_1604131504_1604131505_01_03.jpg
TPP=環太平洋パートナーシップ協定の承認を求める議案を審議する衆議院の特別委員会で、与野党が対立していることを受けて、自民党と民進党の国会対策委員長が会談し、先週、中断して行えなかった野党側の質疑を15日にやり直すことなどで合意し、14日から国会審議が再開することになりました。

国会はTPPの承認を求める議案を審議する衆議院の特別委員会が、西川委員長の議事運営を巡る与野党の対立で今後の審議日程が決まっていなかったうえ、13日も予定されていた衆議院の経済産業委員会と法務委員会の審議が行われないなど、衆・参両院のほかの委員会の審議にも影響が出ています。
このため、自民党の佐藤国会対策委員長と民進党の安住国会対策委員長が午後、国会内で会談し、佐藤氏は「こうした事態になっているのは遺憾だ」と述べるとともに、西川委員長に公平な議事運営を促す考えなどを示し、理解を求めました。
そして、安住氏が先週8日の特別委員会が中断して行えなかった野党側の質疑を15日に安倍総理大臣も出席してやり直すことに加え、党首討論を来週20日に行うよう求めたのに対し、佐藤氏もこれを受け入れ、14日から国会審議が再開することになりました。
また、会談で佐藤氏は、TPPの承認を求める議案などについて、今月中に衆議院で採決を行いたいという考えを伝えました。
自民・国対委員長「審議再開で正常化図る」

自民党の佐藤国会対策委員長は記者団に対し、「閣僚の答弁が不十分だという指摘に対しては、西川委員長から明確に答弁するよう促してもらい、対応していく。あすから審議を再開させて正常化を図り、参議院の審議時間も鑑みると、今月中に衆議院を通過させたい」と述べました。
民進・国対委員長「強引なやり方しないように」

民進党の安住国会対策委員長は記者団に対し、「西川委員長が出版を予定していた、TPP交渉に関する著書については、本人が書いたものとみなして質疑していく。今回、1週間にわたり国会日程に影響が出たので、『強引なやり方はせずに、与野党の協議のうえで進めてほしい』と申し上げたので、与党がそうした国会運営を行うことを期待したい」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160413/k10010477311000.html


2. 日高見連邦共和国[1103] k_qNgoypmEGWTYukmGGNkQ 2016年4月13日 15:25:52 : IeaB3HQJJg : 1uIcocViqWs[254]

はははっ!

まさに安倍と自民党は“選挙のため”には何でも有り!(笑)

今朝の朝のラジオでも、佐藤優氏が“官邸関係者”の談話として証言してましたよ?

『選挙で勝つためならばなんでもやる』・・・ってね!(笑)


3. 2016年4月13日 19:08:59 : 0KqoVHGsTQ : @7k0cx1I@Yo[-600]

【週刊文春】現場音声公開 自民党参院議員を暴行で刑事告訴へ[04/13]
beチェック
1 :孤高の旅人 ★:2016/04/13(水) 16:42:29.19 ID:CAP_USER*.net
現場音声公開 自民党参院議員を暴行で刑事告訴へ
2016.04.13 16:01
http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6071

 自民党の山田俊男参院議員(69)が、男性を暴行したとされる事件で、週刊文春は当日の
音声を入手した。3月18日、自民党本部で開催された会合に出席した山田議員は、全農の部長
A氏と口論になり、暴行に及んだ。

山田「何言ってんだー。何言ってんだ。何言ってんだ、お前! 本当にぶん殴るぞ!」

A「殴るって……」

山田「お願いしますの話ではすまない!」

A「殴ってください」

山田「言え、お前!」

A「本当に殴った。本当に殴ったね」

 出席者の一人は、こう証言する。

「山田議員の拳がA氏の胸に当たっていました。A氏の殴られた左胸は赤く腫れあがり、
左胸打撲傷で全治一週間と診断されたそうです」

 山田議員は、こう説明する。

――A氏に暴力を振るったのは事実ですか?

「そんな極端な暴力と言われる話ではなくて。ドンとはやりましたけどね」

――先生が「ぶん殴るぞ」とおっしゃっています。

「売り言葉に買い言葉で、そうしたら彼が『殴ってください』と言ったんですよ。ただ、議員として
申し訳なかったと思っています」

 A氏の代理人の弁護士は、週刊文春の取材にこう回答した。

「いまだ山田議員は、Aさんに誠意ある謝罪をされていないばかりか、十人以上の目撃者が
いるのに、事件直後に暴行をうやむやにしようとしていた。現在、傷害罪で刑事告訴の準備を
しています」

 暴行現場の音声は、4月14日午前5時から週刊文春デジタルで公開される。

http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1460533349/

[32初期非表示理由]:担当:要点がまとまっていない長文が非常に多いので全部初期非表示

4. 2016年4月13日 21:37:56 : LY52bYZiZQ : i3tnm@WgHAM[2410]
Domestic | 2016年 04月 13日 20:48 JST
TPP今国会見送り公算大

http://s1.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20160413&t=2&i=1132423082&w=644&fh=&fw=&ll=&pl=&sq=&r=PN2016041301001554.-.-.CI0003
TPP特委審議、15日再開

 政府、与党が今国会で環太平洋連携協定(TPP)の承認案と関連法案の承認や成立を見送る公算が13日大きくなった。審議する衆院TPP特別委員会で野党と意見が対立しており、4月末に衆院を通過させても参院での審議日程を確保するのは困難との見方が強まった。TPPを「成長戦略の切り札」と位置付けてきた政権にとり、目算が狂った格好だ。野党を押し切る形で審議を進めれば、夏の参院選などで批判を招くことを懸念した。

 今国会の会期末は6月1日。衆院を通過させても、参院で関連法案を成立させられず閉会すれば廃案となる。衆院で継続審議とし、秋の臨時国会で成立を目指す案が有力だ。

〖共同通信〗

http://jp.reuters.com/article/idJP2016041301001337



  拍手はせず、拍手一覧を見る

フォローアップ:


★登録無しでコメント可能。今すぐ反映 通常 |動画・ツイッター等 |htmltag可(熟練者向)|(各説明

←ペンネーム新規登録ならチェック)
↓ペンネーム(なしでも可能。あったほうが良い)

↓パスワード(ペンネームに必須)

(ペンネームとパスワードは初回使用で記録、次回以降にチェック。パスワードはメモすべし。)
↓画像認証
( 上画像文字を入力)
ルール確認&失敗対策
画像の URL (任意):
投稿コメント全ログ  コメント即時配信  スレ建て依頼  削除コメント確認方法

▲上へ      ★阿修羅♪ > 政治・選挙・NHK204掲示板 次へ  前へ

★阿修羅♪ http://www.asyura2.com/ since 1995
スパムメールの中から見つけ出すためにメールのタイトルには必ず「阿修羅さんへ」と記述してください。
すべてのページの引用、転載、リンクを許可します。確認メールは不要です。引用元リンクを表示してください。
 
▲上へ       
★阿修羅♪  
政治・選挙・NHK204掲示板  
次へ